sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

レメディオス・ヴァロ

Remedios Varo, 1908-1963

池田光穂

リア・デ・ロス・レメディオス・アリシア・ロドリガ・ヴァロ・イ・ウランガ(María de los Remedios Alicia Rodriga Varo y Uranga、通称メディオス・ァロ、1908年12月16日 - 1963年10月8日)は、スペイン[1][2][3]のシュルレアリスムの画家で、スペイン、フランス、メキシコで活動した。

(En.); (Sp.), Creación de las aves - Creation of the Birds, 1957./ 1955 La revelación o El relojero

(known as Remedios Varo, 16 December 1908 – 8 October 1963) was a Spanish [1][2][3] surrealist painter working in Spain, France, and Mexico.

Varo had a difficult life, struggling against poverty and fleeing from war in Spain and then France. In the last thirteen years of her life she found financial stability in Mexico, painting productively until her sudden death in 1963.[4]

+++++++++++++
​ (Anglés, Gerona, España, 16 de diciembre de 1908-Ciudad de México, 8 de octubre de 1963), conocida como Remedios Varo, fue una pintora surrealista, escritora y artista gráfica española.2​ La obra de Varo evoca un mundo surgido de su imaginación donde se mezcla lo científico, lo místico, lo esotérico y lo mágico.

Fue una de las primeras mujeres que estudió en la Real Academia de Bellas Artes de San Fernando de Madrid. En 1932 se estableció en Barcelona, donde trabajó como diseñadora publicitaria, sumándose al grupo surrealista catalán Logicofobista. En 1937 viajó a París junto al poeta surrealista francés Benjamin Péret y en 1941, con la llegada de los nazis a la capital francesa, se exilió a México. Nunca regresó a España.

Contrariamente a lo que se cree y da por sentado, Remedios Varo nunca adquirió la nacionalidad mexicana, conservando su nacionalidad española, aunque jamás quiso regresar a su tierra natal, a diferencia de su amiga Leonora Carrington quien sí se nacionalizó en el país americano.3​4​5​
マリア・デ・ロス・レメディオス・アリシア・ロドリガ・ヴァロ・イ・ウ ランガ(María de los Remedios Alicia Rodriga Varo y Uranga、通称レメディオス・ヴァロ、1908年12月16日 - 1963年10月8日)は、スペイン[1][2][3]のシュルレアリスムの画家で、スペイン、フランス、メキシコで活動した。

スペイン、そしてフランスでの戦争から逃れ、貧困と闘う厳しい人生を送った。晩年の13年間はメキシコで経済的な安定を得、1963年に急逝するまで生産的に絵を描いていた[4]。
++++++++++++++
レメディオス・バロとして知られるマリア・デ・ロス・レメディオス・アリシア・ロドリガ・バロ・イ・ウランガ1(1908年12月16日スペイン、ジェ ローナのアングレス-1963年10月8日メキシコ・シティ)は、スペインのシュルレアリスムの画家、作家、グラフィック・アーティストである2。

彼女は、マドリッドのサン・フェルナンド美術アカデミーで学んだ最初の女性の一人である。1932年にバルセロナに定住し、広告デザイナーとして働きなが ら、カタルーニャのシュルレアリスム・グループ、ロジコフォビスタに加わる。1937年、フランスのシュルレアリスム詩人ベンジャミン・ペレとパリに渡 り、1941年、フランスの首都にナチスが到着したため、メキシコに亡命。スペインに戻ることはなかった。

一般的な通念や推測に反して、レメディオス・ヴァロはメキシコ国籍を取得することはなく、スペイン国籍を保持したままであった。
Early life and education (1908-1930)
Remedios Varo Uranga was born in 1908 in Anglès, a small town in the province of Girona (Catalonia), in northeastern Spain.[5]

Varo's mother, Ignacia Uranga Bergareche, had been born to Basque parents in Argentina; she was a devout Roman Catholic. Her mother named her newborn in honor of the patron saint of Anglès, Virgen de los Remedios (the "Virgin of Remedies"), after a recently deceased older sister.[6][5][7] Varo would have two surviving siblings: an older brother Rodrigo, and another brother Luis.[6] She was the only girl, and the youngest of the three siblings.[8]: 13 

Varo's father, Rodrigo Varo y Zajalvo (Cejalvo),[9] was a hydraulic engineer. Because of his work, the family moved to different locations across Spain and North Africa.[10] Varo's father recognized her artistic talents early on and would have her copy the technical drawings of his work with their straight lines, radii, and perspectives, which she reproduced meticulously.[8]: 14  He encouraged independent thought and supplemented her education with science and adventure books, notably the novels of Alexandre Dumas, Jules Verne, and Edgar Allan Poe. As she grew older, he provided her with texts on mysticism and philosophy. Those first few years of her life left an impression on Varo that would later show up as motifs in her work such as machinery, furnishings, and artifacts. Romanesque and Gothic architecture, unique to Anglès, also showed up in her later artistic production.

Varo was given the basic education at a convent school that was typical for young ladies of a good upbringing at the time – but this experience fostered her rebellious tendencies. Varo took a critical view of religion, rejecting the religious ideology of her childhood education, and instead hewed to the liberal and universalist ideas that her father instilled in her.[5] Varo drew throughout her childhood and painted her first painting at age twelve.[11]

The very first works of Varo's - a self-portrait and several portraits of family members - date to 1923, when she was studying for a baccalaureate at the School of Arts and Crafts.

In 1924, aged 15, she enrolled at the Escuela de Bellas Artes in Madrid, under the tutelage of Manuel Benedito.[11] This school emphasized traditional academic study, including painstaking development of technical artistic skills. Many renowned artists were alumni, including Salvador Dalí (though he was expelled for insubordination).[8]: 13–38  Varo was awarded her diploma as a drawing teacher in 1930.[5]

Varo also exhibited in a collective exhibition organized by the Unión de Dibujantes de Madrid. Surrealistic elements were already apparent in her work at school, at the same time that French surrealism was having an early influence on Spanish surrealism; she also took an early interest in French surrealism.[7] While in Madrid, Varo had her initial introduction to surrealism through lectures, exhibitions, films, and theater. She was a regular visitor to the Prado Museum and took particular interest in the paintings of Hieronymus Bosch, most notably The Garden of Earthly Delights, as well as other artists, such as Francisco de Goya.

The work that Varo created from 1926 to 1935 solidified her career as an artist, but was not seen by the public.[9]: 15–53 
生い立ちと教育(1908年-1930年)
レメディオス・ヴァロ・ウランガは1908年、スペイン北東部のジローナ県(カタルーニャ州)の小さな町アングレスに生まれた[5]。

ヴァロの母イグナシア・ウランガ・ベルガレチェは、アルゼンチンのバスク人の両親のもとに生まれた。母親は、最近亡くなった姉にちなんで、アングレスの守 護聖人であるレメディオスの聖母にちなんで、新生児に「レメディオスの聖母」と名付けた[6][5][7]。ヴァロには、兄のロドリゴと弟のルイスがい る: 13 

バロの父ロドリゴ・バロ・イ・ザハルボ(セハルボ)は水力技師であった[9]。ヴァロの父は早くから彼女の芸術的才能を認め、直線、半径、遠近法などの技 術的な図面を模写させ、彼女はそれを丹念に再現した[8]: 14 自立した考えを奨励し、科学や冒険の本、特にアレクサンドル・デュマ、ジュール・ヴェルヌ、エドガー・アラン・ポーの小説で彼女の教育を補った。彼女が成 長するにつれ、彼は神秘主義や哲学のテキストを与えた。彼女の人生の最初の数年間は、後に機械、調度品、工芸品などのモチーフとして彼女の作品に現れるこ とになる印象をヴァロに残した。また、アングレ特有のロマネスクやゴシック建築も、後の彼女の作品に現れている。

ヴァロは、修道院付属の学校で、当時は良家のお嬢様として一般的だった基本的な教育を受けたが、この経験が彼女の反抗的な傾向を育んだ。ヴァロは宗教に対 して批判的な考えを持ち、幼少期の教育で宗教的なイデオロギーを否定し、代わりに父親から植え付けられた自由主義的で普遍主義的な考えに傾倒した[5]。

ヴァロの最初の作品である自画像と家族の肖像画は、美術工芸学校でバカロレア取得のために学んでいた1923年のものである。

1924年、15歳の彼女は、マヌエル・ベネディトの指導の下、マドリードのベラス・アルテス美術学校に入学した[11]。この学校は、伝統的な学問を重 視し、芸術的な技術も丹念に身につけることを目的としていた。サルバドール・ダリ(反抗的な態度で退学処分となったが)をはじめ、多くの著名な芸術家が同 窓生であった[8]: 13-38 ヴァロは1930年にデッサン教師としての免状を授与された[5]。

ヴァロはまた、マドリッドのデッサン家組合が主催する集団展にも出品した。マドリード滞在中、ヴァロは講義、展覧会、映画、演劇を通してシュルレアリスム に出会う。プラド美術館の常連客であった彼女は、特にヒエロニムス・ボスの絵画に興味を持ち、特に『歓楽の園』やフランシスコ・デ・ゴヤなどの他の画家に も興味を持った。

1926年から1935年にかけてヴァロが制作した作品は、彼女の芸術家としてのキャリアを確固たるものにしたが、一般に公開されることはなかった[9]: 15-53
Spain and France (1930-1941)
Varo met her first husband Gerardo Lizárraga at the Escuela de Bellas Artes, and married him in San Sebastián in 1930.[11] This marriage allowed her to flee her hometown and exercise her independence.[9]: 15–53  The couple left Spain for Paris to be nearer to where much of Europe's art scene was.[5][7]

After a year, Lizárraga got a job in Spain and the couple moved to Barcelona, at that time a European center of the artistic avant-garde. Both Lizárraga and Varo worked for the J. Walter Thompson advertising company.[9] In 1935, Varo participated in a drawing exhibition in Madrid, which displayed her Composición (Composition).[9]

As a young woman Varo had no doubts that she was meant to be an artist. After spending a year in Paris, Varo moved to Barcelona and formed her first artistic circle of friends, which included Josep-Lluis Florit, Óscar Domínguez, and Esteban Francés.[7] Varo soon separated from her husband and shared a studio with Francés in a neighborhood filled with young avant-garde artists. The summer of 1935 marked Varo's formal invitation into Surrealism when French surrealist Marcel Jean arrived in Barcelona. That same year, along with Jean and his artist friends, Dominguez and Francés, Varo took part in various surrealist games such as cadavres exquis ("exquisite corpses") that were meant to explore the subconscious association of participants by pairing different images at random. These cadavres exquis perfectly illustrated the principles André Breton wrote of in his Surrealist manifestos. Varo soon joined a collective of artists and writers, called the Grupo Logicofobista, who had an interest in Surrealism and wanted to unite art together with metaphysics, while resisting logic and reason. Varo exhibited with this group in 1936 at the Galería Catalonia although she recognized they were not pure Surrealists.[5]

It was through the poet Benjamin Péret that Remedios Varo met André Breton and the Surrealist circle, which included Leonora Carrington, Dora Maar, Roberto Matta, Wolfgang Paalen, and Max Ernst among others. Shortly after arriving in France, Varo took part in the International Surrealist exhibitions in Paris and in Amsterdam in 1938. She drew vignettes for the Dictionnaire abregé du surrealisme; the magazines Trajectoire du Rêve, Visage du Monde, and Minotaure featured her work. In late 1938, she participated in a collaborative series, Jeu de dessin communiqué (Game of Communicated Drawing), of works with Breton and Péret. The series was much like a game, which began with an initial drawing, which was shown to someone for 3 seconds, after which that person tried to recreate what they had been shown. The cycle continued with the showing of their drawing to the next person, and so on. Apparently, this led to very interesting psychological implications that Varo later used in her paintings many times.

Compared to her later time in Mexico, she produced very little work while working in Paris. This may have been due to her status as a femme enfant and the way women were never taken seriously as surrealist artists. She said, reflecting on her time in Paris, "Yes, I attended those meetings where they talked a lot and one learned various things; sometimes I participated with works in their exhibitions; I was not old enough nor did I have the aplomb to face up to them, to a Paul Éluard, a Benjamin Péret, or an André Breton. I was with an open mouth within this group of brilliant and gifted people. I was together with them because I felt a certain affinity. Today I do not belong to any group; I paint what occurs to me and that is all."[8]: 17 

In 1937, Varo met political activist and artist Esteban Francés, and left her first husband behind to flee the Spanish Civil War. She moved back to Paris with both Francés and the poet Benjamin Péret in order to escape from the political unrest and fighting, and shared a studio with them there. Varo never divorced Lizárraga and had different partners/lovers throughout her life; but she also remained friends with all of them, in particular with her husband Lizárraga and Péret. By 1939, victorious Francisco Franco forces had banned leftist exiles from returning to Spain.

In Paris, Varo lived in poverty, working odd jobs and having to copy and even to forge paintings in order to get by.[7] After World War II began, Péret was imprisoned in 1940 by the French government for his political beliefs; Varo was also imprisoned as his romantic partner. A few days after Varo was freed, the Germans seized Paris, and she was forced to join other refugees leaving the city. Péret was freed soon after, and the two escaped south to Marseilles.[12][13][7] On 20 November 1941 Varo, along with Péret and Rubinstein, boarded the Serpa Pinto in Marseilles to flee Nazi-dominated Europe. The terror she experienced at this time remained as a significant psychological scar.
スペインとフランス(1930-1941年)
ヴァロは最初の夫ジェラルド・リザラガとベラス・アルテス学院で出会い、1930年にサン・セバスティアンで結婚した[11]: 15-53年、夫婦はスペインを離れ、ヨーロッパのアートシーンの多くに近いパリへ向かう[5][7]。

1年後、リザラガはスペインで職を得、夫妻は当時ヨーロッパの前衛芸術の中心地であったバルセロナに移り住む。1935年、ヴァロはマドリードで開催されたデッサン展に参加し、「コンポジション」(Composición)を展示した[9]。

若い女性だったヴァロは、自分が芸術家になる運命にあると信じて疑わなかった。パリで1年を過ごした後、バルセロナに移り住んだヴァロは、ジョセップ=ル イス・フロリット、オスカル・ドミンゲス、エステバン・フランセスらと最初の芸術サークルを作る。1935年の夏、フランスのシュルレアリスト、マルセ ル・ジャンがバルセロナに到着し、ヴァロはシュルレアリスムに正式に誘われる。同年、ヴァロは、ジャンや彼の友人の画家ドミンゲス、フランセスとともに、 さまざまなシュルレアリスムゲームに参加した。これらのゲームは、アンドレ・ブルトンがシュルレアリスムのマニフェストに記した原則を見事に体現してい た。ヴァロはやがて、シュルレアリスムに関心を持ち、論理や理性に抵抗しながらも芸術を形而上学と結びつけようとする、ロジコフォビスタ・グループと呼ば れる芸術家や作家の集団に加わった。ヴァロは、彼らが純粋なシュルレアリスムではないと認識しながらも、1936年にカタロニア・ギャラリーでこのグルー プと展示を行った[5]。

レメディオス・ヴァロがアンドレ・ブルトンや、レオノーラ・キャリントン、ドラ・マール、ロベルト・マッタ、ヴォルフガング・パーレン、マックス・エルン ストらを含むシュルレアリスムのサークルと出会ったのは、詩人のベンジャミン・ペレを通してだった。フランスに到着して間もなく、ヴァロは1938年にパ リとアムステルダムで開催された国際シュルレアリスム展に参加。Dictionnaire abregé du surrealisme』誌にヴィネットを描き、雑誌『Trajectoire du Rêve』、『Visage du Monde』、『Minotaure』に作品を掲載。1938年後半には、ブルトンやペレとの共同シリーズ『Jeu de dessin communiqué(伝達されたドローイングゲーム)』に参加。このシリーズはゲームのようなもので、最初にドローイングを描き、それを誰かに3秒間見 せ、見せられたものを再現するというものだった。次の人にその絵を見せるというサイクルが続く。どうやらこれは、ヴァロが後に何度も絵に用いた、非常に興 味深い心理学的な意味合いにつながったようだ。

後にメキシコで活動するのに比べ、パリで活動していた時の彼女の作品は非常に少なかった。これは、彼女がファム・アンファンであったことと、女性がシュル レアリスムのアーティストとして真剣に取り上げられることがなかったことに起因しているのかもしれない。私はまだ年端もいかず、ポール・エリュアールやベ ンジャミン・ペレ、アンドレ・ブルトンに向かっていくような気概もなかった。私は、才気煥発で才能豊かな人々のグループの中で、口を開けていた。彼らと一 緒にいたのは、ある種の親近感を感じていたからだ。今日、私はどのグループにも属していない。私は思いついたものを描く、それだけだ」[8]: 17 

1937年、ヴァロは政治活動家で画家のエステバン・フランセスと出会い、最初の夫を残してスペイン内戦から逃れる。政情不安と戦闘から逃れるため、フラ ンセスと詩人のベンジャミン・ペレとともにパリに戻り、アトリエを共にした。ヴァロはリザラガと離婚することなく、生涯を通じてさまざまなパートナーや恋 人を持ったが、特に夫のリザラガやペレとは友人であり続けた。1939年、勝利したフランシスコ・フランコは、左翼亡命者のスペインへの帰国を禁止した。

第二次世界大戦が始まると、ペレは政治的信条を理由に1940年にフランス政府によって投獄され、ヴァロもまた彼の恋愛相手として投獄された。ヴァロが釈 放された数日後、ドイツ軍がパリを占領し、彼女はパリを離れる他の難民と一緒になることを余儀なくされた。1941年11月20日、ヴァロはペレとルービ ンシュタインとともに、ナチスが支配するヨーロッパから逃れるため、マルセイユでセルパ・ピント号に乗り込んだ。この時に体験した恐怖は、大きな心の傷と して残った。
Mexico (1942-1963)


Roulotte, 1956/55?

La huida, detail, 1961
Varo initially considered her time in Mexico to be temporary. However, except for a year spent in Venezuela, she would reside in Mexico for the rest of her life,[14] producing around 110 paintings during her last decade.[8]: 18 

She said about working in Mexico, "[In Europe] for me it was impossible to paint among such anxiety. In this country I have found the tranquility that I have always searched for".[8]: 17 

In Mexico, she met regularly with other European artists such as Gunther Gerzso, Kati Horna, José Horna, and Wolfgang Paalen. In Mexico, she met native artists such as Frida Kahlo and Diego Rivera, but her strongest ties were to other exiles and expatriates, notably the Mexican painter of English origin Leonora Carrington and the French pilot and adventurer, Jean Nicolle. However, because Mexican muralism still dominated the country's art scene, surrealism was not generally well received. She worked as an assistant to Marc Chagall with the design of the costumes for the production of the ballet Aleko, which premiered in Mexico City in 1942.[5]

Varo discovered an interest in the esoteric doctrine of G.I. Gurdjieff in 1943, and officially joined the group in 1944.[9]

She worked at other jobs, including in publicity for the pharmaceutical company Bayer, and decorating for Clar Decor. In 1947, Péret returned to Paris, and Varo traveled to Venezuela.[5] The trip to Venezuela was part of a French scientific expedition which she joined in Paris during a visit there from Mexico.[9]

Varo returned to Mexico in 1949 and began her third and last important relationship, with Austrian political refugee Walter Gruen, who had endured concentration camps before escaping from Europe. Gruen believed fiercely in Varo, and he gave her the economic and emotional support that allowed her to fully concentrate on her painting.[7] In 1952, Varo married Gruen.[15] His financial stability allowed Varo to stop working as a commercial illustrator, with more time to devote to her painting.[8]: 17 [16] The bulk of Varo's significant artwork was produced during 1953–1963.[8]: 18 

In 1955, Varo opened her first solo exhibition at the Galería Diana in Mexico City, which was well received.[9] One reason for this was that Mexico had opened up to other artistic trends. Buyers were put on waiting lists for her work.[8]: 13  Even the established Mexican artist Diego Rivera was supportive. Her second showing was at the Salón de la Arte de Mujer in 1958. In 1960, her representative, Juan Martín, opened his own gallery and showed her work there, and he opened a second in 1962, at the height of her career.

In 1963, Varo suddenly died of a heart attack;[5][7] she had been a heavy smoker.[4][8] André Breton commented that the death made her "the sorceress who left too soon".[5]
メキシコ(1942-1963)

ルロット、1956年

ラ・フイダ、詳細、1961年
ヴァロは当初、メキシコでの滞在を一時的なものと考えていた。しかし、ベネズエラで過ごした1年を除いて、彼女は生涯メキシコに住み続け、晩年の10年間で約110点の絵画を制作した[14]: 18 

彼女はメキシコでの制作について、「(ヨーロッパでは)私にとって、このような不安の中で絵を描くことは不可能でした。この国で、私はいつも探し求めていた静けさを見つけた」と語っている[8]: 17 

メキシコでは、グンター・ゲルツォ、カティ・ホルナ、ホセ・ホルナ、ヴォルフガング・パーレンといったヨーロッパの画家たちと定期的に会っていた。メキシ コではフリーダ・カーロやディエゴ・リベラのような先住民の芸術家たちとも出会ったが、彼女が最も強い絆で結ばれていたのは他の亡命者や国外追放者たちで あり、特にイギリス出身のメキシコ人画家レオノーラ・キャリントンやフランス人パイロットで冒険家のジャン・ニコルとの交流であった。しかし、メキシコの 壁画はまだ同国のアートシーンを支配していたため、シュルレアリスムは一般にはあまり受け入れられなかった。1942年にメキシコシティで初演されたバレ エ作品『アレコ』の衣装デザインでは、マルク・シャガールのアシスタントを務めた[5]。

1943年、ヴァロはG.I.グルジェフの秘教的教義に興味を持ち、1944年に正式にグルジェフ・グループに加わる[9]。

製薬会社バイエルの宣伝やクラール・デコールの装飾など、他の仕事も経験した。1947年、ペレはパリに戻り、ヴァロはベネズエラを訪れた[5]。ベネズエラへの旅はフランスの科学探検の一環で、彼女はメキシコからパリを訪れた際に参加した[9]。

1949年にメキシコに戻ったヴァロは、ヨーロッパから逃れる前に強制収容所にいたオーストリアの政治難民ウォルター・グルエンとの、3度目で最後の重要 な交際を始めた。1952年、ヴァロはグリュエンと結婚[15]。彼の経済的な安定により、ヴァロは商業イラストレーターとしての仕事をやめ、より多くの 時間を絵に費やすことができるようになった[8]: 17 [16] ヴァロの重要な作品の大部分は1953年から1963年にかけて制作された[8]: 18 

1955年、ヴァロはメキシコシティのディアナ画廊で初めての個展を開き、好評を博した[9]。彼女の作品を買い求めるバイヤーは、ウェイティングリスト に載せられていた[8]: 13 確立したメキシコの芸術家ディエゴ・リベラでさえ支持した。彼女の2回目の展示は、1958年のサロン・デ・ラ・アルテ・デ・ムジェールであった。 1960年、彼女の代理人フアン・マルティンは自身のギャラリーを開き、そこで彼女の作品を展示した。

1963年、ヴァロは心臓発作で急逝[5][7]。彼女はヘビースモーカーであった[4][8]。アンドレ・ブルトンは、この死が彼女を「あまりにも早く去った魔術師」と評した[5]。
Artistic influences
Renaissance art inspired harmony, tonal nuances, and narrative structure in Varo's paintings. The allegorical nature of much of Varo's work especially recalls the paintings of Hieronymus Bosch, and some critics, such as Dean Swinford, have described her art as "postmodern allegory", much in the tradition of Irrealism.

Varo was influenced by styles as diverse as those of Francisco Goya, El Greco, Picasso, and Braque. While André Breton was a formative influence in her understanding of Surrealism, some of her paintings bear an uncanny resemblance to the Surrealist creations of her contemporary, the Greek-born Italian painter Giorgio de Chirico. Her paintings reflected the painstaking precision drawing skills which she had learned early in life.

While there is little overt influence of Mexican art on her work, Varo and the other surrealists were captivated by the seemingly porous borders between the marvelous and the real in Mexico.[8]

Philosophical influences
Varo considered surrealism as an "expressive resting place within the limits of Cubism, and as a way of communicating the incommunicable".[7]

Even though Varo was critical of her childhood religion, Catholicism, her work was influenced by religion. She differed from other Surrealists because of her constant use of religion in her work.[10] She also turned to a wide range of mystic and hermetic traditions, both Western and non-Western, for influence. She was influenced by her belief in magic and animistic faiths. She was very connected to nature and believed that there was strong relation between the plant, human, animal, and mechanical world. Her belief in mystical forces greatly influenced her paintings.[8]: 13–38  Varo was aware of the importance of biology, chemistry, physics, and botany, and thought it should blend together with other aspects of life.[8]: 13–38  Her fascination with science, including Einstein's theory of relativity and Darwinian evolution, has been noted by admirers of her art.[17]

She turned with equal interest to the ideas of Carl Jung as to the theories of George Gurdjieff, P. D. Ouspensky, Helena Blavatsky, Meister Eckhart, and the Sufis, and was as fascinated with the legend of the Holy Grail as with sacred geometry, witchcraft,[18] alchemy, and the I Ching. Varo described her beliefs about her own powers of witchcraft in a letter to English author Gerald Gardner, "Personally, I don’t believe I’m endowed with any special powers, but instead with an ability to see relationships of cause and effect quickly, and this beyond the ordinary limits of common logic."[19] In 1938 and 1939, Varo joined her closest companions Frances, Roberto Matta, and Gordon Onslow Ford in exploring the fourth dimension, basing much of their studies off of Ouspensky's book Tertium Organum. The books Illustrated Anthology of Sorcery, Magic and Alchemy by Grillot de Givry and The History of Magic and the Occult by Kurt Seligmann were highly valued in Breton's Surrealist circle. She saw in each of these an avenue to self-knowledge and the transformation of consciousness.

She was also greatly influenced by her childhood journeys. She often depicted out-of-the-ordinary vehicles in mystifying lands. These works echo her family travels in her childhood.[10]

Surrealist influences
One critic states, "Remedios seems to never limit herself to one mode of expression. For her tools of the painter and the writer are unified in breaking down our visual and intellectual customs".[20] Even so, most classify her as a surrealist artist in that her work displays many trappings of the surrealist practice. Her work displays a liberating self-image and evokes a sense of otherworldliness which is so characteristic of the surrealist movement. One scholar notes that Varo's practice of automatic writing directly correlates to that of the Surrealists. The father of Surrealism, André Breton, excluded women as fundamental to the movement of Surrealism, but after Varo's death in 1963, he connected her “forever to the ranks of international surrealism". [9]: 15–53 

The Surrealist movement tended to devalue women. Some of Varo's art elevated women, while still falling under the category of Surrealism. But it was not necessarily her intention for her work to address problems in gender inequality. But her art and actions challenged the traditional patriarchy, and it was mainly Wolfgang Paalen who encouraged her in this with his theories about the origins of civilization in matriarchal cultures, and the analogies between pre-classic Europe and pre-Mayan Mexico.[10][21]
芸術的影響
ルネサンス芸術は、ヴァロの絵画における調和、調性のニュアンス、物語構造にインスピレーションを与えた。ヴァロの作品の多くは、特にヒエロニムス・ボス の絵画を想起させる寓意的な性質を持ち、ディーン・スウィンフォードのような一部の批評家は、彼女の芸術を「ポストモダンの寓意」と評し、イレアリスムの 伝統に大いに影響を受けている。

ヴァロは、フランシスコ・ゴヤ、エル・グレコ、ピカソ、ブラックなど多様なスタイルから影響を受けた。アンドレ・ブルトンは、彼女のシュルレアリスム理解 において形成的な影響を与えたが、彼女の絵画のいくつかは、同時代のギリシャ生まれのイタリア人画家ジョルジョ・デ・キリコのシュルレアリスム作品と不気 味なほど類似している。彼女の絵は、早い時期に身につけた丹念で精密なデッサン力を反映している。

彼女の作品にメキシコ美術のあからさまな影響はほとんど見られないが、ヴァロと他のシュルレアリストたちは、メキシコの驚異と現実の間にある、一見ポーラスな境界線に魅了されていた[8]。

哲学的影響
ヴァロはシュルレアリスムを「キュビスムの限界の中にある表現的な休息場所であり、伝達不可能なものを伝達する方法」と考えていた[7]。

ヴァロは幼少期に信仰していたカトリックに批判的であったが、彼女の作品は宗教の影響を受けていた。また、西洋、非西洋を問わず、さまざまな神秘主義や秘 教的な伝統にも影響を受けた。彼女は魔術やアニミズム的な信仰に影響を受けた。彼女は自然との結びつきが強く、植物、人間、動物、機械の世界には強い関係 があると信じていた。彼女の神秘的な力への信仰は、彼女の絵画に大きな影響を与えた[8]: 13-38 ヴァロは生物学、化学、物理学、植物学の重要性を認識しており、それは生活の他の側面と融合するべきだと考えていた[8]: 13-38 アインシュタインの相対性理論やダーウィンの進化論など、彼女の科学に対する興味は、彼女の芸術を賞賛する人々によって指摘されている[17]。

ジョージ・グルジェフ、P.D.ウスペンスキー、ヘレナ・ブラヴァツキー、マイスター・エックハルト、スーフィズムの理論と同様にカール・ユングの思想に も興味を示し、神聖幾何学、魔術、錬金術、易経と同様に聖杯伝説にも魅了された[18]。個人的には、自分には特別な力が備わっているとは思っていません が、その代わりに、原因と結果の関係を素早く見る能力があり、これは一般的な論理の通常の限界を超えています」[19] 1938年と1939年、ヴァロは親しい仲間であるフランシス、ロベルト・マッタ、ゴードン・オンスロー・フォードとともに、ウスペンスキーの著書 『Tertium Organum』に基づいて4次元の探求を行った。グリロ・ド・ジブリの『Illustrated Anthology of Sorcery, Magic and Alchemy』やクルト・セリグマンの『History of Magic and the Occult』は、ブルトンのシュルレアリスム界で高く評価されていた。ブルトンは、これらの作品に自己認識と意識の変容への道を見出したのである。

彼女はまた、幼少期の旅からも大きな影響を受けていた。彼女はしばしば、神秘的な土地での常軌を逸した乗り物を描いた。これらの作品は、幼少期の家族旅行と呼応している[10]。

シュルレアリスムからの影響
ある批評家は、「レメディオスは自分を一つの表現様式に限定することはないようだ。彼女の画家と作家のツールは、私たちの視覚的・知的慣習を打ち破ること で統一されているからだ」[20]。それでも、彼女の作品にはシュルレアリスムの実践の特徴が多く見られるという点で、ほとんどの人は彼女をシュルレアリ スムのアーティストとして分類している。彼女の作品は解放的な自己イメージを示し、シュルレアリスム運動の特徴である異世界感を呼び起こす。ある学者は、 ヴァロの自動筆記の実践は、シュルレアリスムのそれと直接的に関連していると指摘する。シュルレアリスムの父であるアンドレ・ブルトンは、シュルレアリス ム運動の根幹をなすものとして女性を排除していたが、ヴァロの死後(1963年)、彼は彼女を「国際的なシュルレアリスムの仲間に永遠に」つなげた。 [9]: 15-53 

シュルレアリスム運動は女性を軽んじる傾向があった。ヴァロの芸術の中には、シュルレアリスムの範疇にありながら、女性を高く評価するものもあった。しか し、彼女の作品が必ずしも男女不平等の問題に取り組むことを意図していたわけではない。しかし、彼女の芸術と行動は伝統的な家父長制に挑戦しており、主に ヴォルフガング・パーレンが、母系制文化における文明の起源についての理論や、古典以前のヨーロッパとマヤ以前のメキシコの類似性によって、彼女を勇気づ けた[10][21]。
Relationship with Leonora Carrington and Kati Horna
Among all the refugees that were forced to flee from Europe to Mexico City during and after World War II, Remedios Varo, Leonora Carrington, and Kati Horna formed a bond that would immensely affect their lives and work. They all lived in proximity to each other in the Colonia Roma district of Mexico City.

Varo and Carrington had previously met through André Breton while living in Paris. Although Horna did not meet the other two until they were all in Mexico City, she was already familiar with the work of Varo and Carrington after being given a few of their paintings by Edward James, a British poet and patron of the surrealist movement.

All three attended the meetings of followers of the Russian mystics Peter Ouspensky and George Gurdjieff.[22] They were inspired by Gurdjieff's study of the evolution of consciousness and Ouspensky's idea of the possibility of four-dimensional painting. Though deeply influenced by the ideas of the Russian mystics, the women often ridiculed the practices and behavior of those in the circle.[citation needed] The trio were sometimes referred to as "the three witches", because of their interest in the occult and spiritual practices.[4]

After becoming friends, Varo and Carrington began writing collaboratively and wrote two unpublished plays together: El santo cuerpo grasoso and Lady Milagra - the latter unfinished. Using a technique similar to that of the game called Cadavre Exquis, they took turns writing small segments of text and put them together. Even when not writing together, they were often working collaboratively, often drawing from the same sources of inspiration and using the same themes in their paintings. Despite the fact that their work was extremely similar, there was one major difference: Varo's painting was about line and form, while Carrington's work was about tone and color.[23] Varo and Carrington would remain extremely close friends for 20 years, until Varo's death in 1963.[24]

Interpretations of Varo's artwork
Varo often painted images of women in confined spaces, achieving a sense of isolation. While Varo did not deem her own work feminist, "her work stretches the limits of and directly challenges confabulated, patriarchal ideals of femininity".[20] Also, Varo's work redacts male interpretation of the female body. Her works focus on female empowerment and agency. The androgynous figures characteristic of her later work also challenge gender in that the figures do not fall neatly into gender normative categories, and often could be of either sex, creating a sense of the "middle area" between the two sexes and of the gender norms placed on them. One critic states, "Because the female body, a sacred erotic artistic space for men, is transformed by [Varo] into nongendered shapes and forms, namely animals and insects, the space becomes freed from monolithic sexual interpretation".[20] 

Later in her career, her characters developed into her emblematic androgynous figures with heart-shaped faces, large almond eyes, and the aquiline noses that represent her own features. Varo often depicted herself through these key features in her paintings, regardless of the figure's gender.[8]: 13–38  "Varo tends to not play out personal strife on the canvas but rather portrays herself in various roles in surreal dreamscapes".[20] "It is Varo herself who is the alchemist or explorer. In creating these characters, she is defining her identity".[25]

Varo's work also focuses on psychoanalysis and its role in society and female agency. In speaking on Woman leaving the Psychoanalyst (1961), one of Varo's biographers states, "Not only does Varo debunk the idea of a correct process of mental healing, but also she trivializes the very nature of that process by representing the impossible: a physical and literal dismissal of the father, Order, and in Lacanian terms the official entrance into culture: verbal Language".[20]
++++++++++++++++++++
Obra
Remedios Varo está considerada una artista de la alquimia dedicada a hacer revivir mundos que en su pintura surgen de los cuentos de hadas del insconsciente. Destaca en la recuperación de su memoria la periodista cultural e investigadora española Mercè Ibartz.21​ La obra de la pintora es vasta y compleja con un estilo característico y fácilmente reconocible.

En su obra aparecen con frecuencia figuras humanas estilizadas realizando tareas simbólicas, en las cuales se tienen a la vez elementos oníricos y arquetípicos. De su obra, Ascensión al monte análogo de 1960 la artista comenta:
Como veis, ese personaje está remontando la corriente, solo, sobre un fragilísimo trocito de madera y sus propios vestidos le sirven de vela. Es el esfuerzo de aquellos que tratan de subir a otro nivel espiritual.
R. V.21​
Su obra completa está teñida de una atmósfera de misticismo, plasmado en las figuras representativas del mundo secular moderno. Su pintura está puntualizada por un marcado interés por la iconografía científica, por ello años después las obras de la pintora han sido retomadas cada vez con más frecuencia en la literatura de divulgación.

Sus lienzos están realizados con la minuciosidad de un orfebre y reflejan la unidad cósmica y las interconexiones entre diferentes planos de la realidad: la materia y el espíritu, el mundo animal, el humano y el vegetal. Otro de sus grandes temas, que fascinó a los surrealistas, es el de la mujer maga, más ligada al inconsciente que los hombres y dotada de poderes superiores. Su originalidad reside en que la emplaza en el en ocasiones tan denostado ámbito doméstico.6​

Remedios Varo es de las primeras mujeres artistas en introducir y popularizar su trabajo en México, gracias a sus relaciones personales con otras artistas que radicaban allí, como la pintora británica Leonora Carrington, con quien conservó una buena amistad, y otros miembros de la élite artística e intelectual mexicana de mediados del siglo xx.25​

Sus cuadros, muchos de los cuales están conservados en el Museo de Arte Moderno de la Ciudad de México, han sido expuestos en numerosas ocasiones como exposiciones temporales. Junto con la obra de otras mujeres surrealistas se presentaron cuadros populares de Varo en In Wonderland, llevada a cabo en el Museo de Arte Moderno a finales del 2012 y principios del 2013.

Su obra ha tenido un gran impacto en el mundo del arte especialmente en México, el país que la acogió y donde la imagen de Remedios Varo se ha popularizado. En España a pesar de algunos homenajes en Barcelona en el 2008 su obra es todavía poco conocida.21​

En mayo de 2020 fueron dispuestas en línea por Malba Literatura ocho cartas que la pintora envió a su amiga Kati Horna, entre 1947 y 1958.26​27​28​
レオノーラ・キャリントン、カティ・ホルナとの関係
第二次世界大戦中と戦後、ヨーロッパからメキシコ・シティに逃れることを余儀なくされた難民の中で、レメディオス・バロ、レオノーラ・キャリントン、カ ティ・ホルナは、彼らの人生と仕事に多大な影響を与える絆を結んだ。彼らは皆、メキシコシティのコロニア・ローマ地区で互いに近接して暮らしていた。

ヴァロとキャリントンは以前、パリに住んでいたときにアンドレ・ブルトンを通じて知り合った。ヴァロとキャリントンの作品は、イギリスの詩人でシュルレアリスム運動のパトロンであったエドワード・ジェイムズから数点の絵を贈られ、すでに知っていた。

3人とも、ロシアの神秘主義者ピーター・ウスペンスキーとジョージ・グルジェフの信者の集会に参加していた[22]。彼らは、グルジェフの意識の進化に関 する研究と、ウスペンスキーの四次元絵画の可能性に関する考えに触発された。ロシアの神秘主義者の思想に深く影響を受けながらも、彼女たちはしばしばサー クルの人々の実践や行動を嘲笑していた[要出典]。オカルトや精神修養への関心から、3人組は「3人の魔女」と呼ばれることもあった[4]。

友人となった後、ヴァロとキャリントンは共同で執筆を始め、未発表の戯曲を2本一緒に書いた: El santo cuerpo grasoso』と『Lady Milagra』である。El santo cuerpo grasoso』と『Lady Milagra』である。一緒に書いていない時でも、彼らはしばしば共同作業をしており、同じインスピレーション源から絵を描いたり、同じテーマを使った りしていた。彼らの作品は非常によく似ていたにもかかわらず、ひとつだけ大きな違いがあった: ヴァロの絵画は線と形に重点を置いていたのに対し、キャリントンの作品は色調と色彩に重点を置いていたのである[23]。ヴァロとキャリントンは、 1963年にヴァロが亡くなるまでの20年間、非常に親しい友人であり続けた[24]。

ヴァロの作品の解釈
ヴァロはしばしば、閉ざされた空間にいる女性のイメージを描き、孤独感を表現した。ヴァロは自身の作品をフェミニストだとは考えていなかったが、「彼女の 作品は、女性らしさについての家父長制的な理想の限界を広げ、直接的にそれに挑戦している」[20]。彼女の作品は、女性のエンパワーメントと主体性に焦 点を当てている。彼女の後期の作品に特徴的なアンドロジナス的な人物像も、ジェンダー規範のカテゴリーにきちんと当てはまらないという点で、ジェンダーに 挑戦している。ある批評家は、「男性にとって神聖なエロティックな芸術空間である女性の身体が、[ヴァロによって]性別にとらわれない形や姿、すなわち動 物や昆虫に変容されることで、空間は一枚岩の性的解釈から解放される」と述べている[20]。

キャリアの後半になると、彼女のキャラクターは、ハート型の顔、大きなアーモンドの目、彼女自身の特徴を表す水晶形の鼻を持つ、彼女を象徴するアンドロジ ナスな人物へと発展した。ヴァロは、人物の性別に関係なく、絵画の中でこれらの重要な特徴を通して自分自身を描くことが多かった[8]: 13-38 「ヴァロはキャンバスの上で個人的な争いを演じるのではなく、むしろ超現実的な夢物語の中で様々な役割を演じる自分自身を描く傾向がある」[20]「錬金 術師や探検家であるのはヴァロ自身である。これらのキャラクターを創造することで、彼女は自分のアイデンティティを定義している」[25]。

ヴァロの作品は、精神分析と社会における役割、そして女性の主体性にも焦点を当てている。ヴァロの伝記作家の一人は、『精神分析医を去る女』(1961 年)について、「ヴァロは精神的治癒の正しいプロセスという考えを否定しているだけでなく、不可能なことを表現することによって、そのプロセスの本質を矮 小化している。
++++++++++++++++++++
作品
レメディオス・ヴァロは、無意識のおとぎ話から生まれた世界に命を吹き込む錬金術のアーティストである。スペインの文化ジャーナリストで研究者のメルセス・イバルツは、彼女の記憶の回復において際立っている21。

彼女の作品には、象徴的な作業を行う様式化された人物が頻繁に登場し、そこには夢のような要素と原型的な要素の両方がある。1960年の作品『Ascent of the Analogue Mountain』について、作家はこう語っている:
ご覧のように、この人物は非常に壊れやすい木片の上を、たった一人で沢を上っている。これは、別の精神的なレベルに登ろうとする人々の努力なのだ。
R. V.21
彼の全作品は、現代の世俗世界を代表する人物に具現化された神秘主義の雰囲気を帯びている。彼女の絵画は、科学的図像への顕著な関心によって区切られており、そのため、数年後、この画家の作品は、一般的な文献に掲載されることが多くなった。

彼女のキャンバスは金細工職人のような緻密さで描かれ、物質と精神、動物界、人間界、植物界といった異なる現実の平面の間の宇宙的な統一と相互関係を反映 している。シュルレアリスムたちを魅了した彼のもうひとつの大きなテーマは、男性よりも無意識と密接につながり、優れた力を持つ女性の魔術師である。彼女 の独創性は、時に悪者扱いされる家庭内に彼女を置いている点にある6。

レメディオス・ヴァロは、親交のあったイギリスの画家レオノーラ・キャリントンや、20世紀半ばのメキシコの芸術的・知識的エリートのメンバーなど、メキ シコ在住の他の芸術家たちとの個人的な関係によって、メキシコで自分の作品を紹介し、普及させた最初の女性芸術家の一人である25。

彼女の絵画の多くは、メキシコ・シティの近代美術館に収蔵されているが、企画展として何度も展示されている。2012年末から2013年初めにかけて近代 美術館で開催された『イン・ワンダーランド』では、他のシュルレアリスムの女性たちの作品とともに、ヴァロの人気絵画が紹介された。

彼女の作品は美術界に大きな影響を与え、特に彼女を迎え入れ、レメディオス・ヴァロのイメージが広まったメキシコでは大きな反響を呼んだ。スペインでは、2008年にバルセロナで追悼式が行われたものの、彼女の作品はまだほとんど知られていない21。

2020年5月、マルバ・リテラトゥーラは、画家が1947年から1958年の間に友人カティ・ホルナに送った8通の手紙をオンラインで公開した262728。
Legacy but possibly contains original research.

Varo's artwork is well known in Mexico, but is not as well known throughout the rest of the world.[26]

Her mature paintings, fraught with arguably feminist meaning, are predominantly from the last few years of her life. Varo's partner for the last 15 years of her life, Walter Gruen, dedicated his life to cataloguing her work and ensuring her legacy. The paintings of androgynous characters that share Varo's facial features, mythical creatures, the misty swirls, and eerie distortions of perspective are characteristic of Varo's unique strain of surrealism. Varo has painted images of isolated, androgynous, auto-biographical figures to highlight the captivity of the true woman.

While her paintings have been interpreted as more surrealist canvases that are the product of her passion for mysticism and alchemy, or as auto-biographical narratives, her work carries implications far more significant.[26]

In 1971 the posthumous retrospective exhibition organised by the Museum of Modern Art in Mexico City, drew the largest audiences in its history — larger than those for Diego Rivera and José Clemente Orozco.[26]

More than fifty of her works were displayed in a retrospective exhibition in 2000 at the National Museum of Women in the Arts in Washington, DC.[27]

The Crying of Lot 49, a novella by Thomas Pynchon, features a scene in which the main character recalls crying in front of a painting by Varo titled Bordando el Manto Terrestre ("Embroidering the Earth's Mantle").[28]

Varo's painting The Lovers served as inspiration for some of the images used by Madonna in the music video for her 1995 single "Bedtime Story".[20]

On 22 May 2019 Varo's 1955 painting Simpatía (La rabia del gato) ("Sympathy: the madness of the cat") sold for $3.1 million at an auction at Christie's, New York City.[29]
レガシー(要改善)

ヴァロの作品はメキシコではよく知られているが、世界的にはあまり知られていない[26]。

彼女の成熟した絵画は、間違いなくフェミニズム的な意味を孕んでおり、主に彼女の人生の最後の数年間に描かれたものである。ヴァロの最後の15年間のパー トナーであったウォルター・グルーエンは、彼女の作品のカタログ化と遺産の確保に生涯を捧げた。ヴァロの顔の特徴を共有するアンドロイドのキャラクター、 神話的な生き物、霧のような渦巻き、不気味な遠近法の歪みなどの絵は、ヴァロ独特のシュルレアリスムの系統を特徴づけている。ヴァロは、真の女性の囚われ を浮き彫りにするために、孤立したアンドロジナスな自伝的人物のイメージを描いてきた。

彼女の絵画は、神秘主義と錬金術への情熱の産物である、よりシュールレアリスム的なキャンバスとして、あるいは自己伝記的な物語として解釈されてきたが、彼女の作品にははるかに重要な意味合いが含まれている[26]。

1971年、メキシコ・シティの近代美術館が主催した死後の回顧展は、ディエゴ・リベラやホセ・クレメンテ・オロスコの回顧展を上回る史上最大の観客を集めた[26]。

2000年にはワシントンDCの国立女性芸術博物館で回顧展が開催され、50点以上の作品が展示された[27]。

トマス・ピンチョンによる小説『The Crying of Lot 49』では、主人公が「Bordando el Manto Terrestre」(「地球のマントを刺繍する」)と題されたヴァロの絵画の前で泣いていることを思い出すシーンが登場する[28]。

ヴァロの絵画『恋人たち』は、マドンナが1995年に発表したシングル「ベッドタイムストーリー」のミュージックビデオで使用された映像の一部のインスピレーションとなった[20]。

2019年5月22日、ヴァロの1955年の絵画『Simpatía (La rabia del gato)』(「シンパシー:猫の狂気」)は、ニューヨークのクリスティーズのオークションで310万ドルで落札された[29]。



Lista de trabajos representativos

Exposición de Varo en México, 2017-18.
1935 El tejido de los sueños
1938 Como un sueño
1938 Las almas de los montes o Los espíritus de la montaña
1942 Gruta mágica
1943 Paisaje Torre Centauro
1944 Ruedas metafísicas
1944 Invierno
1945 A mi amigo Agustín Lázaro
1947 Paludismo (Libélula)
1947 Laboratorio
1947 El hombre de la guadaña (Muerte en el mercado)
1947 La batalla
1947 Tiforal
1947 Insomnio I
1947 Gitana y Arlequín
1947 Amibiasis o Los vegetales
1948 Dolor
1948 Títeres vegetales
1948 Mujer en rojo
1948 Dolor reumático I
1948 Dolor reumático II
1948 Alegoría del Invierno
1950 Valle de la luna
1950 Mujer sedente
1951 Personajes Libélulas
1951 El jardín del amor
1953 Premonición
1954 Espacio tiempo
1955 Simpatía o La rabia del gato
1955 Ciencia inútil o El alquimista
1955 Ermitaño meditando
1955 La revelación o El relojero
1955 Trasmundo
1955 Ruptura
1955 El flautista
1955 El paraíso de los gatos
1955 Creación con rayos astrales
1956 A la felicidad de las damas
1956 La calle de las presencias ocultas
1956 Tres destinos
1956 Vuelo mágico
1956 Cazadora de astros
1956 Energía cósmica
1956 Hallazgo
1956 Los ancestros o Poema
1956 El malabarista o El juglar
1956 Tejedora
1956 La tejedora roja
1956 La tejedora de Verona
1957 Creación de las aves
1957 Modista
1957 Caminos tortuosos
1957 Mujer con esfera
1957 Bruja que va al Sabbat
1957 Reflejo lunar
1957 El gato helecho
1957 Retrato de Pilar y Clara Arnús
1957 Vagabundo
1957 Elixir
1957 El otro reloj
1958 Papilla estelar
1958 Visita inesperada
1958 La discreción
1958 Creación del mundo o Microcosmos
1958 La despedida
1959 Exploración de las fuentes del río Orinoco
1959 Catedral vegetal
1959 El visitante
1959 Encuentro (La cita)
1959 Trovador
1959 Locomoción capilar
1959 El Minotauro
1959 Ritos extraños
1960 Mimetismo
1960 Esquiador (Viajero)
1960 Mujer saliendo del psicoanalista
1960 Visita al cirujano plástico
1960 Hacia la torre
1960 Tránsito en espiral
1960 Nacer de nuevo
1961 Vampiro
1961 Planta insumisa
1961 Tejiendo el manto terrestre
1961 Monja en bicicleta
1961 Personaje
1962 Vampiros vegetarianos
1962 Fenómeno de ingravidez
1962 Tránsito espiral
1962 Taxi acuático
1962 Arquitectura vegetal
1962 Caballero encantado
1962 Emigrantes
1963 Naturaleza muerta resucitando
1963 Los amantes



+++

Detalle de La huida, 1961.

Alegoria del invierno, 1948

リンク

文献

その他の情報

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

本研究は「」研究代表者:滝奈々子の研究成果に負っている

カメレオン

池田蛙  授業蛙  電脳蛙  医人蛙  子供蛙