sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

政治の美学化

Aestheticization of politics

池田光穂

☆政治の美学化とは、ヴァルター・ベンヤミンファシズム体制の重要な要素であるとして最初に提唱した考え方である[1]。ベンヤミンは、ファシズムは、大衆が自分たちの権利が認められるのを見ることなく、またプロレタリア大衆が排除することを目指す所有関係に影響を与えることなく、大衆が自分たちを表現することを可能にする見世物という意味で、政治の美学化に向かう傾向があると述べた。

was an idea first coined by Walter Benjamin as being a key ingredient to fascist regimes.[1] Benjamin said that fascism tends towards an aestheticization of politics, in the sense of a spectacle in which it allows the masses to express themselves without seeing their rights recognized, and without affecting the relations of ownership which the proletarian masses aim to eliminate.[2] Benjamin said:
政治の美学化とは、ヴァルター・ベンヤミンがファシズム体制の重要な要素であるとして最初に提唱した考え方である[1]。ベンヤミンは、ファシズムは、大衆が自分たちの権利が認められるのを見ることなく、またプロレタリア大衆が排除することを目指す所有関係に影響を与えることなく、大衆が自分たちを表現することを可能にする見世物という意味で、政治の美学化に向かう傾向があると述べた[2]:
Fascism attempts to organize the newly proletarianized masses without affecting the property structure which the masses strive to eliminate. Fascism sees its salvation in giving these masses not their right, but instead a chance to express themselves. The masses have a right to change property relations; Fascism seeks to give them an expression while preserving property. The logical result of Fascism is the introduction of aesthetics into political life. (...) Mankind, which in Homer’s time was a spectacle for the Olympian gods, has become one for itself. (...) Communism responds by politicizing art.[2]
ファ シズムは、新たにプロレタリア化した大衆を、大衆が排除しようと努力する財産構造に影響を与えることなく組織化しようとする。ファシズムは、このような大 衆に権利ではなく、自己を表現する機会を与えることに救いを見出している。大衆は、財産関係を変える権利を持っている。ファシズムは、財産を維持しなが ら、大衆に表現を与えようとする。ファシズムの論理的帰結は、政治生活に美学を導入することである。(ホメロスの時代にはオリンポスの神々のための見世物 であった人類は、今や自らのための見世物となった。(...)共産主義は芸術を政治化することで対応する[2]。-ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」.
This has also been noted as being connected to the Italian Futurist movement and postulated as its main motivation for getting involved in the fascist regime of Italy.[citation needed]

Alternately, "politicization of aesthetics" (or "politicization of art") has been used as a term for an ideologically opposing synthesis,[2] wherein art is ultimately subordinate to political life and thus a result of it, separate from it, but which is attempted to be incorporated for political use as theory relating to the consequential political nature of art. The historian Emilio Gentile has stressed that these two ideas are not mutually exclusive, and had a large degree of the other.

In Benjamin's original formulation, the politicization of aesthetics was considered the opposite of the aestheticization of politics, the former possibly being indicated as an instrument of "mythologizing" totalitarian Fascist regimes.[3] The "politicizing of art", in contrast, requires one to "[affirm] the political value and force of art [by] demystifying concepts like genius and eternal value [and by] demystifying the idea ... that art expresses the essential nature of some nation or race". In other words, to politicize art is to recognize that it is fundamentally a product that exists within a specific socio-cultural context; communism thus "takes art seriously not just as a cultural product but as a cultural force".[4]

Benjamin's concept has been linked to Guy Debord's 1967 book The Society of the Spectacle.[5]
これはまた、イタリア未来派運動と関係があると指摘され、イタリアのファシスト政権に関与した主な動機として仮定されている[要出典]。

また、「美学の政治化」(あるいは「芸術の政治化」)は、イデオロギー的に対立する総合の用語として使用されてきた[2]。そこでは、芸術は究極的には政 治生活に従属し、したがって政治生活から切り離された結果であるが、芸術の結果的な政治的性質に関連する理論として政治的利用のために取り込まれようとし ている。歴史家のエミリオ・ジェンティーレは、この2つの考え方は相互に排他的なものではなく、もう一方を大きく持っていたと強調している。

ベンヤミンの当初の定式では、美学の政治化は政治の美学化の対極にあると考えられており、前者は全体主義的なファシスト政権を「神話化」する道具として示 されていた可能性がある[3]。言い換えれば、芸術を政治化するとは、芸術が基本的に特定の社会文化的文脈の中に存在する産物であることを認識することで あり、共産主義はこのように「芸術を単なる文化的産物としてではなく、文化的力として真剣に捉える」のである[4]。

ベンヤミンのコンセプトは、ギー・ドゥボールが1967年に発表した『スペクタクルの社会』と結びついている[5]。




リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j