sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

ユダ・レオン・マグナス


Judah Leon Magnes (Hebrew: יהודה לייב מאגנס; July 5, 1877 – October 27, 1948)

池田光穂

☆ ユダ・レオン・マグネス(ヘブライ語: יהודה ליב מאגנá; 1877年7月5日 - 1948年10月27日)は、米国と委任統治領パレスチナの両方で著名な改革派ラビであった。第一次世界大戦期の平和主義運動の指導者として、またパレス チナにおけるユダヤ人とアラブ人の二国間国家の提唱者として、また20世紀アメリカの改革派ユダヤ教において最も広く知られた人物の一人として最もよく知 られている。マグネスはエルサレム・ヘブライ大学の初代学長(1925年)を務め、後に学長(1935~1948年)を務めた。

Judah Leon Magnes (Hebrew: יהודה לייב מאגנס; July 5, 1877 – October 27, 1948) was a prominent Reform rabbi in both the United States and Mandatory Palestine. He is best remembered as a leader in the pacifist movement of the World War I period, his advocacy of a binational Jewish-Arab state in Palestine, and as one of the most widely recognized voices of 20th century American Reform Judaism. Magnes served as the first chancellor of the Hebrew University of Jerusalem (1925), and later as its President (1935–1948).
ユ ダ・レオン・マグネス(ヘブライ語: יהודה ליב מאגנá; 1877年7月5日 - 1948年10月27日)は、米国と委任統治領パレスチナの両方で著名な改革派ラビであった。第一次世界大戦期の平和主義運動の指導者として、またパレス チナにおけるユダヤ人とアラブ人の二国間国家の提唱者として、また20世紀アメリカの改革派ユダヤ教において最も広く知られた人物の一人として最もよく知 られている。マグネスはエルサレム・ヘブライ大学の初代学長(1925年)を務め、後に学長(1935~1948年)を務めた。
Biography
Magnes was born in San Francisco to David and Sophie (Abrahamson) who named him Julian. He changed his name to Judah as a young man.[1] [2] As a young boy, Magnes's family moved to Oakland, California, where he attended Sabbath school at First Hebrew Congregation, and was taught by Ray Frank, the first Jewish woman to preach formally from a pulpit in the United States.[3]

Magnes's views of the Jewish people was strongly influenced by First Hebrew's Rabbi Levy,[4] and it was at First Hebrew's building on 13th and Clay that Magnes first began preaching. His bar mitzvah speech of 1890 was quoted at length in the Oakland Tribune.[5]

Magnes graduated from Oakland High School as a valedictorian in 1894.[6] He then studied at the University of Cincinnati, where he gained a degree of notoriety in a campaign against censorship of the "Class annual" of 1898 by the university faculty.[7] He graduated from the University of Cincinnati with an A.B. in 1898. He also attended rabbinical seminary at Hebrew Union College, and was ordained a rabbi in June 1900. He then went to study in Germany. He studied Judaism at the Berlin Jewish College, Lehranstalt, and pursued his doctoral studies at Berlin University, where he studied under Friedrich Paulsen and Friedrich Delitzsch, and at the University of Heidelberg. It was while he was in Berlin that he began embracing aspects of Zionist thought, though always strongly opposing its nationalistic elements. He spent time traveling through Eastern Europe, and visited Jewish communities in Germany, Poland, and Galicia. In December 1902, he received a PhD in Philosophy from the University of Heidelberg, and returned to the United States in 1903.[8][9]

On October 19, 1908, Magnes married Beatrice Lowenstein of New York,[2] who happened to be Louis Marshall's sister-in-law.[10]

New York
In America, he spent most of his professional life in New York City, where he helped found the American Jewish Committee in 1906. Magnes was also one of the most influential forces behind the organization of the Jewish community in the city, serving as president throughout its existence from 1908 to 1922. The Kehillah oversaw aspects of Jewish culture, religion, education and labor issues, in addition to helping to integrate America's German and East European Jewish communities. He was also the president of the Society for the Advancement of Judaism from 1912 to 1920.

The religious views Magnes extolled as a Reform rabbi were not at all within the mainstream. Magnes favored a more traditional approach to Judaism, fearing the overly assimilationist tendencies of his peers. Magnes delivered a Passover sermon in 1910 at Congregation Emanu-El of the City of New York in which he advocated changes in the Reform ritual to incorporate elements of traditional Judaism, expressing his concern that younger members of the congregation were driven to seek spirituality in other religions that cannot be obtained at Congregation Emanu-El. He advocated for restoration of the Bar Mitzvah ceremony and criticized the Union Prayer Book, advocating for a return to the traditional prayer book.[11] The disagreement over this issue led him to resign from Congregation Emanu-El that year. From 1911–12 he was Rabbi of the Conservative Congregation B'nai Jeshurun.

The Kehillah
In New York he set himself the task of uniting the Jewish communities. In 1880 the city contained around 50,000 Jews mostly of German origin. By 1900 there were nearly a million Jews, most coming from what is now Poland, Hungary, Romania, Belarus and Ukraine, making it the largest Jewish population outside of Europe and the Russian Empire. On 11 October 1908 he was chairman of a conference of Jewish organisations, the invitations to which, in English and Yiddish, had also been signed by labour leader Joseph Barondess and Judge Otto A. Rosalsky, amongst others. The conference authorised the formation of a representative community, the Kehillah, and gave Magnes the power to appoint an executive committee. The 25 man committee included Professor Solomon Schechter and Joseph Silverman. They called a convention in February 1909 to form a constituent assembly. Two hundred and twenty-two organisations responded, including 74 synagogues and 42 mutual benefit societies, out of some 3,500 Jewish organisations existing in the city at the time. The Kehillah's aim was:

"to wipe out invidious distinctions between East European and West European, foreigner and native, Uptown and Downtown Jew, rich and poor; and make us realize that the Jews are one people with a common history and with common hopes."[12]

The committee proceeded to set up a series of boards, or bureaus: Education (1910), Social Morals (1912); Industry (1914); and Philanthropic Research (1916). The first secretary of the Bureau of Education was Henrietta Szold. A report by Mordecai Kaplan revealed that of some 200,000 Jewish children of school age no more than 50,000 received any form of Jewish education. By 1916 the Bureau directed or supervised 200 schools, 600 teachers and 35,000 pupils. Funding was dependent on wealthy New York Jews such as Jacob Schiff, Felix M. Warburg and Louis Marshall who made an endowment for girls' education. The Bureau eventually evolved into the Jewish Education Committee of New York.[13] Magnes was also closely involved with the Social Morals Bureau which held investigations into the white-slave-traffic and the Jewish underworld. Its work is held responsible of reducing Jewish juvenile delinquency from 30% of the New York total to 14% twenty years later.[14] In the Bureau of Industry he was Chairman of the Conference of the Furriers Trade.[15]

The American Jewish Joint Distribution Committee
At the end of 1914, with the outbreak of the First World War, Magnes became involved in collecting funds for the Jewish population in Palestine. The following year, a greater crisis arose with the war on the Eastern Front, devastating the Jews of the Pale of Settlement. Magnes devoted all his energies to this issue. Firstly he set about coordinating the three bodies that had been set up to face the catastrophe. These were the American Jewish Relief Committee, associated with the Kehillah and the American Jewish Committee, the Central Relief Committee from the Orthodox community, and the People's Relief Committee set up by labour organisations. The result was the creation of a single body called the American Jewish Joint Distribution Committee.

In December 1915, a fund-raising effort was launched at the Carnegie Hall, at which he delivered an emotional appeal which raised a million dollars in donations.[16] By the end of 1915 around five million dollars had been raised.[17] In the spring of 1916 Magnes visited Germany and Poland to organise the distribution of the funds. The visit, via Scandinavia, started in Hamburg and Berlin, from there, with the assistance of the German authorities, he visited Poland and Vilna. He had to overcome the suspicions of the Zionist leadership in Europe, who suspected him of bias. Despite this, he was able to organise the distribution of funds bridging the gulf between the Central and Eastern European Jewish communities.

Amongst the leaders he met were Max Warburg, head of the German Jewish Society (Hilfsverein), and Rabbi Leo Baeck, then Jewish Chaplain in the German Army. He returned to America in the winter of 1916 and launched a fresh relief appeal to raise ten million dollars. At one meeting he was again able to raise a million dollars in donations and pledges in a single evening.[18] With President Woodrow Wilson's decision to enter the war, he switched his attention to anti-war campaigning.[19]

Pacifism and the anti-war movement
Magnes was a Pacifist activist. According to Israeli professor Arthur A. Goren, he considered himself a follower of Mahatma Gandhi and the prophet Jeremiah, and opposed all forms of nationalism by military force. He had developed Pacifist views in 1898 as a result of the Spanish–American War. Magnes believed it to be an "unrighteous" war. Following the assassination of President William McKinley, who had led the United States into war with Spain, by an anarchist activist, Magnes wrote to his parents from Europe that he was not "enraged at the anarchists for it at all. In my opinion, dishonest men in public office are greater anarchists than those who kill a president once in twenty years".[20]

Following the United States' entry into the war in Europe in the spring of 1917, Magnes switched all his attention to campaigning against it. He became one of the movement's high-profile leaders. Like most of its leaders his sympathies were with the working classes. People such Eugene Debs who was sentenced to ten years in prison for his activities; Norman Thomas; Roger Nash Baldwin; Scott Nearing; Morris Hillquit, who took 22% of the vote in New York's Mayoral elections on an anti-war platform; and Oswald Garrison Villard. Most of these men were involved in what became the People's Council of America for Democracy and the Terms of Peace with Magnes its first chairman. On 30 May 1917 he gave the keynote address to a mass meeting of fifteen thousand people in the Madison Square Gardens. A follow-up meeting in Minneapolis was banned and hastily reconvened in Chicago but with a military force threatening to break it up.[21]

Magnes moved home in Connecticut because of hostility from his neighbours and was interviewed by an agent from the Department of Justice. One of his colleagues from the "Joint", B. D. Bogen, was questioned by Attorney-General Thomas Watt Gregory about Magnes' activities.

Magnes worked with the newly-formed National Civil Liberties Bureau which defended pacifists and conscientious objectors. In America more than 2,000 prosecutions were brought against war-resisters under the Selective Service Act of 1917 or the Espionage Act of 1917; Magnes avoided prosecution since he was over conscription age.[22]

Despite coming from a wealthy background—by 1920 he had become financially independent—Magnes reacted to the Russian Revolution with enthusiasm; in 1921 he was the spokesman at Philadelphia for the Society for Medical Relief to Soviet Russia. He also spoke on behalf of the Italians Sacco and Vanzetti.[23]
略歴
マグネスはサンフランシスコでデビッドとソフィー(アブラハムソン)の間に生まれ、ジュリアンと名付けられる。少年時代、一家はカリフォルニア州オークラ ンドに移り住み、そこでファースト・ヘブライ・コングレゲーションの安息日学校に通い、アメリカで初めて説教壇から正式に説教したユダヤ人女性レイ・フラ ンクから教えを受けた[3]。

マグネスのユダヤ人観はファースト・ヘブライのラビ、レヴィから強い影響を受け[4]、マグネスが最初に説教を始めたのはファースト・ヘブライの13番街 とクレイにある建物だった。1890年の彼のバー・ミツバのスピーチは、Oakland Tribune紙に長く引用された[5]。

1894年、マグネスはオークランド高校を卒業生総代として卒業し[6]、その後シンシナティ大学で学び、大学教授陣による1898年の「Class annual」の検閲反対運動で一躍有名になった[7]。ヘブライ・ユニオン・カレッジのラビ神学校にも通い、1900年6月にラビに叙階される。その 後、ドイツに留学。ベルリンのユダヤ人大学レーランシュタルトでユダヤ教を学び、ベルリン大学でフリードリッヒ・ポールセンとフリードリッヒ・デリッツ シュに師事、ハイデルベルク大学で博士課程を修了した。ベルリンにいた頃、シオニスト思想の側面を受け入れ始めたが、その民族主義的な要素には常に強く反 対していた。東欧を旅行し、ドイツ、ポーランド、ガリシアのユダヤ人社会を訪れた。1902年12月、ハイデルベルク大学で哲学の博士号を取得し、 1903年にアメリカに戻る[8][9]。

1908年10月19日、マグネスはニューヨークのベアトリス・ローウェンスタインと結婚し[2]、彼女は偶然にもルイス・マーシャルの義理の姉であった[10]。

ニューヨーク
アメリカでは、職業生活のほとんどをニューヨークで過ごし、1906年にはアメリカン・ユダヤ委員会の設立に貢献した。マグネスはまた、1908年から 1922年まで会長を務め、ニューヨークのユダヤ人コミュニティの組織化に最も影響力のある人物の一人であった。ケヒラはユダヤ文化、宗教、教育、労働問 題を監督し、さらにアメリカのドイツ系と東欧系のユダヤ人コミュニティの統合を支援した。彼はまた、1912年から1920年までユダヤ教振興協会の会長 も務めた。

改革派ラビとしてのマグネスの宗教観は、主流派とはまったく異なるものだった。マグネスはより伝統的なユダヤ教へのアプローチを支持し、彼の仲間たちの過 剰な同化主義的傾向を恐れていた。マグネスは1910年にニューヨーク市のエマヌエル会衆で過越祭の説教を行ったが、その中で彼は、伝統的なユダヤ教の要 素を取り入れるために改革派の儀式を変更することを提唱し、会衆の若いメンバーがエマヌエル会衆では得られない精神性を他の宗教に求めるようになることへ の懸念を表明した。彼はバー・ミツバの儀式の復活を提唱し、ユニオン祈祷書を批判し、伝統的な祈祷書への回帰を提唱した[11]。この問題をめぐる意見の 相違から、同年、彼はエマヌエル会衆を辞任した。1911年から12年にかけては、保守派会衆B'nai Jeshurunのラビを務めた。

ケヒラ
ニューヨークで彼は、ユダヤ人社会を統合することを自らに課した。1880年当時、ニューヨークには約5万人のユダヤ人がいたが、そのほとんどはドイツ系 だった。1900年には、現在のポーランド、ハンガリー、ルーマニア、ベラルーシ、ウクライナ出身のユダヤ人が100万人近くとなり、ヨーロッパとロシア 帝国以外では最大のユダヤ人人口となった。1908年10月11日、彼はユダヤ人組織の会議の議長を務めた。この会議への招待状には、英語とイディッシュ 語で、労働指導者のジョセフ・バロンデスやオットー・A・ロゼルスキー判事らも署名していた。会議では、代表的な共同体であるケヒラの結成が承認され、マ グネスに執行委員会の任命権が与えられた。25人の委員会には、ソロモン・シェクター教授とジョセフ・シルバーマンが含まれていた。彼らは1909年2月 に代表者会議を結成するための大会を招集した。当時市内にあった約3,500のユダヤ人組織のうち、74のシナゴーグと42の互助会を含む222の組織が これに応じた。ケヒラの目的は

「東ヨーロッパ人と西ヨーロッパ人、外国人と原住民、アップタウンとダウンタウンのユダヤ人、富裕層と貧困層といった侮蔑的な区別を一掃し、ユダヤ人が共通の歴史と共通の希望を持つ一つの民(ピープル)であることを認識させること」[12]であった。

委員会は一連の委員会(局)の設置を進めた: 教育局(1910年)、社会道徳局(1912年)、産業局(1914年)、慈善研究局(1916年)である。教育局の初代事務局長はヘンリエッタ・ゾルド だった。モルデカイ・カプラン(Mordecai Kaplan)の報告書によると、学齢期のユダヤ人児童約20万人のうち、ユダヤ人教育を受けた者は5万人に満たなかった。1916年までに、同局は 200の学校、600人の教師、35,000人の生徒を指導または監督した。資金調達は、ジェイコブ・シフ、フェリックス・M・ウォーバーグ、ルイス・ マーシャルといった裕福なニューヨークのユダヤ人に依存していた。マグネスはまた、白人奴隷売買やユダヤ人裏社会の調査を行う社会道徳局にも深く関わって いた。産業局では毛皮商会議の議長を務めた[15]。

アメリカ・ユダヤ人共同配給委員会
1914年末、第一次世界大戦が勃発すると、マグネスはパレスチナに住むユダヤ人のための資金集めに関わるようになった。翌年には、東部戦線での戦争が勃 発し、入植地のユダヤ人が壊滅的な打撃を受けるという、より大きな危機が訪れた。マグネスはこの問題に全精力を傾けた。まず彼は、この大惨事に立ち向かう ために設立された3つの組織の調整に取り掛かった。ケヒラやアメリカン・ユダヤ人委員会と結びついたアメリカン・ユダヤ人救援委員会、正統派コミュニティ による中央救援委員会、そして労働組織によって設立された人民救援委員会である。その結果、アメリカ・ユダヤ人共同配給委員会という単一の組織が設立され た。

1915年12月、カーネギーホールで募金活動が開始され、マグネスは感動的なアピールを行い、100万ドルの寄付を集めた[16]。 1915年末までに約500万ドルが集まった[17]。1916年春、マグネスはドイツとポーランドを訪問し、資金の分配を組織した。スカンジナビアを経 由してハンブルクとベルリンから出発し、そこからドイツ当局の支援を受けてポーランドとヴィルナを訪問した。ヨーロッパのシオニスト指導部からは、偏見に 満ちているのではないかと疑われた。にもかかわらず、彼は中欧と東欧のユダヤ人社会間の溝を埋めるための資金分配を組織することができた。

彼が会った指導者の中には、ドイツ・ユダヤ人協会(Hilfsverein)の会長マックス・ヴァールブルクや、当時ドイツ軍のユダヤ人教誨師であったレ オ・ベックもいた。彼は1916年の冬にアメリカに戻り、1000万ドルを集めるために新たな救済アピールを開始した。ウッドロー・ウィルソン大統領が戦 争への参戦を決定すると、彼は反戦運動に関心を移した[19]。

平和主義と反戦運動
マグネスは平和主義活動家であった。イスラエルのアーサー・A・ゴーレン教授によると、彼は自らをマハトマ・ガンジーと預言者エレミヤの信奉者と考え、軍 事力によるあらゆる形態のナショナリズムに反対した。彼は1898年、米西戦争の結果、平和主義的な考えを持つようになった。マグネスはこの戦争を「正し くない」戦争だと考えていた。アメリカをスペインとの戦争に導いたウィリアム・マッキンリー大統領が無政府主義活動家によって暗殺された後、マグネスは ヨーロッパから両親に宛てて手紙を書いた。私の考えでは、公職に就いている不正直な男たちは、20年に一度大統領を殺すような連中よりも偉大な無政府主義 者である」[20]。

1917年春、アメリカがヨーロッパ戦争に参戦した後、マグネスは反対運動に全力を傾けた。彼は、この運動の有名な指導者の一人となった。ほとんどの指導 者と同様、彼も労働者階級に共感していた。ユージン・デブス、ノーマン・トーマス、ロジャー・ナッシュ・ボールドウィン、スコット・ニアリング、ニュー ヨーク市長選挙で反戦を掲げて22%の得票率を獲得したモリス・ヒルキット、オズワルド・ギャリソン・ヴィラードなどである。これらの人物のほとんどは、 マグネスを初代会長とする「民主主義と講和条件のためのアメリカ人民評議会」なるものに参加していた。1917年5月30日、彼はマディソン・スクエア・ ガーデンで開催された1万5千人の大集会で基調演説を行った。ミネアポリスでのフォローアップ集会は禁止され、急遽シカゴで再開されたが、軍隊が解散させ るという脅迫があった[21]。

マグネスは隣人から敵意を向けられたためコネチカット州の自宅に引っ越し、司法省の捜査官から事情聴取を受けた。ジョイント」の同僚の一人、B・D・ボーゲンは、司法長官トーマス・ワット・グレゴリーからマグネスの活動について尋問を受けた。

マグネスは、平和主義者や良心的兵役拒否者を擁護するために新たに設立された国家自由人権局で働いていた。アメリカでは、1917年に制定された選択服務 法(Selective Service Act of 1917)やスパイ活動法(Espionage Act of 1917)に基づき、戦争抵抗者に対して2,000件以上の訴追が行われたが、マグネスは徴兵年齢を超えていたため訴追を免れた[22]。

裕福な家庭に生まれ、1920年には経済的に自立していたにもかかわらず、マグネスはロシア革命に熱狂的に反応し、1921年にはフィラデルフィアでソビ エト・ロシア医療救援協会のスポークスマンを務めた。彼はまた、イタリア人サッコとヴァンゼッティの代弁者でもあった[23]。
Palestine
Magnes first visited Ottoman Palestine in 1907, growing a beard in solidarity with the Jewish colonists. At Jaffa he was told of the plans for a Jewish-only town, north of Jaffa, to be called Tel Aviv. He was sceptical that it would ever come about. He made an extensive tour of the region, travelling on horseback and camping at night. The tour included reaching the summit of Mount Hermon. He returned to America by way of the seventh Zionist Congress in The Hague. His wife accompanied him on his second visit in 1912. They stayed in Jerusalem where there was some discussion of establishing a Hebrew University. They also visited Merhavia and Degania in the Galilee.[24]

Magnes agreed, however, with the overall anti-Zionist attitudes of Reform Judaism at the time; he strongly disapproved of nationalistic aspects within Judaism, which Zionism represented and supported. To him, Jews living in the Diaspora and Jews living in Palestine were of equal significance to Judaism and Jewish culture; he agreed that a renewed Jewish community in Eretz Israel would enhance Jewish life within the Diaspora. Magnes emigrated to Mandate Palestine in 1922 and maintained that emigration to Eretz Israel was a matter of individual choice; it did not reflect any kind of "negation of the Diaspora", or support for Zionism. He thought that the land of Israel should be built in a "decent manner", or not built at all.

In both America and Palestine, Magnes played a key role in founding the Hebrew University of Jerusalem in 1918 along with Albert Einstein and Chaim Weizmann. However, the three did not get along, and when, in 1928, Magnes, who was initially responsible only for the university's finances and administrative staff, had his authority extended to academic and professional matters, Einstein resigned from the Board of Governors. Einstein wrote:

The bad thing about the business was that the good Felix Warburg, thanks to his financial authority ensured that the incapable Magnes was made director of the Institute, a failed American rabbi, who, through his dilettantish enterprises had become uncomfortable to his family in America, who very much hoped to dispatch him honorably to some exotic place. This ambitious and weak person surrounded himself with other morally inferior men, who did not allow any decent person to succeed there ... These people managed to poison the atmosphere there totally and to keep the level of the institution low[25]

Magnes served as the first chancellor of the Hebrew University (1925) and later as its president (1935–1948; followed by Sir Leon Simon as Acting President, 1948 to 1949).[26] Magnes believed that the university was the ideal place for Jewish and Arab cooperation, and worked tirelessly to advance this goal.

Magnes's responded to the 1929 Arab revolt in Palestine with a call for a binational solution to Palestine.[27] Magnes dedicated the rest of his life to reconciliation with the local Arabs; he particularly objected to the concept of a specifically Jewish state. In his view, Palestine should be neither Jewish nor Arab. Rather, he advocated a binational state in which equal rights would be shared by all, a view shared by the group Brit Shalom, an organization with which Magnes is often associated, but never joined.[28] In a speech given at the reopening of the university following the 1929 riots Magnes was heckled by members of the audience for speaking of the need for Jews and Arabs to find ways to live and work together. He was also attacked in the Jewish press.[29]


Magnes and his family in the 1930s
In late 1937, Magnes welcomed the Hyamson-Newcombe proposal for the creation of an independent Palestinian state with all citizens having equal rights and each community having autonomy, writing that it offered the 'portals to an agreement' between Jews and Arabs in Palestine. This proposal was a document put together by leading a British Arabist, Colonel Stewart Newcombe, and prominent British Jewish binationalist, Albert M Hyamson. Magnes then tried to use the document to work with moderate Arabs towards an alternative to partition that was not tainted by official British endorsement, however this did not work out. Magnes's enthusiasm for the Newcombe-Hyamson proposal can be explained by his commitment to Arab-Jewish cooperation, a binational state and his acknowledgement of the importance of demographic balance for Arab negotiators.[30]

When the Peel Commission made its 1937 recommendations about partition and population transfer for Palestine, Magnes sounded the alarm:

With the permission of the Arabs we will be able to receive hundreds of thousands of persecuted Jews in Arab lands [...] Without the permission of the Arabs even the four hundred thousand [Jews] that now are in Palestine will remain in danger, in spite of the temporary protection of British bayonets. With partition a new Balkan is made [..] New York Times, July 18, 1937.

With increasing persecution of European Jews, the outbreak of World War II and continuing violence in Mandate Palestine, Magnes realized that his vision of a voluntary negotiated treaty between Arabs and Jews had become politically impossible. In an article in January 1942 in Foreign Affairs he suggested a joint British-American initiative to prevent the division of Mandate Palestine. The Biltmore Conference in May that year caused Magnes and others to break from the Zionist mainstream's revised demand for a "Jewish Commonwealth".[31][32] As a result, he and Henrietta Szold founded the small, binationalist political party, Ihud (Unity).[33]


Martin Buber (left) and Judah Leon Magnes testifying before the Anglo-American Committee of Inquiry in Jerusalem (1946)
Magnes opposed the Partition plan. He submitted 11 objections to partition to the United Nations Special Committee on Palestine.[34]

By mid-1948, when the conflict between the Jews and Arabs of Palestine was in full swing, Magnes was pessimistic, and feared an Arab victory due to the Arabs' overwhelming numerical superiority. Magnes expressed the hope that if a Jewish state were declared, the United States would impose economic sanctions, saying that there could be no war without money or ammunition. During a conversation with George Marshall on May 4, 1948, he asked the US to impose sanctions on both sides. Calling the Yishuv an "artificial community", he predicted that sanctions would halt "the Jewish war machine". He supported a March 1948 US trusteeship proposal, in which the UN would freeze the partition decision and force both sides into a trusteeship with a temporary government ruling Palestine, until conditions suited another arrangement, in the hope that there would be understanding and peace talks would be possible. He predicted that even if a Jewish state was established and defeated the Arabs, it would experience a never-ending series of wars with the Arabs.[35][36]

Magnes returned to the United States in April 1948 to participate in an anti-partition campaign. When he left, his position at Hebrew University was in jeopardy, as more staff moved against him due to his views. According to Israeli historian Benny Morris, the Hadassah medical convoy massacre of April 13, 1948, was "in effect the final nail in the coffin of Magnes' binationalism. It was not that he publicly recanted. But he understood that it was a lost cause - and that his own standing in the Yishuv had been irreparably damaged." At the funerals of the victims, eighteen staff members from Hebrew University signed a petition protesting Magnes' view. The campaign was led by Professor Shimon Fritz Bodenheimer, who called Magnes a "traitor".[37][38]

Following the Israeli Declaration of Independence, Magnes ceased advocating binationalism, and accepted the existence of the state of Israel, telling one of his sons "do you think that in my heart I am not glad too that there is a state? I just did not think it was to be." On May 15, 1948, following the declaration of independence, he called Israeli President Chaim Weizmann to express congratulations.[39] During the 1948 Arab-Israeli War, Magnes lobbied for an armistice, and proposed a plan for a federation between Israel and a Palestinian state which he called the "United States of Palestine", under which the two states would be independent, but operate joint foreign and defense policies, with Jerusalem as the shared capital. He spoke with American, Israeli, and Arab officials, who expressed some interest in his plans. During the summer of 1948, he also began to lobby increasingly for a solution to the Palestinian refugee problem.[40]

Magnes had been suffering from increasingly-poor health in 1948, and was already seriously ill when he left Palestine in April. On June 10, he suffered a stroke and had to be hospitalized for several weeks. Magnes died in New York of a heart attack on October 27, 1948, at the age of 71.[41] Just before his death, he withdrew from the leadership of American Jewish Joint Distribution Committee, a welfare organization he had helped establish. The reason was that the AJJDC had not answered his plea for help for the Palestinian refugees: "How can I continue to be officially associated with an aid organization which apparently so easily can ignore such a huge and acute refugee problem?"[42]

Yiddish vs. Hebrew
Magnes' Yiddish and German-speaking father arrived in San Francisco in 1863 where he abandoned Yiddish.[43] His mother was also German-speaking. Magnes grew up with English as his first language but his command of German was sufficient for his two years studying in Germany. In 1895 he heard Russian orator Rabbi Hirsch Masliansky lecture in Hebrew and this awoke his interest in modern Hebrew.[44] While in Germany he joined a group of young Zionists dedicated to learning Hebrew. He also made a determined effort to learn Yiddish which he put to good use when working with new immigrants in New York.[45] Once in Palestine he studied and became fluent in French, the other major European language used in the Middle East. He also studied Arabic but never gained a command beyond formal exchanges.[46]

Hebrew was the instructional language at the Hebrew University. In May 1927 Martin Buber was invited to lecture at the University. When a group of students demanded that he lecture in Hebrew rather than German he refused and had to be persuaded by Magnes not to cancel his speech.[47] The same year David Shapiro, the publisher of the New York Yiddish daily Der Tog announced he would raise $50,000 for an endowed chair of Yiddish at the university. This provoked such a strong reaction, with posters around the city accusing the university of treason and demonstrators outside Magnes' house under the slogan "The chair of Jargon, the end of the university", that Magnes was forced to decline the offer. It was not until 1949 that the university had a chair in Yiddish with David Sedan as its first lecturer.[48]

Magnes could speak Hebrew eloquently on great occasions, but it was with an American accent and in a literary style. He was more comfortable with English. In New York he had been capable of moving large audiences with his public speaking, such as his 1915 fundraiser for the Joint Distribution Committee at the Carnegie Hall, or the Madison Square Gardens anti-war rally in 1917; but in Palestine, where Hebrew was insisted on at public gatherings, he was not able to have the same impact.[49]


パレスチナ
マグネスは1907年に初めてオスマン・パレスチナを訪れ、ユダヤ人入植者と連帯するために髭を生やした。ヤッファで彼は、ヤッファの北にテルアビブと呼 ばれるユダヤ人だけの町を建設する計画を聞かされた。彼はそれが実現するかどうか懐疑的だった。彼は馬で移動し、夜はキャンプをしながら、この地域を広範 囲に巡った。その中にはヘルモン山の頂上への登頂も含まれていた。ハーグで開催された第7回シオニスト会議を経由してアメリカに戻った。1912年の2度 目の訪問には妻も同行した。エルサレムに滞在し、ヘブライ大学設立の話が持ち上がった。また、ガリラヤのメルハヴィアとデガニアを訪問した[24]。

しかしマグネスは、当時の改革派ユダヤ教の全体的な反シオニズムの姿勢に賛同していた。彼は、シオニズムを代表し支持するユダヤ教内のナショナリスト的な側面に 強く反対していた。彼にとって、ディアスポラに住むユダヤ人とパレスチナに住むユダヤ人は、ユダヤ教とユダヤ文化にとって等しく重要な存在であり、エレ ツ・イスラエルに新たなユダヤ人社会が生まれれば、ディアスポラでのユダヤ人の生活がより充実したものになるだろうという意見に同意した。マグネスは 1922年に委任統治領パレスチナに移住し、エレツ・イスラエルへの移住は個人の選択の問題であり、「ディアスポラの否定」やシオニズムへの支持を反映す るものではないと主張した。彼は、イスラエルの土地は「まともな方法」で建設されるべきであり、あるいはまったく建設されるべきではないと考えていた。

アメリカでもパレスチナでも、マグネスはアルバート・アインシュタイ ン、チャイム・ワイツマンとともに、1918年のエルサレム・ヘブライ大学創立に重要な役割を果たした。しかし、3人の仲はうまくいかず、1928年、当 初は大学の財政と事務職員にのみ責任を負っていたマグネスが、その権限を学問的・専門的な問題にまで拡大させたため、アインシュタインは理事を辞任した。 アインシュタインはこう書いている:

この事業でまずかったのは、善良なフェリックス・ワールブルグが、その 財政的権威のおかげで、無能なマグネスを確実に研究所の所長にしたことである。この野心的で弱い人物は、他の道徳的に劣った男たちに取り囲まれ、まともな 人間がそこで成功することを許さなかった......。このような人々は、そこの雰囲気を完全に汚染し、施設のレベルを低く保つことに成功した [25]」。

マグネスはヘブライ大学の初代総長(1925年)を務め、後に学長(1935年から1948年。

1929年にパレスチナで起きたアラブ人の反乱に対して、マグネスはパレスチナの二国間解決を呼びかけた[27]。彼の考えでは、パレスチナはユダヤ人で もアラブ人でもない。1929年の暴動後の大学再開時の演説で、マグネスはユダヤ人とアラブ人が共に生き、共に働く方法を見つける必要性を説き、聴衆から 罵声を浴びた。また、ユダヤ系の新聞でも攻撃された[29]。


1930年代のマグネスと家族
1937年後半、マグネスは、すべての国民が平等な権利を持ち、各コミュニティが自治権を持つ独立したパレスチナ国家を創設するというヒアムソン・ニュー コム案を歓迎し、パレスチナにおけるユダヤ人とアラブ人の間の「合意への入り口」を提供すると書いた。この提案は、イギリスのアラブ主義者スチュワート・ ニューコム大佐と、イギリスの著名なユダヤ人二国論者アルバート・M・ハイアムソンによってまとめられた文書であった。マグネスはその後、この文書を利用 して穏健なアラブ人と協力し、イギリスの公式な承認に汚染されていない分割の代替案に向かっていこうとしたが、これはうまくいかなかった。マグネスが ニューカム=ハイアムソン案に熱意を示したのは、アラブ人とユダヤ人の協力、二国間国家、そしてアラブ人交渉官にとっての人口バランスの重要性を認識して いたからである[30]。

ピール委員会がパレスチナの分割と人口移動について1937年に勧告を出したとき、マグネスは警鐘を鳴らした:

アラブ人の許可があれば、迫害されている何十万人ものユダヤ人をアラブの土地に受け入れることができる[......]アラブ人の許可がなければ、現在パ レスチナにいる40万人[のユダヤ人]でさえ、イギリスの銃剣による一時的な保護にもかかわらず、危険にさらされたままになるだろう。1937年7月18 日付ニューヨーク・タイムズ。

ヨーロッパ系ユダヤ人への迫害が強まり、第二次世界大戦が勃発し、委任統治領パレスチナで暴力が続く中、マグネスはアラブ人とユダヤ人の自主的な交渉によ る条約締結という彼の構想が政治的に不可能になったことを悟った。1942年1月の『フォーリン・アフェアーズ』誌の記事で、彼は委任統治領パレスチナの 分割を阻止するための英米共同のイニシアチブを提案した。同年5月のビルトモア会議によって、マグネスと他の人々はシオニスト主流派の「ユダヤ人連邦」の 修正要求から離脱することになった[31][32]。 その結果、彼とヘンリエッタ・ゾルドは小規模な二国民主義(binationalist)政党「イフッド(統一)」を設立した[33]。


エルサレムの英米調査委員会で証言するマーティン・ブーバー(左)とユダ・レオン・マグネス(1946年)
マグネスは分割案に反対した。彼は分割に対する11の反対意見を国連パレスチナ特別委員会に提出した[34]。

パレスチナのユダヤ人とアラブ人の対立が本格化した1948年半ばには、マグネスは悲観的になり、アラブ人の圧倒的な数の優位によるアラブの勝利を恐れて いた。マグネスは、ユダヤ人の国家樹立が宣言されれば、米国は経済制裁を科すだろうと希望を表明し、金や弾薬のない戦争はあり得ないと述べた。1948年 5月4日、ジョージ・マーシャルとの会話の中で、マグネスは米国に双方に制裁を課すよう要請した。イシュヴを「人工的な共同体」と呼び、制裁によって「ユ ダヤ人の戦争マシン」を止めることができると予言した。彼は、1948年3月のアメリカの信託統治案を支持した。この案は、国連が分割決定を凍結し、パレ スチナ双方を信託統治し、別の取り決めに適した状況になるまで、臨時政府がパレスチナを統治するというものであった。彼は、たとえユダヤ人国家が樹立さ れ、アラブ人を打ち負かしたとしても、アラブ人との終わりのない戦争が続くだろうと予測していた[35][36]。

1948年4月、マグネスは反分裂運動に参加するためにアメリカに戻った。彼が去ったとき、ヘブライ大学での彼の地位は危うくなり、彼の見解を理由に反対 する職員が増えたからである。イスラエルの歴史家ベニー・モリスによれば、1948年4月13日のハダサ医療護送団虐殺事件は、「事実上、マグネスの二国 論にとどめを刺すことになった」。彼が公に撤回したわけではない。しかし、彼はそれが失われた大義であり、イシュブにおける彼自身の地位が取り返しのつか ないほど傷つけられたことを理解していた」。犠牲者の葬儀では、ヘブライ大学の18人の職員がマグネスの見解に抗議する嘆願書に署名した。このキャンペー ンを主導したのはシモン・フリッツ・ボーデンハイマー教授で、彼はマグネスを「裏切り者」と呼んだ[37][38]。

イスラエル独立宣言の後、マグネスは二国民論()の主張をやめ、イスラエル国家の存在を受け入れた。ただ、そうなるとは思っていなかっただけだ "と。1948年5月15日、独立宣言の後、彼はイスラエルのチャイム・ワイツマン大統領に電話をかけ、祝意を表明した[39]。1948年のアラブ・イ スラエル戦争中、マグネスは休戦を働きかけ、イスラエルとパレスチナ国家との間に「パレスチナ合衆国」と呼ぶ連合体構想を提案した。彼はアメリカ、イスラ エル、アラブの高官と会談し、彼の計画に関心を示した。1948年の夏には、彼はパレスチナ難民問題の解決に向けた働きかけも強めていた[40]。

1948年、マグネスはますます健康を害しており、4月にパレスチナを発ったときにはすでに深刻な病気にかかっていた。6月10日に脳卒中で倒れ、数週間 の入院を余儀なくされた。死の直前、マグネスは自分が設立に関わった福祉団体であるAmerican Jewish Joint Distribution Committee(アメリカユダヤ人合同配給委員会)の指導者から退いた。その理由は、AJJDCがパレスチナ難民への援助を求める彼の訴えに応えな かったからであった: 「このような巨大で深刻な難民問題を簡単に無視するような援助団体と、どうして公式に関わり続けることができるでしょうか」[42]。

イディッシュ語対ヘブライ語
マグネスのイディッシュ語とドイツ語を話す父親は1863年にサンフランシスコに到着し、イディッシュ語を捨てた[43]。マグネスは英語を第一言語とし て育ったが、ドイツ語はドイツで2年間勉強するのに十分だった。1895年、ロシアの演説家ラビ・ヒルシュ・マスリヤンスキーがヘブライ語で講義するのを 聞き、現代ヘブライ語への興味を目覚めさせる[44]。パレスチナでは、中東で使われていたもうひとつの主要なヨーロッパ言語であるフランス語を学び、堪 能になった。アラビア語も学んだが、形式的な交流以上の能力を身につけることはなかった[46]。

ヘブライ語はヘブライ大学の教育言語であった。1927年5月、マーティン・ブーバーは同大学に招かれ、講義を行った。同年、ニューヨークのイディッシュ 語日刊紙『デア・トグ』の発行人デヴィッド・シャピロは、同大学にイディッシュ語の寄付講座を設けるために5万ドルを集めると発表。これは、大学への反逆 を非難するポスターが市中に貼られ、マグネスの家の前ではデモ隊が「ジャーゴンの講座、大学の終わり」というスローガンを掲げてデモを行うなど、強い反発 を招き、マグネスはこの申し出を断らざるを得なかった。大学にイディッシュ語の講座が設置され、デイヴィッド・セダンがその最初の講師となったのは 1949年のことであった[48]。

マグネスはヘブライ語を雄弁に語ることができたが、それはアメリカ訛りで文学的なスタイルだった。彼は英語の方が得意だった。ニューヨークでは、1915 年にカーネギー・ホールで行われた合同配給委員会のための募金活動や、1917年のマディソン・スクエア・ガーデンの反戦集会など、大勢の聴衆を感動させ る演説ができたが、公の集まりでヘブライ語が主張されるパレスチナでは、同じようなインパクトを与えることはできなかった[49]。
Legacy
Memorializing his passing, the Union of American Hebrew Congregations wrote of Magnes that he was:

...One of the most distinguished rabbis of our age, a son of the Hebrew Union College, a former rabbi of Temple Emanu-El, New York, the founder and first chancellor of the Hebrew University, the leader of the movement for good will between Jews and Arabs in Palestine, a man of prophetic stature by whose life and works the traditions of the rabbinate, as well as the spiritual traditions of all mankind were enriched.

The Judah L. Magnes Museum, in Berkeley, California, the first Jewish Museum of the West, was named in Magnes' honor, and the museum's Western Jewish History Center has a large collection of papers, correspondence, publications, and photographs of Judah Magnes and members of his family. It also contains the conference proceedings of The Life and Legacy of Judah L. Magnes, an International Symposium that the museum sponsored, in 1982.

The main avenue in Hebrew University's Givat Ram campus is named after Magnes, and so is their publishing press the Magnes Press.[50]


遺産
アメリカ・ヘブライ教会連合(Union of American Hebrew Congregations)は、マグネスの逝去を悼み、次のように記した:

ヘブライ・ユニオン・カレッジの子息であり、ニューヨークのエマヌエル寺院の元ラビであり、ヘブライ大学の創設者であり初代学長であり、パレスチナにおけ るユダヤ人とアラブ人の親善運動の指導者であり、その生涯と作品によって、ラビの伝統と全人類の精神的伝統が豊かにされた。

カリフォルニア州バークレーにあるジュダ・L・マグネス博物館は、西部で最初のユダヤ博物館であり、マグネスに敬意を表して命名された。同博物館の西部ユ ダヤ史センターには、ジュダ・マグネスとその家族の論文、書簡、出版物、写真などの大規模なコレクションがある。また、1982年に同博物館が主催した国 際シンポジウム『ジュダ・L・マグネスの生涯と遺産』(The Life and Legacy of Judah L. Magnes)の会議録も所蔵している。

ヘブライ大学のギヴァット・ラム・キャンパスの大通りはマグネスにちなんで命名され、出版社マグネス・プレスもマグネスにちなんで命名されている[50]。
Martin Buber, Ernst Simon
Brit Shalom
Binational solution
Ihud































リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j