sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

★アムロの肖像★

El Retrato de Señol AMLO

池田光穂

☆ア ンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール(Andrés Manuel López Obrador、1953年11月13日生まれ)は、イニシャルAMLOでも知られるメキシコの政治家で、2018年12月1日から第65代メキシコ大統領を務めている。 2000年から2005年までメキシコシティ政府首長を務めた。

(Spanish: [anˈdɾes maˈnwel ˈlopes oβɾaˈðoɾ] i; born 13 November 1953), also known by his initials AMLO, is a Mexican politician who has been serving as the 65th president of Mexico since 1 December 2018. He previously served as Head of Government of Mexico City from 2000 to 2005.

Born in Tepetitán, in the municipality of Macuspana,[2] in the south-eastern state of Tabasco, López Obrador earned a degree in political science from the National Autonomous University of Mexico following a hiatus from his studies to participate in politics. He began his political career in 1976 as a member of the Institutional Revolutionary Party (PRI). His first public position was as director of the Indigenous Institute of Tabasco, where he promoted the addition of books in indigenous languages and the project of the Chontal ridge. In 1989, he joined the Party of the Democratic Revolution (PRD), becoming the party's 1994 candidate for Governor of Tabasco, and national leader between 1996 and 1999. In 2000, he was elected Head of Government of Mexico City. During his tenure, his policies on crime, infrastructure and social spending made him a popular figure on the Mexican left.[3] In 2004, his state immunity from prosecution was removed after refusing to cease construction on land allegedly expropriated by his predecessor, Rosario Robles. This legal process lasted for a year and ended with López Obrador maintaining his right to run for office.[4]

López Obrador was nominated as the presidential candidate for the Coalition for the Good of All during the 2006 elections, where he was narrowly defeated by the National Action Party (PAN) candidate Felipe Calderón. While the Federal Electoral Tribunal noted a number of irregularities,[5] it denied López Obrador's request for a general recount, which sparked protests across the country.[6][7] In 2011 he founded Morena, a civil association and later political party. He was a candidate for the Progressive Movement coalition in the 2012 elections, won by the Commitment to Mexico coalition candidate Enrique Peña Nieto. In 2012, he left the PRD after protesting the party's signing of the Pact for Mexico and joined Morena. As part of the Juntos Haremos Historia coalition, López Obrador was elected president after a landslide victory in the 2018 general election.

Often described as a center-left, progressive, populist, and economic nationalist,[8] López Obrador has been a national politician for over three decades.[9] During his presidency, he has promoted public investment in sectors that had been liberalized under previous administrations and has implemented a number of progressive social reforms. Supporters have praised him for promoting institutional renewal after decades of high inequality and corruption, and refocusing the country's neoliberal consensus towards improving the state of the working class.[10] Critics have claimed that his administration has stumbled in its response to the COVID-19 pandemic, and attempts to deal with drug cartels has antagonized Mexican democratic institutions and that the economy had already faltered before the pandemic.[11]
ア ンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール(Andrés Manuel López Obrador、スペイン語: [anˈd↪Llopes oβɾ ma↪Lm_2C8] i; 1953年11月13日生まれ)は、イニシャルAMLOでも知られるメキシコの政治家で、2018年12月1日から第65代メキシコ大統領を務めている。 2000年から2005年までメキシコシティ政府首長を務めた。

南東部タバスコ州マクスパナ市テペティタン[2]で生まれたロペス・オブラドールは、政治に参加するために学業を中断した後、メキシコ国立自治大学で政治 学の学位を取得した。1976年に制度的革命党(PRI)の党員として政治家としてのキャリアをスタートさせた。最初の公職はタバスコ州先住民研究所の所 長で、先住民の言語による書籍の追加やチョンタル山脈のプロジェクトを推進した。1989年に民主革命党(PRD)に入党し、1994年のタバスコ州知事 候補となり、1996年から1999年にかけては全国指導者となった。2000年、メキシコシティ首長に選出される。在任中、犯罪、インフラ、社会支出に 関する政策でメキシコ左派の人気者となった[3]。2004年、前任者のロサリオ・ロブレスが収用したとされる土地での建設中止を拒否したため、国家によ る訴追免除が解除された。この法的手続きは1年間続き、ロペス・オブラドールは出馬権を維持したまま終了した[4]。

ロペス・オブラドールは、2006年の選挙で「万人のための連合」の大統領候補に指名されたが、国民行動党(PAN)のフェリペ・カルデロン候補に惜敗し た。連邦選挙裁判所は多くの不正を指摘したが[5]、ロペス・オブラドールの一般再集計の要求を却下したため、全国で抗議運動が起こった[6][7]。 2011年、市民団体「モレナ」を設立し、後に政党を結成。2012年の選挙では進歩運動連合の候補者であったが、メキシコへのコミットメント連合の候補 者エンリケ・ペニャ・ニエトが勝利した。2012年、「メキシコのための協定」調印に抗議してPRDを離党し、モレナに合流。Juntos Haremos Historia連合の一員として、ロペス・オブラドールは2018年の総選挙で地滑り的勝利を収め、大統領に選出された。

しばしば中道左派、進歩主義者、ポピュリスト、経済ナショナリストと評される[8]ロペス・オブラドールは、30年以上にわたって国政に携わってきた [9]。大統領在任中、彼は前政権下で自由化されていた分野への公共投資を促進し、多くの進歩的な社会改革を実施してきた。支持者たちは、数十年にわたる 高い不平等と汚職の後に制度の刷新を推進し、労働者階級の状態を改善するために国の新自由主義的コンセンサスを再重点化した彼を称賛している[10]。批 評家たちは、彼の政権はCOVID-19パンデミックへの対応でつまずき、麻薬カルテルに対処しようとする試みはメキシコの民主的制度を敵に回し、経済は パンデミック以前にすでに失速していたと主張している[11]。
Early life and education
López Obrador was born in Tepetitán, a small village in the municipality of Macuspana, in the southern state of Tabasco, on 13 November 1953.[12][13] He is the firstborn son of Andrés López Ramón (son of Lorenzo López and Beatriz Ramón) and Manuela Obrador González, Tabasco and Veracruz-based merchants.[14] His younger siblings include José Ramón, José Ramiro, Pedro Arturo, Pío Lorenzo, and twins Candelaria Beatriz and Martín Jesús.[15] His maternal grandfather José Obrador Revuelta was a Cantabrian who arrived as an exile in Mexico from Ampuero, Spain, while his maternal grandmother Úrsula González was the daughter of Asturians.[16][17][18] Through his paternal grandparents, López Obrador is also of Indigenous and African descent.[19]

López Obrador attended the only elementary school in town, the Marcos E. Becerra school, managed by the Seventh-day Adventist Church and named after the Mexican poet of the same name. During afternoons he helped his parents at the La Posadita store. López Obrador began middle school in Macuspana but finished it in the state capital of Villahermosa, where his family moved in the mid-1960s and opened a clothes and shoe store called Novedades Andrés. On 8 June 1969, when he was 15 years old, his brother José Ramón López Obrador died by a gunshot to the head. According to Jorge Zepeda Patterson's [es] Los Suspirantes 2018, José Ramón found a pistol, played with it, and it slipped out of his hands, firing a bullet into his head.[20] The Tabasco newspapers Rumbo Nuevo, Diario de Tabasco, and Diario Presente presented a story where they were both playing around with the pistol and that Andrés Manuel fired it by accident.[21] According to Zepeda Patterson, Andrés Manuel became "taciturn, much more thoughtful" following the incident.[20] López Obrador finished high school and, at age 19, went to Mexico City to study at the National Autonomous University of Mexico (UNAM).[22]

He studied political science and public administration at the UNAM from 1973 to 1976. He returned to school to complete his education after having held several positions within the government of Tabasco and the Institutional Revolutionary Party (PRI). In 1987, he received a degree in political science and public administration after the presentation of his thesis, Proceso de formación del Estado Nacional en México 1821-1867 (Formation Process of the National State in Mexico 1821–1867).[23][24][25][26]

He lived in the Casa del Estudiante Tabasco during his college years on Violeta street in the Guerrero neighborhood of Mexico City. The institution was financed by the administration of Tabasco governor Mario Trujillo García, through efforts of the poet Carlos Pellicer, with whom López Obrador began discussing. There was empathy between the two because the young man raised his concern for the Chontal Maya. After the meeting, the poet invited him to his senate campaign during the 1976 elections. His university professor, Enrique González Pedrero, was another figure that influenced López Obrador's political trajectory.[26]

Family and personal life
After attending school from 1973 to 1976, he returned to his native Tabasco where he held various government positions as well as being a professor at the Juárez Autonomous University of Tabasco. During his stint, he met Rocío Beltrán Medina, a sociology student, who suggested López Obrador embrace the progressive wing of the PRI.[27] They eventually married on 8 April 1978.[28] They had three sons: José Ramón López Beltrán (born 1981), Andrés Manuel López Beltrán (born 1986), and Gonzalo Alfonso López Beltrán (born 1991).[29] Beltrán Medina died on 12 January 2003 due to respiratory arrest caused by lupus, which she had suffered for several years.[28][30]

On 16 October 2006, he married Beatriz Gutiérrez Müller, who had worked in the Mexico City government during his tenure as Head of Government of Mexico City.[31] Together they have one son, Jesús Ernesto.[32]

During his first presidential run, some news reports identified López Obrador as a Protestant; in a television interview, he self-identified as a Roman Catholic.[33][34] In March 2018, he declared, "When I am asked what religion I adhere to, I say that I am a Christian, in the broadest sense of the word, because Christ is love and justice is love."[35]

López Obrador has held a variety of nicknames throughout his life, including El Molido, El Americano (The American), La Piedra (The Rock), El Comandante (The Commander), and the most popular among them is El Peje, named after the common Tabasco fish, the pejelagarto.[36]

A baseball fan, his favorite sportsteam is the St. Louis Cardinals.[37]

López Obrador was named one of Time magazine's 100 Most Influential People of 2019.[38]

On 24 January 2021, he announced that he had tested positive for COVID-19.[39]
生い立ちと教育
ロペス・オブラドールは1953年11月13日、タバスコ州南部のマクスパナ市の小さな村テペティタンで生まれた[12][13]。タバスコ州とベラクル ス州の商人アンドレス・ロペス・ラモン(ロレンソ・ロペスとベアトリス・ラモンの息子)とマヌエラ・オブラドール・ゴンサレスの長男である[14]。 [14] 弟妹にはホセ・ラモン、ホセ・ラミロ、ペドロ・アルトゥーロ、ピオ・ロレンソ、双子のカンデラリア・ベアトリスとマルティン・ヘススがいる。 [15]母方の祖父ホセ・オブラドール・レブエルタはスペインのアンプエロからメキシコに亡命してきたカンタブリア人で、母方の祖母ウルスラ・ゴンサレス はアストゥリアス人の娘である[16][17][18]。


ロペス・オブラドールは、セブンスデー・アドベンチスト教会が運営し、メキシコの同名の詩人にちなんで名付けられたマルコス・E・ベセラという町で唯一の 小学校に通った。午後はラ・ポサディータ商店で両親の手伝いをしていた。ロペス・オブラドールはマクスパナで中学校を始めたが、1960年代半ばに家族が 引っ越した州都ビジャエルモサで卒業し、ノベダデス・アンドレスという洋服と靴の店を開いた。1969年6月8日、彼が15歳のとき、兄のホセ・ラモン・ ロペス・オブラドールが頭を撃たれて死亡した。ホルヘ・ゼペダ・パターソンの『[es] Los Suspirantes 2018』によると、ホセ・ラモンはピストルを見つけて遊んでいたところ、手から滑り落ちて頭に弾丸を撃ち込んだ[20]。タバスコの新聞『Rumbo Nuevo』、『Diario de Tabasco』、『Diario Presente』は、2人ともピストルで遊んでいて、アンドレス・マヌエルが偶然ピストルを発砲したというストーリーを紹介した。 [21] ゼペダ・パターソンによると、この事件の後、アンドレス・マヌエルは「寡黙になり、ずっと思慮深くなった」[20]。ロペス・オブラドールは高校を卒業 し、19歳でメキシコシティに行き、メキシコ国立自治大学(UNAM)で学んだ[22]。


1973年から1976年までUNAMで政治学と行政学を学んだ。タバスコ州政府と制度的革命党(PRI)でいくつかの役職を経験した後、復学して教育を 修了。1987年、学位論文『Proceso de formación del Estado Nacional en México 1821-1867(メキシコ1821-1867年における国民国家の形成過程)』を発表し、政治学と行政学の学位を取得した[23][24][25] [26]。


彼は大学時代、メキシコシティのゲレーロ地区のビオレタ通りにあるカサ・デル・エストゥディアンテ・タバスコに住んでいた。この施設は、タバスコ州知事マ リオ・トルヒーヨ・ガルシアの政権が、ロペス・オブラドールと議論を始めた詩人カルロス・ペリセルの努力によって資金を提供していた。ロペス・オブラドー ルは、詩人カルロス・ペリセルのチョンタール・マヤに対する思いに共感したのだ。会談後、詩人は1976年の選挙で上院議員選挙キャンペーンに彼を招待し た。彼の大学教授エンリケ・ゴンサレス・ペドロもまた、ロペス・オブラドールの政治的軌跡に影響を与えた人物だった[26]。

家族と私生活
1973年から1976年まで学校に通った後、生まれ故郷のタバスコに戻り、タバスコのフアレス自治大学で教授を務める傍ら、さまざまな政府要職を歴任し た。在職中、社会学部の学生だったロシオ・ベルトラン・メディナと知り合い、ロペス・オブラドールにPRIの進歩派を受け入れるよう勧めた[27]: ホセ・ラモン・ロペス・ベルトラン(1981年生まれ)、アンドレス・マヌエル・ロペス・ベルトラン(1986年生まれ)、ゴンサロ・アルフォンソ・ロペ ス・ベルトラン(1991年生まれ)である[29]。ベルトラン・メディナは2003年1月12日、数年来患っていたループスによる呼吸停止により死去し た[28][30]。

2006年10月16日、メキシコ・シティ政府首長在任中にメキシコ・シティ政府で働いていたベアトリス・グティエレス・ミュラーと結婚[31]。二人の間には一人息子のヘスス・エルネストがいる[32]。

最初の大統領選出馬の際、一部の報道ではロペス・オブラドールはプロテスタントとされていたが、テレビのインタビューではローマ・カトリックと自称してい た[33][34]。 2018年3月、「どの宗教を信仰しているかと聞かれたら、キリストは愛であり、正義は愛であるから、私は広義のキリスト教徒であると答える」と宣言した [35]。

ロペス・オブラドールは生涯を通じて、エル・モリド(El Molido)、エル・アメリカーノ(El Americano)、ラ・ピエドラ(La Piedra)、エル・コマンダンテ(El Comandante)、エル・ペヘ(El Peje)など、さまざまなあだ名をつけてきた。

野球ファンで、好きなスポーツチームはセントルイス・カージナルス[37]。

ロペス・オブラドールはタイム誌の「2019年最も影響力のある100人」に選出された[38]。

2021年1月24日、COVID-19の陽性反応が出たことを発表した[39]。
Early political career
Member of the PRI

He joined the PRI in 1976 to support Carlos Pellicer's campaign for a Senate seat for Tabasco.[40] A year later, he headed the Indigenous People's Institute of Tabasco. In 1984, he relocated to Mexico City to work at the National Consumers' Institute, a federal government agency.[41]

Member of the PRD

López Obrador resigned his position with the government of Tabasco in 1988 to join the new dissenting left-wing of the PRI, then called the Democratic Current, led by Cuauhtémoc Cárdenas. This movement formed the National Democratic Front and later became the Party of the Democratic Revolution (PRD).[42]

In 1994, he ran for the governorship of Tabasco but lost to PRI candidate Roberto Madrazo. López Obrador gained national exposure as an advocate for the rights of indigenous people when, in 1996, he appeared on national TV drenched in blood following confrontations with police for blocking Pemex oil wells to defend the rights of local indigenous people impacted by pollution.[43]

He was president of the PRD from 2 August 1996 to 10 April 1999.[44]
初期の政治キャリア
PRIのメンバー

1976年、タバスコ州の上院議員選挙に立候補したカルロス・ペリセルの選挙キャンペーンを支援するため、PRIに参加した[40]。1984年、メキシコシティに移り、連邦政府機関である国立消費者研究所で働く[41]。

PRD党員

ロペス・オブラドールは1988年にタバスコ州政府の職を辞し、クアウテモック・カルデナスが率いる当時は民主化潮流と呼ばれていたPRIの新しい反対左派に加わった。この運動は国民民主戦線を結成し、後に民主革命党(PRD)となった[42]。

1994年、タバスコ州知事選に出馬したが、PRIのロベルト・マドラソ候補に敗れた。ロペス・オブラドールは、1996年、公害の影響を受けている地元 先住民の権利を守るため、ペメックス社の油田を封鎖したことで警察と対立し、血まみれで全国放送に出演したことで、先住民の権利擁護者として全国的に知ら れるようになった[43]。

1996年8月2日から1999年4月10日までPRD大統領を務めた[44]。
Head of Government of the Federal District (2000–2005)
Election
On 2 July 2000, he was elected Head of Government of the Federal District, a position akin to that of city mayor for the national capital district, with 38.3% of the vote.[45]

Political agenda

López Obrador (center) with President Vicente Fox (left) and México State governor Arturo Montiel (right) in June 2003
As mayor, López Obrador implemented various social programs that included extending financial assistance to help vulnerable groups in Mexico City,[11][46] including single mothers, senior citizens, and the physically and mentally challenged. He invested in housing and schools, created old-age pensions, and expanded services.[47] He also helped found the first new university in Mexico City in three decades, the Universidad Autónoma de la Ciudad de México.[48]

López Obrador hired former New York City mayor Rudy Giuliani to craft a zero-tolerance policy that would help reduce crime in Mexico City.[47][3]

He directed the restoration and modernization of Mexico City's historic downtown, which has 16th- and 17th-century buildings and a large number of tourist spaces. He led a joint venture with billionaire businessman Carlos Slim Helú, a native of downtown Mexico City, to expropriate, restore, rebuild, and gentrify large parts of the area, creating shopping and residential areas for middle- and upper-income residents.[49]

López Obrador used fiscal policy to encourage private sector investment in housing.[50] He granted construction firms tax breaks and liberalized zoning regulations, leading to the construction of more condominiums and office buildings during his tenure than during any other period in Mexico City's history. New high-density condos emerged in the upscale neighborhoods of Polanco and Lomas de Chapultepec.[51]

To improve traffic flow on the city's two main inner-city roads, Periférico and Viaducto, he added sections of second stories to the Anillo Periférico and renovated about 10% of those roads. The Metrobús, an express bus service based on the Curitiba model, was built down Avenida Insurgentes, cutting through the city some 20 km from north to south.[52]

Response to Tláhuac lynching
López Obrador's popularity diminished after the lynching of two federal law-enforcement officers performing an undercover investigation in Tláhuac in November 2004.[53] The Mexico City Police rescued one agent,[54] but the city's chief of police, Marcelo Ebrard, and federal Secretary of Public Safety, Ramón Martín Huerta, were both accused of not organizing a timely rescue effort. López Obrador's secretary of government, Alejandro Encinas, was criticized for declaring that the lynching should be understood as stemming from indigenous customary law (usos y costumbres).[55][56] After a thorough investigation, López Obrador gave Ebrard a vote of confidence, despite a request from President Vicente Fox Quesada for him to be relieved of duty. Later, using his constitutional powers, Fox fired Ebrard, while Martín Huerta, a member of Fox's cabinet, received a reprimand and continued to hold office as Secretary of Public Safety until his death in a helicopter accident.[57][58] López Obrador later appointed Ebrard as Secretary of Social Development and supported his candidacy in the PRD primaries to run for office as Head of Government of the Federal District in 2006.[59]

Removal of his immunity from prosecution
Main article: Desafuero of Andrés Manuel López Obrador

López Obrador during a speech in October 2005
Elected government officials in Mexico have an official immunity called fuero that prevents criminal charges from being brought against them, which can be removed through desafuero. In 2004 the Attorney General's Office asked Congress to strip López Obrador of his immunity under charges of a misdemeanor (ignoring a court order). The misdemeanor against López Obrador was his refusal to order the cessation of the construction of a private hospital on land expropriated by Rosario Robles (who preceded López Obrador as Head of Government of the Federal District under the Ernesto Zedillo government).[60] Under federal law, any person with criminal charges during the electoral process would not be eligible to run in a presidential election. A legal process begun in 2004 would likely have continued during the presidential campaigns of 2006, ending López Obrador's presidential run.

Although his political opponents argued he should be subject to the same judicial process as anyone else, newspaper editorials throughout the world charged that the desafuero was politically motivated (including The New York Times[61] and The Washington Post),[62] that it undermined Mexican democracy, and that López Obrador's exclusion from the upcoming elections would delegitimize the eventual winner.

After Congress voted removing López Obrador's immunity, he asked for leave from his post for a few days. President Vicente Fox, wanting to avoid a political crisis and knowing that the decision made by Congress was widely unpopular,[4] appeared on national television in April 2005, stating that the issue would not be pursued further. The controversy closed on a technicality, and López Obrador, despite the removal of immunity, was not prosecuted, and thus remained eligible to participate in the 2006 presidential election. Weeks later, Attorney General Rafael Macedo de la Concha resigned.[63]

Public opinion at the end of his term
During his time as Head of Government of the Federal District, López Obrador became one of the country's most recognizable politicians. He left office with an 84% approval rating, according to an opinion poll by Consulta Mitofsky.[64] According to an article by Reforma newspaper, he kept 80% of the promises he made as a candidate.[65][66]
連邦管区政府元首(2000~2005年)
選挙
2000年7月2日、38.3%の得票率で、首都圏の市長に相当する連邦管区政府首長に選出された[45]。

政治課題

2003年6月、ロペス・オブラドール(中央)とビセンテ・フォックス大統領(左)、アルトゥーロ・モンティエル・メヒコ州知事(右)。
ロペス・オブラドールは市長として、シングルマザー、高齢者、身体的・精神的障がい者など、メキシコシティの社会的弱者[11][46]を支援するための 財政支援を含む様々な社会プログラムを実施した。彼は住宅や学校に投資し、老齢年金を創設し、サービスを拡大した[47]。彼はまた、メキシコシティに 30年ぶりに新しい大学、メキシコ自治大学(Universidad Autónoma de la Ciudad de México)の創設を支援した[48]。

ロペス・オブラドールは元ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニを雇い、メキシコシティの犯罪を減らすのに役立つゼロトレランス政策を立案させた[47][3]。

彼は、16世紀と17世紀の建物と多くの観光スペースがあるメキシコシティの歴史的なダウンタウンの修復と近代化を指揮した。彼は、メキシコシティのダウ ンタウン出身の億万長者の実業家カルロス・スリム・ヘルとの共同事業を率いて、この地域の大部分を収用、修復、再建、高級化し、中・高所得者向けのショッ ピングエリアや住宅地を造成した[49]。

ロペス・オブラドールは、財政政策を用いて住宅への民間投資を奨励した[50]。彼は建設会社に減税を認め、ゾーニング規制を自由化したため、彼の在任中 はメキシコシティの歴史上のどの時期よりも多くのマンションやオフィスビルが建設された。ポランコやロマス・デ・チャプルテペックの高級住宅街に新しい高 密度マンションが出現した[51]。

市内にある2つの主要道路、ペリフェリコとビアダクトの交通の流れを改善するため、彼はアニージョ・ペリフェリコに2階部分を追加し、これらの道路の約 10%を改修した。クリチバ・モデルに基づく高速バスサービスであるメトロブスは、インスルヘンテス大通りに建設され、市内を南北約20kmにわたって貫 通した[52]。

リンチ事件への対応
ロペス・オブラドールの人気は、2004年11月にトラワクで潜入捜査を行っていた連邦警察官2人がリンチされた事件で低下した[53]。メキシコ市警察 は捜査官1人を救出したが[54]、同市のマルセロ・エブラード警察署長と連邦公安長官のラモン・マルティン・ウエルタはともに、タイムリーな救出活動を 組織しなかったとして非難された。ロペス・オブラドールのアレハンドロ・エンシナス政務次官は、リンチは先住民の慣習法(usos y costumbres)に由来すると理解されるべきであると宣言したことで批判された[55][56]。徹底的な調査の後、ロペス・オブラドールは、ビセ ンテ・フォックス・ケサダ大統領からの解任要請にもかかわらず、エブラードに信任票を与えた。その後、フォックスは憲法上の権限を行使してエブラードを解 雇したが、フォックスの閣僚であったマルティン・ウエルタは譴責処分を受け、ヘリコプター事故で死亡するまで公安長官の職を続けた[57][58]。ロペ ス・オブラドールはその後、エブラードを社会開発長官に任命し、2006年の連邦管区政府首長選挙に出馬するため、PRDの予備選挙で彼の立候補を支援し た[59]。

訴追免除の解除
主な記事 アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールのデサフエロ

2005年10月、演説中のロペス・オブラドール氏
メキシコの選挙で選ばれた政府高官には、刑事責任を問われないようにするフエロ(fuero)と呼ばれる公的免責特権があるが、これはデサフエロ (desafuero)によって取り除くことができる。2004年、検事総長はロペス・オブラドールに対し、軽犯罪(裁判所の命令を無視したこと)で免責 を剥奪するよう議会に要請した。ロペス・オブラドールに対する軽犯罪は、ロサリオ・ロブレス(エルネスト・セディージョ政権下でロペス・オブラドールの前 に連邦管区政府首班を務めていた)が収用した土地への私立病院建設の中止命令を拒否したことであった[60]。連邦法の下では、選挙手続き中に刑事責任を 問われた者は大統領選挙に出馬する資格がない。2004年に始まった法的手続きは、おそらく2006年の大統領選挙運動中も継続され、ロペス・オブラドー ルの大統領選出馬は終わっただろう。

ロペス・オブラドールの政敵たちは、ロペス・オブラドールも他の誰とも同じ司法手続きに従うべきだと主張したが、世界中の新聞社説は、デサフエロは政治的 な動機によるものであり(ニューヨーク・タイムズ紙[61]やワシントン・ポスト紙を含む)[62]、メキシコの民主主義を弱体化させ、ロペス・オブラ ドールが次期選挙から排除されることは最終的な勝者を委縮させることになると非難した。

議会がロペス・オブラドールの免責特権の撤廃を決議した後、彼は数日間の休暇を求めた。ビセンテ・フォックス大統領は、政治的危機を避けたいと考え、議会 の決定が広く不評であることを知っていたため[4]、2005年4月に全国放送のテレビ番組に出演し、この問題をこれ以上追及しないと述べた。この論争は 技術的な問題で幕を閉じ、ロペス・オブラドールは免責特権を剥奪されたにもかかわらず訴追されなかったため、2006年の大統領選挙に参加する資格を維持 した。その数週間後、ラファエル・マセド・デ・ラ・コンチャ司法長官が辞任した[63]。

任期終了後の世論
ロペス・オブラドールは、連邦管区政府長官在任中に、国内で最も知名度の高い政治家のひとりとなった。Consulta Mitofskyの世論調査によると、彼は84%の支持率で政権を去った[64]。 Reforma紙の記事によると、彼は候補者として行った公約の80%を守った[65][66]。
Prior presidential campaigns
First presidential run, 2006
In September 2005, the PRD nominated López Obrador as presidential pre-candidate for the 2006 general election. Cuauhtémoc Cárdenas declined to participate in the internal elections when polls showed López Obrador as the clear favorite.[67]

Until March 2006, polls showed him as the presidential frontrunner; however, his numbers had declined by late April.[68] An article published by La Crónica de Hoy in March 2006 said that Mexican Bolivarian Circles and students, allegedly assisted by Venezuelan agents, distributed "Bolivarian propaganda in favor of Andrés Manuel López Obrador" throughout cities in Mexico and that such groups were given "economic support, logistics advice and ideological instruction" from the Hugo Chávez government.[69]

Some left-wing politicians and analysts criticized López Obrador for including in his close staff many former members of the PRI who fought against his party in the 1980s and 1990s,[70] such as Arturo Núñez (one of the authors of Fobaproa contingency fund),[71] Manuel Camacho Solís and Marcelo Ebrard. The guerrilla leader of the Zapatista Army of National Liberation (EZLN), Subcomandante Marcos, said López Obrador was a false left-wing candidate, arguing that he was a centrist candidate. Cuauhtémoc Cárdenas did not participate in campaign events but stated that he would still vote for his party, the PRD.[72]

López Obrador's proposals, including his 50 commitments, produced mixed opinions from analysts. The Washington Post wrote that López Obrador used U.S. President Franklin D. Roosevelt as inspiration for his proposals.[73]

On 19 May, Roberto Madrazo, the PRI's presidential candidate, hinted at the possibility of an alliance with López Obrador to prevent National Action Party (PAN) candidate Felipe Calderón from winning the election after both parties criticized president Vicente Fox for what they saw as illegal support by the federal government for Calderón.[74] A PRD spokesperson said both parties entered an information-sharing agreement regarding the issue.[75][76] This, combined with calls from high-ranking PRI member Manuel Bartlett (former Secretary of the Interior during the 1988 presidential election fraud) to vote for López Obrador,[77] aroused media speculation that the PRI and the PRD would ally.

On 28 May, after López Obrador discounted any such alliance because the PRI and PRD political tendencies could not be reconciled,[78] Roberto Madrazo indicated that his comments were misunderstood and that he would not step down or endorse any other candidate.[79][80]

In 2006, the Spanish newspaper El País criticized López Obrador for what it characterized as "extreme" verbal insults toward Mexican government institutions and President Vicente Fox.[81]

Election results
Main article: Mexican general election, 2006 § Presidential election

According to the official count, López Obrador held an advantage over Calderón right until 97.50% of the polling stations were counted, after which Calderón overtook the first place by a difference of less than 1% of the votes
On 6 July 2006, the Federal Electoral Institute (IFE) announced the final vote count in the 2006 presidential election, resulting in a narrow margin of 0.56 percentage points (243,934 votes) of victory for his opponent, Felipe Calderón. López Obrador appealed the results, claiming widespread irregularities, and demanded an election recount.[82] (A generalized recount is only to be carried in extreme circumstances, according to Mexican Electoral Tribunal Jurisprudence S3ELJ14-2004.[83]) On 8 July 2006, López Obrador called for nationwide protests to ask for a national recount, stating "the government would be responsible for any flare-up of anger after officials rejected his demand for a manual recount of Sunday's extremely close vote."[84] However, on 5 September 2006, the Federal Electoral Tribunal (TEPJF) ruled that the election was fair and that Calderón was the winner and would become president.[85]

In contesting the election, López Obrador and his coalition made several arguments: (a) that President Fox, the Consejo Coordinador Empresarial (CCE), a business interest group, and other organizations had illegally interfered in the presidential campaign, which is strictly prohibited by electoral law,[6] thereby providing grounds for election annulment; that (b) that votes were fraudulently tallied on 2 July and afterward; and that (c) there was widespread and significant evidence of electoral irregularities, ranging from stuffed ballot boxes and inconsistent tally reports to improper and illegal handling of the ballot trail and voter intimidation.[86]

The Court did find that President Fox and the CCE had interfered in the elections by campaigning for Felipe Calderón, which is against electoral laws.[5] The TEPJF determined that it was unfeasible to accurately evaluate the influence this interference had on the election results but estimated the impact of Fox's interference as insignificant. Similarly, the tribunal stated that it could not gauge the importance of CCE's interference.[citation needed] Consequently, the Court ruled that both interferences could not be considered a sufficient judicial cause to annul the election. In response to fraud allegations, the Court stated there was a lack of enough evidence to annul the election.[87][88]

López Obrador and his coalition had alleged irregularities in many polling stations and requested a national recount. Ultimately, the TEPJF, in a unanimous vote, ordered a recount of about 9% of the polling stations.[89] The Supreme Court later ruled that the evidence presented did not demonstrate the occurrence of sufficient irregularities to change the election outcome.

In response to this result, in a move reminiscent of Francisco I. Madero declaring himself provisional President of Mexico after calling the 1910 elections against Porfirio Díaz fraudulent, López Obrador's followers proclaimed him the Presidente Legitimo (Legitimate President), inaugurated him in a ceremony in the Zócalo, and called for the creation of an alternative, parallel government.[90]

Post-election protests
See also: Controversies of the 2006 Mexican general election
López Obrador announced his victory to his supporters on the night of the election, stating that exit polls declared he had won by 500,000 votes. He did not cite any polls at the time[91] and later referenced Covarrubias[92] and IMO.[93] Several days later, the Federal Electoral Institute (IFE) published its final tally, which had him down by a margin of 0.58%, or approximately 243,000 votes. López Obrador then initiated legal actions, claiming election irregularities in 54% of polling stations, and demanded a "vote by vote" recount in all polling stations.

The Federal Electoral Tribunal (TEPJF) discussed the case and eventually dismissed it.[7] The IFE called for the candidates to refrain from proclaiming themselves as the winner, president-elect, or president until the final resolution. Both candidates disobeyed this call. In an interview with U.S. Spanish-language TV network Univision, López Obrador referred to himself as "President of Mexico."[94][95]

López Obrador held several gatherings in downtown Mexico City with hundreds of thousands of people attending. On 31 July, as an act of civil disobedience, he organized a blockade of 12 kilometers of Paseo de la Reforma, one of the city's most important roads, which houses several hotels, corporate headquarters, and the Mexico City Stock Market.[96] Business groups said the blockades cost Mexico City businesses in the area millions of pesos in losses.[97]

On 5 August, the TEPJF met in a public session to decide the outcome of the complaints the PRD and its coalition partners had filed. The seven magistrates voted unanimously to order a recount of 11,839 ballot boxes in 155 districts (9.2% of the total), despite López Obrador's public demand for a total recount.[98] The TEPJF based its decision for a partial recount on its finding that, despite publicly demanding a vote-by-vote general recount, López Obrador's party filed legal challenges for 71,000 polling stations (54%). Therefore, the TEPJF found it could by law order a recount of only those 71,000 polling stations contested. The TEPJF ruled that it could not order a recount of the votes not in controversy because "the certainty asked by the [López Obrador] Coalition is tied to the respect for the tallies certified by the citizens in the polling stations not in controversy."[99]

The TEPJF did certify that principles of certainty were grounds for a recount in some stations, since there was evidence of possible irregularities.[99] López Obrador rejected the resolution as too narrow, and he and his followers intensified their civil resistance. For about two hours on 9 August, protesters took over the tollbooths on four federal highways linking Mexico City to Cuernavaca, Querétaro, Toluca, and Pachuca. The protesters prevented personnel from charging tolls on some roads and allowed vehicles to pass freely. Also, hundreds of López Obrador supporters surrounded four of the main offices of foreign banks, including Citibank, Banamex, BBVA, and the Mexican subsidiary of HSBC, closing them for about four hours, claiming that foreign banks "ransack the country" and "widen the barrier between rich and poor" alleging banks had become involved in Mexican politics by supporting Calderón.[100][101]

On 8 August, López Obrador sent a message to the press regarding the blockades, where he explained his reasons to continue the "peaceful civil resistance."[102] López Obrador held a rally called "National Democratic Convention" on 16 September, Independence Day, when a military parade was scheduled. The convention started after the military parade.[103] Claiming he country's institutions to be colluded, López Obrador said that they "no longer work" and called for creating new ones.[104]

López Obrador led a rally on the day of the state of the union speech, where sympathizers prevented president Vicente Fox from delivering a speech inside the Legislative Palace of San Lázaro.[105] They claimed that the President "had created a police state" in the area around Congress and interpreted it as an unconstitutional act that made it impossible for Congress to be called into session.[106] López Obrador told his followers not to be lured into violent confrontations with the police, declaring, "We aren't going to fall into any trap. We aren't going to be provoked." He exhorted his followers to remain in the Zócalo instead of marching to the Legislative Palace.[107]

According to a poll published on 1 December 2006 in El Universal, 42% thought that Calderón's victory was fraudulent, and 46% thought it was not.[108]

"Legitimate Presidency"

López Obrador being proclaimed "Legitimate President of Mexico" by his supporters in November 2006[109]
On 20 November 2006, during the federal holiday commemorating the Mexican Revolution, López Obrador's sympathizers proclaimed him the "Legitimate President" at a rally in the Zócalo in Mexico City.[90] The action was planned in another rally, the "National Democratic Convention," in which supporters gave him the title. At the convention, López Obrador called for establishing a parallel government and shadow cabinet.[110] He also advocated for the abolition or reform of several institutions,[which?] alleging they had become lavish and corrupt, and asked for changes to the constitution to ensure the institutions work "for the people," providing welfare and assistance to the elderly and other vulnerable groups.[citation needed]

After supporters proclaimed him as the "Legitimate President of Mexico,"[109] López Obrador created a "Cabinet of Denunciation" to protest actions made by President Felipe Calderón.[111] In his speech at the proclamation ceremony, López Obrador promised to "procure the happiness of the people"[112] and announced twenty "actions of government," such as fostering a process for renewal of public institutions and defending the right to information and demanding openness of communication media.[113]

Days later, López Obrador announced that he would earn a salary of 50,000 pesos (US$2,500) a month, provided by donations.[114]

Reactions
Reactions to the "legitimate presidency" varied widely. An opinion by El País said that López Obrador's "lack of consideration for democratic institutions and the rule of law seriously endanger civil peace in Mexico."[115] After speculation on whether or not López Obrador's self-proclamation was against the law, the PRI stated that this political action was not a crime.[116] Liébano Sáenz, chief of staff of former President Ernesto Zedillo, said López Obrador "will become the conscience of the nation, which will do much good for Mexican democracy."[117] José Raúl Vera López, the Roman Catholic bishop of Saltillo, Coahuila, declared that the so-called "legitimate presidency" was a result of the "profound discontent with how the country has been run" and that López Obrador had "very deep moral backing."[118]

A poll conducted by Grupo Reforma indicated that 56% of Mexicans disapproved of López Obrador taking the title, while only 19% approved. Sixty-three percent of those polled also said that the former candidate had lost credibility. Other responses in the poll included 82% describing the political atmosphere in Mexico as "tense," and 45% of those polled blamed it on the PRD, 20% blamed it on the PAN, and 25% blamed both parties. The poll was a telephone survey of 850 adults on 18 November with 95% confidence interval of +/-3.4% margin of error.[119]

In the first few months of his term, President Calderón's announced initiatives that mirrored those of López Obrador. These included price ceilings for tortillas through the Tortilla Price Stabilization Pact, that protected small corn producers,[120] reductions to the president and cabinet minister salaries, and the proposal for a constitutional amendment that, if passed, would have lowered wages for public servants and impose caps on their remuneration.[121] Some interpreted this measures as "seeking to fulfill a campaign promise to incorporate the agenda of election rival Andrés Manuel López Obrador into his government."[121] Others saw them as intending to undercut the opposition government.[122]

Influence in the 2008 PRD elections

Raúl Vera López, bishop of Saltillo, declared that López Obrador's so-called "legitimate presidency" is the result of "deep discontent with the way the country has been run," and that Obrador had "very deep moral backing"[123]
In 2008, the PRD held leadership elections. López Obrador's candidate, Alejandro Encinas Rodríguez was opposed by Jesús Ortega. Allegations of fraud on both sides halted recounts and raised doubts about the legitimacy of the election. Media figures commented that, while López Obrador had used phrases such as "fraud", "illegitimacy", "corruption", etc. in the 2006 presidential election, the same phrases were now used to describe the PRD's election, and many feared that, no matter what the outcome, there would be a "legitimate" and a "spurious" President inside the Party.[124] According to exit polls conducted by Mitofsky and IMO, Encinas won by 5% and 8% points, respectively.[125]

Occupation of Congress
Congress was also taken by legislators of the Broad Progressive Front (FAP), the PRD, Labor, and Convergence parties on 10 April 2008 because they disagreed with the Government regarding energy policy discussions, claiming they were unconstitutional. López Obrador's followers, using chairs and tables and barricades, took both chambers of Congress and had them chained, thus avoiding the passage of secondary laws which modified the legal framework of the Mexican state-owned oil company, Pemex.[126] López Obrador and his followers opposed these laws and viewed them as leading to the de facto privatization of the company.[127] López Obrador requested a four-month debate on energy policies instead of the 50-day one presented by the PAN, PRI, Green Party and New Alliance.[128]
過去の大統領選挙
最初の大統領選出馬(2006年
2005年9月、PRDはロペス・オブラドールを2006年総選挙の大統領予備候補に指名した。クアウテモック・カルデナスは、世論調査でロペス・オブラドールが断然有利とされたため、党内選挙への参加を辞退した[67]。

2006年3月まで、世論調査は彼を大統領選の最有力候補としていたが、4月下旬までに彼の数は減少していた[68]。2006年3月にLa Crónica de Hoyによって発表された記事によると、メキシコのボリバルサークルと学生たちは、ベネズエラのエージェントによって援助されているとされ、メキシコの各 都市で「アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドルを支持するボリバルプロパガンダ」を配布し、そのようなグループはウゴ・チャベス政府から「経済支援、 兵站アドバイス、イデオロギー指導」を受けていた[69]。

左派の政治家やアナリストの中には、ロペス・オブラドールが、アルトゥーロ・ヌニェス(フォバプロア偶発基金の著者の一人)、マヌエル・カマチョ・ソリ ス、マルセロ・エブラードなど、1980年代から1990年代にかけて彼の党と戦ったPRIの元メンバーの多くを側近に加えたことを批判する者もいた [70]。サパティスタ民族解放軍(EZLN)のゲリラ指導者であるサブコマンダンテ・マルコスは、ロペス・オブラドールは偽の左翼候補であるとし、中道 候補であると主張した。クアウテモック・カルデナスは選挙イベントには参加しなかったが、自身の政党であるPRDに投票すると述べた[72]。

50の公約を含むロペス・オブラドールの提案は、アナリストたちからさまざまな意見を呼んだ。ワシントン・ポスト紙は、ロペス・オブラドールが提案のインスピレーションとしてフランクリン・D・ルーズベルト米大統領を利用したと書いた[73]。

5月19日、PRIの大統領候補ロベルト・マドラソは、国民行動党(PAN)のフェリペ・カルデロン候補の当選を阻止するため、ロペス・オブラドールとの 同盟の可能性を示唆した。 [74][76]これに加え、PRIの高官であるマヌエル・バートレット(1988年の大統領選不正選挙時の元内務長官)がロペス・オブラドールに投票す るよう呼びかけたことから[77]、PRIとPRDが同盟を結ぶのではないかという憶測がメディアを賑わせた。

5月28日、ロペス・オブラドールが、PRIとPRDの政治的傾向は和解できないとして、そのような同盟を否定した後[78]、ロベルト・マドラソは、彼の発言は誤解であり、退陣することも他の候補者を支持することもないと示した[79][80]。

2006年、スペインの新聞エル・パイスは、ロペス・オブラドールがメキシコの政府機関やビセンテ・フォックス大統領に対して「極端な」暴言を吐いたとして批判した[81]。

選挙結果
主な記事 2006年メキシコ総選挙§大統領選挙

公式集計によると、97.50%の投票所が集計されるまではロペス・オブラドールがカルデロンに対して優位を保っていたが、その後カルデロンが1%未満の得票差で1位を抜いた。
2006年7月6日、連邦選挙院(IFE)は2006年大統領選挙の最終開票結果を発表し、0.56ポイント(243,934票)の僅差で対立候補のフェ リペ・カルデロンが勝利した。ロペス・オブラドールは、不正が蔓延しているとして結果を不服とし、選挙の再集計を要求した[82](メキシコ選挙裁判所の 判決S3ELJ14-2004によれば、一般的な再集計は極端な状況でのみ実施されることになっている[83])。 [2006年7月8日、ロペス・オブラドールは全国的な再集計を求める抗議行動を呼びかけ、「日曜日の極めて接戦となった投票の手動による再集計の要求を 当局が拒否したため、怒りが燃え上がった場合、その責任は政府にある」と述べた[84]。しかし、2006年9月5日、連邦選挙裁判所(TEPJF)は、 選挙は公正であり、カルデロンが当選し、大統領になるとの判決を下した[85]。

ロペス・オブラドールと彼の連合は、選挙を争うにあたっていくつかの主張を行った: (a)フォックス大統領、財界の利益団体であるCCE(Consejo Coordinador Empresarial)、その他の団体が、選挙法で厳しく禁じられている大統領選挙キャンペーンに違法に介入した[6]; (b)7月2日とその後に票が不正に集計されたこと、(c)詰め込まれた投票箱や一貫性のない集計報告から、投票証跡の不適切かつ違法な取り扱いや有権者 の脅迫に至るまで、選挙不正の広範かつ重大な証拠が存在したこと。 [86]

裁判所は、フォックス大統領とCCEが、選挙法に違反するフェリペ・カルデロンの選挙キャンペーンを行うことによって選挙に干渉したと認定した[5]。 TEPJFは、この干渉が選挙結果に与えた影響を正確に評価することは不可能であると判断したが、フォックスの干渉の影響は軽微であると推定した。同様 に、同裁判所はCCEの妨害の重要性を測ることはできないと述べた[要出典]。その結果、同裁判所は、両干渉は選挙を無効化する十分な司法的理由とはみな されないと裁定した。不正疑惑に対しては、裁判所は選挙を無効にするだけの証拠が不足していると述べた[87][88]。

ロペス・オブラドールと彼の連合は、多くの投票所で不正があったと主張し、全国的な再集計を要求していた。最終的に、TEPJFは全会一致で約9%の投票 所の再集計を命じた[89]。後に最高裁判所は、提示された証拠は選挙結果を変更するのに十分な不正の発生を証明するものではないと裁定した。

この結果を受け、フランシスコ・I・マデロが1910年のポルフィリオ・ディアスに対する選挙を不正とした後にメキシコの臨時大統領を宣言したことを彷彿 とさせる動きとして、ロペス・オブラドールの支持者たちは彼をプレジデンテ・レジティモ(正当な大統領)と宣言し、ソカロでの式典で就任させ、代替の並立 政権の樹立を呼びかけた[90]。

選挙後の抗議
以下も参照: 2006年メキシコ総選挙の論争
ロペス・オブラドールは選挙当日の夜、出口調査で50万票差で勝利したと支持者に発表した。数日後、連邦選挙院(IFE)は最終集計を発表し、0.58% の差、約24万3,000票差でロペス・オブラドールが勝利したと発表した。ロペス・オブラドールはその後、54%の投票所で選挙違反があったとして法的 措置を開始し、すべての投票所で「一票一票」の再集計を要求した。

連邦選挙裁判所(TEPJF)はこの裁判を審議し、最終的に棄却した[7]。IFEは、最終的な決着がつくまで、候補者たちが自らを勝者、次期大統領、大 統領であると宣言しないよう求めた。両候補はこの呼びかけに従わなかった。米国のスペイン語テレビ局ユニビジョンとのインタビューで、ロペス・オブラドー ルは自らを「メキシコ大統領」と呼んだ[94][95]。

ロペス・オブラドールはメキシコシティのダウンタウンで何度か集会を開き、数十万人が参加した。7月31日、市民的不服従の行為として、彼はいくつかのホ テル、企業の本社、メキシコシティ株式市場がある、メキシコシティで最も重要な道路のひとつであるパセオ・デ・ラ・レフォルマの12キロメートルの封鎖を 組織した[96]。ビジネス・グループによれば、封鎖によってメキシコシティのこの地域の企業は数百万ペソの損失を被った[97]。

8月5日、TEPJFは公開の会合を開き、PRDとその連合パートナーが提出した訴えの結果を決定した。7人の判事は、ロペス・オブラドールが全数再集計 を公に要求したにもかかわらず、155選挙区11,839の投票箱(全体の9.2%)の再集計を命じることを満場一致で決定した[98]。したがって、 TEPJFは、法律上、争われた71,000の投票所のみの再集計を命じることができると判断した。TEPJFは、「(ロペス・オブラドール)連合が求め た確実性は、論争になっていない投票所で市民が認証した集計の尊重と結びついている」[99]ため、論争になっていない票の再集計を命じることはできない と裁定した。

TEPJFは、不正の可能性を示す証拠があったため、確実性の原則がいくつかの投票所での再集計の根拠となることを認定した[99]。ロペス・オブラドー ルは、この決議は狭すぎるとして拒否し、彼と彼の支持者たちは市民的抵抗を強めた。8月9日の約2時間、抗議者たちはメキシコシティとクエルナバカ、ケレ タロ、トルーカ、パチューカを結ぶ4つの連邦高速道路の料金所を占拠した。デモ隊は一部の道路で職員が通行料を徴収するのを阻止し、車両が自由に通行でき るようにした。また、数百人のロペス・オブラドール支持者が、シティバンク、バナメックス、BBVA、HSBCのメキシコ子会社を含む外資系銀行の主要オ フィス4つを取り囲み、約4時間にわたって閉鎖し、外資系銀行が「国を略奪」し、「貧富の差を広げる」と主張し、銀行がカルデロンを支持することでメキシ コの政治に関与していると主張した[100][101]。

8月8日、ロペス・オブラドールは封鎖に関するメッセージを報道陣に送り、「平和的市民抵抗」を続ける理由を説明した[102]。ロペス・オブラドール は、軍事パレードが予定されていた9月16日の独立記念日に「全国民主大会」と呼ばれる集会を開催した。大会は軍事パレードの後に始まった[103]。ロ ペス・オブラドールは、国の制度が癒着していると主張し、それらは「もはや機能しない」と述べ、新たな制度を創設するよう呼びかけた[104]。

ロペス・オブラドールは統一演説の日に集会を主導し、同調者たちはビセンテ・フォックス大統領がサン・ラサロ立法院内で演説するのを妨害した。 [105]彼らは、大統領が議会周辺に「警察国家を作り上げた」と主張し、議会の招集を不可能にする違憲行為と解釈した[106]。ロペス・オブラドール は、警察との暴力的な対立に誘われないよう支持者たちに語りかけ、「私たちはどんな罠にもはまらない。挑発に乗るつもりはない」と宣言した。彼は、立法府 まで行進する代わりに、ゾカロに留まるよう支持者たちに呼びかけた[107]。

2006年12月1日に『エル・ユニバーサル』紙に掲載された世論調査によると、42%がカルデロンの勝利は不正だと考え、46%が不正ではないと考えた[108]。

"正当な大統領職"

2006年11月、支持者たちから「正当なメキシコ大統領」と宣言されるロペス・オブラドール[109]。
2006年11月20日、メキシコ革命を記念する連邦の祝日に、ロペス・オブラドルの支持者たちはメキシコシティのソカロで開かれた集会で彼を「正当な大 統領」と宣言した[90]。この行動は、支持者たちが彼に称号を与えた別の集会「国民民主大会」で計画されたものだった。大会では、ロペス・オブラドール は並行政権と影の内閣の樹立を呼びかけた[110]。 また、彼はいくつかの機関の廃止や改革を主張し[どの?]、それらが贅沢で腐敗していると主張し、高齢者やその他の弱者グループに福祉や援助を提供し、 「国民のため」に機関が機能するように憲法の改正を求めた[要出典]。

支持者たちが彼を「メキシコの正当な大統領」と宣言した後[109]、ロペス・オブラドールは、フェリペ・カルデロン大統領による行動に抗議するために 「糾弾内閣」を創設した[111]。宣誓式でのスピーチで、ロペス・オブラドールは「国民の幸福を確保する」ことを約束し[112]、公的機関の刷新プロ セスを促進し、情報を得る権利を擁護し、通信メディアの開放性を要求するなど、20の「政府の行動」を発表した[113]。

その数日後、ロペス・オブラドールは、寄付によって提供される月50,000ペソ(2,500米ドル)の給与を得ることを発表した[114]。

反応
正当な大統領職」に対する反応は様々だった。エル・パイス紙による意見は、ロペス・オブラドールの「民主的制度と法の支配に対する配慮の欠如はメキシコの 市民平和を深刻に危険にさらす」と述べた[115]。ロペス・オブラドールの自己宣言が法律に反するかどうかについての憶測の後、PRIはこの政治的行動 は犯罪ではないと述べた。 [116]エルネスト・ゼディージョ前大統領の参謀長であるリエバノ・サエンスは、ロペス・オブラドールは「国家の良心となり、メキシコの民主主義にとっ て大いに良い結果をもたらすだろう」と述べた[117]。コアウイラ州サルティーヨのローマ・カトリック司教であるホセ・ラウル・ベラ・ロペスは、いわゆ る「正当な大統領職」は「国の運営方法に対する深い不満」の結果であり、ロペス・オブラドールには「非常に深い道徳的裏付け」があると宣言した [118]。

Grupo Reformaが実施した世論調査によると、メキシコ人の56%がロペス・オブラドールが大統領に就任することに不賛成であり、賛成はわずか19%であっ た。また、世論調査対象者の63%が、前候補は信頼を失ったと回答した。世論調査のその他の回答としては、82%がメキシコの政治的雰囲気を「緊迫してい る」と表現し、45%がPRDのせい、20%がPANのせい、25%が両党のせいとしている。この世論調査は11月18日に850人の成人を対象に行われ た電話調査であり、信頼区間は95%、誤差は±3.4%であった[119]。

カルデロン大統領は就任後数ヶ月の間に、ロペス・オブラドール大統領と同様のイニシアチブを発表した。これには、小規模なトウモロコシ生産者を保護するト ルティーヤ価格安定協定によるトルティーヤの価格制限[120]、大統領と閣僚の給与の引き下げ、憲法改正の提案などが含まれ、可決されれば公務員の賃金 が引き下げられ、報酬に上限が課されることになる[121]。この施策を「選挙のライバルであるアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールのアジェンダ を政権に取り入れるという選挙公約を実現しようとしている」と解釈する者もいれば[121]、野党政権を弱体化させる意図があると見る者もいた [122]。

2008年PRD選挙における影響力

サルティージョの司教ラウル・ベラ・ロペスは、ロペス・オブラドールのいわゆる「正当な大統領職」は「国の運営方法に対する深い不満」の結果であり、オブラドールは「非常に深い道徳的な後ろ盾」を持っていると宣言した[123]。
2008年、PRDは指導者選挙を実施した。ロペス・オブラドール候補のアレハンドロ・エンシナス・ロドリゲスはヘスス・オルテガと対立した。双方の不正 疑惑により再集計が中止され、選挙の正当性に疑義が生じた。メディア関係者は、ロペス・オブラドールが2006年の大統領選挙で「不正」、「違法」、「汚 職」などの表現を使っていたのに対し、今回のPRDの選挙でも同じ表現が使われているとコメントし、結果がどうであれ、党内に「正当な」大統領と「偽の」 大統領が存在することを危惧する声が多かった[124]。ミトフスキーとIMOが実施した出口調査によると、エンシナスがそれぞれ5%と8%のポイント差 で勝利した[125]。

議会の占拠
2008年4月10日、広範進歩戦線(FAP)、PRD、労働党、収斂党の議員たちも、エネルギー政策の議論について違憲だとして政府に反対したため、議 会を占拠した。ロペス・オブラドールの支持者たちは、椅子とテーブルとバリケードを使い、議会の両議場を占拠し、鎖でつないだため、メキシコ国営石油会社 ペメックスの法的枠組みを修正する二次法の成立を回避した。 [126]ロペス・オブラドールと彼の支持者たちはこれらの法律に反対し、事実上の会社の民営化につながると見なした[127]。ロペス・オブラドール は、PAN、PRI、緑の党、新同盟が提示した50日間の討論ではなく、4ヶ月間のエネルギー政策に関する討論を要求した[128]。
Second presidential run, 2012

López Obrador at Zócalo in 2012
López Obrador ran again as the PRD, Labor Party, and Citizens' Movement candidate under the coalition Movimiento Progresista in the 2012 presidential election.[129]

Political proposals
Economic proposals
In November 2011, López Obrador announced some of his economic proposals:[130]

Job creation: A sustained 6% growth rate to generate the new 1.2 million jobs needed each year.
Austerity: Reducing salaries of government officials and unnecessary spending, saving around US$30 billion a year.
Progressive fiscal reforms: López Obrador said the people who make less money should pay a smaller percentage of taxes than those making more money.
No new taxes and no increases on existing taxes: López Obrador plans to focus on ending fiscal privileges.
Competition: End monopolies; any private citizen who wants to participate in media, television, and telephony, should be able to.
Security policy
See also: Mexican Drug War
López Obrador had been a firm critic of Felipe Calderón's crime strategy and promised to reduce military presence on the streets, offering reparations to victims of the Mexican Drug War and emphasizing the protection of human rights in the country.[131][132] López Obrador proposed a single police command that would gradually assume the activities of the Mexican Navy and the Mexican Army, as well as a single intelligence agency to tackle the financial networks of criminal organizations.[131] The new police force would promote "civic and moral values." He promised to increase the salaries and benefits given to law enforcement officials throughout Mexico. His security strategy was composed of ten proposals, but all of them had the main theme: organized crime cannot be tackled if the government is responsible for the erosion of human rights.[131]

He also stated that if elected, he would reject any intelligence activity from the United States, including money and weapons in aid. This policy would stop the operations in Mexico of the Central Intelligence Agency and the Drug Enforcement Administration, including the use of drones.[131] But it could also discourage U.S. aid to Mexico (US$1.6 billion since 2008). The proposal intended to appeal to discontent over U.S. actions in "Operation Fast and Furious," where ATF agents were involved in a gun-walking scandal.[131][133]

López Obrador promised to reactivate the economy and social growth so more people could have access to a "better life" without joining cartels and abandoning the rule of law.[134] He also pledged to improve the education system and create more jobs before the criminal groups have a chance to recruit them.[134] He also spoke of taming corruption, impunity, drug consumption, addiction, and elite privileges.[134] The security Cabinet he proposed would work directly with the municipal and state forces in a unified command.[134]

López Obrador summed up his security policy as "Abrazos, no balazos" (Hugs, not bullets).[135] At the start of his campaign, he said he would remove Mexican Army personnel from the streets, but in May 2012 stated the military would continue to operate until Mexico had a "trained, skilled and moralized police force."[135]

Proposed cabinet
López Obrador announced a tentative cabinet. Among them were:[136]

Marcelo Ebrard as Secretary of the Interior
Rogelio Ramírez de la O as Secretary of the Treasury
Juan Ramón de la Fuente as Secretary of Education
Claudia Sheinbaum Pardo as Secretary of the Environment
Javier Jiménez Espriú as Secretary of Communications and Transportation
Fernando Turner as Secretary of Economic Development
Adolfo Hellmund López as Secretary of Energy
René Drucker Colín as Secretary of Science and Technology
Elena Poniatowska as Secretary of Culture
Héctor Vasconcelos as Secretary of Foreign Affairs
Election results
Main article: Mexican general election, 2012 § Results
The election was won by Enrique Peña Nieto of the PRI, with 38.2%, to 31.6% for López Obrador. López Obrador did not accept the preliminary results, as the majority of votes had not been counted.[137] Subsequently, he claimed vote buying and other irregularities and demanded a full recount by the Federal Electoral Institute (IFE).[138] The IFE found irregularities but confirmed the results on 6 July. López Obrador rejected this announcement, and filed a complaint for invalidation of the election. He alleged vote-buying, spending above election regulations, illegal fundraising, and vote fraud. On 30 August, the Electoral Tribunal of the Federal Judiciary formally rejected his complaint.[139]

Peña Nieto vote-buying controversy
At a news conference, López Obrador claimed that the election was "plagued with irregularities" and accused the PRI of vote buying.[140] He also claimed that the PRI handed out gifts to lure voters into casting their vote for that party with the cooperation of Soriana, a retail chain.[141] On the day of the 2012 presidential elections, people who voted for the PRI would receive pre-paid gift cards.[142] Nonetheless, the PRI and the store denied those accusations[143] and threatened to sue López Obrador.[141] Peña Nieto vowed to imprison anyone – including members of the PRI – if they were found guilty of electoral fraud.[144] Despite Peña Nieto's statement, videos by citizens about the Soriana cards surfaced on the internet.[145][146][147]
2度目の大統領選出馬(2012年

2012年、ソカロでのロペス・オブラドール
ロペス・オブラドールは、2012年の大統領選挙に、PRD、労働党、市民運動の連合候補として、Movimiento Progresistaの下で再出馬した[129]。

政治的提案
経済的提案
2011年11月、ロペス・オブラドールは自身の経済提案のいくつかを発表した[130]。

雇用創出: 雇用創出:毎年120万人の新規雇用を創出するために6%の成長率を維持する。
緊縮財政: 政府高官の給与と不必要な支出を削減し、年間約300億米ドルを節約する。
先進的な財政改革: ロペス・オブラドールは、収入の少ない国民が支払うべき税金の割合は、収入の多い国民よりも少なくすべきだと述べた。
新たな税金は課さず、既存の税金も増やさない: ロペス・オブラドールは、財政特権の廃止に重点を置く予定。
競争: メディア、テレビ、電話に参加したい民間人は誰でも参加できるようにする。
安全保障政策
以下も参照: メキシコ麻薬戦争
ロペス・オブラドールは、フェリペ・カルデロンの犯罪戦略を断固として批判し、街頭での軍の存在を縮小し、メキシコ麻薬戦争の犠牲者に賠償金を提供し、国 内の人権保護を強調することを約束した[131][132]。 ロペス・オブラドールは、メキシコ海軍とメキシコ陸軍の活動を徐々に引き継ぐ単一の警察司令部と、犯罪組織の金融ネットワークに取り組む単一の情報機関を 提案した[131]。彼は、メキシコ全土の法執行官に与えられる給与と手当の増額を約束した。彼の安全保障戦略は10の提案で構成されていたが、そのすべ てに「政府が人権の侵食に責任を負うのであれば、組織犯罪に取り組むことはできない」というメインテーマがあった[131]。

彼はまた、もし当選したら、援助金や武器を含むアメリカからのあらゆる諜報活動を拒否すると述べた。この方針は、無人偵察機の使用を含む、中央情報局 (CIA)と麻薬取締局のメキシコでの活動を停止させるだろう[131]が、メキシコに対する米国の援助(2008年以来16億米ドル)を抑制する可能性 もある。この提案は、ATF捜査官が銃の持ち逃げスキャンダルに巻き込まれた「ファスト・アンド・フリアス作戦」における米国の行動に対する不満に訴えか けることを意図していた[131][133]。

ロペス・オブラドールは、より多くの人々がカルテルに加わったり法の支配を放棄したりすることなく「より良い生活」を手に入れることができるように、経済 と社会成長を再活性化することを約束した[134]。彼はまた、犯罪集団が彼らを勧誘する機会を得る前に、教育制度を改善し、より多くの雇用を創出するこ とを約束した[134]。彼はまた、汚職、不敬、薬物消費、中毒、エリート特権を飼いならすことについても語った[134]。彼が提案した安全保障内閣 は、統一された司令部において自治体や州の軍隊と直接協力することになる[134]。

ロペス・オブラドールは、自身の安全保障政策を「Abrazos, no balazos(弾丸ではなく、抱擁を)」と要約した[135]。選挙戦の開始当初、彼はメキシコ陸軍の要員を街から排除すると述べていたが、2012年 5月には、メキシコが「訓練され、熟練し、道徳化された警察力」を持つまで、軍は活動を継続すると述べた[135]。

内閣案
ロペス・オブラドールは暫定内閣を発表した。その中には次のようなものがあった[136]。

マルセロ・エブラード内務長官
ロヘリオ・ラミレス・デ・ラ・オ財務長官
フアン・ラモン・デ・ラ・フエンテ教育長官
クラウディア・シャインバウム・パルド環境長官
通信・運輸長官にハビエル・ヒメネス・エスプリウ氏
フェルナンド・ターナー経済開発長官
エネルギー長官にアドルフォ・ヘルムンド・ロペス氏
科学技術長官にレネ・ドラッカー・コリン氏
エレナ・ポニャトフスカ文化大臣
外務長官にエクトル・ヴァスコンセロス氏
選挙結果
主な記事 2012年メキシコ総選挙§結果
選挙はPRIのエンリケ・ペニャ・ニエトが38.2%、ロペス・オブラドールが31.6%で勝利した。ロペス・オブラドールは、過半数の票が集計されてい なかったとして、予備結果を受け入れなかった[137]。その後、彼は票の買収やその他の不正を主張し、連邦選挙院(IFE)による完全な再集計を要求し た[138]。IFEは不正を発見したが、7月6日に結果を確認した。ロペス・オブラドールはこの発表を拒否し、選挙無効の訴えを起こした。彼は、票の買 収、選挙規定を超える支出、違法な資金集め、不正投票を申し立てた。8月30日、連邦司法選挙裁判所は彼の訴えを正式に却下した[139]。

ペニャ・ニエトの票買収論争
記者会見でロペス・オブラドールは、選挙は「不正に悩まされていた」と主張し、PRIを票の買収で非難した[140]。彼はまた、PRIが小売チェーンの ソリアナの協力を得て、有権者にプレゼントを配り、PRIに投票するよう誘い込んだと主張した[141]。2012年の大統領選挙当日、PRIに投票した 人々はプリペイド式のギフトカードを受け取ることができた。 [142]にもかかわらず、PRIと店舗はこれらの告発を否定し[143]、ロペス・オブラドールを訴えると脅した[141]。 ペニャ・ニエトは、不正選挙で有罪になった場合、PRIのメンバーも含め、誰でも投獄すると宣言した[144]。 ペニャ・ニエトの声明にもかかわらず、ソリアナ・カードに関する市民による動画がインターネット上に出回った[145][146][147]。
Creation of new political party, MORENA

López Obrador (right) holding his Voter ID upside down along with Martí Batres (center) after submitting the formal political registration of MORENA to the INE
Following the 2012 presidential election loss, López Obrador told a rally in Mexico City's Zócalo on 9 September 2012 that he would withdraw from the Democratic Revolution Party "on the best of terms". He said he was working on founding a new party from the Movement for National Regeneration ("Movimiento de Regeneración Nacional" in Spanish), or MORENA, for its acronym in Spanish.[148] A couple of days after his departure from the PRD, federal deputy Ricardo Monreal stated it was a "divorce for convenience," and that López Obrador did the most responsible thing to avoid polarization of the country.[149] According to polls and surveys, in 2012 most of the Mexican public had a negative view of the establishment of MORENA as a political party.[150] On 7 January 2014, Martí Batres, president of MORENA, presented the documentation to the INE to be acknowledged political party.[151]

In 2014, López Obrador revealed why he left the PRD, stating, "I left the PRD because the leaders of that party betrayed the people, they went with Peña Nieto and approved the Pact for Mexico, which is nothing more than a Pact against Mexico. I can not be in a party where tax increases were approved and it was approved that they will increase the price of gasoline every month. Gasoline in Mexico costs more than in the United States, the salary in Mexico is the lowest in the entire North American continent, and instead of asking for wage increases, the PRD rose to the podium to ask for an increase in the price of gasoline, it's an embarrassment."[152] After Cuauhtémoc Cárdenas criticized him for forming his political party, on 7 July 2014, López Obrador posted on social media that, "PRD leaders and most of its legislators voted for the fiscal reforms [raising taxes and gas prices] and with their collaboration they paved the way for privatization of the oil industry."[153][dubious – discuss] On 10 July 2014, the INE approved MORENA as an official political party to receive federal funds and participate in the 2015 legislative elections.[154]

2018 Presidential campaign
See also: 2018 Mexican general election and Opinion polling for the 2018 Mexican general election
López Obrador participated again in the 2018 presidential election, his third presidential run. In the election, he represented MORENA, the left-wing Labor Party (PT), and the socially conservative right-wing Social Encounter Party (PES) under the coalition Juntos Haremos Historia. Pre-election polls indicated he had a double-digit lead over candidates Ricardo Anaya, José Antonio Meade, and Jaime Rodríguez Calderón.[155][156][157]

In 2018, the Mexican publication Aristegui Noticias criticized Vicente Fox for what it characterized as "extreme" verbal insults on Twitter towards López Obrador's crackdown on institutional corruption.[158]

Juntos Haremos Historia
Background

On 24 June 2017, the PT agreed to fight the 2018 election in an electoral alliance with MORENA; however, the coalition had not officially registered with the National Electoral Institute (INE), the country's electoral authority. For MORENA, the alliance consolidated after the withdrawal of the PT's candidate Óscar González Yáñez, who resigned his candidacy and called for votes in favor of Delfina Gómez Álvarez, the standard-bearer in the state elections of the State of Mexico in 2017.[159][160][161]

In October 2017, at PT's National Congress, as party president Alberto Anaya was reelected to another 6-year term, PT formalized its coalition with MORENA.[162]

At first, there was speculation about the possibility of a front grouping all the left-wing parties: MORENA, the PRD, PT, and the MC. However, López Obrador rejected any agreement due to political differences, especially after the 2017 State of Mexico elections, where the candidates of the PRD and MC continued with their campaigns and refused to support the MORENA candidate.[163] At the end of November 2017, the leaders of MORENA and the PES announced that they were in talks to form a possible alliance: Hugo Eric Flores Cervantes, president of the PES, said: "We don't negotiate with the PRI, we have two options, go alone or with MORENA."[164]

Confirmation
Parties of the coalition Juntos Haremos Historia
On 13 December 2017, PES joined the coalition between MORENA and the PT, and it was formalized under the name Juntos Haremos Historia (Together We Will Make History).[165] Following the signing of the agreement, López Obrador was appointed as a pre-candidate for the three political groups.[166] It was a partial coalition that supported López Obrador as the presidential candidate and divided the legislative elections between the three: MORENA chose candidates in 150 federal electoral districts (out of 300) and 32 Senate rates, while the PT and the PES each nominated 75 candidates for the Chamber of Deputies and 16 for the Senate.[167][168]

The alliance received criticism as it was a coalition between two left-wing parties (MORENA and the PT) with a formation related to the evangelical right (PES).[169] In response, MORENA national president Yeidckol Polevnsky said that her party "believes in inclusion and teamwork to rescue Mexico" and that they will continue to defend human rights;[170] in turn, Hugo Eric Flores Cervantes, national president of the PES, said that "the only possibility of real change in our country is the one headed by Andrés Manuel López Obrador" and that his party had decided to be "on the right side of history".[171]

Andrés Manuel López Obrador said this would be his last attempt to become president, rejecting the idea of becoming a permanent moral leader for the Mexican left-wing.[172]

International solidarity
In Paris, France, there is the "Official French Committee of MORENA", on which several occasions have presented their support to the candidate in small rallies in that European country.[173] In February 2018, French deputy and former presidential candidate Jean-Luc Mélenchon, founder of the La France Insoumise party, met with López Obrador, before the official start of the electoral campaign in Mexico, and described his possible victory in the following terms: "If they manage to thwart the plans against them and win the elections, it will be a great change for Mexico and all of Latin America."[174]

Miguel Ángel Revilla, president of the Autonomous Community of Cantabria, Spain, mentioned López Obrador in an interview on the El Hormiguero program, where he spoke of the possibility of victory for the presidential candidate in 2018: "I think he's going to win because Mexico needs a change to a good person, because they are presenting him as a Chávez-type populist, or Fidel Castro-type, but really, because he wants to end corruption and inequality within [the limits of] what he can do because the country does not deserve what it has until now; I want to send my support to this man, Andrés Manuel López Obrador, from here."[175]

López Obrador has been referred to as the "ideological twin" of the US's progressive leader Bernie Sanders and the UK's Labour Party leader, Jeremy Corbyn, the latter having visited López Obrador and invited him over to the British Parliament.[176][177][178][179]

Proposed Cabinet
In December 2017, López Obrador presented his proposed cabinet:[180]

Olga Sánchez Cordero as Secretary of the Interior
Héctor Vasconcelos as Secretary of Foreign Affairs
Carlos Manuel Urzúa Macías as Secretary of Finance
Maria Luisa Albores as Secretary of Social Development
Josefa González Blanco Ortiz Mena as Secretary of Environment
Rocío Nahle [es] as Secretary of Energy
Graciela Márquez Colín as Secretary of Economy
Esteban Moctezuma Barragán as Secretary of Education
Víctor Villalobos as Secretary of Agriculture
Javier Jiménez Espriú as Secretary of Communications
Irma Eréndira Sandoval as Secretary of the Civil Service
Jorge Alcocer Varela as Secretary of Health
Luisa María Alcalde Luján as Secretary of Labor
Román Meyer Falcón as Secretary of Agrarian Development and Urban Planning
Miguel Torruco Marqués as Secretary of Tourism
Alejandra Frausto Guerrero as Secretary of Culture
Replacements

It was announced on 5 July 2018 that Héctor Vasconcelos would be replaced at Foreign Affairs by Marcelo Ebrard, following Vasconcelos's election to the Senate.[181][182]
Arturo Herrera replaced Carlos Manuel Urzúa Macías at Finance on 10 July 2019.[183]
Víctor Manuel Toledo replaced Josefa González Blanco Ortíz Mena as Minister of Environment and Natural Resources on 25 May 2019.[184]
Political positions during campaign

Salomón Jara Cruz (left) and López Obrador (center) in San Baltazar Chichicapam, Oaxaca, in March 2016
López Obrador has been described as left-wing[185] and populist.[9] Other outlets have claimed that López Obrador toned down his rhetoric for the 2018 election, allying with business figures and narrowing his criticism of the North American Free Trade Agreement (NAFTA).[186][187][188] In his inauguration speech, he inveighed against neoliberalism, calling it a "disaster" and a "calamity" for the country, and promised "a fourth transformation," in reference to three major events in Mexican history, the Mexican War of Independence (1810–1821), the Reform War (1858–1861) and the Mexican Revolution (1910–1920).[189][190][191]

He proposed the cancellation of the under-construction New Mexico City International Airport,[192] the conversion of the president's official residence and office complex, Los Pinos, into a cultural center,[193][194] as well as universal health care,[195] free internet,[196] and a sale of the presidential aircraft.[197] López Obrador has offered to hold referendums on various issues,[198] among them a performance evaluation halfway through his term during the 2021 legislative elections (instead of his former proposal of every two years)[199]) that would cut his six-year term short if he lost the consultation.[200] He proposed dispersing the cabinet throughout the country's states, with the objective of "promoting development throughout the national territory," while the Presidency and the Ministries of National Defense, the Navy, the Interior, Foreign Affairs, and Finance and Public Credit would remain in the capital.[201][202]

New Airport for Mexico City
Main article: Mexico City Santa Lucía Airport
Corruption, geological, and environmental problems related to the construction of a new airport in Texcoco, State of Mexico, were major issues during López Obrador's 2018 presidential campaign. After winning the election but before taking office, he sponsored a citizen referendum on replacing the Texcoco airport with rebuilding the military airport Santa Lucia in Zumpango, State of Mexico. The referendum passed with 70% of the 1 million votes cast.[203] Canceling the airport cost MXN 75 billion (US$3.98 billion).[204] The new airport in Zumpango was named "Felipe Ángeles International Airport," and construction began on 17 October 2019.[205][206] The airport opened in March 2022.[207]

Anti-corruption
López Obrador's chief pledge was to eradicate institutional corruption by enacting a series of constitutional laws and policies aimed at making corruption more difficult. One example are two laws enacted that make corruption and voter fraud a criminal act without bail,[208] as well as removing corrupt government officials with due process. López Obrador pledged a combination of zero tolerance and personal honesty to sweep it out "from top to bottom like cleaning the stairs."[209] He asked international organizations to come to Mexico to help investigate cases of corruption and human rights abuses and announced a willingness to allow the creation of a body akin to the International Commission against Impunity in Guatemala, to help local prosecutors build graft cases.[210] He also proposed to amend an article in the constitution to make it possible to try presidents for corruption.[199]

Energy
López Obrador has had mixed views on the privatization of oil that was signed into law in 2013. He has called for a referendum over the 2013 energy reform (Reforma energética (México) [es]) that ended Pemex's monopoly in the oil industry.[211] Rocío Nahle [es], his top energy adviser, has called for a freeze on future deepwater drilling auctions and a review of contracts with international oil companies.[212] In February 2018, his business adviser, Alfonso Romo, said, "[he] reviewed most of the oil tenders awarded to private drillers and found them to be beneficial for Mexico."[213] He has also pledged to end oil exports to focus internally, as well as invest in refineries along with ending the importation of gasoline from the United States,[212][214] saying the nation must recover energy self-sufficiency "as a principle of national security" and should make loss-making state refineries operable and assess biodiesel production.[215] López Obrador has promised no more gasolinazos as well as no more hikes in electricity and gas prices.[216] On 30 November 2018, López Obrador told the press that the previous administration's oil reforms, which permitted auctioning oil field rights to private companies, would not continue under his administration.[217]

Shortly after taking office, López Obrador cracked down on the robbery of motor fuels: Huachicolero.[218] Despite the 18 January 2019 Tlahuelilpan pipeline explosion that cost the lives of at least 119 in Tlahuelilpan, Hidalgo,[219] and local fuel shortages, gasoline theft was cut by 95% from 81,000 barrels in November 2018 to 4,000 barrels in April 2019 with a savings of 11 billion pesos ($581 million).[220]

By 2023 Mexico plans to have seven oil refineries, including a new one that is being built at the Dos Bocas port in Paraíso, Tabasco.[221] Construction on the Dos Bocas refinery began in August 2019,[222] with an estimated cost between US$6 billion and $8 billion.[223]

Education
With his saying, "Becarios sí, sicarios, no" (Scholarship recipients, yes; hitmen, no),[224] López Obrador promised guaranteed schooling and employment to all young Mexicans, through universal access to public colleges,[225] and proposed monthly scholarships of 2,400 MXN to low-income university students.[226] López Obrador is against the educational reform passed into law in 2013, stating he opposes the use of standardized test scores as a basis for firing teachers,[227] saying, "It is an ideological problem of the right, of conservatism; deep down they do not want public education, they want education to be privatized, that is the mentality that prevails in these people. I ask them to be serene and if you really want to help improve education, do not polarize or disqualify [the teachers]."[228] He also argued that: "children go to school without eating and that is not addressed in the so-called education reform."[229]

The educational reform laws passed during the Peña Nieto administration were overturned in September 2019. The new laws promise to assess teachers' opinions and preserve the public nature of the school system.[230]

Drug War

López Obrador in 2012
As the Mexican Drug War that started under President Calderón (2006–12) dragged on into its 12th year, he reiterated his 2012 presidential run strategy of "Abrazos, no balazos" (Hugs, not bullets), arguing that jobs and better wages, especially for younger people and the rural populace, are necessary to combat crime,[231][232] not the use of more military force.[224] He has proposed amnesty for some drug war criminals,[233] for which he would seek the aid of international NGOs, Pope Francis,[234] and UN Secretary-General António Guterres.[210] Héctor Vasconcelos, a former diplomat, said a López Obrador government would gradually pull back the Army and Navy from the streets where they have been engaged.[235] López Obrador is willing to establish a truth commission to bring closure to tens of thousands of people exposed to murders and disappearances of their friends and families, such as the 2014 Ayotzinapa kidnapping.[210][236][237] He declared that he would consider legalizing certain drugs as part of a broader strategy to fight poverty and crime.[238]

López Obrador declared an end to the Drug War, announcing that he wished to shift from capturing capos (drug lords) to reducing violence and paying more attention to health and socioeconomic concerns. Nonetheless, the murder rate increased during his first year in office. López Obrador has sent the newly formed, militarized National Guard to fight crime, but they have not been any more successful than previous police and military efforts.[239] A major setback was a failed attempt to arrest in October 2019, which set off fierce gun battles in Culiacán, Sinaloa, and had to be called off. López Obrador later explained that his primary concern was saving lives.[240] When three adults and six children, American citizens belonging to the LeBaron family, were killed near the border between Sinaloa and Chihuahua, President Donald Trump briefly threatened to declare the cartels terrorist organizations. López Obrador persuaded him not to do so.[241][242]

Economic policy
Lopez Obrador describes himself as an adherent of a mixed economy. At an event on 3 June 2018, he explained that "there will be a mixed economy; the State with public investment could not face the challenge of growth in Mexico, private investment is required and the social sector is also required."[243] Based on his economic proposals, he wants the country to be "self-sufficient" and to "rescue the agriculture industry" affected by the North American Free Trade Agreement. He has also doubled compensations to both, pensions to two million five hundred senior citizens,[244] and the nation's minimum wage.[245] López Obrador has also created a special zone along Mexico's northern border with lower value-added taxes, lower rent taxes, and a higher minimum wage.[246][247] His advisers also said that the same measures could also be directed at Mexico's southern border and elsewhere to contain migration.[248] He has planned a host of infrastructure projects in partnership with the private sector, including rail links in the forests of Yucatán and across the Isthmus of Tehuantepec, to spark economic growth in Mexico's economically depressed south.[209] At a major banking conference in March 2018, he made promises to maintain economic stability and respect the autonomy of the Bank of Mexico, saying: "We will support banks and we won't confiscate assets. There won't be expropriations or nationalizations."[249][250]

NAFTA/USMCA
López Obrador has criticized NAFTA, arguing small Mexican corn farmers have been affected,[251] as well as proposing to defend avocado farmers from agricultural tariffs.[252] He has asked Peña Nieto's administration to postpone the current renegotiation of the agreement, arguing both Donald Trump and Peña Nieto do not have a strong, amicable relationship, tainted by a cancelled foreign trip.[253] During the general assembly of the American Chamber of Commerce in Mexico, he said he does not want the agreement cancelled, arguing it benefits the three member nations.[254] In June 2018, during a presidential debate, he argued that if there is a failure in the NAFTA renegotiation, the domestic economy must be strengthened, saying, "[it] cannot be fatal for Mexicans, our country has a lot of natural resources, a lot of wealth."[255][256] López Obrador has argued in favor of increasing workers' salaries "because wages in our country are very low; they are the lowest wages in the world and we need to strengthen the domestic market and improve the income of workers; you can not be paying the workers of the maquilas 800 pesos a week."[257]

Mexico and the United States reached a new trade agreement on 27 August 2018, and Canada agreed on 30 September. The new trade agreement is called the United States–Mexico–Canada Agreement (USMCA).[258] The USMCA increases environmental and labor regulations, and incentivizes the domestic production of cars and trucks. The agreement also provides updated intellectual property protections.[259] Then-U.S. Trade Representative Robert Lighthizer, Canadian Deputy Prime Minister Chrystia Freeland, and Deputy Minister for North America Jesús Seade Kuri signed a modified agreement in Mexico City on 10 December 2018.[260] The Mexican Senate ratified the treaty on 19 June 2019,[261] the US on January 29, 2020 (Public Law No: 116–113),[262] and Canada on March 13, 2020.[263]

Fiscal policy
Arguing he would be fiscally conservative,[264] López Obrador proposed raising social spending[214] without tax hikes or accumulation of public debt,[215][265][266][267][268] via proposed austerity measures on politician and bureaucrat salaries and subsidies, including the president's salary and post-presidential pension, as well as fighting private corruption and tax fraud.[235][269][270]

López Obrador has reduced the presidential salary by 60% to MXN 108,000 (US$5,000) per month and has limited what public servants and members of the judiciary can earn. He opened the presidential housing complex of Los Pinos to the public, taking up residence in the National Palace. On top of this, he has sold off government assets, including vehicles and real estate; proceeds have gone to social programs for the poor.[271] An austerity law passed in October 2019 restricts remodeling of government offices, bans government employees for ten years from working in private companies they regulated while in office, and cuts presidential pensions.[272] The president flies commercial airlines, but has not yet found a buyer for the presidential airplane.[273]

Foreign policy
Following accusations by interest groups and the opposition,[274] which have alleged influences by the Venezuelan government and drawn comparisons with Donald Trump, López Obrador stated, "No to Chavismo, no to Trumpismo; yes to Juarismo, yes to Maderismo, yes to Cardenismo, yes to Mexicanismo."[275] He has repeatedly stated that he wants to continue the bilateral relationship with the United States based on mutual respect and friendship, "and not of subordination",[276] insisting that "Mexico will not be a piñata of any foreign government".[277] He has also said, "we no longer want Mexico to be seen as a country of conquest, the looting is over."[278] During a presidential debate, López Obrador argued that "the best foreign policy is domestic policy,"[279] in that if the country has no corruption and crime, it will help develop trust for investment and tourism because the image of Mexico would improve the perception of Mexico in the international arena. He has campaigned on Mexico's former foreign policy of non-interventionism and the Principle of the self-determination of the peoples' nations, the Estrada Doctrine, stated in the Mexican constitution, article 89.[280] López Obrador reiterated his commitment to non-interventionism with the statement he made during his presidential victory speech, "We will be friends of all the world's people and governments. The principles of non-intervention, self-determination, and the peaceful settlement of disputes will be applied again."[281]

After the 2019 election victory in Argentina, López Obrador developed a close relationship with President Alberto Fernández in what El País described as a "progressive alliance,"[282] with Fernández making one of his first official trips abroad to Mexico[282] (the first being to Israel).[283] The two countries later developed a closer bond in cooperation regarding the COVID-19 vaccine.[284] López Obrador also expressed support for Argentina's claim to the Falkland Islands and has urged the United Kingdom to negotiate an end to the dispute with Argentina.[285]

Immigration and U.S. policy

López Obrador with US Secretary of State Mike Pompeo in July 2018
As President Donald Trump accused Mexican illegal immigrants of "bringing drugs [and] crime" during his presidential campaign, López Obrador took a stance against Trump's proposals for the wall on the U.S.-Mexico border as well as the deportation of undocumented immigrants in the United States. In 2017, he called on the Peña Nieto administration to "[present] a lawsuit at the United Nations against the U.S. government for violation of human rights and racial discrimination".[286] He promised to convert the 50 Mexican consulates in the United States into "procurators" for the defense of migrants, suggested appointing Alicia Bárcena, current Executive Secretary of the United Nations Economic Commission for Latin America and the Caribbean, as Mexico's permanent representative to the UN, and pledged to put pressure on the United States through organizations like the United Nations. He accused the establishment parties of the corruption that keeps migrants from receiving the support they need.[287]

Regarding migration to Mexico, he asserted his government would not "continue the dirty work" of the United States and detain Central American migrants at the country's southern border. Following his proposed idea of decentralizing the nation's cabinet away from Mexico City, he would move the National Institute of Migration to Tijuana, Baja California. He suggested that the NAFTA renegotiations should create a development plan for Central America as a means to address emigration in the region,[287] including a proposed "alliance for progress" including Mexico, the United States, Canada, and Central America to foster job creation, grow the economy and pacify the region.[288] López Obrador said he wants to broker a deal with President Trump to stem illegal immigration through jobs and development rather than a border wall.[248]

López Obrador's pick for the proposed re-establishment of the Secretariat of Public Security, Alfonso Durazo, declared in July 2018 that there are plans to create a border police that would mainly patrol Mexico's southern border to halt illegal immigration, drugs, and weapons.[289] In October 2018, López Obrador declared working visas for Central American immigrants.[290] Days later, following the arrival of Central American migrant caravans into Mexico en route to the United States, he asked for solidarity with the migrants.[291]
新政党MORENAの誕生

INEにMORENAの正式な政治登録を提出した後、マルティ・バトレス(中央)と共に有権者IDを逆さに持つロペス・オブラドール(右
2012年の大統領選敗北後、ロペス・オブラドールは2012年9月9日、メキシコシティのソカロで開かれた集会で、民主革命党から「最高の条件で」離脱 すると語った。彼は、国家再生運動(スペイン語で「MOVIMIENTO DE REGENERATACION NACIONAL」)、またはスペイン語での頭文字をとって「MORENA」と呼ばれる新党の設立に取り組んでいると述べた[148]。PRDを離党した 数日後、連邦副議長のリカルド・モンレアルは、それは「便宜上の離婚」であり、ロペス・オブラドールは国の二極化を避けるために最も責任あることをしたと 述べた。 [149]世論調査や調査によると、2012年にはメキシコ国民のほとんどがMORENAの政党としての設立に否定的な見方をしていた[150]。 2014年1月7日、MORENAのマルティ・バトレス会長はINEに政党として認められるための書類を提出した[151]。

2014年、ロペス・オブラドールはPRDを離党した理由を明らかにし、「私がPRDを離党したのは、あの党の指導者たちが国民を裏切ったからだ。彼らは ペニャ・ニエトに同調し、メキシコのための協定を承認したが、それはメキシコに対する協定以外の何ものでもない。増税が承認され、ガソリン価格を毎月値上 げすることが承認された政党にはいられない。メキシコのガソリン代はアメリカよりも高く、メキシコの給与は北米大陸全体で最も低く、賃上げを求める代わり にPRDはガソリンの値上げを求めるために壇上に上がった。 "[152]クアウテモック・カルデナスから政党結成を批判された後、2014年7月7日、ロペス・オブラドールはソーシャルメディアに「PRDの指導者 とその議員のほとんどは財政改革(増税とガソリン価格の引き上げ)に賛成し、彼らの協力によって石油産業の民営化への道を開いた」と投稿した[153] [dubious - discuss] 2014年7月10日、INEはMORENAを連邦政府の資金を受け取り、2015年の立法選挙に参加するための公式政党として承認した[154]。

2018年大統領選挙キャンペーン
参照:2018年メキシコ総選挙、2018年メキシコ総選挙の世論調査
ロペス・オブラドールは、3度目の大統領選出馬となる2018年の大統領選挙に再び参加した。選挙では、左派の労働党(PT)であるモレナ (MORENA)と、社会的に保守的な右派の社会出会いの党(PES)の連立政権「ユントス・ハレモス・ヒストリア(Juntos Haremos Historia)」の代表を務めた。選挙前の世論調査では、リカルド・アナヤ候補、ホセ・アントニオ・ミード候補、ハイメ・ロドリゲス・カルデロン候補 を2桁リードしていた[155][156][157]。

2018年、メキシコの出版社アリステギ・ノティシアスは、ロペス・オブラドールの組織汚職の取り締まりに対して、ビセンテ・フォックスがツイッターで「極端な」言葉の侮辱をしていると批判した[158]。

ユントス・ハーレモス・ヒストリア
背景

2017年6月24日、PTはMORENAと選挙同盟を結んで2018年の選挙を戦うことに合意したが、この連合は同国の選挙当局である国立選挙院 (INE)に正式に登録されていなかった。MORENAにとっては、PTの候補者であったオスカル・ゴンサレス・ヤニェスが立候補を辞退し、2017年の メキシコ州選挙の旗手であったデルフィナ・ゴメス・アルバレスを支持する投票を呼びかけた後に同盟が強化された[159][160][161]。

2017年10月、PTの全国大会で、アルベルト・アナヤ党首がさらに6年の任期で再選されたため、PTはMORENAとの連立を正式に決定した[162]。

当初、すべての左翼政党をグループ化した前線の可能性について憶測があった: MORENA、PRD、PT、MCである。しかし、ロペス・オブラドールは政治的な相違のためにいかなる合意も拒否し、特に2017年のメキシコ州選挙の 後、PRDとMCの候補者は選挙運動を続け、MORENAの候補者を支援することを拒否した[163]。2017年11月末、MORENAとPESの指導 者は、同盟の可能性を形成するために協議中であることを発表した: PESのウーゴ・エリック・フローレス・セルバンテス会長は次のように述べた: PESのウーゴ・エリク・フローレス・セルバンテス会長は、「我々はPRIとは交渉しない。選択肢は2つあり、単独で行くか、MORENAと行くかだ」と 述べた[164]。

承認
連立政権Juntos Haremos Historiaの各党
2017年12月13日、PESはMORENAとPTの連立に参加し、Juntos Haremos Historia(共に歴史を作ろう)という名前で正式決定された[165]。 協定調印後、ロペス・オブラドールは3つの政治グループの予備候補に指名された[166]。 ロペス・オブラドールを大統領候補として支持し、立法選挙を3つの政治グループで分担する部分連立だった: MORENAは150の連邦選挙区(300のうち)と32の上院選挙区で候補者を選び、PTとPESはそれぞれ下院に75人、上院に16人の候補者を推薦 した[167][168]。

この同盟は、2つの左翼政党(MORENAとPT)と福音右派(PES)に関連する陣営との連合であったため、批判を受けた。 [169]これに対して、MORENAのイェイドコル・ポレフンスキー全国代表は、同党は「メキシコを救うための包摂とチームワークを信じている」と述 べ、人権を擁護し続けると述べた[170]。一方、PESのウーゴ・エリック・フローレス・セルバンテス全国代表は、「我が国における真の変革の唯一の可 能性は、アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールが率いるものである」と述べ、同党は「歴史の右側」にいることを決めたと述べた[171]。

アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールは、これが大統領になるための最後の挑戦であると述べ、メキシコ左翼の恒久的な道徳的指導者になるという考えを否定した[172]。

国際連帯
フランスのパリには「MORENAフランス公式委員会」があり、何度かヨーロッパ諸国での小規模な集会で候補者への支持を表明している[173]。 2018年2月、「La France Insoumise」党の創設者であるフランスの代議士で元大統領候補のジャン=リュック・メランションは、メキシコでの選挙キャンペーンが正式に始まる 前にロペス・オブラドールと会談し、彼の勝利の可能性について次のように述べた: 「もし彼らが自分たちに対する計画を阻止し、選挙に勝利することができれば、メキシコとラテンアメリカ全体にとって大きな変化になるだろう」[174]。

スペインのカンタブリア自治州のミゲル・アンヘル・レビージャ大統領は、『El Hormiguero』という番組のインタビューでロペス・オブラドールについて触れ、2018年の大統領候補の勝利の可能性について語った: 「チャベス型のポピュリスト、あるいはフィデル・カストロ型のポピュリストとして彼を紹介しているが、実際には、この国は今まで持っていたものに値しない ため、彼ができること(の範囲内)で腐敗と不平等を終わらせたいと考えているからだ。

ロペス・オブラドールは、アメリカの進歩的指導者バーニー・サンダースやイギリスの労働党党首ジェレミー・コービンの「イデオロギー的双子」と呼ばれており、後者はロペス・オブラドールを訪問し、イギリス議会に招いたことがある[176][177][178][179]。

提案された内閣
2017年12月、ロペス・オブラドールは次の内閣案を提示した[180]。

内務長官にオルガ・サンチェス・コルデロ
外務長官にエクトル・ヴァスコンセロス
財務長官にカルロス・マヌエル・ウルスア・マキアス
マリア・ルイサ・アルボレス社会開発長官
環境長官にホセファ・ゴンサレス・ブランコ・オルティス・メナ氏
ロシオ・ナーレ[es]エネルギー大臣
経済長官にグラシエラ・マルケス・コリン氏
教育長官にエステバン・モクテスマ・バラガン氏
ビクトル・ビジャロボス農業長官
ハビエル・ヒメネス・エスプリウが通信長官に就任
イルマ・エレンディラ・サンドバル公務員長官
ホルヘ・アルコセル・バレラ保健長官
労働長官にルイサ・マリア・アルカルデ・ルハン氏
農業開発・都市計画長官にロマン・メイヤー・ファルコン氏
ミゲル・トルコ・マルケス観光大臣
文化長官にアレハンドラ・フラウスト・ゲレーロ氏
後任人事

2018年7月5日、バスコンセロスが上院議員に選出されたことを受け、エクトル・バスコンセロスの後任としてマルセロ・エブラードが外務大臣に就任することが発表された[181][182]。
2019年7月10日、アルトゥーロ・エレーラが財務のカルロス・マヌエル・ウルスア・マシアスの後任となった[183]。
ビクトル・マヌエル・トレドは2019年5月25日にホセファ・ゴンサレス・ブランコ・オルティス・メナに代わって環境・天然資源大臣に就任した[184]。
選挙期間中の政治的立場

2016年3月、オアハカ州サン・バルタサル・チチカパムでのサロモン・ハラ・クルス(左)とロペス・オブラドール(中央
ロペス・オブラドールは左翼的[185]でポピュリストと評されている[9]。他の報道機関は、ロペス・オブラドールが2018年の選挙に向けてレトリッ クをトーンダウンさせ、財界人と連携し、北米自由貿易協定(NAFTA)への批判を狭めたと主張している。 [186][187][188]就任演説では、新自由主義を「災い」「災難」と呼び、メキシコ独立戦争(1810-1821年)、改革戦争(1858- 1861年)、メキシコ革命(1910-1920年)というメキシコの歴史における3つの大きな出来事に言及し、「第4の変革」を約束した[189] [190][191]。

彼は建設中のニューメキシコ・シティ国際空港の中止[192]、大統領官邸兼オフィス複合施設ロス・ピノスの文化センターへの転換[193][194]、 さらに国民皆保険、[195]無料インターネット、[196]大統領専用機の売却を提案した。 197]ロペス・オブラドールは様々な問題について国民投票を実施することを提案しており[198]、なかでも2021年の立法委員選挙(2年ごとという 以前の提案の代わりに)[199])で任期半ばに業績評価を実施し、協議に敗れた場合には6年の任期を短縮することを提案している[200]。 [200]彼は、大統領府と国防省、海軍省、内務省、外務省、財務信用省が首都に残る一方で、「国土全域の開発を促進する」という目的で、内閣を国内の各 州に分散させることを提案した[201][202]。

メキシコ・シティの新空港
主な記事 メキシコシティ・サンタ・ルシア空港
メキシコ州テスココの新空港建設に関連する汚職、地質、環境問題は、ロペス・オブラドールの2018年大統領選挙キャンペーン中の主要な問題だった。選挙 に勝利した後、大統領に就任する前に、彼はテクスココ空港をメキシコ州ズンパンゴにある軍用空港サンタ・ルシアの再建に置き換える住民投票を主催した。住 民投票は100万票の70%で可決された[203]。空港の中止には750億ペソ(39億8000万米ドル)の費用がかかった[204]。ズンパンゴの新 空港は「フェリペ・アンヘレス国際空港」と命名され、2019年10月17日に着工した[205][206]。空港は2022年3月に開港した [207]。

反汚職
ロペス・オブラドールの主な公約は、汚職をより困難にすることを目的とした一連の憲法と政策を制定することによって、組織的汚職を根絶することであった。 その一例が、汚職と不正投票を保釈金なしの犯罪行為とする2つの法律[208]の制定と、正当な手続きによる汚職政府高官の排除である。ロペス・オブラ ドールは、「階段を掃除するように上から下へ」一掃するために、ゼロ・トレランスと個人的な誠実さを組み合わせることを約束した[209]。彼は、汚職や 人権侵害の事例を調査するためにメキシコに来るよう国際機関に要請し、地元の検察官が汚職事件を立件するのを助けるために、グアテマラの不処罰に対する国 際委員会のような機関の設立を認める意向を表明した[210]。彼はまた、大統領を汚職で裁くことを可能にするために憲法の条文を改正することを提案した [199]。

エネルギー
ロペス・オブラドールは、2013年に署名された石油の民営化について複雑な見解を持っている。彼は石油産業におけるペメックスの独占を終わらせた 2013年のエネルギー改革(Reforma energética (México)[es])について国民投票を要求している[211]。 彼のエネルギー最高顧問であるロシオ・ナーレ[es]は、今後の深海掘削入札の凍結と国際石油会社との契約の見直しを要求している[212]。 2018年2月、彼のビジネスアドバイザーであるアルフォンソ・ロモは、「(彼は)民間の掘削業者に発注された石油入札のほとんどを見直し、メキシコに とって有益であることを発見した。 "[213]彼はまた、米国からのガソリンの輸入を終了するとともに、製油所への投資と同様に、内部的に集中するために石油輸出を終了することを公約して おり[212][214]、国家は「国家安全保障の原則として」エネルギー自給を回復しなければならず、赤字の州の製油所を稼働可能にし、バイオディーゼ ル生産を評価すべきであると述べている。 [215] ロペス・オブラドールは、ガソリナーゾの廃止だけでなく、電気とガス料金の値上げもしないと約束した[216] 2018年11月30日、ロペス・オブラドールは、油田権益の民間企業への競売を認めた前政権の石油改革は、彼の政権下では継続しないと報道陣に語った [217]。

就任直後、ロペス・オブラドールは自動車燃料の強奪を取り締まった:Huachicolero[218]。 2019年1月18日、イダルゴ州トラフエリルパンで少なくとも119人の命を奪ったトラフエリルパン・パイプラインの爆発事故[219]と地元の燃料不 足にもかかわらず、ガソリンの盗難は2018年11月の81,000バレルから2019年4月には4,000バレルへと95%削減され、110億ペソ(5 億8,100万ドル)の節約となった[220]。

2023年までにメキシコは、タバスコ州パライソのドス・ボカス港に建設中の新製油所を含む7つの製油所を持つ計画である[221]。ドス・ボカス製油所の建設は2019年8月に始まり[222]、推定コストは60億米ドルから80億米ドルである[223]。

教育
ロペス・オブラドールは「Becarios sí, sicarios, no(奨学金受給者はイエス、殺し屋はノー)」[224]という言葉とともに、公立大学への普遍的なアクセスを通じて、すべてのメキシコの若者に学校教育 と雇用の保証を約束し[225]、低所得の大学生に毎月2,400MXNの奨学金を提案した。 [226]ロペス・オブラドールは、2013年に成立した教育改革に反対しており、教員を解雇する根拠として統一テストの点数を使用することに反対してい ると述べ[227]、「それは右派、保守主義のイデオロギーの問題であり、彼らは心の底では公教育を望んでおらず、教育を民営化したいと考えている。私は 彼らに冷静になり、もし本当に教育の改善を助けたいのであれば、(教師を)二極化したり、失格にしたりしないようお願いしたい」[228]: 「子どもたちは食べずに学校に行くが、それはいわゆる教育改革では扱われていない」[229]。

ペニャ・ニエト政権時代に成立した教育改革法は、2019年9月に覆された。新法は教師の意見を評価し、学校制度の公共性を維持することを約束している[230]。

麻薬戦争

2012年のロペス・オブラドール
カルデロン大統領(2006-12年)の下で始まったメキシコ麻薬戦争 が12年目まで長引くなか、彼は2012年の大統領選の出馬戦略として「Abrazos, no balazos(弾丸ではなく、抱擁を)」を繰り返し、犯罪と闘うためには、特に若年層や農村部の人々のための雇用と賃金改善が必要であり、さらなる軍事 力の行使は必要ではないと主張した[231][232]。 [224]彼は一部の麻薬戦争犯罪者に対する恩赦を提案しており[233]、そのために国際NGO、ローマ法王フランシスコ[234]、アントニオ・グ テーレス国連事務総長の援助を求めるとしている。 [210]元外交官のエクトル・ヴァスコンセロスは、ロペス・オブラドール政権は陸海軍をこれまで交戦してきた路上から徐々に撤退させるだろうと述べた。 [235] ロペス・オブラドールは、2014年のアヨツィナパ誘拐事件のような、友人や家族の殺害や失踪にさらされた数万人の人々に終止符を打つために、真相究明委 員会を設立する意向を示している[210][236][237] 貧困と犯罪と闘うためのより広範な戦略の一環として、特定の薬物の合法化を検討すると宣言した[238]。

ロペス・オブラドールは麻薬戦争の終結を宣言し、カポ(麻薬王)の逮捕 から暴力の削減へとシフトし、健康と社会経済的な懸念により注意を払うことを望むと発表した。それにもかかわらず、就任1年目に殺人件数が増加した。ロペ ス・オブラドールは、犯罪と戦うために新たに編成され、軍事化された国家警備隊を派遣したが、これまでの警察や軍の取り組み以上の成果は得られていない [239]。 大きな挫折は、2019年10月にオビディオ・グズマン・ロペスを逮捕しようとした試みが失敗したことであり、この試みはシナロア州クリアカンで激しい銃 撃戦を引き起こし、中止せざるを得なかった。ロペス・オブラドールは後に、彼の最大の関心事は人命救助だったと説明した[240]。 シナロアとチワワの国境付近でレバロン一家に属する米国籍の大人3人と子ども6人が殺害されたとき、ドナルド・トランプ大統領は一時、カルテルをテロ組織 と認定すると脅した。ロペス・オブラドールはそうしないようトランプ大統領を説得した[241][242]。

経済政策
ロペス・オブラドールは自らを混合経済の信奉者だと述べている。2018年6月3日のイベントで、彼は「混合経済になるだろう。公共投資を伴う国家はメキ シコの成長という課題に立ち向かうことができず、民間投資が必要であり、社会セクターも必要である」と説明した[243]。彼の経済提案に基づき、彼は国 を「自給自足」にし、北米自由貿易協定によって影響を受けた「農業を救う」ことを望んでいる。ロペス・オブラドールはまた、メキシコの北部国境沿いに、よ り低い付加価値税、より低い家賃税、より高い最低賃金を伴う特別区を創設した[246][247]。 彼のアドバイザーはまた、移民を抑制するために、同じ措置がメキシコ南部国境や他の場所にも向けられる可能性があると述べた。 [248]彼は、経済的に落ち込んでいるメキシコ南部の経済成長を喚起するために、ユカタン州の森林やテワンテペック地峡を横断する鉄道リンクを含む、民 間セクターとの提携による多数のインフラプロジェクトを計画している[209]。 2018年3月の主要な銀行会議で、彼は経済の安定を維持し、メキシコ銀行の自治を尊重することを約束し、次のように述べた: 「我々は銀行を支援し、資産を没収することはない。収用や国有化はない」[249][250]。

NAFTA/USMCA
ロペス・オブラドールはNAFTAを批判しており、メキシコの小規模なトウモロコシ農家が影響を受けていると主張し[251]、アボカド農家を農産物関税 から守ることを提案している[252]。ドナルド・トランプとペニャ・ニエトの両者は、外遊のキャンセルによって汚染された強固で友好的な関係にはないと 主張し、ペニャ・ニエト政権に現在の協定の再交渉を延期するよう要請している。 [253] メキシコで開催されたアメリカ商工会議所の総会で、ペニャ・ニエトは、協定が加盟3カ国に利益をもたらしているとして、協定の破棄を望んでいないと述べ た。 [254] 2018年6月、大統領選の討論会で、NAFTA再交渉に失敗した場合、国内経済を強化する必要があると主張し、「メキシコ人にとって致命的であるはずが ない、我が国には多くの天然資源、多くの富がある。 「255][256]ロペス・オブラドールは、労働者の給与を上げることに賛成している。「なぜなら、わが国の賃金は非常に低く、世界で最も低い賃金であ り、国内市場を強化し、労働者の所得を向上させる必要があるからだ。

メキシコと米国は2018年8月27日に新貿易協定に合意し、カナダは9月30日に合意した。新貿易協定は米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)と呼 ばれる[258]。USMCAは環境と労働の規制を強化し、自動車とトラックの国内生産を奨励する。同協定はまた、知的財産保護の更新も規定している [259]。 ロバート・ライトハイザー米通商代表(当時)、クリスティア・フリーランド・カナダ副首相、ヘスス・セアデ・クリ北米担当副大臣は、2018年12月10 日にメキシコシティで修正協定に署名した[260]。 メキシコ上院は2019年6月19日に、[261]米国は2020年1月29日に(公法番号:116-113)[262]、カナダは2020年3月13日 に同条約を批准した[263]。

財政政策
財政的に保守的であろうと主張する[264]ロペス・オブラドールは、増税や公的債務の蓄積なしに社会支出[214]を引き上げることを提案し[215] [265][266][267][268]、大統領給与や大統領就任後の年金を含む政治家や官僚の給与や補助金に関する緊縮策を提案し、民間汚職や不正税 制との闘いを行った[235][269][270]。

ロペス・オブラドールは大統領給与を60%減額し、月額108,000MXN(5,000米ドル)とし、公務員と司法関係者の収入を制限した。ロス・ピノ スの大統領官邸を一般に開放し、国立宮殿に居を構えた。その上、車両や不動産などの政府資産を売却し、その収益は貧困層のための社会事業に充てられている [271]。 2019年10月に可決された緊縮財政法は、官公庁の改装を制限し、政府職員が在任中に規制した民間企業で働くことを10年間禁止し、大統領年金を削減し た[272]。 大統領は民間航空会社を利用するが、大統領専用機の買い手はまだ見つかっていない[273]。

外交政策
ベネズエラ政府による影響を主張し、ドナルド・トランプとの比較を引き出してきた利益団体や野党による非難[274]を受け、ロペス・オブラドールは 「チャビズモにノー、トランピズモにノー、フアリスモにイエス、マデリスモにイエス、カルデニスモにイエス、メキシカニスモにイエス」と述べた [275]。 「275]彼は、「従属ではなく」、相互の尊敬と友好に基づく米国との二国間関係を継続したいと繰り返し述べており[276]、「メキシコはいかなる外国 政府のピニャータにもならない」と主張している[277]。 [277]彼はまた、「我々はもはやメキシコが征服の国として見られることを望んでいない、略奪は終わった」と述べている[278]。大統領選の討論会 で、ロペス・オブラドールは、「最良の外交政策は国内政策である」と主張した[279]。つまり、国に汚職や犯罪がなければ、メキシコのイメージが国際的 な場でのメキシコの認識を向上させるため、投資や観光のための信頼を発展させるのに役立つということである。彼は、メキシコのかつての外交政策である不干 渉主義と、メキシコ憲法第89条に記載されている人民国家の自決の原則、エストラーダ・ドクトリンを掲げて選挙戦を展開した[280]。ロペス・オブラ ドールは、大統領選の勝利演説で行った「私たちは世界のすべての人々と政府の友人になる」という発言で、不干渉主義へのコミットメントを改めて表明した。 不干渉、自決、紛争の平和的解決の原則を再び適用する」[281]。

2019年のアルゼンチンでの選挙勝利の後、ロペス・オブラドールは、エル・パイス紙が「進歩的同盟」と表現した[282]アルベルト・フェルナンデス大 統領と親密な関係を築き、フェルナンデスはメキシコへの初の公式外遊のひとつを行った[282](最初の外遊先はイスラエル)。 [283]その後、両国はCOVID-19ワクチンに関する協力でより緊密な結びつきを築いた[284]。ロペス・オブラドールはまた、アルゼンチンの フォークランド諸島への領有権主張への支持を表明し、イギリスに対してアルゼンチンとの紛争を終わらせるよう交渉するよう促している[285]。

移民と米国の政策

2018年7月、ロペス・オブラドールとマイク・ポンペオ米国務長官
ドナルド・トランプ大統領が大統領選挙期間中、メキシコの不法移民を「麻薬(と犯罪)を持ち込んでいる」と非難する中、ロペス・オブラドールは、米国とメ キシコ国境の壁や米国内の不法移民の強制送還といったトランプの提案に反対する姿勢を示した。2017年、彼はペニャ・ニエト政権に対し、「人権侵害と人 種差別を理由に米国政府を国連で提訴する」ことを求めた[286]。 彼は米国にある50のメキシコ領事館を移民擁護のための「調達官」に変えると約束し、国連ラテンアメリカ・カリブ海経済委員会のアリシア・バルセナ現事務 局長をメキシコの国連常任代表に任命することを提案し、国連のような組織を通じて米国に圧力をかけることを約束した。彼は、移民が必要な支援を受けられな いようにしているのは、既成政党の腐敗だと非難した[287]。

メキシコへの移民については、自国政府は米国の「汚い仕事を続ける」ことはせず、中米移民をメキシコ南部の国境で拘束することはないと主張した。内閣をメ キシコ・シティから分散させるという彼の提案に従い、彼は国立移民研究所をバハ・カリフォルニア州ティフアナに移転させる。彼は、NAFTAの再交渉にお いて、中米地域の移民に対処する手段として、中米向けの開発計画を策定すべきであると提案し[287]、雇用創出を促進し、経済を成長させ、地域を平和に するために、メキシコ、米国、カナダ、中米を含む「進歩のための同盟」を提案した[288]。 ロペス・オブラドールは、国境の壁ではなく、雇用と開発を通じて不法移民を食い止めるために、トランプ大統領との取引を仲介したいと述べた[248]。

ロペス・オブラドールが公安事務局再設置案に選んだアルフォンソ・ドゥラソは2018年7月、不法移民、麻薬、武器を阻止するために主にメキシコ南部国境 をパトロールする国境警察を創設する計画があると宣言した[289]。 2018年10月、ロペス・オブラドールは中米移民のための就労ビザを宣言した[290]。 その数日後、米国に向かう中米移民キャラバンがメキシコに到着したことを受けて、彼は移民との連帯を求めた[291]。
Election results
Main article: Mexican general election, 2018 § Results

Celebration of Andrés Manuel López Obrador in Mexico City's Zocalo after being declared winner in Mexico's federal elections of 1 July 2018
López Obrador won the election on 1 July 2018 with 53% of the popular vote–the first candidate to win an outright majority since 1988,[292] and the first candidate not from the PRI or its predecessors to do so since the Mexican Revolution.

In terms of states won, López Obrador won in a landslide, carrying 31 out of 32 of the country's states.[292]

Around 30 minutes after polls closed in the country's northwest, José Antonio Meade, speaking at a news conference from PRI headquarters, conceded defeat and wished Andrés Manuel López Obrador "every success".[293][294] Ricardo Anaya also conceded defeat within an hour of the polls closing,[295][296] and independent candidate Jaime Rodríguez Calderón recognized López Obrador's victory shortly afterward.[297]
選挙結果
主な記事 2018年メキシコ総選挙§結果

2018年7月1日のメキシコ連邦選挙で当選が宣言された後、メキシコシティのソカロで行われたアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールの祝賀会
ロペス・オブラドールは2018年7月1日の選挙で53%の得票率で勝利し、1988年以来初めて単独過半数を獲得し[292]、メキシコ革命以来初めてPRIやその前身以外の候補者となった。

獲得州数では、ロペス・オブラドールが地滑り的な勝利を収め、国内の32州のうち31州を制した[292]。

同国北西部の投票終了後30分ほどして、PRI本部から記者会見に臨んだホセ・アントニオ・ミードは敗北を認め、アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラ ドールの「あらゆる成功」を祈念した[293][294]。リカルド・アナヤも投票終了後1時間以内に敗北を認め[295][296]、無所属候補のハイ メ・ロドリゲス・カルデロンはその直後にロペス・オブラドールの勝利を認めた[297]。
President-elect, July–December 2018

President Enrique Peña Nieto with President-elect López Obrador on 9 August 2018
López Obrador took office on 1 December 2018.[298] When he was president-elect, he announced he would take a 60% salary pay cut.[299]

Before taking office, from 22 to 25 October, he held an impromptu vote, organized by supporters of his party, on whether or not the New International Airport for Mexico City was to be scrapped, citing that the project was rife with corruption, cronyism, and a waste of taxpayer's money. About 70% of the results voted against the continuation of the project. López Obrador proposed expanding the Santa Lucía Air Force Base instead.[300]

In December 2018, López Obrador ordered the creation of a truth commission to re-examine one of the country's most notorious unsolved crimes: the kidnapping and presumed murder of 43 trainee teachers who disappeared after an attack by cartel gunmen and police officers.[301]

After the 2018 presidential election, media organizations, including Forbes, reported that López Obrador said the victory of his party, MORENA, was "La Cuarta Transformación" (The Fourth Transformation).[302] The phrase is a reference to three major historical reforms, namely Mexican independence, the Reform War, and the Mexican Revolution.[302]

Just before his 1 December inauguration, a documentary on López Obrador was broadcast on Now This World.[303]

Presidency (December 2018–present)
See also: Presidency of Andrés Manuel López Obrador
Exercise of political power

López Obrador with Spain's Prime Minister Pedro Sánchez in January 2019

López Obrador with Bolivian President Luis Arce in March 2021

López Obrador with U.S. President Joe Biden and Canadian Prime Minister Justin Trudeau at the North American Leaders' Summit in January 2023
In his first year, López Obrador did not have to contend with any major new issues. His approval ratings were high, approximately the same as previous administrations at the same point in their terms. Despite that, there has appeared to be little progress on issues on which he campaigned, which critics pointed out.[304] The Economist criticized his first year as lacking in statecraft and abundant in theatrical gestures.[305] In August 2019, Bloomberg News did an extended interview with López Obrador.[306] The China Global Television Network did a short special assessment of López Obrador's first year in office.[307]

He argues his presidency is the "Fourth Transformation" in Mexican history, with the first three being the Mexican War of Independence (1810–1821), the War of the Reform (1857–1861), and the Mexican Revolution (1910–1920). He invokes imagery likening his presidency to the work of Jesus Christ, with concern for the less fortunate being a top priority under López Obrador.[308] Direct communication with the electorate has become a key feature of his presidency. He holds daily briefings (mañaneras), broadcast on state media.[309]

López Obrador has made citizen forums, consultations, and referendums a key part of his decision-making process. Such consultations have been held on major infrastructure projects such as the construction of a new airport, an oil refinery, an electric plant, and the Mayan Train. Other consultations have been held on various social issues, and more are planned for the future—including LGBTQ rights and amnesty for low-level drug offenders.[310] He also plans a popular vote of confidence when he reaches the middle of his term in 2022.[311] The consultations held in 2018 and 2019 have enjoyed widespread support (70% or more),[312] but they have been criticized for low turnout (2% or less) and other reasons.[313]

Morning Consult's Global Leader Approval Rating Tracker, which evaluates the approval rating of 13 world leaders on a weekly basis, positioned López Obrador as the second highest in terms of net approval rating as of February 10, 2022.[314]

Anti-corruption
A top priority during López Obrador's campaign was his pledge to end corruption. In 2018 Mexico was on a par with Russia at 138 (of 180 countries) by the Transparency International's Corruption Perceptions Index. López Obrador has made some high-profile gestures against corruption, but his critics see them as not getting at the core issue.[315] He stated his administration will no longer employ the agency designed to uncover corruption in government spending, the National Institute for Access to Information and Data Protection (INAI), citing its complicity in covering up high-profile scandals such as the Odebrecht case.[316] Enrique Krauze has criticized López Obrador's move, saying "Now there is absolutely no transparency in the use of public money, and, at the same time, the awarding of contracts to companies owned by the president's friends."[11]

López Obrador's anti-corruption efforts have concentrated in five areas[citation needed]: illegal fuel sales known as Huachicolero, accounting methods and tax fraud, illegal outsourcing, judicial corruption, and money laundering.[317] The Unidad de Inteligencia Financiera on 27 December 2019, announced that it has opened investigations into four former governors.[318] In August 2019 Rosario Robles was sent to prison for her involvement in the MXN $7,760 million (US$420 million) "Master Scam" (Spanish: Estafa Maestra),[319] and charges against former Pemex officials such as CEO Emilio Lozoya Austin[320] and union leader Carlos Romero Deschamps.[321] In October 2019, a justice of the Supreme Court of Justice of the Nation (SCJN) was forced to resign due to irregularities involving an irregular bank deposit worth MXN $80 million (US$4 million).[322]

Despite initial praise from human rights group Washington Office on Latin America (WOLA) in October 2019, regarding Lopez' ambitious plan which introduced anti-corruption prosecutors both at federal and state levels through an independent National Anti-Corruption System,[323] its 2021 report concluded that, while the structure of the System could theoretically work, it had been essentially crippled by the lack of independence or any real autonomy, amongst other factors.[324]

Education
In 2019 López Obrador consolidated some projects to support the educational system in Mexico, some of them being the creation of one hundred public universities and the approval of the reforms to articles 3, 31 and 73 of the Mexican Constitution, about education, in which parents, teachers and authorities participated.[325] That same year, he also implemented the scholarship program "Bienestar Benito Juárez" in all educational levels of public service, in order to encourage the permanence of students[326] and also reverted the Education Reform implemented during the Peña Nieto administration, replacing it with one that would guarantee free education at all levels.[327]

In 2020, due to the COVID-19 pandemic in Mexico, face-to-face classes were suspended since March, in order to avoid contagions of the disease.[328] In August, the president signed an agreement with the television networks Televisa, TV Azteca, Imagen Televisión and Grupo Multimedios so that preschool, primary and secondary school students could begin receiving classes and educational content on television.[329][330] In December, he announced Delfina Gómez Álvarez as the new secretary of Public Education, replacing Esteban Moctezuma Barragán, who would become Mexico's ambassador to the United States.[331][332] In 2021, a protocol was announced with which students could gradually return to face-to-face classes, but only in those states that were on a green light of the epidemiological traffic light during the COVID pandemic.[333] The exchange between Delfina and Moctezuma was officially carried out on 15 February.[334] The return of face-to-face classes since the beginning of the pandemic took place on 7 June in Mexico City, San Luis Potosí and Aguascalientes,[335] and on the 14 of the same month in the State of Mexico.[336] However, this return was silently canceled again when cases of children infected with COVID-19 began to be registered inside schools,[337][338] little student presence,[339] and the beginning of a third wave of infections by the disease.[340] Despite this, the president announced that the return of face-to-face classes would be "rained, thundered or lighted" in August,[341] one of his motivations being to avoid the supposed "addiction to video games" that kids have today.[342]

Economy

Visiting Tlaxcala, 2019
López Obrador's energy policy has prioritized the state over the market. Petroleum is at the center of his strategy, with the construction of a refinery in Tabasco, and has in essence banned private investment in the sector. There was low or flat economic growth in his first year of office. He implemented a minimum wage increase of 16.21% in 2019, before uplifting the wage increase to 20% the same year.[343] The coronavirus pandemic is expected to cause lasting damage to the economy, with some critics arguing López Obrador has not effectively planned and responded to economic uncertainty, with the peso falling in the first months of the pandemic.[344] López Obrador made good on his promise to cancel the building of a new airport (Texcoco Airport) to serve Mexico City, with $13.3 billion already spent. Instead, the Felipe Ángeles International Airport was reworked to replace it.[11]

The trade deal with the U.S. and Canada was ratified by all three nations and went into effect in July 2020.[345] López Obrador traveled to the U.S. to sign the agreement, but Justin Trudeau, Prime Minister of the third partner, Canada, did not attend, claiming the coronavirus as the reason. Trump and López Obrador signed the agreement at the White House.[346] With the COVID-19 pandemic, remittances from Mexicans in the U.S. have fallen. In addition, with the U.S.-Mexico border increasingly difficult to cross, Mexicans in the U.S. are now aging and dying, often being buried in their home towns and villages.[347]

His 2023 federal budget prioritized the funding of social programs, including a boost to pensions for the elderly, and infrastructure projects concentrated largely in southern Mexico. According to José Olivares of The Intercept, leaked intelligence documents indicate the U.S. government is displeased with the Mexican state prioritizing social spending over furthering U.S. interests, such as "investments needed to address bilateral issues with the US such as migration, security and trade."[348]

Response to the COVID-19 pandemic
Main article: COVID-19 pandemic in Mexico
According to Los Angeles Times, the initial response by López Obrador's government was as late as March 2020, and was met with significant criticism. The president continued to hold rallies, be tactile with crowds, and downplay the threat of coronavirus to Mexicans' health and to the Mexican economy. When COVID-19 arrived in Mexico, the government took few steps to ramp up preparedness. The healthcare system is undergoing reforms to lessen the possibility of corruption and to shift from the existing insurance system to a universal one.[349] In March 2020, López Obrador pledged to donate a quarter of his salary to help the country weather the pandemic.[350]

As of 25 January 2021, 1,763,219 people have contracted the virus and 149,614 have died.[351][needs update]

Crime and the drug war
Rates of crime remain high in Mexico and conflict and violence of drug mafias has not been stemmed.[352] The number of murders nationwide in 2019 was over 34,000. Although the rate of women's murders is only about 10% of that number, femicide (murders of women specifically because they are women), has risen and resulted in major demonstrations in early 2020.[citation needed]

López Obrador initially backed away from the policy of taking out mafia heads. His policy was not a harsh crackdown, offering "abrazos, no balazos"" ("hugs, not gunshots"), which confused and demoralized the security forces. He then gave the army nation-wide control of security.[11]

A high-profile situation developed in Sinaloa in October 2019 when Ovidio Guzmán López "El Ratón," son of imprisoned drug mafia head Joaquín “El Chapo” Guzmán, was captured by a small government force. The mafia responded there with a shootout on the Culiacán city streets, resulting in the government freeing Ovidio Guzmán.[353]

On 5 January 2023, after six months of planning and vigilance, another military operation took place, this time with air support from a Mexican Air Force UH-60 Black Hawk helicopter equipped with a M134 Minigun (used for the first time since the killing of the Beltrán-Leyva Organization leader Juan Francisco Patrón Sánchez "El H2" in 2017) sent in response to Guzmán's armed men using .50 caliber weapons of alleged U.S. origin during the initial shootout,[354][355] that resulted in Oviedo Guzmán being captured once more, this time successfully, resulting in another fight between the Mexican military and the Sinaloa Cartel on the streets of Culiacán. This all resulted in the deaths of 10 soldiers and 19 members of the cartel, along with the arrests of 21 other alleged members, without civilian casualties, according to official reports. Most of these deaths occurred during the initial shootout between the military and the Sinaloa Cartel while Guzmán was being detained.[356] Obrador claimed that the authorities acted "with responsibility" to protect the civilian population and that the operation was done without any involvement from the U.S. government.[357]

Ovidio Guzmán has now been moved to the "Altiplano" maximum security prison in the State of Mexico. He's expected to be eventually extradited to the U.S. per request of the U.S. government since September 2019, but he will remain in Mexico while various legal proceedings take place, as the Mexican Secretary of Foreign Affairs Marcelo Ebrard reported.[358] On the same day, Ernesto Alfredo Piñón de la Cruz "El Neto," leader of the violent criminal organization affiliated with the Sinaloa Cartel known as "Los Mexicles," was killed by state and federal police while trying to flee from his residence during a police raid in Ciudad Juárez, Chihuahua, just four days after violently escaping prison.[359][360] López Obrador has acceded to U.S. requests to extradite criminals to the U.S.[361]

In Michoacán, drug mafias have been extorting avocado producers, an ongoing issue especially following the rise in demand in the U.S. for the crop.[362]

In April 2020, at the beginning of the coronavirus pandemic, Mexican drug cartels had been handing out food relief in their core regions. López Obrador called on them instead to end the violence.[363] Cartels have been acting with continued impunity in Mexico City, with the Jalisco New Generation Cartel targeting the chief of its police force, Omar García Harfuch for assassination in an early morning. He survived wounded, but two of his bodyguards and a civilian were killed.[364] López Obrador's policy toward drug cartels has been criticized in the press in the United States on an ongoing basis.[365]

Since 2020, a gradual decrease in intentional homicides has been shown nationwide in Mexico. In the year 2020, the amount of reported intentional homicides was 0.4% less than 2019, further decreasing by 4.6% in 2021, and again in 2022 by 7.1%. López Obrador stated in his 6 January 2022 report that he plans to continue this trend throughout the rest of his presidency. Despite this, 2019 was one of the most violent years in Mexican history, with 34,690 reported intentional homicides.[366] The reports conclude that nearly half of all intentional homicides in 2022 occurred in six out of 32 states and that 23 states showed a decrease as high as 13%.[367] In the State of Zacatecas, which saw a sharp increase in total homicide rates in 2021 —of 41% in the first 11 months, making it the biggest statewide increase in the country on that year—,[368] intentional homicides decreased by 13.76% and total homicides by 7.57% in 2022, according to the Executive Secretary of the National Public Security System (SESNSP).[369] Though a nationwide decrease has been perceived, some areas have perceived an increase in 2022. In 17 out of the 50 "priority municipalities," where intentional homicides are concentrated, an average increase of 8.5% in such homicides was reported, whereas in 32 an average decrease of 24.3% was reported, with Cuernavaca, Morelos, being the only municipality with no reported changes.[370]

Plans to legalize the personal use of marijuana missed a 24 October 2019 SCJN deadline, which was extended to 30 April 2020, as users, growers, and businesses could not agree on details.[371] In June 2021, the Supreme Court in effect legalized the recreational use of cannabis.[372]

As of 2020, the COVID-19 pandemic interrupted supply chains from China to Mexico that provided the precursor chemicals to create fentanyl and methamphetamine, usually then exported to the U.S.[373]

Response to femicide and women's activism
López Obrador's government has been criticized for failing to combat violence against women in Mexico and its high rate of femicide, which has risen dramatically since 2018.[374][375] López Obrador has been accused of being slow to respond to women's demands to act on the issue of femicide.[376] After a particularly well-publicized femicide of a kidnapped girl, women marches spiked nationally; as a result, the Head of Government of Mexico City, Claudia Sheinbaum (who is also a member of MORENA) announced new measures to prevent further femicides in the city,[377][378] while López Obrador also announced a package of new measures to address the issue.[379] Soon after, women's groups called for two days of action, a massive demonstration in Mexico City on International Women's Day (8 March), following by a strike on 9 March 2020. The Mexico City demonstration had some 80,000 participants. On Monday, 9 March 2020, the second day of action was marked by the absence of women at work, in class, shopping and other public activities. The "Day Without Us" (Día Sin Nosotras) was reported in the international press along with the previous day's demonstrations.[380][381]

Foreign policy
Immigration and U.S. pressure

Obrador with U.S. President Donald Trump at the White House in July 2020
The Trump administration in the U.S. pressed for building a wall on Mexico's northern border, and it also implemented measures attempting to stem the flow of migrants from Central America and other regions of the world. Although López Obrador expressed sympathy with migrants during his campaign, when the number of migrants surged, the U.S. threatened his government with trade sanctions, which led him to solidify the southern border. Government forces broke up migrant caravans heading through Mexico to the U.S.[382] At the northern border, Mexico is now the stopping point for migrants sent back to Mexico by U.S. immigration authorities awaiting adjudication of their claims for asylum.[383] Citing widespread corruption, López Obrador dismantled the Federal Police and incorporated elements of it into the recently created National Guard, which has been employed to stop Central American immigrants at the southern border.[11]

In March 2023, López Obrador was sharply critical of some "hypocritical" Republican lawmakers, in particular Dan Crenshaw and Marjorie Taylor Greene, for introducing bills that would authorize the U.S. military to invade Mexico and attack drug cartels, declaring that "we remind those hypocritical and irresponsible politicians that Mexico is an independent and free country, not a colony or a protectorate of the United States."[384]

Political asylum of Evo Morales
Former Bolivian President Evo Morales, who was forced to resign amid allegations of fraud in October's presidential election, fled Bolivia during the night of 11 November 2019, on a plane for Mexico, which offered him asylum. Mexican Foreign Minister Marcelo Ebrard said his country decided to grant asylum "for humanitarian reasons, and given the urgent situation faced in Bolivia".[385]

Views on Donald Trump
López Obrador defended former U.S. president Donald Trump against a potential indictment, saying that "Right now, former President Trump is declaring that they are going to arrest. If that were the case...it would be so that his name doesn't appear on the ballot."[386] The same month, he criticized the United States, saying the country is "anti-democratic" in seeking to arrest Julian Assange and deny Trump an opportunity to seek re-election. He also referenced the allegations that the U.S. is responsible for the 2022 Nord Stream pipeline sabotage, saying "If we are talking about acts of violence, how is it that an award-winning journalist in the United States claims that the US government sabotaged the gas pipeline from Russia to Europe?", and criticized the fentanyl epidemic in America.[387][388]

Plans for historical commemorations
Major historical commemorations took place in 2021. The events are the founding of Tenochtitlan (although the date of its founding is often given as 1325); the 1521 fall of Tenochtitlan; and the 1821 consummation of Mexican independence.[389][390] The Mexico City Metropolitan Cathedral is being repaired, along with other colonial-era buildings in advance of the commemorations.[391] During conmemorations, he apologized in the name of Mexico to indigenous peoples and Mexicans of Chinese descent for historical abuses.[392] López Obrador invited King Felipe VI of Spain and Pope Francis to Mexico for the commemorations, and asked them to apologize for the conquest of America.[393] The Pope declined the invitation, saying he had apologized in 2015.[394]

Midterm elections 2021
In June 2021 midterm elections, López Obrador's Juntos Hacemos Historia coalition lost seats in the lower house of Congress. However, his ruling coalition maintained a simple majority, but López Obrador failed to secure the two-thirds congressional supermajority. The main opposition was a coalition of Mexico's three traditional parties: the PRI, the PAN and the PRD.[395]


次期大統領、2018年7月~12月

2018年8月9日、エンリケ・ペーニャ・ニエト大統領とロペス・オブラドール次期大統領
ロペス・オブラドールは2018年12月1日に大統領に就任した[298]。 次期大統領就任時、給与を60%カットすると発表した[299]。

就任前の10月22日から25日にかけて、メキシコ・シティの新国際空港は汚職や縁故主義が蔓延しており、税金の無駄遣いであるとして、同党の支持者たち によって組織された即席の投票を行い、廃案にするか否かを決定した。その結果、約70%がプロジェクトの継続に反対票を投じた。ロペス・オブラドールは代 わりにサンタ・ルシア空軍基地の拡張を提案した[300]。

2018年12月、ロペス・オブラドールは、国内で最も悪名高い未解決犯罪のひとつである、カルテルの武装集団と警察官による襲撃後に失踪した43人の研修生教師の誘拐と推定殺人事件を再調査する真相究明委員会の創設を命じた[301]。

2018年の大統領選挙後、Forbesを含むメディア機関は、ロペス・オブラドールが自身の政党MORENAの勝利は「La Cuarta Transformación(第4の変革)」であると述べたと報じた[302]。このフレーズは、メキシコ独立、改革戦争、メキシコ革命という3つの大 きな歴史的改革に言及している[302]。

12月1日の就任式の直前、ロペス・オブラドールに関するドキュメンタリーがNow This Worldで放送された[303]。

大統領職(2018年12月~現在)
以下も参照: アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドルの大統領職
政治権力の行使

2019年1月、スペインのペドロ・サンチェス首相とロペス・オブラドール氏

2021年3月、ボリビアのルイス・アルセ大統領とロペス・オブラドール氏

2023年1月、北米首脳会議でジョー・バイデン米大統領、ジャスティン・トルドー加首相とロペス・オブラドール氏
就任1年目のロペス・オブラドールは、新たな大きな問題に直面することはなかった。彼の支持率は高く、歴代政権の同じ時期の支持率とほぼ同じだった。にも かかわらず、彼が選挙キャンペーンで掲げた問題についてはほとんど進展がないように見え、批評家たちはそれを指摘した[304]。 エコノミスト誌は、彼の1年目は国家運営に欠けており、芝居がかったジェスチャーに溢れていると批判した[305]。 2019年8月、ブルームバーグ・ニュースはロペス・オブラドールの長期インタビューを行った[306]。 中国グローバル・テレビジョン・ネットワークは、ロペス・オブラドールの就任1年目について短い特別評価を行った[307]。

ロペス・オブラドールは、メキシコ独立戦争(1810-1821年)、改革戦争(1857-1861年)、メキシコ革命(1910-1920年)の最初の 3回に続き、自身の大統領就任はメキシコ史上「第4の変革」であると主張している。ロペス・オブラドールは、自身の大統領職をイエス・キリストの働きにな ぞらえた表現を用い、恵まれない人々への配慮を最優先課題としている[308]。有権者との直接的なコミュニケーションは、ロペス・オブラドールの大統領 職の重要な特徴となっている。彼は国営メディアで放送されるブリーフィング(mañaneras)を毎日開催している[309]。

ロペス・オブラドールは、市民フォーラム、協議、国民投票を意思決定プロセスの重要な部分としている。このような協議は、新空港建設、石油精製所、発電 所、マヤ鉄道などの主要インフラプロジェクトについて行われてきた。その他、様々な社会問題について協議が行われており、今後もLGBTQの権利や低レベ ルの麻薬犯罪者に対する恩赦など、さらなる協議が計画されている[310]。また、2022年に任期半ばを迎えた際には、国民による信任投票も計画されて いる[311]。2018年と2019年に開催された協議は、幅広い支持(70%以上)を得ているが[312]、投票率が低い(2%以下)などの理由で批 判されている[313]。

モーニング・コンサルトの「グローバル・リーダー支持率トラッカー」は、13人の世界的指導者の支持率を週次で評価しているが、2022年2月10日時点でロペス・オブラドールはネット支持率で2番目に高いと位置づけられている[314]。

反汚職
ロペス・オブラドールの選挙運動中の最優先事項は、汚職撲滅の公約であった。2018年のトランスペアレンシー・インターナショナルの腐敗認識指数では、 メキシコはロシアと並ぶ138位(180カ国中)だった。ロペス・オブラドールは、汚職撲滅のために注目されるジェスチャーをいくつか行ったが、彼の批評 家たちは、それらが核心的な問題に迫っていないと見ている[315]。 彼は、オデブレヒト事件のような有名なスキャンダルを隠蔽することに加担していることを理由に、政府支出における汚職を摘発するために設計された機関であ る情報公開・データ保護国立研究所(INAI)を、彼の政権はもう雇わないと述べた。 [316] エンリケ・クラウゼは、ロペス・オブラドールの動きを批判し、「現在、公的資金の使用において透明性は全くなく、同時に大統領の友人が所有する企業への契 約発注が行われている」と述べた[11]。

ロペス・オブラドールの反汚職活動は5つの分野[要出典]に集中している:フアチコレロとして知られる燃料の違法販売、会計手法と税金詐欺、違法なアウト ソーシング、司法腐敗、マネーロンダリング[317]。 2019年12月27日、Unidad de Inteligencia Financieraは、4人の元知事に対する調査を開始したと発表した。 [318] 2019年8月、ロサリオ・ロブレスは77億6000万MXNドル(4億2000万米ドル)の「マスター詐欺」(スペイン語:Estafa Maestra)に関与したとして実刑判決を受け[319]、エミリオ・ロソヤ・オースティンCEO[320]や組合指導者のカルロス・ロメロ・デシャン プスら元ペメックス幹部に対する告発を行った。 [321]2019年10月には、国家最高裁判所(SCJN)の判事が8000万MXN(400万米ドル)相当の不正な銀行預金に関わる不正により辞任に 追い込まれた[322]。

2019年10月に人権団体ラテンアメリカ・ワシントン事務所(WOLA)は、独立した国家汚職防止システムを通じて連邦レベルと州レベルの両方で汚職防 止検察官を導入するロペスの野心的な計画について当初は称賛していたにもかかわらず[323]、その2021年の報告書は、システムの構造は理論的には機 能する可能性があるものの、独立性や実質的な自律性の欠如などによって本質的に機能不全に陥っていると結論づけた[324]。

教育
2019年、ロペス・オブラドールは、メキシコの教育システムを支援するためのいくつかのプロジェクトを統合し、そのうちのいくつかは、100の公立大学 の創設と、親、教師、当局が参加した教育に関するメキシコ憲法第3条、第31条、第73条の改革の承認であった。 [326]また、ペニャ・ニエト政権時代に実施された教育改革を撤回し、全レベルで無償教育を保証するものに置き換えた[327]。

2020年、メキシコでCOVID-19が大流行したため、同病の感染を避けるため、3月から対面式の授業は停止された[328]。8月、大統領はテレビ 局のTelevisa、TV Azteca、Imagen Televisión、Grupo Multimediosと協定を結び、就学前児童、小中学生がテレビで授業や教育コンテンツを受けられるようにした。 [329][330]12月には、駐米メキシコ大使に就任するエステバン・モクテスマ・バラガンの後任として、デルフィナ・ゴメス・アルバレスを新公教育 長官に任命すると発表した[331][332]。2021年には、COVIDパンデミックの際に疫学的信号が青信号だった州においてのみ、生徒が徐々に対 面授業に復帰できるプロトコルが発表された。 333]デルフィナとモクテスマの交換は、2月15日に正式に実施された[334]。パンデミック開始以来の対面授業の復帰は、メキシコシティ、サンルイ スポトシ、アグアスカリエンテスでは6月7日に行われ[335]、メキシコ州では同月14日に行われた[336]。 [336]しかし、学校内でCOVID-19に感染した子どもの症例が登録され始めたこと、[337][338]生徒がほとんどいなかったこと、 [339]この病気による感染の第三の波が始まったこと[340]により、この復帰は再び静かに中止された。[341]にもかかわらず、大統領は8月に対 面式授業の復帰を「雨、雷、または照明」で行うと発表し、[342]その動機のひとつは、今日の子どもたちが持っているとされる「ビデオゲーム中毒」を避 けるためであった。

経済

トラスカラ訪問(2019年
ロペス・オブラドールのエネルギー政策は、市場よりも国家を優先している。タバスコ州に製油所を建設するなど、石油は彼の戦略の中心であり、この分野への 民間投資を実質的に禁止している。就任1年目の経済成長は低いか横ばいだった。彼は2019年に16.21%の最低賃金の引き上げを実施し、同年には 20%に引き上げた[343]。コロナウィルスの流行は経済に永続的なダメージを与えると予想され、ロペス・オブラドールはパンデミックの最初の数ヶ月で ペソが下落するなど、効果的な計画を立てず、経済の不確実性に対応しなかったと主張する批評家もいる。 [344] ロペス・オブラドールは、すでに133億ドルが費やされたメキシコ・シティに就航する新空港(テスココ空港)の建設を中止するという公約を実行に移した。 その代わりに、フェリペ・アンヘレス国際空港が再整備された[11]。

アメリカ、カナダとの貿易協定は3カ国すべてで批准され、2020年7月に発効した[345]。ロペス・オブラドールは協定に署名するためにアメリカを訪 れたが、第3のパートナーであるカナダのジャスティン・トルドー首相はコロナウイルスを理由に出席しなかった。トランプとロペス・オブラドールはホワイト ハウスで協定に署名した[346]。COVID-19の流行により、在米メキシコ人からの送金は減少した。さらに、米国とメキシコの国境を越えることがま すます困難になっているため、米国にいるメキシコ人は高齢化して死亡し、しばしば故郷の町や村に埋葬されている[347]。

彼の2023年連邦予算は、高齢者向け年金の増額を含む社会プログラムや、主にメキシコ南部に集中するインフラプロジェクトへの資金提供を優先した。 The Intercept』のホセ・オリバレスによれば、リークされた情報文書によれば、アメリカ政府は、メキシコ国家が「移民、安全保障、貿易といったアメリ カとの二国間問題に対処するために必要な投資」といったアメリカの利益を促進することよりも社会支出を優先することに不快感を示している[348]。

COVID-19パンデミックへの対応
主な記事 メキシコにおけるCOVID-19パンデミック
Los Angeles Timesによると、ロペス・オブラドール政権による最初の対応は2020年3月と遅く、大きな批判にさらされた。大統領は集会を開き、群衆と手際よく接 し、メキシコ人の健康とメキシコ経済に対するコロナウィルスの脅威を軽視し続けた。COVID-19がメキシコに到着したとき、政府は準備態勢を強化する ための措置をほとんど講じなかった。医療制度は、汚職の可能性を減らし、既存の保険制度から国民皆保険制度に移行するための改革が進められている [349]。2020年3月、ロペス・オブラドールは、この国がパンデミックを乗り切るために、給与の4分の1を寄付すると約束した[350]。

2021年1月25日現在、1,763,219人がウイルスに感染し、149,614人が死亡している[351][要更新]。

犯罪と麻薬戦争
メキシコの犯罪率は依然として高く、麻薬マフィアの紛争と暴力は食い止められていない[352]。2019年の全国の殺人件数は34,000件以上であっ た。女性の殺人事件の割合はその10%程度に過ぎないが、フェミサイド(女性であることを理由とした女性の殺人事件)は増加しており、2020年初頭には 大規模なデモが発生した[要出典]。

ロペス・オブラドールは当初、マフィアの首領を摘発するという政策から手を引いていた。彼の方針は厳しい取り締まりではなく、「銃声ではなくハグ (abrazos, no balazos)」(「銃声ではなくハグ(hugs, not gunshots)」)を提供し、治安部隊を混乱させ士気を低下させた。その後、彼は全国的な治安管理を軍に委ねた[11]。

2019年10月にシナロア州で、収監中の麻薬マフィア首領ホアキン・"エル・チャポ"・グスマンの息子であるオビディオ・グスマン・ロペス "エル・ラトン "が、小規模な政府軍に捕らえられたことが注目を集めた。マフィアはクリアカン市街での銃撃戦で応戦し、その結果、政府はオビディオ・グスマンを解放した [353]。

2023年1月5日、6ヶ月間の計画と警戒の後、別の軍事作戦が行われ、今回はM134ミニガン(2017年にベルトラン=レイバ組織のリーダー、フア ン・フランシスコ・パトロン=サンチェス「エルH2」が殺害されて以来初めて使用された)を装備したメキシコ空軍のUH-60ブラックホークヘリコプター による航空支援が行われた。 354][355]その結果、オビエド・グスマンはもう一度捕らえられ、今度は成功し、メキシコ軍とシナロア・カルテルがクリアカンの路上で再び戦うこと になった。この結果、公式報告によれば、10人の兵士と19人のカルテル・メンバーが死亡し、その他21人の容疑者が逮捕された。これらの死者のほとんど は、グスマンが拘束されている間の軍とシナロア・カルテルとの最初の銃撃戦で発生した[356]。オブラドールは、当局は市民を守るために「責任を持っ て」行動し、この作戦はアメリカ政府の関与なしに行われたと主張した[357]。

オビディオ・グスマンは現在、メキシコ州の最大警備刑務所「アルティプラーノ」に移されている。2019年9月以降、米国政府の要請により最終的には米国 に身柄が引き渡される見込みだが、メキシコ外務長官マルセロ・エブラードが報告したように、様々な法的手続きが行われる間はメキシコに留まる。 [358] 同日、「ロス・メキシクルズ」として知られるシナロア・カルテル傘下の暴力的犯罪組織のリーダー、エルネスト・アルフレド・ピニョン・デ・ラ・クルス「エ ル・ネト」が、刑務所を暴力的に脱獄したわずか4日後、チワワ州シウダー・フアレスで警察の手入れを受け、住居から逃走しようとしていたところを州警察と 連邦警察に殺害された。 [359][360]ロペス・オブラドールは、犯罪者を米国に引き渡すという米国の要求に応じた[361]。

ミチョアカン州では、麻薬マフィアがアボカド生産者を恐喝しており、特にアボカドに対するアメリカでの需要の高まりを受け、継続的な問題となっている[362]。

2020年4月、コロナウィルスの流行が始まったとき、メキシコの麻薬カルテルはその中核地域で食糧支援を配っていた。ロペス・オブラドールは代わりに彼 らに暴力を終わらせるよう呼びかけた[363]。カルテルはメキシコシティで引き続き不処罰で行動しており、ハリスコ新世代カルテルは早朝、その警察組織 の長であるオマール・ガルシア・ハルフッチを暗殺の標的にした。彼は負傷して助かったが、彼のボディーガード2人と民間人1人が殺害された[364]。ロ ペス・オブラドールの麻薬カルテルに対する政策は、継続的に米国の報道機関で批判されている[365]。

2020年以降、メキシコ全国で意図的な殺人が徐々に減少していることが示されている。2020年には、報告された意図的な殺人の量は2019年より 0.4%減少し、2021年にはさらに4.6%減少し、2022年には再び7.1%減少した。ロペス・オブラドールは、2022年1月6日の報告書で、大 統領在任中もこの傾向を継続する予定であると述べた。にもかかわらず、2019年はメキシコ史上最も暴力的な年のひとつであり、34,690件の故意の殺 人事件が報告された[366]。報告書は、2022年の故意の殺人事件のほぼ半数が32州中6州で発生し、23州では13%もの減少を示したと結論付けて いる。 [367]国家治安システム(SESNSP)事務局長によれば、2021年に総殺人件数が急増したサカテカス州では、最初の11ヵ月で41%増加し、その 年の全州で最大の増加率となった[368]が、2022年には意図的殺人は13.76%減少し、総殺人は7.57%減少した[369]。全国的には減少し ていると認識されているが、2022年に増加していると認識されている地域もある。意図的な殺人が集中している50の「優先自治体」のうち17自治体で は、そのような殺人の平均8.5%の増加が報告されているのに対し、32自治体では平均24.3%の減少が報告されており、モレロス州クエルナバカは変化 が報告されていない唯一の自治体である[370]。

大麻の個人使用を合法化する計画は、使用者、栽培者、事業者が詳細について合意できなかったため、2019年10月24日のSCJNの期限に間に合わず、 2020年4月30日まで延長された[371]。 2021年6月、最高裁判所は大麻の娯楽的使用を事実上合法化した[372]。

2020年の時点で、COVID-19の大流行は、フェンタニルとメタンフェタミンを作るための前駆体化学物質を供給する中国からメキシコへのサプライチェーンを中断させ、通常はその後米国に輸出されていた[373]。

フェミサイドと女性運動への対応
ロペス・オブラドール政権は、メキシコにおける女性に対する暴力と、2018年以降劇的に上昇した高いフェミサイド率との闘いに失敗していると批判されて きた[374][375]。ロペス・オブラドールは、フェミサイドの問題に取り組むという女性の要求への対応が遅いと非難されてきた。 [376]誘拐された少女のフェミサイドが特によく報道された後、女性たちのデモ行進が全国的に急増した。その結果、メキシコシティのクラウディア・シャ インバウム政府首長(MORENAのメンバーでもある)は、同市におけるさらなるフェミサイドを防止するための新たな対策を発表し[377][378]、 ロペス・オブラドールもこの問題に対処するための新たな対策パッケージを発表した。 [379] その直後、女性グループは2日間の行動を呼びかけ、国際女性デー(3月8日)にメキシコシティで大規模なデモを行い、2020年3月9日にストライキを 行った。メキシコシティのデモには約8万人が参加した。2020年3月9日(月)、2日目の行動日は、職場、授業、買い物、その他の公的活動で女性の不在 が目立った。私たちのいない日」(Día Sin Nosotras)は、前日のデモとともに国際報道で報じられた[380][381]。

外交政策
移民と米国の圧力

2020年7月、ホワイトハウスにてドナルド・トランプ米大統領とオブラドール氏
米国のトランプ政権は、メキシコ北部国境に壁を建設するよう迫り、中米などからの移民の流入を食い止めようとする施策も実施した。ロペス・オブラドール氏 は選挙期間中、移民への同情を表明していたが、移民が急増すると米国が同政権を貿易制裁で脅し、南部国境を固めることになった。政府軍はメキシコを通って 米国に向かう移民キャラバンを解散させた[382]。北部の国境では、メキシコは現在、亡命申請の裁定を待つ米国移民当局によってメキシコに送り返される 移民の中継地点となっている[383]。腐敗が蔓延しているとして、ロペス・オブラドールは連邦警察を解体し、その要素を最近創設された国家警備隊に組み 入れ、南部国境で中米移民を阻止するために採用している[11]。

2023年3月、ロペス・オブラドールは、特にダン・クレンショーとマージョリー・テイラー・グリーンをはじめとする一部の「偽善的な」共和党議員たち が、米軍によるメキシコ侵攻と麻薬カルテルへの攻撃を許可する法案を提出したことを痛烈に批判し、「メキシコは独立した自由な国であり、アメリカの植民地 でも保護国でもないことを、偽善的で無責任な政治家たちに思い出させる」と宣言した[384]。

エボ・モラレスの政治亡命
10月の大統領選で不正疑惑が浮上し辞任に追い込まれたボリビアのエボ・モラレス前大統領は、2019年11月11日の夜、亡命を申し出たメキシコ行きの 飛行機でボリビアを脱出した。メキシコのマルセロ・エブラード外相は、同国が「人道的理由から、ボリビアが直面している緊急事態を考慮して」亡命を許可す ることを決定したと述べた[385]。

ドナルド・トランプに対する見解
ロペス・オブラドールは、起訴の可能性があるドナルド・トランプ前米大統領を擁護し、「今、トランプ前大統領は逮捕すると宣言している。もしそうだとした ら...彼の名前が投票用紙に載らないようにするためだろう」[386] 同月、ジュリアン・アサンジを逮捕し、トランプが再選を目指す機会を奪おうとしている米国を「反民主的」だと批判した。また、2022年のノルド・スト リーム・パイプラインの破壊工作はアメリカに責任があるという疑惑に言及し、「暴力行為について語るのであれば、アメリカで受賞歴のあるジャーナリスト が、アメリカ政府がロシアからヨーロッパへのガスパイプラインを破壊工作したと主張するのはどうなのか」と述べ、アメリカで流行しているフェンタニルを批 判した[387][388]。

歴史的記念行事の計画
主な歴史的記念行事が2021年に行われた。テノチティトランの建国(建国年は1325年とされることが多いが)、1521年のテノチティトラン陥落、 1821年のメキシコ独立の完了である[389][390]。メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂は、記念式典に先立ち、他の植民地時代の建物とともに 修復されている。 [391]記念式典では、先住民族や中国系のメキシコ人に対し、メキシコの名において歴史的虐待について謝罪した[392]。 ロペス・オブラドールは記念式典のためにスペイン国王フェリペ6世とローマ法王フランシスコをメキシコに招待し、アメリカ征服について謝罪するよう求めた [393]。 ローマ法王は2015年に謝罪しているとして招待を断った[394]。

2021年中間選挙
2021年6月の中間選挙で、ロペス・オブラドールが率いるユントス・ハセモス・ヒストリア連合は下院で議席を失った。しかし、連立与党は単純過半数を維 持したが、ロペス・オブラドールは議会の3分の2の超党派を確保できなかった。主な野党はメキシコの伝統的な3政党であるPRI、PAN、PRDの連合で あった[395]。






















リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j