sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

★サン・ラ★

Le Sony'r Ra (born Herman Poole Blount, May 22, 1914 – May 30, 1993), better known as

池田光穂


Le Sony'r Ra[2] (born Herman Poole Blount, May 22, 1914 – May 30, 1993), better known as , was an American jazz composer, bandleader, piano and synthesizer player, and poet known for his experimental music, "cosmic" philosophy, prolific output, and theatrical performances. For much of his career, Ra led "The Arkestra", an ensemble with an ever-changing name and flexible line-up.

Born and raised in Alabama, Blount became involved in the Chicago jazz scene during the late 1940s. He soon abandoned his birth name, taking the name Le Sony'r Ra, shortened to Sun Ra (after Ra, the Egyptian god of the Sun). Claiming to be an alien from Saturn on a mission to preach peace, he developed a mythical persona and an idiosyncratic credo that made him a pioneer of Afrofuturism.[3] Throughout his life he denied ties to his prior identity saying, "Any name that I use other than Ra is a pseudonym."[4] His widely eclectic and avant-garde music echoed the entire history of jazz, from ragtime and early New Orleans hot jazz, to swing music, bebop, free jazz and fusion. His compositions ranged from keyboard solos to works for big bands of over 30 musicians, along with electronic excursions, songs, chants, percussion pieces, and anthems.

From the mid-1950s until his death, Ra led the musical collective The Arkestra (which featured artists such as Marshall Allen, John Gilmore and June Tyson throughout its various iterations). Its performances often included dancers and musicians dressed in elaborate, futuristic costumes inspired by ancient Egyptian attire and the Space Age. Following Ra's illness-forced retirement in 1992, the band remained active as The Sun Ra Arkestra, and, as of 2022, continues performing under the leadership of veteran Ra sideman Marshall Allen.[5]

Though his mainstream success was limited, Sun Ra was a prolific recording artist and frequent live performer, and remained influential throughout his life for his music and persona.[6] He is now widely considered an innovator; among his distinctions are his pioneering work in free improvisation and modal jazz and his early use of electronic keyboards and synthesizers.[6][7] Over the course of his career, he recorded dozens of singles and over one hundred full-length albums, comprising well over 1,000 songs, making him one of the most prolific recording artists of the 20th century.[8]
ル・ソニア・ラー[2](本名ハーマン・プール・ブラウント、1914 年5月22日 - 1993年5月30日)は、アメリカのジャズ作曲家、バンドリーダー、ピアノ・シンセサイザー奏者、詩人。キャリアの大半において、ラーは「アーケスト ラ」を率いていたが、このアンサンブルは常に名前を変え、柔軟なラインナップを誇っていた。

アラバマで生まれ育ったブラウントは、1940年代後半にシカゴのジャ ズ・シーンに関わるようになった。彼はすぐに生まれながらの名前を捨て、エジプトの太陽の神ラーにちなんでサン・ラー(Le Sony'r Ra)と略した名前を名乗った。平和を説く使命を帯びた土星から来た異星人であると主張し、神話的なペルソナと特異な信条を身につけ、アフロフューチャリ ズムの先駆者となった[3]。 「ラグタイムや初期のニューオリンズ・ホット・ジャズから、スウィング・ミュージック、ビ・バップ、フリー・ジャズ、フュージョンに至るまで、ジャズの歴 史全体を反映した。彼の作曲は、キーボードソロから30人以上のビッグバンドのための作品、エレクトロニックな小旅行、歌、聖歌、打楽器曲、アンセムまで 多岐にわたる。

1950年代半ばから亡くなるまで、ラーは音楽集団「アーケストラ」(マーシャル・アレン、ジョン・ギルモア、ジューン・タイソンなどのアーティストを様 々な形で起用)を率いていた。そのパフォーマンスには、古代エジプトの衣装や宇宙時代にインスパイアされた精巧で未来的な衣装を身にまとったダンサーや ミュージシャンがしばしば登場した。1992年にラーが病気で引退を余儀なくされた後も、バンドはサン・ラー・アーケストラとして活動を続け、2022年 現在、ベテランのラーのサイドマンであるマーシャル・アレンのリーダーシップの下でパフォーマンスを続けている[5]。

メインストリームでの成功は限られたものであったが、サン・ラーは多作なレコーディング・アーティストであり、頻繁なライブ・パフォーマーであり、その音 楽と人格において生涯を通じて影響力を持ち続けた[6]。 [6][7]そのキャリアの中で、彼は数十枚のシングルと100枚以上のフルアルバムを録音し、1,000曲以上の楽曲で構成され、20世紀で最も多作な レコーディング・アーティストの一人となった[8]。
Biography
Early life
He was born Herman Blount on May 22, 1914, in Birmingham, Alabama, as discovered by his biographer, John F. Szwed, and published in his 1998 book, Space Is the Place: The Lives and Times of Sun Ra.[9] He was named after the popular vaudeville stage magician Black Herman, who had deeply impressed his mother.[9] He was nicknamed "Sonny" from his childhood, had an older sister and half-brother, and was doted upon by his mother and grandmother.

For decades, very little was known about Sun Ra's early life, and he contributed to its mystique. As a self-invented person, he routinely gave evasive, contradictory or seemingly nonsensical answers to personal questions, and denied his birth name.[9] He speculated, only half in jest, that he was distantly related to Elijah Poole, later known as Elijah Muhammad, leader of the Nation of Islam.[9][10] His birthday for years remained unknown, as his claims ranged from 1910 to 1918. Only a few years before his death, the date of Sun Ra's birth was still a mystery. Jim Macnie's notes for Blue Delight (1989) said that Sun Ra was believed to be about 75 years old. But Szwed was able to uncover a wealth of information about his early life and confirmed a birth date of May 22, 1914.

As a child, Blount was a skilled pianist. By the age of 11 or 12, he was composing[11] and sight reading music. Birmingham was an important stop for touring musicians and he saw prominent musicians such as Fletcher Henderson, Duke Ellington, and Fats Waller, and other less well known. Sun Ra once said, "The world let down a lot of good musicians".[12]

In his teenage years, Blount demonstrated prodigious musical talent: many times, according to acquaintances, he went to big band performances and then produced full transcriptions of the bands' songs from memory. By his mid-teens, Blount was performing semi-professionally as a solo pianist, or as a member of various ad hoc jazz and R&B groups. He attended Birmingham's segregated Industrial High School (now known as Parker High School), where he studied under music teacher John T. "Fess" Whatley, a demanding disciplinarian who was widely respected and whose classes produced many professional musicians.

Though deeply religious, his family was not formally associated with any Christian church or sect. Blount had few or no close friends in high school but was remembered as kind-natured and quiet, an honor roll student, and a voracious reader. He took advantage of the Black Masonic Lodge as one of the few places in Birmingham where African Americans had unlimited access to books. Its collection on Freemasonry and other esoteric concepts made a strong impression on him.[13]

By his teens, Blount suffered from cryptorchidism.[14] It left him with a nearly constant discomfort that sometimes flared into severe pain.[9] Szwed suggests that Blount felt shame about it and the condition contributed to his isolation.[9]

Early professional career and college
In 1934, Blount was offered his first full-time musical job by Ethel Harper, his biology teacher from the high school, who had organized a band to pursue a career as a singer. Blount joined a musicians' trade union and toured with Harper's group through the US Southeast and Midwest. When Harper left the group mid-tour to move to New York (she later was a member of the modestly successful singing group the Ginger Snaps), Blount took over leadership of the group, renaming it the Sonny Blount Orchestra. They continued touring for several months before dissolving as unprofitable. Though the first edition of the Sonny Blount Orchestra was not financially successful, they earned positive notice from fans and other musicians. Blount afterward found steady employment as a musician in Birmingham.

Birmingham clubs often featured exotic trappings, such as vivid lighting and murals with tropical or oasis scenes. Some believe these influenced the elements Sun Ra incorporated in his later stage shows. Playing for the big bands gave black musicians a sense of pride and togetherness, and they were highly regarded in the black community. They were expected to be disciplined and presentable, and in the segregated South, black musicians had wide acceptance in white society. They often played for elite white society audiences (though they were typically forbidden from associating with the audience).

In 1936, Whatley's intercession led to Blount's being awarded a scholarship at Alabama Agricultural and Mechanical University. He was a music education major, studying composition, orchestration, and music theory. He dropped out after a year.


略歴
生い立ち
1914年5月22日、アラバマ州バーミンガムでハーマン・ブラウント(Herman Blount)として生まれる: 彼は幼少期から「ソニー」という愛称で呼ばれ、姉と異母兄弟がおり、母親と祖母に溺愛されていた。

何十年もの間、サン・ラーの幼少期についてはほとんど知られておらず、彼はその神秘性に貢献していた。自己顕示欲の強い彼は、個人的な質問に対して回避的 で矛盾した、あるいは一見無意味な答えをするのが常であり、自分の出生名を否定した[9]。 彼は、後にイスラム教国(Nation of Islam)の指導者として知られるイライジャ・ムハンマドと遠縁にあると、冗談半分に推測した[9][10]。彼の死のほんの数年前まで、サン・ラーの 生年月日はまだ謎に包まれていた。ジム・マクニーの『Blue Delight』(1989年)のノートによると、サン・ラーは75歳くらいだと考えられていた。しかし、スウェドは彼の生い立ちに関する豊富な情報を発 掘し、1914年5月22日という生年月日を確認することができた。

子供の頃、ブラウントは腕のいいピアニストだった。11歳か12歳の頃には、作曲[11]と読譜をしていた。バーミンガムはツアー・ミュージシャンの重要 な寄港地であり、フレッチャー・ヘンダーソン、デューク・エリントン、ファッツ・ウォーラーといった著名なミュージシャンや、あまり知られていないミュー ジシャンを目にした。サン・ラーはかつて「世界は多くの優れたミュージシャンを失望させた」と語っている[12]。

知人によると、彼は何度もビッグバンドの演奏会に足を運び、そのバンドの曲を記憶して完全なトランスクリプションを作ったという。10代半ばまでには、ソ ロ・ピアニストとして、あるいはその場限りのジャズやR&Bのグループのメンバーとして、セミ・プロフェッショナルな演奏活動を行っていた。彼は バーミンガムの分離独立した工業高校(現在のパーカー高校)に通い、音楽教師ジョン・T・"フェス"・ホワトリーに師事した。

彼の家族は信心深かったが、キリスト教の教会や宗派には正式に属していなかった。高校時代、親しい友人はほとんどいなかったが、優しくて物静か、優等生で 読書家だったと記憶されている。バーミンガムでアフリカ系アメリカ人が本を読み放題の数少ない場所として、彼はブラック・メーソン・ロッジを利用した。フ リーメイソンやその他の秘教的な概念に関するその蔵書は、彼に強い印象を与えた[13]。

10代の頃、ブラウントは陰睾を患っていた[14]。この陰睾は彼にほとんど絶え間ない不快感を与え、時には激しい痛みにまで発展した[9]。

初期のプロキャリアと大学
1934年、ブラウントは高校時代の生物学の教師であり、歌手としてのキャリアを追求するためにバンドを結成していたエセル・ハーパーから、初めてフルタ イムの音楽の仕事を依頼された。ブラウントはミュージシャンの労働組合に加入し、ハーパーのグループとともにアメリカ南東部と中西部をツアーした。ハー パーがツアーの途中でグループを脱退してニューヨークに移ると(彼女は後にジンジャー・スナップスというシンガー・グループのメンバーとしてそこそこの成 功を収めた)、ブラウントがグループのリーダーを引き継ぎ、ソニー・ブラウント・オーケストラと改名した。採算が合わないとして解散するまでの数ヶ月間、 彼らはツアーを続けた。ソニー・ブラウン管弦楽団の第1回は経済的には成功しなかったが、ファンや他のミュージシャンからは好意的な評価を得た。その後、 ブラウントはバーミンガムでミュージシャンとして安定した職に就いた。

バーミンガムのクラブは、鮮やかな照明や熱帯やオアシスの情景を描いた壁画など、エキゾチックな装飾が施されていることが多かった。これらは、サン・ラー が後のステージ・ショーに取り入れた要素に影響を与えたという説もある。ビッグバンドでの演奏は黒人ミュージシャンに誇りと一体感を与え、彼らは黒人社会 で高く評価された。彼らは規律正しく、見栄えの良い演奏が求められ、隔離された南部では黒人ミュージシャンは白人社会に広く受け入れられていた。彼らはし ばしばエリート白人社交界の聴衆のために演奏した(ただし、聴衆と交わることは通常禁じられていた)。

1936年、ホワトリーの仲介で、ブラウントはアラバマ農業機械大学の奨学金を授与された。彼は音楽教育を専攻し、作曲、オーケストレーション、音楽理論 を学んだ。彼は1年で中退した
Trip to Saturn
Blount left college because, he claimed, he had a visionary experience as a college student that had a major, long-term influence on him. In 1936 or 1937, in the midst of deep religious concentration, Sun Ra claimed that a bright light appeared around him, and, as he later said:

My whole body changed into something else. I could see through myself. And I went up... I wasn't in human form... I landed on a planet that I identified as Saturn... they teleported me and I was down on [a] stage with them. They wanted to talk with me. They had one little antenna on each ear. A little antenna over each eye. They talked to me. They told me to stop [attending college] because there was going to be great trouble in schools... the world was going into complete chaos... I would speak [through music], and the world would listen. That's what they told me.[15]

Blount claimed that this experience occurred in 1936 or 1937. According to Szwed, the musician's closest associates cannot date the story any earlier than 1952. (Blount also said that the incident happened when he was living in Chicago, where he did not settle until the late 1940s). Sun Ra discussed the vision, with no substantive variation, to the end of his life. His trip to Saturn allegedly occurred a full decade before flying saucers entered public consciousness with the 1947 encounter of Kenneth Arnold. It was earlier than other public accounts: about 15 years before George Adamski wrote about contact with benevolent beings; and almost 20 years before the 1961 case of Barney and Betty Hill, who recounted sinister UFO abductions. Szwed says that, "even if this story is revisionist autobiography... Sonny was pulling together several strains of his life. He was both prophesizing his future and explaining his past with a single act of personal mythology."[16]

New devotion to music (late 1930s)
After leaving college, Blount became known as the most singularly devoted musician in Birmingham. He rarely slept, citing Thomas Edison, Leonardo da Vinci, and Napoleon as fellow highly productive cat-nappers. He transformed the first floor of his family's home into a conservatory-workshop, where he wrote songs, transcribed recordings, rehearsed with the many musicians who drifted in and out, and discussed Biblical and esoteric concepts with whoever was interested.[17]

Blount became a regular at Birmingham's Forbes Piano Company, a white-owned company. Blount visited the Forbes building almost daily to play music, swap ideas with staff and customers, or copy sheet music into his notebooks.[18] He formed a new band, and like his old teacher Whatley, insisted on rigorous daily rehearsals. The new Sonny Blount Orchestra earned a reputation as an impressive, disciplined band that could play in a wide variety of styles with equal skill.


土星への旅
ブロウンが大学を去ったのは、大学生のときに幻視体験をし、それが長期にわたって彼に大きな影響を与えたからだと彼は主張している。1936年か1937 年、深い宗教的集中の最中に、サン・ラーは自分の周りに明るい光が現れたと主張し、後にこう語っている:

「私の全身が何か別のものに変わった。自分自身を通して見ることができた。そして私は上昇した... 人間の姿ではなかった...。彼らは私をテレポートさせ、私は彼らと一緒にステージに降り立った。彼らは私と話したがっていた。彼らは両耳に小さなアンテ ナを持っていた。両目にも小さなアンテナがあった。彼らは私に話しかけた。これから学校で大きな問題が起こるから、大学に行くのをやめろと言われ た......世界は完全に混沌としていく......。私は(音楽を通して)語り、世界は耳を傾けるだろう。そう言われたんだ」[15]。

ブラウントは、この体験は1936年か1937年に起こったと主張している。スウェドによると、このミュージシャンの最も親しい関係者は、この話を 1952年よりも前のものとすることはできないという。(ブラウントはまた、1940年代後半まで定住していなかったシカゴに住んでいたときにこの出来事 が起こったとも言っている)。サン・ラーは生涯の終わりまで、実質的な変化はないものの、この幻視について語り続けた。彼の土星への旅は、1947年にケ ネス・アーノルドが空飛ぶ円盤に遭遇し、空飛ぶ円盤が一般に認知されるようになる丸10年前に起こったとされている。ジョージ・アダムスキーが善意ある存 在とのコンタクトについて書く約15年前、不吉なUFO誘拐について語ったバーニーとベティ・ヒルの1961年の事件より約20年前である。たとえこの話 が修正主義の自伝だとしても...。ソニーは自分の人生のいくつかの系統をまとめていた。彼は個人的な神話というひとつの行為で、自分の未来を予言し、自 分の過去を説明していたのだ」[16]。

音楽への新たな傾倒(1930年代後半)
大学を卒業後、ブラウントはバーミンガムで最も献身的な音楽家として知られるようになった。トーマス・エジソン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、そしてナポレ オンを、生産性の高い猫なで声の仲間に挙げ、彼はほとんど眠らなかった。彼は実家の1階を音楽院兼作業場とし、そこで曲を書き、レコーディングを書き起こ し、出入りする多くのミュージシャンたちとリハーサルを行い、聖書や難解な概念について興味のある人と語り合った[17]。

ブラウントはバーミンガムの白人経営のフォーブス・ピアノ・カンパニーの常連となった。彼は新しいバンドを結成し、かつての師であるワトリー同様、毎日の 厳しいリハーサルを要求した。新しいソニー・ブラウン管弦楽団は、様々なスタイルの演奏に対等に対応できる、印象的で規律正しいバンドとして評判になっ た。
Draft and wartime experiences
In October 1942, Blount received a selective service notification that he had been drafted into the Military of the United States. He quickly declared himself a conscientious objector, citing religious objections to war and killing, his financial support of his great-aunt Ida, and his chronic hernia. The local draft board rejected his claim. In an appeal to the national draft board, Blount wrote that the lack of black men on the draft appeal board "smacks of Hitlerism."[19] Sonny's refusal to join the military deeply embarrassed his family, and many relatives ostracized him. He was eventually approved for alternate service at Civilian Public Service camp in Pennsylvania, but he did not appear at the camp as required on December 8, 1942. Shortly after, he was arrested in Alabama.

In court, Blount said that alternate service was unacceptable; he debated the judge on points of law and Biblical interpretation. The judge ruled that Blount was violating the law and was at risk for being drafted into the U.S. military. Blount responded that if inducted, he would use military weapons and training to kill the first high-ranking military officer possible. The judge sentenced Blount to jail (pending draft board and CPS rulings), and then said, "I've never seen a nigger like you before." Blount replied, "No, and you never will again."[20]

In January 1943, Blount wrote to the United States Marshals Service from the Walker County, Alabama jail in Jasper. He said he was facing a nervous breakdown from the stress of imprisonment, that he was suicidal, and that he was in constant fear of sexual assault. When his conscientious objector status was reaffirmed in February 1943, he was escorted to Pennsylvania. He did forestry work as assigned during the day and was allowed to play piano at night. Psychiatrists there described him as "a psychopathic personality [and] sexually perverted," but also as "a well-educated colored intellectual."[21]

In March 1943, the draft board reclassified Blount as 4-F because of his hernia, and he returned to Birmingham, embittered and angered. He formed a new band and soon was playing professionally. After his beloved great-aunt Ida died in 1945, Blount felt no reason to stay in Birmingham. He dissolved the band, and moved to Chicago—part of the Second Great Migration, southern African Americans who moved north during and after World War II.

Chicago years (1945–1961)
In Chicago, Blount quickly found work, notably with blues singer Wynonie Harris, with whom he made his recording debut on two 1946 singles, Dig This Boogie/Lightning Struck the Poorhouse,[22] and My Baby's Barrelhouse/Drinking By Myself. Dig This Boogie was also Blount's first recorded piano solo. He performed with the locally successful Lil Green band and played bump-and-grind music for months in Calumet City strip clubs.

In August 1946, Blount earned a lengthy engagement at the Club DeLisa under bandleader and composer Fletcher Henderson. Blount had long admired Henderson, but Henderson's fortunes had declined (his band was now made of up middling musicians rather than the stars of earlier years) in large part because of his instability, due to Henderson's long-term injuries from a car accident. Henderson hired Blount as pianist and arranger, replacing Marl Young. Blount's arrangements initially showed a degree of bebop influence, but the band members resisted the new music, despite Henderson's encouragement.

In 1948, Blount performed briefly in a trio with saxophonist Coleman Hawkins and violinist Stuff Smith, both preeminent musicians. There are no known recordings of this trio, but a home recording of a Blount-Smith duet from 1953 appears on Sound Sun Pleasure, and one of Sun Ra's final recordings in 1992 was a rare sideman appearance on violinist Billy Bang's Tribute to Stuff Smith.

In addition to enabling professional advancement, what he encountered in Chicago changed Blount's personal outlook. The city was a center of African-American political activism and fringe movements, with Black Muslims, Black Hebrews, and others proselytizing, debating, and printing leaflets or books. Blount absorbed it all and was fascinated with the city's many ancient Egyptian-styled buildings and monuments. He read books such as George G.M. James's Stolen Legacy (which argued that classical Greek philosophy had its roots in ancient Egypt). Blount concluded that the accomplishments and history of Africans had been systematically suppressed and denied by European cultures.

By 1952, Blount was leading the Space Trio with drummer Tommy "Bugs" Hunter and saxophonist Pat Patrick, two of the most accomplished musicians he had known. They performed regularly, and Sun Ra began writing more advanced songs.[23]

On October 20, 1952, Blount legally changed his name to Le Sony'r Ra. Sun Ra claimed[24] to have always been uncomfortable with his birth name of Blount. He considered it a slave name, from a family that was not his. David Martinelli suggested that his change was similar to "Malcolm X and Muhammad Ali... [dropping] their slave names in the process of attaining a new self-awareness and self-esteem".[25]

Patrick left the group to move to Florida with his new wife. His friend John Gilmore (tenor sax) joined the group, and Marshall Allen (alto sax) soon followed. Patrick was in and out of the group until the end of his life, but Allen and Gilmore were the two most devoted members of the Arkestra. In fact, Gilmore is often criticized for staying with Sun Ra for over forty years when he could have been a strong leader in his own right.[26] Saxophonist James Spaulding and trombonist Julian Priester also recorded with Sun Ra in Chicago, and both went on to careers of their own. The Chicago tenor Von Freeman also did a short stint with the band of the early 1950s.[27]

In Chicago, Sun Ra met Alton Abraham, a precociously intelligent teenager and something of a kindred spirit. He became the Arkestra's biggest booster and one of Sun Ra's closest friends. Both men felt like outsiders and shared an interest in esoterica. Abraham's strengths balanced Ra's shortcomings: though he was a disciplined bandleader, Sun Ra was somewhat introverted and lacked business sense (a trait that haunted his entire career). Abraham was outgoing, well-connected, and practical. Though still a teenager, Abraham eventually became Sun Ra's de facto business manager: he booked performances, suggested musicians for the Arkestra, and introduced several popular songs into the group's repertoire. Ra, Abraham and others formed a sort of book club to trade ideas and discuss the offbeat topics that so intrigued them. This group printed a number of pamphlets and broadsides explaining their conclusions and ideas. Some of these were collected by critic John Corbett and Anthony Elms as The Wisdom of Sun Ra: Sun Ra's Polemical Broadsheets and Streetcorner Leaflets (2006).

In the mid-1950s, Sun Ra and Abraham formed an independent record label that was generally known as El Saturn Records. (It had several name variations.) Initially focused on 45 rpm singles by Sun Ra and artists related to him, Saturn Records issued two full-length albums during the 1950s: Super-Sonic Jazz (1957) and Jazz In Silhouette (1959). Producer Tom Wilson was the first to release a Sun Ra album, through his independent label Transition Records in 1957, entitled Jazz by Sun Ra.[28] During this era, Sun Ra recorded the first of dozens of singles as a band-for-hire backing a range of doo wop and R&B singers; several dozen of these were reissued in a two-CD set, The Singles, by Evidence Records.

In the late 1950s, Sun Ra and his band began to wear outlandish, Egyptian-styled or science fiction-themed costumes and headdresses. These costumes had multiple purposes: they expressed Sun Ra's fascination with ancient Egypt and the space age, they provided a recognizable uniform for the Arkestra, they provided a new identity for the band onstage, and comic relief. (Sun Ra thought avant garde musicians typically took themselves far too seriously.)

New York years (1961–1968)
Sun Ra and the Arkestra moved to New York City in the fall of 1961. To save money, Sun Ra and his band members lived communally. This enabled Sun Ra to request rehearsals spontaneously and at any time, which was his established habit. It was during this time in New York that Sun Ra recorded the album The Futuristic Sound of Sun Ra.[26]

In March 1966, the Arkestra secured a regular Monday night gig at Slug's Saloon. This was a breakthrough to new audiences and recognition. Sun Ra's popularity reached an early peak during this period, as the beat generation and early followers of psychedelia embraced him. Regularly for the next year and a half (and intermittently for another half-decade afterwards), Sun Ra and company performed at Slug's for audiences that eventually came to include music critics and leading jazz musicians. Opinions of Sun Ra's music were divided (and hecklers were not uncommon).

High praise, however, came from two of the architects of bebop. Trumpeter Dizzy Gillespie offered encouragement, once stating, "Keep it up, Sonny, they tried to do the same shit to me,"[29] and pianist Thelonious Monk chided someone who said Sun Ra was "too far out" by responding: "Yeah, but it swings."[30]

Also in 1966, Sun Ra, with members of the Arkestra and Al Kooper's Blues Project, recorded the album Batman and Robin under the pseudonym, The Sensational Guitars of Dan and Dale. The album consisted primarily of instrumental variations on the Batman Theme and public domain classical music, with an uncredited female vocalist singing the "Robin Theme."[31][32]

Despite their planned management of money, the costs of New York eventually became too high and motivated the group to move to Philadelphia.
徴兵と戦時体験
1942年10月、ブラウントは米軍に徴兵されたとの通知を受けた。彼はすぐに良心的兵役拒否を宣言し、戦争と殺戮に対する宗教的反対、大叔母アイダへの 金銭的援助、持病のヘルニアなどを理由にした。地元の徴兵委員会は彼の主張を却下した。全国徴兵委員会に訴えたブラウントは、徴兵訴追委員会に黒人男性が いないのは「ヒトラー主義の臭いがする」と書いた[19]。ソニーの入隊拒否は家族を深く困らせ、多くの親戚が彼を追放した。最終的に彼はペンシルベニア 州の民間公益事業キャンプでの代替服務が承認されたが、1942年12月8日に要求された通りにキャンプに現れなかった。その直後、彼はアラバマ州で逮捕 された。

法廷でブラウントは、代替服務は受け入れられないと述べ、法律や聖書の解釈について裁判官と議論した。裁判官は、ブラウントは法律に違反しており、米軍に 徴兵される危険性があると裁定した。ブラウントは、もし入隊させられたら、軍の武器と訓練を使って可能な限り最初の高級将校を殺すと答えた。判事はブラウ ントに懲役刑(徴兵委員会とCPSの裁定待ち)を宣告し、こう言った。ブラウントは「いや、二度と見ることはないだろう」と答えた[20]。

1943年1月、ブラウントはアラバマ州ジャスパーのウォーカー郡刑務所から合衆国連邦保安局に手紙を書いた。彼は、投獄のストレスから神経衰弱に直面し ており、自殺願望があり、性的暴行を常に恐れていると述べた。1943年2月に良心的兵役拒否者の地位が再確認されると、彼はペンシルバニアに護送され た。昼間は割り当てられた林業に従事し、夜はピアノを弾くことが許された。現地の精神科医は彼を「精神病質人格(と)性的倒錯者」と評したが、「教養のあ る有色人種の知識人」とも評した[21]。

1943年3月、徴兵委員会はヘルニアを理由にブロウントを4-Fに再分類し、彼は憤慨してバーミンガムに戻った。彼は新しいバンドを結成し、すぐにプロ として演奏するようになった。1945年に最愛の大叔母アイダが亡くなった後、ブラウントはバーミンガムに留まる理由がなくなったと感じた。彼はバンドを 解散し、第二次世界大戦中と戦後に北へ移動した南部のアフリカ系アメリカ人による第二次民族大移動の一部であるシカゴへ移った。

シカゴ時代(1945-1961)
シカゴでブラウントはすぐに仕事を見つけ、特にブルース・シンガーのウィノニー・ハリス(Wynonie Harris)とは1946年の2枚のシングル『Dig This Boogie/Lightning Struck the Poorhouse』[22]と『My Baby's Barrelhouse/Drinking By Myself』でレコーディング・デビューを果たした。Dig This Boogie』はブラウントにとって初のピアノ・ソロ録音でもあった。彼は地元で成功を収めたリル・グリーン・バンドと共演し、カルメット・シティのスト リップ・クラブで何ヵ月もバンプ・アンド・グラインド・ミュージックを演奏した

1946年8月、ブラウントはバンドリーダーで作曲家のフレッチャー・ヘンダーソンのもと、クラブ・デリーサで長時間の仕事を得た。ブラウントは以前から ヘンダーソンを尊敬していたが、ヘンダーソンの運勢が落ち込んでいた(彼のバンドは以前のようなスターではなく、中途半端なミュージシャンで構成されるよ うになっていた)。ヘンダーソンは、マール・ヤングの後任としてブラウントをピアニスト兼アレンジャーとして雇った。ブロントのアレンジは当初ビバップの 影響を感じさせるものだったが、ヘンダーソンの励ましにもかかわらず、バンド・メンバーは新しい音楽に抵抗した。

1948年、ブラウントはサックス奏者のコールマン・ホーキンス、ヴァイオリニストのスタッフ・スミスとトリオを組み、短期間演奏した。このトリオの録音 は知られていないが、1953年に録音されたブラウントとスミスのデュエットのホーム・レコーディングが『Sound Sun Pleasure』に収録されており、1992年のサン・ラー最後のレコーディングのひとつは、ヴァイオリニスト、ビリー・バングの『Tribute to Stuff Smith』にサイドマンとして参加した珍しいものだった。

仕事上の進歩に加え、シカゴで出会ったことがブラウントの個人的な展望を変えた。シカゴはアフリカ系アメリカ人の政治活動やフリンジ・ムーブメントの中心 地であり、黒人イスラム教徒や黒人ヘブライ教徒などが布教や討論を行い、ビラや本を印刷していた。ブラウントはそのすべてを吸収し、この街に数多くある古 代エジプト風の建物やモニュメントに魅了された。ジョージ・G.M.ジェイムズの『盗まれた遺産』(古典ギリシア哲学のルーツは古代エジプトにあると主張 する)などの本を読んだ。アフリカ人の業績と歴史は、ヨーロッパ文化によって組織的に抑圧され、否定されてきたというのが、ブラウントの結論だった

1952年までに、ブラウントはドラマーのトミー・"バグズ"・ハンターとサックス奏者のパット・パトリックと共にスペース・トリオを率いていた。彼らは 定期的に公演を行い、サン・ラーはより高度な曲を書き始めた[23]。

1952年10月20日、ブラウントは自身の名前をLe Sony'r Raと法的に変更した。サン・ラーは、自分の出生名であるブラウントという名前にずっと違和感があったと主張した[24]。彼はそれを奴隷の名前だと考え ていた。デイヴィッド・マルティネリは、彼の変更は「マルコムXやモハメド・アリが...奴隷の名前を捨てた」のと似ていると示唆した。[新たな自己認識 と自尊心を獲得する過程で奴隷名を捨てた "ことに似ているとデイヴィッド・マルティネリは示唆した[25]。

パトリックはグループを脱退し、新妻とともにフロリダに移住。彼の友人ジョン・ギルモア(テナー・サックス)がグループに加わり、マーシャル・アレン(ア ルト・サックス)がすぐに続いた。パトリックは最期までグループに出入りしていたが、アレンとギルモアはアーケストラで最も献身的なメンバーだった。サッ クス奏者のジェームス・スポルディングとトロンボーン奏者のジュリアン・プリースターもシカゴでサン・ラーとレコーディングを行い、2人とも独自のキャリ アを築いた。シカゴのテナー、フォン・フリーマンも1950年代初頭に短期間バンドに在籍した[27]。

シカゴでサン・ラーは、早熟で知的なティーンエイジャーであり、同志のような存在であったアルトン・アブラハムと出会った。彼はアーケストラの最大の支援 者となり、サン・ラーの最も親しい友人のひとりとなった。2人ともアウトサイダーのように感じ、エソテリカへの興味を共有していた。アブラハムの長所は ラーの欠点と釣り合っていた。彼は規律正しいバンド・リーダーだったが、サン・ラーはやや内向的でビジネス・センスに欠けていた(これは彼のキャリア全体 につきまとう特徴だった)。エイブラハムは外向的で人脈が広く、実務的だった。まだ10代だったエイブラハムは、やがてサン・ラーの事実上のビジネス・マ ネージャーとなり、公演を予約し、アーケストラにミュージシャンを推薦し、グループのレパートリーにポピュラー曲をいくつか紹介した。ラー、エイブラハ ム、そして他のメンバーは、アイデアを交換し、彼らの興味をそそるオフビートなトピックについて議論するために、一種のブック・クラブを結成した。このグ ループは、自分たちの結論やアイデアを説明するパンフレットやブロードサイドを数多く印刷した。これらの一部は批評家ジョン・コルベットとアンソニー・エ ルムズによって『The Wisdom of Sun Ra: Sun Ra's Polemical Broadsheets and Streetcorner Leaflets』(2006年)として収集された。

1950年代半ば、サン・ラーとエイブラハムは独立系レコード・レーベルを結成し、一般にはエル・サターン・レコードとして知られていた。(当初はサン・ ラーや彼に関連するアーティストの45回転シングルを中心に扱っていたが、1950年代には2枚のフル・アルバムを発行: Super-Sonic Jazz』(1957年)と『Jazz In Silhouette』(1959年)だ。プロデューサーのトム・ウィルソンは、1957年に自身のインディペンデント・レーベル、トランジション・レ コーズから『Jazz by Sun Ra』というタイトルのサン・ラーのアルバムをリリースした最初の人物である[28]。この時代、サン・ラーは雇われバンドとして、ドゥーワップや R&Bシンガーのバックを務めるシングルを数十枚録音した。

1950年代後半、サン・ラーと彼のバンドは、エジプト風やSFをテーマにした奇抜な衣装や頭飾りを身につけるようになった。これらのコスチュームには複 数の目的があった。古代エジプトや宇宙時代へのサン・ラーの憧れを表現し、アーケストラのユニフォームとして認識させ、ステージ上でのバンドの新しいアイ デンティティを提供し、コミック・リリーフにもなった。(サン・ラーは、アヴァンギャルド・ミュージシャンは通常、自分自身を真剣に捉えすぎていると考え ていた)。

ニューヨーク時代 (1961-1968)
1961年秋、サン・ラーとアーケストラはニューヨークに移る。お金を節約するため、サン・ラーとバンド・メンバーは共同生活を送った。そのため、サン・ ラーはいつでも自発的にリハーサルを依頼することができ、それが彼の習慣となった。サン・ラーがアルバム『The Futuristic Sound of Sun Ra』をレコーディングしたのはニューヨークでのこの時期だった[26]。

1966年3月、アーケストラはスラッグズ・サルーンで月曜夜のレギュラー・ギグを確保。これは新たな聴衆と認知への突破口となった。この時期、ビート世 代やサイケデリアの初期の信奉者たちに受け入れられ、サン・ラーの人気は初期のピークに達した。その後1年半の間(その後も断続的に)、サン・ラーとその 一団はスラッグスで定期的に公演を行い、やがて音楽評論家や一流のジャズ・ミュージシャンを含む聴衆が集まるようになった。サン・ラーの音楽に対する評価 は分かれた(罵声を浴びせられることも珍しくなかった)。

しかし、ビバップの立役者である2人からは高い評価を得た。トランペッターのディジー・ガレスピーは励ましの言葉をかけ、「その調子だ、ソニー、奴らは俺 にも同じことをしようとしたんだ」と述べ[29]、ピアニストのセロニアス・モンクはサン・ラーが「出過ぎ」だと言う人をたしなめ、こう答えた: 「ああ、でもスウィングするんだ」[30]。

また1966年、サン・ラーはアーケストラとアル・クーパーのブルース・プロジェクトのメンバーと共に、「The Sensational Guitars of Dan and Dale」というペンネームでアルバム『Batman and Robin』をレコーディング。アルバムは主にバットマンのテーマとパブリックドメインのクラシック音楽のインストゥルメンタル・ヴァリエーションで構成 され、クレジットされていない女性ヴォーカリストが「ロビンのテーマ」を歌った[31][32]。

計画的な資金管理にもかかわらず、ニューヨークの費用は最終的に高くなりすぎ、グループはフィラデルフィアに引っ越すことになった。
Philadelphia years (1968)
In 1968, when the New York building they were renting was put up for sale, Sun Ra and the Arkestra relocated to the Germantown section of Philadelphia. Sun Ra moved into a house on Morton Street that became the Arkestra's base of operations until his death. It eventually became known as the Arkestral Institute of Sun Ra. Apart from occasional complaints about the noise of rehearsals, they were soon regarded as good neighbors because of their friendliness, drug-free living, and rapport with youngsters. The saxophonist Danny Ray Thompson owned and operated the Pharaoh's Den, a convenience store in the neighborhood. When lightning struck a tree on their street, Sun Ra took it as a good omen. James Jacson fashioned the Cosmic Infinity Drum from the scorched tree trunk. They commuted via railroad to New York for the Monday night gig at Slug's and for other engagements.

Sun Ra became a fixture in Philadelphia, appearing semi-regularly on WXPN radio, giving lectures to community groups, or visiting the city's libraries. In the mid-1970s, the Arkestra sometimes played free Saturday afternoon concerts in a Germantown park near their home. At their mid-1970s shows in Philadelphia nightclubs, someone stood at the back of the room, selling stacks of unmarked LPs in plain white sleeves, pressed from recordings of the band's live performances.

California and world tours (1968–1993)

Sun Ra at the New England Conservatory of Music, February 27, 1992
In late 1968, Sun Ra and the Arkestra made their first tour of the US West Coast. Reactions were mixed. Hippies accustomed to long-form psychedelia like the Grateful Dead were often bewildered by the Arkestra. By this time, the performance included 20–30 musicians, dancers, singers, fire-eaters, and elaborate lighting. John Burks of Rolling Stone wrote a positive review of a San Jose State College concert. Sun Ra was featured on the April 19, 1969 cover of Rolling Stone magazine, which introduced his inscrutable gaze to millions. During this tour, Damon Choice, then an art student at San Jose, joined the Arkestra and became its vibraphonist.

Starting with concerts in France, Germany, and the United Kingdom in 1970, the Arkestra began to tour internationally. They played to audiences who had known his music only through records. Sun Ra continued playing in Europe almost to the end of his life. The saxophonist Danny Ray Thompson became a de facto tour and business manager during this era, specializing in what he called "no bullshit C.O.D.,"[33] preferring to take cash before performing or delivering records.

In early 1971, Sun Ra was appointed as artist-in-residence at University of California, Berkeley, teaching a course called The Black Man In the Cosmos.[34] Few students enrolled, but his classes were often full of curious people from the surrounding community. One half-hour of each class was devoted to a lecture (complete with handouts and homework assignments), the other half-hour to an Arkestra performance or Sun Ra keyboard solo. Reading lists included the works of Madame Blavatsky and Henry Dumas, the Tibetan Book of the Dead, Alexander Hislop's The Two Babylons, The Book of Oahspe, and assorted volumes concerning Egyptian hieroglyphs, African American folklore, and other topics.

In 1971, Sun Ra traveled throughout Egypt with the Arkestra at the invitation of the drummer Salah Ragab. He returned to Egypt in 1983 and 1984, when he recorded with Ragab. Recordings made in Egypt were released as Live in Egypt, Nidhamu, Sun Ra Meets Salah Ragab, Egypt Strut and Horizon.[35][36][37]

In 1972, San Francisco public TV station KQED producer John Coney, producer Jim Newman, and screenwriter Joshua Smith worked with Sun Ra to produce an 85-minute feature film, entitled Space Is the Place, with Sun Ra's Arkestra and an ensemble of actors assembled by the production team. It was filmed in Oakland and San Francisco. A 1975 show concert by the Arkestra in Cleveland featured an early lineup of Devo as the opening act. On May 20, 1978, Sun Ra and the Arkestra appeared on the TV show Saturday Night Live (S3 E20).

In New York City in the fall of 1979, Sun Ra and the Arkestra played as the "house band" at the Squat Theatre on 23rd Street, which was the performance venue of the avant-garde Hungarian theater troupe.[38] Janos, their manager, transformed the theater into a nightclub while most of the troupe was away that season performing in Europe. Debbie Harry, The Velvet Underground's John Cale and Nico (from Andy Warhol's Factory days), John Lurie and The Lounge Lizards, and other pop and avant-garde musicians were regulars. Sun Ra was disciplined and drank only club soda at the gigs, but did not impose his strict code on his musicians. They respected his discipline and authority. Soft-spoken and charismatic, Sun Ra turned Squat Theater into a universe of big band "space" jazz backed by a floor show of sexy Jupiterettes. He directed while playing three synthesizers at the same time. In those days, "Space Is The Place" was the space at Squat.[38]

The Arkestra continued their touring and recording through the 1980s and into the 1990s.

Death
Sun Ra had a stroke in 1990, but kept composing, performing, and leading the Arkestra. Late in his career, he opened a few concerts for the New York–based rock group Sonic Youth. When too ill to perform and tour, Sun Ra appointed Gilmore to lead the Arkestra. (Gilmore was frail from emphysema; after his death in 1995, Allen took over leadership of the Arkestra.)

In late 1992, Sun Ra returned to his birth city of Birmingham to live with his older sister, Mary Jenkins, who (along with various Blount cousins) became his caretaker. In January, he was admitted to Princeton Baptist Medical Center, suffering from congestive heart failure, respiratory failure, strokes, circulatory problems, and other serious maladies.[39] He died in the hospital on May 30, 1993, and was buried at the Elmwood Cemetery. The footstone reads "Herman Sonny Blount aka Le Sony'r Ra".[40]


フィラデルフィア時代(1968年)
1968年、借りていたニューヨークのビルが売りに出されたため、サン・ラーとアーケストラはフィラデルフィアのジャーマンタウン地区に移転。サン・ラー はモートン・ストリートの一軒家に移り住み、亡くなるまでアーケストラの活動拠点となった。最終的にそこはサン・ラーのアーケストラル・インスティチュー トとして知られるようになった。リハーサルの騒音について時折苦情が寄せられることを除けば、彼らの親しみやすさ、ドラッグを使わない生活、若者たちとの 親交から、彼らはすぐに良き隣人とみなされるようになった。サックス奏者のダニー・レイ・トンプソンは、近所でコンビニエンスストア「ファラオの巣」を経 営していた。彼らの通りの木に雷が落ちたとき、サン・ラーはそれを吉兆と受け取った。ジェームス・ジェイソンは焦げた木の幹からコズミック・インフィニ ティ・ドラムを作った。スラッグズでの月曜夜のギグやその他の仕事のために、彼らは鉄道でニューヨークへ通った。

サン・ラーはフィラデルフィアの固定客となり、WXPNラジオに準レギュラーで出演したり、コミュニティ・グループで講義をしたり、市内の図書館を訪れた りした。1970年代半ば、アーケストラは自宅近くのジャーマンタウンの公園で土曜日の午後に無料のコンサートを開くこともあった。1970年代半ばの フィラデルフィアのナイトクラブでのライヴでは、誰かが客席の後ろに立ち、バンドのライヴ音源をプレスした、真っ白なスリーブに入った無記名のLPを山積 みにして売っていた。

カリフォルニアと世界ツアー(1968年~1993年)

1992年2月27日、ニューイングランド音楽院でのサン・ラー
1968年末、サン・ラーとアーケストラはアメリカ西海岸で初のツアーを行った。反応は様々だった。グレイトフル・デッドのような長尺のサイケデリアに慣 れ親しんだヒッピーたちは、しばしばアーケストラに当惑した。この頃には、20〜30人のミュージシャン、ダンサー、シンガー、ファイヤーイーター、手の 込んだ照明が含まれていた。ローリング・ストーン』誌のジョン・バークスは、サンノゼ州立大学のコンサートに好意的な批評を寄せた。サン・ラーは1969 年4月19日、『ローリング・ストーン』誌の表紙を飾り、何百万人もの人々に彼の不可解なまなざしを紹介した。このツアー中、当時サンノゼの美術学生だっ たデイモン・チョイスがアーケストラに参加し、ヴィブラフォン奏者となった。

1970年のフランス、ドイツ、イギリスでのコンサートを皮切りに、アーケストラは国際的なツアーを開始。レコードを通してしかサン・ラーの音楽を知らな かった聴衆の前で演奏したのだ。サン・ラーはほとんど生涯を終えるまでヨーロッパで演奏し続けた。サックス奏者のダニー・レイ・トンプソンはこの時代、事 実上のツアー・マネージャー兼ビジネス・マネージャーとなり、彼が「でたらめなC.O.D.」[33]と呼ぶ、演奏やレコードを納品する前に現金を受け取 ることを好んだ。

1971年初頭、サン・ラーはカリフォルニア大学バークレー校のアーティスト・イン・レジデンスに任命され、「The Black Man In the Cosmos(宇宙の中の黒人)」と呼ばれるコースを教えた[34]。各授業のうち30分は講義(プリントと宿題付き)にあてられ、残りの30分はアーケ ストラの演奏やサン・ラーのキーボード・ソロにあてられた。読書リストには、ブラヴァツキー夫人やヘンリー・デュマの著作、チベットの「死者の書」、アレ クサンダー・ヒスロップの「2つのバビロン」、「オアスペの書」、エジプトの象形文字やアフリカ系アメリカ人の民間伝承などに関する様々な本が含まれてい た。

1971年、ドラマー、サラー・ラガブの招きで、アーケストラとともにエジプト中を旅した。1983年と1984年にもエジプトを訪れ、ラガブとレコー ディングを行った。エジプトでの録音は『Live in Egypt』、『Nidhamu』、『Sun Ra Meets Salah Ragab』、『Egypt Strut』、『Horizon』としてリリースされた[35][36][37]。

1972年、サンフランシスコの公共テレビ局KQEDのプロデューサー、ジョン・コニー、プロデューサーのジム・ニューマン、脚本家のジョシュア・スミス はサン・ラーと協力して、サン・ラーのアーケストラと制作チームによって集められた俳優のアンサンブルによる85分の長編映画『Space Is the Place』を制作した。撮影はオークランドとサンフランシスコで行われた。1975年にクリーヴランドで行われたアーケストラのショー・コンサートで は、オープニング・アクトとしてDevoの初期ラインナップがフィーチャーされた。1978年5月20日、サン・ラーとアーケストラはTV番組 『Saturday Night Live』に出演(S3 E20)。

1979年秋、ニューヨークでサン・ラーとアーケストラは、前衛的なハンガリーの劇団の公演会場であった23丁目のスクワット・シアターで「ハウス・バン ド」として演奏した[38]。彼らのマネージャーであったヤノスは、劇団のほとんどがそのシーズンにヨーロッパで公演している間、劇場をナイトクラブに変 えた。デビー・ハリー、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジョン・ケイルとニコ(アンディ・ウォーホルのファクトリー時代のメンバー)、ジョン・ルー リーとラウンジ・リザーズ、その他ポップやアヴァンギャルドなミュージシャンが常連だった。サン・ラーは規律を重んじ、ライブではクラブ・ソーダしか飲ま なかったが、彼の厳格な掟をミュージシャンたちに押し付けることはなかった。彼らは彼の規律と権威を尊重した。物腰が柔らかくカリスマ的なサン・ラーは、 スクワット・シアターを、セクシーなジュピトレットのフロアショーをバックにしたビッグバンドの「スペース」ジャズの世界に変えた。彼は3台のシンセサイ ザーを同時に演奏しながら指揮をとった。当時、"Space Is The Place "がスクワットの空間だった[38]。

アーケストラは1980年代から1990年代にかけてツアーとレコーディングを続けた。


サン・ラーは1990年に脳卒中で倒れたが、作曲、演奏、アーケストラの指導を続けた。キャリアの後半には、ニューヨークを拠点とするロック・グループ、 ソニック・ユースのコンサートのオープニングを数回務めた。病気で演奏やツアーができなくなったとき、サン・ラーはギルモアをアーケストラのリーダーに任 命した。(ギルモアは肺気腫で体が弱く、1995年の死後、アレンがアーケストラのリーダーを引き継いだ)。

1992年後半、サン・ラーは生まれ故郷のバーミンガムに戻り、姉のメアリー・ジェンキンスと暮らすようになった。メアリーはブラウントのいとこたちとと もにサン・ラーの世話係となった。1月、うっ血性心不全、呼吸不全、脳卒中、循環器障害、その他の深刻な病気を患い、プリンストン・バプティスト・メディ カル・センターに入院した[39]。1993年5月30日、病院で死去。墓碑銘は "Herman Sonny Blount aka Le Sony'r Ra"[40]。
The Arkestra

The Sun Ra Arkestra performing in London in 2010.
Main article: The Sun Ra Arkestra
Following Sun Ra's death, the Arkestra was led by tenor saxophonist John Gilmore and later performed under the direction of alto saxophonist Marshall Allen. A 1999 album led by Allen, Song for the Sun, featured Jimmy Hopps and Dick Griffin. In the summer of 2004 the Arkestra became the first American jazz band to perform in Tuva, in southern Siberia, where they played five sets at the Ustuu-Huree Festival.[41]

As of July 2019, the Arkestra continues to tour and perform. In September 2008 they played for 7 days in a row at the ZXZW festival, each day emphasizing different aspects of the musical legacy of Sun Ra. In 2009, they performed at Philadelphia's Institute of Contemporary Art in conjunction with an exhibition that explored the intersection of the Arkestra's performing legacy and the practice of contemporary art.[42] In 2011, they ventured to Australia for the first time, for the 2011 Melbourne International Jazz Festival and MONA (Museum of Old and New Art) in Tasmania. In 2017, the Arkestra performed at the 31st Lowell Folk Festival in Lowell Massachusetts.[43] In 2019, it was announced that the Arkestra would perform at Portland, Oregon's Hollywood Theater for three nights on July 14, 15, and 16.[44] On October 22, 2021, they performed at the BRIC JazzFest in Downtown Brooklyn.

Music
Sun Ra's piano technique touched on many styles: his youthful fascination with boogie woogie, stride piano and blues, a sometimes refined touch reminiscent of Count Basie or Ahmad Jamal, and angular phrases in the style of Thelonious Monk or brutal, percussive attacks like Cecil Taylor. Often overlooked is the range of influences from classical music – Sun Ra cited Chopin, Rachmaninoff, Schoenberg and Shostakovich as his favorite composers for the piano.[45]

Sun Ra's music can be roughly divided into three phases, but his records and performances were full of surprises and the following categories should be regarded only as approximations.

Chicago phase
The first period occurred in the 1950s when Sun Ra's music evolved from big band swing into the outer-space-themed "cosmic jazz" for which he was best known. Music critics and jazz historians say some of his best work was recorded during this period and it is also some of his most accessible music. Sun Ra's music in this era was often tightly arranged and sometimes reminiscent of Duke Ellington's, Count Basie's, or other important swing music ensembles. However, there was a strong influence from post-swing styles like bebop, hard bop, and modal jazz, and touches of the exotic and hints of the experimentalism that dominated his later music. Notable Sun Ra albums from the 1950s include Sun Ra Visits Planet Earth, Interstellar Low Ways, Super-Sonic Jazz, We Travel the Space Ways, The Nubians of Plutonia and Jazz In Silhouette.

Ronnie Boykins, Sun Ra's bassist, has been described as "the pivot around which much of Sun Ra's music revolved for eight years."[46] This is especially pronounced on the key recordings from 1965 (The Magic City, The Heliocentric Worlds of Sun Ra, Volume One, and The Heliocentric Worlds of Sun Ra, Volume Two) where the intertwining lines of Boykins' bass and Ra's electronic keyboards provide cohesion.[47]

New York phase
After the move to New York, Sun Ra and company plunged headlong into the experimentalism that they had only hinted at in Chicago. The music was often extremely loud and the Arkestra grew to include multiple drummers and percussionists. In recordings of this era, Ra began to use new technologies—such as extensive use of tape delay—to assemble spatial sound pieces that were far removed from earlier compositions such as Saturn. Recordings and live performances often featured passages for unusual instrumental combinations, and passages of collective playing that incorporated free improvisation. It is often difficult to tell where compositions end and improvisations begin.

In this era, Sun Ra began conducting using hand and body gestures. This system inspired cornetist Butch Morris, who later developed his own more highly refined way to conduct improvisers.

Though often associated with avant-garde jazz, Sun Ra did not believe his work could be classified as "free music": "I have to make sure that every note, every nuance, is correct... If you want to call it that, spell it p-h-r-e, because ph is a definite article and re is the name of the sun. So I play phre music – music of the sun."[48]

Seeking to broaden his compositional possibilities, Sun Ra insisted all band members double on various percussion instruments – predating world music by drawing on various ethnic musical forms – and most saxophonists became multireedists, adding instruments such as flutes, oboes, or clarinets to their arsenals. In this era, Sun Ra was among the first of any musicians to make extensive and pioneering use of synthesizers and other various electronic keyboards; he was given a prototype Minimoog by its inventor, Robert Moog. According to the Bob Moog Foundation: "Sun Ra first met Robert Moog after Downbeat journalist and Sun Ra acquaintance Tam Fiofori arranged for a visit to Moog’s factory in Trumansburg in the Fall of 1969....it was during this visit that Moog loaned Sun Ra a prototype Minimoog (Model B), several months before the commercial instrument (Model D) was introduced in March 1970. Ra immediately added the instrument to his repertoire of keyboards, later acquired a second, and featured the Minimoog prominently on many of his recordings of the early 1970s."[49][50]

Notable titles from this period include The Magic City, Cosmic Tones for Mental Therapy, When Sun Comes Out, The Heliocentric Worlds of Sun Ra, Volume One, Atlantis, Secrets of the Sun and Other Planes of There.

Philadelphia phase
During their third period, beginning in the 1970s, Sun Ra and the Arkestra settled down into a relatively conventional sound, often incorporating swing standards, although their records and concerts were still highly eclectic and energetic, and typically included at least one lengthy, semi-improvised percussion jam. Sun Ra was explicitly asserting a continuity with the ignored jazz tradition: "They tried to fool you, now I got to school you, about jazz, about jazz" he chanted in concerts,[51] framing the inclusion of pieces by Fletcher Henderson and Jelly Roll Morton.[citation needed]

In the 1970s Sun Ra took a liking to the films of Walt Disney. He incorporated smatterings of Disney musical numbers into many of his performances from then on. In the late 1980s the Arkestra performed a concert at Walt Disney World. The Arkestra's version of "Pink Elephants on Parade" is available on Stay Awake, a tribute album of Disney tunes played by various artists and produced by Hal Willner. A number of Sun Ra's 1970s concerts are available on CD, but none have received a wide release in comparison to his earlier music. In 1978–1980 performances, Sun Ra added a large electronic creation, the Outerspace Visual Communicator, which produced images rather than sounds; this was performed at a keyboard by its inventor, Bill Sebastian. During concerts, the OVC usually was positioned at center stage behind the Arkestra while Sebastian sat on stage with the musicians.

Musicians
Dozens of musicians—perhaps hundreds—passed through Sun Ra's bands over the years. Some stayed with him for decades, while others played on only a few recordings or performances.

Sun Ra was personally responsible for the vast majority of the constant changes in the Arkestra's lineup. According to contrabassist Jiunie Booth, a member of the Arkestra, Sun Ra did not confront any musician whose performance he was unsatisfied with. Instead, he would simply gather the entire Arkestra minus the offending musician, and skip town—leaving the fired musician stranded. The following is a partial list of musical collaborators, and the eras when they played with Sun Ra or the Arkestra:

Yahya Abdul-Majid, tenor saxophone (1980–2020)
Fred Adams, trumpet (1981–?)
Luqman Ali (Edward Skinner), drums (1960,[52] 1977–?)
Marshall Allen, alto saxophone, flute, oboe (1957–present)
Atakatune (Stanley Morgan), percussion (1972–1992)
Ayé Aton (Robert Underwood), drums and percussion (1972–1976)
Robert Barry, drums (1955–1968, 1979)
Ronnie Boykins, double bass (1957–1974)
Arthur "Jiunie" Booth, double bass
Darryl Brown, drums (1970–1972)
Owen "Fiidla" Brown, violin, dance, vocals (1987–1990s and later appearances)
Tony Bunn, electric bass (1976)
Francisco Mora Catlett, drums (1973–1980)
Samarai Celestial (Eric Walker), drums (1979–1997)
Don Cherry, pocket trumpet (1983–1990)
Vincent Chancey, French horn (1976–1995)
Damon Choice, vibraphone (1974–?)
Phil Cohran, trumpet (1959–1961)
India Cooke, violin (1990–1995)
Danny Davis, alto saxophone, flute (1962–1977, 1985)
Dave Davis, trombone (1997–present)
Joey DeStefano, alto saxophone (1968–1969)
Arthur Doyle, saxophone (1968, 1989)
Bruce Edwards. guitar (1983–1993)
Eddie Gale, trumpet (1960s)
Richard Evans, bass (1950s)
John Gilmore, tenor saxophone, bass clarinet (1954–1964, 1965–1995)
Kwame Hadi (Lamont McClamb), trumpet, conga, vibraphone (1969–1996)
Billy Higgins, drums, (1989)
Tyrone Hill, trombone (1979–present)
Tommy "Bugs" Hunter, drums, sound engineer (1951–1990)
Ahmed Abdullah, trumpet, (1976–1993)
James Jacson, bassoon, oboe, flute, Ancient Egyptian infinity drum (1963–1997)
Clifford Jarvis, drums, (1961–1976, 1983)
Donald Jones, drums (1973–1974)
Dr. VonFiend (musician), various instruments, effects (2006–2009)
Wayne Kramer, guitar (2006)[53]
Elson Nascimento, percussion, vocals (1987–present)
Bob Northern, french horn
Eloe Omoe, bass clarinet, oboe
John Ore, double bass
Taylor Richardson, guitar (1979–1983)
Pat Patrick, baritone saxophone, alto saxophone, clarinet, flute (1950–1959, 1961–1977, 1985–1988)[23]
Julian Priester, trombone (1955–1956, 1980s–1990s)
Rollo Radford, bass
Knoel Scott, alto saxophone, tenor saxophone, baritone saxophone, singer and dancer (1979–present)
Buster Smith, drums
Marvin "Bugalu" Smith, drums
James Spaulding, alto sax, flute (1959)
Michael Ray, trumpet (1978–present)
Pharoah Sanders, saxophone (1964–1965)
Bill Sebastian, outerspace visual communicator (1978–1980)
Talvin Singh, tablas[54]
Alan Silva, double bass, cello, violin (early 1970s)
Tani Tabbal, drums
Clifford Thornton, trombone
June Tyson, singer, violin
Outer Space Visual Communicator
The Outer Space Visual Communicator was a giant machine that was played with hands and feet to create light designs, similar to how musicians create and sound with their instruments. The name of the instrument arose from Bill Sebastian's collaboration with Sun Ra, who incorporated the OVC into the Arkestra from 1978 to 1980 and experimented on video applications from 1981 to 1987.[55][56]
アーケストラ

2010年、ロンドンで公演するサン・ラ・アーケストラ。
主な記事 サン・ラ・アーケストラ
サン・ラーの死後、アーケストラはテナー・サックス奏者のジョン・ギルモアが率い、後にアルト・サックス奏者のマーシャル・アレンが指揮を執るようになっ た。1999年のアレン率いるアルバム『ソング・フォー・ザ・サン』には、ジミー・ホップスとディック・グリフィンが参加した。2004年夏、アーケスト ラはアメリカのジャズバンドとして初めてシベリア南部のトゥヴァで公演を行い、ウストゥー・フューリー・フェスティバルで5セットを演奏した[41]。

2019年7月現在、アーケストラはツアーと公演を続けている。2008年9月、彼らはZXZWフェスティバルで7日間連続で演奏し、それぞれの日にサ ン・ラーの音楽的遺産の異なる側面を強調した。2009年には、フィラデルフィアのインスティテュート・オブ・コンテンポラリー・アートで、アーケストラ の演奏遺産と現代アートの実践の交差点を探る展覧会と連動したパフォーマンスを行った[42] 。2017年、アーケストラはマサチューセッツ州ローウェルで開催された第31回ローウェル・フォーク・フェスティバルに出演した[43]。 2019年、アーケストラはオレゴン州ポートランドのハリウッド・シアターで7月14日、15日、16日の3夜にわたって公演することが発表された [44]。2021年10月22日、彼らはブルックリンのダウンタウンで開催されたBRICジャズフェストに出演した。

音楽
ブギウギ、ストライド・ピアノ、ブルースへの若かりし頃の憧れ、カウント・ベイシーやアーマッド・ジャマルを彷彿とさせる洗練されたタッチ、セロニアス・ モンク風の角ばったフレーズやセシル・テイラーのような残忍でパーカッシブな攻撃など、サン・ラーのピアノ・テクニックは様々なスタイルに触れている。見 落とされがちなのは、クラシック音楽からの影響の広さである。サン・ラーは、ピアノのための好きな作曲家として、ショパン、ラフマニノフ、シェーンベル ク、ショスタコーヴィチを挙げている[45]。

サン・ラーの音楽は大まかに3つのフェーズに分けられるが、彼のレコードや演奏は驚きに満ちており、以下のカテゴリーはあくまで概算とみなすべきである。

シカゴ期
最初の時期は1950年代で、サン・ラーの音楽はビッグ・バンド・スウィングから、彼が最もよく知られている宇宙空間をテーマにした「コズミック・ジャ ズ」へと進化した。音楽評論家やジャズ史家によれば、彼の最高傑作のいくつかはこの時期に録音されたものであり、最も親しみやすい音楽でもある。この時代 のサン・ラーの音楽は、しばしばタイトにアレンジされ、デューク・エリントンやカウント・ベイシー、その他の重要なスウィング・ミュージックのアンサンブ ルを彷彿とさせることもあった。しかし、ビ・バップ、ハード・バップ、モーダル・ジャズといったポスト・スウィング・スタイルからの影響も強く、エキゾ チックなタッチや、後の彼の音楽を支配する実験主義のヒントもあった。1950年代の代表的なサン・ラーのアルバムには、『Sun Ra Visits Planet Earth』、『Interstellar Low Ways』、『Super-Sonic Jazz』、『We Travel the Space Ways』、『The Nubians of Plutonia』、『Jazz In Silhouette』などがある。

サン・ラーのベーシストであるロニー・ボイキンスは、「8年間、サン・ラーの音楽の多くが回転していた軸」と評されている[46]。これは、ボイキンスの ベースとラーのエレクトロニック・キーボードが絡み合うラインがまとまりを与えている、1965年の重要な録音(『The Magic City』、『The Heliocentric Worlds of Sun Ra, Volume One』、『The Heliocentric Worlds of Sun Ra, Volume Two』)で特に顕著である[47]。

ニューヨーク期
ニューヨークに拠点を移した後、サン・ラーとその仲間たちは、シカゴではほのめかす程度だった実験主義に真っ向から取り組んだ。音楽はしばしば極端に大音 量になり、アーケストラは複数のドラマーやパーカッショニストを含むまでに成長した。この時代のレコーディングでは、ラーはテープ・ディレイを多用するな ど新しいテクノロジーを使い始め、『Saturn』のような初期の作曲とはかけ離れた空間的な音響作品を組み立てた。録音やライブ演奏では、珍しい楽器の 組み合わせや、フリー・インプロヴィゼーションを取り入れた集団演奏のパッセージがしばしばフィーチャーされた。どこからが作曲でどこからが即興なのか、 見分けがつかないことも多い。

この時代、サン・ラーは手や体のジェスチャーを使った指揮を始めた。このシステムはコルネット奏者のブッチ・モリスにインスピレーションを与え、彼は後に 即興演奏の指揮法をより洗練されたものにした。

アヴァンギャルド・ジャズと結び付けられることが多いが、サン・ラーは自分の作品が「フリー・ミュージック」に分類されるとは考えていなかった: 「私はすべての音、すべてのニュアンスが正しいことを確認しなければならない...。もしそう呼びたければ、p-h-r-eと綴ればいい。phは定冠詞だ し、reは太陽の名前だからね。だから私はphreの音楽、つまり太陽の音楽を演奏している」[48]。

作曲の可能性を広げようとしたサン・ラーは、バンド・メンバー全員に様々な打楽器をダブルで演奏することを要求し、様々な民族の音楽形式を取り入れること でワールド・ミュージックを先取りした。この時代、サン・ラーはシンセサイザーや様々な電子キーボードを広範かつ先駆的に使用した最初のミュージシャンの 一人であり、彼はその発明者であるロバート・ムーグからプロトタイプのミニモーグを贈られた。ボブ・ムーグ財団によれば 「ダウンビートのジャーナリストであり、サン・ラーの知人でもあるタム・フィオフォリが1969年の秋にトゥルマンスバーグにあるムーグの工場を訪問する 手配をした後、サン・ラーは初めてロバート・ムーグに会った......1970年3月に市販の楽器(モデルD)が発売される数ヶ月前、ムーグはこの訪問 の際にサン・ラーにプロトタイプのミニモーグ(モデルB)を貸した。ラーはすぐにこの楽器をキーボードのレパートリーに加え、後に2台目を手に入れ、 1970年代初期のレコーディングの多くでMinimoogを大きくフィーチャーした」[49][50]。

この時期の代表作には、『The Magic City』、『Cosmic Tones for Mental Therapy』、『When Sun Comes Out』、『The Heliocentric Worlds of Sun Ra, Volume One』、『Atlantis』、『Secrets of the Sun and Other Planes of There』などがある。

フィラデルフィア期
1970年代から始まる第3期では、サン・ラーとアーケストラは比較的オーソドックスなサウンドに落ち着き、しばしばスウィングのスタンダード・ナンバー を取り入れた。サン・ラーは、無視されてきたジャズの伝統との連続性を明確に主張していた: 「彼らはあなたを騙そうとした、今私はあなたにジャズについて、ジャズについて教えなければならない」と彼はコンサートで唱え[51]、フレッチャー・ヘ ンダーソンやジェリー・ロール・モートンの作品を取り入れるように仕向けた[要出典]。

1970年代、サン・ラーはウォルト・ディズニーの映画が好きになった。それ以来、彼は多くの演奏にディズニーのミュージカル・ナンバーを取り入れた。 1980年代後半、アーケストラはウォルト・ディズニー・ワールドでコンサートを行った。ピンク・エレファント・オン・パレード」のアーケストラ・ヴァー ジョンは、ハル・ウィルナーがプロデュースし、様々なアーティストがディズニーの曲を演奏したトリビュート・アルバム『Stay Awake』に収録されている。サン・ラーの1970年代のコンサートは数多くCD化されているが、初期の作品に比べ、広くリリースされたものはない。 1978年から1980年にかけての公演で、サン・ラーは音ではなく映像を作り出す大型の電子機器、Outerspace Visual Communicatorを追加した。コンサートでは通常、OVCはアーケストラの後方中央ステージに置かれ、セバスチャンはミュージシャンとともにス テージに座っていた。

ミュージシャン
何十人ものミュージシャン、おそらく何百人ものミュージシャンが長年にわたってサン・ラーのバンドを渡り歩いた。何十年も彼と行動を共にした者もいれば、 数枚のレコーディングや演奏に参加しただけの者もいる。

アーケストラのラインナップの絶え間ない変化の大部分は、サン・ラーが個人的に責任を負っていた。アーケストラのメンバーであるコントラバス奏者のジウ ニー・ブースによると、サン・ラーは演奏に不満のあるミュージシャンと対立することはなかったという。その代わりに、彼はアーケストラ全員から問題のある ミュージシャンを除いた者を集め、クビになったミュージシャンを置き去りにして町を飛び出したという。以下は、サン・ラーやアーケストラと共演したミュー ジシャンのリストとその時代である:

ヤヒヤ・アブドゥル=マジッド(テナー・サックス)(1980年~2020年
フレッド・アダムス(トランペット)(1981-?
ルークマン・アリ(エドワード・スキナー)、ドラムス(1960、[52] 1977-?)
マーシャル・アレン(アルトサックス、フルート、オーボエ)(1957~現在
アタカトゥーン(スタンリー・モーガン)、パーカッション(1972-1992)
アエ・アトーン(ロバート・アンダーウッド):ドラムス、パーカッション(1972-1976)
ロバート・バリー(Robert Barry)ドラムス(1955-1968、1979
ロニー・ボイキンス(コントラバス)(1957-1974
アーサー・"ジウニー"・ブース(コントラバス
ダリル・ブラウン(ドラムス)(1970-1972
オーウェン "フィイドラ "ブラウン(ヴァイオリン、ダンス、ヴォーカル)(1987-1990年代とそれ以降の出演
トニー・バン(エレクトリック・ベース)(1976年
フランシスコ・モラ・カトレット(ドラムス)(1973-1980
サマライ・セレスティアル(エリック・ウォーカー)、ドラムス(1979-1997)
ドン・チェリー(ポケット・トランペット)(1983-1990
ヴィンセント・チャンスィー(フレンチ・ホルン)(1976-1995
デイモン・チョイス(ヴィブラフォン)(1974-?
フィル・コーラン(トランペット)(1959-1961
インディア・クック(ヴァイオリン)(1990-1995
ダニー・デイヴィス(アルトサックス、フルート)(1962-1977、1985
デイヴ・デイヴィス(トロンボーン)(1997-現在
ジョーイ・デステファノ(アルト・サックス)(1968-1969
アーサー・ドイル(サクソフォン)(1968、1989
ブルース・エドワーズ(ギター)(1983-1993
エディ・ゲイル(トランペット)(1960年代
リチャード・エヴァンス(ベース)(1950年代
ジョン・ギルモア(テナーサックス、バスクラリネット)(1954-1964、1965-1995
クワメ・ハディ(ラモント・マクラム)トランペット、コンガ、ヴィブラフォン(1969-1996)
ビリー・ヒギンズ(ドラムス)(1989
タイロン・ヒル(トロンボーン)(1979-現在
トミー・バグス・ハンター(ドラムス、サウンド・エンジニア)(1951-1990
アーメド・アブドゥラ(トランペット)(1976-1993
James Jacson(ファゴット、オーボエ、フルート、古代エジプトのインフィニティ・ドラム)(1963-1997
クリフォード・ジャーヴィス(ドラムス)(1961-1976、1983
ドナルド・ジョーンズ(ドラムス)(1973-1974
Dr. VonFiend(ミュージシャン)、様々な楽器、エフェクト(2006-2009)
ウェイン・クレイマー(ギター)(2006年)[53
Elson Nascimento(エルソン・ナシメント):パーカッション、ヴォーカル(1987年~現在
ボブ・ノーザン(フレンチホルン
エロエ・オモエ(バスクラリネット、オーボエ
ジョン・オレ(コントラバス
テイラー・リチャードソン(ギター)(1979-1983
パット・パトリック(バリトン・サックス、アルト・サックス、クラリネット、フルート)(1950-1959、1961-1977、1985-1988) [23]。
ジュリアン・プリースター(トロンボーン)(1955-1956、1980年代-1990年代
ロロ・ラドフォード(ベース
クノエル・スコット(アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックス、歌手、ダンサー)(1979年~現在
バスター・スミス(ドラム
マーヴィン・"ブガール"・スミス(ドラムス
ジェームス・スポルディング(アルトサックス、フルート)(1959年
マイケル・レイ(トランペット)(1978年~現在
ファロア・サンダース(サックス)(1964-1965
ビル・セバスチャン(宇宙映像コミュニケーター)(1978~1980
タルヴィン・シン(タブラ[54]
アラン・シルヴァ(コントラバス、チェロ、ヴァイオリン)(1970年代前半
タニ・タバル(ドラム
クリフォード・ソーントン(トロンボーン
ジューン・タイソン(歌手、ヴァイオリン
アウタースペース・ヴィジュアル・コミュニケーター
アウター・スペース・ヴィジュアル・コミュニケーターは、手や足で演奏して光のデザインを作り出す巨大な機械で、ミュージシャンが楽器で音を作り、鳴らす のと似ている。この楽器の名前は、ビル・セバスチャンが1978年から1980年にかけてOVCをアーケストラに組み込み、1981年から1987年にか けてビデオ・アプリケーションの実験を行ったサン・ラーとのコラボレーションから生まれた[55][56]。
Philosophy
Sun Ra's world view was often described as a philosophy, but he rejected this term, describing his own manner as an "equation" and saying that while philosophy was based on theories and abstract reasoning, his method was based on logic and pragmatism. Many of the Arkestra cite Sun Ra's teachings as pivotal and for inspiring such long-term devotion to the music that they knew would never make them much money. His equation was rarely (if ever) explained as a whole; instead, it was related in bits and pieces over many years, leading some to doubt that he had a coherent message. However, Martinelli argues that, when considered as a whole, one can discern a unified world view that draws upon many sources, but is also unique to Sun Ra, writing:
Sun Ra presents a unified conception, incorporating music, myth, and performance into his multi-leveled equations. Every aspect of the Sun Ra experience, from business practices like Saturn Records to published collections of poetry to his 35-year career in music, is a manifestation of his equations. Sun Ra seeks to elevate humanity beyond their current earthbound state, tied to outmoded conceptions of life and death when the potential future of immortality awaits them. As Hall has put it, 'In this era of 'practical' things men ridicule even the existence of God. They scoff at goodness while they ponder with befuddled minds the phantasmagoria of materiality. They have forgotten the path which leads beyond the stars.'[25]

He drew on sources as diverse as the Kabbalah, Rosicrucianism, channeling, numerology, Freemasonry, Ancient Egyptian Mysticism, and Black nationalism. Sun Ra's system had distinct Gnostic leanings,[57] arguing that the god of most monotheistic religions was not the creator god, not the ultimate god, but a lesser, evil being. Sun Ra was wary of the Bible, knowing that it had been used to justify slavery. He often re-arranged and re-worded Biblical passages (and re-worked many other words, names, or phrases) in an attempt to uncover "hidden" meanings. The most obvious evidence of this system was Ra's practice of renaming many of the musicians who played with him.

Bassoonist/multireedist James Jacson had studied Zen Buddhism before joining Sun Ra and identified strong similarities between Zen teachings and practices (particularly Zen koans) and Ra's use of non sequiturs and seemingly absurd replies to questions.[58] Drummer Art Jenkins admitted that Sun Ra's "nonsense" sometimes troubled his thoughts for days until inspiring a sort of paradigm shift, or profound change in outlook.[59] Drummer Andrew Cyrille said Sun Ra's comments were "very interesting stuff... whether you believed it or not. And a lot of times it was humorous, and a lot of times it was ridiculous, and a lot of times it was right on the money."[60]

Sun Ra's philosophy can be further understood in viewing his film Space is the Place. The film opens with Sun Ra on a distant planet, where the music and vibrations are much different from Earth where the air is filled with the sounds of “guns, anger and frustration.[61]” A colony is erected on this planet specifically for black people because only on a distant planet will the black race be free to return to their natural vibrations and live in harmony. This will give rise to an “altered destiny.[61]” The film also discloses Sun Ra's ideas on how to get his people to another planet. This can be accomplished through, “isotopic teleportation, trans-molecularization, or better still – teleport the whole planet here through music.[61]”

Sun Ra and black culture
According to Szwed,[62] Sun Ra's view of his relationship to black people and black cultures "changed drastically" over time. Initially, Sun Ra identified closely with broader struggles for black power, black political influence, and black identity, and saw his own music as a key element in educating and liberating blacks. But by the heyday of Black Power radicalism in the 1960s, Sun Ra was expressing disillusionment with these aims. He denied feeling closely connected to any race. In 1970 he said:

I couldn't approach black people with the truth because they like lies. They live lies... At one time I felt that white people were to blame for everything, but then I found out that they were just puppets and pawns of some greater force, which has been using them... Some force is having a good time [manipulating black and white people] and looking, enjoying itself up in a reserved seat, wondering, "I wonder when they're going to wake up."[63]

Afrofuturism
Sun Ra is considered to be an early pioneer of the Afrofuturism movement due to his music, writings and other works.[64]

The influence of Sun Ra can be seen throughout many aspects of black music. He grounded his practice of Afrofuturism in a musical tradition of performing blackness that remains relevant today. Sun Ra lived out his beliefs of Afrofuturism in his daily life by embodying the movement not only in his music, but also in his clothes and actions. This embodiment of the narrative allowed him to demonstrate black nationalism as a counternarrative to the present culture.

It was in Chicago, as well, in the mid-fifties, that Ra began experimenting with extraterrestriality in his stage show, sometimes playing regular cocktail lounges dressed in space suits and ancient Egyptian regalia. By placing his band and performances in space and extraterrestrial environments Sun Ra built a world that was his own view of how the African diaspora connected.[65]

Influence and legacy
Many of Sun Ra's innovations remain important and groundbreaking. Ra was one of the first jazz leaders to use two double basses, to employ the electric bass, to play electronic keyboards, to use extensive percussion and polyrhythms, to explore modal music and to pioneer solo and group freeform improvisations.[citation needed] In addition, he made his mark in the wider cultural context: he proclaimed the African origins of jazz, reaffirmed pride in black history and reasserted the spiritual and mystical dimensions of music, all important factors in the black cultural/political renaissance of the 1960s.[citation needed]

NRBQ recorded "Rocket #9" in 1968 for their debut album on Columbia. Sun Ra had given NRBQ's Terry Adams a copy of the song on 45 and told him, "This is especially for you," which Adams reported inspired him to reform the band after a period of inactivity. The band still includes Sun Ra's compositions in their performances, and besides "Rocket #9" have released recordings of "We Travel the Spaceways" and "Love in Outer Space." Several members of the Arkestra have toured with NRBQ over the years, including Pat Patrick, Marshall Allen, Knoel Scott, Tyrone Hill and Danny Thompson. Adams has joined the Arkestra as their pianist on several tours, most recently during a February 2016 tour of cities in the US southeast.

Detroit's MC5 played a handful of shows with Sun Ra and were influenced by his works immensely. One of their songs from their premiere album Kick Out the Jams (1969) featured a track called Starship, which was based on a poem by Ra.[66][67]

Sun Ra was inducted into the Alabama Jazz Hall of Fame in 1979.[68]

The Sun Ra Repatriation Project was started in 2008 with the aim of using interplanetary communication with a view to facilitating Sun Ra's return to planet Earth.[69]

Filmmaker and visual artist Cauleen Smith has heavily researched the life and legacy of Sun Ra. Her 2013 exhibition "17" "arises out of [her] research into the legacy of Sun Ra, who was himself a student of numerology and achieved a kind of cultural immortality the number 17 might be said to refer to".[70] Her project "The Solar Flare Arkestral Marching Band" includes several components related to Sun Ra. "One component (2010) of the project is the production of five flash mob street performances involving a marching band inspired by Sun Ra's Arkestra. The second component of the project... is a full-length video that chronicles the urban legends of Sun Ra’s time in Chicago as well as the contemporary artists who live and work in this city".[71]

The "Sun Ra Revival Post-Krautrock Archestra",[72] formed in Australia during 2014, paid tribute to Sun Ra's philosophies and musical ideas within their albums Realm Beyond Realm and Sun Ra Kills the World.[73]

The Spatial AKA Orchestra, formed in 2006 by Jerry Dammers (the main songwriter of British ska revival band The Specials), was originally created as a tribute to Sun Ra, borrowing many of the ideas, themes and tropes from Sun Ra's own performances.

In 2022, a building at 5626 Morton Street known as the Arkestral Institute of Sun Ra was listed as a historic landmark in the Philadelphia Register of Historic Places. One of its inhabitants, Marshall Allen, known for his work with The Sun Ra Arkestra, began living there in 1968.[74][75]

The University of Chicago has an extensive collection of Sun Ra's works and personal items in the Special Collections Research Center at the Regenstein Library. The collection was assembled by Ra's business manager Alton Abraham and is open to the public upon request. The Special Collections Research Center has also repeatedly exhibited Sun Ra's work.
哲学
サン・ラーの世界観はしばしば哲学と形容されるが、彼はこの言葉を否定し、自らのやり方を「方程式」と表現し、哲学が理論や抽象的な推論に基づいているの に対し、自分のやり方は論理とプラグマティズムに基づいていると語った。アーケストラの多くは、サン・ラーの教えが極めて重要であり、自分たちが決して大 金を手にすることはないとわかっていた音楽への長期的な傾倒を促したとしている。彼の方程式が全体として説明されることは(あったとしても)ほとんどな く、代わりに長年にわたって断片的に関連づけられたため、彼に首尾一貫したメッセージがあったのではないかと疑う人もいる。しかし、マルティネリは、全体 として考えれば、多くの情報源に依拠しながらも、サン・ラー独自の統一された世界観を見出すことができると主張し、こう書いている:
サン・ラーは統一された概念を提示し、音楽、神話、パフォーマンスを彼の多レベルの方程式に組み込んでいる。サターン・レコードのようなビジネス活動か ら、出版された詩集、35年にわたる音楽活動まで、サン・ラーの経験のあらゆる側面は、彼の方程式の現れである。サン・ラーは、不死という潜在的な未来が 待っているのに、生と死という時代遅れの概念に縛られた現在の地上の状態から人類を高めようとしている。ホールに言わせれば、『この "現実的な "時代には、人は神の存在さえ嘲笑する。彼らは善を嘲笑う一方で、物質性の幻想に心を奪われている。彼らは星の彼方に続く道を忘れてしまった」[25]。

彼はカバラ、薔薇十字教、チャネリング、数秘術、フリーメイソン、古代エジプト神秘主義、黒人ナショナリズムなど多様な情報源を利用した。サン・ラーの体 系にはグノーシス主義的な傾向があり[57]、ほとんどの一神教の神は創造神でも究極神でもなく、より劣った邪悪な存在であると主張していた。サン・ラー は、聖書が奴隷制度を正当化するために使われたことを知っていたため、聖書を警戒していた。彼は「隠された」意味を明らかにしようと、聖書の一節をしばし ば並べ替えたり言い換えたりした(他の多くの単語、名前、フレーズも作り直した)。このシステムの最も明白な証拠は、ラーと一緒に演奏した多くのミュージ シャンの名前を変えるという彼の習慣だった。

ファゴット奏者/マルチ奏者のジェイムズ・ジェイソンは、サン・ラーに参加する前に禅宗を学んでおり、禅の教えや修行(特に禅の公案)と、ラーが使う非連 続的な言葉や、質問に対する一見不合理な返答との間に強い類似点があることを明らかにした[58]。 [58]ドラマーのアート・ジェンキンスは、サン・ラーの「ナンセンス」は、ある種のパラダイム・シフトや深い展望の変化を促すまで、何日も彼の思考を悩 ませることがあったと認めている[59]。そして、多くの場合、それはユーモラスで、多くの場合、それはばかげていて、多くの場合、それは正しい」 [60]。

サン・ラーの哲学は、彼の映画『Space is the Place』を見ればさらに理解できる。映画はサン・ラーが遠い惑星にいるところから始まるが、そこでは音楽も振動も、"銃、怒り、フラストレーション [61]"の音で充満している地球とは大きく異なっている。この惑星には黒人のためのコロニーが建てられている。遠い惑星でのみ、黒人は自由に本来の波動 に戻り、調和して生きることができるからだ。これが「運命の変化[61]」を生むのだ。この映画はまた、自分の民族を別の惑星に連れて行く方法についての サン・ラーの考えも開示している。これは「同位体テレポーテーション、トランスモレキュラー化、あるいはもっといい方法として、音楽を通してこの惑星全体 をテレポーテーションする[61]」ことで達成できる。

サン・ラーと黒人文化
スウェドによれば[62]、黒人や黒人文化との関係についてのサン・ラーの見方は、時間の経過とともに「大きく変わった」。当初、サン・ラーはブラック・ パワー、黒人の政治的影響力、黒人のアイデンティティを求める広範な闘争と密接に結びつき、自らの音楽が黒人を教育し解放するための重要な要素であると考 えていた。しかし、1960年代のブラック・パワー急進主義の全盛期には、サン・ラーはこれらの目的に対する幻滅を表明していた。彼はどの人種とも密接な つながりを感じていない。1970年、彼は言った:

彼らは嘘が好きだから。彼らは嘘をついて生きている...。一時は、白人がすべての責任を負っていると感じていたが、ある時、彼らは操り人形であり、何か 大きな力の手先であり、その力が彼らを利用しているのだとわかった。ある力が[黒人と白人を操って]楽しい時間を過ごし、指定席で楽しんでいる。

アフロフューチャリズム
サン・ラーは、彼の音楽、著作、その他の作品によって、アフロフューチャリズム運動の初期のパイオニアであると考えられている[64]。

サン・ラーの影響はブラック・ミュージックの多くの側面を通して見ることができる。彼はアフロフューチャリズムの実践を、今日でも通用するブラックネスを 演奏する音楽の伝統に根付かせた。サン・ラーはアフロフューチャリズムの信念を、音楽だけでなく服装や行動でも体現し、日常生活の中で実践していた。この 物語の具現化によって、彼は現在の文化に対するカウンターストーリーとしての黒人ナショナリズムを示すことができた。

シカゴでも50年代半ばから、ラーはステージ・ショーで異次元性を試み始め、時には宇宙服や古代エジプトの衣装を着て、普通のカクテル・ラウンジで演奏し た。彼のバンドとパフォーマンスを宇宙や地球外の環境に置くことで、サン・ラーはアフリカン・ディアスポラがどのようにつながっているのかという彼自身の 見解である世界を構築した[65]。

影響と遺産
サン・ラーの革新の多くは、今でも重要で画期的なものである。ラーは、2本のコントラバスを使用し、エレクトリック・ベースを採用し、電子キーボードを演 奏し、広範なパーカッションとポリリズムを使用し、モーダル・ミュージックを探求し、ソロとグループによるフリーフォームな即興演奏を開拓した最初のジャ ズ・リーダーの一人である。 [ジャズのアフリカ的起源を主張し、黒人の歴史に対する誇りを再確認し、音楽の精神的・神秘的次元を再認識したのである。

NRBQは1968年、コロンビアからのデビュー・アルバムのために「Rocket #9」をレコーディングした。サン・ラーはNRBQのテリー・アダムスにこの曲のコピーを45枚で渡し、「これは特に君のためだ」と告げた。バンドは今で もサン・ラー作曲の曲を演奏に取り入れており、"Rocket #9 "の他に "We Travel the Spaceways "と "Love in Outer Space "のレコーディングをリリースしている。パット・パトリック、マーシャル・アレン、クノエル・スコット、タイロン・ヒル、ダニー・トンプソンなど、アーケ ストラの何人かのメンバーは長年にわたってNRBQとツアーを行ってきた。アダムスはアーケストラのピアニストとして何度かツアーに参加しており、最近で は2016年2月のアメリカ南東部の都市ツアーに参加した。

デトロイトのMC5はサン・ラーと数回共演し、彼の作品に多大な影響を受けた。彼らの初アルバム『Kick Out the Jams』(1969年)に収録されている曲のひとつに、ラーの詩を基にした「Starship」という曲がある[66][67]。

サン・ラーは1979年にアラバマ・ジャズの殿堂入りを果たした[68]。

サン・ラーの地球への帰還を促進するために惑星間通信を利用する目的で、2008年にサン・ラー・リパトリエーション・プロジェクトが開始された [69]。

映像作家でビジュアル・アーティストのコーリーン・スミスは、サン・ラーの人生と遺産を深く研究している。彼女の2013年の展覧会 "17 "は、「数秘術の研究者であり、17という数字が指し示す文化的不滅性を達成したサン・ラーの遺産についての研究から生まれた」[70]。彼女のプロジェ クト "The Solar Flare Arkestral Marching Band "には、サン・ラーに関連するいくつかの要素が含まれている。「プロジェクトの1つの構成要素(2010年)は、サン・ラーのアーケストラにインスパイア されたマーチング・バンドを含む5つのフラッシュ・モブ・ストリート・パフォーマンスの制作である。プロジェクトの2つ目の構成要素は...サン・ラーが シカゴにいた頃の都市伝説と、この街に住み、活動する現代のアーティストを年代記にした長編ビデオである」[71]。

2014年にオーストラリアで結成された "Sun Ra Revival Post-Krautrock Archestra"[72]は、アルバム『Realm Beyond Realm』と『Sun Ra Kills the World』の中でサン・ラーの哲学と音楽的思想に敬意を表している[73]。

ジェリー・ダマーズ(イギリスのスカ・リバイバル・バンド、ザ・スペシャルズのメイン・ソングライター)によって2006年に結成された空間AKAオーケ ストラは、もともとサン・ラーへのトリビュートとして作られ、サン・ラー自身のパフォーマンスから多くのアイデア、テーマ、主題を借用した。

2022年、「Arkestral Institute of Sun Ra」として知られるモートン・ストリート5626番地の建物が、フィラデルフィアの歴史的建造物に登録された。その住人の一人で、サン・ラ・アーケスト ラの活動で知られるマーシャル・アレンは1968年にそこに住み始めた[74][75]。

シカゴ大学は、リーゲンシュタイン図書館のスペシャル・コレクション・リサーチ・センターにサン・ラーの作品と個人的なアイテムの広範なコレクションを所 蔵している。このコレクションはラーのビジネス・マネージャーであったアルトン・アブラハムによって集められ、リクエストに応じて一般公開されている。ス ペシャル・コレクション・リサーチ・センターはまた、サン・ラーの作品を繰り返し展示している。
Discography
Main article: Sun Ra discography
Filmography
Space Is the Place (1974) is a feature-length film that stars Sun Ra and his band as themselves. The soundtrack, also by Sun Ra, is available on CD. The film follows Sun Ra after he returns to Chicago from many years of space travel with his Arkestra. In a meeting with "the Overseer" – a devil-like figure stationed in the desert – Sun Ra agrees to play a game of cards to "win" the black community. Sun Ra's goal is to transport the American black community to a new planet he discovered while on his journey, and that he hopes to use as a home for an entirely black population. The artist's mission is to "teleport the whole planet through music", but his attempts are often misunderstood by his supposed converts.[76]

Sun Ra and his Arkestra were the subject of a few documentary films, including Robert Mugge's Sun Ra: A Joyful Noise (1980). It interspersed passages of performances and rehearsals with Sun Ra's commentary on various subjects ranging from today's youth to his own place in the cosmos. More recently, Don Letts' Sun Ra – Brother from Another Planet (2005) incorporated some of Mugge's material, and includes some additional interviews. Points on a Space Age (2009) is a documentary by Ephrahaim Asili.[77][78] "It's a 60-minute doc along the lines of the talking-head-intercut-with performance clips style."[77]

Bibliography
Sun Ra wrote an enormous number of songs and material regarding his spiritual beliefs and music. A magazine titled Sun Ra Research was published irregularly for many years, providing extensive documentation of Sun Ra's perspectives on many issues. Sun Ra's collected poetry and prose is available as a book, published May 2005, entitled Sun Ra, The Immeasurable Equation.[79] Another book of over 260 of Sun Ra's poems, Sun Ra: Collected Works Vol. 1: Immeasurable Equation was published by Phaelos Books in November 2005. The Wisdom of Sun Ra: Sun Ra's Polemical Broadsheets and Streetcorner Leaflets, was published in book form in 2005, by WhiteWalls. A collection of Sun Ra's poetry, This Planet Is Doomed, was published by Kicks Books in 2011.


ディスコグラフィー
主な記事 サン・ラーのディスコグラフィ
フィルモグラフィ
サン・ラーと彼のバンドが本人役で出演した長編映画『Space Is the Place』(1974年)。サントラもサン・ラーによるもので、CDで発売されている。映画は、アーケストラとの長年の宇宙旅行からシカゴに戻ったサ ン・ラーを追う。砂漠に駐留する悪魔のような人物 "監督 "との会談で、サン・ラーは黒人社会に "勝利 "するためのトランプ・ゲームに同意する。サン・ラーの目標は、旅先で発見した新しい惑星にアメリカの黒人社会を運び、黒人だけの住処にすることだ。アー ティストの使命は「音楽を通して惑星全体をテレポートさせる」ことだが、彼の試みはしばしば改宗者とされる人々によって誤解されている[76]。

サン・ラーと彼のアーケストラは、ロバート・ミュッジの『Sun Ra: A Joyful Noise』(1980年)など、いくつかのドキュメンタリー映画の題材となった。この映画では、演奏やリハーサルの様子と、現代の若者から宇宙における 彼自身の位置まで、様々なテーマについてのサン・ラーの解説が散りばめられていた。最近では、ドン・レッツの『Sun Ra - Brother from Another Planet』(2005年)が、ムッゲの資料の一部を取り入れ、いくつかの追加インタビューを収録している。Points on a Space Age』(2009年)は、エフラハイム・アシリによるドキュメンタリーであり、[77][78]「トーキング・ヘッド・インターカット・パフォーマン ス・クリップのスタイルに沿った60分のドキュメントである」[77]。

文献
サン・ラーは彼の精神的な信念と音楽に関して膨大な数の曲や資料を書いた。『サン・ラ・リサーチ』と題された雑誌は長年にわたって不定期に発行され、多く の問題に対するサン・ラの見解を広範囲にわたって記録している。サン・ラーの詩と散文集は2005年5月に出版された『Sun Ra, The Immeasurable Equation』という本として入手可能である[79]。また、2005年11月には260以上のサン・ラーの詩を集めた『Sun Ra: Collected Works Vol.1: Immeasurable Equation』がPhaelos Booksから出版された。The Wisdom of Sun Ra: Sun Ra's Polemical Broadsheets and Streetcorner Leaflets』は2005年にWhiteWallsから書籍として出版された。2011年にはサン・ラーの詩集『This Planet Is Doomed』がKicks Booksから出版された。

Sun Ra - Lanquidity (1978) (Full Album)


Sun Ra And His Arkestra - Super-Sonic Jazz (1957) (Full Album)





















リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j