sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

フィリピン革命

Philippine Revolution, 1896-1902

A painting of the Battle of Zapote Bridge by Vicente Dizon. From the collection of the Museo ni Emilio Aguinaldo, Kawit, Cavite, Philippines.

池田光穂

☆フィリピン革命[5]は、フィリピンの革命家が列島の独立を勝ち取るためにスペインの植民地当局に対して起こした紛争であり、1896年8月24日のカティプナン組織の摘発にはじまり、アメリカが 1898年8月14日にマニラに軍事政権をたてたことに終わる。

★[5] was a conflict waged by the Filipino revolutionaries against the Spanish colonial authorities in an attempt to win the archipelago's independence.

The Philippine Revolution began on August 24, 1896, when the Spanish authorities discovered the Katipunan, an anticolonial secret organization. The Katipunan, led by Andrés Bonifacio, began to influence much of the Philippines, taking full advantage of Spanish failures against Cuban nationalists in 1895 and declaring Spain a weakened empire. During a mass gathering in Caloocan, the leaders of the Katipunan organized into a revolutionary government, named the newly established government "Haring Bayang Katagalugan", and openly declared a nationwide armed revolution.[6] Bonifacio called for an attack on the capital city of Manila. This attack failed; however, the surrounding provinces began to revolt. In particular, rebels in Cavite led by Mariano Álvarez and Baldomero Aguinaldo (who were leaders from two different factions of the Katipunan) won early major victories. A power struggle among the revolutionaries led to a schism among Katipunan leadership followed by Bonifacio's execution in 1897, with command having shifted to Emilio Aguinaldo, who led the newly formed revolutionary government. That year, revolutionaries and the Spanish signed the Pact of Biak-na-Bato, which temporarily reduced hostilities. Filipino revolutionary officers exiled themselves to Hong Kong. However, the hostilities never completely ceased.[7]

On April 21, 1898, after the sinking of the USS Maine in Havana Harbor and prior to its declaration of war on April 25, the United States launched a naval blockade of the Spanish island of Cuba, off its southern coast of the peninsula of Florida. This was the first military action of the Spanish–American War of 1898.[8] On May 1, the U.S. Navy's Asiatic Squadron, under Commodore George Dewey, decisively defeated the Spanish Navy in the Battle of Manila Bay, effectively seizing control of the area surrounding Manila. On May 19, Aguinaldo, unofficially allied with the United States, returned to the Philippines and resumed attacks against the Spaniards. By June, the rebels had gained control of nearly all of the Philippines' countryside, while the cities remained under Spanish control. On June 12, Aguinaldo issued the Philippine Declaration of Independence.[9] Although this signified the end date of the revolution, neither Spain nor the United States recognized Philippine independence.[10]

The Spanish rule of the Philippines officially ended with the Treaty of Paris of 1898, which also ended the Spanish–American War. In the treaty, Spain ceded control of the Philippines and other territories to the United States.[7] There was an uneasy peace around Manila, with the U.S. forces controlling the city and the weaker Philippines forces surrounding them.

On February 4, 1899, in the Battle of Manila, fighting broke out between the Filipino and American forces, beginning the Philippine–American War. Aguinaldo immediately ordered "that peace and friendly relations with the Americans be broken and that the latter be treated as enemies".[11] In June 1899, the nascent First Philippine Republic formally declared war against the United States,[12][13] in which the Americans prevailed.

As a result of the war, the Philippines became commonwealth under the U.S. and would not become an internationally recognized independent state until 1946.

Summary
The main influx of revolutionary ideas came at the start of the 19th century when the Philippines was opened for world trade. In 1809, the first British firms were established in Manila, followed by a royal decree in 1834 which officially opened the city to world trade. The Philippines had been governed from Mexico since 1565,[14] with colonial administrative costs sustained by subsidies from the galleon trade. Increased competition with foreign traders brought the galleon trade to an end in 1815. After Mexico became independent in 1821, Spain was forced to govern the Philippines directly from Madrid and to find new sources of revenue to pay for the colonial administration.[15] At this point, post-French Revolution ideas entered the country through literature, which resulted in the rise of an enlightened principalía class in the society.

The brought the rule of Queen Isabella II to an end. The conservative government was replaced by a liberal government led by General Francisco Serrano.[16] In 1869, Serrano appointed Carlos María de la Torre as the 91st governor-general. The leadership of de la Torre introduced the idea of liberalism to the Philippines.[16]

The election of Amadeo of Savoy to the throne of Spain led to the replacement of de la Torre in 1871.[17] In 1872, the government of the succeeding governor-general, Rafael de Izquierdo, experienced the uprising of Filipino soldiers at the Fort San Felipe arsenal in Cavite el Viejo. Seven days after the mutiny, many people were arrested and tried. Three of these were secular priests: José Burgos, Mariano Gomez and friar Jacinto Zamora, who were hanged by Spanish authorities in Bagumbayan.[18] Their execution had a profound effect on many Filipinos; José Rizal, the national hero, would dedicate his novel El filibusterismo to their memory.[19]

Many Filipinos who were arrested for possible rebellion were deported to Spanish penal colonies.[20] Some of them, however, managed to escape to Hong Kong, Yokohama, Singapore, Paris, London, Vienna, Berlin, and some parts of Spain. These people met fellow Filipino students and other exiles who had escaped from penal colonies. Bound together by common fate, they established an organization known as the Propaganda Movement. These émigrés used their writings primarily to condemn Spanish abuses and seek reforms to the colonial government.

José Rizal's novels, Noli Me Tángere (Touch Me Not, 1887) and El Filibusterismo (The Filibuster, 1891), exposed Spanish abuses in sociopolitical and religious aspects. The publication of his first novel brought the infamous agrarian conflict in his hometown of Calamba, Laguna in 1888, when Dominican haciendas fell into trouble of submitting government taxes. In 1892, after his return from the Americas, Rizal established La Liga Filipina (The Filipino League), a Filipino association organized to seek reforms in the colonial government. When the Spaniards learned that Rizal was in the Philippines, they arrested and deported him a few days after the Liga was established.

Upon hearing that Rizal had been deported to Dapitan, Liga member Andrés Bonifacio and his fellows established a secret organization named Katipunan in a house located in Tondo, Manila, while more conservative members led by Domingo Franco and Numeriano Adriano would later establish the Cuerpo de Compromisarios. The Katipunan obtained overwhelming number of members and attracted the lowly classes. In June 1896, Bonifacio sent an emissary to Dapitan to obtain Rizal's support, but Rizal refused to participate in an armed revolution. On August 19, 1896, Katipunan was discovered by a Spanish friar, which resulted in the start of the Philippine Revolution.

The revolution initially flared up in Central Luzon. The armed resistance eventually spread throughout the Southern Tagalog region, particularly in Cavite province, where towns were gradually liberated during the early months of the uprising. In 1896 and 1897, successive conventions at Imus and Tejeros decided the new republic's fate. In November 1897, the Republic of Biak-na-Bato was established, and the insurgent government promulgated a constitution. On May 1, 1898, the Battle of Manila Bay took place as part of the Spanish–American War. On May 24, Emilio Aguinaldo, who had returned from voluntary exile on May 19, announced in Cavite, "...I return to assume command of all the forces for the attainment of our lofty aspirations, establishing a dictatorial government which will set forth decrees under my sole responsibility, ...".[21] On June 12, Aguinaldo proclaimed Philippine independence.[22] On June 18, Aguinaldo issued a decree proclaiming a Dictatorial Government led by himself.[23] On June 23, Aguinaldo issued another decree, which replaced the Dictatorial Government with a Revolutionary Government.[24] In 1898, between June and September 10, the Malolos Congress elections were held by the Revolutionary Government, resulting in Emilio Aguinaldo being elected as President of the Philippines. On February 2, 1899, hostilities broke out between U.S. and Filipino forces.[25] The Malolos Constitution was adopted in a session convened on September 15, 1898. It was promulgated on January 21, 1899, creating the First Philippine Republic with Aguinaldo as President. On June 12, 1899, Aguinaldo promulgated a declaration of war against the U.S., beginning the Philippine–American War. U.S. forces captured Aguinaldo on March 23, 1901, and he swore allegiance to the U.S. on April 1. On July 4, 1902, U.S. President Theodore Roosevelt proclaimed a complete pardon and amnesty for all Filipinos who had participated in the conflict, effectively ending the war.[26][27]


フィリピン革命[5]は、フィリピンの革命家が列島の独立を勝ち取るためにスペインの植民地当局に対して起こした紛争である。

フィリピン革命は1896年8月24日、スペイン当局が反植民地秘密組織カティプナンを発見したことから始まった。アンドレス・ボニファシオに率いられた カティプナンは、1895年にスペインがキューバのナショナリストに対して失敗したことを最大限に利用し、スペインが弱体化した帝国であることを宣言し、 フィリピンの大部分に影響を及ぼし始めた。ボニファシオは首都マニラへの攻撃を呼びかけた[6]。この攻撃は失敗に終わったが、周辺の地方が反乱を始め た。特に、マリアノ・アルバレスとバルドメロ・アギナルド(カティプナンの2つの異なる派閥の指導者)に率いられたカビテの反乱軍は、早期に大きな勝利を 収めた。革命家たちの権力闘争はカティプナン指導部の分裂を招き、1897年にはボニファシオが処刑され、指揮権は新たに結成された革命政府を率いるエミ リオ・アギナルドに移った。同年、革命派とスペインはビアク・ナ・バト協定に調印し、一時的に敵対関係が緩和された。フィリピンの革命家将校たちは香港に 亡命した。しかし、敵対関係が完全になくなることはなかった[7]。

1898年4月21日、ハバナ港でのUSSメイン号の沈没後、4月25日の宣戦布告に先立ち、アメリカはフロリダ半島南岸のスペイン領キューバ島の海上封 鎖を開始した。これは1898年の米西戦争の最初の軍事行動であった[8]。5月1日、ジョージ・デューイ提督率いるアメリカ海軍アジア戦隊はマニラ湾海 戦でスペイン海軍を決定的に破り、マニラ周辺地域の支配権を事実上掌握した。5月19日、非公式にアメリカと同盟を結んだアギナルドがフィリピンに戻り、 スペイン人に対する攻撃を再開した。6月までに反乱軍はフィリピンのほぼすべての地方を制圧したが、都市部は依然としてスペインの支配下にあった。6月 12日、アギナルドがフィリピン独立宣言を発表した[9]。これは革命の終結を意味したが、スペインもアメリカもフィリピンの独立を認めなかった [10]。

スペインによるフィリピン統治は、米西戦争を終結させた1898年のパリ条約によって正式に終了した。この条約で、スペインはフィリピンとその他の領土の 支配権をアメリカに譲った[7]。マニラ周辺は不穏な平和が続き、アメリカ軍がマニラを支配し、フィリピンの弱小国がそれを取り囲んでいた。

1899年2月4日、マニラの戦いでフィリピン軍とアメリカ軍の間で戦闘が勃発し、米比戦争が始まった。アギナルド司令官は直ちに「アメリカ人との平和と 友好関係を破棄し、アメリカ人を敵として扱うこと」を命じた[11]。1899年6月、フィリピン共和国第1共和国は正式にアメリカに対して宣戦布告し [12][13]、アメリカ軍が勝利した。

この戦争の結果、フィリピンはアメリカ連邦となり、1946年まで国際的に認められた独立国家とはならなかった。

まとめ
フィリピンが世界貿易のために開放された19世紀初頭、革命的な思想が主に流入した。1809年、マニラに最初のイギリス企業が設立され、その後1834 年に勅令が出され、正式に世界貿易に開放された。フィリピンは1565年以来メキシコから統治されており[14]、植民地の行政費用はガレオン船貿易から の補助金によって支えられていた。外国商人との競争激化により、ガレオン船貿易は1815年に終焉を迎えた。1821年にメキシコが独立すると、スペイン はマドリードから直接フィリピンを統治することを余儀なくされ、植民地行政を賄うための新たな財源を見つける必要に迫られた[15]。この時点で、フラン ス革命後の思想が文学を通じてフィリピンに入り込み、社会には啓蒙的なプリンシパル階級が台頭した。

1868年のスペイン革命により、イザベラ2世の統治は終わりを告げた。1869年、セラーノはカルロス・マリア・デ・ラ・トーレを第91代総督に任命。デ・ラ・トーレのリーダーシップはフィリピンに自由主義の思想を導入した[16]。

1872年、後任のラファエル・デ・イスキエルド総督の政府は、カビテ・エル・ビエホのサン・フェリペ砦工廠でフィリピン兵の反乱を経験した。反乱から7 日後、多くの人々が逮捕され、裁判にかけられた。そのうちの3人が世俗司祭だった: ホセ・ブルゴス、マリアノ・ゴメス、ハシント・サモラ修道士は、バグンバヤンでスペイン当局によって絞首刑に処された[18]。彼らの処刑は多くのフィリ ピン人に大きな影響を与え、国民的英雄であるホセ・リサールは、その小説『El filibusterismo』を彼らの思い出に捧げることになる[19]。

反乱の可能性があったとして逮捕されたフィリピン人の多くは、スペインの流刑地に送還された[20]。しかし中には、香港、横浜、シンガポール、パリ、ロ ンドン、ウィーン、ベルリン、そしてスペインの一部へと逃れることができた者もいた。これらの人々は、同じフィリピン人学生や、流刑地から逃れてきた他の 亡命者たちと出会った。共通の運命によって結ばれた彼らは、プロパガンダ運動として知られる組織を設立した。これらの亡命者たちは、主にスペインの虐待を 非難し、植民地政府の改革を求めるために著作を残した。

ホセ・リサールの小説『Noli Me Tángere (Touch Me Not, 1887)』と『El Filibusterismo (The Filibuster, 1891)』は、社会政治的、宗教的側面からスペインの虐待を暴露した。彼の処女作が出版された1888年、彼の故郷ラグナ州カランバでは、ドミニカ共和 国(?ドミニコ会?)の農園が国税の未納問題に巻き込まれ、悪名高い農地紛争が勃発した。1892年、アメリカ大陸から帰国したリサールは、植民地政府に改革を求めるために 組織されたフィリピン人団体、ラ・リーガ・フィリピーナ(フィリピン人連盟)を設立した。リサールがフィリピンにいることを知ったスペイン人は、リガ設立 の数日後に彼を逮捕し、国外追放にした。

リサールがダピタンに送還されたと聞くと、リガのメンバーであったアンドレス・ボニファシオとその仲間たちは、マニラのトンドにある家でカティプナンとい う秘密組織を設立し、ドミンゴ・フランコとヌメリアーノ・アドリアーノを中心とする保守的なメンバーは、後にケルポ・デ・コンプロミサリオスを設立する。 カティプナンは圧倒的な会員数を獲得し、下層階級を惹きつけた。1896年6月、ボニファシオはリサールの支持を得るために使者をダピタンに派遣したが、 リサールは武力革命への参加を拒否した。1896年8月19日、スペイン人修道士によってカティプナンが発見され、フィリピン革命が始まった。

革命は当初、ルソン島中部で勃発した。武装抵抗はやがて南部タガログ地方、特にカビテ州に広がり、蜂起初期の数ヶ月間に町は徐々に解放された。1896年 と1897年、イムスとテヘロスで相次いで大会が開かれ、新共和国の運命が決定された。1897年11月、ビアク・ナ・バト共和国が成立し、反乱政府は憲 法を公布した。1898年5月1日、米西戦争の一環としてマニラ湾海戦が勃発。5月24日、5月19日に自主亡命から帰還したエミリオ・アギナルドがカビ テで「......私は我々の崇高な願望を達成するために全軍の指揮を執るために帰還し、私の唯一の責任の下で政令を定める独裁政府を樹立する」と宣言し た[21]。 [1898年、6月から9月10日にかけて、革命政府によってマロロス議会選挙が行われ、エミリオ・アギナルドがフィリピン大統領に選出された[24]。 1899年2月2日、アメリカ軍とフィリピン軍の間で敵対行為が勃発した[25]。1898年9月15日に招集された会議でマロロス憲法が採択された。 1899年1月21日に公布され、アギナルドを大統領とする第一次フィリピン共和国が誕生した。1899年6月12日、アギナルドが対米宣戦布告を公布 し、米比戦争が勃発。1901年3月23日、アメリカ軍がアギナルドを捕らえ、4月1日、アギナルドはアメリカに忠誠を誓った。1902年7月4日、セオ ドア・ルーズベルト米大統領は紛争に参加したすべてのフィリピン人に対する完全な恩赦と恩赦を宣言し、戦争は事実上終結した[26][27]。

The Philippine Revolution was an accumulation of ideas and exposition to the international community, which led to the start of nationalistic endeavors. The rise of Filipino nationalism was slow, but inevitable. Abuses by the Spanish government, military and clergy prevalent during three centuries of colonial rule, and the exposure of these abuses by the "ilustrados" in the late 19th century, paved the way for a united Filipino people.[28][29] However, the growth of nationalism was slow because of the difficulty in social and economic intercourse among the Filipinos. In a dated letter written by the Filipino writer José P. Rizal to Father Vicente García of Ateneo Municipal de Manila, Rizal states that:[30]

There is, then, in the Philippines, a progress or improvement which is individual, but there is no national progress.

— January 17, 1891
Opening of Manila to world trade

A sketch of a Spanish galleon during Manila-Acapulco Trade.
Before the opening of Manila to foreign trade, the Spanish authorities discouraged foreign merchants from residing in the colony and engaging in business.[31] The royal decree of February 2, 1800, prohibited foreigners from living in the Philippines.[32] as did the royal decrees of 1807 and 1816.[32] In 1823, Governor-General Mariano Ricafort promulgated an edict prohibiting foreign merchants from engaging in retail trade and visiting the provinces for the purpose of trading. It was reissued by Governor-General Luis Lardizábal in 1840.[33] A royal decree issued in 1844 prohibited foreigners from traveling to the provinces under any pretext whatsoever, and in 1857, several anti-foreigner laws were renewed.[34]

With the wide acceptance of laissez-faire doctrines in the later part of the 18th century, Spain relaxed its mercantilist policies. The British capture and occupation of Manila in 1762–1764 made Spain realize the impossibility of isolating the colony from world intercourse and commerce.[35] In 1789, foreign vessels were given permission to transport Asian goods to the port of Manila.[36] Even before the 1780s, many foreign ships, including Yankee clipper ships, had visited Manila regardless of anti-foreigner regulations. In 1790, Governor-General Félix Berenguer de Marquina recommended that the King of Spain open Manila to world commerce.[37] Furthermore, the bankruptcy of the Royal Company of the Philippines (Real Compaña de Filipinas) catapulted the Spanish king to open Manila to world trade. In a royal decree issued on September 6, 1834, the privileges of the company were revoked and the port of Manila was opened to trade.[38]

Economic surveys, port openings and admission of foreign firms
Shortly after the opening of Manila to world trade, the Spanish merchants began to lose their commercial supremacy in the Philippines. In 1834, restrictions against foreign traders were relaxed when Manila became an open port. By the end of 1859, there were 15 foreign firms in Manila. Seven of these were British, three were American, two were French, two were Swiss and one was German.[39]

In 1834, some American merchants settled in Manila and invested heavily in business. Two American business firms were established—the Russell, Sturgis & Company and the Peele, Hubbell & Company. These became two of the leading business firms. At first, Americans had an edge over their British competitors, because they offered high prices for Philippine exports such as hemp, sugar, and tobacco.[40]

American trade supremacy did not last long. In the face of stiff British competition, they gradually lost their control over the Philippine business market. This decline was due to lack of support from the U.S. government and lack of U.S. trade bases in the Orient.[40] In 1875, Russell, Sturgis & Company went into bankruptcy, followed by Peele, Hubbell & Company in 1887. Soon after, British merchants, including James Adam Smith, Lawrence H. Bell and Robert P. Wood, dominated the financial sector in Manila.[40]

In 1842, alarmed by the domination of foreign merchants in the economy of Manila, the Spanish government sent Sinibaldo de Mas, a Spanish diplomat, to the Philippines in order to conduct an economic survey of the Philippines and submit recommendations.[41] After an intensive investigation of colonial affairs in the Philippines, Mas submitted his official report to the Crown. The report, Informe sobre el estado de las Islas Filipinas en 1842, was published at Madrid in 1843. Mas recommended the following: opening of more ports to promote foreign trade, encouragement of Chinese immigration to stimulate agricultural development, and abolition of the tobacco monopoly.[42]

In response to Sinibaldo de Mas's recommendations, more ports were opened by Spain. The ports of Sual, Pangasinan, Iloilo and Zamboanga were opened in 1855, Cebu was opened in 1860, and both Legazpi and Tacloban were opened in 1873.[43]
フィ リピン革命は、思想の蓄積と国際社会への暴露であり、それが民族主義的な努力の始まりにつながった。フィリピン・ナショナリズムの台頭は遅かったが、必然 的なものだった。3世紀にわたる植民地支配の間に蔓延したスペイン政府、軍部、聖職者による虐待と、19世紀後半に「イリュストラドス」によって暴露され たこれらの虐待は、フィリピン人の団結への道を開いた[28][29]。フィリピンの作家ホセ・P・リサールがアテネオ・マニラのビセンテ・ガルシア神父 に宛てた日付入りの手紙の中で、リサールは次のように述べている[30]。

フィリピンには、個人的な進歩や向上はあるが、国家的な進歩はない。

- 1891年1月17日
マニラの世界貿易開放

マニラ-カプルコ貿易時のスペイン製ガレオン船のスケッチ。
1800年2月2日の勅令は、1807年と1816年の勅令と同様に、外国人がフィリピンに居住することを禁止した[32]。1844年に出された勅令は、いかなる口実であれ外国人の地方への渡航を禁止し、1857年にはいくつかの外国人排斥法が更新された[34]。

18世紀後半には自由放任主義が広く受け入れられるようになり、スペインは重商主義政策を緩和した。1762年から1764年にかけてイギリスがマニラを 占領したことで、スペインは植民地を世界との交流や通商から隔離することの不可能性を認識した[35]。1789年、外国船はマニラ港へのアジア商品の輸 送を許可された[36]。1780年代以前にも、ヤンキーのクリッパー船を含む多くの外国船が外国人排斥の規制にかかわらずマニラを訪れていた。1790 年、総督フェリックス・ベレンゲル・デ・マルキナは、スペイン国王にマニラを世界貿易に開放するよう勧告した[37]。さらに、フィリピン王立会社 (Real Compaña de Filipinas)の破産は、スペイン国王にマニラを世界貿易に開放するよう促した。1834年9月6日に発布された勅令により、フィリピン王立会社の 特権は剥奪され、マニラ港は開港された[38]。

経済調査、開港、外国企業の参入
マニラが世界貿易に開放された直後、スペイン商人はフィリピンにおける商業の覇権を失い始めた。1834年、マニラが開港すると外国商人に対する規制が緩 和された。1859年末までに、マニラには15社の外国企業があった。そのうち7社がイギリス人、3社がアメリカ人、2社がフランス人、2社がスイス人、 1社がドイツ人であった[39]。

1834年、何人かのアメリカ商人がマニラに定住し、事業に多額の投資を行った。ラッセル、スタージス商会(Russell, Sturgis & Company)とピール、ハベル商会(Peele, Hubbell & Company)である。この2社は一流のビジネス会社となった。当初、アメリカ人は、麻、砂糖、タバコなどのフィリピンの輸出品に高い価格を提示したた め、イギリスの競争相手よりも優位に立っていた[40]。

アメリカ人の貿易支配は長くは続かなかった。イギリスとの厳しい競争にさらされ、アメリカはフィリピン貿易市場の支配力を徐々に失っていった。この衰退 は、アメリカ政府からの支援不足と、東洋におけるアメリカの貿易拠点の不足によるものであった[40]。1875年、ラッセル、スタージス&カンパニーが 倒産し、1887年にはピール、ハベル&カンパニーが倒産した。その後まもなく、ジェームズ・アダム・スミス、ローレンス・H・ベル、ロバート・P・ウッ ドらイギリス商人がマニラの金融部門を支配した[40]。

1842年、マニラ経済における外国商人の支配に危機感を抱いたスペイン政府は、フィリピンの経済調査を行い勧告を提出するため、スペインの外交官シニバ ルド・デ・マス(Sinibaldo de Mas)をフィリピンに派遣した[41]。フィリピンの植民地問題を集中的に調査した後、マスは王室に公式報告書を提出した。その報告書『Informe sobre el estado de las Filipinas en 1842』は、1843年にマドリードで出版された。マスは、外国貿易を促進するための港の増設、農業開発を促進するための中国人移民の奨励、タバコの専 売制の廃止などを勧告した[42]。

シニバルド・デ・マスの勧告を受けて、スペインはさらに多くの港を開港した。1855年にはスアル港、パンガシナン港、イロイロ港、サンボアンガ港が、1860年にはセブ港が、1873年にはレガスピ港とタクロバン港が開港された[43]。
Main article: Ilustrado
Further information: Casta, Peninsulares, Creoles, Principalía, and rizal-family

Leaders of the reform movement in Spain: José Rizal, Marcelo H. del Pilar and Mariano Ponce. Photo was taken in Spain in 1890.

Ilustrados in Madrid, c.1890; Standing clockwise from left: Vicente Francisco, Cajigas, José Abreu, Mariano Abella, Dominador Gómez, Francisco Tongio Liongson, Flaviano Cordecruz, a Tuazon from Malabon, Alejandro Yance de Lara, Lauro Dimayuga, Marcelo H. del Pilar, Gregorio Aguilera, José Rizal, José Alejandrino, Baldomero Roxas, Moises Salvador, Modesto Reyes, Gaudencio Juanengo, Pablo Rianzares Bautista; Seated from left: Dr. Santamaria, Candido Morada, Damaso Ponce, Ariston Bautista, Pedro Serrano Lactao, and Teodoro Sandiko
Before the start of the Philippine Revolution, Filipino society was subdivided into social classifications that were based on the economic status of a person. Background, ancestry, and economic status played a huge role in determining standing in the social hierarchy.

The Spanish people as well as Native descendants of precolonial nobility belonged to the upper class, and they were further subdivided into more classes: the peninsulares, the creoles, and the Principalía. The peninsulares were people who were Spanish-born, but lived in the Philippines. The creoles, or criollo people, were Spaniards who were born in the colonies. The principalía was a hereditary class of local Indios who descended from precolonial datus, rajah and nobility, and were granted special rights and privileges such as positions in local government and the right to vote, though they were lower than the peninsulares and insulares in social standing. Many members of the Philippine Revolution belonged to the principalía class, like José Rizal. Although the peninsulares and the creoles enjoyed the same social power, as they both belonged to the upper class, the peninsulares considered themselves as socially superior to the creoles and the native principalía.[44]

The lowest of the two classes was the masses, or Indios. This class included all poor commoners, peasants and laborers. Unlike the principalía class, where the members enjoyed high public offices and recommendations from the King of Spain, the masses only enjoyed a few civil rights and privileges. The highest political office that they could possibly hold was the gobernadorcillo, or the town executive. The members of Katipunan, the secret organization that would trigger the revolution, mainly consisted of the masses.[44]

Material prosperity at the start of 19th century produced an enlightened middle class in the Philippines, consisting of well-to-do farmers, teachers, lawyers, physicians, writers, and government employees. Many of them were able to buy and read books originally withheld from the lowly Filipino class. They discussed political problems and sought government reforms, and eventually, they were able to send their children to colleges and universities in Manila and abroad, particularly to Madrid. The material progress was primarily due to the opening of the Manila ports to world trade.[45]

The leading intellectuals of the country came from the enlightened middle class. They later called themselves the Ilustrados, which means "erudite ones". They also considered themselves to be the intelligentsia branch of the Filipino society. From the Ilustrados rose the prominent members of the Propaganda Movement, who stirred the very first flames of the revolution.[46]

Liberalism (1868–1874)
In 1868, a revolution overthrew the autocratic monarchy of Queen Isabella II of Spain, which was replaced by a civil and liberal government with Republican principles led by Francisco Serrano.[47]: 107 

The next year, Serrano appointed Carlos María de la Torre, a member of the Spanish Army, as the 91st Governor-General of the Philippines. Filipino and Spanish liberals residing in the country welcomed him with a banquet at the Malacañan Palace on June 23, 1869. On the night of July 12, 1869, Filipino leaders, priests and students gathered and serenaded de la Torre at Malacañan Palace to express their appreciation for his liberal policies. The serenade was led by prominent residents of Manila, including José Cabezas de Herrera (the Civil Governor of Manila), José Burgos, Maximo Paterno, Manuel Genato, Joaquín Pardo de Tavera, Ángel Garchitorena, Andrés Nieto and Jacóbo Zóbel y Zangroniz.

An Assembly of Reformists, the Junta General de Reformas, was established in Manila. It consisted of five Filipinos, eleven Spanish civilians and five Spanish friars.[47]: 362–363  They had the ability to vote on reforms, subject to ratification by the Home Government.[47]: 363  However, none of the reforms were put into effect, due to the friars fearing that the reforms would diminish their influence. The Assembly ceased to exist after the 1874 Restoration.[47]: 363 
主な記事 イルストラード
さらなる情報 カスタ、ペニンシュラ、クレオール、プリンシパリア、リザル家

スペインにおける改革運動の指導者たち: ホセ・リサール、マルセロ・H・デル・ピラール、マリアーノ・ポンセ。写真は1890年にスペインで撮影された。

左から時計回りに立っている: ビセンテ・フランシスコ、カヒガス、ホセ・アブレウ、マリアーノ・アベラ、ドミナドール・ゴメス、フランシスコ・トンギオ・ライオンソン、フラビアーノ・ コルデクルス、マラボン出身のトゥアソン、アレハンドロ・ヤンス・デ・ララ、ラウロ・ディマユーガ、マルセロ・H. del Pilar、Gregorio Aguilera、José Rizal、José Alejandrino、Baldomero Roxas、Moises Salvador、Modesto Reyes、Gaudencio Juanengo、Pablo Rianzares Bautista、左から着席: サンタマリア博士、カンディド・モラダ、ダマソ・ポンセ、アリストン・バウティスタ、ペドロ・セラーノ・ラクタオ、テオドロ・サンディコ
フィリピン革命が始まる前、フィリピンの社会は人の経済的地位に基づいて細分化された社会階級に分かれていた。生い立ち、先祖、経済的地位は、社会階層における地位を決定する上で大きな役割を果たした。

スペイン人と先住貴族の子孫は上流階級に属し、さらにペニンシュラ人、クレオール人、プリンシパリア人という階級に細分化された。ペニンシュラ人はスペイ ン生まれでフィリピンに住む人々。クレオール人(クリオージョ人)は植民地で生まれたスペイン人だった。プリンシパリアは、植民地以前のダトゥス、ラ ジャ、貴族の血を引く地元のインディオの世襲階級で、社会的地位はペニンシュラ人やインスラ人よりも低かったが、地方政府での地位や選挙権などの特別な権 利や特権を与えられていた。フィリピン革命のメンバーの多くは、ホセ・リサールのようにプリンシパリア階級に属していた。ペニンシュラ人とクレオール人は ともに上流階級に属していたため、同じ社会的権力を享受していたが、ペニンシュラ人はクレオール人や先住民のプリンシパリアよりも自分たちの方が社会的に 優れていると考えていた[44]。

2つの階級のうち最下層は大衆(インディオ)であった。この階級にはすべての貧しい平民、農民、労働者が含まれていた。スペイン国王の推薦と高い公職を享 受していたプリンシパリア階級とは異なり、大衆はわずかな市民的権利と特権しか享受していなかった。彼らが就くことのできる最高の政治的役職は、ゴベルナ ドルシージョ(町の行政官)であった。革命の引き金となった秘密組織カティプナンのメンバーは、主に大衆で構成されていた[44]。

19世紀初頭の物質的な繁栄は、フィリピンに裕福な農民、教師、弁護士、医師、作家、公務員からなる啓蒙的な中産階級を生み出した。彼らの多くは、元来 フィリピンの下層階級に読むことを禁じられていた書物を買って読むことができた。彼らは政治問題について議論し、政府の改革を求め、最終的には子供たちを マニラや海外、特にマドリードの大学に進学させることができた。物質的な進歩は、主にマニラの港が世界貿易に開放されたことによるものだった[45]。

この国を代表する知識人たちは、啓発された中産階級の出身であった。彼らは後に自らを「博学な者」を意味する「イルストラドス」と呼んだ。彼らはまた、自 分たちがフィリピン社会の知識層であると考えていた。イリュストラドスからは、革命の最初の炎をかき立てたプロパガンダ運動の著名なメンバーが生まれた [46]。

自由主義(1868年-1874年)
1868年、スペイン女王イザベラ2世による独裁的な王政が革命によって倒され、フランシスコ・セラーノが率いる共和主義を掲げた市民的で自由主義的な政府が誕生した[47]: 107 

翌年、セラーノはスペイン軍のカルロス・マリア・デ・ラ・トーレを第91代フィリピン総督に任命した。1869年6月23日、マラカニアン宮殿でフィリピ ンとスペインの自由主義者たちが彼を歓迎する宴が催された。1869年7月12日の夜、フィリピンの指導者、司祭、学生たちがマラカニアン宮殿に集まり、 デ・ラ・トーレの自由主義的な政策に感謝の意を表すセレナーデを行った。このセレナーデは、ホセ・カベサス・デ・エレーラ(マニラ民政総督)、ホセ・ブル ゴス、マキシモ・パテルノ、マヌエル・ジェナート、ホアキン・パルド・デ・タベラ、アンヘル・ガルキトレナ、アンドレス・ニエト、ハコボ・ゾベル・イ・ザ ングロニスら、マニラの著名な住民によって先導された。

改革派の集会、改革派将軍会議がマニラに設立された。これは5人のフィリピン人、11人のスペイン民間人、5人のスペイン人修道士で構成されていた [47]: 362-363 彼らは、本国政府の批准を条件として、改革に関する投票権を有していた[47]: 363 しかし、改革が修道士たちの影響力を弱めることを恐れた修道士たちによって、どの改革も実施されることはなかった。1874年の維新後、議会は消滅した [47]: 363
Filipino nationalism
In 1776, the first major challenge to monarchy in centuries occurred in the American Colonies. Although the American Revolution succeeded, it was in a relatively isolated area. In 1789, however, the French Revolution began to change the political landscape of Europe, as it ended absolute monarchy in France. The power passed from the king to the people through representation in parliament. People in other European countries began asking for representation, as well. In the Philippines, this idea spread through the writings of criollo writers, such as Luis Rodríguez Varela, who called himself "Conde Filipino" (Earl of the Philippines).[48] This was the first time that a colonist called himself a Filipino rather than a Spanish subject. With the increasing economic and political stability in the Philippines, the middle class began demanding that the churches in the Philippines be nationalized through a process known as Secularization. In this process, control of Philippine parishes were to be passed from the religious orders to the secular priests, particularly Philippine-born priests. The religious orders, or friars, reacted negatively and a political struggle between the friars and secular priests began.

The 19th century was also a new era for Europe. Church power was declining, and friars began coming to the Philippines, ending hopes that the friars would relinquish their posts. With the opening of the Suez Canal, the voyage between Spain and the Philippines was made shorter. More peninsulares (Spaniards born in Spain) began pouring into the colony and started to occupy the various government positions traditionally held by the criollos (Spaniards born in the Philippines). In the 300 years of colonial rule, the criollos had been accustomed to being semi-autonomous with the governor-general, who was the only Spaniard (peninsulares) government official. The criollos demanded representation in the Spanish Cortes where they could express their grievances. This, together with the secularization issues, gave rise to the Criollo insurgencies.

Criollo insurgencies

Priests Mariano Gómez, Jacinto Zamora, and José Burgos (L-R, remembered in Philippine history as Gomburza)
In the late 18th century, Criollo (or Insulares, "islanders", as they were locally called) writers began spreading the ideals of the French Revolution in the Philippines. At the same time, a royal decree ordered the secularization of Philippine churches, and many parishes were turned over to Philippine-born priests. Halfway through the process, it was aborted due to the return of the Jesuits. The religious orders began retaking Philippine parishes. One instance that enraged the Insulares was the Franciscan takeover of Antipolo, the richest parish in the islands, which had been under the control of Philippine-born priests. In the early 19th century, Fathers Pedro Peláez and Mariano Gomez began organizing activities which demanded that control of Philippine parishes be returned to the Filipino seculars. Father Peláez, who was Archbishop of the Manila Cathedral, died in an earthquake, while Father Gómez retired to private life. The next generation of Insular activists included Father José Burgos, who organized the student rallies in the University of Santo Tomas. On the political front, Insular activists included Joaquín Pardo de Tavera and Jacobo Zobel. The unrest escalated into a large insurgency in 1823 when Andres Novales, a creole captain, declared the Philippines to be independent from Spain and crowned himself Emperor of the Philippines.[48] In January 1872, the Insular uprisings began when soldiers and workers of the Cavite Arsenal of Fort San Felipe mutinied. They were led by sergeant Ferdinand La Madrid, a Spanish mestizo. The soldiers mistook the fireworks in Quiapo, which were being fired for the feast of St. Sebastian, as the signal to start a long-planned national uprising. The colonial government used the incident to spread a reign of terror and to eliminate subversive political and church figures. Among these were priests Mariano Gomez, José Burgos, and Jacinto Zamora, who were executed by garrote on February 18, 1872. They are remembered in Philippine history as Gomburza.[48]
フィリピンのナショナリズム
1776年、アメリカ植民地において、何世紀ぶりかの王政に対する大きな挑戦が起こった。アメリカ革命は成功したものの、それは比較的孤立した地域での出 来事だった。しかし1789年、フランス革命がヨーロッパの政治情勢を変え始めた。権力は国王から、議会の代表を通じて国民に移った。他のヨーロッパ諸国 の人々も同様に代表制を求め始めた。フィリピンでは、自らを「コンデ・フィリピーノ」(フィリピン伯爵)と呼んだルイス・ロドリゲス・バレラのようなクリ オージョ人作家の著作を通じて、この考え方が広まった。フィリピンの経済と政治が安定するにつれて、中産階級はフィリピンの教会を国有化することを要求し 始めた。この過程で、フィリピンの小教区の管理権は修道会から世俗司祭、特にフィリピン生まれの司祭に移されることになった。修道会(修道士)は否定的な 反応を示し、修道士と世俗司祭の政治闘争が始まった。

19世紀はヨーロッパにとっても新しい時代だった。教会の権力は衰退し、修道士がフィリピンに来るようになり、修道士が職を手放すという希望は絶たれた。 スエズ運河の開通により、スペインとフィリピンを結ぶ航海はより短くなった。さらに多くのペニンシュラ人(スペイン生まれのスペイン人)が植民地に流入し 始め、従来クリオージョ(フィリピン生まれのスペイン人)が占めていた様々な政府の役職を占めるようになった。300年にわたる植民地支配の中で、クリ オージョは唯一のスペイン人(ペニンシュラ人)である総督を中心に半自治権を持つことに慣れていた。クリオージョたちは、自分たちの不満を表明できるスペ インのコルテスでの代表権を要求した。これが世俗化問題と共にクリオージョの反乱を引き起こした。

クリオージョの反乱

マリアーノ・ゴメス司祭、ハシント・サモラ司祭、ホセ・ブルゴス司祭(左から右、フィリピン史ではゴンブルサとして記憶されている)
18世紀後半、クリオージョ人(またはインスラーレス、地元では「島民」と呼ばれた)の作家たちは、フランス革命の理想をフィリピンで広め始めた。同時 に、勅令によってフィリピンの教会の世俗化が命じられ、多くの教区がフィリピン出身の司祭に引き継がれた。しかし、途中でイエズス会が戻ってきたため、こ の計画は頓挫した。修道会はフィリピンの教区を奪還し始めた。インスラレスを激怒させたのは、フランシスコ会がフィリピン出身の司祭の支配下にあった島で 最も裕福な教区アンティポロを買収したことだった。19世紀初頭、ペドロ・ペラエス神父とマリアノ・ゴメス神父は、フィリピンの教区の支配権をフィリピン の世俗人に戻すことを要求する活動を組織し始めた。マニラ大聖堂の大司教だったペラエス神父は地震で亡くなり、ゴメス神父は私生活に引退した。次世代の世 俗活動家には、サント・トーマス大学で学生集会を組織したホセ・ブルゴス神父がいた。政治面では、ホアキン・パルド・デ・タベラやハコボ・ゾベルが活躍し た。1823年、クレオール人の大尉アンドレス・ノバレスがフィリピンのスペインからの独立を宣言し、フィリピン皇帝を戴冠すると、動揺は大規模な反乱へ とエスカレートした[48]。1872年1月、サン・フェリペ要塞のカビテ工廠の兵士と労働者が反乱を起こしたことから、島民蜂起が始まった。彼らはスペ イン系混血児のフェルディナンド・ラ・マドリッド軍曹に率いられていた。兵士たちは、聖セバスチャンの祝日にキアポで打ち上げられた花火を、長い間計画さ れていた民族蜂起の開始の合図と勘違いした。植民地政府はこの事件を利用して恐怖政治を敷き、破壊的な政治家や教会関係者を排除した。その中には、 1872年2月18日に絞首刑に処されたマリアーノ・ゴメス、ホセ・ブルゴス、ハシント・サモラ司祭も含まれていた。彼らはゴンブルザとしてフィリピン史 に記憶されている[48]。
La Solidaridad, La Liga Filipina and the Propaganda Movement

A copy of La Solidaridad (Solidarity)
The Cavite Mutiny of 1872, and the subsequent deportation of criollos and mestizos to the Mariana Islands and Europe, created a colony of Filipino expatriates in Europe, particularly in Madrid. In Madrid, Marcelo H. del Pilar, Mariano Ponce, Eduardo de Lete, and Antonio Luna founded La Solidaridad, a newspaper that pressed for reforms in the Philippines and spread ideas of revolution.[47]: 363  This effort is known as the Propaganda Movement, and the result was the founding of secret societies in villages.[47]: 363  Among the pioneering editors of the paper were Graciano López Jaena, Marcelo H. del Pilar, and José Rizal. The editors of La Solidaridad also included leading Spanish liberals, such as Miguel Morayta.[49] The Propaganda Movement in Europe resulted in the Spanish legislature passing some reforms for the islands, but the colonial government did not implement them. After being published from 1889 to 1895, La Solidaridad began to run out of funds, and it had not accomplished concrete changes in the Philippines. José Rizal decided to return to the Philippines, where he founded La Liga Filipina, the Manila chapter of the Propaganda Movement.

Only days after its founding, Rizal was arrested by colonial authorities and deported to Dapitan, and the Liga was soon disbanded.[49] Ideological differences had contributed to its dissolution. Conservative upper-class members favoring reform, under the leadership of Apolinario Mabini, set up the Cuerpo de Compromisarios, which attempted to revive La Solidaridad in Europe. Other, more radical members belonging to the middle and lower classes, led by Andrés Bonifacio, set up the Katipunan alongside the revived Liga.

The goals of the Propaganda Movement included legal equality of Filipinos and Spaniards, restoration of Philippine representation in the Spanish Cortes, "Filipinization" of the Catholic parishes, and the granting of individual liberties to Filipinos, such as freedom of speech, freedom of press, freedom of assembly, and freedom to petition for grievances.[50]

Katipunan
Main article: Katipunan
Andrés Bonifacio, Deodato Arellano, Ladislao Diwa, Teodoro Plata, and Valentín Díaz founded the Katipunan (in full, Kataas-taasang, Kagalang-galangang Katipunan ng mga Anak ng Bayan,[51] "Supreme and Venerable Society of the Children of the Nation") in Manila on July 7, 1892. The organization, advocating independence through armed revolt against Spain, was influenced by the rituals and organization of Freemasonry; Bonifacio and other leading members were also Freemasons.

From Manila, the Katipunan expanded into several provinces, including Batangas, Laguna, Cavite, Bulacan, Pampanga, Tarlac, Nueva Ecija, Ilocos Sur, Ilocos Norte, Pangasinan, Bicol, and Mindanao. Most of the members, called Katipuneros, came from the lower and middle classes. The Katipunan had "its own laws, bureaucratic structure and elective leadership".[6] The Katipunan Supreme Council (Kataas-taasang Kapulungan, of which Bonifacio was a member, and eventually head) coordinated provincial councils (Sangguniang Bayan).[7] The provincial councils were in charge of "public administration and military affairs on the supra-municipal or quasi-provincial level".[6] Local councils (Panguluhang Bayan)[7] were in charge of affairs "on the district or barrio level."[6] By 1895, Bonifacio was the supreme leader (Supremo) or supreme president (Presidente Supremo)[52][53] of the Katipunan and was the head of its Supreme Council. Some historians estimate that there were between 30,000 and 400,000 members by 1896; other historians argue that there were only a few hundred to a few thousand members.[54]
ラ・ソリダリダード、ラ・リーガ・フィリピーナとプロパガンダ運動

ラ・ソリダリダ(連帯)』のコピー
1872年のカビテの反乱と、それに続くマリアナ諸島とヨーロッパへのクリオロとメスティーソの国外追放は、ヨーロッパ、特にマドリードにフィリピン人駐 在員のコロニーを作った。マドリードでは、マルセロ・H・デル・ピラール、マリアーノ・ポンセ、エドゥアルド・デ・レテ、アントニオ・ルナが、フィリピン の改革を迫り、革命の思想を広める新聞「ラ・ソリダリダ」を創刊した[47]: 363 この活動はプロパガンダ運動として知られ、その結果、村々に秘密結社が設立された[47]: 363 この新聞の先駆的な編集者の中には、グラシアーノ・ロペス・ジャエナ、マルセロ・H・デル・ピラール、ホセ・リサールがいた。ラ・ソリダリダの編集者に は、ミゲル・モライタなどスペインの代表的なリベラル派も含まれていた[49]。ヨーロッパでのプロパガンダ運動の結果、スペイン議会は島嶼部に対するい くつかの改革を可決したが、植民地政府はそれを実施しなかった。1889年から1895年まで発行された『La Solidaridad』は資金不足に陥り、フィリピンに具体的な変化をもたらすことはなかった。ホセ・リサールはフィリピンに戻ることを決意し、プロパ ガンダ運動のマニラ支部であるラ・リーガ・フィリピーナを設立した。

設立からわずか数日後、リサールは植民地当局に逮捕され、ダピタンに追放された。改革を支持する保守的な上流階級のメンバーは、アポリナリオ・マビニの指 導の下、ヨーロッパにおけるラ・ソリダリダの復活を目指した「妥協の会(Cuerpo de Compromisarios)」を設立した。アンドレス・ボニファシオに率いられた中産階級や下層階級に属する他のより急進的なメンバーは、復活した リーガと並んでカティプナンを設立した。

プロパガンダ運動の目標には、フィリピン人とスペイン人の法的平等、スペインのコルテスにおけるフィリピン代表の回復、カトリック教区の「フィリピン 化」、フィリピン人に対する言論の自由、報道の自由、集会の自由、苦情申し立ての自由などの個人の自由の付与が含まれていた[50]。

カティプナン
主な記事 カティプナン
アンドレス・ボニファシオ、デオダート・アレラノ、ラディスラオ・ディワ、テオドロ・プラタ、バレンティン・ディアスは1892年7月7日にマニラでカ ティプナン(正式にはKataas-taasang, Kagalang-galang Katipunan ng mga Anak ng Bayan、[51]「民族の子らの至高にして崇高な協会」)を創設した。スペインに対する武装反乱による独立を主張するこの組織は、フリーメーソンの儀 式と組織の影響を受けており、ボニファシオをはじめとする主要メンバーもフリーメーソンだった。

マニラからカティプナンは、バタンガス、ラグナ、カビテ、ブラカン、パンパンガ、ターラック、ヌエバエシハ、イロコススル、イロコスノルテ、パンガシナ ン、ビコール、ミンダナオなどいくつかの州に拡大した。カティプネーロと呼ばれるメンバーのほとんどは、下層階級と中流階級の出身であった。カティプナン は、「独自の法律、官僚機構、選挙で選ばれる指導部」を持っていた[6]。カティプナン最高評議会(Kataas-taasang Kapulungan、ボニファシオはそのメンバーであり、最終的にはトップであった)は、地方議会(Sangguniang Bayan)を調整した[7]。 [1895年までに、ボニファシオはカティプナンの最高指導者(スプレモ)または最高議長(プレジデンテ・スプレモ)[52][53]であり、最高評議会 の長であった。1896年までに30,000人から400,000人のメンバーがいたと推定する歴史家もいれば、数百人から数千人のメンバーしかいなかっ たと主張する歴史家もいる[54]。
Course of the Revolution
See also: Bonifacio Plan

Monument for the 1896 Revolution in University of the Philippines Diliman.
The existence of the Katipunan eventually became known to the colonial authorities through Teodoro Patiño, who revealed it to the Spaniard La Font, general manager of the printing shop Diario de Manila.[52]: 29–31  Patiño was engaged in a bitter dispute over pay with a co-worker, Katipunero member Apolonio de la Cruz, and exposed the Katipunan in revenge.[55]: 30–31  La Font led a Spanish police lieutenant to the shop and to the desk of Apolonio, where they "found Katipunan paraphernalia such as a rubber stamp, a little book, ledgers, membership oaths signed in blood, and a membership roster of the Maghiganti chapter of the Katipunan."[55]: 31 

As with the Terror of 1872, colonial authorities made several arrests and used torture to identify other Katipunan members.[55]: 31  Despite having no involvement in the secessionist movement, many of them were executed, notably Don Francisco Roxas. Bonifacio had forged their signatures in Katipunan documents, hoping that they would be forced to support the revolution.

On August 24, 1896, Bonifacio called Katipunan members to a mass gathering in Caloocan, where the group decided to start a nationwide armed revolution against Spain.[6][55]: 34–35  The event included a mass tearing of cedulas (community tax certificates) accompanied by patriotic cries. The exact date and location are disputed, but two possibilities have been officially endorsed by the Philippine government: August 26 in Balintawak and later, August 23 in Pugad Lawin. Thus, the event is called the "Cry of Pugad Lawin" or "Cry of Balintawak". However, the issue is further complicated by other possible dates such as August 24 and 25 and other locations such as Kangkong, Bahay Toro and Pasong Tamo. Furthermore, at the time, "Balintawak" referred not only to a specific place, but also a general area that included some of the proposed sites, such as Kangkong.[56][57]

Upon the discovery of the Katipunan, Bonifacio called all Katipunan councils to a meeting in Balintawak[58] or Kangkong[55][59] to discuss their situation. According to historian Teodoro Agoncillo, the meeting occurred on August 19;[58] however, revolutionary leader Santiago Álvarez stated that it occurred on August 22.[55][59]

On August 21, Katipuneros were already congregating in Balintawak[58] in Caloocan.[55][59] Late in the evening, amidst heavy rain, the rebels moved to Kangkong in Caloocan, and arrived there past midnight.[55][59] As a precaution, the rebels moved to Bahay Toro[55] or Pugad Lawin[56] on August 23. Agoncillo places the Cry and tearing of certificates at the house of Juan Ramos, which was in Pugad Lawin.[56] Alvarez writes that they met at the house of Melchora Aquino (known as "Tandang Sora", and mother of Juan Ramos) in Bahay Toro on that date.[55][59] Agoncillo places Aquino's house in Pasong Tamo and the meeting there on August 24.[60] The rebels continued to congregate, and by August 24, there were over a thousand.[55][59]


Katipunan supreme leader Andrés Bonifacio
On August 24, it was decided to notify the Katipunan councils of the surrounding towns that an attack on the capital Manila was planned for August 29.[55][59][60] Bonifacio appointed generals to lead rebel forces in Manila. Before hostilities erupted, Bonifacio also reorganized the Katipunan into an open revolutionary government, with himself as president and the Supreme Council of the Katipunan as his cabinet.[7][55]

On the morning of August 25, the rebels came under attack by a Spanish civil guard unit, with the rebels having greater numbers but the Spanish being better armed. The forces disengaged after a brief skirmish and some casualties on both sides.[55][59][60]

Another skirmish took place on August 26, which sent the rebels retreating toward Balara. At noon, Bonifacio and some of his men briefly rested in Diliman. In the afternoon, civil guards sent to Caloocan to investigate attacks on Chinese merchants— done by bandits who had attached themselves to the rebels—came across a group of Katipuneros and briefly engaged them.[47]: 367  The commander of the guards, Lieutenant Ros, reported the encounter to the authorities, and the report drove Governor-General Ramón Blanco to prepare for coming hostilities.[55][59] General Blanco had about 10,000 Spanish regulars and the gunboats Isla de Cuba and Isla de Luzon by the end of November.[47]: 365 

From August 27 to 28, Bonifacio moved from Balara to Mt. Balabak in Hagdang Bato, Mandaluyong. There, he held meetings to finalize plans for the Manila attack the following day. Bonifacio issued the following general proclamation:

This manifesto is for all of you. It is absolutely necessary for us to stop at the earliest possible time the nameless oppositions being perpetrated on the sons of the country who are now suffering the brutal punishment and tortures in jails, and because of this please let all the brethren know that on Saturday, the 29th of the current month, the revolution shall commence according to our agreement. For this purpose, it is necessary for all towns to rise simultaneously and attack Manila at the same time. Anybody who obstructs this sacred ideal of the people will be considered a traitor and an enemy, except if he is ill; or is not physically fit, in which case he shall be tried according to the regulations we have put in force. Mount of Liberty, 28 August 1896 – ANDRÉS BONIFACIO[59]

The conventional view among Filipino historians is that Bonifacio did not carry out the planned Katipunan attack on Manila the following day and instead attacked a powder magazine at San Juan del Monte.[61][62] However, more recent studies have advanced the view that the planned attack did occur; according to this view, Bonifacio's battle at San Juan del Monte (now called the "Battle of Pinaglabanan") was only a part of a bigger "battle for Manila" hitherto unrecognized as such.[7][59]


Portrait of Governor-General of the Philippines Ramón Blanco y Erenas by Filipino painter Juan Luna.
Hostilities in the area started on the evening of August 29, when hundreds of rebels attacked the Civil Guard garrison in Pasig, just as hundreds of other rebels personally led by Bonifacio were amassing in San Juan del Monte, which they attacked at about 4 a.m. on the 30th.[47]: 368  Bonifacio planned to capture the San Juan del Monte powder magazine[47]: 368  along with a water station which supplied Manila. The Spaniards, outnumbered, fought a delaying battle until reinforcements arrived. Once reinforced, the Spaniards drove Bonifacio's forces back with heavy casualties. Elsewhere, rebels attacked Mandaluyong, Sampaloc, Sta. Ana, Pandacan, Pateros, Marikina, and Caloocan,[59] as well as Makati and Taguig.[61] Balintawak in Caloocan saw intense fighting. Rebel troops tended to gravitate towards fighting in San Juan del Monte and Sampaloc.[59] South of Manila, a thousand-strong rebel force attacked a small force of civil guards. In Pandacan, Katipuneros attacked the parish church, making the parish priest run for his life.[61]

After their defeat in Battle of San Juan del Monte, Bonifacio's troops regrouped near Marikina, San Mateo and Montalban, where they proceeded to attack these areas. They captured the areas, but were driven back by Spanish counterattacks, and Bonifacio eventually ordered a retreat to Balara. On the way, Bonifacio was nearly killed shielding Emilio Jacinto from a Spanish bullet that grazed his collar.[61] Despite his retreat, Bonifacio was not completely defeated and was still considered to be a threat.[7][59]

South of Manila, the towns of San Francisco de Malabon, Noveleta and Kawit in Cavite rebelled a few days after.[61] In Nueva Ecija, north of Manila, rebels in San Isidro, led by Mariano Llanera, attacked the Spanish garrison on September 2–4, but they were repulsed.[63]

By August 30, the revolt had spread to eight provinces. On that date, Governor-General Ramón Blanco declared a "state of war" in these provinces and placed them under martial law.[47]: 368  These provinces were Manila, Bulacan, Cavite, Pampanga, Tarlac, Laguna, Batangas, and Nueva Ecija.[48][61][64] They would later be represented as the eight rays of the sun in the Filipino flag. Additionally, due to the scant military resources Spain had in the Philippines, the governor called for the participation of civilians in the defence of Spanish sovereingty and established the Loyal Volunteers' Battalion in Manila, following the example of similar units created in Cuba and Puerto Rico between the 1850s and the 1860s. More similar units were created in Manila and other areas under Spanish control.[65]

The rebels had few firearms; they were mostly armed with bolo knives and bamboo spears. The lack of guns has been proposed as a possible reason why the Manila attack allegedly never succeeded.[61] Also, the Katipunan leaders from Cavite had earlier expressed reservations about starting an uprising due to their lack of firearms and preparation. As a result, they did not send troops to Manila, but instead attacked garrisons in their own locales. Some historians have argued that the Katipunan defeat in the Manila area was (partly) the fault of the Cavite rebels due to their absence, as their presence would have proved crucial.[7][59] In their memoirs, Cavite rebel leaders justified their absence in Manila by claiming Bonifacio failed to execute pre-arranged signals to begin the uprising, such as setting balloons loose and extinguishing the lights at the Luneta park. However, these claims have been dismissed as "historical mythology"; as reasoned by historians, if they were really waiting for signals before marching on Manila, they would have arrived "too late for the fray". Bonifacio's command for a simultaneous attack is interpreted as evidence that such signals were never arranged.[7][59] Other factors for the Katipunan defeat include the capture of Bonifacio's battle plans by Spanish intelligence. The Spanish concentrated their forces in the Manila area while pulling out troops in other provinces (which proved beneficial for rebels in other areas, particularly Cavite). The authorities also transferred a regiment of 500 native troops to Marawi, Mindanao, where the soldiers later rebelled.[7][59]
ボニファシオ計画

フィリピン大学ディリマンにある1896年の革命記念碑。
カティプナンの存在は、テオドロ・パティーニョが印刷会社ディアリオ・デ・マニラの総支配人であったスペイン人ラ・フォンに暴露したことで、やがて植民地 当局の知るところとなった[52]: 30-31 ラ・フォントはスペイン警察の警部補を店に案内し、アポロニオの机を訪ねたが、そこで彼らは「ゴム印、小冊子、帳簿、血で署名された会員誓約書、カティプ ナンのマヒガンティ支部の会員名簿などのカティプナンの道具を発見した」[55]: 31 

1872年の恐怖事件と同様に、植民地当局は何人かの逮捕者を出し、他のカティプナンのメンバーを特定するために拷問を行った[55]: 31 分離独立運動に関与していなかったにもかかわらず、彼らの多くは処刑された。ボニファシオは、彼らが革命を支持せざるを得なくなることを期待して、カティ プナンの文書に彼らの署名を偽造した。

1896年8月24日、ボニファシオはカティプナンのメンバーをカロオカンの大集会に招集し、そこでスペインに対する全国的な武装革命を開始することを決 定した[6][55]: 34-35 この集会では、愛国的な叫び声とともにセデューラ(住民税納税証明書)が大量に破り捨てられた。正確な日付と場所については議論があるが、フィリピン政府 によって公式に承認されている可能性は2つある: バリンタワクの8月26日と、プガド・ラウィンの8月23日である。そのため、このイベントは「プガド・ラウィンの叫び」または「バリンタワクの叫び」と 呼ばれている。しかし、この問題は、8月24日や25日といった他の日付や、カンコン、バハイ・トロ、パソン・タモといった他の場所の可能性もあり、さら に複雑になっている。さらに当時、「バリンタワク」は特定の場所だけでなく、カンコンなどいくつかの候補地を含む一般的な地域も指していた[56] [57]。

カティプナンが発見されると、ボニファシオはすべてのカティプナン評議会をバリンタワク[58]またはカンコン[55][59]での会議に招集し、彼らの 状況を議論した。歴史家テオドロ・アゴンシリョによれば、この会議は8月19日に行われたが[58]、革命指導者サンティアゴ・アルバレスは8月22日に 行われたと述べている[55][59]。

8月21日、カティプネロはすでにカロオカンのバリンタワク[58]に集結していた[55][59]。夜遅く、大雨の中、反乱軍はカロオカンのカンコンに 移動し、真夜中過ぎにそこに到着した[55][59]。用心のため、反乱軍は8月23日にバハイ・トロ[55]またはプガッド・ラウィン[56]に移動し た。アゴンシヨは、プガド・ラウィンにあったフアン・ラモスの家での泣き声と証明書の破り捨てを記録している[56]。 [55][59]アゴンシリョはアキノの家をパソン・タモに置き、8月24日にそこで会合を開いたとしている[60]。反乱軍はその後も集まり続け、8月 24日には1000人を超えていた[55][59]。


カティプナン最高指導者アンドレス・ボニファシオ
8月24日、首都マニラへの攻撃が8月29日に計画されていることを周辺の町のカティプナン評議会に通達することが決定された[55][59][60]。 ボニファシオはマニラで反乱軍を指揮する将軍たちを任命した。敵対行為が勃発する前に、ボニファシオはまたカティプナンを公然たる革命政府に再編成し、自 らを大統領とし、カティプナン最高評議会を内閣とした[7][55]。

8月25日の朝、反乱軍はスペインの市民警備隊の攻撃を受け、反乱軍の方が人数が多かったが、スペインの方が武装していた。両軍は短い小競り合いと双方の死傷者の後に離脱した[55][59][60]。

8月26日にも小競り合いが起こり、反乱軍はバララに向かって後退した。正午、ボニファシオとその部下数名はディリマンで一時休息した。午後、反乱軍に取 り入った盗賊による中国人商人襲撃を調査するためにカロオカンに派遣された市民警備隊が、カティプネロの一団に出くわし、彼らと一時交戦した[47]:  367 警備隊の指揮官ロス中尉はこの遭遇を当局に報告し、その報告はラモン・ブランコ総督を来るべき敵対行為に備えるよう駆り立てた[55][59]。ブランコ 将軍は11月末までに約1万人のスペイン正規軍と砲艦イスラ・デ・クーバとイスラ・デ・ルソンを率いていた[47]: 365 

8月27日から28日にかけて、ボニファシオはバララからマンダルヨン州ハグダン・バトのバラバク山に移動した。そこで、翌日のマニラ攻撃の計画をまとめるための会議を開いた。ボニファシオは次のような一般宣言を発表した:

この檄文は諸君のためのものだ。今、監獄で残忍な刑罰と拷問に苦しんでいるこの国の息子たちに加えられている、名もなき反対運動をできるだけ早い時期に止 めることが、我々にとって絶対に必要である。このため、今月の29日(土)に、我々の合意に従って革命を開始することを、すべての同胞に知らせてほしい。 そのためには、すべての町が同時に立ち上がり、同時にマニラを攻撃することが必要である。人民のこの神聖な理想を妨害する者は誰でも、裏切り者であり敵と みなされる。ただし、病気である場合、または身体的に健康でない場合は例外であり、その場合は、われわれが施行した規則に従って裁かれる。自由山、 1896年8月28日 - アンドレス・ボニファシオ[59]。

フィリピンの歴史家の間では、ボニファシオは翌日に計画されたカティプナンのマニラ攻撃を実行せず、代わりにサン・ファン・デル・モンテの火薬庫を攻撃し たというのが従来の見解であった[61][62]。しかし、より最近の研究では、計画された攻撃は行われたという見解が進められている。この見解によれ ば、ボニファシオのサン・ファン・デル・モンテでの戦い(現在では「ピナグラバナンの戦い」と呼ばれている)は、これまで認識されていなかったより大きな 「マニラの戦い」の一部に過ぎなかったという[7][59]。


フィリピンの画家フアン・ルナによるフィリピン総督ラモン・ブランコ・イ・エレーナスの肖像画。
この地域での敵対行為は8月29日の夜に始まり、数百人の反乱軍がパシッグの市民警備隊の駐屯地を攻撃した。ちょうどボニファシオが個人的に率いる数百人 の反乱軍がサン・ファン・デル・モンテに集結しており、彼らは30日の午前4時頃にそこを攻撃した[47]: 368 ボニファシオはサン・ファン・デル・モンテの火薬庫[47]の占領を計画した: 368 をマニラに供給する給水所とともに占領する計画であった。スペイン軍は劣勢であったため、援軍が到着するまで遅滞戦を繰り広げた。一旦援軍が到着すると、 スペイン軍はボニファシオの軍を多大な犠牲を出しながら追い返した。他の場所では、反乱軍はマンダルヨン、サンパロック、スタ・アナ、パンダカン、パテロ ス、マリキナ、カロオカン[59]、マカティとタギグを攻撃した[61]。反乱軍はサン・ファン・デル・モンテとサンパロックでの戦闘に引き寄せられる傾 向があった[59]。マニラの南では、千人規模の反乱軍が市民警備隊の小部隊を攻撃した。パンダカンでは、カティプネロが教区教会を襲撃し、教区司祭を命 からがら逃走させた[61]。

サン・ファン・デル・モンテの戦いで敗北した後、ボニファシオの部隊はマリキナ、サン・マテオ、モンタルバンの近くで再編成し、これらの地域への攻撃を進 めた。彼らはこれらの地域を占領したが、スペインの反撃によって追い返され、ボニファシオは最終的にバララへの撤退を命じた。途中、ボニファシオはスペイ ン軍の銃弾が彼の襟をかすめたことからエミリオ・ハシントをかばって瀕死の重傷を負った[61]。退却したにもかかわらず、ボニファシオは完全に敗北した わけではなく、依然として脅威とみなされていた[7][59]。

マニラの南では、カビテ州のサン・フランシスコ・デ・マラボン、ノヴェレタ、カウィットの町が数日後に反乱を起こした[61]。 マニラの北のヌエバエシハでは、マリアノ・ラネラに率いられたサン・イシドロの反乱軍が9月2日から4日にかけてスペインの守備隊を攻撃したが、撃退され た[63]。

8月30日までに反乱は8つの州に広がった。この日、ラモン・ブランコ総督はこれらの州に「戦争状態」を宣言し、戒厳令を敷いた[47]: 368 これらの州は、マニラ、ブラカン、カビテ、パンパンガ、ターラック、ラグナ、バタンガス、ヌエバエシハであった[48][61][64]。これらの州は後 にフィリピン国旗の8つの太陽の光として表されることになる。さらに、スペインはフィリピンに乏しい軍事資源しか持っていなかったため、総督はスペイン主 権を守るために民間人の参加を呼びかけ、1850年代から1860年代にかけてキューバやプエルトリコで創設された同様の部隊の例に倣って、マニラに忠誠 義勇軍大隊を創設した。同様の部隊はマニラやスペインの支配下にあった他の地域にも作られた[65]。

反乱軍は銃器をほとんど持たず、ボロ・ナイフと竹槍で武装していた。マニラの攻撃が成功しなかったとされる理由として、銃の不足が提唱されている [61]。また、カビテのカティプナン指導者たちは、銃器や準備の不足のために蜂起を開始することに以前から懸念を示していた。その結果、彼らはマニラに 軍隊を送らず、自分たちの地元の守備隊を攻撃した。一部の歴史家は、マニラ地域におけるカティプナンの敗北は、彼らの存在が重要であることが証明されたは ずであったため、彼らの不在による(部分的な)カビテの反乱軍の責任であったと主張している[7][59]。カビテの反乱軍の指導者たちは、回顧録の中 で、ボニファシオが、風船を放ったり、ルネタ公園の灯りを消したりするような蜂起を開始するために事前に準備された信号を実行することができなかったと主 張することによって、マニラにおける彼らの不在を正当化した。しかし、こうした主張は「歴史神話」として否定されている。歴史家の理屈によれば、マニラに 進軍する前に本当に合図を待っていたのであれば、「戦場に到着するのが遅すぎた」ことになる。ボニファシオの一斉攻撃の指令は、そのような信号が手配され なかった証拠と解釈されている[7][59]。カティプナン敗北の他の要因としては、スペイン情報部がボニファシオの戦闘計画を捕捉したことが挙げられ る。スペインはマニラ地域に兵力を集中させる一方、他の州の兵力を引き揚げた(これは他の地域、特にカビテの反乱軍にとって有益であった)。当局はまた、 500人の原住民部隊からなる連隊をミンダナオ島のマラウィに移したが、この兵士たちは後に反乱を起こした[7][59]。
Final statement and execution of José Rizal
Main article: José Rizal

Rizal's execution in what was then Bagumbayan.
When the revolution broke out, Rizal was in Cavite, awaiting the monthly mailboat to Spain. He had volunteered, and been accepted, for medical service in the Spanish Army fighting in Cuba. The mailboat left on September 3 and arrived in Barcelona, which was under martial law, on October 3, 1896. After a brief confinement at Montjuich prison, Rizal was told by Captain-General Eulogio Despujol that he would not be going on to Cuba, but would be sent back to the Philippines instead. Upon his return, he was imprisoned in Fort Santiago.

While incarcerated, Rizal petitioned Governor-General Ramón Blanco for permission to make a statement on the rebellion.[66] His petition was granted, and Rizal wrote the Manifesto á Algunos Filipinos, wherein he decried the use of his name "as a war-cry among certain people who were up in arms",[67] stated that "for reforms to bear fruit, they must come from above, since those that come from below will be irregular and uncertain shocks",[68] and affirmed that he "condemn[s], this absurd, savage insurrection".[68] However, the text was suppressed on the recommendation of the Judge-Advocate General.[68]
ホセ・リサールの最終声明と死刑執行
主な記事 ホセ・リサール

当時のバグンバヤンでのリサールの処刑。
革命が勃発した時、リサールはカビテでスペイン行きの月1回の郵便船を待っていた。彼はキューバで戦うスペイン軍の医療奉仕に志願し、受諾されていた。郵 便船は9月3日に出発し、1896年10月3日に戒厳令下のバルセロナに到着した。モンジュイチ刑務所に短期間収監された後、リサールはエウロヒオ・デス プジョル大将からキューバには行かずフィリピンに送り返すと告げられた。帰国後、彼はサンティアゴ要塞に収監された。

投獄中、リサールはラモン・ブランコ総督に、反乱について声明を出す許可を請願した[66]。 [66]彼の請願は許可され、リサールは「マニフェスト・ア・アルグノス・フィリピンノス(Manifesto á Algunos Filipinos)」を書き、その中で彼は自分の名前が「武装している特定の人々の間で戦意高揚の叫びとして」使用されていることを非難し[67]、 「改革が実を結ぶためには、上から来るものでなければならず、下から来るものは不規則で不確かな衝撃となるからである」と述べ[68]、「この不条理で野 蛮な反乱を非難する」と断言した。 [68]しかし、この文章は判事総長の勧告により削除された[68]。
Revolution in Cavite

Emilio Aguinaldo as a field marshal during the battle.
By December, there were three major centers of rebellion: Cavite (under Mariano Alvarez, Baldomero Aguinaldo and others), Bulacan (under Mariano Llanera) and Morong (now part of Rizal, under Bonifacio). Bonifacio served as tactician for the rebel guerillas, though his prestige suffered when he lost battles that he personally led.[7]

Meanwhile, in Cavite, Katipuneros under Mariano Álvarez, Bonifacio's uncle by marriage, and Baldomero Aguinaldo of Cavite El Viejo (modern Kawit), won early victories. The Magdalo council commissioned Edilberto Evangelista, an engineer, to plan the defense and logistics of the revolution in Cavite. His first victory was in the Battle of Imus on September 1, 1896, defeating the Spanish forces under General Ernesto Aguirre with the aid of Jose Tagle. The Cavite revolutionaries, particularly Emilio Aguinaldo, won prestige through defeating Spanish troops in "set piece" battles, while other rebels like Bonifacio and Llanera were engaged in guerrilla warfare. Aguinaldo, speaking for the Magdalo ruling council, issued a manifesto proclaiming a provisional and revolutionary government after his early successes, despite the existence of Bonifacio's Katipunan government.[69]

The Katipunan in Cavite was divided into two councils: the Magdiwang (led by Alvarez) and the Magdalo (led by Baldomero Aguinaldo, Emilio's cousin). At first, these two Katipunan councils cooperated with each other in the battlefield, as in the battles of Binakayan and Dalahican, where they won their first major victory over the Spaniards. However, rivalries between command and territory soon developed, and they refused to cooperate with each other in battle.

To unite the Katipunan in Cavite, the Magdiwang, through Artemio Ricarte and Pío del Pilar, called Bonifacio, who was fighting in Morong (present-day Rizal) province to mediate between the factions. Perhaps due to his kinship ties with their leader, Bonifacio was seen as partial to the Magdiwang.[70]

It was not long before the issue of leadership was debated. The Magdiwang faction recognized Bonifacio as supreme leader, being the head of the Katipunan. The Magdalo faction agitated for Emilio Aguinaldo to be the movement's head because of his successes in the battlefield compared to Bonifacio's record of personal defeats. Meanwhile, the Spanish troops, now under the command of the new Governor-General Camilo de Polavieja, steadily gained ground.

Tejeros Convention
Main articles: Imus Assembly and Tejeros Convention
On December 31, an assembly was convened in Imus to settle the leadership dispute. The Magdalo insisted on the establishment of revolutionary government to replace the Katipunan. The Magdiwang favored retention of the Katipunan, arguing that it was already a government in itself. The assembly dispersed without a consensus.[71]

On March 22, 1897, another meeting was held in Tejeros. It called for the election of officers for the revolutionary government, which was in need of united military forces, as there was a pending Spanish offensive against the Magdalo faction. The Magdiwang faction allied with Bonifacio and prepared and hosted the election, as most of the Magdalo faction was occupied by battle preparations. Bonifacio chaired the election and stated that the election results were to be respected. When the voting ended, Bonifacio had lost and the leadership turned over to Aguinaldo, who was away fighting in Pasong Santol. Bonifacio also lost other positions to members of his Magdiwang faction. Instead, he was elected as Director of the Interior, but his qualifications were questioned by a Magdalo, Daniel Tirona. Bonifacio felt insulted and would have shot Tirona if Artemio Ricarte had not intervened. Invoking his position of Supremo of the Katipunan, Bonifacio declared the election void and stomped out in anger.[72] Aguinaldo took his oath of office as president the next day in Santa Cruz de Malabon (present-day Tanza) in Cavite, as did the rest of the officers, except for Bonifacio.[73]

Execution of Bonifacio
See also: Andrés Bonifacio
Bonifacio moved his headquarters to Naic after the fall of Imus.[52]: 112  In Naic, Bonifacio and his officers created the Naic Military Agreement, establishing a rival government to the newly constituted government of Aguinaldo. It rejected the election at Tejeros and asserted that Bonifacio was the leader of the revolution. It also ordered that Filipino men be forced to enlist in Bonifacio's army. The agreement eventually called for a coup d' état against the established government. When Limbon in Indang, a town in Cavite, refused to supply provisions, Bonifacio ordered it to be burned.[52]: 117  When Aguinaldo learned about the Naic Military Agreement and the reports of abuse, he ordered the arrest of Bonifacio and his soldiers (without Bonifacio's knowledge) on April 27, 1897.[52]: 120  Colonel Agapito Bonzon met with Bonifacio in Limbon and attacked him the next day. Bonifacio and his brother Procopio were wounded, while their brother Ciriaco was killed on April 28.[52]: 121  They were taken to Naic to stand trial.[52]: 124 

The Consejo de Guerra (War Council) sentenced Andrés and Procopio to death on May 10, 1897, for committing sedition and treason.[57] Aguinaldo supported deportation of Andrés and Procopio rather than execution,[52]: 140  but withdrew his decision as a result of pressure from Pío del Pilar and other officers of the revolution.

On May 10, Major Lázaro Makapagal, upon orders from General Mariano Noriel, executed the Bonifacio brothers[52]: 143  at the foothills of Mount Buntis,[57] near Maragondon. Andrés and Procopio were buried in a shallow grave, marked only with twigs.

The Battle of Kakarong de Sili
Main article: Battle of Kakarong de Sili

Inang Filipina Shrine

Panorama of the Park and the Shrine

Facade
The battle of Kakarong de Sili took place on January 1, 1897. Pandi, Bulacan, played a vital and historical role in the fight for Philippine independence. Pandi is historically known for the Real de Kakarong de Sili Shrine – Inang Filipina Shrine, the site where the bloodiest revolution in Bulacan took place, where more than 3,000 Katipunero revolutionaries died. Likewise, it is on this site where the 'Republic of Real de Kakarong de Sili' of 1896, one of the first Philippine revolutionary republics, was established. It was also in Kakarong de Sili that the Kakarong Republic[74] was organized shortly after the Cry of Pugad Lawin (referred to as "The Cry of Balintawak") by about 6,000 Katipuneros from various towns of Bulacan, headed by Brigadier General Eusebio Roque (better known as "Maestrong Sebio or Dimabungo").[75]

Kakarong Republic
History and researchers,[who?] as well as records of the National Historical Commission tell that the Kakarong Republic was the first truly organized revolutionary government established in the country to overthrow the Spaniards, antedating even the famous Malolos Republic and the Biak-na-Bato Republic. In recognition thereof, these three "Republics" established in Bulacan have been incorporated in the provincial seal. The Kakarong Republic, established in late 1896, grew out of the local Katipunan chapter in the town of Pandi, Bulacan, called the Balangay Dimas-Alang.

According to available records, including the biography of General Gregorio del Pilar, entitled "Life and Death of a Boy General" (written by Teodoro Kalaw, former director of the National Library of the Philippines), a fort was constructed at Kakarong de Sili that was like a miniature city. It had streets, an independent police force, a military band, a military arsenal with factories for bolos and artillery, and repair shops for rifles and cartridges. The Kakarong Republic had a complete set of officials, with Canuto Villanueva as Supreme Chief and Captain General of the military forces, and Eusebio Roque, also known by his nom-de-guerre "Maestrong Sebio", then head of the Katipunan local organization, as Brigadier General of the Army of the Republic. The fort was attacked and completely destroyed on January 1, 1897, by a large Spanish force headed by General José Olaguer Feliú.[76] General Gregorio del Pilar was only a lieutenant at that time, and the Battle of Kakarong de Sili was his first "baptism of fire". This was where he was first wounded and escaped to Manatal, a nearby barangay.

In memory of the 1,200 Katipuneros who perished in the battle, the Kakarong Lodge No. 168 of the Legionarios del Trabajo erected a monument of the Inang Filipina Shrine (Mother Philippines Shrine) in 1924 in the barrio of Kakarong in Pandi, Bulacan. The actual site of the Battle of Kakarong de Sili is now a part of the barangay of Real de Kakarong. Emilio Aguinaldo visited this ground in his late fifties.

Biak-na-Bato
Further information: Republic of Biak-na-Bato and Pact of Biak-na-Bato

The flag used by the Republic of Biak-na-Bato.
Augmented by new recruits from Spain, government troops recaptured several towns in Cavite, taking Imus on March 25, 1897.[52]: 110  The head of the Spanish expeditionary force, General José de Lacambre, then offered amnesty to all who would surrender and accept Spanish authority.[52]: 111  In May 1897, the Spanish captured Maragondon, forcing the Government of the Philippine Republic to move to Mt. Buntis.[52]: 146  By June, the Spanish had taken Mendez Nunez, Amadeo, Alfonso, Bailen and Magallanes with little resistance.[52]: 149  The Spanish planned war, including the concentration of rebel relatives and friends in camps.[52]: 222 

As argued by Apolinario Mabini and others, the succession of defeats for the rebels could be attributed to discontent that resulted from Andrés Bonifacio's death. Mabini wrote:

This tragedy smothered the enthusiasm for the revolutionary cause, and hastened the failure of the insurrection in Cavite, because many from Manila, Laguna and Batangas, who were fighting for the province (of Cavite), were demoralized and quit...[77]

In other areas, some of Bonifacio's associates, such as Emilio Jacinto and Macario Sakay, never subjected their military commands to Emilio Aguinaldo's authority.

Aguinaldo and his men retreated northward, from one town to the next, until they finally settled in Biak-na-Bato, in the town of San Miguel de Mayumo in Bulacan. Here they established what became known as the Republic of Biak-na-Bato, with a constitution drafted by Isabelo Artacho and Felix Ferrer, based on the first Cuban Constitution.[78]

The new Spanish Governor-General Fernando Primo de Rivera, declaring "I can take Biak-na-Bato. Any army can capture it. But I cannot end the rebellion",[79] proffered peace to the revolutionaries. A lawyer named Pedro Paterno volunteered to be negotiator between the two sides. For four months, he traveled between Manila and Biak-na-Bato. His hard work finally bore fruit when, on December 14 to 15, 1897, the Pact of Biak-na-Bato was signed. Consisting of three documents, it called for the following agenda:[80]

The surrender of all weapons of the revolutionaries.
Amnesty for those who participated in the revolution.
Exile for the revolutionary leadership.
Payment by the Spanish government of $400,000 (Mexican peso) to the revolutionaries in three installments: $200,000 (Mexican peso) upon leaving the country, $100,000 (Mexican peso) upon the surrender of at least 700 firearms, and another $200,000 (Mexican peso) upon the declaration of general amnesty.[81]
Aguinaldo and eighteen other top officials of the revolution, including Mariano Llanera, Tomás Mascardo, Benito Natividad, Gregorio del Pilar, and Vicente Lukban left Biak-na-Bato on December 24, 1897, for exile in Hong Kong.
カビテの革命

エミリオ・アギナルドが野戦司令官として戦闘に参加。
12月までに、反乱の中心地は3つに分かれていた: カビテ(マリアノ・アルバレス、バルドメロ・アギナルドら)、ブラカン(マリアノ・ラネラ)、モロン(ボニファシオ率いる現在のリサールの一部)である。 ボニファシオは反乱軍ゲリラの戦術家として活躍したが、自ら指揮した戦いに敗れ、その威信は失墜した[7]。

一方、カビテでは、ボニファシオの結婚相手の叔父であるマリアノ・アルバレスとカビテ・エル・ビエホ(現在のカウィット)のバルドメロ・アギナルド率いる カティプネロスが初期の勝利を収めた。マグダロ評議会は、カビテにおける革命の防衛と兵站を計画するため、エンジニアであったエディルベルト・エヴァン ジェリスタに依頼した。彼の最初の勝利は、1896年9月1日のイムスの戦いで、ホセ・タグレの援助でエルネスト・アギーレ将軍率いるスペイン軍を破っ た。カビテの革命家たち、特にエミリオ・アギナルド(Emilio Aguinaldo)は、スペイン軍を「セットピース」バトルで打ち負かすことで名声を獲得したが、ボニファシオ(Bonifacio)やラネラ (Llanera)のような他の反乱軍はゲリラ戦に従事していた。アギナルドはマグダロ支配評議会を代表して、ボニファシオのカティプナン政府の存在にも かかわらず、初期の成功の後に臨時革命政府を宣言するマニフェストを発表した[69]。

カビテのカティプナンは、マグディワン(アルバレス率いる)とマグダロ(エミリオの従兄弟であるバルドメロ・アギナルド率いる)の2つの評議会に分割され た。当初、これら2つのカティプナン評議会は、ビナカヤンやダラヒカンの戦いでスペイン軍に初めて大勝利を収めたように、戦場で互いに協力し合っていた。 しかし、やがて指揮官と領土間の対立が生まれ、彼らは戦闘での協力を拒むようになった。

カビテのカティプナンを団結させるため、マグディワンはアルテミオ・リカルテとピオ・デル・ピラールを通じて、モロン(現在のリサール)州で戦っていたボ ニファシオを呼び、派閥間の調停を依頼した。おそらく彼らの指導者と親族関係にあったため、ボニファシオはマグディワングに好意的であると見られていた [70]。

指導者の問題が議論されるようになるのに時間はかからなかった。マグディワン派はボニファシオを最高指導者として認め、カティプナンの首領とした。マグダ ロ派は、ボニファシオの個人的な敗北の記録と比較して、彼の戦場での成功のため、エミリオ・アギナルドを運動のトップにするよう扇動した。一方、新総督カ ミロ・デ・ポラビエハの指揮下に入ったスペイン軍は着実に勢力を拡大していった。

テヘロス条約
主な記事 イムス会議とテヘロス条約
12月31日、指導者争いを解決するためにイムスで集会が開かれた。マグダロはカティプナンに代わる革命政府の樹立を主張した。マグディワンは、カティプ ナンはすでに政府そのものであると主張し、カティプナンの保持を支持した。集会はコンセンサスを得ることなく解散した[71]。

1897年3月22日、別の集会がテヘロスで開かれた。マグダロ派に対するスペインの攻勢が控えていたため、統一された軍事力を必要としていた革命政府の 役員選挙が招集された。マグダロ派の大半が戦闘準備で占められていたため、マグディワン派はボニファシオと同盟を結び、選挙の準備と司会を行った。ボニ ファシオは選挙の議長を務め、選挙結果を尊重すると述べた。投票が終わると、ボニファシオは敗北し、指導権はパソン・サントルで戦闘中のアギナルドに移っ た。ボニファシオは他の役職もマグディワン派に奪われた。代わりに内務長官に選出されたが、マグダロ派のダニエル・ティロナにその資質を疑われた。ボニ ファシオは侮辱されたと感じ、アルテミオ・リカルテが介入しなければティロナを射殺していただろう。ボニファシオはカティプナンのスプレモの地位を発動 し、選挙の無効を宣言し、怒りのあまり踏みつけた[72]。翌日、アギナルドがカビテのサンタ・クルス・デ・マラボン(現在のタンザ)で、ボニファシオを 除く他の将校と同様に大統領就任の宣誓を行った[73]。

ボニファシオの処刑
以下も参照: アンドレス・ボニファシオ
ボニファシオはイムス陥落後、司令部をナイックに移した[52]: 112 ナイックでボニファシオと彼の将校たちはナイック軍事協定を結び、新たに構成されたアギナルド政府に対抗する政府を樹立した。それはテヘロスでの選挙を拒 否し、ボニファシオが革命の指導者であると主張した。また、フィリピン人男性をボニファシオの軍隊に強制的に入隊させるよう命じた。協定は最終的に、既成 政府に対するクーデターを要求した。ボニファシオは、カビテ州の町インダンのリンボンが食料の供給を拒否したため、その町を焼却するよう命じた[52]:  117 アギナルドは、ナイック軍事協定と虐待の報告を知ると、1897年4月27日にボニファシオとその兵士の逮捕を命じた(ボニファシオは知らなかった) [52]: 120 アガピト・ボンソン大佐はリンボンでボニファシオと面会し、翌日彼を襲撃した。ボニファシオと弟のプロコピオは負傷し、弟のシリアコは4月28日に殺され た[52]: 121 彼らは裁判を受けるためにナイックに連行された[52]: 124 

コンセホ・デ・ゲラ(戦争評議会)は1897年5月10日、反乱と反逆を犯したとしてアンドレスとプロコピオに死刑を宣告した[57]: 140 が、ピオ・デル・ピラールや革命の他の将校たちからの圧力の結果、その決定を撤回した。

5月10日、ラサロ・マカパガル少佐はマリアノ・ノリエル将軍の命令により、ボニファシオ兄弟を処刑した[52]: マラゴンドン近くのブンティス山のふもとで143人が処刑された[57]。アンドレスとプロコピオは、小枝だけが目印の浅い墓に埋葬された。

カカロン・デ・シリの戦い
主な記事 カカロン・デ・シリの戦い

イナン・フィリピーナ・シュライン

公園と祠堂のパノラマ

ファサード
カカロン・デ・シリの戦いは1897年1月1日に起こった。ブラカン州パンディは、フィリピン独立の戦いにおいて重要かつ歴史的な役割を果たした。パン ディは、ブラカン州で最も血なまぐさい革命が行われた場所であり、3,000人以上のカティプネロ革命家が命を落としたレアル・デ・カカロン・デ・シリ神 社-イナン・フィリピーナ神社で歴史的に知られています。同様に、フィリピン最初の革命共和国のひとつである1896年の「カカロン・デ・シリ共和国」が 樹立されたのもこの場所である。カカロン・デ・シリ共和国[74]は、プガド・ラウィンの叫び(「バリンタワクの叫び」と呼ばれる)の直後に、エウセビ オ・ロケ准将(「マエストロン・セビオまたはディマブンゴ」として知られる)を筆頭に、ブラカン州の様々な町から集まった約6,000人のカティプネロス によって組織されたのも、この地であった[75]。

カカロン共和国
カカロン共和国は、有名なマロロス共和国やビアク・ナ・バト共和国に先駆けて、スペイン人を打倒するために国内で設立された最初の真に組織化された革命政 府であったと、歴史と研究者[誰? これを記念して、ブラカン州に設立されたこれら3つの「共和国」は、州章に組み込まれています。1896年末に設立されたカカロン共和国は、バランガイ・ ディマス・アランと呼ばれるブラカン州パンディ町のカティプナン支部から発展しました。

グレゴリオ・デル・ピラール将軍の伝記「少年将軍の生と死」(元フィリピン国立図書館長テオドロ・カラウ著)を含む入手可能な記録によると、カカロン・ デ・シリにはミニチュアの都市のような砦が建設された。街路、独立警察、軍楽隊、ボロ銃や大砲の工場がある軍事工廠、ライフル銃や弾薬の修理工場があっ た。カカロン共和国には官吏が揃っており、カヌート・ビジャヌエバが最高長官兼軍大将、当時カティプナン地方組織のトップであった「マエストロン・セビ オ」の名でも知られるエウセビオ・ロケが共和国軍准将を務めていた。砦は1897年1月1日、ホセ・オラゲル・フェリウ将軍率いるスペインの大軍に攻撃さ れ、完全に破壊された[76]。当時グレゴリオ・デル・ピラール将軍は中尉にすぎず、カカロン・デ・シリの戦いは彼にとって最初の「火の洗礼」であった。 ここで彼は初めて負傷し、近くのバランガイであるマナタルに逃れた。

この戦いで亡くなった1,200人のカティプネロを偲んで、1924年、ブラカン州パンディのカカロン・バリオに、レジオナリオス・デル・トラバホのカカ ロン・ロッジ168号がイナン・フィリピーナ・シュライン(母なるフィリピン・シュライン)の記念碑を建立した。カカロン・デ・シリの戦いが実際にあった 場所は、現在レアル・デ・カカロンのバランガイの一部となっている。エミリオ・アギナルドも50代後半にこの地を訪れている。

ビアク・ナ・バト
さらに詳しい情報 ビアク・ナ・バト共和国、ビアク・ナ・バト協定

ビアク・ナ・バト共和国の国旗。
スペインからの新兵を加えた政府軍はカビテのいくつかの町を奪還し、1897年3月25日にイムスを占領した[52]: 110 その後、スペイン遠征軍のトップであるホセ・デ・ラカンブレ将軍は、降伏してスペインの権威を受け入れる者すべてに恩赦を申し出た[52]: 111 1897年5月、スペイン軍はマラゴンドンを占領し、フィリピン共和国政府はブンティス山への移転を余儀なくされた[52]: 146 6月までにスペインはメンデス・ヌニェス、アマデオ、アルフォンソ、バイレン、マガラネスをほとんど抵抗することなく占領した[52]: 149 スペインは反乱軍の親族や友人を収容所に集めるなど、戦争を計画した[52]: 222。 

アポリナリオ・マビニらが主張したように、反乱軍の相次ぐ敗北はアンドレス・ボニファシオの死から生じた不満に起因していた。マビニはこう書いている:

この悲劇は革命の大義に対する熱意を燻らせ、カビテにおける反乱の失敗を早めた。なぜなら、(カビテの)州のために戦っていたマニラ、ラグナ、バタンガスからの多くの者が士気を失い、辞めていったからである...[77]」。

他の地域では、エミリオ・ハシントやマカリオ・サカイのようなボニファシオの仲間の何人かは、エミリオ・アギナルドの権威に軍司令部を服従させることはなかった。

アギナルドとその部下たちは、町から町へと北へ退却し、最終的にブラカン州サン・ミゲル・デ・マユモのビアク・ナ・バトに定住した。ここで彼らは、イサベ ロ・アルタチョとフェリックス・フェレールが最初のキューバ憲法を基に起草した憲法を掲げ、ビアク・ナ・バト共和国として知られるようになるものを設立し た[78]。

新しいスペイン総督フェルナンド・プリモ・デ・リベラは、「私はビアク・ナ・バトを占領できる。どんな軍隊でもビアク・ナ・バトを占領することはできる。 しかし、反乱を終わらせることはできない」と宣言し[79]、革命家たちに和平を持ちかけた。ペドロ・パテルノという弁護士が両者の交渉役を志願した。彼 は4ヶ月間、マニラとビアク・ナ・バトを往復した。1897年12月14日から15日にかけて、ビアク・ナ・バト協定が調印された。ビアク・ナ・バト協定 は3つの文書で構成され、以下の議題を要求していた[80]。

革命家のすべての武器の放棄。
革命に参加した人々の恩赦。
革命指導者の亡命
スペイン政府による革命家への40万ドル(メキシコ・ペソ)の3回に分けての支払い: 出国時に20万ドル(メキシコ・ペソ)、少なくとも700丁の銃器の引き渡し時に10万ドル(メキシコ・ペソ)、そして一般恩赦の宣言時にさらに20万ド ル(メキシコ・ペソ)が支払われた[81]。
アギナルドとマリアノ・ラネラ、トマス・マスカルド、ベニート・ナティヴィダード、グレゴリオ・デル・ピラール、ビセンテ・ルクバンら18人の革命幹部は、1897年12月24日にビアク・ナ・バトを出発し、香港に亡命した。
Spanish–American War

Battle of Manila Bay.
The failure of Spain to engage in active social reforms in Cuba as demanded by the United States government was the basic cause for the Spanish–American War. American attention was focused on the issue after the mysterious explosion that sank the American battleship Maine on February 15, 1898, in Havana Harbor. As public political pressure from the Democratic Party and certain industrialists built up for war, the U.S. Congress forced the reluctant Republican president William McKinley to issue an ultimatum to Spain on April 19, 1898. Spain found it had no diplomatic support in Europe, but nevertheless declared war; the U.S. followed on April 25 with its own declaration of war.[83][84]

Theodore Roosevelt, who was at that time Assistant Secretary of the Navy, ordered Commodore George Dewey, commanding the Asiatic Squadron of the United States Navy: "Order the squadron ...to Hong Kong. Keep full of coal. In the event of declaration of war Spain, your duty will be to see that the Spanish squadron does not leave the Asiatic coast, and then offensive operations in Philippine Islands." Dewey's squadron departed on April 27 for the Philippines, reaching Manila Bay on the evening of April 30.[85]

On April 27, Commodore George Dewey sailed for Manila with a fleet of nine U.S. ships. Upon arriving on May 1, Dewey encountered a fleet of nine Spanish ships commanded by Admiral Patricio Montojo. The subsequent Battle of Manila Bay only lasted for a few hours, and ending with no loss of life among the American forces. While the naval victory was decisive, the small fleet lacked the numbers needed to capture Manila. The U.S. squadron took control of the arsenal and navy yard at Cavite. Dewey cabled Washington, stating that although he controlled Manila Bay, he needed 5,000 additional men to seize Manila itself. The fleet remained in Manila Bay while reinforcements were sent from the United States.[86][87]

Preparation for land-based operations and Aguinaldo's return
The unexpected rapidity and completeness of Dewey's victory in the first engagement of the war prompted the McKinley administration to make the decision to capture Manila from the Spanish. The United States Army began to assemble the Eighth Army Corps—a military unit which would consist of 10,844 soldiers under the command of Major General Wesley Merritt—in preparation for deployment to the Philippines.[86]

On May 7, 1898, USS McCulloch, an American dispatch boat, arrived in Hong Kong from Manila, bringing reports of Dewey's victory in the Battle of Manila Bay. Emilio Aguinaldo had recently returned there from Singapore expecting to be transported to Manila by the Americans, but McCulloch had no orders regarding this. McCulloch again arrived in Hong Kong on May 15 bearing such orders and departed Hong Kong with Aguinaldo aboard on May 17, arriving in Manila Bay on May 19.[88] Several revolutionaries, as well as Filipino soldiers employed by the Spanish army, crossed over to Aguinaldo's command.

Aguinaldo arrived on May 19 and, after a brief meeting with Dewey, resumed revolutionary activities against the Spanish. On May 24, Aguinaldo issued a proclamation in which he assumed command of all Philippine forces and announced his intention to establish a dictatorial government with himself as dictator, saying that he would resign in favor of a duly elected president.[89]

In the Battle of Alapan on May 28, 1898, Aguinaldo raided the last remaining stronghold of the Spanish Empire in Cavite with fresh reinforcements of about 12,000 men. This battle eventually liberated Cavite from Spanish colonial control and led to the first time the modern flag of the Philippines being unfurled in victory.

Public jubilation marked Aguinaldo's return. Many Filipino enlisted men deserted local Spanish army units to join Aguinaldo's command and the Philippine Revolution against Spain resumed. Soon, many cities such as Imus, Bacoor, Parañaque, Las Piñas, Morong, Macabebe and San Fernando, as well as some entire provinces such as Laguna, Batangas, Bulacan, Nueva Ecija, Bataan, Tayabas (now Quezon), and the Camarines provinces, were liberated by the Filipinos and the port of Dalahican in Cavite was secured.[90]


Thomas M. Anderson
The first contingent of American troops arrived on June 30 under the command of Brigadier General Thomas McArthur Anderson, commander of the Eighth Corps' 2nd Division (U.S. brigade and division numbers of the era were not unique throughout the army). General Anderson wrote to Aguinaldo, requesting his cooperation in military operations against the Spanish forces.[91] Aguinaldo responded, thanking General Anderson for his amicable sentiments, but saying nothing about military cooperation. General Anderson did not renew the request.[91]

The 2nd Brigade and the 2nd Division of the Eighth Corps arrived on July 17, under the command of Brigadier General Francis V. Greene. Major General Wesley Merritt (the Commander in Chief of the Philippine Expedition) and his staff arrived at Cavite on July 25. The 1st Brigade of the corps' 2nd Division arrived on July 30, under the command of Brigadier General Arthur MacArthur.[92]

Declaration of Independence
Main article: Philippine Declaration of Independence
See also: Dictatorial Government of the Philippines and Revolutionary Government of the Philippines
By June 1898, the island of Luzon, except for Manila and the port of Cavite, was under Filipino control, after General Monet's retreat to Manila with his remaining force of 600 men and 80 wounded.[47]: 445  The revolutionaries were laying siege to Manila and cutting off its food and water supply. With most of the archipelago under his control, Aguinaldo decided it was time to establish a Philippine government. When Aguinaldo arrived from Hong Kong, he had brought with him a copy of a plan drawn by Mariano Ponce, calling for the establishment of a revolutionary government. Upon the advice of Ambrosio Rianzares Bautista, however, an autocratic regime was established on May 24, with Aguinaldo as dictator.

It was under this dictatorship[citation needed] On June 12, 1898, Aguinaldo proclaimed the independence of the Philippines at his house in Cavite El Viejo.[93][94] Ambrosio Rianzares Bautista wrote the Philippine Declaration of Independence, and read this document in Spanish that day at Aguinaldo's house.[22] The first Filipino flag was again unfurled and the national anthem was played for the first time.[citation needed] On June 18, Aguinaldo issued a decree formally establishing his dictatorial government.[23] Apolinario Mabini, Aguinaldo's closest adviser, opposed Aguinaldo's decision to establish an autocracy. He instead urged Aguinaldo to create a revolutionary government. Aguinaldo refused to do so; however, Mabini was eventually able to convince him.[citation needed] On June 23, Aguinaldo issued another decree, this time replacing the dictatorial government with a revolutionary government (and naming himself as president).[24][95]

Writing retrospectively in 1899, Aguinaldo claimed that U.S. Consul E. Spencer Pratt had verbally assured him that "the United States would at least recognize the independence of the Philippines under the protection of the United States Navy".[96] In an April 28 message from Pratt to U.S. Secretary of State William R. Day, there was no mention of independence, or of any conditions on which Aguinaldo was to cooperate. In a July 28 communication, Pratt stated that no promises had been made to Aguinaldo regarding U.S. policy, with the concept aimed at facilitating the occupation and administration of the Philippines, while preventing a possible conflict of action.[97][98] On June 16, Day cabled Pratt with instructions to avoid unauthorized negotiations, along with a reminder that Pratt had no authority to enter into arrangements on behalf of the U.S. government.[99] Filipino scholar Maximo Kalaw wrote in 1927: "A few of the principal facts, however, seem quite clear. Aguinaldo was not made to understand that, in consideration of Filipino cooperation, the United States would extend its sovereignty over the Islands, and thus in place of the old Spanish master a new one would step in. The truth was that nobody at the time ever thought that the end of the war would result in the retention of the Philippines by the United States."[100]

On July 15, Aguinaldo issued three organic decrees assuming civil authority of the Philippines.[101] American generals suspected Aguinaldo was attempting to take Manila without American assistance, had restricted supplies to American forces, and was secretly negotiating with Spanish authorities while informing them of American troop movements.[102][103][104] Aguinaldo warned that American troops should not disembark in places conquered by the Filipinos without first communicating in writing, and did not offer his full service to arriving American forces.[105]

Capture of Manila
Main article: Battle of Manila (1898)
By June, U.S. and Filipino forces had taken control of most of the islands, except for the walled city of Intramuros. Admiral Dewey and General Merritt were able to work out a bloodless solution with acting governor-general Fermín Jáudenes. The negotiating parties made a secret agreement to stage a mock battle in which the Spanish forces would be defeated by the American forces, but the Filipino forces would not be allowed to enter the city. This plan minimized the risk of unnecessary casualties on all sides, while the Spanish would also avoid the shame of possibly having to surrender Intramuros to the Filipino forces.[106]

On the evening of August 12, the Americans notified Aguinaldo to forbid the insurgents under his command from entering Manila without American permission.[107][108] On August 13, unaware of the peace protocol signing,[107][109][110][111] U.S. forces assaulted and captured the Spanish positions in Manila. While the plan was for a mock battle and simple surrender, the insurgents made an independent attack of their own, which led to confrontations with the Spanish in which some American soldiers were killed and wounded.[107][112] The Spanish formally surrendered Manila to U.S. forces.[113] There was some looting by Insurgent forces in portions of the city they occupied.[114] Aguinaldo demanded joint occupation of the city,[115] however U.S. commanders pressed Aguinaldo to withdraw his forces from Manila.[116]

On August 12, 1898, The New York Times reported that a peace protocol had been signed in Washington that afternoon between the U.S. and Spain, suspending hostilities between the two nations.[117] The full text of the protocol was not made public until November 5, but Article III read: "The United States will occupy and hold the City, Bay, and Harbor of Manila, pending the conclusion of a treaty of peace, which shall determine the control, disposition, and government of the Philippines."[118][119] After conclusion of this agreement, U.S. President McKinley proclaimed a suspension of hostilities with Spain.[120] General Merritt received news of the August 12 peace protocol on August 16, three days after the surrender of Manila.[121] Admiral Dewey and General Merritt were informed by a telegram dated August 17 that the president of the United States had directed that the United States should have full control over Manila, with no joint occupation permissible.[115] After further negotiations, insurgent forces withdrew from the city on September 15.[122]

This battle marked the end of Filipino-American collaboration, as the American action of preventing Filipino forces from entering the captured city of Manila was deeply resented by the Filipinos.[123]

U.S. military government
Main article: United States Military Government of the Philippine Islands
On August 14, 1898, two days after the capture of Manila, the U.S. established a military government in the Philippines, with General Merritt acting as military governor.[124] During military rule (1898–1902), the U.S. military commander governed the Philippines under the authority of the U.S. president as commander-in-chief of the United States Armed Forces. After the appointment of a civil governor-general, the procedure developed that as parts of the country were pacified and placed firmly under American control, responsibility for the area would be passed to the civilian.

General Merritt was succeeded by General Otis as military governor, who in turn was succeeded by General MacArthur. Major General Adna Chaffee was the final military governor. The position of military governor was abolished in July 1902, after which the civil governor-general became the sole executive authority in the Philippines.[125][126]

Under the military government, an American-style school system was introduced, initially with soldiers as teachers; civil and criminal courts were reestablished, including a supreme court;[127] and local governments were established in towns and provinces. The first local election was conducted by General Harold W. Lawton on May 7, 1899, in Baliuag, Bulacan.[128]

First Philippine Republic
Main article: First Philippine Republic

Map of the Philippines during the inauguration of the First Philippine Republic.
Elections were held by the revolutionary government between June and September 10, resulting in the seating of a legislature known as the Malolos Congress.[129] This followed the recommendations of the decree that established the revolutionary government, and the Congreso Revolucionario (Revolutionary Congress) was assembled at Barasoain Church in Malolos, Bulacan on September 15.[47]: 469  All of the delegates to the congress were from the ilustrado class. Mabini objected to the call for a constitutional assembly; when he did not succeed, he drafted a constitution of his own, which also failed. A draft by an ilustrado lawyer, Felipe Calderón y Roca, was instead presented, and this became the framework upon which the assembly drafted the first constitution, the Malolos Constitution. On November 29, the assembly, now popularly called the Malolos Congress, finished the draft. However, Aguinaldo, who always placed Mabini in high esteem and heeded most of his advice, refused to sign the draft when the latter objected. On January 21, 1899, after some modifications were made to suit Mabini's arguments, the constitution was finally approved by the Congress and signed by Aguinaldo. Two days later, the Philippine Republic (also called the First Republic and Malolos Republic) was established in Malolos with Emilio Aguinaldo as president.[47]: 486 

Spanish–American War ends
Main article: Treaty of Paris (1898)

Felipe Agoncillo was the Filipino representative to the negotiations in Paris that led to the Treaty of Paris (1898), ending the Spanish–American War. He has been referred to as the "outstanding first Filipino diplomat."
While the initial instructions of the American commission undertaking peace negotiators with Spain was to seek only Luzon and Guam, which could serve as harbours and communication links,[130] President McKinley later wired instructions to demand the entire archipelago.[131] The resultant Treaty of Paris, signed in December 1898, formally ended the Spanish–American War. Its provisions included the cession of the archipelago to the United States, for which $20 million would be paid as compensation.[132][133][134] This agreement was clarified through the 1900 Treaty of Washington, which stated that Spanish territories in the archipelago which lay outside the geographical boundaries noted in the Treaty of Paris were also ceded to the U.S.[135]

On December 21, 1898, President McKinley proclaimed a policy of benevolent assimilation with regards to the Philippines. This was announced in the Philippines on January 4, 1899. Under this policy, the Philippines was to come under the sovereignty of the United States, with American forces instructed to declare themselves as friends rather than invaders.[136]

Philippine–American War
Main article: Philippine–American War
On February 4, 1899, hostilities between Filipino and American forces began when an American sentry patrolling between Filipino and American lines shot a Filipino soldier. The Filipino forces returned fire, thus igniting a second battle for Manila. Aguinaldo sent a ranking member of his staff to Ellwell Otis, the U.S. military commander, with the message that the firing had been against his orders. According to Aguinaldo, Otis replied, "The fighting, having begun, must go on to the grim end."[137] The Philippines declared war against the United States on June 2, 1899, with Pedro Paterno, President of the Congress of the First Philippine Republic, issuing a Proclamation of War.[13]

As the First Philippine Republic was never recognized as a sovereign state, and the United States never formally declared war, the conflict was not concluded by a treaty. On July 2, 1902, the United States Secretary of War telegraphed that since the insurrection against the United States had ended and provincial civil governments had been established throughout most of the Philippine archipelago, the office of military governor was terminated.[138] On July 4, Theodore Roosevelt, who had succeeded to the U.S. presidency after the assassination of William McKinley, proclaimed an amnesty to those who had participated in the conflict.[138][139] On April 9, 2002, Philippine President Gloria Macapagal Arroyo proclaimed that the Philippine–American War had ended on April 16, 1902, with the surrender of General Miguel Malvar,[140] and declared the centennial anniversary of that date as a national working holiday and as a special non-working holiday in the Province of Batangas and in the cities of Batangas, Lipa and Tanauan.[141]
米西戦争

マニラ湾の戦い
スペインがアメリカ政府の要求通りにキューバで積極的な社会改革に取り組まなかったことが、米西戦争の基本的な原因だった。1898年2月15日、ハバナ 港でアメリカの戦艦メイン号が謎の爆発で沈没した後、アメリカの関心はこの問題に集中した。民主党や特定の実業家たちから戦争を求める世論の政治的圧力が 高まる中、アメリカ議会は1898年4月19日、消極的だった共和党のウィリアム・マッキンリー大統領にスペインへの最後通牒を出させた。スペインはヨー ロッパにおいて外交的な支持を得られなかったが、それにもかかわらず宣戦布告を行い、アメリカも4月25日に宣戦布告を行った[83][84]。

当時海軍次官補であったセオドア・ルーズベルトは、アメリカ海軍のアジア戦隊を指揮していたジョージ・デューイ提督に命じた: 「艦隊を香港に向かわせろ。艦隊を香港に向かわせろ。スペインが宣戦布告した場合、あなたの任務はスペイン艦隊がアジア沿岸から離れないようにすることで あり、その後フィリピン諸島で攻撃作戦を行うことだ" デューイ艦隊は4月27日にフィリピンに向けて出発し、4月30日夜にマニラ湾に到着した[85]。

4月27日、ジョージ・デューイ提督は9隻のアメリカ艦隊とともにマニラに向けて出航した。5月1日に到着すると、デューイはパトリシオ・モントホ提督が 指揮する9隻のスペイン艦隊と遭遇した。その後のマニラ湾海戦は数時間しか続かず、アメリカ軍に死者は出ずに終わった。海軍の勝利は決定的だったが、小さ な艦隊はマニラを占領するのに必要な数を欠いていた。米艦隊はカビテの工廠と海軍操練所を制圧した。デューイはワシントンに電報を打ち、マニラ湾は制圧し たものの、マニラそのものを占領するにはさらに5,000人の兵力が必要だと述べた。艦隊は米国から援軍が送られる間、マニラ湾に留まった[86] [87]。

陸上作戦の準備とアギナルドの帰還
戦争の最初の交戦におけるデューイの予想外の迅速さと完全な勝利は、マッキンリー政権にスペインからマニラを占領する決断を促した。アメリカ陸軍はフィリ ピンへの派遣に備えて、ウェズリー・メリット少将の指揮の下、10,844人の兵士からなる第8軍団を編成し始めた[86]。

1898年5月7日、アメリカの派遣船USSマッカロクがマニラから香港に到着し、マニラ湾海戦におけるデューイの勝利の報告をもたらした。エミリオ・ア ギナルド(Emilio Aguinaldo)は、アメリカ軍によってマニラに移送されることを期待してシンガポールから香港に戻ったばかりだったが、マッカロクにはそれに関する 命令はなかった。マッカロクはそのような命令を携えて5月15日に再び香港に到着し、5月17日にアギナルドを乗せて香港を出発し、5月19日にマニラ湾 に到着した[88]。数人の革命家とスペイン軍に雇われたフィリピン兵がアギナルドの指揮下に入った。

5月19日に到着したアギナルドはデューイと短い会談を行った後、スペインに対する革命活動を再開した。5月24日、アギナルドがフィリピン全軍の指揮を 執る宣言を発表し、正式に選出された大統領を支持して辞任すると述べ、自らを独裁者とする独裁政府を樹立する意向を表明した[89]。

1898年5月28日のアラパンの戦いでは、アギナルドが約12,000人の新たな援軍を率いてカビテに残るスペイン帝国の最後の砦を急襲した。この戦いでカビテはスペインの植民地支配から解放され、初めてフィリピンの近代国旗が掲げられた。

国民の歓喜がアギナルドの帰還を祝った。多くのフィリピン人がスペイン軍を脱走してアギナルドの指揮下に入り、スペインに対するフィリピン革命が再開され た。まもなく、イムス、バクーア、パラニャケ、ラスピニャス、モロン、マカベベ、サンフェルナンドなどの多くの都市や、ラグナ、バタンガス、ブラカン、ヌ エバエシハ、バターン、タヤバス(現ケソン)、カマリネス州などの州全体がフィリピン人によって解放され、カビテのダラヒカン港が確保された[90]。


トーマス・M・アンダーソン
アメリカ軍の最初の部隊は、第8軍団の第2師団長であったトーマス・マッカーサー・アンダーソン准将の指揮の下、6月30日に到着した(当時のアメリカ軍 の旅団と師団の番号は、軍全体で一様ではなかった)。アンダーソン将軍はアギナルドに手紙を書き、スペイン軍に対する軍事作戦への協力を要請した [91]。アギナルドはアンダーソン将軍の友好的な感情に感謝する返事を出したが、軍事協力については何も言わなかった。アンダーソン将軍は要請を更新し なかった[91]。

第8軍団の第2旅団と第2師団は、フランシス・V・グリーン准将の指揮の下、7月17日に到着した。ウェズリー・メリット少将(フィリピン遠征総司令官) とその幕僚は 7 月 25 日にカビテに到着した。軍団第2師団第1旅団はアーサー・マッカーサー准将の指揮の下、7月30日に到着した[92]。

独立宣言
主な記事 フィリピン独立宣言
以下も参照: フィリピン独裁政府、フィリピン革命政府
1898年6月までに、マニラとカビテ港を除くルソン島はフィリピンの支配下に置かれた。モネ将軍は残存兵力600人と負傷者80人を連れてマニラに撤退 した[47]: 445 革命軍はマニラを包囲し、食料と水の供給を断っていた。群島のほとんどを支配下に置いたアギナルドは、フィリピン政府を樹立する時が来たと判断した。香港 から到着したアギナルドが持参したのは、マリアノ・ポンセが描いた革命政府の樹立を求める計画書の写しだった。しかし、アンブロシオ・リアンザレス・バウ ティスタの助言により、5月24日、アギナルドを独裁者とする独裁政権が樹立された。

1898年6月12日、アギナルドはカビテ・エル・ビエホの自宅でフィリピンの独立を宣言した[93][94]。アンブロシオ・リアンサレス・バウティス タはフィリピン独立宣言を書き、その日アギナルドの自宅でこの文書をスペイン語で読み上げた。 [22]最初のフィリピン国旗が再び広げられ、国歌が初めて演奏された[要出典]。6月18日、アギナルドが独裁政権を正式に樹立する政令を発布した [23]。アギナルドの最側近であったアポリナリオ・マビニは、独裁政権を樹立するというアギナルドの決定に反対した。アギナルドの最側近であったアポリ ナリオ・マビニは、アギナルドが独裁政権を樹立することに反対した。アギナルドはそれを拒否したが、マビニは最終的に彼を説得することができた[要出 典]。6月23日、アギナルドは再び勅令を発し、今度は独裁政府を革命政府に置き換えた(そして自らを大統領に指名した)[24][95]。

1899年に振り返って書くと、アギナルドは米国領事E・スペンサー・プラットが「米国は少なくとも米国海軍の保護の下でフィリピンの独立を承認する」と 口頭で確約したと主張した[96]。4月28日のプラットから米国国務長官ウィリアム・R・デイへのメッセージでは、独立についても、アギナルドが協力す べき条件についても触れられていなかった。7月28日の通信で、プラットは、起こりうる行動の衝突を防ぎながら、フィリピンの占領と施政を容易にすること を目的とした構想で、米国の政策に関してアギナルドに約束はしていないと述べた[97][98]。 6月16日、デイはプラットに、プラットには米国政府に代わって取り決めを結ぶ権限がないことを念押しするとともに、無許可の交渉を避けるよう指示を電報 で送った[99]。フィリピンの学者マキシモ・カラウは1927年にこう書いている: 「しかし、いくつかの主要な事実は極めて明らかである。アギナルドには、フィリピン人の協力の対価として、米国が諸島に対する主権を拡大し、古いスペイン の主人の代わりに新しい主人が介入することになるとは理解させられなかった。当時の誰も、戦争の終結によってフィリピンが米国によって保持されることにな るとは考えていなかったのが実情である」[100]。

7月15日、アギナルドはフィリピンの文民権を引き受ける3つの有機的政令を発布した[101]。アメリカの将軍たちは、アギナルドがアメリカの援助なし にマニラを奪取しようとしており、アメリカ軍への補給を制限しており、アメリカ軍の動きを知らせながらスペイン当局と密かに交渉しているのではないかと 疑っていた[102][103][104]。 アギナルドは、アメリカ軍はフィリピン人が征服した場所で、最初に文書で連絡することなく上陸すべきではないと警告し、到着したアメリカ軍に全面的なサー ビスを提供しなかった[105]。

マニラ占領
主な記事 マニラの戦い(1898年)
6月までに、米軍とフィリピン軍は城壁に囲まれたイントラムロス市を除くほとんどの島を制圧した。デューイ提督とメリット将軍は、総督代理のフェルミン・ ジャウデネスと無血解決を図ることができた。交渉当事者は、スペイン軍がアメリカ軍に敗れるが、フィリピン軍はイントラムロス市内に入れないという模擬戦 闘を行うという密約を交わした。この計画によって、双方の不必要な死傷者のリスクを最小限に抑えることができ、またスペイン側もフィリピン軍にイントラム ロスを明け渡さなければならないという恥を避けることができた[106]。

8月12日夜、アメリカはアギナルドに、彼の指揮下にあった反乱軍がアメリカの許可なくマニラに入ることを禁じるよう通告した[107][108]。 8月13日、和平議定書の調印を知らないまま[107][109][110][111]、アメリカ軍はマニラのスペイン軍陣地を襲撃し、占領した [107][109][110][111]。計画は模擬戦闘と単純な降伏であったが、反乱軍は独自の攻撃を行い、スペイン軍と対立し、何人かのアメリカ兵 が死傷した[107][112]。 スペイン軍はマニラを正式にアメリカ軍に降伏させた[113]。占領した都市の一部で反乱軍による略奪があった[114]。アギナルドが都市の共同占領を 要求したが[115]、アメリカ軍司令官はアギナルドにマニラから軍を撤退させるよう迫った[116]。

1898年8月12日、ニューヨーク・タイムズ紙は、その日の午後にワシントンでアメリカとスペインの間で和平議定書が調印され、両国間の敵対行為が停止 されたと報じた[117]。議定書の全文は11月5日まで公開されなかったが、第3条にはこう書かれていた: 「この協定の締結後、マッキンリー米大統領はスペインとの敵対行為の停止を宣言した[120]。メリット将軍はマニラ降伏の3日後、8月16日に8月12 日の和平協定の知らせを受けた。 [デューイ提督とメリット将軍は8月17日付の電報で、合衆国大統領がマニラを完全に支配し、共同占領は許されないと指示したことを知らされた [115]。さらなる交渉の後、反乱軍は9月15日にマニラから撤退した[122]。

この戦闘は、フィリピン軍が占領されたマニラ市内に入ることを阻止するというアメリカの行動がフィリピン人に深く憤慨されたことから、フィリピン・アメリカの協力関係の終わりを告げるものであった[123]。

米軍政府
主な記事 フィリピン諸島のアメリカ軍政府
1898年8月14日、マニラ占領の2日後、アメリカはフィリピンに軍事政権を樹立し、メリット将軍が軍事総督に就任した[124]。軍事政権時代 (1898年-1902年)、アメリカ軍総司令官であるアメリカ大統領の権限の下、アメリカ軍司令官がフィリピンを統治した。文民総督が任命された後、国 土の一部が平定され、アメリカの支配下に置かれると、その地域の責任は文民に移るという手順がとられた。

メリット将軍の後任にはオーティス将軍が軍事総督として任命され、さらにオーティス将軍の後任にはマッカーサー将軍が任命された。アドナ・チャフィー少将 が最後の軍総督となった。軍総督の地位は1902年7月に廃止され、その後、文民総督がフィリピンの唯一の行政権者となった[125][126]。

軍政下では、当初は兵士を教師としてアメリカ式の学校制度が導入され、最高裁判所を含む民事裁判所と刑事裁判所が再確立され[127]、地方政府が町や州 に設立された。最初の地方選挙は1899年5月7日、ハロルド・W・ロートン将軍によってブラカン州バリウアグで実施された[128]。

第一次フィリピン共和国
主な記事 第一次フィリピン共和国

第一次フィリピン共和国発足時のフィリピン地図。
6月から9月10日にかけて革命政府によって選挙が行われ、マロロス議会として知られる立法府が設置された[129]。これは革命政府を樹立した政令の勧 告に従ったもので、9月15日にブラカン州マロロスのバラソアイン教会に革命議会(Congreso Revolucionario)が招集された[47]: 469 会議の代議員はすべてイリュストラド階級の人々であった。マビニは、憲法制定議会の招集に反対し、それが成功しなかったため、独自の憲法を起草したが、こ れも失敗に終わった。代わりに、イルストラードの弁護士フェリペ・カルデロン・イ・ロカの草案が提出され、これが最初の憲法であるマロロス憲法を起草する 骨組みとなった。11月29日、マロロス議会と呼ばれるようになった議会は草案を完成させた。しかし、マビニを常に高く評価し、彼の助言のほとんどに耳を 傾けていたアギナルドは、マビニが反対すると草案への署名を拒否した。1899年1月21日、マビニの主張に沿うようにいくつかの修正が加えられた後、最 終的に憲法は議会で承認され、アギナルドが署名した。その2日後、エミリオ・アギナルドを大統領とするフィリピン共和国(第一共和国、マロロス共和国とも 呼ばれる)がマロロスで樹立された[47]: 486 

米西戦争終結
主な記事 パリ条約(1898年)

フェリペ・アゴンシージョは、スペイン・アメリカ戦争を終結させるパリ条約(1898年)につながるパリ交渉のフィリピン代表であった。彼は "傑出した最初のフィリピン人外交官 "と呼ばれている。
スペインとの和平交渉官を引き受けたアメリカの委員会の当初の指示は、港と通信網として機能するルソン島とグアム島のみを求めることであったが [130]、後にマッキンリー大統領は列島全体を要求するよう指示を出した[131]。 その結果、1898年12月に調印されたパリ条約によって、米西戦争は正式に終結した。この合意は1900年のワシントン条約によって明確化され、パリ条 約に記された地理的境界線の外側にある列島内のスペイン領もアメリカに割譲されることが明記された[135]。

1898年12月21日、マッキンリー大統領はフィリピンに対する慈悲深い同化政策を宣言した。これは1899年1月4日にフィリピンで発表された。この 政策の下、フィリピンはアメリカの主権下に置かれ、アメリカ軍は侵略者ではなく友好国であることを宣言するよう指示された[136]。

米比戦争
主な記事 米比戦争
1899年2月4日、フィリピン軍とアメリカ軍の間の敵対行為は、フィリピン軍とアメリカ軍の戦線を巡回していたアメリカ軍の歩哨がフィリピン兵を射殺し たことから始まった。フィリピン軍が応戦したため、マニラをめぐる第二次戦闘が勃発した。アギナルドが米軍司令官エルウェル・オーティスに送ったメッセー ジは、発砲は命令に反するというものだった。アギナルドによると、オーティスは「戦闘は始まった以上、最後まで続けなければならない」と答えた [137]。フィリピンは1899年6月2日、フィリピン第一共和国議会議長ペドロ・パテルノが宣戦布告を行い、アメリカに対して宣戦布告した[13]。

フィリピン第一共和国は主権国家として承認されず、アメリカも正式に宣戦布告しなかったため、紛争は条約によって終結しなかった。1902年7月2日、ア メリカ合衆国陸軍長官は、アメリカ合衆国に対する反乱が終結し、フィリピン群島の大部分に地方政府が樹立されたため、軍総督の職を終了すると電報で通達し た[138]。 7月4日、ウィリアム・マッキンリー暗殺後にアメリカ大統領職を継承したセオドア・ルーズベルトは、紛争に参加した人々に恩赦を宣言した[139]。 [138][139]2002年4月9日、フィリピンのグロリア・マカパガル・アロヨ大統領は、フィリピン・アメリカ戦争が1902年4月16日にミゲ ル・マルバール将軍の降伏によって終結したことを宣言し[140]、この日の100周年記念日を国民の祝日とし、バタンガス州、バタンガス、リパ、タナウ アン各市では特別に非労働祝日とすることを宣言した[141]。


リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j