sao パチンコ 先バレ無しで当たる

Salída por doctor Pelón

アマゾン・ジャパン・邦訳小説・フィップ・ロス『ヒューマンステイン』の(著者:笑子千万、氏)からの引用

▲「舞台は、ニュージャージー州の都市イーストオレンジ。「人口のほとんどは白人、ユダヤ人 は黒人より少ない」町である。作中人物は、「私」ネイサン・ザッカーマン。ホーソーンのよ うな静かな生活を楽しむ作家。読書と執筆にいそしんでいたが、前立腺がんの手術のあと人生 と関わることに目覚めた、65歳。アシーナ大学古典学教授コールマン・ブルータス・シルク、 71歳。妻アイリス・ギッテルマン。四人の子どもたち、長男、次男は自然科学系大学教授。長 女リサは特殊学級「字の読めない子どもたち」を指導している。リサの双子の弟マークは、正 統派のユダヤ教信者であり、聖書をテーマにした物語詩人である。父親には反抗的。コールマ ンの愛人フォーニア・ファーリー、34歳。ベトナム帰還兵レスター・ファーリーと結婚してい たが、夫の暴力と二人の子どもたちを焼死させたことが原因で離婚。アシーナ大学や郵便局の 清掃婦として働き、仲間と乳牛を飼育している。「読み書きができない女」といわれている。 アシーナ大学言語文学科学科長デルフィーヌ・ルー、フランス人だがアメリカで活躍する野望 を抱いている。金髪のアイスランド系デンマーク人スティーナ・パルソン、コールマンと二年 間交際した。黒人女性エリー・マギー、コールマンがアイリスと結婚する前交際していた。コ ールマンの姉アーネスティン、シルク家の語部である。「私」はコールマンから彼自身を「主 題」とする小説を依頼され、アーネスティンからシルク家の歴史やコールマンの生い立ちを聞 き、作品『スプーク』を書き上げる予定である。  「私」ネイサンの視点で進行していくが、作中人物の想像、意識の流れ、心理描写などが時 系列ではなく複雑に交じり合っていく。コールマンの「人種差別発言」から、フォーニアとの 二年間の恋愛と二人の死までを縦軸に、各人物像を横軸に整理しながら読み解いていくとわか りやすい。「ステイン」と「アイデンティティ」という二項のテーマが浮かび上がってくるだ ろう。

▲「1996年、コールマン教授は、講義に一度も出席していない生徒たちに「spook(スプーク)」 という言葉を使った。「おばけ、幽霊」という意味以外に「黒人差別」の解釈も含まれている。 欠席者の一人が黒人女性だったことにより、コールマンは「幽霊」として使用したのだという 釈明も聞き入れられず、自ら大学に採用した黒人教授からも支持を受けられず辞職する。人種 差別主義者のレッテルを貼られた騒動のなかで妻アイリスが病死する。コールマンは「スプー ク」をテーマに小説を書き始めたが失意のうちに断念しネイサンに依頼する。そして年齢差の あるフォーニアと恋愛関係にあることも告白する。  

▲「ネイサンは、「なぜ教授を辞任しなければならなかったのか?」「なぜ境遇がまったく違う フォーニアと関係したのか?」など、彼の「秘密」を調べ始める。「彼は、秘密、空白の部分 をもっている」「彼の魅力は秘密によるもの」と考える。コールマンの葬儀のあと、妹アーネ スティンがシルク家の歴史、コールマンの秘密を語る。シルク一族は黒人だったのだ。「白人 で通用する黒人と似たタイプのユダヤ人」という複雑な肌色のため、コールマンだけが「白人 のユダヤ人」として、四十年以上を通してきたのだ。シルク家の隣人たちは彼らの肌色を「エ ッグノッグ」(鶏卵にミルクと砂糖を入れてかき混ぜ、ラム酒やブランデーなど加えて飲む飲 み物)と表現していた。白人のアイリスと結婚する前、母親、兄(ウォルター・アントニー・ シルク)、妹と決別し「白人宣言」をしたのだ。母親からは「私の孫の顔を見られないのね」 「雪のように白いくせして奴隷のように考える」と揶揄される。兄からは「お母さんには二度 と近づくな」と宣告される。家族への裏切り、非道さと彼自身が求める自由、エゴイズムとの 葛藤であった。妻になるアイリスには「両親は死んだ、兄弟もいない」と偽る。「アイリスは 白人だが、曲がりくねったもつれ方をした髪、結婚して子どもに縮毛でも説明がつく」「自分 は世界中で最も愚かな理由で妻を選び、世界中の男の中で最も空っぽな男である」と苦悩を深 める。コールマンの子どもたちにも「君たちの祖父母は若くして死に、家には何も残っていな かった、曾祖父はロシアで居酒屋をやっていた」と答えている。子どもたちの「アイデンティ ティ」もないのだ。「人生とは恥知らずなステインに満ちたもの」と、自分の「穢れた決断」 が子どもたちの運命を狂わせるかもしれない。四人とも肌は白いが、彼らの子どもたちの肌色、 髪は未知の世界だ。アーネスティンが言うように「子どもを持たないことが罪滅ぼしなのよ。 子どもに話さないことは残酷なことよ」と兄を非難する。  

▲「コールマンが黒人であることは「誰もが知っていた」のだ。母親の生い立ちは逃亡奴隷だっ たし、「イーストオレンジ高校の卒業生総代の黒人生徒」「ニュージャージー州アマチュアボ クシングに出場していた黒人少年」などで有名であった。大学時代、ユダヤ人で通した海軍時 代でも「ニガー」「二グロ」と呼ばれていたのだ。交際した女性たち、フォーニア、スティー ナ、エリーたちの視線も彼が黒人であることを視とおしていた。たとえば、フォーニアは「読 み書きができない」と言われていたが、死後、子どもの遺灰と日記が発見された。演技をして いたのだ。「未発達な人間が世界に合わせている」という姿勢を強調するためだった。読み書 きができなくとも生きていけるんだ、ということを周囲に認識させたかったのだろう。コール マンの娘リサの児童指導に対するアンチテーゼかもしれない。彼女はコールマンについて「あ なたが何者かわかっていた。南部に住んでいたから」と言っている。彼女だけがコールマンか らすべてを打ち明けられたが、偽りの生き方は、彼の「人生そのものであるし、どうでもいい」 と思っていた。スティーナは、彼に詩を贈っている。「自分が彼に見ているものをどこまで語 れるか?」という内容であり、neck(首)をnegro(黒人)と読ませるような言い回しの言葉 も使っている。コールマンの家のディナーに招待された帰り「私にはできない!」という言葉 を残して走り去る。シルク家が黒人一家であることがはっきりとわかったからだ。黒人女性の エリーは、コールマンと宝石店やバーに行き、そこの店主や客が白人か黒人か判断させる。コ ールマンは黒人なのに白人と答えてしまう。彼女は、「あなたは自分で考え出したつもりでし ょうがちょっと己惚れ過ぎよ」と、コールマンがユダヤ人になりすましていることを皮肉る。 肉親、兄妹、遠くは祖先まで含めたシルク家に縁切りした結果、自分の子どもたちも巻き込み ながら、アイデンティティを喪失した「宙ぶらりん」な人生を歩むことになったのだ。

▲「なぜ、フォーニアにすべてを打ち明けたのだろう?。コールマンは、自分の虚飾に汚された 「ステイン」に耐えきれなくなったのだろう。「白人としての人生」は終わった、と感じたの だろう。名誉、学歴、人種へのこだわりなど、すべてを投げうってフォーニアに懺悔したのだ ろう。彼女は、実母から見放され、継父から児童虐待を受け、十四歳で家出し、夫から暴力を 受け、子どもたちの焼死に遭遇するなど人生の辛酸をなめてきた。コールマンとしては、フォ ーニアが心を許せる最後のよりどころに思えたのだろう。一方、フォーニアが心を開けるのは 「カラス」だった。町で悪戯を繰り返し、仲間外れにされ「オーデュボン協会」という動物保 護団体に預けられている。フォーは、カラスの「プリンス」と会話しながら、仲間外れにされ ることが「人種差別」につながり、それは「人間の穢れ」であると思う。「プリンスはカラス の術を知らないカラス、私は女の術を知らない女」と慰め合う。「ものすごくカラスになりた い、クロウステイタス(カラス状態)に戻りたい」と思う。  カラスの意味はなんだろう。著者は何も語っていないが、「ノアの方舟」のハトの前に飛び 立ったカラスではなかろうか。ハトはオリーヴの枝を持ち帰ったが、カラスは乾燥地をいち早 く発見し、そこで自由な天地を見つけた。フォーニアはカラスの自由をもちたかったのだろう。

▲「フォーニアと対極的に描かれているのが、フランス人のデルフィーヌ・ルー教授だ。若くし て言語文学科学科長に就任し、文芸評論家でもある(シルクの敵対者でもあった)。男性にもてないコンプレックスを抱き、 嫉妬心が強く、同僚の女性教授たちから「異邦人、野心家、難しいボキャブラリーを使う文学 評論家」といわれ、経済学教授から「経済政策、マルクス、エンゲルス」の話を聞いていると 「シモーヌ・ド・ボーウォワールのパロディー」(サルトルとボーウォワールの関係)と皮肉 られる。ミラン・クンデラの文学理論を尊重し、自身を「クンデラ的な精神の彷徨」と位置付 けている。チェコからフランスへ移住したクンデラとフランスからアメリカへ野望を抱いて移 住してきた自分を同列に置いているのだ。アメリカ人男性にもてない理由は「学者世界のアメ リカ語とは違う言語能力と知性」が原因であると分析している。「言葉で理解できるアメリカ は11%程度だし、アメリカ人男性への理解度はゼロ%だろう」と、パリの心地よい生活を振り 返っている。結局、「移民の視点」でしかアメリカを理解できないもどかしさ、なかなかアメ リカに溶け込めない自分を発見する。自分というものが「宙ぶらりん」なのだ。フランスを離 れたがアメリカ人になりきれない孤独、アイデンティティの欠落。私は「あそこにもいないし、 ここにもいない」という寂寥感と不安感。それらが、コールマン宛に匿名で手紙を投函させ、 コールマンとフォーニアの死に対して、ギリシャ神話の悪女の典型といわれる「クリュタイメ ストラ」の名前でメールを発信させ、「悪の種」をまき散らす行為を誘発したのだ。「ミラン ・クンデラ」へのリスペクトを語らせ、痛烈な知識人批判を展開させているルー女史は、著者 の分身だろうと思う。

▲「コールマンを取り巻く女性たちの発言や行為のなかにアメリカが抱えている「病」が浮き彫 りにされていく。人種差別、ベトナム戦争後遺症をはじめとして大学教育の現状まで、さまざ まな問題が語られていく。そして、作中人物すべてがアイデンティティを喪失し、彷徨ってい る。祖国に裏切られた恨み、祖国を捨てたが新天地に溶け込めずにいる孤独感、祖先、肉親と 決別し、親から縁を切られ、どこにも自分の居場所が見つけられない自己存在の不安感などが 蔓延している人物たちを描いた物語である。コールマンの罪と罰の物語でもある。

▲「「私」は、アーネスティン宅に招待され訪問途中に、氷湖で釣りを楽しむレスター・ファー リーと会話する。自己紹介していなのに「ザッカーマンさん」と呼ばれる。彼の手には木工錐 がにぎられている。その恐怖の中で小説『スプーク』は完成させられるのだろうか」。

is a novel by Philip Roth, published May 5, 2000. The book is set in Western Massachusetts in the late 1990s. Its narrator is 65-year-old author Nathan Zuckerman, who appears in several earlier Roth novels, including two books that form a loose trilogy with The Human Stain, American Pastoral (1997) and I Married a Communist (1998).[1] Zuckerman acts largely as an observer as the complex story of the protagonist, Coleman Silk, a retired professor of classics, is slowly revealed.

A national bestseller, The Human Stain was adapted in 2003 as a film by the same name directed by Robert Benton.
『ヒューマン・ステイン(The Human Stain)』はフィリップ・ロスの小説で、2000年5月5日に出版された。1990年代後半のマサチューセッツ州西部が舞台。語り手は65歳の作家ネ イサン・ザッカーマンで、『人間の穢れ』と緩やかな三部作を形成している『アメリカン・パストラル』(1997年)、『共産主義者と結婚した私』 (1998年)など、それ以前のロスの小説にも登場している[1]。ザッカーマンは、主人公の引退した古典学教授コールマン・シルクの複雑な物語が徐々に 明らかになるにつれ、主に観察者として行動する。

全米ベストセラーとなった『人間の穢れ』は、2003年にロバート・ベントン監督により同名の映画化された。
Synopsis
Coleman Silk is a former professor and dean of the faculty at Athena College, a fictional institution in the Berkshires of western Massachusetts, where he still lives. The story is narrated by Roth's recurring character Nathan Zuckerman, a writer and a neighbor of Silk.

In 1996, two years before the main action of the novel, Silk is accused of racism by two African-American students after he wonders aloud whether the reason they have missed all his classes so far is that they are "spooks". Though Silk has no idea they are black, they and others at the college see the term as a racial epithet. When the uproar is about to die down, in Silk's view, he resigns. Soon afterward, his wife, Iris, dies of a stroke that Silk feels is caused by the stress of defending him.

In the summer of 1998, just after Iris dies, the 71-year-old Silk approaches Zuckerman and asks him to write a book on the incident. Ranting about it, Silk blames the widespread condemnation of him on, among other things, anti-semitism. Zuckerman is uninterested, but the two begin a brief friendship and Silk tells him his life story. Zuckerman is surprised to learn that Silk is in a relationship with Faunia Farley, a 34-year-old woman who works as a janitor at the college and who everyone including Silk believes (falsely, as it turns out) is illiterate.[2]

Zuckerman's version of the story starts when Coleman Silk is a light-skinned black boy in East Orange, New Jersey. Coleman becomes a straight-A student and, in defiance of his father, a quick and clever boxer. A boxing coach suggests that he pass as a Jew. During World War II he drops out of Howard University and joins the Navy, listing his race as white.

After the war he studies at New York University and lives in Greenwich Village. When he introduces a white girlfriend to his family and they realize he is "passing", his brother cuts him off from the family. Silk marries Iris, a non-religious Jewish woman, and has four children. His wife and children are unaware of his ancestry; he invents a Jewish background and tells them he's unable to get in touch with his few living relatives.

A successful academic career in classics leads to his position of dean, where he raises the faculty's standards by forcing out less academically accomplished professors. Decades later, he returns to teaching and is accused of racism as described above.

Some time after his approach to Zuckerman, Silk loses most contact with the people other than Faunia who he is on good terms with, including his children and Zuckerman. In November, Silk and Faunia Farley are killed in a car accident, which Zuckerman suspects was caused by Farley's jealous and abusive ex-husband Lester Farley, a Vietnam War veteran suffering from post-traumatic stress disorder. At Silk's funeral, his sister Ernestine reveals his secret to Zuckerman. The novel ends with an encounter between Les Farley and Zuckerman, who is en route to New Jersey to have dinner with the Silk family.

Especially in the second half of the novel, there are scenes detailing the thoughts and feelings of other characters, notably Faunia, Les Farley, and Delphine Roux, Silk's main antagonist at Athena. Zuckerman gives his sources for some conversations at which he was not present, but he also says, "I imagine. I am forced to imagine. [...] It is my job. It's now all I do."
あらすじ
コールマン・シルクは、マサチューセッツ州西部のバークシャーにある架空の大学、アテナ・カレッジの元教授で学部長。物語は、ロスが繰り返し登場させる、作家でシルクの隣人であるネイサン・ザッカーマンが語り手となる。

1996年、この小説のメイン・アクションの2年前、シルクはアフリカ系アメリカ人の学生2人から人種差別の疑いをかけられる。シルクは彼らが黒人だとは 知らなかったが、彼らも大学の他の人々も、この言葉を人種的な蔑称として捉えていた。騒動が収まりかけた頃、シルクから見て彼は辞職する。その直後、妻の アイリスが脳卒中で亡くなるが、シルクは彼を弁護したストレスが原因だと感じている。

アイリスが亡くなった直後の1998年夏、71歳のシルクはザッカーマンに近づき、この事件についての本を書いてほしいと頼む。シルクは、自分への非難が 広まったのは、とりわけ反ユダヤ主義のせいだとわめき散らす。ザッカーマンは興味を示さなかったが、2人は短い友情を育み、シルクは自分の人生を語る。 ザッカーマンは、シルクがフォーニア・ファーリーと交際していることを知り驚く。フォーニアは大学で用務員として働く34歳の女性で、シルクを含め誰もが (結果的には誤って)文盲だと信じていた[2]。

ザッカーマン版の物語は、コールマン・シルクがニュージャージー州イーストオレンジに住む肌の白い黒人少年であったところから始まる。コールマンは成績優 秀な生徒となり、父親に反抗して、すばしっこく賢いボクサーになる。ボクシングのコーチは彼にユダヤ人のふりをするよう勧める。第二次世界大戦中、彼はハ ワード大学を中退して海軍に入隊。

戦後はニューヨーク大学で学び、グリニッジ・ヴィレッジに住む。家族に白人のガールフレンドを紹介したところ、"パッシング "であることがバレてしまい、兄から絶縁される。シルクは無宗教のユダヤ人女性アイリスと結婚し、4人の子供をもうける。妻や子供たちは彼の先祖のことを 知らない。彼はユダヤ人の生い立ちを捏造し、数少ない存命の親戚と連絡が取れないと告げる。

古典の分野で学問的成功を収め、学部長に就任する。そこで彼は、学問的にあまり優秀でない教授を追い出し、学部の水準を高める。数十年後、彼は教職に戻り、上記のような人種差別で非難される。

ザッカーマンとの接近からしばらくして、シルクは子供たちやザッカーマンを含め、ファウニア以外の仲の良い人々との接触をほとんど失ってしまう。11月、 シルクとフォーニア・ファーリーは交通事故で亡くなる。ザッカーマンは、ファーリーの嫉妬深く虐待的な元夫レスター・ファーリー(ベトナム戦争の帰還兵で 心的外傷後ストレス障害を患っていた)が引き起こした事故ではないかと疑う。シルクの葬儀の席で、彼の妹アーネスティンはザッカーマンに彼の秘密を打ち明 ける。小説は、シルク一家と夕食を共にするためにニュージャージーに向かうレス・ファーリーとザッカーマンの出会いで終わる。

特に小説の後半には、ファウニア、レス・ファーリー、デルフィーヌ・ルー(アテナでのシルクの主な敵対者)など、他の登場人物の考えや感情が詳細に描かれ る場面がある。ザッカーマンは、自分がその場にいなかったいくつかの会話について情報源を示しているが、「私は想像する。想像せざるを得ない。[それが私 の仕事です。それが私の仕事です。
Critical response
Themes
The Human Stain is the third in a trilogy, following American Pastoral and I Married a Communist, in which Roth explores American morality and its effects. Here he examines the cut-throat and, at times, petty, atmosphere in American academia, in which "political correctness" was upheld.[4] Roth said he wrote the trilogy to reflect periods in the 20th century – the McCarthy years, the Vietnam War, and President Bill Clinton's impeachment – that he thinks are the "historical moments in post-war American life that have had the greatest impact on my generation."[5]

Journalist Michiko Kakutani said that in The Human Stain, Roth "explores issues of identity and self-invention in America which he had long explored in earlier works." She wrote the following interpretation:

It is a book that shows how the public Zeitgeist can shape, even destroy, an individual's life, a book that takes all of Roth's favorite themes of identity and rebellion and generational strife and refracts them not through the narrow prism of the self but through a wide-angle lens that exposes the fissures and discontinuities of 20th-century life. ... When stripped of its racial overtones, Roth's book echoes a story he has told in novel after novel. Indeed, it closely parallels the story of Nathan Zuckerman, himself another dutiful, middle-class boy from New Jersey who rebelled against his family and found himself exiled, 'unbound' as it were, from his roots.[2]

Mark Shechner writes in his 2003 study that in the novel, Roth "explores issues in American society that force a man such as Silk to hide his background, to the point of not having a personal history to share with his children or family. He wanted to pursue an independent course unbounded by racial restraints, but became what he once despised. His downfall to some extent is engineered by Delphine Roux, the young, female, elite, French intellectual who is dismayed to find herself in a New England outpost of sorts, and sees Silk as having become deadwood in academia, the very thing he abhorred at the beginning of his own career."[6]

Alleged resemblance to Anatole Broyard
In the reviews of the book in both the daily and the Sunday New York Times in 2000, Kakutani and Lorrie Moore suggested that the central character of Coleman Silk might have been inspired by Anatole Broyard, a well-known New York literary editor of the Times.[2][7] Other writers in the academic and mainstream press made the same suggestion.[8][9][10][11][12][13] After Broyard's death in 1990, it had been revealed that he racially passed during his many years employed as a critic at The New York Times.[14] He was of Louisiana Creole ancestry.

Roth himself stated that he had not known of Broyard's ancestry when he started writing the book and only learned of it months later.[3][15] In Roth's words, written in "An Open Letter to Wikipedia" and published by The New Yorker: "Neither Broyard nor anyone associated with Broyard had anything to do with my imagining anything in The Human Stain."[3] As stated above, Roth revealed that Coleman Silk was inspired "by an unhappy event in the life of my late friend Melvin Tumin."[3]

Reception
The novel was well received, became a national bestseller, and won numerous awards. In choosing it for its "Editors' Choice" list of 2000, The New York Times wrote:

When Zuckerman and Silk are together and testing each other, Roth's writing reaches an emotional intensity and a vividness not exceeded in any of his books. The American dream of starting over entirely new has the force of inevitability here, and Roth's judgment clearly is that you can never make it all the way. There is no comfort in this vision, but the tranquility Zuckerman achieves as he tells the story is infectious, and that is a certain reward.[16]

In April 2013, GQ listed The Human Stain as one of the best books of the 21st century.[17]

After Roth died, The New York Times asked several prominent authors to name their favorite work by him. Thomas Chatterton Williams chose The Human Stain, writing that "Roth achieves something here that is very difficult to imagine his mostly domesticated descendants even attempting: He steps fully out of his own backyard and dares to imagine what he cannot possibly know by means of his own personal identity. I came to this gem late, as a 33-year-old 'mixed-race' black man who'd just become the father of a blond-haired, blue-eyed 'black' daughter who could pass for Swedish. Flipping through my paperback now, I smile as I reread the dog-eared pages, their margins overflowing with comments to the effect of: How can he possibly know that? There are many ways to display brilliance through narrative, but one of the most difficult — and courageous — is to render the I-who-is-not-I as vividly as one can render the self."[18]
クリティカル・レスポンス
テーマ
The Human Stain』は、『American Pastoral』『I Married a Communist』に続く3部作の3作目で、ロスはアメリカの道徳とその影響について探求している。ロスは、20世紀のマッカーシー時代、ベトナム戦 争、ビル・クリントン大統領の弾劾など、「戦後のアメリカ生活において、私の世代に最も大きな影響を与えた歴史的瞬間」と思われる時代を反映させるため に、この三部作を書いたと語っている[5]。

ジャーナリストの角谷美智子は、『人間の穢れ』においてロスは「以前の作品で長い間探求してきた、アメリカにおけるアイデンティティと自己発明の問題を探求している」と述べている。彼女は次のように解釈している:

この本は、大衆の時代精神がいかに個人の人生を形成し、破壊さえしうるかを示す本であり、アイデンティティや反抗、世代間の争いといったロスが好んで取り 上げたテーマを、自己という狭いプリズムを通してではなく、20世紀の人生の亀裂や不連続性を露呈する広角レンズを通して屈折させた本である。... 人種的な含みを取り除けば、ロスの本は、彼が次から次へと小説で語ってきた物語と呼応する。実際、ネイサン・ズッカーマンもまた、ニュージャージー出身の 従順な中流階級の少年であったが、家族に反抗し、自分のルーツから追放され、いわば「束縛されていない」状態に陥った。

マーク・シェヒナーは2003年の研究で、ロスはこの小説の中で「シルクのような男が、子供や家族と共有する個人的な歴史を持たないほど、自分の生い立ち を隠さざるを得ないアメリカ社会の問題を探求している」と書いている。彼は人種的な制約に縛られない独立した道を追求したかったが、かつて軽蔑していたも のになった。彼の没落をある程度まで仕組んだのは、若い、女性、エリート、フランスの知識人であるデルフィーヌ・ルーである。彼女は、ニューイングランド の前哨基地のような場所に自分がいることに落胆し、シルクが学界の枯れ木になったと見ている。

アナトール・ブロヤードとの類似疑惑
2000年のニューヨーク・タイムズ紙の日刊紙と日曜版の書評で、角谷とロリー・ムーアは、コールマン・シルクという中心人物は、タイムズ紙の有名な ニューヨークの文芸編集者であるアナトール・ブロヤードにインスパイアされたのではないかと示唆した[2]。 [1990年のブロヤードの死後、彼がニューヨーク・タイムズ紙の批評家として長年勤めていた間に人種差別を受けたことが明らかになった[14]。

ロート自身は、この本を書き始めたときにはブロヤードの先祖のことは知らず、数カ月後に初めてそのことを知ったと述べている[3][15]。 ニューヨーカー』誌が出版した「ウィキペディアへの公開書簡」に書かれたロートの言葉を借りれば、「ブロヤードも、ウィキペディアに関係する誰一人とし て、そのようなことはしていない: 「上記のように、ロスはコールマン・シルクが「亡き友人メルヴィン・トゥミンの人生における不幸な出来事から着想を得た」と明かしている[3]。

レセプション
この小説は好評を博し、全米ベストセラーとなり、数々の賞を受賞した。ニューヨーク・タイムズ紙は、2000年の「エディターズ・チョイス」リストにこの小説を選び、こう書いている:

ザッカーマンとシルクが一緒にいて、互いを試しているとき、ロスの文章は彼のどの本にもない感情の激しさと生々しさに達する。まったく新しくやり直すとい うアメリカン・ドリームは、ここでは必然の力を持っている。このビジョンに安らぎはないが、ザッカーマンがこの物語を語るときに達成した静けさは伝染し、 それは確かな報酬である[16]。

2013年4月、『GQ』は『人間の穢れ』を21世紀のベストブックのひとつに挙げた[17]。

ロスが亡くなった後、ニューヨーク・タイムズ紙は何人かの著名な作家に、ロスの作品の中で最も好きなものを挙げてもらった。トーマス・チャタートン・ウィ リアムズは『人間の穢れ』を選び、「ロスはここで、ほとんど飼い慣らされた彼の子孫たちが試みることさえ想像するのが非常に難しいことを成し遂げた: 彼は自分の裏庭から完全に一歩踏み出し、自分自身の個人的なアイデンティティによって知りえないことをあえて想像している。私は33歳の「混血」黒人で、 スウェーデン人と見紛うばかりの金髪碧眼の「黒人」娘の父親になったばかりだった。今、私はペーパーバックをめくりながら、耳ざわりなページを読み返して 微笑んでいる: どうしてそんなことがわかるのだろう?物語を通して輝きを示す方法はたくさんあるが、最も困難な--そして勇気のいる--方法のひとつは、自己を描くのと 同じくらい鮮やかに、私でない私を描くことである」[18]。
Awards
Winner
New York Times "Editors' Choice" (2000)[16]
Koret Jewish Book Award (2000)[19]
Chicago Tribune Editor's Pick (2000)[19]
WH Smith Literary Award (2001)[19]
National Jewish Book Award (2001)[19]
PEN/Faulkner Award for Fiction (2001)[20]
Prix Médicis étranger; Meilleur livre de l'année 2002
Finalist
Los Angeles Times Book Prize for fiction (2000).[21]
L.L. Winship/PEN New England Award (2001)[19]
Adaptations
The Human Stain was adapted in 2003 into a film by the same name, directed by Robert Benton and starring Anthony Hopkins and Nicole Kidman.






リンク

文献

その他の情報