sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

★オットー・ワイニンガー★

Otto Weininger, 1880-1903

池田光穂

☆オットー・ヴァイニンガー(1880年4月3日 - 1903年10月4日)はオーストリアの哲学者。1903年に『性と性格』(Geschlecht und Charakter)を出版し、23歳で自殺した後に人気を博した。ヴァイニンガーはルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン、アウグスト・ストリンドベリ、 ユリウス・エヴォラ、そしてあまり知られていないが、彼の著作『Über die letzten Dinge』を通じてジェイムズ・ジョイスに強い影響を与えた

★ (German: [ˈvaɪnɪŋɐ]; 3 April 1880 – 4 October 1903) was an Austrian philosopher who lived in the Austro-Hungarian Empire. In 1903, he published the book Geschlecht und Charakter (Sex and Character), which gained popularity after his suicide at the age of 23. Parts of his work were adapted for use by the Nazi regime (which at the same time denounced him).[7] Weininger had a strong influence on Ludwig Wittgenstein, August Strindberg, Julius Evola, and, via his lesser-known work Über die letzten Dinge, on James Joyce.[8][9]
オッ トー・ヴァイニンガー(ドイツ語: [ˈvaɪ]; 1880年4月3日 - 1903年10月4日)はオーストリアの哲学者。1903年に『性と性格』(Geschlecht und Charakter)を出版し、23歳で自殺した後に人気を博した。ヴァイニンガーはルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン、アウグスト・ストリンドベリ、 ユリウス・エヴォラ、そしてあまり知られていないが、彼の著作『Über die letzten Dinge』を通じてジェイムズ・ジョイスに強い影響を与えた[8][9]。
Life
Otto Weininger was born on 3 April 1880 in Vienna, a son of the Jewish goldsmith Leopold Weininger and his wife Adelheid. After attending primary school and graduating from secondary school in July 1898, Weininger registered at the University of Vienna in October of the same year. He studied philosophy and psychology but took courses in natural sciences and medicine as well. Weininger learned Greek, Latin, French and English very early, later also Spanish and Italian, and acquired passive knowledge of Swedish, Danish and Norwegian.[10] While he was at the University, he would attend the Philosophical Society, where he heard, among others, Wagner's son-in-law Houston Stewart Chamberlain, he was regarded as an outsider but an original thinker.

In the autumn of 1901 Weininger tried to find a publisher for his work Eros and the Psyche: A biological-psychological study, which he submitted to his professors Friedrich Jodl and Laurenz Müllner [de] as his thesis in 1902. He met Sigmund Freud, who did not, however, recommend the text to a publisher. His professors accepted the thesis and Weininger received his Ph.D. degree in July 1902.[11] Shortly thereafter he became a Protestant.

In 1902 Weininger went to Bayreuth, where he witnessed a performance of Richard Wagner's Parsifal, which left him deeply impressed. Via Dresden and Copenhagen he made his way to Christiania (Oslo), where he saw for the first time Henrik Ibsen's liberation drama Peer Gynt on stage. Upon his return to Vienna Weininger suffered from fits of deep depression. The decision to take his own life gradually took shape; after a long discussion with his friend Artur Gerber, however, Weininger realized that "it is not yet time".

In June 1903, after months of concentrated work, his book Sex and Character: A Fundamental Investigation – an attempt "to place sex relations in a new and decisive light" – was published by the Vienna publishers Braumüller & Co. The book contained his thesis to which three vital chapters were added: (XII) "The Nature of Woman and her Relation to the Universe", (XIII) "Judaism", (XIV) "Women and Humanity".

Although the book was not negatively received, it did not create the expected stir. Weininger was attacked by Paul Julius Möbius, professor in Leipzig and author of the book On the Physiological Deficiency of Women and was accused of plagiarizing. Deeply disappointed and seemingly depressed, Weininger left for Italy.

Back in Vienna he spent his last five days with his parents. On 3 October he took a room in the house at Schwarzspanierstraße 15, where Ludwig van Beethoven had died. He told the landlady that he was not to be disturbed before morning, since he planned to work and then to go to bed late. That night he wrote two letters, one to his father and the other to his brother Richard, telling them that he was going to shoot himself.

On 4 October Weininger was found mortally wounded, having shot himself in the chest. He died in the Wiener Allgemeines Krankenhaus (Vienna General Hospital) and was buried in the Matzleinsdorf Protestant Cemetery in Vienna.
生涯
オットー・ヴァイニンガーは1880年4月3日、ユダヤ人の金細工職人レオポルド・ヴァイニンガーとその妻アーデルハイトの息子としてウィーンで生まれ た。小学校を経て1898年7月に中等学校を卒業、同年10月にウィーン大学に入学した。哲学と心理学を学んだが、自然科学と医学も履修した。大学在学中 は哲学会に出席し、ワーグナーの義理の息子ヒューストン・スチュワート・チェンバレンの話を聞くなどして、アウトサイダーでありながら独創的な思想家であ ると評価された。

1901年秋、ヴァイニンガーは著作『エロスと精神』の出版社を見つけようとした: 1902年、教授であったフリードリヒ・ヨードルとラウレンツ・ミュルナー[de]に学位論文として提出した。彼はジークムント・フロイトに会ったが、彼 はこの文章を出版社に推薦しなかった。教授たちは論文を受理し、ヴァイニンガーは1902年7月に博士号を取得した[11]。

1902年、ヴァイニンガーはバイロイトを訪れ、リヒャルト・ワーグナーの『パルジファル』を鑑賞し、深い感銘を受ける。ドレスデン、コペンハーゲンを経 てクリスチャニア(オスロ)に向かい、そこで初めてヘンリック・イプセンの解放劇『ペール・ギュント』の舞台を観た。ウィーンに戻ると、ヴァイニンガーは 深い鬱の発作に悩まされた。しかし、友人のアルトゥール・ゲルベルとの長い話し合いの末、ヴァイニンガーは「まだその時ではない」と悟った。

1903年6月、数ヶ月に及ぶ集中的な研究の末、彼の著書『性と性格』が出版された: ウィーンの出版社ブラウミュラー社から、"性関係を新しい決定的な光の中に位置づける "試みである『性と性格:基礎的調査』が出版された。この本には、彼の論文に3つの重要な章が加えられた:(XII)「女性の本質と宇宙との関係」、 (XIII)「ユダヤ教」、(XIV)「女性と人間性」。

この本は否定的に受け止められることはなかったが、期待されたほどの反響を呼ぶことはなかった。ヴァイニンガーは、ライプツィヒの教授で『女性の生理的欠 乏について』の著者であるパウル・ユリウス・メビウスから攻撃を受け、盗作の疑いをかけられた。深く失望し、落ち込んだように見えたヴァイニンガーはイタ リアに向かった。

ウィーンに戻った彼は、最後の5日間を両親と過ごした。10月3日、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが亡くなったシュヴァルツシュパニエ通り15番 地の家に部屋を取った。大家には、朝までは邪魔をしないでほしいと伝えた。その夜、ヴァイニンガーは2通の手紙を書き、1通は父親に、もう1通は弟のリ ヒャルトに宛てた。

10月4日、ヴァイニンガーは胸を撃って瀕死の重傷を負っているのが発見された。ウィーン総合病院で死亡し、ウィーンのマッツラインスドルフ・プロテスタント墓地に埋葬された。
Sex and Character: A Fundamental Investigation

Masculinity and femininity
Sex and Character argues that all people are composed of a mixture of male and female substance, and attempts to support this view scientifically. The male aspect is active, productive, conscious and moral/logical, while the female aspect is passive, unproductive, unconscious and amoral/alogical.[12] Weininger argues that emancipation is only possible for the "masculine woman", for example some lesbians, and that the female life is consumed with the sexual function, both with the act, as a prostitute, and the product, as a mother.[13] The woman is a "matchmaker". By contrast, the duty of the male, or the masculine aspect of personality, is to strive to become a genius and to forgo sexuality for an abstract love of the absolute, God, which he finds within himself.[14]

A significant part of his book is about the nature of genius. Weininger argues that genius never applies solely to a specific field such as mathematics or music, but there is only the universal genius, in whom everything exists and makes sense. He reasons that this quality is probably present in all people to some degree.[15] Sex and Character became popular in Italy as an alternative to Freudian psychoanalysis due to the interest it generated among Italian intellectuals such as Steno Tedeschi, who translated the text to Italian.[16]

Jewishness vs. Christianity
In a separate chapter, Weininger, himself a Jew who had converted to Christianity in 1902, analyzes the archetypal Jew as feminine, and thus profoundly irreligious, without true individuality (soul), and without a sense of good and evil. Christianity is described as "the highest expression of the highest faith", while Judaism is called "the extreme of cowardliness". Weininger decries the decay of modern times, and attributes much of it to feminine (or identically, "Jewish") character. By Weininger's reckoning everyone shows some femininity, and what he calls "Jewishness".[17]

Critique of the Zeitgeist
On Jewishness, decadence and femininity:

"Our age, which is not only the most Jewish, but also the most effeminate of all ages; an age in which art represents only a sudarium of its humors; the age of the most gullible anarchism, without any understanding of the State and of justice; the age of the collectivist ethics of the species; the age in which history is viewed with the most astonishing lack of seriousness [historical materialism]; the age of capitalism and of Marxism; the age in which history, life, and science no longer mean anything, apart from economics and technology; the age when genius could be declared a form of madness, while it no longer possesses even one great artist or philosopher; the age of the least originality and its greatest pursuit; the age which can boast of being the first to have exalted eroticism, but not in order to forget oneself, the way the Romans or the Greeks did in their Bacchanalia, but in order to have the illusion of rediscovering oneself and giving substance to one’s vanity."[18]
セックスと性格 基本的な調査

男性性と女性性
『性と性格』は、すべての人は男性と女性の混合体であると主張し、この見解を科学的に支持しようとしている。男性の側面は能動的、生産的、意識的、道徳的 /論理的であり、女性の側面は受動的、非生産的、無意識的、非道徳的/論理的である[12]。ヴァイニンガーは、解放は「男性的な女性」、たとえば一部の レズビアンにのみ可能であり、女性の人生は、売春婦としての行為と母親としての生産物の両方において、性機能で消費されると主張する[13]。対照的に、 男性の義務、つまり人格の男性的側面は、天才になろうと努力することであり、自分の中に見出す絶対的なもの、神への抽象的な愛のために性愛を放棄すること である[14]。


彼の著書の重要な部分は、天才の性質についてである。ヴァイニンガーは、天才は決して数学や音楽のような特定の分野だけに当てはまるものではなく、すべて が存在し、意味をなす普遍的な天才が存在するだけだと主張する。セックスと性格』は、イタリア語に翻訳したステノ・テデスキのようなイタリアの知識人の間 で関心を呼んだため、フロイトの精神分析に代わるものとしてイタリアで人気を博した[16]。


ユダヤ教対キリスト教
1902年にキリスト教に改宗したユダヤ人であるヴァイニンガーは、別の章において、典型的なユダヤ人は女性的であり、従って深く無宗教であり、真の個性 (魂)を持たず、善悪の感覚を持たない、と分析している。キリスト教は「最高の信仰の最高の表現」であり、ユダヤ教は「臆病の極み」と呼ばれている。ヴァ イニンガーは近代の衰退を批判し、その原因の多くを女性的(あるいはそれと同じ「ユダヤ的」)性格に求める。ヴァイニンガーの計算では、誰もが女性らしさ を示し、彼が「ユダヤ人らしさ」と呼ぶものを示している[17]。

時代精神批判
ユダヤ性、退廃、女性性について:

最もユダヤ的であるだけでなく、あらゆる時代の中で最も女々しい時代である現代、 芸術がユーモアのスダリウムを表現するだけの時代、国家と正義を全く理解しない最も騙されやすいアナキズムの時代、種の集団主義的倫理の時代、歴史が最も 驚くべき真剣さの欠如[史的唯物論]で捉えられる時代、資本主義とマルクス主義の時代、経済と技術を除けば、歴史、人生、科学がもはや何の意味もなさない 時代; ローマ人やギリシャ人がバッカナリアで行ったように、自分自身を忘れるためではなく、自分自身を再発見し、虚栄心に実体を与えるという幻想を抱くためであ る」。 [18]
Weininger and the Nazis
Isolated parts of Weininger's writings were used by Nazi propaganda, despite the fact that Weininger actively argued against the ideas of race that came to be identified with the Nazis. In his private conversations, Hitler recalled a remark his mentor Dietrich Eckart made about Weininger: "I only knew one decent Jew and he committed suicide on the day when he realized that the Jew lives upon the decay of peoples...."[23]

In the chapter titled "Judaism" in his book Sex and Character[24] Weininger writes:

The Jewish race has been chosen by me as a subject of discussion, because, as will be shown, it presents the gravest and most formidable difficulties for my views.

I must, however, make clear what I mean by Judaism; I mean neither a race nor a people nor a recognised creed. I think of it as a tendency of the mind, as a psychological constitution which is a possibility for all mankind, but which has become actual in the most conspicuous fashion only amongst the Jews. Antisemitism itself will confirm my point of view.

Thus the fact is explained that the bitterest Antisemites are to be found amongst the Jews themselves.

The true concept of the State is foreign to the Jew, because he, like the woman, is wanting in personality; his failure to grasp the idea of true society is due to his lack of free intelligible ego. Like women, Jews tend to adhere together, but they do not associate as free independent individuals mutually respecting each other's individuality.

As there is no real dignity in women, so what is meant by the word "gentleman" does not exist amongst the Jews. The genuine Jew fails in this innate good breeding by which alone individuals honour their own individuality and respect that of others. There is no Jewish nobility, and this is the more surprising as Jewish pedigrees can be traced back for thousands of years.

The familiar Jewish arrogance has a similar explanation....

Later in the same chapter he writes:

The faults of the Jewish race have often been attributed to the repression of that race by Aryans, and many Christians are still disposed to blame themselves in this respect. But the self-reproach is not justified. Outward circumstances do not mould a race in one direction, unless there is in the race the innate tendency to respond to the moulding forces; the total result comes at least as much from a natural disposition as from the modifying circumstances.

The Jew is not really anti-moral. But, none the less, he does not represent the highest ethical type. He is rather non-moral, neither good nor bad.

So also in the case of the woman....

In the Jew and the woman, good and evil are not distinct from one another.

Jews, then, do not live as free, self-governing individuals, choosing between virtue and vice in the Aryan fashion....

Accordingly, Weininger's views are considered an important step in attempts to exclude women and Jews from society based on methodical philosophy, in an era declaring human equality and scientific thought.[25]

In her book Nazi Ideology Prior to 1933, Barbara Miller Lane shows how Nazi ideologists such as Dietrich Eckart disregarded Weininger's deprecation of accusations against individual Jews, and instead simply stated that Jews, like women, lacked a soul and a belief in immortality, and that "Aryans" must guard themselves from "Jewishness" within, since this internal "Jewishness" is the source of evil.[26]
ヴァイニンガーとナチス
ヴァイニンガーは、ナチスと同一視されるようになった人種思想に積極的に反対していたにもかかわらず、ヴァイニンガーの著作の一部がナチスのプロパガンダ に利用された。ヒトラーは私的な会話の中で、彼の師であるディートリッヒ・エカルトがヴァイニンガーについて語った言葉を思い出している。「まともなユダ ヤ人を一人だけ知っているが、彼はユダヤ人が民族の衰退の上に生きていることを悟った日に自殺した......」[23]。

ヴァイニンガーは著書『性と性格』[24]の「ユダヤ教」と題された章の中でこう書いている:

ユダヤ人という人種が議論の対象として選ばれたのは、これから明らかになるように、私の見解にとって最も重大で最も手ごわい難題を提示しているからである。

しかし、ユダヤ教とは何を意味するのか、はっきりさせておかなければならない。私はユダヤ教を、心の傾向、心理的な体質として考えている。それは全人類に とって可能性のあるものだが、ユダヤ人の間でだけ最も顕著な形で現実のものとなっている。反ユダヤ主義そのものが、私の見解を裏付けるだろう。

こうして、最も痛烈な反ユダヤ主義者はユダヤ人自身の中にいるという事実が説明される。

国家という真の概念はユダヤ人にとっては異質なものであり、それはユダヤ人が女性と同じように人格に欠けているからである。女性と同じように、ユダヤ人も一緒に結束する傾向があるが、互いの個性を尊重し合う自由な独立した個人として付き合うことはない。

女性に真の尊厳がないように、ユダヤ人には「紳士」という言葉が意味するものが存在しない。生粋のユダヤ人は、自分の個性を尊重し、他人の個性を尊重する、この生来の善良な交配に欠けている。ユダヤ人の血統は何千年も遡ることができるのだから、なおさらである。

おなじみのユダヤ人の傲慢さにも同様の説明がある......。

同じ章の後半で、彼はこう書いている:

ユダヤ人の欠点は、しばしばアーリア人による抑圧のせいだとされてきた。しかし、その自責の念は正当化されるものではない。外的な状況によって民族が一方向に形成されることは、その民族に形成しようとする力に反応しようとする生来の傾向がない限りありえない。

ユダヤ人は実際には反道徳的ではない。しかしそれでも、彼は最高の倫理的タイプを代表しているわけではない。彼はむしろ非道徳的であり、善でも悪でもない。

女性の場合も同様である。

ユダヤ人と女性では、善と悪は互いに区別されない。

ユダヤ人は、アーリア人のように美徳と悪徳のどちらかを選ぶような、自由で自治的な個人として生きているわけではない......。

したがって、ヴァイニンガーの見解は、人間の平等と科学的思考を宣言した時代において、方法論的哲学に基づき、女性とユダヤ人を社会から排除しようとする試みの重要な一歩であると考えられている[25]。

バーバラ・ミラー・レーンはその著書『1933年以前のナチス・イデオロギー』の中で、ディートリッヒ・エッカートのようなナチスの思想家たちが、ヴァイ ニンガーが個々のユダヤ人に対する非難を軽視していたことを示し、その代わりに、ユダヤ人は女性と同様に魂と不死への信念を欠いており、「アーリア人」は 内なる「ユダヤ性」から自らを守らなければならないと述べている。
Weininger and "Jewish self-hatred"
Allan Janik, in "Viennese Culture and the Jewish Self-Hatred Hypothesis: A Critique", questions the validity of the concept of "Jewish self-hatred", even when applied to Weininger, reputedly "the thinker who nearly everyone has taken to represent the very archetype of the self-hating Viennese Jewish intellectual". Janik places responsibility for this reputation upon Peter Gay. Janik doubts that such a concept as "Jewish self-hatred" is applicable to Weininger in any case, because, although he was of Jewish descent, "it is less than clear that he had a Jewish identity" to reject. In Janik's view, Gay misunderstands the role of religion in Jewish identity and "seems to smuggle in a whole lot of covert theological baggage in secularized form", resulting in "a piece of covert metaphysics parading as social science".[27]


ヴァイニンガーと "ユダヤ人の自己嫌悪"
アラン・ジャニクは『ウィーン文化とユダヤ人自己嫌悪仮説』の中で、「ユダヤ人自己嫌悪」という概念の妥当性に疑問を呈している: アラン・ジャニクは「ウィーン文化とユダヤ人の自己嫌悪仮説:批判」の中で、「ユダヤ人の自己嫌悪」という概念の妥当性に疑問を呈している。ヤニクはこの 評判の責任をペーター・ゲイに押し付けている。というのも、ヴァイニンガーはユダヤ人の血を引いてはいたものの、「ユダヤ人としてのアイデンティティを拒 否していたことはあまり明らかではない」からである。ヤニクの見解では、ゲイはユダヤ人のアイデンティティにおける宗教の役割を誤解しており、「世俗化さ れた形で神学的なお荷物を密かに持ち込んでいるように見える」。
Works
Geschlecht und Charakter: Eine prinzipielle Untersuchung (in German). Vienna and Leipzig: Wilhelm Braumüller. 1903.
Über die letzten Dinge (PDF) (in German). Vienna and Leipzig: Wilhelm Braumüller. 1904.
(in German) Geschlecht und Charakter: Eine prinzipielle Untersuchung, neunzehnte, unveränderte Auflage mit einem Bildnisse des Verfassers (Wien und Leipzig: Wilhelm Braumüller Universitäts-Verlagsbuchhandlung Gesellschaft M. B. H., 1920).
Sex & Character (Authorised translation from the sixth German ed.). London: William Heinemann; New York: G. P. Putnam's Sons. 1906.
. Translated by Ladislaus Löb. Indiana University Press. 2005. ISBN 0-253-34471-9.
A Translation of Weininger's Über die letzten Dinge (1904/1907), On Last Things. Translated by Steven Burns. Lewiston, Queenston and Lampeter: Edwin Mellen Press. 2001. ISBN 0-7734-7400-5.
Collected Aphorisms, Notebook and Letters to A Friend (PDF) (in English and German). Translated by Martin Dudaniec. 2002. ISBN 0-9581336-2-X.
オットー・ヴァイニンガー『性と性格』竹内章訳、村松書館, 1980年(978-4895460231)









リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j