sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

トラテロルコの虐殺

Masacre de Tlatelolco, Matanza del 2 de octubre


Armored cars at the "Zócalo" in Mexico City in 1968/ Imágenes sobre el Movimiento Estudiantil de la Ciudad de México, Octubre 1968.

池田光穂

☆ トラテロルコの大虐殺」または「10月2日の大虐殺」は、1968年10月2日、メキシコ・シティのノノアルコ・トラテロルコ自治区にある「3文化広場」 でメキシコの学生たちによって開かれた集会の名称である。この集会は、1968年7月22日、メキシコシティ警察とメキシコ陸軍の軍部による学生への弾圧 が原因で勃発した学生運動の中で行われた。 会合に出席していた人々は、メキシコ軍のメンバーと「オリンピア大隊」として知られる準軍事組織のメンバーによって襲撃され、後に大統領府参謀本部のメン バーで構成されていたことが明らかになった。 しかし、2000年以降に発表された公式文書によると、銃撃犯は政府に雇われていたという。 1968年、連邦治安総局(DFS)の局長フェルナンド・グティエレス・バリオスは、1345人が逮捕されたと報告している2。一方、米国のラテンアメリ カ政策アナリストで、国家安全保障アーカイブの研究者であるケイト・ドイルの最近の調査では、44人が死亡したと記録されている3。しかし、学生運動中の 死傷者数の推定は、新たな調査や当時の史料へのアクセスによって変化しているため、確定的な数字を出すことはまだできないが、10月 2日だけで実際の死者数を300人から400人とする資料もあり、目撃者からは数百人の死者が出たとの報告もある45。

es como se les conoce a los hechos del 2 de octubre de 1968 durante un mitin llevado a cabo por estudiantes mexicanos en la Plaza de las Tres Culturas, ubicada en la Unidad Habitacional Nonoalco-Tlatelolco, en la Ciudad de México. Dicha concentración se llevaba a cabo en el contexto del movimiento estudiantil que había estallado el 22 de julio de 1968 debido a la represión de estudiantes por parte de las fuerzas policiacas del Distrito Federal y de elementos militares del Ejército Mexicano, tras una riña entre alumnos de las Vocacionales 2 y 5 del IPN y de la preparatoria Isaac Ochoterena, incorporada a la UNAM.

Los asistentes al mitin fueron atacados por elementos del Ejército Mexicano y miembros del grupo paramilitar denominado “Batallón Olimpia”, el cual, se sabría años después, era conformado por miembros del Estado Mayor Presidencial.

Días después del ataque, el gobierno y los medios de comunicación en México afirmaron que las fuerzas gubernamentales habían sido provocadas por los manifestantes que les disparaban.1​ Sin embargo, los documentos oficiales publicados desde el año 2000 sugieren que los tiradores habían sido empleados por el gobierno.

En 1968 Fernando Gutiérrez Barrios, jefe de la Dirección Federal de Seguridad (DFS), informó que 1345 personas fueron arrestadas.2​ Por otro lado, investigaciones recientes como la realizada por Kate Doyle, analista de política estadounidense en América Latina e investigadora en el Archivo Nacional de Seguridad, documentan la muerte de 44 personas.3​ No obstante, las estimaciones de víctimas durante el movimiento estudiantil han variado conforme a las nuevas investigaciones y el acceso a los documentos históricos de la época, por lo que aún no es posible contar con una cantidad definitiva, aunque algunas fuentes señalan que la cantidad real de muertos, solo el 2 de octubre, oscila entre 300 y 400, con testigos presenciales informando de cientos de muertos.4​5
トラテロルコの大虐殺」または「10月2日の大虐殺」は、1968年 10月2日、メキシコ・シティのノノアルコ・トラテロルコ自治区にある「3文化広場」でメキシコの学生たちによって開かれた集会の名称である。この集会 は、1968年7月22日、メキシコシティ警察とメキシコ陸軍の軍部による学生への弾圧が原因で勃発した学生運動の中で行われた。

会合に出席していた人々は、メキシコ軍のメンバーと「オリンピア大隊」として知られる準軍事組織のメンバーによって襲撃され、後に大統領府参謀本部のメン バーで構成されていたことが明らかになった。

しかし、2000年以降に発表された公式文書によると、銃撃犯は政府に雇われていたという。

1968年、連邦治安総局(DFS)の局長フェルナンド・グティエレス・バリオスは、1345人が逮捕されたと報告している2。一方、米国のラテンアメリ カ政策アナリストで、国家安全保障アーカイブの研究者であるケイト・ドイルの最近の調査では、44人が死亡したと記録されている3。 しかし、学生運動中の死傷者数の推定は、新たな調査や当時の史料へのアクセスによって変化しているため、確定的な数字を出すことはまだできないが、10月 2日だけで実際の死者数を300人から400人とする資料もあり、目撃者からは数百人の死者が出たとの報告もある45。
Antecedentes
Artículos principales: Movimiento de 1968 en México y Movimientos sociales de 1968.
El año 1968 en la Ciudad de México fue una época de expansión y la eliminación de barreras: un momento para forjar alianzas entre estudiantes, trabajadores y los pobres urbanos marginales y desafiar el régimen político. Fue un momento de gran esperanza, aparentemente al borde de la transformación. Los estudiantes estaban en las calles, en las plazas, en los autobuses, formando brigadas, «yendo a la gente». Había comités de movimiento en cada escuela y experiencias emocionantes de discusión, exploración y práctica democrática. No había líder central. Se reclutaron familias, edificios de departamentos y barrios enteros. Se estaba produciendo una revolución, no la revolución del Che, sino una revolución desde dentro del sistema, no violenta, impulsada por la euforia, la convicción y la emoción de la experimentación en el terreno.
—— Dissent Magazine6​
El gobierno mexicano invirtió $150 millones de dólares en preparación para los Juegos Olímpicos de 1968 que se celebrarían en Ciudad de México.7​ El presidente de México, Gustavo Díaz Ordaz, luchó por mantener al pueblo callado y entretenido en un momento de creciente tensión social, y su administración reprimió los movimientos de sindicatos independientes, agricultores, y tomó medidas drásticas al tratar de dirigir la economía. En 1958, bajo la administración anterior de Adolfo López Mateos, el líder sindical Demetrio Vallejo había tratado de organizar sindicatos ferroviarios independientes, que el gobierno mexicano rápidamente terminó. Arrestó a Vallejo bajo una violación del artículo 145 del Código Penal, que definió la «disolución social» como un delito.8​

El movimiento estudiantil en Ciudad de México creció rápidamente a raíz de la reacción a la violenta represión de las luchas entre «porros» (pandillas) rivales, que incluyó a grandes segmentos de estudiantes que no estaban satisfechos con el régimen del PRI. Estos estudiantes fueron asesinados. Sergio Zermeño ha argumentado que los estudiantes estaban unidos por un deseo de democracia, pero su comprensión de lo que significaba la democracia variaba ampliamente.9​

Consejo Nacional de Huelga
Artículo principal: Consejo Nacional de Huelga

Manifestación estudiantil, 13 de agosto de 1968.
Formado oficialmente después de la violación de la autonomía universitaria del gobierno mexicano durante el verano de 1968, el Consejo Nacional de Huelga (CNH) organizó todas las protestas posteriores contra el gobierno de Díaz Ordaz.10​ El CNH era una delegación de estudiantes de 70 universidades y escuelas preparatorias en México; coordinó protestas para promover reformas sociales, educativas y políticas.11​ En su apogeo, el CNH tenía 240 delegados estudiantiles, cuyas tareas y objetivos principales eran llevar a las asambleas generales las discusiones y las propuestas que se realizaban en los comités de lucha y asambleas de las diferentes escuelas que conformaban dicho órgano.11​ Raúl Álvarez Garín, Sócrates Campos Lemus, Marcelino Perelló y Gilberto Guevara Niebla fueron algunos de los delegados del Consejo Nacional de Huelga, aunque también se contó con la participación de mujeres como representantes de las escuelas, tal fue el caso de Roberta Avendaño12​ y Myrthokleia González Gallardo13​.

La demanda constante del Consejo Nacional de Huelga fue el diálogo público con las autoridades gubernamentales.

Las demandas estudiantiles fueron sintetizadas en el Pliego Petitorio que presentó el CNH en agosto de 1968:14​

Derogación de los artículos 145 y 145b del Código Penal (que sanciona el encarcelamiento de cualquier persona que asista a reuniones de tres o más personas, que se considera que amenazan el orden público).
La abolición de los granaderos (cuerpo de policía táctico).
Libertad para los presos políticos.
Indemnización a los heridos durante los disturbios.
La identificación de los funcionarios responsables del derramamiento de sangre anterior (incluidas las reuniones de julio y agosto).
La destitución del jefe de policía, Luis Cueto, su adjunto, Raúl Mendiolea, y el comandante granadero, general A. Frías.
Asalto a la escuela vocacional #5

Un maestro habla con soldados frente a la escuela secundaria #1 el 30 de julio, mientras los estudiantes hacen una manifestación en el fondo.

Fachada actual de la escuela preparatoria Isaac Ochoterena, Ciudad de México.
El 22 de julio de 1968, un disturbio entre bandas de adolescentes rivales se desató en el centro de la ciudad de México. La mayoría de los miembros de estas pandillas eran estudiantes en las Escuelas Vocacionales #2 y #5 enfrentadas a miembros inscritos en la escuela preparatoria Isaac Ochotorena. La lucha comenzó cuando los primeros arrojaron piedras a los vidrios de las ventanas de la última escuela. Los disturbios se reanudaron al día siguiente. Respondiendo a la llamada para restablecer el orden, la policía entró a la fuerza en la Escuela Vocacional #5; alegando que era para capturar a miembros de pandillas callejeras que se habían inscrito en la escuela.11​15​ Los granaderos (policía antidisturbios) fueron utilizados por el gobierno mexicano para controlar y reprimir a los manifestantes estudiantiles y se utilizaron por primera vez contra los estudiantes en julio de 1968. Sin embargo, la policía antidisturbios atacó a numerosos estudiantes y maestros en el proceso de despejar la Escuela Vocacional #5.16​ En una entrevista informal con algunos granaderos, Antonio Careaga contó que «los granaderos dijeron que las autoridades dieron a los hombres en el escuadrón antidisturbios treinta pesos por cada estudiante que golpeaban y llevaban a la cárcel».8​

El movimiento estudiantil comenzó a unirse luego del asalto del gobierno a la Escuela Vocacional #5, que marcó la primera infracción importante en la autonomía de los estudiantes.17​ El movimiento comenzó a ganar el apoyo de estudiantes fuera de la capital y de otros segmentos de la sociedad, que continuó construyendo hasta ese octubre. Los estudiantes formaron brigadas de seis o más estudiantes18​ que distribuyeron folletos sobre los problemas en las calles, los mercados y, en la mayoría de los casos, en autobuses públicos.11​ Estas organizaciones, las unidades más pequeñas del CNH, decidieron el alcance y los problemas que el movimiento estudiantil abordaría. Estas incluían preocupaciones tanto rurales como urbanas.11​ Los brigadistas abordaban los autobuses para hablar con los pasajeros sobre la corrupción y la represión del gobierno, mientras que otros distribuían folletos y recogían donaciones.11​19​ Con el tiempo, los pasajeros y los conductores de autobuses comenzaron a simpatizar con las demandas de democracia y justicia de los estudiantes, y los estudiantes comenzaron a contar con el apoyo del pueblo en general.11​

Protesta en la UNAM

Reunión del consejo de la UNAM que organizó el movimiento estudiantil y las manifestaciones, 5 de octubre de 1968.

La manifestación estudiantil del 27 de agosto en la avenida Juárez.
El 1 de agosto, el rector de la Universidad Nacional Autónoma de México (UNAM) Barros Sierra dirigió a 50 000 estudiantes en una protesta pacífica contra las acciones represivas del gobierno y la violación de la autonomía universitaria.10​

El orden de la manifestación demostró al público mexicano que los estudiantes no eran agitadores; además, la manifestación mostró que era poco probable que agitadores socialistas hayan coordinado las acciones de los estudiantes.10​20​ La ruta de protesta fue planeada específicamente para evitar la Plaza de la Constitución o el «Zócalo» (la plaza principal de la Ciudad de México). La ruta de la marcha comenzó desde Ciudad Universitaria (CU), corrió a lo largo de la Avenida Insurgentes hasta Félix Cuevas, giró en Félix Cuevas hacia la Avenida Coyoacán y regresó por la Avenida Universidad al punto de partida. La marcha prosiguió sin mayores disturbios ni arrestos.

El 9 de septiembre, Barros Sierra emitió una declaración a los estudiantes y maestros para que regresen a clase, ya que «nuestras demandas institucionales ... han sido esencialmente satisfechas por el reciente mensaje anual del Presidente de la República».8​ La CNH emitió un informe anuncio en el diario El Día para la Marcha Silenciosa el 13 de septiembre; invitó a «todos los trabajadores, agricultores, maestros, estudiantes y público en general» a participar en la marcha.8​ El CNH enfatizó que no tenía «conexión con los Vigésimos Juegos Olímpicos ... ni con los feriados nacionales que conmemoran la Independencia [de México]», y que «este Comité no tiene intención de interferir con ellos de ninguna manera».8​ El anuncio reiteró la lista de seis demandas del CNH.

Con la apertura de los Juegos Olímpicos, Díaz Ordaz estaba decidido a detener estas manifestaciones. En septiembre, ordenó al ejército ocupar el campus de la UNAM, que tomó el campus golpeando y arrestando a los estudiantes indiscriminadamente. Barros Sierra renunció en protesta el 23 de septiembre.

Ocupación del Instituto Politécnico Nacional
Los estudiantes comenzaron a prepararse para operaciones defensivas en otras instituciones. Pusieron una resistencia mucho más fuerte cuando la policía y el ejército intentaron ocupar los campus del Instituto Politécnico Nacional de Zacatenco y Santo Tomás. La batalla duró desde las 17:00 horas del 23 de septiembre hasta las primeras horas del 24 de septiembre.8​ El médico Justo Igor de León Loyola escribió en su libro La noche de Santo Tomás: «Hoy he visto peleas más sangrientas, batallas desiguales: ambas partes están armadas ... pero qué diferencia en las armas, pistolas calibre .22 contra rifles militares M-1, bazucas contra cócteles Molotov».21​22​

Los estudiantes del Politécnico mantuvieron su campus en contra del ejército durante más de doce horas, lo que provocó una fuerte oposición del gobierno. El diario francés L'Express declaró que 15 personas murieron en las batallas y que se dispararon más de mil balas; el gobierno reportó tres muertos y 45 heridos.22​


背景
主な記事:メキシコの1968年運動と1968年の社会運動。
メキシコ・シティにおける1968年は、拡大し、障壁が取り払われた時期であった。学生、労働者、都市部の貧困層が同盟を結び、政治体制に異議を唱える時 期であった。それは大きな希望に満ちた時代であり、変革の危機に瀕しているように見えた。学生たちは街頭で、広場で、バスで、旅団を結成し、「民衆のもと へ」向かった。どの学校にも運動委員会があり、議論、探求、民主的実践のエキサイティングな経験があった。中央指導者はいなかった。家族、アパート、近所 全体が参加した。革命が起こっていたのだ。チェの革命ではなく、非暴力で、現場での実験による陶酔感、確信、興奮に突き動かされた体制内部からの革命が。
-- ディセント誌6
メキシコ政府は、1968年にメキシコシティで開催されるオリンピックの準備のために1億5000万ドルを投資した7。メキシコの大統領グスタボ・ディア ス・オルダスは、社会的緊張が高まる中、国民を静かにさせ、楽しませるために奮闘し、彼の政権は独立組合や農民の動きを抑圧し、経済を管理しようとする動 きを締め付けた。1958年、アドルフォ・ロペス・マテオスの前政権下で、労働組合のリーダー、デメトリオ・バジェホが独立した鉄道労働組合を組織しよう としたが、メキシコ政府はすぐにこれに終止符を打った。メキシコ政府は、「社会的解散」を犯罪と規定した刑法第145条違反の容疑でバジェホを逮捕した 8。

メキシコシティの学生運動は、PRI政権に不満を持つ学生を含む対立する「ポロス」(ギャング)同士の抗争が暴力的に弾圧されたことへの反動として急速に 発展した。これらの学生たちは殺された。セルヒオ・セルメーニョは、学生たちは民主主義への願望によって団結していたが、民主主義が何を意味するかについ ての彼らの理解は大きく異なっていたと論じている9。

全国ストライキ評議会
主な記事:全国ストライキ評議会

1968年8月13日の学生デモ。
1968年夏、メキシコ政府が大学の自治権を侵害した後に正式に結成された全国ストライキ評議会(CNH)は、ディアス・オルダス政権に対するその後のす べての抗議行動を組織した10。 CNHは最盛期には240人の学生代議員を擁しており、その主な任務と目的は、CNHを構成する各校の闘争委員会や集会で行われた議論や提案を総会に提出 することであった11。 ラウル・アルバレス・ガリン、ソクラテス・カンポス・レムス、マルセリーノ・ペレロ、ジルベルト・ゲバラ・ニエブラは、全国ストライキ評議会の代議員の一 部であったが、ロベルタ・アベンダニョ12やミルトクレイア・ゴンサレス・ガヤルド13のように、女性も学校の代表として参加した。

全国ストライキ評議会が常に求めていたのは、政府当局との公開対話であった。

学生の要求は、1968年8月にCNHが提出した「Pliego Petitorio」に要約されている14。

刑法第145条と第145b条(3人以上の集会に出席した者を投獄する刑罰で、公の秩序を脅かすとみなされる)の廃止。
擲弾兵(戦術警察)の廃止。
政治犯の自由
暴動で負傷した人々への補償
以前の流血事件(7月と8月の会合を含む)の責任者の特定。
警察署長ルイス・クエト、その副官ラウル・メンディオレア、擲弾兵司令官A.フリアス将軍の解任。フリアス将軍。
第5職業訓練学校襲撃

7月30日、第1高校の前で兵士と話す教師、その背後でデモをする生徒たち。

メキシコシティ、アイザック・オチョテレーナ高校の現在のファサード。
1968年7月22日、メキシコシティのダウンタウンで、対立する10代のギャングの間で暴動が発生した。これらのギャングのメンバーのほとんどは、イサ ク・オチョテレーナ予備校に在籍するメンバーと対峙する第2および第5職業学校の生徒だった。喧嘩は、前者が後者の学校の窓ガラスに石を投げつけたことか ら始まった。翌日、暴動は再開された。秩序回復の呼びかけに応じた警察は、この学校に入学したストリート・ギャングのメンバーを捕らえるためだとして、第 5職業学校に強制的に立ち入った1115。グラナデロス(機動隊)は、メキシコ政府が学生デモ隊を統制・弾圧するために使用したもので、1968年7月に 学生に対して初めて使用された。しかし、機動隊は職業訓練学校5号校を掃討する過程で、多数の生徒や教師を襲撃した。16 グラナデロス数名との非公式インタビューで、アントニオ・ケアガは、「グラナデロスは、当局が機動隊の男たちに、生徒を殴り牢屋に連行するごとに30ペソ を与えたと言っていた」と語っている8。

学生運動は、学生自治に対する最初の大きな侵害となった、政府による第5職業学校への襲撃の後にまとまり始めた。学生たちは6人以上の学生からなる旅団 18を結成し、街頭や市場、多くの場合は公共バスで問題についてのビラを配布した11。CNHの最小単位であるこれらの組織は、学生運動が取り組む範囲と 問題を決定した。11ブリガディスタはバスに乗り込み、政府の腐敗や弾圧について乗客に話をする一方、ビラを配ったり寄付を集めたりした。1119 時が経つにつれ、乗客やバスの運転手は、民主主義と正義を求める学生の要求に共感するようになり、学生は一般市民の支持を得るようになった。

UNAMでの抗議行動

学生運動とデモを組織したUNAM評議会の会合(1968年10月5日)。

8月27日、フアレス通りでの学生デモ。
8月1日、メキシコ国立自治大学(UNAM)のバロス・シエラ学長は、5万人の学生を率いて、政府の抑圧的な行動と大学の自治権の侵害に対する平和的抗議 デモを行った10。

デモの順序は、学生たちが扇動者ではないことをメキシコ国民に示した。さらに、デモは、社会主義扇動者が学生たちの行動を調整したとは考えにくいことを示 した1020。デモのルートは、コンスティトゥシオン広場や「ゾカロ」(メキシコシティの中央広場)を避けるように特別に計画された。デモ行進のルート は、メキシコ大学(CU)を出発し、インスルヘンテス大通りをフェリックス・クエバスまで走り、フェリックス・クエバスでコヨアカン大通りに折り返し、ウ ニベルシダ大通りを出発地点まで戻るものであった。行進は大きな妨害や逮捕もなく続けられた。

9月9日、バロス・シエラは、「我々の制度的要求は...先日のデモ行進によって本質的に満たされた」として、学生と教師に対し、授業に戻るよう声明を発 表した。CNHは9月13日、エル・ディア(El Día)紙にサイレント・マーチの告知文 を掲載し、「すべての労働者、農民、教師、 学生、一般市民」にマーチへの参加を呼び かけた8 。発表では、CNHの6つの要求リストが繰り返された。

オリンピックの開幕とともに、ディアス・オルダスはこれらのデモを阻止する決意を固めた。9月、ディアス・オルダスは軍隊にUNAMキャンパス占拠を命 じ、キャンパスを占拠し、学生を無差別に殴打・逮捕した。バロス・シエラは9月23日、抗議のため辞任した。

国立工科大学の占拠
学生たちは他の機関でも防衛作戦の準備を始めた。警察と軍隊がサカテンコとサント・トマスにある国立工科大学のキャンパスを占拠しようとしたとき、彼らは より強力な抵抗を示した。この戦闘は9月23日午後5時から24日未明まで続いた8。医師フスト・イゴール・デ・レオン・ロヨラは、著書『サント・トマス の夜(La noche de Santo Tomás)』の中で、「今日、私はより血なまぐさい戦い、不平等な戦いを見た。軍用M-1ライフルに対する22口径ピストル、火炎瓶に対するバズーカ 砲」2122。

工科大学の学生たちは12時間以上にわたって軍隊に対抗してキャンパスを占拠し、政府の強い反発を招いた。フランスの新聞『L'Express』は、この 戦闘で15人が死亡し、1000発以上の銃弾が発射されたと報じたが、政府は死者3人、負傷者45人と発表した22。
Masacre

Estudiantes en un autobús quemado.
El 2 de octubre de 1968, el Consejo Nacional de Huelga convocó a un mitin en la Plaza de las Tres Culturas, ubicada en la Unidad Habitacional Nonoalco-Tlatelolco, con el propósito de informar sobre la situación de la ENA Chapingo, hacer un reconocimiento a las brigadas por su labor en el movimiento, avisar que no se marcharía rumbo al Casco Santo Tomás y otros temas de interés para el movimiento estudiantil.23​ Según algunas fuentes, se reunieron en la Plaza de las Tres Culturas alrededor de 10 000 estudiantes, maestros, padres de familia y demás personas que apoyaban al movimiento,11​ quienes miraban hacia el piso tres del edificio Chihuahua, en donde se encontraban los oradores del mitin, miembros del CNH.24​

Dos helicópteros, uno de la policía y otro del ejército, volaron sobre la plaza. Alrededor de las 5:55 p. m. se dispararon bengalas verdes desde el cercano edificio de la Secretaría de Relaciones Exteriores de México. Alrededor de las 6:15 p. m. se dispararon otras dos bengalas, esta vez desde un helicóptero (una verde y otra roja) cuando 5000 soldados, 200 tanquetas y camiones rodearon la plaza.11​25​ Gran parte de lo que sucedió después de los primeros disparos en la plaza permaneció mal definido durante décadas después de 1968. Los registros e información publicados por fuentes del gobierno estadounidense y mexicano desde 2000 han permitido a los investigadores estudiar los hechos y sacar nuevas conclusiones.

La cuestión de quién disparó primero permaneció por años sin resolver después de la masacre. El gobierno mexicano dijo que los disparos desde los apartamentos circundantes provocaron el ataque del ejército, pero los estudiantes dijeron que los helicópteros parecían indicarle al ejército que disparara contra la multitud. La periodista Elena Poniatowska seleccionó las entrevistas de los presentes y describió los eventos en su libro La noche de Tlatelolco: «Las llamaradas aparecieron repentinamente en el cielo y todos levantaron la vista automáticamente. Se escucharon los primeros disparos. La multitud entró en pánico ... [y] comenzó a correr en todas direcciones».8​ A pesar de los esfuerzos del CNH por restablecer el orden, la multitud en la plaza rápidamente cayó en el caos.

Poco después, el Batallón Olimpia, una rama secreta del gobierno hecha para la seguridad de los Juegos Olímpicos, compuesta por soldados, oficiales de policía y agentes de seguridad federales,25​ recibió la orden de arrestar a los líderes del CNH y avanzó hasta la plaza. Los miembros del Batallón Olimpia llevaban guantes blancos o pañuelos blancos atados a la mano izquierda para distinguirse de los civiles e impedir que los soldados les dispararan.8​ El capitán Ernesto Morales Soto declaró que «inmediatamente después de ver una bengala en el cielo, la señal preestablecida, debíamos sellar las dos entradas mencionadas anteriormente e impedir que cualquiera entrara o saliera».8​

El asalto que siguió a la plaza dejó docenas de muertos y muchos más heridos en el período subsiguiente. Los soldados respondieron disparando contra los edificios cercanos y contra la multitud, alcanzando no solo a los manifestantes, sino también a observadores y transeúntes por igual, incluidos estudiantes, periodistas (uno de los cuales fue la periodista italiana Oriana Fallaci), y niños, fueron alcanzados por balas y montones de cuerpos pronto cayeron al suelo. Mientras tanto, en el edificio Chihuahua, donde se encontraban los oradores, los miembros del Batallón Olimpia empujaron a las personas y les ordenaron que se tumbaran en el suelo cerca de las paredes del elevador. Las personas afirman que estos hombres fueron las personas que dispararon primero contra los soldados y la multitud.25​

La evidencia en video también señala que al menos dos compañías del Batallón Olimpia se escondieron en los edificios de apartamentos cercanos y colocaron una ametralladora en un apartamento en el edificio Molino del Rey, donde una cuñada del entonces secretario de Estado y luego presidente Luis Echeverría Álvarez vivió; la iglesia de Santiago de Tlatelolco, donde se colocaron francotiradores en el techo; el convento cercano y la Torre de Relaciones Exteriores, donde participaron muchas personas, incluidas las que dispararon las dos primeras bengalas; una ametralladora en el piso 19; y una cámara de video en el piso 17. La evidencia en video muestra a 10 hombres con guantes blancos que salen de la iglesia y se encuentran con los soldados, que les apuntan con sus armas. Uno de los hombres muestra lo que parece ser una identificación, y los dejan ir.25​

La masacre continuó durante toda la noche, con soldados y policías operando casa por casa en los edificios de departamentos adyacentes a la plaza. El edificio Chihuahua y el resto del vecindario tuvieron que cortar su electricidad y teléfonos. Testigos del evento afirman que los cadáveres fueron primero retirados en ambulancias y más tarde los militares llegaron y amontonaron cuerpos, sin saber si estaban vivos o muertos, en los camiones militares, mientras que algunos dicen que los cuerpos fueron amontonados en camiones de basura y enviados a destinos desconocidos. Los soldados reunieron a los estudiantes en las paredes de los elevadores del edificio Chihuahua, los desnudaron y los golpearon.

Alrededor de 3000 asistentes fueron llevados al convento junto a la iglesia y los dejaron allí hasta temprano en la mañana, la mayoría de ellos eran personas que tenían poco o nada en común con los estudiantes y que solo eran vecinos, transeúntes y otros que estaban en el plaza solo para escuchar el discurso. Otros testigos afirman que en los días posteriores, los miembros del Batallón Olimpia se disfrazarían de empleados de servicios e inspeccionarían las casas en busca de estudiantes.

La explicación oficial del gobierno sobre el incidente fue que los provocadores armados entre los manifestantes, estacionados en edificios con vista a la multitud, habían comenzado el tiroteo, y que al encontrarse a sí mismos como objetivos de francotiradores, las fuerzas de seguridad simplemente habían devuelto los disparos en defensa propia. A la mañana siguiente, los periódicos informaron que entre 20 y 28 personas murieron, cientos resultaron heridas y cientos más fueron arrestadas.8​

La mayoría de los medios mexicanos informaron que los estudiantes provocaron la respuesta del ejército con fuego de francotiradores desde los edificios de apartamentos que rodeaban la plaza. El titular de la mañana de El Día del 3 de octubre de 1968 decía lo siguiente: «Criminal provocación en el mitin de Tlatelolco causó sangriento zafarrancho». Entre otros, las autoridades mexicanas acusaron al escritor José Revueltas, infundadamente, de ser el «ideólogo del movimiento», por lo que comenzó su persecución. Finalmente fue condenado a 16 años de prisión en Lecumberri y liberado bajo palabra después de dos años de encierro.

Los medios de comunicación controlados por el gobierno informaron de los acontecimientos por el lado del gobierno mexicano esa noche, pero una investigación de 2001 reveló documentos que mostraban que los francotiradores eran miembros de la Guardia Presidencial, quienes recibieron instrucciones de disparar contra las fuerzas militares para provocarlos.4​


大虐殺

焼けたバスに乗った学生たち
1968年10月2日、全国ストライキ評議会は、ノノアルコ・トラテロルコ居住区にある3文化広場で会議を招集し、ENAチャピンゴの状況報告、運動にお ける旅団の功績の表彰、カスコ・サント・トマスへのデモ行進を行わないことの発表、その他学生運動にとって関心のある問題を討議した23。 ある情報筋によると、約10,000人の学生、教師、保護者、その他の運動支持者が、ラス・トレス・クルトゥーラ広場に集まり、11集会の演説者である CNHのメンバーがいたチワワ・ビルの3階に向かっていた24。

警察と軍のヘリコプター2機が広場の上空を飛んだ。午後5時55分頃、近くのメキシコ外務省の建物から緑色の照明弾が発射された。午後6時15分ごろ、 5000人の兵士、200台の戦車とトラックが広場を包囲するなか、今度はヘリコプターからさらに2発の照明弾が発射された(1発は緑、1発は赤)。 2000年以降、アメリカとメキシコの政府筋から公開された記録や情報によって、研究者たちはこの出来事を研究し、新たな結論を導き出すことができるよう になった。

誰が最初に発砲したのかという疑問は、虐殺事件後何年も解決されないままだった。メキシコ政府は、周囲の平地からの銃撃が軍の攻撃の引き金になったと発表 したが、学生たちは、ヘリコプターが群衆に発砲するよう軍に合図を送ったようだと述べた。ジャーナリストのエレナ・ポニャトフスカは、その場に居合わせた 人々のインタビューを抜粋し、著書『La noche de Tlatelolco』の中でその出来事をこう描写している。最初の銃声が聞こえた。群衆はパニックになり.[CNHが秩序を回復しようと努力したにもか かわらず、広場の群衆はたちまち混乱に陥った。

その直後、オリンピア大隊(兵士、警察官、連邦保安部員で構成される政府の秘密部門)25がCNH指導者の逮捕を命じられ、広場に進入した。エルネスト・ モラレス・ソト大尉は、「あらかじめ決められた合図である上空の照明弾が見えたら、すぐに上記の2つの入り口を封鎖し、誰も出入りできないようにする」と 述べた。

広場への襲撃は、死者数十人、負傷者多数という大惨事となった。兵士たちは近隣の建物や群衆に発砲して応戦し、抗議者だけでなく、学生、ジャーナリスト (そのうちの一人はイタリア人ジャーナリストのオリアナ・ファラーチ)、子どもたちを含む傍観者やオブザーバーも銃弾に倒れ、死体の山はやがて地面に崩れ 落ちた。一方、講演者たちが収容されていたチワワ・ビルでは、オリンピア大隊のメンバーが人々を突き飛ばし、エレベーターの壁際の床に横たわるよう命じ た。この人たちは、兵士と群衆に最初に発砲したのはこの人たちだと主張している25。

ビデオ証拠によると、オリンピア大隊の少なくとも2個中隊が近くのアパートに隠れ、当時の国務長官で後に大統領となったルイス・エチェベリア・アルバレス の義理の姉が住んでいたモリノ・デル・レイ・ビルのアパートに機関銃を設置したことも判明している; サンティアゴ・デ・トラテロルコ教会では屋上に狙撃兵が配置され、近くの修道院とTorre de Relaciones Exterioresでは、最初の2発の照明弾を発射した者を含む多くの人々が関与し、19階には機関銃、17階にはビデオカメラが設置された。証拠ビデ オには、白い手袋をはめた10人の男たちが教会から出てきて、銃を向ける兵士たちと鉢合わせしている様子が映っている。男の一人が身分証明書らしきものを 見せると、兵士たちは彼らを解放した25。

虐殺は夜通し続き、兵士と警察は広場に隣接するアパートで一軒一軒行動した。チワワ・ビルをはじめとする近隣住民は、電気も電話も止めざるを得なかった。 目撃者の証言によると、遺体はまず救急車で運び出され、その後軍が到着し、生死もわからないまま軍用トラックに積み上げられたという。また、遺体はゴミ収 集車に積まれ、行き先不明となったという証言もある。兵士たちはチワワ・ビルのエレベーターの壁に学生たちを集め、裸にして殴打した。

約3000人の参加者は教会に隣接する修道院に連行され、朝方まで放置されたが、そのほとんどは学生たちとほとんど共通点のない人々で、隣人や通行人、演 説を聞くためだけに広場にいた人たちだけだった。他の目撃者の証言によると、その後数日間、オリンピア大隊の隊員たちは、サービス業の従業員に変装し、学 生たちの家を点検していたという。

この事件についての政府の公式説明は、群衆を見下ろす建物に配置されたデモ隊の武装した挑発者たちが発砲を開始し、自分たちが狙撃兵の標的になったので、 治安部隊が正当防衛のために反撃しただけだというものだった。翌朝、新聞各紙は20人から28人が死亡、数百人が負傷し、さらに数百人が逮捕されたと報じ た8。

ほとんどのメキシコのメディアは、学生たちが広場を囲むアパートからの狙撃で軍の反撃を誘発したと報じた。1968年10月3日の『エル・ディア』紙の朝 の見出しは、「トラテロルコ集会での犯罪的挑発が流血暴動を引き起こした」となっていた。とりわけ、メキシコ当局は作家ホセ・レブエルタスを「運動のイデ オローグ」であると根拠なく非難し、彼は迫害された。彼は最終的にルクンベリで16年の禁固刑を言い渡され、2年の禁固刑の後に仮釈放された。

政府が支配するメディアは、その夜の出来事をメキシコ政府側から報道したが、2001年の調査で、狙撃犯は大統領警護隊のメンバーで、軍を挑発するために 発砲するよう指示されていたことを示す文書が発見された4。
Investigación y respuesta

Estela conmemorativa dedicada a las víctimas de la masacre en la Plaza de las Tres Culturas en Ciudad de México.
En 1998, el presidente Ernesto Zedillo, en el 30.º aniversario de la masacre de Tlatelolco, autorizó una investigación del Congreso sobre los eventos del 2 de octubre. Sin embargo, la administración priista continuó sin liberar documentos oficiales del gobierno relacionados con el incidente. En una entrevista de radio en 2002, la directora del Proyecto de Documentación Mexicana para el Archivo de Seguridad Nacional de los Estados Unidos, describió las investigaciones del gobierno del PRI: «Ha habido varias investigaciones a lo largo de los años. De hecho, el expresidente Miguel de la Madrid fue entrevistado ayer en la presa y dijo que había pedido al ejército y al secretario de Gobernación documentos y fotografías de las manifestaciones, y que fue objeto de una tremenda presión política para que no investigara. Y cuando continuó la presión, el ejército y la Secretaría de Gobernación (Ministerio del Interior) afirmaron que sus archivos estaban desordenados y no tenían nada».26​

En 2001, el presidente Vicente Fox, quien terminó el gobierno de 70 años del PRI, intentó resolver la cuestión de quién había orquestado la masacre. El presidente Fox ordenó la liberación de documentos previamente clasificados relacionados con la masacre de 1968.27​ Los documentos revelaron que la síntesis de Poniatowska de los eventos de la noche de octubre fue precisa, como descubrió Kate Doyle:

Miles de estudiantes se reunieron en la plaza, y la versión del gobierno es que los estudiantes abrieron fuego. Bueno, ahora hay pruebas bastante claras de que había una unidad llamada Batallón Olimpia, que estaba formada por fuerzas especiales de la guardia presidencial, que abrieron fuego desde los edificios que rodeaban la plaza, y que eso fue lo que provocó la masacre.26​

El presidente Fox también nombró a Ignacio Carrillo Prieto en 2002 para procesar a los responsables de ordenar la masacre.28​ En 2006, el expresidente Echeverría Álvarez fue arrestado por cargos de genocidio. Sin embargo, en marzo de 2009, después de un complicado proceso de apelación, los cargos fueron desestimados. El periódico mexicano The News México informó que «un tribunal de tres jueces de circuito dictaminó que no había pruebas suficientes para vincular a Echeverría con la represión violenta de cientos de estudiantes que protestaban el 2 de octubre de 1968».29​ A pesar del fallo, el fiscal Carrillo Prieto dijo que continuaría su investigación y buscaría cargos contra Echeverría Álvarez ante la Corte Internacional de Justicia y la Comisión Interamericana de Derechos Humanos.29​

Reacciones a nivel internacional
En octubre de 2003, la revista Proceso descubrió en archivos gubernamentales de 1968 entonces recién abiertos un telegrama que los escritores argentinos Jorge Luis Borges y Adolfo Bioy Casares habían enviado al gobierno mexicano manifestándoles su respaldo.30​

Varias personalidades francesas, entre ellas los intelectuales Simone de Beauvoir y Jean-Paul Sartre, el cineasta Jean-Luc Godard y el premio Nobel de física Alfred Kastler, escribieron al presidente de México el 6 de octubre de 1968 diciendo: «Pedimos solemnemente al Gobierno Mexicano que repruebe la sangrienta provocación policiaca y militar, que reasuma el diálogo como lo piden los estudiantes, y que no se destruya para siempre la imagen del país de Hidalgo, Juárez y de la Revolución de la cual se dice heredero».31​32​

Archivos del gobierno de los Estados Unidos

El antiguo edificio de la Secretaría de Relaciones Exteriores se encuentra donde se llevó a cabo el evento.

En octubre de 2003, el papel del gobierno de los Estados Unidos en la masacre se dio a conocer cuando el Archivo de Seguridad Nacional de la Universidad George Washington publicó una serie de registros de la CIA, El Pentágono, el Departamento de Estado, el FBI y la Casa Blanca que fueron puestos en libertad, en respuesta a las solicitudes de la Freedom of Information Act.33​

Los documentos detallan que:

Para responder a las preocupaciones del gobierno mexicano sobre la seguridad de los Juegos Olímpicos, el Pentágono envió radios militares, armas, municiones y material de control de disturbios a México antes y durante la crisis.
La estación de la CIA en Ciudad de México produjo informes casi diarios sobre los desarrollos dentro de la comunidad universitaria y el gobierno mexicano de julio a octubre. Seis días antes de la masacre en Tlatelolco, tanto Echeverría como el jefe de Seguridad Federal Fernando Gutiérrez Barrios dijeron a la CIA que «la situación estará bajo control completo en breve».
El gobierno de Díaz Ordaz «arregló» que el líder estudiantil Sócrates Campos Lemus acusara a políticos disidentes del PRI, como Carlos Madrazo, de financiar y orquestar el movimiento estudiantil.
Recuerdo

Manifestación por la masacre de Tlatelolco, 2 de octubre de 2014.

En 1993, en conmemoración del 25.° aniversario de los eventos, se dedicó una estela con los nombres de algunos de los estudiantes y personas que perdieron la vida durante el evento. La Suprema Corte de Justicia de la Nación tiene un mural que conmemora la masacre.

El 2 de octubre de 2008, se celebraron dos marchas en Ciudad de México para conmemorar el evento. Una viajó desde la Escuela Normal Superior de Maestros hasta el Zócalo. La otra fue del Instituto Politécnico Nacional al sitio de la masacre de la Plaza de las Tres Culturas. Según el Comité del 68, uno de los organizadores del evento, asistieron 40 000 manifestantes.34​ En diciembre de 2008, el Senado mexicano nombró el 2 de octubre a partir de 2009 como día nacional de duelo; la iniciativa ya había sido aprobada por la Cámara de Diputados del Congreso.35​

調査と対応

メキシコ・シティの3文化広場にある虐殺犠牲者に捧げられた記念碑。
1998年、エルネスト・ゼディージョ大統領は、トラテロルコ虐殺事件から30周年を迎え、10月2日の事件について議会による調査を承認した。しかし、 PRI政権は事件に関する政府の公式文書を公開しないままだった。2002年のラジオインタビューで、米国国家安全保障アーカイブのメキシコ・ドキュメン テーション・プロジェクトのディレクターは、PRI政権の調査について次のように語っている。実際、昨日、ミゲル・デ・ラ・マドリッド前大統領がダムでイ ンタビューに応じ、彼は軍と内務長官にデモの文書と写真を求めたが、調査しないよう多大な政治的圧力を受けたと語った。そして、その圧力が続くと、軍と内 務省は、自分たちのファイルは混乱しており、何も持っていないと主張した。

2001年、70年にわたるPRIの支配を終わらせたビセンテ・フォックス大統領は、誰が虐殺を指揮したのかという問題を解決しようとした。ケイト・ドイ ルが発見したように、この文書によって、ポニアトフスカが10月の夜に起こった出来事を総合的に判断したことは正確であったことが明らかになった:

数千人の学生が広場に集まり、政府の見解は学生が発砲したというものだった。しかし、大統領警護隊の特殊部隊で構成されたオリンピア大隊と呼ばれる部隊が 広場を囲む建物から発砲し、それが虐殺を引き起こしたという明確な証拠がある26。

フォックス大統領はまた、虐殺を指示した責任者を訴追するため、2002年にイグナシオ・カリージョ・プリエトを任命した28。2006年、エチェベリ ア・アルバレス前大統領がジェノサイドの容疑で逮捕された。しかし2009年3月、複雑な上訴手続きを経て、容疑は棄却された。メキシコの新聞『ザ・ ニュース・メヒコ』は、「3人の裁判官からなる巡回裁判所は、1968年10月2日に数百人の学生デモ参加者を暴力的に弾圧した事件とエチェベリアを結び つける証拠は不十分であるとの判決を下した」と報じた29。この判決にもかかわらず、カリージョ・プリエト検察官は捜査を継続し、国際司法裁判所と米州人 権委員会にエチェベリア・アルバレスの告発を求めると述べた29。

国際レベルでの反応
2003年10月、『プロチェソ』誌は、アルゼンチン人作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスとアドルフォ・ビオイ・カサレスがメキシコ政府に送った、彼らへの支 持を表明する電報を、当時公開されたばかりの1968年の政府公文書館から発見した30。

知識人のシモーヌ・ド・ボーヴォワールやジャン=ポール・サルトル、映画監督のジャン=リュック・ゴダール、ノーベル物理学賞受賞者のアルフレッド・カス トラーなど、フランスの著名人が1968年10月6日、メキシコ大統領に宛てて次のような手紙を送っている: 「私たちは、メキシコ政府に対し、血なまぐさい警察と軍の挑発行為を否定し、学生たちの要求通り対話を再開し、イダルゴ、フアレス、そしてその継承者であ ると主張する革命の国のイメージを永久に破壊しないよう厳粛に要請する」。 3132

アメリカ政府公文書館

会場となった旧外務省庁舎。

2003年10月、ジョージ・ワシントン大学の国家安全保障アーカイブが、情報公開法の要請に応じて公開されたCIA、国防総省、国務省、FBI、ホワイ トハウスの一連の記録を公開したことで、虐殺におけるアメリカ政府の役割が明るみに出た33。文書の詳細は次のとおりである。

文書にはその詳細が記されている:

オリンピックの安全に対するメキシコ政府の懸念に対処するため、ペンタゴンは危機の前と最中に、軍用無線、武器、弾薬、暴動鎮圧装置をメキシコに送った。
メキシコシティのCIA支局は7月から10月まで、大学コミュニティとメキシコ政府の動向についてほぼ毎日報告書を作成した。トラテロルコでの大虐殺の6 日前、エチェベリアと連邦保安局長のフェルナンド・グティエレス・バリオスはともに、「状況はまもなく完全にコントロールされるだろう」とCIAに語っ た。
ディアス・オルダス政府は、学生運動の指導者ソクラテス・カンポス・レムスが、カルロス・マドラソなどのPRIの反体制派政治家に資金を提供し、学生運動 を画策したことを告発するよう「手配」した。
追悼

2014年10月2日、トラテロルコの虐殺を追悼するデモ。

1993年、事件25周年を記念して、事件で命を落とした学生や人々の名前が刻まれた石碑が奉納された。国家最高裁判所には、虐殺を記念する壁画がある。

2008年10月2日、この事件を記念してメキシコシティで2つの行進が行われた。ひとつは、マエストロ師範学校からソカロまで。もう1つは、国立工科大 学から3文化広場の虐殺現場まで行進した。2008年12月、メキシコ上院は10月2日を2009年以降の国家追悼日に指定した。


Elena Poniatowska's best known work is La noche de Tlatelolco (The night of Tlatelolco, the English translation was entitled "Massacre in Mexico").
In 1969, Mexican rock band Pop Music Team, launched the single "Tlatelolco" but was heavily censored by the government after a few days of airplay.

The 'Cinéma vérité documentary film El Grito, México 1968 directed by Leobardo López Aretche captures the events surrounding the protest and massacre.

Rojo Amanecer (1989), directed by Jorge Fons, is a Spanish-language film about the event. It focuses on the day of a middle-class family living in one of the apartment buildings surrounding the Plaza de Tlatelolco and is based on testimonials from witnesses and victims. It starred Héctor Bonilla, María Rojo, the Bichir Brothers, Eduardo Palomo and others.

Alejandro Jodorowsky dramatized the massacre in The Holy Mountain (1973), with birds, fruits, vegetables, liquids and other things falling and being ripped out of the wounds of the dying students.

Richard Dindo, a documentary filmmaker, made Ni olvido, ni perdón (2004),[25] which includes contemporary interviews with witnesses and participants as well as footage from the time.

A feature film, Tlatelolco, verano del '68,[26] was released in Mexico, November 2012, written and directed by Carlos Bolado.

Roberto Bolaño released Amulet, a Spanish-language novel, in 1999, recounting the massacre from the point of view of a woman named Auxilio, based on the true story of Alcira Soust Scaffo. Auxilio was caught in the university bathroom at the time of the police ambush. She tells her story also in his later novel The Savage Detectives.[27]

Borrar de la Memoria, a movie about a journalist who investigates a girl who was killed in July 1968, lightly touches the massacre, which is filmed by Roberto Rentería, a C.U.E.C. student who was making a documentary about said girl, known popularly as La empaquetada ("the packaged [girl]") for the way her dismembered body was found inside a box.

Los Parecidos, a 2015 film, also takes place at the date, references Tlatelolco heavily and portrays the conflict between students and the government.

"Jarhdin", a song by Mexican artist Maya Ghazal, features a two-minute audio sample recorded during the shooting at The Plaza de las Tres Culturas.

In season 1 episode 2 of Netflix TV series Narcos, it briefly explains the role of the Mexican Government FDS and short video of the Mexican Army storming The Plaza de las Tres Culturas.

Episodes 1 and 2 of the Netflix documentary series Break It All feature the massacre and its impact on contemporary Latin American rock and roll.

Tlatelolco in the arts
The 1968 massacre has been referenced in the arts and pop culture in various ways. For example, in literary works such as "La Noche de Tlatelolco" (1971) by Elena Poniatowska which collected interviews, chants, slogans, and banners from student movement survivors.[28] Tlatelolco movement veterans like Carlos Monsiváis, José Emilio Pacheco, Octavio Paz, and Jaime Sabines have written poems on the massacre and films like Jorge Fons's Rojo Amanecer (1990) have kept the memory alive.[28] American composer John Adams set Rosario Castellanos' poem on the massacre at Tlatelolco in his oratorio El Niño (2000). Tlatelolco has marked the history of massacres and national injustice in Mexico in other historical ways which have permeated the arts such as it being a place of Aztec sacrificial performances, being the place where the Aztecs surrendered to the Spanish, and giving way to legitimizing the genocide of indigenous people in Mexico.[28]


メディアでの描写

エレナ・ポニャトフスカの代表作は『La noche de Tlatelolco』(トラテロルコの夜、英訳は『Massacre in Mexico』)。
1969年、メキシコのロックバンド、ポップ・ミュージック・チームがシングル「トラテロルコ」を発表したが、数日間のオンエアの後、政府によって激しく 検閲された。

レオバルド・ロペス・アレチェ監督のドキュメンタリー映画『El Grito, México 1968』は、この抗議と虐殺にまつわる出来事を捉えている。

ホルヘ・フォンス監督の『Rojo Amanecer』(1989年)は、この事件を扱ったスペイン語映画である。トラテロルコ広場を囲むアパートの一室に住む中流階級の家族の一日に焦点を 当て、目撃者や犠牲者の証言に基づいている。エクトル・ボニーリャ、マリア・ロホ、ビチル兄弟、エドゥアルド・パロモらが出演。

アレハンドロ・ホドロフスキーは『聖なる山』(1973年)で、鳥、果物、野菜、液体、その他のものが落ちてきたり、瀕死の生徒の傷口から引きちぎられた りして、この大虐殺を劇化した。

ドキュメンタリー映画作家のリチャード・ディンドは『Ni olvido, ni perdón』(2004年)を制作し[25]、当時の映像に加え、目撃者や参加者への現代的なインタビューを盛り込んだ。

2012年11月には、カルロス・ボラド脚本・監督の長編映画『Tlatelolco, verano del '68』[26]がメキシコで公開された。

ロベルト・ボラーニョは1999年にスペイン語の小説『Amulet』を発表し、アルシラ・スースト・スカフォの実話を基に、アウクシリオという女性の視 点から虐殺を再現した。アウクシリオは、警察の待ち伏せがあったとき、大学のトイレで捕まっていた。彼女は後の小説『野蛮な刑事たち』でも自分の物語を 語っている[27]。

1968年7月に殺害された少女を調査するジャーナリストを描いた映画『Borrar de la Memoria』は、この大虐殺に軽く触れている。この映画は、C.U.E.C.の学生で、バラバラにされた遺体が箱の中で発見されたことから「La empaquetada(包装された少女)」として親しまれている少女についてのドキュメンタリーを制作していたロベルト・レンテリアによって撮影され た。

2015年に公開された映画『ロス・パレシドス』もまた、この日が舞台で、トラテロルコに大きく言及し、学生と政府の対立を描いている。

メキシコ人アーティストMaya Ghazalの曲 "Jarhdin "には、The Plaza de las Tres Culturasでの撮影時に録音された2分間のオーディオサンプルが使用されている。

NetflixのTVシリーズ「ナルコス」のシーズン1エピソード2では、メキシコ政府FDSの役割を簡単に説明し、メキシコ軍がトレス文化広場を襲撃す る様子を短い映像で紹介している。

Netflixのドキュメンタリーシリーズ『Break It All』の第1話と第2話は、この大虐殺と現代のラテンアメリカのロックンロールへの影響を特集している。

芸術におけるトラテロルコ
1968年の大虐殺は、さまざまな形で芸術やポップカルチャーに言及されてきた。例えば、エレナ・ポニャトフスカの『La Noche de Tlatelolco』(1971年)は、学生運動の生存者のインタビュー、聖歌、スローガン、横断幕を集めた文学作品である。 [28]カルロス・モンシバイス、ホセ・エミリオ・パチェコ、オクタビオ・パス、ハイメ・サビネスといったトラテロルコ運動のベテランたちは、この虐殺に ついて詩を書き、ホルヘ・フォンス監督の『Rojo Amanecer』(1990年)のような映画は、その記憶を生かし続けている[28]。トラテロルコは、アステカの生け贄の儀式が行われた場所であり、 アステカがスペインに降伏した場所であり、メキシコにおける先住民の大量虐殺を合法化するきっかけとなった場所であるなど、芸術にも浸透している他の歴史 的な方法で、メキシコにおける虐殺と国家的不正の歴史を刻んできた[28]。
(born May 19, 1932), known professionally as Elena Poniatowska (audioⓘ), is a French-born Mexican journalist and author, specializing in works on social and political issues focused on those considered to be disenfranchised especially women and the poor. She was born in Paris to upper-class parents, including her mother whose family fled Mexico during the Mexican Revolution. She left France for Mexico when she was ten to escape the Second World War. When she was eighteen and without a university education, she began writing for the newspaper Excélsior, doing interviews and society columns. Despite the lack of opportunity for women from the 1950s to the 1970s, she wrote about social and political issues in newspapers, books in both fiction and nonfiction form. Her best known work is La noche de Tlatelolco (The night of Tlatelolco, the English translation was entitled "Massacre in Mexico") about the repression of the 1968 student protests in Mexico City. Due to her left wing views, she has been nicknamed "the Red Princess". She is considered to be "Mexico's grande dame of letters" and is still an active writer.

Background

Elena Poniatowska
Poniatowska was born with the name of Helène Elizabeth Louise Amelie Paula Dolores Poniatowska Amor in Paris, France, in 1932.[1][2] Her father was Polish-French, Prince Jean Joseph Évremond Sperry Poniatowski (son of Prince André Poniatowski), born to a prominent family distantly related to the last king of the Polish–Lithuanian Commonwealth, Stanisław August Poniatowski.[3] Her mother was French-born heiress María Dolores Paulette Amor de Yturbe, whose Mexican family lost land and fled Mexico after the ouster of Porfirio Díaz during the Mexican Revolution.[2][3][4][5] Poniatowska's extended family includes an archbishop, the primate of Poland, a musician, French politicians, several writers and statesmen including Benjamin Franklin.[4] Her aunt was the poet Pita Amor.[6] She was raised in France by a grandfather who was a writer and a grandmother who would show her negative photos about Mexico, including photographs in National Geographic depicting Africans, saying they were Mexican indigenes, and scaring her and her siblings with stories about cannibalism there.[3][4] Although she maintained a close relationship with her mother until her death, the mother was unhappy about her daughter being labeled a "communist" and refused to read Poniatowska's novel about political activist Tina Modotti.[5]

The Second World War broke out in Europe when Poniatowska was a child. The family left Paris when she was nine, going first to the south of the country. When the deprivations of the war became too much and the southern part of France, the Zone libre, was invaded by Germany and Italy in 1942, the family left France entirely for Mexico when she was ten years old. Her father remained in France to fight, participating later in D-Day in Normandy.[1][2][7]

Poniatowska began her education in France at Vouvray on the Loire. After arriving in Mexico, she continued at the Liceo Franco-Mexicano, then at Eden Hall and high school at the Sacred Heart Covent in the late 1940s.[4][6] In 1953, she returned to Mexico, where she learned to type, but she never went to university. Instead, she began working at the Excélsior newspaper.[1][4]

Poniatowska is trilingual, speaking Spanish, English and French. Growing up, French was her primary language and was spoken the most at home. She learned her Spanish from her nanny and people on the streets during her time in Mexico as a young girl.[6]

Poniatowska and astronomer Guillermo Haro met in 1959 when she interviewed him, and they married in 1968.[1] She is the mother of three children, Emmanuel, Felipe, and Paula, and the grandmother of five. Poniatowska and Haro divorced in 1981, and her ex-husband died on April 26, 1988.[4]

Poniatowska lives in a house near Plaza Federico Gamboa in the Chimalistac neighborhood of the Álvaro Obregón borough in Mexico City. The house is filled chaotically with books. Spaces which do not have books in or on them contain photographs of her family and paintings by Francisco Toledo.[4] She works at home, often forgetting to do other things like go to the gym as she gets involved in her writing. Although it takes time away from writing, she does her domestic chores herself,[clarification needed] including paying bills, grocery shopping, and cooking.[5]

Career

Poniatowska signing book on Mariana Yampolsky at the Museo de Arte Popular in 2012
Poniatowska has published novels, non-fiction books, journalistic essays, and many forewords and prologues to books on Mexican artists.[2][8] Much of her writing has focused on social and human rights issues, especially those related to women and the poor.[8]

Poniatowska began her writing career in 1953 at 21 years of age with the newspaper Excélsior and the next year with a publication called Novedades de México, both of which she still occasionally writes for.[4][6] Her first writing assignments consisted of interviews of famous people and society columns related to Mexico's upper class.[4][5] Her first published interview was with the ambassador of the United States.[3] She stated that she began "like a donkey" knowing nothing and learning on the job.[2] She was first published under her French name of Hélene but later changed it to Elena, or sometimes using Anel.[6] Poniatowska published her first book in 1954, called Lilus Kikus and since then her career has been a mix of journalism and creative writing.[1][8] Despite that the years from the 1950s and 1970s offered limited opportunities for women, she eventually moved from interviews and society stories into literary profiles and stories about social issues.[5][6] She emerged as a subtly present female voice in a patriarchal society even though she was referred to as "Elenita" (little Elena) and her work often dismissed as naïve interviews and "children's" literature. She progressed by persistence rather than by direct confrontation.[5]

Poniatowska most influential work has been "testimonial narratives," writings based both on historical facts and accounts by people who normally are not recorded by the media.[7] She began writing on social issues after a visit to Lecumberri, a famous former prison, to interview several incarcerated railway workers who had gone on strike. She found prisoners eager to talk and share their life stories.[4] She interviewed Subcomandante Marcos in 1994.[6] Much of this work has been compiled into seven volumes including Todo México (1991–1999), Domingo siete (1982) and Palabras cruzadas (1961).[1] Her best known book of this type is La noche de Tlatelolco which contains the testimonies of the victims of the 1968 student massacre in Mexico City.[4]

Poniatowska is one of the founders of La Jornada newspaper, Fem, a feminist magazine, Siglo XXI a publishing house and the Cineteca Nacional, the national film institute.[2][4]


Elena Poniatowska in the Guadalajara International Book Fair in 2017.
Poniatowska's works have been translated into English, Polish, French, Danish and German, starting in the 1990s.[4][5] She has translated Sandra Cisneros’ The House on Mango Street into Spanish.[2] She wrote one play called Meles y Teleo: apuntes para una comedia a year after the birth of son Emmanuel.[1] and one novella De noche vienes ("You Come by Night") was made into a feature film in 1997 directed by Arturo Ripstein starring María Rojo and Tito Vasconcelos.[4]

Poniatowska frequently makes presentations at home and abroad in her three languages and is especially sought for talks and seminars in the United States.[5][6] She has also published biographies of the Nobel laureate Octavio Paz and artist Juan Soriano.[5]

Today, Poniatowska is considered to be Mexico's "grande dame" of letters[5][8] but she has not been recognized around the world like other prolific Latin American writers of her generation.[5] She has also not been fully integrated among Mexico's elite, never receiving diplomatic appointments, like Carlos Fuentes,[5] and turning down political opportunities nor has she spent much time in the elite literary circles in Mexico. Fuentes commented on this once that she was too busy in the city's slums or shopping for groceries to have time for him and others. Although she admits such comments are said in jest, she contends that it shows that they consider her more of a maid, a cook, or even a janitor in the "great House of Mexican Literature."[3][4]

For over thirty years, she has taught a weekly writing workshop. Through this and other efforts, she has influenced a generation of Mexican writers including Silvia Molina and Rosa Nissán.[5]

Advocacy and writing style

Poniatowska at the 30 year commemoration of the 1985 Mexico City earthquake.
Her work is a cross between literary fiction and historical construction.[9] She began to produce major works in the 1960s and her work matured in the 1970s, when she turned to producing works in put herself in solidarity with those who are oppressed politically and economically against those in power. Her work can be compared to that of Antonio Skármeta, Luis Rafael Sánchez, Marta Traba, Sergio Ramírez, Rosario Ferré, Manuel Puig and Fernando del Paso.[9] Although most of her fame is as a journalist, she prefers creative writing. Her creative writings are philosophic meditations and assessments of society and the disenfranchised within it.[5] Her writing style is free, lacking solemnity, colloquial and close.[6] Many of her works deconstruct societal and political myths, but they also work to create new ones. For example, while she heavily criticizes the national institutions which evolved after the Mexican Revolution, she promotes a kind of "popular heroism" of the common person without name. Her works are also impregnated with a sense of fatalism.[9]

Like many intellectuals in Mexico, her focus is on human rights issues and defending various social groups, especially those she considers to be oppressed by those in power, which include women, the poor and others. She speaks and writes about them even though she herself is a member of Mexico's elite, using her contacts as such on others’ behalf.[6][8][10] She is not an impartial writer as she acts as an advocate for those who she feels have no voice. She feels that a personal relationship with her subjects is vital.[10] She stated to La Jornada that the student movement of 1968 left a profound mark on her life and caused her consciousness to change as students were murdered by their own police. It was after this that she was clear that the purpose of her writing was to change Mexico.[3] She has visited political and other prisoners in jail, especially strikers and the student protestors of 1968.[2] According to one biography, her house was watched around the clock. She was arrested twice (one in jail for twelve hours and once detained for two) when observing demonstrations. However, she has never written about this.[5]

She has involved herself in the causes of her protagonists which are generally women, farm workers and laborers, and also include the indigenous, such as the Zapatistas in Chiapas in the 1990s.[3][10] She puts many in touch with those on the left side of Mexico's and the world's political spectrum although she is not officially affiliated with any of them.[10] She considers herself a feminist to the bone and looks upon civil movements with sympathy and enthusiasm.[3] However, she has resisted offers to become formally involved in political positions.[3] She became involved in Andrés Manuel López Obrador’s 2005 presidential campaign. She wrote about the seven-week occupation of the Zócalo that followed López Obrador's loss in 2006. She blames Mexico's businessmen and the United States for his loss as well as López Obrador's naivete.[2]

Major works
Her major investigative works include La noche de Tlatelolco (Massacre in Mexico) (1971), Fuerte es el silencio (Strong is Silence) (1975) and Nada nadie. Las voces del temblor (Nothing No one: The Voices of the Earthquake) (1988).[9] The best known of these is La noche de Tlatelolco about the 1968 repression of student protests in Mexico City.[2][7] She found out about the massacre on the evening of October 2, 1968, when her son was only four months old.[5] Afterwards, Poniatowska went out on the streets in the neighborhood and began interviewing people while there was still blood on the streets and shoes strewn about and women searching for the children who had not come home. The book contains interviews with informants, eyewitnesses, former prisoners which are interspersed with poems by Octavio Paz and Rosario Castellanos, excerpts from pre Hispanic texts and newspaper, as well as political slogans.[2][5][7] Massacre in Mexico was the only book published on the subject for twenty years, contradicting the government's account of the events and the number dead. The government offered her the Xavier Villaurrutia Award in 1970 for the work but she refused it.[2][5]

She did the same after the 1985 Mexico City earthquake. Her book about this event Nada, nadie, las voces del temblor was a compilation of eyewitness accounts not only to the destruction of the earthquake, but also to the incompetence and corruption of the government afterwards.[2][5]

Fuerte es el silencio is about several themes, especially the families of disappeared political prisoners, the leaders of workers’ movements, another look at the massacre in Tlatelolco and others who have defied the government.[5][9][10]

Her first novel was Lilus Kikusy from 1954. It is a coming-of-age story about Mexican women before feminism. It centers on an inquisitive girl who is carefully molded by society to become an obedient bride.[5][9] Tinísima is a fictionalized biography of Italian photographer and political activist Tina Modotti.[2] This book was the result of ten years of researching the life of the photographer and political activist.[5] Querido Diego (Dear Diego) is an epistolary recreation of Diego Rivera’s relationship with his first wife, Russian painter Angelina Beloff with the aim of "de-iconize" him.[4][5]

Hasta no verte Jesús mío (Here's to You, Jesusa) from 1969 tells the story of Jesusa Palancares, a poor woman who fought in the Mexican Revolution and who later became a washerwoman in Mexico City.[2] Based on interviews conducted with the woman who was the model for the main character over a period of some ten years,[5] the book is considered to be a breakthrough in testimonial literature.

Las Soldaderas: Women of the Mexican Revolution is about the women who were in combat accompanied by photographs from the era.[2] Las siete cabritas (The Seven Little Goats) is about seven women in Mexican society in the 20th century, only one of whom, Frida Kahlo, is well known outside Mexico. The others are Pita Amor, Nahui Olín, María Izquierdo, Elena Garro, Rosario Castellanos and Nellie Campobello.[8]

La piel del cielo (The Skin of the Sky) provides moving descriptions of various regions of Mexico, as well as the inner workings of politics and government.[5]

Awards
Poniatowska's first literature award was the Mazatlan Literature Prize (Premio Mazatlán de Literatura)[11] in 1971 for the novel Hasta no verte Jesús mío.[1] She received this award again in 1992 with her novel Tinísima. The Mazatlan Literature Prize was founded by writer, journalist, and National Journalism Prize Antonio Haas, a close lifelong friend of Elena, and editorial columnist and collaborator next to her in Siempre! weekly news magazine and the national Mexican newspaper Excélsior.

Poniatowska was nominated for the coveted Villarrutia Award in the 1970s, but refused it by saying to the Mexican president, "Who is going to award a prize to those who fell at Tlatelolco in 1968?"[4]

In 1979, Poniatowska was the first woman to win Mexico's National Journalism Prize (Premio Nacional de Periodismo)[12] for her contributions to the dissemination of Mexican cultural and political expression.[1][4]

In 2000, the nations of Colombia and Chile each awarded Poniatowska with their highest writing awards.[5]

In 2001, Poniatowska received the José Fuentes Mares National Prize for Literature in 2001[5] as well as the annual prize for best novel by Spanish book publishing house Alfaguara, Alfaguara Novel Prize for her novel La piel del cielo (Heaven's Skin).[8]

The International Women's Media Foundation gave Poniatowska the Lifetime Achievement Award in 2006, in recognition for her work.[2]

Poniatowska won the Rómulo Gallegos Prize in 2007 with her book El Tren pasa primero (The Train Passes First).[6] In the same year, she received the Premio Iberoamericano by the government of the Mexico City mayor.[1]

Poniatowska has received honorary doctorates from Mexico's National University UNAM (2001), Sinaloa state university Universidad Autónoma de Sinaloa (1979), the New School of Social Research in New York city (1994), the Universidad Autónoma Metropolitana of Mexico (2000) and the University of Puerto Rico (2010).[1][5]

Other awards include the Biblioteca Breve (Breve Library) for the novel Leonora, awards from the Club de Periodistas (Journalists Club), the Manuel Buendia Journalism Prize, and the Radio UNAM Prize for her book of interviews with Mexican authors entitled Palabras Cruzadas ("Crossed Words"). She was selected to receive Mexico's National Literary Prize, but she declined it, insisting that it should instead go to Elena Garro, although neither woman ultimately received it.[4]

In 2013, Poniatowska won Spain's Premio Cervantes Literature Award, the most prestigious Spanish-language literary award for an author's lifetime works, becoming the fourth woman to receive such recognition, following María Zambrano (1988), Dulce María Loynaz (1992), and Ana María Matute (2010). Elena Poniatowska was awarded the Premio Cervantes for her "brilliant literary trajectory in diverse genera, her special style in narrative and her exemplary dedication to journalism, her outstanding work and her firm commitment to contemporary history."[citation needed]

In April 2023, the Senate voted unanimously to award her its Belisario Domínguez Medal of Honor, Mexico's highest active civilian award.[13]

エレーヌ・エリザベス・ルイーズ・アメリー・ポーラ・ドローレス・ポ ニャトフスカ・アモール(1932年5月19日生まれ)は、フランス生まれのメキシコ人ジャーナリスト、作家。上流階級の両親のもとにパリで生まれる。第 二次世界大戦から逃れるため、10歳のときにフランスからメキシコに渡った。18歳のとき、大学教育を受けずに、新聞『エクセルシオール』にインタビュー や社会欄の執筆を始めた。1950年代から1970年代にかけては、女性にチャンスがなかったにもかかわらず、社会問題や政治問題について新聞やフィク ション、ノンフィクションの書籍に執筆した。代表作は、1968年にメキシコ・シティで起きた学生抗議デモへの弾圧を描いた『トラテロルコの夜』(英訳は 『メキシコの大虐殺』)。その左翼的な思想から「赤い王女」の異名を持つ。メキシコの文壇の大御所」と呼ばれ、現在も作家として活躍している。

生い立ち

エレナ・ポニャトフスカ
ポニャトフスカは1932年、フランスのパリでヘレーヌ・エリザベス・ルイーズ・アメリー・ポーラ・ドローレス・ポニャトフスカ・アモールという名前で生 まれた[1][2]。父親はポーランド系フランス人のジャン・ジョセフ・エヴレモン・スペリー・ポニャトフスキ王子(アンドレ・ポニャトフスキ王子の息 子)で、ポーランド・リトアニア連邦最後の国王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキと遠縁の名家に生まれた。 [母親はフランス生まれの相続人マリア・ドローレス・ポレット・アモール・デ・イトゥルベで、メキシコ革命でポルフィリオ・ディアスが失脚した後、メキシ コの一族は土地を失いメキシコを脱出した。 [2][3][4][5]ポニアトフスカの親戚には、大司教、ポーランドの首長、音楽家、フランスの政治家、ベンジャミン・フランクリンを含む作家や政治 家がいる。 彼女はフランスで作家の祖父と、ナショナル・ジオグラフィックに掲載されたアフリカ人をメキシコの先住民だと言って撮影した写真など、メキシコに関する否 定的な写真を見せ、メキシコでのカニバリズムの話で彼女と兄弟を怖がらせた祖母のもとで育った[6]。 [3][4]母親とは亡くなるまで親密な関係を保っていたが、母親は娘が「共産主義者」のレッテルを貼られることに不満を持ち、政治活動家ティナ・モドッ ティを描いたポニャトフスカの小説を読むことを拒んだ[5]。

ポニャトフスカが幼少の頃、ヨーロッパで第二次世界大戦が勃発。一家は彼女が9歳の時にパリを離れ、まず南部に向かった。1942年、戦争による困窮がひ どくなり、フランス南部の自由地帯がドイツとイタリアに侵攻されると、ポニャトフスカが10歳のとき、一家は完全にフランスを離れ、メキシコに向かった。 父親はフランスに残って戦い、後にノルマンディーのDデイに参加した[1][2][7]。

ポニャトフスカはフランスのロワール河畔のヴーヴレイで教育を受ける。1953年にメキシコに戻り、タイピングを学んだが、大学には進学しなかった。代わ りにエクセルシオール新聞社で働き始める[1][4]。

ポニャトフスカはスペイン語、英語、フランス語を話すトリリンガル。幼少期はフランス語を母国語とし、家庭で最も多く話されていた。スペイン語は、少女時 代のメキシコ滞在中に乳母や道行く人々から学んだ[6]。

ポニャトフスカと天文学者のギジェルモ・ハロは、1959年に彼女がインタビューした際に出会い、1968年に結婚した[1]。ポニャトフスカとハロは 1981年に離婚し、前夫は1988年4月26日に死去した[4]。

ポニャトフスカはメキシコシティのアルバロ・オブレゴン地区のチマリスタック地区にあるフェデリコ・ガンボア広場の近くの家に住んでいる。家の中は本で無 秩序に埋め尽くされている。本が置かれていないスペースには、彼女の家族の写真やフランシスコ・トレドの絵画が飾られている[4]。執筆から時間が離れて しまうが、請求書の支払い、食料品の買い物、料理など、家事は自分で行っている[要出典][5]。

キャリア

2012年、ポピュラー美術館でマリアナ・ヤンポルスキーの本にサインをするポニャトフスカ。
ポニャトフスカは、小説、ノンフィクション、ジャーナリスティックなエッセイ、メキシコのアーティストに関する本の序文や前書きなどを数多く出版している [2][8]。

ポニャトフスカは1953年、21歳のときに新聞『Excélsior』で、翌年には『Nvedades de México』で執筆活動を開始。 [4][5]彼女が最初に発表したインタビューはアメリカ大使とのものだった[3]。彼女は「ロバのように」何も知らずに始め、仕事の中で学んだと述べて いる[2]。 ポニャトフスカは1954年に『Lilus Kikus』という最初の本を出版し、それ以来彼女のキャリアはジャーナリズムとクリエイティブ・ライティングのミックスであった[1][8]。1950 年代から1970年代にかけては女性にとって限られた機会であったにもかかわらず、彼女はやがてインタビューや社会的な物語から文学的なプロフィールや社 会問題に関する物語へと移行していった[5][6]。 エレニータ」(小さなエレナ)と呼ばれ、彼女の作品はしばしばナイーブなインタビューや「児童」文学として否定されたにもかかわらず、彼女は家父長制社会 の中でさりげなく存在する女性の声として登場した[5][6]。彼女は直接対決するのではなく、粘り強さによって進歩した[5]。

ポニャトフスカの最も影響力のある作品は「証言物語」であり、歴史的事実と、通常はメディアに記録されない人々の証言の両方に基づいた文章である[7]。 1994年にはサブコマンダンテ・マルコスにインタビューを行った[6]。この著作の多くは、『Todo México』(1991-1999)、『Domingo siete』(1982)、『Palabras cruzadas』(1961)など7冊の本にまとめられている[1]。この種の本で最もよく知られているのは、1968年にメキシコシティで起きた学生 虐殺事件の犠牲者の証言を収録した『La noche de Tlatelolco』である[4]。

ポニャトフスカは、ラ・ホルナダ紙、フェミニスト雑誌フェム、出版社シグロXXI、国立映画機関シネテカ・ナシオナルの創設者の一人である[2][4]。


2017年のグアダラハラ国際ブックフェアでのエレナ・ポニャトフスカ。
ポニャトフスカの作品は1990年代から英語、ポーランド語、フランス語、デンマーク語、ドイツ語に翻訳されている[4][5]。 サンドラ・シスネロスの『マンゴー通りの家』をスペイン語に翻訳。 [2]息子のエマニュエルが生まれた翌年には、『Meles y Teleo: apuntes para una comedia』という戯曲を執筆し[1]、1997年には、マリア・ロホとティト・バスコンセロス主演でアルトゥーロ・リプシュタイン監督により長編映 画化された小説『De noche vienes』もある[4]。

また、ノーベル賞受賞者オクタビオ・パスや芸術家フアン・ソリアーノの伝記も出版している[5][6]。

今日、ポニャトフスカはメキシコの文学界の「大御所」とみなされているが[5][8]、同世代の他の多作なラテンアメリカの作家のように世界的に認知され ているわけではない。 また、カルロス・フエンテスのように外交官として任命されることもなく[5]、政治的な機会も断り、メキシコのエリート文学界で多くの時間を過ごしたこと もないため、メキシコのエリートたちの中に完全に溶け込んでいるわけではない。このことについてフエンテスは、彼女は街のスラム街や食料品の買い出しに忙 しく、彼や他の人のために時間を割く暇がないとコメントしたことがある。彼女はそのようなコメントが冗談で言われたものであることを認めるが、それは「メ キシコ文学の偉大な家」[3][4]において、彼らが彼女をメイドやコック、あるいは用務員のように考えていることを示していると主張する。

30年以上にわたり、彼女は毎週ライティング・ワークショップを教えてきた。この活動やその他の努力を通じて、彼女はシルビア・モリーナやロサ・ニッサン を含むメキシコ人作家の世代に影響を与えた[5]。

主張と文体

1985年メキシコシティ地震30周年記念式典でのポニャトフスカ。
1960年代から大作を発表し始め、1970年代には政治的・経済的に抑圧された権力者と連帯する作品を発表するようになる。彼女の作品は、アントニオ・ スカルメタ、ルイス・ラファエル・サンチェス、マルタ・トラバ、セルヒオ・ラミレス、ロサリオ・フェレ、マヌエル・プイグ、フェルナンド・デル・パソらの 作品と比較することができる[9]。彼女の創作は哲学的な瞑想であり、社会とその中で権利を奪われた人々に対する評価である[5]。彼女の文体は自由で、 厳粛さを欠き、口語的で親しみやすい[6]。例えば、彼女はメキシコ革命後に発展した国家制度を激しく批判する一方で、名もなき庶民の一種の「民衆的ヒロ イズム」を推進する。彼女の作品はまた、運命論的な感覚を孕んでいる[9]。

メキシコの多くの知識人同様、彼女の焦点は人権問題であり、様々な社会集団、特に彼女が権力者によって抑圧されていると考える女性や貧困層などを擁護する ことである。彼女自身がメキシコのエリートの一員であるにもかかわらず、他人のためにそのような人脈を利用して、それらについて話したり書いたりしている [6][8][10] 。1968年の学生運動は彼女の人生に大きな足跡を残し、学生たちが自分たちの警察によって殺害されたことで意識が変わったとラ・ホルナダ紙に語っている [10]。ある伝記によれば、彼女の家は24時間監視されていた。ある伝記によると、彼女の家は24時間監視されていた。デモを監視していた彼女は2度逮 捕された(1度は12時間、もう1度は2時間拘留された)。しかし、彼女はこのことについて書いたことはない[5]。

彼女は、一般的に女性、農業労働者、労働者であり、1990年代のチアパスのサパティスタのような先住民も含む主人公の運動に身を投じている[3] [10]。 [10]彼女は自分自身を骨の髄までフェミニストだと考えており、市民運動を共感と熱意を持って見ている[3]。 しかし、彼女は正式に政治的なポジションに関与する申し出に抵抗してきた[3]。彼女はアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールの2005年の大統領 選挙キャンペーンに関与した。2006年にロペス・オブラドールが敗北した後の7週間にわたるソカロ占拠について執筆。彼女は、ロペス・オブラドールの甘 さだけでなく、彼の敗北の原因をメキシコの実業家とアメリカに求めている[2]。

主な作品
主な調査作品に『La noche de Tlatelolco(Massacre in Mexico)』(1971年)、『Fuerte es el silencio(Strong is Silence)』(1975年)、『Nada nadie. これらの中で最もよく知られているのは、1968年にメキシコシティで起きた学生デモへの弾圧を描いた『La noche de Tlatelolco』である[2][7]。 [その後、ポニャトフスカは近所の路上に出て、まだ路上に血が残り、靴が散乱し、家に帰らない子どもたちを探す女性たちがいる中で、人々にインタビューを 始めた。この本には、情報提供者、目撃者、元囚人へのインタビューが、オクタビオ・パスやロサリオ・カステジャーノスの詩、ヒスパニック以前のテキストや 新聞の抜粋、政治的スローガンとともに掲載されている。政府は1970年に彼女にザビエル・ビジャウルティア賞を授与したが、彼女はそれを拒否した[2] [5]。

1985年のメキシコシティ地震でも同じことをした。この出来事についての彼女の著書『Nada, nadie, las voces del temblor』は、地震の破壊だけでなく、その後の政府の無能と腐敗についての目撃証言をまとめたものである[2][5]。

Fuerte es el silencio』は、いくつかのテーマ、特に失踪した政治犯の家族、労働者運動の指導者、トラテロルコでの大虐殺や政府に反抗した人々についての別の視 点について書かれている[5][9][10]。

彼女の最初の小説は1954年のLilus Kikusyである。フェミニズム以前のメキシコ人女性の青春物語である。この小説は、社会によって従順な花嫁になるよう慎重に形成された好奇心旺盛な少 女を中心に描かれている[5][9]。 [2]本書は、写真家であり政治活動家であるティナ・モドッティの生涯を10年間リサーチした結果である[5] Querido Diego(親愛なるディエゴ)は、ディエゴ・リベラと彼の最初の妻であるロシア人画家アンジェリーナ・ベロフとの関係を、彼を「脱アイコン化」する目的 で再現した叙事詩である[4][5]。

1969年の『Hasta no verte Jesús mío(あなたに乾杯、ジーザサ)』は、メキシコ革命で戦い、後にメキシコシティで洗濯婦となった貧しい女性ジーザサ・パランカレスの物語である[2]。 主人公のモデルとなった女性との約10年にわたるインタビューに基づいており[5]、証言文学における画期的な作品とされている。

ラス・ソルデデラス Las siete cabritas (The Seven Little Goats)』は、20世紀のメキシコ社会で活躍した7人の女性について、当時の写真とともに描かれている[2]。他の女性は、ピタ・アモール、ナホイ・ オリン、マリア・イスキエルド、エレナ・ガロ、ロサリオ・カステジャーノス、ネリー・カンポベッロである[8]。

La piel del cielo (The Skin of the Sky)』では、メキシコの様々な地域や政治や政府の内情が感動的に描かれている[5]。

受賞歴
ポニャトフスカの最初の文学賞は、1971年に小説『Hasta no verte Jesús mío』で受賞したマサトラン文学賞(Premio Mazatlán de Literatura)[11]。マサトラン文学賞は、エレナの生涯の親友であり、週刊ニュース誌『Siempre!』やメキシコの全国紙 『Excélsior』の編集コラムニスト兼共同執筆者であった作家、ジャーナリストのアントニオ・ハースによって創設された。

ポニャトフスカは、1970年代に栄誉あるビジャールティア賞にノミネートされたが、メキシコ大統領に「1968年にトラテロルコで倒れた人たちに誰が賞 を与えるというのですか」と言い、受賞を拒否した[4]。

1979年、ポニャトフスカはメキシコの文化的・政治的表現の普及に貢献したとして、女性として初めてメキシコの国家ジャーナリズム賞(Premio Nacional de Periodismo)を受賞した[12]。

2000年、コロンビアとチリはそれぞれポニャトフスカに最高の作家賞を授与した[5]。

2001年、ポニャトフスカはホセ・フエンテス・マレス国民文学賞を受賞[5]。また、スペインの書籍出版社アルファグアラによる年間最優秀小説賞である アルファグアラ小説賞を彼女の小説『La piel del cielo(天国の肌)』で受賞した[8]。

2006年、国際女性メディア財団はポニャトフスカの功績を称え、生涯功労賞を授与した[2]。

2007年、『El Tren pasa primero(汽車が先に通る)』でロムロ・ガジェゴス賞を受賞[6]。同年、メキシコシティ市長政府からイベロアメリカーノ賞を受賞[1]。

ポニャトフスカは、メキシコ国立大学UNAM(2001年)、シナロア州立大学シナロア自治大学(1979年)、ニューヨークのニュースクール・オブ・ ソーシャル・リサーチ(1994年)、メキシコ自治大学メトロポリターナ大学(2000年)、プエルトリコ大学(2010年)から名誉博士号を授与されて いる[1][5]。

その他、小説『Leonora』でBiblioteca Breve(ブレベ図書館)賞、Club de Periodistas(ジャーナリストクラブ)賞、Manuel Buendia Journalism Prize、メキシコ人作家とのインタビュー本『Palabras Cruzadas(交差した言葉)』でRadio UNAM Prizeなどを受賞。彼女はメキシコの国民文学賞の受賞者に選ばれたが、それを辞退し、代わりにエレナ・ガロに贈るべきだと主張した。

2013年、ポニャトフスカはスペインのプレミオ・セルバンテス文学賞を受賞し、マリア・サンブラノ(1988年)、ドゥルセ・マリア・ロイニャス (1992年)、アナ・マリア・マトゥテ(2010年)に続く4人目の女性受賞者となった。エレナ・ポニャトフスカは、「多様なジャンルにおける輝かしい 文学的軌跡、物語における特別なスタイル、ジャーナリズムへの模範的な献身、卓越した仕事、現代史への確固たるコミットメント」[要出典]が評価され、セ ルバンテス賞を受賞した。

2023年4月、上院は全会一致で、メキシコの現役最高民間人賞であるベリサリオ・ドミンゲス名誉勲章を授与することを決定した[13]。
は、1968年10月2日、メキシコの首都メキシコシティ、トラテロルコ地区のラス・ トレス・クルトゥラレス広場(三文化広場)で起こった軍と警察による学生と民間人の大虐殺事件を指す。

この虐殺は政府が政治的野党を抑圧するために権力を行使したいわゆるメキシコの「汚い戦争(Guerra sucia en México[1])」の一部だとみなされている。 1968年メキシコシティーオリンピック開会の約10日前に大虐殺が起きた。

当時、メキシコの政府やマスメディアは政府軍が市民のデモによって(偶発的に)引き起こされたと主張した[2] が、2000年以降に発表された政府文書から狙撃兵が政府によって雇われていたことが明るみにでた。国家安全保障調査センターの長は、1345人が逮捕さ れたと報じた[3]。

米国のラテンアメリカ政策担当アナリストのケイト・ドイル(Kate Doyle)は、「米国国家安全保障アーカイブスに基づく、44人の死亡を記録した」と述べた。

実際の死亡者数は300〜400人であり、目撃者は数百人の死者を報告している[4][5]。


惨劇の舞台となった三文化広場の写真。
事件に至る経緯

1968年メキシコの学生デモ。

1968年当時大統領だったグスタボ・ディアス・オルダス(左)。
1968年、メキシコ政府はメキシコシティで開催されるオリンピック大会(1968年メキシコシティー五輪)のため1億5000万ドルを投資していた。メ キシコ大統領グスタボ・ディアス・オルダスは社会的緊張が高まる中で平和を維持するため奮戦していた。行政は独立組合や農民の動きを抑止し、経済発展のた めのドラスティックな対策をとった。 1958年、アドルフォ・ロペス・マテオス政権下において、組合リーダーのデメリトリオ・ヴァレホは鉄道組合を組織しようとしたが、メキシコ政府はすぐに それを打ち切った。 「社会的解体」を犯罪と定義した刑法第145条違反の下、ヴァレホを逮捕した[6]。

メキシコシティでの学生運動は、制度的革命党(PRI)体制に満足していない学生の大部分を含む組織「POLLOS」への激しい抑圧と闘争の結果、急速に 成長した。セルジオ・ツェルメーニョは学生は民主主義への欲求によって団結していると主張したが、民主主義が何を広く意味するのかについての理解は幅広い ものだった[7]。

全国ストライキ協議会(CNH)

1968年7月30日、第1高等学校の前で教師と兵士が会話をし、その背後で学生たちがデモ活動を行なっている。
1968年の夏、メキシコ政府による大学の自治への介入後に「全国ストライキ協議会(以下CNH)」は公式に形成された。CNHはメキシコの70の大学と 高等学校からの学生の代表団であり、社会的、教育的、政治的改革を促進するため、ディアズ政権に対する後の抗議活動のすべてを組織した[8]。 全盛期には、CNHに240名の学生代表が出席、投票で決定を行い、女子学生とともにライバル機関の敵意を減らした[9]。

ラウール・アルバレス・ガリン、ソクラテス・カンポス・レムス、マルセリーノ・ペレリオ、ジルベルト・ゲバラ・ニエブラは、CNHの事実上の4大指導者で あり、世界がメキシコ・オリンピックに焦点を当てるなか、CNHの指導者は 政治的、社会的異議を自覚させるため、平和な活動を追求した。

CNHは以下6点の申立てを準備した[10]。

刑法第145条及び第145(b)条(公序良俗を脅かすとみなされる3人以上の者が主催した集会に出席した者の処罰)の撤回
擲弾隊[11] の廃止(戦略的な警察活動の停止)
政治犯の解放
紛争時の負傷者の補償
以前の流血事件の責任者特定
警察署長、他2名の解任
職業学校#5襲撃事件
1968年7月22日、メキシコシティの中心で対立する十代学生グループ同士の小競り合いが起こった。ほとんどのメンバーは職業学校#2と#5の学生だっ た。小競り合いはグループのひとりが学校の窓に石を投げた事から始まった。翌日、また小競り合いが繰り返され、事態鎮静化の要求に応えた反暴動警察が擲弾 隊とともにグループのメンバーを拘束するため職業学校#5に強制捜索に入った[9]。擲弾隊は学生のデモ参加を鎮圧するため、しばしばメキシコ政府によっ て使用されたが、この7月はじめて小競り合いを起こした学生たちに対して使用された。しかし反暴動警察は職業学校#5を排除するにあたって多数のそれ以外 の学生と教師をも襲撃した[12]。のちの非公式インタビューで擲弾兵のひとりは「殴りつけて学生を一人刑務所に放り込む都度30ペソをもらった」と述べ た[6]。

事件は学生自治の最初の侵害となった。以後、学生運動は結束を強めた。運動は首都圏外の学生の支持も得るようになる。学生たちは6人以上の旅団を形成し、 公共バスや街頭、市場で問題についてのリーフレットを配布した。CNHのより小さな単位であるこれらの組織は学生運動が取り組む範囲と問題を決めた。旅団 はバスで乗客と腐敗と政府の弾圧を話し、チラシを配布し、寄付を集めた[9]。やがて乗客と運転手は学生の民主主義と正義に対する要求に同情をし、学生は 多くの金額を集めるようになった。しかし学生たちの攻撃的な行動は、学生の動機について運転手を失望させ始め、若者たちが自分たちだけのために権力を求め ているのではないかと疑うようになった[6]。

メキシコ国立自治大学(UNAM)の抗議デモ
8月1日、メキシコ国立自治大学 (UNAM)のバロス・シエラ(Javier Barros Sierra[13])教授は政府の行動と大学の自主性の侵害に対する抗議デモで50,000人もの学生を導いた[8]。抗議デモの秩序だった行動は学生 が扇動的ではないことをメキシコ国民に示した。さらに、このデモでは共産主義の扇動者が学生を駆り立てたは考えにくいことが示された[8][14]。その ルートはシウダッド大学(CU)から出発し、Insurgentes AvenueをFelix Cuevasまで歩き、Felix Cuevasを曲がってCoyoacánAvenueにゆき、University Avenueから出発点に戻るというものだった。彼らは大騒ぎをしたり逮捕者を出したりすることなく行進を続けた。

9月9日、バロス・シエラ教授は、「我々の制度的要求は、先日の共和国大統領の年次メッセージによって満たされた」と学生と教師に声明を発表した。9月 13日、CNHははこのサイレント・マーチを新聞El Dia紙にレポートした。 記事のなかで「すべての労働者、農家、教師、学生および一般の人々」に行進に参加するよう呼びかけた。CNHは「第20回オリンピックともメキシコの独立 記念日とも関係はない」とし、「この委員会はいかなる方法によっても(それらに)干渉するつもりはない」と強調した[6]。 この発表でCNHは彼らが掲げた6つの要求のリストを繰り返した。差し迫ったオリンピック大会の開幕に伴って、ディアス・オルダス大統領はこのデモを中止 させることに決めた。 UNAMのキャンパスを占領するように軍隊に命じた。反暴動警察は学生を無差別に殴打、逮捕し、キャンパスを占拠した。 9月23日、バロス・シエラ教授はこれに抗議し辞任した。

国立工科大学の戦闘

現在のサカテンコ国立工科大学。
学生は「防衛」の準備を始めた。彼らは警察と軍隊がサカテンコとサント・トーマスの国立工科大学のキャンパスを占有しようとしたとき、強い抵抗を示した。 戦闘は9月23日午後5時から9月24日の午前1時まで続いた。医師レオン・ロヨラは著書「サントトーマスの夜」に「今日、私は不平等な流血の戦いを見て いる。両当事者は武装している...しかし武器の違いは明らかで、22口径のピストルに対する軍用ライフルM-1、火炎瓶に対するバズーカー」と書いた。 工科大学生は12時間以上に渡ってキャンパスを占拠していたため、政府からの強い報復を招いた。フランスの新聞L'Express紙によれば、戦闘の結果 15人が殺害され、1000発以上の弾丸が放たれた。メキシコ政府は3人の死者と45人の負傷者を公表した。

虐殺
1968年10月2日、約10,000人もの大学生や高校生は政府の行動に抗議し、平和スピーチに耳を傾けるためラス・トレス・クルトゥラレス広場(三文 化広場)に集まった。ここには住宅団地に住む近隣住民、通行人や子供など、CNHに関連付けられていない人々が参加していた。学生たちは三文化広場に隣接 する「チワワ」という名の、3つのモジュールと13階建ての複合住宅の外に集まっていた。誰かが歌い始めた曲中には「私たちはオリンピックを望んでいな い、我々は革命を望んでいる!」という歌詞もあった。デモの主催者は軍隊が現れ、緊張が高まったことに気づいても集会を止めようとしなかった。

警察と軍の2台のヘリコプターが上空を飛んだ。午後5時55分頃。メキシコ外務省ビル近くから赤色の閃光が発射された。午後6時15分頃、今度はヘリコプ ターから緑色と赤色の2つの閃光が発射された。5,000人の兵士と200台の戦車と軍用トラックがプラザを囲み、広場に最初の一撃が放たれた後に起こっ たことの多くは1968年以降何十年もの間不明確だった[9][15]。2000年以来、米国とメキシコの政府機関によって公表された記録と情報により、 研究者は事実を研究し新しい結論が導かれた。


「トラテロルコの夜」で知られるジャーナリストのエレナ・ポニアトウスカ。2001年政権交代の際に公開された文章によって、彼女の著書が正確なもので あったことが証明された。
最初に誰が銃撃をはじめたのかという疑問は、虐殺後何年もの間解決されていなかった。メキシコ政府は「周辺アパートからの軍への砲撃が攻撃を引き起こし た」と述べたが、学生たちは「ヘリコプターが群衆に発砲するように軍を伝えていたように見えた」と述べた。ジャーナリストのエレナ・ポニアトウスカ [16](Elena Poniatowska)は、彼女の著書「トラテロルコの夜(La noche de Tlatelolco)」の中にある虐殺事件のインタビューを選んで説明した。「突然空に閃光が現れ、だれもが自動的に空を見あげた。 最初の銃撃の音が聞こえた。 群衆はパニックにおちいった... (それから)あらゆる方向に走り出した[6]」。秩序を回復させようとするCNHの努力にもかかわらず、広場の群衆はすぐに混乱に陥った。

その後まもなく、オリンピア大隊[17](el Batallón Olimpia)がCNHの指導者を逮捕するよう命じ、広場に踏み込んだ[15]。オリンピア大隊のメンバーは白い手袋や左手に白いハンカチを巻きつけ、 民間人と区別できるようにし、兵士から銃撃されることを防いでいた。アーネスト・モラレス・ソト大尉は「空の閃光を見た直後に、私たちは2つの出入り口を 封鎖し、誰も広場から入退場できないようにしなければならなかった」と述べた[18]。広場では攻撃が続いた。その後数十人が死亡し、さらに多くの負傷者 がでた。兵士たちは近くの建物や群衆に向かっても発砲し、デモ隊だけでなく観衆や通行人も巻き込んだ。学生、ジャーナリスト(その一人はイタリアのジャー ナリスト、オリアナ・ファラシ(Oriana Fallaci))、子供たちが銃撃を受け、夥しい体が地に崩れ落ちた。その間、運動のリーダーたちがいた複合住宅「チワワ」では、オリンピア大隊のメン バーが群衆を押しのけ、エレベーターの壁の近くの地面に横たわっているように命じた。 多くの関係者がこの男性たちが群衆や兵士を最初に撃ったと主張する[15]。

証拠ビデオによれば、オリンピア大隊の少なくとも2隊は近くのアパートに隠れ、モリノ・デル・レイ地区の別のアパートに機関銃を設置していた。そこは国務 長官の姉妹の持ち家であり、その後ルイス・エチェベリア・アルバレス元大統領が住んでいた。サンチアゴ・デ・トラテロルコ教会の屋根には狙撃兵(スナイ パー)が配されていた。近くの修道院と外務省には最初の「2つの閃光」を発射した人物を含む多くの関係者が集まっており、部屋には機関銃とビデオカメラも 備えられていた。証拠ビデオには10人もの男性たちが白い手袋を着用し、教会から出て、兵士に会い、銃を指さしている光景が捉えられている。 男性の一人が身分証明書のようなものを提示し彼らを行かせる[15]。

複合住宅「チワワ」とその周辺地区では(情報封鎖のため)電気と電話が切断された。大虐殺は夜通し続けられ、兵士と警察は広場に隣接する家から家へと展開 した。事件の証人たちは、遺体はまず主なものが救急車で取り除かれ、その後軍隊が到着して残りを積み重ね、生死不明のまま軍用トラックで運び去ったと言 う。一部の証言によれば、遺体がゴミ収集車に詰め込まれ、未知の目的地に送られたとされる。兵士たちは建物のエレベーターの壁に学生を集め、裸にして殴り つけた。約3,000人が教会の隣にある修道院に連行され、翌朝まで拘留された。その殆どは学生とは関係のない人、ただの近隣住民、通行人、スピーチを聞 くためだけに広場に立ち寄った人だった。他の目撃者は、翌日、オリンピア大隊のメンバーがサービス雇用者や調査員を偽装して、学生を探し家を調べただろう と断言する。

政府による事件の公式な説明は、群衆を見下ろすビルに潜む武装したデモ隊の容疑者が銃撃を開始し、狙撃兵が標的を見つけ、自己防衛のためにそれに応酬した というものだった。 翌朝の新聞には20〜28人が死亡し、数百人が負傷し、数百人が逮捕されたと報じられた[6]。ほとんどのメキシコメディアが学生らの狙撃兵による広場を 囲むアパートからの銃撃が軍の反応を誘発したと報じた。翌1968年10月3日付EL DIA紙朝刊には次のように書かれていた。「トラテロルコの集会での犯罪的挑発が血みどろの暴動を引き起こした」。メディアは政府により情報操作されてい たが、2001年の調査では、狙撃兵は大統領警備隊のメンバーであり、軍に向かって銃撃するように指示されていたことを示す文書が明らかになった [19]。

調査と対応
1998年、エルネスト・セディージョ大統領は、10月2日のトラテロルコの虐殺30周年イベントで議会の調査を認可した。しかし制度的革命党(PRI) 政府は事件に関連する政府公式文書の公表しなかった。 2002年のラジオインタビューで、米国国家安全保障庁のメキシコ文書プロジェクトのディレクターは政府の調査について以下のように説明した。

「何年もの間、いくつもの調査が行われてきた。事実、ミゲル・デ・ラ・マドリード元大統領は昨日の記者会見で、デモの文書や写真を陸軍と内務次官に要求し たところ、その件に関しては捜査しないようにとてつもなく強い政治的圧力にさらされたと述べた。要求し続けたところ、軍と内務省は彼らのアーカイブが整理 されておらず、文書も写真も存在しないと主張した[20]」。

2001年、70年に及ぶ制度的革命党の政権の独占が終わり、国民行動党(PAN)のヴィセンテ・フォックスが大統領に就任した。彼は虐殺の発令責任者が 誰であったかという問題を解決しようとし、1968年の以前に分類された虐殺に関する書類の公開を命じた[21]。文書は10月の夜の出来事はエレナ・ポ ニアトウスカの著述が正確だったことを証した。米国のアナリスト、ケイト・ドイルは書く。

「政府の発表によれば、広場には何千人もの学生が集まっていて、生徒たちが最初に銃撃をくわえたというものだったが、実際は大統領警備隊の特殊部隊によっ て形成されたオリンピア大隊と呼ばれるユニットがあり、広場を囲んでいる建物から銃撃し、それが大虐殺の原因となったという証拠が明らかにされた。 [22]」。

フォックス大統領は2002年にイグナシオ・カリーリョ・プリエトを任命し、虐殺の発令責任者を訴追した[23]。2006年、ルイス・エチェベリア・ア ルバレス元大統領は大量虐殺罪で逮捕された。しかし、2009年3月、複雑な上訴手続きの後、元大統領に対する大量虐殺訴訟は却下された。メキシコの新聞 The News Mexico紙は、「裁判所の3人の裁判官は、元大統領を1968年10月2日の虐殺事件に結びつけるには証拠が不十分であると判決した」と報じた。

判決にもかかわらず、検察官カリーリョ・プリエトは、国際司法裁判所と米州人権委員会の前で彼の調査を続行し、元大統領に対する告訴を求めると述べた [24]。

米国政府のアーカイブ
2003年10月、ワシントン大学の国家安全保障アーカイブ(National Security Archive)は一連のCIA記録を公表し、米国政府の虐殺における役割が明らかになった。情報公開法の要請に応じて、国防総省、国務省、FBI、ホワ イトハウスが公表した文書には次のような記述がある[25]。

メキシコ政府のオリンピック安全保障上の懸念に対処するため、国防総省はメキシコへの軍事ラジオ、武器、弾薬や暴動鎮圧用装備を送った。
メキシコシティのCIA当局は7月から10月にかけて、メキシコ政府と大学の状況に関する報告を、ほぼ毎日作成した。トラテロルコでの虐殺の前に、ルイ ス・エチェベリア・アルバレスと連邦保安局長は「状況はすぐに完全な制御下に置かれる」とCIAに語った。
ディアス・オルダス政権は学生指導者ソクラテス・カンポス・レムスが制度的革命党(PRI)の指導層に対する内部の反体制改革政治家たち(たとえばen: Carlos A. Madrazo)が学生運動に資金を出して指揮している と発言するように「調整」した。
追悼

広場に捧げられた追悼の石碑。
1993年、事件25周年を追悼し、学生など犠牲者の名前の刻まれた石碑が捧げられた。最高裁判所は虐殺を悼む壁画を飾っている。

2008年10月2日、40周年を追悼し、メキシコシティで2度の行進が行なわれた。 1度目ははNormal Superior de Maestros学校から出発しソカロへ向かった。2度目は国立工科大学から三文化広場の虐殺の場所を目指した。 イベントの主催者である「68年委員会(Comité del 68)」の一人によれば40,000人もの参加者を数えた[26]。

メキシコ上院は10月2日を「国民哀悼の日」として定めた[27]。


, also known as the Mexican Student Movement (Movimiento Estudiantil) was a social movement composed of a broad coalition of students from Mexico's leading universities that garnered widespread public support for political change in Mexico. A major factor in its emergence publicly was the Mexican government's lavish spending to build Olympic facilities for the 1968 Olympics in Mexico City. The movement demanded greater political freedoms and an end to the authoritarianism of the PRI regime, which had been in power since 1929.

Student mobilization on the campuses of the National Autonomous University of Mexico, National Polytechnic Institute, El Colegio de México, Chapingo Autonomous University, Ibero-American University, Universidad La Salle and Meritorious Autonomous University of Puebla, among others created the National Strike Council. Its efforts to mobilize Mexican people for broad changes in national life was supported by many sectors of Mexican civil society, including workers, peasants, housewives, merchants, intellectuals, artists, and teachers.

The movement had a list of demands for Mexican president Gustavo Díaz Ordaz and the government of Mexico for specific student issues as well as broader ones, especially the reduction or elimination of authoritarianism. Simultaneous with the movement in Mexico and influencing it were global protests of 1968. Demands in Mexico were for a democratic change in the country, more political and civil liberties, the reduction of inequality and the resignation of the government of the ruling Institutional Revolutionary Party (PRI) that they considered authoritarian and by then had governed Mexico since 1929, with only weak political opposition.

The political movement was violently suppressed by the government following a series of mass demonstrations and culminating in a massacre of participants in a peaceful demonstration on 2 October 1968, known as the Tlatelolco massacre. There were lasting changes in Mexican political and cultural life because of the 1968 mobilization.[1]


メキシコ学生運動 (Movimiento Estudiantil)としても知られる1968年のメキシコ運動は、メキシコの主要大学の学生からなる広範な連合からなる社会運動で、メキシコの政治 的変化を求める国民の支持を広く集めた。1968年にメキシコ・シティで開催されたオリンピックのために、メキシコ政府がオリンピック施設を建設するため に多額の支出を行ったことが、この運動が公に台頭する大きな要因となった。この運動は、政治的自由の拡大と、1929年以来政権を握っていたPRI政権の 権威主義の終焉を要求した。

メキシコ国立自治大学、国立工科大学、エル・コレヒオ・デ・メヒコ、チャピンゴ自治大学、イベロアメリカ大学、ラ・サール大学、プエブラのメリトリア自治 大学などのキャンパスで学生たちが動員され、全国ストライキ評議会が設立された。国民生活の幅広い変革のためにメキシコ国民を動員しようとするその努力 は、労働者、農民、主婦、商人、知識人、芸術家、教師など、メキシコ市民社会の多くの部門によって支持された。

この運動は、メキシコ大統領グスタボ・ディアス・オルダスとメキシコ政府に対して、特定の学生問題だけでなく、より広範な問題、特に権威主義の縮小または 撤廃を求める要求リストを持っていた。メキシコの運動と同時進行し、それに影響を与えたのが1968年の世界的な抗議運動であった。メキシコでの要求は、 国の民主的変革、政治的・市民的自由の拡大、不平等の是正、そして権威主義とみなし、1929年以来メキシコを統治してきた与党・制度的革命党(PRI) 政府の退陣であった。

政治運動は、一連の大規模デモの後、政府によって暴力的に弾圧され、1968年10月2日、トラテロルコの虐殺として知られる平和的デモ参加者の虐殺で頂 点に達した。1968年の動員により、メキシコの政治と文化に永続的な変化が起こった[1]。
Background
For several years prior to the protests, Mexico had experienced a period of strong economic performance called the Mexican miracle, which Antonio Ortiz Mena, the Finance Minister, called "the stabilizing development" (El Desarrollo Estabilizador). The currency was stable, the buying power of wages increased by 6.4%, and the government had a low external debt, which allowed the government to preserve fiscal responsibility. However, there was worker unrest before 1968, including a strike by oil workers under President Miguel Alemán that was put down by the army, as well as a railway workers strike under President Adolfo López Mateos that was ended by military intervention under the direction of then Minister of the Interior Gustavo Díaz Ordaz. Most strikes and political opposition had been from workers and peasants, but when Mexican medical doctors went on strike in 1965, the government was faced with middle-class professionals making demands of the government for better working conditions. Díaz Ordaz, now president of Mexico, refused to negotiate with the striking doctors, who caved under pressure. Subsequently many of those participating in the strike were arrested or fired. The strike demonstrated that Díaz Ordaz would tolerate no challenge to his authoritarian presidency. His Minister of the Interior, Luis Echeverria, played the enforcer role that Díaz Ordaz had as Minister of the Interior in the López Mateos cabinet.[2]

Student activism prior to 1968
Student activism in Mexico was traditionally largely confined to issues dealing with their circumstances while studying at university. There were two strikes at the National Polytechnic Institute in 1942 and 1956, as well as a strike at the National Teachers' School (Escuela Nacional de Maestras) in 1950, organized by the Federación de Estudiantes y Campesinos Socialistas de México (FECSUM).[3] In 1966, Díaz Ordaz intervened in a low-level protest in Morelia at the University of Michoacan over an increase in bus fare. The federal government saw in the protest Communists and "professional agitators involved with foreigners," and a student was shot dead. Demonstrators saw his death as "a victim of the government." Demonstrations increased, with demands for the removal of the governor of the state of Guerrero. Díaz Ordaz refused to negotiate and placed his Minister of the Interior, Luis Echeverría, in charge of the government intervention, occupying the campus. Although there was no evidence of outside agitators or violence on the part of students, the government ordered student residences searched and students evicted. Some students were arrested. A similar scenario occurred at the University of Sonora. In the traditional presidential speech to the legislature on September 1, 1966, just before the occupation of the Morelia campus, Díaz Ordaz made a threat against universities and students. "Neither claims of social and intellectual rank, nor economic position, nor age, nor profession nor occupation grant anyone immunity. I must repeat: No one has rights against Mexico!"[4]

In the 1960s, the Mexican government wanted to showcase its economic progress to the world by hosting the 1968 Olympics in Mexico City. Economic growth had not been spread evenly, and students saw an opportunity to bring reforms and more democracy to Mexico.[5][6] Arising from reaction to the government's violent repression of fights between rival groups of preparatory students, the student movement in Mexico City quickly grew to include large segments of the student body who were dissatisfied with the regime of the PRI.[7]

Mexico City Olympic Games

Logo for the 1968 Mexico City Olympics
The 1968 Summer Olympic Games were scheduled to be held in Mexico City, making it the first city in a developing country to host an games edition. The government saw it as an important way to raise Mexico's profile internationally because of the tourist attendees and international television coverage of the event, which could attract international investors. Large amounts of public funding were expended to build Olympic facilities at a time when there were other priorities for the country. Over the summer of 1968, opposition to the Olympics grew and there were major demonstrations against them. Students did not believe that the appearance of Mexico to the world was a priority. They wanted a revolution resulting in the reform of the country. "No queremos Olimpiadas, queremos revolución" (We do not want Olympic Games, we want a revolution).[8] The IOC threatened to move the Games to Los Angeles if the situation deteriorated.[9][8] The government of Díaz Ordaz wanted the Games to go forward no matter how much repression was required.
背景
デモが起こる前の数年間、メキシコは「メキシコの奇跡」と呼ばれる好調な経済パフォーマンスを経験しており、アントニオ・オルティス・メナ財務相はこれを 「安定化発展」(El Desarrollo Estabilizador)と呼んだ。通貨は安定し、賃金の購買力は6.4%上昇し、対外債務も少なかったため、政府は財政責任を保つことができた。し かし、1968年以前には、ミゲル・アレマン大統領のもとでの石油労働者によるストライキが軍隊によって鎮圧されたり、アドルフォ・ロペス・マテオス大統 領のもとでの鉄道労働者のストライキが当時の内務大臣グスタボ・ディアス・オルダスの指揮のもと軍事介入によって終結するなど、労働者の不安があった。ほ とんどのストライキや政治的反対運動は労働者や農民によるものだったが、1965年にメキシコの医師たちがストライキを起こしたとき、政府は労働条件の改 善を政府に要求する中産階級の専門家たちに直面した。ディアス・オルダス(現メキシコ大統領)はストライキを起こした医師たちとの交渉を拒否したが、医師 たちは圧力に屈した。その後、ストライキ参加者の多くが逮捕されたり解雇されたりした。このストライキは、ディアス・オルダスが自身の権威主義的な大統領 職に対するいかなる挑戦も容認しないことを示した。内務大臣のルイス・エチェベリアは、ロペス・マテオス内閣の内務大臣としてディアス・オルダスが担って いた執行者の役割を果たした[2]。

1968年以前の学生運動
メキシコにおける学生運動は、伝統的に大学在学中の状況に対処する問題に大きく限定されていた。1942年と1956年に国立工科大学で2回のストライキ があり、1950年にはメキシコ社会主義学生連盟(FECSUM)によって組織された国立教員学校(Escuela Nacional de Maestras)でストライキがあった[3]。 1966年、ディアス・オルダスはミチョアカン大学のモレリアでバス料金の値上げをめぐる低レベルの抗議行動に介入した。連邦政府はこの抗議デモを共産主 義者と「外国人に絡むプロの扇動家」とみなし、学生は射殺された。デモ隊は彼の死を「政府の犠牲者」と見なした。デモは増加し、ゲレロ州知事の罷免を要求 した。ディアス・オルダスは交渉を拒否し、ルイス・エチェベリア内務大臣を政府介入の責任者とし、キャンパスを占拠した。外部からの扇動者や学生側からの 暴力の証拠はなかったが、政府は学生寮の捜索と学生の立ち退きを命じた。逮捕された学生もいた。同様のことがソノラ大学でも起こった。モレリア・キャンパ スが占拠される直前の1966年9月1日、ディアス・オルダスは議会での伝統的な大統領演説で、大学と学生に対する脅しを行った。「社会的・知的地位の主 張も、経済的地位も、年齢も、職業も、誰にも免責を与えない。繰り返すが、誰もメキシコに対して権利を持っていない!」[4]。

1960年代、メキシコ政府は1968年にメキシコシティでオリンピックを開催することで、その経済発展を世界にアピールしようとした。経済成長は均等に は広がっておらず、学生たちはメキシコに改革と民主主義をもたらす機会を見出した。メキシコシティにおける学生運動は、予備校生の対立グループ間の喧嘩に 対する政府の暴力的な弾圧への反発から生まれ、PRIの体制に不満を持つ学生層の大部分を含むまでに急速に成長した[7]。

メキシコシティオリンピック

1968年メキシコシティオリンピックのロゴ
1968年の夏季オリンピックはメキシコシティで開催される予定であり、発展途上国初のオリンピック開催都市となった。観光客が集まり、国際的なテレビ中 継が行われることで、国際的な投資家を呼び込むことができるため、政府はメキシコの知名度を国際的に高める重要な手段と考えた。国にとって他に優先すべき ことがあった時期に、多額の公的資金がオリンピック施設の建設に費やされた。1968年の夏には、オリンピックへの反対運動が高まり、大規模な反対デモが 起こった。学生たちは、メキシコを世界にアピールすることが優先事項だとは考えていなかった。彼らは、国の改革をもたらす革命を望んでいたのだ。「IOC は、状況が悪化した場合、大会をロサンゼルスに移すと脅した[9][8]。 ディアス・オルダス政権は、どれほど弾圧が必要であっても、大会の開催を望んでいた。
Sparking events of the student movement

Students on a burned-out bus, 28 July 1968

A teacher talks with soldiers in front of high school #1 on 30 July while students demonstrate in the background.

Ciudad Universitaria, site of the UNAM campus, main library
On July 22 and 23, 1968, a confrontation took place between students at Vocational Schools #2 and #5—affiliated with the National Polytechnic Institute (IPN)—and the Isaac Ochoterena High School—a preparatory school affiliated with UNAM. The subsequent intervention—described as a "police riot"—by the special police corps of grenadiers resulted in the arrest of several students.[10][11][12] In an informal interview with some granaderos, Antonio Careaga recounted that, "the granaderos said that the authorities gave men in the riot squad thirty pesos (approx. three dollars) for every student they clubbed and hauled off to jail."[13]

On 26 July 1968 there were two simultaneous demonstrations took place, one summoned students from the IPN to protest the assault of the grenadiers on students from Vocational School 5. The other demonstration was organized by the Estudiantes Democráticos, a Communist youth organization that was holding a "Youth March for July 26" demonstration commemorated the 15th anniversary of the 1952 assault on the Moncada barracks in Cuba and in solidarity with the Cuban Revolution. The two demonstrations intersected and joined together, marching to the Zócalo. However, they were prevented from entering the central square by mounted police. In the following days, students demonstrated in the streets of downtown Mexico City and set fire to empty buses. During this period hundreds were injured and perhaps a thousand were jailed. Some students fled to the San Ildefonso Preparatory School, where police blew open the 18th century carved wooden door with a bazooka. The government claimed that all the agitation and the official response concerned the Mexican Communist Party. What had been a relatively low-level local police matter was "elevated ... to an issue of national security."[14] The Attorney General of the Republic, Julio Sánchez Vargas, issued arrest warrants against "people linked to the disorders", among them were several members of the Mexican Communist Party (PCM).

On 1 August 1968, the rector of the UNAM, Javier Barros Sierra, publicly condemned the events. He viewed the attack and occupation of the preparatory school affiliated with UNAM as a violation of UNAM's autonomy as an institution. He lowered the Mexican flag to half-mast. He then gave an emotional speech he advocated protection of university autonomy and demanded the freedom of political prisoners, referring to the UNAM-affiliated preparatory students who had been arrested. He then led a massive march, with perhaps as many as 50,000 on Av. Insurgentes to the center of the city, returning to UNAM's campus at the Ciudad Universitaria. The student movement chant, Únete Pueblo (People! Join us!), was first used on this march. Mexico City had not seen a student mobilization on this scale for decades, but what was more remarkable about this one was that it was led by the rector of the national university.[15] The orderliness of the demonstration proved to the Mexican public that the students were not rabble-rousers; additionally, the demonstration showed it unlikely that communist agitators could have coordinated the students' actions.[16][17] The protest route was planned specifically to avoid the Zócalo (Mexico City's main plaza). The current UNAM website stated that the march route began from "University City (CU), ran along Insurgentes Avenue to Félix Cuevas, turned on Félix Cuevas towards Coyoacán Avenue, and returned by University Avenue back to the starting point." The march proceeded without any major disturbances or arrests.[16]
学生運動の発端となった出来事

1968年7月28日、焼け焦げたバスに乗る学生たち

7月30日、第1高校の前で兵士と話す教師、背後では学生たちがデモを行っている。

シウダー・ウニベルシタリア、UNAMキャンパス、図書館本館跡地
1968年7月22日と23日、国立工科大学(IPN)付属の2番と5番の職業学校と、UNAM付属の予備校であるアイザック・オチョテレナ高校の生徒の 間で対立が起こった。その後の擲弾兵の特別警察隊による「警察暴動」と表現される介入は、数人の学生を逮捕する結果となった[10][11][12]。ア ントニオ・カレアガは、何人かのグラナデロスとの非公式なインタビューの中で、「グラナデロスは、当局が学生を棍棒で殴り、刑務所に連行するごとに、暴動 鎮圧隊の男たちに30ペソ(約3ドル)を与えたと語った」と語った[13]。

1968年7月26日、2つのデモが同時に行われ、1つはIPNの学生を招集し、第5職業学校の学生に対する擲弾兵の暴行に抗議した。もう1つのデモは、 共産主義青年組織エストゥディアンテス・デモクラティコス(Estudiantes Democráticos)が主催したもので、1952年のキューバのモンカダ兵営襲撃事件から15周年を記念し、キューバ革命と連帯する「7月26日の ための青年行進」デモを開催していた。この2つのデモは交差して合流し、ゾカロまで行進した。しかし、騎馬警官隊によって中央広場への進入は阻止された。 その後の数日間、学生たちはメキシコシティのダウンタウンの路上でデモを行い、空のバスに火を放った。この間、数百人が負傷し、おそらく千人が投獄され た。一部の学生はサン・イルデフォンソ予備学校に逃げ込んだが、警察は18世紀の木彫りの扉をバズーカ砲で爆破した。政府は、すべての扇動と公式対応はメ キシコ共産党に関係するものだと主張した。共和国検事総長フリオ・サンチェス・バルガスは、「騒乱に関係する人々」に対する逮捕状を発行し、その中にはメ キシコ共産党(PCM)のメンバーも含まれていた。

1968年8月1日、UNAMのハビエル・バロス・シエラ学長は、この事件を公に非難した。同学長は、UNAM付属予備校の襲撃と占拠を、UNAMの教育 機関としての自治権の侵害とみなした。彼はメキシコ国旗を半旗に下げた。そして、大学の自治権の保護を主張し、逮捕されたUNAM所属の予備校生に言及し ながら、政治犯の自由を要求する感情的な演説を行った。その後、インスルヘンテス通りをおそらく5万人規模の大行進を率いて市内中心部まで行進し、シウ ダー・ウニベルシタリアのUNAMキャンパスに戻った。学生運動の聖歌「Únete Pueblo(人民よ、われわれに加われ!)」は、この行進で初めて使われた。メキシコ・シティでは、これほどの規模の学生動員は何十年も行われていな かったが、このデモでさらに注目されたのは、国立大学の学長が率いたことであった[15]。デモの整然とした様子は、メキシコ国民に学生たちが暴徒ではな いことを証明し、さらにこのデモは、共産主義者の扇動者が学生たちの行動を調整できたとは考えにくいことを示した[16][17]。現在のUNAMのウェ ブサイトには、デモ行進のルートは「ユニバーシティ・シティ(CU)から始まり、インスルヘンテス通りをフェリックス・クエバスまで走り、フェリックス・ クエバスをコヨアカン通りに向かって曲がり、ユニバーシティ・アベニューを通って出発地点に戻る」と記載されていた。デモ行進は、大きな妨害や逮捕もなく 進行した[16]。
August to October 1968
National Strike Council (CNH)
Main article: National Strike Council

Strike Council members Cabeza de Vaca and Perelló at a press conference. (Mexico, 1968)
Following the protest march led by UNAM's rector, students from several institutions formed the National Strike Council (Consejo Nacional de Huelga or CNH), which organized all subsequent protests against the Díaz Ordaz government.[18][page needed] The CNH was a democratic delegation of students from 70 universities and preparatory schools in Mexico; it coordinated protests to promote social, educational, and political reforms.[19] At its apex, the CNH had 240 student delegates and made all decisions by majority vote, had equal representation by female students, and reduced animosity among rival institutions.[20] Raúl Álvarez Garín, Sócrates Campos Lemus, Marcelino Perelló, and Gilberto Guevara Niebla served as the four de facto leaders of the CNH.[21] As the world focused on Mexico City for the Olympics, the CNH leaders sought to gain peaceful progress for festering political and social grievances. Sergio Zermeño has argued that the students were united by a desire for democracy, but their understanding of what democracy meant varied widely.[7]

The movement began to gain support from students outside the capital and from other segments of society, which continued to build until that October. Students formed brigadas (brigades), groups of six or more students who distributed leaflets about the issues in the streets, markets, and most often on public buses.[22] These organizations, the smallest units of the CNH, decided the scope and issues which the student movement would take up. These included both rural and urban concerns.[23] The brigadistas boarded buses to speak to the passengers about the government's corruption and repression, while others distributed leaflets and collected donations.[24] Eventually, the passengers and bus drivers began to sympathize with the students' demands for democracy and justice, and the students collected increasing amounts of money.[25] But the aggressive militancy among the students began to disillusion some bus drivers about the students' motives, and they suspected the youths of seeking power for its own sake.[21]

Protests at UNAM

Science students' contingent, August 13, 1968.

The August 27 student demonstration on Juárez Avenue.
On September 9, Barros Sierra issued a statement to the students and teachers to return to class as "our institutional demands... have been essentially satisfied by the recent annual message by the Citizen President of the Republic."[21] The CNH issued a paid announcement in the newspaper, El Día, for the Silent March on September 13; it invited "all workers, farmers, teachers, students, and the general public" to participate in the march.[21] The CNH emphasized that it had no "connection with the Twentieth Olympic Games...or with the national holidays commemorating [Mexico's] Independence, and that this Committee has no intention of interfering with them in any way.[21] The announcement reiterated the list of six demands from the CNH.

With the opening of the Olympics approaching, Díaz Ordaz was determined to stop these demonstrations. In September, he ordered the army to occupy the UNAM campus. They took the campus without firing a bullet, but beat and arrested students indiscriminately. Barros Sierra resigned in protest on September 23.

Silence March
The Silence March was a silent demonstration that took place on September 13, meant to prove that the movement was not a series of riots but had discipline and self-control.[21]

September Occupation of IPN (the Polytechnic)
Students began to prepare for defensive operations in other institutions. They put on a much stronger resistance when the police and the army tried to occupy the Polytechnic campuses of Zacatenco and Santo Tomas. The battle lasted from 17:00 hours on September 23 to the early hours of September 24.[21] The physician Justo Igor de León Loyola wrote in his book, La Noche de Santo Tomás (Saint Thomas' night): "Today I have seen bloodier fights, unequal battles: Both sides are armed... but what a difference in the weapons, .22 caliber handguns against M-1 military rifles, bazookas against Molotov cocktails."[26][27]

The Polytechnic students held their campuses against the army for more than twelve hours, which aroused strong opposition by the government. The French journal L'Express stated that 15 people died in the battles and that more than one thousand bullets were fired; the government reported three dead and 45 injured people.[27] Students from the Santo Tomás campus who were arrested in the occupations later said that they had been concentrated for defense in the entry lobbies. The military shot students at random and some of their friends did not survive.[citation needed]
1968年8月から10月
全国ストライキ評議会(CNH)
主な記事 全国ストライキ評議会

記者会見するストライキ評議会メンバーのカベサ・デ・バッカとペレロ。(メキシコ、1968年)
UNAMの学長が率いた抗議デモ行進の後、いくつかの教育機関の学生が全国ストライキ評議会(Consejo Nacional de Huelga、CNH)を結成し、ディアス・オルダス政権に対するその後のすべての抗議行動を組織した[18][要ページ]。 [19]その頂点では、CNHは240人の学生代表を擁し、すべての決定を多数決で行い、女子学生も同等の代表を擁し、対立する教育機関間の反感を減らし た[20]。ラウル・アルバレス・ガリン、ソクラテス・カンポス・レムス、マルセリーノ・ペレロ、ジルベルト・ゲバラ・ニエブラの4人がCNHの事実上の リーダーを務めた[21]。セルヒオ・ゼルメーニョは、学生たちは民主主義への願望によって団結していたが、民主主義が何を意味するかについての彼らの理 解は大きく異なっていたと論じている[7]。

この運動は、首都以外の学生や社会の他の層からも支持を得るようになり、同年10月まで継続した。学生たちはブリガーダ(旅団)を結成し、6人以上の学生 で構成されるグループを作り、街頭や市場、公共バスの中で問題についてのビラを配布した[22]。ブリガディスタはバスに乗り込み、政府の腐敗と弾圧につ いて乗客に語りかけ、他の者たちはビラを配り、寄付を集めた[24]。やがて乗客やバスの運転手は、民主主義と正義を求める学生たちの要求に共感し始め、 学生たちはますます多くの資金を集めるようになった[25]。しかし、学生たちの積極的な戦闘性は、学生たちの動機について一部のバスの運転手を幻滅させ 始め、彼らは若者たちがそれ自身のために権力を求めているのではないかと疑った[21]。

UNAMでの抗議行動

1968年8月13日、理学部の学生たち。

8月27日のフアレス通りでの学生デモ。
9月9日、バロス・シエラは「我々の制度的要求は...共和国市民大統領による最近の年次メッセージによって基本的に満足された」として、学生や教師に授 業に戻るよう声明を発表した[21]。CNHは9月13日のサイレント・マーチのために新聞『エル・ディア』紙上で有料の告知を行い、「すべての労働者、 農民、教師、学生、一般市民」に行進への参加を呼びかけた。 [21] CNHは、「第20回オリンピック競技大会...あるいは(メキシコの)独立を記念する祝祭日とは何の関係もなく、当委員会はいかなる形であれ、それらに 干渉する意図はない」と強調した。

オリンピックの開幕が近づくにつれ、ディアス・オルダスはこれらのデモを阻止する決意を固めた。9月、彼は軍隊にUNAMのキャンパスを占拠するよう命じ た。軍隊は一発の銃弾も撃つことなくキャンパスを占拠したが、学生を無差別に殴打し逮捕した。バロス・シエラは9月23日、抗議のため辞任した。

沈黙の行進
サイレンス・マーチは9月13日に行われた無言のデモで、運動が一連の暴動ではなく、規律と自制心を持っていることを証明するためのものだった[21]。

9月 IPN(ポリテクニック)の占拠
学生たちは他の施設での防衛活動の準備を始めた。警察と軍隊がサカテンコとサント・トマスのポリテクニック・キャンパスを占拠しようとしたとき、彼らはよ り強力な抵抗を展開した。戦闘は9月23日17時から24日未明まで続いた[21]。医師フスト・イゴール・デ・レオン・ロヨラはその著書『聖トマスの夜 (La Noche de Santo Tomás)』の中でこう記している: 「今日、私はもっと血なまぐさい戦い、不平等な戦いを見た: 双方とも武装している......しかし、M-1軍用ライフルに対する22口径の拳銃、火炎瓶に対するバズーカ砲など、武器にはなんという違いがあるのだ ろう」[26][27]。

工科大学の学生たちは12時間以上にわたって軍に対してキャンパスを占拠し、政府の強い反発を招いた。フランスの雑誌『L'Express』は、この戦闘 で15人が死亡し、1,000発以上の銃弾が発射されたと述べている。軍部は学生を手当たり次第に射殺し、生き残れなかった友人もいた[要出典]。
Tlatelolco massacre (省略;上掲)

Government strategies to counter the movement
During the presidency of Vicente Fox (2000-2006), his administration created a commission to investigate the Mexican government's activities during the so-called dirty war. The report, Informe Documenta sobre 18 años de "Guerra Sucia" en México, written by the Fiscal Especial: Responsabilidad del Estado en Cientos de Asesinatos y Desapariciones, was digitally published in draft form.[30] The report documents the multi-pronged strategy by President Gustavo Díaz Ordaz and his Minister of the Interior, Luis Echeverría, to contain, control, and suppress the student protests. Government agents infiltrated universities and schools to gain information about student organizations and leaders, their action plans, and were at times agents provocateurs, promoting acts that could then be used as reasons for government violence. The government also co-opted organizations that could act as mediators, silencing dissent, and controlling their functions. Members of police and other organized government units posed as students, inciting them to act criminally, then hiding their identity in prosecutions, skewing the judicial system. Outright government force was also used. The government created paramilitary organizations to destroy their opponents, perpetrating human rights violations. The government used the Mexican army as the last resort.[30] The Tlatelolco massacre is the most prominent example of the government's repression.

Aftermath of the 1968 Movement
This social movement brought unavoidable consequences which permanently changed the future of Mexico,[9] but these political and social changes were not immediate, as the repression continued with the Corpus Christi massacre in 1971.

The major change caused by this movement came at a political level. The citizens had the opportunity to live a new democracy in which their opinion could actually bring change in society. People no longer completely trusted the government and would no longer live completely under the conscious control of their government, nor tolerate it anymore,[28] although they were not completely free. Octavio Paz resigned from his post as Mexican ambassador to India as an act of protest against the government's harsh repression of the student movements. However, there were also some older intellectuals who were in favor of the government, like Agustín Yañez.[8]

Human rights violations
Twenty-two years after the Government of Mexico established a Special Prosecutor for the Social and Political Movements of the Past, the Fiscalía Especial para Movimientos Sociales y Políticos del Pasado (FEMOSSP).[31] After the reopening of the case, it was concluded that the movement marked an inflection "in the political times of Mexico" and was "independent, rebellious and close to civil resistance", the latter officially recognizing the main argument of Gustavo Díaz Ordaz's official version that the reason behind the movement was the aim to install a Communist regime as false.[31] With this argument the Mexican government justified its strategy to combat the movement and characterizing it as a foreign risk with terrorists pretensions.[31]

In that order the Mexican government planned and ordered an extermination campaign during the months of the movement and after based on a massive strategy of Human Rights violations as false imprisonments, abuses, torture, persecution, espionage, criminalization; also crimes as forced disappearances, homicides and extrajudicial killings.[31] All throughout this period, the Mexican government had an active role in advisory, presence, and intelligence operations of the Central Intelligence Agency of the United States[31] under the undercovered Operation LITEMPO, including having Díaz Ordaz and other high representatives of the Mexican Government as informants.[32] The number of victims, disappeared and imprisoned is still imprecise.[31]

Some victims of the Tlatelolco massacre tried to sue the October 2 killings on national and international courts as a crime against humanity and a genocide, affirmation that was sustained by FEMOSPP but rejected by its courts. Some political scientists, historians and intellectuals like Carlos Monsiváis agreed in pointing out that this movement and its conclusion incited a permanent and more active critical and oppositional attitude of civil society, mainly in public universities. As well, it provoked the radicalization of some survivor activists who opted for clandestine action and formed urban and rural guerrillas, which were repressed in the so-called Dirty War during the 1970s.[citation needed]

運動に対抗する政府の戦略
ビセンテ・フォックス大統領時代(2000年〜2006年)、同政権はいわゆる「汚い戦争」におけるメキシコ政府の活動を調査する委員会を設置した。報告 書『Informe Documenta sobre 18 años de "Guerra Sucia" en México(メキシコにおける "汚れた戦争 "の18年間)』は、財政特別委員会によって書かれた: この報告書には、グスタボ・ディアス・オルダス大統領とルイス・エチェベリア内務大臣による、学生デモを封じ込め、統制し、鎮圧するための多方面にわたる 戦略が記されている[30]。政府工作員は大学や学校に潜入し、学生組織や指導者、彼らの行動計画に関する情報を得るとともに、時には政府による暴力の理 由となるような行為を推進し、挑発工作を行った。政府はまた、仲介役となりうる組織を共用して反対意見を封じ込め、その機能を統制した。警察やその他の政 府組織のメンバーは学生を装い、犯罪行為を扇動し、訴追の際には身元を隠して司法制度を歪めた。政府による明白な武力行使も行われた。政府は敵対勢力を壊 滅させるために準軍事組織を作り、人権侵害を行った。トラテロルコの虐殺は、政府の弾圧の最も顕著な例である。

1968年運動の余波
この社会運動は、メキシコの将来を恒久的に変える不可避の結果をもたらしたが[9]、1971年のコーパス・クリスティの虐殺によって弾圧が続いたため、 これらの政治的・社会的変化はすぐには起こらなかった。

この運動によって引き起こされた大きな変化は、政治的なレベルで起こった。市民は、自分たちの意見が実際に社会に変化をもたらすことができる新しい民主主 義を生きる機会を得た。人々はもはや政府を完全に信頼することはなく、完全に自由ではなかったものの、もはや政府の意識的な統制の下で生きることも、それ を容認することもなかった[28]。オクタビオ・パスは、学生運動に対する政府の厳しい弾圧に対する抗議として、駐インドメキシコ大使の職を辞した。しか し、アグスティン・ヤニェスのように政府を支持する年配の知識人もいた[8]。

人権侵害
メキシコ政府が過去の社会・政治運動のための特別検察官、FEMOSSP(Fiscalía Especial para Movimientos Sociales y Políticos del Pasado)を設立してから22年。 [31] 事件の再開後、この運動は「メキシコの政治的時代における」変節を示し、「独立的で、反抗的で、市民的抵抗に近い」ものであったと結論づけられ、後者は、 運動の背後にあった理由が共産主義政権を樹立する目的であったというグスタボ・ディアス・オルダスの公式見解の主要な主張を虚偽であると公式に認めた [31]。この主張によって、メキシコ政府は、この運動と闘うための戦略を正当化し、この運動をテロリスト気取りの外国のリスクであると特徴づけた [31]。

この命令により、メキシコ政府は、冤罪による投獄、虐待、拷問、迫害、スパイ活動、犯罪化、また強制失踪、殺人、超法規的殺人といった犯罪など、大規模な 人権侵害の戦略に基づいて、運動の数ヶ月間とその後における絶滅作戦を計画し、命令した。 [31]この期間中、メキシコ政府は、ディアス・オルダスをはじめとするメキシコ政府の高官を情報提供者とするなど、隠蔽されたLITEMPO作戦の下 で、アメリカ中央情報局[31]の助言、監視、諜報活動に積極的な役割を果たした[32]。

トラテロルコの大虐殺の犠牲者の一部は、10月2日の殺害を人道に対する罪とジェノサイドとして国内外の裁判所に訴えようとしたが、FEMOSPPはこれ を支持したが、裁判所はこれを拒否した。カルロス・モンシバイス(Carlos Monsiváis)のような政治学者、歴史家、知識人の中には、この運動とその結論が、主に公立大学において、市民社会の永続的かつより積極的な批判 的・反対的態度を煽動したという指摘に同意する者もいた。また、この運動は、1970年代のいわゆるダーティ・ウォーで弾圧された、秘密行動を選択し、都 市や農村でゲリラを結成した一部の生存活動家の急進化を引き起こした[要出典]。















La noche de Tlatelolco narrada por Poniatowska


Rojo amanecer: un alarido independiente. | Ft. La Filmoteca Maldita.

リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j