sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

★メヒコにおけるラップ★

Rap In Mexico

池田光穂

☆ 「アメリカの影響とその近さから、メキシカンラップの第一人者はティフアナ、モンテレイ、タマウリパスといったメキシコ北部出身者だった。当時、アーティス トたちは英語の歌にスペイン語の詩を混ぜたスパングリッシュで歌を歌っていた。そんなグループのひとつがサイプレス・ヒルだ。1990年代半ばになると、MCルカ(下の★の説明)、カルテル・アストラン、ホーミー GMCといったバンドが認知されるようになった。同時に、モンテレイ出身の都市出身の3人組がレコード会社の目に留まる。コントロール・マチェーテという グループは、すぐにメキシコで最も人気のあるラップ・グループとなり、ラジオ局にこのジャンルを持ち込んだ。現在、若者たちはラップや、ヒップホップ、レゲトン、トラップ、フリースタイルといったアーバン・サブジャンルをより気楽に楽しんでいる。メキシカンラップは、30年以上にわたって大きな成長を遂げてきた。「ラップ・メシャ」(メキシカンラップ)は、そのリリックの創造性で国内だけでなく国 際的なシーンでも活躍している。もはや単なる "ストリート "やプロテスト・ミュージックではなく、世界中に何百万人ものファンを抱えている」——カルロス・ラミーレスとヴァネッサ・サム(2021)。

★MC Luka
Luis Carlos Fernández Escareño (Ciudad de México, 26 de julio de 1971) más conocido por su nombre artístico MC Luka es un rapero, cantante y compositor mexicano. Es miembro del grupo de rap Reyes del Pulmón y Vieja Guardia.

Historia
MC Luka inicia su carrera artística dentro del rap en los Estados Unidos (San Diego, California). Años más tarde, Luka regresa a México dado que en Estados Unidos el rap en español tenía poca difusión.

Cuando regresa al distrito federal, conoce al grupo llamado Petate Funky y al mc llamado Homie GMC del grupo Kartel Aztlán. Conoce también al grupo Sociedad Café, siendo, junto con todos estos, uno de los pioneros del rap chilango (del distrito federal).

En 1997 crea un grupo llamado Tetrahidrocannabinol (THC) junto al guerrerense Youalli G, el cual es una fusión de jazz, punk y hip-hop, pero no da resultado porque los integrantes viven en diferentes áreas y era difícil reunirse. Posteriormente forma un grupo llamado Chicalangos (1998), junto a 2 sick alias el Enfermo de Sociedad Café y dj Yaxkin. Este proyecto es firmado por una transnacional (EMI), pero la disquera congela el proyecto, lo cual orilla al grupo a la disolución.

En el 2000 funda el crew llamado Vieja Guardia, junto a Petate Funky, Kartel Aztlán y A.N.B.R. CuHuectul (que contaba con dos exintegrantes de V.L.P : Gogo Ras y Nasty Man). Este colectivo defeño, edita su primer material llamado Vieja Guardia Volumen I. Algunos años más tarde, editara Vieja Guardia Volumen II, los más buscados, en donde Luka interpreta algunas canciones.

En el 2001, edita Caseramente. Este álbum es su primera grabación como solista, además de ser considerado por muchos como un demo. Es claro que muchos otros lo ven como el primer material del MC Luka. Este CD cuenta con colaboraciones importantes, como Big Metra, Dj Rags, Petate Funky y Caballeros del Plan G (es una de las primeras conexiones entre el hip hop defeño y Hip Hop de Durango). Es importante resaltar, que el mismo vendía su demo en el tianguis cultural del chopo. Este álbum cuenta con éxitos como Lupita's Taco Shop (una muestra de la gastronomía mexicana), Chicos malos (a dueto con Big Metra), y Estableciendo Orden (con los ya mencionados Caballeros del Plan G).

En 2002 crea bienvenidos; un colectivo internacional, junto con su compañero en la Vieja Guardia, Kolmillo. Este crew mantiene relaciones con Francia y Alemania (Itza y Tyreza respectivamente). Ese año colabora en un track del grupo Real de Catorce ("El Virrey", del disco "Voy a morir").

En 2004 se reúne con dos mc's latinoamericanos radicados en Francia (Pato Loko y Don K-sen), formando el crew 1492 . Este mismo año edita su segundo álbum llamado Ponte trucha en la capirucha, grabado en Estados Unidos, bajo el sello "Viruz Enterprises". Cuenta con colaboraciones de mc's de este colectivo, entre los que destacan "El chivo (de Kinto sol)" y "Latin Assasin". Realiza colaboraciones para los discos del Disc Jockey chicano DJ Payback García.

En el año 2006 forma junto con Gogo Ras y Kolmillo el grupo Reyes del Pulmón, el cual es una mezcla de hip hop, reggae, ritmos caribeños y un poco de la cultura popular mexicana (el lenguaje del barrio). Este grupo participa , por medio del colectivo Vieja Guardia, en un compilatorio llamado Vieja Guardia All Stars (junto a Kartel Aztlán y Bastön). Presentan estos tracks:

Fuma mota
Lo que + es - es
Bachata Rap
A varo
Latino
Vida de Mc (junto a Kartel Aztlán).
El grupo (Reyes del Pulmón) está a favor del consumo de la marihuana, sus usos y técnicas, promoviendo la legalización de la misma. Esto se puede conocer por medio de sus canciones. Sus posturas son bien definidas, pasando por las críticas al sistema, las tradiciones y los conflictos sociales.

En el 2009 Luka editó su disco "Cómplices" en Revolver Producciones con el también rapero 2Phase. Juntos fundan Casa Chica Entretenimiento (casa productora que ayuda a los artistas con bajo presupuesto).

MC Luka perteneciente a tres colectivos: Vieja Guardia(México), Aztec Soulz (México-E.E.U.U.) y 1492 (Francia)

Luka tiene un reconocimiento mundial, lo cual se muestra a través de sus colaboraciones: Caballeros del Plan G, Skool 77, Skalpel de la K-bine, Don-Ksen, Dj Payback García, Erick Santos, Kinto Sol, Arianna Puello, entre otros.

Actualmente conduce el programa de radio "Triple H Radio" que se transmite por Radio Fórmula XEDF-FM 104.1 MHz y XEDF-AM 1500 kHz durante el día sábado de un horario de 23:00-24:00 hrs. el cual está enfocada a la cultura que representa.1​


ルイス・カルロス・フェルナンデス・エスカレーニョ(1971年7月 26日、メキシコ・シティ生まれ)は、MCルカの芸名で知られるメキシコのラッパー、シンガー、ソングライター。ラップグループReyes del PulmónとVieja Guardiaのメンバー。

歴史
MCルカはアメリカ(カリフォルニア州サンディエゴ)でラップのキャリアをスタートさせた。数年後、アメリカではスペイン語のラップがほとんど普及してい なかったため、ルカはメキシコに戻る。

メキシコ・シティに戻った彼は、ペタテ・ファンキー(Petate Funky)というグループと、カルテル・アストラン(Kartel Aztlán)というグループのMCホーミーGMCに出会う。また、ソシエダ・カフェ(Sociedad Café)というグループにも出会い、彼らとともにチランゴ・ラップ(連邦管区出身)のパイオニアのひとりとなる。

1997年、ジャズ、パンク、ヒップホップを融合させた「テトラヒドロカンナビノール(THC)」というグループをゲレーロのユアリ・Gと結成するが、メ ンバーの居住地がバラバラで、集まるのが難しかったため、うまくいかなかった。その後、チカランゴス(1998年)というグループを2人のシックな別名、 エル・エンフェルモ・デ・ソシエダ・カフェとdjヤクスキンと結成する。このプロジェクトは多国籍企業(EMI)と契約するが、レーベルがプロジェクトを 凍結したため、グループは解散を余儀なくされる。

2000年、ペテート・ファンキー、カルテル・アズトラン、A.N.B.R.クフエクトゥル(V.L.P.の元メンバー、ゴゴ・ラスとナスティ・マンが参 加)と共に、ビエハ・グアルディアというクルー結成。デフィーニョ出身のこの集団は、『Vieja Guardia Volumen I』という最初の音源をリリースした。数年後、彼らはVieja Guardia Volume II, los más buscadosをリリース。

2001年、『カセラメンテ』をリリース。このアルバムは、彼にとって初のソロ録音であり、多くの人はデモとみなしている。しかし、MCルカの最初の作品 と見る人も多い。このCDには、Big Metra、Dj Rags、Petate Funky、Caballeros del Plan G(デフェーニョのヒップホップとドゥランゴのヒップホップの最初のつながりのひとつ)といった重要なコラボレーションが収録されている。彼自身が、チョ ポ・カルチャー・ティアンギスでデモを販売したことも重要である。このアルバムには、Lupita's Taco Shop(メキシコ料理のサンプル)、Chicos malos(ビッグ・メトラとのデュエット)、Estableciendo Orden(前述のCaballeros del Plan Gとのデュエット)などのヒット曲が収録されている。

2002年、ビエジャ・グアルディアのパートナー、コルミージョとともに国際的な集団ビエンベニドスを結成。このクルーはフランスとドイツ(それぞれイッ ツァとタイレザ)との関係を保っている。同年、レアル・デ・カトルセの楽曲(アルバム『Voy a morir』収録の「El Virrey」)に参加。

2004年、フランスを拠点に活動する2人のラテンアメリカ人MC(パト・ロコとドン・Kセン)と出会い、クルー1492を結成。同年、アメリカで録音し たセカンド・アルバム『Ponte trucha en la capirucha』をレーベル "Viruz Enterprises "からリリース。El chivo (de Kinto sol) "や "Latin Assasin "など、同コレクティブのMCたちとのコラボレーションもある。チカーノのディスクジョッキー、DJペイバック・ガルシアのレコードに参加。

ヒップホップ、レゲエ、カリブ海のリズム、メキシコの大衆文化(バリオの言葉)をミックスしたグループ。このグループは、ビエジャ・グアルディア・コレク ティブを通じて、ビエジャ・グアルディア・オール・スターズというコンピレーションに参加している(カルテル・アストラン、バストンと共に)。彼らはこれ らの曲を発表している:

フマ・モタ
ロ・ケ・エス
バチャータ・ラップ
A varo
ラテン
ビダ・デ・マック(カルテル・アストランと共に)。
このグループ(Reyes del Pulmón)は、マリファナの消費、使用法、技術に賛成し、合法化を推進している。これは彼らの歌にも表れている。彼らの立場は明確で、体制や伝統、社 会的対立に対する批判を貫いている。

2009年、ルカはラッパー仲間の2フェーズとともにアルバム『Cómplices』をRevolver Produccionesからリリース。彼らは一緒にカサ・チカ・エントレテニミエント(低予算でアーティストを支援するプロダクション)を設立した。

MCルカは、ビエハ・グアルディア(メキシコ)、アステカ・ソウルズ(メキシコ・アメリカ)、1492(フランス)の3つのコレクティブに所属。

ルカは世界的な知名度があり、それは彼のコラボレーションを通して示されている: Caballeros del Plan G、Skool 77、Skalpel de la K-bine、Don-Ksen、Dj Payback Garcia、Erick Santos、Kinto Sol、Arianna Puelloなど。

現在、ラジオFórmula XEDF-FM 104.1 MHzとXEDF-AM 1500 kHzで、土曜日の23:00-24:00に、彼が代表する文化に焦点を当てたラジオ番組「Triple H Radio」のホストを務めている1。

MC Luka - DFMXVG (Video Oficial)

Calo - Ponte Atento

From The Streets To The Stage, The History Of Rap In Mexico
Once considered an aggressive street genre, rap has gained acceptance among Mexicans.

Carlos Ramírez and Vanessa Sam
March 3, 2021

The musical genre called rap has gained acceptance around the globe, but what is its history in Mexico?

Mexico has many urban neighborhoods on the outskirts of the main cities. There, teenage gangs tend to congregate. Among the teens, those who have an urban artistic talent, whether drawing or producing music, stand out.

One of the first exponents of rap music in Mexico was Caló, which, with its melodic lyrics and studio musical productions, became the first Mexican rap group in the 1990s.

The group had the support of a record label and television, which gave it visibility. However, many rap genre experts do not consider Caló to be proper rap since it did not come from “the streets.”

“Caló’s rap was not underground,” said Byron Zamora Giorgge, a radio host, entertainer, and specialist in urban genres from the Ya Fm 102.9 radio station in Veracruz. “Although it had the rhythm, it was not exactly out of the streets, which is the quintessential requirement of this musical genre.”

“Unfortunately, that was the closest thing we had to rap during the early ’90s, so they were sold as ‘rap,’” said Zamora Giorgge. “However, there was real rap being produced, which did not have the support that big groups had since they were from the street, like ‘Sociedad Café,’ ‘Sindicato del terror,’ or ‘4to. del Tren.’ Those could be considered the first rap bands that opened a gap for today’s rap and hip hop’s singers.”

Its history

Influenced by the United States, “rap” reached the ears of thousands of teenagers during the late 1980s. The street-born rhythm soon began to echo through the nation’s youth.

Due to American influence and proximity, the foremost Mexican rap exponents were from the northern parts of Mexico, like Tijuana, Monterrey and Tamaulipas. At the time, the artists sang the songs in Spanglish, in which they mixed English singing with Spanish verses. One of such groups is Cypress Hill.
From The Streets To The Stage, The History Of Rap In Mexico
Once considered an aggressive street genre, rap has gained acceptance among Mexicans.

Carlos Ramírez and Vanessa Sam
March 3, 2021

ラップという音楽ジャンルは世界中で受け入れられているが、メキシコではどのような歴史があるのだろうか?

メキシコには主要都市の郊外に多くの都市居住区がある。そこには10代のギャングが集まりやすい。ティーンエイジャーの中でも、絵を描いたり、音楽をプロ デュースしたりと、都会的な芸術的才能を持つ者が目立つ。

メキシコで最初にラップ・ミュージックを広めたのはCalóで、メロディアスな歌詞とスタジオ・ミュージックを武器に、1990年代にメキシコ初のラッ プ・グループとなった。

このグループはレコード会社やテレビの支援を受けており、知名度もあった。しかし、ラップというジャンルの専門家の多くは、Calóは "ストリート "から生まれたものではないため、適切なラップとは考えていない。

「ベラクルスのラジオ局Ya Fm 102.9のラジオ司会者、エンターテイナー、アーバン・ジャンルのスペシャリストであるバイロン・サモラ・ジョルゲは言う。「リズムはあったが、この音 楽ジャンルの真髄であるストリートから飛び出してきたものではなかった。

サモラ・ジョルゲは言う。「残念なことに、それが90年代前半のラップに最も近いものだったので、彼らは "ラップ "として売られていました。しかし、"ソシエダ・カフェ "や "シンジカート・デル・テロ"、"4to.デル・トレイン "のような、ストリート出身のビッググループのような支持を得られない本物のラップも作られていた。これらのバンドは、今日のラップやヒップホップのシン ガーたちのギャップを開いた最初のラップ・バンドと言えるかもしれない"

その歴史

アメリカの影響を受けた「ラップ」は、1980年代後半に何千人ものティーンエイジャーの耳に届いた。ストリートで生まれたこのリズムは、やがて全米の若 者たちに響き始めた。

アメリカの影響とその近さから、メキシカンラップの第一人者はティフアナ、モンテレイ、タマウリパスといったメキシコ北部出身者だった。当時、アーティス トたちは英語の歌にスペイン語の詩を混ぜたスパングリッシュで歌を歌っていた。そんなグループのひとつがサイプレス・ヒルだ。
 
Cypress Hill - What Go Around Come Around, Kid (Official Audio)

Control Machete - ¿Comprendes, Mendes?
By the mid-1990s, some bands became more recognized, such as MC Luka, Kartel Aztlán and Homie GMC. Simultaneously, a trio of people from Monterrey of urban origin caught the attention of a record label. The group Control Machete soon became the most popular Mexican rap group and brought the genre to radio stations.

“Control Machete became one of the main Mexican groups of true, street, urban rap,” said Zamora Giorgge. “It took the genre out of the ‘underground’ and made it more widespread through the nation, alongside Cypress Hill, with whom they recorded songs. It was the best thing that could have happened to Mexican rap. Soon enough, more groups appeared, such as Akwid, Cartel de Santa, Mexamafia, VLP and many others.”

Currently, young people more comfortably enjoy rap and its urban subgenres, such as hip hop, reggaeton, trap and freestyle.

“I listen to C-Kan, Cartel de Santa, Millonario, W Corona, Alemán, Santa Fe Klan and Dharius. Those are groups that I like,” said Jose Miguel Moran Cruz, an urban music consumer and pedagogy student at the Universidad Veracruzana. “I also listen to freestyle groups, such as Aczino, RC, Potencia, Lobo Estepario, Rapter. I like those urban and street genres.”

Mexican rap has had massive growth for more than 30 years, during which the genre has found its niche based on a lot of work and effort. The “rap mexa” (Mexican rap) is both on the national and international scene with its lyrical creativity. It is no longer just “street” or protest music, having millions of fans worldwide.”

(Translated and edited by Mario Vázquez. Edited by Carlin Becker.)
1990年代半ばになると、MCルカ(上掲、左)、カルテル・アストラン、ホーミー GMCといったバンドが認知されるようになった。同時に、モンテレイ出身の都市出身の3人組がレコード会社の目に留まる。コントロール・マチェーテという グループは、すぐにメキシコで最も人気のあるラップ・グループとなり、ラジオ局にこのジャンルを持ち込んだ。

「コントロール・マチェーテは、真のストリート、アーバンラップのメキシコの主要グループのひとつとなった。彼らがレコーディングを共にしたサイプレス・ ヒルと並んで、このジャンルを "アンダーグラウンド "から脱却させ、全国に広めた。メキシカンラップにとって最高の出来事だった」。やがて、アクウィッド、カルテル・デ・サンタ、メクサマフィア、VLPな ど多くのグループが登場した。

現在、若者たちはラップや、ヒップホップ、レゲトン、トラップ、フリースタイルといったアーバン・サブジャンルをより気楽に楽しんでいる。

「私はC-Kan、Cartel de Santa、Millonario、W Corona、Alemán、Santa Fe Klan、Dhariusを聴きます。これらのグループが好きなんだ」と、ベラクルス大学(Universidad Veracruzana)のアーバンミュージック消費者であり、教育学を学ぶホセ・ミゲル・モラン・クルス(Jose Miguel Moran Cruz)は言う。「Aczino、RC、Potencia、Lobo Estepario、Rapterといったフリースタイルのグループも聴くよ。アーバンやストリートのジャンルが好きなんだ」。

メキシカンラップは、30年以上にわたって大きな成長を遂げてきた。「ラップ・メシャ」(メキシカンラップ)は、そのリリックの創造性で国内だけでなく国 際的なシーンでも活躍している。もはや単なる "ストリート "やプロテスト・ミュージックではなく、世界中に何百万人ものファンを抱えている。

(翻訳・編集:マリオ・バスケス 編集:カーリン・ベッカー)










リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j