sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

構造主義なんて、たいしたことではない

Structuralism does not matter.

出典はウィキペディア、解説は池田光穂

構造主義とは、事物のさまざまな要素か ら成り立つ、つまり、事物はそれぞれの要素に分解できるという「信念」をもとに、それらの要素の関係性が理解可能な「構造体」であるという特徴や特性を明 らかにするという目的論的思考、ないしはイデオロギーである。

is an intellectual current and methodological approach, primarily in the social sciences, that interprets elements of human culture by way of their relationship to a broader system.[1] It works to uncover the structural patterns that underlie all the things that humans do, think, perceive, and feel.

Alternatively, as summarized by philosopher Simon Blackburn, structuralism is:[2]

"The belief that phenomena of human life are not intelligible except through their interrelations. These relations constitute a structure, and behind local variations in the surface phenomena there are constant laws of abstract structure."

Structuralism in Europe developed in the early 20th century, mainly in France and the Russian Empire, in the structural linguistics of Ferdinand de Saussure and the subsequent Prague,[3] Moscow,[3] and Copenhagen schools of linguistics. As an intellectual movement, structuralism became the heir to existentialism.[4] After World War II, an array of scholars in the humanities borrowed Saussure's concepts for use in their respective fields. French anthropologist Claude Lévi-Strauss was arguably the first such scholar, sparking a widespread interest in structuralism.[2]

The structuralist mode of reasoning has since been applied in a range of fields, including anthropology, sociology, psychology, literary criticism, economics, and architecture. Along with Lévi-Strauss, the most prominent thinkers associated with structuralism include linguist Roman Jakobson and psychoanalyst Jacques Lacan.

By the late 1960s, many of structuralism's basic tenets came under attack from a new wave of predominantly French intellectuals/philosophers such as historian Michel Foucault, Jacques Derrida, Marxist philosopher Louis Althusser, and literary critic Roland Barthes.[3] Though elements of their work necessarily relate to structuralism and are informed by it, these theorists eventually came to be referred to as post-structuralists. Many proponents of structuralism, such as Lacan, continue to influence continental philosophy and many of the fundamental assumptions of some of structuralism's post-structuralist critics are a continuation of structuralist thinking.[5]
構造主義とは、主に社会科学における知的潮流であり方法論的アプローチ であり、より広範なシステムとの関係によって人間文化の要素を解釈するものである[1]。

あるいは、哲学者のサイモン・ブラックバーンによって要約されるように、構造主義とは次のようなものである[2]。

「人間生活の現象は、その相互関係を通してでなければ理解できないという信念。これらの関係は構造を構成し、表面的な現象の局所的な変化の背後には、抽象 的な構造の一定の法則が存在する」。"

ヨーロッパにおける構造主義は、20世紀初頭、主にフランスとロシア帝国において、フェルディナン・ド・ソシュールの構造言語学とそれに続くプラハ学派、 [3] モスクワ学派、[3] コペンハーゲン学派の言語学において発展した。知的運動として、構造主義は実存主義の後継者となった[4]。 第二次世界大戦後、人文科学のさまざまな学者がソシュールの概念を借りてそれぞれの分野で使用した。フランスの人類学者クロード・レヴィ=ストロースは、 間違いなくそのような最初の学者であり、構造主義への広範な関心を呼び起こした[2]。

それ以来、構造主義的な推論方法は、人類学、社会学、心理学、文学批評、経済学、建築学など、さまざまな分野で応用されてきた。レヴィ=ストロースととも に構造主義に関連する最も著名な思想家には、言語学者のロマン・ヤコブソンや精神分析学者のジャック・ラカンがいる。

1960年代後半になると、構造主義の基本的な考え方の多くが、歴史家ミシェル・フーコー、ジャック・デリダ、マルクス主義哲学者ルイ・アルチュセール、 文芸批評家ロラン・バルトなど、主にフランスの知識人/哲学者の新しい波から攻撃されるようになった。ラカンのような構造主義の支持者の多くは大陸哲学に 影響を与え続けており、構造主義のポスト構造主義の批評家たちの基本的な前提の多くは構造主義の思考の継続である[5]。
History and background
The term structuralism is ambiguous, referring to different schools of thought in different contexts. As such, the movement in humanities and social sciences called structuralism relates to sociology. Emile Durkheim based his sociological concept on 'structure' and 'function', and from his work emerged the sociological approach of structural functionalism.[6]

Apart from Durkheim's use of the term structure, the semiological concept of Ferdinand de Saussure[7] became fundamental for structuralism. Saussure conceived language and society as a system of relations. His linguistic approach was also a refutation of evolutionary linguistics.

Throughout the 1940s and 1950s, existentialism, such as that propounded by Jean-Paul Sartre, was the dominant European intellectual movement. Structuralism rose to prominence in France in the wake of existentialism, particularly in the 1960s. The initial popularity of structuralism in France led to its spread across the globe. By the early 1960s, structuralism as a movement was coming into its own and some believed that it offered a single unified approach to human life that would embrace all disciplines.

Russian functional linguist Roman Jakobson was a pivotal figure in the adaptation of structural analysis to disciplines beyond linguistics, including philosophy, anthropology, and literary theory. Jakobson was a decisive influence on anthropologist Claude Lévi-Strauss, by whose work the term structuralism first appeared in reference to social sciences. Lévi-Strauss' work in turn gave rise to the structuralist movement in France, also called French structuralism, influencing the thinking of other writers, most of whom disavowed themselves as being a part of this movement. This included such writers as Louis Althusser and psychoanalyst Jacques Lacan, as well as the structural Marxism of Nicos Poulantzas. Roland Barthes and Jacques Derrida focused on how structuralism could be applied to literature.[8]

Accordingly, the so-called "Gang of Four" of structuralism is considered to be Lévi-Strauss, Lacan, Barthes, and Michel Foucault.[9][10][dubious – discuss]
歴史と背景
構造主義という言葉は曖昧で、異なる文脈における異なる学派を指す。そのため、構造主義と呼ばれる人文・社会科学の運動は、社会学に関連している。エミー ル・デュルケームは「構造」と「機能」に社会学的概念を置き、彼の研究から構造機能主義という社会学的アプローチが生まれた[6]。


デュルケムによる構造という用語の使用とは別に、フェルディナン・ド・ソシュール[7]の意味論的概念が構造主義の基礎となった。ソシュールは言語と社会 を関係のシステムとして考えていた。彼の言語学的アプローチは進化言語学への反論でもあった。


1940年代から1950年代にかけては、ジャン=ポール・サルトルによって提唱されたような実存主義がヨーロッパを支配する知的運動であった。フランス では、実存主義の後、特に1960年代に構造主義が台頭した。フランスにおける構造主義の最初の人気は、世界中に広まるきっかけとなった。1960年代初 頭までに、構造主義は運動として独自の地位を確立しつつあり、あらゆる学問分野を包含する、人間生活に対する単一の統一的なアプローチを提供すると考える 者もいた。


ロシアの機能言語学者ロマン・ヤコブソンは、哲学、人類学、文学理論など、言語学以外の学問分野への構造分析の適応において、極めて重要な人物であった。 ヤコブソンは人類学者クロード・レヴィ=ストロースに決定的な影響を与え、彼の研究によって構造主義という言葉が社会科学に関連して初めて登場した。レ ヴィ=ストロースの研究は、フランスにおける構造主義運動(フランス構造主義とも呼ばれる)を生み出し、他の作家の思考にも影響を与えた。その中には、ル イ・アルチュセールや精神分析学者ジャック・ラカン、ニコス・プーランザスの構造マルクス主義といった作家も含まれている。ロラン・バルトとジャック・デ リダは、構造主義をどのように文学に適用できるかに焦点を当てていた[8]。


したがって、構造主義のいわゆる「4人組」はレヴィ=ストロース、ラカン、バルト、ミシェル・フーコーであると考えられている[9][10] [dubious - discuss]。
Saussure
The origins of structuralism are connected with the work of Ferdinand de Saussure on linguistics along with the linguistics of the Prague and Moscow schools. In brief, Saussure's structural linguistics propounded three related concepts.[2][11]

Saussure argued for a distinction between langue (an idealized abstraction of language) and parole (language as actually used in daily life). He argued that a "sign" is composed of a "signified" (signifié, i.e. an abstract concept or idea) and a "signifier" (signifiant, i.e. the perceived sound/visual image).
Because different languages have different words to refer to the same objects or concepts, there is no intrinsic reason why a specific signifier is used to express a given concept or idea. It is thus "arbitrary."
Signs gain their meaning from their relationships and contrasts with other signs. As he wrote, "in language, there are only differences 'without positive terms.'"[12]
Lévi-Strauss
Structuralism rejected the concept of human freedom and choice, focusing instead on the way that human experience and behaviour is determined by various structures. The most important initial work on this score was Lévi-Strauss's 1949 volume The Elementary Structures of Kinship. Lévi-Strauss had known Roman Jakobson during their time together at the New School in New York during WWII and was influenced by both Jakobson's structuralism, as well as the American anthropological tradition.

In Elementary Structures, he examined kinship systems from a structural point of view and demonstrated how apparently different social organizations were different permutations of a few basic kinship structures. In the late 1950s, he published Structural Anthropology, a collection of essays outlining his program for structuralism.

Lacan and Piaget
Blending Freud and Saussure, French (post)structuralist Jacques Lacan applied structuralism to psychoanalysis. Similarly, Jean Piaget applied structuralism to the study of psychology, though in a different way. Piaget, who would better define himself as constructivist, considered structuralism as "a method and not a doctrine," because, for him, "there exists no structure without a construction, abstract or genetic."[13]

'Third order'
Proponents of structuralism argue that a specific domain of culture may be understood by means of a structure that is modelled on language and is distinct both from the organizations of reality and those of ideas, or the imagination—the "third order."[14] In Lacan's psychoanalytic theory, for example, the structural order of "the Symbolic" is distinguished both from "the Real" and "the Imaginary;" similarly, in Althusser's Marxist theory, the structural order of the capitalist mode of production is distinct both from the actual, real agents involved in its relations and from the ideological forms in which those relations are understood.

Althusser
Although French theorist Louis Althusser is often associated with structural social analysis, which helped give rise to "structural Marxism," such association was contested by Althusser himself in the Italian foreword to the second edition of Reading Capital. In this foreword Althusser states the following:

Despite the precautions we took to distinguish ourselves from the 'structuralist' ideology…, despite the decisive intervention of categories foreign to 'structuralism'…, the terminology we employed was too close in many respects to the 'structuralist' terminology not to give rise to an ambiguity. With a very few exceptions…our interpretation of Marx has generally been recognized and judged, in homage to the current fashion, as 'structuralist'.… We believe that despite the terminological ambiguity, the profound tendency of our texts was not attached to the 'structuralist' ideology.[15]

Assiter
In a later development, feminist theorist Alison Assiter enumerated four ideas common to the various forms of structuralism:[16]

a structure determines the position of each element of a whole;
every system has a structure;
structural laws deal with co-existence rather than change; and
structures are the "real things" that lie beneath the surface or the appearance of meaning.
ソシュール
構造主義の起源は、プラハ学派とモスクワ学派の言語学とともに、フェルディナン・ド・ソシュールの言語学の研究に関連している。簡単に言えば、ソシュール の構造言語学は3つの関連する概念を提唱した[2][11]。

ソシュールはラング(言語の理想化された抽象化)とパロール(日常生活で実際に使用される言語)の区別を主張した。彼は「記号」は「シニフィエ」 (signifié、すなわち抽象的な概念やアイデア)と「シニフィアン」(signifiant、すなわち知覚される音や視覚的なイメージ)から構成さ れると主張した。
言語が異なれば、同じ対象や概念を指す言葉も異なるため、特定のシニフィエが与えられた概念やアイデアを表現するために使われる本質的な理由はない。した がって "恣意的 "である。
記号は他の記号との関係や対比から意味を得る。彼が書いたように、「言語においては、『肯定的な用語のない』差異だけが存在する」[12]。
レヴィ=ストロース
構造主義は人間の自由や選択の概念を否定し、代わりに人間の経験や行動が様々な構造によって決定されることに焦点を当てた。この点に関する最も重要な初期 研究は、レヴィ=ストロースが1949年に発表した『親族関係の初歩的構造』である。レヴィ=ストロースは、第二次世界大戦中にニューヨークのニュース クールで共に学んだロマン・ヤコブソンと知り合い、ヤコブソンの構造主義とアメリカの人類学の伝統の両方から影響を受けた。

彼は『初歩的構造』の中で、親族制度を構造的な観点から考察し、一見異なる社会組織が、いくつかの基本的な親族構造の異なる順列であることを示した。 1950年代後半には、構造主義のプログラムを概説したエッセイ集『構造人類学』を出版した。

ラカンとピアジェ
フロイトとソシュールを融合させたフランスの(ポスト)構造主義者ジャック・ラカンは、構造主義を精神分析に応用した。同様に、ジャン・ピアジェも、方法 は違えど、構造主義を心理学の研究に応用した。ピアジェは、自らを構成主義者と定義した方が良いであろうが、構造主義を「教義ではなく方法」とみなしてお り、それは彼にとって「抽象的であれ遺伝的であれ、構成なくして構造は存在しない」からである[13]。

第三の秩序
構造主義の支持者たちは、文化の特定の領域は、言語をモデルとし、現実の組織とも観念、想像力の組織とも異なる構造、すなわち「第三の秩序」によって理解 することができると主張している。 「同様に、アルチュセールのマルクス主義理論では、資本主義的生産様式の構造的秩序は、その関係に関与する実際の現実の主体とも、それらの関係が理解され るイデオロギー的形式とも区別される。

アルチュセール
フランスの理論家ルイ・アルチュセールは、「構造的マルクス主義」を生み出した社会構造分析としばしば結びつけられているが、アルチュセール自身は、『資 本論』第2版のイタリア語版序文で、このような結びつきに異議を唱えている。この序文でアルチュセールは次のように述べている:

構造主義」イデオロギーと区別するために予防線を張ったにもかかわらず...、「構造主義」とは異なるカテゴリーを決定的に介入させたにもかかわら ず...、われわれが採用した用語は、多くの点で「構造主義」用語に近すぎて、あいまいさを生じさせなかった。ごく少数の例外を除いて......われわ れのマルクス解釈は、現在の流行に敬意を表して、一般に「構造主義的」であると認識され、判断されてきた......。 われわれは、用語の曖昧さにもかかわらず、われわれのテクストの深遠な傾向は「構造主義的」イデオロギーには結びついていなかったと信じている[15]。

アジター
後の発展において、フェミニストの理論家アリソン・アシターは、構造主義の様々な形態に共通する4つの考え方を列挙した。

構造が全体の各要素の位置を決定する;
あらゆるシステムは構造を持っている;
構造法則は変化よりもむしろ共存を扱う。
構造は、表面や意味の外観の下にある「本当のもの」である。
Prague School
In France, Antoine Meillet and Émile Benveniste continued Saussure's project, and members of the Prague school of linguistics such as Roman Jakobson and Nikolai Trubetzkoy conducted influential research. The clearest and most important example of Prague school structuralism lies in phonemics. Rather than simply compiling a list of which sounds occur in a language, the Prague school examined how they were related. They determined that the inventory of sounds in a language could be analysed as a series of contrasts.

Thus, in English, the sounds /p/ and /b/ represent distinct phonemes because there are cases (minimal pairs) where the contrast between the two is the only difference between two distinct words (e.g. 'pat' and 'bat'). Analyzing sounds in terms of contrastive features also opens up comparative scope—for instance, it makes clear the difficulty Japanese speakers have differentiating /r/ and /l/ in English and other languages is because these sounds are not contrastive in Japanese. Phonology would become the paradigmatic basis for structuralism in a number of different fields.

Based on the Prague school concept, André Martinet in France, J. R. Firth in the UK and Louis Hjelmslev in Denmark developed their own versions of structural and functional linguistics.
プラハ学派
フランスでは、アントワーヌ・メイエとエミール・ベンヴニストがソシュールのプロジェクトを継続し、ロマン・ヤコブソンやニコライ・トルベツコイといった プラハ学派の言語学メンバーが影響力のある研究を行った。プラハ学派構造主義の最も明確で重要な例は音素論にある。プラハ学派は、言語中にどのような音が 現れるかを単純にリスト化するのではなく、それらの音がどのように関連しているかを調べた。プラハ学派は、言語内の音のリストは一連の対照として分析でき ると判断した。

つまり、英語では/p/と/b/という音は異なる音素を表し、この2つの対照が2つの異なる単語(例:'pat'と'bat')の唯一の違いである場合 (ミニマムペア)があるからである。例えば、日本語話者が英語や他の言語で/r/と/l/を区別するのが難しいのは、日本語ではこれらの音に対照性がない からである。音韻論は、さまざまな分野で構造主義のパラダイムとなる。

プラハ学派の概念に基づき、フランスのアンドレ・マルティネ、イギリスのJ.R.ファース、デンマークのルイス・ヒェルムスレフは、それぞれ独自の構造言 語学と機能言語学を発展させた。
According to structural theory in anthropology and social anthropology, meaning is produced and reproduced within a culture through various practices, phenomena, and activities that serve as systems of signification.

A structuralist approach may study activities as diverse as food-preparation and serving rituals, religious rites, games, literary and non-literary texts, and other forms of entertainment to discover the deep structures by which meaning is produced and reproduced within the culture. For example, Lévi-Strauss analysed in the 1950s cultural phenomena including mythology, kinship (the alliance theory and the incest taboo), and food preparation. In addition to these studies, he produced more linguistically-focused writings in which he applied Saussure's distinction between langue and parole in his search for the fundamental structures of the human mind, arguing that the structures that form the "deep grammar" of society originate in the mind and operate in people unconsciously. Lévi-Strauss took inspiration from mathematics.[18]

Another concept used in structural anthropology came from the Prague school of linguistics, where Roman Jakobson and others analysed sounds based on the presence or absence of certain features (e.g., voiceless vs. voiced). Lévi-Strauss included this in his conceptualization of the universal structures of the mind, which he held to operate based on pairs of binary oppositions such as hot-cold, male-female, culture-nature, cooked-raw, or marriageable vs. tabooed women.

A third influence came from Marcel Mauss (1872–1950), who had written on gift-exchange systems. Based on Mauss, for instance, Lévi-Strauss argued an alliance theory—that kinship systems are based on the exchange of women between groups—as opposed to the 'descent'-based theory described by Edward Evans-Pritchard and Meyer Fortes. While replacing Mauss at his Ecole Pratique des Hautes Etudes chair, the writings of Lévi-Strauss became widely popular in the 1960s and 1970s and gave rise to the term "structuralism" itself.

In Britain, authors such as Rodney Needham and Edmund Leach were highly influenced by structuralism. Authors such as Maurice Godelier and Emmanuel Terray combined Marxism with structural anthropology in France. In the United States, authors such as Marshall Sahlins and James Boon built on structuralism to provide their own analysis of human society. Structural anthropology fell out of favour in the early 1980s for a number of reasons. D'Andrade suggests that this was because it made unverifiable assumptions about the universal structures of the human mind. Authors such as Eric Wolf argued that political economy and colonialism should be at the forefront of anthropology. More generally, criticisms of structuralism by Pierre Bourdieu led to a concern with how cultural and social structures were changed by human agency and practice, a trend which Sherry Ortner has referred to as 'practice theory'.

One example is Douglas E. Foley's Learning Capitalist Culture (2010), in which he applied a mixture of structural and Marxist theories to his ethnographic fieldwork among high school students in Texas. Foley analyzed how they reach a shared goal through the lens of social solidarity when he observed "Mexicanos" and "Anglo-Americans" come together on the same football team to defeat the school's rivals.[19]: 36–7  However, he also continually applies a marxist lens and states that he," wanted to wow peers with a new cultural marxist theory of schooling."[19]: 176 

Some anthropological theorists, however, while finding considerable fault with Lévi-Strauss's version of structuralism, did not turn away from a fundamental structural basis for human culture. The Biogenetic Structuralism group for instance argued that some kind of structural foundation for culture must exist because all humans inherit the same system of brain structures. They proposed a kind of neuroanthropology which would lay the foundations for a more complete scientific account of cultural similarity and variation by requiring an integration of cultural anthropology and neuroscience—a program that theorists such as Victor Turner also embraced.
人類学や社会人類学における構造理論によれば、意味は、意味づけのシス テムとして機能する様々な実践、現象、活動を通して、文化の中で生成・再生産される。

構造主義的アプローチでは、食事の準備や配膳の儀式、宗教的儀式、ゲーム、文学的・非文学的テキスト、その他の娯楽形態など多様な活動を研究し、文化内で 意味が生成・再生産される深い構造を発見することができる。たとえば、レヴィ=ストロースは1950年代に、神話、親族関係(同盟説や近親相姦のタ ブー)、食物調理などの文化現象を分析した。こうした研究に加えて、彼は言語学に焦点を当てた著作を発表し、ソシュールのラング(langue)とパロー ル(parole)の区別を応用して、人間の心の根本的な構造を探求し、社会の「深層文法」を形成する構造は心に由来し、人々の中で無意識に作用している と主張した。レヴィ=ストロースは数学からインスピレーションを得ていた[18]。

構造人類学で使用されたもう一つの概念は、プラハ学派の言語学に由来しており、ローマン・ヤコブソンらは特定の特徴(例えば、無声音と有声音)の有無に基 づいて音を分析していた。レヴィ=ストロースはこれを、心の普遍的な構造の概念化に取り入れた。心の普遍的な構造は、暑い-寒い、男性-女性、文化-自 然、調理済み-未加工、結婚可能な女性-タブー視される女性といった二項対立のペアに基づいて作動すると考えたのである。

第三の影響は、贈与交換システムについて著したマルセル・モース(1872-1950)から受けた。例えば、レヴィ=ストロースはモースに基づき、親族制 度は集団間の女性の交換に基づくという同盟説を主張した-エドワード・エヴァンス=プリチャードやマイヤー・フォルテスが述べた「子孫」に基づく説とは対 照的である。レヴィ=ストロースの著作は、1960年代から1970年代にかけて、モースの後任として高等研究院で広く普及し、「構造主義」という言葉そ のものを生み出した。

イギリスでは、ロドニー・ニーダムやエドモンド・リーチといった作家が構造主義の影響を強く受けた。フランスでは、モーリス・ゴドリエやエマニュエル・テ レーがマルクス主義と構造人類学を結びつけた。アメリカでは、マーシャル・サーリンズやジェイムズ・ブーンといった作家が、構造主義を土台に人間社会の独 自の分析を行った。構造人類学が1980年代初頭に支持されなくなったのには、いくつかの理由がある。アンドラーデは、人間の心の普遍的な構造について検 証不可能な仮定をしたためだと指摘している。エリック・ウルフのような著者は、政治経済と植民地主義が人類学の最前線に立つべきだと主張した。より一般的 には、ピエール・ブルデューによる構造主義への批判が、文化的・社会的構造が人間の主体性や実践によってどのように変化するのかという関心につながった。

その一例が、ダグラス・E・フォーリーの『資本主義文化の学習』(2010年)で、彼はテキサス州の高校生を対象としたエスノグラフィック・フィールド ワークに、構造理論とマルクス主義理論の混合を適用した。フォーリーは、「メキシコ人」と「イギリス系アメリカ人」が学校のライバルを打ち負かすために同 じフットボールチームで団結する様子を観察し、社会的連帯のレンズを通して、彼らがどのように共通の目標に到達するのかを分析した[19]: 36-7 しかし、彼はまた絶えずマルクス主義的なレンズを適用し、「学校教育に関する新しい文化的マルクス主義的理論で仲間を驚かせたかった」と述べている [19]: 176 

しかし、人類学の理論家の中には、レヴィ=ストロースの構造主義のバージョンにかなりの欠点を見出しながらも、人間文化の基本的な構造的基礎から目を背け なかった者もいる。たとえば、生物遺伝学的構造主義のグループは、すべての人間は同じ脳構造のシステムを受け継いでいるのだから、文化には何らかの構造的 基盤が存在するに違いないと主張した。彼らは、文化人類学と神経科学の統合を必要とすることで、文化の類似性と差異をより完全に科学的に説明するための基 礎を築く、一種の神経人類学を提唱した。


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099