sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

ザイゴニック理論、あるいは、接合理論

せ つごうりろん、Zygonic Theory

池田光穂

☆ ザ イゴニック理論は、もし音楽が(模倣に由来する)派生的な感覚によって意味を成すのであれば、音楽における繰り返しは広く浸透しているはずだと予測する。 この場合、対になるのは、音楽と言語でのもので、両者の運用能力(コンピテンス)は、対照的な関係にあるとするものである。  が提唱した。

★Zygonic theory predicts that if music makes sense through a feeling of derivation (which stems from imitation), then repetition in music should be pervasive. And, indeed, it is: a phenomenon that is recognized in a wide range of literatures.
ザイゴニック理論は、もし音楽が(模倣に由来する)派生的な感覚によっ て意味を成すのであれば、音楽における繰り返しは広く浸透しているはずだと予測する。そして実際、それは幅広い文献で認められている現象である。
Adam Ockelford, Music theory and the zygonic approach.

This chapter considers the place of zygonic theory in the broader field of music theory and analysis, and notes that it is ‘psychomusicological’ in nature. The zygonic conjecture is introduced by considering how language functions as a medium of human communication, and then noting the differences and similarities between this and music. The perceived capacity of musical sounds for self-imitation lies at the heart of the theory, and this is placed within a broader framework, which takes into account the wider environment in which music-structural cognition resides. This enables a definition of ‘music’ to be generated, which underpins the thinking in the chapters that follow, in which the theory is applied in educational, therapeutic, and psychological contexts.

この章では、より広い音楽理論と分析の分野におけるザイゴニック理論の 位置づけを考察し、それが「心理音楽学的」なものであることを指摘する。ザイゴニック仮説は、言語が人間のコミュニケーションの媒体としてどのように機能 しているかを考察することによって導入され、次にこれと音楽との相違点と類似点に注目する。自己模倣のために知覚される楽音の能力が理論の中心にあり、こ れは、音楽-構造的認知が存在するより広い環境を考慮に入れた、より広い枠組みの中に置かれる。これによって「音楽」の定義が生まれ、この理論が教育的、 治療的、心理学的な文脈で適用される、この後の章での考え方の基礎となる。
Adam Ockelford is a Professor of Music and Director of the Applied Music Research Centre at the University of Roehampton, London.[1] He wrote the official biography of Derek Paravicini entitled "In the Key of Genius: The Extraordinary Life of Derek Paravicini".

Education
Adam Ockelford gained a BMus(hons) at the Royal Academy of Music in London, where he gained two LRAMs (in the oboe and harpsichord) and won four prizes.[2] He studied for a Diploma in Special Education (Visual Impairment) at the University of Birmingham in Birmingham, and earned his PhD in Music from the Goldsmiths College in London.

Research and career
Adam Ockelford created the zygonic model of music-structural understanding, which was subsequently used to inform the Sounds of Intent framework of musical development.[3]

After leaving college, Ockelford started his career teaching at the Linden Lodge School for the Blind in London.[4] He then worked at the Royal National Institute of Blind People (RNIB), initially as Music Education Advisor before serving as Director of Education. He now works at the University of Roehampton in London as Director of the Applied Music Research Centre. With his longtime pupil Derek Paravicini, he is a TED Speaker.[5]

Ockelford is the Founder and Trustee of The Amber Trust, a UK-wide charity that supports blind and partially sighted children and young people in their pursuit of music,[6] former Chair of Trustees of Soundabout, a UK-based charity that supports people of all ages with complex needs engage with music, and Founder and Chair of Sounds of Intent Charity. He also serves as Secretary and Trustee of the Society for Education, Music and Psychology research (SEMPRE), an international learned society that holds international conferences, supports research across the world through grants, particularly aimed at young researchers, and publishes three journals, The Psychology of Music, Research Studies in Music Education and Music Science, as well as a series of books on music education and psychology published by Routledge.[7]

In early 2021, Ockelford was made a Freeman of the City of London, by the Worshipful Company of Spectacle Makers.[8][better source needed]

アダム・オッケルフォードは、ロンドンのローハンプトン大学音楽学部教 授であり、応用音楽研究センター所長である[1]。 デレク・パラヴィチーニの公式伝記『天才の鍵の中で:デレク・パラヴィチーニの特別な人生』を執筆。

学歴
アダム・オッケルフォードは、ロンドンの王立音楽アカデミーでBMus(優等)を取得し、2つのLRAM(オーボエとチェンバロ)を取得し、4つの賞を受 賞した[2]。 バーミンガムのバーミンガム大学で特殊教育(視覚障害)のディプロマを取得し、ロンドンのゴールドスミス・カレッジで音楽博士号を取得した。

研究とキャリア
アダム・オッケルフォードは、音楽-構造理解の接合モデルを考案し、その後、音楽発達のフレームワークであるSounds of Intentに活用された[3]。

大学を卒業後、オッケルフォードはロンドンのリンデン・ロッジ盲学校で教鞭をとるようになり[4]、その後、王立盲人協会(RNIB)に勤務し、当初は音 楽教育顧問を務めた後、教育部長を務めた。現在はロンドンのローハンプトン大学で応用音楽研究センターのディレクターを務めている。長年の弟子であるデレ ク・パラヴィチーニとともに、TEDスピーカーでもある[5]。

オッケルフォードは、盲目や半盲の子どもや若者の音楽活動を支援する英国全体のチャリティ団体であるアンバー・トラストの創設者兼評議員[6]であり、複 雑なニーズを持つあらゆる年代の人々の音楽活動を支援する英国のチャリティ団体であるサウンドアバウトの前評議員長、サウンズ・オブ・インテント・チャリ ティの創設者兼議長でもある。また、国際学会である教育・音楽・心理学研究学会(SEMPRE)の幹事および評議員も務めている。この学会は、国際会議を 開催し、特に若手研究者を対象とした助成金を通じて世界中の研究を支援し、『The Psychology of Music』、『Research Studies in Music Education』、『Music Science』の3誌を発行しているほか、Routledge社から音楽教育と心理学に関する一連の書籍を出版している[7]。

2021年初頭、オッケルフォードは、眼鏡製造者ワーシップフル・カンパニーからロンドン市フリーマンの称号を授与された[8][要出典]。














リ ンク

文 献

そ の他の情報

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099