sao パチンコ 先バレ無しで当たる

 かならず読んでください

〈魂の錬金術〉の修辞法について

A critique against the rhetoric "Alchemy of Japanese Soul with Yasukuni Shrine"

  池田光穂 

靖國神社年表はこちら



戦争表象論

高金素梅のハイパー靖国観光論

(, b.1965.)は、タイヤル族の政治家である。民族名はチワス・アリ(Ciwas Ali/吉娃斯阿麗)。彼女と靖国の関係は次のごとくである。

「政治的には泛藍連盟の親中派で、陳水扁政権が6,108億台湾元でパトリオットミサイル PAC-3と改バーベル級潜水艦8隻を購入しようとした際には、これに反対。泛緑連盟が主張する住民投票による台湾憲法制定にも反対している。 2005年には来日し、駐日中国大使館の報道官も「関心を寄せている」とコメントするなど、日本国内外の反靖国の政治勢力と連動して靖国神社を批判する行 動を取った。一連の行動については国内ではほとんど報道されなかったが、台湾独立派のラジオ局「台湾の声」などから批判の声が挙がった。また、国連本部で も反靖国・反軍国主義の抗議活動を行っている。 2004年、台北県烏来郷に1992年に設置された高砂義勇隊慰霊碑 (日本軍に従軍して戦死した高砂族の兵士を慰霊する碑) について「大日本帝国を賛美している」として撤去を主張し、台湾団結連盟(台聯)の日本支部などの反対を押し切り記念碑以外の撤去を実現。元義勇兵からの 抗議に対しては、「奴らは日本の奴隷化教育を受けた連中」と発言し物議を醸した。なお義勇兵碑そのものは、日本から集まった義援金や台北県が土地を提供し たことなどから、移転と言う形で落ち着いた[3]。 以上のように、高金の政治ポリシーは反軍国主義であり、過激な行動が耳目を引くことがある。2009年には訪日して靖国神社の拝殿前で靖国神社反対活動を行い、拝殿に進入しようとしたメ ンバーが制止しようとした神社職員ともみ合いになり、その際職員数人を突き飛ばし、打撲などの軽傷を負わせたと報じられた[4]。2011年8月に警視庁 公安部は高金を書類送検した[5]。高金は、抗議行動に参加したメンバーが日本側に暴行を加えたことは無く、逆に日本側により暴行を受けたと主張し、容疑 を否認した[6]。同年9月8日、東京地検は理由を明示せずに、高金を不起訴処分とした[7][8]。 2015年9月、無党団結聯盟主席林炳坤(中国語版)とともに中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年記念式典に出席する[9]。 先住民の立場から蘭嶼の放射性廃棄物貯蔵施設反対運動、馬告国家公園反対運動などを指揮した[1]。」ウィキペディア「」より

国解体と国家護持を通した靖国再興を 提案する 2015年2月11日 建国記念の日(紀元節143年紀)に寄す
 コラムの斎藤美奈子の言う(下記画像参照)通りだ。僕は安倍には「ゴマメ」コンプレックスはないと思うけど、将来、海外で「戦死」する自衛隊「兵士」の 遺族への年金支出やその精神的慰撫について、財源確保と(米国大統領のように)遺族への直接面談あるいは電話応接などの制度を考えて政策を実行していると は思えない。靖国を国家が接収して、宗教色および好戦(戦時)色を脱色して「国民烈士」の慰霊と福祉機関の創設を試みるのはどうかね?靖国をリストラク チャリングすれば靖国「参拝」という愚かしい行為をもう再現する必要はないし、戦前の陸軍省・海軍省管理による「合理的」な靖国=福祉・精神機関として再 興することができる。現在の汚れた靖国を「聖地」にもどすには1945年以前に靖国の地を時間的に巻き戻すしかない。これぞ本当の革命=リヴォルーション =転回である。

の後、もっと厄介なことが おこった。安倍晋三への暗殺事件(2022年7月8日)――憂国の烈士はで ある――と、当時の岸田文雄首相による、国葬(閣議)決定、と国会での論難、である。9月27日に国葬儀と名前をすこしずらして挙行されることになった。 ところで、当時、小学生の間では、安倍晋三を国葬にすると、安倍が冥界(晋三の火葬はすでに終わっている)から蘇るという噂が流行したという。ポストモダ ンとポストヒューマンの日本にふさわしい、ばか話だが、じつは、これには、『』―― (テコンダーパク、朝: 태권더 박)は、原作:白正男、作画:山戸大輔による漫画作品。キャッチコピーとして「人権派格闘技漫画」を謳っている――という風刺漫画に関係すると、私の敬愛 する伊藤某先生がおっしゃった。同漫画で登城するのは阿倍野晋二(あべの・しんじ)→「自由民政党総裁。衆議院議員。覇皇の命により野畑に代わり内閣総理 大臣に就任、193カ国との国交断絶と核兵器の保有を宣言させられ、心労で倒れる。その翌日に内閣不信任決議が可決され、覇皇の戦争犯罪を押し付けられる 形で超A級戦犯(平和に対する罪)として逮捕、収監される。その後巣鴨プリズンにて厳しい修行を行い、筋骨隆々とした肉体的にも精神的にも頼れる人物へと 成長。民衆党議員3名(鳩川、菅野、枝尾)との総理大臣の座を賭けた「御前死合」を制し、総理の座に返り咲いた。口癖は「日本を、取り戻す」」より)である。

リンク

文献

その他の情報

 

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099