sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

クェンティン・スキナー

Quentin Skinner, b.1940

池田光穂

☆ クエ ンティン・ロバート・デューティ・スキナー(Quentin Robert Duthie Skinner FBA、1940年11月26日生まれ)はイギリスの知識人歴史家。ケンブリッジ政治思想史学派の創始者の一人とされる。1979年にウォルフソン歴史 賞、2006年にバルザン賞を受賞。1996年から2008年までケンブリッジ大学歴史学名誉教授。現在、ロンドン大学クイーン・メアリー校の人文科学名 誉教授、政治思想史研究センター共同所長

FBA (born 26 November 1940) is a British intellectual historian. He is regarded as one of the founders of the Cambridge School of the history of political thought. He has won numerous prizes for his work, including the Wolfson History Prize in 1979 and the Balzan Prize in 2006. Between 1996 and 2008 he was Regius Professor of History at the University of Cambridge. He is the Emeritus Professor of the Humanities and Co-director of The Centre for the Study of the History of Political Thought at Queen Mary University of London.[1] [2]
クエ ンティン・ロバート・デューティ・スキナー(Quentin Robert Duthie Skinner FBA、1940年11月26日生まれ)はイギリスの知識人歴史家。ケンブリッジ政治思想史学派の創始者の一人とされる。1979年にウォルフソン歴史 賞、2006年にバルザン賞を受賞。1996年から2008年までケンブリッジ大学歴史学名誉教授。現在、ロンドン大学クイーン・メアリー校の人文科学名 誉教授、政治思想史研究センター共同所長[1] [2] 。
Biography
Quentin Skinner was born on 26 November 1940, the second son of Alexander Skinner (died 1979) and Winifred Skinner, née Duthie (died 1982). He was educated at Bedford School from the age of seven. Like his elder brother, he won an entrance scholarship to Gonville and Caius College, Cambridge, from where he graduated with a double-starred first in history in 1962.[3] Skinner was elected to a fellowship of his college on his examination results, but moved later in 1962 to a teaching fellowship at Christ's College, Cambridge, where he remained until moving to the University of London in 2008. He is now an Honorary Fellow of both Christ's College and Gonville and Caius College.[3]

Skinner was appointed to a lectureship in the Faculty of History at the University of Cambridge in 1965.[3] He spent a sabbatical year at the Institute for Advanced Study in Princeton in 1974–1975, where he was invited to stay, and where he remained until 1979, when he returned to Cambridge as Professor of Political Science.[3] He was appointed to the post of Regius Professor of History in 1996, and in 1999 as pro-vice-chancellor of the university.[3]

In 1979 he married Susan James, Professor of Philosophy at Birkbeck College London.[4] They have a daughter and a son, and four grandchildren. He was previously married to Patricia Law Skinner, who was later married to the philosopher Bernard Williams.[5]

Skinner has held a number of visiting appointments. He has been Visiting Fellow at the Research School of Social Science at the Australian National University (1970, 1994, 2006); Visiting Professor at Washington University in St. Louis (1982); Directeur d’Etudes Associé at the Ecole des Hautes Etudes (1987); Professeur Associé at Université Paris X (1991); Visiting Professor at the University of Leuven (1992); Visiting Professor at Northwestern University (1995, 2011); Professeur invité at the Collège de France (1997); Fellow at the Wissenschaftskolleg zu Berlin (2003–04); Visiting Scholar at the Center for European Studies at Harvard University (2008); Laurence Rockefeller Visiting Professor at Princeton University (2013–14); Spinoza Visiting Professor at the University of Amsterdam (2014); Visiting Professor in the Global Fellowship programme at Peking University, Beijing (2017); and Visiting Professor at the University of Chicago (2017).

Skinner has delivered a number of named lecture series, including the Gauss Seminars at Princeton (1980), The Carlyle Lectures at Oxford (1980), The Messenger Lectures at Cornell (1983), The Tanner Lectures at Harvard (1984), the Ford Lectures at Oxford (2003), the Clarendon Lectures at Oxford (2011), the Clark Lectures at Cambridge (2012) and the Academia Sinica Lectures in Taiwan (2013).[6]

Skinner has been a Fellow of the British Academy since 1981,[6] and is also a foreign member of a number of national academies, including the American Academy of Arts and Sciences (1986),[6] the Academia Europaea (1989),[7] the American Philosophical Society (1997),[8] the Royal Irish Academy (1999),[9] the Accademia Nazionale dei Lincei (2007),[8] the Österreichische Academie der Wissenschaften (2009), and the Royal Danish Academy (2015).[6] He has been the recipient of Honorary Degrees from the University of Aberdeen, University of Athens, University of Chicago, University of Copenhagen, University of East Anglia, Harvard University, University of Helsinki, Katholieke Universiteit Leuven, University of Kent, University of Oslo, University of Oxford, Adolfo Ibáñez University (Santiago), University of St Andrews and Uppsala University.[8] He was awarded the Wolfson History Prize in 1979, the Sir Isaiah Berlin Prize of the British Political Studies Association in 2006, the Benjamin Lippincott Award (2001), the David Easton Award (2007) of the American Political Science Association, the Bielefeld Science Award [de] (2008) and a Balzan Prize (2006).[8] From 2009 until 2020, he was a member of the Balzan Prize Committee.[10][11]
略歴
1940年11月26日、アレクサンダー・スキナー(1979年死去)とウィニフレッド・スキナー(旧姓ダシー、1982年死去)の次男として生まれる。 7歳からベッドフォード・スクールで学ぶ。兄と同様、奨学金を得てケンブリッジのゴンヴィル・アンド・カイウス・カレッジに入学し、1962年に歴史学を ダブルスターで首席で卒業した[3]。現在はクライスト・カレッジとゴンヴィル・アンド・ケイオス・カレッジの名誉フェローである[3]。

スキナーは、1965年にケンブリッジ大学歴史学部のレクチャーシップに任命された[3]。1974年から1975年にかけて、プリンストン高等研究所のサバティカルイヤーに滞在し、1979年に政治学教授としてケンブリッジ大学に戻った[3]。

1979年にロンドン・バークベック・カレッジの哲学教授であるスーザン・ジェームズと結婚[4]。以前は哲学者のバーナード・ウィリアムズと結婚したパトリシア・ロー・スキナーと結婚していた[5]。

スキナーは多くの客員研究員を歴任。オーストラリア国立大学社会科学研究科客員研究員(1970年、1994年、2006年)、ワシントン大学セントルイ ス校客員教授(1982年)。ワシントン大学セントルイス校客員教授(1982年)、高等研究院助教授(1987年)、パリ第10大学助教授(1991 年)、ルーヴェン大学客員教授(1992年)、ノースウェスタン大学客員教授(1995年、2011年)、コレージュ・ド・フランス招聘教授(1997 年)、ベルリン大学研究員(2003-04年); ハーバード大学ヨーロッパ研究センター客員研究員(2008年)、プリンストン大学ローレンス・ロックフェラー客員教授(2013-14年)、アムステル ダム大学スピノザ客員教授(2014年)、北京大学グローバル・フェローシップ・プログラム客員教授(2017年)、シカゴ大学客員教授(2017年)。

プリンストン大学でのガウス・セミナー(1980年)、オックスフォード大学でのカーライル・レクチャーズ(1980年)、コーネル大学でのメッセン ジャー・レクチャーズ(1983年)、ハーバード大学でのタナー・レクチャーズ(1984年)、オックスフォード大学でのフォード・レクチャーズ (2003年)、オックスフォード大学でのクラレンドン・レクチャーズ(2011年)、ケンブリッジ大学でのクラーク・レクチャーズ(2012年)、台湾 でのアカデミア・シニカ・レクチャーズ(2013年)など、多くの著名なレクチャーシリーズを開催している[6]。

スキナーは1981年から英国アカデミーのフェローであり[6]、アメリカ芸術科学アカデミー(1986年)[6]、ヨーロッパアカデミー(1989年) [7]、アメリカ哲学協会(1997年)[8]、ロイヤル・アイルランド・アカデミー(1999年)[9]、アカデミア・ナツィオナーレ・デイ・リンチェ イ(2007年)[8]、エステルライヒ・アカデミア・デア・ヴィッセンシャフテン(2009年)、デンマーク王立アカデミー(2015年)など、多くの 国内アカデミーの外国人会員でもある。 [アバディーン大学、アテネ大学、シカゴ大学、コペンハーゲン大学、イースト・アングリア大学、ハーバード大学、ヘルシンキ大学、ルーヴェン大聖堂大学、 ケント大学、オスロ大学、オックスフォード大学、アドルフォ・イバニェス大学(サンティアゴ)、セント・アンドリュース大学、ウプサラ大学から名誉学位を 授与されている。 [1979年にウォルフソン歴史賞、2006年に英国政治学会サー・アイザイア・バーリン賞、2001年にベンジャミン・リップンコット賞、2007年に 米国政治学会デイヴィッド・イーストン賞、2008年にビーレフェルト科学賞、2006年にバルザン賞を受賞。
Academia
Methodology
Skinner is regarded as one of the founders of the 'Cambridge School' of the history of political thought, best known for its attention to what J. G. A. Pocock has described as the 'languages' in which moral and political philosophy has been written.[12] Skinner's contribution has been to articulate a theory of interpretation in which leading texts in the history of political theory are treated essentially as interventions in on-going political debates, and in which the main focus is on what individual writers may be said to have been doing in what they wrote.[13]

This emphasis on political writing as a form of action derives from developments in ordinary language philosophy made by Ludwig Wittgenstein and J. L. Austin.[14][15] Wittgenstein's insight was (in Skinner’s words) "that we should stop asking about the 'meanings' of words and focus instead on the various functions they are capable of performing in different language games".[16] Skinner takes Austin to have extended Wittgenstein's argument in isolating the concept of a speech act, which is described by Skinner as the notion that "whenever we use language for purposes of communication, we are always doing something as well as saying something".[17] According to Skinner, that means that any analysis is incomplete if it restricts itself to studying what a past thinker said on a given issue. Historians must also recover what a thinker hoped to achieve in saying it.[18]

Skinner consequently proposes a form of linguistic contextualization that involves situating a text in relation to other texts and discourses. In that perspective, the text is a response to other thinkers, texts or cultural discourses. Skinner believes that ideas, arguments and texts should be placed in their original context. One consequence of this view is an emphasis on the necessity of studying less well-known political writers as a means of shedding light on the contemporary debates these classic texts contributed to. In that way, it becomes possible to decipher the original purpose of a text. To Skinner, texts are then seen as weapons or tools that can, for example, be used to support, discredit, or legitimize specific social and political arrangements.[19] In its earlier versions this added up to a critique of the approach of an older generation, and particularly of Leo Strauss and his followers.[13]

Empirical focus
Skinner's historical work has mainly focused on political thinking in early-modern Europe. He has written a book on Niccolò Machiavelli, three books on Thomas Hobbes, and his Foundations of Modern Political Thought covers the whole period. He has specifically been concerned with the emergence of modern theories about the nature of the state, and with debates about the nature of political liberty.[8]
アカデミア
方法論
スキナーは政治思想史における「ケンブリッジ学派」の創始者の一人とみなされており、J.G.A.ポーコックが道徳哲学や政治哲学が書かれてきた「言語」 [12]に注目したことで最もよく知られている。スキナーの貢献は、政治理論史における主要なテキストが本質的に進行中の政治的議論への介入として扱わ れ、個々の作家が書いたものにおいて何をしていたと言えるのかに主眼が置かれる解釈論を明確にしたことである[13]。

このように政治的な文章を行動の一形態として強調することは、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインとJ.L.オースティンによる通常の言語哲学の発展から 派生している[14][15]。ウィトゲンシュタインの洞察は(スキナーの言葉を借りれば)「言葉の『意味』について問うことをやめ、代わりにさまざまな 言語ゲームにおいて言葉が果たすことのできるさまざまな機能に焦点を当てるべきである」というものであった。 [16]スキナーはオースティンがウィトゲンシュタインの議論を拡張し、発話行為という概念を分離したと考えている。スキナーによって発話行為とは、「コ ミュニケーションのために言語を使用するときは常に、何かを述べると同時に何かを行っている」という概念であると説明されている。歴史家はまた、思想家が それを発言することで何を達成したかったのかを回復しなければならない[18]。

スキナーはその結果、テキストを他のテキストや言説との関係において位置づけるという言語的文脈化の形式を提案している。その観点では、テキストは他の思 想家、テキスト、あるいは文化的言説に対する応答である。スキナーは、思想、議論、テキストは本来の文脈に置かれるべきであると考えている。この考え方の 一つの帰結として、古典的なテキストが貢献した現代の議論に光を当てる手段として、あまり知られていない政治作家を研究する必要性が強調されている。そう すれば、テクストの本来の目的を読み解くことが可能になる。スキナーにとってテクストは、例えば特定の社会的・政治的体制を支持したり、信用を失墜させた り、正当化したりするために使用することができる武器や道具とみなされている[19]。初期のバージョンでは、これは古い世代、特にレオ・シュトラウスと その信奉者たちのアプローチに対する批判を加えたものであった[13]。

実証的な焦点
スキナーの歴史的研究は主に近世ヨーロッパにおける政治思想に焦点を当てている。ニッコロ・マキアヴェッリに関する本やトマス・ホッブズに関する本を3冊 執筆しており、『近代政治思想の基礎』(Foundations of Modern Political Thought)では全時代を扱っている。特に、国家の本質に関する近代理論の出現と、政治的自由の本質に関する議論に関心を寄せている[8]。
Miscellany
When Skinner was interviewed by Alan Macfarlane, as part of his series of online conversations with academics, Skinner admitted that he had been a member of the Cambridge Apostles, a secret debating society in Cambridge University. He also revealed that Amartya Sen was a member at the same time. Sen mentioned their membership of the Apostles in his memoir Home in the World.[20] He commented that they had both been "outed" in a book published about the Apostles some time before.[21]

On 6 October 1995, Skinner's Foundations of Modern Political Thought was included in the list published by The Times Literary Supplement of 'The 100 Most Influential Books since World War II'.[22]

On 14 May 2009, Times Higher Education, in an article about Skinner's move from Cambridge to the University of London, spoke of Skinner's republicanism, reporting that this led him to refuse a knighthood he was offered when he became Regius Professor of History at Cambridge.[23]

The Balzan-Skinner Lectureship, renamed the "Quentin Skinner Fellowship in Intellectual History since 1500", was established in 2009 at the University of Cambridge. The Quentin Skinner fellow holds a visiting fellowship at the Centre for Research in the Arts, Social Sciences and Humanities for one term of the academic year, which culminates in the Quentin Skinner Lecture and an associated symposium.[24]
雑学
スキナーは、アラン・マクファーレンのインタビューに応じた際、ケンブリッジ大学の秘密討論会「ケンブリッジの使徒」のメンバーであったことを認めた。彼 はまた、アマルティア・センも同時期にメンバーであったことを明かした。センは回顧録『Home in the World』の中で、二人が使徒会のメンバーであったことに触れており[20]、しばらく前に出版された使徒会についての本の中で、二人とも「暴露」され ていたとコメントしている[21]。

1995年10月6日、スキナーの『Foundations of Modern Political Thought(現代政治思想の基礎)』はタイムズ・リテラリー・サプリメント誌が発表した「第二次世界大戦以降最も影響力のある100冊」のリストに含 まれた[22]。

2009年5月14日、『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション』は、スキナーのケンブリッジ大学からロンドン大学への移籍に関する記事の中で、スキナー の共和主義について触れ、そのためにケンブリッジ大学の歴史学名誉教授に就任した際に提示された爵位を拒否したと報じた[23]。

2009年、ケンブリッジ大学に「1500年以降の知的歴史におけるクエンティン・スキナー・フェローシップ」と改称されたバルザン・スキナー・レク チャーシップが設立された。クェンティン・スキナー・フェローは、芸術・社会科学・人文科学研究センターの客員研究員として学年の1学期を過ごし、クェン ティン・スキナー講演会と関連シンポジウムで締めくくられる[24]。
Books
1. The Foundations of Modern Political Thought: Volume I: The Renaissance, Cambridge University Press, 1978. ISBN 978-0-521-29337-2 (Translated into Arabic, Chinese, French, Greek, Italian, Korean, Japanese, Persian, Portuguese, Russian, Spanish, Turkish.)
2. The Foundations of Modern Political Thought: Volume II: The Age of Reformation, Cambridge University Press, 1978. ISBN 978-0-521-29435-5 (Translated into Arabic, Chinese, French, Greek, Italian, Japanese, Persian, Portuguese, Russian, Spanish.)
3(a). Machiavelli, Oxford University Press, 1981.
3(b). Machiavelli: A Very Short Introduction [A revised version of 3(a)], Oxford University Press, 2000. ISBN 978-0-19-285407-0 (Translated into Albanian, Arabic, Chinese, Czech, French, German, Greek, Hebrew, Hungarian, Indonesian, Italian, Japanese, Korean, Kurdish, Malay, Polish, Persian, Portuguese, Romanian, Russian, Spanish, Swedish, Turkish.)
3(c). Machiavelli: A Very Short Introduction [a new and updated edition of 3(b)], Oxford University Press, 2019. ISBN 978-0-19-883757-2
4. Reason and Rhetoric in the Philosophy of Hobbes, Cambridge University Press, 1996. ISBN 978-0-521-59645-9 (Translated into Chinese, Italian, Portuguese.)
5. Liberty before Liberalism, Cambridge University Press, 1998. ISBN 978-1-107-68953-4 (Translated into Chinese, French, Greek, Italian, Korean, Persian, Polish, Portuguese, Russian, Spanish.)
6. Visions of Politics: Volume I: Regarding Method, Cambridge University Press, 2002. ISBN 978-0-521-58926-0 (Translated into Chinese, French, Italian, Korean, Persian, Polish, Portuguese, Spanish.)
7. Visions of Politics: Volume II: Renaissance Virtues (with 12 colour plates), Cambridge University Press, 2002. ISBN 978-0-521-58926-0 (Translated into Italian.)
8. Visions of Politics: Volume III: Hobbes and Civil Science, Cambridge University Press, 2002. ISBN 978-0-521-89060-1
9. L’artiste en philosophie politique (with 8 colour plates), Editions de Seuil, Paris, 2003. ISBN 978-2-912107-15-2
10. Hobbes and Republican Liberty (with 19 illustrations), Cambridge University Press, 2008. ISBN 978-2-912107-15-2 (Translated into Chinese, French, German, Portuguese, Spanish.)
11. La verité et l’historien, ed. Christopher Hamel, Editions EHESS, Paris, 2011. ISBN 978-2-7132-2368-6
12. Die drei Körper des Staates, Wallstein, Göttingen, 2012. ISBN 978-3-8353-1157-2
13. Forensic Shakespeare, Oxford University Press, 2014. ISBN 978-0-19-955824-7
14. From Humanism to Hobbes: Studies in Rhetoric and Politics (with 45 illustrations), Cambridge University Press, 2018. ISBN 978-1-107-56936-2































リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j