sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

オーストラリア政府による先住民への謝罪と和解の動き

Reconciliation  in Australia

池田光穂


☆Wikipediaによる情報収集( とそれに関連するページ)と、 による翻訳結果。

☆ オーストラリアでは「真実を語る」という言葉が使われ、過去の不正義について真実を語る委員会を求める声は、21世紀に入ってからも長期にわたって上がっ ている。アボリジニ和解評議会(Council for Aboriginal Reconciliation)は、アボリジニおよびトレス海峡諸島民と非先住民であるオーストラリア人が共に前進するための方法について、9年間にわた るコミュニティ協議のプロセスを経た2000年の報告書の中で、このテーマについて論じている。アボリジニとトレス海峡諸島民の憲法承認に関する意見につ いて協議するために設立された国民投票評議会は、2017年の最終報告書で真実を語ることの重要性を強調した[16]。

アボリジニおよびトレス海峡諸島民に関する憲法承認に関する合同特別委員会は2018年3月に任命され、2018年11月29日に最終報告書を提出した [17][18]。 報告書には4つの勧告があった。勧告3は 「委員会は、オーストラリア政府が真実を語るプロセスを支援することを勧告する。これには、地元の組織やコミュニティ、図書館、歴史協会、アボリジニおよ びトレス海峡諸島民の協会の関与が含まれる可能性がある。成果を決定するためではなく、インセンティブとビジョンを提供するために、国家的な調整が必要か もしれない。これらのプロジェクトには、アボリジニとトレス海峡諸島民の人々と地元入植者の子孫の両方を含めるべきである」[19]。

2018年10月、ヒーリング財団とリコンシリエーション・オーストラリアによって、真実を語ることの重要性に関する知識を共有し、オーストラリアでどの ような真実が語られる必要があるのかを検討し、オーストラリアに適用できるかもしれないさまざまな真実語りの実践を検討し、将来の真実語りのプロセスのた めのいくつかの指導原則に取り組むためのシンポジウムが開催された。このシンポジウムには、この分野の専門家、指導者、主要関係者60名が参加した [20]。

2019年7月、ワイアット・オーストラリア先住民担当大臣はナショナル・プレス・クラブで演説を行い、NAIDOCウィーク2019のテーマである 「声。条約。真実」である。真相究明に関しては、「真相究明に向けてどのように進んでいくのか、取り組むためのアプローチに取り組む」と述べた[21] [22][23]。

2020年7月、ビクトリア州政府は「歴史的過ちと現在進行中の不正義を正式に認識する」ために、オーストラリアで初めて真実と正義の委員会の設立を約束 した政府となった。ユールック司法委員会は、ビクトリア州におけるイギリスの植民地化開始以来のビクトリア先住民の経験について公式の公的記録を確立する ことを目的としている[24]。その調査結果には改革と救済のための勧告が含まれ、ビクトリア州の条約交渉に反映される[25]。 2023年9月、ユールックはビクトリア州の児童保護と刑事司法制度を改善するため、刑事責任年齢を10歳から14歳に引き上げることを含む46の勧告を 提案した[26]。

is a non-government, not-for-profit foundation established in January 2001 to promote a continuing national focus for reconciliation between Indigenous (i.e. Aboriginal and Torres Strait Islander people) and non-Indigenous Australians. It was established by the Council for Aboriginal Reconciliation, which was established to create a framework for furthering a government policy of reconciliation in Australia.

Among other functions, Reconciliation Australia organises National Reconciliation Week each year. The Australian Reconciliation Network comprises reconciliation organisations in the six states of Australia.
リ コンシリエーション・オーストラリア(Reconciliation Australia)は、2001年1月、オーストラリア先住民(アボリジニおよびトレス海峡諸島民)と非先住民との間の和解を継続的に国家的に推進する ために設立された非政府・非営利財団である。この財団は、オーストラリア政府による和解政策を推進するための枠組みを作るために設立されたアボリジニ和解 評議会によって設立された。

その他の機能として、リコンシリエーション・オーストラリアは毎年全国和解週間(National Reconciliation Week)を開催している。オーストラリア和解ネットワークは、オーストラリア6州の和解団体で構成されている。
History
The Royal Commission into Aboriginal Deaths in Custody, which published its final report in April 1991, had recommended the initiation of a process of reconciliation between Aboriginal and non-Aboriginal Australians.[2] On 2 September 1991,[3] the Australian Parliament voted unanimously to establish the Council for Aboriginal Reconciliation (CAR) and a formal reconciliation process. Parliament had noted that there had been no formal process of reconciliation and that it was "most desirable that there be such a reconciliation" by the year 2001, marking the centenary of Federation.[citation needed] The Council for Aboriginal Reconciliation was established by Parliament, by the Council for Aboriginal Reconciliation Act 1991, to be disbanded after 10 years.[4][5]

The CAR's vision statement aimed for "A united Australia which respects this land of ours; values the Aboriginal and Torres Strait Islander heritage; and provides justice and equity for all". Patrick Dodson was the first Chair of CAR.[4]

Reconciliation Australia was established by the CAR in January 2001.[6] The Hon Fred Chaney AO was one of the founding co-chairs, and served for nearly 15 years on the Board until his retirement in November 2014.[7] Jackie Huggins was a co-chair for some time.[8]

"Recognise" campaign
In 2012, Reconciliation Australia established the "Recognise" campaign, following recommendations of the Expert Panel on Recognising Aboriginal and Torres Strait Islander Peoples in the Constitution,[9] which was presented to the federal government under Julia Gillard in January 2012.[10][11] The Recognise campaign focused specifically on raising awareness among all Australians of the need to change the Constitution, ahead of a referendum. In this it was successful: awareness of the issue rose from 30% to over 75% of the population.[9]

Tanya Hosch was deputy director and also the public face of the campaign, after addressing the National Press Club in February 2013. In May 2013, her team toured Australia aiming to inform and involve people in the bid to get Indigenous people recognised in the constitution. This included public advocacy, building support and partnerships behind the scenes, and consulting Aboriginal people in remote areas. Beginning in Melbourne and finishing at Nhulunbuy in the Northern Territory, the trail was inspired by the "Long Walk" from Melbourne to Canberra undertaken in 2004 by AFL footballer Michael Long.[12]

The campaign ended in 2017, when the federal government ceased to fund it, by which time it had attracted the support of more than 318,000 people, and more than 160 community and corporate partner organisations.[9]
歴史
1991年4月に最終報告書を発表した「アボリジニの拘束死に関する王立委員会」は、アボリジニと非アボリジニの間の和解プロセスの開始を勧告していた [2]。1991年9月2日[3]、オーストラリア議会はアボリジニ和解評議会(Council for Aboriginal Reconciliation: CAR)の設立と正式な和解プロセスの開始を全会一致で決議した。議会は、これまで正式な和解プロセスが存在せず、連邦100周年を迎える2001年まで に「そのような和解が行われることが最も望ましい」と指摘していた[要出典]。アボリジニ和解評議会は、1991年アボリジニ和解評議会法 (Council for Aboriginal Reconciliation Act 1991)によって議会によって設立され、10年後に解散することになっていた[4][5]。

CARのビジョン・ステートメントは「私たちのこの土地を尊重し、アボリジニとトレス海峡諸島民の遺産を大切にし、すべての人に正義と公平性を提供する、統一されたオーストラリア」を目指していた。パトリック・ドッドソンはCARの初代議長を務めた[4]。

リコンシリエーション・オーストラリアは2001年1月にCARによって設立された[6]。フレッド・チェイニーAO名誉会長は設立時の共同議長の一人で、2014年11月に引退するまで15年近く理事を務めた[7]。

「再認識」キャンペーン
2012年、リコンシリエーション・オーストラリアは、2012年1月にジュリア・ギラード政権下の連邦政府に提出された「憲法におけるアボリジニおよび トレス海峡諸島民の承認に関する専門家パネル」[9]の勧告を受けて、「レコグナイズ」キャンペーンを立ち上げた[10][11]。このキャンペーンは成 功し、この問題に対する意識は30%から75%以上に上昇した[9]。

タニヤ・ホッシュは、2013年2月にナショナル・プレス・クラブで演説した後、副代表としてキャンペーンの顔にもなった。2013年5月、ホッシュの チームは、先住民族を憲法で承認させるために、人々に情報を提供し、参加させることを目的にオーストラリアを巡回した。これには、公的なアドボカシー活 動、舞台裏での支援とパートナーシップの構築、遠隔地のアボリジニへのコンサルティングなどが含まれる。メルボルンから始まり、ノーザン・テリトリーのヌ ルンバイをゴールとするこのトレイルは、2004年にAFLフットボール選手のマイケル・ロングが行ったメルボルンからキャンベラまでの「ロング・ウォー ク」に触発されたものだった[12]。

このキャンペーンは2017年に連邦政府の資金援助が打ち切られたことで終了したが、それまでに318,000人以上の人々、160以上のコミュニティや企業のパートナー組織の支援を集めていた[9]。
Governance, funding and description
Reconciliation Australia is funded from corporate and government partnerships as well as tax-deductible donations from individual Australians. The organisation works with business, government and individual Australians to bring about change, identifying and promoting examples of reconciliation in action. Reconciliation Australia also independently monitors Australia's progress towards reconciliation.[citation needed]

A significant amount of funding for Reconciliation Australia comes from the BHP Foundation, the philanthropic branch of the mining giant BHP Group Limited.[13]

Key people
Board
As of July 2021, board members of Reconciliation Australia are:[4]

Professor Tom Calma AO (Co-chair)
Melinda Cilento (Co-chair), independent director of Woodside Petroleum
Kenny Bedford, lives on and represents the remote island of Erub (Darnley) on the Torres Strait Regional Authority
Bill Lawson AM, retired engineer and advocate for reconciliation, founder of the Beacon Foundation
Kirstie Parker, an Aboriginal woman of the Yuwallarai people in NSW, and co-chair of the National Congress of Australia's First Peoples
Joy Thomas, served as an adviser and chief of staff to Ministers in the Howard government
Sharon Davis, Bardi and Kija non-binary person, Director and Education Specialist at Goorlil Consulting[14]
Doug Ferguson, partner with KPMG
Executive
Karen Mundine, Chief Executive Officer, Bundjalung woman with many years of experience in community engagement, public advocacy, and communications[4]
ガバナンス、資金調達、説明
リコンシリエーション・オーストラリアは、企業や政府とのパートナーシップ、およびオーストラリア人個人からの税控除の対象となる寄付によって運営されて いる。リコンシリエーション・オーストラリアは、企業、政府、オーストラリア国民個人と協力し、和解の実例を明らかにし、それを広めることによって、変化 をもたらしている。リコンシリエーション・オーストラリアはまた、和解に向けたオーストラリアの進捗状況を独自に監視している[要出典]。

リコンシリエーション・オーストラリアへの多額の資金は、鉱山大手BHPグループ・リミテッドの慈善事業部門であるBHP財団から提供されている[13]。

主要人物
理事会
2021年7月現在、リコンシリエーション・オーストラリアの役員は以下の通り[4]。

トム・カルマ教授(共同議長)
メリンダ・シレント(共同議長)、ウッドサイド石油の独立取締役
ケニー・ベッドフォード(Kenny Bedford):トレス海峡地域自治政府(Torres Strait Regional Authority)の離島エルブ島(ダーンリー島)在住。
ビル・ローソン AM、引退したエンジニア、和解の擁護者、ビーコン財団創設者
カースティ・パーカー(ニューサウスウェールズ州ユワラライ族のアボリジニ女性、オーストラリア先住民全国会議共同議長
ジョイ・トーマス(ハワード政権で閣僚の顧問や首席補佐官を歴任
シャロン・デイビス、バルディとキジャのノンバイナリーパーソン、グールリル・コンサルティングのディレクター兼教育スペシャリスト[14]。
ダグ・ファーガソン、KPMGパートナー
エグゼクティブ
カレン・マンダイン、最高経営責任者、コミュニティ参加、公的擁護、コミュニケーションにおいて長年の経験を持つブンジャラン族の女性[4]。
Reconciliation Action Plans
In 2006 Prime Minister John Howard and Professor Mick Dodson launched the Reconciliation Action Plan (RAP) program, which was to be administered by Reconciliation Australia.[15] The initial focus was aimed at closing the gap in life expectancy between Aboriginal and Torres Strait Islander peoples and the rest of the Australian population, and took in all sectors, ages, demographics and areas across the nation, but over the following decade it evolved into a "more holistic approach to empower and support positive outcomes for Aboriginal and Torres Strait Islander people". The RAP Program has been trademarked, and is administered by Reconciliation Australia, which works collaboratively with organisations of all kinds to develop their RAPs in order to progress reconciliation in the workplace.[16]

RAPs consist of practical and structured plans for action within a workplace, based on relationships, respect and opportunities. They help people in the workplace to understand important issues relating to Indigenous Australians, and further meaningful engagement among groups. They also aim to increase equality in the workplace, and help to create sustainable employment opportunities. Four types of RAPS are available, depending on the how it best suits the organisation, known as Reflect, Innovate, Stretch and Elevate. The program helps to drive change within the organisation as well as providing further opportunities to collaborate with the RAP networks such as Reconciliation Industry Network Groups (RING).[16]

An example of what may be in an organisation's RAP is to develop a procurement strategy which aims to source goods and services from certified Indigenous businesses, through Supply Nation.[16][17]

The RAP program grew from eight organisations in 2006 to over 900 fully endorsed RAP programs by 2017.[16] A 2013 survey which included more than 350 Australian organisations that then had a RAP found that 71% of workers in these organisations trusted each other, compared with 13% in the wider population. Around 77% of the RAP-organisation employees pride in Indigenous cultures, compared to 51% of the wider population. Co-chair Tom Calma said that said RAPs were changing workplace culture and attitudes, and were providing a basis for significant economic and social improvements.[18]

As examples of large corporations with RAPs, KPMG put its first one into place in 2017 and is as of 2021 working off its second one, on the "Elevate" model;[19] while BORAL adopted their first plan in 2019, on the "Innovate" model.[20] Griffith University in Queensland adopted its first RAP in 2010.[21]
和解アクションプラン
2006年、ジョン・ハワード首相とミック・ドッドソン教授は、和解行動計画(RAP)プログラムを開始した。 [15]当初は、アボリジニおよびトレス海峡諸島民とそれ以外の人々との間の平均余命の差を縮めることを目的とし、オーストラリア全土のあらゆる分野、年 齢、人口統計、地域を対象としたものであったが、その後の10年間で「アボリジニおよびトレス海峡諸島民に力を与え、肯定的な結果を支援する、より総合的 なアプローチ」へと発展した。RAPプログラムは商標登録され、リコンシリエーション・オーストラリア(Reconciliation Australia)によって運営されており、職場における和解を進展させるために、あらゆる種類の組織と協力してRAPの開発に取り組んでいる [16]。

RAPは、人間関係、尊重、機会に基づく、職場内での実践的かつ構造化された行動計画で構成されている。RAPは、職場の人々がオーストラリア先住民に関 連する重要な問題を理解し、グループ間の有意義な関わりを深めるのに役立つ。また、職場における平等性を高め、持続可能な雇用機会を創出することを目的と しています。RAPSには4つのタイプがあり、Reflect(振り返り)、Innovate(革新)、Stretch(伸張)、Elevate(高揚) と呼ばれる、組織に最も適した方法がある。このプログラムは、組織内の変化を促進するだけでなく、和解産業ネットワークグループ(RING)などのRAP ネットワークと協力するさらなる機会を提供するのに役立つ[16]。

組織のRAPに含まれる例としては、Supply Nationを通じて、認定された先住民ビジネスから商品やサービスを調達することを目的とした調達戦略を策定することが挙げられる[16][17]。

RAPプログラムは、2006年の8組織から、2017年までに900を超える完全に承認されたRAPプログラムに成長した[16]。当時RAPを導入し ていた350以上のオーストラリアの組織を対象とした2013年の調査では、これらの組織で働く労働者の71%がお互いを信頼しているのに対し、より広い 人口では13%であった。また、RAP組織の従業員の約77%が先住民の文化に誇りを持っているのに対し、一般集団では51%であった。共同議長のトム・ カルマは、RAPは職場文化と態度を変え、経済的・社会的な大幅な改善の基礎を提供していると述べた[18]。

RAPを導入している大企業の例として、KPMGは2017年に最初のRAPを導入し、2021年現在、「Elevate」モデルによる2つ目のRAPに取り組んでいる[19]。
Australian Reconciliation Network
The Australian Reconciliation Network includes the following independently-run organisations, which organise activities and provide information:[22]

New South Wales – Reconciliation NSW (formerly NSW Reconciliation Council)[23]
Queensland – Reconciliation Queensland[24]
South Australia – Reconciliation SA[25]
Tasmania – Reconciliation Tasmania[26]
Victoria – Reconciliation Victoria[27]
Western Australia – Reconciliation WA[28]


☆ are proposed binding legal agreements between Australian governments and Australian First Nations (or other similar groups). A treaty could (amongst other things) recognise First Nations as distinct political communities, acknowledge Indigenous Sovereignty, set out mutually recognised rights and responsibilities or provide for some degree of self-government.[1] As of 2022, no such treaties are in force, however the Commonwealth and all States except Western Australia have committed to a treaty process.

Moves to State and Territory treaties were boosted by the Victorian Government's establishment of a legal framework for negotiations to progress, announced in 2016 and with the election of the First Peoples' Assembly in 2019. Support shown for Indigenous issues by the June 2020 Black Lives Matter rallies across Australia also increased the momentum for a treaty process.
オー ストラリアの先住民族条約は、オーストラリア政府とオーストラリアの先住民族(またはそれに準ずる集団)との間で結ばれる拘束力のある法的合意案である。 2022年現在、このような条約は発効していないが、連邦と西オーストラリア州を除くすべての州は、条約締結プロセスを約束した。

州と準州の条約締結に向けた動きは、ビクトリア州政府が2016年に発表した交渉進展のための法的枠組みの確立と、2019年の先住民議会選挙によって後 押しされた。また、2020年6月にオーストラリア全土で開催された「ブラック・ライブズ・マター」集会が先住民問題への支持を示したことも、条約プロセ スへの機運を高めた。
Background
The objects of treaties between governments and Indigenous peoples may include:

provision of practical rights and compensation
initiation of a formal process of reconciliation between the group and government relating to past grievances
providing a framework for some type of self-determination for individual peoples or groups
Research by the Harvard Project on American Indian Economic Development shows that self-determination is an essential component in redressing entrenched disadvantage.[2]

Many Aboriginal Australians have said that a treaty or treaties would bring them real as well as symbolic recognition, and national debate has occurred for many years on the topic, alongside related matters such as Indigenous recognition in the Australian Constitution, land rights, and programs aimed at reducing disadvantage such as Closing the Gap.[citation needed] This type of treaty would involve a formal agreement which defines the relationship between government and First Nations peoples, and could include binding contracts on specific issues as well as practical measures relating to health and education.[3]

British colonial representatives negotiated treaties with Indigenous peoples in New Zealand and in Canada during early phases of settlement.[4] The Treaty of Waitangi was concluded in 1840 at time when the future Colony of New Zealand was then part of the Colony of New South Wales. British treaty-making in North America began as early as sixteenth century and continued until Canada gained self-government in 1867, after which time the Canadian federal government entered into the Numbered Treaties (1871 to 1921). Colonial treaties also featured in African history: a chief of Bonny (in present-day Nigeria) in 1860 explained that he refused a British treaty due to the tendency to "induce the Chiefs to sign a treaty whose meaning they did not understand, and then seize upon the country".[5] The sale of "Lüderitzland" in present-day Namibia to Adolf Lüderitz in 1883 provides an example of a misunderstood treaty.[how?]
背景
政府と先住民の間で結ばれる条約の目的には以下が含まれる:

実際的な権利と補償の提供
過去の不満に関する集団と政府間の正式な和解プロセスの開始。
個々の民族または集団に、ある種の自決の枠組みを提供すること。
ハーバード・プロジェクト・オン・アメリカン・インディアン・エコノミック・デベロップメント(Harvard Project on American Indian Economic Development)の調査によると、自己決定は、定着した不利益を是正するために不可欠な要素であることが示されている[2]。

この種の条約は、政府と先住民族との関係を定義する正式な合意を伴うものであり、保健や教育に関する実際的な措置だけでなく、特定の問題に関する拘束力のある契約を含む可能性がある[3]。

ワイタンギ条約は、後のニュージーランド植民地が当時ニューサウスウェールズ植民地の一部であった1840年に締結された。北アメリカにおけるイギリスの 条約締結は16世紀にはすでに始まっており、1867年にカナダが自治権を獲得するまで続いた。植民地条約はアフリカ史にも登場する。1860年にボニー (現在のナイジェリア)の酋長は、「酋長たちが意味を理解しない条約に署名するように仕向け、その後、その国を占領する」傾向があったため、イギリスの条 約を拒否したと説明している[5]。1883年に現在のナミビアにある「リューデリッツランド」がアドルフ・リューデリッツに売却されたことは、誤解され た条約の一例である。
History
Indigenous treaties have been discussed since the early years of the Australian colonies. In 1832 the Governor of Van Diemen’s Land (now Tasmania), George Arthur remarked in the aftermath of the Black War in the colony that it was “a fatal error...that a treaty was not entered into with the natives". He recommended to the Colonial Office that, before the colonisation of South Australia, an understanding be reached with the Aboriginal peoples there, in a bid "to prevent a long-continued warfare".[6] Notably, the Letters Patent establishing the Province of South Australia of 1836 (unlike the South Australia Act 1834, which it amended), included recognition of the rights of the Aboriginal peoples of South Australia.[7][8]

The only pre-21st century attempt to negotiate a treaty with Indigenous Australians was what came to be known as Batman's Treaty. This was an agreement between John Batman, a pastoralist and businessman, and a group of Wurundjeri elders, for the purchase of land around Port Phillip, near the present site of Melbourne[9] The so-called treaty was declared void on 26 August 1835 by the Governor of New South Wales, Richard Bourke,[10] which declared that all land within the colony belonged to the Crown and that it had the sole authority to dispose of it.[11][12] While the Crown retains the right to dispose of any land under the doctrine of radical title, some inherent Indigenous rights to land have been recognised under native title law.

An Indigenous treaty was first promised by Prime Minister Bob Hawke in 1988 after receiving the Barunga Statement from Aboriginal elders, which called for such a treaty to be concluded. Despite public interest and growing support, concerns were raised over possible implications of such a treaty, such as financial compensation.[13][14]
歴史
先住民族の条約については、オーストラリア植民地の初期から議論されてきた。1832年、ヴァン・ディーメンズ・ランド(現在のタスマニア)のジョージ・ アーサー総督は、同植民地における黒色戦争の余波を受け、「原住民と条約を結ばなかったのは致命的な誤りである」と発言した。彼は植民地局に、南オースト ラリア州が植民地化される前に、「長く続く戦乱を防ぐ」ために、アボリジニとの間で了解を得るよう勧告した[6]。注目すべきは、1836年に南オースト ラリア州を設立した特許状(同法が改正した1834年の南オーストラリア州法とは異なる)に、南オーストラリア州のアボリジニの権利が認められていたこと である[7][8]。


21世紀以前にオーストラリア先住民との条約交渉が試みられたのは、バットマンの条約として知られるようになったものだけである。このいわゆる条約は、 1835年8月26日、ニューサウスウェールズ州知事リチャード・バーク[10]によって無効とされ、植民地内のすべての土地は王権に属し、その処分権は 王権にあると宣言された[11][12]。 [11][12]クラウンはラディカル・タイトルの原則の下、あらゆる土地を処分する権利を保持しているが、土地に対する先住民固有の権利の一部はネイ ティブ・タイトル法の下で認められている。


先住民条約は、1988年にボブ・ホーク首相がアボリジニの長老からバルンガ声明を受け取って初めて約束したもので、そのような条約の締結を求めていた。 国民の関心と支持の高まりにもかかわらず、金銭的補償など、このような条約が意味する可能性について懸念が提起された[13][14]。
21st century
In 2017, Prime Minister Malcolm Turnbull rejected the proposal for an Indigenous voice to parliament, it being the first request of the Uluru Statement from the Heart, which also included a request for treaty.[13][14]

With no progress made towards an Indigenous treaty at federal level (despite decades of debate),[6] in the early 21st century a number of states and territories began treaty negotiations with their Indigenous peoples.[3] The 2017 Uluru Statement from the Heart included the request: "We seek a Makarrata Commission to supervise a process of agreement-making between governments and First Nations and truth-telling about our history"[15] (Makarrata being a Yolngu word for "a process of conflict resolution, peacemaking and justice"[16]).[17]

In July 2019, Ken Wyatt, recently appointed to the new role of Minister for Indigenous Australians, gave an address to the National Press Club, in which he spoke of the theme of NAIDOC Week 2019: "Voice. Treaty. Truth.". He spoke of the development of a local, regional and national voice, and said "with respect to Treaty, it's important that states and territory jurisdictions take the lead. When you consider the constitution, they are better placed to undertake that work".[17][18][19]

With the Victorian Government's creation of a legal framework for Indigenous treaty negotiations in 2018 with their First Peoples' Assembly, the debate rose to prominence across Australia again,[6] with impetus added by the June 2020 Black Lives Matter rallies across Australia.[20][21]

As of 2022, there are no treaties between the federal or any state government in Australia in force.[22]
21世紀
2017年、マルコム・ターンブル首相は、先住民の声を議会に届けるという提案を拒否した。それは、条約締結の要求も含まれていた「ウルル・ステートメント・フロム・ザ・ハート」の最初の要求だった[13][14]。

連邦レベルでの先住民条約締結に向けた進展がない中(数十年にわたる議論にもかかわらず)[6]、21世紀初頭には多くの州や準州が先住民との条約交渉を 開始した[3]。 2017年の「ウルル・ステートメント・フロム・ザ・ハート」には要求が含まれていた: 「私たちは、政府と先住民の間の合意形成と私たちの歴史についての真実の語りのプロセスを監督するマカラタ委員会を求める」[15](マカラタとはヨルン グ語で「紛争解決、平和創造、正義のプロセス」を意味する[16])[17]。

2019年7月、オーストラリア先住民担当大臣に新たに任命されたばかりのケン・ワイアットは、ナショナル・プレス・クラブで演説を行い、NAIDOC ウィーク2019のテーマである「声。条約。真実」。地方、地域、国の声の発展について語り、「条約に関しては、州や準州の管轄区域が主導権を握ることが 重要だ。憲法を考慮すれば、州や準州の方がその作業を行うのに適している」と述べた[17][18][19]。

2018年にビクトリア州政府が先住民族議会とともに先住民族条約交渉の法的枠組みを創設したことで、この議論はオーストラリア全土で再び注目を集めるよ うになり[6]、2020年6月にオーストラリア全土で開催された「ブラック・ライヴズ・マター」の集会によって拍車がかかった[20][21]。

2022年現在、オーストラリアでは連邦政府と州政府の間に有効な条約は存在しない[22]。
State and territory treaty processes
The Victorian Government of Daniel Andrews was the first at state level to pass a legal framework for Indigenous treaty negotiations, in 2018,[3] but there have been various moves made to instigate such a process in all states and territories in the 21st century.

Issues covered by an Indigenous treaty with a state government are likely to include health and education.[4]

Northern Territory
In 2018 the Northern Territory Government of Michael Gunner pledged to undertake a treaty process with Indigenous peoples of the Territory,[6] including the appointment of an Independent Treaty Commissioner to oversee negotiations.[23] In June 2018 Gunner signed the "Barunga agreement", a memorandum of understanding committing his Government to negotiate with the Territory's four Aboriginal land councils over the next three years to develop a treaty process.[24]

The process will be overseen by an independent treaty commissioner, who in the first stage will undertake consultations for one year with the Indigenous communities to gauge their interest in a treaty. In the second stage, a public discussion paper will be released, translated into major Aboriginal languages for consultation and feedback. A final report will then be tabled in the Northern Territory Legislative Assembly within 18 months of stage one's completion.[24]

On 4 March 2019, Mick Dodson was appointed Treaty Commissioner, agreed by all four NT land councils and the Minister. He is tasked with presenting a final report within 2.5 years.[25] The Treaty Commission, in a discussion paper published in July 2020, has said: "Some of our Elders are very old … the process of truth-telling must begin as soon as possible. It is urgent". Truth-telling is an essential step, and must take place before the negotiations for treaty get under way, which can take a long time. Because the NT is not a state, treaties negotiated with the NT Government could be overruled by the Federal Government, thereby limiting their effectiveness. There are also challenges in cases where traditional owners' lands extend across state borders, and where members and descendants of the Stolen Generations have not been able to find who their people are and therefore may not qualify as First Nations people. The Treaty Commissioner would be handing his report to the Chief Minister in 2022, after which negotiations would begin.[26]

Queensland
In 2019 the Queensland Government of Annastacia Palaszczuk announced its interest in pursuing a pathway to an Indigenous treaty process.[27] The Treaty Working Group and Eminent Treaty Process Panel were set up, with Jackie Huggins and Michael Lavarch co-chairing the Eminent Panel. Their Path to Treaty Report was tabled in Queensland Parliament in February 2020 after they had consulted widely, across more than 1,700 Queenslanders and 24 communities between July 2019 and early 2020,[28] and presented to Deputy Premier, Treasurer and Minister for Aboriginal and Torres Strait Islander Partnerships Jackie Trad. Huggins said that a process of truth-telling, acknowledging the history of Australia, is a "vital component to moving on".[29]

On 13 August 2020, Premier Palaszczuk announced that the Government would be supporting the recommendation to move forward on a Path to Treaty with First Nations Queenslanders. She said that the Treaty Advancement Committee would provide independent advice on the implementation of the panel’s recommendations.[30]

In 2023 the Queensland Parliament passed the Path to Treaty Act 2023 (Qld), which established the First Nations Treaty Institute, an independent statutory body to assist First Nations prepare for the upcoming treaty process. The act also created the Truth-telling and Healing Inquiry, to record and report on the impact of colonisation on Indigenous Queenslanders.[31]

South Australia
In 2016 the South Australian Government of Jay Weatherill announced its intention to negotiate treaties with Indigenous groups across the state, announcing that $4.4 million was set aside over five years for the purpose,[32] to establish up to 40 treaties across the state.[25] In December 2016, talks began between the government and three Aboriginal nations: the Ngarrindjeri, Narungga and Adnyamathanha peoples. Following the July 2017 report of the South Australian Treaty Commissioner, negotiations began.[6] In February 2018, the Buthera Agreement was signed with the Narungga nation, of the Yorke Peninsula.[33]

Following the Weatherill government's defeat in the 2018 state election, incoming premier Steven Marshall paused the treaty negotiation process that had been begun by his predecessor, Jay Weatherill, stating he wanted to focus on "practical outcomes".[34][35]

In 2022 the Labor government returned to office, with Premier Peter Malinauskas, committing to restart the treaty process.[36]

Tasmania
On Australia Day in 2015, the Tasmanian Greens called for a formal treaty to be negotiated between the Tasmanian Government and the Tasmanian Aboriginal community.[37] Michael Mansell, chair of the Aboriginal Land Council of Tasmania, said in August 2019 that non-Indigenous people need not fear a treaty, as it would "simply be an expression of true democracy and self-determination". At that point, only 300 km2 (120 sq mi) of the 67,000 km2 (26,000 sq mi) of Tasmania had been returned under the Aboriginal Lands Act 1995. He said that returning a few key areas of uninhabited wilderness which was now Crown land would mean jobs for Aboriginal people.[38]

In June 2020, Mansell and Greg Brown, Tasmanian Aboriginal Corporation board member, had their first meeting with Premier Peter Gutwein, and raised the matter of a treaty.[39] Mansell had been heartened by the support shown for Aboriginal issues across Australia in the Black Lives Matter protests sparked by the death of US man George Floyd, and spoke at the Launceston rally of the need for a Treaty Commission.[40]

In 2021, Premier Peter Gutwein announced the beginning of a treaty and truth telling process, beginning with consultations with the State's Aboriginal population.[41] An Aboriginal Advisory Group held its first meeting in February 2023.[42] However, certain Indigenous groups have described their distrust of the government and have alleged that the government 'only willing to listen to six people as part of their government-selected group'.[43] The issue of deciding who should be counted as Aboriginal for the purpose of treaty negotiation is yet to be decided, with many Aboriginal people expressing anger and frustration with what they believe are a greater number of people 'falsely' claiming Aboriginal status and what they believe is government encouragement of this practice.[44]

Victoria
See also: 2019 Victorian First Peoples' Assembly election and First Peoples' Assembly
The Victorian Government was the first at state level to pass a legal framework for Indigenous treaty negotiations, in 2018.[3][45] The Victorian Liberal Party opposed a state-based Indigenous treaty, stating that a federal treaty would be more appropriate.[45] Opposition politician Bernie Finn also stated that since Aboriginal Victorians were Victorian citizens, the state would be making an Indigenous treaty with itself, an argument rejected by the Government.[46]

On 3 July 2018, the government passed the first Australian treaty law ever, the Advancing the Treaty Process with Aboriginal Victorians Act 2018,[25] effective 1 August 2018.[47] The ultimate goal of a partnership between the Victorian Government and Aboriginal communities "is to achieve reconciliation and justice for Aboriginal communities", and the Act enshrines such a partnership in law.[2]

The 2019 Victorian First Peoples' Assembly election was held to choose the representatives for Aboriginal and Torres Strait Islander people in Victoria.[48][49][50] only 7% of the eligible voters turned out to vote.[51]

Yoorrook
In July 2020, the Victorian government became the first state or territory to commit to the creation of a truth and justice commission to "formally recognise historical wrongs and ongoing injustices" against Aboriginal people.[25] The commission was named the Yoorrook Justice Commission, and aims to establish an official public record of the experience of Aboriginal Victorians since the start of British colonisation in Victoria. It will examine past and ongoing injustices to the First People of Victoria resulting from colonisation, providing provide a culturally safe place in which First People and others can tell the truth about traumatic events that have happened and their effects, to identify systemic injustice in Victoria and propose reforms to end that injustice and to propose matters that might be included in Victoria’s ongoing treaty-making processes.[52] Its findings, scheduled to be reported by June 2024, will include recommendations for reform and redress, and will inform Victoria's Treaty negotiations.[53]

Justice Kevin Bell was appointed as the only non-Aboriginal Commissioner; the others are:[54]

Professor Eleanor Bourke, Chairperson
Dr Wayne Atkinson
Kevin Bell (the only non-Aboriginal commissioner)
Sue-Anne Hunter
Distinguished Professor Maggie Walter
Uncle Jack Charles was the first Indigenous elder to speak about his experiences at the first set of public hearings, or wurrek tyerrang, in April 2021. A second block of hearings was scheduled for late May. Elders were invited to speak about their direct experiences and perspectives, based on their preparedness to tell their truths in a public setting. Others would be able to share their stories in submissions, or nuther-mooyoop, in writing, audio or video form, or as an object such as an artwork.[53]

In May 2023 the Victorian Government admitted to the commission that state systems had failed to properly monitor the progress of initiatives that are intended to help reduce the numbers of Indigenous children in state care, disproportionate incarceration of Indigenous people, especially youth, and Aboriginal deaths in custody.[55] In September 2023 the Commission proposed 46 recommendations to improve the child protection and criminal justice systems in Victoria, including raising the age of criminal responsibility from 10 to 14 years of age, after finding that Aboriginal children were 21 times more likely to be in foster care in Victoria than non-Aboriginal children, and over the previous ten years, the rates of Aboriginal men on remand had grown by nearly 600%. The report was welcomed by Victoria Police, and Anne Ferguson, the Chief Justice of Victoria, said that changes may be made after considering the report.[56]

The final report of the commission is due in 2025.[56]

Western Australia
In 2015 the Western Australian Government of Colin Barnett signed a A$1.3 billion native title settlement with the Noongar people,[57] which was described by deputy opposition leader Roger Cook as "a classic treaty",[58][6] and Ken Wyatt called it "a treaty in the true sense".[17]

The comprehensive South West Native Title Settlement aims to resolve native title claims in exchange for statutory recognition of the Noongar people as the traditional owners of South-Western Australia.[59] As of 2020 it is the largest native title settlement in Australian history, affecting about 30,000 Noongar People and encompassing around 200,000 km2 (77,000 sq mi) in south-western Western Australia. It has been described as "Australia's first treaty" by legal academics Harry Hobbs and George Williams.[60][61]

By 2018, WA had announced plans to establish an Aboriginal representative body in the state.[13] However, as of February 2023, the State has not committed to a treaty process.[62]

New South Wales
The New South Wales Labor party committed to funding and beginning treaty discussion as an election promise prior to winning government in March 2023.[63] David Harris has been appointed as minister for Aboriginal Affairs and Treaty.[64]
州と準州の条約プロセス
ビクトリア州のダニエル・アンドリュース政府は、2018年に州レベルで初めて先住民条約交渉の法的枠組みを可決したが[3]、21世紀に入ってから、すべての州と準州でこのようなプロセスを発足させようとする様々な動きが出ている。

州政府との先住民条約が対象とする問題には、保健と教育が含まれる可能性が高い[4]。

ノーザン・テリトリー
2018年、ノーザン・テリトリーのマイケル・ガナー政府は、交渉を監督する独立条約コミッショナーの任命も含め、同テリトリーの先住民との条約プロセス を実施することを約束した[6]。2018年6月、ガナー政府は、同テリトリーの4つのアボリジニの土地評議会と今後3年間で交渉し、条約プロセスを策定 することを約束する覚書「バルンガ協定」に署名した[24]。

このプロセスは独立した条約コミッショナーによって監督され、コミッショナーは第一段階で先住民コミュニティと1年間協議を行い、条約への関心を測る。第 2段階では、協議とフィードバックのため、主要なアボリジニ言語に翻訳された公開討論文書が発表される。その後、第1段階終了後18ヶ月以内に最終報告書 がノーザン・テリトリー議会に提出される[24]。

2019年3月4日、ミック・ドッドソン(Mick Dodson)が、ノーザンテリトリーの4つの土地評議会すべてと大臣の同意を得て、条約委員に任命された。彼は2年半以内に最終報告書を提出する任務を 負っている[25]。2020年7月に発表されたディスカッション・ペーパーの中で、条約委員会は次のように述べている: 「我々の長老の中には非常に高齢の者もいる......真実を語るプロセスはできるだけ早く始めなければならない。それは急務である」と述べている。真相 究明は不可欠なステップであり、条約交渉が始まる前に行わなければならない。NTは国家ではないため、NT政府と交渉した条約は連邦政府によって覆される 可能性があり、その実効性は制限される。また、伝統的所有者の土地が州境を越えて広がっているケースや、「盗まれた世代」のメンバーや子孫が、自分たちの 民族が誰なのかがわからず、ファースト・ネーションズとして認められない場合もある。条約委員は2022年に報告書を首席大臣に提出し、その後交渉が開始 される予定である[26]。

クイーンズランド州
2019年、クイーンズランド州アナスタシア・パラスズチュク政府は、先住民条約プロセスへの道筋を追求することに関心があると発表した[27]。条約作 業部会とエミネント条約プロセスパネルが設置され、エミネントパネルの共同議長はジャッキー・ハギンズとマイケル・ラバーチが務めた。彼らの「条約への 道」報告書は、2019年7月から2020年初頭にかけてクイーンズランド州民1,700人以上と24のコミュニティで広く協議された後、2020年2月 にクイーンズランド州議会に提出され[28]、ジャッキー・トラッド副首相兼財務大臣兼アボリジニ・トレス海峡諸島民パートナーシップ担当大臣に提出され た。ハギンズは、オーストラリアの歴史を認め、真実を語るプロセスは「前に進むために不可欠な要素」であると述べた[29]。

2020年8月13日、パラシュチュク州首相は、クイーンズランド州先住民との条約締結への道を前進させるという勧告を政府が支持すると発表した。彼女は、条約推進委員会がパネルの勧告の実施について独立した助言を提供すると述べた[30]。

2023年、クイーンズランド州議会は「Path to Treaty Act 2023 (Qld)」を可決し、先住民族が来るべき条約締結プロセスに備えるのを支援する独立法定機関「First Nations Treaty Institute」を設立した。同法はまた、植民地化がクイーンズランド先住民に与えた影響を記録し報告する「真実を語り癒すための調査」を創設した [31]。

南オーストラリア州
2016年、ジェイ・ウェザリル南オーストラリア州政府は州内の先住民グループと条約交渉を行う意向を表明し、そのために5年間で440万ドルを確保し、 州全体で最大40の条約を締結すると発表した[32]。2016年12月、政府とンガリンジェリ、ナルンガ、アドニャマタンハの3つのアボリジニとの間で 協議が始まった[25]。2017年7月の南オーストラリア州条約委員会の報告を受け、交渉が開始された[6]。2018年2月、ヨーク半島のナルンガ族 とブテラ協定が締結された[33]。

2018年の州選挙でウェザリル政権が敗北したことを受け、スティーブン・マーシャル次期首相は前任のジェイ・ウェザリルによって開始されていた条約交渉プロセスを一時中断し、「現実的な成果」に集中したいと述べた[34][35]。

2022年には労働党政権が復活し、ピーター・マリナウスカス首相が条約プロセスの再開を約束した[36]。

タスマニア
2015年のオーストラリア・デーに、タスマニア緑の党はタスマニア政府とタスマニアのアボリジニ・コミュニティとの間で正式な条約を交渉するよう求めた [37]。 タスマニア・アボリジニ土地評議会のマイケル・マンセル議長は2019年8月、条約は「単に真の民主主義と自決の表現に過ぎない」として、非原住民は条約 を恐れる必要はないと述べた。その時点で、タスマニアの67,000km2(26,000平方マイル)のうち、1995年の先住民土地法に基づき返還され たのは300km2(120平方マイル)に過ぎなかった。彼は、現在国有地となっている無人の荒野のいくつかの重要な地域を返還することは、アボリジニの 人々の雇用を意味すると述べた[38]。

2020年6月、マンセルとタスマニア・アボリジナル・コーポレーションの理事であるグレッグ・ブラウンは、ピーター・グートウェイン首相と初めて会談 し、条約の問題を提起した[39]。マンセルは、米国人男性ジョージ・フロイドの死に端を発した「ブラック・ライブズ・マター」抗議運動でオーストラリア 全土のアボリジニ問題への支援が示されたことに心を動かされ、ローンセストンの集会で条約委員会の必要性を訴えた[40]。

2021年、ピーター・グートウェイン州首相は、州のアボリジニとの協議から始まる条約と真実を語るプロセスの開始を発表した[41]。 2023年2月、アボリジニ諮問グループが初会合を開いた[42]。しかし、特定の先住民グループは政府への不信感を表明し、政府は「政府が選んだグルー プの一員である6人の意見にしか耳を傾けようとしない」と主張している。 [多くのアボリジニが、アボリジニの地位を「偽って」主張する人々が増えていること、また政府がこの行為を奨励していると考えていることに怒りや不満を表 明している[44]。

ビクトリア州
関連記事:2019年ビクトリア州先住民議会選挙と先住民議会
ビクトリア州政府は2018年、州レベルで初めて先住民条約交渉の法的枠組みを可決した[3][45]。ビクトリア自由党は州ベースの先住民条約に反対 し、連邦条約がより適切であるとしていた[45]。野党の政治家バーニー・フィンも、アボリジニのビクトリア州民はビクトリア州民であるため、州は自分自 身と先住民条約を結ぶことになると述べていたが、この主張は政府によって否定された[46]。

2018年7月3日、政府はオーストラリア史上初の条約法である「Advancing the Treaty Process with Aboriginal Victorians Act 2018」を可決し[25]、2018年8月1日より施行された[47]。ビクトリア州政府とアボリジニ・コミュニティのパートナーシップの最終目標は 「アボリジニ・コミュニティの和解と正義を達成すること」であり、同法はそのようなパートナーシップを法律に明記したものである[2]。

2019年のビクトリア州先住民議会選挙は、ビクトリア州のアボリジニおよびトレス海峡諸島民の代表を選出するために行われた[48][49][50]が、有権者のわずか7%しか投票に行かなかった[51]。

ユールック
2020年7月、ビクトリア州政府は、アボリジニに対する「歴史的過ちと現在進行中の不正義を正式に認識」するために、州・準州として初めて真実と正義の 委員会の設立を約束した[25]。この委員会は、植民地化に起因するビクトリア州の先住民に対する過去と現在進行中の不正を調査し、先住民やその他の人々 がトラウマとなるような出来事とその影響について真実を語ることができる文化的に安全な場所を提供し、ビクトリア州における体系的な不正を特定し、その不 正をなくすための改革を提案し、ビクトリア州で進行中の条約制定プロセスに含まれる可能性のある事項を提案する[52]。2024年6月までに報告される 予定のその調査結果には、改革と救済のための勧告が含まれ、ビクトリア州の条約交渉に情報を提供する[53]。

ケビン・ベル判事が唯一の非アボリジニ委員に任命され、他の委員は以下の通り[54]。

エレノア・ボーク教授(議長
ウェイン・アトキンソン博士
ケビン・ベル(唯一の非アボリジニ委員)
スー・アン・ハンター
マギー・ウォルター特別教授
アンクル・ジャック・チャールズは、2021年4月に開催された最初の公聴会(wurrek tyerrang)で、自身の経験について語った最初の先住民の長老だった。第2回目の公聴会は5月下旬に予定されていた。長老たちは、公の場で真実を語 る準備ができているかどうかを判断され、彼らの直接の経験や見解について話すよう招待された。他の人々は、書面、音声、映像、あるいは芸術作品のようなオ ブジェとして、提出物、あるいはヌター・ムーヨプ(nuther-mooyoop)で自分の話を共有することができるだろう[53]。

2023年5月、ビクトリア州政府は委員会に対し、州の制度が、州の保護下にある先住民の子どもの数、先住民(特に青少年)の不釣り合いな投獄、拘留中の アボリジニの死亡数を減らすことを目的としたイニシアチブの進捗状況を適切に監視していなかったことを認めた[55]。 [55]2023年9月、同委員会は、ビクトリア州ではアボリジニの子どもが非アボリジニの子どもの21倍も里親に引き取られる可能性が高いこと、過去 10年間でアボリジニ男性の再拘留率が600%近くも増加していることを明らかにした上で、刑事責任年齢を10歳から14歳に引き上げるなど、ビクトリア 州の児童保護と刑事司法制度を改善するための46の勧告を提案した。ビクトリア州警察はこの報告書を歓迎し、ビクトリア州最高裁長官のアン・ファーガソン は、報告書を検討した上で変更が加えられる可能性があると述べた[56]。

委員会の最終報告は2025年に予定されている[56]。

西オーストラリア州
2015年、コリン・バーネット西オーストラリア州政府はヌンガー族と13億豪ドルの先住民権に関する和解案に調印し[57]、野党副党首のロジャー・クックはこれを「古典的な条約」と評し[58][6]、ケン・ワイアットはこれを「真の意味での条約」と呼んだ[17]。

包括的な南西部先住民権和解は、ヌンガー族をオーストラリア南西部の伝統的所有者として法的に承認することと引き換えに、先住民権主張を解決することを目 的としている[59]。2020年現在、オーストラリア史上最大の先住民権和解であり、約3万人のヌンガー族が影響を受け、西オーストラリア州南西部の約 20万平方キロメートルに及ぶ。法学者のハリー・ホッブスとジョージ・ウィリアムズは「オーストラリア初の条約」と評している[60][61]。

2018年までに、西オーストラリア州は州内にアボリジニの代表機関を設立する計画を発表していた[13]。 しかし、2023年2月現在、州は条約締結プロセスにコミットしていない[62]。

ニューサウスウェールズ州
ニューサウスウェールズ労働党は、2023年3月に政権を獲得する前の選挙公約として、資金援助と条約協議の開始を約束した[63]。
Aboriginal land rights in Australia
History of Indigenous Australians
Letters Patent establishing the Province of South Australia
Native title in Australia
Treaty rights


☆ is a proposed Australian federal advisory body to comprise Aboriginal and Torres Strait Islander people, to represent the views of Indigenous communities.[1]

If approved by an upcoming referendum (scheduled for 14 October 2023)[2] called by the Albanese government, the Australian Constitution would prescribe the Voice, which could make representations to the Parliament of Australia and executive government on matters relating to Indigenous Australians.[3] If the referendum vote is successful, the government will then design the specific form of the Voice, which will then be implemented via legislation passed by Parliament.[4]

Under the endorsed design principles of the Referendum Working Group, the membership of the Voice would be selected by Aboriginal and Torres Strait Islander communities across the country, with an enforced gender balance at the national level.[5][6][7] Under alternative proposals, or in the event of an unsuccessful referendum vote, it is legally possible for the Voice to be introduced by legislation rather than enshrined in the Constitution.[8]

The proposal for the Voice was formally endorsed by Indigenous leaders with the 2017 Uluru Statement from the Heart, delivered at the First Nations National Constitutional Convention. The statement formally petitioned the people of Australia[9] to support a voice to parliament in order to address First Nations disadvantage through giving those communities a greater influence on laws and policies that affect them. The concept was rejected at the time by the Liberal-National Turnbull government.[10]

In October 2019, the Liberal-National Morrison government discussed an "Indigenous voice to government" which would be legislated but not enshrined in the Constitution. A co-design process organised by Ken Wyatt was completed in July 2021 proposing for local and regional voices and a National Voice.[11] While the Morrison government committed to implementing the recommendations of the report, no legislation was passed between the release of the report in July 2021 and the election in May 2022.[12]

Following the 2022 election which saw the Albanese Labor government elected, Prime Minister Anthony Albanese pledged that a referendum on a constitutionally enshrined Voice would be held within his term of office.[13] In March 2023, the prime minister released the design principles of the Voice and confirmed that a referendum would occur in 2023.[14][15] This process is being overseen by Linda Burney, who succeeded Wyatt as Minister for Indigenous Australians.[13] Both parties in the Peter Dutton-led Liberal-National Federal Opposition have announced their opposition to a national Voice, whether legislatively or constitutionally implemented.[16][17][18]
ア ボリジニ・トレス海峡諸島民の声(Indigenous Voice to Parliament、ファースト・ネーションズ・ボイス、または単にボイスとも呼ばれる)は、アボリジニおよびトレス海峡諸島民で構成され、先住民コ ミュニティの意見を代表するオーストラリア連邦の諮問機関案である[1]。

アルバネーゼ政権が実施予定の国民投票(2023年10月14日予定)[2]で承認されれば、オーストラリア憲法にボイスの設置が規定され、ボイスはオー ストラリア先住民に関連する事項について、オーストラリア議会および行政府に対して意見を述べることができる[3]。国民投票が成功すれば、政府はその後 ボイスの具体的な形態を設計し、議会で可決された法律によって実施される[4]。

国民投票作業部会で承認された設計原則では、「声」のメンバーは、全国のアボリジニおよびトレス海峡諸島民のコミュニティによって選出され、全国レベルで 男女のバランスが強制される[5][6][7]。 代替案では、あるいは国民投票が不成功に終わった場合、「声」は憲法に明記されるのではなく、法律によって導入されることが法的に可能である[8]。

この「声」の提案は、先住民族の指導者たちによって正式に支持され、2017年に先住民族全国憲法大会で発表された「ウルル・ステートメント・フロム・ ザ・ハート」によって承認された。この声明は、オーストラリア国民[9]に対し、先住民のコミュニティが自分たちに影響を与える法律や政策に対してより大 きな影響力を持つことで、先住民の不利な状況に対処するため、議会への発言権を支持するよう正式に請願した。この構想は当時、自由党・国民党のターンブル 政権によって拒否された[10]。

2019年10月、自由党・国民党のモリソン政権は、法制化されるが憲法には明記されない「政府に対する先住民の声」について議論した。ケン・ワイアット によって組織された共同設計プロセスは2021年7月に完了し、地方と地域の声と国家の声を提案した[11]。モリソン政権は報告書の勧告を実施すること を約束したが、2021年7月の報告書発表から2022年5月の選挙までの間に法律は成立しなかった[12]。

2022年の選挙でアルバネーゼ労働党政権が選出された後、アンソニー・アルバネーゼ首相は、憲法に明記された「声」に関する国民投票を任期内に実施する と公約した[13]。2023年3月、首相は「声」の設計原則を発表し、国民投票を2023年に実施することを確認した[14][15]。 [14][15]このプロセスは、ワイアットの後任としてオーストラリア先住民担当大臣に就任したリンダ・バーニーが監督している[13]。ピーター・ ダットン率いる自由党・国民党連邦野党の両党は、法制上であれ憲法上であれ、国民投票に反対することを表明している[16][17][18]。
Structure and powers of the Voice
On 23 March 2023 the Australian Cabinet endorsed a set of design principles that would be used in the design of the Voice in the event the referendum is successful, with Prime minister Anthony Albanese stating that these principles will "underpin the shape and function of the Voice".[19][20] Additionally he stated that if the referendum is successful, another process would be established to work on the final design, with a subsequent government produced information pamphlet stating that this process would involve Indigenous Australian communities, the Parliament and the broader community, with any legislation going through normal parliamentary scrutiny procedures.[20][5]

The design principles are that:[19][21]

The Voice will give independent advice to the Parliament and Government

The Voice would make representations to the Parliament and the Executive Government on matters relating to Aboriginal and Torres Strait Islander peoples.
The Voice would be able to make representations proactively.
The Voice would be able to respond to requests for representations from the Parliament and the Executive Government.
The Voice would have its own resources to allow it to research, develop and make representations.
The Parliament and Executive Government should seek representations in writing from the Voice early in the development of proposed laws and policies.
The Voice will be chosen by Aboriginal and Torres Strait Islander people based on the wishes of local communities

Members of the Voice would be selected by Aboriginal and Torres Strait Islander communities, not appointed by the Executive Government.
Members would serve on the Voice for a fixed period of time, to ensure regular accountability to their communities.
To ensure cultural legitimacy, the way that members of the Voice are chosen would suit the wishes of local communities and would be determined through the post-referendum process.
The Voice will be representative of Aboriginal and Torres Strait Islander communities, gender balanced and include youth

Members of the Voice would be Aboriginal and/or Torres Strait Islander, according to the standard three-part test.[a]
Members would be chosen from each of the states, territories and the Torres Strait Islands.
The Voice would have specific remote representatives as well as representation for the mainland Torres Strait Islander population.
The Voice will have balanced gender representation at the national level.
The Voice will be empowering, community-led, inclusive, respectful and culturally informed

Members of the Voice would be expected to connect with – and reflect the wishes of – their communities.
The Voice would consult with grassroots communities and regional entities to ensure its representations are informed by their experience, including the experience of those who have been historically excluded from participation.
The Voice will be accountable and transparent

The Voice would be subject to standard governance and reporting requirements to ensure transparency and accountability.
Voice members would fall within the scope of the National Anti-Corruption Commission.
Voice members would be able to be sanctioned or removed for serious misconduct.
The Voice will work alongside existing organisations and traditional structures

The Voice would respect the work of existing organisations.
The Voice will not have a program delivery function

The Voice would be able to make representations about improving programs and services, but it would not manage money or deliver services.
The Voice will not have a veto power
ヴォイスの構造と権限
2023年3月23日、オーストラリア内閣は、国民投票が成功した場合に「声」の設計に使用される一連の設計原則を承認し、アンソニー・アルバネーゼ首相 はこれらの原則が「声の形と機能を支える」と述べた[19][20]。 [19][20]さらに、国民投票が成功した場合、最終的なデザインに取り組むための別のプロセスが設けられると述べ、その後政府が作成した情報パンフ レットには、このプロセスにはオーストラリア先住民コミュニティ、議会、より広範なコミュニティが参加し、いかなる法案も通常の議会の精査手続きを経るこ とになると記載されている[20][5]。

設計原則は以下の通りである[19][21]。

ボイスは議会と政府に対して独立した助言を行う。

ボイスは、アボリジニおよびトレス海峡諸島民に関する事項について、議会および行政府政府に対して意見を表明する。
ボイスは積極的に意見を述べることができる。
ボイスは、議会および行政府からの陳情要請に応えることができる。
ボイスは、調査、開発、表明を行うための独自の資源を持つ。
国会と行政府は、法律や政策が提案された場合、早い段階でヴォイスに書面で意見を求める。
ボイスは、アボリジニおよびトレス海峡諸島民が地域コミュニティの希望に基づいて選出する。

ボイスのメンバーは、行政府によって任命されるのではなく、アボリジニおよびトレス海峡諸島民のコミュニティによって選出される。
メンバーの任期は一定期間とし、コミュニティに対する説明責任を定期的に果たす。
文化的正当性を確保するため、ボイスのメンバーの選出方法は地域コミュニティの意向に沿うものとし、住民投票後のプロセスを通じて決定される。
ボイスは、アボリジニおよびトレス海峡諸島民のコミュニティを代表し、男女のバランスが取れ、若者を含むものとする。

ボイスのメンバーは、標準的な3つのテスト[a]に従って、アボリジニおよび/またはトレス海峡諸島民とする。
メンバーは各州、準州、トレス海峡諸島から選ばれる。
ボイスには、トレス海峡諸島民の代表だけでなく、特定の遠隔地の代表もいる。
ボイスは、全国レベルでバランスのとれた男女代表を持つ。
ボイスは、権限を与え、コミュニティ主導で、包括的で、敬意を払い、文化的な情報に基づいたものとする。

ボイスのメンバーは、それぞれのコミュニティとつながり、コミュニティの意向を反映することが期待される。
ボイスは、草の根コミュニティや地域団体と協議し、歴史的に参加から排除されてきた人々の経験も含め、彼らの経験を反映した代表となるようにする。
ボイスは説明責任を果たし、透明性を確保する。

ボイスは、透明性と説明責任を確保するために、標準的なガバナンスと報告要件に従う。
ヴォイスのメンバーは、国家反汚職委員会の範囲内に入る。
ヴォイスのメンバーは、重大な不正行為に対して制裁を受けたり、解任されたりすることができる。
ヴォイスは既存の組織や伝統的な機構とともに活動する。

ヴォイスは既存の組織の活動を尊重する。
ボイスはプログラム提供機能を持たない。

ボイスはプログラムやサービスの改善について意見を述べることはできるが、資金管理やサービスの提供は行わない。
The Voiceは拒否権を持たない。
Legislation and referendum
Main article: 2023 Australian Indigenous Voice referendum
In the upcoming 2023 referendum, voters will be presented with the following question for them to approve or disapprove. If the referendum is successful, the following proposed amendment will be added to the constitution.

Question
The question that will be put to the Australian people at the 2023 referendum is:[20]
A Proposed Law: To alter the Constitution to recognise the First Peoples of Australia by establishing an Aboriginal and Torres Strait Islander Voice. Do you approve this proposed alteration?

Proposed amendment
The current proposal for the amendment to be inserted into the Constitution is:[20]

Chapter IX Recognition of Aboriginal and Torres Strait Islander Peoples

129 Aboriginal and Torres Strait Islander Voice

In recognition of Aboriginal and Torres Strait Islander peoples as the First Peoples of Australia:

There shall be a body, to be called the Aboriginal and Torres Strait Islander Voice;
The Aboriginal and Torres Strait Islander Voice may make representations to the Parliament and the Executive Government of the Commonwealth on matters relating to Aboriginal and Torres Strait Islander peoples;
The Parliament shall, subject to this Constitution, have power to make laws with respect to matters relating to the Aboriginal and Torres Strait Islander Voice, including its composition, functions, powers and procedures.
立法と国民投票
主な記事 2023年オーストラリア先住民の声国民投票
来る2023年の国民投票において、有権者は以下の質問を提示され、賛否を問う。国民投票が成功した場合、以下の改正案が憲法に追加される。

質問
2023年の国民投票でオーストラリア国民に提示される質問は以下の通りである[20]。
法律案: 提案される法律:アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声を設立することにより、オーストラリアの先住民族を承認するために憲法を改正すること。この改正案に賛成ですか?

修正案
現在、憲法に挿入される改正案は以下の通りである[20]。

第9章 アボリジニおよびトレス海峡諸島民の承認

129 アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声

アボリジニおよびトレス海峡諸島民をオーストラリアの第一の民族として承認する:

アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声(Aboriginal and Torres Strait Islander Voice)と称する団体を設立する;
アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声」は、アボリジニおよびトレス海峡諸島民に関する事項について、議会および連邦行政府に対して意見を述べることができる;
議会は、この憲法に従い、アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声に関する事項(その構成、機能、権限および手続きを含む)に関する法律を制定する権限を有する。
Background
History of Indigenous Australians
Main article: History of Indigenous Australians
Aboriginal peoples have inhabited the continent of Australia for at least 65,000 years and Torres Strait Islanders have inhabited the Torres Strait for thousands of years.[22][23][24] They had complex cultural societies with hundreds of languages and varying degrees of sedentary settlements and technology. Each group of Aboriginal peoples lived on and maintained their own country and developed sophisticated trade networks, inter-cultural relationships, law, and religions.[25][26][27] They were relatively isolated from the rest of the world, but there were extensive networks within the Australian continent and from Torres Strait Islanders to Papuans, certain Aboriginal peoples to Torres Strait Islanders, and certain Aboriginal peoples to the Makassar people of modern-day Indonesia.[28][29]

The colonisation of Australia began with the arrival of the British First Fleet in 1788. No treaties were signed between British officials and Aboriginal Australian peoples; instead the British merely asserted ownership of the continent and responded with violence to any organised resistance to their rule.[30] These violent conflicts between the settlers and the native inhabitants, known as the Australian frontier wars, lasted well into 20th century.[30] Along with various epidemics (including influenza and smallpox) and starvation, this led to drastic population decline among Indigenous peoples during the 18th–19th century. Indigenous peoples faced ongoing systematic persecution and were deprived of much of their ancestral land, culture, and language.[27]

The Commonwealth of Australia was founded on 1 January 1901 with the assent of Queen Victoria to the Commonwealth of Australia Constitution Act, therby binding the six former British colonies together under a federal system of government as a constitutional monarchy. This followed a series of referendums in which all women (except those in Western Australia and South Australia), and non-propertied Indigenous men in Western Australia and Queensland, could not take part.[31] Indigenous Australians became British subjects upon assertion of British sovereignty to their land, and became Australian citizens in 1948, along with all other Australians. Until the 1960s, Indigenous Australians' voting rights and their right to stand for Australian Parliaments were limited.[32] Indigenous Australians face significant adversity in modern Australian society, particularly in education and employment.[33]

Indigenous Australians in the Constitution
See also: Constitutional recognition of Indigenous Australians
Two changes to the Constitution have previously been proposed in referendums, to add or remove references to Indigenous Australians. These are the 1967 Indigenous referendum and the 1999 preamble referendum.

Prior to 1967, the federal government did not have the power to create laws specifically for Indigenous Australians, with section 51(xxvi) giving the Parliament the power to make laws with respect to "the people of any race, other than the aboriginal race in any State".[34] This exclusion, along with another provision that prevented the counting of Indigenous Australians in the population for constitutional purposes, was deleted following the 1967 referendum in which over 90% of Australians voted yes to the changes.[34][35]

The 1998 Australian Constitutional Convention, called to discuss whether or not Australia should become a republic, almost unanimously supported the proposal that a preamble containing a recognition of Indigenous Australians as the original inhabitants and custodians of Australia be inserted into the constitution. This, along with the convention's endorsement of an Australian Republic, was voted on in the 1999 referendum, with both questions being defeated. The first draft of the preamble voted on was written by Prime Minister John Howard, along with poet Les Murray, and was heavily criticised after being released. Indigenous leaders specifically objected to their failure to be consulted and the reference only to the prior occupancy of Indigenous peoples and not their continuing custodianship. A continuing lack of consultation in the creation of the final draft led to Indigenous leaders calling for the preamble question to be dropped. Debate on the preamble question was limited, with much of the focus on the other republic question and the question was eventually defeated, with only 39.34% of Australians voting yes.[36]

Beginning with John Howard in 2007, governments have continually stated their commitment to hold a referendum on constitutional recognition; however, no previous proposal was taken to a vote.[37] In 2017 following the Uluru Statement, debate consolidated around a voice to parliament, as the best form of recognition likely to be both acceptable to Indigenous Australians and passed in a referendum.[38][39]

Indigenous Australians in Parliament
See also: List of Indigenous Australian politicians

Liberal Senator Neville Bonner, Australia's first Aboriginal federal parliamentarian
The rights of Indigenous Australians to vote and stand for parliament faced uneven restrictions across state and federal jurisdictions up until the 1960s. The Menzies government dismantled remaining restrictions on federal voting rights between 1949 and 1962, finally granting all Indigenous people the option to enrol and vote in federal elections. Queensland became the last state to remove restrictions on state voting in 1965.[40][41][42]

The first acknowledged Aboriginal parliamentarians began to emerge at a state level from 1969 and, in 1971, Liberal Neville Bonner, the first Aboriginal Federal Parliamentarian, entered the Senate as representative for Queensland.[43] Indigenous representation in both state and federal parliaments has grown considerably in the 21st century. In 2010, Liberal Ken Wyatt became the first Aboriginal member of the House of Representatives, and in 2019, the first Aboriginal cabinet minister. In 2013, Northern Territory Chief Minister Adam Giles of the Country Liberal Party became the first Aboriginal person to lead an Australian state or territory. The 2022 Australian federal election resulted in a record 11 Aboriginal parliamentarians, representing 4.8% of all parliamentarians, which is higher than the Indigenous Australian population of 3.3%.[44]

Previous national Indigenous advisory bodies
Since 1973, there have been five national Indigenous bodies advising Australian governments.[45] Four were elected and one (the National Indigenous Council) was appointed by the federal government.[46][47]

1973–1976: NACC
The National Aboriginal Consultative Committee (NACC) was created in February 1973 by the Whitlam government's Minister for Aboriginal Affairs, Gordon Bryant, with the help of Charles Perkins.[48] Its principal function was to advise the Department of Aboriginal Affairs (DAA) and the Minister on issues of concern to Aboriginal and Torres Strait Islander peoples. Its members were elected by Indigenous people, who had a turnout of 78% of the 36,338 people on its electoral roll, in November 1973.[48][49] While it maintained a good relationship with Bryant, it had strong detractors in the DAA.[48][50] The NACC saw itself as a legislative body, while the government expected them to be purely advisory, and this, along with other conflicts over the name, funding levels and control led to the end of the organisation.[47] The Fraser government commissioned the 1976 Hiatt Committee review of the body,[51] which concluded that it had not functioned as a consultative committee nor been effective in providing advice to government or making its activities known to most Aboriginal people.[45][unreliable source?][47]

1977–1985: NAC
The NACC was reconstituted in 1977 as the National Aboriginal Congress (NAC).[52] Changes included a move to indirect voting of members through regional representatives, a lower budget and a more explicit advisory role.[47] The Hawke government commissioned the Coombs Review into the NAC in 1983,[53] which found that the body was not held in high regard by the Aboriginal community.[47] After being starved of funds, some financial irregularities were found (attributed[by whom?] to inexperienced staff).[47][48] The NAC was abolished by the Hawke government in 1985.[54] In 1988, the Barunga Statement called for a new elected body to be created.[55]

1990–2005: ATSIC
The Aboriginal and Torres Strait Islander Commission (ATSIC) was established by the Hawke government on 5 March 1990 as an elected body which had responsibility for administering Indigenous programs and service delivery. It was successful in some areas as being a combined deliverer of services; however, there was a low voter turnout for ATSIC elections, allegations of corruption and a lack of government support led to the demise of the organisation.[47] A 2003 review recommended various reforms, including more control of the organisation by Aboriginal and Torres Strait Islander people at a regional level.[56] ATSIC was abolished by the Howard government, with Amanda Vanstone as Aboriginal Affairs Minister, on 24 March 2005,[57] with the support of the Labor party under Mark Latham.[56]

2004–2008:NIC
In November 2004 the Howard government established the National Indigenous Council (NIC), following a proposal earlier in the year.[57] A government inquiry into the demise of ATSIC recommended in March 2005 "that the NIC be a temporary body, to exist only until a proper national, elected representative body is in place".[58] The same inquiry found that, although the members were respected, there was absolutely no support for the institution; only the government regarded it as legitimate.[46] In early 2008, the NIC was disbanded.[59]

2009–2019: National Congress of Australia's First Peoples
In December 2008, the Rudd government asked the Australian Human Rights Commission to develop a new elected Indigenous representative body.[59] This was announced as the National Congress of Australia's First Peoples in November 2009,[60] and was established as a body independent of government.[61] Fewer than 10,000 Indigenous people signed up as members to elect congress delegates,[45] and the Abbott government cut off its main funding stream in 2013. It went into voluntary administration in June 2019,[62] before ceasing completely in October 2019.[63] Calls for a new voice came from the Cape York Institute, headed by Noel Pearson, in 2012 and 2015.[64][65]

Modern development of a constitutional voice to Parliament
Background
Indigenous Australians have long called for better representation, with William Cooper seeking in 1933 to petition King George V for the inclusion of a member of Parliament to represent Indigenous people.[66] However, modern discussion of recognition of Indigenous Australians in the constitution did not begin until 1992, with the Keating Government's response to the Mabo decision. Along with the passage of the Native Title Act, the government proposed that, as a part of a broader social and justice reform package, negotiations should be entered into with Indigenous leaders to develop a mutually acceptable form of constitutional recognition.[67] This did not eventuate however, and formal consultation with Indigenous leaders on a new proposal did not begin again 2012 under the Gillard government.[67] This resulted in the creation of an expert panel, which recommended, amongst other things, the insertion of a prohibition on racial discrimination.[68] The report was not acted on by the government and was criticised by the opposition.

This led to a stalemate, which was not broken until the bipartisan creation of the Referendum Council in 2015

Origin of proposal
The concept of an Indigenous advisory body enshrined in the Constitution originated in Noel Pearson's Quarterly Essay A Rightful Place: Race, Recognition and a More Complete Commonwealth,[69][70] and further expanded on by Greg Craven.[71] This proposal was submitted by the Cape York Institute to the Joint Select Committee on Constitutional Recognition of Aboriginal and Torres Strait Islander Peoples in January 2015.[72][73][74]

The proposal was made in part to bridge the gap between Indigenous advocates and constitutional conservatives in the debate around recognition.[75] Indigenous advocates demanded more than just symbolic recognition in any change and had coalesced around a constitutional prohibition against racial discrimination. This reflected the view that, according to Megan Davis, Indigenous people do not seek inclusion in the Constitution to be recognised, that campaign being "a state-conceived project salvaged from the ashes of the failed 1999 referendum and arguably already achieved in 1967" but instead in order to "ameliorate the unintended (or intended) consequences of the drafting of the 1967 amendment" such as the continuing ability for the government to racially discriminate as seen in the Northern Territory Intervention and the Hindmarsh Island bridge controversy.[76] A racial discrimination clause was unacceptable to constitutional conservatives however, who feared that such a clause would be widely interpreted by so called "activist judges" and unacceptably limit parliamentary sovereignty.

Arguing that conservative support was required for any referendum to succeed, the proposal envisioned a duty for the Parliament to consult with Indigenous communities, but with no duty to follow this advice, thereby retaining parliamentary sovereignty. This duty would be beneficial as the High Court had in Maloney v The Queen found that no duty to consult currently existed in the exercise of "special measures" under the meaning of the ICERD and the Racial Discrimination Act 1975 (Cth),[77] despite the evolution of international jurisprudence suggesting otherwise.[78] Additionally, it was argued that through the proposal being proactive, Indigenous people would be involved as "participants in Australia’s democratic and parliamentary processes, rather than as litigants".[74] While receiving broad academic support, some noted that if the design of the body is wholly left to Parliament, it may not have sufficient political power to negotiate with government[79] and that the body may not be able to provide advice early enough to be effective.[80][81]

Development under Liberal government
Bipartisan Referendum Council and committees
On 7 December 2015 a 16-member Referendum Council was appointed by Liberal prime minister Malcolm Turnbull and the ALP's Bill Shorten.[82] In October 2016, the Council released the Discussion Paper on Constitutional Recognition of Aboriginal and Torres Strait Islander Peoples, which outlined the various proposals to date, including that of an Indigenous voice.[83] The council then engaged in a consultation process with Indigenous Australians, eventually meeting with over 1,200 people. This led to the First Nations National Constitutional Convention on 26 May 2017, whose delegates collectively composed the Uluru Statement from the Heart. This statement included the request, "We call for the establishment of a First Nations Voice enshrined in the Constitution."[84]

On 13 June 2017, the Referendum Council released their final report. This included the following recommendation:[85]

That a referendum be held to provide in the Australian Constitution for a representative body that gives Aboriginal and Torres Strait Islander First Nations a Voice to the Commonwealth Parliament. One of the specific functions of such a body, to be set out in legislation outside the Constitution, should include the function of monitoring the use of the heads of power in section 51(xxvi) and section 122. The body will recognise the status of Aboriginal and Torres Strait Islander peoples as the first peoples of Australia.

In response to this, the federal government established the Joint Select Committee on Constitutional Recognition relating to Aboriginal and Torres Strait Islander Peoples in March 2018.[86] It was tasked with reviewing the findings of the Uluru Statement delegates, Referendum Council, and the two earlier constitutional recommendation bodies. Its final report, published in November 2018, included four recommendations, the first of which was to "initiate a process of co-design with Aboriginal and Torres Strait Islander peoples".[87] It stated that the delegates at the 2017 Convention "understood that the primary purpose of The Voice was to ensure that Aboriginal and Torres Strait Islander voices were heard whenever the Commonwealth Parliament exercised its powers to make laws under section 51(xxvi) and section 122 of the Constitution".[88]

Co-design of the Voice

Ken Wyatt, Minister for Indigenous Affairs in the Morrison government
On 30 October 2019, Ken Wyatt, Minister for Indigenous Australians in the Morrison government, announced the commencement of a "co-design process" aimed at providing an Indigenous voice to government. A Senior Advisory Group (SAG) was co-chaired by Professor Tom Calma, chancellor of the University of Canberra, and Marcia Langton, associate provost at the University of Melbourne, and comprising 20 leaders and experts from across the country.[89] The body was described as a "voice to government", rather than a "voice to parliament".

Prime Minister Scott Morrison rejected the proposal in the Uluru Statement for a voice to parliament to be put into the Australian Constitution; instead, in his government's model, the voice would be enshrined in legislation. The government also said it would run a referendum during its present term about recognising Indigenous people in the Constitution "should a consensus be reached and should it be likely to succeed".[90]

2021 Senior Advisory Group reports
An interim report by the Senior Advisory Group led by Langton and Calma was delivered to the government in November 2020,[91] and officially published on 9 January 2021. It included proposals that the government would be obliged to consult the Voice prior to passing new legislation relating to race, native title or racial discrimination, where it would affect Indigenous Australians. However, the Voice would not be able to veto the enactment of such laws, or force changes to government policies. The Voice would comprise either 16 or 18 members, who would either be elected directly or come from the regional and local voice bodies.[92] On the same day, Wyatt announced a second stage of co-design meetings lasting four months, involving more consultation with Indigenous people.[93] Calma reported in March 2021 that about 25 to 35 regional groups would be created, with a mechanism for individuals to pass ideas up the chain from local to regional.[94]

In July 2021 the Indigenous Voice Co-design Process panel released its final report.[95][96] It proposed a series of Local and Regional voices, able to provide advice to all levels of government, and a National Voice, made up of a smaller number of members, able to provide advice to both Parliament and Government.[11] The members of the National Voice would be chosen by the Local and Regional Voice for each area. The parliament would be 'obliged' to consult the national voice on a limited number of matters that overwhelmingly affect Indigenous Australians and 'expec[ted]' to consult the National Voice on other matters that 'significantly affect' Indigenous Australians. The report did not cover changing the Constitution (as this was outside its terms of reference)[97] and these bodies would be created via legislation rather than through a constitutional amendment.[12] While the government announced that the report would be considered in Parliament as soon as possible, no legislation was passed by the election of May 2022.[12]

Development under Labor government

Linda Burney, Minister for Indigenous Australians in the Albanese government
In the May 2022 Australian federal election a Labor government was elected with Anthony Albanese as Prime Minister of Australia. In his victory speech, Albanese said that a referendum to decide the Indigenous Voice to Parliament would be held within his term of office, with Minister for Indigenous Australians Linda Burney overseeing the process.[13]

At the Garma Festival of Traditional Cultures in July, Albanese spoke in more detail of the government's plans for a Voice to Parliament. He proposed to add the following three lines to the Constitution:[98][99][100]

There shall be a body, to be called the Aboriginal and Torres Strait Islander Voice.
The Aboriginal and Torres Strait Islander Voice may make representations to Parliament and the Executive Government on matters relating to Aboriginal and Torres Strait Islander Peoples.
The Parliament shall, subject to this Constitution, have power to make laws with respect to the composition, functions, powers and procedures of the Aboriginal and Torres Strait Islander Voice.
He also proposed that the actioning referendum ask the question:"Do you support an alteration to the Constitution that establishes an Aboriginal and Torres Strait Islander Voice?"[98]

On 23 March 2023, the Australian Government released a proposed question and amendment for consideration by the Australian Parliament, following advice from the Referendum Working Group.[3]

The proposed question is:

A Proposed Law: to alter the Constitution to recognise the First Peoples of Australia by establishing an Aboriginal and Torres Strait Islander Voice. Do you approve this proposed alteration?[15]

The proposed amendment is:[15]

Chapter IX Recognition of Aboriginal and Torres Strait Islander Peoples

129 Aboriginal and Torres Strait Islander Voice

In recognition of Aboriginal and Torres Strait Islander peoples as the First Peoples of Australia:

There shall be a body, to be called the Aboriginal and Torres Strait Islander Voice;
The Aboriginal and Torres Strait Islander Voice may make representations to the Parliament and the Executive Government of the Commonwealth on matters relating to Aboriginal and Torres Strait Islander peoples;
The Parliament shall, subject to this Constitution, have power to make laws with respect to matters relating to the Aboriginal and Torres Strait Islander Voice, including its composition, functions, powers and procedures.
Referendum preparation
See also: 2023 Australian Indigenous Voice referendum
The first meetings of the Referendum Working Group (RWG) and the Referendum Engagement Group (REG) were held in Canberra on 29 September 2022. The RWG, co-chaired by minister Linda Burney and special envoy Patrick Dodson, includes a broad cross-section of representatives from First Nations communities across Australia. Their remit is to provide advice to the government on how best to ensure a successful referendum, focusing on the key questions that need to be considered, including:[101]

The timing to conduct a successful referendum
Refining the proposed constitutional amendment and question
The information on the Voice necessary for a successful referendum
The RWG includes Ken Wyatt, Tom Calma, Marcia Langton, Megan Davis, Jackie Huggins, Noel Pearson, Pat Turner, Galarrwuy Yunupingu, Aboriginal and Torres Strait Islander Social Justice Commissioner June Oscar, and a number of other respected leaders and community members. The REG includes those on the RWG as well as other Aboriginal and Torres Strait Islander representatives from across the country, including land councils, local governments and community-controlled organisations. Mick Gooda, Kado Muir, and Hannah McGlade are included in this larger group. They will provide advice about building community understanding, awareness and support for the referendum.[101]

On 28 December 2022 at the Woodford Folk Festival, the prime minister said that the referendum would be held within a year,[102][103] with the date eventually set for 14 October 2023.[2] An official pamphlet, containing details of the proposed change to the constitution and two essays written by the yes and no campaigns, is in the process of being mailed to every household before the vote and is also available on the Australian Electoral Commission website.[104]

Legal concerns

Former High Court Judge Ian Callinan
Legal opinion in Australia is divided over the suitability of the current wording of the proposed constitutional amendment.[105][106][107][108][109]

Draft
Following release of the draft wording of the amendment, former High Court of Australia judge Ian Callinan (who opposes the Voice), as well as constitutional experts Frank Brennan and Emeritus Professor Greg Craven (who support the Voice) argued against the Voice being granted the power to make representations to "executive government" (rather than simply Parliament), as it would raise the prospect of many legal challenges.[105] They also argued that the Albanese government's definition of what issues the Voice body should be empowered to advise upon is too broad, and represents a radical change to Australia's system of government.[110] In December 2022 Callinan called for clarification of the intended franchise and financial and judicial oversight methods.[111] Brennan has worked on the Senior Advisory Panels working towards the Voice, but disagreed with the draft wording and in February 2023 proposed alternative wording.[112][113]

March 2023 final wording
The government, after consulting with its Indigenous working group and legal experts,[114] confirmed its wording on 23 March 2023, with an amendment to clarify that other arms of government could ignore the advice of the Voice, stating that parliament would "subject to this Constitution, have power to make laws with respect to matters relating to the Aboriginal and Torres Strait Islander voice, including its composition, functions, powers and procedures".[107] Attorney-General Mark Dreyfus had sought the addition of the words "and the legal effect of its representations" to this third line of the proposed Constitutional amendment to emphasise Parliamentary supremacy, but this was rejected by the Working Party.[115]

Greg Craven, a member of the government's Constitutional Expert Group, criticised the government's failure to heed warnings about the legal and administrative implications of the scope of the wording, and feared that the referendum would fail.[116] Other constitutional experts have backed the proposal as a "safe and sensible" legal option. Former High Court judge Kenneth Hayne wrote that the Voice would not obstruct the government's function. Anne Twomey, a legal expert at the University of Sydney, pointed out that there was no legal obligation for Parliament to carry out the Voice's suggestions. George Williams, law professor at the University of New South Wales agreed, calling the proposal a modest one. The Law Council of Australia supported the model, calling it a "modest step". The attorney-general, Mark Dreyfus, said that the amendment made clear that parliament would have the power to legislate the functions and powers of the Voice.[107] He said that the proposed constitutional change "would not oblige the parliament or the executive government to consult the Voice prior to enacting, amending or repealing any law, making a decision, or taking any other action". Barrister Bret Walker and former High Court justice and chief of the court Robert French are happy with the proposal as it stands.[114]

A major sticking point among experts is the inclusion of the phrase "executive government"; the Voice as proposed would have the power to make representations to parliament as well as executive government. In Australia, "executive government" comprises ministers and the departments they oversee.[114] It is a broad term, which covers a wide range of people from the governor-general to the cabinet and public servants.[105] Opponents argue that it makes it possible that the whole of the federal government, including its agencies, would be under an obligation to consult the Voice, and that the wording could allow judges could make rulings about its nature. However Anne Twomey argues that there is no such obligation in the proposal, and that past High Court rulings have found that the term extends to ministers and government departments, but not statutory bodies, which are distinct legal entities.[114] Noel Pearson has also stressed the importance of talking to the public service, as well as the politicians in effecting change stating, "yes, you want to be able to talk to Jim Hacker on Yes Minister, but if you're not talking to... Sir Humphrey, you're going to get nowhere. You've got to talk to the bureaucrats, they're the ones who affect our lives."[117]

Then shadow attorney-general, Julian Leeser, outlined his concerns about the "executive government" clause to the National Press Club on 3 April, namely that the clause's meaning is unclear and may be interpreted by the High Court in a way unexpected and unable to be modified later by legislation. Additionally, he argued for the deletion of the clause to improve the success of a successful referendum as the clause would likely be central to the arguments of the no case. He also expressed concerns with the preambular statement "In recognition of Aboriginal and Torres Strait Islander Peoples as the First Peoples of Australia:" as this may be used in interpreting the provision and its legal effect is unclear.[118][119] However, despite these concerns, Leeser has stated he will vote yes and will continue to campaign for a successful referendum.[120]

On 21 April, legal advice from the solicitor-general, Stephen Donaghue, was released by the federal government. Donaghue's advice stated that the Voice would be compatible with the current system of government and refuted suggestions the Voice would lead to a large number of legal challenges.[121][122] He also stated that the Voice would be an enhancement to the Australian Constitution and would help in "overcoming barriers that have historically impeded effective participation by Aboriginal and Torres Strait Islander peoples in political discussions and decisions that affect them" and would also "rectify a distortion in the existing system".[123]

In May 2023 constitutional law professors Nicholas Aroney and Peter Gerangelos highlighted what they believed were a number of issues with the proposed constitutional amendment in a submission to the Joint Select Committee.[124] Firstly, they suggested that the Voice may be seen by the High Court as having a similar constitutional status as the Parliament, executive and the High Court, and this may lead to a finding that the Commonwealth's fiduciary duty to Indigenous people is greater than to its other citizens. The professors also characterised the amendments as introducing a "positive right" which they suggest is currently unknown to the Australian Constitution. Sydney barrister Louise Clegg has noted that this advice contradicts the government's Constitutional Expert Group's advice (that no new rights would be inserted by the proposal) and claims this also counteracts the solicitor-general's advice.[125] It has also been alleged by vice-president of the Rule of Law Institute of Australia Chris Merritt, that the proposal would "clearly restrict the sovereign power of the Commonwealth in a way that nobody has even considered. It's very, very worrying."[126]

Stances and opinions
Political parties
Main articles: 2023 Australian Indigenous Voice referendum § Positions, and Endorsements in the 2023 Australian Indigenous Voice referendum
The Anthony Albanese led Labor government supports the Voice,[127] arguing in the official Yes referendum pamphlet that the Voice will recognise Indigenous Australians in the constitution in the way they requested, improve government decision making through listening to advice on matters that affect Indigenous Australian lives, and make practical progress in closing the gap.[128]

Both the Liberal[129] and National parties however oppose the voice, arguing in the official No referendum pamphlet that the Voice is legally risky, divisive and far too broad in its scope.[130] Peter Dutton has instead argued for a more symbolic inclusion change in the Constitution as a form of recognition, with local and regional voices to be legislated (without a national Voice).[131] However, the leader of the Nationals David Littleproud, has indicated that his party does not support this legislated regional and local voices model either, creating doubts as to whether this policy could be enacted if the Coalition gained government.[132]

Public opinion
This section is an excerpt from Opinion polling for the 2023 Australian Indigenous Voice referendum.[edit]
背景
オーストラリア先住民の歴史
主な記事 オーストラリア先住民の歴史
アボリジニは少なくとも6万5,000年前からオーストラリア大陸に居住しており、トレス海峡諸島民は数千年前からトレス海峡に居住していた[22] [23][24]。彼らは、数百の言語と様々な程度の定住集落と技術を持つ複雑な文化社会を持っていた。アボリジニの各グループはそれぞれの国に住み、独 自の国を維持し、洗練された交易ネットワーク、文化間の関係、法律、宗教を発展させました[25][26][27]。彼らは世界の他の地域からは比較的孤 立していましたが、オーストラリア大陸内や、トレス海峡諸島人からパプア人へ、特定のアボリジニからトレス海峡諸島人へ、特定のアボリジニから現代インド ネシアのマカッサル人へと、広範なネットワークがありました[28][29]。

オーストラリアの植民地化は、1788年のイギリス第一艦隊の到着によって始まった。その代わり、イギリスは大陸の所有権を主張し、自分たちの支配に対す る組織的な抵抗には暴力で対抗しただけであった[30]。このような入植者と先住民との暴力的な対立は、オーストラリア開拓戦争として知られ、20世紀ま で続いた[30]。インフルエンザや天然痘などの様々な伝染病や飢餓とともに、18~19世紀には先住民の人口が激減した。先住民は継続的な組織的迫害に 直面し、先祖伝来の土地、文化、言語の多くを奪われた[27]。

オーストラリア連邦は、1901年1月1日にビクトリア女王がオーストラリア連邦憲法法(Commonwealth of Australia Constitution Act)に同意し、6つの旧英国植民地を立憲君主制の連邦政府制度の下で統合したことにより設立されました。その後、西オーストラリア州と南オーストラリ ア州を除くすべての女性と、西オーストラリア州とクイーンズランド州では有権者でない先住民男性は参加できない住民投票が行われた[31]。オーストラリ ア先住民は、自分たちの土地に対する英国の主権が主張された時点で英国臣民となり、1948年には他のすべてのオーストラリア人と共にオーストラリア市民 となった。1960年代まで、オーストラリア先住民の選挙権と連邦議会への立候補の権利は制限されていました[32]。オーストラリア先住民は、現代の オーストラリア社会において、特に教育や雇用の面で大きな困難に直面しています[33]。

憲法におけるオーストラリア先住民
以下も参照のこと: オーストラリア先住民の憲法上の承認
過去に2度、国民投票でオーストラリア先住民に関する記述を追加または削除する憲法改正が提案されたことがある。1967年の先住民国民投票と1999年の前文国民投票である。

1967年以前は、連邦政府はオーストラリア先住民に特化した法律を制定する権限を持っておらず、第51条(xxvi)は「いずれかの州における原住民以 外のあらゆる人種の人々」[34]に関して法律を制定する権限を議会に与えていた。この除外規定は、憲法上の目的のためにオーストラリア先住民を人口にカ ウントすることを妨げる別の規定とともに、1967年の国民投票で90%以上のオーストラリア人が変更に賛成票を投じたことを受けて削除された[34] [35]。

オーストラリアが共和制に移行すべきか否かを議論するために招集された1998年のオーストラリア憲法制定大会では、オーストラリア先住民をオーストラリ アの原住民および管理者として認識することを盛り込んだ前文を憲法に挿入する案がほぼ全会一致で支持された。この前文とオーストラリア共和国の承認は、 1999年の国民投票で投票され、いずれも否決された。投票に付された前文の最初の草案は、ジョン・ハワード首相が詩人のレス・マーレイとともに書いたも ので、発表後激しい批判を浴びた。先住民族の指導者たちは、先住民族に協議が行われなかったことや、先住民族の先住権にのみ言及し、彼らの継続的な統治権 には言及していないことに特に異議を唱えた。最終草案作成における協議の欠如が続いたため、先住民の指導者たちは前文の質問を取りやめるよう求めた。前文 に関する質問の討論は制限され、他の共和国に関する質問に多くの焦点が当てられ、最終的にこの質問はオーストラリア国民の39.34%が賛成票を投じたの みで否決された[36]。

2007年のジョン・ハワードに始まり、各国政府は憲法承認に関する国民投票を実施することを継続的に表明してきたが、過去の提案で投票に持ち込まれたも のはなかった[37]。ウルル声明を受けた2017年、オーストラリア先住民に受け入れられ、国民投票で可決される可能性が高い最善の承認形態として、議 会への発言権を中心に議論が集約された[38][39]。

議会におけるオーストラリア先住民
こちらも参照: オーストラリア先住民政治家リスト

オーストラリア初のアボリジニ連邦議会議員、ネビル・ボナー自由党上院議員
1960年代まで、オーストラリア先住民の選挙権や国会議員立候補の権利は、州や連邦の管轄区域によって不均一な制限を受けていた。メンジーズ政権は、 1949年から1962年にかけて連邦選挙権に残っていた制限を撤廃し、最終的にすべての先住民に連邦選挙への登録と投票の選択肢を与えた。クイーンズラ ンド州は、1965年に州選挙権の制限を撤廃した最後の州となった[40][41][42]。

1969年からは、州レベルで初めてアボリジニの国会議員が誕生し、1971年には、初のアボリジニ連邦議員である自由党のネビル・ボナーがクイーンズラ ンド州代表として上院に入った[43]。2010年、自由党のケン・ワイアットがアボリジニ初の下院議員となり、2019年にはアボリジニ初の閣僚となっ た。2013年には、国自由党のアダム・ジャイルズ北部準州首相が、アボリジニとして初めてオーストラリアの州・準州を率いることになった。2022年の オーストラリア連邦選挙では、過去最多となる11人のアボリジニ国会議員が誕生し、国会議員全体の4.8%を占めた。

これまでの先住民諮問機関
1973年以降、オーストラリア政府に助言する先住民の国家機関は5つあった[45]。4つは選挙で選ばれ、1つ(国家先住民評議会)は連邦政府によって任命された[46][47]。

1973-1976: NACC
全国先住民協議委員会(National Aboriginal Consultative Committee: NACC)は、1973年2月にウィットラム政権のゴードン・ブライアント先住民問題担当大臣がチャールズ・パーキンスの協力を得て創設した[48]。そ の主な役割は、アボリジニおよびトレス海峡諸島民の関心事について、アボリジニ問題担当省(Department of Aboriginal Affairs: DAA)と大臣に助言することであった。1973年11月に行われた選挙では、36,338人のうち78%の投票率で、メンバーは先住民によって選出され た[48][49]。ブライアントとは良好な関係を維持していたが、DAA内には強い反発者がいた[48][50]。NACCは自らを立法機関と見なして いたのに対し、政府は純粋な助言機関であることを期待していたため、名称、資金水準、統制をめぐるその他の対立とともに、組織の終焉につながった。 [フレーザー政府は1976年にハイアット委員会にNACCの見直しを依頼し[51]、NACCは諮問委員会として機能しておらず、政府へのアドバイスや アボリジニの多くにNACCの活動を知らしめる効果もなかったと結論づけた[45][信頼できない情報源?][47]。

1977-1985: NAC
NACCは1977年に全国アボリジニ会議(NAC)として再編成された[52]。変更点としては、地域代表を通したメンバーの間接投票への移行、低予算 化、より明確な助言の役割などがあった[47]。 [1985年、NACはホーク政権によって廃止された[54]。1988年、バルンガ声明は新たな選出機関の設立を求めた[55]。

1990-2005: ATSIC
アボリジニ・トレス海峡諸島民委員会(ATSIC)は、1990年3月5日にホーク政権によって、先住民プログラムとサービス提供を管理する責任を持つ選 挙機関として設立された。ATSICは複合的なサービス提供機関としていくつかの分野で成功を収めたが、ATSICの選挙における投票率は低く、汚職の疑 惑や政府の支援不足もあり、ATSICは解散に追い込まれた[47]。 [2003年の見直しでは、アボリジニおよびトレス海峡諸島民による地域レベルでの組織の管理強化など、さまざまな改革が提言された[56]。ATSIC は、アマンダ・ヴァンストーンをアボリジニ問題担当大臣とするハワード政権によって2005年3月24日に廃止され[57]、マーク・レーサム率いる労働 党の支持を得た[56]。

2004年~2008年:NIC
2004年11月、ハワード政権は年初の提案を受け、全国先住民協議会(NIC)を設立した[57]。ATSICの終焉に関する政府の調査は2005年3月、「NICは一時的な組織とし、選挙で選ばれた適切な全国代表組織ができるまで存在すること」を勧告した[58]。

2009年~2019年:オーストラリア先住民全国会議
2008年12月、ラッド政権はオーストラリア人権委員会に対し、選挙で選ばれる新たな先住民代表組織の設立を要請した[59]。 これは2009年11月にオーストラリア先住民全国会議(National Congress of Australia's First Peoples)として発表され[60]、政府から独立した組織として設立された[61]。 大会代表を選出するためのメンバーとして登録した先住民は10,000人に満たず[45]、アボット政権は2013年に主な資金源を断絶した。2019年 6月に任意行政機関となり[62]、その後2019年10月に完全に廃止された[63]。 ノエル・ピアソンが代表を務めるケープ・ヨーク研究所からは、2012年と2015年に新たな声を求める声が上がっていた[64][65]。

議会に対する憲法上の声の近代的発展
背景
1933年、ウィリアム・クーパーがジョージ5世に先住民を代表する国会議員を加えるよう請願した[66]。しかし、憲法におけるオーストラリア先住民の 承認に関する近代的な議論が始まったのは、1992年のマボ判決に対するキーティング政権の対応からである。同政府は、先住民の称号法(Native Title Act)の成立とともに、より広範な社会・司法改革パッケージの一環として、先住民の指導者たちと交渉し、相互に受け入れ可能な憲法上の承認形態を策定す ることを提案した[67]。 [しかしこれは実現せず、新たな提案に関する先住民指導者との正式な協議は、ギラード政権下の2012年以降も開始されなかった[67]。この結果、専門 家パネルが設置され、特に人種差別の禁止を挿入するよう勧告された[68]。

このため膠着状態が続き、2015年に超党派で国民投票審議会が設置されるまで打開されることはなかった。

提案の由来
憲法に先住民の諮問機関を明記するという構想は、ノエル・ピアソンの季刊エッセイ『A Rightful Place』に端を発する: この提案はケープ・ヨーク研究所によって2015年1月にアボリジニおよびトレス海峡諸島民の憲法上の承認に関する合同特別委員会に提出された[72] [73][74]。

この提案は、承認をめぐる議論における先住民擁護派と憲法保守派の間のギャップを埋めるためになされたものであった[75]。先住民擁護派は、いかなる変 更においても単なる象徴的な承認以上のものを要求し、人種差別に対する憲法上の禁止を中心にまとまった。これは、ミーガン・デイヴィスによれば、先住民は 認知されるために憲法に含まれることを求めているのではなく、そのキャンペーンは「1999年の住民投票の失敗の灰の中から救い出され、間違いなく 1967年にすでに達成された国家が考案したプロジェクト」であり、その代わりにノーザン・テリトリーの介入やヒンドマーシュ島の橋の論争に見られるよう な、政府が人種差別を行う継続的な能力など、「1967年の修正草案の意図しない(あるいは意図された)結果を改善するため」であるという見解を反映した ものであった。 [しかし、人種差別条項は、いわゆる「活動家裁判官」によって広く解釈され、議会主権を容認できないほど制限することを恐れた憲法保守派にとっては受け入 れがたいものであった。

国民投票を成功させるためには保守派の支持が必要であるとして、この提案は、議会が先住民コミュニティと協議する義務を負うが、その助言に従う義務はな く、議会の主権を維持することを想定していた。この義務は、国際的な法理学の発展がそうでないことを示唆しているにもかかわらず、高等法院(High Court)がMaloney v The Queenにおいて、ICERDと1975年人種差別禁止法(Racial Discrimination Act 1975 (Cth))[77]の意味する「特別措置」の行使において協議する義務は現在のところ存在しないと判断したことから、有益なものとなる。 [78]さらに、この提案が積極的なものであることによって、先住民は「訴訟当事者としてではなく、オーストラリアの民主的かつ議会的なプロセスへの参加 者」として関与することになると主張された[74]。広範な学問的支持を得る一方で、組織の設計がすべて議会に委ねられている場合、政府と交渉するための 十分な政治力を持たない可能性があり[79]、組織が効果的な助言を早期に提供できない可能性があると指摘する声もあった[80][81]。

自由党政権下の発展
超党派の国民投票評議会と委員会
2015年12月7日、自由党のマルコム・ターンブル首相とALPのビル・ショーテン氏によって、16人のメンバーからなる国民投票評議会が任命された [82]。2016年10月、評議会は「アボリジニおよびトレス海峡諸島民の憲法承認に関するディスカッション・ペーパー」を発表し、先住民の声を含むこ れまでのさまざまな提案の概要を説明した[83]。その後、評議会はオーストラリア先住民との協議プロセスに取り組み、最終的に1,200人以上と面談し た。これが2017年5月26日に開催されたファースト・ネーションズ全国憲法制定大会につながり、その代表者たちは「ウルル・ステートメント・フロム・ ザ・ハート」をまとめた。この声明には「憲法に明記されたファースト・ネーションズの声の確立を求める」という要請が含まれていた[84]。

2017年6月13日、住民投票評議会は最終報告書を発表した。これには以下の勧告が含まれていた[85]。

オーストラリア憲法において、アボリジニおよびトレス海峡諸島民のファースト・ネーションに連邦議会への発言権を与える代表機関を規定するために国民投票 を実施すること。このような組織の具体的な機能のひとつは、憲法外の法律に規定され、第51条(xxvi)および第122条にある権力の行使を監視する機 能を含むべきである。この機関は、アボリジニおよびトレス海峡諸島民がオーストラリアの最初の民族であることを認識する。

これを受けて連邦政府は、2018年3月に「アボリジニおよびトレス海峡諸島民に関する憲法承認に関する合同特別委員会」を設置した[86]。 この委員会は、ウルル声明代表団、国民投票評議会、先の2つの憲法勧告機関の調査結果を見直すことを任務としていた。2018年11月に公表されたその最 終報告書には4つの勧告が含まれており、その第1は「アボリジニおよびトレス海峡諸島民との共同設計のプロセスを開始する」ことであった[87]。 2017年大会の代表団は、「ザ・ボイスの主な目的は、連邦議会が憲法第51条(xxvi)および第122条に基づき法律を制定する権限を行使するときは いつでも、アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声を確実に聞くことであると理解していた」と述べている[88]。

声の共同デザイン

モリソン政権のケン・ワイアット先住民問題担当大臣
2019年10月30日、モリソン政権のケン・ワイアット豪州先住民担当大臣は、政府に先住民の声を提供することを目的とした「共同設計プロセス」の開始 を発表した。上級諮問グループ(SAG)は、キャンベラ大学学長のトム・カルマ教授とメルボルン大学副学長のマーシャ・ラングトンが共同議長を務め、全国 から集まった20人の指導者や専門家で構成された[89]。この組織は、「議会への声」ではなく「政府への声」と説明された。

スコット・モリソン首相は、ウルル声明で提案された「議会への発言権」をオーストラリア憲法に盛り込むという提案を拒否した。同政権はまた、憲法に先住民 族を明記することについて、「コンセンサスが得られ、それが成功しそうであれば」現任期中に国民投票を実施すると述べた[90]。

2021年 上級諮問グループ報告書
ラングトンとカルマが率いる上級諮問グループによる中間報告が2020年11月に政府に提出され[91]、2021年1月9日に正式に発表された。その中 には、人種、先住民の権利、人種差別に関連する新法がオーストラリア先住民に影響を与える場合、政府はヴォイスに事前に相談する義務があるという提案が含 まれていた。ただし、ヴォイスはそのような法律の制定に拒否権を行使したり、政府の政策に変更を迫ることはできない。ボイスは16名または18名のメン バーで構成され、直接選挙で選ばれるか、地域や地方のボイス組織から選出される[92]。同日、ワイアットは、先住民との協議を深めるために、4ヶ月間に わたる共同デザイン会議の第2段階を行うと発表した[93]。 カルマは2021年3月に、個人が地方から地方へとアイデアを連鎖させる仕組みを持つ、約25から35の地域グループが創設されると報告した[94]。

2021年7月、先住民の声共同デザイン・プロセス・パネルは最終報告書を発表した[95][96]。 同パネルは、政府のすべてのレベルに対して助言を提供することができる一連のローカル・ボイスとリージョナル・ボイス、そして国会と政府の両方に対して助 言を提供することができる、より少数のメンバーで構成されるナショナル・ボイスを提案した[11]。ナショナル・ボイスのメンバーは、各地域のローカル・ ボイスとリージョナル・ボイスによって選ばれる。議会は、オーストラリア先住民に圧倒的に影響する限られた事柄についてナショナル・ボイスと協議する「義 務を負い」、オーストラリア先住民に「著しく影響する」その他の事柄についてナショナル・ボイスと協議する「ことが期待される」。報告書は憲法の改正につ いては触れておらず(これは報告書の職務権限外であったため)[97]、これらの機関は憲法改正ではなく法律によって設立されることになった[12]。政 府は報告書をできるだけ早く国会で審議すると発表したが、2022年5月の選挙までに法案は可決されなかった[12]。

労働党政権下の発展

アルバニー政権のリンダ・バーニー豪州先住民担当大臣
2022年5月のオーストラリア連邦選挙では、アンソニー・アルバネーゼを首相とする労働党政権が誕生した。アルバネーゼは勝利演説の中で、議会への先住 民の声を決める国民投票を任期内に実施し、リンダ・バーニー豪州先住民担当大臣がそのプロセスを監督すると述べた[13]。

7月に開催されたガルマ伝統文化祭(Garma Festival of Traditional Cultures)でアルバネーゼは、政府の「議会への声」計画についてさらに詳しく語った。彼は憲法に以下の3行を加えることを提案した[98][99][100]。

アボリジニ・トレス海峡諸島民の声(Aboriginal and Torres Strait Islander Voice)と呼ばれる組織を設置する。
アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声」は、アボリジニおよびトレス海峡諸島民に関する事項について、議会および行政府に対して意見を述べることができる。
国会は、この憲法に従い、アボリジニ・トレス海峡諸島民の声の構成、機能、権限、手続きに関して法律を制定する権限を持つ。
彼はまた、「アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声を設立する憲法改正を支持しますか」という質問を国民投票によって行うことを提案した[98]。

2023年3月23日、オーストラリア政府は国民投票作業部会からの助言を受けて、オーストラリア議会で検討するための質問案と修正案を発表した[3]。

質問案は以下の通り:

法律案:アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声を設立することにより、オーストラリアの先住民族を承認するために憲法を変更する。あなたはこの改正案に賛成しますか[15]?

修正案は以下の通りである[15]。

第IX章 アボリジニおよびトレス海峡諸島民の承認

129 アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声

アボリジニおよびトレス海峡諸島民をオーストラリアの先住民として認識する:

アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声(Aboriginal and Torres Strait Islander Voice)と称する団体を設立する;
アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声」は、アボリジニおよびトレス海峡諸島民に関する事項について、議会および連邦行政府に対して意見を述べることができる;
議会は、この憲法に従い、アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声に関する事項(その構成、機能、権限および手続きを含む)に関する法律を制定する権限を有する。
国民投票の準備
参照:2023年オーストラリア先住民の声国民投票
国民投票作業部会(RWG)と国民投票関与部会(REG)の初会合が2022年9月29日にキャンベラで開催された。リンダ・バーニー大臣とパトリック・ ドッドソン特使が共同議長を務めるRWGには、オーストラリア全土のファーストネーション・コミュニティの代表が幅広く参加している。RWGの任務は、住 民投票を成功させるための最善の方法について政府に助言を提供することであり、以下のような検討すべき主要な問題に焦点を当てている[101]。

国民投票を成功させるためのタイミング
憲法改正案と質問の洗練
国民投票を成功させるために必要な「声」に関する情報
RWGには、ケン・ワイアット、トム・カルマ、マーシャ・ラングトン、ミーガン・デイビス、ジャッキー・ハギンズ、ノエル・ピアソン、パット・ターナー、 Galarrwuy Yunupingu、アボリジニ・トレス海峡諸島民社会正義委員のジューン・オスカー、その他多数の尊敬すべき指導者やコミュニティメンバーが参加してい る。REGには、RWGのメンバーだけでなく、土地評議会、地方自治体、コミュニティが管理する組織など、全国から集まったアボリジニおよびトレス海峡諸 島民の代表も含まれている。ミック・グッダ、カド・ミュア、ハンナ・マクグレイドもこの大きなグループに含まれている。彼らは、住民投票に対するコミュニ ティの理解、認識、支持を高めるためのアドバイスを提供する[101]。

2022年12月28日にウッドフォード・フォーク・フェスティバルで、首相は国民投票を1年以内に実施すると発言し[102][103]、最終的に実施 日は2023年10月14日に決定された[2]。憲法改正案の詳細と賛成・反対キャンペーンが書いた2つのエッセイが掲載された公式パンフレットは、投票 前に全世帯に郵送される手続き中であり、オーストラリア選挙管理委員会のウェブサイトでも入手可能である[104]。

法的懸念

イアン・カリナン元高裁判事
オーストラリアでは、憲法改正案の現在の文言の妥当性をめぐって法的見解が分かれている[105][106][107][108][109]。

草案
改正草案の文言が発表された後、元オーストラリア高等法院判事のイアン・カリナン(「声」に反対)、憲法の専門家であるフランク・ブレナン、グレッグ・ク レイブン名誉教授(「声」を支持)は、「声」に(単に議会ではなく)「行政府」に対して意見表明を行う権限が付与されることは、多くの法的挑戦の可能性を もたらすとして反対を主張した[105]。 [105]また、ボイスに助言する権限を与えるべき問題についてのアルバネーゼ政権の定義は広範に過ぎ、オーストラリアの政府制度を根本的に変えるものだ とも主張した[110]。 2022年12月、カリナンは、意図するフランチャイズと財政的・司法的監督方法の明確化を求めた[111]。 ブレナンは、ボイスに向けて活動している上級諮問委員会に参加していたが、草案の文言に同意せず、2023年2月に代替文言を提案した[112] [113]。

2023年3月の最終文言
政府は、先住民ワーキンググループや法律専門家と協議した結果[114]、2023年3月23日にその文言を確定し、他の政府部門が「声」の助言を無視で きることを明確にするための修正を加え、議会は「この憲法に従い、アボリジニおよびトレス海峡諸島民の声に関する事項について、その構成、機能、権限およ び手続きを含め、法律を制定する権限を有する」と明記した。 [107]マーク・ドレイファス司法長官は、議会の優越性を強調するため、憲法改正案のこの3行目に「およびその表明の法的効果」という文言を加えること を求めていたが、これは作業部会によって却下された[115]。

政府の憲法専門家グループのメンバーであるグレッグ・クレイヴンは、この文言の範囲が法律上および行政上与える影響についての警告に政府が耳を傾けなかっ たことを批判し、国民投票が失敗することを懸念した[116]。 他の憲法専門家は、この提案を「安全で賢明な」法的選択肢として支持している。元高等法院判事のケネス・ヘインは、「声」は政府の機能を妨げるものではな いと書いている。シドニー大学の法律専門家アン・トゥーミーは、議会がヴォイスの提案を実行する法的義務はないと指摘した。ニューサウスウェールズ大学の ジョージ・ウィリアムズ法学教授もこの提案に同意し、控えめなものだと述べた。オーストラリア法評議会は、「控えめな一歩」とし、このモデルを支持した。 マーク・ドレイファス司法長官は、この修正案は、議会がヴォイスの機能と権限を法制化する権限を持つことを明確にするものであると述べた[107]。同司 法長官は、この改憲案は「議会や行政府が、法律の制定、改正、廃止、意思決定、その他の行動を起こす前に、ヴォイスと協議することを義務づけるものではな い」と述べた。弁護士のブレット・ウォーカーと元高裁判事で裁判所長のロバート・フレンチは、現状の提案に満足している[114]。

専門家の間で大きな難点となっているのは、「行政政府」という文言が含まれていることである。提案されている「声」は、行政政府だけでなく、議会に対して も陳情する権限を持つことになる。オーストラリアでは、「行政府」とは閣僚および閣僚が監督する部局から構成される[114]。この用語は、総督から内 閣、公務員に至るまで幅広い人々をカバーする広範な用語である[105]。しかし、アン・トゥーミーは、この提案にはそのような義務はなく、過去の高等裁 判所の判決では、この用語は閣僚や政府省庁には適用されるが、別個の法人である法定機関には適用されないと判断されていると主張している[114]。 ノエル・ピアソンもまた、変化をもたらすためには政治家だけでなく公共サービスとも話し合うことが重要であると強調している。サー・ハンフリーと話さなけ れば、何も始まらない。官僚と話さなければならない。彼らは私たちの生活に影響を与える人たちだ」[117]。

当時の影の司法長官ジュリアン・リーサーは、4月3日のナショナル・プレス・クラブで、「行政府」条項についての懸念を概説した。すなわち、この条項の意 味は不明確であり、高等裁判所によって予期せぬ解釈がなされる可能性があり、後に立法によって修正することができない、というものであった。さらに、国民 投票の成功率を高めるためには、この条項の削除が必要であると主張した。また、「アボリジニおよびトレス海峡諸島民をオーストラリアの第一の民族として認 識する:」という前文についても、この条項の解釈に用いられる可能性があり、その法的効果が不明確であるとして懸念を表明した[118][119]。しか し、こうした懸念にもかかわらず、リーザーは賛成票を投じると表明しており、国民投票の成功に向けてキャンペーンを続けるとしている[120]。

4月21日、事務総長であるスティーブン・ドナヒューからの法的助言が連邦政府によって発表された。ドナヒューの助言では、「声」は現行の政府制度と両立 するものであり、「声」が多数の法的挑戦につながるとの指摘に反論している[121][122]。また、「声」はオーストラリア憲法を強化するものであ り、「アボリジニおよびトレス海峡諸島民が、彼らに影響を与える政治的議論や決定に効果的に参加することを歴史的に妨げてきた障壁を克服する」ことに役立 ち、「現行制度の歪みを是正する」ものであるとも述べている[123]。

2023年5月、憲法学の教授であるニコラス・アロニーとピーター・ゲランゲロスは、合同特別委員会への提出書類の中で、憲法改正案の問題点と思われる点 を強調した[124]。まず、彼らは、高等裁判所によって「声」が議会、行政府、高等裁判所と同様の憲法上の地位を有するとみなされる可能性があり、その 結果、連邦の先住民に対する信義則上の義務は、他の国民に対する義務よりも大きいと判断される可能性があることを示唆した。教授らはまた、この改正案は 「積極的権利」を導入するものであり、現在のオーストラリア憲法では未知のものであると指摘している。シドニーの法廷弁護士ルイーズ・クレッグは、この助 言は政府の憲法専門家グループの助言(この提案によって新たな権利が挿入されることはない)と矛盾していると指摘し、事務総長の助言にも反していると主張 している[125]。また、オーストラリア法の支配協会のクリス・メリット副会長は、この提案は「誰も考えたこともないような方法で、連邦の主権を明らか に制限するものだ」と主張している。非常に、非常に心配だ」[126]。

スタンスと意見
政党
主な記事 2023年オーストラリア先住民の声国民投票§立場、2023年オーストラリア先住民の声国民投票における支持政党
アンソニー・アルバネーゼ率いる労働党政権は「声」を支持し[127]、「声」はオーストラリア先住民が要求する形で憲法に明記され、オーストラリア先住 民の生活に影響する事柄について助言を聞くことで政府の意思決定を改善し、格差是正に向けた現実的な前進をもたらすと、「はい」の国民投票公式パンフレッ トで主張している[128]。

しかし、自由党[129]と国民党はともに「声」に反対しており、国民投票否決の公式パンフレットの中で、「声」は法的リスクが高く、分裂を招き、その範 囲も広すぎると主張している[130]。ピーター・ダットンは、その代わりに、(全国的な「声」を設けずに)地方や地域の声を法制化することで、より象徴 的な形で憲法に盛り込む変更を認知の一形態として主張した。 [131]しかし、国民党のデビッド・リトルプラウド党首は、同党もこの立法化された地域や地方の声モデルを支持しないことを表明しており、連合が政権を 獲得した場合にこの政策が実現されるかどうか疑問視されている[132]。

世論
このセクションは、2023年オーストラリア先住民の声国民投票のための世論調査からの抜粋である[編集]。
State and territory voices
ACT Aboriginal and Torres Strait Islander Elected Body
The ACT Aboriginal and Torres Strait Islander Elected Body was established in 2008.[134]

First People's Assembly of Victoria
In November 2019, the First Peoples' Assembly of Victoria was first elected, consisting of 21 members representing Aboriginal Victorians, elected from five different regions in the state, and 10 members to represent each of the state's formally recognised traditional owner corporations (excluding the Yorta Yorta Nation Aboriginal Corporation, who declined to participate in the election process).[135] This body provides an Indigenous voice to the Victorian parliament.

South Australian First Nations Voice
In May 2021, South Australian Premier Steven Marshall announced his government's intention to create the state's first Indigenous Voice to Parliament.[136] After the election of a state Labor government in 2022, new premier Peter Malinauskas pledged to implement this state-based voice to parliament, as well as restarting treaty talks and greater investment in areas affecting Aboriginal people in the state.[137] In July 2022 Dale Agius was appointed as the state's first Commissioner for First Nations Voice, with the role commencing in August and responsible for liaising with federal government. Kokatha elder Roger Thomas would continue as Commissioner for Aboriginal Engagement for a further six months.[138]

In January 2023 the government secured the support of the Greens for a bill which would be debated in parliament later in the year.[139] The process would include the election of 40 people by Aboriginal and Torres Strait Islander people enrolled to vote ore members specific to their geographic area, with 12 of these forming a statewide Voice, which would be entitled to address the parliament on any bill being debated.[140] An open letter was sent in early January to Agius and Kyam Maher (Attorney-General of South Australia and Minister for Aboriginal Affairs) by Native Title Services SA on behalf of most of the native title bodies, voicing some concerns about aspects of the model, saying the proposal would bypass established individual native title groups' voices. Maher said later that their concerns would be taken into consideration, and the bill would ensure the Voice would not impinge on what the groups do, and would ensure the existence of a formal structure to take into account their views.[141]

One Nation's sole MP Sarah Game expressed her opposition to the legislation, saying it would divide South Australians based on race.[142] In February 2023, the South Australian Liberal Party announced its opposition to the Voice proposed by the government, saying that it was flawed.[143][144]

The bill passed in a special Sunday sitting of parliament on 26 March 2023 and was given royal assent immediately afterwards[145][146] in a public event on the steps of Parliament House.[147] Thousands of onlookers attended the event, watching some of the events inside the building projected live onto large screens. The premier said in a radio interview the next morning that he would deem the Voice as a failure if there was not a measurable improvement in the Closing the Gap statistics in the years ahead.[148]

Implementation of the SA Voice was delayed for six months owing to possible confusion introduced by the debate about the national referendum on a national Voice in October.[149] Elections for the SA body are scheduled to take place in March 2024.[150]

See also
Assembly of First Nations (Canada)
Australian Aboriginal sovereignty
Australian Aboriginal Progressive Association, the first Aboriginal activist organisation
Bureau of Indian Affairs (United States)
Indigenous treaties in Australia
Māori politics, in New Zealand
Māori electorates
Māori wards and constituencies
New Zealand Māori Council
Te Puni Kōkiri
Sámi parliament (disambiguation), several bodies representing Sámi peoples in the Nordic countries and Russia
List of Indigenous Australian politicians
List of Indigenous Australians in politics and public service

州・準州の声
ACT州アボリジニ・トレス海峡諸島民選挙体
2008年にACTアボリジニ・トレス海峡諸島民選挙体が設立された[134]。

ビクトリア州先住民議会
2019年11月、ビクトリア州先住民議会が初選出され、州内の5つの異なる地域から選出されたビクトリア州先住民を代表する21人のメンバーと、正式に 承認された州の伝統的所有者の各法人を代表する10人のメンバーで構成された(選挙プロセスへの参加を辞退したYorta Yorta Nation Aboriginal Corporationを除く)[135]。 この組織はビクトリア州議会に先住民の声を提供している。

南オーストラリア州の先住民の声
2021年5月、南オーストラリア州のスティーブン・マーシャル州首相は、州政府として初めて先住民の声を議会に届ける機関を設立する意向を表明した [136]。2022年に州労働党政権が選出されると、ピーター・マリナウスカス新首相は、この州政府の声を議会に届けるとともに、条約交渉の再開、州内 のアボリジニに影響を与える分野への投資拡大を公約した[137]。 [137] 2022年7月、デール・アギウス(Dale Agius)が州初のファースト・ネーションズ・ボイス担当委員に任命され、8月から連邦政府との連携を担当する。コカタ族の長老ロジャー・トーマスは、 さらに6ヶ月間アボリジニ関与担当委員を続けることになった[138]。

2023年1月、政府はグリーンズの支持を取り付け、同年後半に議会で審議されることになる法案を提出した[139]。このプロセスでは、アボリジニおよ びトレス海峡諸島民のうち、それぞれの地域に固有の鉱石会員に投票するために登録された40人が選出され、そのうち12人が州全体の「声」を形成し、審議 中の法案について議会で演説する権利を持つことになる。 [140]1月上旬、ネイティブ・タイトル・サービスSA(Native Title Services SA)は、ほとんどのネイティブ・タイトル団体を代表して、アギウス(Agius)とカイアム・マーハー(Kyam Maher)(南オーストラリア州司法長官兼アボリジニ問題担当大臣)宛に公開書簡を送り、このモデルの側面について懸念を表明した。マハーは後に、彼ら の懸念は考慮され、法案は「声」がグループの活動に影響を与えないことを保証し、彼らの意見を考慮するための正式な組織の存在を保証すると述べた [141]。

ワンネーション唯一の議員であるサラ・ゲーム(Sarah Game)は、この法案は南オーストラリア州民を人種によって分断するものであるとして反対を表明した[142]。2023年2月、南オーストラリア自由 党は、政府が提案した「声」には欠陥があるとして反対を表明した[143][144]。

法案は2023年3月26日の日曜特別議会で可決され、その直後に国会議事堂の階段で行われた公開行事で王室承認が与えられた[145][146]。この 行事には数千人の見物人が参加し、建物内での出来事の一部が大型スクリーンにライブで映し出されるのを見た[147]。州首相は翌朝のラジオインタビュー で、今後数年間で格差是正統計に測定可能な改善が見られなければ、ボイスは失敗だったとみなすと述べた[148]。

SA Voiceの実施は、10月に行われた国民投票に関する議論によって混乱が生じる可能性があったため、半年延期された[149]。

以下も参照。
先住民議会(カナダ)
オーストラリアの先住民主権
オーストラリア先住民進歩協会(Australian Aboriginal Progressive Association)、アボリジニ初の活動家組織
インディアン局(アメリカ合衆国)
オーストラリアの先住民条約
マオリ政治(ニュージーランド
マオリ選挙区
マオリの区と選挙区
ニュージーランドマオリ評議会
テ・プニ・コウキリ
サーミ議会(曖昧さ回避), 北欧諸国とロシアのサーミ族を代表するいくつかの組織
オーストラリア先住民政治家リスト
政治・公務に携わるオーストラリア先住民のリスト








リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j