sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

バルカン・ビート・ボックス

Balkan Beat Box (BBB)


池田光穂

☆ バルカン・ビート・ボックス(BBB)はイスラエルの音楽グループ。 2003年にTamir MuskatとOri Kaplanによって結成され、後にTomer Yosefが中心メンバーとなる。ユダヤ、南東ヨーロッパ(主にバルカン半島)、中東の伝統、ジプシー・パンク、レゲエ、エレクトロニカを取り入れた地中 海の影響を受けた音楽を演奏する。音楽ユニットとして、スタジオでもライブでも他のミュージシャンとのコラボレーションも多い。バルカン・ビート・ボックスの目標は、クラブやダンスホールのリスナーにアピールで きるような、伝統的なワールド・ミュージックの文脈から新しい音楽スタイルのミックスを生み出すために、古くからの伝統的な音楽的伝統を取り入れ、それら をヒップホップと融合させることだった。 [2]彼らは子供の頃、伝統的な音楽は時代遅れだと感じており、成長する世界文化の経験を十分に反映していないように感じていたため、これらの古い伝統的 な音楽形態に新たな関連性をもたらすことを望んでいた[3]。彼らは影響を受けた音楽として、Boban Marković、Rachid Taha、Fanfare Ciocarlia、Manu Chao、Charlie Parkerを挙げている


HERMETICO - Balkan Beat Box [official audio]
is an Israeli musical group. Founded by Tamir Muskat and Ori Kaplan in 2003, BBB was later joined by Tomer Yosef who became a core member. The group plays Mediterranean-influenced music that incorporates Jewish, Southeastern Europe (mainly Balkan) and Middle Eastern traditions, Gypsy punk, reggae and electronica. As a musical unit they often collaborate with a host of other musicians both in the studio as well as live.
バルカン・ビート・ボックス (Balkan Beat Box、BBB)はアメリカ系イスラエル人の音楽グループ。Tamir Muskat、元Firewater・Big Lazyなどの Ori Kaplan 、Tomer Yosefがコア・メンバー。地中海の音楽をベースにバルカン半島音楽・中東音楽・ジプシーファンク・エレクトロニカを融合。スタジオでもライブでも多数 のゲストを迎える。
【歴史】Ori KaplanとTamir Muskatは10代でブルックリンで出会う。両方音楽で育っており、カプランはklezmerのクラリネット奏者、マスカットはパンク・ロックバンドで ドラムをやっていた。 地中海・バルカン半島・ヒップホップ・ダンスホール音楽をミックスして独自のサウンドをつくった[1]。 BBBの目的は伝統音楽をミックスしてクラブ・ピープルを楽しませることだった[2]。 子供時代の彼らは伝統音楽が古びてしまい、彼らの日常、経験を反映させていないと感じており、それをアップデートすることにした[3] 。 影響を受けたのはBoban Marković, Rachid Taha, Fanfare Ciocarlia, Manu Chao,チャーリー・パーカーなど。ジャマイカのダブ音楽も好きだった。2006年11月、テル・アヴィヴから来た評判の男Tomer Yosefが参加し、フロントマンになった。 2005年のデビュー作『Balkan Beat Box』、2007年のセカンド『Nu Med』は世界的に称賛された。 デビュー作は地中海の要素が濃く、セカンドにはアラブ・スペインの要素を入れた。 ファーストからの曲『Bulgarian Chicks』は2008年にクラブ・ヒットし、2013年春にDiploがプロデュースしたマック・ミラーの『Goosebumpz』にサンプリングさ れた[4]。 セカンドからの Hermeticoは2013年夏のJason Derulo『Talk Dirty』featuring 2 Chainzでサンプリング[5]。 2010年『Blue Eyed Black Boy』、2012年『Give』を発表。
【日本語ウィキペディアの解説】
is an Israeli musical group. Founded by Tamir Muskat and Ori Kaplan in 2003, BBB was later joined by Tomer Yosef who became a core member. The group plays Mediterranean-influenced music that incorporates Jewish, Southeastern Europe (mainly Balkan) and Middle Eastern traditions, Gypsy punk, reggae and electronica. As a musical unit they often collaborate with a host of other musicians both in the studio as well as live.
バルカン・ビート・ボックス(BBB)はイスラエルの音楽グループ。 2003年にTamir MuskatとOri Kaplanによって結成され、後にTomer Yosefが中心メンバーとなる。ユダヤ、南東ヨーロッパ(主にバルカン半島)、中東の伝統、ジプシー・パンク、レゲエ、エレクトロニカを取り入れた地中 海の影響を受けた音楽を演奏する。音楽ユニットとして、スタジオでもライブでも他のミュージシャンとのコラボレーションも多い。
History
Co-founders Ori Kaplan and Firewater's member Tamir Muskat both met in Brooklyn, New York, NY as teenagers. Both had grown up with music; Kaplan had been a klezmer clarinetist, while Muskat was a drummer in a punk rock band.[citation needed] They established their own unique sound by fusing the musical styles of Mediterranean and Balkan traditions (mainly helped by Teo and the Chalga masters at the time) with hip hop and dancehall beats.[1]

Balkan Beat Box’s goal was to take ancient and traditional musical traditions and fuse those with hip hop in order to create a new mix of musical styles out of the traditional world music context that would appeal to listeners in a club or a dancehall.[2] As children, they had felt that traditional music was outdated and felt as though it did not adequately reflect their experiences of the growing world culture, so hoped to bring new relevance to these old traditional musical forms.[3] They cite Boban Marković, Rachid Taha, Fanfare Ciocarlia, Manu Chao, and Charlie Parker amongst their musical influences.[citation needed] The group was also influenced by Jamaican dub. In December 2006, the acclaimed artist from Tel Aviv Tomer Yosef became frontman for the group.

Balkan Beat Box’s self-titled first album (released in 2005) and their 2007 follow-up album Nu Med both received global acclaim.[citation needed] While their first album focused more on Mediterranean sounds, their second album included Arabic and Spanish influences. The song "Bulgarian Chicks" from their first album became popular in clubs and dancehalls in 2008.

The group released Blue Eyed Black Boy in 2010 and Give in 2012. Regarded as the "godfathers of global bass" by MTV Iggy,[4] the band continued to expand their sound incorporating electronic dance music, reggae, cumbia, and brass bands into their tracks. Blue Eyed Black Boy was recorded in Romania with the Jovica Ajderevic Orkestar brass band, and at Vibromonk East in Tel Aviv. Key tracks are "Dancing with the Moon", "Move It", "Blue Eyed Black Boy", and "War Again" as harbinger of things to come. The album Give was influenced by the Arab Spring, Occupy movements, and the spirit of change around the world. Spin Magazine dubbed the band "a global peace-keeping mission you can dance to".[citation needed]
沿革
共同設立者のオリ・カプランとファイヤーウォーターのメンバーであるタミール・マスカットは、ともに10代の頃にニューヨークのブルックリンで出会った。 カプランはクレズマー・クラリネット奏者であり、マスカットはパンク・ロック・バンドのドラマーであった[要出典]。彼らは、地中海とバルカンの伝統的な 音楽スタイル(主に当時のテオとチャルガの巨匠たちによって助けられた)とヒップホップとダンスホール・ビートを融合させることによって、独自のサウンド を確立した[1]。

バルカン・ビート・ボックスの目標は、クラブやダンスホールのリスナー にアピールできるような、伝統的なワールド・ミュージックの文脈から新しい音楽スタイルのミックスを生み出すために、古くからの伝統的な音楽的伝統を取り 入れ、それらをヒップホップと融合させることだった。 [2]彼らは子供の頃、伝統的な音楽は時代遅れだと感じており、成長する世界文化の経験を十分に反映していないように感じていたため、これらの古い伝統的 な音楽形態に新たな関連性をもたらすことを望んでいた[3]。彼らは影響を受けた音楽として、Boban Marković、Rachid Taha、Fanfare Ciocarlia、Manu Chao、Charlie Parkerを挙げている。2006年12月、テル アビブ出身の高名なアーティスト、トマー・ヨセフがグループのフロントマンとなった。

バルカン・ビート・ボックスのセルフタイトルのファースト・アルバム(2005年リリース)と2007年のセカンド・アルバム『Nu Med』は、共に世界的に高い評価を受けた[要出典]。ファースト・アルバムが地中海のサウンドに重点を置いていたのに対し、セカンド・アルバムにはアラ ビアやスペインの影響が含まれている。ファーストアルバムに収録されている「Bulgarian Chicks」は、2008年にクラブやダンスホールで人気を博した。

2010年には『Blue Eyed Black Boy』を、2012年には『Give』をリリース。MTV Iggyから「グローバル・ベースのゴッドファーザー」と評価された[4]バンドは、エレクトロニック・ダンス・ミュージック、レゲエ、クンビア、ブラス バンドをトラックに取り入れ、サウンドを拡大し続けた。Blue Eyed Black Boy』は、ルーマニアのJovica Ajderevic Orkestarブラスバンドと、テルアビブのVibromonk Eastでレコーディングされた。主要曲は「Dancing with the Moon」、「Move It」、「Blue Eyed Black Boy」、「War Again」。アルバム『Give』は、「アラブの春」、「占拠運動」、そして世界中の変革の精神に影響を受けている。スピン・マガジンは、このバンドを 「踊れる世界平和維持活動」と評した[要出典]。
Samplings and adaptations
The band's popular song "Bulgarian Chicks" was sampled by Mac Miller in the Diplo-produced track "Goosebumpz" in Spring 2013.[5] Later "Bulgarian Chicks" was also sampled in "Sis: Trompeta".[6]

The album Nu Med, already famous internationally became more popular when in August 2013 the song "Hermetico" taken from the album was sampled by Jason Derulo in his international hit "Talk Dirty" featuring 2 Chainz.[7]

In 2014, the Norwegian comedy duo Ylvis sampled the song "Adir Adirim" from Balkan Beat Box's eponymous album for the track "Mr. Toot". This track debuted as part of the fourth season of their show I kveld med YLVIS.

Appearances in media
Their song featured in EA Sports' FIFA game series twice such as "Ramallah-Tel Aviv" featuring Tomer Yosef and Saz from album Nu Made (Remixes) in FIFA 10 and "I Trusted You" from album Shout it Out in FIFA 17.

"9/4 the Ladies" was featured in the 2008 film You Don't Mess with the Zohan.

"Hermetico" and "Balcasio" were featured in a 2009 episode of the TV series Bored to Death.

"Marcha de la Vida" was featured in Konami's Pro Evolution Soccer 2011

They contributed an original song with production duo Stargate for the 2015 film Home, entitled "Slushious".

The David Sisko remix of "Headhunter" was featured in the 2016 film Kindergarten Cop 2.

They co-produced and co-wrote a song for The Lonely Island featured on the Popstar: Never Stop Never Stopping soundtrack, entitled "2 Banditos".

"War again" was featured as closing music during broadcasts of the korean e-sports league GSL.[8]
サンプリングと翻案
バンドの人気曲 "Bulgarian Chicks "は、2013年春にディプロがプロデュースしたトラック "Goosebumpz "でマック・ミラーによってサンプリングされた[5]: Trompeta "でもサンプリングされた[6]。

アルバム『Nu Med』はすでに国際的に有名であったが、2013年8月にアルバムからの楽曲 "Hermetico "がジェイソン・デルーロによってサンプリングされ、2チェインズをフィーチャーした彼の世界的ヒット曲 "Talk Dirty "に収録されたことでさらに人気が高まった[7]。

2014年、ノルウェーのコメディ・デュオ、ユルヴィスはバルカン・ビート・ボックスの同名アルバムに収録されている楽曲「Adir Adirim」をトラック「Mr.Toot」でサンプリングした。この曲は彼らの番組『I kveld med YLVIS』の第4シーズンの一部としてデビューした。

メディア出演
彼らの曲はEAスポーツのFIFAゲームシリーズで2度フィーチャーされている。例えば、FIFA 10のアルバム『Nu Made (Remixes)』からTomer YosefとSazをフィーチャーした "Ramallah-Tel Aviv"、FIFA 17のアルバム『Shout it Out』から "I Trusted You"。

"9/4 the Ladies "は2008年の映画『You Don't Mess with the Zohan』でフィーチャーされた。

"Hermetico "と "Balcasio "は、2009年のTVシリーズ『Bored to Death』のエピソードでフィーチャーされた。

"Marcha de la Vida "はコナミのPro Evolution Soccer 2011に収録された。

2015年公開の映画『Home』では、プロダクション・デュオのスターゲイトとオリジナル曲 "Slushious "を提供。

2016年の映画『キンダーガーデン・コップ2』では、デヴィッド・シスコのリミックス「Headhunter」がフィーチャーされた。

彼らはザ・ロンリー・アイランドのために共同プロデュースと共同作曲を行い、『Popstar』に収録された: ネヴァー・ストップ・ネヴァー・ストッピングのサウンドトラックに収録された "2 Banditos"。

"War again "は、韓国のeスポーツリーグGSLの放送中にエンディング曲としてフィーチャーされた[8]。
Band members

Balkan Beat Box in concert

Ori Kaplan

Balkan Beat Box performing at the 2006 Bonnaroo Music Festival in Manchester, TN
Official members
Tomer Yosef - lead vocals, percussion, samples
Ori Kaplan - saxophone
Tamir Muskat - drums, percussion, programming
Current live performers
Itamar Ziegler - guitar, bass guitar
Ben Hendler - bass guitar
Ron Bunker - guitar
Peter Hess - saxophone
Eyal Talmudi - saxophone
Uri Brauner Kinrot - guitar, saxophone
Alon Grinberg - Accordion
Past live performers
Jeremiah Lockwood - guitar
Dana Leong - trombone

Ori Kaplan

Balkan Beat Box performing at the 2006 Bonnaroo Music Festival in Manchester, TN
Discography
Balkan Beat Box (2005) - released on JDub Records
Nu Med (2007) - released on JDub Records, Crammed Discs
Nu Made (Remixes) (2008) - released on JDub Records, Crammed Discs
Blue Eyed Black Boy (2010) - released on Nat Geo Music and Crammed Discs
Give (2012) - released on Nat Geo Music and Crammed Discs
Shout It Out (2016) - released on Digital Monkey
References
 Host, Vivian. "The New World: Raw Earth". Retrieved 2008-04-13.
 Porter, Christopher. "Zion Lions: Balkan Beat Box". Archived from the original on 2009-01-06. Retrieved 2008-04-15.
 Nathan-Kazis, Josh. "The Balkan Beat Box". Archived from the original on July 24, 2008. Retrieved 2008-04-15.
 Kim, Suyeon (2 March 2012). "Give Review". MTV Iggy. Retrieved 19 October 2014.
 Cartwright, Garth. "Balkan Beat Box". Archived from the original on 15 April 2008. Retrieved 2008-04-15.
 Rolling Stone: Balkan Beat Box on Their 'Talk Dirty' Sample and Why the Sax is Back
 Who Sampled website: Talk Dirty by Jason Derülo feat. 2 Chainz
 "GOMTV Music/Soundtrack". tl.net. Retrieved 2023-01-05.





























リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j