sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

音楽の文化研究

The Cultural Study of Music

池田光穂

☆2003 年初版、2012年に改訂版がでた『音楽の文化研究:批判的イントロダクション』であるが、各論文の表題をみるかぎり、音楽を題材にするカルスタ(英語のオリジナルタイトルは単数形の「文化研究」)は、まさ に、なんでもありの研究のようだ。カルチュラルスタディーズ︎▶︎ラップ音楽▶︎︎音楽美学批判▶︎▶︎︎▶︎▶︎︎▶︎▶︎︎▶︎▶︎

★別名クレジット「音楽のカルチュラルスタディーズ」

★What is the relationship between music and culture? The first edition of The Cultural Study of Music: A Critical Introduction explored this question with groundbreaking rigor and breadth. Now this second edition refines that original analysis while examining the ways the field has developed in the years since the book’s initial publication. Including contributions from scholars of music, cultural studies, anthropology, sociology, and psychology, this anthology provides a comprehensive introduction to the study of music and culture. It includes both pioneering theoretical essays and exhaustively researched case studies on particular issues in world musics. For the second edition, the original essays have been revised and nine new chapters have been added, covering themes such as race, religion, geography, technology, and the politics of music. With an even broader scope and a larger roster of world-renowned contributors, The Cultural Study of Music is certain to remain a canonical text in the field of cultural musicology.
『音楽と文化の関係とは?音楽の文化研究』の初版は、この問いを画期的 な厳密さと広範さで探求した: A Critical Introduction』は、この問いを画期的な厳密さと広さで探求した。この第2版では、初版の出版から数年の間にこの分野がどのように発展してきた かを検証しながら、当初の分析に磨きをかけている。音楽、カルチュラル・スタディーズ、人類学、社会学、心理学の研究者による寄稿を含むこのアンソロジー は、音楽と文化の研究に包括的な入門書を提供する。先駆的な理論的エッセイと、世界の音楽における特定の問題について徹底的に研究されたケーススタディの 両方が収録されている。第2版では、オリジナルのエッセイを改訂し、新たに9つの章を加え、人種、宗教、地理、テクノロジー、音楽の政治といったテーマを 取り上げている。より広範な範囲をカバーし、世界的に著名な寄稿者が加わった『The Cultural Study of Music』は、文化音楽学の分野における正統的なテキストであり続けることは間違いない。
Introduction: Music Studies and the Idea of Culture Richard Middleton 
Part 1: When? Musical Histories 
1. Music and Biocultural Evolution Ian Cross 
2. Music and Culture: Historiographies of Disjuncture, Ethnographies of Displacement Philip V. Bohlman 
3. Historical Musicology: Is It Still Possible? Rob C. Wegman 
4. Social History and Music History Trevor Herbert 
5. Musicology, Anthropology, History Gary Tomlinson 
Part 2: Where? Locations of Music 
6. Textual Analysis or Thick Description? Jeff Todd Titon 
7. Comparing Music, Comparing Musicology Martin Clayton 
8. The Destiny of “Diaspora” in Ethnomusicology Mark Slobin 
9. Globalization and the Politics of World Music Martin Stokes 
10. Contesting Difference: A Critique of Africanist Ethnomusicology Kofi Agawu 
11. What a Difference a Name Makes: Two Instances of African-American Popular Music David Brackett 
12. Music, Space, and Place: The Geography of Music Adam Krims 
13. Music and Everyday Life Simon Frith  Part 3: How? Processes, Practices, and Institutions of Music 
14. Music, Culture, and Creativity Jason Toynbee 
15. Musical Autonomy Revisited David Clarke 
16. Music as Performance Nick Cook 
17. The Cultural Study of Musical Instruments Kevin Dawe 
18. Music Education, Cultural Capital, and Social Group Identity Lucy Green 
19. Music Technology, or Technologies of Music? Bennett Hogg 
20. Music and Material Culture Will Straw 
Part 4: Whose? Social Forces and Musical Belongings 
21. Music and Social Categories John Shepherd 
22. Music and Mediation: Toward a New Sociology of Music Antoine Hennion 
23. Music and the Social Georgina Born 
24. Locating the People: Music and the Popular Richard Middleton 
25. Music and the Market: The Economics of Music in the Modern World Dave Laing 
26. Music, Sound, and Religion Jeffers Engelhardt 
27. Music, Race, and the Fields of Public Culture Ronald Radano 
28. Music, Gender, and Sexuality Fred E. Maus 
Part 5: Who? Musical subjectivities 
29. What’s Going On: Music, Psychology, and Ecological Theory Eric F. Clarke 
30. Musical Materials, Perception, and Listening Nicola Dibben 
31. Music, Experience, and the Anthropology of Emotion Ruth Finnegan 
32. Towards a Political Aesthetics of Music David Hesmondhalgh 
33. Music and the Subject: Three Takes John Mowitt 
34. Of Mice and Dogs: Music, Gender, and Sexuality at the Long Fin de Siècle Ian Biddle 
35. Subjectivity Unbound: Music, Language, Culture Lawrence Kramer

【初版の執筆陣:訳本】
音楽研究と文化の思想 / リチャード・ミドルトン著
音楽と生物文化的進化 / イアン・クロス著
音楽学、人類学、歴史 / ゲイリー・トムリンソン著
音楽と文化 : 断絶のヒストリオグラフィ / フィリップ・V.ボールマン著
音楽の比較、音楽学の比較 / マーティン・クレイトン著
音楽と社会的カテゴリー / ジョン・シェファード著
音楽とその媒体 : 新しい音楽社会学に向けて / アントワーヌ・エニョン著
音楽と日常生活 / サイモン・フリス著
音楽・文化・創造性 / ジェイソン・トインビー著
音楽と心理学 / エリック・F.クラーク著
主観礼賛!音楽・解釈学・歴史 / ローレンス・クレイマー著
歴史音楽学はまだ可能か? / ロブ・C.ウェグマン著
社会史と音楽史 / トレヴァー・ハーバート著
音楽の自律性再考 / デイヴィッド・クラーク著
テクスト分析か、厚い記述か? / ジェフ・トッド・ティトン著
音楽、体験、そして情動の人類学 / ルース・フィネガン著
音楽の素材、知覚、聴取 / ニコラ・ディベン著
パフォーマンスとしての音楽 / ニコラス・クック著
ネズミと犬について : 世紀末における音楽、ジェンダー、セクシュアリティ / イアン・ビドゥル著
差異を糾弾する : アフリカ民族音楽研究批判 / コフィ・アガウ著
名称がもたらす差異 : アフリカン-アメリカン・ポピュラー音楽にかんする2つの事例 / デイヴィッド・ブラケット著
人々とは誰か? : 音楽とポピュラーなるもの / リチャード・ミドルトン著
音楽教育、文化資本、社会集団のアイデンティティ / ルーシー・グリーン著
楽器のカルチュラル・スタディー / ケヴィン・ダウ著
民族音楽学における「ディアスポラ」の運命 / マーク・スロウビン著
グローバリゼーションと世界音楽の政治学 / マーティン・ストウクス著
音楽と市場 : 現代世界の音楽経済学 / デイヴ・レイン著



民族音楽学を含めて、ポピュラー音楽の研究と研究者の流れはいちおう以下のようになる。
1)アラン・メリアム、ジョン・ブラッキング、スティーヴン・フェルド
2)文化社会学(ハワード・ベッカー、アントワーヌ・エニョン、ティア・デノーラ)
3)カルチャル・スタディーズ(フリス、ヘブディッジ、タグ)
4)批判的音楽学(ジョゼフ・カーマン、マクレアリ、トムリンソン、クレイマー)
(ミドルトン 2011:2)














リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j