sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

社畜とパーキンソンの法則

Wage Slave ad thier Parkinson's law

池田光穂

★ このページの目的は、ノースコート・パーキンソンの法則が、行政、官僚、役人制度のみならず、賃金奴隷(wage slave)たる人たちにも適用できる ことを示すためである。

☆The purpose of this page is to show that Northcote-Parkinson's law applies not only to the administrative, bureaucratic, and civil service systems, but also to those who are wage slaves.

Shachiku ist ein Begriff, der vor allem in Japan verwendet wird, um sich über den Zustand von Lohnempfängern lustig zu machen, die von dem Unternehmen, für das sie arbeiten, domestiziert wurden, ihren eigenen Willen und ihr Gewissen aufgegeben haben und zu Sklaven (Vieh) geworden sind, die bereit sind, Überstunden zu machen und umzuziehen. Der Begriff ist geprägt und umgangssprachlich für "Unternehmen + Vieh" und hat für Außenstehende eine abwertendere Konnotation als "Firmenmensch" oder "Firmenkrieger".

Nicht nur Vollzeitbeschäftigte (reguläre Arbeitnehmer), sondern auch nicht regulär Beschäftigte im Allgemeinen (Teilzeitbeschäftigte, geringfügig Beschäftigte, Zeitarbeiter, Leiharbeiter usw.), die z. B. zu langen Arbeitszeiten gezwungen werden oder keine Überstundenvergütung erhalten.

Ein ähnlicher Begriff existiert in der englischsprachigen Welt: "wage slave".
社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣 らされ、自分の意思と良心を放棄し、サービス残業や転勤もいとわない奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄、あるいは自嘲する言葉である。「会社+ 家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。

正社員(正規雇用)のみならず、非正規雇用全般(アルバイト・パートタイム・派遣社員・契約社員・嘱託社員等)でも、長時間の勤務を強いられたり、残業手 当が支給されないといった理由もある。

英語圏では同様の概念として、「wage slave」(賃金奴隷)が存在する。
Shachiku" is a term used mainly in Japan to ridicule or self-deride the condition of wage earners who have been domesticated by the company they work for and have abandoned their own will and conscience, becoming slaves (livestock) who are willing to work overtime or be transferred to another company. It is a coined word and slang term derived from "company + livestock," and has a connotation of being mocked by outsiders more than "company man" or "company warrior.

Not only full-time (regular) employees, but also non-regular employees in general (part-time, part-time, dispatched, contract, temporary staff, etc.) are forced to work long hours and are not paid for overtime, among other reasons.

In English-speaking countries, a similar concept, "wage slave," exists.


☆ パーキンソンの法則とは、行政、官僚制、役人制度の持続時間は、やるべき仕事の量に 関係なく、割り当てられた時間を埋め るように拡大するという観察である。

★Parkinson's law is the observation that the duration of public administration, bureaucracy and officialdom expands to fill its allotted time span, regardless of the amount of work to be done. This was attributed mainly to two factors: that officials want subordinates, not rivals, and that officials make work for each other.

It was first published in 1955 by the naval historian C. Northcote Parkinson as an essay in The Economist.[1] He gave, as examples, the growth in the size of the British Admiralty and Colonial Office even though the numbers of their ships and colonies were declining.

The growth was presented mathematically with the formula , in which k was the number of officials wanting subordinates, m was the hours they spent writing minutes to each other and so on.
x – number of new employees to be hired annually
k – number of employees who want to be promoted by hiring new employees
m – number of working hours per person for the preparation of internal memoranda (micropolitics)
P – difference: age at hiring − age at retirement
n – number of administrative files actually completed

The essay was then published with other similar essays as a successful book: Parkinson's Law: The Pursuit of Progress. It was translated into many languages as the law seemed to apply in other countries too.
パーキンソンの法則とは、行政、官僚制、役人制度の持続時間は、やるべき仕事の量に関係なく、割り当てられた時間を埋め るように拡大するという観察である。

この法則は、海軍史家のC・ノースコート・パーキンソンが1955年に『エコノミスト』誌のエッセイとして発表した[1] 。

この成長を数学的に表すと、次のようになる。kは部下を求める役人の数、mは彼らが互いに議事録を書くのに費やした時間、などである。

x - 年間新規採用予定従業員数
k - 新規採用によって昇進を希望する従業員の数
m - 社内備忘録作成のための一人当たりの労働時間数(ミクロポリティクス)
P - 差:採用時年齢-定年時年齢
n - 実際に完成した管理ファイルの数

このエッセイはその後、他の同様のエッセイとともに書籍として出版され、成功を収めた: パーキンソンの法則: 進歩の追求』である。この法則は他の国でも適用されるようで、多くの言語に翻訳された。

History
Articulated by Cyril Northcote Parkinson as part of the first sentence of an essay published in The Economist in 1955 and since republished online,[1][2] it was reprinted with other essays in the book Parkinson's Law: The Pursuit of Progress (London, John Murray, 1958). He derived the dictum from his extensive experience in the British Civil Service.

A current form of the law is not the one to which Parkinson referred by that name in the article, but rather a mathematical equation describing the rate at which bureaucracies expand over time. Much of the essay is dedicated to a summary of purportedly scientific observations supporting the law, such as the increase in the number of employees at the Colonial Office while the British Empire declined (he showed that it had its greatest number of staff when it was folded into the Foreign Office due to a lack of colonies to administer). He explained this growth using two forces: (1) "An official wants to multiply subordinates, not rivals", and (2) "Officials make work for each other." He noted that the number employed in a bureaucracy rose by 5–7% per year "irrespective of any variation in the amount of work (if any) to be done".

Parkinson's Law was translated into many languages. It was highly popular in the Soviet Union and its sphere of influence.[3] In 1986, Alessandro Natta complained about the swelling bureaucracy in Italy. Mikhail Gorbachev responded that "Parkinson's law works everywhere."[4]


歴史
シリル・ノースコート・パーキンソンが1955年に『エコノミスト』誌に発表したエッセイの冒頭で述べたもので、その後オンラインで再出版された[1] [2]: The Pursuit of Progress (London, John Murray, 1958)に他のエッセイとともに再録されている。彼は、英国公務員での豊富な経験からこの格言を導き出した。

この法則の現在の形は、論文の中でパーキンソンがその名で言及したものではなく、官僚組織が時間とともに拡大する速度を記述する数学的方程式である。エッ セイの大部分は、大英帝国が衰退する一方で植民地庁の職員数が増加したこと(彼は、管理する植民地が不足して外務省に統合されたときに、植民地庁の職員数 が最大になったことを示した)など、この法則を裏付ける科学的観察と称するものの要約に費やされている。彼はこの成長を2つの力を使って説明した: (1)「役人はライバルではなく部下を増やしたがる」、(2)「役人はお互いのために仕事を作る」。彼は、官僚機構に雇用される人数は、「(仮に仕事が あったとしても)仕事の量の変動とは無関係に」毎年5~7%ずつ増加すると指摘した。

パーキンソンの法則は多くの言語に翻訳された。1986年、アレッサンドロ・ナッタはイタリアで膨張する官僚機構について苦言を呈した。ミハイル・ゴルバ チョフは「パーキンソンの法則はどこでも通用する」と答えた[4]。
Corollaries
The first-referenced meaning of the law - "Work complicates to fill the available time" - has dominated, and sprouted several corollaries, the best known being the Stock–Sanford[who?] corollary to Parkinson's law:

If you wait until the last minute, it only takes a minute to do.[5]

Other corollaries include Horstman's corollary to Parkinson's law, coined by Mark Horstman of website manager-tools.com:[6]

Work contracts to fit in the time we give it.[7]

the Asimov corollary to Parkinson's law:

In ten hours a day you have time to fall twice as far behind your commitments as in five hours a day.[8]

as well as corollaries relating to computers, such as:

Data expands to fill the space available for storage.[9]
補足
最初に言及された法則の意味、すなわち「空いた時間を埋めるために仕事は複雑になる」は、一世を風靡し、いくつかの傍証を生んだ。最もよく知られているの は、パーキンソンの法則に対するストック・サンフォード[誰?

ギリギリまで待てば、1分で済む」[5]。

その他にも、ウェブサイトmanager-tools.comのマーク・ホーストマンによって作られたパーキンソンの法則に対するホーストマンの定理があ る:[6]。

仕事は、私たちが与えた時間に収まるように契約する[7]。

パーキンソンの法則に対するアシモフの定理:

1日10時間では、1日5時間よりも2倍約束から遅れる時間がある[8]。

また、コンピュータに関する次のような定理もある:

データは、ストレージに利用可能なスペースを埋めるように拡大する。
Related efficiency
Parkinson also proposed a rule about the efficiency of administrative councils. He defined a "coefficient of inefficiency" with the number of members as the main determining variable. This is a semi-humorous attempt to define the size at which a committee or other decision-making body becomes completely inefficient.

In Parkinson's Law: The Pursuit of Progress, London: John Murray, 1958 a chapter is devoted to the basic question of what he called comitology: how committees, government cabinets, and other such bodies are created and eventually grow irrelevant (or are initially designed as such). (The word comitology has recently been independently invented by the European Union for a different non-humorous meaning.)[10][11]

Empirical evidence is drawn from historical and contemporary government cabinets. Most often, the minimal size of a state's most powerful and prestigious body is five members. From English history, Parkinson notes a number of bodies that lost power as they grew:

The first cabinet was the Council of the Crown, now the House of Lords, which grew from an unknown number to 29, to 50 before 1600, by which time it had lost much of its power.
A new body was appointed in 1257, the "Lords of the King's Council", numbering fewer than 10. The body grew, and ceased to meet when it had 172 members.
The third incarnation was the Privy Council, initially also numbering fewer than 10 members, rising to 47 in 1679.
In 1715, the Privy Council lost power to the Cabinet Council with eight members, rising to 20 by 1725.
Around 1740, the Cabinet Council was superseded by an inner group, called the Cabinet, initially with five members. At the time of Parkinson's study (the 1950s), the Cabinet was still the official governing body. Parkinson observed that, from 1939 on, there was an effort to save the Cabinet as an institution. The membership had been fluctuating from a high of 23 members in 1939, down to 18 in 1954.
A detailed mathematical expression is proposed by Parkinson for the coefficient of inefficiency, featuring many possible influences. In 2008, an attempt was made to empirically verify the proposed model.[12] Parkinson's conjecture that membership exceeding a number "between 19.9 and 22.4" makes a committee manifestly inefficient seems well justified by the evidence proposed. Less certain is the optimal number of members, which must lie between three (a logical minimum) and 20. (Within a group of 20, individual discussions may occur, diluting the power of the leader.) That it may be eight seems arguable but is not supported by observation: no contemporary government in Parkinson's data set had eight members, and only the unfortunate king Charles I of England had a Committee of State of that size.
関連する効率性
パーキンソンはまた、行政議会の効率性に関するルールも提案した。彼は、メンバー数を主な決定変数とする「非効率係数」を定義した。これは、委員会などの 意思決定機関が完全に非効率になる規模を定義しようという、半ばユーモアのある試みである。

パーキンソンの法則 The Pursuit of Progress, London: 彼がコミトロジーと呼ぶものの基本的な問題に1章が割かれている(コミトロジーとは、委員会、政府内閣、その他のそのような組織がどのように作られ、やが て無用の存在になっていくのか(あるいは当初はそのように設計されているのか))。(コミトロジーという言葉は、最近、欧州連合(EU)によって、ユーモ アではない別の意味で独自に考案された)[10][11]。

経験的な証拠は、歴史上および現代の政府キャビネットから引き出される。多くの場合、国家の最も強力で権威ある機関の最小規模は5人である。パーキンソン はイギリスの歴史から、内閣が大きくなるにつれて権力を失っていった多くの組織について言及している:

最初の内閣は王室評議会(現在の貴族院)であったが、その人数は未知数から29人に増え、1600年までには50人になった。
1257年には、10人足らずの「国王評議会の諸侯」という新しい組織が任命された。この組織は成長し、172人のメンバーで構成されるようになった時点 で会議を終了した。
3代目は枢密院で、当初は10人未満だったが、1679年には47人に増加した。
1715年、枢密院は8人の内閣評議会に権力を奪われ、1725年には20人に増えた。
1740年頃、内閣評議会は内閣と呼ばれる内部グループに取って代わられ、当初は5人のメンバーで構成されていた。パーキンソンの研究当時(1950年 代)、内閣はまだ公式の統治機関であった。パーキンソンの観察によると、1939年以降、内閣を組織として保存しようとする動きがあった。内閣のメンバー は、1939年の最高23人から、1954年には18人にまで減少した。
パーキンソンは、非効率係数について詳細な数式を提唱しており、考えられる多くの影響を特徴としている。2008年、提案されたモデルを実証的に検証する 試みが行われた[12]。委員数が「19.9~22.4」の間を超えると、委員会は明らかに非効率になるというパーキンソンの推測は、提案された証拠に よって十分に正当化されるように思われる。より確実でないのは、最適なメンバー数で、3人(論理的最小値)から20人の間にあるはずである。(20人のグ ループ内では、個々の議論が起こり、リーダーの力が弱まる可能性がある)。パーキンソンのデータセットに含まれる現代政府には8人の委員を擁するものはな く、そのような規模の国務委員会を持っていたのは不運なイギリス王チャールズ1世だけである。
Other topics
Other chapters relate to what time to arrive at a cocktail party, how best to select applicants, what is the best age to retire, and "injelitance": the disastrous rise to authority of individuals with an unusually high combination of incompetence and jealousy expressed in the chemical formula I3J5.

He also wrote the book Mrs. Parkinson's Law: and Other Studies in Domestic Science.
その他のトピック
その他の章では、カクテルパーティに何時に到着すべきか、応募者をどのように選ぶのがベストか、引退に最適な年齢は何歳か、「インジェリタンス」 (I3J5という化学式で表される、無能と嫉妬の組み合わせが異常に高い人物が権威にのし上がる悲惨なこと)に関するものなどがある。

また、『パーキンソン夫人の法則』(原題:Mrs. Parkinson's Law: and Other Studies in Domestic Science)という著書もある。










リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j