sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

遠隔地ナショナリズム

Long-Distance Nationalism

池田光穂

「デイゴの会は、日本本士/沖縄という二分法のもとでは把握できない「大阪の沖縄問題」を発見し、自らが住む 大阪の成り立ちに内在した運動を展開していた。沖縄問題とは〈この街で起きている問題〉としてとら えかえされていった。また、沖縄でのべ平連運動は、軍事的暴力がフェンスの外側だけでなく 内側にも、そして海の向こうのベトナムにも及んでいるということを発見し、運動が、国境やフェンス によって切り縮められてきたことを問題化した。人々は沖縄問題をとらえかえし、運動やコミ ュニケーションのありようを見直し、つくりかえていった。沖縄闘争は、沖縄問題を〈沖縄の人々が抱 えている、あの島=沖縄で起きている問題〉として切り縮める力学に抵抗し、暴力や忘却とともに維持 されている境界線を問い、越えようと試みていた。そして、出会いと交流のなかで、人々は当事者性獲得し、分断されていた者たちの新たな共同性をつくりだそうとしていたのである」(大野 2014:286-287)。

☆Nina Glick Schiller, Long-Distance Nationalism. pp 570–580.

★Long-distance nationalism is a set of ide ntity claims and practices that connect people living in various geographical locations to a specific territory that they see as their ancestral home. Actions taken by long-distance nationalists on behalf of this reputed ancestral home may include voting, demonstrating, lobbying, contributing money, creating works of art, fighting, killing, and dying. Long-distance nationalism is closely connected to the classic notion of nationalism and the nation-state. As in other forms of nationalism, long-distant nationalists believe there is a nation that consists of a people who share a common history, identity, and territory. Long-distance nationalism differs from other forms of nationalism in terms of the nature of the relationship between the members of the nation and the national territory. National borders are not thought to delimit membership in the nation. The members of the nation may live anywhere around the globe and even hold citizenship in other states. This does not, in the view of long-distant nationalists, abrogate the relationship between members of the nation and their national homeland. Long-distance nationalists are expected to maintain some kind of loyalty to the homeland and on the basis of this attachment take whatever actions the homeland requires. The nature of these actions varies, depending on the political and economic situation of the homeland. By knowledgeable estimates tens of millions of people are long-distance nationalists, claiming loyalty to two countries (Aleinikoff & Klusmeyer, 2000).

Long-distance nationalism is best distinguished from the broader kind of identification that has come to mark the term diaspora. The term diaspora is used for a range of experiences of identification with a dispersed population. Increasingly scholars see identifications with a dispersed people, whether self-ascribed or ascribed by others, as forms of disaporic belonging. People who see themselves as members of a diaspora envision a common history with a past shared by all those with a common identification. This kind of belonging often exists in the realm of the imagination. When people act on these identities, they do not necessarily organize in relationship to a homeland state or efforts to establish a state. They may instead organize common cultural or social projects that promote the interest of the members of the diasporic population wherever they have settled.

Such generalized identification with a dispersed population differs from the particular combination of identification and political project that constitutes long-distance nationalism. The nostalgia for the past that marks members of ethnic groups that have migration histories also differs from the active politics of long-distance nationalists who establish sets of practices designed to influence the political situation within a territory that they still call home. Therefore the term long-distance nationalism encompasses two separate meanings of the more classic form of nationalism: nationalism as discourse whereby people frame their aspiration by identifying with a nation, and nationalism as project that consists of social movements and state policies through which people seek to act in terms of the nation with which they identify (Calhoun, 1997). Long-distance nationalists are engaged in some form of political project oriented specifically toward the territory they designate as the homeland. Some members of a diaspora may be or become long-distance nationalists and take action to obtain, defend, or support political action in a specific territory that they designate as home.

In one variant of long-distance nationalism, the homeland is said to exist wherever emigrants from a specific state have settled. It was this variant of long-distance nationalism that was highlighted by Benedict Anderson when he popularized the term in 1993 to describe the moment of recognition experienced by a British woman kidnapped by Native Americans within the territory of the British 13 colonies. When this woman encountered the cultivated fields of the colonists while being moved by her captors from one location to another, she saw those fields as part of England, differentiating herself and the cultivated spaces from the native people through her Englishness. England was a cross-border, transatlantic location for this eighteenth-century person. Since then, increasing numbers of scholars and political activists including Anderson have expanded the use of the term and debated its political implications. In many of the more recent references to long-distance nationalism, including further work by Anderson (1998), writers note that while the population of a nation is understood to extend beyond the territorial boundaries of an ancestral land, the political focus and center of identity of this dispersed population continue to be the territory of the homeland.


遠 隔地ナショナリズムとは、さまざまな地理的な場所に住む人々を、先祖伝来の故郷とみなす特定の領土に結びつける、一連の思想的主張と実践のことである。遠 隔地ナショナリズムの信奉者が、この先祖代々の故郷のためにとる行動には、投票、デモ、ロビー活動、寄付、芸術作品の創作、戦闘、殺害、死などが含まれ る。遠隔地ナショナリズムは、古典的なナショナリズムや国民国家の概念と密接に結びついている。他の形態のナショナリズムと同様、遠隔地ナショナリスト は、共通の歴史、アイデンティティ、領土を共有する人々から成る国家が存在すると信じている。遠隔地ナショナリズムが他の形態のナショナリズムと異なるの は、国家の構成員と国家領土との関係の性質という点である。国境は国家の構成員を区切るものではないと考えられている。国家の構成員は地球上のどこに住ん でいてもよく、他の国家で市民権を持つことさえある。このことは、遠隔地ナショナリストの見解では、国家の構成員とその国家領土との関係を放棄するもので はない。遠隔地民族主義者は、祖国に対して何らかの忠誠心を維持し、この忠誠心に基づいて、祖国が必要とするあらゆる行動をとることが期待されている。そ の行動の内容は、祖国の政治的・経済的状況によって異なる。知識人の推計によれば、数千万人が遠隔地ナショナリストであり、2つの国への忠誠を主張してい る(Aleinikoff & Klusmeyer, 2000)。

遠隔地ナショナリズムは、ディアスポラという用語を特徴づけるようになった、より広範な種類のアイデンティティとは最もよく区別される。ディアスポラとい う用語は、分散した人々とのアイデンティティのさまざまな経験に対して使われる。自称であれ他称であれ、離散した人々との同一性を、離散的帰属の一形態と みなす学者が増えている。自らをディアスポラの一員とみなす人々は、共通のアイデンティティを持つすべての人々が共有する過去との共通の歴史を思い描く。 このような帰属意識は、しばしば想像の領域に存在する。人々がこうしたアイデンティティに基づいて行動するとき、必ずしも祖国の国家や国家樹立の努力との 関係で組織されるわけではない。その代わりに、ディアスポラ出身者がどこに定住しようとも、彼らの利益を促進する共通の文化的、社会的プロジェクトを組織 することがある。

このような分散した人々との一般化された同一化は、遠隔地ナショナリズムを構成する同一化と政治的プロジェクトの特殊な組み合わせとは異なる。移住の歴史 を持つ民族集団のメンバーを特徴づける過去への郷愁もまた、遠隔地ナショナリストの積極的な政治活動とは異なる。つまり、ナショナリズムとは、人々が国家 と同一化することによってその願望を枠にはめようとする言説としてのナショナリズムと、社会運動や国家政策によって構成されるプロジェクトとしてのナショ ナリズムであり、これを通じて人々は、自分が同一化している国家という観点から行動しようとするのである(Calhoun, 1997)。遠隔地ナショナリストは、自分たちが祖国とする地域に特化した何らかの政治的プロジェクトに従事している。ディアスポラのメンバーの中には、 遠隔地ナショナリストになったり、遠隔地ナショナリストになったりして、自分が祖国とする特定の領土において、政治的行動を獲得したり、防衛したり、支援 したりするために行動を起こす者もいる。

遠隔地ナショナリズムの一変種では、特定の国家からの移民が定住した場所には祖国が存在するとされる。ベネディクト・アンダーソンが1993年に、イギリ ス領13植民地内でネイティブ・アメリカンに誘拐されたイギリス人女性が経験した認識の瞬間を表現するために、この言葉を広めたのは、遠隔地ナショナリズ ムのこの変形であった。この女性は、捕虜によってある場所から別の場所へと移動させられている間に、植民地人の耕作地に遭遇したとき、その耕作地をイング ランドの一部と見なし、イングランド人であることを通して、自分自身と耕作地を先住民から区別した。この18世紀の人物にとって、イングランドは国境を越 え、大西洋を横断する場所だったのだ。それ以来、アンダーソンをはじめとする多くの学者や政治活動家が、この用語の使用を拡大し、その政治的意味合いにつ いて議論してきた。アンダーソン(1998)のさらなる研究を含め、遠隔地ナショナリズムに関する最近の文献の多くでは、作家たちは、国家の人口は先祖伝 来の土地の領土境界を越えて広がっていると理解される一方で、この分散した人口の政治的焦点とアイデンティティの中心は、引き続き祖国の領土であると指摘 している。
Relationships to the Homeland
The relationship between long-distance nationalists and their homeland government varies greatly. There are four different political stances adopted by long-distance nationalists toward their homeland: (1) anticolonialism, (2) separatism, (3) regime change, and (4) participation. While we can distinguish these four different types of stances to the homeland, over time one form may change into another. They all are distinguishable from what might be considered only a political movement of exiles. All four of these stances build movements of people that include persons settled in various states over generations or even centuries and who may hold citizenships in their country of residency. Nonetheless, persons who adopt the stance of long-distance nationalism continue to consider another territory as their homeland.

The anticolonial struggles of the nineteenth and twentieth centuries century generated a form of long-distance nationalism. Often these struggles were begun or organized by intellectuals and leaders who went abroad for employment or education and organized from afar. However, in their organizing they appealed to larger dispersed populations, urging them to identify with a homeland nation and take action on its behalf. These long-distance nationalists envisioned their ancestral territory as a modern nation and initiated political movements to liberate this territory from colonial rule. In this sense, Mahatma Gandhi, in the course of the 24 years that he lived in South Africa, became a long-distance nationalist and encouraged Indians settled in South Africa to continue to identify with India. Sun Yat-sen, the head of the Kuomintang Party, which spearheaded the republican revolution in China, had an overseas background, sought financial and political support from overseas Chinese, and did much of the organizing from abroad. Intellectuals living in Spain but with roots in the Spanish colony in the Philippines helped forge the vision of an independent Filipino nation. Persons of Irish descent settled in the United States and England struggled to free Ireland from Great Britain; many still work to free northern Ireland from British rule. In some cases long-distance nationalists may claim as a homeland territory a location where none of their immediate ancestors have lived. The links to a homeland territory arise from ideology rather than family history. This was the situation of Jewish Zionists, based in Europe and the United States, who struggled through the first half of the twentieth century to oppose the British occupation of Palestine, and finally created the independent state of Israel in 1948.

Separatist movements that strive to establish autonomy within an existing state or succeed from an established state and institute a new government with its own territory provide as second example of long-distance nationalism. Among the political actors who contributed to the break-up of Yugoslavia were people who defined themselves as Croats, Serbs, and Bosnians living abroad in locations as distant as Australia, Canada, and the United States. Long-distance nationalists living in these locations also contributed to the division of Czechoslovakia into the Czech Republic and Slovakia and to continuing efforts to establish an independent Kosovo. People identifying themselves as Eritrean but living in Europe and the United States successfully organized a military and political campaign to obtain independence from Ethiopia. They even developed an elaborate self-imposed tax structure to support the armed struggle and establish state structures.

Independence from Indonesia was achieved for East Timor with the crucial support of long-distance nationalists in Portugal, the former colonizing power, and elsewhere during a 24-year struggle. They incorporated the continued use of Portuguese into the concept of the Timorese nation, a language spoken by the long-distance nationalists rather than the majority of the people of East Timor. Those political activists were able to draw global attention to the violent suppression of the struggle against the Indonesian occupation.

Long-distance nationalists are fueling more than a dozen separatist struggles in India. Among the most prominent are the struggle for Kashmir and the Sikh efforts to popularize the idea of an independent state of Khalistan. Persons claiming Palestinian identity who have lived for generations in the Americas, together with those in Europe and the Middle East, continue to struggle for an independent Palestine. The state of Armenia was established in 1991, after several centuries of struggle against Persian, Ottoman, Russian, and Soviet rule. In their struggle to form an independent state, Armenian long-distance nationalists not only built a historical narrative that traced the Armenian people to the time of Noah, but also continually linked Armenian identity to a specific territorial location. Those Puerto Ricans living outside of Puerto Rico who continue to see themselves as part of a distinct Puerto Rican nation that has been colonized by the United States can also be considered long-distant nationalists.

In a third form of long-distance nationalism, activists advocate regime change. Their quarrel is not with the territorial boundaries of the state in which they live, but with the individual or political party that controls it. Filipinos abroad helped overthrow the dictatorship of Ferdinand Marcos in 1986. The anti-Castro Cubans and their long-term efforts to reverse the Cuban revolution, and the Iraqi exiles who opposed Sadam Hussein, can all be considered long-distance nationalists. Between 1957 and 1986 Haitians emigrated to the United States and Canada in large numbers and built a movement to overthrow the regime of the Haitian dictatorship controlled by the Duvalier family. In many cases, activists form oppositional political parties and organize informational campaigns and political lobbies. In other cases, political opposition can include sending arms or participating in violent struggle. Members of this opposition include not only emigrants, but their descendants, who still see the land of their ancestors as a homeland, regardless of their citizenship. In some cases, this means that some partisans may “return home” to a right and die in a territory in which never lived.

Not all long-distance nationalism is oppositional; increasing numbers of emigrants engage in the fourth type, that of participation. They and their descendants settle in a new land but continue to participate on a regular basis in the political life of the homeland by joining political parties considered legitimate in the homeland, contributing money to them, attending meetings, monitoring homeland politics through media and the Internet, attending political meetings, lobbying or demonstrating in the new land on behalf of the old, or voting. Pakistani academics and scientists settled in the United States travel to Pakistan frequently to advise the government (Levitt, 2002). Associations of Indian Hindus living in England, Canada, and the United States pressure the Indian government to define itself as a Hindu state. Dominican political parties are active in soliciting votes in New York City for both Dominican and U.S. elections and have offices in the United States as well as the Dominican Republic. Migrants in the United States contributed approximately 50% of the campaign funds for the 1994 Dominican presidential campaign (Graham, 2002). Increasingly candidates for political office in many Caribbean and some Latin American states routinely campaign in the United States.

祖国との関係
遠隔地ナショナリストと祖国政府との関係は実にさまざまである。遠隔地民族主義者が祖国に対してとる政治的スタンスには、(1)反植民地主義、(2)分離 主義、(3)政権交代、(4)参加、という4種類がある。これら4つの異なるタイプの祖国への姿勢を区別することはできるが、時間の経過とともに、ある形 態が別の形態に変化することもある。これらはすべて、単なる亡命者の政治運動とみなされるものとは区別できる。これら4つのスタンスはすべて、何世代にも わたって、あるいは何世紀にもわたってさまざまな国家に定住し、居住国の市民権を保持している人々を含む人々の運動を構築している。それにもかかわらず、 遠隔地ナショナリズムの立場をとる人々は、別の領土を祖国とみなし続ける。

19世紀から20世紀にかけての反植民地闘争は、遠隔地ナショナリズムを生み出した。多くの場合、こうした闘争は、就職や教育のために外国に渡り、遠くか ら組織した知識人や指導者たちによって始められ、あるいは組織された。しかし、その組織化において、彼らはより多くの分散した民衆に訴えかけ、祖国国家と 同一視し、そのために行動を起こすよう促した。これらの遠隔地民族主義者たちは、先祖伝来の領土を近代国家として構想し、この領土を植民地支配から解放す るための政治運動を起こした。この意味で、マハトマ・ガンジーは南アフリカで暮らした24年の間に遠隔地民族主義者となり、南アフリカに定住するインド人 にインドと同一視し続けるよう促した。中国で共和制革命を先導した国民党の党首、孫文は海外出身であり、華僑に財政的・政治的支援を求め、組織化の多くを 海外から行った。スペインに住みながらフィリピンのスペイン植民地にルーツを持つ知識人たちは、フィリピンの独立国家というビジョンの形成に貢献した。ア メリカやイギリスに定住するアイルランド系の人々は、アイルランドをイギリスから解放するために奮闘した。遠隔地民族主義者の場合、直系の祖先が一人も住 んでいない場所を祖国領土と主張することもある。祖国領土とのつながりは、家族の歴史というよりもむしろイデオロギーから生じる。20世紀前半、イギリス のパレスチナ占領に反対するために奮闘し、最終的に1948年に独立国家イスラエルを建国したのは、ヨーロッパとアメリカを拠点とするユダヤ人シオニスト たちである。

既存の国家内で自治権を確立しようとする、あるいは既存の国家から独立し、独自の領土を持つ新政府を樹立しようとする分離主義運動は、遠隔地ナショナリズ ムの第二の例である。ユーゴスラビアの崩壊に貢献した政治的アクターの中には、オーストラリア、カナダ、アメリカなど、海外に住むクロアチア人、セルビア 人、ボスニア人を自称する人々がいた。チェコスロバキアをチェコ共和国とスロバキアに分割し、独立したコソボを建国する努力を続けたのも、こうした地域に 住む遠隔地民族主義者たちである。ヨーロッパやアメリカに住むエリトリア人であることを自認する人々は、エチオピアからの独立を勝ち取るための軍事的・政 治的キャンペーンを成功させた。彼らは、武装闘争を支援し、国家機構を確立するために、精巧な自主課税の仕組みまで作り上げた。

東ティモールのインドネシアからの独立は、旧植民地であったポルトガルをはじめとする遠隔地民族主義者たちによる24年にわたる闘争の重要な支援によって 達成された。彼らは、東ティモール国民の大多数ではなく、遠隔地民族主義者が話す言語であるポルトガル語を、東ティモール国家の概念に組み入れ、ポルトガ ル語を使い続けた。こうした政治活動家たちは、インドネシアの占領に対する闘争が暴力的に弾圧されたことに、世界的な注目を集めることができた。

遠隔地民族主義者は、インドで十数件の分離主義闘争を煽っている。最も顕著なのは、カシミール地方をめぐる闘争と、独立国家カリスタンの構想を広めようと するシーク教徒の努力である。アメリカ大陸で何世代にもわたって暮らしてきたパレスチナ人のアイデンティティを主張する人々は、ヨーロッパや中東の人々と ともに、独立したパレスチナを求めて闘い続けている。アルメニアは、ペルシャ、オスマン、ロシア、ソ連の支配に対する数世紀にわたる闘争の末、1991年 に建国された。独立国家を形成するための闘いの中で、アルメニアの遠隔地民族主義者たちは、アルメニア民族をノアの時代まで遡る歴史的物語を構築しただけ でなく、アルメニア人のアイデンティティを特定の領土的場所と絶えず結びつけてきた。プエルトリコ国外に住むプエルトリコ人は、自分たちを、米国に植民地 化されたプエルトリコの国家の一部とみなし続けている。

遠隔地ナショナリズムの第三の形態は、政権交代を主張する活動家である。彼らの争点は、自分たちが住んでいる国家の領土ではなく、その国家を支配している 個人や政党である。海外のフィリピン人は、1986年にフェルディナンド・マルコスの独裁政権を打倒するのに貢献した。反カストロのキューバ人や、キュー バ革命を覆すための長期的な努力、サダム・フセインに反対したイラクの亡命者たちは、すべて遠隔地ナショナリストとみなすことができる。1957年から 1986年にかけて、ハイチ人は大量に米国とカナダに移住し、デュバリエ一族が支配するハイチ独裁政権を打倒する運動を展開した。多くの場合、活動家は反 対政党を結成し、情報キャンペーンや政治ロビー活動を組織する。また、政治的な反対運動には、武器を送ったり、暴力的な闘争に参加したりする場合もある。 このような反対運動のメンバーには、移民だけでなく、その子孫も含まれ、彼らは国籍の有無にかかわらず、祖先の土地を祖国とみなしている。場合によって は、一度も住んだことのない領土に「帰郷」し、権利を主張して死ぬパルチザンがいることを意味する。

すべての遠隔地ナショナリズムが対立的であるわけではない。彼らやその子孫は新天地に定住するが、祖国で合法とされる政党に加入したり、政党に献金した り、会合に出席したり、メディアやインターネットを通じて祖国の政治を監視したり、政治的会合に出席したり、新天地で旧国を代表してロビー活動やデモを 行ったり、投票したりするなどして、祖国の政治生活に定期的に参加し続ける。米国に定住しているパキスタンの学者や科学者は、政府に助言を与えるために頻 繁にパキスタンを訪れている(Levitt, 2002)。イギリス、カナダ、アメリカに住むインド系ヒンドゥー教徒の団体は、インド政府に対して、自国をヒンドゥー国家と定義するよう圧力をかけてい る。ドミニカ共和国の政党は、ドミニカ共和国と米国の選挙のためにニューヨークで積極的に票を集め、ドミニカ共和国だけでなく米国にも事務所を構えてい る。1994年のドミニカ大統領選挙では、米国内の移民が選挙資金の約50%を拠出した(Graham, 2002)。多くのカリブ海諸国やラテンアメリカの一部の州では、政治家候補が日常的に米国で選挙運動を行うことが増えている。
Evaluations of Long-Distance Nationalism
In discussions of long-distance nationalism, Anderson (1992, Anderson 1998) portrays it in a negative light. Using the example of middle-class Indians comfortably settle in North America and sending money and arms to reactionary homeland movements, he questions the legitimacy of nationalism from afar. This has also been the concern of South Asian academics who, fearing the pernicious effect of long-distance nationalism, have petitioned U.S. corporations to stop funding charities that they claim fuel hatred and violence against minority communities in India. There is no doubt that money and arms that contribute to political violence are being provided by persons who are settled abroad and identify with a homeland struggle. Jewish-American right-wing extremists, Irish-American supporters of the Irish Republican Army, the Tamil Tigers settled in England and Norway, and Kurds throughout Europe provide examples of long-distance nationalists who support violent conflicts from afar. Whether such struggles are judged to be terrorism or just struggles, it is clear that some primary participants are found beyond the borders of a particular territory.

After 11 September 2001, the dual loyalties of immigrants began to be reexamined in many immigrant-receiving states. The U.S. declaration of a “war on terrorism” occurred at a point when more than 40 countries had declared dual citizenship and nationality and long-distance nationalism, with or without legal rights, was becoming a way of life (American Immigration Center, 2003). The United States and many European countries increased surveillance on cross-border transfers of funds, communication, and travel. It became more difficult and in many cases impossible for people to obtain visas to visit the United States or Europe. These developments threaten the activities that accompany and reinforce long-distance nationalism. At the same time, certain aspects of U.S. and European governments’ foreign policy legitimated long-distance nationalism. After the U.S. invasion of Afghanistan, the first president, Hamid Karzai, was a previously nonresident Afghan, as were members of his cabinet. The majority of the leadership chosen by the United States after its occupation of Iraq in 2003 were previously nonresident Iraqis.

As is the case with any form of nationalism, identification with a homeland is polysemous, carrying simultaneously multiple and conflicting meanings. The motivations for long-distance nationalism are many, as are the actors. Long-distance nationalism cannot be summarily classified as more pernicious than other kinds of nationalism.

遠隔地ナショナリズムに対する評価
遠隔地ナショナリズムの議論において、アンダーソン(1992年、アンダーソン1998年)はそれを否定的に描いている。中流階級のインド人が北米に安住 し、反動的な祖国運動に資金や武器を送っていることを例に挙げ、遠隔地からのナショナリズムの正当性に疑問を呈している。これは南アジアの学者たちの懸念 でもあり、遠隔地ナショナリズムの悪質な影響を恐れ、インドの少数民族コミュニティに対する憎悪や暴力を煽ると主張する慈善団体への資金提供をやめるよ う、米国企業に嘆願している。政治的暴力を助長する資金や武器が、海外に定住し、祖国闘争に共感する人々によって提供されていることは間違いない。ユダヤ 系アメリカ人の右翼過激派、アイルランド共和国軍のアイルランド系アメリカ人支持者、イギリスやノルウェーに定住するタミル・タイガー、ヨーロッパ各地の クルド人などは、遠くから暴力紛争を支援する遠隔地民族主義者の例である。このような闘争がテロリズムと判断されようが、単なる闘争と判断されようが、主 要な参加者の一部が特定の領土の国境を越えていることは明らかである。

2001年9月11日以降、多くの移民受入国で移民の二重の忠誠心が見直され始めた。米国が「テロとの戦い」を宣言したのは、40カ国以上が二重国籍と国 籍を宣言し、法的権利の有無にかかわらず、遠隔地ナショナリズムが生活様式になりつつあった時点であった(American Immigration Center, 2003)。米国と多くの欧州諸国は、国境を越えた資金移動、通信、旅行の監視を強化した。米国や欧州を訪問するためのビザを取得することはより難しくな り、多くの場合不可能になった。こうした動きは、遠隔地ナショナリズムに付随し、それを強化する活動を脅かすものである。同時に、米欧両国政府の外交政策 のある側面が、遠隔地ナショナリズムを正当化した。アメリカのアフガニスタン侵攻後、初代大統領のハミド・カルザイは、閣僚と同様、それまで非居住者だっ たアフガニスタン人だった。2003年のイラク占領後、米国が選んだ指導者の大半は、それまで非居住者だったイラク人だった。

どのような形のナショナリズムでもそうであるように、祖国への帰属意識は多義的であり、同時に複数の相反する意味を持つ。遠隔地ナショナリズムの動機は多 様であり、その主体も多様である。遠隔地ナショナリズムは、他の種類のナショナリズムよりも悪質であると一概に分類することはできない。














リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j