sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

ニーチェと音楽

Nietzsche und Musik, "Musik war das allerwichtigste"

Entstand 1874: „Der Hymnus auf die Freundschaft“ von Friedrich Nietzsche (Klassik Stiftung Weimar)

池田光穂


Nietzsche als Komponist
„Musik war seine Passion“
Der Philosoph Friedrich Nietzsche hat auch komponiert. Mit seiner Leidenschaft für Musik befasst sich nun eine Ausstellung in Weimar. Dabei zeige sich ein ganz anderes Bild Nietzsches, „ganz leicht, und immer auf der Suche nach Freundschaft“, sagte die Kuratorin der Schau Evelyn Liepsch im Dlf.
作曲家としてのニーチェ
"音楽は彼の情熱だった"
哲学者フリードリヒ・ニーチェは作曲家でもあった。ワイマールでは現在、彼の音楽への情熱に焦点を当てた展覧会が開催されている。この展覧会のキュレー ターであるエヴリン・リープシュは、ドイツのラジオ局Dlfのインタビューで、この展覧会はニーチェのまったく異なる姿を示していると語った。
Friedrich Nietzsche ist einer der weltweit bekanntesten, einflussreichsten aber auch umstrittensten Philosophen. Er gilt als Vordenker der Moderne und Kultfigur. Doch hat Nietzsche auch komponiert. Das Goethe- und Schiller-Archiv in Weimar zeigt nun eine Ausstellung zu den Kompositionen Friedrich Nietzsches.
Nietzsche habe vor allem für Klavier, sowie viele Lieder komponiert, erklärte die Kuratorin der Ausstellung, Evelyn Liepsch, im Deutschlandfunk. Auch habe er große Entwürfe für Orchesterkompositionen vorgesehen, aber nie für Orchester instrumentiert:
„Das lag ihm nicht, er hat sich später als einen verunglückten Orchestristen bezeichnet, ihm war das schon klar.“
„Musik war das allerwichtigste“
Seit seiner habe Musik zu Nietzsches Leben gehört. Er habe aber nie Komposition studiert und sich das musikalische Rüstzeug allein autodidaktisch angeeignet. Das Komponieren habe er vor allem für sich selbst gebraucht: „Musik war seine Passion, Musik war das allerwichtigste.“
Vor allem in der Studien- und Frühzeit habe Nietzsche komponiert, so Evelyn Liepsch: " Er musste sich freispielen, freisingen, um den Kopf freizuhaben.“
フリードリヒ・ニーチェは、世界で最もよく知られ、最も影響力のある哲 学者の一人であるが、同時に最も物議を醸した哲学者でもある。彼は近代の首謀者とみなされ、カルト的な存在である。しかし、ニーチェはまた、次のような著 作も残している。ワイマールのゲーテ・アンド・シラー・アーカイブでは現在、フリードリヒ・ニーチェの作曲に関する展覧会を開催している。
ニーチェは主にピアノのために作曲し、多くの歌も作曲したと、展覧会のキュレーターであるエヴリン・リープシュはドイチュラントフンクのラジオで説明し た。彼はまた、オーケストラ曲のための大規模な草稿を構想していたが、オーケストラ用にオーケストレーションすることはなかった、と彼女は言った:
「それは彼の性格に合っていなかった。
"音楽は最も重要なものだった"
ニーチェは子供の頃から音楽が生活の一部だった。しかし、彼は作曲を学んだことはなく、音楽の道具は独学で身につけた。音楽は彼の情熱であり、音楽は最も 重要なものだった」。
エヴリン・リープシュによれば、ニーチェは特に学生時代と若い頃に作曲をした。
1874 sei der „Freundschaftshymnus“, entstanden, für Klavier geschrieben, seine letzte große, eigene Komposition, auf die er dann noch ein paar Mal zurückgegriffen habe. 1887 erscheint das Werk dann als „Hymnus an das Leben“.
„Ein ganz anderes Bild von Nietzsche“
Nietzsches musikästhetische Vorliebe für die Musik Richard Wagners habe sich zwar in seinem philosophischen Werk niedergeschlagen, aber in seinen eigenen Komposition sei nichts von Wagner zu finden, das seien ganz eigene Kompositionen.
Zum Teil griffen seine Stücke in die moderne Harmonik, aber andere Lieder seien ganz der Tradition verhaftet: „Sie hören ganz deutlich Anleihen an Franz Schubert, an Robert Schumann.“
Im Hinblick auf das Thema Musik zeige sich ein ganz anderes Bild von Friedrich Nietzsche, „ganz leicht, und immer auf der Suche nach Freundschaft. Er hat alle Sachen irgendwem gewidmet. Er hat ganz viel Klavier zu vier Händen, also für zwei Spieler geschrieben, damit man miteinander musizieren kann. Das war ihm ganz wichtig.“

1874年、ピアノのための「友情讃歌」を作曲、これが彼の最後の主要 な自作曲となった。1887年、この作品は『人生讃歌』として出版された。
"まったく異なるニーチェ像"
ニーチェがリヒャルト・ワーグナーの音楽を音楽美学的に好んだことは、彼の哲学的著作に反映されているが、彼自身の作曲にはワーグナーのものはなく、完全 に彼自身のものであった。
フランツ・シューベルトやロベルト・シューマンからの借用がはっきりと聴こえる」。
音楽という主題に関しては、フリードリヒ・ニーチェのまったく異なる姿が浮かび上がってくる。彼はあらゆるものを誰かに捧げた。彼は四手のためのピアノ、 つまり二人の奏者のためのピアノをたくさん書いた。それは彼にとってとても重要なことだった。
ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェ(1844.10.15- 1900.8.25)は、最初の著書 『悲劇の誕生』(1872)でディオニュソス的/アポロン的という芸術理論上の画期的 な概念を提唱しました。ニーチェにとって音楽は、単なる道楽や余技の域をはるか に超えて、彼の哲学の本質に関わるものでした。ニーチェと音楽の関係を示す図書 や、著書の代表作『ツァラトゥストラはこう語った』などを展示しています。

 1. Ohne Musik wäre das Leben ein Irrtum「音楽がなければ人生は一つの誤謬となるにちがいない」1)

「よく家の玄関や居間の壁に、《音楽のない人生など 誤謬 ごびゅう にすぎない》という箴言 を収めた小さな額がかけられていることがあるが、これはニーチェの言葉であ る」2)。「彼のピアノ演奏、とりわけ即興演奏は、社交の場に集まった人々を魅了し た」3)。職業として音楽家になろうと考えていたこともありました 4)。作曲した作品 数は 70 曲以上にものぼります 5)。自伝『この人を見よ』で自作を年代順に解説して いく中では、「もしかしたら『ツァラトゥストラ』は全編が音楽であると考えても いいかもしれない」6) と述べています。

 「音楽と比較して、言葉による伝達はすべて恥知らずな性質を持っている」7)。「ニーチェは言葉へ の徹底した不信を語っていた。どのようにしても言葉は物と一致せず、言葉は存在の世界に到達し 得ないという事実をくりかえし、初期から晩年にいたるまで、あらゆる場面で語りつづけていた。」8)



































リ ンク

文 献(「」より)

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j