sao パチンコ 先バレ無しで当たる

かならず 読んでください

S・J・グールド『人間の測りまちがい』について


池田光穂

書誌:スティーヴン・J・グールド『人間の測りまち がい : 差別の科学史』(上/下)鈴木善次・森脇靖子訳、河出文庫、河出書房新社、2008年( / Stephen Jay Gould: pbk. - revised and expanded ed. - London : Penguin , 1997)

「スティーヴン・ジェイ・グールド(Stephen Jay Gould, 1941年9月10日 - 2002年5月20日)は、アメリカの古生物学者、進化生物学者、科学史家。ハーバード大学で教鞭をとる傍ら、ニューヨークのアメリカ自然史博物館に勤 務。1996年、グールドはニューヨーク大学のヴィンセント・アスター生物学客員研究教授に任命され、同大学とハーバード大学で教鞭をとることになった。 進化生物学におけるグールドの最も重要な貢献は、1972年にナイルズ・エルドレッジと共同で提唱した「断続平衡説」である。グールドの実証的研究のほと んどは、ポエシロゾナイト属とセリオン属の陸産カタツムリに基づいていた。また、進化発生生物学にも重要な貢献をし、著書『発生と系統』によって専門家か らも広く認められた[5]。進化論においては、厳格な淘汰主義、ヒトに適用される社会生物学、進化心理学に反対した。彼は創造論に反対し、科学と宗教は権 威が重複しない2つの異なる分野(または「非重複領域」)とみなされるべきであると提唱した[6]/グールドは、主に『ナチュラル・ヒストリー』誌に掲載 された300の人気エッセイ[7]と、専門家と非専門家の両方に向けて書かれた数多くの著書によって、一般大衆に知られていた。2000年4月、米国議会 図書館は彼を「生ける伝説」に選んだ[8][9]。"

紹介:

「脳の容量も知能指数も人間の知能を測る尺度とはな り得ない—頭蓋計測やIQテストなど、人種差別に根拠を与えてきた19世紀以来の生物学的決定論の誤謬をあばき、科学者の社会的責任を問う注目のエッセ イ。『ベル・カーブ』批判など5篇を増補。原著改訂増補版(W.W. Norton, c1996) の翻訳/参考文献: 巻末pxiii-xxiii、索引: 巻末pi-xii、旧版: 初版(1989.7)は原著(W.W. Norton, c1981)の翻訳」

著者本人の弁:「『人間の測りまちがい』じゃ、ひと つの特異なかたちの数量化を主張することによって、人間集団をランクづけたことに関して論じたものである。つまり、知能とは内在的で変化しない知的価値で あり、直線的な物差しの上にすべての人々をランクづけるひとつの数値として有意に抽出できるものだという議論に関してだけを論じたものである」(文庫版上 巻、15ページ)

なお、この書籍に関する詳細なレビューはウィキペ ディアの項目""を参照のこと。このページでも"" についてのみ、引用紹介している。

+++++++++++++++++++++++++

【章立て】

第1章 序文

第2章 ダーウィン以前のアメリカにおける人種多起源論と頭蓋計測学—白人より劣等で別種の 黒人とインディアン

第3章 頭の計測—ポール・ブロカと頭蓋学の全盛時代

第4章 身体を測る—望ましくない人びとの類猿性の二つの事例

第5章 IQの遺伝決定論—アメリカの発明

第6章 バートの本当の誤り—因子分析および知能の具象化

第7章 否定しがたい結論

『ベル・カーブ』批判

この3世紀間に見られた人種に関する考えと人種差別主義

+++++++++++++++++++++++++

第1章 序文

第2章 ダーウィン以前のアメリカにおける人種多起 源論と頭蓋計測学—白人より劣等で別種の黒人とインディアン 89

      1. 共有された文化の状況 91
      2. 進化論登場以前の科学的人種差別論の二つのスタイル—人種単起源論と多起源論 102
      3. ルイ・アガシ——アメリカの多起源論の理論家 107
      4. サミュエル・ジョージ・モートン——多起源論の経験主義者1 22
        1. インディアンの劣等性の事例——「クラニア・アメリカーナ」 131
        2. エジプトの墓地の事例——「クラニア・エジプティアーカ」 138
        3. 黒人の平均値のごまかしの事例 143
        4. 1849年の最終的な表 146
        5. 結論 149
      5. アメリカ学派と奴隷制 152

第3章 頭の計測—ポール・ブロカと頭蓋学の全盛時 代

": The Mismeasure of Man is a critical analysis of the early works of scientific racism which promoted "the theory of unitary, innate, linearly rankable intelligence"—such as craniometry, the measurement of skull volume and its relation to intellectual faculties. Gould alleged that much of the research was based largely on racial and social prejudices of the researchers rather than their scientific objectivity; that on occasion, researchers such as Samuel George Morton (1799–1851), Louis Agassiz (1807–1873), and Paul Broca (1824–1880), committed the methodological fallacy of allowing their personal a priori expectations to influence their conclusions and analytical reasoning. Gould noted that when Morton switched from using bird seed, which was less reliable, to lead shot to obtain endocranial-volume data, the average skull volumes changed, however these changes were not uniform across Morton's "racial" groupings. To Gould, it appeared that unconscious bias influenced Morton's initial results.[9] Gould speculated/ [Plausible scenarios are easy to construct. Morton, measuring by seed, picks up a threateningly large black skull, fills it lightly and gives it a few desultory shakes. Next, he takes a distressingly small Caucasian skull, shakes hard, and pushes mightily at the foramen magnum with his thumb. It is easily done, without conscious motivation; expectation is a powerful guide to action.[10]]"/ In 1977 Gould conducted his own analysis on some of Morton's endocranial-volume data, and alleged that the original results were based on a priori convictions and a selective use of data. He argued that when biases are accounted for, the original hypothesis—an ascending order of skull volume ranging from Blacks to Mongols to Whites—is unsupported by the data. -. クラニオメトリー The Mismeasure of Man』は、「一元的で、生得的で、直線的にランク付け可能な知能の理論」を推進した科学的人種差別の初期の業績、例えば頭蓋測定(頭蓋骨の容積の測定と 知的能力との関係)を批判的に分析したものである。サミュエル・ジョージ・モートン(1799-1851)、ルイ・アガシ(1807-1873)、ポー ル・ブローカ(1824-1880)のような研究者は、個人的な先験的予想が結論や分析的推論に影響を与えるという方法論的誤謬を犯していた。グールド は、モートンが頭蓋内容積のデータを得るために、信頼性の低い鳥の種子から鉛の注射に切り替えたとき、平均頭蓋内容積が変化したことを指摘した。グールド には、無意識のバイアスがモートンの最初の結果に影響を与えたように見えた[9]。モートンは種で測定しながら、脅威的なほど大きな黒い頭蓋骨を手に取 り、それを軽く満たし、少し乱暴に振ってみる。次に、悩ましいほど小さな白人の頭蓋骨を手に取り、強く振り、親指で大後頭孔を力強く押す。これは意識的な 動機なしに簡単にできることであり、期待は行動への強力な指針である[10]]」/1977年、グールドはモートンの頭蓋内容積のデータの一部について独 自の分析を行い、元の結果は先験的な確信とデータの選択的な使用に基づいていると主張した。彼は、バイアスを考慮すると、当初の仮説-黒人からモンゴル 人、白人へと頭蓋容積の昇順になる-はデータによって裏付けられないと主張した。


 

(仏: Pierre Paul Broca、1824年6月28日 – 1880年7月9日)は、フランスの内科医、外科医、解剖学者、人類学者。ジロンド県サント=フォア=ラ=グランド出身。彼に因んで名づけられた前頭葉中 の一領域ブローカ野の研究で最も知られる。ブローカ野は発話能力を司る。失語症を患った患者が大脳皮質左前部の特定の領域に障害を有していたことが彼の研 究により明らかになった。これは脳機能が局在していることの最初の解剖学的証明である。ブローカの研究は形質人類学の発展にも資するところがあり、人体測 定学(英語版)を発展させた[1]。

生涯
ピエール・ポール・ブローカは、町医者で一時は外科医としてナポレオン に仕えていたバンジャマン・ブローカの息子として、フランスジロンド県サント=フォア=ラ=グランドで1824年6月28日に生まれた。ブローカの母はプ ロテスタントの説教師の娘であった。ブローカは故郷の町で初等教育を受け、16歳で学士号を授与された。彼はパリの医学校に17歳で入学して20歳で卒業 したが、当時医学を学ぶ人々は早くとも20歳ごろに医学を学び始めるのが通例であった[2]。

卒業後彼は、最初にHôpital du Midiで泌尿器科医・皮膚科医のフィリップ・リコール(1800年-1889年)、1843年にBicêtreでフランソワ・ルーレ(1797年- 1851年)というように豊富なインターンシップを経た。1844年には偉大な解剖学者・外科医ピエール・ニコラス・ジェルディ(1797年-1856 年)の下でインターンを受けることができた。ジェルディの下で過ごして2年後、ブローカは彼の助手となった[2]。

1848年には、ブローカはチャールズ・ダーウィンの理論に同調する自由思想家の協会を設立した。ブローカは非常に進化の思想全般に感化されており、「私 は堕落したアダムの子であるよりもむしろ変異した類人猿でありたい[2][3]」と、ある時宣言した。

このため彼と教会との間で摩擦が生じ、教会から若者を退廃させる破壊的な唯物論者とみなされた。彼は生涯を通じて教会から敵意を持たれ、教会の権威との間 に直接・間接に無数の対立が生じた[2]。

1848年には、ブローカはパリ大学医学部の解剖係となったが、これは史上最年少でのこの職務への就任であった。彼は解剖学会の書記にも就任した。 1849年には、彼は医学博士号を授与された。1859年に、エティエンヌ・ユジェーヌ・アザム、シャルル・ピエール・デノンヴィリエ、フランソワ・アン ティム・ユジェーヌ・フォラン、そしてアルフレー・アルマン・ルイ・マリー・ヴェルポーらとともに、ヨーロッパで初めて催眠術を外科的麻酔として用いた実 験を行った[2]。

1853年にはブローカはPRAGとなり、病院の外科医に就任した。1867年には医学部の外面病理学教室の座長となり、その2年後には臨床外科の教授と なった。1868年には国民医学アカデミーのメンバーとなり、臨床外科教室の座長にもなった。この後彼は死ぬまでこの地位にあった。彼はHôpital St. Antoine、Hôpital de la Salpêtrière、the Hôtel des Clinques、Hôpital Neckerといった病院に勤めた[2]。

医学的活動と並行して、ブローカは人類学に対する関心をも追求した。1859年、彼はパリ人類学会を創設した。彼は1862年以降この学会の書記の任に就 いた。さらに彼は、1872年には『Revue d'anthropologie』誌を創刊して1876年には人類学学校を創設した[4]。教会はフランスにおける人類学の発展に反対し、1876年には 人類学学校における教授をやめさせようというキャンペーンを行った[1][2]。

ポール・ブローカは晩年には元老院の終身議員に選ばれた。彼はアカデミー・フランセーズの会員にもなり、その他フランスおよび海外の多くの学術機関から名 誉学位を授与された[2]。

ブローカは1880年7月9日に脳出血により56歳で死んだ[1]。彼の2人の子供はいずれも医科学の教授として有名になった[2]。

研究
ブローカの初期の科学的研究は骨および軟骨の組織学を対象としていた が、腫瘍病理、動脈瘤の療法、乳児死亡率なども研究していた。彼が最も関心を持っていたことの1つは脳の比較解剖学であった。彼は神経解剖学者として、大 脳辺縁系および嗅脳の理解に大きく貢献した。嗅覚は彼にとって動物性の現われであった。彼は当時のフランスで変異(仏:Transformisme)とし て知られた生物の進化に関して広範に著述した(この語は当時英語でも用いられたが今日ではどの言語でもほとんど用いられない[2])。

その後半生において、ブローカは公衆衛生及び公教育に関する著述を行った。彼は貧困者の公衆衛生に関する議論に関わり、Assistance Publiqueにおける重要人物となった。彼は婦人教育や婦人教育の教会からの分離をも唱道した。婦人教育の管理を続けようとした有名なローマ・カト リックのオルレアン司教フェリックス・ドゥパンループ(1802年-1878年)に対して彼は反対したのである[2]。

ブローカが専門知識を有した主な領域の1つは脳の比較解剖学である。言語能力の局在に関する彼の研究によって、脳機能の左右分化という全く新しい研究が導 かれた[2]。

音声研究
ブローカは、脳の前頭葉腹後側に位置する発声を司る領域(今日ではブ ローカ野として知られる)の発見で最も有名である。彼は失語症患者(脳に傷害を受けたことで発話・言語能力に障害を有する人)の研究によってこの発見にた どり着いた[5]。

ブローカはこの研究を知性的攻撃とそれに続く挑戦から始めた。まず、フランツ・ヨゼフ・ガル(1758年-1828年)が非常に有名な骨相学の理論と脳機 能局在論を唱えたがピエール・フルーラン(1794年-1867年)に反論された。彼は脳の様々な領域を慎重に切除する実験を行い、ガルの仮説を反証した と主張した。それに対してガルのかつての弟子ジャン=バティスト・ブイヨー(1796年-1881年)が脳機能局在説(特に言語中枢に関して)を護持し続 けたが最終的には骨相学の学説の多くを放棄した。ブイヨーは当時の専門家に、言語障害だけが起こった前頭葉損傷の症例を見つけて自分を反駁してみろと挑ん だ。彼の義理の息子エルネスト・オーベルタン(1825年-1893年)がこの理論を証明あるいは反証できる患者を捜し、理論を支持する症例をいくつか発 見した[5]。

ブローカのパリ人類学会は、オーベルタンを含む何人かの脳解剖学の専門家が加入して、機能局在論争の新たな戦場となった。これら専門家のほとんどはフルー ランの主張を支持していたが、オーベルタンは彼らの主張を攻撃する新しい症例を提示し続けた。しかし、オーベルタンではなくブローカこそが最終的に脳機能 局在説を確立した[5]。

1861年に、Bicêtre Hospitalにいて21年間進行性の言語障害と麻痺を患っているが理解能力や心的機能には障害のないルボルニュという患者のことをブローカは聞きつけ た。彼は「タン」としかはっきり発音できなかったため「タン」とあだ名されていた[5][6]。

その後間もなくルボルニュが死んだため、ブローカは剖検を行った。予想通りルボルニュは大脳左半球の前頭葉に傷害を負っていたとブローカは確定した。ルボ ルニュの言語障害と自動症がかなり進行していたことから、言語活動に重要な領域は左前頭葉の外側溝に隣接する第三脳回にあると決定される。その後2年間 で、ブローカは12以上の症例から、発声能力の局在説を支持する剖検的証拠を発見し続けた[5][6]。

歴史はこの発見をブローカに帰しているが、別のフランスの神経学者マルク・ダックスが先行して同様の知見を得ていた。しかし彼はそれをさらに推し進める機 会を得ずにすぐに死んでしまった[要出典]。今日、ブローカの扱った失語症患者のうちの多くの脳がデュピュイトラン博物館に所蔵されており、彼の鋳型のコ レクションはデルマー・オルフィラ・ルヴィエール解剖学博物館に所蔵されている。ブローカは1861年にルボルニュのに関する研究を解剖学会の会報で発表 した[5][6]。

ブローカ野や、前頭葉の左下側に隣接する領域に傷害を負った患者は臨床的にはしばしば運動性失語(ブローカ失語としても知られる)と診断される。この種の 失語症はしばしば発話機能の減損を伴い、感覚性失語(カール・ヴェルニッケに因んでウェルニッケ失語としても知られる)と対比される。感覚性失語は左側頭 葉のより後位の傷害という特徴を持ち、しばしば言語理解能力の減損によって特徴づけられる[5][6]。

人類学的研究
ブローカは初めイシドール・ジョフロワ=サン・イレール(1805年- 1861年)、アントワーヌ・エティエンヌ・レイノー・オーギュスタン・セレ(1786年-1868年)、ジャン・ルイ・アルマン・ド・キャトルファ ジェ・ド・ブロー(1810年-1892年)らの著作を通じて人類学に親しみ、すぐに人類学が彼の終生の関心事となった。彼は多くの時間を自身の設立した 人類学会ですごし、頭蓋骨や骨を研究した。この点で、ブローカは形質人類学の草分けと言える。彼は様々な種類の計測器具(頭骨計測器)や測定基準を新しく 作り出して頭骨人体測定学を発展させた[2]。

ブローカは霊長類の比較解剖学にも大きく貢献した。彼は脳の解剖学的特徴と、知性のような心的能力との関係に関心を抱いた。彼は多くの同時代人と同様に、 人間の知的性質は脳の大きさによって測定できると考えていた[要出典]。

ブローカは一般人類学、形質人類学、民族学、その他の関連分野に関しておよそ223の論文を著した。彼は1859年にパリ人類学会を設立し、1872年に 『Revue d'Anthropologie』を創刊し、1876年にパリ人類学校を創設した[要出典]。

ブローカの影響
ブローカ野とブローカ野の傷害により起こることの発見により、言語処 理・発話・言語了解に関する理解に革命が起きた。ブローカはルボルニュおよび彼に続く12の症例によって科学的に問題を解決したことで、機能局在論争にお いて主導的な役割を果たした。彼の研究により他の人々が他の様々な機能の局在を、特にウェルニッケ野を発見した[要出典]。

ブローカ野に障害が起きると吃音症や発話失行といった他の言語障害が併発することが新たな研究により示されている。ブローカ野弁蓋部は吃音症患者で健常者 より小さいが三角部は健常者と変わらないことが近年の解剖学の神経画像処理の研究によりわかっている[要出典]。

彼は頭蓋学で用いる計測器具を20以上発明してもおり、測定手続きの標準化を促進した[2]。

著作

Broca, Paul. 1849. De la propagation de l’inflammation – Quelques propositions sur les tumeurs dites cancéreuses. Doctoral dissertation.
Broca, Paul. 1856. Traité des anévrismes et leur traitement. Paris: Labé & Asselin
Broca, Paul. 1861. Sur le principe des localisations cérébrales. Bulletin de la Société d"Anthropologie 2: 190–204.
Broca, Paul. 1861. Perte de la parole, ramollissement chronique et destruction partielle du lobe antérieur gauche. Bulletin de la Société d"Anthropologie 2: 235–38.
Broca, Paul. 1861. Nouvelle observation d'aphémie produite par une lésion de la moitié postérieure des deuxième et troisième circonvolution frontales gauches. Bulletin de la Société Anatomique 36: 398–407.
Broca, Paul. 1863. Localisations des fonctions cérébrales. Siège de la faculté du langage articulé. Bulletin de la Société d"Anthropologie 4: 200–208.
Broca, Paul. 1866. Sur la faculté générale du langage, dans ses rapports avec la faculté du langage articulé. Bulletin de la Société d"Anthropologie deuxième série 1: 377–82.
Broca, Paul. 1871–1878. Mémoires d'anthropologie, 3 vols. Paris: C. Reinwald,

出典
.


第4章 身体を測る—望ましくない人びとの類猿性の 二つの事例

第5章 IQの遺伝決定論—アメリカの発明

第6章 バートの本当の誤り—因子分析および知能の 具象化

第7章 否定しがたい結論

『ベル・カーブ』批判

三世紀間に見られた人種に関する考えと人種差別主義

●著者紹介

Stephen Jay Gould, 1941-2002

"(/ɡuːld/; September 10, 1941 – May 20, 2002) was an American paleontologist, evolutionary biologist, and historian of science. He was also one of the most influential and widely read authors of popular science of his generation.[1] Gould spent most of his career teaching at Harvard University and working at the American Museum of Natural History in New York. In 1996, Gould was hired as the Vincent Astor Visiting Research Professor of Biology at New York University, where he divided his time teaching there and at Harvard./ Gould's most significant contribution to evolutionary biology was the theory of punctuated equilibrium,[2] which he developed with Niles Eldredge in 1972.[3] The theory proposes that most evolution is characterized by long periods of evolutionary stability, which is infrequently punctuated by swift periods of branching speciation. The theory was contrasted against phyletic gradualism, the popular idea that evolutionary change is marked by a pattern of smooth and continuous change in the fossil record.[4]/ Most of Gould's empirical research was based on the land snail genera Poecilozonites and Cerion. He also made important contributions to evolutionary developmental biology, receiving broad professional recognition for his book Ontogeny and Phylogeny.[5] In evolutionary theory he opposed strict selectionism, sociobiology as applied to humans, and evolutionary psychology. He campaigned against creationism and proposed that science and religion should be considered two distinct fields (or "non-overlapping magisteria") whose authorities do not overlap.[6]/ Gould was known by the general public mainly for his 300 popular essays in Natural History magazine,[7] and his numerous books written for both the specialist and non-specialist. In April 2000, the US Library of Congress named him a "Living Legend".[8][9]"- .

●Wiki-data

is a 1981 book by paleontologist Stephen Jay Gould. The book is both a history and critique of the statistical methods and cultural motivations underlying biological determinism, the belief that "the social and economic differences between human groups—primarily races, classes, and sexes—arise from inherited, inborn distinctions and that society, in this sense, is an accurate reflection of biology".[1]

Gould argues that the primary assumption underlying biological determinism is that "worth can be assigned to individuals and groups by measuring intelligence as a single quantity". Biological determinism is analyzed in discussions of craniometry and psychological testing, the two principal methods used to measure intelligence as a single quantity. According to Gould, these methods possess two deep fallacies. The first fallacy is reification, which is "our tendency to convert abstract concepts into entities".[2] Examples of reification include the intelligence quotient (IQ) and the general intelligence factor (g factor), which have been the cornerstones of much research into human intelligence. The second fallacy is that of "ranking", which is the "propensity for ordering complex variation as a gradual ascending scale".[2]

The book received many positive reviews in the literary and popular press, while scientific reception was highly polarized.[3] Positive reviews focused on the book's critique of scientific racism, the concept of general intelligence, and biological determinism, while critics accused Gould of historical inaccuracy, unclear reasoning, or political bias.[3] The Mismeasure of Man won the National Book Critics Circle award.[3] Gould's findings about how 19th-century researcher Samuel George Morton measured skull volumes were particularly controversial, inspiring several studies debating his claims.

In 1996, a second edition was released. It included two additional chapters critiquing Richard Herrnstein and Charles Murray's book The Bell Curve (1994).
古生物学者スティーヴン・ジェイ・グールドによる1981年の著書。こ の本は、生物学的決定論の根底にある統計的手法と文化的動機の歴史であり批判である。

グールドは、生物学的決定論の根底にある主要な仮定は、「知能を単一の量として測定することによって、個人や集団に価値を割り当てることができる」という ものであると主張している。生物学的決定論は、知能を単一の量として測定するために使用される2つの主要な方法である頭蓋測定と心理テストの議論の中で分 析される。グールドによれば、これらの方法には2つの深い誤りがある。第一の誤謬は再定義であり、「抽象的な概念を実体に変換しようとする我々の傾向」で ある[2]。再定義の例としては、知能指数(IQ)や一般知能因子(g因子)などがあり、これらは人間の知能に関する多くの研究の基礎となっている。2つ 目の誤謬は「順位付け」の誤謬であり、「複雑な変化を徐々に上昇する尺度として順序付ける傾向」のことである[2]。

本書は文芸誌や一般紙で多くの好意的な批評を受けたが、科学的な評価は非常に両極端であった[3]。好意的な批評は科学的人種差別、一般的知能の概念、生 物学的決定論に対する本書の批判に焦点を当てたが、批評家はグールドの歴史的不正確さ、不明瞭な推論、政治的偏見を非難した。 [19世紀の研究者サミュエル・ジョージ・モートンの頭蓋骨の容積の測定方法に関するグールドの発見は特に議論を呼び、彼の主張について議論するいくつか の研究を刺激した。

1996年には第2版が出版された。リチャード・ハーンスタインとチャールズ・マーレイの著書『The Bell Curve』(1994年)を批評する2つの章が追加された。
Summary
Craniometry

The "species" of man: "a Negro head . . . a Caucasian skull . . . a Mongol head", by S. G. Morton (1839)
The Mismeasure of Man is a critical analysis of the early works of scientific racism which promoted "the theory of unitary, innate, linearly rankable intelligence"—such as craniometry, the measurement of skull volume and its relation to intellectual faculties. Gould alleged that much of the research was based largely on racial and social prejudices of the researchers rather than their scientific objectivity; that on occasion, researchers such as Samuel George Morton (1799–1851), Louis Agassiz (1807–1873), and Paul Broca (1824–1880), committed the methodological fallacy of allowing their personal a priori expectations to influence their conclusions and analytical reasoning. Gould noted that when Morton switched from using bird seed, which was less reliable, to lead shot to obtain endocranial-volume data, the average skull volumes changed, however these changes were not uniform across Morton's "racial" groupings. To Gould, it appeared that unconscious bias influenced Morton's initial results.[8] Gould speculated,

Plausible scenarios are easy to construct. Morton, measuring by seed, picks up a threateningly large black skull, fills it lightly and gives it a few desultory shakes. Next, he takes a distressingly small Caucasian skull, shakes hard, and pushes mightily at the foramen magnum with his thumb. It is easily done, without conscious motivation; expectation is a powerful guide to action.[9]

In 1977 Gould conducted his own analysis on some of Morton's endocranial-volume data, and alleged that the original results were based on a priori convictions and a selective use of data. He argued that when biases are accounted for, the original hypothesis—an ascending order of skull volume ranging from Blacks to Mongols to Whites—is unsupported by the data.

Bias and falsification

Gould cited Leon Kamin's study which argued that Cyril Burt (above) fabricated data.
The Mismeasure of Man presents a historical evaluation of the concepts of the intelligence quotient (IQ) and of the general intelligence factor (g factor), which were and are the measures for intelligence used by psychologists. Gould proposed that most psychological studies have been heavily biased, by the belief that the human behavior of a race of people is best explained by genetic heredity. He cites the Burt Affair, about the oft-cited twin studies, by Cyril Burt (1883–1971), wherein Burt claimed that human intelligence is highly heritable.

IQ, g, statistical correlation, and heritability
As an evolutionary biologist and historian of science, Gould accepted biological variability (the premise of the transmission of intelligence via genetic heredity), but opposed biological determinism, which posits that genes determine a definitive, unalterable social destiny for each man and each woman in life and society. The Mismeasure of Man is an analysis of statistical correlation, the mathematics applied by psychologists to establish the validity of IQ tests, and the heritability of intelligence. For example, to establish the validity of the proposition that IQ is supported by a general intelligence factor (g factor), the answers to several tests of cognitive ability must positively correlate; thus, for the g factor to be a heritable trait, the IQ-test scores of close-relation respondents must correlate more than the IQ-test scores of distant-relation respondents. However, correlation does not imply causation; for example, Gould said that the measures of the changes, over time, in "my age, the population of México, the price of Swiss cheese, my pet turtle's weight, and the average distance between galaxies" have a high, positive correlation—yet that correlation does not indicate that Gould's age increased because the Mexican population increased. More specifically, a high, positive correlation between the intelligence quotients of a parent and a child can be presumed either as evidence that IQ is genetically inherited, or that IQ is inherited through social and environmental factors. Moreover, because the data from IQ tests can be applied to arguing the logical validity of either proposition—genetic inheritance and environmental inheritance—the psychometric data have no inherent value.

Gould pointed out that if the genetic heritability of IQ were demonstrable within a given racial or ethnic group, it would not explain the causes of IQ differences among the people of a group, or if said IQ differences can be attributed to the environment. For example, the height of a person is genetically determined, but there exist height differences within a given social group that can be attributed to environmental factors (e.g. the quality of nutrition) and to genetic inheritance. The evolutionary biologist Richard Lewontin, a colleague of Gould's, is a proponent of this argument in relation to IQ tests. An example of the intellectual confusion about what heritability is and is not, is the statement: "If all environments were to become equal for everyone, heritability would rise to 100 percent because all remaining differences in IQ would necessarily be genetic in origin",[10] which Gould said is misleading, at best, and false, at worst. First, it is very difficult to conceive of a world wherein every man, woman, and child grew up in the same environment, because their spatial and temporal dispersion upon the planet Earth makes it impossible. Second, were people to grow up in the same environment, not every difference would be genetic in origin because of the randomness of molecular and genetic development. Therefore, heritability is not a measure of phenotypic (physiognomy and physique) differences among racial and ethnic groups, but of differences between genotype and phenotype in a given population.

Furthermore, he dismissed the proposition that an IQ score measures the general intelligence (g factor) of a person, because cognitive ability tests (IQ tests) present different types of questions, and the responses tend to form clusters of intellectual acumen. That is, different questions, and the answers to them, yield different scores—which indicate that an IQ test is a combination method of different examinations of different things. As such, Gould proposed that IQ-test proponents assume the existence of "general intelligence" as a discrete quality within the human mind, and thus they analyze the IQ-test data to produce an IQ number that establishes the definitive general intelligence of each man and of each woman. Hence, Gould dismissed the IQ number as an erroneous artifact of the statistical mathematics applied to the raw IQ-test data, especially because psychometric data can be variously analyzed to produce multiple IQ scores.

Second edition
The revised and expanded second edition (1996) includes two additional chapters, which critique Richard Herrnstein and Charles Murray's book The Bell Curve (1994). Gould maintains that their book contains no new arguments and presents no compelling data; it merely refashions earlier arguments for biological determinism, which Gould defines as "the abstraction of intelligence as a single entity, its location within the brain, its quantification as one number for each individual, and the use of these numbers to rank people in a single series of worthiness, invariably to find that oppressed and disadvantaged groups—races, classes, or sexes—are innately inferior and deserve their status".[11]
概要
クラニオメトリー

人間の「種 S・G・モートンによる「黒人の頭......白人の頭蓋骨......モンゴルの頭」(1839年)
The Mismeasure of Man(人間の測り間違い)』は、「一元的で、生得的で、直線的にランク付け可能な知性の理論」を推進した科学的人種差別の初期の作品-頭蓋測定、頭蓋骨 の容積の測定と知的能力との関係など-を批判的に分析したものである。サミュエル・ジョージ・モートン(1799-1851)、ルイ・アガシ(1807- 1873)、ポール・ブローカ(1824-1880)といった研究者たちは、個人的な先験的予想が結論や分析的推論に影響を与えるという方法論的誤謬を犯 していた。グールドは、モートンが頭蓋内容積のデータを得るために、信頼性の低い鳥の種子から鉛の注射に切り替えたとき、平均頭蓋内容積が変化したことを 指摘した。グールドは、無意識のバイアスがモートンの最初の結果に影響を与えたと考えた[8]、

もっともらしいシナリオを構築するのは簡単だ。モートンは種で測定しながら、脅威的なほど大きな黒い頭蓋骨を手に取り、軽く満たして何度かぞんざいに振 る。次に、悩ましいほど小さな白人の頭蓋骨を手に取り、強く振り、親指で大後頭孔を力強く押す。これは意識的な動機づけなしに簡単にできることで、期待は 行動への強力なガイドとなる[9]。

1977年、グールドはモートンの頭蓋内容積のデータの一部について独自の分析を行い、元の結果は先験的な確信とデータの選択的な使用に基づいていると主 張した。彼は、バイアスを考慮すると、当初の仮説-黒人からモンゴル人、白人へと頭蓋容積が昇順になる-はデータによって支持されないと主張した。

バイアスと改竄

グールドはレオン・カミンの研究を引用し、シリル・バート(上記)がデータを捏造したと主張した。
The Mismeasure of Man(人間の誤測定)』は、心理学者が知能の尺度として用いてきた知能指数(IQ)と一般知能因子(g因子)の概念を歴史的に評価したものである。グー ルドは、ほとんどの心理学研究は、ある人種の人間行動は遺伝によって最もよく説明されるという信念によって、大きく偏っていると提唱した。彼は、よく引き 合いに出されるシリル・バート(1883-1971)による双生児研究について、バートが人間の知能は遺伝性が高いと主張した「バート事件」を引き合いに 出している。

IQ、g、統計的相関、遺伝性
進化生物学者であり科学史家でもあるグールドは、生物学的可変性(遺伝によって知能が伝達されるという前提)は受け入れたが、生物学的決定論(遺伝子が人 生や社会における男女それぞれの決定的で不変の社会的運命を決定するとする)には反対した。The Mismeasure of Man』は、統計的相関関係の分析であり、IQテストの妥当性を立証するために心理学者が適用する数学であり、知能の遺伝可能性である。たとえば、IQは 一般知能因子(g因子)によって支えられているという命題の妥当性を立証するためには、認知能力に関するいくつかのテストの回答が正の相関を持たなければ ならない。したがって、g因子が遺伝可能な形質であるためには、親しい関係にある回答者のIQテストのスコアが、遠い関係にある回答者のIQテストのスコ アよりも相関していなければならない。例えば、グールドは「私の年齢、メキシコの人口、スイスチーズの価格、ペットの亀の体重、銀河間の平均距離」の経時 的変化を測定したところ、高い正の相関があったという。より具体的に言えば、親と子の知能指数の間に高い正の相関があるということは、IQが遺伝的に受け 継がれるという証拠であるか、あるいはIQが社会的・環境的要因によって受け継がれるという証拠であると推定できる。さらに、IQテストのデータは、遺伝 的遺伝と環境的遺伝というどちらの命題の論理的妥当性を論証するためにも適用できるため、心理測定データには固有の価値はない。

グールドは、もしIQの遺伝的遺伝性が特定の人種や民族のグループ内で証明されたとしても、そのグループの人々の間にIQの差が生じる原因や、そのIQの 差が環境に起因するものであるかどうかを説明することはできないと指摘した。例えば、人の身長は遺伝的に決定されるが、ある社会集団内には環境要因(栄養 の質など)や遺伝に起因する身長差が存在する。グールドの同僚である進化生物学者リチャード・レウォンティンは、IQテストに関連してこの議論を提唱して いる。遺伝性とは何か、そうでないのかについての知的混乱の一例として、次のような発言がある: 「もしすべての環境がすべての人に平等になれば、遺伝率は100%にまで上昇するだろう。なぜなら、IQに残るすべての違いは、必然的に遺伝的なものだか らである」[10]。第一に、すべての男女と子供が同じ環境で育つ世界を考えるのは非常に困難である。第二に、仮に人々が同じ環境で育ったとしても、分子 や遺伝子の発達にはランダム性があるため、すべての違いが遺伝に由来するとは限らない。したがって、遺伝率は人種や民族間の表現型(人相や体格)の違いの 尺度ではなく、ある集団における遺伝子型と表現型の違いの尺度なのである。

さらに彼は、IQスコアがその人の一般的知能(g因子)を測定するという命題を否定した。なぜなら、認知能力テスト(IQテスト)ではさまざまなタイプの 質問が提示され、その回答は知的才覚のクラスターを形成する傾向があるからである。つまり、異なる質問とそれに対する回答は、異なる得点をもたらすのであ る。これは、IQテストが異なる事柄の異なる検査の組み合わせ法であることを示している。このように、グールドはIQテストの支持者たちが、人間の心の中 に「一般的な知性」という個別的な資質が存在すると仮定し、そのためにIQテストのデータを分析してIQの数値を出し、男女それぞれの一般的な知性を確定 することを提案したのである。それゆえグールドは、IQ数値はIQテストの生データに適用される統計数学の誤った成果物であり、特に心理測定データは複数 のIQスコアを生成するためにさまざまに分析できることから、これを否定したのである。

第2版
改訂増補第2版(1996年)には2つの章が追加され、リチャード・ハーンシュタインとチャールズ・マーレイの著書『The Bell Curve』(1994年)を批判している。グールドは、生物学的決定論を「知能を単一の実体として抽象化し、脳内に位置づけ、各個人について1つの数値 として定量化し、これらの数値を使って人々を価値ある単一の系列にランク付けし、必ず抑圧された不利な立場にある集団-人種、階級、性別-が生来劣ってお り、その地位に値すると見なすこと」と定義している[11]。
Reception
Praise
The majority of reviews of The Mismeasure of Man were positive, as Gould notes.[12] Richard Lewontin, a celebrated evolutionary biologist who held positions at both the University of Chicago and Harvard, wrote a glowing review of Gould's book in The New York Review of Books, endorsing most aspects of its account, and suggesting that it might have been even more critical of the racist intentions of the scientists he discusses, because scientists "sometimes tell deliberate lies because they believe that small lies can serve big truths."[13] Gould said that the most positive review of the first edition to be written by a psychologist was in the British Journal of Mathematical & Statistical Psychology, which reported that "Gould has performed a valuable service in exposing the logical basis of one of the most important debates in the social sciences, and this book should be required reading for students and practitioners alike."[14] In The New York Times, journalist Christopher Lehmann-Haupt wrote that the critique of factor analysis "demonstrates persuasively how factor analysis led to the cardinal error in reasoning, of confusing correlation with cause, or, to put it another way, of attributing false concreteness to the abstract".[15] The British journal Saturday Review praised the book as a "fascinating historical study of scientific racism", and that its arguments "illustrate both the logical inconsistencies of the theories and the prejudicially motivated, albeit unintentional, misuse of data in each case".[16] In the American Monthly Review magazine, Richard York and the sociologist Brett Clark praised the book's thematic concentration, saying that "rather than attempt a grand critique of all 'scientific' efforts aimed at justifying social inequalities, Gould performs a well-reasoned assessment of the errors underlying a specific set of theories and empirical claims".[17] Newsweek gave it a positive review for revealing biased science and its abuse.[3] The Atlantic Monthly and Phi Beta Kappa's The Key Reporter also reviewed the book favorably.[3]

Awards
The first edition of The Mismeasure of Man won the non-fiction award from the National Book Critics Circle; the Outstanding Book Award for 1983 from the American Educational Research Association; the Italian translation was awarded the Iglesias prize in 1991; and in 1998, the Modern Library ranked it as the 24th-best English-language non-fiction book of the 20th century.[18] In December 2006, Discover magazine ranked The Mismeasure of Man as the 17th-greatest science book of all time.[19]

Reassessing Morton's skull measurements

In a paper published in 1988, John S. Michael reported that Samuel G. Morton's original 19th-century study was conducted with less bias than Gould had described; that "contrary to Gould's interpretation ... Morton's research was conducted with integrity". Nonetheless, Michael's analysis suggested that there were discrepancies in Morton's craniometric calculations, that his data tables were scientifically unsound, and he "cannot be excused for his errors, or his unfair comparisons of means".[20] Michael later complained that some authors, including J. Philippe Rushton, selectively "cherry-picked facts" from his research to support their own claims. He lamented, "Some people have turned the Morton-Gould affair into an all or nothing debate in which either one side is right or the other side is right, and I think that is a mistake. Both men made mistakes and proving one wrong does not prove the other one right."[21]

In another study, published in 2011, Jason E. Lewis and colleagues re-measured the cranial volumes of the skulls in Morton's collection, and re-examined the respective statistical analyses by Morton and by Gould, concluding that, contrary to Gould's analysis, Morton did not falsify craniometric research results to support his racial and social prejudices, and that the "Caucasians" possessed the greatest average cranial volume in the sample. To the extent that Morton's craniometric measurements were erroneous, the error was away from his personal biases. Ultimately, Lewis and colleagues disagreed with most of Gould's criticisms of Morton, finding that Gould's work was "poorly supported", and that, in their opinion, the confirmation of the results of Morton's original work "weakens the argument of Gould, and others, that biased results are endemic in science". Despite this criticism, the authors acknowledged that they admired Gould's staunch opposition to racism.[22] Lewis' study examined 46% of Morton's samples, whereas Gould's earlier study was based solely on a reexamination of Morton's raw data tables.[23] However Lewis' study was subsequently criticized by a number of scholars for misrepresenting Gould's claims,[8] bias,[8][24][25] faulted for examining fewer than half of the skulls in Morton's collection,[8][24] for failing to correct measurements for age, gender or stature,[24] and for its claim that any meaningful conclusions could be drawn from Morton's data.[8][26]

In 2015 this paper was reviewed by Michael Weisberg, who reported that "most of Gould's arguments against Morton are sound. Although Gould made some errors and overstated his case in a number of places, he provided prima facie evidence, as yet unrefuted, that Morton did indeed mismeasure his skulls in ways that conformed to 19th century racial biases".[26] Biologists and philosophers Jonathan Kaplan, Massimo Pigliucci, and Joshua Alexander Banta also published a critique of the group's paper, arguing that many of its claims were misleading and the re-measurements were "completely irrelevant to an evaluation of Gould's published analysis". They also maintain that the "methods deployed by Morton and Gould were both inappropriate" and that "Gould's statistical analysis of Morton's data is in many ways no better than Morton's own".[8]

A 2018 paper argued that Morton's interpretation of the data was biased but that the data itself was accurate. The paper argued that Morton's measurements were similar to those of a contemporary craniologist, Friedrich Tiedemann, who had interpreted the data differently to argue strongly against any conception of racial hierarchy.[27]

Criticism

In a review of The Mismeasure of Man, Bernard Davis, professor of microbiology at Harvard Medical School, said that Gould erected a straw man argument based upon incorrectly defined key terms—specifically reification—which Gould furthered with a "highly selective" presentation of statistical data, all motivated more by politics than by science.[3] Davis said that Philip Morrison's laudatory book review of The Mismeasure of Man in Scientific American was written and published because the editors of the journal had "long seen the study of the genetics of intelligence as a threat to social justice". Davis also criticized the popular-press and the literary-journal book reviews of The Mismeasure of Man as generally approbatory; whereas, he said that most scientific-journal book reviews were generally critical. Davis accused Gould of having misrepresented a study by Henry H. Goddard (1866–1957) about the intelligence of Jewish, Hungarian, Italian, and Russian immigrants to the U.S., wherein Gould reported Goddard's qualifying those people as "feeble-minded"; whereas, in the initial sentence of the study, Goddard said the study subjects were atypical members of their ethnic groups, who had been selected because of their suspected sub-normal intelligence. Davis also argued that Goddard had proposed that the low IQs of the sub-normally intelligent men and women who took the cognitive-ability test likely derived from their social environments rather than from their respective genetic inheritances, and concluded that "we may be confident that their children will be of average intelligence, and, if rightly brought up, will be good citizens".[28] Gould pushed back against some of Davis' claims in a 1994 revised edition of the book. While Davis characterized the book's reception as negative in the scientific journals, Gould argued that of twenty-four academic book reviews written by experts in psychology, fourteen approved, three were mixed opinions, and seven disapproved of the book.[29]

In his review, psychologist John B. Carroll said that Gould did not understand "the nature and purpose" of factor analysis.[30] Statistician David J. Bartholomew, of the London School of Economics, said that Gould erred in his use of factor analysis, irrelevantly concentrated upon the fallacy of reification (abstract as concrete), and ignored the contemporary scientific consensus about the existence of the psychometric g.[31]

Reviewing the book, Stephen F. Blinkhorn, a senior lecturer in psychology at the University of Hertfordshire, wrote that The Mismeasure of Man was "a masterpiece of propaganda" that selectively juxtaposed data to further a political agenda.[32] Psychologist Lloyd Humphreys, then editor-in-chief of The American Journal of Psychology and Psychological Bulletin, wrote that The Mismeasure of Man was "science fiction" and "political propaganda", and that Gould had misrepresented the views of Alfred Binet, Godfrey Thomson, and Lewis Terman.[33]

In his review, psychologist Franz Samelson wrote that Gould was wrong in asserting that the psychometric results of the intelligence tests administered to soldier-recruits by the U.S. Army contributed to the legislation of the Immigration Restriction Act of 1924.[34] In their study of the Congressional Record and committee hearings related to the Immigration Act, Mark Snyderman and Richard J. Herrnstein reported that "the [intelligence] testing community did not generally view its findings as favoring restrictive immigration policies like those in the 1924 Act, and Congress took virtually no notice of intelligence testing".[35] Psychologist David P. Barash wrote that Gould unfairly groups sociobiology with "racist eugenics and misguided Social Darwinism".[36]

A 2018 paper argued that the Gould was incorrect in his assessment of the Army Beta and that, for the knowledge, technology and test development standards of the time, it was adequate and could measure intelligence, possibly even in the modern day.[37]

Responses by subjects of the book

In his review of The Mismeasure of Man, Arthur Jensen, a University of California (Berkeley) educational psychologist whom Gould much criticized in the book, wrote that Gould used straw man arguments to advance his opinions, misrepresented other scientists, and propounded a political agenda. According to Jensen, the book was "a patent example" of the bias that political ideology imposes upon science—the very thing that Gould sought to portray in the book. Jensen also criticized Gould for concentrating on long-disproven arguments (noting that 71% of the book's references preceded 1950), rather than addressing "anything currently regarded as important by scientists in the relevant fields", suggesting that drawing conclusions from early human intelligence research is like condemning the contemporary automobile industry based upon the mechanical performance of the Ford Model T.[38]

Charles Murray, co-author of The Bell Curve (1994), said that his views about the distribution of human intelligence, among the races and the ethnic groups who compose the U.S. population, were misrepresented in The Mismeasure of Man.[39]

Psychologist Hans Eysenck wrote that The Mismeasure of Man is a book that presents "a paleontologist's distorted view of what psychologists think, untutored in even the most elementary facts of the science".[40]

Responses to the second edition (1996)

Arthur Jensen and Bernard Davis argued that if the g factor (general intelligence factor) were replaced with a model that tested several types of intelligence, it would change results less than one might expect. Therefore, according to Jensen and Davis, the results of standardized tests of cognitive ability would continue to correlate with the results of other such standardized tests, and that the intellectual achievement gap between black and white people would remain.[38]

James R. Flynn, a researcher critical of racial theories of intelligence, repeated the arguments of Arthur Jensen about the second edition of The Mismeasure of Man. Flynn wrote that "Gould's book evades all of Jensen's best arguments for a genetic component in the black–white IQ gap, by positing that they are dependent on the concept of g as a general intelligence factor. Therefore, Gould believes that if he can discredit g no more need be said. This is manifestly false. Jensen's arguments would bite no matter whether blacks suffered from a score deficit on one or ten or one hundred factors."[41] Rather than defending Jensen and Rushton, however, Flynn concluded that the Flynn Effect, a nongenetic rise in IQ throughout the 20th century, invalidated their core argument because their methods falsely identified even this change as genetic.[41]

According to psychologist Ian Deary, Gould's claim that there is no relation between brain size and IQ is outdated. Furthermore, he reported that Gould refused to correct this in new editions of the book, even though newly available data were brought to his attention by several researchers.[42]
レセプション
称賛
シカゴ大学とハーバード大学の両方を歴任した著名な進化生物学者であるリチャード・ルウォンティンは、『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス』誌に グールドの著書を高く評価する書評を寄稿し、その説明のほとんどの側面を支持するとともに、グールドが論じた科学者たちの人種差別的な意図についてはもっ と批判的であっただろうと示唆した。 グールドは、心理学者が書いた初版に対する最も好意的な批評は、『英国数理統計心理学雑誌』(British Journal of Mathematical & Statistical Psychology)であり、同誌は「グールドは、社会科学における最も重要な論争の論理的根拠を明らかにするという貴重な仕事をした。 「14]ニューヨーク・タイムズ紙では、ジャーナリストのクリストファー・レーマン=ハウプトが、因子分析に対する批判について、「因子分析が、相関関係 と原因を混同するという、推論における重大な誤り、別の言い方をすれば、抽象的なものに誤った具体性を帰することに、いかにつながったかを説得力を持って 示している」と書いている。 [15]イギリスの雑誌『サタデー・レビュー』は、この本を「科学的人種差別の魅力的な歴史的研究」であり、その議論は「それぞれのケースにおいて、理論 の論理的矛盾と、意図的ではないにせよ、偏見に動機づけられたデータの誤用の両方を示している」と称賛した。 [16]アメリカの月刊誌『マンスリー・レビュー』では、リチャード・ヨークと社会学者ブレット・クラークが、「社会的不平等を正当化することを目的とし たすべての『科学的』努力に対する壮大な批評を試みるのではなく、グールドは特定の一連の理論や経験的主張の根底にある誤りについて、理路整然とした評価 を行っている」と述べ、本書のテーマ集中を称賛した。 [17]『ニューズウィーク』誌は、偏った科学とその濫用を明らかにしたとして好意的な書評を与えた[3]。『アトランティック・マンスリー』誌とファ イ・ベータ・カッパの『キー・レポーター』誌もこの本を好意的に評している[3]。

受賞歴
The Mismeasure of Man』の初版は全米図書批評家協会のノンフィクション賞、アメリカ教育研究協会の1983年度優秀図書賞、イタリア語訳は1991年にイグレシアス賞を 受賞し、1998年にはモダン・ライブラリーが20世紀の英語ノンフィクション本の24位にランク付けした[18]。 2006年12月、『Discover』誌は『The Mismeasure of Man』を史上17番目に偉大な科学書としてランク付けした[19]。

モートンの頭蓋骨測定の再評価

1988年に発表された論文で、ジョン・S・マイケルは、サミュエル・G・モートンの19世紀のオリジナルの研究は、グールドが述べていたよりもバイアス が少なく行われていたと報告した。グールドの解釈に反して...モートンの研究は誠実に行われた」。それにもかかわらず、マイケルの分析によると、モート ンの頭蓋計測の計算には矛盾があり、彼のデータ表は科学的に不健全であり、彼は「彼の誤りや平均値の不当な比較を免責することはできない」[20]。後に マイケルは、J.フィリップ・ラシュトンを含む一部の著者が自分の主張を支持するために彼の研究から選択的に「事実を抜き取った」ことに不満を述べた。 モートン・グールドの一件を、一方が正しいか他方が正しいかというオール・オア・ナッシングの議論にしてしまった人がいるが、それは間違いだと思う。両者 とも間違いを犯したのであり、一方の間違いを証明することが、もう一方の正しさを証明することにはならない」[21]。

2011年に発表された別の研究において、ジェイソン・E・ルイスと同僚は、モートンのコレクションの頭蓋骨の体積を再測定し、モートンとグールドによる それぞれの統計分析を再検討し、グールドの分析に反して、モートンは人種的・社会的偏見を支持するために頭蓋計測の研究結果を改ざんしておらず、「白人」 がサンプルの中で最大の平均頭蓋体積を有していたと結論づけた。モートンの頭蓋測定に誤りがあったとしても、その誤りは彼の個人的な偏見から生じたもので ある。最終的に、ルイスたちはグールドのモートンに対する批判のほとんどに同意せず、グールドの研究は「裏付けが不十分」であり、彼らの意見では、モート ンのオリジナルな研究の結果が確認されたことは、「偏った結果が科学に蔓延しているというグールドや他の人々の主張を弱めるもの」であるとした。このよう な批判にもかかわらず、著者たちはグールドの人種差別に対する断固とした反対を賞賛していることを認めている[22]。ルイスの研究はモートンのサンプル の46%を調査したのに対し、グールドの先行研究はモートンの生のデータ表の再調査のみに基づいていた。 [23]しかし、ルイスの研究はその後、グールドの主張を誤って伝えていること[8]、偏りがあること[8][24][25]、モートンのコレクションの 頭蓋骨の半分以下しか調べていないこと[8][24]、年齢、性別、身長の測定値を補正していないこと[24]、モートンのデータから意味のある結論が引 き出せると主張していること[8][26]などについて多くの学者から批判された。

2015年、この論文はマイケル・ワイズバーグによって見直され、「モートンに対するグールドの議論のほとんどは健全である」と報告された。グールドはい くつかの誤りを犯し、多くの箇所で自分の主張を誇張しているが、モートンが19世紀の人種バイアスに適合する方法で頭蓋骨の計測を確かに誤ったという、ま だ反論されていない一応の証拠を提供した」。 [26] 生物学者で哲学者のジョナサン・カプラン、マッシモ・ピグリューチ、ジョシュア・アレクサンダー・バンタもこのグループの論文に対する批評を発表し、その 主張の多くが誤解を招くものであり、再測定は「グールドが発表した分析の評価とはまったく無関係」であると主張した。彼らはまた、「モートンとグールドが 展開した方法はどちらも不適切」であり、「モートンのデータに対するグールドの統計解析は、多くの点でモートン自身よりも優れていない」と主張している [8]。

2018年の論文では、モートンのデータ解釈は偏っているが、データ自体は正確であると主張した。その論文は、モートンの測定値は、人種階層の概念に強く 反対するためにデータを異なって解釈した同時代の頭蓋学者フリードリッヒ・ティーデマンの測定値と類似していると主張した[27]。

批判

ハーバード大学医学部の微生物学教授であるバーナード・デイヴィスは、『The Mismeasure of Man』の書評の中で、グールドは間違った定義に基づいた藁人形論法を展開し、特に再定義について述べている。 [3]デイヴィスは、フィリップ・モリソンが『サイエンティフィック・アメリカン』誌で『人間の誤算』の書評を称賛したのは、同誌の編集者が「長い間、知 能の遺伝学的研究を社会正義に対する脅威と見なしていた」ために書かれ、出版されたのだと述べた。デイビスはまた、『人間の誤算』に対する大衆紙や文芸誌 の書評は概して好意的であると批判し、一方、科学誌の書評は概して批判的であると述べた。デイヴィスは、グールドがヘンリー・H・ゴダード(1866- 1957)によるユダヤ人、ハンガリー人、イタリア人、ロシア人の米国移民の知能に関する研究を誤って伝えていると非難した。デイヴィスはまた、ゴダード は認知能力テストを受けた普通以下の知能を持つ男女のIQが低いのは、それぞれの遺伝というよりもむしろ社会的環境に由来している可能性が高いと主張し、 「彼らの子どもは平均的な知能を持ち、正しく育てば善良な市民になると確信できる」と結論づけた[28]。グールドは1994年の改訂版でデイヴィスの主 張の一部に反論した。デイヴィスが科学雑誌におけるこの本の評価を否定的なものだとしたのに対して、グールドは、心理学の専門家によって書かれた24の学 術書評のうち、14の書評がこの本を支持し、3つの書評が賛否両論で、7つの書評が不支持であったと主張した[29]。

心理学者のジョン・B・キャロルはその書評の中で、グールドは因子分析の「本質と目的」を理解していないと述べている[30]。 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの統計学者デイヴィッド・J・バーソロミューは、グールドは因子分析の使い方を誤り、再定義の誤謬(抽象を具体化 すること)に無関係に集中し、心理測定 G(→g因子(一般知能因子))の存在に関する現代の科学的コンセンサスを無視していると述べている[31]。

ハートフォードシャー大学の心理学上級講師であるスティーヴン・F・ブリンクホーンは、この本をレビューし、『人間の測り間違い』は政治的アジェンダを促 進するためにデータを選択的に並列させた「プロパガンダの傑作」であると書いている。 [32] アメリカン・ジャーナル・オブ・サイコロジーとサイコロジカル・ブレティンの当時の編集長であった心理学者のロイド・ハンフリーズは、『人間の測り間違 い』は「サイエンス・フィクション」であり「政治的プロパガンダ」であり、グールドはアルフレッド・ビネー、ゴッドフリー・トムソン、ルイス・ターマンの 見解を誤って伝えていると書いた[33]。

心理学者のフランツ・サメルソンはその書評の中で、アメリカ陸軍が兵士の新兵に実施した知能検査の心理測定結果が1924年の移民制限法の立法に貢献した と主張したグールドは間違っていたと書いている[34]。Herrnsteinは、「(知能)検査コミュニティは、その調査結果が1924年法のような制 限的な移民政策を支持するものだとは一般的には考えておらず、議会は知能検査について事実上まったく注目していなかった」と報告している[35]。 心理学者のDavid P. Barashは、グールドは社会生物学を「人種差別的優生学と誤った社会ダーウィニズム」と不当にグループ化していると書いている[36]。

2018年の論文では、グールドの陸軍ベータに対する評価は間違っており、当時の知識、技術、テスト開発の水準からすれば、それは適切であり、おそらく現 代においても知能を測定することができると論じている[37]。

本書の対象者による反応

カリフォルニア大学バークレー校の教育心理学者であるアーサー・ジェンセンは、『The Mismeasure of Man』の書評の中で、グールドは自分の意見を述べるために藁人形論法を使い、他の科学者を誤って表現し、政治的アジェンダを提唱したと書いている。ジェ ンセンによれば、この本は政治的イデオロギーが科学に与えるバイアスの「特許例」であり、グールドがこの本で描こうとしたことそのものであった。ジェンセ ンはまた、グールドが「関連分野の科学者によって現在重要視されているもの」を取り上げるのではなく、長い間実証されていない議論(この本の参考文献の 71%が1950年以前のものであることに注目)に集中していることを批判し、初期の人間の知能研究から結論を導き出すことは、T型フォードの機械的性能 に基づいて現代の自動車産業を非難するようなものだと示唆した[38]。

『ベル・カーブ』(1994年)の共著者であるチャールズ・マーレイは、アメリカの人口を構成する人種や民族の間での人間の知能の分布に関する彼の見解は、 『人間の測り違い』において誤って伝えられたと述べている[39]。

心理学者であるハンス・アイゼンクは、『人間の測り間違い』は「心理学者が何を考えているかについての、古生物学者の歪んだ見解であり、科学の最も初歩的 な事実にさえ精通していない」と書いている[40]。

第2版(1996年)に対する反応

アーサー・ジェンセンとバーナード・デイヴィスは、g因子(一般知能因子)をいくつかのタイプの知能をテストするモデルに置き換えた場合、予想されるより も結果はあまり変わらないと主張した。したがって、ジェンセンとデイビスによれば、認知能力の標準化されたテストの結果は、他のそのような標準化されたテ ストの結果と相関し続け、黒人と白人の間の知的達成格差は残るということであった[38]。

ジェイムズ・R・フリン(James R. Flynn)は、知能に関する人種理論に批判的な研究者であり、『The Mismeasure of Man』の第2版についてアーサー・ジェンセンの主張を繰り返した。フリンは「グールドの本は、白人と黒人のIQの差に遺伝的要素があるというジェンセン の最良の議論を、一般的な知能因子としてのgの概念に依存していると仮定することで、すべて回避している。したがって、グールドはgを否定することができ れば、それ以上言う必要はないと考えている。これは明らかに誤りである。ジェンセンとラシュトンを擁護するのではなく、フリンは、20世紀を通じてIQが 遺伝的でない上昇を示したフリン効果は、彼らの方法がこの変化さえも遺伝的であると誤認させたため、彼らの核心的な議論を無効にしてしまったと結論づけた [41]。

心理学者イアン・ディアリーによれば、脳の大きさとIQの間には関係がないというグールドの主張は時代遅れである。さらに、グールドは、新たに入手可能な データが何人かの研究者によってもたらされたにもかかわらず、本の新版でこれを訂正することを拒否したと報告している[42]。
Intelligence quotient
History of the race and intelligence controversy
Scientific racism






リンク

文献

その他の情報

++


---------------------------------------------------------------------------
Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 2015-2021


Do not paste, but [re]think this message for all undergraduate students!!!