sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

フロイトの夢判断

The Interpretation of Dreams, Sigmund Freud

Tom Paine's Nightly Pest, a James Gillray cartoon of political activist Thomas Paine dreaming of faceless judges unfurling scrolls listing charges and punishments

池田光穂

☆ジークムント・フロイトは『夢の解釈』の中で、夢の内容はすべて願望充足の偽装であると主張した(後に『快楽原則を超えて』の中で、フロイトは願望充足に見えない夢について論じることになる)

In The Interpretation of , Sigmund Freud argued that all dream content is disguised wish-fulfillment (later in Beyond the Pleasure Principle, Freud would discuss dreams which do not appear to be wish-fulfillment). According to Freud, the instigation of a dream is often to be found in the events of the day preceding the dream, which he called the "day residue." In very young children, this can be easily seen, as they dream quite straightforwardly of the fulfillment of wishes that were aroused in them the previous day (the "dream day"). In adults the situation is more complicated since, in Freud's analysis, the dreams of adults have been subjected to distortion, with the dream's so-called "manifest content" being a heavily disguised derivative of the "latent dream-thoughts" present in the unconscious. The dream's real significance is thus concealed: dreamers are no more capable of recognizing the actual meaning of their dreams than hysterics are able to understand the connection and significance of their neurotic symptoms.
ジークムント・ フロイトは『夢の解釈』の中で、夢の内容はすべて願望充足の偽装であると主張した(後に『快楽原則を超えて』の中で、フロイトは願望充足に見えない夢につ いて論じることになる)。フロイトによると、夢の誘因はしばしば夢の前の日の出来事の中に見出される。幼い子供の場合、前日(「夢の日」)に喚起された願 望が成就される夢をごく単純に見るからである。フロイトの分析では、大人の夢は歪曲されており、夢のいわゆる「顕在的な内容」は、無意識に存在する「潜在 的な夢想」の派生物であるため、状況はより複雑である。夢の本当の意味はこうして隠されている。夢想家は、ヒステリー患者が神経症症状の関連と意味を理解 できるのと同じように、自分の夢の実際の意味を認識する能力がないのである。
In Freud's original formulation, the latent dream-thought was described as having been subject to an intra-psychic force referred to as "the censor"; in the terminology of his later years, however, discussion was in terms of the super-ego and the work of the ego's defence mechanisms. In waking life, he asserted, these "resistances" prevented the repressed wishes of the unconscious from entering consciousness, and though these wishes were to some extent able to emerge due to the lowered vigilance of the sleep state, the resistances were still strong enough to force them to take on a disguised or distorted form. Freud's view was that dreams are compromises which ensure that sleep is not interrupted: as "a disguised fulfilment of repressed wishes," they succeed in representing wishes as fulfilled which might otherwise disturb and waken the sleeper.
フロイトの当初の定式化では、潜在的な夢想は「検閲者」と呼ばれる精神内力にさらされていると説明されていた。しかし、晩年の用語法では、超自我と自我の防衛機制の働きの用語で議論されていた。 覚醒生活では、これらの「抵抗」が無意識の抑圧された願望が意識に入るのを妨げており、睡眠状態の警戒心の低下により、これらの願望はある程度出現するこ とができるものの、抵抗は依然として、それらが偽装されたり歪曲された形を取らざるを得ないほど強いものであると彼は主張した。フロイトの考えでは、夢は 睡眠を妨げないための妥協の産物であり、「抑圧された願望の偽装された成就」として、そうでなければ睡眠を妨害し覚醒させるかもしれない願望を成就したよ うに見せることに成功している。
One of Freud's early dream analyses is "Irma's injection", a dream he himself had. In the dream a former patient of his, Irma, complains of pains and Freud's colleague gives her an unsterile injection. Freud provides pages of associations to the elements in his dream, using it to demonstrate his technique of decoding the latent dream thoughts from the manifest content of the dream.
フ ロイトの初期の夢分析のひとつに、彼自身が見た夢「イルマの注射」がある。夢の中で彼の元患者イルマが痛みを訴え、フロイトの同僚が彼女に滅菌をしていな い注射を打つ。フロイトは、夢の内容から潜在的な夢の思考を解読するテクニックを実証するために、夢の中の要素から連想されるものを何ページにもわたって 提供した。
Freud suggests that the true meaning of a dream must be "weeded out" from the dream as recalled:
フロイトは、夢の真の意味は、回想された夢から "淘汰 "されなければならないと示唆している:
You entirely disregard the apparent connections between the elements in the manifest dream and collect the ideas that occur to you in connection with each separate element of the dream by free association according to the psychoanalytic rule of procedure. From this material you arrive at the latent dream-thoughts, just as you arrived at the patient's hidden complexes from his associations to his symptoms and memories... The true meaning of the dream, which has now replaced the manifest content, is always clearly intelligible. [Freud, Five Lectures on Psycho-Analysis (1909); Lecture Three]
顕 在的な夢の要素間の見かけのつながりを完全に無視し、精神分析的な手順規則に従って、夢の各個別の要素に関連してあなたの心に浮かんだ考えを自由連想に よって集めるのである。ちょうど患者の症状や記憶との関連から患者の隠れたコンプレックスに到達したように...。夢の真の意味は、今や顕在的な内容に 取って代わり、常に明確に理解できる。[フロイト、精神分析に関する五つの講義(1909年);第三講]。
Freud listed the distorting operations that he claimed were applied to repressed wishes in forming the dream as recollected: it is because of these distortions (the so-called "dream-work") that the manifest content of the dream differs so greatly from the latent dream thought reached through analysis—and it is by reversing these distortions that the latent content is approached.
フ ロイトは、回想される夢を形成する際に、抑圧された願望に適用されると主張する歪曲操作を列挙した。夢の顕在的な内容が、分析を通じて到達した潜在的な夢 の思考と大きく異なるのは、これらの歪曲(いわゆる「ドリームワーク」)のためであり、潜在的な内容に近づくには、これらの歪曲を逆転させることによって である。
The operations included:

Condensation – one dream object stands for several associations and ideas; thus "dreams are brief, meagre and laconic in comparison with the range and wealth of the dream-thoughts."
Displacement – a dream object's emotional significance is separated from its real object or content and attached to an entirely different one that does not raise the censor's suspicions.
Visualization – a thought is translated to visual images.
Symbolism – a symbol replaces an action, person, or idea.

その操作には次のようなものがある:

凝縮——ひとつの夢の対象が、いくつかの連想や観念を代弁する。したがって、「夢は、夢想の範囲や豊かさに比べて、短く、貧弱で、饒舌である」
置換——夢の対象の感情的な意味が、その現実の対象や内容から切り離され、検閲官の疑念を招かないまったく別のものに付け加えられる。
視覚化——思考が視覚的イメージに変換される。
象徴化 ——象徴が行動、人、アイデアに取って代わる。
To these might be added "secondary elaboration"—the outcome of the dreamer's natural tendency to make some sort of "sense" or "story" out of the various elements of the manifest content as recollected. Freud stressed that it was not merely futile but actually misleading to attempt to explain one part of the manifest content with reference to another part, as if the manifest dream somehow constituted some unified or coherent conception.
こ れらに「二次的な推敲」-回想された顕在的内容のさまざまな要素から、ある種の「意味」や「物語」を作り出そうとする夢想者の自然な傾向の結果-が加わる かもしれない。フロイトは、あたかも顕在的な夢が何らかの形で統一された、あるいは首尾一貫した概念を構成しているかのように、別の部分を参照して顕在的 な内容の一部分を説明しようとすることは、単に無益であるだけでなく、実際には誤解を招くものであると強調した。
Freud considered that the experience of anxiety dreams and nightmares was the result of failures in the dream-work: rather than contradicting the "wish-fulfillment" theory, such phenomena demonstrated how the ego reacted to the awareness of repressed wishes that were too powerful and insufficiently disguised. Traumatic dreams (where the dream merely repeats the traumatic experience) were eventually admitted as exceptions to the theory.
フ ロイトは、不安夢や悪夢の体験は、ドリームワークの失敗の結果であると考えた。「願望充足」理論と矛盾するのではなく、そのような現象は、あまりにも強力 で十分に偽装されていない抑圧された願望の自覚に対して、自我がどのように反応するかを示しているのである。トラウマティックな夢(夢は単にトラウマ体験 を繰り返す)は、最終的には理論の例外として認められた。
Freud famously described psychoanalytic dream-interpretation as "the royal road to a knowledge of the unconscious activities of the mind". However, he expressed regret and dissatisfaction at the way his ideas on the subject were misrepresented or simply not understood:
フロイトは、精神分析的夢解釈を「心の無意識的活動を知るための王道」と表現したことは有名である。しかし彼は、このテーマに関する彼の考えが誤って伝えられたり、単に理解されなかったりすることに、後悔と不満を表明した:
The assertion that all dreams require a sexual interpretation, against which critics rage so incessantly, occurs nowhere in my Interpretation of Dreams ... and is in obvious contradiction to other views expressed in it.
批評家たちが絶え間なく怒り狂う、すべての夢には性的解釈が必要だという主張は、『夢の解釈』のどこにも出てこない。


















リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j