sao パチンコ 先バレ無しで当たる

かならず 読んでください

犬について知ろう

Learn more about dogs

池田光穂

狗類学(こうるいがく)の狗(こう・く)を用いた日本語の集成を試み る。ここで記した、狗は、あくまでも日本語の用法であり、借用されたオリジナルの中国語やその文字表記(あるいはその糞蘊蓄論)とは何の関係もございませ ん。狗学とは、狗類学の一種であるが、国学ないしは國學のパロディであり、ユーモアを理解しない人は、ここから立ち去ってください、ワン!!

(Canis familiaris[4][5] or Canis lupus familiaris[5]) is a domesticated descendant of the wolf. Also called the domestic dog, it is derived from extinct Pleistocene wolves,[6][7] and the modern wolf is the dog's nearest living relative.[8] Dogs were the first species to be domesticated[9][8] by hunter-gatherers over 15,000 years ago[7] before the development of agriculture.[1] Due to their long association with humans, dogs have expanded to a large number of domestic individuals[10] and gained the ability to thrive on a starch-rich diet that would be inadequate for other canids.[11]

The dog has been selectively bred over millennia for various behaviors, sensory capabilities, and physical attributes.[12] Dog breeds vary widely in shape, size, and color. They perform many roles for humans, such as hunting, herding, pulling loads, protection, assisting police and the military, companionship, therapy, and aiding disabled people. Over the millennia, dogs became uniquely adapted to human behavior, and the human–canine bond has been a topic of frequent study.[13] This influence on human society has given them the sobriquet of "man's best friend".[14]

イヌ(Canis familiaris[4][5]またはCanis lupus familiaris[5])はオオカミの家畜化された子孫である。家畜犬とも呼ばれ、絶滅した更新世のオオカミに由来し[6][7]、現代のオオカミは イヌの最も近い近縁種である[8]。 [1]人間との長い付き合いにより、イヌは多くの家畜個体[10]へと拡大し、他のイヌ科動物には不十分なデンプンを多く含む食事で成長する能力を獲得し た[11]。

犬は様々な行動、感覚能力、身体的属性のために何千年もの間、選択的に繁殖されてきた[12]。狩猟、牧畜、荷物の運搬、保護、警察や軍隊の補助、同伴、 セラピー、障害者の補助など、犬は人間のために多くの役割を果たす。何千年もの間、犬は人間の行動に独自に適応するようになり、人間と犬の絆はしばしば研 究のテーマとなってきた[13]。このような人間社会への影響から、犬は「人間の親友」という俗称を持つようになった[14]。

Taxonomy
Further information: Canis lupus dingo § Taxonomic debate – the domestic dog, dingo, and New Guinea singing dog
In 1758, the Swedish botanist and zoologist Carl Linnaeus published in his Systema Naturae, the two-word naming of species (binomial nomenclature). Canis is the Latin word meaning "dog",[15] and under this genus, he listed the domestic dog, the wolf, and the golden jackal. He classified the domestic dog as Canis familiaris and, on the next page, classified the grey wolf as Canis lupus.[2] Linnaeus considered the dog to be a separate species from the wolf because of its upturning tail (cauda recurvata), which is not found in any other canid.[16]

In 1999, a study of mitochondrial DNA (mtDNA) indicated that the domestic dog may have originated from the grey wolf, with the dingo and New Guinea singing dog breeds having developed at a time when human communities were more isolated from each other.[17] In the third edition of Mammal Species of the World published in 2005, the mammalogist W. Christopher Wozencraft listed under the wolf Canis lupus its wild subspecies and proposed two additional subspecies, which formed the domestic dog clade: familiaris, as named by Linnaeus in 1758 and, dingo named by Meyer in 1793. Wozencraft included hallstromi (the New Guinea singing dog) as another name (junior synonym) for the dingo. Wozencraft referred to the mtDNA study as one of the guides informing his decision.[3] Mammalogists have noted the inclusion of familiaris and dingo together under the "domestic dog" clade[18] with some debating it.[19]

In 2019, a workshop hosted by the IUCN/Species Survival Commission's Canid Specialist Group considered the dingo and the New Guinea singing dog to be feral Canis familiaris and therefore did not assess them for the IUCN Red List of Threatened Species.[4]
分類学
さらなる情報 Canis lupus dingo § 分類学上の論争 - 飼い犬、ディンゴ、ニューギニア・シンギング・ドッグ
1758年、スウェーデンの植物学者であり動物学者でもあるカール・リンネが『自然科学体系(Systema Naturae)』の中で、2単語による種の命名法(二命名法)を発表した。カニス(Canis)はラテン語で「犬」を意味し[15]、この属の下に家畜 犬、オオカミ、ゴールデン・ジャッカルを挙げた。リンネは、他のイヌ科動物には見られない上向きの尾(cauda recurvata)を持つことから、イヌをオオカミとは別の種と考えた[16]。

1999年、ミトコンドリアDNA(mtDNA)の研究により、家庭犬はハイイロオオカミから発生した可能性があり、ディンゴとニューギニア・シンギング・ドッグの犬種は、人間の社会が互いに孤立していた時代に発達したことが示された。 [17]2005年に出版された『Mammal Species of the World(世界の哺乳類種)』の第3版では、哺乳類学者のW.クリストファー・ウォゼンクラフトがオオカミCanis lupusの野生亜種をリストアップし、さらに2つの亜種を提案した。ウォーゼンクラフトはディンゴの別名(ジュニア・シノニム)としてホールストロミ (ニューギニア・シンギング・ドッグ)を含めた。ウォゼンクラフトはmtDNAの研究を、彼の決定に情報を与えた指針の一つとして言及した[3]。哺乳類 学者は、ファムファミリスとディンゴが「家畜犬」クレードの下に一緒に含まれることを指摘しており[18]、それについて議論する者もいる[19]。

2019年、国際自然保護連合(IUCN)/種の保存委員会のイヌ科専門家グループが主催したワークショップでは、ディンゴとニューギニア・シンギング・ドッグは野生のイヌ科の犬であるとみなされたため、絶滅危惧種のIUCNレッドリストへの評価は行われなかった[4]。
Evolution

The evolution of the wolf occurred over a geologic time scale of at least 300 thousand years. The grey wolf Canis lupus is a highly adaptable species that is able to exist in a range of environments and which possesses a wide distribution across the Holarctic. Studies of modern grey wolves have identified distinct sub-populations that live in close proximity to each other.[2][3] This variation in sub-populations is closely linked to differences in habitat – precipitation, temperature, vegetation, and prey specialization – which affect cranio-dental plasticity.[4][5][6][7]

The archaeological and paleontological records show the grey wolf's continuous presence for at least the last 300,000 years.[8] This continuous presence contrasts with genomic analyses, which suggest that all modern wolves and dogs descend from a common ancestral wolf population[9][10][11] that existed as recently as 20,000 years ago.[9] These analyses indicate a population bottleneck, followed by a rapid radiation from an ancestral population at a time during, or just after, the Last Glacial Maximum. This implies that the original wolf populations were out-competed by a new type of wolf which replaced them. However, the geographic origin of this radiation is not known.


Domestication
Main article: Domestication of the dog
The earliest remains generally accepted to be those of a domesticated dog were discovered in Bonn-Oberkassel, Germany. Contextual, isotopic, genetic, and morphological evidence shows that this dog was not a local wolf.[20] The dog was dated to 14,223 years ago and was found buried along with a man and a woman, all three having been sprayed with red hematite powder and buried under large, thick basalt blocks. The dog had died of canine distemper.[21] Earlier remains dating back to 30,000 years ago have been described as Paleolithic dogs, but their status as dogs or wolves remains debated[22] because considerable morphological diversity existed among wolves during the Late Pleistocene.[1]

This timing indicates that the dog was the first species to be domesticated[9][8] in the time of hunter–gatherers,[7] which predates agriculture.[1] DNA sequences show that all ancient and modern dogs share a common ancestry and descended from an ancient, extinct wolf population which was distinct from the modern wolf lineage.[6][7]

The dog is a classic example of a domestic animal that likely travelled a commensal pathway into domestication.[22][23] The questions of when and where dogs were first domesticated have taxed geneticists and archaeologists for decades.[9] Genetic studies suggest a domestication process commencing over 25,000 years ago, in one or several wolf populations in either Europe, the high Arctic, or eastern Asia.[10] In 2021, a literature review of the current evidence infers that the dog was domesticated in Siberia 23,000 years ago by ancient North Siberians, then later dispersed eastward into the Americas and westward across Eurasia,[20] with dogs likely accompanying the first humans to inhabit the Americas. The oldest unambiguous dog remains are from Oberkassel in Germany, dating to around 15,000 years ago[24]

Breeds
Main article: Dog breed
Further information: Dog type

Dog breeds show a huge range of phenotypic variation
Dogs are the most variable mammal on earth with around 450 globally recognized dog breeds.[10] In the Victorian era, directed human selection developed the modern dog breeds, which resulted in a vast range of phenotypes.[8] Most breeds were derived from small numbers of founders within the last 200 years,[8][10] and since then dogs have undergone rapid phenotypic change and were formed into today's modern breeds due to artificial selection imposed by humans. The skull, body, and limb proportions vary significantly between breeds, with dogs displaying more phenotypic diversity than can be found within the entire order of carnivores. These breeds possess distinct traits related to morphology, which include body size, skull shape, tail phenotype, fur type and colour.[8] Their behavioural traits include guarding, herding, and hunting,[8] retrieving, and scent detection. Their personality traits include hypersocial behavior, boldness, and aggression,[10] which demonstrates the functional and behavioral diversity of dogs.[8] As a result, present day dogs are the most abundant carnivore species and are dispersed around the world.[10] The most striking example of this dispersal is that of the numerous modern breeds of European lineage during the Victorian era.[7]
進化

オオカミの進化は、少なくとも30万年という地質学的な時間スケールで起こった。ハイイロオオカミCanis lupusは、様々な環境に存在できる適応力の高い種であり、全北極圏に広く分布している。現代のハイイロオオカミの研究では、互いに近接して生息する明 確な亜個体群が特定されている[2][3]。この亜個体群の変異は、降水量、気温、植生、獲物の特殊性といった生息環境の違いと密接に関連しており、これ らは頭蓋歯の可塑性に影響を与えている[4][5][6][7]。

考古学的、古生物学的な記録は、少なくとも過去30万年間、ハイイロオオカミが継続的に存在していたことを示している[8]。この継続的な存在は、ゲノム 解析とは対照的であり、現代のオオカミとイヌはすべて、20,000年前にも存在していた共通の祖先オオカミ集団[9][10][11]の子孫であること を示唆している[9]。これらの解析は、最終氷期最盛期の間、またはその直後に、祖先集団からの急速な放射に続いて、集団ボトルネックがあったことを示し ている。このことは、もともとのオオカミの個体群が、それに取って代わる新しいタイプのオオカミによって駆逐されたことを示唆している。しかし、この放射 の地理的起源はわかっていない。

家畜化
主な記事 犬の家畜化
家畜化された犬のものと一般に認められている最古の遺体は、ドイツのボン・オーバーカッセルで発見された。この犬の年代は14,223年前と推定され、男 性と女性とともに埋葬されているのが発見されたが、3頭とも赤いヘマタイトの粉がまかれ、大きくて厚い玄武岩の下に埋められていた。犬は犬ジステンパーで 死亡していた[21]。30,000年前にさかのぼるそれ以前の遺体は旧石器時代の犬として記述されているが、後期更新世にはオオカミの間にかなりの形態 学的多様性が存在していたため、犬またはオオカミとしての地位は議論されたままである[22]。

この時期は、イヌが狩猟採集民の時代に家畜化された最初の種であることを示している[9][8]。

犬は、家畜化されるまでの常食経路をたどった可能性が高い家畜の典型的な例である[22][23]。犬がいつ、どこで最初に家畜化されたかという疑問は、 何十年もの間、遺伝学者や考古学者を悩ませてきた[9]。遺伝学的研究は、家畜化プロセスが25,000年以上前に、ヨーロッパ、高緯度北極圏、または東 アジアのいずれか、またはいくつかのオオカミの集団で始まったことを示唆している。 [10]2021年、現在の証拠の文献レビューは、犬は23,000年前にシベリアで古代の北シベリア人によって家畜化され、その後、アメリカ大陸に東進 し、ユーラシア大陸を西進したと推測している[20]。最も古い明確な犬の遺骨はドイツのオーバーカッセルから出土したもので、約15,000年前のもの である[24]。

品種
主な記事 犬種
さらに詳しい情報 犬の種類

犬種は表現型のバリエーションに富んでいる
犬は地球上で最も変異の多い哺乳類であり、世界的には約450の犬種が認められている[10]。ビクトリア朝時代には、人為的な淘汰によって現代の犬種が 開発され、その結果、膨大な種類の表現型が生まれた[8]。頭蓋骨、胴体、四肢のプロポーションは犬種によって大きく異なり、犬は肉食動物全体の中で見ら れるよりも多くの表現型の多様性を示している。これらの犬種は、体の大きさ、頭蓋骨の形、尾の表現型、毛皮の種類や色など、形態学に関連する明確な形質を 持っている[8]。その行動特性には、番犬、群れ飼い、狩猟、[8]レトリービング、匂い探知などが含まれる。その性格的特徴には、過社会的行動、大胆 さ、攻撃性などが含まれ[10]、犬の機能的・行動的多様性を示している[8]。その結果、現在の犬は最も豊富な肉食動物種であり、世界中に分散している [10]。 この分散の最も顕著な例は、ヴィクトリア朝時代のヨーロッパ系統の数多くの現代犬種の分散である[7]。
Dog anatomy

Dog anatomy comprises the anatomical studies of the visible parts of the body of a domestic dog. Details of structures vary tremendously from breed to breed, more than in any other animal species, wild or domesticated,[1] as dogs are highly variable in height and weight. The smallest known adult dog was a Yorkshire Terrier that stood only 6.3 cm (2.5 in) at the shoulder, 9.5 cm (3.7 in) in length along the head and body, and weighed only 113 grams (4.0 oz). The heaviest dog was an English Mastiff named Zorba which weighed 314 pounds (142 kg).[2] The tallest known adult dog is a Great Dane that stands 106.7 cm (42.0 in) at the shoulder.[3]

Skeleton

A lateral view of a dog skeleton
All healthy dogs, regardless of their size and type, have an identical skeletal structure with the exception of the number of bones in the tail, although there is significant skeletal variation between dogs of different types.[25][26] The dog's skeleton is well adapted for running; the vertebrae on the neck and back have extensions for powerful back muscles to connect to, the long ribs provide plenty of room for the heart and lungs, and the shoulders are unattached to the skeleton allowing great flexibility.[25][26]

Compared to the dog's wolf-like ancestors, selective breeding since domestication has seen the dog's skeleton greatly enhanced in size for larger types as mastiffs and miniaturised for smaller types such as terriers; dwarfism has been selectively utilised for some types where short legs are advantageous such as dachshunds and corgis.[26] Most dogs naturally have 26 vertebrae in their tails, but some with naturally short tails have as few as three.[25]

The dog's skull has identical components regardless of breed type, but there is significant divergence in terms of skull shape between types.[26][27] The three basic skull shapes are the elongated dolichocephalic type as seen in sighthounds, the intermediate mesocephalic or mesaticephalic type, and the very short and broad brachycephalic type exemplified by mastiff type skulls.[26][27]

Senses
Further information: Dog anatomy § Senses
A dog's senses include vision, hearing, smell, taste, touch. One study suggested that dogs can feel Earth's magnetic field.[28]

Coat
Main article: Dog coat

Dogs display wide variation in coat type, density, length, color, and composition
The coats of domestic dogs are of two varieties: "double" being familiar with dogs (as well as wolves) originating from colder climates, made up of a coarse guard hair and a soft down hair, or "single", with the topcoat only. Breeds may have an occasional "blaze", stripe, or "star" of white fur on their chest or underside.[29] Premature graying can occur in dogs from as early as one year of age; this is associated with impulsive behaviors, anxiety behaviors, fear of noise, and fear of unfamiliar people or animals.[30]

Tail
There are many different shapes for dog tails: straight, straight up, sickle, curled, or corkscrew. As with many canids, one of the primary functions of a dog's tail is to communicate their emotional state, which can be crucial in getting along with others. In some hunting dogs the tail is traditionally docked to avoid injuries.

Health
Main article: Dog health
Some breeds of dogs are prone to specific genetic ailments such as elbow and hip dysplasia, blindness, deafness, pulmonic stenosis, cleft palate, and trick knees. Two severe medical conditions significantly affecting dogs are pyometra, affecting unspayed females of all breeds and ages, and Gastric dilatation volvulus (bloat), which affects larger breeds or deep-chested dogs. Both of these are acute conditions and can kill rapidly. Dogs are also susceptible to parasites such as fleas, ticks, mites, hookworms, tapeworms, roundworms, and heartworms, which is a roundworm species that lives in the hearts of dogs.

Several human foods and household ingestible are toxic to dogs, including chocolate solids, causing theobromine poisoning, onions and garlic, causing thiosulphate, sulfoxide or disulfide poisoning, grapes and raisins, macadamia nuts, and xylitol.[31] The nicotine in tobacco can also be dangerous to dogs. Signs of ingestion can include copious vomiting (e.g., from eating cigar butts) or diarrhea. Some other symptoms are abdominal pain, loss of coordination, collapse, or death.[32][page needed]

Dogs are also vulnerable to some of the same health conditions as humans, including diabetes, dental and heart disease, epilepsy, cancer, hypothyroidism, and arthritis.

Lifespan
Further information: Aging in dogs
The typical lifespan of dogs varies widely among breeds, but for most, the median longevity (the age at which half the dogs in a population have died and half are still alive) ranges from 10 to 13 years.[33][34] The median longevity of mixed-breed dogs, taken as an average of all sizes, is one or more years longer than that of purebred dogs when all breeds are averaged.[33][34][35] For dogs in England, increased body weight has been found to be negatively correlated with longevity (i.e., the heavier the dog, the shorter its lifespan), and mixed-breed dogs live on average 1.2 years longer than purebred dogs.[36]

Reproduction
Main article: Canine reproduction

A female dog nursing newborn puppies.
In domestic dogs, sexual maturity happens around six months to one year for both males and females, although this can be delayed until up to two years of age for some large breeds, and is the time at which female dogs will have their first estrous cycle. They will experience subsequent estrous cycles semiannually, during which the body prepares for pregnancy. At the peak of the cycle, females will become estrous, mentally and physically receptive to copulation. Because the ova survive and can be fertilized for a week after ovulation, more than one male can sire the same litter.[12]

Fertilization typically occurs two to five days after ovulation; 14–16 days after ovulation, the embryo attaches to the uterus and after seven to eight more days, a heartbeat is detectable.[37][38]

Dogs bear their litters roughly 58 to 68 days after fertilization,[12][39] with an average of 63 days, although the length of gestation can vary. An average litter consists of about six puppies.[40]

Neutering
Neutering is the sterilization of animals, usually by removing the male's testicles or the female's ovaries and uterus, to eliminate the ability to procreate and reduce sex drive. Because of dogs' overpopulation in some countries, many animal control agencies, such as the American Society for the Prevention of Cruelty to Animals (ASPCA), advise that dogs not intended for further breeding should be neutered, so that they do not have undesired puppies that may later be euthanized.[41]

According to the Humane Society of the United States, three to four million dogs and cats are euthanized each year.[42] Many more are confined to cages in shelters because there are many more animals than there are homes. Spaying or castrating dogs helps keep overpopulation down.[43]

Neutering reduces problems caused by hypersexuality, especially in male dogs.[44] Spayed female dogs are less likely to develop cancers affecting the mammary glands, ovaries, and other reproductive organs.[45][page needed] However, neutering increases the risk of urinary incontinence in female dogs[46] and prostate cancer in males[47] and osteosarcoma, hemangiosarcoma, cruciate ligament rupture, obesity, and diabetes mellitus in either sex.[48]

Inbreeding depression
A common breeding practice for pet dogs is mating between close relatives (e.g., between half and full siblings).[49] Inbreeding depression is considered to be due mainly to the expression of homozygous deleterious recessive mutations.[50] Outcrossing between unrelated individuals, including dogs of different breeds, results in the beneficial masking of deleterious recessive mutations in progeny.[51]

In a study of seven dog breeds (the Bernese Mountain Dog, Basset Hound, Cairn Terrier, Brittany, German Shepherd Dog, Leonberger, and West Highland White Terrier), it was found that inbreeding decreases litter size and survival.[52] Another analysis of data on 42,855 Dachshund litters found that as the inbreeding coefficient increased, litter size decreased and the percentage of stillborn puppies increased, thus indicating inbreeding depression.[53] In a study of Boxer litters, 22% of puppies died before reaching 7 weeks of age. Stillbirth was the most frequent cause of death, followed by infection. Mortality due to infection increased significantly with increases in inbreeding.[54]
犬の解剖学

犬の解剖学は、飼い犬の体の目に見える部分の解剖学的研究からなる。犬の体高や体重は非常に多様であるため、野生・家畜を問わず、他のどの動物種よりも [1]、構造の詳細は犬種によって大きく異なる。最も小さい成犬はヨークシャー・テリアで、肩の高さは6.3cm、頭と胴体の長さは9.5cm、体重は 113gしかなかった。最も体重の重い犬はゾルバという名のイングリッシュ・マスティフで、314ポンド(142kg)であった[2]。最も背の高い成犬 として知られているのは、肩の高さが106.7cm(42.0インチ)のグレート・デーンである[3]。

骨格

犬の骨格の側面図
犬の骨格は、大きさや種類に関係なく、尾の骨の数を除いて、健康な犬はすべて同一の骨格構造を持っているが、異なる種類の犬の間では骨格に大きな違いがあ る[25][26]。犬の骨格は走ることによく適応している。首と背中の椎骨には、強力な背筋が接続するための延長部があり、長い肋骨は心臓と肺のための 十分なスペースを提供し、肩は骨格に接続されていないため、非常に柔軟である[25][26]。

犬のオオカミのような祖先と比較すると、家畜化されて以来、選択的な繁殖は、犬の骨格がマスティフのような大型のタイプではサイズが大幅に強化され、テリアのような小型のタイプでは小型化されているのを見てきた。

犬の頭蓋骨は犬種に関係なく同一の構成要素を持っているが、頭蓋骨の形状に関しては犬種間で大きな相違がある[26][27]。 3つの基本的な頭蓋骨の形状は、サイトハウンドに見られるような細長いドリコセファリック型、中間のメソセファリック型またはメサティセファリック型、そ してマスチフ型の頭蓋骨に代表される非常に短く広いブラキセファリック型である[26][27]。

感覚
さらに詳しい情報 犬の解剖学§感覚
犬の感覚には視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚が含まれる。ある研究では、犬は地球の磁場を感じることができると示唆されている[28]。

被毛
主な記事 犬の被毛

犬は被毛の種類、密度、長さ、色、構成に大きな違いがある。
家庭犬の被毛は2種類ある: 「ダブル」は寒冷地原産の犬(オオカミも同様)によく見られ、粗いガードヘアと柔らかいダウンヘアで構成されている。犬種によっては、胸や下側に白い毛の 「ブレーズ」、ストライプ、または「スター」を持つことがある[29]。早期の白髪化は、早ければ1歳頃から犬に起こることがある。これは、衝動的な行 動、不安行動、騒音に対する恐怖、および見慣れない人や動物に対する恐怖と関連している[30]。


犬の尾には、まっすぐ、まっすぐ上向き、鎌状、巻き尾、コークスクリューなど、さまざまな形がある。多くのイヌ科動物と同様に、犬の尻尾の主な機能の1つは、感情状態を伝えることである。一部の狩猟犬では、尾は怪我を避けるために伝統的にドッキングされている。

健康
主な記事 犬の健康
犬種によっては、肘や股関節の形成不全、失明、難聴、肺動脈狭窄症、口蓋裂、トリック・ニーズなど、特定の遺伝的疾患にかかりやすい。犬に重大な影響を及 ぼす2つの重篤な疾患は、すべての犬種と年齢の未去勢の雌犬に影響を及ぼす子宮蓄膿症と、大型犬種や胸が深い犬に影響を及ぼす胃拡張鼓腸症(鼓脹症)であ る。いずれも急性の疾患で、急速に死に至ることもある。犬はノミ、マダニ、ダニ、鉤虫、条虫、回虫、犬の心臓に寄生する回虫の一種である心虫などの寄生虫 にも感染しやすい。

テオブロミン中毒を引き起こす固形チョコレート、チオ硫酸塩中毒、スルホキシド中毒、ジスルフィド中毒を引き起こすタマネギとニンニク、ブドウとレーズ ン、マカデミアナッツ、キシリトールなど、いくつかの人間の食品や家庭用摂取物は犬にとって有毒である。摂取の兆候としては、大量の嘔吐(葉巻の吸殻を食 べた場合など)や下痢がある。その他の症状としては、腹痛、協調性の喪失、虚脱、死亡などがある[32][要ページ]。

犬はまた、糖尿病、歯科疾患、心臓疾患、てんかん、癌、甲状腺機能低下症、関節炎など、人間と同じ健康状態に陥りやすい。

寿命
さらなる情報 犬の老化
犬の典型的な寿命は犬種によって大きく異なるが、ほとんどの場合、寿命の中央値(ある集団の犬の半数が死亡し、半数がまだ生存している年齢)は10~13 年である。 [33][34]ミックス犬の長寿の中央値は、全サイズを平均した場合、全犬種を平均した場合、純血種の犬よりも1年以上長い[33][34][35]。 イギリスの犬では、体重の増加は長寿と負の相関があることがわかっている(すなわち、 体重が重い犬ほど寿命が短い)、混血犬は純血犬よりも平均1.2年長生きする[36]。

繁殖
主な記事 犬の繁殖

生まれたばかりの子犬に授乳するメス犬。
家庭犬では、雌雄ともに6ヵ月から1年程度で性成熟するが、大型犬では2歳まで遅れることもある。その後の発情周期は半年に1度で、その間に体は妊娠の準 備をします。周期のピークになると、メスは発情し、精神的にも肉体的にも交尾を受け入れるようになります。卵子は排卵後1週間は生存し、受精できるため、 複数の雄が同じ子を産むことができる[12]。

受精は通常、排卵の2~5日後に起こり、排卵の14~16日後に胚が子宮に付着し、さらに7~8日後に心拍が検出される[37][38]。

犬は受精からおよそ58~68日後に子を産むが[12][39]、平均は63日である。平均的な出産頭数は約6頭である[40]。

去勢手術
去勢手術とは動物の不妊手術のことで、通常はオスの睾丸、またはメスの卵巣と子宮を摘出することで、子孫を残す能力をなくし、性欲を減退させる。一部の国 では犬が過剰繁殖しているため、アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)のような多くの動物管理機関は、さらなる繁殖を目的としない犬は去勢手術を受ける べきであり、後に安楽死させられるかもしれない望まない子犬を生まないようにすべきであると勧告している[41]。

米国動物愛護協会(Humane Society of the United States)によると、毎年300~400万頭の犬や猫が安楽死させられています[42]。犬の避妊や去勢は、過剰繁殖を抑えるのに役立ちます[43]。

去勢手術は、特にオス犬の性欲亢進による問題を軽減する[44]。 避妊手術をしたメス犬は、乳腺、卵巣、および他の生殖器官に影響を及ぼす癌を発症する可能性が低い[45][要ページ]。しかし、去勢手術は、メス犬の尿 失禁[46]、オスの前立腺癌[47]、および男女どちらかの骨肉腫、血管肉腫、十字靭帯断裂、肥満、および糖尿病のリスクを増加させる[48]。

近親交配によるうつ病
愛玩犬の一般的な繁殖方法は、近親者間(例えば、異母兄弟と全兄弟間)の交配である[49]。近親交配抑制は、主にホモ接合性の劇症劣性突然変異の発現に よるものと考えられている[50]。異なる犬種の犬を含む血縁関係のない個体間の交配は、子孫における劇症劣性突然変異の有益なマスキングをもたらす [51]。

7犬種(バーニーズ・マウンテン・ドッグ、バセット・ハウンド、ケルン・テリア、ブリタニー、ジャーマン・シェパード・ドッグ、レオンベルガー、ウエス ト・ハイランド・ホワイト・テリア)の研究では、近親交配は出産頭数と生存率を減少させることが判明している。 [52]42,855頭のダックスフントの子犬のデータを分析したところ、近親交配係数が高くなるにつれて子犬のサイズが小さくなり、死産の割合が高くな ることがわかりました。死産が最も頻度の高い死因であり、次いで感染症であった。感染症による死亡率は近親交配の増加とともに有意に増加した[54]。
Behavior
Main article: Dog behavior
See also: Dog behavior § Behavior compared with other canids
Dog swimming over to catch a ball, pay attention to the leg and tail movements
Dog behavior is the internally coordinated responses (actions or inactions) of the domestic dog (individuals or groups) to internal and external stimuli.[55] As the oldest domesticated species, dogs' minds inevitably have been shaped by millennia of contact with humans. As a result of this physical and social evolution, dogs have acquired the ability to understand and communicate with humans more than any other species and they are uniquely attuned to human behaviors.[13] Behavioral scientists have uncovered a surprising set of social-cognitive abilities in domestic dogs. These abilities are not possessed by the dog's closest canine relatives or other highly intelligent mammals, such as great apes, but rather parallel to children's social-cognitive skills.[56]

Unlike other domestic species selected for production-related traits, dogs were initially selected for their behaviors.[57][58] In 2016, a study found that only 11 fixed genes showed variation between wolves and dogs.[59] These gene variations were unlikely to have been the result of natural evolution and indicate selection on both morphology and behavior during dog domestication. These genes have been shown to affect the catecholamine synthesis pathway, with the majority of the genes affecting the fight-or-flight response[58][60] (i.e., selection for tameness) and emotional processing.[58] Dogs generally show reduced fear and aggression compared with wolves.[58][61] Some of these genes have been associated with aggression in some dog breeds, indicating their importance in both the initial domestication and later in breed formation.[58] Traits of high sociability and lack of fear in dogs may include genetic modifications related to Williams-Beuren syndrome in humans, which cause hypersociability at the expense of problem-solving ability.[62]

Intelligence
Main article: Dog intelligence
Researchers have tested dogs' ability to perceive information, retain it as knowledge, and apply it to solve problems. Studies of two dogs suggest that dogs can learn by inference and have advanced memory skills. A study with Rico, a Border Collie, showed that he knew the labels of over 200 different items. He inferred the names of novel things by exclusion learning and correctly retrieved those new items immediately and four weeks after the initial exposure. A study of another Border Collie, Chaser, documented his learning and memory capabilities. He had learned the names and could associate by verbal command over 1,000 words.[63] Dogs can read and react appropriately to human body language such as gesturing, pointing, and human voice commands.

One study of canine cognitive abilities found that dogs' capabilities are no more exceptional than those of other animals, such as horses, chimpanzees, or cats.[64] One limited study of 18 household dogs found that they lacked spatial memory, and were more focused on the "what" of a task rather than the "where".[65]

Dogs demonstrate a theory of mind by engaging in deception.[66] An experimental study showed compelling evidence that Australian dingos can outperform domestic dogs in non-social problem-solving, indicating that domestic dogs may have lost much of their original problem-solving abilities once they joined humans.[67] Another study revealed that after undergoing training to solve a simple manipulation task, dogs faced with an unsolvable version of the same problem look at the human, while socialized wolves do not.[68]

Communication
Main article: Dog communication

Dog sounds
0:15
A dog making noises and barking
Problems playing this file? See media help.
Dog communication is how dogs convey information to other dogs, understand messages from humans and translate the information that dogs are transmitting.[69]: xii  Communication behaviors of dogs include eye gaze, facial expression,[70][71] vocalization, body posture (including movements of bodies and limbs), and gustatory communication (scents, pheromones, and taste). Humans communicate to dogs by using vocalization, hand signals, and body posture.
振る舞い=行動
主な記事 犬の行動
以下も参照のこと: 犬の行動§他のイヌ科動物と比較した行動
ボールをキャッチするために泳ぐ犬、脚と尾の動きに注目する
犬の行動とは、内的・外的刺激に対する家庭犬(個体または集団)の内的に調整された反応(行動または不作為)のことである[55]。最古の家畜化された種 として、犬の心は必然的に数千年にわたる人間との接触によって形成されてきた。このような身体的・社会的進化の結果、犬は他のどの種よりも人間を理解し、 コミュニケーションする能力を獲得し、人間の行動に独特に同調するようになった。これらの能力は、イヌの近縁種や類人猿のような他の高度な知能を持つ哺乳 類が持っているものではなく、むしろ子どもの社会的認知能力と並行している[56]。

2016年、ある研究がオオカミとイヌの間で11の固定遺伝子のみが変異を示すことを発見した[59]。これらの遺伝子の変異は自然進化の結果とは考えに くく、イヌの家畜化において形態と行動の両方が選択されたことを示している。これらの遺伝子はカテコールアミン合成経路に影響を及ぼすことが示されてお り、遺伝子の大部分は闘争・逃走反応[58][60](すなわち、 58][61]これらの遺伝子のいくつかは、いくつかの犬種における攻撃性と関連しており、初期の家畜化とその後の犬種形成の両方において重要であること を示している[58]。犬における高い社交性と恐怖心の欠如の形質は、問題解決能力を犠牲にして社交性を亢進させるヒトのウィリアムズ・ビューレン症候群 に関連する遺伝子改変を含んでいる可能性がある[62]。

知能
主な記事 犬の知能
研究者たちは、情報を知覚し、知識として保持し、問題解決に応用する犬の能力をテストしてきた。2頭の犬の研究から、犬は推論によって学習し、高度な記憶 能力を持つことが示唆されている。ボーダーコリーのリコの研究では、彼は200以上の異なるアイテムのラベルを知っていた。彼は除外学習によって新しいも のの名前を推測し、最初の接触直後と4週間後にそれらの新しいものを正しく取り出すことができた。もう一頭のボーダー・コリー、チェイサーの研究では、彼 の学習と記憶の能力が記録されている。犬は身振り、指差し、声による命令など、人間のボディランゲージを読み取り、適切に反応することができる。

犬の認知能力に関するある研究では、犬の能力は馬、チンパンジー、猫などの他の動物と比べても特別なものではないことが判明した[64]。18匹の家庭犬 を対象としたある限定的な研究では、犬は空間記憶に欠けており、「どこで」よりもむしろ「何を」するかに集中していることが判明した[65]。

ある実験的研究では、オーストラリアン・ディンゴが非社会的問題解決において家庭犬よりも優れているという有力な証拠が示されており、これは家庭犬が人間 の仲間入りをした途端に、本来の問題解決能力の多くを失ってしまった可能性を示している[67]。別の研究では、単純な操作課題を解く訓練を受けた後、同 じ問題の解けないバージョンに直面した犬は人間を見るが、社会化されたオオカミは見ないことが明らかにされている[68]。

コミュニケーション
主な記事 犬のコミュニケーション

犬の鳴き声
0:15
犬の鳴き声と吠え声
このファイルの再生に問題がありますか?メディアヘルプをご覧ください。
犬のコミュニケーションとは、犬が他の犬に情報を伝え、人間からのメッセージを理解し、犬が発信している情報を翻訳する方法である[69]: xii 犬のコミュニケーション行動には、視線、表情、[70][71]発声、体位(体や手足の動きを含む)、味覚コミュニケーション(香り、フェロモン、味覚) などがある。人間は発声、手信号、体の姿勢を使って犬とコミュニケーションをとる。
Ecology
Population
The dog is probably the most widely abundant large carnivoran living in the human environment.[72][73] In 2013, the estimated global dog population was between 700 million[74] and 987 million.[75] About 20% of dogs live as pets in developed countries.[76] In the developing world, dogs are typically feral or communally owned, with pet dogs uncommon. Most of these dogs live their lives as scavengers and have never been owned by humans, with one study showing their most common response when approached by strangers is to run away (52%) or respond aggressively (11%).[77] Little is known about these dogs, or the dogs in developed countries that are feral, strays, or are in shelters because the great majority of modern research on dog cognition has focused on pet dogs living in human homes.[78]

Competitors and predators
Although dogs are the most abundant and widely distributed terrestrial carnivores, feral and free-ranging dogs' potential to compete with other large carnivores is limited by their strong association with humans.[72] For example, a review of the studies in dogs' competitive effects on sympatric carnivores did not mention any research on competition between dogs and wolves.[79][80] Although wolves are known to kill dogs, they tend to live in pairs or in small packs in areas where they are highly persecuted, giving them a disadvantage facing large dog groups.[79][81]

Wolves kill dogs wherever they are found together.[82] In some instances, wolves have displayed an uncharacteristic fearlessness of humans and buildings when attacking dogs to the extent that they have to be beaten off or killed.[83] Although the numbers of dogs killed each year are relatively low, it induces a fear of wolves entering villages and farmyards to take dogs and losses of dogs to wolves have led to demands for more liberal wolf hunting regulations.[79]

Coyotes and big cats have also been known to attack dogs. In particular, leopards are known to have a preference for dogs and have been recorded to kill and consume them, no matter what their size.[84] Siberian tigers in the Amur River region have killed dogs in the middle of villages. This indicates that the dogs were targeted. Amur tigers will not tolerate wolves as competitors within their territories, and the tigers could be considering dogs in the same way.[85] Striped hyenas are known to kill dogs in their range.[86]

Diet
See also: Dog food

A Golden Retriever gnawing on a pig's foot
Dogs have been described as omnivores.[12][87][88] Compared to wolves, dogs from agricultural societies have extra copies of amylase and other genes involved in starch digestion that contribute to an increased ability to thrive on a starch-rich diet.[11] Similar to humans, some dog breeds produce amylase in their saliva and are classified as having a high starch diet.[89] However, more like cats and less like other omnivores, dogs can only produce bile acid with taurine and they cannot produce vitamin D, which they obtain from animal flesh. Of the twenty-one amino acids common to all life forms (including selenocysteine), dogs cannot synthesize ten: arginine, histidine, isoleucine, leucine, lysine, methionine, phenylalanine, threonine, tryptophan, and valine.[90][91][92] Also more like cats, dogs require arginine to maintain nitrogen balance. These nutritional requirements place dogs halfway between carnivores and omnivores.[93]

Range
As a domesticated or semi-domesticated animal, the dog is nearly universal among human societies. Notable exceptions once included:

The Aboriginal Tasmanians, who were separated from Australia before the arrival of dingos on that continent
The Andamanese peoples, who were isolated when rising sea levels covered the land bridge to Myanmar
The Fuegians, who instead domesticated the Fuegian dog, a different canid species
Individual Pacific islands whose maritime settlers did not bring dogs, or where dogs died out after original settlement, notably the Mariana Islands,[94] Palau[95] and most of the Caroline Islands with exceptions such as Fais Island and Nukuoro,[96] the Marshall Islands,[97] the Gilbert Islands,[97] New Caledonia,[98] Vanuatu,[98][99] Tonga,[99] Marquesas,[99] Mangaia in the Cook Islands, Rapa Iti in French Polynesia, Easter Island,[99] the Chatham Islands[100] and Pitcairn Island (settled by the Bounty mutineers, who killed off their dogs to escape discovery by passing ships).[101]
Dogs were introduced to Antarctica as sled dogs, but were later outlawed by international agreement due to the possible risk of spreading infections.[102]
エコロジー
個体数
2013年、世界の犬の推定生息数は7億頭[74]から9億8700万頭[75]であった。先進国では犬の約20%がペットとして生活している[76]。 発展途上国では、犬は一般的に野良犬か共同所有犬であり、ペット犬は珍しい。これらの犬のほとんどは、スカベンジャーとして生活し、人間に飼われたことが なく、ある研究によれば、見知らぬ人に近づかれたときの最も一般的な反応は、逃げる(52%)か、攻撃的に反応する(11%)である[77]。犬の認知に 関する現代の研究の大部分は、人間の家で生活するペット犬に焦点を当てているため、これらの犬や、野良犬、野良犬、または保護施設にいる先進国の犬につい てはほとんど知られていない[78]。

競争相手と捕食者
イヌは最も豊富で広く分布する陸生肉食獣であるが、野良犬や放し飼いのイヌが他の大型肉食獣と競合する可能性は、人間との強い結びつきによって制限されて いる。 [例えば、同所的な肉食動物に対するイヌの競合効果に関する研究のレビューでは、イヌとオオカミの競合に関する研究は言及されていない[79][80]。 オオカミはイヌを殺すことが知られているが、オオカミは非常に迫害されている地域でペアまたは小さな群れで生活する傾向があり、大きなイヌの群れに対して 不利である[79][81]。

オオカミは犬が一緒にいるところならどこでも殺す[82]。オオカミが人間や建物を恐れることなく犬を襲い、殴り飛ばしたり殺したりしなければならないよ うなケースもある[83]。毎年殺される犬の数は比較的少ないが、オオカミが村や農場に侵入して犬を連れ去ることへの恐怖を引き起こし、オオカミによる犬 の損失はオオカミ狩りの規制をより自由にする要求につながっている[79]。

コヨーテや大型ネコ科動物も犬を襲うことが知られている。特にヒョウは犬を好むことで知られており、大きさに関係なく犬を殺して食べることが記録されてい る[84]。これは犬が狙われたことを示している。アムールトラはオオカミを縄張り内の競争相手として許容しないため、トラも同じように犬を考えている可 能性がある[85]。シマハイエナはその生息域内で犬を殺すことが知られている[86]。

食餌
こちらも参照: ドッグフード

豚の足をかじるゴールデン・レトリバー
犬は雑食性であると言われている[12][87][88]。オオカミと比較すると、農業社会の犬はデンプン消化に関わるアミラーゼやその他の遺伝子のコ ピーを余分に持っており、デンプンが豊富な食事で成長する能力を高めている。 [11]ヒトと同様に、犬種によっては唾液中にアミラーゼを産生し、高デンプン食に分類されるものもある[89]。しかし、より猫に近く、他の雑食動物に はあまり似ていないが、犬はタウリンを含む胆汁酸しか産生することができず、動物の肉から摂取するビタミンDを産生することができない。すべての生命体に 共通する21種類のアミノ酸(セレノシステインを含む)のうち、犬はアルギニン、ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラ ニン、スレオニン、トリプトファン、バリンの10種類を合成できない[90][91][92]。また、より猫に似ているが、犬は窒素バランスを維持するた めにアルギニンを必要とする。これらの栄養要求量は、犬を肉食動物と雑食動物の中間的な位置に置いている[93]。

生息域
家畜化または半家畜化された動物である犬は、人間社会ではほぼ普遍的な動物である。かつては以下のような顕著な例外があった:

オーストラリア大陸にディンゴが到着する前にオーストラリアから分離されたアボリジニのタスマニア人。
海面上昇でミャンマーへの陸橋が覆われ、孤立したアンダマン民族
別のイヌ科動物であるフエギ犬を家畜化したフエギ人
海洋入植者が犬を持ち込まなかったか、最初の入植後に犬が絶滅した太平洋の個々の島々、特にマリアナ諸島[94]、パラオ[95]、ファイズ島やヌクオロ などの例外を除くカロリン諸島の大部分[96]、マーシャル諸島[97]、ギルバート諸島[97]、 [97]ニューカレドニア、[98]バヌアツ、[98][99]トンガ、[99]マルケサス諸島、[99]クック諸島のマンガイア、フランス領ポリネシア のラパ・イティ、イースター島、[99]チャタム諸島[100]、ピトケアン島(バウンティ号の反乱軍が定住し、通りかかった船に発見されるのを逃れるた めに犬を殺した。) [101]
犬はそり犬として南極大陸に導入されたが、感染症を蔓延させる危険性があるため、後に国際協定によって非合法化された[102]。
Roles with humans
Main article: Human–canine bond
Domestic dogs inherited complex behaviors, such as bite inhibition, from their wolf ancestors, which would have been pack hunters with a complex body language. These sophisticated forms of social cognition and communication may account for their trainability, playfulness and ability to fit into human households and social situations. These attributes have given dogs a relationship with humans that has enabled them to become one of the most successful animals today.[103]

The dogs' value to early human hunter-gatherers led to them quickly becoming ubiquitous across world cultures. Dogs perform many roles for people, such as hunting, herding, pulling loads, protection, assisting police and the military, companionship and aiding disabled individuals. This influence on human society has given them the nickname "man's best friend" in the Western world. In some cultures, however, dogs are also a source of meat.[104][105]

Pets

Siberian Huskies are pack animals that still enjoy some human companionship
It is estimated that three-quarters of the world's dog population lives in the developing world as feral, village, or community dogs, with pet dogs uncommon.[106][page needed]

"The most widespread form of interspecies bonding occurs between humans and dogs"[107] and the keeping of dogs as companions, particularly by elites, has a long history.[14] Pet dog populations grew significantly after World War II as suburbanization increased.[14] In the 1950s and 1960s, dogs were kept outside more often than they tend to be today[108] (the expression "in the doghouse" – recorded since 1932[109] – to describe exclusion from the group implies a distance between the doghouse and the home) and were still primarily functional, acting as a guard, children's playmate, or walking companion. From the 1980s, there have been changes in the pet dog's role, such as the increased role of dogs in the emotional support of their human guardians.[110][page needed] People and their dogs have become increasingly integrated and implicated in each other's lives[111][page needed] to the point where pet dogs actively shape how a family and home are experienced.[112]

There have been two significant trends occurring within the second half of the 20th century in pet dogs' changing status. The first has been "commodification", shaping it to conform to social expectations of personality and behavior.[112] The second has been the broadening of the family's concept and the home to include dogs-as-dogs within everyday routines and practices.[112]

A vast range of commodity forms aims to transform a pet dog into an ideal companion.[113] The list of goods, services, and places available is enormous: from dog perfumes, couture, furniture and housing to dog groomers, therapists, trainers and caretakers, dog cafes, spas, parks and beaches and dog hotels, airlines and cemeteries.[113] Dog training books, classes, and television programs proliferated as the process of commodifying the pet dog continued.[114]

The majority of contemporary dog owners describe their pet as part of the family, although some ambivalence about the relationship is evident in the popular reconceptualization of the dog-human family as a pack.[112] Some dog trainers, such as on the television program Dog Whisperer, have promoted a dominance model of dog-human relationships. However, it has been disputed that "trying to achieve status" is characteristic of dog-human interactions.[115] The idea of the "alpha dog" trying to be dominant is based on a disproved theory about wolf packs.[116][117] Pet dogs play an active role in family life; for example, a study of conversations in dog-human families showed how family members use the dog as a resource, talking to the dog, or talking through the dog; to mediate their interactions with each other.[118]

Increasingly, human family-members engage in activities centered on the dog's perceived needs and interests, or in which the dog is an integral partner, such as dog dancing and dog yoga.[113]

According to statistics published by the American Pet Products Manufacturers Association in the National Pet Owner Survey in 2009–2010, an estimated 77.5 million people in the United States have pet dogs.[119] The same source shows that nearly 40% of American households own at least one dog, of which 67% own just one dog, 25% two dogs and nearly 9% more than two dogs. There does not seem to be any gender preference among dogs as pets, as the statistical data reveal an equal number of male and female pet dogs. Although several programs promote pet adoption, less than one-fifth of the owned dogs come from shelters.[119]

A study using magnetic resonance imaging (MRI) to compare humans and dogs showed that dogs have the same response to voices and use the same parts of the brain as humans do. This gives dogs the ability to recognize human emotional sounds, making them friendly social pets to humans.[120][121][122]

Workers
Dogs have lived and worked with humans in many roles. In addition to dogs' role as companion animals, dogs have been bred for herding livestock (collies, sheepdogs),[123][page needed][12] hunting (hounds, pointers)[124][page needed] and rodent control (terriers).[12] Other types of working dogs include search and rescue dogs,[125] detection dogs trained to detect illicit drugs[126] or chemical weapons;[127] guard dogs; dogs who assist fishermen with the use of nets; and dogs that pull loads.[12] In 1957, the dog Laika became the first animal to be launched into Earth orbit, aboard the Soviets' Sputnik 2; she died during the flight.[128][129]

Various kinds of service dogs and assistance dogs, including guide dogs, hearing dogs, mobility assistance dogs and psychiatric service dogs, assist individuals with disabilities.[130][131] Some dogs owned by people with epilepsy have been shown to alert their handler when the handler shows signs of an impending seizure, sometimes well in advance of onset, allowing the guardian to seek safety, medication, or medical care.[132]

Athletes and models
See also: Conformation show
People often enter their dogs in competitions, such as breed-conformation shows or sports, including racing, sledding and agility competitions. In conformation shows, also referred to as breed shows, a judge familiar with the specific dog breed evaluates individual purebred dogs for conformity with their established breed type as described in the breed standard. As the breed standard only deals with the dog's externally observable qualities (such as appearance, movement and temperament), separately tested qualities (such as ability or health) are not part of the judging in conformation shows.

Food
Main article: Dog meat
Dog meat is consumed in some East Asian countries, including Korea,[133][page needed] China,[104] Vietnam[105] and the Philippines,[134] which dates back to antiquity.[135] Based on limited data, it is estimated that 13–16 million dogs are killed and consumed in Asia every year.[136] In China, debates have ensued over banning the consumption of dog meat.[137] Following the Sui and Tang dynasties of the first millennium, however, people living on northern China's plains began to eschew eating dogs, which is likely due to Buddhism and Islam's spread, two religions that forbade the consumption of certain animals, including the dog. As members of the upper classes shunned dog meat, it gradually became a social taboo to eat it, even though the general population continued to consume it for centuries afterward.[citation needed] Dog meat is also consumed in some parts of Switzerland.[138] Other cultures, such as Polynesia and pre-Columbian Mexico, also consumed dog meat in their history. Dog fat is also reportedly believed to be beneficial for the lungs in some parts of Poland[139][140] and Central Asia.[141][142] Proponents of eating dog meat have argued that placing a distinction between livestock and dogs is Western hypocrisy and that there is no difference in eating different animals' meat.[143][144][145][146]

In Korea, the primary dog breed raised for meat, the Nureongi, differs from those breeds raised for pets that Koreans may keep in their homes.[147]

The most popular Korean dog dish is called bosintang, a spicy stew meant to balance the body's heat during the summer months. Followers of the custom claim this is done to ensure good health by balancing one's gi, or the body's vital energy. A 19th-century version of bosintang explains that the dish is prepared by boiling dog meat with scallions and chili powder. Variations of the dish contain chicken and bamboo shoots. While the dishes are still prevalent in Korea with a segment of the population, dog is not as widely consumed as beef, pork and chicken.[147]

Health risks
Further information: Dog bite, Canine vector-borne disease, and Dog bite prevention
In 2018, the WHO reported that 59,000 people died globally from rabies, with 59.6% in Asia and 36.4% in Africa. Rabies is a disease for which dogs are the most important vector.[148] Significant dog bites affect tens of millions of people globally each year. Children in mid-to-late childhood are the largest percentage bitten by dogs, with a greater risk of injury to the head and neck. They are more likely to need medical treatment and have the highest death rate.[149] Sharp claws with powerful muscles behind them can lacerate flesh in a scratch that can lead to serious infections.[150]

In the U.S., cats and dogs are a factor in more than 86,000 falls each year.[151] It has been estimated that around 2% of dog-related injuries treated in U.K. hospitals are domestic accidents. The same study found that while dog involvement in road traffic accidents was difficult to quantify, dog-associated road accidents involving injury more commonly involved two-wheeled vehicles.[152]

Toxocara canis (dog roundworm) eggs in dog feces can cause toxocariasis. In the United States, about 10,000 cases of Toxocara infection are reported in humans each year, and almost 14% of the U.S. population is infected.[153] Untreated toxocariasis can cause retinal damage and decreased vision.[154] Dog feces can also contain hookworms that cause cutaneous larva migrans in humans.[155][156]

Health benefits

Walking a dog
Dogs suffer from the same common disorders as humans; these include cancer, diabetes, heart disease and neurologic disorders. Their pathology is similar to humans, as is their response to treatment and their outcomes. Researchers are identifying the genes associated with dog diseases similar to human disorders, but lack mouse models to find cures for both dogs and humans. The genes involved in canine obsessive-compulsive disorders led to the detection of four genes in humans' related pathways.[10]

The scientific evidence is mixed as to whether a dog's companionship can enhance human physical health and psychological well-being.[157] Studies suggesting that there are benefits to physical health and psychological well-being[158] have been criticized for being poorly controlled.[159] It found that "the health of elderly people is related to their health habits and social supports but not to their ownership of, or attachment to, a companion animal." Earlier studies have shown that people who keep pet dogs or cats exhibit better mental and physical health than those who do not, making fewer visits to the doctor and being less likely to be on medication than non-guardians.[160]

A 2005 paper states "recent research has failed to support earlier findings that pet ownership is associated with a reduced risk of cardiovascular disease, a reduced use of general practitioner services, or any psychological or physical benefits on health for community dwelling older people. Research has, however, pointed to significantly less absenteeism from school through sickness among children who live with pets."[157] In one study, new guardians reported a highly significant reduction in minor health problems during the first month following pet acquisition. This effect was sustained in those with dogs through to the end of the study.[161]

People with pet dogs took considerably more physical exercise than those with cats and those without pets. The results provide evidence that keeping pets may have positive effects on human health and behavior and that for guardians of dogs, these effects are relatively long-term.[161] Pet guardianship has also been associated with increased coronary artery disease survival. Human guardians are significantly less likely to die within one year of an acute myocardial infarction than those who did not own dogs.[162] The association between dog ownership and adult physical activity levels has been reviewed by several authors.[163]

The health benefits of dogs can result from contact with dogs in general, not solely from having dogs as pets. For example, when in a pet dog's presence, people show reductions in cardiovascular, behavioral and psychological indicators of anxiety.[164] Other health benefits are gained from exposure to immune-stimulating microorganisms, which can protect against allergies and autoimmune diseases according to the hygiene hypothesis. The benefits of contact with a dog also include social support, as dogs cannot only provide companionship and social support themselves but also act as facilitators of social interactions between humans.[165] One study indicated that wheelchair users experience more positive social interactions with strangers when accompanied by a dog than when they are not.[166] In 2015, a study found that pet owners were significantly more likely to get to know people in their neighborhood than non-pet owners.[167]

Using dogs and other animals as a part of therapy dates back to the late 18th century, when animals were introduced into mental institutions to help socialize patients with mental disorders.[168] Animal-assisted intervention research has shown that animal-assisted therapy with a dog can increase social behaviors, such as smiling and laughing, among people with Alzheimer's disease.[169] One study demonstrated that children with ADHD and conduct disorders who participated in an education program with dogs and other animals showed increased attendance, increased knowledge and skill objectives and decreased antisocial and violent behavior compared with those not in an animal-assisted program.[170]

Cultural importance
Main articles: Cultural depictions of dogs and Dogs in religion
Further information: List of fictional dogs

Cerberus, with the gluttons in Dante's Third Circle of Hell. William Blake.
Dogs were depicted to symbolize guidance, protection, loyalty, fidelity, faithfulness, alertness, and love.[171] In ancient Mesopotamia, from the Old Babylonian period until the Neo-Babylonian, dogs were the symbol of Ninisina, the goddess of healing and medicine,[172] and her worshippers frequently dedicated small models of seated dogs to her.[172] In the Neo-Assyrian and Neo-Babylonian periods, dogs were used as emblems of magical protection.[172] In China, Korea and Japan, dogs are viewed as kind protectors.[173]

In mythology, dogs often serve as pets or as watchdogs.[173] Stories of dogs guarding the gates of the underworld recur throughout Indo-European mythologies[174][175] and may originate from Proto-Indo-European religion.[174][175] In Greek mythology, Cerberus is a three-headed, dragon-tailed watchdog who guards the gates of Hades.[173] Dogs are also associated with the Greek goddess Hecate.[176] In Norse mythology, a dog called Garmr guards Hel, a realm of the dead.[173] In Persian mythology, two four-eyed dogs guard the Chinvat Bridge.[173] In Welsh mythology, Annwn is guarded by Cŵn Annwn.[173] In Hindu mythology, Yama, the god of death, owns two watchdogs who have four eyes. They are said to watch over the gates of Naraka.[177] A black dog is also considered to be the vahana (vehicle) of Bhairava (an incarnation of Shiva).[178]

In Christianity, dogs represent faithfulness.[173] Within the Roman Catholic denomination specifically, the iconography of Saint Dominic includes a dog, after the saint's mother dreamt of a dog springing from her womb and becoming pregnant shortly after that.[179] As such, the Dominican Order (Ecclesiastical Latin: Domini canis) means "dog of the Lord" or "hound of the Lord" (Ecclesiastical Latin: Domini canis).[179] In Christian folklore, a church grim often takes the form of a black dog to guard Christian churches and their churchyards from sacrilege.[180] Jewish law does not prohibit keeping dogs and other pets. Jewish law requires Jews to feed dogs (and other animals that they own) before themselves and make arrangements for feeding them before obtaining them.[citation needed] The view on dogs in Islam is mixed, with some schools of thought viewing it as unclean,[173] although Khaled Abou El Fadl states that this view is based on "pre-Islamic Arab mythology" and "a tradition to be falsely attributed to the Prophet."[181] Therefore, Sunni Malaki and Hanafi jurists permit the trade of and keeping of dogs as pets.[182]
人間との役割
主な記事 人間と犬の絆
家庭犬は、複雑なボディランゲージを持つ群れハンターであったであろうオオカミの祖先から、噛みつき抑制などの複雑な行動を受け継いだ。このような洗練さ れた社会的認知とコミュニケーションの形態が、犬の訓練しやすさ、遊び好き、人間の家庭や社会的状況に溶け込む能力の理由かもしれない。これらの特性は、 犬が今日最も成功した動物のひとつとなることを可能にする人間との関係を犬に与えた[103]。

初期の人類の狩猟採集民にとっての犬の価値は、すぐに世界の文化圏に遍在するようになった。犬は狩猟、牧畜、荷物の牽引、保護、警察や軍隊の補助、交友、 障害者の補助など、人間のために多くの役割を果たしている。このような人間社会への影響から、欧米では「人間の親友」というニックネームがつけられてい る。しかし、一部の文化では、犬は肉の供給源でもある[104][105]。

ペット

シベリアンハスキーは群れで暮らす動物でありながら、人間との交わりを楽しんでいる。
世界の犬の個体数の4分の3は発展途上国で野良犬、村犬、地域犬として暮らしており、ペットの犬は珍しいと推定されている[106][要ページ]。

「最も広範な異種間結合の形態は人間と犬との間で起こっている」[107]し、特にエリートによるコンパニオンとしての犬の飼育は長い歴史を持っている [14]。 [1950年代と1960年代には、犬は今日の傾向よりも外で飼われることが多く[108](1932年から記録されている「犬小屋の中で」という表現 [109]-集団から排除されることを意味する-は、犬小屋と家の間の距離を意味する)、番犬、子供の遊び相手、散歩仲間として機能することがまだ主で あった。1980年代からは、保護者である人間の感情的なサポートにおける犬の役割の増加など、愛玩犬の役割に変化が生じている[110][ページ必 要]。愛玩犬が家族や家庭がどのように経験されるかを積極的に形成するまでに、人と愛玩犬はますます一体化し、お互いの生活に関与するようになっている [111][ページ必要]。

愛犬の地位の変化において、20世紀後半に起こった2つの重要な傾向がある。1つ目は「商品化」であり、性格や行動に対する社会的な期待に適合するように 形成することである[112]。2つ目は、家族の概念と家庭を拡大し、日常的なルーチンと慣習の中に犬としての犬を含めることである[112]。

膨大な商品形態は愛犬を理想的なコンパニオンに変えることを目的としている[113]。利用可能な商品、サービス、場所のリストは膨大である:犬の香水、 クチュール、家具、住宅から、ドッグ・グルーミング、セラピスト、トレーナー、ケアテイカー、ドッグ・カフェ、スパ、公園、ビーチ、ドッグ・ホテル、航空 会社、墓地まで[113]。愛犬を商品化するプロセスが継続するにつれて、犬のしつけ本、教室、テレビ番組が増殖した[114]。

現代の犬の飼い主の大多数は、自分のペットを家族の一員であると表現しているが、犬と人間の家族を群れとして再認識することが一般的であることから、この 関係に対する両義性が見て取れる[112]。テレビ番組『Dog Whisperer』のようなドッグトレーナーの中には、犬と人間の関係についての支配モデルを推進する者もいる。しかし、「地位を獲得しようとする」こ とが犬と人間の相互作用の特徴であるということには異論がある[115]。「アルファ犬」が支配的であろうとするという考え方は、オオカミの群れに関する 否定された理論に基づいている[116][117]。ペットの犬は家族生活において積極的な役割を果たしている。例えば、犬と人間の家族における会話の研 究では、家族のメンバーが互いの相互作用を仲介するために、犬を資源として利用したり、犬と話したり、犬を通して話したりしていることが示されている [118]。

ドッグ・ダンスやドッグ・ヨガなど、犬が認識するニーズや興味を中心とした活動や、犬が不可欠なパートナーである活動に人間の家族が参加することが増えている[113]。

アメリカペット用品製造業者協会が2009年から2010年にかけて発表した全国ペットオーナー調査の統計によれば、アメリカでは推定7750万人がペッ トの犬を飼っている[119]。 同出典によれば、アメリカの世帯の40%近くが少なくとも1匹の犬を飼っており、そのうち67%が1匹だけ、25%が2匹、9%近くが2匹以上の犬を飼っ ている。統計データからは、オスとメスのペットの犬の数が同数であることがわかるため、ペットとしての犬の性別による選好はないようだ。いくつかのプログ ラムがペットの養子縁組を促進しているが、飼い犬の5分の1以下しかシェルターから来ていない[119]。

磁気共鳴画像法(MRI)を用いて人間と犬を比較した研究によると、犬は声に対して人間と同じ反応を示し、脳の同じ部分を使うことがわかった。これにより犬は人間の感情的な音を認識する能力を持ち、人間にとって友好的な社会的ペットとなる[120][121][122]。

労働者
犬は多くの役割において人間と共に生き、働いてきた。コンパニオンアニマルとしての犬の役割に加えて、犬は家畜の放牧(コリー、牧羊犬)[123][要 ページ][12]、狩猟(猟犬、ポインター)[124][要ページ]、ネズミ駆除(テリア)のために飼育されてきた。 [1957年、犬ライカはソビエトのスプートニク2号に乗って地球周回軌道に打ち上げられた最初の動物となったが、飛行中に死亡した[128] [129]。

盲導犬、聴導犬、移動介助犬、精神科介助犬など、様々な種類の介助犬や補助犬が、障害を持つ人々を支援している[130][131]。 てんかんを持つ人々が飼っている犬の中には、ハンドラーが発作の切迫した兆候を示したときに、ハンドラーに警告を発し、時には発作の発症よりもかなり前 に、保護者が安全、投薬、または医療ケアを求めることを可能にすることが示されている[132]。

スポーツ選手とモデル
以下も参照のこと: コンフォメーション・ショー
犬種コンフォメーション・ショーや、レース、そり競技、アジリティ競技などのスポーツなどの競技会に犬を出場させることはよくある。コンフォメーション・ ショーは、ブリード・ショーとも呼ばれ、特定の犬種に精通した審査員が、個々の純血種の犬が、犬種標準に記載された、確立された犬種タイプに適合している かどうかを評価する。犬種標準は、犬の外見、動き、気質などの外見的に観察可能な資質のみを扱うものであるため、コンフォメーション・ショーでは、別途検 査される資質(能力や健康など)は審査の対象とはならない。

フード
主な記事 犬肉
犬肉は韓国[133][要出典]、中国[104]、ベトナム[105]、フィリピン[134]などの東アジア諸国で消費されており、その歴史は古代にまで 遡る[135]。 [136]中国では、犬肉の消費を禁止することについて議論が続いている[137]。しかし、最初の千年紀の隋と唐の時代以降、中国北部の平原に住む人々 は犬を食べることを避けるようになった。上流階級の人々が犬肉を敬遠するようになると、その後何世紀にもわたって一般庶民が犬肉を食べ続けたにもかかわら ず、犬肉を食べることは次第に社会的なタブーとなっていった。ポーランド[139][140]や中央アジアの一部では、犬の脂肪は肺に有益であると信じら れているとも報告されている[141][142]。犬肉を食べることの支持者は、家畜と犬を区別することは西洋の偽善であり、異なる動物の肉を食べること に違いはないと主張している[143][144][145][146]。

韓国では、食肉用に飼育されている主要な犬種であるヌレオンギは、韓国人が家庭で飼うペット用に飼育されている犬種とは異なる[147]。

韓国で最も人気のある犬料理はボシンタンと呼ばれるもので、夏の間の体の熱のバランスをとるための辛い煮込み料理である。この風習の信奉者たちは、これは 「気」、つまり身体の生命エネルギーのバランスをとることによって健康を確保するために行われると主張している。19世紀に書かれたボシンタンの説明で は、この料理はネギとチリパウダーと一緒に犬の肉を煮て作られる。鶏肉やタケノコを入れる料理もある。韓国ではこの料理は今でも一部の人々に浸透している が、犬は牛肉、豚肉、鶏肉ほど広く消費されていない[147]。

健康被害
さらに詳しい情報 犬による咬傷、犬媒介感染症、犬による咬傷の予防
2018年、WHOは、狂犬病により世界で59,000人が死亡し、その59.6%がアジアで、36.4%がアフリカで死亡したと報告した。狂犬病は、犬 が最も重要な媒介となる疾患である[148] 著しい犬の咬傷は、毎年世界全体で数千万人に影響を及ぼす。犬に咬まれる割合が最も高いのは小児期の中・後期で、頭部や頸部を負傷するリスクが高い。背後 に強力な筋肉を持つ鋭い爪は、引っかき傷で肉を裂傷し、重篤な感染症につながる可能性がある[150]。

米国では、犬猫は毎年86,000件以上の転倒の要因となっている[151]。英国の病院で治療される犬関連の負傷の約2%が家庭内事故であると推定され ている。同じ研究によると、交通事故における犬の関与は定量化することが困難であるが、犬に関連した負傷を伴う交通事故は、二輪車によるものが多いことが 判明している[152]。

犬の糞便に含まれるトキソカラ・カニス(犬回虫)の卵は、トキソカリ症の原因となる。米国では、毎年約10,000件のトキソカラ感染症がヒトで報告され ており、米国人口のほぼ14%が感染している[153]。 トキソカリ症は未治療の場合、網膜の損傷や視力の低下を引き起こす可能性がある[154]。 犬の糞便には、ヒトに皮膚幼虫移行症を引き起こす鉤虫も含まれている可能性がある[155][156]。

健康上の利点

犬の散歩
犬は人間と同じような一般的な疾患に罹患する。癌、糖尿病、心臓病、神経疾患などである。その病態は人間と同様であり、治療に対する反応や転帰も同様であ る。研究者たちは、人間の病気と似た犬の病気に関連する遺伝子を特定しつつあるが、犬と人間の両方の治療法を見つけるためのマウスモデルが不足している。 犬の強迫性障害に関与する遺伝子から、ヒトの関連経路にある4つの遺伝子が検出された[10]。

犬の同伴が人間の身体的健康や心理的幸福を高めるかどうかについては、科学的根拠はまちまちである[157]。身体的健康や心理的幸福に利点があることを 示唆する研究[158]は、コントロールが不十分であると批判されている[159]。それ以前の研究では、ペットの犬や猫を飼っている人は、そうでない人 に比べて精神的・身体的健康状態が良好で、医者にかかる回数が少なく、薬を飲んでいる可能性が低いことが示されている[160]。

2005年の論文によれば、「最近の研究では、ペットの飼育が、心血管疾患のリスク低減、一般開業医サービスの利用低減、地域居住高齢者の健康に対する心 理的・身体的なメリットと関連するという以前の知見を支持することはできなかった。しかしながら、ペットと一緒に暮らしている子供の病気による欠席が有意 に少ないという研究結果がある。この効果は、犬を飼っている人において、研究終了まで持続した[161]。

犬を飼っている人は、猫を飼っている人やペットを飼っていない人に比べて、かなり多くの運動をしていた。この結果は、ペットの飼育が人間の健康と行動にプ ラスの効果をもたらす可能性があり、犬の後見人にとって、これらの効果は比較的長期的であるという証拠を示している[161]。ペットの後見人は、冠動脈 疾患の生存率の増加とも関連している。人間の後見人は、犬を飼っていない人に比べて、急性心筋梗塞後1年以内に死亡する可能性が有意に低い[162]。犬 の飼育と成人の身体活動レベルとの関連については、複数の著者によって検討されている[163]。

犬の健康上の利点は、ペットとして犬を飼うことのみからではなく、一般的に犬との接触から生じる可能性がある。例えば、ペットの犬がいる場合、人は心臓血 管系、行動、心理学的な不安の指標に減少を示す[164]。衛生仮説によれば、アレルギーや自己免疫疾患から身を守ることができる免疫刺激性微生物に触れ ることで、その他の健康上の利益が得られる。犬との接触の利点には、社会的支援も含まれる。犬自身が交友関係や社会的支援を提供するだけでなく、人間同士 の社会的相互作用を促進する役割も果たすからである[165]。ある研究では、車いす使用者は、そうでない場合よりも、犬が同伴している場合の方が、見知 らぬ人とのより積極的な社会的相互作用を経験することが示されている[166]。2015年には、ペットを飼っている人の方が、そうでない人よりも、近所 の人々と知り合いになる可能性が有意に高いという研究結果が発表されている[167]。

セラピーの一環として犬やその他の動物を使用するようになったのは、18世紀後半にさかのぼり、精神障害患者の社会化を助けるために精神病院に動物が導入 されたことがきっかけであった[168]。動物介在介入研究では、犬による動物介在療法がアルツハイマー病患者の笑顔や笑いなどの社会的行動を増加させる ことが示されている。 [169] ある研究では、犬や他の動物との教育プログラムに参加したADHDや行動障害の子どもたちは、動物介在プログラムに参加していない子どもたちと比較して、 出席率が増加し、知識や技能の目標が向上し、反社会的行動や暴力的行動が減少したことが実証されている[170]。

文化的重要性
主な記事 犬の文化的描写と宗教における犬
さらに詳しい情報 架空の犬のリスト

ダンテの『地獄の第三環』に登場する大食漢たちとケルベロス。ウィリアム・ブレイク
犬は導き、保護、忠誠心、忠実さ、警戒心、愛を象徴するものとして描かれた[171]。古代メソポタミアでは、古バビロニア時代から新バビロニア時代ま で、犬は癒しと医療の女神ニニシナのシンボルであり[172]、彼女の崇拝者たちは頻繁に犬の座像の小さな模型を彼女に捧げた。 [172]新アッシリア時代と新バビロニア時代には、犬は魔法による保護の象徴として用いられた[172]。

神話では、犬はしばしばペットとして、あるいは番犬として機能する[173]。冥界の門を守る犬の話はインド・ヨーロッパ神話に繰り返し登場し[174] [175]、インド・ヨーロッパ原初の宗教に由来する可能性がある[174][175]。 ギリシャ神話では、ケルベロスはハーデスの門を守る3つの頭を持つ竜の尾を持つ番犬である。 [173]犬はギリシャ神話の女神ヘカテとも関連している[176]。北欧神話では、ガルムルと呼ばれる犬が死者の領域であるヘルを守っている [173]。ペルシャ神話では、2匹の4つの目を持つ犬がチンバト橋を守っている[173]。ウェールズ神話では、アンヌーンはクル・アンヌーンによって 守られている[173]。黒い犬はバイラヴァ(シヴァ神の化身)のヴァハナ(乗り物)とも考えられている[178]。

キリスト教では、犬は忠実さを表す[173]。特にローマ・カトリックの宗派では、聖ドミニコの図像に犬が描かれている。 [179]そのため、ドミニコ修道会(教会ラテン語:Domini canis)は「主の犬」または「主の猟犬」(教会ラテン語:Domini canis)を意味する[179]。キリスト教の民間伝承では、教会の守護神はしばしば黒い犬の姿をしており、キリスト教の教会とその教会堂を冒とくから 守っている[180]。ユダヤ教法では犬やその他のペットを飼うことは禁止されていない。ユダヤ教の掟では、ユダヤ人は自分よりも先に犬(および所有する 他の動物)に餌を与え、犬を手に入れる前に餌を与える手配をすることが義務付けられている。 [引用が必要]イスラームにおける犬に対する見解はまちまちであり、一部の学派は犬を不浄なものとみなしているが[173]、ハレド・アブー・エル・ファ ドルはこの見解は「イスラーム以前のアラブの神話」と「預言者に誤って帰せられる伝承」に基づくものであると述べている[181]。そのため、スンニ派の マラキ法学者とハナフィー法学者はペットとしての犬の取引と飼育を認めている[182]。
Terminology
Dog – the species (or subspecies) as a whole, also any male member of the same.[183]
Bitch – any female member of the species (or subspecies).[184]
Puppy or pup – a young member of the species (or subspecies) under 12 months old.[185]
Sire – the male parent of a litter.[185]
Dam – the female parent of a litter.[185]
Litter – all of the puppies resulting from a single whelping.[185]
Whelping – the act of a bitch giving birth.[185]
Whelps – puppies still dependent upon their dam.[185]
用語解説
犬-種(または亜種)全体、また同じ種のオスのメンバー[183]。
ビッチ(牝犬) - 種(または亜種)の雌のメンバー[184]。
パピー(puppy)またはパップ(pup) - 生後12ヶ月未満の種(または亜種)の若い個体[185]。
サイアー(Sire) - 子のオスの親。
仔犬の雌の親。
仔犬 - 1回の分娩によって生まれたすべての子犬[185]。
牝の出産 - 雌犬が出産する行為[185]。
仔犬-まだ牝犬に依存している子犬[185]。

Cynanthropy
Dognapping
Domesticated silver fox
Lists of dogs
Mastocytoma in dogs
Nematode infection in dogs
List of individual dogs
List of oldest dogs





+++

■いぬ【犬・狗】 1.実際の犬
2.スパイ、まわしもの(=クンクンとかぎ分けて他者に告げ口する者)
3.御殿女中の召使い。「お犬」つまり、パシリのパシリ。
4.人を卑しめる言葉。「我我が出家はいぬめが仕合(しあわせ)、とうとう帰れ」——浄瑠璃・『大覚大僧正御伝記(二)』出典:小学館「スーパニッポニカ Professional」)
5.犬追物(いぬおうもの):
6.犬は邪気を払い、かつ敏感なために、魔よけの意 味になるという。
7.警官のことの意味
8.雅楽における「狛犬(こまいぬ)」
9.卑屈にへりくだる表現。「犬侍」「いぬ乞食(かたゐ)」——宇津保物語、蔵開下
10.いぬ=いな=否という語感から、よく似ているが、異なってものの接頭辞。「イヌビワ」「イヌツゲ」「イヌザクラ」「イヌタイフ(犬大夫)」イヌワシ (狗鷲)。
11.役に立たないこと。「犬死」
犬追物(いぬおうもの) 「犬追物=鎌倉時代から始まったとされ る日本の 弓術の作法の一つ」「競技場として40間四方の平坦なスペースを準備し、そこ を「馬場」とする。その馬場に36騎の騎手(12騎を1組とする)、2騎の検分者(「検見」といわれる)、2騎の喚次、150匹の犬を投入し、所定の時間 内に騎手が何匹犬を射たかで争う。しかし、実際に犬を打ち抜くことは無く、「犬射引目」(いぬうちひきめ)という特殊な鏑矢を使用した。ただ単に犬に矢を 当てればよいというものではなく、相撲の決め手のように打ち方や命中した場所によっていくつもの技が存在した。この判定のために検見や喚次が必要となっ た。馬上の三物(みつもの)の一つ」出典:ウィキペディア)。
◎犬を自由に放し、その偶発的な動きのなかで技を競う点では、今日の「モグラ叩きゲーム」に似ている。
◎鏑矢あるいは花矢を使うことは「アイヌの熊送り」儀礼での弓の利用に通底してい る。
玩 具としてのモグラ叩き
■犬にまつわる成句 1)犬三年人:犬畜生と蔑まれても、辛 抱に耐え、過不足なく人生を全うすること。
2)犬が星を守る:高望みする。
3)犬と猿:いがみあう関係。犬猿の仲間。
4)犬に小判:猫に小判と同義。
5)犬になるとも大所(おおどころ)になれ:自分が卑しくても、その主人は大物たれ、の意味。
6)犬に論語、犬に念仏——馬の耳に念仏
7)犬の伯母/叔母——雪が降ると犬が喜ぶことからくる、雪の異称のこと。
8)犬の川端歩き:(1)幸福を求めてさまようこと、(2)外出しても外で飲食せずにすごすこと:「いつでも犬の川端だが、恩を知らねえ畜生に、如何に酒 が呑みてえとッて、尻尾を振って行くものか」——歌舞伎・富士額男女繁山(ふじびたいつくばのしげやま)
9)犬の糞:軽蔑の対象。手に負えないもの。ただたんに多数あるもの「伊勢屋稲荷に犬の糞」。
10)犬の糞で敵を討つ:汚い手で復讐すること
11)犬の子:いんのこ(犬子)/「いぬの子をする袖の春風」(俳句・物種集(ものだねしゅう)00749、1678年)
12)犬の遠吠え:憶病者の空威張り。他人の陰口
13)犬の蚤の噛みあて、犬の蚤の食いあて:レアなこと
14)犬の馬場:犬追物をおこなう馬場。犬馬場とも言う。
15)犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ:犬の忠義の意味のみならず、人間の恩義の重要性を説く。
16)犬骨を折って鷹に盗られる:犬の労苦で追い出した獲物を(鷹狩の)鷹がさらうこと。骨折り損のこと。
17)犬も歩けば棒にあたる:(1)物事をなすものは難儀にも遭遇する、(2)寒山拾得、たまさかの幸運。
18)犬も食わぬ:非常に嫌われること
19)犬も朋輩鷹も朋輩:犬を使った鷹狩では、双方が同じ主人をもつので、仕事に役目や地位が異なっても、同僚は同僚という意味。
20)犬を悦ばす:反吐をつく、嘔吐する。「犬悦(けんえつ)する」とは反吐をつくこと。
■子犬(こいぬ:犬の子供)の同義語 ・犬ころ、いぬころ、えのころ、犬児 (えのこ、いぬころ)、狗子、犬の子、エノコ(狗、犬子、犬児)、エノコイヌ。
・「白いゑのこの走り出でたるを」平家物語、12)
・「ゑのころが親犬に成るも早い物じゃ」虎寛本狂言・成上り)
■狗張子(いぬはりこ) 「江戸中期の仮名草子。七巻。浅井了意 作。元禄五年刊」小学館ニッポニカ)
■狗人(いぬひと) ・「上代、犬のほえるように声を発して 宮門を守護した隼人(はやと)。行幸や朝儀に列して犬吠(いぬぼえ)をする」小学館ニッポニカ)。
・「汝(いましみこと)の俳人(わざびと)たらむ。狗人に云はく……」神代紀・下)
・「《日本書紀》では刺領布(さしひれ)とされるが,領布も訶理(苅)すなわち剣も鎮魂の呪具にちなむもので,隼人が強力な邪霊鎮魂の呪能を持つ部族と考 えられていたことを示している。神代紀には,火酢芹(ほすせり)命(海幸)が弟の山幸に敗れて伏罪したとき,みずから狗人(いぬひと)と称したといい, 〈火酢芹命の苗裔,諸の隼人ら,今に至るまで天皇の宮墻の傍を離れずして,代(よよ)に吠ゆる狗して奉事(つかえまつ)る者なり〉とある。律令時代にも, 隼人は隼人司の管掌下にあり,吠声して宮廷守護に当たった」平凡社・世界大百科事典)
■狗吠、犬吠、犬吼(いぬぼえ、いぬほ え) 「上代、元日、即位、大嘗会および外国 使節入朝の時に、隼人(はやと)が宮門を守るため、犬のほえるような声を発すること」小学館ニッポニカ)
■エソ(狗母魚・) ・硬骨魚綱ハダカイワシ目エソ科の海魚 マエソの略称。ちなみに、英語はlizard fishes(蜥蜴[様]魚)という。
■えぬ=狗(ゑぬ) ・子犬あるいは犬。「犬犬子附…爾雅集 注云狗 音句恵沼又与犬同 犬子也、守禦畜也」十巻本和名抄、七)
■狗児草 えぬころぐさ、えのころぐさ、の漢字表 記
■大犬の陰嚢 おおいぬのふぐり、Veronica persica。道端によく生えている野草。果実が犬のキンタマ(ふぐり=陰嚢)に似ているということから命名されたという。命名者の名前は不詳。ただ し、専門家には犬のキンタマには似ていないだろうと言う人がいるが、下記の写真比較のように犬のキンタマは人間のそれと同様に複雑に変化するために、似て いると言えないこともない。(画像資料は最初の2枚は、ウィキペディア=日本語より)


■実際の犬の陰嚢
■犬子集・狗コ集(ゑのこシフ) 「江戸初期の俳諧集。一七巻五冊。松江 重頼編。寛永一〇年刊。発句一五三〇、付句千余を集め、貞門俳諧の最初の選集として価値が高い」小学館ニッポニカ)
■えのころなげ(狗投) ・子犬を転がすように軽々と投げる技 や、その様子。
■えのころやなぎ(狗柳) ・猫柳の異名
■おおかぐま(狗脊) ・おにわらび、いぬわらび
■くと(狗屠)
・犬を殺すこと、あるいはその職「いぬころし」
■くとう(狗盗) ・犬のようにものを盗むことから、こそ どろ。小ぬすと、草賊。
■狗奴国の読み方 ・くなこく、くぬこく。
「『魏志倭人伝』(ぎしわじんでん)によれば、男王・卑弥弓呼(ひみここ)(素(そ))の支配のもとに官・狗古智卑狗(くこちひく)が置かれ、邪馬台国の 支配に服せず独立国であった。狗奴国の位置は肥後(ひご)国(熊本県)球磨(くま)とする熊襲(くまそ)説が有力であるが、近畿熊野(くまの)や四国河野 (かわの)、関東毛野(けぬ)説などがある。卑弥弓呼(素)については、熊襲説、彦御子(ひこみこ)説、比売語曽(ひめこそ)説がある。官・狗古智卑狗 は、これを肥後国菊池郡の菊池彦(きくちひこ)にあてるほか、伊予(いよ)国(愛媛県)河野郷の子致彦(こちひこ)説、讃岐(さぬき)国(香川県)阿野郡 甲智(かっち)郷説がある。狗奴国は248年、従来から対立していた女王国29か国連合と戦争、魏の調停により一時平和を回復したが、この間、邪馬台国の 女王卑弥呼は死亡した。連合体組織の女王国と異なり男王権の確立した強力な軍事国家とする考えもある」井上幹夫、小学館ニッポニカ)。
・【狗邪韓国】「(帯方)郡から倭にいたるには、海岸にしたがって水行し、韓国(南鮮の三韓)をへて、あるときは南(行)し、あるときは東(行)し、倭か らみて北岸の狗邪韓国(弁韓・辰韓など十二か国の一つで、加羅すなわち金海付近)にいたる」http: //yamatai.cside.com/tousennsetu/wazinnden.htm)。
・【対馬國】「(帯方郡から)七千余里にして、はじめて一海をわたり、千余里で対馬国にいたる。その大官を卑狗(彦)といい、副(官)を卑奴母離(夷守) という。いるところは絶島(離れ鳥)で、方(域)は、四百余里ばかりである。土地は、山けわしく、深林多く、道路は、禽と鹿のこみちのようである。千余戸 がある。良田がない。海(産)物をたべて自活している。船にのり、南北に(出て)市糴(米をかうこと)をしている」http: //yamatai.cside.com/tousennsetu/wazinnden.htm)。
・【一支國】「また南に一海をわたること千余里、名づけて瀚海(大海、対馬海峡)という。一大国(一支国の誤り。壱岐国)にいたる。官(吏)をまた卑狗 (彦)といい、副(官)を卑奴母離(夷守)という。方(域)は、三百里ばかりである。竹木の叢林が多い。三千(戸)ばかりの家がある。やや田地がある。田 をたがやしても、なお食に不足である。(この国も)又南北に(出て)市糴している」http: //yamatai.cside.com/tousennsetu/wazinnden.htm)。
・【狗奴國】「その南に狗奴国(くなこく)がある。男子を王としている。 その官に狗古智卑狗(菊池彦か)がある。女王に属していない」http: //yamatai.cside.com/tousennsetu/wazinnden.htm)。
■くはい(狗吠) 1)文字通り、犬が吼えること。
2)犬は主人以外には吼えることから、唯一の主人に仕えることを意味する:「跖之狗吠(レ)尭、尭非(二)不仁(一)、狗固吠(レ)非(二)其主(一)」 史記、淮陰侯伝)。
■狗尾続貂(ぐびぞくちょう) 「(中国、西晋の趙王司馬倫が、帝位を 称し、一味の者を高位高官につけた。そのため朝廷には貂蝉(ちょうぜん)をつけた高官がむやみに多くなり、その中に はつまらない人間も少なくなかった。そこで当時の人が悪口に「貂不足狗尾続(冠にかざる貂の尾が足りないので、犬のしっぽの冠がそれに続く)」と言ったと いう「晋書‐趙王倫伝」の故事から)つまらない者が高官に列すること。劣った者がすぐれた者のあとに続くことのたとえ。また、他人のし残した仕事をついで 行なうことを卑下していうたとえ」小学館ニッポニカ)。

■ぐひん
・漢字表記は、狗賓・狗品・倶品。
・天狗のこと。そこから転じて、うぬぼれ屋。「イヤもふきつい鼻高(グヒン)達で」洒落本・神代椙□(目へんに木)論
■くるそんじんじゃ(狗留孫神社) 栄西禅師(ぜんじ)が熊野三所権現(さ んしよごんげん)を勧請(かんじょう)して創建した狗留孫神社。宮崎県えびの市の狗留孫峡(くるそんきょう)にあ る。
■こうび(狗尾) ・こうびをもてちょうにつぐ:狗尾をもて貂に継ぐ
「貂(てん)の尾で飾った冠を戴く者の後に、狗尾で飾った冠が続く。冠を飾る貂がたりなくなるほど、官爵を濫発するたとえ。また、善美なものの後に粗悪な ものが続くたとえ」小学館ニッポニカ)
■ヘーゲルと犬 ヘーゲ ルと犬
■レヴィ=ストロース「犬と番う女」 『大山猫の物 語』渡辺公三監訳、第14章、みすず書房、2016年







クレジット:今日の狗学(こうがく)について Dog eats dog, Human eats human



他山の石(=ターザンの新石器)

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099