sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

進化音楽学

Evolutionary musicology

ルイ・ガレ( )の「音楽の力」。古い墓の前で休んでいる兄妹。兄はヴァイオリンを弾いて兄妹を慰めようとしているが、妹は深い眠りに落ちており、"心身のあらゆる悲しみを忘れている"。

池田光穂

☆ 化音楽学()は生物音楽学()の一分野であり、音楽鑑賞や音楽創作の認知メカニズムを進化理論に基づかせる。他の動物における音声コミュニケーション、ヒトの音楽進化論、音楽能力と音楽処理におけるホロカルチュラルな普遍性などを扱う。

is a subfield of that grounds the cognitive mechanisms of music appreciation and music creation in evolutionary theory. It covers vocal communication in other animals, theories of the evolution of human music, and holocultural (means Cross-cultural) universals in musical ability and processing.
進化音楽学()は生物音楽学()の一分野であり、音楽鑑賞や音楽創作の認知メカニズムを進化理論に基づかせる。他の動物における音声コミュニケーション、ヒトの音楽進化論、音楽能力と音楽処理におけるホロカルチュラル(=通文化的)な普遍性などを扱う。
History
The origins of the field can be traced back to Charles Darwin who wrote in The Descent of Man, and Selection in Relation to Sex:

When we treat of sexual selection we shall see that primeval man, or rather some early progenitor of man, probably first used his voice in producing true musical cadences, that is in singing, as do some of the gibbon-apes at the present day; and we may conclude from a widely-spread analogy, that this power would have been especially exerted during the courtship of the sexes,—would have expressed various emotions, such as love, jealousy, triumph,—and would have served as a challenge to rivals. It is, therefore, probable that the imitation of musical cries by articulate sounds may have given rise to words expressive of various complex emotions.[1]

This theory of a musical protolanguage has been revived and re-discovered repeatedly.[2]
歴史
この分野の起源は、チャールズ・ダーウィンが『人間の祖先』(The Descent of Man)の中で書いた「性淘汰」(Selection in Relation to Sex)にまで遡ることができる:

性淘汰について論じるとき、原始人、いやむしろ人間の初期の祖先が、おそらく最初に自分の声を使ったのは、現在のテナガザルの一部のように、真の音楽的カ デンツ、つまり歌うことであったことがわかるだろう。広く普及している類推から結論づけると、この力は男女の求愛の際に特に発揮され、愛、嫉妬、勝利など さまざまな感情を表現し、ライバルへの挑戦の役割を果たしたであろう。したがって、音楽的な叫び声を明瞭な音で模倣することで、さまざまな複雑な感情を表 す言葉が生まれた可能性がある[1]。

この音楽原語説は、何度も復活し、再発見されている[2]。
The origins of music
See also: Prehistoric music, Music archaeology, and Cognitive neuroscience of music
Like the origin of language, the origin of music has been a topic for speculation and debate for centuries. Leading theories include Darwin's theory of partner choice (women choose male partners based on musical displays), the idea that human musical behaviors are primarily based on behaviors of other animals (see zoomusicology), the idea that music emerged because it promotes social cohesion, the idea that music emerged because it helps children acquire verbal, social, and motor skills, and the idea that musical sound and movement patterns, and links between music, religion and spirituality, originated in prenatal psychology and mother-infant attachment.

Two major topics for any subfield of evolutionary psychology are the adaptive function (if any) and phylogenetic history of the mechanism or behavior of interest including when music arose in human ancestry and from what ancestral traits it developed. Current debate addresses each of these.

One part of the adaptive function question is whether music constitutes an evolutionary adaptation or exaptation (i.e. by-product of evolution). Steven Pinker, in his book How the Mind Works, for example, argues that music is merely "auditory cheesecake"—it was evolutionarily adaptive to have a preference for fat and sugar but cheesecake did not play a role in that selection process. This view has been directly countered by numerous music researchers.[3][4][5]

Adaptation, on the other hand, is highlighted in hypotheses such as the one by Edward Hagen and Gregory Bryant which posits that human music evolved from animal territorial signals, eventually becoming a method of signaling a group's social cohesion to other groups for the purposes of making beneficial multi-group alliances.[6][7]

The bipedalism hypothesis
The evolutionary switch to bipedalism may have influenced the origins of music.[8] The background is that noise of locomotion and ventilation may mask critical auditory information. Human locomotion is likely to produce more predictable sounds than those of non-human primates. Predictable locomotion sounds may have improved our capacity of entrainment to external rhythms and to feel the beat in music. A sense of rhythm could aid the brain in distinguishing among sounds arising from discrete sources and also help individuals to synchronize their movements with one another. Synchronization of group movement may improve perception by providing periods of relative silence and by facilitating auditory processing.[9][10] The adaptive value of such skills to early human ancestors may have been keener detection of prey or stalkers and enhanced communication. Thus, bipedal walking may have influenced the development of entrainment in humans and thereby the evolution of rhythmic abilities. Primitive hominids lived and moved around in small groups. The noise generated by the locomotion of two or more individuals can result in a complicated mix of footsteps, breathing, movements against vegetation, echoes, etc. The ability to perceive differences in pitch, rhythm, and harmonies, i.e. "musicality", could help the brain to distinguish among sounds arising from discrete sources, and also help the individual to synchronize movements with the group. Endurance and an interest in listening might, for the same reasons, have been associated with survival advantages eventually resulting in adaptive selection for rhythmic and musical abilities and reinforcement of such abilities. Listening to music seems to stimulate release of dopamine. Rhythmic group locomotion combined with attentive listening in nature may have resulted in reinforcement through dopamine release. A primarily survival-based behavior may eventually have attained similarities to dance and music, due to such reinforcement mechanisms . Since music may facilitate social cohesion, improve group effort, reduce conflict, facilitate perceptual and motor skill development, and improve trans-generational communication,[11] music-like behavior may at some stage have become incorporated into human culture.

Another proposed adaptive function is creating intra-group bonding. In this aspect it has been seen as complementary to language by creating strong positive emotions while not having a specific message people may disagree on. Music's ability to cause entrainment (synchronization of behavior of different organisms by a regular beat) has also been pointed out. A different explanation is that signaling fitness and creativity by the producer or performer to attract mates. Still another is that music may have developed from human mother-infant auditory interactions (motherese) since humans have a very long period of infant and child development, infants can perceive musical features, and some infant-mother auditory interaction have resemblances to music.[12]

Part of the problem in the debate is that music, like any complex cognitive function, is not a holistic entity but rather modular[13]—perception and production of rhythm, melodies, harmony and other musical parameters may thus involve multiple cognitive functions with possibly quite distinct evolutionary histories.[14]

The Musilanguage hypothesis
"" is a term coined by Steven Brown to describe his hypothesis of the ancestral human traits that evolved into language and musical abilities. It is both a model of musical and linguistic evolution and a term coined to describe a certain stage in that evolution. Brown argues that both music and human language have origins in a "musilanguage" stage of evolution and that the structural features shared by music and language are not the results of mere chance parallelism, nor are they a function of one system emerging from the other. This model argues that "music emphasizes sound as emotive meaning and language emphasizes sound as referential meaning."[15] The musilanguage model is a structural model of music evolution, meaning that it views music's acoustic properties as effects of homologous precursor functions. This can be contrasted with functional models of music evolution, which view music's innate physical properties to be determined by its adaptive roles.

The musilanguage evolutionary stage is argued to exhibit three properties found in both music and language: lexical tone, combinatorial phrase formation, and expressive phrasing mechanisms. Many of these ideas have their roots in existing phonological theory in linguistics, but Brown argues that phonological theory has largely neglected the strong mechanistic parallels between melody, phrasing, and rhythm in speech and music.

Lexical tone refers to the pitch of speech as a vehicle for semantic meaning. The importance of pitch to conveying musical ideas is well-known, but the linguistic importance of pitch is less obvious. Tonal languages such as Thai and Cantonese, wherein the lexical meaning of a sound depends heavily on its pitch relative to other sounds, are seen as evolutionary artifacts of musilanguage. Non-tonal, or "intonation" languages, which do not depend heavily on pitch for lexical meaning, are seen as evolutionary late-comers that have discarded their dependence on tone. Intermediate states, known as pitch accent languages, which exhibit some lexical dependence on tone, but also depend heavily on intonation, are exemplified by Japanese, Swedish, and Serbo-Croatian.

Combinatorial formation refers to the ability to form small phrases from different tonal elements. These phrases must be able to exhibit melodic, rhythmic, and semantic variation, and must be able to combine with other phrases to create global melodic formulas capable of conveying emotive meaning. Examples in modern speech would be the rules for arranging letters to form words and then words to form sentences. In music, the notes of different scales are combined according to their own unique rules to form larger musical ideas.

Expressive phrasing is the device by which expressive emphasis can be added to the phrases, both at a local (in the sense of individual units) and global (in the sense of phrases) level. There are numerous ways this can occur in both speech and music that exhibit interesting parallels. For instance, the increase in the amplitude of a sound being played by an instrument accents that sound much the same way that an increase in amplitude can emphasize a particular point in speech. Similarly, speaking very rapidly often creates a frenzied effect that mirrors that of a fast and agitated musical passage.

AVID model of music evolution
Joseph Jordania has suggested that music (as well as several other universal elements of contemporary human culture, including dance and body painting) was part of a predator control system used by early hominids. He suggested that rhythmic loud singing and drumming, together with the threatening rhythmic body movements and body painting, was the core element of the ancient "Audio-Visual Intimidating Display" (AVID).[16] AVID was also a key factor in putting the hominid group into a specific altered state of consciousness which he calls "battle trance" where they would not feel fear and pain and would be religiously dedicated to group interests. Jordania suggested that listening and dancing to the sounds of loud rhythmic rock music, used in many contemporary combat units before the combat missions is directly related to this.[17] Apart from the defense from predators, Jordania suggested that this system was the core strategy to obtain food via confrontational, or aggressive scavenging.

It is theorized that humming could have played an important role in the early human (hominid) evolution as contact calls. Many social animals produce seemingly haphazard and indistinctive sounds (like chicken cluck) when they are going about their everyday business (foraging, feeding). These sounds have two functions: (1) to let group members know that they are among kin and there is no danger, and (2) in case of the appearance of any signs of danger (suspicious sounds, movements in a forest), the animal that notices danger first, stops moving, stops producing sounds, remains silent and looks in the direction of the danger sign. Other animals quickly follow suit and very soon all the group is silent and is scanning the environment for the possible danger. Charles Darwin was the first to notice this phenomenon, having observed it among wild horses and cattle.[18] Jordania suggested that for humans, as for many social animals, silence can be a sign of danger, and that's why gentle humming and musical sounds relax humans (see the use of gentle music in music therapy, lullabies).
音楽の起源
こちらも参照: 先史時代の音楽、音楽考古学、音楽の認知神経科学
言語の起源と同様に、音楽の起源も何世紀にもわたって憶測と議論の対象となってきた。代表的な説としては、ダーウィンのパートナー選択説(女性は音楽的表 現に基づいて男性のパートナーを選ぶ)、人間の音楽的行動は主に他の動物の行動に基づいているという考え(zoomusicologyを参照)、音楽は社 会的結束を促進するため生まれたという考え、音楽は子供が言語的、社会的、運動的スキルを習得するのに役立つため生まれたという考え、音楽の音や動きのパ ターン、音楽と宗教やスピリチュアリティの関連性は、出生前の心理学や母子愛着に由来するという考えなどがある。

進化心理学のどのサブフィールドにとっても、2つの主要なトピックは、ヒトの祖先において音楽がいつ発生し、どのような祖先形質から発達したのかなど、関 心のあるメカニズムや行動の適応機能(もしあるとすれば)と系統発生史である。現在の議論は、これらのそれぞれについて取り組んでいる。

適応機能の問題の一つは、音楽が進化的適応なのか、それとも外適応(進化の副産物)なのかということである。例えば、スティーブン・ピンカーはその著書 『How the Mind Works』の中で、音楽は単なる「聴覚的チーズケーキ」であると論じている--脂肪と砂糖を好むことは進化的に適応的であったが、チーズケーキはその淘 汰過程で役割を果たさなかったのだ。この見解には、多くの音楽研究者が真っ向から反論している[3][4][5]。

一方、適応は、エドワード・ハーゲンやグレゴリー・ブライアントによる仮説のように、人間の音楽は動物の縄張り信号から進化し、最終的には有益な複数集団の同盟を結ぶ目的で、集団の社会的結束を他の集団に示す方法になったという仮説で強調されている[6][7]。

二足歩行仮説
二足歩行への進化的転換が音楽の起源に影響を与えた可能性がある[8]。その背景には、運動や換気の騒音が重要な聴覚情報を覆い隠してしまう可能性がある ことがある。ヒトの運動音は、ヒト以外の霊長類の運動音よりも予測しやすい。予測可能な運動音は、外部のリズムに同調し、音楽のビートを感じる能力を向上 させたかもしれない。リズムの感覚は、脳が別々の音源から発生する音を区別するのを助けるかもしれないし、個体が互いに動きを同期させるのを助けるかもし れない。集団運動の同期化は、相対的な静寂の時間を提供し、聴覚処理を促進することによって知覚を向上させる可能性がある[9][10]。初期の人類の祖 先にとって、このようなスキルの適応的価値は、獲物やストーカーをより早く発見し、コミュニケーションを強化することであったかもしれない。このように、 二足歩行はヒトにおける同調性の発達、ひいてはリズム能力の進化に影響を与えた可能性がある。原始ヒト科動物は小さな集団で生活し、動き回っていた。2人 以上の個体の運動によって発生する騒音は、足音、呼吸、草木にぶつかる動き、反響音などが複雑に混ざり合う。ピッチ、リズム、ハーモニーの違い、すなわち 「音楽性」を知覚する能力は、脳が別々の音源から発生する音を区別するのに役立ち、また個体が集団と動きを同期させるのにも役立つだろう。同じ理由から、 持久力と聴くことへの興味は、やがてリズムや音楽的能力の適応淘汰やそのような能力の強化につながり、生存に有利に働いたのかもしれない。音楽を聴くこと は、ドーパミンの放出を刺激するようだ。リズミカルな集団運動と自然界における注意深い聴き取りが組み合わさることで、ドーパミン放出による強化がもたら されたのかもしれない。主に生存に基づく行動は、このような強化メカニズムによって、やがてダンスや音楽と類似性を獲得したのかもしれない。音楽は社会的 結合を促進し、集団の努力を向上させ、争いを減らし、知覚や運動技能の発達を促し、世代を超えたコミュニケーションを改善する可能性があるため[11]、 音楽に似た行動はある段階で人間の文化に組み込まれたのかもしれない。

もう1つの適応的機能として提案されているのは、集団内の絆をつくることである。この点で、音楽は強い肯定的な感情を生み出す一方で、人々の意見が分かれ るような特定のメッセージを持たず、言語を補完するものと考えられてきた。音楽が同調(規則的なビートによって異なる生物の行動を同期させること)を引き 起こす能力も指摘されている。別の説明では、製作者や演奏者が仲間を引きつけるために、体力や創造性を示すというものもある。さらにもうひとつは、ヒトの 乳幼児期は非常に長く、乳幼児は音楽の特徴を知覚することができ、乳幼児と母親の聴覚的相互作用には音楽に似たものがあることから、音楽はヒトの母親と乳 幼児の聴覚的相互作用(モテレス)から発達したのではないかというものである[12]。

この議論における問題の一つは、音楽が他の複雑な認知機能と同様に、全体的な実体ではなく、むしろモジュール化されているということである[13]-リズ ム、メロディ、ハーモニー、その他の音楽パラメータの知覚と生成は、したがって、おそらくは全く異なる進化の歴史を持つ複数の認知機能に関与している可能 性がある[14]。

音楽言語仮説
「ミューシランゲージ()」 とは、スティーヴン・ブラウンが言語と音楽能力に進化した人類の祖先形質に関する仮説を説明するために作った造語である。これは音楽と言語の進化のモデル であると同時に、進化のある段階を表す造語でもある。ブラウンは、音楽も人間の言語も進化の「音楽言語」段階に起源を持ち、音楽と言語に共通する構造的特 徴は、単なる偶然の並列性の結果でも、一方のシステムが他方のシステムから生まれた機能でもないと主張している。このモデルは、「音楽は音を感情的な意味 として強調し、言語は音を参照的な意味として強調する」と主張している[15]。音楽言語モデルは音楽進化の構造モデルであり、音楽の音響特性を同種の前 駆体機能の効果とみなすことを意味している。これは、音楽の生得的な物理的特性がその適応的役割によって決定されるとみなす音楽進化の機能モデルと対照的 である。

音楽言語の進化段階は、音楽と言語の両方に見られる3つの特性、すなわち語彙的な音調、組み合わせ的なフレーズ形成、表現的なフレージング機構を示すと主 張されている。これらのアイデアの多くは、言語学における既存の音韻論的理論にルーツがあるが、ブラウンは、音韻論的理論は、音声と音楽におけるメロ ディ、フレージング、リズムの間の強力なメカニズム的類似性をほとんど無視してきたと主張する。

レキシカル・トーンとは、意味的な伝達手段としての音声のピッチのことである。音楽的なアイデアを伝えるための音程の重要性はよく知られているが、言語学 的な音程の重要性はあまり知られていない。タイ語や広東語のような調性言語は、音の語彙的意味が他の音との相対的なピッチに大きく依存するため、音楽言語 の進化的人工物とみなされている。非音調言語、すなわち「イントネーション」言語は、語彙的意味を音高に大きく依存しない言語であり、音高への依存を捨て た進化的後発言語とみなされる。日本語、スウェーデン語、セルボ・クロアチア語などがその例である。

組み合わせ形成とは、異なる調性要素から小さなフレーズを形成する能力のことである。これらのフレーズは、旋律的、リズム的、意味的な変化を示すことがで きなければならず、また、他のフレーズと組み合わせて、感情的な意味を伝えることのできる大域的な旋律公式を作り出すことができなければなりません。現代 の音声における例としては、文字を並べて単語を作り、単語を並べて文章を作るルールがある。音楽では、異なる音階の音符が独自のルールに従って組み合わさ れ、より大きな音楽的アイデアを形成する。

表現力豊かなフレージングとは、局所的(個々の単位という意味)にも全体的(フレーズという意味)にも、フレーズに表現上の強調を加えることができる装置 である。スピーチでも音楽でも、興味深い類似性を示す数多くの方法がある。例えば、楽器が演奏する音の振幅が大きくなると、その音にアクセントがつきます が、これは、振幅が大きくなると、スピーチの特定のポイントが強調されるのと同じことです。同様に、非常に速く話すと、しばしば熱狂的な効果が生まれ、そ れは速く煽動的な音楽のパッセージを反映する。

音楽進化のAVIDモデル
ジョセフ・ジョルダニアは、音楽は(ダンスやボディペインティングなど、現代人の文化に普遍的に見られる他のいくつかの要素と同様に)、初期のヒト科動物 が使用していた捕食者制御システムの一部であったと示唆している。彼は、リズミカルな大音量の歌や太鼓が、威嚇的なリズミカルな体の動きやボディペイン ティングとともに、古代の「視聴覚威嚇ディスプレイ」(AVID)の中核要素であったと示唆した[16]。AVIDはまた、ヒト科の集団を、恐怖や痛みを 感じず、集団の利益に宗教的に献身する「戦闘トランス」と彼が呼ぶ特定の変性意識状態にするための重要な要素でもあった。ジョルダニアは、戦闘任務の前に 現代の戦闘部隊の多くで使用されている、大音量でリズミカルなロック・ミュージックを聴いたり踊ったりすることが、これに直接関係していることを示唆した [17]。捕食者からの防衛とは別に、ジョルダニアはこのシステムが、対立的、あるいは攻撃的な漁獲によって食料を得るための中核戦略であったことを示唆 した。

ハミングは、初期の人類(ヒト科)の進化において、コンタクトコールとして重要な役割を果たした可能性があると理論化されている。多くの社会的動物は、日 常の仕事(採食や給餌)をするときに、一見行き当たりばったりで区別のつかない鳴き声(ニワトリの鳴き声のような)を出す。これらの鳴き声には2つの機能 がある:(1)群れのメンバーに、自分たちが親類の中にいて危険がないことを知らせる。(2)危険の兆候(不審な鳴き声、森の中の動き)が現れた場合、最 初に危険に気づいた動物は動きを止め、鳴き声を出すのを止め、黙ったまま危険の兆候の方向を見る。他の動物もすぐにそれに倣い、すぐにすべての群れが沈黙 し、危険の可能性がないか環境をスキャンする。チャールズ・ダーウィンは、野生の馬や牛の間でこの現象を観察し、初めてこの現象に気づいた[18]。ジョ ルダニアは、多くの社会的動物と同様に、人間にとっても静寂は危険の兆候である可能性があり、だからこそ穏やかなハミングや音楽的な音が人間をリラックス させるのだと示唆した(音楽療法における穏やかな音楽の使用、子守唄を参照)。
Comparative musicology in animals
Singing animals
Scholars agree that singing is strongly present in many different species.[19][20] Wide dispersal of singing behavior among very different animal species, like birds, gibbons, whales, and many others strongly suggests that singing appeared independently in different species. Currently, there are about 5,400 species of animals that are known to sing. At least some singing species demonstrate the ability to learn their songs, to improvise and even to compose new melodies.[21] In some animal species singing is a group activity (see, for example, singing in gibbon families[22]).

Singing to animals
Herders in Scandinavia use songs known as kulning to call livestock. Mongolian herders use species-specific songs to encourage bonding between animals and their newborn offspring.[23]
動物の比較音楽学
歌う動物
鳥類、テナガザル、クジラなど、非常に異なる動物種の間で歌唱行動が広く分散していることから、歌唱が異なる種で独自に出現したことが強く示唆されている [19][20]。現在、歌うことが知られている動物は約5,400種いる。少なくとも歌う種の中には、歌を学んだり、即興で歌ったり、新しいメロディー を作曲したりする能力を持つものもいる。

動物に対する歌唱
スカンジナビアの牧畜民は、家畜を呼ぶためにクルニングと呼ばれる歌を使う。モンゴルの牧畜民は、家畜と生まれたばかりの子供の絆を深めるために、種特有の歌を使う[23]。
Humming
Origin of language
Vocal learning
・ハミング
・言語の起源
・発音学習
is the study of music from a biological point of view. The term was coined by Nils L. Wallin in 1991 to encompass several branches of music psychology and musicology, including evolutionary musicology, neuromusicology, and comparative musicology.[1]

Power of Music by . A brother and sister resting before an old tomb. The brother is attempting to comfort his sibling by playing the violin, and she has fallen into a deep sleep, "oblivious of all grief, mental and physical"

Evolutionary musicology studies the "origins of music, the question of animal song, selection pressures underlying music evolution", and "music evolution and human evolution". Neuromusicology studies the "brain areas involved in music processing, neural and cognitive processes of musical processing", and "ontogeny of musical capacity and musical skill". Comparative musicology studies the "functions and uses of music, advantages and costs of music making", and "universal features of musical systems and musical behavior".[2]

Applied biomusicology "attempts to provide biological insight into such things as the therapeutic uses of music in medical and psychological treatment; widespread use of music in the audiovisual media such as film and television; the ubiquitous presence of music in public places and its role in influencing mass behavior; and the potential use of music to function as a general enhancer of learning."[2]

Whereas biomusicology refers to music among humans, zoomusicology extends the field to other species.
生物音楽学()とは、生物学的観点から音楽を研究する学問である。この用語は1991年にニルス・L・ワリンによって作られ、進化音楽学、神経音楽学、比較音楽学など、音楽心理学や音楽学のいくつかの分野を包含している[1]。

ルイ・ガレ( )の「音楽の力」。古い墓の前で休んでいる兄妹。兄はヴァイオリンを弾いて兄妹を慰めようとしているが、妹は深い眠りに落ちており、"心身のあらゆる悲しみを忘れている"。

進化音楽学は、「音楽の起源、動物の歌の問題、音楽進化の根底にある選択圧」、「音楽の進化と人類の進化」を研究する。神経音楽学では、「音楽処理に関与 する脳領域、音楽処理の神経および認知過程」、「音楽能力と音楽技能の個体発生」を研究する。比較音楽学は「音楽の機能と用途、音楽制作の利点とコス ト」、「音楽システムと音楽行動の普遍的特徴」を研究する[2]。

応用生物音楽学は、「医療や心理学的治療における音楽の治療的使用、映画やテレビなどの視聴覚メディアにおける音楽の広範な使用、公共の場における音楽の ユビキタスな存在と大衆行動への影響におけるその役割、学習の一般的なエンハンサーとして機能する音楽の潜在的な使用などに関する生物学的洞察を提供しよ うとするもの」[2]である。

biomusicologyがヒトの間の音楽を指すのに対し、zoomusicologyは他の種にまでこの分野を拡張する。
Biogenetic structuralism
Biolinguistics
Biophony
Bird song
Chronobiology
Cognitive musicology
Cognitive neuroscience of music
Culture in music cognition
Entrainment (biomusicology)
Evolutionary musicology
Music psychology
Music therapy
Psychoacoustics
Sociocultural evolution
Zoomusicology
生物遺伝学的構造主義
生物言語学
バイオフォニー
鳥の歌
クロノバイオロジー
認知音楽学
音楽の認知神経科学
音楽認知における文化
エントレインメント(生体音楽学)
進化音楽学
音楽心理学
音楽療法
音響心理学
社会文化進化学
動物音楽学


























リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j