sao パチンコ 先バレ無しで当たる

かならずよんで ね

聞予パウロの指伉について

His converstion of Paul the Apostle

Rembrandt van Rijn (and Workshop?) (Dutch, 1606 - 1669 ), The Apostle Paul, c. 1657

学弥高[

¥サウロ┘リスト縮に個忱するまえのパウロのユダヤ兆各は、寔帛に、湊よりも苧るい高 がサウロとサウロと匯wにいた繁?を孚らし、畠Tが仇中に宜れ、畯遒靴織リストがサウロによる独墾について冱~でZりかけた。辰朕にされ、隨に秘るよう に凋じられるとともに、3晩瘁にダマスコのアナニアによって薦が指甠靴拭この瘁、サウロは牢撰を鞭けパウロとなり、ナザレのイエスがユダヤのメシアで あり、舞の徨であることを傚べ擦兵めた、という。

9: 1さてサウロは、なおも麼の宮徨たちにする{独、∈Δ力△鬚呂困泙擦覆ら、寄疾望のところに佩って、 9:2ダマスコのT氏銘あての耶を箔めた。それは、この祇の宀をつけ肝及、槻溺のeなく`りあげて、エルサレムにひっぱって栖るためであった。 9:3ところが、祇を識いでダマスコの除くにきたとき、融隼、爺から高がさして、泳をめぐり孚した。 9:4泳は仇に宜れたが、そのr仝サウロ、サウロ、なぜわたしを独墾するのか々と柵びかける蕗をいた。 9:5そこで泳は仝麼よ、あなたは、どなたですか々とい佑拭すると基があった、仝わたしは、あなたが独墾しているイエスである。 9:6さあ羨って、隨にはいって佩きなさい。そうすれば、そこであなたのなすべき並が御げられるであろう々。 9:7サウロの揖佩宀たちは麗も冱えずに羨っていて、蕗だけはえたが、だれもえなかった。 9:8サウロは仇から軟き貧がって朕を_いてみたが、採もえなかった。そこで繁?は、泳の返を哈いてダマスコへBれて佩った。 9:9泳は眉晩g、朕がえず、また奮べることもむこともしなかった。聞予佩 9嫗
?サウロは、キリスト縮に個忱するまえのユダヤ兆各。哂Z兆各は、Paul the Apostle.
Paul[a] (previously called Saul of Tarsus;[b] c.?5 C c.?64/65 AD), commonly known as Paul the Apostle[7] and Saint Paul,[8] was a Christian apostle and missionary who spread the teachings of Jesus in the first-century world.[9] Generally regarded as one of the most important figures of the Apostolic Age,[8][10] he founded several Christian communities in Asia Minor and Europe from the mid-40s to the mid-50s AD.[11] パ ウロ[a]┥紐藤坤織襯修離汽Ε蹇[b] AD5定 - 64/65定は、匯違に聞予パウロ[7]、}パウロ[8]として岑られる、1弊oの弊順でイエスの縮えをレめたキリスト縮の聞予?傚縮。 匯違に聞予r旗の恷も嶷勣な繁麗の匯繁としてなされ[9]、AD40定旗磯ばから50定旗磯ばにかけて弌アジアとヨ`ロッパでいくつかのキリスト縮慌揖 悶を羨ち貧げた[8][10]。
According to the New Testament book Acts of the Apostles, Paul lived as a Pharisee.[12] He participated in the persecution of early disciples of Jesus, possibly Hellenised diaspora Jews converted to Christianity,[13] in the area of Jerusalem, prior to his conversion.[note 1] Some time after having approved of the execution of Stephen,[14] Paul was traveling on the road to Damascus so that he might find any Christians there and bring them "bound to Jerusalem" (ESV).[15] At midday, a light brighter than the sun shone around both him and those with him, causing all to fall to the ground, with the risen Christ verbally addressing Paul regarding his persecution.[16][17] Having been made blind,[18] along with being commanded to enter the city, his sight was restored three days later by Ananias of Damascus. After these events, Paul was baptized, beginning immediately to proclaim that Jesus of Nazareth was the Jewish messiah and the Son of God.[19] Approximately half of the content in the book of Acts details the life and works of Paul.
仟s}の〆聞予佩察擦砲茲襪函▲僖Ε蹐魯僖螢汽と砲箸靴読試していた[12]。 泳は個忱念、エルサレム巓xでイエスの兜豚の宮徨たち┐そらくヘレニズムに児づくディアスポラのユダヤ縮予がキリスト縮に個忱したものにする独墾に歌紗していた[13]。 廣1ステファノのI侈を覚Jしてしばらく瘁、14櫂僖Ε蹐魯瀬泪好スへの祇を唾していて、そこでキリスト縮予をつけて仝エルサレムへ笑崩々ESVしようと深えていた。 [15] 寔帛に、湊よりも苧るい高がパウロとパウロと匯wにいた繁?を孚らし、畠Tが仇中に宜れ、畯遒靴織リストがパウロの独墾について冱~でZりかけた[16][17] 辰朕にされ、隨に秘るように凋じられるとともに、3晩瘁にダマスコのアナニアによって薦が指甠靴[18]。この瘁、パウロは牢撰を鞭け、ナザレのイエスがユダヤのメシアであり、舞の徨であることを傚べ擦兵めた[19]。 聞予冱佩hの坪否のs磯蛍は、パウロの伏冂とPきについて峰している。
Fourteen of the 27 books in the New Testament have traditionally been attributed to Paul.[20] Seven of the Pauline epistles are undisputed by scholars as being authentic, with varying degrees of argument about the remainder. Pauline authorship of the Epistle to the Hebrews is not asserted in the Epistle itself and was already doubted in the 2nd and 3rd centuries.[note 2] It was almost unquestioningly accepted from the 5th to the 16th centuries that Paul was the author of Hebrews,[22] but that view is now almost universally rejected by scholars.[22][23] The other six are believed by some scholars to have come from followers writing in his name, using material from Paul's surviving letters and letters written by him that no longer survive.[9][8][note 3] Other scholars argue that the idea of a pseudonymous author for the disputed epistles raises many problems.[25]

Today, Paul's epistles continue to be vital roots of the theology, worship and pastoral life in the Latin and Protestant traditions of the West, as well as the Eastern Catholic and Orthodox traditions of the East.[26] Paul's influence on Christian thought and practice has been characterized as being as "profound as it is pervasive", among that of many other apostles and missionaries involved in the spread of the Christian faith.[9]
仟 s}の27圓里Δ14圓蚕y議にパウロの广恬とされてきた[20]。パウロののうち7圓湾д澆砲茲辰同称錣任△襪箸いΔ海箸邦はないが、火 りのものについては殻業の餓こそあれhがある。ヘブライ繁への返のパウロの恬宀については、返徭悶では麼されておらず、2弊oから3弊oにかけて すでに夘われていた[廣 2]。5弊oから16弊oにかけては、パウロがヘブライ繁への返の恬宀であることはほぼ夘う噫仇なく鞭け秘れられていたが、その盾はF壓ほぼ畠中議に 僥宀によって倦協されている[22]。 [22][23] 麿の6宥は、パウロのF贋する返や、もはや火っていないパウロがいた返から可創を喘いて、泳の兆念でいた佚宀に喇栖すると深える僥宀もいる[9] [8][廣 3] 麿の僥宀は、尸嶄のについて涼の广宀という深えは謹くの}を伏じさせると麼している[25]。

書晩、パウロのは、廉剴のラテンZとプロテスタントの蚕y、および|剴のカトリックと屎縮氏の蚕yにおいて、舞僥、撰、望珍伏試の嶷勣な功坿であり Aけている[26]。キリスト縮の房襪g樹にするパウロの唹は、キリスト縮佚剿の噸式にvわった麿の謹くの聞予や傚縮の唹と揖に仝侮く、レ く々あるものとして蒙罿鼎韻蕕譴討た[9]。













+++

Links

リンク

その麿の秤

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1997-2099