sao パチンコ 先バレ無しで当たる

かならず 読んでください

ヒトラー『我が闘争』の分析

Critical analysis on Nation, Race, and State in Hitler's Mein Kampf, 1925-1926

ヒトラー『我が闘争』ドイツ語版・ダストカバー/ランズベルガー『ユダヤ人のいないベルリン(小説)』/ヒットラア『我が闘争』室伏高信 訳 、第一書房 、昭和15年

池田光穂

ヒトラーの著書『』(1925,1926)について、ウィキペディアに依拠しながら解説する。とりわけ私の関心は第1巻「第11章フォルクと人種」に関 心があるので、その備忘ノートとしての性格ももつ。

Mein Kampf (German: [maɪn ˈkampf]; lit. 'My Struggle') is a 1925 autobiographical manifesto by Nazi Party leader Adolf Hitler. The work describes the process by which Hitler became antisemitic and outlines his political ideology and future plans for Germany. Volume 1 of Mein Kampf was published in 1925 and Volume 2 in 1926.[1] The book was edited first by , then by Hitler's deputy Rudolf Hess.[2][3]


From left to right; Hitler, Maurice, Kriebel, Hess and Weber in Landsberg Prison, 1924

Hitler began Mein Kampf while imprisoned following his failed coup in Munich in November 1923 and a trial in February 1924 for high treason, in which he received a sentence of five years. Although he received many visitors initially, he soon devoted himself entirely to the book. As he continued, he realized that it would have to be a two-volume work, with the first volume scheduled for release in early 1925. The governor of Landsberg noted at the time that "he [Hitler] hopes the book will run into many editions, thus enabling him to fulfill his financial obligations and to defray the expenses incurred at the time of his trial."[4][5] After slow initial sales, the book became a bestseller in Germany following Hitler's rise to power in 1933.[6]

After Hitler's death, copyright of Mein Kampf passed to the state government of Bavaria, which refused to allow any copying or printing of the book in Germany. In 2016, following the expiration of the copyright held by the Bavarian state government, Mein Kampf was republished in Germany for the first time since 1945, which prompted public debate and divided reactions from Jewish groups. A team of scholars from the Institute of Contemporary History in Munich published a German language two-volume almost 2,000-page edition annotated with about 3,500 notes. This was followed in 2021 by a 1,000-page French edition based on the German annotated version, with about twice as much commentary as text.[7]

Title
Hitler originally wanted to call his forthcoming book Viereinhalb Jahre (des Kampfes) gegen Lüge, Dummheit und Feigheit (Four and a Half Years [of Struggle] Against Lies, Stupidity and Cowardice).[8] Max Amann, head of the Franz Eher Verlag and Hitler's publisher, is said to have suggested[9] the much shorter "Mein Kampf" ("My Struggle").

Contents
The arrangement of chapters is as follows:

Volume One: A Reckoning
Chapter 1: In the House of My Parents
Chapter 2: Years of Study and Suffering in Vienna
Chapter 3: General Political Considerations Based on My Vienna Period
Chapter 4: Munich
Chapter 5: The World War
Chapter 6: War Propaganda
Chapter 7: The Revolution
Chapter 8: The Beginning of My Political Activity
Chapter 9: The "German Workers' Party"
Chapter 10: Causes of the Collapse
Chapter 11: Nation and Race
Chapter 12: The First Period of Development of the National Socialist German Workers' Party
Volume Two: The National Socialist Movement
Chapter 1: Philosophy and Party
Chapter 2: The State
Chapter 3: Subjects and Citizens
Chapter 4: Personality and the Conception of the Völkisch State
Chapter 5: Philosophy and Organization
Chapter 6: The Struggle of the Early Period – the Significance of the Spoken Word
Chapter 7: The Struggle with the Red Front
Chapter 8: The Strong Man Is Mightiest Alone
Chapter 9: Basic Ideas Regarding the Meaning and Organization of the Sturmabteilung
Chapter 10: Federalism as a Mask
Chapter 11: Propaganda and Organization
Chapter 12: The Trade-Union Question
Chapter 13: German Alliance Policy After the War
Chapter 14: Eastern Orientation or Eastern Policy
Chapter 15: The Right of Emergency Defense
Conclusion
Index
『わが闘争』(ドイツ語:[maɪ ˈ kampf])は、ナチス党首アドルフ・ヒトラーによる1925年の自伝的マニフェスト。ヒトラーが反ユダヤ主義者となった過程を記述し、彼の政治思想と ドイツの将来計画を概説している。第1巻は1925年に、第2巻は1926年に出版された[1]。本書はまずエミール・モーリスによって編集され、次にヒ トラーの副官ルドルフ・ヘスによって編集された[2][3]。


From left to right; Hitler, Maurice, Kriebel, Hess and Weber in Landsberg Prison, 1924

ヒトラーは、1923年11月にミュンヘンでクーデターに失敗し、1924年2月に大逆罪で裁判にかけられ、5年の刑を受けた後、投獄中に『我が闘争』を 書き始めた。当初は多くの面会者を迎えたが、やがて彼はこの本に没頭するようになった。続けているうちに、彼はこの本を2巻の作品にしなければならないこ とに気づき、第1巻は1925年初頭に発売される予定だった。ランツベルク州知事は当時、「彼(ヒトラー)はこの本が多くの版を重ねることを望んでおり、 それによって彼は金銭的な義務を果たし、裁判の際に発生した費用を賄うことができる」と述べている[4][5]。最初の売れ行きは鈍かったが、1933年 にヒトラーが権力を握った後、この本はドイツでベストセラーとなった[6]。

ヒトラーの死後、『我が闘争』の著作権はバイエルン州に移り、バイエルン州政府はドイツ国内でのコピーや印刷を拒否した。2016年、バイエルン州政府が 保有する著作権の失効に伴い、『我が闘争』が1945年以来初めてドイツで再出版された。ミュンヘンの現代史研究所の研究者チームは、約3,500の注釈 を加えた2,000ページ近いドイツ語版を2巻に分けて出版した。続いて2021年には、ドイツ語の注釈版に基づき、本文の約2倍の注釈を加えた 1,000ページのフランス語版が出版された[7]。

タイトル
ヒトラーは当初、近刊を『Viereinhalb Jahre (des Kampfes) gegen Lüge, Dummheit und Feigheit(嘘、愚かさ、臆病さに対する4年半の闘い)』と呼ぶことを希望していた[8]。 フランツ・エーハー出版社の社長でヒトラーの出版社であったマックス・アマンは、もっと短い『我が闘争(Mein Kampf)』とすることを提案したと言われている[9]。

目次
各章の構成は以下の通り:

第1巻:再会
第1章 両親の家で
第2章 ウィーンでの勉強と苦難の日々
第3章 ウィーン時代に基づく一般的な政治的考察
第4章 ミュンヘン
第5章:世界大戦
第6章 戦争プロパガンダ
第7章 革命
第8章 私の政治活動の始まり
第9章 "ドイツ労働者党"
第10章 崩壊の原因
第11章 国家と人種
第12章 国家社会主義ドイツ労働者党の第一発展期
第2巻 国家社会主義運動
第1章 哲学と党
第2章 国家
第3章 臣民と市民
第4章 人格とヴェルキッシュ国家構想
第5章 哲学と組織
第6章 初期の闘争──口語の意義
第7章 赤い戦線との闘争
第8章 強者は単独で最も強大である
第9章 シュトルマブテイルングの意味と組織に関する基本的な考え方
第10章 仮面としての連邦主義
第11章 宣伝と組織
第12章 貿易同盟問題
第13章 戦後のドイツ同盟政策
第14章 東方志向か東方政策か
第15章 緊急防衛権
おわりに
索引
Analysis
In Mein Kampf, Hitler used the main thesis of "the Jewish peril", which posits a Jewish conspiracy to gain world leadership.[10] The narrative describes the process by which he became increasingly antisemitic and militaristic, especially during his years in Vienna. He speaks of not having met a Jew until he arrived in Vienna, and that at first his attitude was liberal and tolerant. When he first encountered the antisemitic press, he says, he dismissed it as unworthy of serious consideration. Later he accepted the same antisemitic views, which became crucial to his program of national reconstruction of Germany.

Mein Kampf has also been studied as a work on political theory. For example, Hitler announces his hatred of what he believed to be the world's two evils: communism and Judaism.

In the book, Hitler blamed Germany's chief woes on the parliament of the Weimar Republic, the Jews, and Social Democrats, as well as Marxists, though he believed that Marxists, Social Democrats, and the parliament were all working for Jewish interests.[11] He announced that he wanted to destroy the parliamentary system completely, believing it to be corrupt in principle, as those who reach power are inherent opportunists.

Antisemitism
While historians dispute the exact date Hitler decided to exterminate the Jewish people, few place the decision before the mid-1930s.[12] First published in 1925, Mein Kampf shows Hitler's personal grievances and his ambitions for creating a New Order. Hitler also wrote that The Protocols of the Elders of Zion, a fabricated text that purported to expose the Jewish plot to control the world,[13] was an authentic document. This later became a part of the Nazi propaganda effort to justify persecution and annihilation of the Jews.[14][15]

The historian Ian Kershaw observed that several passages in Mein Kampf are undeniably of a genocidal nature.[16] Hitler wrote "the nationalization of our masses will succeed only when, aside from all the positive struggle for the soul of our people, their international poisoners are exterminated",[17] and he suggested that, "If at the beginning of the war and during the war twelve or fifteen thousand of these Hebrew corrupters of the nation had been subjected to poison gas, such as had to be endured in the field by hundreds of thousands of our very best German workers of all classes and professions, then the sacrifice of millions at the front would not have been in vain."[18]

The racial laws to which Hitler referred resonate directly with his ideas in Mein Kampf. In the first edition, Hitler stated that the destruction of the weak and sick is far more humane than their protection. Apart from this allusion to humane treatment, Hitler saw a purpose in destroying "the weak" in order to provide the proper space and purity for the "strong".[19]

Anti-Slavism and Lebensraum (living space)
Hitler described that, when he was in Vienna, it was repugnant for him to see the mixture of races "of Czechs, Poles, Hungarians, Ruthenians, Serbs and Croats, and always that infection which dissolves human society, the Jew, were all here and there and everywhere."[20]

He also wrote that he viewed the Japanese victory over the Russians in the Russo-Japanese War in 1904 as a "blow to Austrian Slavism".[21]

In the chapter "Eastern Orientation or Eastern Policy", Hitler argued that the Germans needed Lebensraum in the East, a "historic destiny" that would properly nurture the German people.[22] Hitler believed that "the organization of a Russian state formation was not the result of the political abilities of the Slavs in Russia, but only a wonderful example of the state-forming efficacy of the German element in an inferior race."[23]

In Mein Kampf, Hitler openly described his proposed future German expansion in the East, foreshadowing Generalplan Ost:

And so we National Socialists consciously draw a line beneath the foreign policy tendency of our pre-War period. We take up where we broke off six hundred years ago. We stop the endless German movement to the south and west, and turn our gaze toward the land in the east. At long last we break off the colonial and commercial policy of the pre-War period and shift to the soil policy of the future. If we speak of soil in Europe today, we can primarily have in mind only Russia and her vassal border states.[24]

Hitler wrote that he was against any attempts to Germanise Slavs and criticised the previous attempts at trying to Germanise the Austrian Slavs. He also criticised people in pan-German movements in Germany who thought that forcing ethnic Poles living in Germany to speak the German language would turn them into Germans; he believed that would have caused a "foreign race" by its own "inferiority" to damage the "dignity" and "nobility" of the German nation.[25]

Sales

Arabic edition of Mein Kampf

Although Hitler originally wrote Mein Kampf mostly for the followers of National Socialism, interest in the work grew after his rise to power. (Two other books written by party members, Gottfried Feder's Breaking The Interest Slavery and Alfred Rosenberg's The Myth of the Twentieth Century, have since lapsed into comparative literary obscurity.)[26] Hitler had made about 1.2 million ℛ︁ℳ︁ from the income of the book by 1933 (equivalent to €5,562,590 in 2021), when the average annual income of a teacher was about 4,800 ℛ︁ℳ︁ (equivalent to €22,250 in 2021).[26][27] He accumulated a tax debt of 405,500 ℛ︁ℳ︁ (very roughly, at 2015 values, £1.1 million, 1.4 million EUR, US$1.5 million) from the sale of about 240,000 copies before he became chancellor in 1933 (at which time his debt was waived).[26][27]

Hitler began to distance himself from the book after becoming chancellor of Germany in 1933. He dismissed it as "fantasies behind bars" that were little more than a series of articles for the Völkischer Beobachter, and later told Hans Frank that "If I had had any idea in 1924 that I would have become Reich chancellor, I never would have written the book."[28] Nevertheless, Mein Kampf was a bestseller in Germany during the 1930s.[29] During Hitler's years in power, the book was in high demand in libraries and often reviewed and quoted in other publications. It was given free to every newlywed couple and every soldier fighting at the front.[26] By 1939, it had sold 5.2 million copies in eleven languages.[30] By the end of the war, about 10 million copies of the book had been sold or distributed in Germany.[citation needed]

Contemporary observations
Mein Kampf, in essence, lays out the ideological program Hitler established for the Holocaust, by identifying the Jews and "Bolsheviks" as racially and ideologically inferior and threatening, and "Aryans" and National Socialists as racially superior and politically progressive. Hitler's revolutionary goals included expulsion of the Jews from Greater Germany and the unification of German peoples into one Greater Germany. Hitler desired to restore German lands to their greatest historical extent, real or imagined.

Due to its racist content and the historical effect of Nazism upon Europe during World War II and the Holocaust, it is considered a highly controversial book. Criticism has not come solely from opponents of Nazism. Italian Fascist dictator and Nazi ally Benito Mussolini was also critical of the book, saying that it was "a boring tome that I have never been able to read" and remarking that Hitler's beliefs, as expressed in the book, were "little more than commonplace clichés".[31]

The German journalist Konrad Heiden, an early critic of the Nazi Party, observed that the content of Mein Kampf is essentially a political argument with other members of the Nazi Party who had appeared to be Hitler's friends, but whom he was actually denouncing in the book's content – sometimes by not even including references to them.[citation needed]

The American literary theorist and philosopher Kenneth Burke wrote a 1939 rhetorical analysis of the work, The Rhetoric of Hitler's "Battle", which revealed an underlying message of aggressive intent.[32]

The American journalist John Gunther said in 1940 that compared to autobiographies such as Leon Trotsky's My Life or Henry Adams's The Education of Henry Adams, Mein Kampf was "vapid, vain, rhetorical, diffuse, prolix." However, he added that "it is a powerful and moving book, the product of great passionate feeling". He suggested that the book exhausted curious German readers, but its "ceaseless repetition of the argument, left impregnably in their minds, fecund and germinating".[33]

In March 1940, British writer George Orwell reviewed a then-recently published uncensored translation of Mein Kampf for The New English Weekly. Orwell suggested that the force of Hitler's personality shone through the often "clumsy" writing, capturing the magnetic allure of Hitler for many Germans. In essence, Orwell notes, Hitler offers only visions of endless struggle and conflict in the creation of "a horrible brainless empire" that "stretch[es] to Afghanistan or thereabouts". He wrote, "Whereas Socialism, and even capitalism in a more grudging way, have said to people 'I offer you a good time,' Hitler has said to them, 'I offer you struggle, danger, and death,' and as a result a whole nation flings itself at his feet." Orwell's review was written in the aftermath of the 1939 Molotov–Ribbentrop Pact, when Hitler made peace with USSR after more than a decade of vitriolic rhetoric and threats between the two nations; with the pact in place, Orwell believed, England was now facing a risk of Nazi attack and the UK must not underestimate the appeal of Hitler's ideas.[34]

In his 1943 book The Menace of the Herd, Austrian scholar Erik von Kuehnelt-Leddihn[35] described Hitler's ideas in Mein Kampf and elsewhere as "a veritable reductio ad absurdum of 'progressive' thought"[36] and betraying "a curious lack of original thought" that shows Hitler offered no innovative or original ideas but was merely "a virtuoso of commonplaces which he may or may not repeat in the guise of a 'new discovery.'"[37] Hitler's stated aim, Kuehnelt-Leddihn writes, is to quash individualism in furtherance of political goals:

When Hitler and Mussolini attack the "western democracies" they insinuate that their "democracy" is not genuine. National Socialism envisages abolishing the difference in wealth, education, intellect, taste, philosophy, and habits by a leveling process which necessitates in turn a total control over the child and the adolescent. Every personal attitude will be branded—after communist pattern—as "bourgeois," and this in spite of the fact that the bourgeois is the representative of the most herdist class in the world, and that National Socialism is a basically bourgeois movement. In Mein Kampf, Hitler repeatedly speaks of the "masses" and the "herd" referring to the people. The German people should probably, in his view, remain a mass of identical "individuals" in an enormous sand heap or ant heap, identical even to the color of their shirts, the garment nearest to the body.[38]

In his The Second World War, published in several volumes in the late 1940s and early 1950s, Winston Churchill wrote that he felt that after Hitler's ascension to power, no other book than Mein Kampf deserved more intensive scrutiny.[39]


分析
ヒトラーは『我が闘争』の中で、世界の指導権を得ようとするユダヤ人の陰謀を仮定した「ユダヤ人の危機」という主要なテーゼを用いた[10]。彼はウィー ンに来るまでユダヤ人に会ったことがなく、最初はリベラルで寛容な態度だったと語っている。初めて反ユダヤ主義的な新聞に出会ったとき、彼はそれを真剣に 考えるに値しないものとして退けたという。その後、彼は同じ反ユダヤ主義的見解を受け入れたが、それは彼のドイツ民族再建計画にとって極めて重要なものと なった。

『わが闘争』はまた、政治理論の書物としても研究されている。例えば、ヒトラーは世界の2つの悪、共産主義とユダヤ教に対する憎悪を表明している。

ヒトラーはこの本の中で、ドイツの主な苦境をワイマール共和国の議会、ユダヤ人、社会民主党、そしてマルクス主義者のせいにしているが、マルクス主義者、社会民主党、議会はすべてユダヤ人の利益のために働いていると考えていた。

反ユダヤ主義
ヒトラーがユダヤ民族の絶滅を決定した正確な時期については歴史家の間でも論争があるが、その決定を1930年代半ば以前とする者はほとんどいない [12]。1925年に初めて出版された『我が闘争』には、ヒトラーの個人的な不満と新秩序を作り上げようとする野望が示されている。ヒトラーはまた、 『シオンの長老の議定書』(世界を支配しようとするユダヤ人の陰謀を暴露すると称する捏造された文章)[13]は本物の文書であると書いた。これは後に、 ユダヤ人に対する迫害と絶滅を正当化するためのナチスのプロパガンダ活動の一部となった[14][15]。

歴史家のイアン・カーショウは、『我が闘争』のいくつかの箇所は紛れもなく大量虐殺的な性格を持っていると指摘している。 [ヒトラーは、「わが大衆の民族化は、わが民族の魂のためのあらゆる積極的な闘争とは別に、彼らの国際的な毒殺者が絶滅されるときにのみ成功するだろう」 と書き、[17]また、「もし戦争の始まりと戦争中に、ヘブライ人による民族の堕落者のうち1万2,000人か1万5,000人が毒ガスにさらされていた なら、それはあらゆる階級と職業に属するわがドイツの非常に優秀な労働者数十万人が戦場で耐えなければならなかったようなものであったなら、戦線における 数百万人の犠牲は無駄ではなかったであろう」と示唆した。 "[18]

ヒトラーが言及した人種法は、『我が闘争』における彼の思想と直接的に共鳴している。初版の中でヒトラーは、弱者や病人の保護よりも、その破壊の方がはる かに人道的であると述べている。この人道的な扱いへの言及とは別に、ヒトラーは「強者」に適切な空間と純潔を提供するために「弱者」を破壊することに目的 を見出していた[19]。

反スラヴィズムとレーベンスラウム(生活空間)
ヒトラーはウィーンにいたとき、「チェコ人、ポーランド人、ハンガリー人、ルテニア人、セルビア人、クロアチア人、そして常に人間社会を溶解させる感染症であるユダヤ人があちこちに混在している」のを見て嫌悪感を抱いたと書いている[20]。

彼はまた、1904年の日露戦争で日本がロシアに勝利したことを「オーストリアのスラヴ主義への打撃」と見なしたと書いている[21]。

東方志向あるいは東方政策」の章でヒトラーは、ドイツ人は東方にレーベンスラウムを必要としており、ドイツ民族を適切に育成する「歴史的運命」を必要とし ていると主張した[22]。 ヒトラーは「ロシアの国家形成の組織は、ロシアのスラヴ人の政治的能力の結果ではなく、劣等民族におけるドイツ的要素の国家形成の効力の素晴らしい例に過 ぎない」と考えていた[23]。

ヒトラーは『我が闘争』の中で、将来的にドイツが東方へ拡大することを公然と述べており、それはGeneralplan Ostの伏線でもあった:

こうしてわれわれ国家社会主義者は、戦前の対外政策傾向の下に意識的に一線を引く。われわれは、600年前に決別した場所を引き継ぐ。南と西への果てしな いドイツの動きを止め、東の大地に視線を向ける。そしてついに、戦前の植民地政策と商業政策を断ち切り、未来の土壌政策へと移行するのである。今日のヨー ロッパで土壌といえば、主にロシアとその属領である国境国家しか思い浮かばないだろう[24]。

ヒトラーは、スラヴ人をドイツ化しようとするいかなる試みにも反対であると書き、オーストリアのスラヴ人をドイツ化しようとした以前の試みを批判した。ヒ トラーはまた、ドイツに住むポーランド民族にドイツ語を話すことを強制すればドイツ人になれると考えていたドイツの汎ドイツ主義運動の人々を批判した。

販売

アラビア語版『我が闘争

ヒトラーは当初、主に国家社会主義の信奉者のために『我が闘争』を書いたが、彼が権力を握った後、この作品への関心が高まった。(党員によって書かれた他 の2冊の本、ゴットフリート・フェーダーの『利権奴隷制の打破』とアルフレッド・ローゼンベルクの『20世紀の神話』は、その後、文学的には比較的無名に なった。 )[26] ヒトラーは、教師の平均年収が約4,800︁ℛ(2021年の22,250ユーロに相当)であった1933年までに、本の収入から約120万ℛ︁ (2021年の5,562,590ユーロに相当)を得ていた。 [26][27]彼は1933年に首相に就任する前に、約24万部の販売から40万5,500㌆(2015年の価値で非常に大雑把に言うと、110万ポン ド、140万ユーロ、150万米ドル)の税金の負債を積み上げた(この時、負債は免除された)[26][27]。

ヒトラーは1933年にドイツ首相に就任した後、この本から距離を置くようになった。彼はこの本を「塀の中の空想」であり、『フォルキッシャー・ベオバハ ター』誌の一連の記事に過ぎないと断じ、後にハンス・フランクに「もし1924年に私が帝国首相になることを少しでも考えていたなら、この本を書くことは なかっただろう」と語った[28]。 それでも『我が闘争』は1930年代のドイツでベストセラーとなった。1939年までに、この本は11の言語で520万部売れた[30]。 終戦までに、この本はドイツ国内で約1000万部売れたか、配布された[要出典]。

現代の見解
わが闘争』は、要するに、ユダヤ人と「ボリシェヴィキ」を人種的・思想的に劣った脅威的な存在とし、「アーリア人」と国家社会主義者を人種的に優越した政 治的に進歩的な存在とすることによって、ヒトラーがホロコーストのために確立したイデオロギー的プログラムを示している。ヒトラーの革命目標には、ユダヤ 人を大ドイツから追放し、ドイツ民族をひとつの大ドイツに統一することが含まれていた。ヒトラーは、現実のものであれ想像上のものであれ、ドイツの土地を 歴史上最大の範囲に回復することを望んだ。

その人種差別的な内容と、第二次世界大戦とホロコーストにおけるナチズムのヨーロッパへの歴史的影響から、この本は非常に議論の多い本とみなされている。 批判はナチズム反対派からだけもたらされたわけではない。イタリアのファシスト独裁者でありナチスの盟友であったベニート・ムッソリーニもこの本に対して 批判的であり、「退屈な書物であり、私は一度も読むことができなかった」と述べ、この本に表現されているヒトラーの信念は「ありふれた決まり文句に過ぎな い」と発言した[31]。

ナチ党の初期の批判者であったドイツのジャーナリスト、コンラート・ハイデンは、『我が闘争』の内容は本質的に、ヒトラーの友人であるかのように見えてい たナチ党の他の党員との政治的な論争であり、実際には本の内容においてヒトラーが糾弾していた他の党員を、時には彼らへの言及を含めないことによって糾弾 していた、と観察している[citation needed]。

アメリカの文学理論家であり哲学者であったケネス・バークは、1939年にこの作品の修辞学的分析である『ヒトラーの「戦い」の修辞学』を執筆し、攻撃的な意図の根底にあるメッセージを明らかにした[32]。

アメリカのジャーナリスト、ジョン・ガンサーは1940年に、レオン・トロツキーの『わが生涯』やヘンリー・アダムスの『ヘンリー・アダムスの教育』のよ うな自伝と比較すると、『わが闘争』は "下らない、虚しい、修辞的、拡散的、諄々とした "ものだと述べている。しかし、彼は「力強く感動的な本であり、偉大な情熱的感情の産物である」と付け加えた。彼は、この本は好奇心旺盛なドイツの読者を 疲弊させたが、その「絶え間ない議論の繰り返しは、彼らの心に難攻不落に残り、繁殖し、発芽した」と示唆した[33]。

1940年3月、イギリスの作家ジョージ・オーウェルは、当時出版されたばかりの『我が闘争』の無修正翻訳を『ニュー・イングリッシュ・ウィークリー』誌で批評した。オー ウェルは、ヒトラーの個性の力が、しばしば「不器用な」文章を通して輝き、多くのドイツ人にとってのヒトラーの魅力的な魅力をとらえていると示唆した。要 するに、ヒトラーは「アフガニスタンかその辺りまで広がる」「恐ろしい無脳帝国」の建設という、果てしない闘争と対立のビジョンしか示していない、とオー ウェルは指摘する。社会主義が、そして資本主義でさえも、人々に『楽しい時間を提供しよう』と言ってきたのに対し、ヒトラーは『闘争と危険と死を提供しよ う』と言ってきた。1939年のモロトフ=リッベントロップ協定の余波の中で書かれたオーウェルの評伝は、ヒトラーが10年以上にわたる両国間の激しい暴 言と脅迫の末にソ連と和平を結んだものであった。この協定が結ばれたことで、イギリスはナチスの攻撃の危険に直面しており、イギリスはヒトラーの思想の魅 力を過小評価してはならないとオーウェルは考えていた[34]。

オーストリアの学者であるエリック・フォン・クーネルト=レディーン[35]は1943年に出版した著書『群れの脅威』の中で、『我が闘争』やその他の箇 所におけるヒトラーの思想を「まさに『進歩的』思想の不条理な還元」[36]であり、「独創的な思想の奇妙な欠如」を裏切っていると述べており、ヒトラー は革新的で独創的な思想を提供しておらず、「『新発見』を装って繰り返すかどうかわからないような常套句の名人」にすぎなかったことを示している。 ヒトラーの公言した目的は、政治的目標を達成するために個人主義を打ち砕くことだと、キューネルト=レディーンは書いている:

ヒトラーとムッソリーニが「西側の民主主義国家」を攻撃するとき、彼らは彼らの「民主主義」が本物ではないとほのめかしている。国家社会主義は、貧富の 差、教育の差、知性の差、趣味の差、哲学の差、習慣の差を、平準化によってなくすことを想定している。ブルジョアとは世界で最も群れをなす階級の代表であ り、国家社会主義は基本的にブルジョア運動であるにもかかわらず、である。ヒトラーは『我が闘争』の中で、人民を指す「大衆」や「群れ」について繰り返し 語っている。彼の見解では、ドイツ国民はおそらく、巨大な砂の山や蟻の山にいる同一の「個体」の塊のままであるべきであり、身体に最も近い衣服であるシャ ツの色まで同一である[38]。

ウィンストン・チャーチルは、1940年代後半から1950年代前半にかけて数冊に分けて出版された『第二次世界大戦』(The Second World War)の中で、ヒトラーが政権に就いた後、『我が闘争』ほど集中的な精査に値する書物はないと感じたと書いている[39]。
Later analysis
The critic George Steiner suggested that Mein Kampf can be seen as one of several books that resulted from the crisis of German culture following Germany's defeat in World War I, comparable in this respect to the philosopher Ernst Bloch's The Spirit of Utopia (1918), the historian Oswald Spengler's The Decline of the West (1918), the theologian Franz Rosenzweig's The Star of Redemption (1921), the theologian Karl Barth's The Epistle to the Romans (1922), and the philosopher Martin Heidegger's Being and Time (1927).[40]

Criticism by translators
A number of translators have commented on the poor quality of Hitler's use of language in writing Mein Kampf. Olivier Mannoni, who translated the 2021 French critical edition, said about the original German text that it was "An incoherent soup, one could become half-mad translating it," and said that previous translations had corrected the language, giving the false impression that Hitler was a "cultured man" with "coherent and grammatically correct reasoning". He added "To me, making this text elegant is a crime."[7] Mannoni's comments are similar to those made by Ralph Manheim, who did the first English-language translation in 1943. Mannheim wrote in the foreword to the edition "Where Hitler's formulations challenge the reader's credulity I have quoted the German original in the notes." This evaluation of the awfulness of Hitler's prose and his inability to express his opinions coherently was shared by William S. Schlamm, who reviewed Manheim's translation in The New York Times, writing that "there was not the faintest similarity to a thought and barely a trace of language."[41]

German publication history
While Hitler was in power (1933–1945), Mein Kampf came to be available in three common editions. The first, the Volksausgabe or People's Edition, featured the original cover on the dust jacket and was navy blue underneath with a gold swastika eagle embossed on the cover. The Hochzeitsausgabe, or Wedding Edition, in a slipcase with the seal of the province embossed in gold onto a parchment-like cover was given free to marrying couples. In 1940, the Tornister-Ausgabe, or Knapsack Edition, was released. This edition was a compact, but unabridged, version in a red cover and was released by the post office, available to be sent to loved ones fighting at the front. These three editions combined both volumes into the same book.

A special edition was published in 1939 in honour of Hitler's 50th birthday. This edition was known as the Jubiläumsausgabe, or Anniversary Issue. It came in both dark blue and bright red boards with a gold sword on the cover. This work contained both volumes one and two. It was considered a deluxe version, relative to the smaller and more common Volksausgabe.

The book could also be purchased as a two-volume set during Hitler's rule, and was available in soft cover and hardcover. The soft cover edition contained the original cover (as pictured at the top of this article). The hardcover edition had a leather spine with cloth-covered boards. The cover and spine contained an image of three brown oak leaves.
その後の分析
批評家ジョージ・シュタイナーは、『我が闘争』は第一次世界大戦におけるドイツの敗戦後、ドイツ文化の危機から生まれたいくつかの書物のひとつであり、こ の点では哲学者エルンスト・ブロッホの『ユートピアの精神』(1918年)に匹敵すると示唆した、 歴史家オズワルド・シュペングラーの『西洋の衰退』(1918年)、神学者フランツ・ローゼンツヴァイクの『贖罪の星』(1921年)、神学者カール・バ ルトの『ローマ人への手紙』(1922年)、哲学者マルティン・ハイデガーの『存在と時間』(1927年)に匹敵する。 [40]

翻訳者による批判
多くの翻訳者が、『我が闘争』執筆におけるヒトラーの言葉遣いの質の低さについてコメントしている。2021年のフランス語批評版を翻訳したオリヴィエ・ マンノーニは、ドイツ語の原文について「支離滅裂なスープで、翻訳していると半狂乱になりかねない」と述べ、以前の翻訳では言葉が修正され、ヒトラーが 「首尾一貫した文法的に正しい推論」をする「教養ある人間」であるという誤った印象を与えていたと述べた。マンノーニのコメントは、1943年に最初の英 訳を行ったラルフ・マンハイムのコメントと似ている。マンハイムはその版の序文で、「ヒトラーの定式が読者の信憑性に挑戦するところでは、注にドイツ語の 原文を引用した」と書いている。ヒトラーの散文のひどさと、自分の意見を首尾一貫して述べることができないというこの評価は、『ニューヨーク・タイムズ』 紙でマンハイム訳を批評したウィリアム・S・シュラムも同じであり、「思想にはかすかな類似性もなく、言葉の痕跡もほとんどない」と書いている[41]。

ドイツでの出版の歴史
ヒトラーが政権を握っていた時代(1933年~1945年)、『我が闘争』は3つの一般的な版で出版されるようになった。最初の「フォルクスハウス版」 (人民版)は、ジャケットの表紙がオリジナルで、下は紺色、表紙には金色の鉤十字の鷲が浮き彫りにされていた。結婚版 (Hochzeitsausgabe)は、羊皮紙のような表紙に金色の県章がエンボスされたスリップケース入りで、結婚するカップルに無料で配られた。 1940年には、ナップザック版(Tornister-Ausgabe)が発売された。この版は、コンパクトだが要約されていない、赤い表紙の版で、郵便 局から発売され、前線で戦う愛する人に送ることができた。これら3つの版は、両巻を同じ本にまとめたものである。

1939年にはヒトラーの50歳の誕生日を記念して特別版が出版された。この版はJubiläumsausgabe(記念号)と呼ばれた。表紙には金の剣 があしらわれ、紺色と真っ赤な表紙の2種類があった。この作品には第1巻と第2巻の両方が収録されている。より小型で一般的なVolksausgabeに 比べ、デラックス版とみなされていた。ヒトラーの支配下でも2巻セットで購入することができ、ソフトカバーとハードカバーがあった。ソフトカバー版にはオ リジナルの表紙(記事冒頭の写真)が付いていた。ハードカバー版は背表紙が革張りで、函は布張りだった。表紙と背表紙には3枚の茶色い樫の葉が描かれてい る。
2016 critical edition
Along with the rest of his wealth and property, Hitler left the rights to the book to the German state. As Hitler's official place of residence was in Munich, the copyright passed to the government of Bavaria, which refused to allow it to be republished. The copyright ran out on December 31, 2015.

On 3 February 2010, the Institute of Contemporary History (IfZ) in Munich announced plans to republish an annotated version of the text, for educational purposes in schools and universities, in 2015. The book had last been published in Germany in 1945.[42] The IfZ argued that a republication was necessary to get an authoritative annotated edition by the time the copyright ran out, which might open the way for neo-Nazi groups to publish their own versions.[43] The Bavarian Finance Ministry opposed the plan, citing respect for victims of the Holocaust. It stated that permits for reprints would not be issued, at home or abroad. This would also apply to a new annotated edition.

There was disagreement about the issue of whether the republished book might be banned as Nazi propaganda. The Bavarian government emphasized that even after expiration of the copyright, "the dissemination of Nazi ideologies will remain prohibited in Germany and is punishable under the penal code".[44] However, the Bavarian Science Minister Wolfgang Heubisch supported a critical edition, stating in 2010: "Once Bavaria's copyright expires, there is the danger of charlatans and neo-Nazis appropriating this infamous book for themselves."[43]

On 12 December 2013, the Bavarian government cancelled its financial support for an annotated edition. IfZ, which was preparing the translation, announced that it intended to proceed with publication after the copyright expired.[45] The IfZ scheduled an edition of Mein Kampf for release in 2016.[46]

Richard Verber, vice-president of the Board of Deputies of British Jews, stated in 2015 that the board trusted the academic and educational value of republishing. "We would, of course, be very wary of any attempt to glorify Hitler or to belittle the Holocaust in any way," Verber declared to The Observer. "But this is not that. I do understand how some Jewish groups could be upset and nervous, but it seems it is being done from a historical point of view and to put it in context."[47]

The annotated edition of Mein Kampf was published in Germany in January 2016 and sold out within hours on Amazon's German site. The two-volume edition included about 3,500 notes, and was almost 2,000 pages long.[48] Usually, according to Gerhard Weinberg, the information in the annotated edition that accompanies a chapter is mostly about when the chapter was written, though "in some cases" there is commentary on the nature and argument of the chapter.[49]

The book's publication led to public debate in Germany, and divided reactions from Jewish groups, with some supporting, and others opposing, the decision to publish.[29] German officials had previously said they would limit public access to the text amid fears that its republication could stir neo-Nazi sentiment.[50] Some bookstores stated that they would not stock the book. Dussmann, a Berlin bookstore, stated that one copy was available on the shelves in the history section, but that it would not be advertised and more copies would be available only on order.[51] By January 2017, the German annotated edition had sold over 85,000 copies.[52]

Gerhard Weinberg wrote a generally positive review of the annotated edition, praising the choice to include not only editors' comments but also changes of the original text. He said that notes such as those of chapters eight and nine "will be extremely helpful" about the situation in the time of Hitler's entry into politics, and lauded the notes to chapter 11 ("People and Race") as "extensive and very helpful" as well. On the negative side, Weinberg observed that the editors make a false correction at one point; that they miss an informative book on German atrocities during World War I; that they include a survey of Nazi membership too late; and that all of his own work on Hitler goes unmentioned in the bibliography.[49]
2016年批判版 ヒトラーは残りの富と財産とともに、この本の権利をドイツ国家に残した。ヒトラーの公式の居住地はミュンヘンであったため、著作権はバイエルン政府に渡り、バイエルン政府は再出版を拒否した。著作権は2015年12月31日に消滅した。

2010年2月3日、ミュンヘンの現代史研究所(IfZ)は、学校や大学での教育目的で、2015年に注釈版を再出版する計画を発表した。この本は 1945年にドイツで出版されたのが最後であった[42]。IfZは、著作権が切れるまでに権威ある注釈版を手に入れるためには再出版が必要であり、ネオ ナチグループが独自の版を出版する道を開くかもしれないと主張した[43]。バイエルン大蔵省は、ホロコーストの犠牲者への敬意を理由にこの計画に反対し た。バイエルン大蔵省は、ホロコースト犠牲者の尊重を理由にこの計画に反対した。これは新しい注釈版にも適用される。

再版された本がナチスのプロパガンダとして禁止される可能性があるかどうかという問題については意見が分かれた。バイエルン州政府は、著作権が切れた後も 「ナチス・イデオロギーの流布はドイツで禁止され続け、刑法で罰せられる」と強調した[44]。しかし、バイエルン州の科学大臣ヴォルフガング・ホイビッ シュは2010年に次のように述べ、批判版を支持した: 「バイエルンの著作権が失効すれば、この悪名高い書物をチャーラタンやネオナチが自分たちのために流用する危険がある」[43]。

2013年12月12日、バイエルン州政府は注釈版への財政支援を取り消した。翻訳を準備していたIfZは、著作権が切れた後に出版を進める意向を表明した[45]。IfZは2016年に『我が闘争』版の発売を予定していた[46]。

英国ユダヤ人代議員会の副会長であるリチャード・ヴァーバーは2015年に、再出版の学術的・教育的価値を信頼していると述べた。「私たちはもちろん、ヒ トラーを美化したり、ホロコーストを軽んじたりするような試みには非常に警戒しています。「しかし、これはそうではない。一部のユダヤ人グループが動揺 し、神経質になるのは理解できるが、歴史的な観点から、また文脈を整理するために行われているようだ」[47]。

注釈版の『我が闘争』は2016年1月にドイツで出版され、アマゾンのドイツ語サイトで数時間で完売した。通常、ゲルハルト・ヴァインベルクによれば、各 章に付された注釈版の情報は、その章がいつ書かれたかについてのものがほとんどだが、「場合によっては」その章の性質や主張についての解説もある [49]。

この本の出版はドイツで公開討論を引き起こし、ユダヤ人団体の反応も分かれ、出版の決定を支持するものと反対するものとがあった[29]。 ドイツ当局は以前、この本の再出版がネオナチ感情をかき立てるのではないかという懸念から、テキストへの一般公開を制限すると述べていた[50]。ベルリ ンの書店であるDussmannは、歴史セクションの棚に1冊はあるが、宣伝はせず、注文があった場合にのみ販売すると述べた[51]。 2017年1月までに、ドイツ語注釈版は85,000部以上売れた[52]。

ゲルハルト・ヴァインベルクは注釈版について概ね好意的な批評を書き、編集者のコメントだけでなく原文の変更も含めるという選択を称賛した。彼は、第8章 と第9章のような注釈は、ヒトラーが政界に進出した当時の状況について「非常に役に立つだろう」と述べ、第11章(「国民と人種」)の注釈も「広範で非常 に役に立つ」と称賛した。否定的な面としては、編集者がある箇所で誤った訂正をしていること、第一次世界大戦中のドイツの残虐行為に関する有益な書物を見 逃していること、ナチス党員に関する調査を入れるのが遅すぎること、ヒトラーに関する自身の著作がすべて参考文献の中で言及されていないことなどが挙げら れる[49]。
English translations
Further information: Mein Kampf in English
Ever since the early 1930s, the history of Mein Kampf in English has been complicated and an occasion for controversy.[53][54] No fewer than four full translations were completed before 1945, as well as a number of extracts in newspapers, pamphlets, government documents and unpublished typescripts. Not all of these had official approval from his publishers, Eher Verlag. Since the war, the 1943 Ralph Manheim translation has been the most commonly published translation, though other versions have continued to circulate.

Current availability
At the time of his suicide, Hitler's official place of residence was in Munich, which led to his entire estate, including all rights to Mein Kampf, changing to the ownership of the state of Bavaria. The government of Bavaria, in agreement with the federal government of Germany, refused to allow any copying or printing of the book in Germany. It also opposed copying and printing in other countries, but with less success. Under German copyright law, the entire text entered the public domain on 1 January 2016, upon the expiration of the calendar year 70 years after the author's death.[55]

Owning and buying the book in Germany is not an offence. Trading in old copies is lawful as well, unless it is done in such a fashion as to "promote hatred or war." In particular, the unmodified edition is not covered by §86 StGB that forbids dissemination of means of propaganda of unconstitutional organizations, since it is a "pre-constitutional work" and as such cannot be opposed to the free and democratic basic order, according to a 1979 decision of the Federal Court of Justice of Germany.[56] Most German libraries carry heavily commented and excerpted versions of Mein Kampf. In 2008, Stephan Kramer, secretary-general of the Central Council of Jews in Germany, not only recommended lifting the ban, but volunteered the help of his organization in editing and annotating the text, saying that it is time for the book to be made available to all online.[57]

A variety of restrictions or special circumstances apply in other countries.

France
In 1934, the French government unofficially sponsored the publication of an unauthorized translation. It was meant as a warning and included a critical introduction by Marshal Lyautey ("Every Frenchman must read this book"). It was published by far-right publisher Fernand Sorlot in an agreement with the activists of LICRA who bought 5,000 copies to be offered to "influential people"; however, most of them treated the book as a casual gift and did not read it.[58] The Nazi regime unsuccessfully tried to have it forbidden. Hitler, as the author, and Eher-Verlag, his German publisher, had to sue for copyright infringement in the Commercial Court of France. Hitler's lawsuit succeeded in having all copies seized, the print broken up, and having an injunction against booksellers offering any copies. However, a large quantity of books had already been shipped and stayed available undercover by Sorlot.[59]

In 1938, Hitler licensed for France an authorized edition by Fayard, translated by François Dauture and Georges Blond, lacking the threatening tone against France of the original. The French edition was 347 pages long, while the original title was 687 pages, and it was titled Ma doctrine ("My doctrine").[60]

After the war, Fernand Sorlot re-edited, re-issued, and continued to sell the work, without permission from the state of Bavaria, to which the author's rights had defaulted.

In the 1970s, the rise of the extreme right in France along with the growing of Holocaust denial works, placed the Mein Kampf under judicial watch and in 1978, LICRA entered a complaint in the courts against the publisher for inciting antisemitism. Sorlot received a "substantial fine" but the court also granted him the right to continue publishing the work, provided certain warnings and qualifiers accompany the text.[59]

On 1 January 2016, 70 years after Hitler's death, Mein Kampf entered the public domain in France.[59]

A new edition was published in 2017 by Fayard, now part of the Groupe Hachette, with a critical introduction, just as the edition published in 2018 in Germany by the Institut für Zeitgeschichte, the Institute of Contemporary History based in Munich.[59]

In 2021, a 1,000 page critical edition, based on the German edition of 2016, was published in France. Titled Historiciser le mal: Une édition critique de Mein Kampf ("Historicizing Evil: A Critical Edition of Mein Kampf"), with almost twice as much commentary as text, it was edited by Florent Brayard and Andraes Wirsching, translated by Olivier Mannoni, and published by Fayard. The print run was deliberately kept small at 10,000 available only by special order, with copies set aside for public libraries. Proceeds from the sale of the edition are earmarked for the Auschwitz-Birkenau Foundation. Some critics who had objected in advance to the edition's publication had fewer objections upon publication. One historian noted that there were so many annotations that Hitler's text had become "secondary."[7]

India
Since its first publication in India in 1928, Mein Kampf has gone through hundreds of editions and sold over 100,000 copies.[61][62] Mein Kampf was translated into various Indian languages such as Hindi, Gujarati, Malayalam, Tamil and Bengali.[63]

Israel
An extract of Mein Kampf in Hebrew was first published in 1992 by Akadamon in a run of 400 copies.[64] The complete translation of the book in Hebrew was published by the Hebrew University of Jerusalem in 1995. The translator was Dan Yaron, a Vienna-born retired teacher and Holocaust survivor.[65]

Latvia
On 5 May 1995, a translation of Mein Kampf released by a small Latvian publishing house Vizītkarte began appearing in bookstores, provoking a reaction from Latvian authorities, who confiscated the approximately 2,000 copies that had made their way to the bookstores and charged director of the publishing house Pēteris Lauva with offences under anti-racism law.[66] Currently the publication of Mein Kampf is forbidden in Latvia.[66][67]

In April 2018, multiple Russian-language news sites (Baltnews, Zvezda, Sputnik, Komsomolskaya Pravda and Komprava among others) reported that Adolf Hitler had allegedly become more popular in Latvia than Harry Potter, referring to a Latvian online book trading platform ibook.lv, where Mein Kampf had appeared at the No. 1 position in "The Most Current Books in 7 Days" list.[68][69][70]

In research done by Polygraph.info who called the claim "false", ibook.lv was only the 878th most popular website and 149th most popular shopping site in Latvia at the time, according to Alexa Internet. In addition to that, the website only had 4 copies on sale by individual users and no users wishing to purchase the book.[69] Owner of ibook.lv pointed out that the book list is not based on actual deals, but rather page views, of which 70% in the case of Mein Kampf had come from anonymous and unregistered users she believed could be fake users.[70] Ambassador of Latvia to the Russian Federation Māris Riekstiņš responded to the story by tweeting "everyone, who wishes to know what books are actually bought and read in Latvia, are advised to address the largest book stores @JanisRoze; @valtersunrapa; @zvaigzneabc".[68] The BBC also acknowledged the story was fake news, adding that in the last three years Mein Kampf had been requested for borrowing for only 139 times across all libraries in Latvia, in comparison with around 25,000 requests for books about Harry Potter.[70]

Netherlands
In the Netherlands, Mein Kampf was not available for sale for years following World War II.[71][72] Sale has been prohibited since a court ruling in the 1980s. In September 2018, however, Dutch publisher Prometheus officially released an academic edition of the 2016 German translation with comprehensive introductions and annotations by Dutch historians.[73] The book is widely available to the general public in the Netherlands for the first time since World War II.

Romania
On 20 April 1993, under the sponsorship of the vice-president of the Democratic Agrarian Party of Romania, Sibiu-based Pacific publishers began issuing a Romanian edition of Mein Kampf. The local authorities promptly banned the sale and confiscated the copies, citing Article 166 of the Penal Code. Nevertheless, the ban was overturned on appeal by the Prosecutor General on 27 May 1993. Chief Rabbi Moses Rosen protested, and on 10 July 1993 President Ion Iliescu asked the Prosecutor General in writing to reinstate the ban of further printing and have the book withdrawn from the market. On 8 November 1993, the Prosecutor General rebuffed Iliescu, stating that the publication of the book was an act of spreading information, not conducting fascist propaganda. Although Iliescu deplored this answer "in strictly judicial terms", this was the end of the matter.[74][75]

Russia
In the Soviet Union, Mein Kampf was published in 1933 in a translation by Grigory Zinoviev.[76] In the Russian Federation, Mein Kampf has been published at least three times since 1992; the Russian text is also available on websites. In 2006 the Public Chamber of Russia proposed banning the book. In 2009, St. Petersburg's branch of the Russian Ministry of Internal Affairs requested to remove an annotated and hyper-linked Russian translation of the book from a historiography website.[77][78][79] On 13 April 2010, it was announced that Mein Kampf is outlawed on grounds of extremism promotion.[80]

Sweden
Mein Kampf has been reprinted several times since 1945; in 1970, 1992, 2002 and 2010. In 1992 the Government of Bavaria tried to stop the publication of the book, and the case went to the Supreme Court of Sweden which ruled in favour of the publisher, stating that the book is protected by copyright, but that the copyright holder is unidentified (and not the State of Bavaria) and that the original Swedish publishing firm from 1934 was no longer in existence. It therefore refused the Government of Bavaria's claim.[81] The only translation changes came in the 1970 edition, but they were only linguistic, based on a new Swedish standard.[citation needed]

Turkey
Mein Kampf (Turkish: Kavgam) was widely available in Turkey selling up to 100,000 copies in just two months in 2005. Analysts and commentators believe the sales of the book to be related to a rise in nationalism and anti-U.S. sentiment. İvo Molinas [tr] of Şalom stated this was a result of "what is happening in the Middle East, the Israeli-Palestinian problem and the war in Iraq."[82] Doğu Ergil, a political scientist at Ankara University, said both far-right ultranationalists and extremist Islamists had found common ground – "not on a common agenda for the future, but on their anxieties, fears and hate".[83]

United States
In the United States, Mein Kampf can be found at many community libraries and can be bought, sold, and traded: it is protected by the First Amendment to the United States Constitution as a matter of the freedom of speech and of the freedom of the press.[84] The U.S. government seized the copyright in September 1942[85] during the Second World War under the Trading with the Enemy Act and in 1979, Houghton Mifflin, the U.S. publisher of the book, bought the rights from the government pursuant to 28 CFR 0.47.[86] More than 15,000 copies are sold a year.[84] In 2016, Houghton Mifflin Harcourt reported that it was having difficulty finding a charity that would accept profits from the sales of its version of Mein Kampf, which it had promised to donate.[87]

Online availability
In 1999, the Simon Wiesenthal Center documented that the book was available in Germany via major online booksellers such as Amazon and Barnes & Noble. After a public outcry, both companies agreed to end these sales to addresses in Germany.[88] In March 2020, Amazon banned sales of new and second-hand copies of Mein Kampf, and several other Nazi publications, on its platform.[89] The book remains available on Barnes and Noble's website.[90] It is also available in multiple languages, including German, at the Internet Archive.[91] One of the first complete English translations was published by James Vincent Murphy in 1939.[92] The Murphy translation of the book is freely available on Project Gutenberg Australia.[93]

Sequel
Main article: Zweites Buch
After the party's poor showing in the 1928 elections, Hitler believed that the reason for his loss was the public's misunderstanding of his ideas. He then retired to Munich to dictate a sequel to Mein Kampf to expand on its ideas, with more focus on foreign policy.

Only two copies of the 200-page manuscript were originally made, and only one of these was ever made public. The document was neither edited nor published during the Nazi era and remains known as Zweites Buch, or "Second Book". To keep the document strictly secret, in 1935 Hitler ordered that it be placed in a safe in an air raid shelter. It remained there until being discovered by an American officer in 1945.

The authenticity of the document found in 1945 has been verified by Josef Berg, a former employee of the Nazi publishing house Eher Verlag, and Telford Taylor, a former brigadier general of the United States Army Reserve and Chief Counsel at the Nuremberg war-crimes trials.

In 1958, the Zweites Buch was found in the archives of the United States by American historian Gerhard Weinberg. Unable to find an American publisher, Weinberg turned to his mentor – Hans Rothfels at the Institute of Contemporary History in Munich, and his associate Martin Broszat – who published Zweites Buch in 1961. A pirated edition was published in English in New York in 1962. The first authoritative English edition was not published until 2003 (Hitler's Second Book: The Unpublished Sequel to Mein Kampf, ISBN 1-929631-16-2).


英語翻訳 さらに詳しい情報英語版『我が闘争
1930年代初頭以来、英語における『我が闘争』の歴史は複雑であり、論争の的となってきた[53][54]。そのすべてが出版社であるエーハー出版社か ら正式な承認を得ていたわけではない。戦後は、1943年のラルフ・マンハイム訳が最も多く出版されているが、他のバージョンも流通し続けている。

現在入手可能なもの
ヒトラーが自殺した当時、公式の居住地はミュンヘンだった。バイエルン州政府はドイツ連邦政府と同意して、ドイツ国内での同書の複製・印刷を一切認めな かった。バイエルン州政府はドイツ連邦政府と協力して、ドイツ国内での複製や印刷を拒否した。ドイツの著作権法では、著者の死後70年を経過した2016 年1月1日に全文がパブリックドメインとなった[55]。

ドイツでこの本を所有し購入することは犯罪ではない。旧版の売買も、"憎悪や戦争を助長する "ような方法でない限り合法である。特に、1979年のドイツ連邦司法裁判所の判決によれば、「憲法以前の著作物」であり、自由で民主的な基本秩序に反対 することはできないため、修正されていない版は、違憲団体の宣伝手段の普及を禁じたドイツ連邦規約第86条の適用を受けない[56]。2008年、ドイツ のユダヤ人中央協議会の事務局長であるシュテファン・クラマーは、禁止令の解除を勧告しただけでなく、テキストの編集と注釈を行うために同団体の協力を志 願し、この本がオンラインで誰でも利用できるようになる時が来たと述べた[57]。

他の国々では、さまざまな制限や特別な事情が適用されている。

フランス
1934年、フランス政府は非公認の翻訳出版を後援した。それは警告を意味し、リョーテイ元帥による批判的な序文(「すべてのフランス人はこの本を読まな ければならない」)が含まれていた。この本は極右出版社フェルナン・ソルロによって、「影響力のある人々」に提供するために5,000部を購入したリクラ の活動家と合意して出版されたが、彼らのほとんどはこの本を気軽な贈り物として扱い、読まなかった[58]。著者であるヒトラーとドイツの出版社である エーハー=フェルラーク社は、フランスの商事裁判所に著作権侵害を訴えなければならなかった。ヒトラーの訴えは、すべてのコピーを押収し、印刷を解体し、 書店がコピーを提供することを差し止めることに成功した。しかし、大量の書籍はすでに出荷され、ソルロットによって秘密裏に入手可能な状態にあった [59]。

1938年、ヒトラーはフランス向けに、フランソワ・ドチュールとジョルジュ・ブロンドが翻訳したファヤールの公認版を許可したが、原書にはフランスに対 する脅迫的な色彩が欠けていた。フランス語版は347ページで、原題は687ページ、タイトルは『私の教義』(Ma doctrine)であった[60]。

戦後、フェルナン・ソルロは、著者の権利が不履行となっていたバイエルン州の許可なく、この作品を再編集、再発行し、販売を続けた。

1970年代、フランスにおける極右勢力の台頭とホロコーストを否定する作品の増加により、『我が闘争』は司法の監視下に置かれ、1978年、LICRA は反ユダヤ主義を扇動したとして出版社を裁判所に提訴した。ソルロは「多額の罰金」を受けたが、裁判所はまた、テキストに一定の警告と修飾語を付すことを 条件に、作品の出版を継続する権利を認めた[59]。

ヒトラーの死から70年後の2016年1月1日、『我が闘争』はフランスでパブリックドメインとなった[59]。

ドイツでは2018年にミュンヘンを拠点とする現代史研究所(Institut für Zeitgeschichte)によって出版された版と同様に、2017年に現在アシェット・グループの一部であるファヤール社によって、批評的な序文付 きの新版が出版された[59]。

2021年には、2016年のドイツ版に基づく1000ページの批評版がフランスで出版された。タイトルは『Historiciser le mal: Une édition critique de Mein Kampf(「悪を歴史化する:『マイン・カンプ』の批評版」)と題され、本文のほぼ2倍の量の解説があり、フロラン・ブラヤールとアンドレエス・ヴィル シングが編集し、オリヴィエ・マンノーニが翻訳し、ファヤール社から出版された。印刷部数は1万部と意図的に少なめに設定され、特別注文でのみ入手可能 で、公共図書館用の部数も確保された。この版の売上はアウシュヴィッツ・ビルケナウ財団に寄付される。事前にこの版の出版に異論を唱えていた批評家の中に は、出版時には異論が少なくなっていた者もいた。ある歴史家は、あまりに多くの注釈があるため、ヒトラーのテキストは「二の次」になってしまったと指摘し た[7]。

インド
1928年にインドで初めて出版されて以来、『我が闘争』は何百もの版を重ね、10万部以上売れた[61][62]。

イスラエル
ヘブライ語による『我が闘争』の抄訳は、1992年にアカダモン社から400部限定で出版された[64]。訳者はウィーン生まれの退職教師でホロコースト生存者のダン・ヤロン[65]。

ラトビア
1995年5月5日、ラトビアの小さな出版社Vizītkarteから発売されたMein Kampfの翻訳が書店に並び始め、ラトビア当局の反発を招き、書店に並んだ約2,000部が没収され、出版社のPēteris Lauva取締役が反人種主義法に基づく違反で起訴された[66]。現在、ラトビアではMein Kampfの出版は禁止されている[66][67]。

2018年4月、複数のロシア語ニュースサイト(Baltnews、Zvezda、Sputnik、Komsomolskaya Pravda、Kompravaなど)は、ラトビアのオンライン書籍取引プラットフォームibook.lvが「7日間で最も流行している書籍」リストの1 位にマイン・カンプが登場したことに言及し、ラトビアではハリー・ポッターよりもアドルフ・ヒトラーの方が人気になったと言われていると報じた[68] [69][70]。

この主張を「虚偽」と呼んだPolygraph.infoによる調査では、ibook.lvはAlexa Internetによると、当時ラトビアで878番目に人気のあるウェブサイト、149番目に人気のあるショッピングサイトにすぎなかった。 ibook.lvのオーナーは、書籍リストは実際の取引に基づくものではなく、ページビューに基づくものであり、『我が闘争』の場合、その70%は匿名の 未登録ユーザーによるもので、偽ユーザーである可能性があると指摘した[69]。 [70]駐ロシア・ラトビア大使のマーリス・リエクシュティオクシュはこの記事に対し、「ラトビアで実際にどのような本が買われ、読まれているかを知りた い人は、最大の書店@JanisRoze; @valtersunrapa; @zvaigzneabcに問い合わせることをお勧めする」とツイートした。 [68]BBCはまた、この話がフェイクニュースであることを認め、過去3年間にラトビアの全図書館で『マイン・カンプ』の貸出要請があったのはわずか 139回であり、これに対して『ハリー・ポッター』に関する本の貸出要請は約25,000回であったと付け加えた[70]。

オランダ
オランダでは、『我が闘争』は第二次世界大戦後数年間販売されていなかった[71][72]。1980年代の裁判所判決以来、販売は禁止されている。しか し2018年9月、オランダの出版社プロメテウスは、オランダの歴史家による包括的な紹介と注釈を加えた2016年ドイツ語訳の学術版を正式にリリースし た[73]。 第二次世界大戦後初めて、オランダで一般に広く入手できるようになった。

ルーマニア
1993年4月20日、ルーマニア民主農民党副党首の後援の下、シビウに拠点を置くパシフィック出版社が『我が闘争』のルーマニア語版の発行を開始した。 地元当局は刑法第166条を理由に直ちに販売を禁止し、コピーを没収した。しかし、この禁止令は1993年5月27日、検事総長の上訴により覆された。主 任ラビであるモーゼス・ローゼンは抗議し、1993年7月10日、イオン・イリエスク大統領は検事総長に対し、さらなる印刷の禁止を復活させ、この本を市 場から撤去するよう文書で要請した。1993年11月8日、検事総長はイリエスクに、この本の出版は情報を広める行為であり、ファシストのプロパガンダで はないと反論した。イリエスクは「厳密には司法の観点から」この回答を非難したが、これでこの問題は終わった[74][75]。

ロシア
ソビエト連邦では、『我が闘争』は1933年にグリゴリー・ジノヴィエフの翻訳で出版された[76]。ロシア連邦では、『我が闘争』は1992年以来少な くとも3回出版されており、ロシア語のテキストはウェブサイトでも入手可能である。2006年、ロシア公会堂はこの本の出版禁止を提案した。2009年、 ロシア内務省のサンクトペテルブルク支部は、注釈とハイパーリンクが付けられたロシア語訳を歴史学のウェブサイトから削除するよう要請した[77] [78][79]。 2010年4月13日、『我が闘争』は過激主義促進を理由に非合法化されたと発表された[80]。

スウェーデン
我が闘争』は1945年以降、1970年、1992年、2002年、2010年と何度も再版されている。1992年、バイエルン州政府はこの本の出版を差 し止めようとし、スウェーデン最高裁に提訴された。最高裁は、この本は著作権で保護されているが、著作権者は不明であり(バイエルン州ではない)、 1934年に設立されたスウェーデンの出版社はすでに存在しないとして、出版社を支持する判決を下した。そのため、バイエルン州政府の請求は棄却された [81]。唯一の翻訳変更は1970年版であったが、それは新しいスウェーデン語の標準に基づく言語的な変更に過ぎなかった[要出典]。

トルコ
トルコでは『我が闘争』(トルコ語:Kavgam)が広く販売され、2005年にはわずか2ヶ月で10万部が売れた。アナリストやコメンテーターは、この 本の売れ行きがナショナリズムや反米感情の高まりと関係していると考えている。シャロムのイヴォ・モリナス[tr]は、これは「中東で起きていること、イ スラエルとパレスチナの問題、イラク戦争の結果である」と述べている[82]。アンカラ大学の政治学者であるドウ・エルギルは、極右の超国家主義者と過激 派のイスラム主義者の両方が、「将来に対する共通の議題ではなく、彼らの不安、恐怖、憎しみに」共通点を見出したと述べている[83]。

アメリカ
アメリカでは、『我が闘争』は多くの地域の図書館で見ることができ、売買することができる。アメリカ憲法修正第1条により、言論の自由と報道の自由の問題 として保護されている[84]。 2016年、ホートン・ミフリン・ハーコート社は、寄付を約束していた『我が闘争』版の売上からの利益を受け入れてくれる慈善団体を見つけるのが困難であ ると報告した[87]。

オンラインでの入手
1999年、サイモン・ヴィーゼンタール・センターは、この本がドイツではアマゾンやバーンズ&ノーブルといった大手オンライン書店で入手可能であること を記録した。世論の反発を受け、両社はドイツ国内の住所へのこれらの販売を終了することに同意した[88]。 2020年3月、アマゾンはそのプラットフォーム上で、『我が闘争』や他のいくつかのナチス出版物の新品および中古本の販売を禁止した[89]。 同書はバーンズ・アンド・ノーブルのウェブサイトでは引き続き入手可能である[90]。 インターネット・アーカイブでは、ドイツ語を含む複数の言語でも入手可能である[91]。 最初の完全な英訳の一つは、1939年にジェームズ・ヴィンセント・マーフィーによって出版された[92]。

続編
主な記事 ツヴァイツ・ブッフ
1928年の選挙で党が惨敗した後、ヒトラーは敗因は自分の思想に対する大衆の誤解にあると考えた。そこでヒトラーはミュンヘンに引きこもり、『我が闘争』の続編を口述筆記した。

200ページの原稿は当初2部しか作成されず、公開されたのはそのうちの1部だけだった。この文書はナチス時代には編集も出版もされず、ツヴァイツ・ブッ フ(第二の書物)として知られている。1935年、ヒトラーはこの文書を厳重に秘匿するため、空襲シェルターの金庫に入れるよう命じた。1945年にアメ リカ人将校によって発見されるまで、それはそこに置かれたままだった。

1945年に発見された文書の信憑性は、ナチス出版社エーハー出版社の元社員ヨゼフ・ベルクと、元アメリカ陸軍予備役准将でニュルンベルク戦争犯罪裁判の主任弁護士テルフォード・テイラーによって検証されている。

1958年、アメリカの歴史家ゲルハルト・ヴァインベルクによって『ツヴァイツ・ブッフ』がアメリカの公文書館で発見された。アメリカの出版社を見つける ことができなかったワインベルクは、彼の師であるミュンヘン現代史研究所のハンス・ロスフェルスと彼の同僚のマルティン・ブロスザットを頼り、1961年 に『ツヴァイツ・ブッフ』を出版した。海賊版は1962年にニューヨークで出版された。権威ある英語版が出版されたのは2003年のことである(『ヒト ラーの第二の書』): The Unpublished Sequel to Mein Kampf, ISBN 1-929631-16-2)。
Berlin Without Jews, a dystopian satirical novel about German antisemitism, published in the same year as Mein Kampf
Generalplan Ost, Hitler's "new order of ethnographical relations"
Ich Kämpfe
Gustave Le Bon, a main influence on this book and crowd psychology
List of books banned by governments
LTI – Lingua Tertii Imperii
Mein Kampf in Arabic
The Myth of the Twentieth Century

Berlin Without Jews (German: Berlin ohne Juden) is a 1925 dystopian novel by Arthur Landsberger [de]. It is written from the point-of-view of two German families friendly to each other; the Oppenheims are Jewish, and the Rudenbergs are Lutherans. In the events of the book, a right-wing nationalist political party takes power and expels German Jews. The other factions of German politics and society stand by, doing nothing, thinking the Jews matter little. The expulsion has unfortunate consequences for Germany. German life is poorer both culturally and economically without the Jews, and the novel ends with the government sheepishly inviting the German Jews back and welcoming them as valued members of society.

The novel was described as a "tragi-satire" by its author. It includes satirical jabs at the rhetoric and ideologies of the Weimar Republic.

Background
Austrian author Hugo Bettauer wrote The City Without Jews in 1922, which was made into a film in 1924. It was quite similar to Landsberger's work and likely an inspiration;[1] in Bettauer's book, it is Vienna which exiles its Jews, and similar to Landsberger, the work focuses not on the suffering of the exiled Jews, but rather the effects on Austrian Christians. Also similar is its somewhat comical bent to the consequences, such as the inability to find good coffee shops or cafes. Both novels ended with the Jews being asked to return.[2] Bettauer was shot on March 10, 1925, by a Nazi Party member, and died shortly afterward.

Plot and characters
Boris Pinski is a Russian Bolshevik sent from Moscow to Germany to prepare for the revolution.
Benno Oppenheim, a Commerce Minister in the Reichstag, is an assimilated Jew and successful businessman. He organizes the mass emigration.
Hans Oppenheim, Benno's son and a member of the Foreign Office, is married to Elisabeth Rudenberg.
Robert Rudenberg, a professor of economics, is married to Hans Oppenheim's sister Erna.
Eduard Rudenberg, Robert's brother, sees politics as a game, and sees his chance in the nationalist movement. He works at the newspaper B.Z. where he both learns and spreads tabloid gossip. After seeing the consequences of the expulsion of the Jews, he eventually changes his mind and works on their recall.
The novel opens with the intrigues of Boris Pinski. Despite being a Bolshevik, he joins with and advises the nationalist parties, feeling that their victory would hasten a German communist revolution. He believes that taking an anti-Jewish tack would help them win the next elections. Pinski writes a publication which calls for the German Jews to demonstrate their patriotism and loyalty to Germany by pooling their fortunes together to pay the Treaty of Versailles reparations owed by Germany.

Unsurprisingly, the Jewish leadership rejects such a proposal; this confirms pre-existing prejudices of the German Jews as somehow not loyal to their country. Backed by this, the nationalists win the election while riots occur throughout the country, with 200 homes looted and 160 Jews killed. The new Reichstag approves the exile of all Jews. Half-Jew/half-Germans are allowed to remain, but lose their right to vote and hold public offices. Benno Oppenheim gives a speech on behalf of the opposition "in the spirit of the Sermon on the Mount" decrying the new policy. Some 97 prominent Jews older than 65 years - including Benno Oppenheim - refuse in a letter of protest to leave the country, and commit suicide, instead.

The propaganda department attempts to make the expulsion of the Jews tolerable and uses music, parades, colorful uniforms, movies, and revues as a distraction. Soon afterward, the nationalists begin to target the centrists as their next scapegoat.

After some hesitation, a trade boycott is imposed against Germany, causing a shortage of raw materials. Strikes break out. Food is rationed. Tourism collapses. As Pinski had hoped, the Bolsheviks are strengthened and engage in street battles with supporters of the nationalists. The (unnamed) chancellor is forced to admit the disastrous economic situation before the Reichstag; the opposition calls for a reversal of the policy. The nationalist parties break apart, the government loses the confidence vote, and a new emergency government of centrists is created. The expulsion is reversed and the Oppenheims return home to the celebration of the residents of Berlin.

Legacy
Landsberger's novels were reasonably successful in the 1920s, but faded from public view in the 1930s and 1940s as Berlin Without Jews had proven uncomfortably accurate - except that reality did not provide a happy ending in which the exiled German Jews returned.

Landsberger himself committed suicide in 1933, six months after Adolf Hitler became Chancellor following the 1933 elections, and the novel was largely forgotten until a new printing was made in 1998.

See also
German federal election, December 1924 – both the Nazis and the Communists suffered severe setbacks in this election, something that Landsberger did not know as he was writing the novel.

『ユダヤ人のいないベルリン』(独: Berlin ohne Juden)は、アルトゥール・ランズベルガー[デ]による1925年のディストピア小説。オッペンハイム家はユダヤ人、ルーデンベルク家はルター派である。
オッペンハイムはユダヤ人、ルーデンベルクはルター派である。この本の中で、右翼の民族主義政党が政権を握り、ドイツのユダヤ人を追放する。ドイツの政治 と社会の他の派閥は、ユダヤ人などたいした問題ではないと、何もせずに傍観している。追放はドイツにとって不幸な結果をもたらす。ユダヤ人がいなくなった ドイツの生活は、文化的にも経済的にも貧しくなり、小説は、政府が羊のように恥ずかしそうにドイツ系ユダヤ人を呼び戻し、社会の大切な一員として迎え入れ るところで終わる。

この小説は作者によって「トラギ・サタイア」と評された。ワイマール共和国のレトリックやイデオロギーを風刺している。

背景
オーストリアの作家フーゴ・ベッタウアーは1922年に『ユダヤ人のいない街』を書き、1924年に映画化された。ベタウアーの本では、ユダヤ人を追放し たのはウィーンであり[1]、ランズベルガーと同様に、作品は追放されたユダヤ人の苦しみではなく、むしろオーストリアのキリスト教徒への影響に焦点を当 てている。また、良い喫茶店やカフェが見つからないなど、その結果に対するややコミカルな傾向も似ている。ベタウアーは1925年3月10日、ナチ党員に よって狙撃され、まもなく死亡した。

プロットと登場人物
ボリス・ピンスキーは革命準備のためにモスクワからドイツに派遣されたロシアのボリシェヴィキ。
ベノ・オッペンハイムは帝国議会の商務大臣で、同化ユダヤ人で成功した実業家。彼は大量移民を組織する。
ベンノの息子で外務省のハンス・オッペンハイムはエリザベス・ルーデンベルクと結婚。
経済学教授のロバート・ルーデンベルクは、ハンス・オッペンハイムの妹エルナと結婚。
ロベルトの弟エドゥアルド・ルーデンベルクは政治をゲームと考え、民族主義運動にチャンスを見出す。彼は新聞社B.Z.で働き、タブロイド紙のゴシップを学び、広める。ユダヤ人追放の結果を目の当たりにした彼は、やがて考えを改め、ユダヤ人の呼び戻しに尽力する。
小説はボリス・ピンスキーの陰謀から始まる。彼はボリシェヴィキであるにもかかわらず、民族主義政党の勝利がドイツ共産主義革命を早めることになると考 え、民族主義政党に参加し、助言を与える。彼は、反ユダヤ主義を掲げれば次の選挙で勝利できると考えている。ピンスキーは出版物を執筆し、ドイツのユダヤ 人たちに、ドイツが支払うべきヴェルサイユ条約の賠償金を支払うために、彼らの財産を出し合ってドイツへの愛国心と忠誠心を示すよう呼びかける。

当然のことながら、ユダヤ人指導部はこのような提案を拒否する。このことは、ドイツ系ユダヤ人は祖国に忠誠を誓っていないという先入観を裏付けるもので あった。これに後押しされ、民族主義者が選挙に勝利する一方で、全国で暴動が起こり、200軒の家屋が略奪され、160人のユダヤ人が殺された。新帝国議 会は全ユダヤ人の追放を承認する。半ユダヤ人・半ドイツ人の残留は認められるが、選挙権と公職に就く権利は失われる。ベンノ・オッペンハイムが反対派を代 表して「山上の説教の精神に則り」新政策を非難する演説を行う。ベノ・オッペンハイムを含む65歳以上の著名なユダヤ人97人が、抗議文の中で国外退去を 拒否し、代わりに自殺する。

宣伝部はユダヤ人追放を容認させようと、音楽、パレード、カラフルな制服、映画、レヴューなどを使って気晴らしを図る。その直後、民族主義者たちは次のスケープゴートとして中道主義者を標的にし始める。

逡巡の末、ドイツに対する貿易ボイコットが実施され、原材料が不足する。ストライキが勃発。食料は配給制となる。観光業は崩壊。ピンスキーの期待通り、ボ リシェヴィキは強化され、民族主義者の支持者と街頭戦を繰り広げる。無名の)首相は帝国議会で悲惨な経済状況を認めざるを得なくなり、野党は政策の撤回を 求める。国民党は分裂し、政府は信任投票に敗れ、中道派による新緊急政府が発足する。追放は撤回され、オッペンハイムはベルリン市民の祝賀のうちに帰国し た。

遺産
ランツベルガーの小説は1920年代にはそこそこの成功を収めたが、1930年代と1940年代には、『ユダヤ人のいないベルリン』が不快なほど正確であることが証明されたため、世間からは消えていった。

ランツベルガー自身は、1933年の選挙でアドルフ・ヒトラーが首相に就任した半年後の1933年に自殺し、1998年に新版が出るまで、この小説はほとんど忘れ去られていた。

以下も参照。
1924年12月のドイツ連邦選挙-この選挙ではナチスも共産党も大敗を喫した。









+++

『我が闘争』(わがとうそう、ドイツ語: Mein Kampf)は、ナチ党指導者のアドルフ・ヒトラーの著作。全2巻で、第1巻は1925年、第2巻は1926年に出版された[1]。ヒトラーの自伝的要素 と政治的世界観(ドイツ語: Weltanschauung)の表明などから構成されており、ナチズムのバイブルとなった。

ヒトラーが当初希望した書名は『Viereinhalb Jahre (des Kampfes) gegen Lüge, Dummheit und Feigheit』(虚偽、愚鈍、臆病に対する(闘争の)4年半)であったが、出版担当のマックス・アマン(Max Amann, 1891-1957)は、より短い『Mein Kampf』(我が闘争)を推奨した[2][3]。

《日本での受容》

【献辞はミュンヘン一揆で犠牲になった党員16名に捧げられている】茲 に揚ぐるは、一九二三年十一月九日午後零時三十分ミュンヘンの將軍廟會館前と陸軍省内庭とに於て、ドイツ國民の復興を確信しつゝ斃れた人々である。「僞而 非國民政廳はこれ等の志士のために共同の墓碑を建立することを許さなかつた。 故に、自分は本書の第一巻を記念としてこれ等の志士に捧ぐるものである。願くは、志士よ、 血盟の友として永へに我等同志の前途を照示せんことを。— 一九二四年十月十六日、レッヒ河畔ランツベルク要塞監獄に於て、アードルフ・ヒットラー

第1巻: 罰
第1章: 私の両親と家庭
第2章: ウィーンでの勉学と苦悩の年月
第3章: ウィーン時代に形成された政治的考察
第4章: ミュンヘン
第5章: 世界大戦
第6章: 戦時プロパガンダ
第7章: 革命
第8章: 政治活動の開始
第9章: ドイツ労働者党
第10章: 崩壊の原因
第11章: 民族と人種
第12章: 国家社会主義ドイツ労働者党の初期構築段階
第2巻: 国家社会主義運動(ナチズム)
第1章: 哲学と党
第2章: 国家
第3章: 議題と市民
第4章: 民族国家の特徴と概念
第5章: 哲学と組織
第6章: 初期の闘争 - 話し言葉の重要性
第7章: 赤色戦線との闘争
第8章: 強者は最強で孤独
第9章: 突撃隊の手段と組織に関する基本的概念
第10章: 覆面としての連邦制
第11章: プロパガンダと組織
第12章: 労働組合問題
第13章: 戦後のドイツ同盟政策
第14章: 西洋の指導または西洋の政策
第15章: 緊急防衛の権利
まとめ
索引
【】
1918 ワイマール共和国成立
1919-25 エーベルト大統領
1919 ワイマール憲法成立
1920 国民社会主義ドイツ労働者等(ナチ党)綱領採択
1923 ミュンヘン一揆→ヒトラーによるクーデター失敗・選挙戦術に転換。
1925 ヒトラー『我が闘争』
1925-34  ヒンデンブルク大統領
1928 ナチ党として初の国政選挙。12議席を獲得。
1929 世界恐慌
1930 この年の選挙でナチ党は第2党の地位を獲得。
1931 日本が満州に侵攻;10.ナチスを含めた右翼が国民戦線を結成。(ハルツブルク戦線)
1932 6.ローザンヌ賠償会議。7.ナチス第一党となる。
1933 1.ヒンデンブルク大統領、ヒトラーを首相に任命。国会放火事件。3.全権委任法。10.国際連盟・軍縮会議脱退。
1934 ドイツ=ポーランド不可侵条約調印。8.ヒンデンブルク大統領没。ヒトラー、総統と首相兼務。
1935 1.ザール人民投票。(ドイツへの帰属決定)3.ヒトラー再軍備宣言。イギリス=ドイツ海軍協定。
1936 3.ロカルノ条約破棄宣言、ラインランド進駐。8.ベルリンでオリンピック大会。10.ベルリン=ローマ枢軸協定。11.日独防共協定締結
1937 11.ヒトラーの歴史的会議。日独伊三国防共協定
1938 ヒトラー国防軍を掌握。3.オーストリアを併合。9.ミュンヘン会議。(ズデーテン地方のドイツへの割譲決定)11.水晶の夜
1939 3.ドイツ軍、プラハ占領。8.独ソ不可侵条約調印。9.ポーランド侵攻開始。イギリス=フランス、対ドイツ宣戦(第二次世界大戦)
1940 4. ドイツ軍、デンマークとノルウェー占領。5.ベルギーとオランダに侵入。マジノ線突破。
1940 6.ドイツ軍、パリを無血占領。9.日独伊三国軍事同盟。
1941 4.ドイツ軍、ユーゴスラヴィアとギリシアに侵入。6.独ソ戦始まる。12.ドイツ、イタリア・ハンガリーとアメリカに宣戦
1942 1.ヴァンゼー会議;ドイツ軍、ユダヤ人大量虐殺が本格化
1943 1.スターリングラードでドイツ降伏。8.シチリア島撤退
1944 1.ドイツ軍、東部戦線で全面的後退。6.連合軍、ノルマンディー上陸。7.ヒトラー暗殺未遂事件
1945 2.ヤルタ会談(2/4-11)。4.ソ連軍、ウィーン・ベルリンに突入。ヒトラー自殺(4/30)5.ドイツ無条件降伏(5/8)
ヒトラーは1923年11月のミュンヘン一揆の失敗後、獄中で当書の執 筆を開始した。当初は多数の面会者と会っていたが、すぐに執筆に没頭した。執筆中に本を2巻にすることとし、1巻は1925年当初の発行を予定した。ラン ツベルク刑務所の管理者は「彼(ヒトラー)はこの本が多くの版を重ねて、彼の財政的債務や法廷費用支払の助けとなる事を望んだ」と記した。

第1巻となる前半部分は自分の生い立ちを振り返りつつ、ナチ党の結成に 至るまでの経緯が記述されている。自叙伝は他の自叙伝同様に誇張と歪曲がなされたものであるが、全体としてヒトラー自身の幼年期と反ユダヤ主義および軍国 主義的となったウィーン時代が詳細に記述されている。

第2巻となる後半部分では、自らの政治手法、群集心理についての考察とプロパガンダのノウハウも記されている。戦争や教育などさまざまな分野を論じ自らの 政策を提言している。特に顕著なのは人種主義の観点であり、世界は人種同士が覇権を競っているというナチズム的世界観である。

さらに、あらゆる反ドイツ的なものの創造者であると定義されたユダヤ人に対する反ユダヤ主義も重要な位置を占めている。執筆時、ヒトラーは「ユダヤ人は世 界のペスト」であり「最も激しい闘争手段」が使われねばならないと述べており、本書中にも「これらの一万三千か一万五千のヘブライ人の民族破壊者連中を、 一度毒ガスの中に放り込んでやったらとしたら、前線での数百万の犠牲も決して無駄ではなかったであろう」という記述が存在する[5]。また「経済の理のみ ねらうは民族の堕落」「凡そ世の中に武力によらず、経済によって建設された国家なるものはない」[6]と、経済偏重がドイツ帝国の敗北を招いたとしてい る。

外交政策では、フランス共和国に対して敵対心を持ち、ソビエト社会主義共和国連邦との同盟を「亡滅に陥る」[7]と批判し、「モスコー政権〔モスクワ政 権〕は当にそのユダヤ人」[8]であるとしている。現時点で同盟を組べき相手は、イギリスとイタリアであるとしている[9]。

また、ドイツが国益を伸張するためには、貿易を拡大するか、植民地を得るか、ソビエト社会主義共和国連邦を征服して、東方で領土拡張するかの3つしかない とし、前者二つは必然的にイギリスとの対決を呼び起こすため不可能であるとした。これは東方における生存圏 (Lebensraum) 獲得のため、ヨーロッパにおける東方進出(東方生存圏)を表明したものであり[10]、後の独ソ戦の要因の一つとなった。

第1巻は、1925年7月18日にナチ党の出版局であるフランツ・エー ア出版社から発売された。価格は12ライヒスマルクであり、当時の一般書の約2倍の値段になる。これは、あまり売れないと判断したアマンが、少部数でも元 を取れるようにしたためという。1925年には9,473部[13]、1926年には6,913部が売れた[14]。1926年12月には第2巻が出版さ れたが、1927年の売り上げは全巻をあわせて5,607部にとどまった[15]。しかしナチ党は、同書が大量に売れていると宣伝していた。

しかし、その後のドイツ国内におけるナチ党の支持層拡大とともに、本の売り上げは増大し、1930年には54,080部が売れた。また、この年には1巻と 2巻を合本した廉価版が8ライヒスマルクで売り出されている。1931年には50,808部が売れ、ヒトラーに多額の印税収入をもたらした。

ナチ党の権力掌握後、ヒトラー政権下で、『我が闘争』は事実上ドイツ国民のバイブル扱いを受けるようになった。結婚する全ての夫婦に同書を贈呈することが 奨励され、各自治体がフランツ・エーア出版社に発注した婚礼用(市の紋章が表紙に箔押しされ、首長のメッセージが記されたページが挿入されている)の『我 が闘争』が、婚姻届を提出した夫婦に贈られた。贈呈用として、本革や琥珀の板、銀細工などで装丁された様々な特装版も販売された。視覚障害者向けに、6巻 組の点字版も製作された。

本書の販売は、ヒトラーに数百万ライヒスマルクの収入をもたらしたが、購入者の大半は内容をほとんど読んでおらず、ヒトラーに対する忠誠、ナチ党内での地 位の維持、ゲシュタポの追及をかわすために仕方なく購入した者もいたと言われている。1939年には上下巻を合本し、特別な表装をほどこした 「Jubiläumsausgabe」と呼ばれる版が出版された。第二次世界大戦敗戦によるナチ党政権崩壊までに、約1,000万部がドイツ国内で出版さ れたといわれる。

一方で、当然ながら国内外の批判者からは、『我が闘争』の内容を巡って批判も行われた。1936年2月21日、フランスへの友好姿勢をアピールするヒト ラーに対し、フランスの記者ベルトラン・ド・ジューヴネル(フランス語版)が『我が闘争』のフランス批判部分を修正するかと問いかけた。ヒトラーは次のよ うに答えている。

この本はドイツ国外でも出版された。最初に英語訳を試みたのはイギリス 人のエドガー・ダグデール(英語版)である。ホートン・ミフリン・ハーコート(英語版)社がその原稿を買い取り、アメリカ合衆国でも出版された。しかしこ れらは著作権者であるヒトラーの許諾を得ていなかった。ホートン・ミフリン版からは、反ユダヤ主義的な部分や軍国主義的な部分が一部削除されている。

唯一の公式的な英訳は、ジェームズ・ヴィンセント・マーフィー(英語版)によるもので、1939年に出版された。通信社に勤務していたアラン・クランスト ン(英語版)はヒトラーとナチズムに対する批判者であり、批判のために反ユダヤ主義や軍国主義的な部分を残した『我が闘争』を英訳して出版した。ナチスの 代理人らは出版差し止めの訴訟を行い、コネチカット州の裁判所はこれを認め、出版は差し止められた。

最初の日本語版は、1932年に内外社から刊行された『余の闘争』(坂 井隆治訳)である。以後、終戦までに、大久保康雄、室伏高信、真鍋良一、東亜研究所特別第一調査委員会が訳を手がけ、別々の会社から刊行されている [17]。石川準十郎も国際日本協会から『マイン・カンプ研究』を発行する予定であったが、販売されなかった[18]。→?[]

ヒトラーはこの書において、アーリア人種を文化創造者、日本民族などを文化伝達者 (Kulturträger)、ユダヤ人を文化破壊者としている。日本の文化というものは表面的なものであって、文化的な基礎はアーリア人 種によって創造されたものにすぎないとしており、強国としての日本の地位もアーリア人種あってのこととしている。もしヨーロッパやアメリカが衰亡すれば、いずれ日本は衰退して行くであろうとしている [19]。他にも日本人侮蔑と受け取れる場所が複数あり、鈴木東民や勝本清一郎等が告発する文章を発表している[20]

戦前の日本語版においては、こういった日本人をおとしめた箇所が削除されているという指摘が行われているが[21]、篠原正瑛は戦前戦中にあった幾種類の 日本語訳版のうち二冊には、削除されたという事実はなかったとしている[22]。外務省は独自に訳出に当たっているが、「時局柄世人の眼に触れさせぬ方が よい」部分を訳出せず、修正している[23]。

また、『我が闘争』のドイツ語原典は、旧制高等学校のドイツ語の授業などにおいて、教科書としても用いられた。

『我が闘争』が人種差別主義的な内容で第二次世界大戦中のナチズムやホ ロコーストにいかに影響を与えたかについては、多数の議論がある。

ヒトラー政権下で軍需大臣を務めたアルベルト・シュペーアは回顧録で、ヒトラー自身が以下のように語っていたと記した。「我が闘争は古い本だ。私はあんな 昔から多くのことを決め付けすぎていた」。また、ヘルマン・ゲーリングは次のように述べた。「総統は彼の理論、戦術等において変幻自在だった。その為、あ の本から総統の目的を推測する事は不可能だ。総統は臨機応変に己の意見や見解を変えていた。あの本は総統の哲学思想の基本的な骨組みが著されているのだろ う」。なお、『我が闘争』では大衆を蔑視する記述が多いのに対して、政権掌握後のヒトラーは大衆宣伝に心を砕くなど両者には相反する点が多いことから、 『我が闘争』はあくまで1920年代初頭当時のヒトラーの知見を述べたものにすぎない、という指摘もある[34]。

ベニート・ムッソリーニは『我が闘争』について、「退屈な研究書で私は 決して読めない」「当書で表明されたヒトラーの信念は陳腐にすぎない」と述べ[35]、ヒトラーが同書で彼を賞賛したのとは裏腹に酷評した。また、ナチ党 員であったコンラート・ハイデン(ドイツ語版)は、ヒトラーの友人と思われる他の党員には『我が闘争』の内容は重要な政治的議論だと見せたが、しばしば実 際に当書の内容を非難した。日本海軍軍人の井上成美は、ベルリン駐在中にドイツ語の原典を読み、有色人種蔑視などの人種差別主義を嫌悪し、米内光政や山本 五十六らとともに日独伊三国軍事同盟に反対した[36][37]。石原莞爾も1945年に『マイン・カンプ批判』を出版している[38]

第二次世界大戦中にイギリス首相のウィンストン・チャーチルは、『我が闘争』は「他 のいかなる本よりも集中的な調査が必要な本」と記した[39]。アメリカ合衆国のケネス・バークは著書『ヒトラーの「闘い」のレトリック』で、『我が闘争』には、攻撃的な意図 を持つ隠されたメッセージがあると記した[40]。ヘンリー・キッシンジャーは、「『我が闘争』に記載されたヒトラーの哲学は、陳腐で空想 的で、従来からの右翼過激思想を通俗的にまとめ上げただけで、知的潮流を引き起こすものではなく、この点でマルクスの『資本論』などとは異なっていた」と 述べた[41]。

創価学会は1941年10月の機関紙『価値創造』第3号において、『我が闘争』について大きく紙面を割いて紹介し、ヒトラーを「現代の転輪聖王」と持ち上 げ、理想的な君主とみなしていた[42]。




◎第2巻「第2章国家」ページは角川文庫版による

33-
誤れる「ゲルマン化」の観念——本質主義的民 族概念

「過去百年間にこういう人々の中で、たいていは善良な信念か らではあるが、「ゲルマン化」という言葉が濫用されたのを見なければならなかったのは、まこ とにいたましいことであった。わたし自身、青年時代にこのことばをまったく信じられないほど まちがった意味にとって、迷わされたことをいまでも記憶している。汎ドイツ主義の人々におい てすら、オーストリアのドイツ人が、政府の助成的援助のもとに、オーストリアにいるスラブ民 族のゲルマン化を必ず達成しうるにちがいないという意見を、当時聞くことができた。そのさい 人々は、ゲルマン化が土地についてだけは行なうことができるが、決して人間にはそれがありえ ないということについて、少しもわかっていなかったのだ。というのは、人々が一般に「ゲルマ ン化」ということばの中に理解していたものは、強制されてドイツ語を外見上 とだけであったからた。だからいうならば、ニグロや中国人がドイツ語を学び終え、将来ドイツ語を話し、そして ドイツ政党のどれかに投票するからといって、かれらがゲルマン民族になるなどと信ずることは、ほとんど理解しがたい考えちがいである」(33-34)。
34
混血は身を滅ぼす

37
国家はそれ自体目的ではない
「国家は目的ではなく、 手段である。国家は、もちろん、より高い人類文化を形成するための前提ではあるがその原因で はない。その原因はむしろ文化を形成する能力のある人種の存在にのみあるのである。地球上に 幾百の模範となるような国家がありうるとしても、文化を担っているアーリア人種が死滅したな らば、今日の最も優秀な民族の知的な高さにふさわしい文化というものは、存在しえないだろう」(37)
38-39
文化的な高さは人種によってきまる
「文化的な高さは人種によってきまる——国家それ自体が一定の文化的な 高さを創造するのでは ない。国家はただ文化的高さの原因をなす人種を維持しうるだけである。そうでない場合には、 国家それ自体は幾世紀も同じ国家として存続するかも知れないが、その間に国家が人種の混合を 防止しない結果、文化的能力とそれによって条件づけられる民族の一般的な生活像は、とっくに はなはだしい変化をこうむっているであろう。たとえば、今日の国家は形式的な機構としいてなお かくも長く、その存在をさもありそうにみせかけることができるが、しかし、わが国民(=民族)体の人種 的な中毒は、今日すでに恐しいまでに現われてきている文化的没落をまねいているのだ。 /そのように優秀な人類の存立の前提となるものは、国家ではなく、この目的のために能力を有 する民族なのである」(38-39)。
40
国家社会主義の国家観 「国家社会主義の国家観——国家は目的のための手段である。国家の目的 は同種の人間の共同社会を肉体的および精神的に維持し、助成することにある。この維持ということ自体は、第一に人種的存立を含んでおり、かくしてこの人種 の中にまどろんでいるあらゆる諸力を自由に発展させることを許すのである」(40)。
41
国民主義国家の最高の目的
「それゆえ、国民主義国家の最高の目的は、文化供給者としてより高い人 類の美と品位をつくり だす人種の本源的要素の維持を心がけることである。われわれはアーリア人種として、国家のも とに、この民族の維持を保証するだけにとどまらず、その精神的、理念的能力をいっそう育成す ることによって、最高の自由にまで導<民族のいきいきした有機体だけを考えることができるの である」(41)
43
人種的分裂の結果

45

わが国民はこの内部分裂になやんでいる(45)
46
ドイツ国民の使命
「地上でのドイツ国民の使命について語るものは、その使命がわが国民 の、 むしろ全人類の最も貴重で無傷で残っている構成要素を維持し、促進させることを、その最高課題 と見るような国家を形成すること以外にないということを知らねばならない」(46)
47
国家=生存競争における武器

48
世界史は少数のものによって作られる

49
雑種の劣等さ
「一般に自然は地上の生物の種族の純粋さの問題において、ある種の矯正 をす る立場に立っているものだ。自然は雑種をあまり好まない」(49)。 「純種がもちこたえる場合でも、 雑種が耐ええない場合は無数にある。ここに自然の矯正を見ることかできる。しかし、これがさ らに一歩進んだ場合が往々にしてある。自然が雑種の生殖の可能性を制限するのだ。こうして、 自然は雑交一般によって繁殖しつづけることをさまたげ、死滅をもたらすのである」(50)。
52
人種混合の危険

53
国民主義国家と人種衛生学
ホッテントット、ズール、ハンセン病、ニグロなど差別語による当該民族 や疾患への非難が続く(54)
55
人種中心国家概念
国 民主義国家は、人種を一般的生活の中心点に置かねばならない。国民主義国家は人種 の純粋保持のために配慮しなければならない。国民主義国家は子どもが国民の最も貴重な財宝で あることを明らかにせねばならない。ただ健全であるものだけが、子どもを生むべきで、自分が 病身であり欠陥があるにもかかわらず子どもをつくることはただ恥辱であり、むしろ子どもを生 むことを断念することが、最高の名誉である、ということに留意しなければならない。しかし反 対に、国民の健全な子どもを生まないことは、非難されねばならない。その場合国家は、幾千年 もの未来の保護者として考えられねばならず、この未来に対しては、個人の期望や我欲などはな んでもないものと考え、様牲にしなければならない。国家はかかる認識を実行するために、最新 の医学的手段を用いるべきである。国家は何か明らかに病気をもつものや、悪質の遺伝のあるも のや、さらに負担となるものは、生殖不能と宣告し、そしてこれを実際に実施すべきである。こ れに対して逆に国家は、国家の財政的にだらしない経済管理のために、子だ<さんが両親にとっ てのろいとなり、健全なる女子の受胎が制限されることのないようにこころがけねばならない。 国家は、今日、子だ<さんの家族の社会的前提を無関心に取扱っているが、このずるい、犯罪者 的な無関心を一掃して、国家自体が民族の最も貴重な祝福に対する最高保護者としての立場に立 たねばならない。国家は成人よりももっと子どものことを心配しなければならない」(『続・我が闘争』55ページ;一部変えた)。
57
人種の純粋な辺境植民地

60-
国民主義国家の教育
「国民主義国家は、これを認めて、全教育活動をまず第一に、単なる知識 の注入におかず、真に 健康な身体の養育向上におくのである。そのときこそ第二に、さらに精神的能力の育成がやって くる。だがここでも、その先端には人格の発展、とりわけよろこんで責任感をもつように教育す ることとむすびついている意志力と決断力の促進があり、そして最後にはじめて学問的訓練がく るのだ。/ その場合、国民主義国家は、次の前提から出発しなければならない。すなわち、実際に学問的 教養はさしてないが、肉体的には健康で、善良で堅固な性格をもち、欣然とした決断と意志力に みちた人間は、才知にめぐまれた虚弱者よりも、民族共同体にとってはより価値がある、という ことだ。物知りからなる民族は、もしかれらがその場合肉体的に堕落し、意志の弱い、ひきょう な平和主義者であるならば、大空を征服することはもちろん、この地上に生存を確保することも できないだろう。運命を決する困難な闘争においては、知識のないものが敗れることはほとんど なく、かえっていつも知識があるために最も弱気の結論をひきだし、その結論をいやいやながら第 実行にうつすものが敗れるのだ。けっきょく、ここにもまた一定の調和がなされねばならない。 腐った肉体は輝かしい精神をふきこんでも、まったく美しくならない」(61)。
62
肉体の鍛錬
「国民主義国家においては、肉体的鍛練は、個人に関するものでなく、ま た、なによりも 第一に、両親に関するものであって二番目か三番目にはじめて公共に関係するというような問題 でもなく、国家によって代表され保設されている国民の自己保存の要求なのである。純粋の学問 的教育に関しては、すでに今日国家が個人の自決権に干渉し、それに反対して全体の権利を認め、 同時に両親に欲するか欲しないか相談することなく、子どもを強制就学させているように、国民維 持の問題においては国民主義国家はもっとはるかに高度に、個人の無知や無理解に対していっか その権威を貫徹しなければならない。国家は、子どものからだを幼児のころから目的にかなうよ うに訓練され、将来の生活に必要な鍛練をうけるように、その教育活動を組織すべきである。国家 はなによりも、へやの中ばかりにいるような泄代がつくられないように配慮しなければならない」(62)。
63
スポーツの価値

68
最高の学校としての軍隊

69
性格の陶冶

70
寡黙への教育

72
意志力と決断力の養成

74
責任感の養成

77
歴史教育の原則
「人種問題が主要な問題として取扱われるような世界史が最後に書かれる ことは、国民主義国家の課題なのである」(79)
80
人文教育の価値

85
国民的誇りの喚起
「国民的誇りの喚起民族主義国家は学問においても、国民の誇りを助長す るための手段を認 識しなければならない。世界史のみならず、全文化史もこの視点から教えられねばならない。発 明者は癸明者として偉大に思われるだけではなく、また国民同胞としてさらにもっと偉大に思わ れなければならないのだ。すべての偉大な行為への賛美の念は、自分の国民の一員としてのその 幸福な完成者への誇りに鋳直されなければならない。だがトイツ史の中の偉大な多数の名前の中 から最も偉大なものを選択しそして青少年にそれらがゆるぎなき国民感惰の柱石となるよう印 象深くうつしだすべきである」(85)。
88
人材の国家的選抜
「国 民主義国家は、ある現存の社会階級に決定的な権利を主張するのではなく、国民同胞の全体の中から最も能力のある頭脳の持ち主を引き抜いて、そして官職や高官につかせる ことが課題なのだ」(92)



◎第1巻「第11章国民と人種」——この章の多くは 反ユダヤ主義的なヘイト言説からなりたっている(ページは角川書店版『我が闘争』より)→第1巻「第11章フォルクと人種」(ドイツ語原文と対照している)

407
混血の恐怖を説く
「アメリカ大陸の、人種的に純粋で、混血されることなくすんだゲルマン 人は、その大陸の支配者にまでなった。かれらは、自分もまた血の冒漬の犠牲となって倒れないかぎり、支配者であり続けるだろう」(407)
408
人種交配の結果
1)高等な人種の水準の低下、2)徐々に疾病などにより滅んでいくこ と。
409
人間と観念

411
人種と文化
「人種と文化——われわれが今日、この地上で賞賛しているすべてのもの ——科学、芸術、技術、発明はただ少数の民族、おそらく元来は唯一の人種の独創力の産物であるにすぎない。こうした全文化の存続もまた、かれらに依存して いる。かれらが滅亡すれは、かれらとともに地上の美しいものも墓穴に落ち込むのだ」(411)。
412
文化の創始者としてのアーリア人種

413-414
(猿真似としての日本文化)
「もし、人類を文化創造者、文化支持者、文化破壊者の三種類に分けるとすれば、第一のものの 代表者として、おそらくアーリア人種だけが問題となるに違いなかろう。すべての人間の創造物 の基礎や周壁はかれらによって作られており、ただ外面的な形や色だけが、個々の国民のその時 時にもつ特徴によって、決定されているにすぎない。かれらはあらゆる人類の進歩に対して、す ばらしい構成素材、および設計図を提供したので、ただ完成だけが、その時々の人種の存在様式 に適合して遂行されたのだ。たとえば、数十年もへぬ中に、東部アジアの全部の国が、その基礎 は結局、われわれの場合と同様なヘレニズム精神とゲルマンの技術であるような文化を自分たち の国に固有のものだと呼ぶようになるだろう。ただ、外面的形式——少なくと だけがアジア的存在様式の特徴を身につけるだろう。日本は多くの人々がそう思っているように、 自分の文化にヨーロッパの技術をつけ加えたのではなく、ヨーロッパの科学と技術が日本の特性 によって装飾されたのだ。実際生活の基礎は、たとえ、日本文化が——内面的な区別なのだから 外観ではよけいにヨーロッパ人の目にはいってくるから——生活の色彩を限定しているにしても、 もはや特に日本的な文化ではないのであって、それはヨーロッパやアメリカの、したがってアーリア 民族の強力な科学・技術的労作なのである。これらの業績に基づいてのみ、東洋も一般的な 人類の進歩についてゆくことができるのだ。これらは日々のパンのための闘争の基礎を作り出し そのための武器と道具を生み出したのであって、ただ表面的な包装だけが、徐々に日本人の存在様式に 調和させられたに過ぎない」(413-414)。
420
混血の結果

422
アーリア人種の意義の根拠

423
共同体への奉仕

424
社会全体に対する犠牲の能力

427
アーリア人種とユダヤ人
・このあたりから、ヒトラーのユダヤ批判=反ユダヤ主義的主張が苛烈に なる。
「だがユダヤ人は——間もなく明らかになる理由から——けっして自分の文化をもってはいなかったから、かれらの精神的労作の基礎は、つねに他から与えられ ていたのだ。かれらの知性のあらゆる時代を通じて、かれらの周囲にある文化圏にたよって発達した。/けっして、その逆の経過が生じたことはなかった」 (428)。
429
ユダヤ的エゴイズムの結果

430
みせかけの文化
・ユダヤ人=劣等のヒトラーの無謬論は続く
「ユダヤ人の見せかけの文化したがってユダヤ民族は、あらゆる外見上での知性的特性をもっているにもかかわらず、なお真の文化、とくに自身の文化をもって いない。なぜならば、ユダヤ人が今日見せかけの文化においてもっているものは、他の民族のものであったのがかれらの手によってほとんどもうだめにされてし まった文化財なのである」(430)。
432
ユダヤ人は遊牧民ではない

433
ユダヤ人は寄生虫

435
ユダヤ人の宗教共同体

437
ユダヤ教の教義

438
シオンの議定書

439
ユダヤ人の発展過程
・宮廷ユダヤ人(443)
452
工場労働者階級

454
ユダヤ人の戦術

456
マルクス主義世界観の核心

457
マルクス主義世界観の組織化 ・このあたりは、ヒトラーの反共主義が、ユダヤ人と労働組合左翼=共産 主義者との陰謀論になる。それにフリーメーソンやメディア界の陰謀と、妄想の連鎖がはじまる
・人間の暗い面は、すべてユダヤ人のせいにされてしまう
「マルクス主義世界論の組織化——いわゆるインテリの社会に、国民的自己保存衝動の一般的な 平和主義的マヒを目指して、フリーメイスンが持ち込んだものは、今日ますますユダヤ的になって ている大新聞の活動によって、大衆、とりわけブルジョア階級に伝えられる。この2つの破壊の 武器に、今や第三の、そしてはるかに恐ろしい武器として野蛮な暴力の組織が加わる。マルクス 主義は攻撃隊、突撃隊として、二つの最初の武器によって破壊エ作を準備し、すでに瓦解するま でに成熟させてあるものを、仕上げるべきものである」(457)。
463
組織センターとしてのパレスチナ
「組織センターとしてのパレスティナ——国家におけるユダヤ人の支配はもはやすっかり安 定したと思われる。そこでかれらはいまや再びユダヤ人と自分を呼ぶことができるばかりでなく、 また、かれらの民族的、政治的思想の究極の本音を無遠慮に承認もする。かれらの人種の一部の ものはすでにまった<堂々と自分が異民族であることを公言するが、そのさいまたもやうそをつ くのをやめない。なぜというに、シオニズムでもって他の世界の人々に、ユダヤ人の民族自決は パレスティナ国家の創設でもって満足するだろう、ということを真実だと思い込ます努力をしつ つ、ユダヤ人たちはこの上なくずる賢く、再び愚かな非ユダヤ人をだますのだ。かれらはパレス ティナに自分が住むかも知れぬということのためにユダヤ国家を建設しようなどとは全然考えて いないのであり、ただ自分の主権をもち、他の国家の介入を封じたかれらの国際的な世界瞞着 組織のセンター、つまり正真正銘のルンペンどもの隠れ家や将来のうそっき連中の大学を作ろうと 望んでいるに過ぎない」(463)。
464
プロレタリアの独裁

465
民族的ユダヤ人から血に飢えたユダヤ人へ

466
混血民族

468
旧ドイツ国のみせかけの繁栄

468
内面の敵を認識せぬこと

470
ドイツ国民のゲルマン国家

◎ゲッベルスとヒトラーとナチズムのプロパガンダに ついて(→「ゲッベルスの宣伝術について」からの引用)

ゲッベルスの宣伝手法に関する考察に入 る前に、 1933年1月30日政権掌握後のヒトラーの宣伝手法に対してゲッベルスがどのような立場をとっていたかを明らかにする必要がある。ゲッベルスはその翌 日、日記に こう記す:「とうとうここまで来たのだ。我々はヴィルヘルム街に座っている。ヒトラーは帝国首相だ。まるでおとぎ話のようだ」——ヨーゼフ・ゲッベルス (1933年1月31日、日記)。博士号を持っていて教養の高いゲッベルスは、ヒトラーの教養には、その態度には出ないが明らかに見下した認識をもってい たようだ。ベルリンに到着する前にヒトラーから贈呈されていた『我が闘争』(1925, 1927)繙いたが、そのドイツ語文法は破格(=文法どおり正しくない)であり、事実において誤認があった。そこの宣伝の部分にはこのような記述がある。

宣伝は目的を生むための手段

宣伝は手段であり、したがって目的の観点から判断されねばならない。 それゆえ宣伝の形式は、それが奉仕する目的を援助することに有効 に適合していなければならない。目標の意義は、一般的必要の観点から見ればいろいろでありうるし、それとともにまた宣伝はその内面的価値に おいて種々規定されるととも明白である」(第一部、平野一郎ら訳、上:255)。

「まさに決定的な意義をもつ第二の問題 は、次のよう であった。すなわち宣伝はだれに向けるべきか? 学識あるインテ リゲンツィアに対してか、あるいは教養の低い大衆に対してか? 宣伝は永久にただ大衆にのみ向けるべきである」(第一部、平野一郎ら訳、 上:258)。

宣伝の課題は、個々人の学問的な形式ではなく、ある一定の事 実、ある過程、必然性等に大衆の注意を促すことにある。そのために宣伝の意義は、まず大衆の視野にまでずらされねばならない」(第一部、平野一郎ら訳、 上:259)。

「それだからその技術は、すぐれた方法 で、ある事実 の現実性、ある過程の必要性、必要なものの正当性等について、一般的確信ができるようにするところにのみもっぱら存する。しかし宣伝はそれ自体必要なもの ではなく、またそうではありえず、その課題はまさしく、ポスター のばあいと同様に、大衆の注意を喚起することでなければならず、もともと学問的経験のあるものや、教養を求め洞察をうるために努力しているものの教化にあ るのではないから、その作用はいつもより多く感情に向かい、いわゆる知性に対してはおおいに制限しなければならない」(第一部、平野一郎ら 訳、上:259)。

宣伝の技術はまさしく、それが大衆の感情的観念界をつかんで、心理的に正しい形式で大衆の注意をひき、さらにその心の中にはいり込むことにある。これを、われわれの知っ たかぶりが理解できないというのは、ただかれらの遅鈍さとうぬぼれの証拠である」(第一部、平野一郎ら訳、上:260)。

「宣伝におよそ学術的教授の多様性を与 えようとする ことは、誤りである」(第一部、平野一郎ら訳、上:260)。

宣伝の連呼の意味)「大衆の受容能力は非常に限られており、理解カは小さいが、 そのかわりに忘却カは大きい。この事実からすべて効果的な宣伝 は、重点をうんと制限して、そしてこれをスローガンのように利用し、そのことばによって、目的としたものが最後の一人にまで思いうかべることができるよう に継続的に行なわれなければならない」(第一部、平野一郎ら訳、上:260)。

「すべての広告は、商売の分野でも、政 治の分野で も、継続とその利用のむらのない統一性が成果をもたらすのだ」(第一部、平野一郎ら訳、上:267)。

2つの宣伝手法の対比)「オーストリアやドイツの漫画宣伝がまず第一に配慮した ように、相手を噺笑したような例は、根本的に誤りで あった。実際に遭遇してみると、たちまち相手の人々に関してまったく異なった信念をもたねばならなかったから、根底から誤っており、さらに最も恐ろしい報 いがくるからだった」。なぜなら、兵士のほうが敵よりも味方の心証操作が間違いだと気づいたから(——引用者注釈)。それに対して「イギリス人やアメリカ人の戦時宣伝は心理的に正しかった。かれらは自国の民 族にドイツ人を野蛮人、匈奴だと思わせることによって、個々の兵士に前もって宣伝が、戦争の恐怖に対する準備をし、幻滅をおこさせないように努力していた。 いま自分に向けられたどんな恐ろしい武器も、かれらにはただ、かれらにいままで与えられた啓蒙が正しかったことを確認した以上には感じられず、他方、極悪 な敵に対する怒りと憎悪の念を高めると同様に、政府の主張が正しかったという信念を強めたのである」(第一部、平野一郎ら訳、上:260)。

宣伝の課題は、たとえば種々の権利を考慮することではなく、 まさに宣伝によって代表すべきものをもっぱら強調することに ある。宣伝は、それが相手に好都合であるかぎり、大衆に理論的な正しさを教えるために、真理を客観的に探究すべきではなく、絶えず自己に役立つものでなければなら ない」(第一部、平野一郎ら訳、上:263)。

ちなみに私(=引用者=池田)が感じ る、ヒトラーの 「宣伝」に関する根本的な取り扱い方の誤りもあると思われる。その一つが、大衆を「子供」のような不安と猜疑心の塊だとしてみる態度である——ただし、そ のような猜疑心の塊と、責任をとらない責任転嫁の体質を大衆に見抜いたことは、ヒトラーの炯眼である。私にとっては、仮に大衆が子供であっても、真実を見 抜く力や、共同で権威に抵抗するような人間本来の性格も忘れてはならないと思う。そのようなヒトラーの大衆に対して穿った態度は次の文章にみられる。

「大衆は外交官から成り立っているので はなく、また 国法学者のみから成り立っているのでもなく、まったく純粋に理性的判断からでもなく、動揺して疑惑や不安に傾きがちな人類の子どもから成り立っている。一 度、自国の宣伝によって敵側の一抹の権利さえも認められるようになると、すでに自己の権利に疑惑をもたらす根拠を置いたことになる。大衆は相手の不正がどこで終り、自分の不正がどこから始まっているか、その 時判断する立場にはいない。そういうばあいにかれらは不安になり、邪推したりする。特に相手が必ずしも同じように無意味なことをせず、何も かも責任をこちら側に負わせてくる場合がそうである」(第一部、平野一郎ら訳、上:263)。

それでは、ゲッベルスは、ヒトラーの宣 伝手法に心酔 した後、いかにして、さらにその宣伝手法を洗練させていったのか? そこがポイントである。

「僕は人にわかりやすく語るということがどんなに大切かをますます理解するように なった。そのために僕はまったく新しいスタイルの政談演説を発展させることになった。この頃になって僕はベルリン時代の演説と比較してみた が、古いのはまったくおとなしく素直だ。僕はまだ大都市の熱気と テンポの虜になっていなかったのだ」(マンヴェルほか、樽井ほか訳:66)。

「街頭を征服するものは、いつか必ず国 家を征服す る。なぜならあらゆる権力政治や独裁政治はその根を街頭にもって いるからである」(マンヴェルほか、樽井ほか訳:70)。

宣伝の効果云々の関しては因果論という ものをまった く否定している発言もみられる。このあたりはヒトラーゆずりであるが、論理的には支離滅裂である。

どのような宣伝がより有効で、どのような種類の宣伝がより効果がうすいか、 ということを決定する理論的根拠はない。望ましい結果を生む宣伝はみなよい宣伝で、それ以外の宣伝は悪い宣伝——たとえそれがどれほどおも しろそうなものであったとしても。なぜなら宣伝の目的は人をおもしろがらせることではなくて「好結果を生む」ことであるから」(マンヴェルほか、樽井ほか 訳:71)。

映画の効用について述べているが、それ はヴァルター・ベンヤミンの気散じのなかの宣伝効果というものではなく、内容分析による 映像効 果というきわめて古典的な説明に留まっている。つまりゲッベルスの宣伝美学論というのは、ヒトラーが批判してやまないインテリが好きな議論の領域のままに じつは留まっていたのだ。

「その晩(1933年1月)われわれは ルイス・トレ ンカーの映画『反乱』を観に行った。これは芸術映画の一級作品である。この映画から僕は革命的な性格と大衆感覚を備え、生命力に満ちた将来の映画を想像す ることができる。その中の一シーンでは巨大な十字架像が小さな教会から革命家たちによって運びだされるところがあるが、観衆は深く感動させられていた。これを観ればわれわれがフィルムを芸術のメディアに用いて何を成就すること ができるか十分理解できよう」日記より(マンヴェルほか、樽井ほか訳:91)。

このようにゲッベルスの引用をみると、 彼が大衆の前 で扇情的に宣伝したのとは、好対照に、そして、ヒトラーの教養のない罵詈雑言よりも、冷静な判断と大衆とのデタッチメントが伺える。全体主義の宣伝とは、このように、それを仕掛けるものの冷静な理解と、それに呼応するものの熱狂と 無理解の混合という、非常に対照的なものがみられるのである。

したがって、ゲッベルスの宣伝術の要衝 とは、「ゲッ ペルスは宣伝の天才であった!」という世間に流布しているアホな主張にあるのではない。ゲッベルスの魅力は、知性というものは、知性がその維持伸展のため にはもっとも避けなければならない「愚劣と無知」というものすら学ぶ特殊な能力をもつということであり、(ダース・ベイダーごとく)そのような暗黒面に魅 了されると、悪そのものを完全に模倣することができるという、《よい子が絶対に真似してはならない愚行》をくり返し、やがて人生を終えるということなので ある。

ゲッベルスの宣伝術の要衝とは、知性というものがもたらす、模倣の能力(mimetic faculty)で あったのだ。



ゲッベルスの宣伝術

リンク集

文献

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099