sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

ジャネル・モナイ

Janelle Monáe Robinson, b.1985


Janelle Monáe - Champagne Shit (feat. Latto & Quavo) [Remix] (Official Audio)

池田光穂

☆ げんちゃんはこちら(genchan_tetsu.html) 【翻訳用】海豚ワイドモダン(00-Grid-modern.html

(/dʒəˈnɛl moʊˈneɪ/ jə-NEL moh-NAY;[10] born December 1, 1985) is an American singer, songwriter, rapper and actress. She[a] has received eight Grammy Award nominations,[11] and won a Screen Actors Guild Award and a Children's and Family Emmy Award. Monáe has also been honored with the ASCAP Vanguard Award, as well as the Rising Star Award (2015) and the Trailblazer of the Year Award (2018) from Billboard Women in Music.[12] She is signed to Atlantic Records, as well as to her own imprint, the Wondaland Arts Society.

Monáe's musical career began in 2003 upon releasing a demo album titled The Audition. In 2007, Monáe publicly debuted with a conceptual EP titled Metropolis: Suite I (The Chase).[13] It peaked at number two on the US Top Heatseekers chart, and in 2010, through Bad Boy Records, Monáe released a first full-length studio album, The ArchAndroid, a concept album and sequel to her first EP.[14][15] In 2011, Monáe was featured as a guest vocalist on fun.'s single "We Are Young", which was certified-Diamond from the Recording Industry Association of America (RIAA), topping the charts of more than ten countries and garnering Monáe a wider audience. Monáe's second studio album, The Electric Lady (2013), debuted at number five on the Billboard 200, and served as the fourth and fifth installments of the seven-part Metropolis concept series.[16]

Monáe's third studio album, Dirty Computer, also a concept album, was released in 2018 to widespread critical acclaim; it was chosen as the best album of the year by several publications; it earned Monáe two nominations at the 61st Annual Grammy Awards, including Album of the Year.[17] It was accompanied by the science fiction film of the same name. The album peaked within the top ten of the Billboard 200 and was further promoted by Monáe's Dirty Computer Tour.[18] In 2022, she wrote the cyberpunk story collection, The Memory Librarian: And Other Stories of Dirty Computer, based on the album.[19][20] Her fourth studio album, The Age of Pleasure, followed in 2023.

Monáe has also ventured into acting, first gaining attention for starring in the 2016 films Moonlight and Hidden Figures. For portraying engineer Mary Jackson in the latter, she was nominated for the Critics' Choice Movie Award for Best Supporting Actress. She has since starred in the films Harriet (2019) and Glass Onion (2022), and the television series Homecoming (2020). In 2022 she won her first Children's and Family Emmy Awards for Outstanding Short Form Program for her role in the TV series We the People.

ジャネール・モナエ(モナイ)・ロビンソン(/dʒ mo↪Ll_ne_2C8↩/ jə-NEL moh-NAY; 1985年12月1日生まれ[10])は、アメリカ合衆国の歌手、ソングライター、ラッパー、女優である。グラミー賞に8回ノミネートされ[11]、映画 俳優組合賞と子供・家族エミー賞を受賞。また、ASCAP Vanguard Award、Billboard Women in MusicのRising Star Award(2015年)、Trailblazer of the Year Award(2018年)を受賞している[12]。アトランティック・レコードと契約しているほか、自身のインプリントであるWondaland Arts Societyとも契約している。

モナエの音楽キャリアは、2003年に『The Audition』というタイトルのデモ・アルバムをリリースしたことから始まった。2007年、モナエは『Metropolis』というタイトルのコン セプチュアルなEPで公にデビューした: そして2010年、バッド・ボーイ・レコードから初のフルレンス・スタジオ・アルバム『The ArchAndroid』をリリースした。 [14][15]2011年、モネーはfun.のシングル「We Are Young」にゲスト・ヴォーカリストとしてフィーチャーされ、この曲は全米レコード協会(RIAA)からダイアモンド認定を受け、10カ国以上のチャー トで上位にランクインし、モネーはより多くの聴衆を獲得した。モネーのセカンド・スタジオ・アルバム『The Electric Lady』(2013年)は、ビルボード200で初登場5位を記録し、7部構成のコンセプト・シリーズ『Metropolis』の第4弾と第5弾となった [16]。

モナエの3枚目のスタジオ・アルバム『ダーティ・コンピューター』は、コンセプト・アルバムでもあり、2018年にリリースされ、広く批評家の称賛を浴び た。複数の出版社から年間ベスト・アルバムに選ばれ、モナエは第61回グラミー賞でアルバム・オブ・ザ・イヤーを含む2部門にノミネートされた[17]。 2022年、彼女はサイバーパンク小説集『The Memory Librarian: 2023年には4枚目のスタジオ・アルバム『The Age of Pleasure』がリリースされた[19][20]。

モネーは女優業にも進出し、2016年の映画『ムーンライト』と『Hidden Figures』に出演して注目を集めた。後者でエンジニアのメアリー・ジャクソンを演じた彼女は、批評家チョイス映画賞の助演女優賞にノミネートされ た。その後、映画『ハリエット』(2019)と『ガラスの玉ねぎ』(2022)、テレビシリーズ『ホームカミング』(2020)に出演。2022年にはテ レビシリーズ「We the People」で、初のチルドレン&ファミリー・エミー賞の優秀短編番組賞を受賞。
Dirty Computer and other projects (2017–2022)

Monáe at the Kennedy Space Center in 2016
While filming these two movie roles, Monáe remained active in music with features on Grimes' "Venus Fly" from her Art Angels album[83] and also the soundtrack for the Netflix series The Get Down with a song titled, "Hum Along and Dance (Gotta Get Down)".[84] Monáe was also on the tracks "Isn't This the World" and "Jalapeño" for the Hidden Figures soundtrack.[85]

In an interview with People, Monáe revealed that she was already working on her third studio album when she received the scripts for her two first acting roles; therefore, she put the album on hold. Monáe also revealed in the interview that she would be releasing new music sometime in 2017,[86] although by the end of the year no album or single was announced. On February 16, 2018, Monáe revealed her third studio album, titled Dirty Computer, through a teaser video on YouTube.[87][88] The album was accompanied by a narrative film project, and the teaser video aired nationwide in select theaters prior to screenings of Black Panther.[88] She held a series of "top-secret" listening sessions in Los Angeles and New York in support of the album.[89] On February 22, 2018, Monáe released "Make Me Feel" and "Django Jane" as the first two singles from Dirty Computer, both accompanied by music videos[90] and announced that the album would follow on April 27, 2018.[91] Monáe stated in an interview with BBC Radio 1: "Prince was actually working on the album with me before he passed on to another frequency, and helped me come up with some sounds. And I really miss him, you know, it's hard for me to talk about him. But I do miss him, and his spirit will never leave me."[92] Its short film earned a Hugo Award nomination for Best Dramatic Presentation – Short Form.[93]

Monáe appeared in the episode "Autofac" of the 2017 anthology series based on the work of Philip K. Dick, Electric Dreams, which premiered on Channel 4 in the UK and on Amazon Video in the US.[94]

On April 27, 2018, Monáe released a sci-fi film companion "emotion picture" to her new record Dirty Computer.[95] The album debuted at the number six of the Billboard 200 with 54,000 equivalent units and on the top ten charts of Canada, United Kingdom and Ireland.[96] It was chosen as the best album of the year by three publications: the Associated Press, New York Times, and NPR.[97][98][99] The album received the nomination for Album of the Year at the 61st Annual Grammy Awards. She also contributed to the soundtrack to the dark comedy film Sorry to Bother You, collaborating with The Coup. In 2018 her Wondaland Pictures production company was signed to a first look deal with Universal.[100]

On November 15, 2018, it was announced that Monáe would receive the Trailblazer of the Year award at the 2018 Billboard Women in Music event, which was held on December 6, 2018.[101] Also in 2018, Monáe co-starred in the fantasy drama feature film Welcome to Marwen, by filmmaker and screenwriter Robert Zemeckis alongside Steve Carell and Leslie Mann.[102] On January 3, 2019, the Coachella Valley Music and Arts Festival announced that Monáe will co-headliner the stage with Childish Gambino.[103] Glastonbury Festival also confirmed Monáe's presence as headlining the West Holts stage of the festival.[104] Four days after the Coachella setlist announcement, Monàe released a new music video for the song "Screwed". She replaced Julia Roberts in the second season of the Amazon Prime Video series, Homecoming, playing "a tenacious woman who finds herself floating in a canoe, with no memory of how she got there or who she is."[105] On March 29, 2019, in Brooklyn, NY, she inducted Janet Jackson into the Rock & Roll Hall of Fame.[106] Also in 2019, she co-starred in the film Harriet, about abolitionist Harriet Tubman. Monáe returned to the big screen twice in 2020, with her first lead role in September 2020 with horror film Antebellum, and another supporting role with biopic The Glorias.[107][108]

On February 9, 2020, Monáe opened the 92nd Academy Awards with a performance featuring Billy Porter that highlighted the many films nominated as well as films that were snubbed by the Academy, including Dolemite Is My Name and Midsommar.[109]

In September 2020, Monáe released the music video Turntables as part of the Amazon Studios' bipartisan voter registration campaign. The song is used over the end credits of the Stacey Abrams-backed film, All In: The Fight for Democracy.[110][111] More recently, she signed global deal with Sony Music Publishing.[112]

On July 4, 2021, We The People, a 10-part series of animated music videos premiered on Netflix, created by Chris Nee, with Kenya Barris as a showrunner and produced by Barack and Michelle Obama.[113][114][115] Monáe performed a number of songs for the series. This included a reggae-influenced number, titled "Stronger," which focuses on the "fight for justice and unity ... unity, liberty and equality" and the title track for the series.[116][117] She won the Children's and Family Emmy Awards for Outstanding Short Form Program as one of the writers.[118]

In 2022, Monáe portrayed twin sisters Helen and Cassandra "Andi" Brand in Glass Onion: A Knives Out Mystery,[119] for which she received critical acclaim.[120][121]

In April 2022, Harper Voyager published her first book, The Memory Librarian: And Other Stories of Dirty Computer, which "explores how different threads of liberation—queerness, race, gender plurality, and love—become tangled with future possibilities of memory and time in such a totalitarian landscape ... and what the costs might be when trying to unravel and weave them into freedoms."[122] In May 2022, Deadline reported Monáe was set to act as Josephine Baker in the TV series De La Resistance.[123]


Janelle Monáe - Dirty Computer [Emotion Picture] - 年齢制限があります
『ダーティー・コンピューター』その他のプロジェクト(2017年 ~2022年)

2016年、ケネディ宇宙センターでのモネイ
これら2つの映画出演の撮影中も、モネーは音楽活動を続け、グライムスのアルバム『Art Angels』から「Venus Fly」をフィーチャーし[83]、Netflixシリーズ『The Get Down』のサウンドトラックには「Hum Along and Dance (Gotta Get Down)」というタイトルで曲を提供している[84]。モネーはまた、『Hidden Figures』のサウンドトラックの「Isn't This the World」と「Jalapeño」という曲にも参加している[85]。

Peopleとのインタビューで、モナエは、初めて演じる2つの役柄の台本を受け取ったとき、すでに3枚目のスタジオ・アルバムに取り掛かっていたと明か した。モネーはまた、2017年のうちに新曲をリリースする予定であることをインタビューで明かした[86]が、年末までにアルバムやシングルは発表され なかった。2018年2月16日、モナエはYouTubeのティーザー映像を通じて、『ダーティ・コンピューター』と題された3枚目のスタジオ・アルバム を発表した[87][88]。このアルバムには物語性のある映画プロジェクトが付随しており、ティーザー映像は『ブラックパンサー』の上映前に一部の映画 館で全国放映された[88]。彼女はアルバムを引っ提げて、ロサンゼルスとニューヨークで一連の「極秘」試聴会を開催した。 [89]2018年2月22日、モナエは『ダーティ・コンピューター』からの最初のシングル2曲として「メイク・ミー・フィール」と「ジャンゴ・ジェー ン」をリリースし[90]、どちらもミュージック・ビデオを添え、アルバムが2018年4月27日にリリースされることを発表した[91]。 モナエはBBC Radio 1とのインタビューで「プリンスは、彼が別の周波数に移る前に、実は私と一緒にアルバムに取り組んでいて、いくつかのサウンドを思いつくのを手伝ってくれ たの。彼のことを話すのは難しいわ。でも、私は彼が恋しいし、彼の魂が私から離れることはない」[92] その短編映画はヒューゴー賞の最優秀ドラマティック・プレゼンテーション(短編部門)にノミネートされた[93]。

モナエはフィリップ・K・ディックの作品を基にした2017年のアンソロジー・シリーズ『Electric Dreams』のエピソード「Autofac」に出演し、イギリスのチャンネル4とアメリカのアマゾン・ビデオで初放送された[94]。

2018年4月27日、モナエは新譜『Dirty Computer』のSF映画コンパニオン "emotion picture "をリリースした[95]。 このアルバムは54,000枚相当でビルボード200の6位、カナダ、イギリス、アイルランドのトップ10チャートでデビューした[96]。 AP通信、ニューヨーク・タイムズ、NPRの3つの出版社から年間ベストアルバムに選ばれた[97][98][99]。 このアルバムは第61回グラミー賞で年間アルバム賞にノミネートされた。また、ダークコメディ映画『Sorry to Bother You』のサウンドトラックに参加し、ザ・クープとコラボレーションした。2018年、彼女の製作会社Wondaland Picturesはユニバーサルとファーストルック契約を結んだ[100]。

2018年11月15日、2018年12月6日に開催された2018 Billboard Women in Musicのイベントで、モネイがTrailblazer of the Year賞を受賞することが発表された[101]。 また2018年、モネイは映画監督・脚本家のロバート・ゼメキスによるファンタジードラマ長編映画『ウェルカム・トゥ・マーウェン』で、スティーヴ・カレ ル、レスリー・マンと共演した。 [102]2019年1月3日、コーチェラ・バレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバルは、モネイがチャイルディッシュ・ガンビーノとステー ジの共同ヘッドライナーを務めると発表した[103]。 グラストンベリー・フェスティバルも、フェスティバルのウェスト・ホルツ・ステージのヘッドライナーとしてモネイの存在を確認した[104]。 コーチェラのセットリスト発表の4日後、モネイは「Screwed」という曲の新しいミュージックビデオを公開した。彼女はアマゾン・プライム・ビデオの シリーズ『Homecoming』の第2シーズンでジュリア・ロバーツに代わって出演し、「どうやってそこにたどり着いたのか、自分が誰なのか記憶がない まま、カヌーで浮かんでいる自分に気づく粘り強い女性」を演じた[105]。 2019年3月29日、ニューヨークのブルックリンで、ジャネット・ジャクソンのロックの殿堂入りを果たした[106]。 また2019年には、奴隷廃止運動家ハリエット・タブマンを描いた映画『Harriet』で共演した。モナエは2020年に2度大スクリーンに戻り、 2020年9月にホラー映画『アンテベラム』で初主演、伝記映画『The Glorias』でも脇役を演じた[107][108]。

2020年2月9日、モナエはビリー・ポーターをフィーチャーしたパフォーマンスで第92回アカデミー賞のオープニングを飾り、『ドレミテ・イズ・マイ・ ネーム』や『ミッドソマー』など、アカデミーにノミネートされた作品や落選した作品を紹介した[109]。

2020年9月、モナエはアマゾン・スタジオの超党派有権者登録キャンペーンの一環として、ミュージックビデオ『Turntables』を発表。この曲は ステイシー・エイブラムスが支援する映画『All In』のエンドクレジットに使われている: 最近、彼女はソニー・ミュージックパブリッシングとグローバル契約を結んだ[112]。

2021年7月4日、クリス・ニーが制作し、ケニア・バリスがショーランナーを務め、バラク&ミシェル・オバマがプロデュースした10部構成のミュージッ クビデオ・アニメシリーズ『We The People』がNetflixで初放送された[113][114][115]。これには、「正義と団結のための戦い......団結、自由、平等」に焦 点を当てた「Stronger」と題されたレゲエの影響を受けたナンバーや、シリーズのタイトル曲も含まれている[116][117]。 彼女は脚本家の一人として、子供・家族エミー賞の優秀短編番組賞を受賞した[118]。

2022年、モナエは『ガラスの玉ねぎ』で双子の姉妹ヘレンとカサンドラ・"アンディ"・ブランドを演じた: A Knives Out Mystery(原題)』[119]で批評家の称賛を浴びた[120][121]。

2022年4月、ハーパーボイジャーは彼女の最初の本、The Memory Librarianを出版した: この本は、「このような全体主義的な風景の中で、解放のさまざまな糸(クィアネス、人種、ジェンダーの複数性、愛)が、記憶と時間の未来の可能性とどのよ うに絡み合うのか......そして、それらを解きほぐし、自由に織り込もうとするときに、どのような代償があるのかを探る」[122]。 2022年5月、Deadlineは、モネイがテレビシリーズ『De La Resistance』でジョセフィン・ベイカー役を演じることになったと報じた[123]。


Janelle Monáe - Water Slide [Official Music Video]

































リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j