sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

★オプス・デイ★

Opus Dei

San Josemaría Escrivá, fundador del Opus Dei

池田光穂

☆ オプス・デイ(Opus Dei)は、正式には聖十字架前教会およびオプス・デイ(ラテン語: Praelatura Sanctae Crucis et Operis Dei)として知られるカトリック教会の組織であり、その会員はキリスト教の理想を職業や一般社会で実践することを目指している。オプス・デイは1928 年にカトリック司祭のホセ・マリア・エスクリバによってスペインで設立され、1950年に教皇ピオ12世によって最終的な教会の承 認を与えられた。ヨハネ・パウロ2世は1982年にUt sit使徒憲章によってそれを属人区(raelatura personalis)とした。教皇フランシスコは、使徒的書簡 Ad charisma tuendum を発表し、オプス・デイの責任を司教総局から聖職者総局に移し、オプス・デイのトップが司教になることはできないと定めている。このようなバチカンによる中央管理強化の傾向は、オプス・デイがもつ、秘密結社的性格、秘儀を使う、保守的なカトリック信仰への固執からきているが、同時に、内部事情やこの教派内の政治力学が、バチカンを含む外部にも「透明性」を欠いている可能からきているのかもしれない

※属人区(ぞくじんく;praelatura personalis)は、属人区長・司祭団・信徒によって構成されるカトリック教会の位階制(ヒエラルキー)に属する組織である。 特定の司牧の役割を柔軟な対応で成し遂げるために教皇によって設置される()。

★, formally known as the Prelature of the Holy Cross and Opus Dei (Latin: Praelatura Sanctae Crucis et Operis Dei), is an institution of the Catholic Church, whose members seek to implement Christian ideals in their occupations and in general society.[2]

Lay people make up the majority of its membership; the remainder are secular priests under the governance of a prelate elected by specific members and appointed by the Pope.[3] Opus Dei is Latin for "Work of God"; hence the organization is often referred to by members and supporters as the Work.[4][5]

Opus Dei was founded in Spain in 1928 by Catholic priest Josemaría Escrivá and was given final church approval in 1950 by Pope Pius XII.[6] John Paul II made it a personal prelature in 1982 by the apostolic constitution Ut sit; that is, the jurisdiction of the Opus Dei's head covers members wherever they are, rather than geographical dioceses.[6]: 1–9  On 14 July 2022, Pope Francis issued the apostolic letter Ad charisma tuendum, which transferred responsibility for the Opus Dei from the Dicastery for Bishops to the Dicastery for the Clergy and decreed that the head of the Opus Dei cannot become a bishop.[7] While Opus Dei has met controversies, it remains influential within the Church.

As of 2018, there are 95,318 members of the Prelature: 93,203 lay persons and 2,115 priests.[1] These figures do not include the diocesan priest members of Opus Dei's Priestly Society of the Holy Cross, estimated to number 2,000 in the year 2005.[8] Members are located in more than 90 countries.[9] About 70% of Opus Dei members live in their own homes, leading family lives with secular careers,[10][11] while the other 30% are celibate, of whom the majority live in Opus Dei centers. Aside from their personal charity and social work, Opus Dei members organize training in Catholic spirituality applied to daily life; members are involved in running universities, university residences, schools, publishing houses, hospitals, and technical and agricultural training centers.
オ プス・デイ(Opus Dei)は、正式には聖十字架前教会およびオプス・デイ(ラテン語: Praelatura Sanctae Crucis et Operis Dei)として知られるカトリック教会の組織であり、その会員はキリスト教の理想を職業や一般社会で実践することを目指している[2]。

信徒が会員の大半を占め、残りの信徒は、特定の会員によって選出され、教皇によって任命された大司祭の統治下にある世俗司祭である。オプス・デイはラテン語で「神の業」を意味し、それゆえこの組織はしばしば会員や支持者によって「業」と呼ばれる[4][5]。

オプス・デイは1928年にカトリック司祭のジョゼマリア・エスクリバによってスペインで設立され、1950年に教皇ピオ12世によって最終的な教会の承 認を与えられた[6]。ヨハネ・パウロ2世は1982年に使徒憲章Ut sitによってそれを個人的なプレラチュアとした: 1-9 2022年7月14日、教皇フランシスコは使徒的書簡「Ad charisma tuendum」を発表し、オプス・デイの責任を司教総局から聖職者総局に移し、オプス・デイのトップが司教になることはできないと定めた[7]。

2018年現在、オプス・デイの会員は95,318人で、93,203人の信徒と2,115人の司祭がいる[1]。これらの数字には、2005年に 2,000人を数えると推定されるオプス・デイの聖十字架司祭会の教区司祭会員は含まれていない。 [オプス・デイのメンバーの約70%は、家庭生活を送りながら世俗的な職業に就いており[10][11]、残りの30%は独身であり、その大多数はオプ ス・デイのセンターに住んでいる。オプス・デイのメンバーは、個人的な慈善活動や社会的な仕事の他に、日常生活に適用されるカトリックの霊性の訓練を組織 している。メンバーは、大学、大学寮、学校、出版社、病院、技術・農業訓練センターの運営に携わっている。
Opus Dei was founded by Josemaría Escrivá de Balaguer on 2 October 1928 in Madrid, Spain. According to Escrivá, on that day he experienced a vision in which he "saw Opus Dei".[12][13] He gave the organization the name "Opus Dei", which in Latin means "Work of God",[14] in order to underscore the belief that the organization was not his (Escrivá's) work, but was rather God's work.[15] Throughout his life, Escrivá held that the founding of Opus Dei had a supernatural character.[16] Escrivá summarized Opus Dei's mission as a way of helping ordinary Christians "to understand that their life... is a way of holiness and evangelization... And to those who grasp this ideal of holiness, the Work offers the spiritual assistance and training they need to put it into practice."[17]

Initially, Opus Dei was open only to men, but in 1930, Escrivá started to admit women, based on what he believed to be a communication from God.[6]: 54  When the Spanish Civil War ended in 1939, Escrivá was able to return to Madrid after three years of hiding.[18] Escrivá later recounted that it was in Spain where Opus Dei found "the greatest difficulties" because of "enemies of personal freedom," and traditionalists who he felt misunderstood Opus Dei's ideas.[19] Despite this, Opus Dei grew during the years of the Franquismo, spreading first throughout Spain, and after 1945, expanding internationally.[6][page needed]

In 1939, Escrivá published The Way, a collection of 999 maxims concerning spirituality for people involved in secular affairs.[20] In the 1940s, Opus Dei found an early critic in the Jesuit Superior General Wlodimir Ledóchowski, who told the Vatican that he considered Opus Dei "very dangerous for the Church in Spain," citing its "secretive character" and calling it "a form of Christian Masonry."[21]

In 1947, a year after Escrivá moved the organization's headquarters to Rome, Opus Dei received a decree of praise and approval from Pope Pius XII, making it an institute of "pontifical right", i.e. under the direct governance of the Pope.[6]: 189  In 1950, Pius XII granted definitive approval to Opus Dei, thereby allowing married people to join the organization, and secular clergy to be admitted to the Priestly Society of the Holy Cross.[6]: 189 

Several Opus Dei members such as Alberto Ullastres were ministers ("Opusdeistas") under the dictator Franco in Spain (see Opus Dei and politics).[22]
オプ ス・デイは、1928年10月2日にスペインのマドリードでヨゼマリア・エスクリバ・デ・バラゲールによって創立された。エスクリバによると、その日、彼 は「オプス・デイを見た」というビジョンを経験した[12][13]。彼は、組織が自分(エスクリバ)の作品ではなく、むしろ神の作品であるという信念を 強調するために、ラテン語で「神の作品」を意味する「オプス・デイ」という名前を組織に与えた[14]。 [15] エスクリバは生涯を通じて、オプス・デイの創立には超自然的な性格があると信じていた[16]。エスクリバはオプス・デイの使命を、一般のクリスチャンが 「自分たちの生活が...聖性と福音化の道であることを理解するのを助ける方法である」と要約した。そして、この聖性の理想を理解する人々に、オプス・デイは、それを実践するために必要な霊的援助と訓練を提供する」[17]。

当初、オプス・デイは男性のみに開かれていたが、1930年、エスクリバは神からの通信であると信じたことに基づいて、女性の入会を認め始めた[6]:  54 1939年にスペイン内戦が終わると、エスクリバは3年間の潜伏の後、マドリードに戻ることができた[18]。エスクリバは後に、オプス・デイが「最大の 困難」を見つけたのはスペインであったと語っている。それは「個人の自由の敵」や、オプス・デイの考えを誤解していると感じた伝統主義者たちのせいであっ た[19]。にもかかわらず、オプス・デイはフランキスモの時代に成長し、まずスペイン全土に広がり、1945年以降は国際的に拡大した

1939年、エスクリバは、世俗的な問題に携わる人々のための霊性に関する999の格言集である『道』を出版した[20]。1940 年代、オプス・デイは、イエズス会総長のウロディミール・レドチョウスキーに初期の批判者を見出し、彼はバチカンに、オプス・デイを「スペインの教会に とって非常に危険である」と考え、その「秘密主義的な性格」を挙げ、「キリスト教メーソンの一形態」と呼んだと語った[21]。

1947年、エスクリバがオプス・デイの本部をローマに移した翌年、オプス・デイは教皇ピオ12世から賞賛と承認の勅令を受け、「教皇権」、すなわち教皇の直接統治下にある団体となった[6]: 189 1950年、ピウス12世はオプス・デイに決定的な承認を与え、それによって既婚者の入会を認め、世俗の聖職者が聖十字架司祭会に入会することを認めた[6]: 189 

アルベルト・ウラストレスのような何人かのオプス・デイのメンバーは、スペインの独裁者フランコの下で聖職者(「オプスデイスタ」)であった(オプス・デイと政治を参照)[22]。
Post-foundational years
In 1975, Escrivá died and was succeeded by Álvaro del Portillo. In 1982, Opus Dei was made into a personal prelature. This means that Opus Dei is part of the Catholic Church, and the apostolate of the members falls under the direct jurisdiction of the prelate of Opus Dei wherever they are. As to "what the law lays down for all the ordinary faithful", the lay members of Opus Dei, being no different from other Catholics, "continue to be [...] under the jurisdiction of the diocesan bishop", in the words of John Paul II's Apostolic Constitution, Ut Sit.[23]

One-third of the world's bishops sent letters petitioning for the canonization of Escrivá.[24] Escrivá was beatified in 1992 in the midst of controversy prompted by questions about his suitability for sainthood. In 2002, approximately 300,000 people gathered in St. Peter's Square on the day Pope John Paul II canonized him.[25][26] According to John L. Allen Jr., "Escrivá is... venerated by millions".[8]

There are other members whose process of beatification has been opened: Ernesto Cofiño, a father of five children and a pioneer in pediatric research in Guatemala;[27] Montserrat Grases, a teenage Catalan student who died of cancer;[28][29] Toni Zweifel, a Swiss engineer;[30][31] Tomás Alvira and wife, Paquita Domínguez, a Spanish married couple;[32] Isidoro Zorzano Ledesma, an Argentinian engineer;[33] Dora del Hoyo, a domestic worker;[34] Fr. José María Hernández Garnica;[33][35] and Father José Luis Múzquiz de Miguel, a Spanish priest who began Opus Dei in the United States.[33]

During the pontificate of John Paul II, two members of Opus Dei, Juan Luis Cipriani Thorne and Julián Herranz Casado, were made cardinals.[36]

In September 2005, Pope Benedict XVI blessed a newly installed statue of Josemaría Escrivá placed in an outside wall niche of St Peter's Basilica, a place for founders of Catholic organizations.[37]

During that same year, Opus Dei received attention due to the success of the novel The Da Vinci Code, in which both Opus Dei and the Catholic Church itself work against the protagonists. The film version was released globally in May 2006, further polarizing views on the organization.[38]

In 2014, Pope Francis through a delegate beatified Álvaro del Portillo and said that "he teaches us that in the simplicity and ordinariness of our life we can find a sure path to holiness.[39]

At the end of 2014, the prelature has been established in 69 countries,[40] while its members are present in 90 countries.[9]

Javier Echevarría Rodríguez, the second prelate of Opus Dei, died on 12 December 2016,[41] and was succeeded by Fernando Ocáriz. He was elected the new prelate of Opus Dei on 23 January 2017, and on the same day was appointed by Pope Francis as such.[42][43]

In 2019, Guadalupe Ortiz de Landázuri, one of the first women who joined Opus Dei, was beatified in Madrid, Spain. She is the first lay faithful, as well as the first woman, in Opus Dei to be beatified.[44]

In 2005, the first publicly-known sexual abuse case of Opus Dei in the US, against , was settled for $977,000.[45] Opus Dei publicly acknowledged a sexual abuse case within the organisation for the first time in its history in July 2020, this one involving priest .[46]
創設期以降
1975年、エスクリバが死去し、アルバロ・デル・ポルティージョが後を継いだ。1982年、オプス・デイは個人修道会となった。これは、オプス・デイが カトリック教会の一部であることを意味し、メンバーの使徒職は、どこにいてもオプス・デイの司祭の直接の管轄下にある。法律がすべての普通の信者のために 定めているもの "については、オプス・デイの平信徒は、他のカトリック教徒と変わらないことで、ヨハネ-パウロ2世の使徒的憲法、ウトその[23]の言葉で、"教区司教 の管轄下に[...]あり続ける"。

世界の司教の3分の1がエスクリバの列聖を請願する書簡を送った[24]。エスクリバは1992年に列福されたが、その際、聖人としての適格性についての 疑問が投げかけられ、論争となった。2002年、教皇ヨハネ・パウロ2世がエスクリバを列福した日には、約30万人がサンピエトロ広場に集まった[25] [26]。 ジョン・L・アレン・ジュニアによれば、「エスクリバは...何百万人もの人々に崇拝されている」[8]。

列福の手続きが開始されたメンバーは他にもいる: エルネスト・コフィーニョは5人の子供の父親であり、グアテマラにおける小児科研究のパイオニアであった[27]。ホセ・マリア・エルナンデス・ガルニカ 神父[33][35]、ホセ・ルイス・ムスキス・デ・ミゲル神父は、米国でオプス・デイを始めたスペイン人神父である[33]。

ヨハネ・パウロ2世の教皇期には、オプス・デイの2人のメンバー、フアン・ルイス・チプリアーニ・ソーンとフリアン・ヘランズ・カサドが枢機卿となった[36]。

2005年9月、教皇ベネディクト16世は、カトリック組織の創設者のための場所であるサンピエトロ大聖堂の外壁のニッチに新しく設置されたホセマリア・エスクリバの像を祝福した[37]。

同年、オプス・デイは、小説『ダ・ヴィンチ・コード』の成功によって注目を集めた。映画版は2006年5月に世界的に公開され、オプス・デイに対する見方はさらに二極化した[38]。

2014年、教皇フランシスコは代表者を通じてアルバロ・デル・ポルティージョを列福し、「彼は私たちの生活の簡素さと平凡さの中に、聖性への確かな道を見出すことができることを教えている」と述べた[39]。

2014年末現在、プレラトリアは69カ国に設立され[40]、メンバーは90カ国に存在している[9]。

2016年12月12日、オプス・デイの第2代管区長であったハビエル・エチェバリア・ロドリゲスが死去し[41]、フェルナンド・オカリスが後を継い だ。彼は2017年1月23日にオプス・デイの新大司教に選出され、同日、教皇フランシスコによってそのように任命された[42][43]。

2019年、オプス・デイに入会した最初の女性の一人であるグアダルーペ・オルティス・デ・ランダズリがスペインのマドリードで列福された。彼女はオプス・デイで列福された最初の信徒であり、最初の女性でもある[44]。

2005年、に対するアメリカにおけるオプス・デイ初の公に知られた性的虐待事件は、977,000ドルで和解した[45]。2020年7月、オプス・デイは、スペインのマヌエル・コチーニャ司祭に関わる組織内の性的虐待事件を、その歴史上初めて公に認めた[46]。
Pope Francis: "Safeguard the charism"
On 22 July 2022,[47][48] Pope Francis issued the apostolic letter in the form of a motu proprio Ad charisma tuendum, which seeks to "safeguard the charism," or original foundational spirit; it is "intended to confirm the Prelature of Opus Dei in the authentically charismatic sphere of the Church, specifying its organization in keeping with the witness of the Founder."[7] Among other things, the new disposition decrees that the head of the Opus Dei "shall not be honoured with the episcopal order", but "is granted, by reason of his office, the use of the title of Supernumerary Apostolic Protonotary with the title of Reverend Monsignor and therefore may use the insignia [including heraldic devices] corresponding to this title".[7] It also transfers responsibility for the personal prelature Opus Dei from the Dicastery for Bishops to the Dicastery for the Clergy,[47][48] conforming to the apostolic constitution Praedicate evangelium, and mandates revision of the statutes of the personal prelature to bring them into conformity with these reforms. This reform became effective on 4 August 2022,[48][49][7] and Pope Francis explained that this action was carried out in consultation with canon lawyers of Opus Dei and had no negative connotation for he has very positive sentiments for Opus Dei.[50]

On 08 August 2023 Pope Francis issued a new motu proprio which stated that personal prelatures such as Opus Dei, are "similar to public clerical associations of pontifical law",[51] such as the Community of Saint Martin and the Family of Mary.[52]
教皇フランシスコ "カリスマを守れ"
2022年7月22日、教皇フランシスコは、"カリスマを保護する "ことを求める使徒的書簡(motu proprio Ad charisma tuendum)を発表した[47][48]。 「7]とりわけ、新しい処分は、オプス・デイの長が "司教命令で栄誉を授かってはならない "が、"彼のオフィスの理由で、モンシニョール牧師の称号を持つ上席使徒的プロトノタリーの称号の使用を付与され、したがって、この称号に対応する徽章 [紋章装置を含む]を使用することができる "と規定している。 [7]また、使徒憲章Praedicate evangeliumに準拠し、オプス・デイ個人司祭団の責任を司教総局から聖職者総局に移し[47][48]、これらの改革に適合させるために個人司祭 団の規約の改正を義務づけている。この改革は2022年8月4日に発効し[48][49][7]、教皇フランシスコは、この措置はオプス・デイのカノン弁 護士と協議して実施されたものであり、オプス・デイに対して非常に肯定的な感情を持っているため、否定的な意味合いはなかったと説明している[50]。

2023年8月8日、教皇フランシスコは、オプス・デイのような個人的なプレラチャーは、聖マルティヌス共同体やマリア家族のような「教皇法上の公的な聖職者団体に類似している」[51]と述べた新しいモトゥ・プリオを発表した[52]。
Teachings of Opus Dei
Opus Dei is an organization of the Catholic Church. As such, it shares the doctrines of the Catholic Church and has "no other teaching than the teaching of the Magisterium of the Holy See", as per the founder.[53]

Opus Dei places emphasis on certain aspects of Catholic doctrine. A central point of focus in Opus Dei's theology is the lives of the Catholic laypeople.[54][55][56] Opus Dei emphasizes the "universal call to holiness": the belief that everyone should aspire to be a saint, as per Jesus' commandment to "Love God with all your heart" (Matthew 22:37)[57] and "Be perfect as your heavenly Father is perfect." (Matthew 5:48)[58] Opus Dei also teaches that sanctity is within the reach of everyone, given Jesus' teaching that his demands are "easy" and "light," as his divine assistance is assured.[59][60][61]

Opus Dei does not have monks or nuns, and only a minority of its members are priests.[62] Opus Dei emphasizes uniting spiritual life with professional, social, and family life. Members of Opus Dei lead ordinary lives, with traditional families and secular careers,[63] and strive to "sanctify ordinary life". Pope John Paul II called Escrivá "the saint of ordinary life".[64]

Similarly, Opus Dei stresses the importance of work and professional competence.[65][66] Opus Dei exhorts its members and all lay Catholics to "find God in daily life" and to perform their work as a service to society and as an offering to God.[67] Opus Dei teaches that work not only contributes to social progress but is a "path to holiness".[68]

The biblical roots of this Catholic doctrine, according to the founder, are in the phrase "God created man to work" (Genesis 2:15)[69] and Jesus' time as a carpenter in a small town.[70] Escrivá also points to the gospel account that Jesus "has done everything well" (Mark 7:37).[71][72]

The foundation of the Christian life, as stressed by Escrivá, is divine filiation: Christians are children of God, identified with Christ's life and mission. Other main ideals of Opus Dei, according to its official literature, are freedom, respecting choice, taking personal responsibility, charity, and love of God above all and love of others.[63]

At the bottom of Escrivá's understanding of the "universal call to holiness" are two dimensions, subjective and objective, according to Fernando Ocariz, a Catholic theologian and prelate of Opus Dei since 2017. The subjective is the call given to each person to become a saint, regardless of their place in society. The objective refers to what Escrivá calls Christian materialism: all of creation, even the most material situation, is a meeting place with God, and leads to union with him.[8]
オプス・デイの教え
オプス・デイはカトリック教会の組織である。そのため、カトリック教会の教義を共有しており、創立者の言うように「聖座の教理の教え以外には教義を持たない」[53]。

オプス・デイはカトリックの教義の特定の側面に重点を置いている。オプス・デイの神学における中心的な焦点は、カトリック信徒の生活である[54] [55][56]。オプス・デイは「聖性への普遍的な呼びかけ」、すなわち「心を尽くして神を愛しなさい」(マタイ22:37)[57]、「あなたがたの 天の父が完全であるように、完全でありなさい」(マタイ5:48)というイエスの戒めに従って、誰もが聖人になることを目指すべきであるという信念を強調 している。(マタイ5:48)[58] オプス・デイはまた、彼の神の援助が保証されているように、彼の要求は「簡単」で「軽い」であるというイエスの教えを考えると、聖性は誰にでも手の届くと ころにあると教えている[59][60][61]。

オプス・デイは修道士や修道女を持たず、そのメンバーの中で司祭であるのは少数派である[62]。オプス・デイのメンバーは、伝統的な家庭と世俗的な職業 を持つ普通の生活を送り[63]、「普通の生活を聖化する」ことに努めている。教皇ヨハネ・パウロ二世はエスクリバを「平凡な生活の聖人」と呼んだ [64]。

同様に、オプス・デイは、仕事と専門的能力の重要性を強調している[65][66]。オプス・デイは、その会員とすべての信徒カトリック信徒に、「日常生 活の中に神を見いだし」、社会への奉仕として、また神への捧げ物として仕事を行うよう勧めている[67]。オプス・デイは、仕事は社会の進歩に貢献するだ けでなく、「聖性への道」であると教えている[68]。

創立者によれば、このカトリックの教義の聖書のルーツは、「神は働くために人を創造された」(創世記2:15)という言葉であり[69]、イエスが小さな町で大工をしていた時代にある[70]。

エスクリバが強調するように、キリスト教的生活の基盤は、神の孝行である: キリスト者は神の子であり、キリストの生涯と使命と同一視される。オプス・デイの公式文献によれば、オプス・デイの他の主な理想は、自由、選択の尊重、個 人的責任の遂行、慈善、そして何よりも神を愛し、他者を愛することである[63]。

カトリック神学者で2017年からオプス・デイのプレラトを務めるフェルナンド・オカリスによれば、エスクリバの理解する「聖性への普遍的な呼びかけ」の 根底には、主観的と客観的という2つの次元がある。主観的とは、社会における立場に関係なく、聖人になるために一人ひとりに与えられた呼びかけである。客 観的とは、エスクリバがキリスト教的唯物論と呼ぶものを指す。被造物のすべては、最も物質的な状況でさえも、神との出会いの場であり、神との合一へと導く ものである[8]。
Interior life (Catholic theology)
All members – whether married or unmarried, priests or laypeople – are trained to follow a 'plan of life', or 'the norms of piety', which are traditional Catholic devotions. This is in order to follow the teaching of the Catholic Catechism: "pray at specific times...to nourish continual prayer".[73]

Mortification of the flesh
Public attention has focused on Opus Dei's practice of mortification. Examples include fasting, "corporal mortifications" such as self-inflicted pain (self-flagellation), sleeping without a pillow or sleeping on the floor, and if compatible with their family or professional duties, remaining silent for certain hours during the day. Mortification has a long history in many world religions, including the Catholic Church. It has been endorsed by popes as a way of 'following Christ', who died of crucifixion and who, speaking of anybody that sought to be his disciple, said: "let him deny himself, take up his cross daily and follow me" (Luke 9:23).[74]
内的生活(カトリック神学)
既婚者、未婚者、司祭、信徒を問わず、すべての会員は、伝統的なカトリックの献身である「生活計画」、すなわち「敬虔の規範」に従うよう訓練される。これは、カトリックのカテキズムの教えに従うためである: 「特定の時に祈り...継続的な祈りを養う」[73]。

肉体の死滅
世間の関心は、オプス・デイの肉体の死滅の実践に集中している。例えば、断食、自らに苦痛を与える(自傷行為)などの "肉体的修練"、枕なしで寝る、床で寝る、家庭や仕事と両立するのであれば、日中の一定時間沈黙を守る、などがある。修道は、カトリック教会を含む多くの 世界宗教において長い歴史を持っている。それは、十字架につけられて死んだキリストに「従う」方法として、ローマ法王たちによって支持されてきた: 「自分を捨て、日々自分の十字架を負い、わたしに従いなさい」(ルカによる福音書9章23節)[74]。
Personal prelature
In Pope John Paul II's 1982 decree known as the Apostolic constitution Ut Sit, Opus Dei was established as a personal prelature, an official structure of the Catholic Church, similar to a diocese in that it contains lay people and secular priests led by a bishop. However, whereas a bishop normally has a territory or diocese, the prelate of Opus Dei is pastor to the members and priests of Opus Dei worldwide, no matter what diocese they are in. Opus Dei is the only personal prelature in existence.[7] In addition to being governed by Ut Sit and by the Catholic Church's general law, Opus Dei is governed by the church's Particular Law concerning Opus Dei, otherwise known as Opus Dei's statutes. This specifies the objectives and workings of the prelature. The prelature is under the Congregation for Bishops.[75][76]

Opus Dei's highest assembled bodies are the General Congresses, which are convened once every eight years. There are separate congresses for the men's and women's branches of Opus Dei. The General Congresses are made up of members appointed by the prelate and are responsible for advising him about the prelature's future. The men's General Congress also elects the prelate from a list of candidates chosen by their female counterparts.[77] After the death of a prelate, a special elective General Congress is convened. The women nominate their preferred candidates for the prelate and is voted upon by the men to become the next prelate—an appointment that must be confirmed by the Pope.[77]

The head of the Opus Dei prelature is known as the prelate.[75] The prelate is the primary governing authority and is assisted by two councils—the General Council (made up of men) and the Central Advisory (made up of women).[78] The prelate holds his position for life. The current prelate of Opus Dei is Fernando Ocáriz Braña, who became the third prelate of Opus Dei on 23 January 2017.[79] The first prelate of Opus Dei was Álvaro del Portillo, who held the position from 1982 until his death in 1994.[80]
個人宣教会
教皇ヨハネ・パウロ2世の1982年の使徒憲章ウト・シットとして知られる勅令において、オプス・デイは、司教が率いる平信徒と世俗司祭を含むという点 で、教区に似たカトリック教会の公式組織である個人的なプレラトリーとして設立された。しかし、司教は通常、領土や教区を持っているのに対し、オプス・デ イのプレラートは、彼らがどの教区にいるかに関係なく、世界中のオプス・デイのメンバーと司祭の牧師である。オプス・デイは、現存する唯一の個人的なプレ ラトリーである。[7] オプス・デイは、その場とカトリック教会の一般法によって統治されていることに加えて、オプス・デイに関する教会の特別法(オプス・デイの規約として知ら れている)によって統治されている。これは、プレラチュアの目的と活動を規定しています。オプス・デイは司教総会の下にある[75][76]。

オプス・デイの最高会議体は、8年に一度招集される総会である。オプス・デイの男性支部と女性支部にはそれぞれ別の総会がある。総会は、管区長によって任 命されたメンバーで構成され、管区の将来について管区長に助言を与える役割を担っている。男性総会はまた、女性議員によって選ばれた候補者のリストから前 任者を選出する[77]。女性たちは、自分たちが希望する前教会長候補者を推薦し、教皇によって承認されなければならない次の前教会長-任命-になるため に男性たちによって投票される[77]。

オプス・デイ管区の長は、管区長として知られている[75]。管区長は第一の統治権者であり、2つの評議会-総評議会(男性で構成)と中央諮問委員会(女 性で構成)によって補佐されている[78]。現在のオプス・デイの大司祭はフェルナンド・オカリス・ブラーニャであり、2017年1月23日にオプス・デ イの3代目の大司祭となった[79]。オプス・デイの最初の大司祭はアルバロ・デル・ポルティージョであり、1982年から1994年に亡くなるまでその 地位にあった[80]。
Types of membership of Opus Dei
As of 2018, the faithful of the Opus Dei Prelature numbered 95,318 members, of which 93,203 are lay persons, men and women, and 2,115 priests.[81] These figures do not include the priest members of Opus Dei's Priestly Society of the Holy Cross, estimated to number 2,000 in the year 2005.[8][page needed]

About 60 percent of Opus Dei faithful reside in Europe, and 35 percent reside in the Americas.[82] Women comprise 57% of the total membership.[83] According to the study of John Allen, for the most part, Opus Dei faithful belong to the middle to low levels in society in terms of education, income, and social status.[84]

Opus Dei is made up of several different types of faithful.[10] According to the Statutes of Opus Dei,[85] the distinction derives from the degree to which they make themselves available for the official activities of the Prelature and for giving formation according to the spirit of Opus Dei.[86]

Supernumeraries, the largest type, currently account for about 70% of the total membership.[87] Typically, supernumeraries are married men and women with careers. Supernumeraries devote a portion of their day to prayer, in addition to attending regular meetings and taking part in activities such as retreats. Due to their career and family obligations, supernumeraries are not as available to the organization as the other types of faithful, but typically contribute financially and lend other types of assistance as their circumstances permit.[88]

Numeraries, the second largest type of the faithful of Opus Dei, comprise about 20% of the total membership.[87] Numeraries are celibate members who give themselves in "full availability" (plena disponibilitas) for the official undertakings of the Prelature.[89] This includes full availability for giving doctrinal and ascetical formation to other members, for staffing the internal government of Opus Dei if asked by the regional directors, and for moving to other countries to start or help with apostolic activities if asked by the prelate.[90] Numeraries are expected to live in gender-specific centers run by Opus Dei,[91] and the question of which particular center a numerary will live in depends upon the regional needs.[92] "Numerary" is a general term for persons who form part of the permanent staff of an organization. It is considered very important for numeraries to participate in daily meals and "get-togethers" in which the sharing of news and conversation takes place.[93] Numeraries generally have jobs outside of Opus Dei, although some are asked to work internally full-time, and thus change their professional goals in order to be available for the Prelature. The majority of numerary income is contributed to the organization.[94]

Numerary assistants are a type of numerary that exists in the Women's Branch of Opus Dei. Their full availability for the Prelature is lived out as full availability for doing a specific type of work, namely looking after the domestic needs of conference and residential centers of Opus Dei.[95] Assistants live in centers run by Opus Dei and do not have jobs outside said centers.

Associates are celibate faithful who take on one or more apostolic assignment(s) from the Prelature in giving doctrinal and ascetical formation and/or coordinating activities.[96] They differ from numeraries in not making themselves "fully" available to staff the official undertakings of the Prelature, instead giving themselves in additional social realities, such as through their profession or to their own families.[94] Because of this difference in availability for the official activities of Opus Dei, unlike numeraries the associates do not live in Opus Dei centers but maintain their own abodes.[96]

Only ordained clergymen are recognized members of the personal prelature by the Catholic church, per canon law. Laymen, such as numeraries, have no recognized status by the Catholic Church, as confirmed by the Vicar General Mariano Fazio.[97][98]

The Clergy of the Opus Dei Prelature are priests who are under the jurisdiction of the prelate of Opus Dei. They are a minority in Opus Dei that makes up about 2% of Opus Dei members.[87]

The Priestly Society of the Holy Cross consists of priests associated with Opus Dei. Part of the society is made up of the clergy of the Opus Dei prelature—priests who fall under the jurisdiction of the Opus Dei prelature are automatically members of the Priestly Society. Other members in the society are diocesan priests—clergymen who remain under the jurisdiction of a geographically defined diocese. These priests are considered full members of Opus Dei who are given its spiritual training. They do not, however, report to the Opus Dei prelate but to their own diocesan bishop.[99] As of 2005, there were roughly two thousand of these priests.[8][page needed]

The Cooperators of Opus Dei are non-members who collaborate in some way with Opus Dei—usually through praying, charitable contributions, or by providing some other assistance. Cooperators are not required to be celibate or to adhere to any other special requirements, and are not even required to be Christian.[99] There were 164,000 cooperators in the year 2005.[8][page needed]

In accordance with Catholic theology, membership is granted when a vocation or divine calling is presumed to have occurred.[100]
オプス・デイの会員の種類
2018年現在、オプス・デイ管区の信者は95,318人で、そのうち信徒は男女合わせて93,203人、司祭は2,115人である[81]。これらの数 字には、2005年に2,000人と推定されるオプス・デイの聖十字架司祭会の司祭会員が含まれていない[8][要ページ]。

オプス・デイの信者の約60パーセントはヨーロッパに、35パーセントはアメリカ大陸に居住している[82]。 女性は全会員の57パーセントを占める[83]。 ジョン・アレンの研究によると、ほとんどの場合、オプス・デイの信者は、教育、収入、社会的地位の点で、社会の中流から低層に属している[84]。

オプス・デイの規約[85]によれば、その区別は、オプス・デイの精神に従って、管区の公式活動と養成を与えるために自分自身を利用可能にする程度に由来する[86]。

最大のタイプである上席会員は、現在、全会員の約70%を占めている[87]。一般的に、上席会員は、キャリアを持つ既婚の男女である。上席会員は、定期 的な会合に出席し、修養会などの活動に参加することに加えて、一日の一部を祈りに捧げる。キャリアと家庭の義務のために、超修道士は他のタイプの信者ほど 組織には参加できないが、通常、経済的に貢献し、状況が許す限り他のタイプの援助を提供する[88]。

オプス・デイの信者の2番目に大きなタイプである数秘者は、全会員の約20%を占める[87]。数秘者は、管区の公式の事業のために「完全な利用可能性」 (plena disponibilitas)で自分自身を捧げる独身会員である[89]。これには、他の会員に教義的および修道的な形成を与えるため、地域ディレク ターに要請された場合にオプス・デイの内部政府に人員を配置するため、および管区長に要請された場合に使徒活動を開始または支援するために他の国に移動す るための完全な利用可能性が含まれる。 [90] 数秘は、オプス・デイが運営する男女別のセンターに住むことが期待されており[91]、数秘がどの特定のセンターに住むかという問題は、地域の必要性に依 存する[92] 。数秘は一般的にオプス・デイ以外の仕事を持っているが、中にはフルタイムで内部で働くように要請され、その結果、管区のために利用できるように職業上の 目標を変更する者もいる[93]。数秘の収入の大半は、組織に寄付される[94]。

数秘アシスタントは、オプス・デイの女性支部に存在する数秘の一種である。アシスタントはオプス・デイが運営するセンターに住み、そのセンター以外では仕事を持たない。

アソシエイトは、教義的・修道的な養成、および/または活動の調整において、管区から1つ以上の使徒的任務を引き受ける独身信者である[96]。彼らは、 管区の公式事業のスタッフとして自分自身を「完全に」利用可能にしないという点で、数秘とは異なり、代わりに、職業を通じて、または自分の家族など、付加 的な社会的現実において自分自身を捧げる。 [94]オプス・デイの公式活動のために利用可能なこの違いのために、アソシエイトは数秘とは異なり、オプス・デイのセンターに住んでいないが、自分の住 居を維持している[96]。

叙階された聖職者のみが、カノン法に従って、カトリック教会によって個人的なプレラチュアのメンバーとして認められている。数秘術師などの信徒は、総長マ リアノ・ファツィオによって確認されたように、カトリック教会によって認識されたステータスを持っていません[97][98]。

オプス・デイ管区の聖職者は、オプス・デイの管区長の管轄下にある司祭である。彼らはオプス・デイ会員の約2%を占めるオプス・デイの少数派である[87]。

聖十字架司祭協会は、オプス・デイに関連する司祭で構成されている。会の一部はオプス・デイ管区の聖職者で構成されており、オプス・デイ管区の管轄下にあ る司祭は自動的に司祭会のメンバーである。社会内の他のメンバーは、教区司祭-地理的に定義された教区の管轄下に残っている聖職者です。これらの司祭は、 オプス・デイの精神的な訓練を与えられているオプス・デイの完全なメンバーとみなされます。2005年の時点で、これらの司祭のおよそ2000人がいた [8][要ページ]。

オプス・デイの協力者は、通常、祈り、慈善寄付、またはいくつかの他の援助を提供することによって、オプス・デイと何らかの形で協力する非会員である。協 力者は独身であることも、他の特別な要件を遵守することも要求されず、キリスト教徒であることさえ要求されない[99]。

カトリックの神学に基づき、召命や神の召命があったと推定される場合に入会が認められる[100]。
Opus Dei in society
Leaders of Opus Dei describe the organization as a teaching entity whose main activity is to train Catholics to assume personal responsibility in sanctifying the secular world from within.[14][101] This teaching is done by means of theory and practice.[102]

Its lay people and priests organize seminars, workshops, retreats, and classes to help people put the Christian faith into practice in their daily lives. Spiritual direction, one-on-one coaching with a more experienced lay person or priest, is considered the "paramount means" of training. Through these activities, they provide religious instruction (doctrinal formation), coaching in spirituality for lay people (spiritual formation), character and moral education (human formation), lessons in sanctifying one's work (professional formation), and know-how in evangelizing one's family and workplace (apostolic formation).

The official Catholic document, which established the prelature, states that Opus Dei strives "to put into practice the teaching of the universal call to sanctity, and to promote at all levels of society the sanctification of ordinary work, and by means of ordinary work."[75] Thus, the founder and his followers describe members of Opus Dei as resembling the members of the early Christian Church—ordinary workers who seriously sought holiness with nothing exterior to distinguish them from other citizens.[14][103][104]

Opus Dei runs residential centers throughout the world. These centers provide residential housing for celibate members and provide doctrinal and theological education. Opus Dei is also responsible for a variety of non-profit institutions called "Corporate Works of Opus Dei."[105] A study of the year 2005 showed that members have cooperated with other people in setting up a total of 608 social initiatives: schools and university residences (68%), technical or agricultural training centers (26%), universities, business schools, and hospitals (6%).[8] The University of Navarra in Pamplona, Spain, and the Austral University in Buenos Aires, Argentina, are both examples of the corporate work of Opus Dei. These universities usually perform very high in international rankings. IESE, the University of Navarra's Business School, was adjudged one of the best in the world by the Financial Times and the Economist Intelligence Unit.[106] The total assets of non-profits connected to Opus Dei are worth at least $2.8 billion.[107]


社会におけるオプス・デイ
オプス・デイの指導者たちは、その主な活動は、世俗世界を内側から聖化する個人的な責任を引き受けるようにカトリック信者を訓練することである[14][101]。

信徒と司祭は、人々がキリスト教信仰を日常生活の中で実践するのを助けるために、セミナー、ワークショップ、修養会、クラスを組織している。スピリチュア ル・ディレクションは、より経験豊かな信徒や司祭と一対一でコーチングを行うもので、訓練の「最も重要な手段」と考えられている。これらの活動を通して、 宗教指導(教義形成)、信徒のための霊性指導(霊性形成)、人格・道徳教育(人間形成)、仕事を聖化するためのレッスン(職業形成)、家庭や職場への伝道 のノウハウ(使徒形成)などを提供している。

オ プス・デイは、「聖性への普遍的な呼びかけの教えを実践し、社会のあらゆるレベルにおいて、普通の仕事によって、普通の仕事の聖化を促進する」[75]よ うに努めていると、創立者とその信奉者は述べている。したがって、創設者と彼の信奉者は、他の市民からそれらを区別するために外形的な何も真剣に聖性を求 めた初期のキリスト教会 - 普通の労働者のメンバーに似ているようにオプス・デイのメンバーを記述する[14][103][104]。

オプス・デイは世界中に居住センターを運営している。これらのセンターは独身会員に住居を提供し、教義と神学教育を提供している。オプス・デイはまた、 「オプス・デイの企業活動」[105]と呼ばれる様々な非営利機関の責任者でもある。2005年の調査では、会員が他の人々と協力して、学校や大学寮 (68%)、技術・農業訓練センター(26%)、大学、ビジネススクール、病院(6%)の合計608の社会的イニシアチブを立ち上げたことが示されてい る。これらの大学は通常、国際ランキングで非常に高い評価を得ている。ナバーラ大学のビジネススクールであるIESEは、フィナンシャル・タイムズ紙とエ コノミスト・インテリジェンス・ユニットによって、世界で最も優秀な大学のひとつと判定された[106]。オプス・デイと関係のある非営利団体の総資産 は、少なくとも28億ドル相当である[107]。
Opus Dei and Catholic Church leaders
Leopoldo Eijo y Garay, the bishop of Madrid, where Opus Dei was born, supported Opus Dei and defended it in the 1940s by saying that "this opus is truly Dei" (this work is truly God's). Contrary to attacks of secrecy and heresy, the bishop described Opus Dei's founder as someone who was "open as a child" and "most obedient to the Church hierarchy."[108]


Pope John Paul II: Opus Dei was founded "led by divine inspiration".
In the 1950s, Pope Pius XII told the most senior Australian bishop, Cardinal Norman Gilroy, that Escrivá "is a true saint, a man sent by God for our times".[109] Pius XII gave Opus Dei the canonical status of "pontifical right", an institution depending directly and exclusively on the Vatican in its internal governance.[110]

In 1960, Pope John XXIII commented that Opus Dei opens up "unsuspected horizons of apostolate".[111] Furthermore, in 1964, Pope Paul VI praised the organization in a handwritten letter to Escrivá, saying:

Opus Dei is "a vigorous expression of the perennial youth of the Church, fully open to the demands of a modern apostolate... We look with paternal satisfaction on all that Opus Dei has achieved and is achieving for the kingdom of God, the desire of doing good that guides it, the burning love for the Church and its visible head that distinguishes it, and the ardent zeal for souls that impels it along the arduous and difficult paths of the apostolate of presence and witness in every sector of contemporary life."[111]

The relationship between Paul VI and Opus Dei, according to Alberto Moncada, a doctor of sociology and ex-member, was "stormy."[112] After the Second Vatican Council concluded in 1965, Pope Paul VI denied Opus Dei's petition to become a personal prelature, Moncada stated.[113]

Pope John Paul I, a few years before his election, wrote that Escrivá was more radical than other saints who taught about the universal call to holiness. While others emphasized monastic spirituality applied to lay people, Escrivá "it is the material work itself which must be turned into prayer and sanctity," thus providing a lay spirituality.[114]

Criticisms against Opus Dei have prompted Catholic scholars and writers like Piers Paul Read[115] and Vittorio Messori to call Opus Dei a sign of contradiction, in reference to the biblical quote of Jesus as a "sign that is spoken against".[116] John Carmel Heenan, Cardinal Archbishop of Westminster said "One of the proofs of God's favor is to be a sign of contradiction. Almost all founders of societies in the Church have suffered. Monsignor Escrivá de Balaguer is no exception. Opus Dei has been attacked, and its motives misunderstood. In this country and elsewhere, an inquiry has always vindicated Opus Dei."[117]

One of Opus Dei's most prominent supporters was Pope John Paul II.[118] John Paul II cited Opus Dei's aim of sanctifying secular activities as a "great ideal." He emphasized that Escrivá's founding of Opus Dei was ductus divina inspiratione, led by divine inspiration, and he granted the organization its status as a personal prelature.[119] Stating that Escrivá is "counted among the great witnesses of Christianity," John Paul II canonized him in 2002 and called him "the saint of ordinary life."[120] Of the organization, John Paul II said:

[Opus Dei] has as its aim the sanctification of one's life, while remaining within the world at one's place of work and profession: to live the Gospel in the world, while living immersed in the world, but in order to transform it, and to redeem it with one's personal love for Christ. This is truly a great ideal, which right from the beginning has anticipated the theology of the lay state of the Second Vatican Council and the post-conciliar period.[121]

One-third of the world's bishops petitioned for the canonization of Escrivá. During the canonization, there were 42 cardinals and 470 bishops from around the world, generals superior of many religious institutes, and representatives of various Catholic groups. During those days, these church officials commented on the universal reach and validity of the message of the founder.[84] For his canonization homily, John Paul II said: With the teachings of St. Josemaría, "it is easier to understand what the Second Vatican Council affirmed: 'there is no question, then, of the Christian message inhibiting men from building up the world ... on the contrary, it is an incentive to do these very things' (Vatican II, Gaudium et spes, n. 34)."[122]

Concerning the group's role in the Catholic Church, critics have argued that Opus Dei's unique status as a personal prelature gives it too much independence, making it essentially a "church within a church" and that Opus Dei exerts a disproportionately large influence within the Catholic Church itself,[123] as illustrated, for example, by the rapid canonization of Escrivá, which some considered to be irregular (27 years).[124] In contrast, Catholic officials say that church authorities have even greater control of Opus Dei now that its head is a prelate appointed by the Pope,[125] and its status as a prelature "precisely means dependence."[126] Allen says that Escrivá's relatively quick canonization does not have anything to do with power but with improvements in procedures and John Paul II's decision to make Escrivá's sanctity and message known. The canonizations of John Paul II himself and Mother Teresa were much faster than Escrivá's.[8]


Pope Francis: "St. Josemaria is a precursor of Vatican II in proposing the universal call to holiness"[127]
Pope Benedict XVI has been a particularly strong supporter of Opus Dei and of Escrivá. Pointing to the name "Work of God," Benedict XVI (then Cardinal Joseph Ratzinger) wrote that "The Lord simply made use of [Escrivá] who allowed God to work." Ratzinger cited Escrivá for correcting the mistaken idea that holiness is reserved for some extraordinary people who are completely different from ordinary sinners: Even if he can be very weak, with many mistakes in his life, a saint is nothing other than to speak with God as a friend speaks with a friend, allowing God to work, the Only One who can really make the world both good and happy.

Ratzinger spoke of Opus Dei's "surprising union of absolute fidelity to the Church's great tradition, to its faith, and unconditional openness to all the challenges of this world, whether in the academic world, in the field of work, or in matters of the economy, etc."[15] He further explained:

the theocentrism of Escrivá ... means this confidence in the fact that God is working now and we ought only to put ourselves at his disposal ... This, for me, is a message of greatest importance. It is a message that leads to overcoming what could be considered the great temptation of our times: the pretense that after the 'Big Bang' God retired from history.[15]

Pope Francis is "the first Pope who has dealt with Opus Dei closely as a bishop,"[128] and according to James V. Schall, S.J., is a "friend of Opus Dei".[129] Francis referred to St. Josemaria as "a precursor of Vatican II in proposing the universal call to holiness."[127] In the analysis of John Allen, Pope Francis' strong dislike for clericalism, which he calls "one of the worst evils" in the church, is a key factor for "what Francis admires about Opus Dei since Escrivá’s emphasis on the dignity of the laity was a challenge to the ultra-clerical ethos of Spanish Catholicism in the late 1920s."[130] He has a devotion to St. Josemaria,[131] and he prayed before his relics for 45 minutes when he once visited the church of the prelature in Rome.[132] Francis beatified Alvaro del Portillo, the successor of Escrivá.[39] What Bergoglio most liked about Opus Dei was the work done for the poor by one of its schools in Buenos Aires.[133] He thanks Opus Dei for its work to further the holiness of priests in the Roman Curia.[128]
オプス・デイとカトリック教会指導者
オプス・デイが生まれたマドリードの司教レオポルド・エイジョ・イ・ガライは、1940年代、オプス・デイを支持し、「このオプスは真にデイである」(こ の仕事は真に神のものである)と言って、オプス・デイを擁護した。秘密主義と異端という攻撃に反して、司教はオプス・デイの創設者を「子供のようにオープ ン」で「教会のヒエラルキーに最も従順」な人物であると述べた[108]。


教皇ヨハネ・パウロ2世 オプス・デイは「神の霊感に導かれて」設立された。
1950年代、教皇ピウス12世は、オーストラリアの最上級司教であるノーマン・ギルロイ枢機卿に、エスクリバは「真の聖人であり、私たちの時代のために 神によって遣わされた人物である」と語った[109]。ピウス12世はオプス・デイに「教皇権」という正典上の地位を与え、内部統治においてバチカンに直 接かつ排他的に依存する機関とした[110]。

1960年、教皇ヨハネ23世は、オプス・デイが「使徒職の未知の地平」を開くとコメントした[111]。 さらに1964年、教皇パウロ6世は、エスクリバに宛てた手書きの手紙の中で、オプス・デイを賞賛し、次のように述べた:

オプス・デイは、「教会の永続的な若さの活力ある表現であり、現代の使徒職の要求に対して完全に開かれている...。私たちは、オプス・デイが神の国のた めに成し遂げ、また成し遂げつつあるすべてのこと、オプス・デイを導いている善を行うという願い、オプス・デイを際立たせている教会とその目に見える首長 に対する燃えるような愛、そして、現代生活のあらゆる部門における臨在と証しという使徒職の困難で困難な道に沿ってオプス・デイを駆り立てている魂に対す る熱烈な熱意を、父性的な満足をもって見つめている」[111]。

社会学博士で元会員のアルベルト・モンカダによれば、パウロ6世とオプス・デイの関係は「嵐のようだった」[112]。1965年に第二バチカン公会議が 閉会した後、教皇パウロ6世はオプス・デイが個人的なプレラトリアとなる請願を拒否したとモンカダは述べている[113]。

教皇ヨハネ・パウロ1世は、選出される数年前に、エスクリバは聖性への普遍的な召命について教えた他の聖人たちよりも急進的であったと書いている。他の聖 人たちが修道院の霊性を信徒に適用することを強調したのに対して、エスクリバは「祈りと聖性に変えなければならないのは物質的な仕事そのものである」と し、信徒の霊性を提供した[114]。

オプス・デイに対する批判は、ピアーズ・ポール・リード[115]やヴィットリオ・メッソーリのようなカトリックの学者や作家に、オプス・デイを矛盾のし るしと呼ぶように促した。ジョン・カーメル・ヒーナン、ウェストミンスター大司教枢機卿は、「神の好意の証拠の一つは、矛盾のしるしであることである。教 会における社会のほとんどすべての創設者は苦しんできた。モンシニョール・エスクリバ・デ・バラゲールも例外ではありません。オプス・デイは攻撃され、そ の動機は誤解されている。この国でも他の場所でも、調査は常にオプス・デイの正当性を立証してきた」[117]。

オプス・デイの最も著名な支持者の一人は、教皇ヨハネ・パウロ2世であった[118]。ヨハネ・パウロ2世は、世俗的な活動を聖化するというオプス・デイ の目的を「偉大な理想」として挙げた。ヨハネ・パウロ二世は、エスクリバがオプス・デイを創設したのは神の霊感によるものであることを強調し、オプス・デ イを個人的な教区として認めた[119]。エスクリバが「キリスト教の偉大な証人の一人に数えられる」と述べ、ヨハネ・パウロ二世は2002年に彼を列聖 し、「普通の生活の聖人」と呼んだ[120]:

[オプス・デイは、その目的として、自分の仕事や職業の場において、この世にとどまりながら、自分の人生を聖化することを掲げている。すなわち、この世で 福音を生き、この世に浸りながら、この世を変革し、キリストへの個人的な愛によってこの世を救済することである。これはまさに偉大な理想であり、第二バチ カン公会議と公会議後の信徒国家の神学を最初から先取りしている[121]。

世界の司教の3分の1がエスクリバの列聖を請願した。列聖式には、世界中から42人の枢機卿と470人の司教、多くの宗教団体の総長、さまざまなカトリッ ク団体の代表者が出席した。当時、これらの教会関係者は、創立者のメッセージが普遍的な広がりを持ち、有効であることについてコメントした[84] : 聖ヨゼマリアの教えによって、「第二バチカン公会議が断言した『キリスト教のメッセージは、人間が世界を築き上げることを阻害するようなものではありませ ん......それどころか、まさにこのようなことを行うための動機付けとなるのです』(第二バチカン公会議『ガウディウムとスペス』34節)を理解する ことが容易になります」[122]。

カトリック教会におけるオプス・デイの役割に関して、批評家たちは、オプス・デイの個人的なプレラチュアとしてのユニークな地位が、オプス・デイにあまり にも多くの独立性を与え、本質的に "教会の中の教会 "にしていること、また、オプス・デイがカトリック教会自体の中で不釣り合いなほど大きな影響力を及ぼしていると主張している[123]。 [124]対照的に、カトリック関係者は、オプス・デイのトップが教皇によって任命された前職である今、教会当局はオプス・デイをさらに大きく統制してお り[125]、前職としての地位は「まさに依存を意味する」と述べている[126]。アレンによれば、エスクリバの比較的早い列聖は、権力とは関係なく、 手続きの改善と、エスクリバの聖性とメッセージを知らしめるというヨハネ・パウロ二世の決断によるものだという。ヨハネ・パウロ2世自身とマザー・テレサ の列聖は、エスクリバの列聖よりもはるかに早かった[8]。


教皇フランシスコ 「聖ヨゼマリアは、聖性への普遍的な呼びかけを提案した第二バチカン公会議の先駆者である」[127]。
教皇ベネディクト16世は、オプス・デイとエスクリバを特に強く支持している。ベネディクト16世(当時はヨゼフ・ラッツィンガー枢機卿)は、"神の御業 "という名前を指して、"主は、神が働くことを許された(エスクリヴァを)単に用いられた "と書いている。ラッツィンガーがエスクリバを引き合いに出したのは、聖性は普通の罪人とはまったく異なる特別な人だけに与えられるものだという誤った考 えを正すためだった: 聖人とは、友が友と語り合うように、神と語り合うことにほかならない。

ラッツィンガーは、オプス・デイの「教会の偉大な伝統、信仰に対する絶対的な忠誠と、学問の世界であれ、仕事の分野であれ、経済の問題であれ、この世のあらゆる課題に対する無条件の開放性という驚くべき結合」について語った[15]:

エスクリバの神中心主義とは......神が今働いておられ、私たちはただその神の自由に身を委ねるべきであるという事実に対する確信であ る......。これは私にとって、最も重要なメッセージである。このメッセージは、現代の大きな誘惑とも言える、「ビッグバン」の後に神が歴史から退い たという偽りを克服することにつながるメッセージなのです[15]。

教皇フランシスコは、「司教としてオプス・デイと密接に関わった最初の教皇」[128]であり、ジェームズ・V・シャール(James V. Schall, S.J.)によれば、「オプス・デイの友人」である、 フランシスコは、聖ヨゼマリアを「聖性への普遍的な呼びかけを提案した第二バチカン公会議の先駆者」と呼んでいる[129]。 ジョン・アレンの分析によれば、教皇フランシスコが教会における「最悪の悪のひとつ」と呼ぶ聖職者主義を強く嫌っていることは、「エスクリバが信徒の尊厳 を強調したことは、1920年代後半のスペイン・カトリックの超聖職者主義的なエートスに対する挑戦であったので、フランシスコがオプス・デイについて賞 賛していること」の重要な要因である。 "130]彼は聖ホセマリアに帰依しており[131]、かつてローマにあるオプス・デイの教会を訪れた際、聖遺物の前で45分間祈った[132]。 フランシスコは、エスクリバの後継者であるアルバロ・デル・ポルティージョを列福した[39]。ベルゴリオがオプス・デイについて最も気に入ったのは、ブ エノスアイレスにあるオプス・デイの学校のひとつが貧しい人々のために行った活動であった[133]。
Controversies about Opus Dei
Throughout its history, Opus Dei has been criticized from many quarters, prompting journalists to describe Opus Dei as "the most controversial force in the Catholic Church" and founder Josemaría Escrivá as a "polarizing" figure.[8][134][135] Criticism of Opus Dei has centered on allegations of secretiveness,[14] controversial and aggressive recruiting methods, strict rules governing members, elitism and misogyny,[136] and support of or participation in authoritarian or right-wing governments, including the fascist Franco regime which governed in Spain until 1978.[113] The mortification of the flesh practiced by some of its members is also criticized. Opus Dei has also been criticized for allegedly seeking independence and more influence within the Catholic Church.[123]

However, according to several journalists who have researched Opus Dei separately, many criticisms against Opus Dei are based on fabrications by opponents.[8][137][134][84][138]

In recent years, Opus Dei has received international attention due to the novel The Da Vinci Code and its film version of 2006, both of which prominent Christians and others criticized as misleading, inaccurate and anti-Catholic.[139][140][141][142]

Critics such as the Jesuit Wladimir Ledóchowski refer to Opus Dei as a Catholic, Christian, or white form of Freemasonry.[143][144][145][146][147]


オプス・デイに関する論争
その歴史を通して、オプス・デイは多くの方面から批判されており、ジャーナリストは オプス・デイを「カトリック教会で最も物議を醸す勢力」、創立者ジョセマリア・エスクリバを「極論的な」人物として記述するように促した。 [8][134][135]オプス・デイに対する批判は、秘密主義、[14]物議を醸すような積極的な勧誘方法、会員を管理する厳格な規則、エリート主 義、女性嫌悪、[136]1978年までスペインを統治していたファシスト・フランコ政権を含む権威主義的または右翼的な政府への支持または参加などの疑 惑が中心となっている。オプス・デイはまた、カトリック教会内での独立とより大きな影響力を求めていると批判されている[123]。

しかし、オプス・デイを個別に調査した複数のジャーナリストによれば、オプス・デイに対する多くの批判は反対派による捏造に基づいている[8][137][134][84][138]。

近年、オプス・デイは小説『ダ・ヴィンチ・コード』と2006年のその映画版のために国際的な注目を浴びており、その両方は著名なキリスト教徒や他の人々が誤解を招き、不正確で反カトリック的であると批判した[139][140][141][142]。

イエズス会のWladimir Ledóchowskiのような批評家は、オプス・デイをカトリック、キリスト教、またはフリーメイソンの白い形態と呼んでいる[143][144][145][146][147]。
Supporting views
According to several journalists who have worked independently on Opus Dei, such as John L. Allen Jr.,[8] Vittorio Messori,[84] Patrice de Plunkett,[138] Maggy Whitehouse,[137] Noam Friedlander[134] many of the criticisms against Opus Dei are myths and unproven tales. Allen, Messori, and Plunkett say that most of these myths were created by its opponents, with Allen adding that he perceives that Opus Dei members generally practice what they preach.[148][149]


Opus Dei central headquarters in Rome
Allen, Messori, and Plunkett also state that accusations that Opus Dei is secretive are unfounded. These accusations stem from a clerical paradigm which expects Opus Dei members to behave as monks and clerics, people who are traditionally known and externally identifiable as seekers of holiness. In contrast, these journalists continue, Opus Dei's lay members, like any normal Catholic professional, are ultimately responsible for their personal actions, and do not externally represent the organization which provides them religious education.[citation needed] Writer and broadcast analyst John L. Allen Jr. states that Opus Dei provides abundant information about itself. These journalists have stated that the historic roots of criticisms against Opus Dei can be found in influential clerical circles.[84][150]

As to its alleged participation in right-wing politics, especially the Francoist regime, British historians Paul Preston and Brian Crozier state that the Opus Dei members who were Franco's ministers were appointed for their talent and not for their Opus Dei membership.[151][page needed][152][153][page needed] Also, there were notable members of Opus Dei who were vocal critics of the Franco Regime such as Rafael Calvo Serer and Antonio Fontán, who was the first President of the Senate in Spain, following the adoption of a democratic Constitution. The German historian and Opus Dei member Peter Berglar calls any connection made between Opus Dei and Franco's regime a "gross slander."[6] At the end of Franco's regime, Opus Dei members were 50:50 for and against Franco, according to John Allen.[8][page needed] Similarly Álvaro del Portillo, the former prelate of Opus Dei, said that any statements that Escrivá supported Hitler were "a patent falsehood," that were part of "a slanderous campaign".[154] He and others have stated that Escrivá condemned Hitler as a "rogue", a "racist" and a "tyrant".[155] Opus Dei spokespersons also deny claims that Opus Dei members worked with General Pinochet.[134] Various authors and researchers state that Escrivá was staunchly non-political, and detested dictatorships.[84][156] Allen wrote that, compared with other Catholic organizations, Opus Dei's stress on freedom and personal responsibility is extraordinarily strong.[8] There are many Opus Dei members who are identified with center or left-wing politics, including Ruth Kelly, Jorge Rossi Chavarría, Mario Fernández Baeza, Mario Maiolo, and Jesus Estanislao.[157]

While Opus Dei spokespersons have admitted mistakes in dealing with some members and do not, as a rule, contest their grievances,[107][158] supporters have rejected generalizations merely based on negative experiences of some members.[159]

Opus Dei is not "elitist" in the sense in which people often invoke the term, meaning an exclusively white-collar phenomenon, concluded John Allen. He observed that among its members are barbers, bricklayers, mechanics and fruit sellers. Most supernumeraries are living ordinary middle-class lives, he said.[8][page needed]

Regarding alleged misogyny, John Allen states that half of the leadership positions in Opus Dei are held by women, and they supervise men.[160]

As regards the claim that religious people in Spain, including Opus Dei members, were involved in abduction of children during the Franco era, an investigation found that DNA analysis of 81 cases ruled out that they were stolen babies.[161] The supreme court of Spain did not consider the first case of stolen babies to be proven,[162] and the chief prosecutor of the Basque Country, said that "not even reasonable evidence" of any abduction of babies had been found, after special investigations of the police.[163]
支持する見解
ジョン・L・アレン・ジュニア[8]、ヴィットリオ・メッソーリ[84]、パトリス・ド・プランケット[138]、マギー・ホワイトハウス[137]、 ノーム・フリードランダー[134]など、オプス・デイについて独自に研究している何人かのジャーナリストによると、オプス・デイに対する批判の多くは神 話であり、証明されていない話である。アレン、メッソーリ、プランケットは、これらの神話のほとんどは、その反対派によって作成されたと述べ、アレンは、 オプス・デイのメンバーは、一般的に彼らが説くことを実践していると認識していると付け加えた[148][149]。


ローマのオプス・デイ中央本部
アレン、メッソーリ、プランケットはまた、オプス・デイが秘密主義であるという非難は根拠がないと述べている。これらの非難は、オプス・デイのメンバーが 修道士や聖職者、伝統的に聖性の探求者として知られ、外的に識別可能な人々として振る舞うことを期待する聖職者のパラダイムから生じている。これとは対照 的に、これらのジャーナリストは、オプス・デイの信徒は、通常のカトリックの専門職と同様に、個人的な行動に対して最終的な責任を負っており、宗教教育を 提供する組織を対外的に代表しているわけではないと続けている[citation needed] 作家で放送アナリストのジョン・L・アレン・ジュニアは、オプス・デイは自分自身に関する豊富な情報を提供していると述べている。これらのジャーナリスト は、オプス・デイに対する批判の歴史的なルーツは、影響力のある聖職者界で見つけることができると述べている[84][150]。

右翼政治、特にフランコ主義政権への参加が疑われていることに関して、イギリスの歴史家であるポール・プレストンとブライアン・クロージャーは、フランコ の大臣であったオプス・デイのメンバーは、オプス・デイの会員であることではなく、その才能のために任命されたと述べています[151][ページ必要] [152][153][ページ必要] また、ラファエル・カルボ・セレールや、民主的な憲法が採択された後、スペインで最初の元老院議長であったアントニオ・フォンタンなど、フランコ政権を声 高に批判したオプス・デイの著名なメンバーがいました。ドイツの歴史家であり、オプス・デイのメンバーでもあるピーター・ベルグラールは、オプス・デイと フランコ政権との関係を「重大な中傷」と呼んでいる[6]。ジョン・アレンによれば、フランコ政権末期には、オプス・デイのメンバーは、フランコと50: 50の割合で対立していた。 [8][要ページ]同様に、オプス・デイの前大司祭であるアルバロ・デル・ポルティージョは、エスクリバがヒトラーを支持したといういかなる声明も「特許 の虚偽」であり、「中傷キャンペーン」の一部であったと述べた[154]。 155]オプス・デイのスポークスマンはまた、オプス・デイのメンバーがピノチェト将軍と共に働いていたという主張を否定している[134]。様々な著者 や研究者は、エスクリバは断固として非政治的であり、独裁政権を嫌悪していたと述べている[84][156]。 [ルース・ケリー、ホルヘ・ロッシ・チャバリア、マリオ・フェルナンデス・バエサ、マリオ・マイオーロ、ジーザス・エスタニスラオなど、中道政治や左翼政 治に同調するオプス・デイのメンバーは多い[157]。

オプス・デイのスポークスマンは、一部のメンバーへの対応における誤りを認めており、原則として、彼らの不満に異議を唱えてはいないが[107][158]、支持者たちは、単に一部のメンバーの否定的な経験に基づく一般化を拒否している[159]。

オプス・デイは、ホワイトカラーだけの現象を意味する、人々がしばしばこの言葉を口にするような意味での「エリート主義」ではない、とジョン・アレンは結 論づけた。彼は、オプス・デイのメンバーの中には、床屋、煉瓦職人、機械工、果物売りがいることを観察した。ほとんどの超勤者は普通の中流階級の生活をし ている、と彼は言った[8][要ページ]。

女性差別の疑いについて、ジョン・アレンは、オプス・デイの指導的地位の半分は女性が占めており、彼らは男性を監督していると述べている[160]。

オプス・デイのメンバーを含むスペインの宗教者がフランコ時代に子供の誘拐に関与していたという主張に関しては、調査によって81件のDNA分析から、盗 まれた赤ん坊であることが否定された[161]。 スペインの最高裁判所は、盗まれた赤ん坊の最初のケースを証明されたとは考えず[162]、バスクの主任検察官は、警察の特別捜査の結果、赤ん坊の誘拐の 「合理的な証拠さえも」発見されなかったと述べた[163]。
Criticism
Critics of Opus Dei include María del Carmen Tapia, an ex-member who was a high-ranking officer of Opus Dei for many years,[164] liberal Catholic theologians such as Fr. James Martin, a Jesuit writer and editor and supporters of Liberation theology, such as journalist Penny Lernoux and Michael Walsh, a writer on religious matters and former Jesuit.[87][165]

Critics state that Opus Dei is "intensely secretive"—for example, members generally do not disclose their affiliation with Opus Dei in public. Further, under the 1950 constitution, members were expressly forbidden to reveal themselves without the permission of their superiors.[14] This practice has led to much speculation about who may be a member.[14] Due in part to its secrecy, the Jesuit-run magazine America referred to it as, "....the most controversial group in the Catholic Church today."[166]

Opus Dei has been accused of deceptive and aggressive recruitment practices,[166] such as showering potential members with intense praise ("Love bombing"),[167][168] and instructing numeraries to form friendships and attend social gatherings explicitly for recruiting purposes.[94]

Critics allege that Opus Dei maintains an extremely high degree of control over its members—for instance, past rules required numeraries to submit their incoming and outgoing mail to their superiors for inspection, and members are forbidden to read certain books without permission from their superiors.[167] Critics charge that Opus Dei pressures numeraries to sever contact with non-members, including their own families.[167] Exit counselor David Clark has described Opus Dei as "very cult-like".[167]


Antonio Fontán, Spanish journalist and member of Opus Dei who fought for the freedom of press and democracy during Franco's regime. He was persecuted by Franco and was elected as the first President of the Senate once democracy was restored.

Critics assert that Escrivá and the organization supported radical right-wing governments, such as those of Franco, Augusto Pinochet[169][170] and Alberto Fujimori[171] of Peru during the 1990s.[172] Both Pinochet's and Fujimori's ministries and prominent supporters allegedly included members of Opus Dei, but there are also prominent Opus Dei members in parties that opposed those governments. Likewise, among Opus Dei members there were also strong detractors of Franco, such as Antonio Fontán. There have also been allegations that Escrivá expressed sympathy for Adolf Hitler.[173][174] One former Opus Dei priest, Vladimir Felzmann, who has become a vocal Opus Dei critic, says that Escrivá once remarked that Hitler had been "badly treated" by the world and he further declared that "Hitler couldn't have been such a bad person. He couldn't have killed six million [Jews]. It couldn't have been more than four million."[175][176][177]

Opus Dei has also been accused of elitism through targeting of "the intellectual elite, the well-to-do, and the socially prominent."[178]

As members of Opus Dei are Catholics, Opus Dei has been subjected to the same criticisms targeted to Catholicism in general. For example, Opus Dei's position has been "to oppose sexual freedoms and promote conservative morals," according to an investigative report produced by the advocacy group Catholics for Choice.[179] The report further cites a study from sociologist Marco Burgos alleging Opus Dei interference in sex education programs in Honduras that contradict the Catholic faith.[180]

Between 1950 and 1980, as many as 300,000 illegal adoptions occurred in Spain in a scandal known as the Lost children of Francoism.[181] Many Catholic clergy and religious sisters at church-sponsored hospitals or other charitable organizations in Spain are alleged to have been involved, including members of Opus Dei.[182]

The Opus Dei organisation has been described as a "Holy Mafia" or "Santa Mafia" in the 1970s due to alleged "inscrutable business practices".[22][183]

After conducting a critical study of Opus Dei, Catholic journalist John L. Allen Jr. concluded that Opus Dei should (1) be more transparent, (2) collaborate with members of religious institutes, and (3) encourage its members to air out in public their criticisms of the institution.[8]
批判
オプス・デイの批評家には、長年オプス・デイの高官であった元メンバーのマリア・デル・カルメン・タピア、[164]イエズス会の作家・編集者である ジェームズ・マーティン神父のようなリベラルなカトリック神学者、ジャーナリストのペニー・レルヌーや宗教問題の作家で元イエズス会のマイケル・ウォル シュのような解放神学の支持者などがいる[87][165]。

批評家たちは、オプス・デイが「強烈な秘密主義」であると述べている-例えば、メンバーは一般的に公の場でオプス・デイとの所属を公表していない。さら に、1950年の憲法の下で、メンバーは、彼らの上司の許可なしに自分自身を明らかにすることを明示的に禁止されていた[14]。 この慣行は、誰がメンバーであるかもしれないかについての多くの憶測につながっている[14]。 その秘密の一部により、イエズス会が運営する雑誌アメリカは、「...今日のカトリック教会で最も物議を醸すグループ」[166]としてそれを参照した。

オプス・デイは、潜在的な会員に激しい賞賛を浴びせる(「ラブ・ボミング」)[166]、勧誘目的のために明確に友人関係を形成し、社交的な集まりに出席するよう数秘たちに指示する[167][168]など、欺瞞的で攻撃的な勧誘行為で非難されている[94]。

批評家たちは、オプス・デイが会員に対して極めて高度な統制を維持していると主張している。例えば、過去の規則では、数秘たちは入送信する郵便物を点検の ために上長に提出する必要があり、会員たちは上長の許可なしに特定の本を読むことを禁じられている[167]。批評家たちは、オプス・デイが数秘たちに自 分の家族を含む非会員との接触を断つように圧力をかけていると主張している[167]。退会カウンセラーのデイヴィッド・クラークは、オプス・デイを「非 常にカルト的」であると評している[167]。


アントニオ・フォンタン、スペインのジャーナリストで、フランコ政権時代に報道の自由と民主主義のために戦ったオプス・デイのメンバー。彼はフランコによって迫害され、民主主義が回復されると上院の初代議長に選出された。

批評家たちは、エスクリバと組織が1990年代のフランコ、アウグスト・ピノチェト[169][170]、ペルーのアルベルト・フジモリ[171]のよう な急進右派政権を支持したと主張する[172]。ピノチェトとフジモリの両省庁と著名な支持者にはオプス・デイのメンバーが含まれていたとされるが、これ らの政権に反対する政党にも著名なオプス・デイ・メンバーがいる。同様に、オプス・デイのメンバーの中にも、アントニオ・フォンタンのようなフランコの強 力な支持者がいた。また、エスクリバがアドルフ・ヒトラーに同情を示したという疑惑もある[173][174]。オプス・デイの元神父で、オプス・デイを 声高に批判するようになったウラジーミル・フェルツマンによれば、エスクリバはかつてヒトラーが世界から「ひどい扱いを受けている」と発言し、さらに「ヒ トラーはそんなに悪い人間ではなかったはずだ。ユダヤ人を)600万人も殺すはずがない。400万人以上であるはずがない」[175][176] [177]。

オプス・デイはまた、「知的エリート、裕福な人々、社会的に著名な人々」[178]を標的にすることを通して、エリート主義として非難されてきた。

オプス・デイのメンバーはカトリック信者であるため、オプス・デイはカトリック全般を対象とした同じ批判を受けてきた。例えば、オプス・デイの立場は「性 的自由に反対し、保守的なモラルを推進すること」であったと、擁護団体「選択のためのカトリック」が作成した調査報告書は述べている[179]。同報告書 はさらに、ホンジュラスにおける性教育プログラムへのオプス・デイの干渉がカトリックの信仰と矛盾していると主張する社会学者マルコ・ブルゴスの研究を引 用している[180]。

1950年から1980年にかけて、スペインでは「フランコ主義の失われた子供たち」として知られるスキャンダルの中で、30万人もの不法養子縁組が行わ れた[181]。スペインの教会主催の病院やその他の慈善団体に所属する多くのカトリック聖職者や修道女たちが、オプス・デイのメンバーを含めて関与して いたと疑われている[182]。

オプス・デイの組織は、1970年代には「不可解な商行為」が疑われ、「聖なるマフィア」あるいは「サンタ・マフィア」と表現されてきた[22][183]。

カトリック・ジャーナリストのジョン・L・アレン・ジュニアは、オプス・デイについて批判的な研究を行った後、オプス・デイは(1)より透明性を高め、 (2)宗教団体の会員と協力し、(3)会員がオプス・デイに対する批判を公の場で発表することを奨励すべきであると結論づけた[8]。
Other views
Sociologists Peter Berger and Samuel Huntington suggest that Opus Dei is involved in "a deliberate attempt to construct an alternative modernity," one that engages modern culture while at the same time is resolutely loyal to Catholic traditions.[184] Van Biema of Time magazine emphasises Opus Dei's Spanish roots as a source of misunderstandings in the Anglo-Saxon world, and suggests that as the United States becomes more Hispanic, controversies about Opus Dei (and similar Catholic organizations) will decrease.[14]

In her 2006 book on Opus Dei, Maggy Whitehouse, a non-Catholic journalist, argues that the relative autonomy of each director and center has resulted in mistakes at the local level. She recommends greater consistency and transparency for Opus Dei, which she sees as having learned the lesson of greater openness when it faced the issues raised by The Da Vinci Code and other critics.[137]
その他の見解
社会学者のピーター・バーガーとサミュエル・ハンティントンは、オプス・デイが「代替的な近代性を構築する意図的な試み」に関与しており、近代文化に関与 すると同時に、カトリックの伝統に断固として忠実であることを示唆している[184]。 タイム誌のヴァン・ビーマは、アングロサクソン世界における誤解の原因として、オプス・デイのスペイン語のルーツを強調し、米国がよりヒスパニック系にな るにつれて、オプス・デイ(および同様のカトリック組織)に関する論争は減少するだろうと示唆している[14]。

2006年に出版されたオプス・デイに関する著書の中で、非カトリックのジャーナリストであるマギー・ホワイトハウスは、各理事やセンターの相対的な自主 性が、地方レベルでの間違いをもたらしていると論じている。彼女は、オプス・デイが『ダ・ヴィンチ・コード』やその他の批評家によって提起された問題に直 面した際に、よりオープンであることの教訓を学んだと見ており、オプス・デイに対してより一貫性と透明性を高めることを推奨している[137]。

L'Opus Dei: enquête sur le "monstre" [Opus Dei: Investigation on the "monster"] (book)
List of members of Opus Dei
Opus Dei and politics
Opus Dei: An Objective Look Behind the Myths and Reality of the Most Controversial Force in the Catholic Church (book)
Opus Dei in society
Parents for Education Foundation (PARED)
List of Opus Dei saints and beatified people



Controversies about Opus Dei
Opus Dei is a within the Roman Church that has been the subject of numerous controversies. Throughout its history, Opus Dei has been criticized by many, including by numerary members who knew the founder and had roles in Opus Dei's internal government.[1][2][3][4][5][6] The reports by former members in the US, England, Spain, Latin America, France, Germany, and other countries are published. Journalists have described it as "the most controversial force in the Catholic Church" and its founder Josemaría Escrivá as a "polarizing" figure.[7][8][9]

☆ is a canonical structure of the Catholic Church which comprises a prelate, clergy and laity who undertake specific pastoral activities. The first personal prelature is Opus Dei. Personal prelatures, similar to dioceses and military ordinariates, are under the governance of the Vatican's Congregation for Bishops. Since 4 August 2022, personal prelatures have instead been governed under the Dicastery for the Clergy.[1] These three types of ecclesiastical structures are composed of lay people served by their own secular clergy and prelate. Unlike dioceses, which cover territories, personal prelatures—like military ordinariates—take charge of persons as regards some objectives regardless of where they live.

The canonization process of Escrivá has been described as unreliable.[10] Former members[who?] who worked and lived with him for years reported that they "did not recognize" the highly flattering portrait of Escrivá promoted by Opus Dei at the time of the canonization process as the same man they had known.[citation needed] Numerous members[who?] also reported being excluded from the process because prelate Javier Echevarría feared that they would reveal unflattering facts about Escrivá.[citation needed] Another former member[who?] has reported that John Paul II allowed an unusually swift canonization of Escrivá because Opus Dei had bailed out the Vatican Bank with $250 million in 1985.[citation needed] Those who question the validity of the canonization of Escrivá note that John Paul II was naïve in the cases of Theodore McCarrick and Marcial Maciel,[11] both of whom procured large sums of money for the Vatican,[12][13][14][15][16] like Opus Dei.

Controversies about Opus Dei have centered on allegations of secretiveness,[17] but also on sexual abuse cases in Spain, Mexico, Uruguay, Chile, and the United States;[18][19][20][21][22][23][24][25][26][27][28] cases that were investigated and canonical sanctions were applied to the perpetrators.[29][30][31][32] Controversies have to do with recruiting methods aimed at teenagers becoming numeraries; the illicit use of psychiatric drugs in its central headquarters; the misleading of its lay faithful about their status and rights under Canon Law; the "mortification of the flesh" practiced by its celibate members (cilice, discipline, and sleeping on a board);[33] elitism and misogyny; and support of authoritarian or right-wing governments, including the reactionary Franco regime.[34]

According to former members of Opus Dei, the controversies about Opus Dei are rooted in practices institutionalized while Escrivá was alive and are written into internal documents and orally-transmitted customs that have not been reviewed by the Catholic Church.

Some of the more famous former numeraries who have reported on these matters are: Maria del Carmen Tapia, Secretary to Escrivá in Rome and commissioned by Escrivá to start the women's branch of Opus Dei in Venezuela; Vladimir Felzmann, a numerary priest;[4] Miguel Fisac, who accompanied Escrivá across the Pyrenees during the Spanish Civil War and lived for years with him in Rome; Antonio Perez Tenessa, Secretary General of Opus Dei and regional director of Opus Dei in Spain; and María Angustias Moreno.

Opus Dei has also been criticized for allegedly seeking independence and more influence within the Catholic Church.[35]

According to some journalists, criticisms against Opus Dei are based on jealousy or fabrications by opponents.[7][36][8][37][38] Critics respond that some of these journalists are associated with Opus Dei,[39][40] and that none of them interviewed numeraries who left Opus Dei in protest or examined internal governing documents.

Defenders of Opus Dei point out that John Paul II and other Catholic leaders have endorsed Opus Dei's teaching on the sanctifying value of work, and its fidelity to Catholic beliefs.[41][42]


オプス・デイをめぐる論争
オプス・デイは、ローマ教会内の個人的なプレラトリー(属人区)であり、数々の論争の対象となってきた。その歴史を通して、オプス・デイは、創設者を知 り、オプス・デイの内政で役割を担っていた数名の会員を含め、多くの人々から批判されてきた[1][2][3][4][5][6]。アメリカ、イギリス、 スペイン、ラテンアメリカ、フランス、ドイツなどの元会員による報告が公表されている。ジャーナリストたちは、この教会を「カトリック教会で最も物議を醸 す勢力」、創設者であるホセマリア・エスクリバを「偏向的な」人物と評している[7][8][9]。

☆プレラトリー(属人区):個人属人区は、カトリック教会の正統的な組織で、司祭、聖職者、信徒で構成され、特定の司牧活動を行う。最初の個人属人区はオ プス・デイである。教区や軍事教区と同様の個人属人区は、バチカンの司教総会の統治下にある。2022年8月4日以降、個人属人区は代わりに聖職者総局の 管轄下に置かれている[1]。これら3つのタイプの教会機構は、独自の世俗的な聖職者と司祭に仕える信徒で構成されている。領土を管轄する教区とは異な り、個人属人区は軍事教区のように、どこに住んでいるかに関係なく、ある目的に関してその人を担当する。

エスクリヴァの列聖過程は信頼できないものとされてきた[10]。 彼と共に何年も働き、生活した元メンバー[誰?]は、列聖過程でオプス・デイが宣伝したエスクリヴァの非常にお世辞の多い肖像を、彼らが知っていたのと同 じ人物だと「認識しなかった」と報告している[要出典]。 数多くのメンバー[誰?]もまた、前教皇ハビエル・エチェバリアがエスクリヴァに関する好ましくない事実を明らかにすることを恐れたため、過程から除外さ れたと報告している。 [オプス・デイが1985年にバチカン銀行を2億5000万ドルで救済したため、ヨハネ・パウロ2世は異例の速さでエスクリバの列聖を許可したと、別の元 メンバー[who?]は報告している。 [エスクリバの列聖の妥当性を疑問視する人々は、ヨハネ・パウロ2世が、オプス・デイのようにバチカンのために巨額の資金を調達したセオドア・マキャリッ クとマルシアル・マキエル[11]のケースにおいてナイーブであったことに注目している[12][13][14][15][16]。

オプス・デイに関する論争の中心は秘密主義の疑惑[17]であったが、スペイン、メキシコ、ウルグアイ、チリ、アメリカにおける性的虐待事件[18] [19][20][21][22][23][24][25][26][27][28]であった。 [29][30][31][32]論争には、10代の若者を数秘術師にすることを目的とした勧誘方法、中央本部での精神医薬の不正使用、信徒の地位と正教 会法の下での権利に関する信徒の誤解、独身会員によって実践された「肉の断食」(シリス、規律、板の上での睡眠)、[33]エリート主義と女性嫌悪、反動 的なフランコ政権を含む権威主義的または右翼的な政府の支持[34]などが関係している。

オプス・デイの元メンバーによると、オプス・デイに関する論争は、エスクリバが生きている間に制度化された慣習に根ざしており、カトリック教会によって見直されていない内部文書や口頭で伝えられた慣習に書かれている。

これらの事柄について報告した、より有名な元数秘術師の中には、次のような人物がいる: ローマでエスクリバの秘書を務め、ベネズエラでオプス・デイの女性支部を立ち上げるようエスクリバから依頼されたマリア・デル・カルメン・タピア、数秘司 祭のウラジミール・フェルツマン、[4] スペイン内戦中にピレネー山脈を越えてエスクリバに同行し、ローマで何年もエスクリバとともに暮らしたミゲル・フィサック、オプス・デイの事務局長であ り、スペインのオプス・デイの地域責任者であったアントニオ・ペレス・テネサ、マリア・アングスティアス・モレノなどである。

オプス・デイはまた、カトリック教会内での独立とより大きな影響力を求めていると批判されている[35]。

一部のジャーナリストによれば、オプス・デイに対する批判は、反対派による嫉妬や捏造に基づいている[7][36][8][37][38]。批評家たち は、これらのジャーナリストの何人かはオプス・デイと関連しており[39][40]、抗議してオプス・デイを去った数名にインタビューしたり、内部の統治 文書を調査したりした者はいないと反論している。

オプス・デイの擁護者たちは、ヨハネ・パウロ2世と他のカトリック指導者たちが、仕事の聖化価値に関するオプス・デイの教えと、カトリックの信念への忠実さを支持していることを指摘している[41][42]。
Historical opposition from Jesuits
Josemaría Escrivá had a Jesuit priest as a spiritual director (Fr. Sánchez) at the time that he founded Opus Dei (1928ff.).[43] As a result, he apparently based some of the practices of Opus Dei on the Constitutions of the Society of Jesus,[44] such as: required manifestation of conscience to a superior, seeking prestigious people for membership, a military-style hierarchical authority structure,[45] and an emphasis on blind obedience as a means of efficiency in the apostolate.[46]

Nevertheless, the Superior-General of the Society of Jesus Fr. Wlodimir Ledóchowski (1866–1942) later told the Vatican he considered Opus Dei "very dangerous for the Church in Spain." He described it as having a "secretive character" and saw "signs in it of a covert inclination to dominate the world with a form of Christian Masonry."[47] In the 1950s, some Jesuits told Italian parents of members of Opus Dei that their sons were being led to damnation.

Allegations like this from within well-regarded ecclesiastical circles ("the opposition by good people," as Escrivá called it), were interpreted by Escrivá as misunderstandings or jealousies, and defenders of Opus Dei today claim that present-day criticisms are merely vestiges of this old prejudice.[7] Specifically, they argue that criticism of Opus Dei by members of the Society of Jesus was caused by these Jesuits' not understanding the difference between Opus Dei and religious orders, and that this misunderstanding continues among people with a "clerical" or "religious" mentality. For Opus Dei officially describes itself[48] in contrast to "religious" (monastic) life: ordinary lay Christians living out their baptismal call to holiness without being externally distinguished from other citizens.

Messori, a journalist associated with Opus Dei, also identifies political ideology as the root of some controversies involving some Jesuits. After Vatican II certain sectors of the Church became politically and theologically "liberal," including Jesuits in Latin America who were experimenting with "liberation theology." In contrast, some Opus Dei laymen had been working for the far-right Franco regime in Spain and similar regimes in Latin America. Escrivá himself gave a spiritual retreat to Franco, and the numerary priest and bishop Juan Luis Cipriani Thorne was reportedly friendly with Peru's president Fujimori and unsupportive of human rights advocates.[49][50][51] Messori emphasizes, however, that Opus Dei has also had members from left-wing parties such as the UK Labour Party (see Opus Dei and politics).[52]
イエズス会の歴史的反対
ホセマリア・エスクリバは、オプス・デイを設立した当時(1928年頃)、精神的指導者としてイエズス会の司祭(サンチェス師)を持っていた。 [43]。その結果、彼はオプス・デイの実践のいくつかをイエズス会の会則に基づいて行ったようであり[44]、例えば、上長に対する良心の表明の要求、 会員になるための一流の人物の求道、軍隊式の階層的権威構造[45]、使徒職における効率性の手段としての盲目的服従の強調[46]などであった。

それにもかかわらず、イエズス会の総長であったウロディミル・レドチョフスキ師(1866-1942)は、後にバチカンに、彼はオプス・デイを "スペインの教会にとって非常に危険である "と考えていると語った。彼はオプス・デイを「秘密主義的な性格」を持っていると評し、「キリスト教メーソンの一形態で世界を支配しようとする隠然たる傾 向の兆候」を見ていた[47]。

エスクリヴァがそう呼んだように、「善良な人々による反対」である)評判の高い教会内からのこのような申し立ては、エスクリヴァによって誤解や嫉妬として 解釈され、オプス・デイの擁護者たちは今日、現在の批判はこの古い偏見の名残に過ぎないと主張している。 [7] 具体的には、イエズス会のメンバーによるオプス・デイへの批判は、オプス・デイと修道会の違いを理解していないイエズス会によって引き起こされたものであ り、この誤解は「聖職者的」あるいは「宗教的」なメンタリティを持つ人々の間で続いていると主張している。というのも、オプス・デイは公式に、"修道" (修道会)生活とは対照的に、他の市民と外形的に区別されることなく、聖性への洗礼の呼びかけを生きている普通の信徒である、と自らを説明しているからで ある[48]。

オプス・デイに関連するジャーナリストであるメッソーリはまた、一部のイエズス会に関わるいくつかの論争の根源として、政治的イデオロギーを特定してい る。第二バチカン公会議後、教会のある部門は政治的にも神学的にも "リベラル "になり、その中には "解放の神学 "を試していたラテンアメリカのイエズス会も含まれていた。対照的に、オプス・デイの信徒の中には、スペインの極右フランコ政権やラテンアメリカの同様の 政権のために働いていた者もいた。エスクリヴァ自身はフランコに精神的な静養を与え、数司祭であり司教であったフアン・ルイス・チプリアーニ・ソーンはペ ルーのフジモリ大統領と友好的であり、人権擁護派を支持していなかったと伝えられている[49][50][51]。しかしメッソーリは、オプス・デイには 英国労働党のような左翼政党のメンバーもいたことを強調している(オプス・デイと政治を参照)[52]。
Mortification of the flesh

Much public attention has focused on Opus Dei's encouragement of the practice of bodily mortification, especially after descriptions of the practice appeared in the popular novel The Da Vinci Code.[53]

Opus Dei's celibate members (numeraries, numerary assistants, and associates) practice three forms of corporal mortification that were traditionally used in religious orders and also by some laypeople in Catholic countries such as Spain.[54] One of the more controversial forms of mortification is the use of a cilice, a small metal chain with inwardly pointing spikes that is worn around the upper thigh. The cilice's spikes cause pain and may leave small marks, but typically do not cause bleeding.[55] Numeraries, associates, and numerary assistants are expected to wear a cilice for two hours each day except feast days. Another mortification is to whip themselves with a small "discipline" (a corded rope whip) for a few minutes once a week while saying a prayer, as a participation in Jesus' scourging. (Escrivá had special whips for himself with metal tips on the end; these caused bleeding.[56]) Additionally, female numeraries only are required to sleep on a board instead of a mattress; former female members have explained that Escrivá justified this rule by saying that since numerary women had to give up having children, they needed this mortification to keep them emotionally strong. Male numeraries are expected to sleep on the floor one night a week instead. Supernumeraries and associates, who do not live in Opus Dei centers (and hence share a bed or bedroom with family), are instead expected or encouraged to sleep without a pillow one night per week.

Mortification ("dying to oneself") has had a long history within the Catholic Church, e.g. fasting on certain days with prayers, etc. Corporal mortification of the type practiced by Opus Dei celibates, however, is a rare practice for modern Catholics. Opus Dei points out mortification was practiced by many highly revered individuals such as Mother Teresa, Óscar Romero and Padre Pio.[57] Escrivá accused the secularised world of inconsistency in accepting physical pain and sacrifice in other domains (such as athletics, business, and personal beautification), but objecting to such acts when done for a religious purpose.
肉体のモルティフィケーション

大衆小説『ダ・ヴィンチ・コード』に肉体の修練に関する記述が登場した後、特にオプス・デイが肉体の修練を奨励していることに多くの世間の注目が集まった[53]。


オプス・デイの独身会員(数秘術師、数秘術補助者、およびアソシエイト)は、伝統的に修道会で使用され、またスペインのようなカトリックの国々で一部の信 徒によって使用されていた3つの形態の殉教を実践している[54]。錫杖の棘は痛みを引き起こし、小さな痕を残すかもしれないが、通常は出血を引き起こさ ない[55]。数秘術師、アソシエート、数秘術助手は、祝祭日を除いて毎日2時間錫杖をつけることが期待されている。もう一つの苦行は、イエスの鞭打ちに 参加するように、週に一度、祈りを捧げながら、小さな「ディシプリン」(紐のついた縄の鞭)で数分間自分を鞭打つことである。(エスクリヴァは、先端に金 属のついた特別な鞭を自分用に持っていたが、これは出血を引き起こした[56])。さらに、女性の数秘のみが、マットレスの代わりに板の上で寝ることを義 務付けられている。元女性会員によると、エスクリヴァは、数秘の女性は子供を持つことを諦めなければならなかったので、精神的に強く保つためにこの殉教が 必要だと言って、この規則を正当化したと説明している。元女性会員たちは、エスクリバがこの規則を正当化した理由について、「数秘術師の女性は子供を持つ ことを諦めなければならないので、精神的に強くなるためにこのような苦行が必要だった」と説明している。オプス・デイのセンターに住んでいない(したがっ て、家族とベッドや寝室を共有している)超修道士とアソシエイトは、代わりに週に一晩枕なしで寝ることが期待されるか、または奨励されています。


修道(「自分自身に死ぬこと」)は、カトリック教会内では長い歴史があり、例えば、祈りとともに特定の日に断食することなどがある。しかし、オプス・デイ の独身修道士が実践しているような体的な死すべき定めは、現代のカトリック信者にとっては稀な実践である。エスクリバは、世俗化した世界が、他の領域(陸 上競技、ビジネス、個人的な美化など)では肉体的苦痛や犠牲を受け入れるが、宗教的な目的のためにそのような行為を行うことには反対するという矛盾がある と非難した[57]。
Allegations of aggressive recruiting
Opponents allege Opus Dei uses cult-like practices in recruitment. For instance, Jesuit priest and writer James Martin wrote that Opus Dei puts great emphasis on recruiting, and pointed to Escriva's writings which say "You must kill yourselves for proselytism."[58] David Clark, a consultant who specialises in helping people leave cults, claimed in 2006 that Opus Dei used a cult-like recruitment technique called "love bombing", in which potential members are showered with flattery and admiration by members of the organization in order to entice them into joining.[59] The mother of a member at Harvard University claimed the group separated her daughter from her family, and in 1991 founded Opus Dei Awareness Network, a group that aims to provide information and critique on the group's practices.[60]
積極的な勧誘の疑惑
反対派は、オプス・デイが勧誘にカルト的な手法を用いると主張している。例えば、イエズス会の司祭で作家のジェームス・マーティンは、オプス・デイが勧誘 を非常に重視していると書き、「布教のために自らを殺さなければならない」というエスクリバの著作を指摘した[58]。カルトからの脱会を専門に支援する コンサルタントのデビッド・クラークは2006年、オプス・デイが「ラブ・ボミング」と呼ばれるカルト的な勧誘手法を使っていると主張した。 [59] ハーバード大学のメンバーの母親は、オプス・デイが娘を家族から引き離したと主張し、1991年にオプス・デイアウェアネス・ネットワークを設立した。
Allegations of being highly controlling
Critics accuse the organization of maintaining an extremely high degree of control over its members. Ex-members claim that Opus Dei directors[61] read letters of the members. According to a 2006 Wayback Machine report by BBC Mundo Jose Carlos Martin de la Hoz, priest of the prelature in Spain, said this practice existed in the past, but clarified it was a manifestation of opening and confidence of the faithfuls of the Opus Dei.[62][63] In 2001, an Opus Dei spokesman said the practice of reading the mail of numeraries was abandoned years ago,[64] since written letters are now rarely used for correspondence. As an additional means of guidance, it was deemed fitting for numeraries to first show to or tell the Directors about the contents of the letter, especially when the letter would need to touch on vocation.

About 20% of Opus Dei are celibate. They live in special residential centers where they lead extremely structured lives— critics say this practice isolates its members from the rest of society and allows Opus Dei to have nearly total control over its members' environments. For some books, a numerary's direct supervisor can provide permission, but for other books, permission can only be given by the prelate in Rome. According to some critics, Opus Dei pressures numeraries to cut off social contact with non-members, including their own families.[59] Numeraries in Opus Dei generally hand over their entire salaries to the organization, and critics say this makes numeraries extremely dependent upon the organization.

Opus Dei denies exerting any undue control over its members, and supporters[citation needed] say Opus Dei places an extraordinary emphasis on the personal freedom of its members. They[citation needed] quote Escrivá who said "Respect for its members' freedom is an essential condition for Opus Dei's very existence."

Supporters[citation needed] defend Opus Dei's list of inappropriate books by pointing out the Vatican itself maintained a similar list until the 1960s. To explain the celibate lifestyle of numeraries and their relationships with their families, supporters quote Jesus's comment that "He who loves his father or mother more than me is not worthy of me."[65]
高度な管理体制への批判
批評家たちは、オプス・デイが会員たちを極めて高度に管理していると非難している。元会員たちは、オプス・デイの役員たち[61]が会員たちの手紙を読ん でいると主張している。BBC Mundoによる2006年のWayback Machineのレポートによると、スペインの修道会の司祭であるホセ・カルロス・マルティン・デ・ラ・ホスは、この慣習は過去に存在したと述べたが、そ れはオプス・デイの信者の開放と信頼の現れであったと明らかにした[62][63]。 2001年、オプス・デイのスポークスマンは、書かれた手紙は現在ではほとんど通信に使用されていないため、数名のメールを読む慣習は数年前に放棄された と述べた[64]。ガイダンスの付加的な手段として、特に手紙が召命について触れる必要がある場合、数秘が最初に手紙の内容について理事に見せるか、伝え ることが適切であると考えられた。

オプス・デイの約20%は独身である。彼らは特別な居住センターに住み、そこで極めて構造化された生活を送っている。批評家たちは、この習慣がメンバーを 社会の他の部分から孤立させ、オプス・デイがメンバーの環境をほぼ完全にコントロールすることを可能にしていると言う。いくつかの書物については、数秘の 直属の上司が許可を与えることができるが、他の書物については、ローマの大司教によってのみ許可を与えることができる。一部の批評家によると、オプス・デ イは、自分の家族を含む非会員との社会的接触を断つよう、数秘に圧力をかけている[59]。オプス・デイの数秘は、一般的に、給料の全額を組織に渡してお り、批評家は、これが数秘を組織に極度に依存させるとしている。

オプス・デイは、会員に対する不当な支配を否定しており、支持者[要出典]は、オプス・デイが会員の個人の自由を非常に重視していると述べている。彼ら [要出典]は、"会員の自由の尊重は、オプス・デイの存在そのものにとって不可欠な条件である "と述べたエスクリバの言葉を引用している。

支持者たち[要出典]は、バチカン自身が1960年代まで同様のリストを維持していたことを指摘することで、オプス・デイの不適切な書籍のリストを擁護し ている。数秘たちの独身生活と家族との関係を説明するために、支持者たちは「私よりも父や母を愛する者は私にふさわしくない」というイエスのコメントを引 用している[65]。
Allegations of secrecy
Critics have often accused Opus Dei of intense secrecy. Due to its secrecy critics such as the Jesuit Wladimir Ledóchowski sometimes refer to Opus Dei as a "Catholic", "christian", or "white" form of Freemasonry.[66][67][68][69][70] Opus Dei does not publish memberships lists, and members generally do not publicly reveal they are part of the organization. .[71] According to its 1950 constitution, members are forbidden to reveal their membership without the express permission of their superiors.[72] This practice has led to rampant speculation about who may or may not be a member of Opus Dei. The 1950 constitution similarly prohibited even revealing how many people were members of Opus Dei.[73]

Additionally, critics claim Opus Dei is secretive about its activities. Opponents cite the fact Opus Dei often will not directly reveal its relationship to many of its institutions.[71] According to critics, Opus Dei does not allow many of its own rules to be made public. For example, the 1950 Constitution states, "These Constitutions, published instructions, and those which in the future may be published, and the other things pertaining to the government of the Institute are never to be made public. Indeed, without the permission of the Father [Escrivá] those documents which are written in the Latin language may not be translated into [other] languages." Similarly, Opus Dei does not reveal details about its finances.[74]

Allen says, "Opus Dei cannot be called secretive." Accusations of secrecy, he says, stem from mistakenly equating its members with monks and expecting members to behave as clerics. Instead, its lay members, like normal professionals, are ultimately responsible for their personal actions, and do not externally represent the prelature which provides them spiritual training. Opus Dei itself, he says, provides abundant information.[75] Supporters claim Opus Dei's relative silence stems not from a secretive nature, but rather is the result of a deep commitment to privacy, humility, and "avoidance of self-aggrandizement."[75] Supporters argue Opus Dei "has the obligation to respect its members' privacy"[76] They say members of Opus Dei do generally reveal their membership status to their family and closest friends. The historical opposition to Opus Dei may also have contributed to the need for privacy— as one author speculates, "I think part of it, too, is that, historically, because a lot of people didn't like Opus Dei, there was just a sense that it would be better not to be too upfront because you're just inviting hostility."[77]
秘密主義の疑惑
批評家たちはしばしば、オプス・デイの秘密主義を非難している。その秘密主義のために、イエズス会のウラジミール・レドチョウスキーのような批評家は、時 々フリーメーソンの「カトリック」、「キリスト教」、または「白い」形態としてオプス・デイを参照する[66][67][68][69][70] オプス・デイは会員リストを公表しておらず、会員は一般的に、彼らが組織の一部であることを公にしていない。.71]1950年の会則によれば、会員は上 長の明示的な許可なしにその会員であることを明らかにすることを禁じられている[72]。この慣行は、誰がオプス・デイの会員であるか否かについての憶測 を横行させることにつながっている。1950年の会則では、同様に、何人がオプス・デイのメンバーであったかを明らかにすることさえ禁じられていた [73]。

さらに、批評家たちは、オプス・デイがその活動について秘密主義であると主張している。反対派は、オプス・デイが多くの組織との関係を直接明らかにしない ことが多いという事実を挙げている[71]。批評家によれば、オプス・デイは自らの規則の多くを公にすることを認めていない。例えば、1950年の会則に は、「これらの会則、公表された指示、将来公表されるかもしれない指示、および研究所の統治に関連する他のものは、決して公表されることはない。実際、神 父(エスクリバ)の許可なく、ラテン語で書かれたそれらの文書を(他の)言語に翻訳することはできない。" 同様に、オプス・デイはその財政についての詳細を明らかにしない[74]。

アレンは、"オプス・デイは秘密主義とは呼べない "と言う。秘密主義という非難は、オプス・デイの会員を修道士と誤って同一視し、会員が聖職者として振舞うことを期待していることから生じている、と彼は 言う。オプス・デイの信徒は、通常の専門職と同様、個人的な行動に最終的な責任を負っており、精神的な訓練を提供する教区を対外的に代表しているわけでは ない。オプス・デイ自体が豊富な情報を提供していると彼は言う[75]。支持者たちは、オプス・デイの相対的な沈黙は、秘密主義的な性質から生じているの ではなく、むしろプライバシー、謙虚さ、そして「自己顕示欲の回避」への深いコミットメントの結果であると主張する[75]。オプス・デイに対する歴史的 な反対もまた、プライバシーの必要性に寄与しているかもしれない-ある著者が推測しているように、「歴史的に、多くの人々がオプス・デイを嫌っていたの で、敵意を招くだけなので、あまり前面に出さない方が良いという感覚があったということもあると思う」[77]。
Legal disputes
Recently, Opus Dei has twice been engaged in legal disputes in connection with their trademark (CTM Registration No. 844.860 OPUS DEI (word)),[78] as they claimed infringement firstly in 2002 regarding the magazine "Opus Gay" and lost,[79] and secondly regarding the currently ongoing case of the philosophy-themed atheist card game "Opus-Dei: Existence After Religion".
法的紛争
最近、オプス・デイは、その商標(CTM登録番号844.860 OPUS DEI(語))に関連して2度にわたり法的紛争に巻き込まれている[78]。まず2002年に雑誌『オプス・ゲイ』に関して侵害を主張し敗訴[79]、次 に哲学をテーマにした無神論者のカードゲーム『オプス・デイ:宗教後の存在』に関して現在進行中の訴訟を起こした。
Women in Opus Dei
The role of women in Opus Dei is another source of criticism. Women are treated as equal in Opus Dei but are separated from men in their personal spiritual training. In many male Opus Dei centres, women visit every evening to cook for the men and then leave without social interaction, as Escrivá recognised that despite the equality of men and women, centres for men may need a female influence to function.
オプス・デイにおける女性
オプス・デイにおける女性の役割もまた、批判の原因となっている。女性はオプス・デイでは対等に扱われるが、個人的な精神的訓練においては男性から切り離 されている。エスクリバは、男女平等であるにもかかわらず、男性のためのセンターが機能するためには、女性の影響が必要であることを認識していた。
Alleged independence and influence within the Roman Catholic Church
Critics have argued that Opus Dei's unique status as a personal prelature within the Church gives it too much independence. According to critics, elevating Opus Dei to the status of a personal prelature allows its members to "go about their business almost untouched by criticism or oversight by bishops".[80] According to critics, Opus Dei has such autonomy it has become essentially a "church within a church".[81]

Catholic officials say church authorities have even greater control of Opus Dei now its head is a prelate appointed by the Pope, and they argue members are "even more conscious of belonging to the Church".[82] They point to canon law which states that Opus Dei members remain under "jurisdiction of the diocesan bishop in what the law lays down for all the ordinary [Catholics]". Similarly, they point out that Opus Dei must obtain permission from the local bishop before establishing an Opus Dei center within the diocese.

Some critics say Opus Dei exerts a disproportionately large influence within the Church itself. They point to the unusually hasty (and otherwise irregular) process in which Escriva was canonized.[83] Pope John Paul II was a supporter of Opus Dei, and during his pontificate the head of the Vatican press office was a member of Opus Dei. An Opus Dei spokesman says "the influence of Opus Dei in the [Vatican] has been exaggerated."[84] Of the nearly 200 cardinals in the Roman Catholic Church, only two are known to be members of Opus Dei.[85][86] Similarly, of the nearly 4000 bishops, only 20 are known to be members of Opus Dei.[86][87]

Von Peter Hertel of Der Spiegel refers to Opus Dei as "Santa Mafia"[88] or in Vicente R. Pilapil's words, "Holy Mafia"[89] due to what they say are questionable business activities.

John L. Allen Jr. said that Escriva's relatively quick canonization does not have anything to do with power but with improvements in procedures and John Paul II's decision to make Escriva's sanctity and message known.[7] (see Opus Dei and politics)
ローマ・カトリック教会内での独立性と影響力の主張
批評家たちは、オプス・デイの教会内の個人的なプレラチュアとしてのユニークな地位が、あまりにも多くの独立性を与えていると主張している。批評家たちに よれば、オプス・デイを個人的なプレラチュアの地位に昇格させることで、オプス・デイのメンバーは「司教たちによる批判や監視にほとんど触れられることな く、自分たちの仕事を進めることができる」[80]。批評家たちによれば、オプス・デイはそのような自律性を持っており、本質的に「教会内の教会」になっ ている[81]。

カトリック関係者は、オプス・デイのトップが教皇によって任命された高位聖職者である現在、教会当局がオプス・デイをさらに大きく管理していると言い、メ ンバーは「教会に属していることをさらに意識している」と主張する[82]。同様に、彼らはオプス・デイが教区内にオプス・デイのセンターを設立する前 に、地元の司教から許可を得なければならないと指摘している。

オプス・デイが教会内に不釣り合いなほど大きな影響力を及ぼしているという批判もある。教皇ヨハネ・パウロ2世はオプス・デイの支持者であり、教皇在位 中、バチカンの報道局長はオプス・デイのメンバーであった[83]。オプス・デイのスポークスマンは、「(バチカンにおける)オプス・デイの影響力は誇張 されている」と述べている[84]。ローマ・カトリック教会の約200人の枢機卿のうち、オプス・デイのメンバーであることが知られているのは2人だけで ある[85][86]。同様に、約4000人の司教のうち、オプス・デイのメンバーであることが知られているのは20人だけである[86][87]。

シュピーゲル誌のフォン・ペーター・ヘルテルは、オプス・デイを「サンタ・マフィア」[88]、あるいはヴィセンテ・R・ピラピルの言葉では「聖なるマフィア」[89]と呼んでいる。

ジョン・L・アレン・ジュニアは、エスクリバが比較的早く列聖されたのは権力とは関係なく、手続きの改善とエスクリバの聖性とメッセージを知らしめるというヨハネ・パウロ2世の決断によるものだと述べている[7](オプス・デイと政治を参照)。
Supporters of Opus Dei say criticisms of it are often motivated by bad faith, jealousy, vengefulness, or other biases on the part of the critics.[90] In some cases, supporters accuse critics of merely misunderstanding Opus Dei, its mission, or its novelty.

Secularism
Opus Dei's supporters often see criticism as motivated by a religious bias or political agenda. Many supporters say criticisms of Opus Dei stem from a generalized disapproval of spirituality, Christianity, or Catholicism.[91]

Jesuits and liberal Catholics
According to Time magazine, "church liberals, once riding high, have understood for decades that Rome does not incline their way. They feel abandoned, says John L. Allen Jr., 'and whenever you feel that way, there's a natural desire to find someone to blame.'"

The animosity from within the Church derives from the conflicting views of the role of the Church following Vatican II. At the time, the superior of the Jesuits, Pedro Arrupe, "symbolised the new post-Vatican II ethos, calling his Jesuits to be 'men for others', which in practice sometimes meant joining movements for peace and justice," while "Escrivá walked another path, insisting on the primacy of traditional forms of prayer, devotion, and the sacramental life." Making Opus Dei a "personal prelature" and Escrivá a saint "seemed like a clampdown on the Jesuits---almost as if a torch was being passed." As Allen points out, some of Opus Dei's harshest critics were once Jesuit priests."[92]

Controversy as a sign of contradiction
Some supporters of Opus Dei have viewed the controversy surrounding the organization as a "Sign of contradiction." Proponents of this view hold that blessed, divinely inspired Christian organizations will always be criticized, just as Jesus was criticized by his contemporaries. John Carmel Heenan, cardinal and Archbishop of Westminster, commented in 1975 that "One of the proofs of God's favour is to be a sign of contradiction. Almost all founders of societies in the Church have suffered. Monsignor Escrivá de Balaguer is no exception. Opus Dei has been attacked and its motives misunderstood. In this country and elsewhere an inquiry has always vindicated Opus Dei."[93] Some Opus Dei see the very existence of critics as further proof of the organization's sanctity.[94]

John Paul II stated in his decree on the heroic virtues of Opus Dei's founder Josemaría Escrivá: "God allowed him to suffer public attacks. He responded invariably with pardon, to the point of considering his detractors as benefactors. But this Cross was such a source of blessings from heaven that the Servant of God's apostolate [or evangelizing work] spread with astonishing speed."[citation needed]
オプス・デイの支持者たちは、オプス・デイに対する批判は多くの場合、 悪意、嫉妬、復讐心、あるいは批判者側のその他の偏見によって動機づけられていると述べている[90]。いくつかのケースでは、支持者たちは批判者たちが オプス・デイ、その使命、あるいはその新しさを単に誤解しているだけだと非難している。

世俗主義
オプス・デイの支持者は、宗教的な偏見や政治的な意図に動機づけられた批判をしばしば見かける。多くの支持者は、オプス・デイに対する批判は、霊性、キリスト教、またはカトリックに対する一般化された不支持から生じていると言う[91]。

イエズス会とリベラル・カトリック
タイム誌によると、「教会のリベラル派は、かつては高みの見物をしていたが、ローマが自分たちのやり方に傾斜していないことを何十年も理解している。ジョン・L・アレン・ジュニアによれば、彼らは見捨てられたと感じている。

教会内部からの反感は、第二バチカン公会議後の教会の役割に関する見解の対立に由来する。当時、イエズス会の総長ペドロ・アルペは "第二バチカン公会議後の新しい気風を象徴し、イエズス会士たちに "他者のための人間 "となるよう呼びかけ、それは実際には平和と正義のための運動に参加することを意味することもあった。"一方、エスクリバは別の道を歩み、祈り、献身、秘 跡生活の伝統的な形式の優位性を主張した。オプス・デイを "個人修道会 "とし、エスクリバを聖人とすることは、"イエズス会に対する締め付けのように思えた-まるで聖火が渡されたかのように"。アレンが指摘するように、オプ ス・デイの最も厳しい批評家の何人かは、かつてイエズス会の司祭だった」[92]。

矛盾の兆候としての論争
オプス・デイの支持者の中には、組織を取り巻く論争を "矛盾の兆候 "とみなす者もいる。この見解の支持者は、祝福され、神の霊感を受けたキリスト教組織は、イエスが同時代の人々から批判されたように、常に批判されると考 えている。ジョン・カーメル・ヒーナン枢機卿(ウェストミンスター大司教)は1975年、「神の寵愛の証拠のひとつは、矛盾のしるしとなることである。教 会内のほとんどすべての結社の創設者は苦しんできた。モンシニョール・エスクリバ・デ・バラゲルも例外ではありません。オプス・デイは攻撃され、その動機 は誤解されている。この国でも他の場所でも、調査は常にオプス・デイの正当性を立証してきた」[93]。オプス・デイの中には、組織の聖性のさらなる証拠 として、批判者の存在そのものを見る者もいる[94]。

ヨハネ・パウロ二世は、オプス・デイの創立者であるヨゼマリア・エスクリバの英雄的美徳に関する教令の中で次のように述べている: 「神は彼が公衆の攻撃に苦しむことを許された。神は、彼が公衆の攻撃にさらされることを許された。彼は常に恩赦に応じ、自分の敵対者を恩人と見なすほどで あった。しかし、この十字架は天からの祝福の源となり、神のしもべの使徒職(または福音宣教活動)は驚くべき速さで広がっていった」[要出典]。


リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j