sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

セリア・ヌタール

ゼリア・ナトル, Zelia Nuttall 1857-1933


Folio fifty enthroned Mixtec ruler, Eight Deer Jaguar-Claw (detail), Codex Zouche-Nuttall, 1200-1521, C.E., Mixtec, Late Postclassic period,  deer skin, 47 leaves, each 19 x 23.5 cm, Mexico © Trustees of the British Museum

池田光穂

☆セリア・マリア・マグダレナ・ナトール(1857年9月6日 - 1933年4月12日)は、アステカ以前のメキシコ文化とコロンブス以前の写本を専門とするアメリカの考古学者、人類学者。彼女は個人所蔵のこの種の写本 を2点発見し、そのうちの1点がCodex Zouche-Nuttallであった。彼女は、先アステカ時代にさかのぼる遺物を最初に特定し、認識した一人である

Zelia Maria Magdalena Nuttall (6 September 1857 – 12 April 1933) was an American archaeologist and anthropologist specialised in pre-Aztec Mexican cultures and pre-Columbian manuscripts. She discovered two forgotten manuscripts of this type in private collections, one of them being the Codex Zouche-Nuttall. She was one of the first to identify and recognise artefacts dating back to the pre-Aztec period.[1]
セ リア・マリア・マグダレナ・ナトール(1857年9月6日 - 1933年4月12日)は、アステカ以前のメキシコ文化とコロンブス以前の写本を専門とするアメリカの考古学者、人類学者。彼女は個人所蔵のこの種の写本 を2点発見し、そのうちの1点がCodex Zouche-Nuttallであった。彼女は、先アステカ時代にさかのぼる遺物を最初に特定し、認識した一人である[1]。
Biography
Nuttall was born in San Francisco, California, on 6 September 1857, the second of six children to Irish father Robert Kennedy Nuttall, a physician, and Mexican-American mother Magdalena Parrott.[2] Her grandfather was John Parrott, one of San Francisco's richest bankers.[3] When she was eight, the family moved to Europe where she was educated in France, Germany, Italy, and Bedford College in London. Nuttall became an excellent linguist, fluent in four languages and conversant in others.[4]

When the family returned to San Francisco in 1879, she met the French ethnologist, Alphonse Pinart, who was in the city on an ethnological mission for the French government. The couple married in 1880 and Zelia traveled with her husband while he conducted research in the West Indies, France, and Spain. A year later they separated just before the birth of their daughter. They formally divorced in 1888 and Zelia and her daughter returned to her maiden name. At the time of her divorce she also left the Catholic Church.[5]

In 1884 Nuttall made her first trip to Mexico where she spent five months with her mother's wealthy family. During her stay she developed a life-long interest in Mexican history and archaeology. In 1886 she published her first professional article, "Terra Cotta Heads of Teotihuacan" for the American Journal of Archaeology. Nuttall demonstrated the figures were older than previously thought and used in funerary practices. The paper was well received by professionals in the field. She was admitted to the Archaeological Institute of America and the equally acclaimed American Philosophical Society. Frederic Ward Putnam, curator of the Peabody Museum at Harvard, named her special assistant in Mexican archaeology, an honorary post she held for forty-seven years.[6][4]

Frederic Putnam and German-American anthropologist Franz Boas saw her as an excellent mediator between Americanist circles in different countries because of her education and cosmopolitan relations. In his 1886 annual report for the museum, Putnam praised Nuttall as "familiar with the Nahuatl language, having intimate and influential friends among the Mexicans, and with an exceptional talent for linguistics and archaeology."[1] Her family background made her an ideal partner for relations with Mexico. This would play an important role in the creation of the institution of international cooperation International School of American Archeology and Ethnology in Mexico.[7]


Feather Piece; Head-dress (Standard) preserved at Ethnographical Museum, Vienna[8]
In 1886 Nuttall traveled with her brother to Europe and established her home in Dresden, Germany. She spent the next twelve years searching libraries and museums throughout Europe for information on the history of Mexico. One of her most important finds was a pre-Columbian document of Mixtec pictographs, now known as the Codex Nuttall. She found the manuscript in a private library of Baron Zouche in England. Nuttall was unable to acquire the codex but hired an artist to make a careful copy which was published by the Peabody Museum in 1902. Another important discovery was the Codex Magliabecchiano, which she published in 1903 under the title The Book of the Life of the Ancient Mexicans with an introduction, translation, and commentary. Her claim of discovery was later disputed by a European scholar who reported his find somewhat earlier but it was Nuttall who publicized the document and made it accessible to a broad audience.[4][9] In 1901, Nuttall published her largest academic work, The Fundamental Principles of New and Old World Civilizations. Although well received at the time, some of her theories were incorrect. She argued that seafaring Phoenicians sailed to the Americas and as a result of this influence, Meso-American civilizations had developed in parallel with those in Egypt and the Middle East. Archaeologists have since rejected this idea.[9]

During one of her trips back to California, Nuttall met the wealthy philanthropist, Phoebe Hearst. Hearst became a friend, patron, and an important influence in Nuttall's career. Under Hearst's sponsorship, Nuttall joined a mission to Russia organized by the University of Pennsylvania to collect ethnographic materials for their museum. In 1901 Hearst sponsored the establishment of an anthropology department and museum at the University of California, Berkeley, and invited Nuttall to serve on the organizing committee.[10]

In 1902 Nuttall returned to Mexico and worked under the auspices of the new Berkeley anthropology department. Hearst provided funds to purchase a large Spanish colonial mansion near Mexico City. Her home, which she renamed Casa de Alvarado, became her archaeological headquarters, laboratory and a meeting place for scientists and intellectuals.[7][10] D. H. Lawrence was one of her house guests and he purportedly based his character Mrs. Norris in The Plumed Serpent after Nuttall.[4] Nuttall developed a passion for gardening at Casa Alvarado. She studied Mexican garden art, grew medicinal herbs, and collected seeds of ancient Mexican food plants with the intention of introducing them into the United States. She also assisted in the introduction of taro cultivation in Orizaba.[1]

In 1908, while doing research in the National Archives of Mexico, Nuttall came across a previously unknown manuscript relating to the voyage of Francis Drake's circumnavigation. The discovery prompted her to search archives in New York, Spain, Italy, and France, as well as archives in the Bodleian Library, British Museum and Public Record Office in London for other unpublished documents relating to Drake and John Hawkins. The results of her search, more than 65 previously unpublished documents, were translated and included in her book, New Light on Drake: A Collection of Documents Relating to his Voyage of Circumnavigation, 1577-1580 published in 1914.[1][10] Based on her research, Nuttall believed that Drake had sailed much further north than was commonly believed along the west coast of North America. She summarized her thesis in a paper, "The Northern Limits of Drake's Voyage in the Pacific", delivered at the Panama-Pacific Historical Congress in 1915. In 1916 she traveled to the Strait of Juan de Fuca between Vancouver Island and Washington State to confirm the details of Drake's travels.[10]

Nuttall was active in Mexican archaeology for most of her career, but her only attempt to direct a large archaeological project, on Isla de Sacrificios, Mexico, was thwarted by Leopoldo Batres, Mexico's inspector of monuments. After performing preliminary research on the island and obtaining funds from the Mexican government, Nuttall was pushed aside by Batres who appointed himself director of the project. She published a full account of the incident in the American Anthropologist in 1910.[4]

Nuttall died on April 12, 1933, at her home near Mexico City. Per her instructions, all of her personal papers were destroyed. The Mexican government seized her residence as payment for taxes and her extensive library was sold to pay off debts.[1][11]

Nuttall was a member of several academic institutions, including the Harvard Peabody Museum and the National Museum of Anthropology in Mexico City and she carried out most of her activities without pay and on a fee-for-service basis. In 1895, she was elected as a member of the American Philosophical Society.[12]
略歴
ナッタルは1857年9月6日、医師であったアイルランド人の父ロバート・ケネディ・ナッタルとメキシコ系アメリカ人の母マグダレナ・パロットの間に6人 兄弟の2番目としてカリフォルニア州サンフランシスコで生まれた[2]。祖父はサンフランシスコで最も裕福な銀行家の一人であったジョン・パロット [3]。8歳のとき、一家はヨーロッパに移り、フランス、ドイツ、イタリア、ロンドンのベッドフォード・カレッジで教育を受けた。ナッタルは優れた言語学 者となり、4ヶ国語に堪能で、その他の言語にも通じた[4]。

1879年に一家がサンフランシスコに戻ると、彼女はフランス政府の民族学ミッションでサンフランシスコに滞在していたフランス人民族学者アルフォンス・ ピナールと出会う。1880年に結婚し、夫が西インド諸島、フランス、スペインで調査をしている間、ゼリアは夫と旅をした。1年後、娘が生まれる直前に別 居。1888年に正式に離婚し、ゼリアと娘は旧姓に戻った。離婚と同時に彼女はカトリック教会からも離れた[5]。

1884年、ナタールは初めてメキシコを訪れ、母親の裕福な家族のもとで5ヶ月を過ごした。滞在中、彼女はメキシコの歴史と考古学に生涯の関心を抱くよう になる。1886年、彼女は最初の専門的論文「テオティワカンのテラコッタの頭部」をAmerican Journal of Archaeology誌に発表した。ナッタルは、この像が以前考えられていたよりも古く、葬儀に使われていたことを証明した。この論文は、その分野の専 門家から高い評価を得た。彼女はアメリカ考古学協会と、同じく評価の高いアメリカ哲学協会に入会した。ハーバード大学ピーボディ博物館の学芸員であったフ レデリック・ウォード・パットナムは、彼女をメキシコ考古学の特別助手に任命し、47年間名誉職を務めた[6][4]。

フレデリック・パトナムとドイツ系アメリカ人の人類学者フランツ・ボースは、彼女の教養と国際的な関係から、彼女を各国のアメリカ主義者サークル間の優れ た仲介者と見なした。1886年の博物館の年次報告書の中で、パトナムはナタールを「ナワトル語に精通し、メキシコ人の間に親密で影響力のある友人を持 ち、言語学と考古学に卓越した才能を持っている」と称賛している[1]。このことは、メキシコに国際協力機関International School of American Archeology and Ethnologyを設立する上で重要な役割を果たすことになる[7]。


ウィーンの民族学博物館に保存されているヘッドドレス(スタンダード)[8]。
1886年、ナッタールは兄とともにヨーロッパに渡り、ドイツのドレスデンに家を構えた。それから12年間、彼女はメキシコの歴史に関する情報を求めて ヨーロッパ中の図書館や博物館を探し回った。彼女の最も重要な発見のひとつは、現在「ナッタール写本」として知られているミクステカ絵文字の先コロンビア 時代の文書であった。彼女はこの写本をイギリスのズーシュ男爵の私設図書館で発見した。ナッタールは写本を手に入れることはできなかったが、画家を雇って 丁寧な複製を作らせ、1902年にピーボディ博物館が出版した。もう一つの重要な発見はマリアベッキアーノ写本で、彼女は1903年に『古代メキシコ人の 生活の書』というタイトルで序文、翻訳、解説を付して出版した。1901年、ナッタルは自身最大の学術書である『新旧世界文明の基本原理』を出版した。当 時は好評を博したが、彼女の理論の中には正しくないものもあった。彼女は、海を航海するフェニキア人がアメリカ大陸まで航海し、その結果、中米文明がエジ プトや中東の文明と並行して発展したと主張した。その後、考古学者たちはこの考えを否定している[9]。

カリフォルニアに戻る旅の途中、ナッタールは裕福な慈善家フィービー・ハーストに出会った。ハーストは友人となり、後援者となり、ナッタルのキャリアに重 要な影響を与えた。ハーストの後援のもと、ナッタールはペンシルベニア大学が組織したロシアへのミッションに参加し、博物館のための民族誌資料を収集し た。1901年、ハーストはカリフォルニア大学バークレー校に人類学部と博物館を設立するスポンサーとなり、ナッタールを組織委員会のメンバーに招いた [10]。

1902年、ナッタールはメキシコに戻り、バークレーの新しい人類学部の後援のもとで働いた。ハーストはメキシコシティ近郊にスペイン植民地時代の大きな 邸宅を購入する資金を提供した。カサ・デ・アルバラードと改名した彼女の自宅は、考古学の本部、研究室、科学者や知識人の集いの場となった[7] [10]。D・H・ロレンスは彼女の邸宅の宿泊客の一人であり、彼はナッタルにちなんで『クモのヘビ』の登場人物ノリス夫人をモデルにしたと言われている [4]。彼女はメキシコの庭園芸術を研究し、薬草を栽培し、古代メキシコの食用植物の種子をアメリカに紹介する目的で収集した。また、オリサバでのタロイ モ栽培の導入にも協力した[1]。

1908年、メキシコ国立公文書館で調査をしていたナッタールは、フランシス・ドレイクの世界一周航海に関する、それまで知られていなかった写本に出会っ た。この発見をきっかけに、彼女はニューヨーク、スペイン、イタリア、フランスの公文書館や、ロンドンのボドリアン図書館、大英博物館、公文書館の公文書 館を探し、ドレークとジョン・ホーキンスに関する他の未公開文書を探した。その結果、65以上の未公開文書が翻訳され、彼女の著書『New Light on Drake』に収録された: 彼女の調査によると、ドレークは北アメリカ西海岸を一般に信じられているよりもはるかに北へ航海したと考えられていた。彼女は1915年のパナマ太平洋歴 史会議で発表した論文「太平洋におけるドレークの航海の北限」にその論文をまとめた。1916年、彼女はバンクーバー島とワシントン州の間のファン・デ・ フーカ海峡を訪れ、ドレークの航海の詳細を確認した[10]。

ナトールはキャリアのほとんどをメキシコ考古学で活動していたが、メキシコのサクリフィシオス島で大規模な考古学プロジェクトを指揮しようとした唯一の試 みは、メキシコの遺跡監督官レオポルド・バトレスによって阻止された。島で予備調査を行い、メキシコ政府から資金を得た後、ナッタールはバトレスに押し切 られ、バトレスは自らプロジェクトの責任者に任命した。彼女は1910年に『American Anthropologist』誌にこの事件の全容を発表した[4]。

1933年4月12日、ナッタールはメキシコシティ近郊の自宅で死去した。彼女の指示により、私物はすべて破棄された。メキシコ政府は税金の支払いとして彼女の住居を差し押さえ、彼女の膨大な蔵書は借金返済のために売却された[1][11]。

ナタールは、ハーバード大学ピーボディ博物館やメキシコシティの国立人類学博物館を含むいくつかの学術機関のメンバーであり、彼女はその活動のほとんどを無給で有償で行った。1895年にはアメリカ哲学協会の会員に選出された[12]。
Defence of Mesoamerican cultures
Nuttall investigated Mexico's past to give recognition and pride to its present at a time where Western archaeology favoured salacious narratives of ancient Mesoamericans.[citation needed] In 1897, Nuttall published Ancient Mexican Superstitions in The Journal of American Folklore.[13] In it, she criticised the representation of ancient Mexicans as "bloodthirsty savages, having nothing in common with civilised humanity". "Such a hold upon the imagination that it effaces all other knowledge about the ancient civilisation of Mexico", she wrote. She hoped her work would "lead to a growing recognition of the bonds of universal brotherhood which unite the present inhabitants of this great and ancient continent to their not unworthy predecessors."

Outside of her work in anthropology and archaeology, Nuttall, partnered with Phoebe Hearst, worked to educate and preserve the heritage of indigenous Mexicans. One of her students was Manuel Gamio, who would eventually become one of Mexico's most famous archaeologists.

Nuttall advocated for the revival of Mexican traditions that had been eradicated during the Spanish conquest. In 1928, she called for a renewed celebration of the indigenous New Year, which was traditionally observed twice annually by numerous Mesoamerican cultures. That year, Mexico City celebrated the Aztec New Year for the first time since 1519.[9]

Penn Museum mission to Russia

Zelia Nuttall collected this lithograph, along with others, of Czar Nicholas II and Czarina Alexandra's royal coronation where she was a guest. The lithographs are currently stored in the Penn Museum archives.

Zelia Nuttall was sent to Russia in 1894 as a representative of the Penn Museum to establish exchanges with Russian museums and offer financial assistance to Russian archaeological excavations in exchange for a share of their discoveries. Sara Yorke Stevenson, a member of the Penn Museum's Board of Managers and Curator of the Egyptian Section, chose Nuttall as the Museum's representative because of Nuttall's knowledge of Russian. The opportunity for Nuttall to attend the coronation of Nicholas II and Alexandra Feodorovna opened when noted philanthropist Phoebe Hearst cancelled her trip to the coronation, and passed the opportunity to the Penn Museum, along with the funds to defray travel expenses and acquire collections.[14]

While Nuttall was in Moscow to attend the coronation, she set up several exchanges between Russian museums and the Penn Museum. In addition, she visited the Pan-Russian Industrial and Art Exhibition at Nizhny Novgorod, where she inspected numerous artifacts from regions as distant as Siberia, and collected more than 400 items from Russia, Finland, Poland, and Russian Turkestan. The artifacts included religious objects, musical instruments, pottery, color lithographs of the 1894 Russian coronation ceremony, and more. She also acquired a photograph collection illustrating customs of the Kyrgyz people from the vicinity of Tashkent and Samarkand.[14]
メ ソアメリカ文化の擁護1897年、ナッタールは『アメリカ民俗学雑誌』(The Journal of American Folklore)に『古代メキシコの迷信』(Ancient Mexican Superstitions)を発表した[13]。 その中で彼女は、古代メキシコ人を「血に飢えた野蛮人であり、文明的な人類とは何の共通点もない」と表現することを批判した。「メキシコの古代文明に関す る他のすべての知識を消し去るほど、想像力を支配している」と彼女は書いている。彼女は自分の研究が、「この偉大で古い大陸の現在の住民と、決してふさわ しくない先人たちを結びつける普遍的な兄弟愛の絆を、ますます認識させるきっかけになる」ことを望んでいた。

人類学と考古学の仕事以外では、ナトールはフィービー・ハーストと組んで、メキシコ先住民の教育と遺産の保護に努めた。彼女の教え子のひとりがマヌエル・ガミオで、彼は後にメキシコで最も有名な考古学者のひとりとなる。

ナタールは、スペインによる征服時代に根絶やしにされたメキシコの伝統の復活を提唱した。1928年、彼女は多くのメソアメリカ文化圏で伝統的に年2回行 われていた土着の新年を再び祝うよう呼びかけた。その年、メキシコシティは1519年以来初めてアステカの新年を祝った[9]。

ロシアへのペン博物館のミッション

ゼリア・ナットールは、ニコライ2世とアレクサンドラ皇帝の戴冠式を撮影したこのリトグラフを他の作品とともに収集した。リトグラフは現在、ペン美術館のアーカイブに保管されている。

ゼリア・ナットールは1894年、ペン博物館の代表としてロシアに派遣され、ロシアの博物館との交流を築き、ロシアの考古学的発掘に資金援助を提供し、そ の発見物の分け前を得た。ペンシルベニア博物館の理事会メンバーでエジプト部門の学芸員であったサラ・ヨーク・スティーブンソンは、ロシア語の知識を持つ ナッタルを博物館の代表に選んだ。ニコライ2世とアレクサンドラ・フェオドロヴナの戴冠式に出席する機会を得たのは、著名な慈善家フィービー・ハーストが 戴冠式への旅行をキャンセルし、その旅費とコレクションを購入する資金をペン美術館に提供したためであった[14]。戴冠式に出席するためモスクワに滞在 していたナトールは、ロシアの博物館とペン美術館との間にいくつかの交流の場を設けた。さらに、ニジニ・ノヴゴロドで開催された汎ロシア工業・芸術博覧会 を訪れ、シベリアから遠く離れた地域の数多くの工芸品を視察し、ロシア、フィンランド、ポーランド、ロシア領トルキスタンから400点以上を収集した。そ の中には、宗教的な品々、楽器、陶器、1894年のロシア戴冠式のカラーリトグラフなどが含まれていた。彼女はまた、タシケントとサマルカンド近郊のキル ギス人の風俗を示す写真コレクションも入手した[14]。
Publications
Ancient manuscripts

Page 75 from the Codex Zouche-Nuttall. Three Lords in their canoes set off to conquer a city on an island
Nuttall was known for her ability to find lost or forgotten manuscripts and bring them to the attention of scholars.

She traced the Zapotecan manuscript, now known as the Codex Zouche-Nuttall, in the library of its owner, Baron Zouche of Haryngworth. A facsimile with an introduction by Nuttall was published in 1902 by the Peabody Museum.[15]
In 1890, she identified in the National Central Library of Florence the Codex Magliabecchiano, which she published in 1903 through the University of California under the title The Book of the Life of the Ancient Mexicans.[16] On that occasion, she entered into conflict with the Duke of Loubat, who published it in 1904 without crediting her with the discovery.[17]
In 1911, she found at the National Library of Spain the unfinished text of Francisco Cervantes de Salazar's Crónica de la Nueva España, dating from about 1560 and tracing the history of the conquest of Mexico. This was published in 1914[18][19]
She discovered a manuscript in National Library at Madrid relating to the prevention and cure of plague in Spain in 1600–1601. This was published in English translation in 1912[20]
She collected the manuscripts of Francis Drake and John Hawkins contained in the National Archives of Mexico, as well as in collections in New York, Spain, Italy, France and England (Bodleian Library, British Museum and Public Archives of London). The set was published in 1914 by the Hakluyt Society of London under the title A New Light on Drake. To complete the work, she traveled in 1916 to the Juan de Fuca Strait between Vancouver Island and Washington State to confirm the details of Drake's travels.
Works
Nuttall, Zelia (1886). "The Terracotta Heads of Teotihuacan". American Journal of Archaeology. 2: 318–330. OCLC 25124813.
Nuttall, Zelia (1888). Standard or head-dress? An historical essay on a relic of ancient Mexico. Cambridge, Mass.: Peabody Museum of American Archaeology and Ethnology. OCLC 313707016.
Nuttall, Zelia (1891). The atlatl or spear-thrower of the ancient Mexicans. Cambridge, Massachusetts: Peabody Museum of American Archaeology and Ethnology. OCLC 3536622.
Nuttall, Zelia (1892). On ancient Mexican shields : an essay. Leiden: P.W.M. Trap. OCLC 458945327.
Nuttall, Zelia (1901). The fundamental principles of Old and New World civilizations : a comparative research based on a study of the Ancient Mexican religious, sociological and calendrical systems. Cambridge, Massachusetts: Peabody Museum of American Archaeology and Ethnology. OCLC 219742748.
Nuttall, Zelia (1983) [1903]. The book of the life of the ancient Mexicans : containing an account of their rites and superstitions : an anonymous Hispano-Mexican manuscript preserved at the Biblioteca nazionale centrale, Florence, Italy. Berkeley: University of California Press. OCLC 10719260.
Nuttall, Zelia (1904). A Penitential Rite of the Ancient Mexicans. Archaeological and Ethnological Papers of the Peabody Museum. Vol. 1. Cambridge, Massachusetts: The Museum. OCLC 2991502.
Nuttall, Zelia (1906). "The astronomical methods of the ancient Mexicans". In Laufer, Berthold (ed.). Boas Anniversary Volume. Anthropological papers written in honor of Franz Boas, Professor of Anthropology in Columbia University. New York: G.E. Stechert & Co. pp. 290–298.
Nuttall, Zelia (1910). "The island of Sacrificios". American Anthropologist. 12 (2): 257–295. doi:10.1525/aa.1910.12.2.02a00070. OCLC 29606682.
Nuttall, Zelia; Pedro Sarmiento de Gamboa; Nuno da Silva (1914). New Light on Drake: Documents Relating to his Voyage of Circumnavigation 1577-1580. London: Hakluyt Society. OCLC 2018572.

出版物古代写本

ズーシュ・ヌッタル写本から75ページ。カヌーに乗った3人の領主が島の都市を征服するために出発する。

ナッタールは、失われた写本や忘れ去られた写本を見つけ出し、学者たちの目に留まるようにする能力で知られていた。

彼女はサポテカ写本、現在ではズーチェ・ヌッタール写本として知られる写本を、その所有者であるハリーングワースのズーチェ男爵の書斎から探し出した。1902年、ピーボディ博物館によって、ナッタルの序文付きのファクシミリが出版された[15]。
1890年、彼女はフィレンツェ国立中央図書館で『マリアベッキアーノ写本』を発見し、1903年にカリフォルニア大学を通じて『古代メキシコ人の生活の 書』というタイトルで出版した[16]。その際、彼女はルバ公爵と対立し、ルバ公爵は1904年に彼女の発見を信用することなくこの写本を出版した [17]。
1911年、彼女はスペイン国立図書館でフランシスコ・セルバンテス・デ・サラサールの『ヌエバ・エスパーニャ叙事詩』の未完のテキストを発見した。これは1914年に出版された[18][19]。
マドリードの国立図書館で、1600年から1601年のスペインにおけるペストの予防と治療に関する写本を発見。これは1912年に英訳出版された[20]。
メキシコ国立公文書館、ニューヨーク、スペイン、イタリア、フランス、イギリスのコレクション(ボドリアン図書館、大英博物館、ロンドン公文書館)にある フランシス・ドレイクとジョン・ホーキンスの写本を収集。この一式は1914年、ロンドンのハクリュイト協会から『A New Light on Drake』というタイトルで出版された。この仕事を完成させるため、彼女は1916年にバンクーバー島とワシントン州の間にあるファン・デ・フーカ海峡 を訪れ、ドレークの旅の詳細を確認した。
作品
Nuttall, Zelia (1886). 「The Terracotta Heads of Teotihuacan". American Journal of Archaeology. 2: 318-330. OCLC 25124813.
Nuttall, Zelia (1888). Standard or head-dress? An historical essay on a relic of ancient Mexico. Cambridge, Mass.: Peabody Museum of American Archaeology and Ethnology. OCLC 313707016.
Nuttall, Zelia (1891). The atlatl or spear-thrower of the ancient Mexicans. マサチューセッツ州ケンブリッジ: Peabody Museum of American Archaeology and Ethnology. OCLC 3536622.
Nuttall, Zelia (1892). On ancient Mexican shields : an essay. Leiden: P.W.M. Trap. OCLC 458945327.
Nuttall, Zelia (1901). The fundamental principles of Old and New World civilizations : a comparative research based on a study of the Ancient Mexican religious, sociological and calendrical systems. マサチューセッツ州ケンブリッジ: Peabody Museum of American Archaeology and Ethnology. OCLC 219742748.
Nuttall, Zelia (1983) [1903]. The book of the life of the ancient Mexicans : containing an account of their rites and superstitions : an anonymous Hispano-Mexican manuscript preserved at the Biblioteca nazionale centrale, Florence, Italy. Berkeley: カリフォルニア大学出版局。OCLC 10719260.
Nuttall, Zelia (1904). 古代メキシコ人の懺悔儀礼。Archaeological and Ethnological Papers of the Peabody Museum. 第1巻。マサチューセッツ州ケンブリッジ: The Museum. OCLC 2991502.
Nuttall, Zelia (1906). 「古代メキシコ人の天文学的方法". Laufer, Berthold (ed.). Boas Anniversary Volume. コロンビア大学人類学教授フランツ・ボースを記念して書かれた人類学論文集。New York: pp.290-298.
Nuttall, Zelia (1910). 「The island of Sacrificios". American Anthropologist. 12 (2): 257–295. doi:10.1525/aa.1910.12.2.02a00070. OCLC 29606682.
Nuttall, Zelia; Pedro Sarmiento de Gamboa; Nuno da Silva (1914). New Light on Drake: New Light on Drake: Documents Relating to his Voyage of Circumnavigation 1577-1580. London: Hakluyt Society. OCLC 2018572.



The Codex Zouche-Nuttall or Codex Tonindeye is an accordion-folded pre-Columbian document of Mixtec pictography, now in the collections of the British Museum. It is one of about 16 manuscripts from Mexico that are entirely pre-Columbian in origin. The codex derives its name from Zelia Nuttall, who first published it in 1902, and Baroness Zouche, its donor.[1][2]
ズー チェ・ヌッタール写本(Codex Zouche-Nuttall)またはトニンデアイ写本(Codex Tonindeye)は、アコーディオン折りにされたミックステカ絵画の先コロンビア時代の文書で、現在は大英博物館に収蔵されている。この写本は、メキ シコから出土した、完全に先コロンビア時代のものである約16点の写本のうちの1つである。この写本の名前は、1902年に最初に出版したゼリア・ナッ トールと、寄贈者であるズーシュ男爵夫人に由来する[1][2]。
Description
The Codex Zouche-Nuttall was probably made in the 14th century and is composed of 47 sections of animal skin with dimensions of 19 cm by 23.5 cm. The codex folds together like a screen and is vividly painted on both sides, and the condition of the document is by and large excellent. It is one of three codices that record the genealogies, alliances and conquests of several 11th and 12th century rulers of a small Mixtec city-state in highland Oaxaca, the Tilantongo kingdom, especially under the leadership of the warrior Lord Eight Deer Jaguar Claw (who died in the early twelfth century at the age of fifty-two).

The codex probably reached Spain in the 16th century. It was first identified at the Monastery of San Marco, Florence, in 1854 and was sold in 1859 to John Temple Leader who sent it to his friend Robert Curzon, 14th Baron Zouche. A facsimile was published while it was in the collection of Baron Zouche by the Peabody Museum of Archaeology and Ethnology, Harvard in 1902, with an introduction by Zelia Nuttall (1857–1933). The British Museum was loaned the manuscript in 1876 and acquired it in 1917.
詳細
ズーシュ・ヌッタール写本はおそらく14世紀に制作されたもので、19cm×23.5cmの大きさの47分割された獣皮で構成されている。写本は屏風のよ うに折り重ねられ、両面に鮮やかに描かれている。この写本は、11世紀から12世紀にかけて、オアハカ高原にあった小さなミステカの都市国家、ティラント ンゴ王国の支配者たち、特に戦士であった八鹿ジャガークロー卿(12世紀初頭に52歳で死去)の指導下にあった数人の系図、同盟、征服を記録した3冊の写 本のうちの1冊である。

この写本はおそらく16世紀にスペインに渡った。この写本は1854年にフィレンツェのサン・マルコ修道院で初めて確認され、1859年にジョン・テンプ ル・リーダーが売却し、友人のロバート・カーゾン(第14代ズーシュ男爵)に送られた。ズーシュ男爵が所蔵していた間に、1902年にハーバード大学ピー ボディ考古学民族学博物館から、ゼリア・ナットール(1857-1933)の序文付きでファクシミリが出版された。大英博物館には1876年に貸与され、 1917年に収蔵された。
, in the British Museum

Codex Waecker-Gotter -
【参照】サンチェス=ソリス写本またはエガートン写本としても知られるヴェッカー=ゴッター写本
The Codex Waecker-Gotter, also known as the Code Sanchez-Solís or Codex Egerton, is a Pre-Conquest-style manuscript from Mexico that since 1911 has been in the British Museum's collection (reference number Am1962,03.8).[1]

Description
The codex is made of animal skin and consists of 16 leaves, each measuring approximately 27 x 21 cm; the total length of the manuscript is 4.42 m. Both sides of the codex are painted, but over time the condition of the paint has deteriorated, and one page seems to have been deliberately effaced, perhaps by a colonial official, as it bears a Spanish stamp.

The manuscript was probably first drawn in the 16th century, with later additions made in the 17th or 18th century. Most experts consider the style of the artwork to be Mixtec with some Aztec elements.

Content
The document is an important witness to the transition between Pre-Columbian times and the early colonial period in Mexico. It describes a genealogy that comprises 26 different generations that have been estimated to have lived between 970 and 1490 AD; the men are shown wearing masks and crowns while the women are in general depicted in the kneeling position. On one page the town of Cuquila Santa Maria in Tlaxiaco is illustrated, along with its first king 'Lord One Alligator Tlaloc' and his wife 'One Alligator Sun', who may have been the founding member of the dynasty.

Provenance
The manuscript was probably made over a period of time by different hands in the Mixteca Baja region. In 1869, it came in the possession of Felipe Sanchez Solis who sold it to Freiherr von Waecker-Gotter, a member of the German diplomatic corps in Mexico between 1880 and 1888. It was bought by the British Museum in 1911 from funds bequeathed by France Henry Egerton.
サンチェス=ソリス写本またはエガートン写本としても知られるヴェッカー=ゴッター写本は、1911年以来、大英博物館が所蔵しているメキシコの先コンクエスト様式の写本である(参照番号Am1962,03.8)[1]。

写本
写本は獣皮製で、16葉からなり、各葉の大きさは約27×21cm、写本の全長は4.42mである。写本の両面に絵が描かれているが、時間の経過とともに 絵の具の状態が悪くなっており、1ページにはスペインのスタンプが押されていることから、おそらく植民地の役人が故意に消したと思われる。

この写本が最初に描かれたのはおそらく16世紀で、その後17世紀か18世紀に加筆された。ほとんどの専門家は、この作品の様式はアステカの要素を含むミクステカであると考えている。

内容
この文書は、メキシコにおける先コロンブス時代と植民地時代初期の変遷を示す重要な証人である。この文書には、西暦970年から1490年の間に生きたと 推定される26世代の系図が描かれており、男性は仮面と王冠をつけ、女性は一般的にひざまずいた姿で描かれている。あるページには、トラシャコのクキラ・ サンタ・マリアの町が描かれ、初代王「ワニ1匹トラロック公」とその妻「ワニ1匹太陽」が描かれている。

出土品
この写本は、おそらくミクステカ・バハ地方のさまざまな人の手によって、長い年月をかけて作られたものであろう。1869年にフェリペ・サンチェス・ソリ スが所有するようになり、1880年から1888年にかけてメキシコに駐在したドイツ外交団の一員であったフライヘル・フォン・ヴェッカー=ゴッターに売 却された。1911年、フランスのヘンリー・エガートンが遺贈した資金をもとに、大英博物館が購入した。




















リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j