sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

★キングヘロイン★

King Heroin

池田光穂

☆キ ング・ヘロイン "は、ジェームス・ブラウン、デヴィッド・マシューズ、マニー・ローゼン、チャールズ・ボビットによる反ドラッグソング。ブラウンは1972年1月、 ニューヨークのスタジオでセッション・ミュージシャンとともにこの詩をレコーディングし、3月にシングルとしてリリースした。この詩はもともと、マンハッ タンのミッドタウン7番街のステージ・デリカテッセンで働いていたローゼンによって書かれた。薬物の視点から書かれたもので、 ファッションモデルが容姿をないがしろにすることから、「最も男らしい男がセックスを失う」こと、殺人を犯すこと、禁断症状に至るまで、ヘロイン中毒が使 用する人々に与える影響を「一人称の語り(パースペクティヴィズム)」によって生々しく説明した。ローゼンの詩は、ブラウン、彼のアレンジャーであるデヴィッド・マシューズ、そしてブラ ウンのマネージャーであるチャールズ・ボビットの手によって音楽になった。ブラウンはこの曲の冒頭で、ヘロインを「今日、この国で最も致命的な殺人犯のひ とつ」とし、終盤では「これは心の革命だ()」と述べている。これは、ニューヨークのアポロ・シアターで録音された1971年のライブ・コンサート・アルバム のタイトルを指している。"キング・ヘロイン "は、"ドント・ビー・ア・ドロップアウト "や "セイ・イット・ラウド~アイム・ブラック・アンド・アイム・プラウド "といったこれまでの作品に続く、ブラウンの社会派音楽のもうひとつの代表曲だった。この曲での彼の語り口は、ラップ・ミュージックの先駆けとも言われて いる。

★"" is an anti-drug song by James Brown, David Matthews, Manny Rosen and Charles Bobbit. Brown recorded this poem set to music at a studio in New York with session musicians in January 1972 and released it as a single in March. It was his fifth single for Polydor Records and reached number six on the U.S. Hot Soul Singles chart and number 40 on the Billboard Hot 100 in the spring.[1][2] The song was included on Brown's 1972 album There It Is.

" "は、ジェームス・ブラウン、デヴィッド・マシューズ、マニー・ローゼン、チャールズ・ボビットによる反ドラッグソング。ブラウンは1972年1月、 ニューヨークのスタジオでセッション・ミュージシャンとともにこの詩をレコーディングし、3月にシングルとしてリリースした。ポリドール・レコードからの 5枚目のシングルで、全米ホット・ソウル・シングル・チャートで6位、春のビルボード・ホット100で40位を記録した[1][2]。
Background
The poem was originally written by Rosen, who worked at the Stage Delicatessen on Seventh Avenue in midtown Manhattan. It was written from the point of view of the drug, and explained in graphic detail by first-person narrative the effects heroin addiction has on people who use it, from fashion models neglecting their looks, to "the most virile of men losing their sex," to committing murder, to cold turkey withdrawal. Rosen's poem was then set to music by Brown, his arranger David Matthews, and Brown's manager Charles Bobbit. Brown added an intro to start off the piece, referring to heroin as "one of our most deadly killers in the country today"; and towards the end, he noted, "This is a revolution of the mind" – referring to the title of his 1971 live concert album recorded at the Apollo Theater in New York.

"King Heroin" was another of Brown's stabs of socially conscious music, along the lines of such previous efforts as "Don't Be a Drop-Out" and "Say It Loud – I'm Black and I'm Proud." His narrative style on this song is also considered to be a forerunner of rap music.

An advertisement for the single said "Play this record. To your station it means 3 minutes and 58 seconds. To some listener it may mean a lifetime."[3]

背景
この詩はもともと、マンハッタンのミッドタウン7番街のステージ・デリカテッセンで働いていたローゼンによって書かれた。薬物の視点から書かれたもので、 ファッションモデルが容姿をないがしろにすることから、「最も男らしい男がセックスを失う」こと、殺人を犯すこと、禁断症状に至るまで、ヘロイン中毒が使 用する人々に与える影響を一人称の語りによって生々しく説明した。ローゼンの詩は、ブラウン、彼のアレンジャーであるデヴィッド・マシューズ、そしてブラ ウンのマネージャーであるチャールズ・ボビットの手によって音楽になった。ブラウンはこの曲の冒頭で、ヘロインを「今日、この国で最も致命的な殺人犯のひ とつ」とし、終盤では「これは心の革命だ」と述べている。これは、ニューヨークのアポロ・シアターで録音された1971年のライブ・コンサート・アルバム のタイトルを指している。

"キング・ヘロイン "は、"ドント・ビー・ア・ドロップアウト "や "セイ・イット・ラウド~アイム・ブラック・アンド・アイム・プラウド "といったこれまでの作品に続く、ブラウンの社会派音楽のもうひとつの代表曲だった。この曲での彼の語り口は、ラップ・ミュージックの先駆けとも言われて いる。

このシングルの広告には、「このレコードをかけてください。あなたの局にとっては3分58秒を意味する。あるリスナーにとっては一生を意味するかもしれな い」[3]。
Personnel
James Brown - lead vocal
with studio band:
Danny Stiles - trumpet
Marvin Stamm - trumpet
Jimmy Buffington - French horn
Joe Farrell - flute, tenor saxophone, English horn
Seldon Powell - flute, tenor saxophone
Richard Tee - organ
Sam Brown - guitar
Joe Beck - guitar
Michael Moore - bass
Billy Cobham - drums[4][5]


Ladies and gentlemen
Fellow Americans
Lady Americans
This is James Brown

I wanna talk to you about one of our
Most deadly, killers in the country today
I had a dream the other night, and I
Was sittin' in my living room

Dozed off to sleep
So I start to dreamin'
I dreamed I walked in a place and
I saw a real strange, weird object

Standin' up talkin' to the people
And I found out It was heroin
That deadly drug that go in your veins
He says,

I came to this country without a passport
Ever since then I've been hunted and sought
My little white grains are nothin' but waste
Soft and deadly and bitter to taste

I'm a world of power and all know it's true
Use me once and you'll know it, too
I can make a mere schoolboy forget his books
I can make a world-famous beauty neglect her looks

I can make a good man forsake his wife
Send a greedy man to prison for the rest of his life
I can make a man forsake his country and flag
Make a girl sell her body for a five-dollar bag

Some think my adventure's a joy and a thrill
But I'll put a gun in your hand and make you kill
In cellophane bags, I've found my way
To heads of state and children at play
紳士、淑女のみなさま
アメリカ人の男性のみなさま
アメリカ人の女性のみなさま
私は、ジェームズ・ブラウンです

私は、みなさまに、私たちのなかの
もっとも危険な、今日のこの国おける殺人者について、お話したいと思います。
私はある夜、夢をみました、それは、
私がリビングで座っている情景でした。

居眠りにふけって、
そこで、夢を見始めました、
私の夢は、自分が歩きまわり、
そこで、私は奇妙で、変なものをみたのです

立ち上がって、人々に話すのです、
それは、ヘロインという奴なのです
これこそが君の血管に流れ込む致死性の劇薬です
彼は言う、

俺はこの国にパスポートなしにやってきた
その時以来、俺はみなに付きまとわれ、探されてきたんだ
俺の小さな白い粒は、ただのゴミにすぎない
柔らかく、致命的で、味は苦いぜ

俺こそが権力の世界であり、その真実は誰もが知っている
俺を一度でも使うことがあれば、そのことを知るだろう
俺は、学校の子どもに教科書をもってくることを忘れさせることができるし、
俺は、絶世の美人を、もう外見なんか、どうでもよくさせることができる。

俺は、善良な夫に、妻を捨てさせることだってできる。
貪欲な男を一生刑務所におくることもできるぜ、
男に、この国と国旗を捨てることだって可能だ
たった五ドルの小袋のために少女に、体を売らせることもな!!

俺の冒険は喜びとスリルをもたらすと考える奴もいる
だけど、俺はお前の手に銃を握らせ、殺すこともあるぜ
セロファンの袋のなかで、俺は自分の見つけたんだ
この国のボスと遊びざかりの子どもたちに
I'm financed in China, ran in Japan
I'm respected in Turkey and I'm legal in Siam
I take my addicts and make 'em steal, borrow, beg
Then they search for a vein in their arm or their leg

So, be you Italian, Jewish, Black or Mex
I can make the most virile of men forget their sex
So now, no, my man, you must, you know, do your best
To keep up your habit until your arrest

Now the police have taken you from under my wing
Do you think they dare defy me, I who am king
Now, you must lie in that county jail
Where I can't get to you by visit or mail

So squirm, with discomfort, wiggle and cough
Six days of madness, you might throw me off
Curse me in name, defy me In speech
But you'd pick me up right no if I were in your reach

All through your sentence you've become resolved to your fate
Hear now young man and woman, I'll be waitin' at the gate
And don't be afraid, don't run, I'm not chased
Sure my name is Heroin, you'll be back for a taste

Behold, you're hooked, your foot is in the stirrup
And make, haste, mount the steed and ride him well
For the White horse of heroin will ride you to Hell, to Hell
Will ride you to Hell until you are dead
Dead, brother, dead

This Is a revolution of the mind
Get your mind together
And get away from drugs
That's the man
Back, back
俺は中国で金を調達して、日本で経営した
トルコではみんなにもてはやされ、タイでは合法だぜ
俺はヤク中を連れてきて、盗み、借金、ねだることさえやってきた
そして、ヤク中の奴らは、自分の腕や足の静脈をさがすんだ

イタリア人でも、ユダヤ人でも、黒人でも、メキシコ人でも、
俺は、生き生きとしている男にセックスをすることさえ忘れさせる
だからいまは、いや、お前はベストをつくさないとならない
パクられる前まではそれを続けるようにな

そして今、俺の元にいたお前を警官は連れ去った
お前は、王様である俺に逆らえると思うのか?
いまは、お前は地元警察の拘置所に横たわねばならぬ
そこは訪ねていったり、手紙が届かないところだ

だから、お前は不快感でもだえ、身をよじらせ、咳をする
狂った6日間、お前は俺をぶん投げておくこともあるだろう
俺の名前を言って俺を呪い、その言葉で抗うのさ
だがな、俺がお前の手の届くところにいたら、お前は手を出すのさ

勾留中に、お前は自分の運命に決意を固めてきたよ
若い男女よ、でも俺は、出口の門のところで待ってるぜ
ビビるな、逃げるな、俺を追いかけるなんてできない
たしかに、俺の名前はヘロインで、また俺を味わいに来るだろう

気をつけなさい、君の足はすっぽりハマり、逃げられない
そして、急いで、馬にまたがり、彼をうまく走らせるのさ
ヘロインの白い馬は、地獄に連れてってくれる、地獄だよ
死ぬまで、地獄にまたがっていくのさ
死だ、兄弟、死だよ

これが心の革命さ、
君の心を引き締めるんだ
ドラッグから逃げるんだ
それこそ男(ママ)だ
戻れ、戻るんだ!!

There It Is is the 33rd studio album by American musician James Brown. His second release for Polydor Records, it contained five of his early-1970s hits.[1] The album was released on June 9, 1972. It reached #10 on the Billboard R&B charts and #60 on the Billboard 200.[2]
"There It Is"(ゼア・イット・イズ)は、アメリカのミュージシャン、ジェームス・ブラウンの33枚目のスタジオ・アルバム。ポリドール・レコードからの2枚目の リリースとなったこのアルバムには、彼の1970年代初期のヒット曲5曲が収録されている[1]。ビルボードR&Bチャートで10位、ビルボード 200で60位を記録した[2]。
1.    "There It Is, Pts. 1 & 2"    James Brown, St. Clair Pinckney    5:50
2.    "King Heroin"    J. Brown, Charles Bobbit, Dave Matthews, Manny Rosen    3:58
3.    "I'm a Greedy Man"    J. Brown, Bobbit    7:06
4.    "Who Am I"    Johnny Terry    4:59
5.    "Talking Loud and Saying Nothing"    J. Brown, Bobby Byrd    7:49
6.    "Public Enemy No. 1, Pt. 1"    J. Brown, Bobbit, Henry Stallings    5:06
7.    "Public Enemy No. 1, Pt. 2"    J. Brown, Bobbit, Stallings    5:09
8.    "I Need Help (I Can't Do It Alone)"    Teddy Brown    3:31
9.    "Never Can Say Goodbye"    J. Brown    3:02





リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j