sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

哲学的懐疑論

かいぎろん。、哲学的懐疑主義、Philosophical skepticism

出典:「窮瓜は猫を噛む

池田光穂

☆知識の可能性に疑問を呈する哲学的見解の一群である。 基本的な常識に属する非常にもっともらしい知識の主張さえも否定するという点で、他の形態の懐疑論・懐疑主義とは異なる。

★Philosophical skepticism (UK spelling: scepticism; from Greek σκέψις skepsis, "inquiry") is a family of philosophical views that question the possibility of knowledge.[1][2] It differs from other forms of skepticism in that it even rejects very plausible knowledge claims that belong to basic common sense. Philosophical skeptics are often classified into two general categories: Those who deny all possibility of knowledge, and those who advocate for the suspension of judgment due to the inadequacy of evidence.[3] This distinction is modeled after the differences between the Academic skeptics and the Pyrrhonian skeptics in ancient Greek philosophy. In the latter sense, skepticism is understood as a way of life that helps the practitioner achieve inner peace. Some types of philosophical skepticism reject all forms of knowledge while others limit this rejection to certain fields, for example, to knowledge about moral doctrines or about the external world. Some theorists criticize philosophical skepticism based on the claim that it is a self-refuting idea since its proponents seem to claim to know that there is no knowledge. Other objections focus on its implausibility and distance from regular life.
哲学的懐疑論(てつがくてきかいぎろん、英: scepticism、ギリシャ語: σκέψις skepsis、「探究」に由来)は、知識の可能性に疑問を呈する哲学的見解の一群である[1][2]。 基本的な常識に属する非常にもっともらしい知識の主張さえも否定するという点で、他の形態の懐疑論とは異なる。哲学的懐疑論者はしばしば2つの一般的なカ テゴリーに分類される: 知識の可能性をすべて否定する人々と、証拠の不十分さによる判断の停止を主張する人々である。この区別は、古代ギリシャ哲学におけるアカデミック懐疑論者 とピュロニア懐疑論者の違いに倣ったものである[3]。後者の意味では、懐疑主義は、実践者が内なる平和を達成するのに役立つ生き方として理解されてい る。哲学的懐疑主義には、あらゆる形式の知識を否定するものもあれば、この否定を特定の分野、例えば道徳的教義や外界に関する知識に限定するものもある。 哲学的懐疑主義を批判する理論家の中には、哲学的懐疑主義の支持者は知識がないことを知っていると主張しているように見えるため、哲学的懐疑主義は自己反 駁的な考えであるという主張に基づいている者もいる。他の反論は、その非現実性と日常生活からの距離に焦点を当てている。
Philosophical skepticism is a doubtful attitude toward commonly accepted knowledge claims. It is an important form of skepticism. Skepticism in general is a questioning attitude toward all kinds of knowledge claims. In this wide sense, it is quite common in everyday life: many people are ordinary skeptics about parapsychology or about astrology because they doubt the claims made by proponents of these fields.[4] But the same people are not skeptical about other knowledge claims like the ones found in regular school books. Philosophical skepticism differs from ordinary skepticism in that it even rejects knowledge claims that belong to basic common sense and seem to be very certain.[4] For this reason, it is sometimes referred to as radical doubt.[5] In some cases, it is even proclaimed that one does not know that "I have two hands" or that "the sun will come out tomorrow".[6][7] In this regard, philosophical skepticism is not a position commonly adopted by regular people in everyday life.[8][9] This denial of knowledge is usually associated with the demand that one should suspend one's beliefs about the doubted proposition. This means that one should neither believe nor disbelieve it but keep an open mind without committing oneself one way or the other.[10] Philosophical skepticism is often based on the idea that no matter how certain one is about a given belief, one could still be wrong about it.[11][7] From this observation, it is argued that the belief does not amount to knowledge. Philosophical skepticism follows from the consideration that this might be the case for most or all beliefs.[12] Because of its wide-ranging consequences, it is of central interest to theories of knowledge since it questions their very foundations.[10]

According to some definitions, philosophical skepticism is not just the rejection of some forms of commonly accepted knowledge but the rejection of all forms of knowledge.[4][10][13] In this regard, we may have relatively secure beliefs in some cases but these beliefs never amount to knowledge. Weaker forms of philosophical skepticism restrict this rejection to specific fields, like the external world or moral doctrines. In some cases, knowledge per se is not rejected but it is still denied that one can ever be absolutely certain.[9][14]

There are only few defenders of philosophical skepticism in the strong sense.[4] In this regard, it is much more commonly used as a theoretical tool to test theories.[5][4][12][15] On this view, it is a philosophical methodology that can be utilized to probe a theory to find its weak points, either to expose it or to modify it in order to arrive at a better version of it.[5] However, some theorists distinguish philosophical skepticism from methodological skepticism in that philosophical skepticism is an approach that questions the possibility of certainty in knowledge, whereas methodological skepticism is an approach that subjects all knowledge claims to scrutiny with the goal of sorting out true from false claims.[citation needed] Similarly, scientific skepticism differs from philosophical skepticism in that scientific skepticism is an epistemological position in which one questions the veracity of claims lacking empirical evidence. In practice, the term most commonly references the examination of claims and theories that appear to be pseudoscience, rather than the routine discussions and challenges among scientists.[16]

In ancient philosophy, skepticism was seen not just as a theory about the existence of knowledge but as a way of life. This outlook is motivated by the idea that suspending one's judgment on all kinds of issues brings with it inner peace and thereby contributes to the skeptic's happiness.[14][17][18]
哲学的懐疑主義とは、一般に受け入れられている知識の主張に対して疑念 を抱く態度のことである。懐疑主義の重要な一形態である。一般に懐疑主義とは、あらゆる知識の主張に対して疑問を呈する態度のことである。超心理学や占星 術については、多くの人がこれらの分野の支持者による主張を疑っているため、普通の懐疑主義者である。哲学的懐疑主義が普通の懐疑主義とは異なるのは、基 本的な常識に属し、非常に確かであると思われる知識の主張さえも拒絶するという点である。このため、それは時に急進的な疑念と呼ばれる。 [6][7]この点で、哲学的懐疑論は日常生活において一般的な人々が採用する立場ではない。 この知識の否定は通常、疑われる命題についての信念を一時停止すべきだという要求と関連している。哲学的懐疑論は、与えられた信念についてどれだけ確信が あ っても、それについて間違っている可能性もあるという考えに基づいてい ることが多い[11][7] 。哲学的懐疑論は、ほとんどの、あるいはすべての信念につい てそうであるかもしれないという考察から生まれたものである[12]。その広範な結 果から、懐疑論は知識理論の根幹を問うものであり、知識理論の中心的な関心事 となっている[10]。

ある定義によれば、哲学的懐疑主義とは、一般的に受け入れられている知識の ある形式を否定するだけではなく、あらゆる形式の知識を否定することであ る[4][10][13]。この点において、私たちは場合によっては比較的確実な信念を持 つかもしれないが、それらの信念は決して知識にはならない。哲学的懐疑論の弱い形態は、この拒絶を外界や道徳的教義のような特定の分野に限定している。場 合によっては、知識それ自体は否定されないが、それでも人が絶対的に確信できることは否定される[9][14]。

この観点から、懐疑論は理論を検証するための理論的ツールとしてより一般的に使用されている[5][4][12][15] 。 [しかし、哲学的懐疑主義と方法論的懐疑主義を区別する理論家もおり、哲学的懐疑主義が知識における確実性の可能性を問うアプローチであるのに対して、方 法論的懐疑主義は、真の主張と虚偽の主張を選別する目的で、すべての知識の主張を精査にかけるアプローチである[要出典]。同様に、科学的懐疑主義は哲学 的懐疑主義とは異なり、科学的懐疑主義は経験的証拠を欠く主張の信憑性を問う認識論的立場である。実際には、この用語は、科学者間の日常的な議論や挑戦よ りも、疑似科学と思われる主張や理論の検証を指すことが最も一般的である[16]。

古代の哲学では、懐疑主義は知識の存在に関する理論としてだけでなく、生き方として捉えられていた。このような考え方は、あらゆる問題に対する判断を保留 することが内なる平和をもたらし、それによって懐疑主義者の幸福に貢献するという考え方に動機づけられている[14][17][18]。
Classification
Skepticism can be classified according to its scope. Local skepticism involves being skeptical about particular areas of knowledge (e.g. moral skepticism, skepticism about the external world, or skepticism about other minds), whereas radical skepticism claims that one cannot know anything—including that one cannot know about knowing anything.

Skepticism can also be classified according to its method. Western philosophy has two basic approaches to skepticism.[19] Cartesian skepticism—named somewhat misleadingly after René Descartes, who was not a skeptic but used some traditional skeptical arguments in his Meditations to help establish his rationalist approach to knowledge—attempts to show that any proposed knowledge claim can be doubted. Agrippan skepticism focuses on justification rather than the possibility of doubt. According to this view, none of the ways in which one might attempt to justify a claim are adequate. One can justify a claim based on other claims, but this leads to an infinite regress of justifications. One can use a dogmatic assertion, but this is not a justification. One can use circular reasoning, but this fails to justify the conclusion.

Skeptical scenarios
A skeptical scenario is a hypothetical situation which can be used in an argument for skepticism about a particular claim or class of claims. Usually the scenario posits the existence of a deceptive power that deceives our senses and undermines the justification of knowledge otherwise accepted as justified, and is proposed in order to call into question our ordinary claims to knowledge on the grounds that we cannot exclude the possibility of skeptical scenarios being true. Skeptical scenarios have received a great deal of attention in modern Western philosophy.

The first major skeptical scenario in modern Western philosophy appears in René Descartes' Meditations on First Philosophy. At the end of the first Meditation Descartes writes: "I will suppose... that some evil demon of the utmost power and cunning has employed all his energies to deceive me."

The "evil demon problem", also known as "Descartes' evil demon", was first proposed by René Descartes. It invokes the possibility of a being who could deliberately mislead one into falsely believing everything that you take to be true.
The "brain in a vat" hypothesis is cast in contemporary scientific terms. It supposes that one might be a disembodied brain kept alive in a vat and fed false sensory signals by a mad scientist. Further, it asserts that since a brain in a vat would have no way of knowing that it was a brain in a vat, you cannot prove that you are not a brain in a vat.
The "dream argument", proposed by both René Descartes and Zhuangzi, supposes reality to be indistinguishable from a dream.
The "five minute hypothesis", most notably proposed by Bertrand Russell, suggests that we cannot prove that the world was not created five minutes ago (along with false memories and false evidence suggesting that it was not only five minutes old).
The "simulated reality hypothesis" or "Matrix hypothesis" suggests that everyone, or even the entire universe, might be inside a computer simulation or virtual reality.
The "Solipsistic" theory that claims that knowledge of the world is an illusion of the Self.
Epistemological skepticism
Skepticism, as an epistemological view, calls into question whether knowledge is possible at all. This is distinct from other known skeptical practices, including Cartesian skepticism, as it targets knowledge in general instead of individual types of knowledge.

Skeptics argue that belief in something does not justify an assertion of knowledge of it. In this, skeptics oppose foundationalism, which states that there are basic positions that are self-justified or beyond justification, without reference to others. (One example of such foundationalism may be found in Spinoza's Ethics.) The skeptical response to this can take several approaches. First, claiming that "basic positions" must exist amounts to the logical fallacy of argument from ignorance combined with the slippery slope.[citation needed]

Among other arguments, skeptics use the Münchhausen trilemma and the problem of the criterion to claim that no certain belief can be achieved. This position is known as "global skepticism" or "radical skepticism." Foundationalists have used the same trilemma as a justification for demanding the validity of basic beliefs.[citation needed] Epistemological nihilism rejects the possibility of human knowledge, but not necessarily knowledge in general.

There are two different categories of epistemological skepticism, which can be referred to as mitigated and unmitigated skepticism. The two forms are contrasting but are still true forms of skepticism. Mitigated skepticism does not accept "strong" or "strict" knowledge claims but does, however, approve specific weaker ones. These weaker claims can be assigned the title of "virtual knowledge", but must be to justified belief. Some mitigated skeptics are also fallibilists, arguing that knowledge does not require certainty. Mitigated skeptics hold that knowledge does not require certainty and that many beliefs are, in practice, certain to the point that they can be safely acted upon in order to live significant and meaningful lives. Unmitigated skepticism rejects both claims of virtual knowledge and strong knowledge.[20] Characterising knowledge as strong, weak, virtual or genuine can be determined differently depending on a person's viewpoint as well as their characterisation of knowledge. Unmitigated skeptics believe that objective truths are unknowable and that man should live in an isolated environment in order to win mental peace. This is because everything, according to them, is changing and relative. The refusal to make judgments is of uttermost importance since there is no knowledge; only probable opinions.[20]

Criticism
Philosophical skepticism has been criticized in various ways. Some criticisms see it as a self-refuting idea while others point out that it is implausible, psychologically impossible, or a pointless intellectual game. One of the strongest criticisms claims that philosophical skepticism is contradictory or self-refuting. This position is based on the idea that it not only rejects the existence of knowledge but seems to make knowledge claims itself at the same time.[9][21][22] For example, to claim that there is no knowledge seems to be itself a knowledge claim. This problem is particularly relevant for versions of philosophical skepticism that deny any form of knowledge. So the global skeptic denies that any claim is rationally justified but then goes on to provide arguments in an attempt to rationally justify their denial.[21] Some philosophical skeptics have responded to this objection by restricting the denial of knowledge to certain fields without denying the existence of knowledge in general. Another defense consists in understanding philosophical skepticism not as a theory but as a tool or a methodology. In this case, it may be used fruitfully to reject and improve philosophical systems despite its shortcomings as a theory.[9][15]

Another criticism holds that philosophical skepticism is highly counterintuitive by pointing out how far removed it is from regular life.[8][9] For example, it seems very impractical, if not psychologically impossible, to suspend all beliefs at the same time. And even if it was possible, it would not be advisable since "the complete skeptic would wind up starving to death or walking into walls or out of windows".[9] This criticism can allow that there are some arguments that support philosophical skepticism. However, it has been claimed that they are not nearly strong enough to support such a radical conclusion.[8] Common-sense philosophers follow this line of thought by arguing that regular common-sense beliefs are much more reliable than the skeptics' intricate arguments.[8] George Edward Moore, for example, tried to refute skepticism about the existence of the external world, not by engaging with its complex arguments, but by using a simple observation: that he has two hands. For Moore, this observation is a reliable source of knowledge incompatible with external world skepticism since it entails that at least two physical objects exist.[23][8]

A closely related objection sees philosophical skepticism as an "idle academic exercise" or a "waste of time".[10] This is often based on the idea that, because of its initial implausibility and distance from everyday life, it has little or no practical value.[9][15] In this regard, Arthur Schopenhauer compares the position of radical skepticism to a border fortress that is best ignored: it is impregnable but its garrison does not pose any threat since it never sets foot outside the fortress.[24] One defense of philosophical skepticism is that it has had important impacts on the history of philosophy at large and not just among skeptical philosophers. This is due to its critical attitude, which remains a constant challenge to the epistemic foundations of various philosophical theories. It has often provoked creative responses from other philosophers when trying to modify the affected theory to avoid the problem of skepticism.[9][14]

According to Pierre Le Morvan, there are two very common negative responses to philosophical skepticism. The first understands it as a threat to all kinds of philosophical theories and strives to disprove it. According to the second, philosophical skepticism is a useless distraction and should better be avoided altogether. Le Morvan himself proposes a positive third alternative: to use it as a philosophical tool in a few selected cases to overcome prejudices and foster practical wisdom.[15]
分類
懐疑主義はその範囲によって分類することができる。局所的懐疑主義では、知識の特定の領域(例えば、道徳的懐疑主義、外界に対する懐疑主義、他の心に対す る懐疑主義)に対して懐疑的であるのに対し、急進的懐疑主義では、人は何も知ることができないと主張する。

懐疑主義はまた、その方法によっても分類できる。ルネ・デカルトは懐疑論者ではなかったが、彼の『瞑想録』において、知識に対する合理主義的アプローチを 確立するために伝統的な懐疑論的議論を用いていた。アグリッパンの懐疑主義は、疑いの可能性よりもむしろ正当性に焦点を当てる。この考え方によれば、ある 主張を正当化しようとする方法はどれも適切ではない。他の主張に基づいて主張を正当化することはできるが、これは正当化の無限後退につながる。独断的な主 張を使うこともできるが、これは正当化ではない。循環推論を使うことはできるが、これは結論を正当化できない。

懐疑的シナリオ
懐疑的なシナリオとは、特定の主張または主張のクラスについて懐疑的であることを主張する際に使用できる仮定の状況である。通常、このシナリオは、私たち の感覚を欺き、正当なものとして受け入れられている知識の正当性を損なう欺瞞的な力の存在を仮定し、懐疑的なシナリオが真実である可能性を排除できないと いう理由で、知識に対する私たちの通常の主張に疑問を投げかけるために提案される。懐疑的なシナリオは、近代西洋哲学において多くの注目を集めてきた。

近代西洋哲学における最初の主要な懐疑的シナリオは、ルネ・デカルトの『第一哲学の瞑想』に登場する。デカルトは最初の「瞑想」の最後で、「私は...最 大限の力と狡猾さを持つ邪悪な悪魔が、私を欺くために全力を尽くしたと仮定する」と書いている。

邪悪な悪魔の問題」は「デカルトの邪悪な悪魔」とも呼ばれ、ルネ・デカルトによって初めて提唱された。これは、自分が真実だと信じていることすべてを、意 図的に誤信させる可能性のある存在を呼び起こすものである。
桶の中の脳」仮説は、現代の科学用語で表現されている。マッドサイエンティストによって虚偽の感覚信号を与えられ、桶の中で生かされている実体のない脳で ある可能性を仮定しているのだ。さらに、桶の中の脳は自分が桶の中の脳であることを知る術を持たないので、自分が桶の中の脳でないことを証明することはで きないと主張する。
ルネ・デカルトと荘子によって提唱された「夢論」は、現実は夢と区別がつかないとするものである。
バートランド・ラッセルが提唱したことで知られる「5分仮説」は、世界が5分前に創造されたものではないことを証明できないことを示唆する(5分前ではな いことを示唆する虚偽の記憶や虚偽の証拠とともに)。
シミュレーテッド・リアリティ仮説」あるいは「マトリックス仮説」は、すべての人、あるいは宇宙全体がコンピューターのシミュレーションや仮想現実の中に ある可能性を示唆している。
世界の知識は自己の幻想であると主張する「独我論」。
認識論的懐疑主義
認識論的な見方としての懐疑論は、知識がまったく可能かどうかを問うものである。これは、デカルト的懐疑主義を含む他の既知の懐疑的実践とは異なり、個々 のタイプの知識ではなく、一般的な知識を対象としている。

懐疑論者は、何かを信じることは、それに関する知識の主張を正当化するものではないと主張する。この点で、懐疑論者は、他のものを参照することなく、自己 正当化される、あるいは正当化を超える基本的な立場があるとする基礎主義に反対する。(スピノザの『倫理学』にそのような基礎主義の一例が見られる)これ に対する懐疑論者の反応は、いくつかのアプローチをとることができる。第一に、「基本的立場」が存在しなければならないと主張することは、無知からの議論 と滑りやすい坂道を組み合わせた論理的誤謬に相当する[要出典]。

懐疑論者は他の主張の中でも、ミュンヒハウゼンのトリレンマと基準の問題を用 いて、確実な信念は達成できないと主張する。この立場は "グローバル懐疑主義 "または "急進的懐疑主義 "として知られている。基礎主義者は同じトリレンマを、基本的信念の妥当性を要求する正当な理由と して用いている[citation needed]。認識論的ニヒリズムは人間の知識の可能性を否定す るが、必ずしも知識一般を否定するわけではない。

認識論的懐疑主義には2つの異なるカテゴリーがあり、緩和された懐疑主義(mitigated skepticism)と緩和されていない懐疑主義(unmitigated skepticism)と呼ばれることがある。この2つの形態は対照的であるが、懐疑主義の真の形態であることに変わりはない。緩和された懐疑主義は、 「強い」あるいは「厳格な」知識の主張は認めないが、特定の弱い主張は認める。これらの弱い主張には「仮想知識」の称号を与えることができるが、正当化さ れた信念でなければならない。緩和された懐疑論者の中には、知識は確実性を必要としないと主張する誤謬主義者もいる。緩和された懐疑論者は、知識は確実性 を必要とせず、多くの信念は、重要で意 味のある人生を送るために、安全に行動することができる程度には、実際 に確実であると主張する。未消化の懐疑主義者は、バーチャルな知識も強い知識も否定する[20]。疑いなき懐疑主義者は、客観的な真理は知ることができ ず、人間は精神的な平穏を得るために隔離された環境で生きるべきだと信じている。彼らによれば、すべては変化するものであり、相対的なものだからだ。知識 は存在せず、あるのは可能性のある意見だけであるため、判断を下すことを拒否することが最も重要である[20]。

批判
哲学的懐疑論は様々な形で批判されてきた。ある批判は懐疑主義を自己反駁的な考えと見なし、またある批判は懐疑主義があり得ない、心理学的に不可能であ る、あるいは無意味な知的ゲームであると指摘する。最も強い批判のひとつは、哲学的懐疑論は矛盾している、あるいは自己反駁的であるというものである。こ の立場は、知識の存在を否定するだけでなく、同時に知識の主張自体も行っているように見えるという考えに基づいている[9][21][22]。例えば、知 識が存在しないと主張すること自体が知識の主張であるように見える。この問題は、あらゆる形の知識を否定する哲学的懐疑主義のバージョンに特に関連してい る。そのため、グローバル懐疑論者は、あらゆる主張が合理的に正当化されることを否定するが、その後、その否定を合理的に正当化しようとする論拠を提供す ることになる。もう一つの抗弁は、哲学的懐疑主義を理論としてではなく、道具や方法論として理解することである。この場合、理論としての欠点があるにもか かわらず、哲学体系を否定し改善するために有益に使用される可能性がある[9][15]。

もう一つの批判は、哲学的懐疑論が通常の生活からいかにかけ離れているかを指摘することで、哲学的懐疑論が非常に直観に反しているとするものである[8] [9]。例えば、すべての信念を同時に中断することは、心理学的に不可能ではないにしても、非常に非現実的であるように思われる。また、仮にそれが可能で あったとしても、「完全な懐疑主義者は餓死するか、壁にぶつかったり窓から出たりする羽目になる」ので、お勧めできないだろう[9]。この批判は、哲学的 懐疑主義を支持する議論があることを認めることができる。例えば、ジョージ・エドワード・ムーアは、外界の存在に関する懐疑論に対して、その複雑な議論に 関与するのではなく、「自分には両手がある」という単純な観察を用いて反論しようとした。ムーアにとってこの観察は、少なくとも2つの物理的物体が存在す ることを伴うので、外界懐疑主義とは相容れない信頼できる知識の源である[23][8]。

これと密接に関連する反論は、哲学的懐疑主義を「学問的な空論」あるいは「時間の無駄」であると見なしている[10]。 [この点に関して、アーサー・ショーペンハウアーは急進的懐疑主義の立場を、無視するのが最も良い国境の要塞に例えている。これは、様々な哲学理論の認識 論的基礎に対する絶え間ない挑戦であり続けるその批判的態度によるものである。懐疑論の問題を回避するために、影響を受けた理論を修正しようとする際に、 他の哲学者たちから創造的な反応を引き起こすこともしばしばあった[9][14]。

ピエール・ル・モルヴァンによれば、哲学的懐疑論に対する否定的な反応には2つある。一つ目は、懐疑論をあらゆる哲学理論に対する脅威として理解し、その 反証に努めることである。もうひとつは、哲学的懐疑論は無用な気晴らしであり、完全に避けるべきだというものである。ル・モルヴァン自身は積極的な第三の 選択肢を提唱している。それは、偏見を克服し実践的な知恵を育むために、少数の選ばれたケースにおいて哲学的な道具として懐疑主義を用いるというものであ る[15]。
Skepticism in the seventeenth century

Thomas Hobbes (1588–1679)
During his long stay in Paris, Thomas Hobbes was actively involved in the circle of major skeptics like Gassendi and Mersenne who focus on the study of skepticism and epistemology. Unlike his fellow skeptic friends, Hobbes never treated skepticism as a main topic for discussion in his works. Nonetheless, Hobbes was still labeled as a religious skeptic by his contemporaries for raising doubts about Mosaic authorship of the Pentateuch and his political and psychological explanation of the religions. Although Hobbes himself did not go further to challenge other religious principles, his suspicion for the Mosaic authorship did significant damage to the religious traditions and paved the way for later religious skeptics like Spinoza and Isaac La Peyrère to further question some of the fundamental beliefs of the Judeo-Christian religious system. Hobbes' answer to skepticism and epistemology was innovatively political: he believed that moral knowledge and religious knowledge were in their nature relative, and there was no absolute standard of truth governing them. As a result, it was out of political reasons that certain truth standards about religions and ethics were devised and established in order to form a functioning government and stable society.[3][42][43][44]

Baruch Spinoza and religious skepticism
Baruch Spinoza was among the first European philosophers who were religious skeptics. He was quite familiar with the philosophy of Descartes and unprecedentedly extended the application of the Cartesian method to the religious context by analyzing religious texts with it. Spinoza sought to dispute the knowledge-claims of the Judeo-Christian-Islamic religious system by examining its two foundations: the Scripture and the Miracles. He claimed that all Cartesian knowledge, or the rational knowledge should be accessible to the entire population. Therefore, the Scriptures, aside from those by Jesus, should not be considered the secret knowledge attained from God but just the imagination of the prophets. The Scriptures, as a result of this claim, could not serve as a base for knowledge and were reduced to simple ancient historical texts. Moreover, Spinoza also rejected the possibility for the Miracles by simply asserting that people only considered them miraculous due to their lack of understanding of the nature. By rejecting the validity of the Scriptures and the Miracles, Spinoza demolished the foundation for religious knowledge-claim and established his understanding of the Cartesian knowledge as the sole authority of knowledge-claims. Despite being deeply skeptical of the religions, Spinoza was in fact exceedingly anti-skeptical towards reason and rationality. He steadfastly confirmed the legitimacy of reason by associating it with the acknowledgement of God, and thereby skepticism with the rational approach to knowledge was not due to problems with the rational knowledge but from the fundamental lack of understanding of God. Spinoza's religious skepticism and anti-skepticism with reason thus helped him transform epistemology by separating the theological knowledge-claims and the rational knowledge-claims.[3][45]

Pierre Bayle (1647–1706)
Pierre Bayle was a French philosopher in the late 17th century that was described by Richard Popkin to be a "supersceptic" who carried out the sceptic tradition to the extreme. Bayle was born in a Calvinist family in Carla-Bayle, and during the early stage of his life, he converted into Catholicism before returning to Calvinism. This conversion between religions caused him to leave France for the more religiously tolerant Holland where he stayed and worked for the rest of his life.[3]

Bayle believed that truth cannot be obtained through reason and that all human endeavor to acquire absolute knowledge would inevitably lead to failure. Bayle's main approach was highly skeptical and destructive: he sought to examine and analyze all existing theories in all fields of human knowledge in order to show the faults in their reasoning and thus the absurdity of the theories themselves. In his magnum opus, Dictionnaire Historique et Critique (Historical and Critical Dictionary), Bayle painstakingly identified the logical flaws in several works throughout the history in order to emphasize the absolute futility of rationality. Bayle's complete nullification of reason led him to conclude that faith is the final and only way to truth.[3][46][47]

Bayle's real intention behind his extremely destructive works remained controversial. Some described him to be a Fideist, while others speculated him to be a secret Atheist. However, no matter what his original intention was, Bayle did cast significant influence on the upcoming Age of Enlightenment with his destruction of some of the most essential theological ideas and his justification of religious tolerance Atheism in his works.[3][46][47]
17世紀の懐疑主義

トマス・ホッブズ(1588-1679)
トマス・ホッブズはパリに長く滞在し、ガサンディやメルセンヌのような懐疑主義や認識論の研究に重点を置く主要な懐疑論者のサークルに積極的に参加した。 懐疑論者の仲間たちとは異なり、ホッブズは懐疑論を著作の主要なテーマとして扱うことはなかった。とはいえ、ホッブズは、モザイクによる五書への疑念や、 宗教の政治的・心理学的説明によって、同時代の人々から宗教懐疑論者のレッテルを貼られていた。ホッブズ自身はそれ以上他の宗教的原則に挑戦することはな かったが、モザイクの作者に対する彼の疑念は宗教的伝統に大きなダメージを与え、スピノザやイサク・ラ・ペイエールといった後の宗教懐疑論者がユダヤ・キ リスト教宗教体系の基本的信念のいくつかにさらに疑問を投げかける道を開いた。懐疑論と認識論に対するホッブズの答えは、革新的な政治的なものだった。彼 は、道徳的知識と宗教的知識は本質的に相対的なものであり、それらを支配する絶対的な真理基準は存在しないと考えた。その結果、政府と安定した社会を形成 するために、宗教と倫理に関する一定の真理基準が考案され、確立されたのは政治的理由からであった[3][42][43][44]。

バルーク・スピノザと宗教的懐疑主義
バルーク・スピノザは宗教懐疑主義者であった最初のヨーロッパの哲学者の一人である。彼はデカルトの哲学に精通しており、デカルトの方法を宗教的文脈に適 用し、宗教的テクストを分析するという前例のないことを行った。スピノザは、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の宗教体系の二つの基盤である「聖典」と 「奇蹟」を検証することで、その知識主張に異議を唱えようとした。スピノザは、デカルト的な知識、すなわち理性的な知識は、すべての人がアクセスできるべ きだと主張した。したがって、イエスによるものは別として、聖典は神から得た秘密の知識ではなく、預言者の想像に過ぎないと考えるべきである。このような 主張の結果、聖典は知識の基盤としての役割を果たせず、単なる古代の歴史的テキストに矮小化された。さらにスピノザは、人々が奇跡を奇跡的なものと考えた のは、自然を理解していなかったからに他ならないと主張し、奇跡の可能性を否定した。聖典と奇跡の妥当性を否定することで、スピノザは宗教的知識主張の基 盤を破壊し、知識主張の唯一の権威としてのデカルト的知識の理解を確立したのである。宗教に深く懐疑的であったにもかかわらず、スピノザは理性と合理性に 対しては極めて反懐疑的であった。彼は理性を神の承認と結びつけることによって、理性の正当性を確固として確認したのであり、それゆえ理性的な知へのアプ ローチに対する懐疑は、理性的な知の問題ではなく、神に対する根本的な理解の欠如に起因するものであった。スピノザの宗教的懐疑主義と理性による反懐疑主 義は、このように神学的知識主張と理性的知識主張を分離することによって認識論を変革するのに役立った[3][45]。

ピエール・バイル(1647年-1706年)
ピエール・バユは17世紀後半のフランスの哲学者であり、リチャード・ポプキンは懐疑主義の伝統を極限まで貫いた「超懐疑主義者」であると評している。ベ イユはカルラ=ベイユのカルヴァン派の家庭に生まれ、人生の初期にカトリックに改宗し、その後カルヴァン派に戻った。この宗教間の転向により、彼はフラン スを離れ、より宗教的に寛容なオランダに移り、そこで生涯を過ごした[3]。

ベイユは、真理は理性によって得られるものではなく、絶対的な知識を得ようとする人間の努力は必然的に失敗に終わると考えていた。ベイユの主なアプローチ は、非常に懐疑的で破壊的なものであった。彼は、人間の知識のあらゆる分野において、既存のあらゆる理論を検証・分析し、その推論の欠点、ひいては理論そ のものの不合理さを示そうとした。大著『歴史批評辞典』(Dictionnaire Historique et Critique)の中で、ベイユは、合理性の絶対的な無益さを強調するために、歴史上のいくつかの作品の論理的欠陥を丹念に指摘した。バイユは理性を完 全に無効化することで、信仰こそが真理への最終的かつ唯一の道であると結論づけた[3][46][47]。

極めて破壊的な著作の背後にあるベイユの真意は依然として議論の的となっていた。ある者は彼をフィディストであると評し、またある者は隠れ無神論者である と推測した。しかし、その真意がどのようなものであったにせよ、ベイユはその著作の中で最も本質的な神学思想のいくつかを破壊し、宗教的寛容無神論を正当 化したことで、来るべき啓蒙の時代に大きな影響を与えた[3][46][47]。
Skepticism in the Age of Enlightenment

David Hume was among the most influential proponents of philosophical skepticism during the Age of Enlightenment and one of the most notable voices of the Scottish Enlightenment and British Empiricism.[48][49] He especially espoused skepticism regarding inductive reasoning, and questioned what the foundation of morality was, creating the is–ought problem. His approach to skepticism is considered even more radical than that of Descartes.[according to whom?]

Hume argued that any coherent idea must be either a mental copy of an impression (a direct sensory perception) or copies of multiple impressions innovatively combined. Since certain human activities like religion, superstition, and metaphysics are not premised on any actual sense-impressions, their claims to knowledge are logically unjustified. Furthermore, Hume even demonstrates that science is merely a psychological phenomenon based on the association of ideas: often, specifically, an assumption of cause-and-effect relationships that is itself not grounded in any sense-impressions. Thus, even scientific knowledge is logically unjustified, being not actually objective or provable but, rather, mere conjecture flimsily based on our minds perceiving regular correlations between distinct events. Hume thus falls into extreme skepticism regarding the possibility of any certain knowledge. Ultimately, he offers that, at best, a science of human nature is the "only solid foundation for the other sciences".[50]

Kant
Immanuel Kant (1724–1804) tried to provide a ground for empirical science against David Hume's skeptical treatment of the notion of cause and effect. Hume (1711–1776) argued that for the notion of cause and effect no analysis is possible which is also acceptable to the empiricist program primarily outlined by John Locke (1632–1704).[51] But, Kant's attempt to give a ground to knowledge in the empirical sciences at the same time cut off the possibility of knowledge of any other knowledge, especially what Kant called "metaphysical knowledge". So, for Kant, empirical science was legitimate, but metaphysics and philosophy was mostly illegitimate. The most important exception to this demarcation of the legitimate from the illegitimate was ethics, the principles of which Kant argued can be known by pure reason without appeal to the principles required for empirical knowledge. Thus, with respect to metaphysics and philosophy in general (ethics being the exception), Kant was a skeptic. This skepticism as well as the explicit skepticism of G. E. Schulze[52] gave rise to a robust discussion of skepticism in German idealistic philosophy, especially by Hegel.[53] Kant's idea was that the real world (the noumenon or thing-in-itself) was inaccessible to human reason (though the empirical world of nature can be known to human understanding) and therefore we can never know anything about the ultimate reality of the world. Hegel argued against Kant that although Kant was right that using what Hegel called "finite" concepts of "the understanding" precluded knowledge of reality, we were not constrained to use only "finite" concepts and could actually acquire knowledge of reality using "infinite concepts" that arise from self-consciousness.[54]

Skepticism in the 20th century and contemporary philosophy
G. E. Moore famously presented the "Here is one hand" argument against skepticism in his 1925 paper, "A Defence of Common Sense".[1] Moore claimed that he could prove that the external world exists by simply presenting the following argument while holding up his hands: "Here is one hand; here is another hand; therefore, there are at least two objects; therefore, external-world skepticism fails". His argument was developed for the purpose of vindicating common sense and refuting skepticism.[1] Ludwig Wittgenstein later argued in his On Certainty (posthumously published in 1969) that Moore's argument rested on the way that ordinary language is used, rather than on anything about knowledge.[55]

In contemporary philosophy, Richard Popkin was a particularly influential scholar on the topic of skepticism. His account of the history of skepticism given in The History of Scepticism from Savonarola to Bayle (first edition published as The History of Scepticism From Erasmus to Descartes) was accepted as the standard for contemporary scholarship in the area for decades after its release in 1960.[56] Barry Stroud also published a number of works on philosophical skepticism, most notably his 1984 monograph, The Significance of Philosophical Scepticism.[57] From the mid-1990s, Stroud, alongside Richard Fumerton, put forward influential anti-externalist arguments in favour of a position called "metaepistemological scepticism".[58] Other contemporary philosophers known for their work on skepticism include James Pryor, Keith DeRose, and Peter Klein.[1]
啓蒙時代の懐疑主義

デイヴィッド・ヒュームは啓蒙時代における哲学的懐疑主義の最も影響力のある支持者の一人であり、スコットランド啓蒙主義とイギリス経験主義の最も注目す べき声の一人であった[48][49]。 彼は特に帰納的推論に関する懐疑主義を支持し、道徳の基礎が何であるかに疑問を投げかけ、is-ought問題を生み出した。彼の懐疑主義へのアプローチ はデカルトよりもさらに急進的であると考えられている。

ヒュームは、あらゆる首尾一貫した考えは、印象(直接的な感覚的知覚)の精神的コピーか、革新的に組み合わされた複数の印象のコピーのどちらかでなければ ならないと主張した。宗教、迷信、形而上学のようなある種の人間の営みは、実際の感覚的印象を前提としていないので、知識に対するそれらの主張は論理的に 正当化されない。さらにヒュームは、科学は単に観念の結びつきに基づく心理学的現象にすぎず、具体的には、それ自体がいかなる感覚的印象にも基づかない因 果関係の仮定にすぎないことさえ示している。したがって、科学的な知識でさえ論理的に正当化されない。客観的でも証明可能でもなく、むしろ、異なる事象の 間に規則的な相関関係を知覚する私たちの心に基づいて、単なる憶測を薄っぺらくしているにすぎないのである。こうしてヒュームは、確実な知識の可能性につ いて極端な懐疑論に陥る。最終的に彼は、せいぜい人間性の科学が「他の諸科学のための唯一の堅固な基礎」であると提唱している[50]。

カント
イマヌエル・カント(1724-1804)は、原因と結果の概念に懐疑的なデイヴィッド・ヒューム(1711-1776)に対して、経験科学の根拠を提供 しようとした。ヒューム(1711-1776)は、原因と結果の概念については分析が不可能であると主張したが、これはジョン・ロック(1632- 1704)によって主に概説された経験主義的プログラムにも受け入れられるものであった[51]。しかし、経験科学における知識に根拠を与えようとするカ ントの試みは、同時に他の知識、特にカントが「形而上学的知識」と呼んだものについての知識の可能性を断ち切るものであった。つまり、カントにとって経験 科学は正当なものであったが、形而上学や哲学はほとんど非合法なものであった。この合法と非合法の区分の最も重要な例外は倫理学であり、その原理は経験的 知識に必要な原理に訴えることなく純粋理性によって知ることができるとカントは主張した。このように、形而上学と哲学全般(倫理学は例外)に関して、カン トは懐疑論者であった。この懐疑論とG・E・シュルツ[52]の明確な懐疑論は、ドイツ観念論哲学、特にヘーゲル[53]による懐疑論に関する強固な議論 を生んだ。カントの考えは、現実世界(ヌーメノンまたは事物自体)は人間の理性にはアクセス不可能であり(経験的な自然界は人間の理解によって知ることが できるが)、したがって世界の究極的な実在については何も知ることができないというものであった。ヘーゲルはカントに対して、ヘーゲルが「理解」の「有 限」概念と呼ぶものを使用することが現実の知識を妨げるという点ではカントは正しかったが、我々は「有限」概念のみを使用することに束縛されることはな く、実際には自己意識から生じる「無限概念」を使用して現実の知識を獲得することができると主張していた[54]。

20世紀における懐疑主義と現代哲学
G.E.ムーアは1925年の論文『常識の擁護』において懐疑論に対して「ここに片手がある」という議論を提示したことで有名である[1]。ムーアは、両 手を掲げながら次のような議論を提示するだけで、外界が存在することを証明できると主張した: 「ここに1つの手があり、ここにもう1つの手がある。したがって、少なくとも2つの対象が存在し、したがって外界懐疑論は失敗する」。彼の議論は常識を正 当化し、懐疑主義を反駁する目的で展開された[1]。後にルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインは『確かさについて』(1969年に死後に出版)の中で、 ムーアの議論は知識に関することではなく、通常の言語の使われ方にかかっていると主張した[55]。

現代哲学において、リチャード・ポプキンは懐疑主義のトピックにおいて特に影響力のある学者であった。バリー・ストラウドもまた哲学的懐疑主義に関する多 くの著作を発表しており、特に1984年の単行本『哲学的懐疑主義の意義』は有名である。 [57]1990年代半ばからストラウドは、リチャード・フマートンとともに、「メタ認識論的懐疑主義」と呼ばれる立場を支持する反外在主義的な議論を提 唱し、影響力を持つようになった[58]。懐疑主義に関する研究で知られる他の現代哲学者には、ジェームズ・プライヤー、キース・デローズ、ピーター・ク ラインなどがいる[1]。
//en.wikipedia.org/wiki/Philosophical_skepticism









リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099