sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

ボアズと人種主義

Franz Boas and racism

解説:池田光穂

フランツ・ボアズは人間の基本的な精神性(マインド)には人 種間の違いがないが、能力の優劣があると1901年の時点では、そのように主張していた。

We will first devote our attention to the question, Do differences exist in the organization of the human mind? Since Waitz's thorough discussion of the question of the unity of the human species, there can be no doubt that in the main the mental characteristics of man are the same all over the world; but the question remains open, whether there is a sufficient difference in grade to allow us to assume that the present races of man may be considered as standing on different stages of the evolutionary series, whether we are justified in ascribing to civilized man a higher place in organization than to primitive man.

In answering this question, we must clearly distinguish between the influences of civilization and of race. A number of anatomical facts point to the conclusion that the races of Africa, Australia, and Melanesia are to a certain extent inferior to the races of Asia, America, and Europe. We find that on the average the size of the brain of the negroid races is less than the size of the brain of the other races; and the difference in favor of the mongoloid and white races is so great that we are justified in assuming a certain correlation between their mental ability and the increased size of their brain.

At the same time it must be borne in mind that the variability of the mongoloid and white races on the one hand, and of the negroid races on the other, is so great that only a small number, comparatively speaking, of individuals belonging to the latter have brains smaller than any brains found among the former; and that, on the other hand, only a few individuals of the mongoloid races have brains so large that they would not occur at all among the black races. That is to say, the bulk of the two groups of races have brains of the same capacities, but individuals with heavy brains are proportionately more frequent among the mongoloid and white races than among the negroid races.

Probably this difference in the size of the brain is accompanied by differences in structure, although no satisfactory information on this point is available. On the other hand, if we compare civilized people of any race with uncivilized people of the same race, we do not find any anatomical differences which would justify us in assuming any fundamental differences in mental constitution. ---  Franz Boas, . The Journal of American Folklore , Jan. - Mar., 1901, Vol. 14, No. 52 (Jan. - Mar., 1901), pp. 1-11
ま ず、人間の心の組織には違いがあるのか、という問いに私たちは最初に注目しよう。ワイッツが人間という種の単一性の問題を徹底的に論じて以来、人間の精神 的特徴の大部分が世界中で同じであることに疑いの余地はない。しかし、現在の人類の種族が、進化の系列において異なる段階に立っていると考えることができ るほど、等級に十分な違いがあるのかどうか、文明人が原始人よりも組織において高い地位にあると仮定することが正当化されるのかどうかという疑問は残って いる。

この問いに答えるには、文明の影響と人種の影響を明確に区別しなければならない。多くの解剖学的事実から、アフリカ、オーストラリア、メラネシアの人種 は、アジア、アメリカ、ヨーロッパの人種よりある程度劣っているという結論が導き出される。平均して、ネグロイドの脳の大きさは他の人種の脳の大きさより も小さい。モンゴロイドと白人の差は非常に大きく、彼らの精神的能力と脳の大きさとの間には一定の相関関係があると考えるのが正当である。

同時に、モンゴロイド人種と白人人種、ネグロイド人種は非常に多様性に富んでおり、後者に属する個体のうち、比較的少数の個体だけが、前者に見られるどの 脳よりも小さい脳を持ち、他方、モンゴロイド人種の個体のうち、黒人人種にはまったく見られないような大きな脳を持つ個体はごく少数であることも念頭に置 かなければならない。つまり、2つの人種グループの大部分は同じ容量の脳を持っているが、モンゴロイド人種と白人では、ネグロイド人種よりも重い脳を持つ 個体の方が割合的に多いのである。

この点に関する満足のいく情報は得られていないが、おそらく脳の大きさの違いは、構造の違いも伴っているのだろう。一方、どの民族の文明人と同じ民族の未開人を比べても、精神体質に根本的な違いがあると考えるに足る解剖学的な違いは見つからない。






リンク

人種主義に対する科学的な批判

ナチスドイツの人種主義政策

文献

その他の情報

tecolote36.gif

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

(1935)

(German: Nürnberger Gesetze) were antisemitic and racist laws in Nazi Germany.

みんな同じという「イデオロギー」・イメージ(現代)