sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

キングピン法

外国麻薬王指定法、Foreign Narcotics Kingpin Designation Act, Kingpin Act

池田光穂

☆キングピン法(麻薬王法)として知られる外国麻薬キングピン(麻薬王)指定法は、麻薬取引に関与する外国の個人および団体に制裁を科すことにより、国際的な麻薬取引に対処することを目的とした米国の画期的な連邦法である。

, better known as the Kingpin Act, is landmark federal legislation in the United States intended to address international narcotics trafficking by imposing United States sanctions on foreign persons and entities involved in the drug trade.

The Act allows the President of the United States and United States Secretary of the Treasury to publicly identify "significant foreign narcotics traffickers" and to freeze their assets. The Act also prohibits any "United States person" from conducting business with any designated foreign narcotics traffickers, and provides for both civil penalties and criminal prosecution for violations.

The work of enforcing the Act has been delegated to the Treasury's Office of Foreign Assets Control (OFAC), overseen by United States Congress and advised by several United States federal executive departments, the United States Intelligence Community, and federal law enforcement agencies.

The creation of the Kingpin Act followed President Bill Clinton's use of Executive Order 12978 to target and isolate members of the Cali Cartel of Colombia beginning in 1995. Paul Coverdell and Porter Goss championed the legislation with the support of Clinton in 1999. Since then, the President and Treasury have invoked the Kingpin Act to target a variety of foreign drug trafficking organizations.[1][2][3][4]
キングピン法(麻薬王法)として知られる外国麻薬キングピン(麻薬王)指定法は、麻薬取引に関与する外国の個人および団体に制裁を科すことにより、国際的な麻薬取引に対処することを目的とした米国の画期的な連邦法である。

同法は、米国大統領と財務長官が「重要な外国人麻薬密売人」を公的に特定し、その資産を凍結することを認めている。同法はまた、「米国人」が指定された外国麻薬密売人と取引を行うことを禁止し、違反に対する民事罰と刑事訴追の両方を規定している。

同法の執行業務は財務省外国資産管理局(OFAC)に委ねられ、米国議会が監督し、複数の連邦行政府、米国情報コミュニティ、連邦法執行機関が助言している。

キングピン法の制定は、ビル・クリントン大統領が1995年から大統領令12978号を使ってコロンビアのカリ・カルテルのメンバーを標的にし、孤立させ たことに続くものだった。1999年、ポール・カヴァデルとポーター・ゴスは、クリントンの支援を受けてこの法律を提唱した。それ以来、大統領と財務省は キングピン法を発動し、さまざまな外国の麻薬密売組織を標的にしてきた[1][2][3][4]。
Legislative history
Before the Kingpin Act, President Bill Clinton invoked the National Emergencies Act and International Emergency Economic Powers Act through his Executive Order 12978 of 1995. The Order targeted the leadership of the Cali Cartel, at the time the largest narcotrafficking organization in Colombia, by adding their names to the Treasury's Specially Designated Nationals and Blocked Persons List.[4]

A Treasury report to Congress reported the E.O. 12978 sanctions as successful, and that 40 cartel-related companies with estimated combined annual sales of over $200 million were either liquidated or in the process of liquidation.[5]

Senator Paul Coverdell and Representative Porter Goss championed the legislation in Congress. It which was folded into the Intelligence Authorization Act for Fiscal Year 2000 through a joint conference.

Bill Clinton approved the final legislation with a signing statement:
This Act contains a provision, known as the ‘‘Foreign Narcotics Kingpin Designation Act,’’ that establishes a global program targeting the activities of significant foreign narcotics traffickers and their organizations. The new Act provides a statutory framework for the President to institute sanctions against foreign drug kingpins when such sanctions are appropriate, with the objective of denying their businesses and agents access to the U.S. financial system and to the benefits of trade and transactions involving U.S. businesses and individuals. Working with other nations, I intend to use the tools in this provision to combat the national security threat posed to the United States by international drug trafficking.[6]

The first designation under the Kingpin Act was made on June 1, 2000. This initial list included members of four Mexican cartels Jesús Amezcua Contreras and Luis Ignacio Amezcua Contreras (of the Colima Cartel), Benjamín Arellano Félix and Ramón Arellano Félix (of the Tijuana Cartel), Rafael Caro Quintero (of the Guadalajara Cartel); and Vicente Carrillo Fuentes (Juárez Cartel); two accused traffickers from the Golden Triangle, Wei Hsueh-kang and Chang Chi-fu; and Nigerian brothers Abeni O. Ogungbuyi and Oluwole A. Ogungbuyi.[7]

The Kingpin Act legislation delegated rulemaking authority to the U.S. Department of the Treasury.[8] The Treasury's adopted rules were first published in 65 FR 41336 as "Reporting and Procedures Regulations; Foreign Narcotics Kingpin Sanctions Regulations" on July 5, 2000 [9]

As of February 2022, there have been 2,182 individuals and entities have been added to the Counter Narcotics Trafficking Sanctions list.[10]
立法経緯
キングピン法に先立ち、ビル・クリントン大統領は1995年の大統領令12978号によって国家非常事態法と国際緊急経済権限法を発動した。この大統領令 は、当時コロンビア最大の麻薬密売組織であったカリ・カルテルの指導者を標的とし、彼らの名前を財務省の特別指定国民および要注意人物リストに追加した [4]。

議会に提出された財務省の報告書によると、E.O.12978による制裁は成功し、年間売上高が2億ドルを超えると推定されるカルテル関連企業40社が清算されたか、清算手続き中であると報告された[5]。

ポール・カバーデル上院議員とポーター・ゴス下院議員は、この法案を議会で支持した。この法案は、合同会議を通じて2000会計年度の情報認可法に組み込まれた。

ビル・クリントンは署名声明で最終法案を承認した:
この法律には、重要な外国麻薬密売人とその組織の活動を対象とする世界的なプログラムを確立する「外国麻薬キングピン指定法」として知られる条項が含まれ ている。この新法は、外国の麻薬王に対する制裁が適切な場合に、大統領がそのような制裁を発動するための法的枠組みを提供するものであり、その目的は、外 国の麻薬王の事業や代理人による米国の金融システムへのアクセスや、米国の企業や個人が関与する貿易や取引の利益を拒否することにある。他国と協力して、 国際的な麻薬密売が米国にもたらす国家安全保障上の脅威と闘うために、私はこの規定のツールを使用するつもりである[6]。

キングピン法に基づく最初の指定は、2000年6月1日に行われた。この最初のリストには、ヘスス・アメスクア・コントレラスとルイス・イグナシオ・アメ スクア・コントレラス(コリマ・カルテル)、ベンジャミン・アレリャーノ・フェリックスとラモン・アレリャーノ・フェリックス(ティフアナ・カルテル)、 ラファエル・カロ・キンテーロ(グアダラハラ・カルテル)のメキシコの4つのカルテルのメンバーが含まれていた; およびビセンテ・カリージョ・フエンテス(フアレス・カルテル)、ゴールデン・トライアングルの2人の密売人、ウェイ・フエカンとチャン・チーフー、ナイ ジェリア人のアベニ・O.OgungbuyiとOluwole A. Ogungbuyiのナイジェリア人兄弟[7]。

キングピン法に関する法律は、規則制定権限を米国財務省に委任した[8]。財務省が採択した規則は、2000年7月5日に65 FR 41336で「報告および手続き規則;外国麻薬キングピン制裁規則」として初めて公表された[9]。

2022年2月現在、2,182の個人及び団体が麻薬取引対策制裁リストに追加されている[10]。
Provisions
The Kingpin Act contains details about how narcotics traffickers and their associates are identified and designated for sanctions; how property is blocked; enforcement against violations; and the ongoing review of the program.

Executive and legislative powers
The legislation provides that the President submit an annual report to the U.S. Congress to identify "the foreign persons that the President determines are appropriate for sanctions," and to detail "the President's intent to impose sanctions upon these significant foreign narcotics traffickers pursuant to this chapter."[11]

The names and much other information are released publicly and to several Congressional Committees. However, as much of the information used to justify targeting a significant foreign narcotics trafficker is Classified or Law Enforcement Sensitive a more detailed classified report is provided solely to the United States House Permanent Select Committee on Intelligence and United States Senate Select Committee on Intelligence.[11]

Designation process
The Presidential report to Congress is the main means for designating a significant foreign narcotics traffickers are designated under authorities granted by 21 U.S.C. § 1904(b)(1).

Additionally, the United States Secretary of the Treasury may make "derivative designations" in consultation with the U.S. Attorney General, the U.S. Director of National Intelligence, the Director of the Federal Bureau of Investigation, the Administrator of Drug Enforcement, the U.S. Secretary of Defense, and the U.S. Secretary of State.

These include foreign persons (including corporate persons) found to be:

"materially assisting in, or providing financial or technological support for or to, or providing goods or services in support of, the international narcotics trafficking activities of a significant foreign narcotics trafficker so identified in the report" [12]
"owned, controlled, or directed by, or acting for or on behalf of, a significant foreign narcotics trafficker" [13]
playing "a significant role in international narcotics trafficking."[14]
When announcing new or revised sanctions, Treasury Office of Foreign Assets Control has released network map illustrations detailing relationships between and among designated significant foreign narcotics traffickers and derivative designees in alleged drug trafficking organizations, e.g., the relationships of "Tier I" traffickers Benjamín Arellano Félix and Ramón Arellano Félix with "Tier II" subordinates and front companies within the Tijuana Cartel.[15]

Blocking assets and prohibiting transactions
After the President or Treasury's designation, the named person or entity is subjected to an asset freeze of "all such property and interests in property within the United States, or within the possession or control of any United States person." There is also a reciprocal prohibition placed on all United States persons against any transaction with a person or entity designated under the Act.

For purposes of each of these measures, "United States person" is defined expansively and includes any United States citizen or national, permanent resident alien, an entity organized under the laws of the United States (including its foreign branches), or any person within the United States. As with many United States sanctions programs, the Kingpin Act imposes a set of requirements for those involved in international trade.[16]

Regulations created under the Act elaborate on the scope of transactions prohibited and types of property affected.[17]

Enforcement and penalties
The Kingpin Act forbids United States persons from activities that have "the effect of evading or avoiding, and any endeavor, attempt, or conspiracy to violate" prohibitions against transacting business with designated narcotraffickers.[18] Regulations further point to use of the statute against making false statements.[19]

The Act provides for maximum criminal penalties for corporate officers can reach up to $5 million and 30 years’ imprisonment and for corporations up to $10 million.[20] Others may face fines pursuant to Title 18 U.S. Code and up to 10 years in prison.[21][4] A civil penalty of over $1.6 million per violation may also be assessed.[19]

Regulations created under the Act detail a process by which the Director of OFAC may issue a "prepenalty notice" to a suspected violator detailing alleged conduct, allowing the suspected violator to respond and enter informal settlement.[19]
規定
キングピン法には、麻薬密売人とその仲間がどのように特定され、制裁の対象に指定されるのか、財産がどのように封鎖されるのか、違反に対する取り締まり、プログラムの継続的な見直しについての詳細が含まれている。

行政権と立法権
この法律は、大統領が「制裁に適切であると大統領が判断した外国人」を特定し、「本章に従ってこれらの重要な外国麻薬密売人に制裁を科す大統領の意図」を詳述する年次報告書を米国議会に提出することを規定している[11]。

名前と他の多くの情報は、一般に公開され、いくつかの議会の委員会にも公開される。しかし、重要な外国麻薬密売人を標的にすることを正当化するために使用 される情報の多くは、機密または法執行上の機微であるため、より詳細な機密報告書は、米国下院情報特別委員会と米国上院情報特別委員会のみに提供される [11]。

指定プロセス
議会への大統領報告は、合衆国法律集第 21 編第 1904 条(b)(1)により認められた権限に基づき、重要な外国麻薬密売人を指定する主な手段である。

さらに、米国財務長官は、米国司法長官、米国国家情報長官、連邦捜査局長官、麻薬取締 局長官、米国国防長官及び米国国務長官と協議の上、「派生的指定」を行うことができる。

これらには、以下のような外国人(法人を含む)が含まれる:

「報告書で特定された重要な外国人麻薬密売人の国際的な麻薬密売活動を実質的に支援する、または資金的もしくは技術的支援を提供する、または物品もしくはサービスを支援するために提供する」[12]。
「重要な外国人麻薬密売人が所有、管理、または指示する、あるいはそのために行動する」[13]。
国際的な麻薬密売において重要な役割を果たしている」[14]。
例えば、「Tier I」の密売人であるベンハミン・アレリャーノ・フェリックスとラモン・アレリャーノ・フェリックスと、ティファナ・カルテル内の「Tier II」の下部組織やフロント企業との関係である[15]。

資産の封鎖と取引の禁止
大統領または財務省の指定後、指定された個人または団体は、"米国内の、または米国人の所有または管理下にあるすべての財産および財産に対する利益 "の資産凍結の対象となる。また、同法に基づき指定された個人または団体とのいかなる取引も、すべての米国人に対して相互に禁止される。

これらの措置のそれぞれにおいて、「合衆国の者」は拡大的に定義され、合衆国の市民または国民、永住外国人、合衆国の法律に基づいて組織された事業体(そ の外国支店を含む)、または合衆国内のあらゆる者を含む。多くの米国の制裁プログラムと同様に、キングピン法は国際貿易に関与する者に一連の要件を課して いる[16]。

同法に基づき作成された規則は、禁止される取引の範囲や影響を受ける財産の種類について詳しく説明している[17]。

施行と罰則
キングピン法は、指定された麻薬密売人との取引に対する禁止事項を「回避または回避する効果、および違反しようとする努力、試み、または共謀」を有する活動を米国人に禁じている[18]。 規則はさらに、虚偽の陳述を行うことに対する法の使用を指摘している[19]。

同法は、会社役員に対する最高刑事罰は500万ドルおよび30年の禁固刑、法人に対する最高刑事罰は1,000万ドルに達する可能性があると規定している [20]。 その他の者は、米国法典第18編に基づく罰金および最高10年の禁固刑を科される可能性がある[21][4]。

同法に基づき作成された規則は、OFAC長官が違反の疑いのある者に対し、違反の疑いのある行為の詳細を記載した「予罰通知」を発し、違反の疑いのある者がこれに応じ、非公式な和解に入ることを認めるプロセスを詳細に定めている[19]。
Use of the act

Kingpin Act designations, 2000–2019
Every presidency since 2000 has made Kingpin Act designations, including Bill Clinton, George W. Bush, Barack Obama, Donald Trump, and Joseph R. Biden.

The New York Times has said that the act has been used for the US to pursue dozens of criminal organizations involved in narcotics across the world. It also wrote that, "The act allows the Treasury Department to freeze any assets of the cartels found in United States jurisdictions and to prosecute Americans who help the cartels handle their money."[22]

Civil penalties
In 2008, A.G. Edwards subsidiary A.G. Edwards and Sons voluntarily disclosed that it failed to block investment accounts and had processed transactions of accounts owned by narcotics traffickers. It settled by remitting $122,358.35.[23]

On October 7, 2015, in a case concerning the Honduran Banco Continental, was the first time the act had been used against a bank outside the United States.[24]

On July 27, 2016, the OFAC issued a Finding of Violation against BBVA USA for maintaining the accounts of two persons on OFAC's List of Specially Designated Nationals and Blocked Persons. The two persons are accused of money launderers for Rafael Caro Quintero, a DEA Most Wanted Fugitive.[25][26]

In August 2016, AXA Equitable Life Insurance Company and Humana, Inc each received a Finding of Violation for failing to cease transacting business with three customers who were named under the Kingpin Act. The products in question were health insurance policies. Neither company nor their subsidiaries were fined as they cooperated with the OFAC investigation.[27]

Criminal cases
The criminal portion of the Kingpin Act is specific to U.S. persons. While there have been thousands of designated foreign traffickers under the Kingpin Act since 2000, there have been few prosecutions under the act itself. In December 2020, Chief United States District Judge of the United States District Court for the District of Columbia Beryl A. Howell wrote in a Memorandum Opinion that "in the last five years, two individuals were convicted under 21 U.S.C. § 1904," citing statistics received from the United States Sentencing Commission.[UvG 1]

Since that Opinion, the Kingpin Act charge of "Engaging in Transactions and Dealings in Properties of a Designated Significant Foreign Narcotics Trafficker" has been employed twice against the Mexican-American relatives of high-profile Mexican cartel narcotraffickers.

United States v. Jessica Johanna Oseguera González
See also: Nemesio Oseguera Cervantes, Rubén Oseguera González, and Abigael González Valencia
In February 2020, the Drug Enforcement Administration arrested Jessica Johanna Oseguera González, a dual-nationality Mexico/U.S. citizen. Oseguera González had been attending a proceeding for her brother, Rubén Oseguera González (alias, "El Menchito") in the United States District Court for the District of Columbia, where he was accused of participation in the narcotrafficking of the Jalisco New Generation Cartel (CJNG).

The United States Attorney for the District of Columbia charged Oseguera González with the Kingpin Act crime of Engaging in Transactions or Dealings in Properties of a Designated Foreign Person for her role as nominal owner and officer of six businesses designated for providing material support to the narcotics trafficking activities of the CJNG and her father, the fugitive and accused CJNG boss Nemesio Oseguera Cervantes, “El Mencho.” The U.S. Attorney also charged Oseguera González of assisting her uncle, Abigael González Valencia, leader of the CJNG-allied gang Los Cuinis.[UvG 2] Gonzalez pleaded guilty in March 2021.[UvG 3][28] She was sentenced to 30 months in prison and 24 months supervised release.[UvG 4]

United States v. Emma Coronel Aispuro
See also: Emma Coronel Aispuro and Joaquín "El Chapo" Guzmán
Coronel was arrested at Dulles International Airport on February 22, 2021. The Federal Bureau of Investigation's arrest warrant stated their probable cause included evidence of Coronel shuttling messages from Guzman to Sinaloa Cartel associates, assisting Guzman's escape from Federal Social Readaptation Center No. 1 "Altiplano" in 2015 through bribery and, following his recapture, and helping coordinate another escape attempt aborted following Guzman's extradition. The affidavit cited a handwritten letter written and signed by Guzman, as well as the statements of two unnamed cooperating witnesses who had worked with Guzman.[UvC 1][29][30]

On June 10, 2021, the United States Attorney for the District of Columbia and Coronel Aispuro agreed to a plea deal, in which she waived indictment and pleaded guilty in the U.S. District Court for the District of Columbia to a felony criminal information with three counts:

Conspiracy to Distribute Heroin, Cocaine, Marijuana and Amphetamines for Unlawful Importation to the United States (21 U.S.C. §§ 959, 960, 963)
Conspiracy to launder Monetary Instruments (18 U.S.C. § 1956)
Engaging in Transactions and Dealings in Properties of a Designated Significant Foreign Narcotics Trafficker (21 U.S.C. §§ 1904 1906)[UvC 2][UvC 3][UvC 4][31]
On November 30, 2021, Judge Rudolph Contreras of the U.S. District Court for the District of Columbia sentenced Coronel to three years in prison, followed by four years of supervised release.[UvC 5][32][33] Judge Contreras did not sentence Coronel to the four years requested by prosecutors, noting that she was a teenager when she married Guzman and admitted her guilt upon capture.[34]
法の使用

2000年~2019年のキングピン法指定
2000年以降、ビル・クリントン、ジョージ・W・ブッシュ、バラク・オバマ、ドナルド・トランプ、ジョセフ・R・バイデンを含むすべての大統領がキングピン法の指定を行っている。

ニューヨーク・タイムズ紙は、同法は米国が世界中で麻薬に関与する数十の犯罪組織を追及するために使用されてきたと述べている。同紙はまた、「この法律に より、財務省は米国の司法管轄区で見つかったカルテルの資産を凍結し、カルテルの資金処理を手助けするアメリカ人を起訴することができる」とも書いている [22]。

民事罰
2008年、A.G.エドワーズの子会社であるA.G.エドワーズ・アンド・サンズは、投資口座のブロックを怠り、麻薬密売人が所有する口座の取引を処理していたことを自主的に公表した。122,358.35ドルを送金することで和解した[23]。

2015年10月7日、ホンジュラスのバンコ・コンチネンタルに関する事件で、米国外の銀行に対して同法が初めて使用された[24]。

2016年7月27日、OFACはBBVA USAに対して、OFACの特別指定国民およびブロック対象者リストに掲載されている2人の人物の口座を維持しているとして違反認定を行った。この2名は DEAの最重要指名手配逃亡犯であるラファエル・カロ・キンテロの資金洗浄者として告発されている[25][26]。

2016年8月、AXA Equitable Life Insurance CompanyとHumana, Inc.はそれぞれ、キングピン法で名指しされた3人の顧客との取引を中止しなかったとして違反認定を受けた。問題となった商品は医療保険であった。いず れの会社も子会社もOFACの調査に協力したため、罰金は科されなかった[27]。

刑事事件
キングピン法の刑事事件部分は、米国人特有のものである。2000年以降、キングピン法に基づいて指定された外国人密売人は数千人に上るが、同法に基づい て訴追された例はほとんどない。2020年12月、コロンビア特別区連邦地方裁判所のベリルA.ハウエル首席連邦地方判事は、米国量刑委員会から受け取っ た統計を引用して、「過去5年間で、合衆国法典第21編第1904条に基づいて有罪判決を受けた者は2人であった」と覚書意見で述べている[UvG 1]。

この意見書以来、「指定された重要な外国麻薬密売人の財産の取引および取引に関与する」というキングピン法の罪状は、有名なメキシコのカルテルの麻薬密売人のメキシコ系アメリカ人の親族に対して2度採用されている。

合衆国対ジェシカ・ヨハンナ・オセゲラ・ゴンサレス事件
以下も参照: ネメシオ・オセゲラ・セルバンテス、ルベン・オセゲラ・ゴンサレス、アビガエル・ゴンサレス・バレンシア
2020年2月、麻薬取締局はメキシコ/米国二重国籍のジェシカ・ジョハンナ・オセゲラ・ゴンサレスを逮捕した。オセゲラ・ゴンサレスは、兄のルベン・オ セゲラ・ゴンサレス(通称「エル・メンチート」)がハリスコ新世代カルテル(CJNG)の麻薬密売に参加した罪で起訴され、コロンビア特別区連邦地方裁判 所で開かれた手続きに出席していた。

コロンビア特別区連邦検事は、オセゲラ・ゴンサレスを、CJNGと彼女の父親であり逃亡中のCJNGのボス、ネメシオ・オセゲラ・セルバンテス(被告人、 "エル・メンチョ")の麻薬密売活動への重要な支援を提供するために指定された6つの事業の名目上の所有者および役員としての役割のために、指定外国人の 財産における取引または取引に関与するというキングピン法犯罪で起訴した。連邦検事はまた、オセゲラ・ゴンザレスが彼女の叔父であり、CJNGと連携する ギャング「ロス・クイニス」のリーダーであるアビガエル・ゴンザレス・バレンシアを支援していたとして起訴した[UvG 2][28] ゴンザレスは2021年3月に有罪を認めた。

アメリカ合衆国対エマ・コロネル・アイスプロ事件
以下も参照: エマ・コロネル・アイスプロとホアキン・"エル・チャポ"・グスマン
コロネルは2021年2月22日にダレス国際空港で逮捕された。連邦捜査局の逮捕状には、コロネルがグスマンからシナロア・カルテルの仲間にメッセージを 送ったり、2015年にグスマンが連邦社会再適応センターNo.1 "アルティプラーノ "から賄賂によって脱獄するのを手伝ったり、グスマンが再逮捕された後、グスマンの身柄引き渡しの後に頓挫した別の脱獄未遂を調整するのを手伝ったという 証拠が含まれていると書かれている。宣誓供述書は、グスマンによって書かれ署名された手書きの手紙と、グスマンと一緒に働いていた2人の無名の協力証人の 供述を引用した[UvC 1][29][30] 。

2021年6月10日、コロンビア特別区連邦検事とコロネル・アイスプロは司法取引に合意し、彼女は起訴を放棄し、コロンビア特別区連邦地方裁判所で3つの訴因を持つ重罪犯罪情報に対して有罪を認めた:

ヘロイン、コカイン、マリファナ、アンフェタミンを米国に不法輸入して流通させる共謀(合衆国法典第21編第959条、第960条、第963条)。
金融商品洗浄の共謀(合衆国法律集第 18 編第 1956 条)
指定された重要な外国麻薬密売人の財産の取引および取引への関与(合衆国法律集第 21 編第 1904 条 1906 条)[UvC 2][UvC 3][UvC 4][31] 。
2021年11月30日、コロンビア特別区連邦地方裁判所のルドルフ・コントレラス判事は、コロネルに懲役3年、その後4年間の監督下釈放を言い渡した [UvC 5][32][33] コントレラス判事は、コロネルがグスマンと結婚したとき10代であったこと、捕まったときに罪を認めたことを指摘し、検察が要求した懲役4年を言い渡さな かった[34]。







































リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j