sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

★ウォール街を占拠せよ(OWS)★

Occupy Wall Street

池田光穂

☆ウォール街を占拠せよ(OWS)は、経済的不平等と政治における金の影響に反対する59日間の左翼ポピュリズム運動であり、ニューヨークのウォール街金融街にあるズコッティ・パークで始まり、2011年9月17日から11月15日まで続いた。2011年11月15日、抗議者たちはズコッティ・パークから強制退去させられた。抗議者たちはその後、銀行、企業本部、取締役会、差し押さえられた家、大学キャンパス、ソーシャルメディアを占拠することに焦点を当てた。「ウォール街を占拠せよ」が提起した主な問題は、社会的・経済的不平等、貪欲、腐敗、政府に対する企業の不当な影響力(特に金融サービス部門)であった。 OWSのスローガンである「We are the 99%」は、アメリカにおける1%の富裕層とそれ以外の人々との間の所得と富の不平等を指している。彼らの目標を達成するために、抗議者たちは、当局への 請願よりも直接行動による救済を重視した総集会での合意に基づく決定に基づいて行動した。

★was a 59-day left-wing populist movement against economic inequality and the influence of money in politics that had begun in Zuccotti Park, located in New York City's Wall Street financial district, and lasted from September 17 to November 15, 2011.[7] The protests gave rise to the wider Occupy movement in the United States and other Western countries.

The Canadian anti-consumerist magazine Adbusters initiated the call for a protest.[8] The main issues raised by Occupy Wall Street were social and economic inequality, greed, corruption and the undue influence of corporations on government—particularly from the financial services sector. The OWS slogan, "We are the 99%", refers to income and wealth inequality in the U.S. between the wealthiest 1% and the rest of the population. To achieve their goals, protesters acted on consensus-based decisions made in general assemblies which emphasized redress through direct action over the petitioning to authorities.[9][nb 1]

The protesters were forced out of Zuccotti Park on November 15, 2011. Protesters then turned their focus to occupying banks, corporate headquarters, board meetings, foreclosed homes, college and university campuses and social media.
ウォール街を占拠せよ(OWS)は、経済的不平等と政治における金の影響に反対する59日間の左翼ポピュリズム運動であり、ニューヨークのウォール街金融街にあるズコッティ・パークで始まり、2011年9月17日から11月15日まで続いた[7]。

「ウォール街を占拠せよ」が提起した主な問題は、社会的・経済的不平等、貪欲、腐敗、政府に対する企業の不当な影響力(特に金融サービス部門)であった。 OWSのスローガンである「We are the 99%」は、アメリカにおける1%の富裕層とそれ以外の人々との間の所得と富の不平等を指している。彼らの目標を達成するために、抗議者たちは、当局への 請願よりも直接行動による救済を重視した総集会での合意に基づく決定に基づいて行動した[9][nb 1]。

2011年11月15日、抗議者たちはズコッティ・パークから強制退去させられた。抗議者たちはその後、銀行、企業本部、取締役会、差し押さえられた家、大学キャンパス、ソーシャルメディアを占拠することに焦点を当てた。
Origins
The original protest was called for by Kalle Lasn and others of Adbusters, a Canadian anti-consumerist publication, who conceived of a September 17 occupation in Lower Manhattan. The first such proposal appeared on the Adbusters website on February 2, 2011, under the title "A Million Man March on Wall Street."[10] Lasn registered the OccupyWallStreet.org web address on June 9.[11] The website redirected to www.adbusters.org/campaigns/occupywallstreet and www.adbusters.org/occupywallstreet, but is now "Not Found".[12] In a blog post on July 13, 2011,[13] Adbusters proposed a peaceful occupation of Wall Street to protest corporate influence on democracy, the lack of legal consequences for those who brought about the global crisis of monetary insolvency, and an increasing disparity in wealth.[14] The protest was promoted with an image featuring a dancer atop Wall Street's iconic Charging Bull statue.[15][16][17] In July, Justine Tunney registered OccupyWallSt.org which became the main online hub for the movement.[11]

The U.S. Day of Rage, a group that organized to protest "corporate influence [that] corrupts our political parties, our elections, and the institutions of government", also joined the movement.[18][19] The protest itself began on September 17; a Facebook page for the demonstrations began two days later on September 19 featuring a YouTube video of earlier events. By mid-October, Facebook listed 125 Occupy-related pages.[20]

The original location for the protest was One Chase Manhattan Plaza, with Bowling Green Park (the site of the "Charging Bull") and Zuccotti Park as alternate choices. Police discovered this before the protest began and fenced off two locations; but they left Zuccotti Park, the group's third choice, open. Since the park was private property, police could not legally force protesters to leave without being requested to do so by the property owner.[21][22] At a press conference held the same day the protests began, New York City mayor Michael Bloomberg explained, "people have a right to protest, and if they want to protest, we'll be happy to make sure they have locations to do it."[19]


The anthropologist David Graeber played a leading early role in the movement and in the coining of the slogan "We are the 99%."[23]
More recent prototypes for OWS include the British student protests of 2010, 2009-2010 Iranian election protests, the Arab Spring protests,[24] and, more closely related, protests in Chile, Greece, Spain and India. Occupy Wall Street, in turn, gave rise to the Occupy movement in the United States.[25][26][27]

Many commentators have stated that the Occupy Wall Street movement has roots in the philosophy of anarchism.[28][29][30][31][32][33]
起源
当初の抗議活動は、カナダの反消費者主義出版物であるアドバスターズのカレ・ラスンらによって呼びかけられ、彼らは9月17日にロウワーマンハッタンで占 拠を行うことを構想した。このような最初の提案は、2011年2月2日にアドバスターズのウェブサイトに「A Million Man March on Wall Street」というタイトルで掲載された[10]。ラスンは6月9日にOccupyWallStreet.orgのウェブアドレスを登録した[11]。 ウェブサイトはwww.adbusters.org/campaigns/occupywallstreet、 www.adbusters.org/occupywallstreet にリダイレクトされたが、現在は「Not Found」になっている。 [12] アドバスターズは2011年7月13日のブログ投稿[13]で、民主主義に対する企業の影響力、金融債務超過という世界的危機をもたらした人々に対する法 的責任の欠如、富の格差の拡大に抗議するため、ウォール街の平和的占拠を提案した[14]。

また、「政党、選挙、政府機関を腐敗させる企業の影響力」に抗議するために組織されたグループ「U.S. Day of Rage」もこの運動に参加した[18][19]。デモ自体は9月17日に始まり、2日後の9月19日にはデモのためのFacebookページが開設さ れ、以前のイベントのYouTube動画が掲載された。10月中旬までに、フェイスブックは125の占拠関連のページをリストアップした[20]。

当 初の抗議活動の場所はワン・チェース・マンハッタン・プラザで、ボウリング・グリーン・パーク(「チャージング・ブル」の場所)とズッコッティ・パークが 代替地として選ばれていた。警察は抗議が始まる前にこのことに気づき、2つの場所をフェンスで囲んだが、グループが3番目に選んだズコッティ・パークは オープンにしておいた。同公園は私有地であったため、警察は所有者からの要請がない限り、抗議者たちに退去を法的に強制することはできなかった[21] [22]。 抗議活動が始まった同じ日に行われた記者会見で、ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグは、「人々には抗議する権利があり、彼らが抗議したいのであ れば、それを行う場所を確保することを喜んで行う」と説明した[19]。


人類学者のデイヴィッド・グレーバーは、この運動の初期に主導的な役割を果たし、「We are the 99%」というスローガンを生み出した[23]。
OWSのより最近のプロトタイプとしては、2010年のイギリスの学生抗議運動、2009年から2010年のイランの選挙抗議運動、「アラブの春」抗議運 動[24]、そしてより密接に関連するチリ、ギリシャ、スペイン、インドでの抗議運動が挙げられる。ウォール街を占拠せよ」は、アメリカにおける「占拠せ よ」運動を生み出した[25][26][27]。

多くの論者は、ウォール街を占拠せよ運動はアナーキズムの哲学にルーツがあると述べている[28][29][30][31][32][33]。
We are the 99%
"We Are The 99%"
The Occupy protesters' slogan "We are the 99%" referred to the income disparity in the US and economic inequality in general, which were main issues for OWS. It derives from a "We the 99%" flyer calling for OWS's second General Assembly in August 2011. The variation "We are the 99%" originated from a Tumblr page of the same name.[34][35] Huffington Post reporter Paul Taylor said the slogan was "arguably the most successful slogan since 'Hell no, we won't go!'" of the Vietnam War era, and that the vast majority of Americans saw the income gap as causing social friction.[34] The slogan was boosted by statistics which were confirmed by a Congressional Budget Office (CBO) report released in October 2011.[36] Writing in 2022, historian Gary Gerstle says that the slogan "proved surprisingly appealing" in a nation that, during its neoliberal high point, often denounced ideas of class warfare.[37]
私たちは99%だ
"我々は99%"
オキュパイ」のスローガンである "We are the 99%"は、OWSの主要課題であったアメリカの所得格差と経済格差全般を指している。これは、2011年8月にOWSの第2回総会を呼びかけた「We the 99%」のチラシに由来する。We are the 99%」というバリエーションは、同名のTumblrページに由来する[34][35]。ハフィントン・ポストの記者ポール・テイラーは、このスローガン はベトナム戦争時代の「『地獄に堕ちろ、俺たちは行かない!』以来、間違いなく最も成功したスローガン」であり、アメリカ人の大多数は所得格差が社会的摩 擦を引き起こしていると見ていると述べた[34]。 [34]このスローガンは、2011年10月に発表された米議会予算局(CBO)の報告書によって確認された統計によって後押しされた[36]。2022 年に執筆された歴史家のゲーリー・ガースルは、新自由主義の最盛期にはしばしば階級闘争の考えを非難していた国家において、このスローガンが「驚くほど魅 力的であることが証明された」と述べている[37]。
Income and wealth inequality

A chart showing the disparity in income distribution in the United States.[38][39] Wealth inequality and income inequality have been central concerns among OWS protesters.[40][41][42]
Income inequality and wealth inequality were focal points of the Occupy Wall Street protests.[43][44][45] This focus by the movement was studied by Arindajit Dube and Ethan Kaplan of the University of Massachusetts Amherst, who noted that "... Only after it became increasingly clear that the political process was unable to enact serious reforms to address the causes or consequences of the economic crisis did we see the emergence of the OWS movement."[46]

Goals

Beginning on September 17, 2011, Zuccotti Park was occupied by protesters.[47]
OWS's goals included a reduction in the influence of corporations on politics,[48] more balanced distribution of income,[48] more and better jobs,[48] bank reform[27] (especially to curtail speculative trading by banks[49]), forgiveness of student loan debt[48][50] or other relief for indebted students,[51][52] and alleviation of the foreclosure situation.[53] Some media labeled the protests "anti-capitalist",[54] while others disputed the relevance of this label.[55]

Some protesters favored a fairly concrete set of national policy proposals.[56][57] One OWS group that favored specific demands created a document entitled the 99 Percent Declaration,[58] but this was regarded as an attempt to "co-opt" the "Occupy" name,[59] and the document and group were rejected by the General Assemblies of Occupy Wall Street and Occupy Philadelphia.[59]

During the occupation in Liberty Square, a declaration was issued with a list of grievances. The declaration stated that the "grievances are not all-inclusive".[60][61]
所得と富の不平等

米国における所得分配の格差を示す図表[38][39] 富の不平等と所得の不平等は、OWSの抗議者たちの中心的な関心事であった[40][41][42]。
所得格差と富の不平等は、ウォール街を占拠せよデモの焦点であった[43][44][45]。 運動によるこの焦点は、マサチューセッツ大学アマースト校のArindajit DubeとEthan Kaplanによって研究され、彼らは「...政治的プロセスが経済危機の原因や結果に対処するための深刻な改革を制定することができないことがますます 明らかになった後にのみ、我々はOWS運動の出現を見た」と指摘している[46]。

目標

2011年9月17日から、ズコッティ・パークは抗議者たちによって占拠された[47]。
OWSの目標には、政治に対する企業の影響力の低下、[48]よりバランスの取れた所得分配、[48]より多くのより良い雇用、[48]銀行改革[27] (特に銀行による投機的な取引を抑制すること[49])、学生ローンの債務免除[48][50]もしくは負債を抱えた学生に対するその他の救済、[51] [52]差し押さえ状況の緩和が含まれていた[53]。一部のメディアは抗議活動を「反資本主義」とラベリングしたが[54]、一方でこのラベリングの関 連性に異議を唱える者もいた[55]。

一部の抗議者たちは、かなり具体的な一連の国家政策提案を支持していた[56][57]。 具体的な要求を支持していたあるOWSグループは、「99パーセント宣言」と題された文書を作成したが[58]、これは「オキュパイ」の名称を「共同利 用」しようとする試みとみなされ[59]、この文書とグループは、「ウォール街を占拠せよ」と「フィラデルフィアを占拠せよ」の総会によって拒否された [59]。

リバティスクエアでの占拠の間、不満のリストとともに宣言が出された。宣言は「不満はすべてを包括するものではない」と述べていた[60][61]。
Main organization

Protesters engaging in the 'human microphone'
The assembly was the main OWS decision-making body and used a modified consensus process, where participants attempted to reach consensus and then dropped to a 9/10 vote if consensus was not reached.

Assembly meetings involved OWS working groups and affinity groups, and were open to the public for both attendance and speaking.[62] The meetings lacked formal leadership. Participants commented upon committee proposals using a process called a "stack", which is a queue of speakers that anyone can join. New York used a progressive stack, in which people from marginalized groups are sometimes allowed to speak before people from dominant groups. Facilitators and "stack-keepers" urged speakers to "step forward, or step back" based on which group they belong to, meaning that women and minorities often moved to the front of the line, while white men often had to wait for a turn to speak.[63][64] In addition to the over 70 working groups,[65] the organizational structure also included "spokes councils", at which every working group could participate.[66]


主要組織

ヒューマン・マイク」に参加する抗議者たち
集会はOWSの主要な意思決定機関であり、参加者がコンセンサスに達することを試み、コンセンサスに達しない場合は9/10投票に落とすという修正コンセンサス・プロセスを採用していた。

アセンブリーのミーティングには、OWSのワーキンググループやアフィニティ・グループが参加し、出席も発言も一般に公開されていた[62]。参加者は 「スタック」と呼ばれるプロセスを用いて委員会の提案についてコメントした。ニューヨークでは、疎外されたグループの人々が、支配的なグループの人々の前 に発言することを許可されることもある、進歩的スタックが使用された。ファシリテーターと「スタック・キーパー」は、発言者がどのグループに属しているか に基づいて「前に出るか、後ろに下がるか」を促し、女性やマイノリティがしばしば列の先頭に移動する一方で、白人男性はしばしば発言の順番を待たなければ ならなかった[63][64]。 70を超えるワーキンググループ[65]に加えて、組織構造には、すべてのワーキンググループが参加できる「スポーク・カウンシル」も含まれていた [66]。
The People's Library
The People's Library at Occupy Wall Street was started a few days after the protest when a pile of books was left in a cardboard box at Zuccotti Park. The books were passed around and organized, and as time passed, it received additional books and resources from readers, private citizens, authors and corporations.[67] As of November 2011 the library had 5,554 books cataloged in LibraryThing and its collection was described as including some rare or unique articles of historical interest.[68] According to American Libraries, the library's collection had "thousands of circulating volumes", which included "holy books of every faith, books reflecting the entire political spectrum, and works for all ages on a huge range of topics."[67]

The library was largely destroyed during the November 15, 2011 raid and, in a court settlement, the City later agreed to pay $360,000 in compensation, including attorney fees.[69][70] Similarly, the City of New York has since begun settling cases with individual participants.[71]

There were already libraries in the encampments of Spain[72] and Greece. Following the example of the OWS People's Library, protesters throughout North America and Europe formed sister libraries at their encampments.[73]


ピープルズ・ライブラリー
ウォール街を占拠せよ」のピープルズ・ライブラリーは、抗議行動の数日後、ズッコッティ・パークにあった段ボール箱に山積みの本が残されたことから始まっ た。2011年11月現在、図書館には5,554冊の本がLibraryThingにカタログ登録されており、そのコレクションには歴史的に興味深い希少 な本やユニークな記事も含まれていると説明されている[68]。 American Librariesによると、図書館のコレクションは「数千冊の蔵書」があり、その中には「あらゆる信仰の聖典、あらゆる政治的スペクトルを反映した本、 膨大なトピックに関するあらゆる年齢層向けの作品」が含まれていた[67]。

この図書館は2011年11月15日の襲撃で大部分が破壊され、裁判上の和解で、市は後に弁護士費用を含む36万ドルの賠償金を支払うことに同意した[69][70]。同様に、ニューヨーク市はその後、個々の参加者との和解を開始している[71]。

スペイン[72]とギリシャの野営地にはすでに図書館があった。OWSピープルズ・ライブラリーの例に倣い、北米とヨーロッパ中の抗議者たちが、それぞれの野営地で姉妹図書館を形成した[73]。
Zuccotti Park encampment
Main article: Timeline of Occupy Wall Street

Encampment at Zuccotti Park and "People's Library" with over 5,000 books, wi-fi internet, and a reference service, often staffed by professional librarians, procuring material through the interlibrary loan system
Prior to being closed to overnight use and during the occupation of the space, somewhere between 100 and 200 people slept in Zuccotti Park. Initially tents were not allowed and protesters slept in sleeping bags or under blankets.[74] Meal service started at a total cost of about $1,000 per day. Many protesters used the bathrooms of nearby business establishments. Some supporters donated use of their bathrooms for showers and the sanitary needs of protesters.[75]

New York City requires a permit to use "amplified sound", including electric bullhorns. Since Occupy Wall Street did not have a permit, the protesters created the "human microphone" in which a speaker pauses while the nearby members of the audience repeat the phrase in unison.[76][74]


Zuccotti Park, cleared and cleaned on November 15, 2011
On October 13, New York City Mayor Bloomberg and Brookfield Properties announced that the park must be vacated for cleaning the following morning at 7 am.[77][78][79] The next morning the property owner postponed its cleaning effort.[78] Having prepared for a confrontation with the authorities to prevent the cleaning effort from proceeding, some protesters clashed with police in riot gear outside City Hall after it was canceled.[77]

Shortly after midnight on November 15, 2011, the New York City Police Department gave protesters notice from the park's owner to leave Zuccotti Park due to its purportedly unsanitary and hazardous conditions. The notice stated that they could return without sleeping bags, tarps or tents.[80][81] About an hour later, police in riot gear began removing protesters from the park, arresting some 200 people in the process, including a number of journalists.

On December 31, 2011, protesters started to re-occupy the park.[82] Police in riot gear started to clear out the park around 1:30 am. Sixty-eight people were arrested in connection with the event, including one accused by media of stabbing a police officer in the hand with a pair of scissors.[83]

When the Zuccotti Park encampment was closed, some former campers were allowed to sleep in local churches.[84] Since the closure of the Zuccotti Park encampment, the movement has turned its focus on occupying banks, corporate headquarters, board meetings, foreclosed homes, college and university campuses, and Wall Street itself. Since its inception, the Occupy Wall Street protests in New York City have cost the city an estimated $17 million in overtime fees to provide policing of protests and encampment inside Zuccotti Park.[85][86][87]

On March 17, 2012, Occupy Wall Street demonstrators attempted to mark the movement's six-month anniversary by reoccupying Zuccotti Park. Protesters were soon cleared away by police, who made over 70 arrests.[88][89] On March 24, hundreds of OWS protesters marched from Zuccotti Park to Union Square in a demonstration against police violence.[90]

On September 17, 2012, protesters returned to Zuccotti Park to mark the first anniversary of the beginning of the occupation. Protesters blocked access to the New York Stock Exchange as well as other intersections in the area. This, along with several violations of Zuccotti Park rules, led police to surround groups of protesters, at times pulling protesters from the crowds to be arrested for blocking pedestrian traffic. There were 185 arrests across the city.[91][92][93][94]
ズコッティ・パーク野営地
主な記事 ウォール街占拠の年表

ズコッティ公園の野営地と、5,000冊以上の書籍、Wi-fiインターネット、図書館間貸出システムを通じて資料を調達する専門の司書がしばしば常駐するレファレンス・サービスを備えた「人民図書館」。
夜間利用が禁止される前、そして占拠中は、100人から200人がズコッティ公園で寝泊まりしていた。当初テントは禁止されており、抗議者たちは寝袋や毛 布で寝た[74]。デモ参加者の多くは、近隣の事業所のバスルームを利用した。シャワーを浴びたり、抗議者の衛生上の必要性から、バスルームの使用を寄付 した支援者もいた[75]。

ニューヨーク市は、電気雄たけびを含む「増幅された音」の使用許可を必要としている。ウォール街を占拠せよ」は許可証を持っていなかったため、抗議者たち は、スピーカーが一時停止する間、近くにいる聴衆のメンバーが一斉にフレーズを繰り返す「人間マイク」を作った[76][74]。


2011年11月15日に清掃されたズコッティ公園
10月13日、ブルームバーグ・ニューヨーク市長とブルックフィールド・プロパティーズは、翌朝7時に清掃のために公園を明け渡さなければならないと発表 した[77][78][79]。翌朝、不動産所有者は清掃作業を延期した[78]。清掃作業の進行を阻止するために当局との対決を準備していた一部の抗議 者たちは、清掃作業が中止された後、市庁舎の外で機動隊服を着た警察と衝突した[77]。

2011年11月15日午前0時過ぎ、ニューヨーク市警は抗議者たちに対し、不衛生で危険な状態であるとされるため、ズコッティ・パークから退去するよう 公園の所有者から通告した。その通知には、寝袋、防水シート、テントなしで戻ることができると記されていた[80][81]。約1時間後、機動隊装備の警 察が抗議者たちを公園から排除し始め、その過程で多くのジャーナリストを含む約200人を逮捕した。

2011年12月31日、抗議者たちは公園を再び占拠し始めた[82]。午前1時30分頃、機動隊に乗った警察が公園を撤去し始めた。この出来事に関連して68人が逮捕され、そのうちの1人はハサミで警察官の手を刺したとしてメディアに告発された[83]。

ズコッティ・パーク野営地が閉鎖されると、一部の元キャンパーたちは地元の教会で寝泊まりすることを許可された[84]。ズコッティ・パーク野営地の閉鎖 以来、運動は銀行、企業本部、取締役会、差し押さえられた家、大学やカレッジのキャンパス、そしてウォール街そのものを占拠することに焦点を合わせた。 ウォール街を占拠せよ」運動が始まって以来、ニューヨーク市はズコッティ・パーク内での抗議行動と野営の取り締まりのために、時間外労働費として推定 1,700万ドルを負担している[85][86][87]。

2012年3月17日、ウォール街を占拠せよのデモ隊は、ズコッティ・パークを再び占拠することで、この運動の6ヶ月の記念日を祝おうとした。3月24 日、数百人のウォール街占拠運動のデモ参加者は、警察の暴力に反対するデモのため、ズコッティ・パークからユニオン・スクエアまで行進した[90]。

2012年9月17日、抗議者たちは占拠開始1周年を記念してズコッティ・パークに戻った。抗議者たちはニューヨーク証券取引所へのアクセスや周辺の交差 点を封鎖した。これに加え、ズコッティ・パークの規則違反がいくつかあったため、警察は抗議者のグループを取り囲み、時には歩行者の通行を妨害したとし て、抗議者を群衆から引きずり出して逮捕した。市全体で185人の逮捕者が出た[91][92][93][94]。
Occupy media

Adbusters poster of Ms. Chelsea Elliott advertising the original protest
Occupy Wall Street activists disseminated their movement updates through variety of mediums, including social media, print magazines, newspapers, film, radio and live stream. Like much of Occupy, many of these alternative media projects were collectively managed, while autonomous from the decision-making bodies of Occupy Wall Street.[95][96]


Arun Gupta, editor of Occupied Wall Street Journal holding a copy of the first issue, standing inside Zuccotti Park
The Occupied Wall Street Journal (OWSJ) was a free newspaper founded in October 2011 by independent journalists Arun Gupta, Jed Brandt and Michael Levitin.[97][98] The first issue had a total print run of 70,000 copies, along with an unspecified number in Spanish.[99] Its last article appeared in February 2012.

Occupier holding up newspaper, covering his face. Back of paper shows Native America, with caption "Decolonize WallStreeet, Decolonize the 99%"
Occupier reading the special edition of Occupied Wall Street, with posters curated by Occuprint
The Occuprint collective, founded by Jesse Goldstein and Josh MacPhee, formed through the curation of the fourth and special edition of The Occupied Wall Street Journal (OWSJ).[100][101] Afterwards, it continued to collect and publish images under the Creative Commons for non commercial use license, to spread the artwork throughout the movement.

The Occupy! Gazette was founded by editors Astra Taylor, Keith Gessen of n+1 and Sarah Leonard of Dissent Magazine. It published five issues from October 2011 to September 2012,[102] with a commemorative sixth issue published in May 2014, to support OWS activist Cecily McMillan during the sentencing phase of her trial.[103][104]

Tidal: Occupy Theory, Occupy Strategy magazine was published twice a year, with its first release in December 2011, the fourth and final issue in March 2013. It consisted of long essays, poetry and art within thirty pages. Each issue had a circulation of 12,000 to 50,000.[105]

In Front and Center: Critical Voices in the 99% was a fully-online publication managed by an editorial collective of OWS participants. It featured critical essays and reflections from within OWS, aiming to put the voices, experiences and issues of oppressed and marginalized communities in the front and center of the Occupy movement. It is still available online.


メディアを占拠せよ

チェルシー・エリオット女史のアドバスターズ・ポスターは、オリジナルの抗議行動を宣伝している。
ウォール街を占拠せよ」の活動家たちは、ソーシャルメディア、印刷雑誌、新聞、映画、ラジオ、ライブストリームなど、さまざまな媒体を通じて運動の最新情 報を発信した。ウォール街を占拠せよ!」の大部分と同様に、これらのオルタナティブ・メディア・プロジェクトの多くは、「ウォール街を占拠せよ!」の意思 決定機関から自律しつつも、集団的に管理されていた[95][96]。


創刊号のコピーを手にする『ウォール街を占拠せよジャーナル』の編集者アルン・グプタ。
オキュパイド・ウォール・ストリート・ジャーナル(OWSJ)は、独立系ジャーナリストのアルン・グプタ、ジェド・ブラント、マイケル・レヴィティンによって2011年10月に創刊されたフリーペーパーだった[97][98]。

顔を隠しながら新聞を掲げる占拠者。紙の裏にはネイティブ・アメリカが描かれ、"Decolonize WallStreeet, Decolonize the 99%" というキャプションが添えられている。
ウォール街を占拠せよ』の特別版を読む占拠者。
ジェシー・ゴールドスタインとジョシュ・マクフィーによって設立されたオキュプリント・コレクティブは、『ウォール街を占拠せよ』(OWSJ)第4特別版 のキュレーションを通じて結成された[100][101]。その後、クリエイティブ・コモンズの非商用利用ライセンスの下で画像を収集・公開し続け、アー トワークを運動全体に広めた。

オキュパイ!Gazetteは、編集者のアストラ・テイラー、n+1のキース・ゲッセン、Dissent Magazineのサラ・レナードによって設立された。2011年10月から2012年9月まで5号が発行され[102]、2014年5月には、裁判の判 決段階にあるオキュパイ!活動家セシリー・マクミランを支援するための記念すべき第6号が発行された[103][104]。

タイダル Occupy Theory, Occupy Strategy』誌は年2回発行され、2011年12月に創刊、2013年3月に第4号と最終号が発行された。30ページ以内の長編エッセイ、詩、アー トで構成されていた。各号の発行部数は12,000~50,000部だった[105]。

In Front and Center: In Front and Center: Critical Voices in the 99%』は、OWS参加者の編集集団によって運営される完全オンライン出版物であった。OWS内部からの批判的なエッセイや考察を特集し、抑圧され疎外さ れたコミュニティの声、経験、問題をオキュパイ運動の前面と中心に置くことを目指した。現在もオンラインで閲覧可能。
Security, crime and legal issues
OWS demonstrators complained of thefts of assorted items such as cell phones and laptops; thieves also stole $2,500 of donations that were stored in a makeshift kitchen.[106] In November, a man was arrested for breaking an EMT's leg.[107]

After several weeks of occupation, protesters had made enough allegations of rape, sexual assault, and gropings that women-only sleeping tents were set up.[108][109][110][111] Occupy Wall Street organizers released a statement regarding the sexual assaults stating, "As individuals and as a community, we have the responsibility and the opportunity to create an alternative to this culture of violence, We are working for an OWS and a world in which survivors are respected and supported unconditionally ... We are redoubling our efforts to raise awareness about sexual violence. This includes taking preventive measures such as encouraging healthy relationship dynamics and consent practices that can help to limit harm."[112]
治安、犯罪、法的問題
OWSのデモ参加者は、携帯電話やノートパソコンなど、様々な物品の窃盗を訴えた。窃盗団はまた、仮設キッチンに保管されていた2,500ドルの寄付金も盗んだ。

数週間の占拠の後、抗議者たちはレイプ、性的暴行、痴漢の申し立てを十分に行い、女性専用の寝泊まりするテントが設置された[108][109] [110][111]。ウォール街を占拠せよの主催者たちは性的暴行に関する声明を発表し、「個人として、コミュニティとして、私たちにはこの暴力文化に 代わるものを創り出す責任と機会があります。私たちは、性的暴力に対する意識を高めるための努力を倍増しています。これには、危害を制限するのに役立つ健 全な人間関係の力学や同意の実践を奨励するなどの予防措置を講じることも含まれます」[112]。
Government crackdowns
Surveillance

An internal document of the United States Department of Homeland Security showed that the U.S. government was keeping tabs on protesters.
As the movement spread across the United States, the United States Department of Homeland Security (DHS) began keeping tabs on protesters, under the pretext that the protest was a potential locus of violence. Following this, there was a DHS report entitled "SPECIAL COVERAGE: Occupy Wall Street", dated October 2011, observed that "mass gatherings associated with public protest movements can have disruptive effects on transportation, commercial, and government services, especially when staged in major metropolitan areas."[113] The DHS keeps a file on the movement and monitors social media for information, according to leaked emails released by WikiLeaks.[114][115]

On December 21, 2012, Partnership for Civil Justice obtained and published U.S. government documents[116] revealing that over a dozen local FBI field offices, DHS and other federal agencies monitored Occupy Wall Street, despite labeling it a peaceful movement.[117] The New York Times reported in May 2014 that declassified documents showed extensive surveillance of OWS related groups across the country.[118]


Site where the Brooklyn Bridge Arrest took place
Arrests
The first person arrested was Alexander Arbuckle, a student videographer from New York University engaged in a class project. The police department alleged he was blocking the street. However, video shown at his trial showed the protesters including Arbuckle, had followed police orders and withdrew to the sidewalk.[119]

Gideon Oliver, who represented Occupy with the National Lawyers Guild in New York, said about 2,000 [protesters] had been arrested just in New York City alone. Most of these arrests in New York and elsewhere, are on charges of disorderly conduct, trespassing, and failure to disperse.[120] Nationally, a little under 8,000 Occupy affiliated arrests have been documented by tallying numbers published in local newspapers.[121]

In a report[122] that followed an eight-month study, researchers at the law schools of NYU and Fordham accuse the NYPD of deploying unnecessarily aggressive force, obstructing press freedoms and making arbitrary and baseless arrests.[123]

Brooklyn Bridge arrests
On October 1, 2011, a large group of protesters set out to walk across the Brooklyn Bridge resulting in 768 arrests, the largest number of arrests in one day at any Occupy event.[124][125][2] By October 2, all but 20 of the arrestees had been released with citations for disorderly conduct and a criminal court summons.[126] On October 4, a group of protesters who were arrested on the bridge filed a lawsuit against the city, alleging that officers had violated their constitutional rights by luring them into a trap and then arresting them.[127]

In June 2012, a federal judge ruled that the protesters had not received sufficient warning.[128]

Court cases
Video of his arrest was convincing evidence in Alexander Arbuckle's acquittal.[119]

In 2011, eight men associated with Occupy Wall Street were found guilty of trespassing, having intended to set up a camp on property controlled by Trinity Church. One was also convicted of attempted criminal mischief and attempted criminal possession of burglar's tools for trying to slice a lock on a chain-link fence with bolt cutters, spending a month in prison. The rest were sentenced to community service.[129][130]

In May 2012, three cases in a row were thrown out of court, the most recent one for "insufficient summons".[131]

One defendant, Michael Premo, charged with assaulting an officer, was found not guilty after the defense presented video evidence which "showed officers charging into the defendant unprovoked", contradicting the sworn testimony of NYPD officers.[132]

In April 2014, the final Occupy court case, the Trial of Cecily McMillan began. Cecily McMillan was charged with and convicted of assaulting a police officer and sentenced to 90 days in Rikers Island Penitentiary.[133] McMillan claimed the assault was an accident and a response to what she claimed to be a sexual assault at the hands of said officer.[134] The jury that found her guilty recommended no jail time.[135] She was released after serving 60 days.[136]
政府の取り締まり
監視

米国国土安全保障省の内部文書によると、米国政府はデモ参加者を監視していた。
運動がアメリカ全土に広がるにつれ、アメリカ国土安全保障省(DHS)は、抗議活動が暴力の原因になりうるという口実で、抗議者を監視し始めた。この後、 「SPECIAL COVERAGE」と題するDHSの報告書が発表された: 2011年10月付けの「ウォール街を占拠せよ」と題されたDHSの報告書では、「公的な抗議運動に関連する大規模な集会は、特に大都市圏で上演される場 合、交通、商業、政府サービスに破壊的な影響を及ぼす可能性がある」と観察されている[113]。ウィキリークスによって公開されたリークメールによれ ば、DHSはこの運動に関するファイルを保持し、ソーシャルメディアの情報を監視している[114][115]。

2012年12月21日、Partnership for Civil Justiceはアメリカ政府の文書[116]を入手し、公開したが、これは平和的な運動であるというレッテルが貼られていたにもかかわらず、10以上の 地方のFBI支局、DHS、その他の連邦機関がウォール街を占拠せよを監視していたことを明らかにしている[117]。 ニューヨーク・タイムズ紙は2014年5月、機密解除された文書が全米のOWS関連グループを広範囲に監視していたことを示していると報じた[118]。


ブルックリン橋の逮捕現場
逮捕者
最初に逮捕されたのは、ニューヨーク大学の学生ビデオグラファーで、授業のプロジェクトに従事していたアレクサンダー・アーバックルだった。警察当局は、 彼が道をふさいでいたと主張した。しかし、彼の公判で上映されたビデオによると、アーバックルを含む抗議者たちは警察の命令に従い、歩道に撤退していた [119]。

ニューヨークの全国法律家組合で占拠を代表するギデオン・オリヴァーは、ニューヨーク市だけで約2,000人(の抗議者)が逮捕されたと述べた。ニュー ヨークやその他の場所でのこれらの逮捕のほとんどは、治安紊乱行為、不法侵入、解散不履行などの容疑によるものである[120]。全国的には、地方紙に掲 載された数字を集計することで、8,000人弱の占拠関連の逮捕が記録されている[121]。

ニューヨーク大学とフォーダム大学の法科大学院の研究者たちは、8ヶ月間の調査を経た報告書[122]の中で、ニューヨーク市警が不必要に攻撃的な武力を展開し、報道の自由を妨害し、恣意的で根拠のない逮捕を行っていると非難している[123]。

ブルックリン橋での逮捕
2011年10月1日、大勢の抗議者たちがブルックリン橋を歩いて渡ろうとした結果、768人が逮捕された。 [126]10月4日、橋の上で逮捕された抗議者グループは、警官が彼らを罠に誘い込み、その後逮捕したことによって彼らの憲法上の権利を侵害したと主張 し、市を提訴した[127]。

2012年6月、連邦判事は抗議者たちが十分な警告を受けていなかったとの判決を下した[128]。

裁判例
アレクサンダー・アーバックルの無罪判決では、逮捕時のビデオが有力な証拠となった[119]。

2011年、ウォール街を占拠せよに関連する8人の男性は、トリニティ教会が管理する土地にキャンプを設置することを意図し、不法侵入の罪で有罪となっ た。また、1人はボルトカッターでチェーン・リンク・フェンスの鍵を切ろうとしたため、犯罪未遂と強盗道具所持未遂の罪で有罪判決を受け、1ヶ月間刑務所 に収監された。残りは社会奉仕活動を言い渡された[129][130]。

2012年5月、立て続けに3つの事件が破棄され、直近のものは「召喚状が不十分」という理由だった[131]。

被告人の一人であるマイケル・プレモは警官への暴行で起訴されたが、弁護側が「警官が被告に無抵抗で突進する様子を映した」ビデオ証拠を提出し、ニューヨーク市警の警官の宣誓証言と矛盾したため、無罪となった[132]。

2014年4月、オキュパイ最後の裁判、セシリー・マクミランの裁判が始まった。セシリー・マクミランは警察官への暴行で起訴され、有罪判決を受け、ライ カーズ島刑務所で90日間の服役を言い渡された[133]。マクミランは暴行は事故であり、彼女が主張する当該警官の手による性的暴行に対する反応であっ たと主張した[134]。彼女を有罪とした陪審は、実刑を求刑しなかった[135]。彼女は60日間の服役後に釈放された[136]。
Notable responses
Main article: Reactions to Occupy Wall Street

October 5, 2011, in Foley Square, members of National Nurses United labor union supporting OWS
During an October 6 news conference, President Barack Obama said, "I think it expresses the frustrations the American people feel, that we had the biggest financial crisis since the Great Depression, huge collateral damage all throughout the country ... and yet you're still seeing some of the same folks who acted irresponsibly trying to fight efforts to crack down on the abusive practices that got us into this in the first place."[137][138]

On October 5, 2011, noted commentator and political satirist Jon Stewart said in his Daily Show broadcast: "If the people who were supposed to fix our financial system had actually done it, the people who have no idea how to solve these problems wouldn't be getting shit for not offering solutions."[139]

Republican presidential candidate Mitt Romney said that while there were "bad actors" that needed to be "found and plucked out", he believes that targeting one industry or region of America is a mistake, and said the Occupy Wall Street protests are "dangerous" and inciting "class warfare".[140][141] A week later, Romney expressed empathy for the movement, saying, "I look at what's happening on Wall Street and my view is, boy, I understand how those people feel."[142]

House Democratic Leader Rep. Nancy Pelosi said she supports the Occupy Wall Street movement.[143] In September, various labor unions, including the Transport Workers Union of America Local 100 and the New York Metro 32BJ Service Employees International Union, pledged their support for demonstrators.[144]

In November 2011, Public Policy Polling did a national survey which found that 33% of voters supported OWS and 45% opposed it, with 22% not sure. 43% of those polled had a higher opinion of the Tea Party movement than the Occupy movement.[145] In January 2012, a survey was released by Rasmussen Reports, in which 51% of likely voters found protesters to be a public nuisance, while 39% saw it as a valid protest movement representing the people.[146]

Many notable figures joined the occupation, including David Crosby, Kanye West, Russell Simmons, Alec Baldwin, Susan Sarandon, Don King, Noam Chomsky, Jesse Jackson, Cornel West, Judith Butler, and Michael Moore.[147]

OWS was mentioned by Time Magazine in its 2011 selection of "The Protester" as Person of the Year.[148]
注目すべき対応
主な記事 ウォール街占拠への反応

2011年10月5日、フォーリー・スクエアにて、OWSを支援するナショナル・ナース・ユナイテッド労働組合のメンバーたち。
10月6日の記者会見でバラク・オバマ大統領は、「アメリカ国民が感じているフラストレーションを表現していると思う。大恐慌以来最大の金融危機が発生 し、国全体が甚大な巻き添えを食ったのに......いまだに無責任な行動をとった同じ連中が、そもそも我々をこのような事態に陥れた不正な慣行を取り締 まろうとする努力と戦おうとしている」と述べた[137][138]。

2011年10月5日、著名なコメンテーターであり政治風刺家であるジョン・スチュワートは、デイリー・ショーの放送で次のように述べた: 「もし金融システムを修正するはずだった人たちが実際にそれをやっていたら、これらの問題を解決する方法を知らない人たちが、解決策を提示しなかったから といってクソみそに言われることはなかっただろう」[139]。

共和党の大統領候補であるミット・ロムニーは、「悪質な行為者」が存在し、それは「発見され、摘み取られる」必要があるとしながらも、アメリカのある産業 や地域をターゲットにすることは間違いであると考えており、ウォール街を占拠せよという抗議活動は「危険」であり、「階級闘争」を扇動していると述べた [140][141]。 1週間後、ロムニーは「ウォール街で起きていることを見て、私の考えは、少年よ、私はあの人たちの気持ちを理解する」と述べ、この運動への共感を表明した [142]。

下院民主党党首のナンシー・ペロシ下院議員は、ウォール街を占拠せよ運動を支持すると述べた[143]。 9月には、アメリカ運輸労組ローカル100やニューヨーク・メトロ32BJサービス従業員国際組合など、さまざまな労働組合がデモ参加者への支援を表明し た[144]。

2011年11月、Public Policy Pollingが行った全国調査によると、有権者の33%がOWSを支持し、45%が反対、22%がわからないと回答した。2012年1月、 Rasmussen Reportsによって発表された調査では、有権者の51%がデモ参加者を公共の迷惑であると見なし、39%が民衆を代表する有効な抗議運動であると見な した[146]。

デヴィッド・クロスビー、カニエ・ウェスト、ラッセル・シモンズ、アレック・ボールドウィン、スーザン・サランドン、ドン・キング、ノーム・チョムス キー、ジェシー・ジャクソン、コーネル・ウェスト、ジュディス・バトラー、マイケル・ムーアなど、多くの著名人が占拠に参加した[147]。

OWSは、『タイム』誌が2011年のパーソン・オブ・ザ・イヤーとして「抗議者」を選出した際に言及された[148]。
Criticism
A number of criticisms of Occupy Wall Street have emerged, both during the movement's most active period and subsequently after. These criticisms include a lack of clear goals, false claim as the 99%, a lack of measurable change, trouble conveying its message, a failure to continue its support base, pursuing the wrong audience, and accusations of anti-Semitism.


Although the movement's primary slogan was "we are the 99%," it was criticized for not encompassing the voice of the entire 99%, specifically lower-class individuals and minorities.
The Occupy Movement has been criticized for not having a set of clear demands that could be used to prompt formal policy change. This lack of agenda has been cited as the reason why the Occupy Movement fizzled before achieving any specific legislative changes. Although the lack of demands has simultaneously been argued as one of the advantages of the movement,[149] the protesters in Occupy rejected the idea of having only one demand, or a set of demands, and instead represented a host of broad demands that did not specifically allude to a desired policy agenda.[150][151]

Although the movement's primary slogan was "We are the 99%," it was criticized for not encompassing the voice of the entire 99%, specifically lower class individuals and minorities. For example, it was characterized as being overwhelmingly white[152] and poorly representative of the needs of the immigrant population. The lack of African American presence was especially notable, with the movement being criticized in several news outlets and journal articles for its lack of inclusivity and racial diversity.[153][154][155][156]

Some publications mentioned that the Occupy Wall Street Movement failed to spark any true institutional changes in banks and in Corporate America. This idea is supported by the number of scandals that continued to emerge following the financial crisis such as the London Whale incident, the LIBOR-fixing scandal, and the HSBC money laundering discovery. Furthermore, the idea of excess compensation through salaries and bonuses at Wall Street banks continued to be a contentious topic following the Occupy protests, especially as bonuses increased during a period of falling bank profits.[157][158][159]

The movement was also criticized for not building a sustainable base of support and instead fading quickly after its initial spark in late 2011 through early 2012.[160] This may be attributed to Occupy's lack of legislative victories, which left the protestors with a lack of measurable goals. It was also argued that the movement was too tied to its base, Zuccotti Park. Evidence of this lies in the fact that when the police evicted the protestors on November 15, the movement largely dissipated.[161][162] While there is evidence that the movement had an enduring impact, protests and direct mentions of the Occupy movement quickly became uncommon.[163][164][160]

Some Occupy Wall Street protests have included anti-zionist and or anti-Semitic slogans and signage such as "Jews control Wall Street" or "Zionist Jews who are running the big banks and the Federal Reserve". As a result, the Occupy movement has been confronted with accusations of anti-Semitism by major US media outlets and US politicians.[165][166][167][168][169]
批判
「ウォール街を占拠せよ」運動が最も活発だった時期も、その後も、ウォール街を占拠せよに対する多くの批判が浮上している。これらの批判には、明確な目標 の欠如、99%としての誤った主張、測定可能な変化の欠如、メッセージの伝達の問題、支持基盤の継続の失敗、誤った聴衆の追求、反ユダヤ主義への非難など が含まれる。


運動の主要スローガンは「われわれは99%」であったが、99%全体、特に下層階級の人々やマイノリティの声を包含していないという批判があった。
オキュパイ運動は、正式な政策変更を促すための明確な要求がなかったと批判されている。このアジェンダの欠如が、占拠運動が具体的な法改正を達成する前に 頓挫した理由として挙げられている。要求の欠如は同時に運動の利点の1つとして主張されてきたが[149]、占拠の抗議者たちは、1つの要求や一連の要求 を持つという考えを拒否し、その代わりに、望ましい政策課題を具体的に示唆するものではない広範な要求の数々を表明した[150][151]。

運動の主要なスローガンは「われわれは99%」であったが、それは99%全体、特に下層階級の人々やマイノリティの声を包含していないとして批判された。 例えば、圧倒的に白人が多く[152]、移民集団のニーズを十分に代表していないという特徴があった。アフリカ系アメリカ人の存在感の欠如は特に顕著であ り、いくつかの報道機関や雑誌の記事では、この運動は包括性と人種的多様性に欠けていると批判されていた[153][154][155][156]。

いくつかの出版物は、ウォール街を占拠せよ運動が銀行やアメリカ企業における真の制度改革を巻き起こすことはできなかったと述べている。この考えは、ロン ドン鯨事件、LIBORフィクシング・スキャンダル、HSBCのマネーロンダリング発覚など、金融危機以降も続発した数々のスキャンダルによって支持され ている。さらに、ウォール街の銀行における給与やボーナスを通じた過剰な報酬という考え方は、特に銀行の利益が減少していた時期にボーナスが増加したこと から、占拠デモの後も論争の的となった[157][158][159]。

この運動はまた、持続可能な支持基盤を構築することなく、2011年後半から2012年前半にかけての最初の火花の後、急速に衰退していったと批判された [160]。また、この運動はズコッティ・パークという拠点に縛られすぎていたとも議論された。その証拠に、11月15日に警察が抗議者たちを立ち退かせ たとき、運動はほとんど消滅した[161][162]。運動が永続的な影響を与えたという証拠がある一方で、抗議活動や占拠運動について直接言及すること はすぐに珍しくなくなった[163][164][160]。

ウォール街を占拠せよ」の抗議デモの中には、「ユダヤ人がウォール街を支配している」、「大銀行と連邦準備制度を動かしているシオニスト・ユダヤ人」と いった反シオニスト、あるいは反ユダヤ主義的なスローガンや看板を掲げたものもあった。その結果、占拠運動はアメリカの主要メディアや政治家たちから反ユ ダヤ主義という非難を浴びている[165][166][167][168][169]。
Subsequent activity
See also: Occupy movement and Occupy movement in the United States
Occupy Wall Street mounted an ambitious call for a citywide general strike and day of action on May 1, 2012. Tens of thousands of people participated in a march through New York City, demonstrating continued support for Occupy Wall Street's cause and concerns.

Occupy Sandy was an organized relief effort created to assist the victims of Hurricane Sandy in the northeastern United States, made up of former and present Occupy Wall Street protesters, other members of the Occupy movement, and former non-Occupy volunteers.[170]

To celebrate the third anniversary of the occupation of Zuccotti Park, an Occupy Wall Street campaign called "Strike Debt" announced it had wiped out almost $4 million in student loans, amounting to the indebtedness of 2,761 students. The loans were all held by students of Everest College, a for profit college that operates Corinthian Colleges, Inc. which in turn owns Everest University, Everest Institute, Heald College, and WyoTech. Strike Debt, and a successor organization, The Debt Collective, were active in organizing the Corinthian 100 students who struck against Corinthian college, a for-profit school that was shut down by the U.S. Department of Education.[171][172]

Occupy the SEC came together during the occupation. The group seeks to represent the 99% in the regulatory process. They first attracted attention in 2012 when they submitted a 325-page comment letter on the Volcker Rule portion of Dodd Frank.[173]

Another offshoot of the Occupy Movement, calling itself the OWS Alternative Banking Group, was established during the occupation of Zuccotti Park in 2011.[174]

Influence on movement for higher wages and other influences
In 2013, commentators described Occupy Wall Street as having influenced the fast food worker strikes.[175] Occupy Wall Street organizers also contributed to a worker campaign at Hot and Crusty cafe in New York City, helping them obtain higher wages and the right to form a union by working with a worker center.[176] Occupy Wall Street has been credited with reintroducing a strong emphasis on income inequality into broad political discourse and, relatedly, for inspiring the fight for a $15 minimum wage.[177]

In 2021, on the 10th anniversary of Occupy Wall Street, The Atlantic listed several long-term influences of the protests, including "Reinventing Activism" by encouraging "a generation to take to the streets and demand systemic reforms", influencing the Green New Deal, influencing activism for higher minimum wages, and "shifting the window of what is deemed politically acceptable discourse and pulling the nation to the left."[178]

In popular culture
Film & television
In The Newsroom, journalist Neal Sampat attempts to cover the Occupy Wall Street movement as it begins to gain traction, going so far as to attend Zuccotti Park gatherings and inviting speakers for the movement onto News Night for an interview with Will McAvoy.
その後の活動
こちらも参照: 占拠運動と米国における占拠運動
ウォール街を占拠せよは、2012年5月1日に市全域でのゼネストと行動日を野心的に呼びかけた。何万人もの人々がニューヨーク市内を行進し、ウォール街占拠の大義と懸念に対する継続的な支持を示した。

オキュパイ・サンディは、アメリカ北東部のハリケーン「サンディ」の被災者を支援するために作られた組織的な救援活動で、ウォール街を占拠した元・現抗議者、オキュパイ運動の他のメンバー、オキュパイではない元ボランティアで構成されている[170]。

ズコッティ・パーク占拠3周年を記念して、「ストライク・デット」と呼ばれるウォール街占拠キャンペーンは、学生ローン約400万ドル(2,761人の学 生の負債に相当)を一掃したと発表した。このローンはすべて、エベレスト大学、エベレスト・インスティテュート、ヒールド・カレッジ、ワイオーテックを所 有するコリンシアン・カレッジ社を運営する営利目的の大学、エベレスト・カレッジの学生が抱えていたものだった。ストライク・デット、そしてその後継組織 であるデット・コレクティブは、米国教育省によって閉鎖された営利学校であるコリンシアン・カレッジに対してストライキを行ったコリンシアン100の学生 を組織化することに積極的だった[171][172]。

SECを占拠せよは、占拠の間に結集した。このグループは、規制プロセスにおいて99%の人々を代表することを目指している。彼らが最初に注目を集めたのは2012年で、ドッド・フランク法のボルカー・ルール部分について325ページに及ぶ意見書を提出した[173]。

OWSオルタナティブ・バンキング・グループと名乗るオキュパイ運動の別の分派は、2011年のズコッティ公園占拠時に設立された[174]。

賃上げ運動への影響など
2013年、コメンテーターたちはウォール街を占拠したことがファストフード労働者のストライキに影響を与えたと評した[175]。ウォール街を占拠した オーガナイザーたちは、ニューヨークのホット・アンド・クラスティ・カフェの労働者キャンペーンにも貢献し、労働者センターと協力することで、彼らがより 高い賃金と労働組合を結成する権利を得るのを支援した[176]。

2021年、ウォール街を占拠してから10周年を迎えたとき、『アトランティック』誌は、「街頭に出て制度改革を要求する世代」を奨励することによる「活 動主義の再発明」、グリーン・ニューディールへの影響、最低賃金の引き上げを求める活動への影響、「政治的に許容される言説とみなされるものの窓をシフト させ、国家を左に引き寄せた」など、抗議行動が長期的に及ぼした影響をいくつか挙げている[178]。

大衆文化
映画とテレビ
ニュースルーム』では、ジャーナリストのニール・サンパットが、ウォール街を占拠せよ運動が牽引力を持ち始める中、ズッコッティ公園の集会に参加したり、ウィル・マカヴォイとのインタビューのために運動のスピーカーを『ニュースナイト』に招いたりして取材を試みる。
1932 Bonus army
1968 Poor People's Campaign
15 October 2011 global protests
2011 protests in Spain
2011 United States public employee protests
2011 Wisconsin protests
2013 protests in Brazil
2013 protests in Turkey
2014 Hong Kong protests
Occupy Galle Face
Capitol Hill Occupied Protest
GameStop short squeeze
List of incidents of civil unrest in the United States
List of Occupy movement topics
List of protests in the 21st century
Nuit Debout
Post-democracy
Radical media
UC Davis pepper spray incident



リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j