sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

★ヴィヴィアン・マイヤー★

Vivian Maier, 1926-2009

池田光穂

☆ビ ビアン(ヴィヴィアン)・ドロシー・マイヤー(1926年2月1日 - 2009年4月21日)はアメリカのストリート写真家。シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルスの人々や建築物を中心に、生涯で15万枚以上の写真を撮影した が、世界中を旅して撮影したこともある。しかしながら、生前、マイヤーの写真は無名で未発表であり、ネガの多くは現像されることがなかった。

★Vivian Dorothy Maier (February 1, 1926 – April 21, 2009) was an American street photographer whose work was discovered and recognized after her death. She took more than 150,000 photographs during her lifetime, primarily of the people and architecture of Chicago, New York City, and Los Angeles, although she also traveled and photographed worldwide.[1]

During her lifetime, Maier's photographs were unknown and unpublished; many of her negatives were never developed. A Chicago collector, John Maloof, acquired some of Maier's photos in 2007, while two other Chicago-based collectors, Ron Slattery and Randy Prow, also found some of Maier's prints and negatives in her boxes and suitcases around the same time. Maier's photographs were first published on the Internet in July 2008, by Slattery, but the work received little response.[2] In October 2009, Maloof linked his blog to a selection of Maier's photographs on the image-sharing website Flickr, and the results went viral, with thousands of people expressing interest. Maier's work subsequently attracted critical acclaim,[3][4] and since then, Maier's photographs have been exhibited around the world.[5][6]

Her life and work have been the subject of books and documentary films, including the film Finding Vivian Maier (2013), which premiered at the Toronto International Film Festival,[7] and was nominated for the Academy Award for Best Documentary Feature at the 87th Academy Awards.[8]
ビビアン・ドロシー・マイヤー(1926年2月1日 - 2009年4月21日)はアメリカのストリート写真家。シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルスの人々や建築物を中心に、生涯で15万枚以上の写真を撮影したが、世界中を旅して撮影したこともある[1]。

生前、マイヤーの写真は無名で未発表であり、ネガの多くは現像されることがなかった。シカゴのコレクター、ジョン・マルーフは2007年にマイヤーの写真 の一部を入手し、シカゴ在住の2人のコレクター、ロン・スラッテリーとランディ・プロウも同時期にマイヤーの箱やスーツケースからプリントやネガを発見し た。マイヤーの写真は2008年7月、スラッテリーによって初めてインターネット上で公開されたが、ほとんど反響はなかった[2]。2009年10月、マ ルーフが自身のブログと画像共有サイトFlickrのマイヤーの写真のセレクションをリンクさせたところ、その結果はバイラルとなり、何千人もの人々が興 味を示した。その後、マイヤーの作品は批評家の称賛を集め[3][4]、それ以来、マイヤーの写真は世界中で展示されている[5][6]。

彼女の人生と作品は、トロント国際映画祭でプレミア上映され[7]、第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた映画『Finding Vivian Maier』(2013年)を含む、書籍やドキュメンタリー映画の題材となっている[8]。
Early life
Many details of Maier's life remain unknown. She was born in New York City in 1926, the daughter of a French mother, Maria Jaussaud Justin, and an Austrian father, Charles Maier (also known as Wilhelm).[9] Several times during her childhood she moved between the U.S. and France, living with her mother in the alpine village of Saint-Bonnet-en-Champsaur near her mother's relatives. Her father seems to have left the family temporarily for unknown reasons by 1930. In the 1930 Census, the head of the household was listed as Jeanne Bertrand, a successful photographer who knew Gertrude Vanderbilt Whitney, founder of the Whitney Museum of American Art.[10][11] When Maier was 4, she and her mother moved to the Bronx with Bertrand.

In 1935, Vivian and her mother were living in Saint-Julien-en-Champsaur; three years later, they returned to New York. In the 1940 Census, Charles, Maria, Vivian and Charles Jr were listed as living in New York, where the father worked as a steam engineer.[12]
生い立ち
マイヤーの生い立ちの詳細は不明である。1926年、フランス人の母マリア・ジャウソー・ジャスティンとオーストリア人の父シャルル・マイヤー(ヴィルヘ ルムとしても知られる)の娘としてニューヨークで生まれる。父親は1930年までに理由不明のまま一家を一時的に離れたようだ。1930年の国勢調査で は、世帯主は、ホイットニー美術館の創設者であるガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニーを知る成功した写真家ジャンヌ・バートランドとされている [10][11]。

1935年、ビビアンと母親はサン=ジュリアン=アン=シャンソールに住む。1940年の国勢調査では、シャルル、マリア、ヴィヴィアン、シャルル・ジュニアがニューヨークに住んでおり、父親は蒸気技師として働いていた[12]。
Career
In 1951, aged 25, Maier moved from France to New York, where she worked in a sweatshop. She moved to the Chicago's North Shore area in 1956, where she worked primarily as a nanny and carer for the next 40 years. In her first 17 years in Chicago, Maier worked as a nanny for two families: the Gensburgs from 1956 to 1972, and the Raymonds from 1967 to 1973. Lane Gensburg later said of Maier, "She was like a real, live Mary Poppins," and said she never talked down to kids and was determined to show them the world outside their affluent suburb.[13]

The families who employed her described her as very private and reported that she spent her days off walking the streets of Chicago and taking photographs, usually with a Rolleiflex camera.[14] She would frequently take the young children in her care with her into the center of Chicago when she took her photographs. Occasionally they accompanied her to the rougher, run-down areas of Chicago, and, on one occasion, the stock yards, where there were bodies of dead sheep.[15]

In the documentary films Finding Vivian Maier (2013) and Vivian Maier: Who Took Nanny's Pictures / The Vivian Maier Mystery (2013), interviews with Maier's employers and their children suggest that Maier presented herself to others in multiple ways, with various accents, names, life details, and that with some children, she had been inspiring and positive, while with others she could be frightening and abusive.[15]

John Maloof, curator of some of Maier's photographs, summarized the way the children she nannied would later describe her:

She was a Socialist, a Feminist, a movie critic, and a tell-it-like-it-is type of person. She learned English by going to theaters, which she loved ... She was constantly taking pictures, which she didn't show anyone.[16]

In 1959 and 1960, Maier embarked on a solo trip around the world, taking pictures in Los Angeles, Philippines, Thailand, Hong Kong, Vietnam, Malaysia, Singapore, India, Yemen, Egypt, Greece, Lebanon, Syria, Turkey, Italy, France, and Switzerland.[17][18][19] The trip was probably financed by the sale of a family farm in Saint-Julien-en-Champsaur. For a brief period in the 1970s, Maier worked as a housekeeper for talk-show host Phil Donahue.[15] She kept her belongings at her employers'; at one residence, she had 200 boxes of materials. Most contained photographs or negatives, but Maier also collected newspapers;[10] in at least one instance, it involved "shoulder-high piles."[20] She also recorded audiotapes of conversations she had with people she photographed.[14][21]


経歴
1951年、25歳のとき、フランスからニューヨークに移り住み、汗かき工場で働いた。1956年にシカゴのノースショア地区に移り住み、以後40年間、 主に乳母や介護士として働いた。1956年から1972年まではゲンズバーグ家で、1967年から1973年まではレイモンズ家でである。レイン・ゲンズ バーグは後にマイヤーについて、「彼女は本物の、生きたメリー・ポピンズのようだった」と語り、彼女は決して子供たちを見下すような言い方はせず、裕福な 郊外の世界を子供たちに見せようと決心していたと語った[13]。

彼女を雇った家族たちは、彼女はとてもプライベートな人だと語り、休日はシカゴの街を歩き、たいていはローライフレックスのカメラで写真を撮っていたと報告した[14]。時には、シカゴの荒れた荒れ果てた地域や、羊の死体がある家畜小屋に同行することもあった[15]。

ドキュメンタリー映画『Finding Vivian Maier』(2013年)と『Vivian Maier: Who Took Nanny's Pictures / The Vivian Maier Mystery』(2013年)では、マイヤーの雇い主とその子供たちとのインタビューから、マイヤーは様々なアクセント、名前、人生の詳細を持つ複数の 方法で自分自身を他者に提示し、ある子供たちにはインスピレーションを与え肯定的であったが、ある子供たちには恐ろしく虐待的であったことが示唆されてい る[15]。

マイヤーの写真のキュレーターであるジョン・マルーフは、彼女が乳母をしていた子どもたちが後に彼女を表現する方法を要約している:

彼女は社会主義者であり、フェミニストであり、映画評論家であり、ありのままを話すタイプの人間だった。彼女は映画館に通って英語を学んだ。彼女は常に写真を撮っていたが、それは誰にも見せなかった[16]。

1959年と1960年、マイヤーは世界一周の一人旅に出かけ、ロサンゼルス、フィリピン、タイ、香港、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インド、イ エメン、エジプト、ギリシャ、レバノン、シリア、トルコ、イタリア、フランス、スイスで写真を撮った[17][18][19]。1970年代の一時期、マ イヤーはトーク番組の司会者フィル・ドナヒューの家政婦として働いていた[15]。ほとんどは写真やネガであったが、メイアは新聞も収集していた[10] 。
Later years
The Gensburg brothers, whom Maier had looked after as children, tried to help her as she became destitute in old age. When she was about to be evicted from a downmarket apartment in the suburb of Cicero, the Gensburg brothers arranged for her to live in a better apartment on Sheridan Road in the Rogers Park area of Chicago. In November 2008, Maier fell on the ice and hit her head. She was taken to a hospital but failed to recover. In January 2009, she was transported to a nursing home in the Chicago suburbs, where she died on April 21.[22]
晩年
メイアが子供の頃に世話になったゲンズバーグ兄弟は、老後に困窮した彼女を助けようとした。彼女がシセロ郊外の高級アパートから追い出されそうになったと き、ゲンズバーグ兄弟はシカゴのロジャース・パーク地区にあるシェリダン・ロードのより良いアパートに住めるよう手配した。2008年11月、メイアは氷 の上で転倒し、頭を打った。病院に運ばれたが回復せず。2009年1月、彼女はシカゴ郊外の老人ホームに移され、4月21日に亡くなった[22]。
Discovery and recognition

Vivian Maier show in Dunker Culture House in Helsingborg 2016.
In 2007, two years before she died, Maier failed to keep up payments on storage space she had rented on Chicago's North Side. As a result, her negatives, prints, audio recordings, and 8 mm film were auctioned. Three photo collectors bought parts of her work: John Maloof, Ron Slattery and Randy Prow.[23] Maier's photographs were first published on the internet in July 2008 by Slattery, but the work received little response.[2]

Maloof had bought the largest part of Maier's work, about 30,000 negatives, because he was working on a book about the history of the Chicago neighborhood of Portage Park.[24] Maloof later bought more of Maier's photographs from another buyer at the same auction.[10] Maloof discovered Maier's name in his boxes but was unable to discover anything about her until a Google search led him to Maier's death notice in the Chicago Tribune in April 2009.[25] In October 2009, Maloof linked his blog to a selection of Maier's photographs on Flickr; they became a viral phenomenon, with thousands of people expressing interest.[10]

In early 2010, Chicago art collector Jeffrey Goldstein acquired a portion of the Maier collection from Prow, one of the original buyers.[23] Since Goldstein's original purchase, his collection has grown to include 17,500 negatives, 2,000 prints, 30 home movies, and numerous slides. In December 2014, Goldstein sold his collection of B&W negatives to Stephen Bulger Gallery, Toronto. Maloof, who runs the Maloof Collection, now owns around 90% of Maier's total output, including 100,000 to 150,000 negatives, more than 3,000 vintage prints, hundreds of rolls of film, home movies, audio tape interviews, and ephemera including cameras and paperwork, which he claims represents roughly 90 percent of her known work.[26]

Since her posthumous discovery, Maier's photographs, and their discovery, have received international attention in mainstream media,[3][4][27][28] and her work has appeared in gallery exhibitions, several books, and documentary films.
発見と評価

2016年、ヘルシンボリのダンカー・カルチャー・ハウスで開催されたヴィヴィアン・マイヤーの展覧会。
亡くなる2年前の2007年、マイヤーはシカゴのノースサイドに借りていた倉庫の支払いを滞納。その結果、彼女のネガ、プリント、オーディオ録音、8ミリ フィルムは競売にかけられた。3人の写真コレクターが彼女の作品の一部を購入した: ジョン・マルーフ、ロン・スラッタリー、ランディ・プローである[23]。マイアーの写真は2008年7月にスラッタリーによって初めてインターネット上 で公開されたが、作品はほとんど反響を得なかった[2]。

マルーフはシカゴのポーテージ・パーク地区の歴史についての本を執筆していたため、マイアーの作品の最も大きな部分である約3万点のネガを購入した [24]。マルーフはその後、同じオークションで別の買い手からさらに多くのマイアーの写真を購入した。 [2009年10月、マルーフは自身のブログとFlickr上のマイヤーの写真のセレクションをリンクさせた。

2010年初頭、シカゴのアートコレクターであるジェフリー・ゴールドスタインは、最初の購入者の一人であるプロウからマイヤーのコレクションの一部を購 入した[23]。ゴールドスタインの最初の購入以来、彼のコレクションは17,500点のネガ、2,000点のプリント、30点のホームムービー、そして 多数のスライドを含むまでに成長した。2014年12月、ゴールドスタインは白黒ネガのコレクションをトロントのStephen Bulger Galleryに売却した。マルーフ・コレクションを運営するマルーフは現在、10万から15万点のネガ、3,000点以上のヴィンテージ・プリント、数 百本のロールフィルム、ホームムービー、オーディオテープのインタビュー、カメラや書類などのエフェメラを含む、マイアーの全作品の約90%を所有してお り、これらは彼女の既知の作品のおよそ90%に相当すると主張している[26]。

死後の発見以来、マイヤーの写真とその発見は主流メディアで国際的に注目され[3][4][27][28]、彼女の作品はギャラリーでの展覧会や数冊の書籍、ドキュメンタリー映画などに登場している。
In June 2014, lawyer and former photographer David C. Deal filed a legal case challenging the rights of current owners of Maier's negatives to commercialize them.[29] The case sought to establish whether there is a legal heir to Maier's estate — a cousin in France — who should be recognized under American law. Under copyright law in the US, owning a photograph is distinct from owning copyright and the case may take several years to resolve, particularly since the potential heirs to the estate live outside the US.[29] Maloof, who owns the majority of Maier's known photographs, had previously tracked down a first cousin once removed in France and paid him for the rights; however, Deal believes he has found a closer relative in France who may be the estate's beneficiary.[30][31]

Because of the dispute, Cook County, Illinois, created an estate for Maier. In 2016, the county-administered estate reached a settlement which allowed Maloof to continue promoting Maier's work and keep an undisclosed amount of the proceedings. Goldstein refused to settle with the estate and was sued by the county for copyright infringement in 2017. As of 2018, the estate had not yet determined Maier's rightful heirs.[32]
2014年6 月、弁護士で元写真家のデイヴィッド・C・ディールは、マイヤーのネガを商品化する現所有者の権利を争う訴訟を起こした[29]。この訴訟は、マイヤーの 遺産の法的相続人(フランスにいるいとこ)が存在し、その相続人がアメリカの法律の下で認められるべきかどうかを立証しようとするものだった。アメリカの 著作権法では、写真を所有することと著作権を所有することは別であり、特に遺産の相続人となる可能性のある者がアメリカ国外に住んでいることから、この裁 判の解決には数年かかる可能性がある[29]。マイヤーの既知の写真の大半を所有するマルーフは、以前、フランスにいる一度外れているいとこを探し出し、 権利の対価を支払っていたが、ディールは、遺産の受益者となる可能性のある、フランスにいるより近い親戚を見つけたと考えている[30][31]。

この争いのため、イリノイ州クック郡はメイアの遺産を創設した。2016年、郡が管理する遺産は、マルーフがマイアーの作品のプロモーションを継続し、未 公表の手続き金額を保持することを認める和解に達した。ゴールドスタインは遺産との和解を拒否し、2017年に著作権侵害で郡から訴えられた。2018年 現在、遺産はまだマイアーの正当な相続人を決定していない[32]。
Photography
Artist and photography critic Allan Sekula has suggested that the fact that Maier spent much of her early life in France sharpened her visual appreciation of American cities and society. Sekula compared her work with the photography of Swiss-born Robert Frank.[17]

Maloof has said of her work: "Elderly folk congregating in Chicago's Old Polish Downtown, garishly dressed dowagers, and the urban African-American experience were all fair game for Maier's lens."[33] Photographer Mary Ellen Mark has compared her work to that of Helen Levitt, Robert Frank, Lisette Model, and Diane Arbus. Joel Meyerowitz, also a street photographer, has said that Maier's work was "suffused with the kind of human understanding, warmth and playfulness that proves she was 'a real shooter'."[34]

Maier's best-known photographs depict street scenes in Chicago and New York during the 1950s and 1960s.[35] A critic in The Independent wrote that "the well-to-do shoppers of Chicago stroll and gossip in all their department-store finery before Maier, but the most arresting subjects are those people on the margins of successful, rich America in the 1950s and 1960s: the kids, the black maids, the bums flaked out on shop stoops."[27] Most of Maier's photographs are black and white, and many are casual shots of passers-by caught in transient moments "that nonetheless possess an underlying gravity and emotion".[10]

In 1952 she purchased her first Rolleiflex camera. Over the course of her career she used Rolleiflex 3.5T, Rolleiflex 3.5F, Rolleiflex 2.8C, Rolleiflex Automat and others. She later also used a Leica IIIc rangefinder camera, an Ihagee Exakta, a Zeiss Contarex and other SLR cameras.

Writing in The Wall Street Journal, William Meyers notes that because Maier used a medium-format Rolleiflex, rather than a 35mm camera, her pictures have more detail than those of most street photographers. He writes that her work brings to mind the photographs of Harry Callahan, Garry Winogrand, and Weegee, as well as Robert Frank. He also notes that there are a high number of self-portraits in her work, "in many ingenious permutations, as if she were checking on her own identity or interpolating herself into the environment. A shadowy character, she often photographed her own shadow, possibly as a way of being there and simultaneously not quite there."[36]

Roberta Smith, writing in The New York Times, has drawn attention to how Maier's photographs are reminiscent of many famous 20th-century photographers, and yet have an aesthetic of their own. She writes that Maier's work "may add to the history of 20th-century street photography by summing it up with an almost encyclopedic thoroughness, veering close to just about every well-known photographer you can think of, including Weegee, Robert Frank and Richard Avedon, and then sliding off in another direction. Yet they maintain a distinctive element of calm, a clarity of composition and a gentleness characterized by a lack of sudden movement or extreme emotion."[37]

In the late 1970s, Maier stopped using her Rolleiflex. Most of her photographs taken in the 1980s and 1990s were color transparencies, taken on Ektachrome film.[38]


写真
芸術家であり写真評論家でもあるアラン・セキュラは、マイヤーが幼少期の大半をフランスで過ごしたことが、アメリカの都市や社会に対する彼女の視覚的評価 をより鮮明にしたと指摘している。セキュラは彼女の作品をスイス生まれのロバート・フランクの写真と比較している[17]。

マルーフは彼女の作品についてこう語っている: 「シカゴのオールド・ポーリッシュ・ダウンタウンに集まる年配の人々、派手な格好をした下町の人々、そして都会のアフリカ系アメリカ人の体験は、すべてマ イアーのレンズにとって公平なゲームだった」[33] 写真家のメアリー・エレン・マークは、彼女の作品をヘレン・レビット、ロバート・フランク、リセット・モデル、ダイアン・アーバスの作品と比較している。 同じくストリートフォトグラファーであるジョエル・マイヤーウィッツは、マイヤーの作品は「彼女が『本物の撮影者』であったことを証明するような、人間理 解、温かさ、遊び心に満ちている」と述べている[34]。

インディペンデント』紙の批評家は、「シカゴの裕福な買い物客は、マイアーの前ではデパートの装飾品を身にまとって散歩し、ゴシップを交わしているが、最 も目を引く被写体は、1950年代と1960年代の成功した裕福なアメリカの片隅にいる人々である。 「27]。マイヤーの写真のほとんどはモノクロで、その多くは、「それにもかかわらず、根底に重厚さと感情を持っている」[10]一過性の瞬間に捕らえら れた通行人の何気ないショットである。

1952年、彼女は初めてローライフレックスカメラを購入。その後、Rolleiflex 3.5T、Rolleiflex 3.5F、Rolleiflex 2.8C、Rolleiflex Automatなどを使用。その後、ライカIIIcレンジファインダーカメラ、アイハギーExakta、ツァイスContarexなどの一眼レフカメラも 使用した。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙に寄稿したウィリアム・マイヤーズは、マイヤーは35mmカメラではなく、中判のローライフレックスを使用していたた め、彼女の写真は多くのストリート写真家の写真よりもディテールが際立つと指摘している。彼は、彼女の作品はハリー・キャラハン、ギャリー・ウィノグラン ド、ウィージー、そしてロバート・フランクの写真を思い起こさせると書いている。また、彼女の作品にはセルフポートレートが多く、「まるで自分自身のアイ デンティティを確認するかのように、あるいは環境の中に自分自身を挿入するかのように、多くの独創的な順列がある」とも述べている。影のような人物で、彼 女はしばしば自分の影を撮影したが、それはおそらく、そこに存在すると同時に、まったくそこに存在しないことを示す方法だった」[36]。

ニューヨーク・タイムズ紙に寄稿したロベルタ・スミスは、マイアーの写真がいかに多くの20世紀の有名な写真家を彷彿とさせながら、独自の美学を持ってい るかに注目している。ウィージー、ロバート・フランク、リチャード・アヴェドンを含む、思いつく限りの有名写真家の作品に近づき、そして別の方向へと滑り 落ちていく。しかし、彼らは独特の落ち着き、構図の明確さ、急激な動きや極端な感情の欠如によって特徴づけられる優しさを保っている」[37]。

1970年代後半、マイヤーはローライフレックスの使用を中止。1980年代と1990年代に撮影された彼女の写真のほとんどは、エクタクロームフィルムで撮影されたカラー・トランスペアレンシーであった[38]。
Legacy

Rue Vivian Maier in Paris.
A documentary on Maier, Finding Vivian Maier, was released in 2013. It featured some of the now grown children whom Maier had cared for in the 1950s, '60s, and '70s, who recalled how she combined her work as a photographer with her day job as a nanny.[15]

In the 2014 to 2015 school year at the School of the Art Institute of Chicago, the Vivian Maier Scholarship Fund was established to provide opportunity to female students with need for additional financial resources.[39] The scholarship was endowed through donations by Maloof, Siskel and Howard Greenberg,[39] the owner of Howard Greenberg Gallery which exhibits and deals her work.[40] Maloof used the funds received from print sales and his film Finding Vivian Maier to help create the scholarship with the intention for it to be permanent and offered on a yearly basis.[41] With no application process, the money will be awarded to students not based on degree, enrollment year, or medium they are working within, allowing artistic freedom to the recipients.[39] The names of recipients have not been publicly released.

Documentary films about Maier
Vivian Maier: Who Took Nanny's Pictures (2013) – directed by Jill Nicholls, produced by the BBC[42]
The Vivian Maier Mystery (2013) – re-cut and released in the U.S.[43]
Finding Vivian Maier (2013) – directed by Maloof and Charlie Siskel[44][45]
The Woman in the Mirror (2017) – directed by Ryan Alexander Huang, biographical short film[46]
Archives
In 2017, the University of Chicago Library announced that a research collection of Maier images was donated by Maloof.[47]
遺産

パリのヴィヴィアン・マイヤー通り。
2013年、マイヤーのドキュメンタリー映画『Finding Vivian Maier』が公開された。このドキュメンタリーでは、1950年代、60年代、70年代にマイヤーが世話をしていた、今は成人した子供たちが登場し、彼 女が写真家としての仕事と乳母としての本業をどのように両立させていたかを回想している[15]。

シカゴ美術館付属学校の2014年から2015年にかけて、さらなる経済的支援を必要とする女子学生に機会を提供するため、ヴィヴィアン・マイヤー奨学金 基金が設立された[39]。この奨学金は、マルーフ、シスケル、そして彼女の作品を展示・販売しているハワード・グリーンバーグ・ギャラリーのオーナーで あるハワード・グリーンバーグ[39]の寄付によって設立された。 [40]マルーフは、版画の売上げと彼の映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』から得た資金を奨学金の創設に充て、恒久的で毎年支給されることを意図し ている[41]。申請手続きなしで、学位や入学年度、制作している媒体などに基づかない奨学金が学生に授与されるため、受給者には芸術的自由が与えられて いる[39]。

マイヤーに関するドキュメンタリー映画
Vivian Maier: Who Took Nanny's Pictures』(2013年)-ジル・ニコルズ監督、BBC制作[42]。
The Vivian Maier Mystery』(2013年)-再編集され、アメリカで公開された[43]。
ヴィヴィアン・マイヤーを探して』(2013年)-マルーフとチャーリー・シスケル監督[44][45]。
鏡の中の女』(2017年)-ライアン・アレクサンダー・ファン監督、伝記的短編映画[46]。
アーカイブ
2017年、シカゴ大学図書館は、マルーフによってメイアの画像の研究コレクションが寄贈されたことを発表した[47]。




リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j