sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

シスとトランス

Trans and cis, from ""

池田光穂

☆ シス(cis)とは、シスジェンダー(sis-gender、または単にsisと発音される)の略で、あなたが今どのような性別であれ、出生時に推定され た性別と同じであることを意味する言葉です。つまり、生まれたときに親や医師があなたを男の子、女の子と呼んだのは、その通りだったということです。 シスジェンダー主義とは、生まれたときに想定された性別と一致しない場合、その人の性別を病的にとらえたり、拒絶したりするものである。 これは、トランスジェンダーやシスジェンダーを問わず、すべての人に影響を及ぼし、自分自身のジェンダーや他者のジェンダーを否定する原因となります。シ スジェンダイズムは、友人や家族からの拒絶、マイクロアグレッション、既知の肯定的な言葉を使わない、ニーズに基づいた医療を提供しない、あるいは、ある 人が本当はそうではないジェンダーであると考えるなど、多くの微妙であからさまな方法で害をもたらす可能性がある。

★マイクロアグレッション(microaggression)とは、汚名を着せられた集団や文化的に疎外された集団に対して、敵意や軽蔑、否定的な態度を伝える、ありふれた言葉や行動、環境的な軽蔑に対して使われる用語であり、意図的か意図的でないかを問わない。

★シ スジェンダー(Cisgender)とは、性自認(自己の性をどのように認識しているか)と生まれたときに割り当てられた性別が一致している 状態のことをさす。生まれた時に女性とみなされ(例:出生登録され)、現在の自分自身も女性と認識している人は、「シスジェンダー女性」であり、両方とも 男性の場合は「シスジェンダー男性」である。トランスジェンダー(Transgender)とは、それぞれの性別がクロスしている場合であり、そのために 「トランスジェンダー女性」 ならびに「トランスジェンダー男性」と呼ぶことができる。社会の恋愛や結婚が、「シスジェンダー女性」と「シスジェンダー男性」の組み合わせや結合でなけ ればならないと考えるのが「強制異性愛」制度というもので、多くの社会はこのシステムが動いている(→「1970年以降のジェンダーとセクシュアリティ理解の歴史的展開」)

You may have heard the term cis being used before, maybe even being used to describe you, and wonder what it meant, or why the word would need to exist at all.

Cis, short for cisgender (pronounced sis-gender, or just sis), is a term that means whatever gender you are now is the same as what was presumed for you at birth. This simply means that when a parent or doctor called you a boy or a girl when you were born, they got it right.

Cis people can be men or women, because those are the genders that doctors label people at birth.

A person’s gender is different from their sexuality, therefore you can be cisgender and be straight, gay, lesbian, bisexual, queer, or another sexuality, just as you can be trans and any sexuality too.
シス(cis)という言葉を耳にしたことがあるかもしれないし、もしか したら自分を表す言葉として使われたことがあるかもしれない。

シス(cis)とは、シスジェンダー(sis-gender、または単にsisと発音される)の略で、あなたが今どのような性別であれ、出生時に推定され た性別と同じであることを意味する言葉です。つまり、生まれたときに親や医師があなたを男の子、女の子と呼んだのは、その通りだったということです。

シス人は男にも女にもなれるが、それは医師が出生時にレッテルを貼る性別だからである。

人の性別はセクシュアリティとは異なるため、シスジェンダーでありながらストレート、ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、クィア、その他のセクシュアリ ティを持つことができます。
Where does cis come from?

Cis has traditionally been used as a prefix, the same as trans has, and comes from the latin meaning “on the same side as”, which sits opposite trans, from the latin “on the opposite side as”.

These terms have been used in the scientific disciplines for centuries, such as in chemistry, geography, and genetics.

Chemistry has used the terms trans and cis to talk about the arrangement of isomers, which are molecules or ions that have the same formula but different structures. They are used to describe the structure of a molecule, and whether an atom is on the same side as a similar atom, or a different side.

Language is full of these borrowed words, taken from different disciplines or subjects to describe new experiences and understandings of the world. The use of the word cis to talk about gender is just one more way we can make sense of and describe the world around us.

It's also important to use space between cis, trans, and the word they’re attached to, eg. Cis woman and trans woman. You wouldn’t say someone is a smartwoman or a tallwoman.
シスの由来は?

シスは伝統的に、トランスと同じように接頭辞として使われており、ラテン語で「同じ側にある」という意味の「on the same side as」から来ている。

これらの用語は、化学、地理学、遺伝学などの科学分野で何世紀にもわたって使われてきた。

化学では、同じ式を持ちながら異なる構造を持つ分子やイオンである異性体の配置について話すために、トランスとシスという用語を使ってきた。これらは分子 の構造や、ある原子が似た原子と同じ側にあるのか、それとも違う側にあるのかを表すのに使われる。

言語にはこのような借用語がたくさんあり、世界の新しい経験や理解を表現するために、異なる分野やテーマから取り入れられている。ジェンダーについて語る ためにシスという言葉を使うことは、私たちが私たちを取り巻く世界を理解し、説明することができるもうひとつの方法にすぎない。

また、シス、トランス、そしてそれらがくっついた言葉の間にスペースを使うことも重要だ。例えば、シス・ウーマンやトランス・ウーマンのように。
Why do we need a word for this?

The word cis exists to fill a gap that would otherwise exist in language, and that has previously been filled with words like ‘normal’ or ‘regular’, which position trans people as ‘abnormal’ or ‘irregular’ as a result. While cis people are more common, normal can have a connotation of denigrating trans people. Having a specific word means that our language is not only specific, but value neutral, and doesn’t paint cis or trans people as better or worse as a result.

By being able to differentiate between trans and cis people, we can talk about the experiences we have that differ, and the many more experiences we have that are similar.
なぜこんな言葉が必要なのか?

シスという言葉は、これまで「ノーマル」や「レギュラー」といった言葉で埋められ、その結果トランスジェンダーを「異常」や「イレギュラー」と位置づけて きた、言葉の隙間を埋めるために存在する。シス人間はより一般的ですが、ノーマルにはトランス人間を否定する意味合いがあります。具体的な言葉を持つとい うことは、私たちの言葉が具体的であるだけでなく、価値中立的であり、結果としてシスやトランスの人々をより良いもの、より悪いものとして描くことがない ということです。

トランスとシスを区別することで、私たちは異なる経験や、似たような経験について話すことができます。
What is cisgenderism?

Cisgenderism pathologises or rejects people’s genders when they do not align with the gender they were presumed at birth.

This can affect everyone – trans and cis – as it can cause the delegitimisation of one’s own gender or the genders of others. Cisgenderism can cause harm in many subtle and overt ways, including rejection by friends and family, microaggressions, not using known affirming language, not providing needs-based medical care, or even just thinking about someone as really being a gender that they’re not.

Cisgenderism can be fought by education and openness to others’ experiences and truths. Reading this page is a great start, but we recommend visiting our Downloads page and looking through the resources provided there to learn more.


シスジェンダー主義とは?

シスジェンダー主義とは、生まれたときに想定された性別と一致しない場合、その人の性別を病的にとらえたり、拒絶したりするものです。

これは、トランスジェンダーやシスジェンダーを問わず、すべての人に影響を及ぼし、自分自身のジェンダーや他者のジェンダーを否定する原因となります。シ スジェンダイズムは、友人や家族からの拒絶、マイクロアグレッション、既知の肯定的な言葉を使わない、ニーズに基づいた医療を提供しない、あるいは、ある 人が本当はそうではないジェンダーであると考えるなど、多くの微妙であからさまな方法で害をもたらす可能性がある。

シスジェンダー主義とは、教育を受け、他者の経験や真実を受け入れることで戦うことができる。このページを読むことは素晴らしいスタートですが、ダウン ロードのページを訪れ、そこで提供されているリソースに目を通し、さらに学ぶことをお勧めします。

Microaggression is a term used for commonplace verbal, behavioral or environmental slights, whether intentional or unintentional, that communicate hostile, derogatory, or negative attitudes toward stigmatized or culturally marginalized groups.[1] The term was coined by Harvard University psychiatrist Chester M. Pierce in 1970 to describe insults and dismissals which he regularly witnessed non-black Americans inflicting on African Americans.[1][2][3][4] By the early 21st century, use of the term was applied to the casual disparagement of any socially marginalized group, including LGBT people, poor people, and disabled people.[5] Psychologist Derald Wing Sue defines microaggressions as "brief, everyday exchanges that send denigrating messages to certain individuals because of their group membership". The persons making the comments may be otherwise well-intentioned and unaware of the potential impact of their words.[6]

A number of scholars and social commentators have criticized the concept of microaggression for its lack of a scientific basis, over-reliance on subjective evidence, and promotion of psychological fragility.[7] Critics argue that avoiding behaviors that one interprets as microaggressions restricts one's own freedom and causes emotional self-harm, and that employing authority figures to address microaggressions (i.e. call-out culture) can lead to an atrophy of those skills needed to mediate one's own disputes.[8] Some argue that, because the term "microaggression" uses language connoting violence to describe verbal conduct, it can be abused to exaggerate harm, resulting in retribution and the elevation of victimhood.[9]

D. W. Sue, who popularized the term microaggressions, has expressed doubts on how the concept is being used: "I was concerned that people who use these examples would take them out of context and use them as a punitive rather than an exemplary way."[10] In the 2020 edition of his book with Lisa Spanierman and in a 2021 book with his doctoral students, Dr. Sue introduces the idea of "microinterventions" as potential solutions to acts of microaggression.[11][12]
マ イクロアグレッション(microaggression)とは、汚名を着せられた集団や文化的に疎外された集団に対して、敵意や軽蔑、否定的な態度を伝え る、ありふれた言葉や行動、環境的な軽蔑に対して使われる用語であり、意図的か意図的でないかを問わない[1]。この用語は1970年にハーバード大学の 精神科医チェスター・M・ピアースによって作られたもので、彼が定期的に目撃していた非黒人系アメリカ人がアフリカ系アメリカ人に与える侮辱や軽蔑を表 す。 [1][2][3][4]21世紀初頭までには、この用語はLGBT、貧困層、障害者など、社会的に疎外されたあらゆるグループに対する気軽な中傷に適用 されるようになった[5]。心理学者のデラルド・ウィング・スーは、マイクロアグレッションを「グループの一員であることを理由に、特定の個人を中傷する メッセージを送る日常的な短いやりとり」と定義している。その発言をする人は、他意はなくとも、自分の言葉が潜在的な影響を与えることに気づいていないか もしれない[6]。

多くの学者や社会評論家が、マイクロアグレッションの概念には科学的根拠がなく、主観的証拠に頼りすぎており、心理的脆弱性を助長していると批判している [7]。 マイクロアグレッション」という用語は、暴力を意味する言葉を用いて言葉による行為を表現しているため、被害を誇張するために悪用され、報復や被害者意識 の高揚をもたらす可能性があると主張する者もいる[9]。

D. マイクロアグレッションという言葉を広めたW.スーは、この概念がどのように使われているかに疑問を表明している: 「これらの例を使う人々が文脈を無視して、模範的な方法ではなく懲罰的な方法として使うことを懸念していた」[10]。リサ・スパニアーマンとの共著の 2020年版と博士課程の学生との共著の2021年版で、スー博士はマイクロアグレッションの行為に対する潜在的な解決策として「マイクロインターベン ション」という考え方を紹介している[11][12]。
Description
Microaggressions are common, everyday slights and comments that relate to various aspects of one's appearance or identity such as class, gender, sex, sexual orientation, race, ethnicity, mother tongue, age, body shape, disability, or religion, among others.[13] They are thought to spring from unconsciously held prejudices and beliefs which may be demonstrated consciously or unconsciously through daily verbal interactions.[14] Although these communications typically appear harmless to observers, they are considered a form of covert racism or everyday discrimination.[15] Microaggressions differ from what Pierce referred to as "macroaggressions", which are more extreme forms of racism (such as lynchings or beatings) due to their ambiguity, size and commonality.[16] Microaggressions are experienced by most stigmatized individuals and occur on a regular basis. These can be particularly stressful for people on the receiving end as they are easily denied by those committing them. They are also harder to detect by members of the dominant culture,[17] as they are often unaware they are causing harm.[18] Sue describes microaggressions as including statements that repeat or affirm stereotypes about the minority group or subtly demean its members.
解説
マイクロアグレッションとは、階級、性別、性、性的指向、人種、民族、母語、年齢、体型、障害、宗教など、人の外見やアイデンティティの様々な側面に関連 する、日常的によく見られる侮蔑やコメントのことである[13]。これらは無意識のうちに抱かれた偏見や信念から生じると考えられており、日常的な言葉の やり取りを通じて意識的または無意識的に示されることがある。 [14]これらのコミュニケーションは通常、観察者には無害に見えるが、密かな人種差別や日常的な差別の一形態と考えられている[15]。マイクロアグ レッションは、その曖昧さ、大きさ、共通性から、ピアス氏が「マクロアグレッション」と呼ぶ、より極端な形態の人種差別(リンチや殴打など)とは異なる [16]。マイクロアグレッションは、スティグマを受けたほとんどの人が経験し、日常的に起こる。このような行為は、それを行う人々によって容易に否定さ れるため、受ける側の人々にとっては特にストレスとなりうる。また、支配的な文化に属する人々にとっては、自分が危害を加えていることに気づかないことが 多いため、発見が難しい[17]。スー氏は、マイクロ・アグレッションを、マイノリティ・グループに関するステレオタイプを繰り返したり肯定したりする発 言や、そのメンバーを微妙に貶める発言などと説明している[18]。
Race or ethnicity
Main article: Racism
Social scientists Sue, Bucceri, Lin, Nadal, and Torino (2007) described microaggressions as "the new face of racism", saying that the nature of racism has shifted over time from overt expressions of racial hatred and hate crimes, toward expressions of aversive racism, such as microaggressions, that are more subtle, ambiguous, and often unintentional. Sue says this has led some Americans to believe wrongly that non-white Americans no longer suffer from racism.[19] One example of such subtle expressions of racism is Asian students being either pathologized or penalized as too passive or quiet.[18] An incident that caused controversy at UCLA occurred when a teacher corrected a student's use of "indigenous" in a paper by changing it from upper- to lowercase.[20]

According to Sue et al.,[18] microaggressions seem to appear in four forms:

Microassault: an explicit racial derogation; verbal/nonverbal; e.g. name-calling, avoidant behavior, purposeful discriminatory actions.
Microinsult: communications that convey rudeness and insensitivity and demean a person's racial heritage or identity; subtle snubs; unknown to the perpetrator; hidden insulting message to the recipient.
Microinvalidation: communications that exclude, negate, or nullify the psychological thoughts, feelings, or experiential reality of a person belonging to a particular group.
Environmental Microaggressions (Macro-Level): Racial assaults, insults and invalidations which are manifested on systemic and environmental level.
Some psychologists have criticized microaggression theory for assuming that all verbal, behavioral, or environmental indignities are due to bias.[21][22][23] Thomas Schacht says that it is uncertain whether a behavior is due to racial bias or is a larger phenomenon that occurs regardless of identity conflict.[24] However, Kanter and colleagues found that microaggressions were robustly correlated to five separate measures of bias.[15] In reviewing the microaggression literature, Scott Lilienfeld suggested that microassaults should probably be struck from the taxonomy because the examples provided in the literature tend not to be "micro", but are outright assaults, intimidation, harassment and bigotry; in some cases, examples have included criminal acts.[21] Others have pointed out that what could be perceived as subtle snubs could be due to people having conditions such as autism or social anxiety disorders, and assuming ill will could be harmful to these people.[25][26]
人種または民族
主な記事 人種差別
社会科学者のSue、Bucceri、Lin、Nadal、Torino (2007)は、マイクロアグレッションを「人種差別の新しい顔」と表現し、人種差別の本質は、人種的憎悪やヘイトクライムといったあからさまな表現か ら、マイクロアグレッションのような、より微妙であいまいで、しばしば意図的ではない嫌悪的な人種差別の表現へと時代とともに変化してきたと述べている。 スーによれば、このことが一部のアメリカ人に、白人以外のアメリカ人はもはや人種差別に苦しんでいないと間違った考えを抱かせる原因となっている [19]。このような微妙な人種差別の表現の一例として、アジア系の学生が受動的すぎる、あるいは大人しいとして病的に扱われたり、罰則を受けたりするこ とがある[18]。UCLAで論争を巻き起こした事件は、ある教師が論文で学生が「indigenous」を大文字から小文字に変えて使ったことを訂正し たときに起こった[20]。

スーら[18]によると、マイクロアグレッションは4つの形で現れるようである:

マイクロアサルト:明示的な人種蔑視;言語的/非言語的;例えば、罵倒、回避行動、意図的な差別行動。
マイクロインサルト:無作法さや無神経さを伝え、その人の人種的伝統やアイデンティティを貶めるコミュニケーション。
マイクロインバリデーション:特定のグループに属する人の心理的思考、感情、経験的現実を排除、否定、無効化するコミュニケーション。
環境的マイクロ攻撃(マクロレベル): 体系的・環境的レベルで現れる人種的攻撃、侮辱、無効化。
トーマス・シャハトは、ある行動が人種的バイアスによるものなのか、それともアイデンティティの対立に関係なく起こるより大きな現象なのかは不明であると 述べている。 [15]マイクロアグレッションの文献を検討する中で、スコット・リリエンフェルドは、文献で提供されている例は「マイクロ」ではなく、明白な暴行、脅 迫、ハラスメント、偏見である傾向があるため、おそらくマイクロアサルトは分類法から削除されるべきであると示唆した[21]。 [21]また、微妙な軽蔑と受け取られうるものは、自閉症や社会不安障害などの疾患を持つ人々によるものである可能性があり、悪意があると仮定することは これらの人々にとって有害である可能性があると指摘する者もいる[25][26]。
Examples
In conducting two focus groups with Asian-Americans, for instance, Sue proposed different themes under the ideology of microinsult and microinvalidation.[18]

Microinvalidation:

Alien in own land: When people assume people of color are foreigners.
E.g.: "So where are you really from?" or "Why don't you have an accent?
Denial of racial reality: When people emphasize that a person of color does not suffer from racial discrimination or inequality (this correlates to the idea of model minority).
Invisibility: Asian-Americans are considered invisible or outside discussions of race and racism.
E.g.: Discussions on race in the United States excluding Asian-Americans by focusing only on 'white and black' issues.
Refusal to acknowledge intra-ethnic differences: When a speaker ignores intra-ethnic differences and assumes a broad homogeneity over multiple ethnic groups.
E.g.: Descriptions such as "all Asian-Americans look alike", or assumptions that all members of an ethnic minority speak the same language or have the same cultural values.
Microinsult:

Pathologizing cultural values/communication styles: When Asian American culture and values are viewed as less desirable.
E.g.: Viewing the valuation of silence (a cultural norm present in some Asian communities) as a fault, leading to disadvantages caused by the expectation of verbal participation common in many Western academic settings.
Second-class citizenship: When minorities are treated as lesser human beings, or are not treated with equal rights or priority.
E.g.: A Korean man asking for a drink in a bar being ignored by the bartender, or the bartender choosing to serve a white man before serving the Korean man.
Ascription of intelligence: When people of color are stereotyped to have a certain level of intelligence based on their race.
E.g.: "You people always do well in school", or "If I see a lot of Asian students in my class, I know it's going to be a hard class".
Exoticization of non-white women: When non-white women are stereotyped as being in the "exotic" category based on gender, appearance, and media expectations.
E.g.: Descriptions of an Asian-American woman as a 'Dragon Lady', 'Tiger mother', or 'Lotus Blossom', or using symbols associated with Eastern cultures.
In a 2017 peer-reviewed review of the literature, Scott Lilienfeld critiqued microaggression research for hardly having advanced beyond taxonomies such as the above, which was proposed by Sue nearly ten years earlier.[21] While acknowledging the reality of "subtle slights and insults directed toward minorities", Lilienfeld concluded that the concept and programs for its scientific assessment are "far too underdeveloped on the conceptual and methodological fronts to warrant real-world application".[21] He recommended abandonment of the term microaggression since "the use of the root word 'aggression' in 'microaggression' is conceptually confusing and misleading". In addition, he called for a moratorium on microaggression training programs until further research can develop the field.[21]

In 2017 Althea Nagai, who works as a research fellow at the conservative Center for Equal Opportunity, published an article in the National Association of Scholars journal Academic Questions, criticizing microaggression research as pseudoscience.[27] Nagai said that the prominent critical race researchers behind microaggression theory "reject the methodology and standards of modern science."[27] She lists various technical shortcomings of microaggression research, including "biased interview questions, reliance on narrative and small numbers of respondents, problems of reliability, issues of replicability, and ignoring alternative explanations."[27][28]
事例
例えば、アジア系アメリカ人を対象に2つのフォーカス・グループを実施した際、スーはmicroinsultとmicroinvalidationというイデオロギーのもと、異なるテーマを提案した[18]。

ミクロ検証

自分の土地にいる外国人: 有色人種を外国人だと決めつけること。
例 「じゃあ、本当はどこの出身なんだ」「どうして訛りがないんだ?
人種的現実の否定: 有色人種が人種差別や不平等に苦しんでいないことを強調する場合(これはモデル・マイノリティの考え方と関連している)。
不可視性: アジア系アメリカ人は目に見えない、あるいは人種や人種差別の議論の外にあるとみなされる。
例 アメリカにおける人種に関する議論は、「白人と黒人」の問題だけに焦点を当てることで、アジア系アメリカ人を排除している。
民族内の違いを認めないこと: 話し手が民族内の違いを無視し、複数の民族を広く同質と仮定する場合。
例 例:「アジア系アメリカ人は皆同じような顔をしている」といった表現、または少数民族のメンバー全員が同じ言語を話し、同じ文化的価値観を持っていると仮定すること。
マイクロインサルト:

文化的価値観/コミュニケーション・スタイルを 病的化すること: アジア系アメリカ人の文化や価値観が好ましくないものと見なされる場合。
例 例:(一部のアジア人コミュニティーに存在する文化的規範である)沈黙の評価を欠点とみなし、多くの西洋の学問的環境で一般的な、言葉による参加を期待されることによる不利益につながる。
二級市民権: マイノリティが人間として劣った存在として扱われたり、同等の権利や優先権を持って扱われなかったりすること。
例 バーで飲み物を頼む韓国人男性がバーテンダーに無視されたり、バーテンダーが韓国人男性にサービスする前に白人男性にサービスすることを選んだりすること。
知性の帰属: 有色人種が、その人種に基づき、あるレベルの知性を持っているとステレオタイプ化されること。
例 「あなたたちはいつも成績がいい」、「私のクラスにアジア系の生徒がたくさんいたら、きっと難しいクラスになるに違いない」など。
非白人女性のエキゾチック化: 非白人女性が、性別、外見、メディアの期待に基づいて、「エキゾチック」なカテゴリーに属するとステレオタイプ化されること。
例 アジア系アメリカ人女性を「ドラゴン・レディ」、「タイガー・マザー」、「ロータス・ブロッサム」などと表現したり、東洋文化に関連するシンボルを使ったりすること。
スコット・リリエンフェルドは、2017年に査読を受けた文献のレビューで、マイクロアグレッションの研究は、スーが10年近く前に提案した上記のような 分類法をほとんど超えていないと批判した。 [21]リリエンフェルドは、「マイノリティに向けられた微妙な侮辱や侮蔑」の現実を認めつつも、その概念と科学的評価のためのプログラムは、「実世界へ の適用を保証するには、概念的にも方法論的にもあまりにも未発達である」と結論づけた[21]。彼は、「『マイクロアグレッション』の語源である『アグ レッション』の使用は、概念的に混乱させ、誤解を招く」ため、マイクロアグレッションという用語の放棄を推奨した。さらに彼は、さらなる研究がこの分野を 発展させることができるまで、マイクロアグレッション・トレーニング・プログラムの一時停止を求めた[21]。

2017年、保守的なCenter for Equal Opportunityで研究員として働くアルシア・ナガイは、National Association of Scholars誌のAcademic Questionsに論文を発表し、マイクロアグレッション研究を疑似科学として批判した[27]。ナガイは、マイクロアグレッション理論の背後にいる著 名な批判的人種研究者たちは「現代科学の方法論と基準を拒絶している」と述べた。 「彼女は「偏ったインタビュー質問、物語への依存、少数の回答者、信頼性の問題、再現可能性の問題、代替説明の無視」[27][28]など、マイクロアグ レッション研究の様々な技術的欠点を挙げている。
Gender
Further information: Sexism and Transphobia
Explicit sexism in society is on the decline, but still exists in a variety of subtle and non-subtle expressions.[29] Women encounter microaggressions in which they are made to feel inferior, sexually objectified, and bound to restrictive gender roles,[30] both in the workplace and in academia, as well as in athletics.[31] Microaggressions based on gender are applied to female athletes when their abilities are compared only to men, when they are judged on "attractiveness", and when they are restricted to "feminine" or sexually attractive attire during competition.[30]

Other examples of sexist microaggressions are "[addressing someone by using] a sexist name, a man refusing to wash dishes because it is 'women's work,' displaying nude pin-ups of women at places of employment, someone making unwanted sexual advances toward another person".[32]

Makin and Morczek also use the term gendered microaggression to refer to male interest in violent rape pornography.[33]

Sociologists Sonny Nordmarken and Reese Kelly (2014) identified trans-specific microaggressions that transgender people face in healthcare settings, which include pathologization, sexualization, rejection, invalidation, exposure, isolation, intrusion, and coercion.[34]
性別
さらなる情報 性差別とトランスフォビア
社会における明示的な性差別は減少傾向にあるが、微妙であったりそうでなかったりする様々な表現で依然として存在している[29]。 女性は、職場や学問の場だけでなく、陸上競技の場でも、劣等感を感じさせられたり、性的対象にされたり、制限的な性別役割に縛られたりするようなマイクロ アグレッションに遭遇する[30]。 [31] ジェンダーに基づくマイクロアグレッションが女性アスリートに適用されるのは、その能力が男性としか比較されない場合、「魅力」で判断される場合、競技中 に「女性的」または性的魅力的な服装に制限される場合である[30]。

性差別的なマイクロアグレッションの他の例としては、「(性差別的な名前を使って)誰かに話しかけること、『女性の仕事』だからといって皿洗いを拒否する 男性、女性のヌード・ピンナップを職場に飾ること、誰かが他の人に対して望まない性的誘惑をすること」などがある[32]。

MakinとMorczekはまた、暴力的なレイプポルノへの男性の関心を指すためにジェンダー化されたマイクロアグレッションという用語を使っている[33]。

社会学者のソニー・ノードマーケンとリース・ケリー(2014年)は、トランスジェンダーが医療現場で直面するトランス特有のマイクロアグレッションを特定しており、その中には、病理化、性的化、拒絶、無効化、暴露、孤立、侵入、強制が含まれている[34]。
Sexuality and sexual orientation
Further information: Biphobia and Homophobia
In focus groups, individuals identifying as bisexual report such microaggressions as others denying or dismissing their self-narratives or identity claims, being unable to understand or accept bisexuality as a possibility, pressuring them to change their bisexual identity, expecting them to be sexually promiscuous, and questioning their ability to maintain monogamous relationships.[35]

Some LGBTQ individuals report receiving expressions of microaggression from people even within the LGBTQ community.[36] They say that being excluded, or not being made welcome or understood within the gay and lesbian community is a microaggression.[35] Roffee and Waling suggest that the issue arises, as occurs among many groups of people, because a person often makes assumptions based on individual experience, and when they communicate such assumptions, the recipient may feel that it lacks taking the second individual into account and is a form of microaggression.[36]


セクシュアリティと性的指向
さらに詳しい情報 バイフォビアとホモフォビア
フォーカス・グループにおいて、バイセクシュアルであると自認する個人は、他者から自己語りやアイデンティティの主張を否定されたり否定されたり、バイセ クシュアルの可能性を理解できなかったり受け入れられなかったり、バイセクシュアルであることを変えるよう圧力をかけられたり、性的に乱暴であることを期 待されたり、一夫一婦制の関係を維持する能力を疑われたりするなどのマイクロアグレッションを報告している[35]。

一部のLGBTQ当事者は、LGBTQコミュニティ内でさえも、人々からマイクロアグレッションの表現を受けたと報告している[36]。彼らは、ゲイやレ ズビアンのコミュニティ内で排除されたり、歓迎されなかったり、理解されなかったりすることがマイクロアグレッションであると言う[35]。
Intersectionality
Further information: Intersectionality
People who are members of overlapping marginal groups (e.g., a gay Asian American man or a trans woman) experience microaggressions based in correspondingly varied forms of marginalization.[37][failed verification] For example, in one study Asian American women reported feeling they were classified as sexually exotic by majority-culture men or were viewed by them as potential trophy wives simply because of their group membership.[38] African American women report microaggressions related to characteristics of their hair, which may include invasion of personal space as an individual tries to touch it, or comments that a style that is different from that of a European American woman looks "unprofessional".[15][39]

People with mental illnesses
Further information: Disability abuse
People with mental illness report receiving more overt forms of microaggression than subtle ones, coming from family and friends as well as from authority figures.[40] In a study involving college students and adults who were being treated in community care, five themes were identified: invalidation, assumption of inferiority, fear of mental illness, shaming of mental illness, and being treated as a second-class citizen.[40] Invalidation would occur, for example, when friends and family members minimized mental health symptoms; one participant described others claiming "You can't be depressed, you're smiling."[40] People would sometimes falsely assume that mental illness means lower intelligence; a participant reported that the hospital staff in a psych ward were speaking to mentally ill patients as if they could not understand instructions.[40]

Disability
Individuals who have an aspect of their identity that lacks a sense of systemic power are subject to microaggressions; thus, persons with disabilities are subject to ableist microaggressions.[41] Like others with marginalized identities, microaggressions toward individuals with disabilities may manifest as a microassault, a microinsult, or a microinvalidation, all of which may also be executed as an environmental microaggression.[18]

Current literature is available to better understand microaggressions in the context of ability. In one qualitative study, a group of researchers studied a sample of individuals with Multiple Sclerosis (MS) diagnoses. MS is a chronic disease that may impact mental, cognitive, and physical abilities.[42] The researchers illustrated examples of real-life ableist microaggressions in the context of microassaults, microinsults, and microinvalidations faced by their sample, specifically in the workplace.

People with physical disabilities also face microaggressions,[43][44][45] such as

the misconception that those with disabilities want or require correction
asking inappropriate questions
Media
Members of marginalized groups have also described microaggressions committed by performers or artists associated with various forms of media, such as television, film, photography, music, and books. Some researchers believe that such cultural content reflects but also molds society,[46] allowing for unintentional bias to be absorbed by individuals based on their media consumption, as if it were expressed by someone with whom they had an encounter.

A study of racism in TV commercials describes microaggressions as gaining a cumulative weight, leading to inevitable clashes between races due to subtleties in the content.[46] As an example of a racial microaggression, or microassault,[18] this research found that black people were more likely than white counterparts to be shown eating or participating in physical activity, and more likely to be shown working for, or serving others.[46] The research concludes by suggesting that microaggressive representations can be omitted from a body of work, without sacrificing creativity or profit.

Pérez Huber and Solorzano[47] start their analysis of microaggressions with an anecdote about Mexican "bandits" as portrayed in a children's book read at bedtime. The article gives examples of negative stereotypes of Mexicans and Latinos in books, print, and photos, associating them with the state of racial discourse within majority culture and its dominance over minority groups in the US. The personification of these attitudes through media can also be applied to microaggressive behaviors towards other marginalized groups.

A 2015 review of the portrayal of LGBT characters in film says that gay or lesbian characters are presented in "offensive" ways.[48] In contrast, LGBT characters portrayed as complex characters who are more than a cipher for their sexual orientation or identity are a step in the right direction. Ideally, "queer film audiences finally have a narrative pleasure that has been afforded to straight viewers since the dawn of film noir: a central character who is highly problematical, but fascinating."[48]

Ageism and intolerance
Microaggression can target and marginalize any definable group, including those who share an age grouping or belief system. Microaggression is a manifestation of bullying that employs microlinguistic power plays in order to marginalize any target with a subtle manifestation of intolerance by signifying the concept of "other".[49]


インターセクショナリティ
さらに詳しい情報 交差性
重なり合うマージナル・グループのメンバーである人々(例えば、ゲイのアジア系アメリカ人男性やトランス女性)は、それに対応する様々な形態のマージナル 化に基づくマイクロ・アグレッションを経験する、 例えば、ある研究では、アジア系アメリカ人女性は、単にその集団の一員であるという理由だけで、多数派文化の男性から性的にエキゾチックな存在として分類 されたり、トロフィーワイフの候補として見られたりしたと感じていると報告している。 [38] アフリカ系アメリカ人女性は、髪の特徴に関連したマイクロアグレッションを報告しており、これには、髪に触れようとしてパーソナルスペースを侵害された り、ヨーロッパ系アメリカ人女性の髪と異なるスタイルが「プロらしくない」とコメントされたりすることが含まれる[15][39]。

精神疾患を持つ人々
さらなる情報 障害者虐待
精神疾患を持つ人々は、権力者だけでなく、家族や友人からも、微妙なものよりもあからさまな形のマイクロ・アグレッションを受けると報告している。 [40] 無効化は、例えば、友人や家族が精神的な症状を最小限に抑えるときに起こる。ある参加者は、「あなたは落ち込んでいるはずがない、あなたは笑っている」と 主張する他人を描写した[40]。ある参加者は、精神病棟の病院スタッフが精神疾患患者に対して指示を理解できないかのように話していたと報告した [40]。

障害
そのため、障害者は能力主義的なマイクロアグレッションの対象となる[41]。疎外されたアイデンティティを持つ他の人々と同様に、障害者に対するマイク ロアグレッションは、マイクロアサルト、マイクロインサルト、またはマイクロインバリデーションとして現れることがあり、これらはすべて環境的なマイクロ アグレッションとして実行されることもある[18]。

能力の文脈におけるマイクロアグレッションをよりよく理解するために、現在の文献が利用可能である。ある質的研究では、研究者グループが多発性硬化症 (MS)と診断された個人のサンプルを調査した。MSは、精神的、認知的、身体的能力に影響を与える可能性のある慢性疾患である[42]。研究者らは、特 に職場において、サンプルが直面したマイクロ攻撃、マイクロ侮辱、マイクロ検証という文脈で、現実の能力主義的マイクロ攻撃の例を示した。

身体障害者もまた、以下のようなマイクロ攻撃[43][44][45]に直面している。

身体障害者は矯正を望んでいる、あるいは矯正を必要としているという誤解
不適切な質問をする
メディア
疎外された集団のメンバーは、テレビ、映画、写真、音楽、書籍など、さまざまな形態のメディアに関連するパフォーマーやアーティストによるマイクロアグ レッションについても述べている。研究者の中には、このような文化的コンテンツは社会を反映すると同時に、社会を形成するものであり[46]、メディアの 消費に基づいて、あたかも自分が遭遇した誰かによって表現されたかのように、個人が無意識のうちに偏見を吸収することを可能にしていると考える者もいる。

テレビコマーシャルの人種差別に関する研究では、マイクロアグレッションは累積的な重みを増し、内容の微妙さによって人種間の衝突を避けられなくなると述 べている[46]。 [46] 人種的なマイクロアグレッション(微小攻撃)の一例として[18]、この研究では、黒人は白人に比べて、食事をしたり運動に参加したりする様子を映し出さ れる可能性が高く、他人のために働いたり奉仕したりする様子を映し出される可能性が高いことを発見した[46]。

Pérez HuberとSolorzano[47]は、就寝時に読まれる児童書に描かれるメキシコ人の「盗賊」についての逸話から、マイクロアグレッションの分析を 始めている。この論文は、本や印刷物、写真に描かれたメキシコ人やラテン系に対する否定的なステレオタイプの例を挙げ、それらをアメリカにおける多数派文 化内の人種的言説のあり方や少数派に対する支配と関連付けている。メディアを通じたこうした態度の擬人化は、他の疎外された集団に対するマイクロアグレッ シブな行動にも応用できる。

映画におけるLGBTキャラクターの描写に関する2015年のレビューによれば、ゲイやレズビアンのキャラクターは「不快」な方法で表現されている [48]。対照的に、性的指向やアイデンティティの暗号以上の複雑なキャラクターとして描かれたLGBTキャラクターは、正しい方向への一歩である。理想 を言えば、「クィア映画の観客は、フィルム・ノワールの黎明期以来、ストレートの観客に与えられてきた物語上の喜び、つまり、非常に問題があるが魅力的な 中心人物をようやく手に入れることができる」[48]。

年齢差別と不寛容
マイクロアグレッションは、年齢層や信念体系を共有する人々を含む、定義可能なあらゆるグループを標的にし、疎外することができる。マイクロアグレッショ ンは、「他者」という概念を記号化することで、不寛容の微妙な表れによってあらゆる対象を疎外するために、マイクロ言語学的なパワープレイを用いるいじめ の表れである[49]。
Perpetrators
Because microaggressions are subtle and perpetrators may be unaware of the harm they cause, the recipients often experience attributional ambiguity, which may lead them to dismiss the event and blame themselves as overly sensitive to the encounter.[50]

If challenged by the minority person or an observer, perpetrators will often defend their microaggression as a misunderstanding, a joke, or something small that should not be blown out of proportion.[51]

A 2020 study involving American college students found a correlation between likelihood to commit microaggressions, and racial bias.[52]

Effects
A 2013 scholarly review of the literature on microaggressions concluded that "the negative impact of racial microaggressions on psychological and physical health is beginning to be documented; however, these studies have been largely correlational and based on recall and self-report, making it difficult to determine whether racial microaggressions actually cause negative health outcomes and, if so, through what mechanisms".[53] A 2017 review of microaggression research argued that that as scholars try to understand the possible harm caused by microaggressions, they have not conducted much cognitive or behavioral research, nor much experimental testing, and they have overly relied on small collections of anecdotal testimonies from samples who are not representative of any particular population.[21] These assertions were later argued against in that same journal in 2020,[54][55] but the response was criticized for failing to address the findings of the systematic reviews and continuing to draw causal inferences from correlational data.[56]

Recipients of microaggressions may feel anger, frustration, or exhaustion. African Americans have reported feeling under pressure to "represent" their group or to suppress their own cultural expression and "act white".[57] Over time, the cumulative effect of microaggressions is thought by some to lead to diminished self-confidence and a poor self-image for individuals, and potentially also to such mental-health problems as depression, anxiety, and trauma.[51][57][58][59] Many researchers have argued that microaggressions are more damaging than overt expressions of bigotry precisely because they are small and therefore often ignored or downplayed, leading the victim to feel self-doubt for noticing or reacting to the encounter, rather than justifiable anger, and isolation rather than support from others about such incidents.[60][61][62] Studies have found that in the U.S. when people of color perceived microaggressions from mental health professionals, client satisfaction with therapy is lower.[63][64] Some studies suggest that microaggressions represent enough of a burden that some people of color may fear, distrust, and/or avoid relationships with white people in order to evade such interaction.[58] On the other hand, some people report that dealing with microaggressions has made them more resilient.[59] Scholars have suggested that, although microaggressions "might seem minor", they are "so numerous that trying to function in such a setting is 'like lifting a ton of feathers.'"[65]

An ethnographic study of transgender people in healthcare settings observed that participants sometimes responded to microaggressions by leaving a hospital in the middle of treatment, and never returning to a formal healthcare setting again.[34]
加害者
マイクロアグレッションは微妙なものであり、加害者はそれが引き起こす害に気づいていない場合があるため、受け手はしばしば帰属の曖昧さを経験し、その出来事を否定し、その出会いに過度に敏感であるとして自分自身を責めるようになるかもしれない[50]。

マイノリティの人や観察者から異議を唱えられた場合、加害者はしばしば、誤解や冗談、あるいは大げさに言うべきではない小さなこととして、自分のマイクロ・アグレッションを弁護する[51]。

アメリカの大学生を対象とした2020年の研究では、マイクロアグレッションを犯す可能性と人種的偏見との間に相関関係があることがわかった[52]。

効果
2013年のマイクロアグレッションに関する文献の学術的レビューでは、「人種的マイクロアグレッションが心理的・身体的健康に及ぼす悪影響が文書化され 始めているが、これらの研究は主に相関的であり、想起や自己報告に基づくものであるため、人種的マイクロアグレッションが実際に健康に悪影響を及ぼすかど うか、及ぼすとすればどのようなメカニズムによるものかを判断することは困難である」と結論づけている。 [2017年のマイクロアグレッション研究のレビューでは、研究者がマイクロアグレッションによって引き起こされる可能性のある危害を理解しようとしてい るが、認知や行動の研究はあまり行われておらず、実験的なテストもあまり行われていない。 [21]これらの主張は後に2020年に同じジャーナルで反論された[54][55]が、その反論はシステマティック・レビューの知見に対処せず、相関 データから因果関係を推論し続けているとして批判された[56]。

マイクロアグレッションの受け手は、怒り、フラストレーション、疲労を感じることがある。アフリカ系アメリカ人は、自分たちのグループを「代表」するこ と、あるいは自分自身の文化的表現を抑制して「白人を演じる」ことをプレッシャーに感じていると報告している[57]。マイクロ・アグレッションの累積的 な影響は、長期にわたると、個人の自信の減退や自己イメージの低下につながり、うつ病、不安、トラウマなどの精神衛生上の問題を引き起こす可能性があると 考えられている。 [51][57][58][59]多くの研究者は、マイクロ・アグレッションは、まさにそれが小さく、それゆえしばしば無視されるか軽視されるため、偏見 のあからさまな表現よりも有害であると主張している。 [60][61][62]米国では、有色人種がメンタルヘルスの専門家からマイクロアグレッションを受けたと認識した場合、セラピーに対するクライアント の満足度が低くなるという研究結果もある[63][64]。マイクロアグレッションが十分な重荷となり、そのような相互作用を回避するために、有色人種が 白人を恐れ、不信感を抱き、白人との関係を避けるようになることを示唆する研究もある。 [58]一方で、マイクロ・アグレッションに対処することで、より回復力が高まったと報告する人もいる[59]。学者たちは、マイクロ・アグレッションは 「些細なものに見える」かもしれないが、「非常に数が多いため、そのような環境で機能しようとすることは『1トンの羽を持ち上げるようなもの』である」と 示唆している[65]。

医療環境におけるトランスジェンダーの人々を対象としたエスノグラフィック研究では、参加者がマイクロアグレッションに対して、治療の途中で病院を去り、二度と正式な医療環境に戻らないという対応をとることがあることが観察されている[34]。
Criticism
Public discourse and harm to speakers
Kenneth R. Thomas wrote in American Psychologist that recommendations inspired by microaggression theory, if "implemented, could have a chilling effect on free speech and on the willingness of White people, including some psychologists, to interact with people of color."[22] Sociologists Bradley Campbell and Jason Manning have written in the academic journal Comparative Sociology that the microaggression concept "fits into a larger class of conflict tactics in which the aggrieved seek to attract and mobilize the support of third parties" that sometimes involves "building a case for action by documenting, exaggerating, or even falsifying offenses".[66] The concept of microaggressions has been described as a symptom of the breakdown in civil discourse, and that microaggressions are "yesterday's well-meaning faux pas".[67]

One suggested type of microaggression by an Oxford University newsletter was avoiding eye contact or not speaking directly to people. This spurred a controversy in 2017 when it was pointed out that such assumptions are insensitive to autistic people who may have trouble making eye contact.[25][26]

In a 2019 journal article, Scott Lilienfeld, who is a critic of microaggression theory, titled a section: "The Search for Common Ground."[68] Lilienfeld agrees that "a discussion of microaggressions, however we choose to conceptualize them, may indeed have a place on college campuses and businesses."[68] In such conversations, Lilienfeld states it is important to assume "most or all individuals…were genuinely offended," "to listen nondefensively to their concerns and reactions," and to "be open to the possibility that we have been inadvertently insensitive."[68] In his latest book, D.W. Sue, who popularized the term microaggression, also recommends a "collaborative rather than an attacking tone."[69]

Culture of victimhood
In their article "Microaggression and Moral Cultures", sociologists Bradley Campbell and Jason Manning[66] say that the discourse of microaggression leads to a culture of victimhood. Social psychologist Jonathan Haidt states that this culture of victimhood lessens an individual's "ability to handle small interpersonal matters on one's own" and "creates a society of constant and intense moral conflict as people compete for status as victims or as defenders of victims".[70] Similarly, the linguist and social commentator John McWhorter says that "it infantilizes black people to be taught that microaggressions, and even ones a tad more macro, hold us back, permanently damage our psychology, or render us exempt from genuine competition."[71] McWhorter does not disagree that microaggressions exist. However, he worries that too much societal focus on microaggressions will cause other problems and has stated that the term should be confined to "when people belittle us on the basis of stereotypes."[72]

Emotional distress
In The Atlantic, Greg Lukianoff and Jonathan Haidt expressed concern that the focus on microaggressions can cause more emotional trauma than the experience of the microaggressions at the time of occurrence. They believe that self-policing by an individual of thoughts or actions in order to avoid committing microaggressions may cause emotional harm as a person seeks to avoid becoming a microaggressor, as such extreme self-policing may share some characteristics of pathological thinking.[73] Referring especially to prevention programs at schools or universities, they say that the element of protectiveness, of which identifying microaggression allegations are a part, prepares students "poorly for professional life, which often demands intellectual engagement with people and ideas one might find uncongenial or wrong".[73] They also said that it has become "unacceptable to question the reasonableness (let alone the sincerity) of someone's emotional state", resulting in adjudication of alleged microaggressions having characteristics of witch trials.[73]

Amitai Etzioni, writing in The Atlantic, suggested that attention to microaggressions distracts individuals and groups from dealing with much more serious acts.[74]

Political correctness
According to Derald Wing Sue, whose works popularized the term, many critiques are based on the term being misunderstood or misused. He said that his purpose in identifying such comments or actions was to educate people and not to silence or shame them. He further notes that, for instance, identifying that someone has used racial microaggressions is not intended to imply that they are racist.[75]

Mind reading
According to Lilienfeld, a possible harmful effect of microaggression programs is to increase an individual's tendency to over-interpret the words of others in a negative way.[21]: 147  Lilienfeld refers to this as mind reading, "in which individuals assume—without attempts at verification—that others are reacting negatively to them.... For example, Sue et al...regarded the question 'Where were you born?' directed at Asian Americans as a microaggression."[21]: 147 
批評
公共の場での言論と発言者への危害
ケネスR.トーマスはAmerican Psychologist誌に、マイクロアグレッション理論に触発された提言が「実行されれば、言論の自由や、一部の心理学者を含む白人が有色人種と交流 する意欲を冷え込ませる可能性がある」と書いている。 「社会学者のブラッドリー・キャンベルとジェイソン・マニングは、マイクロアグレッションの概念は「第三者を惹きつけ、その支持を動員しようとする紛争戦 術の大きな分類に当てはまる」と学術誌『Comparative Sociology』に書いている。 [66]マイクロアグレッションの概念は、市民的言説の崩壊の徴候であり、マイクロアグレッションは「昨日の善意による失態」であると説明されている [67]。

オックスフォード大学のニュースレターによって提案されたマイクロアグレッションの一種は、アイコンタクトを避けたり、人に直接話しかけないことであっ た。これは2017年に、アイコンタクトをとることが苦手な自閉症の人々にとって、そのような仮定は無神経であると指摘され、論争を巻き起こした[25] [26]。

マイクロアグレッション理論の批判者であるスコット・リリエンフェルドは、2019年のジャーナル論文の中で、あるセクションにタイトルをつけている: 「リリエンフェルドは、「マイクロアグレッションをどのように概念化するかは別として、マイクロアグレッションについての議論は、大学のキャンパスや企業 で実際に行われるかもしれない」[68]と述べている。 「リリエンフェルドは、そのような会話においては、「ほとんどの、あるいはすべての個人が...純粋に気分を害した」と仮定すること、「彼らの懸念や反応 に無防備に耳を傾けること」、そして「私たちが不注意に無神経であったという可能性に対してオープンであること」が重要であると述べている[68]。

被害者意識の文化
社会学者のブラッドリー・キャンベルとジェイソン・マニング[66]は、彼らの論文「マイクロアグレッションと道徳文化」の中で、マイクロアグレッション の言説は被害者意識を持つ文化につながると述べている。社会心理学者のジョナサン・ハイトは、このような被害者意識の文化は個人の「小さな対人関係の問題 を自分で処理する能力」を低下させ、「人々が被害者として、あるいは被害者の擁護者として地位を競い合うことで、絶え間ない激しい道徳的葛藤の社会を生み 出す」と述べている。 [同様に、言語学者であり社会評論家であるジョン・マクウォーターは、「微小な攻撃や、もう少しマクロな攻撃でさえも、私たちを足手まといにしたり、私た ちの心理に永久的なダメージを与えたり、私たちを真の競争から除外したりすると教えられることは、黒人を幼稚化させる」と述べている[71]。しかし彼 は、社会的にマイクロ・アグレッションが注目されすぎると別の問題を引き起こすことを懸念しており、この用語は「ステレオタイプに基づいて私たちを侮蔑す る場合」に限定されるべきであると述べている[72]。

感情的苦痛
The Atlanticの中で、グレッグ・ルキアノフとジョナサン・ヘイトは、マイクロアグレッションへの注目は、マイクロアグレッションが発生した時の経験よ りも、より多くの感情的トラウマを引き起こす可能性があるという懸念を表明している。彼らは、マイクロアグレッションを犯さないようにするために、個人が 思考や行動を自己管理することは、人がマイクロアグレッサーになることを避けようとするため、感情的な害を引き起こすかもしれないと考えている。 [73]特に学校や大学における予防プログラムについて言及し、マイクロアグレッションの申し立てを特定することがその一部である保護的な要素は、「不快 に感じたり、間違っていると感じたりする可能性のある人々や考え方に知的に関わっていくことをしばしば要求される職業生活に対して、不十分な準備」をして いると述べている[73]。 彼らはまた、「誰かの感情状態の合理性(ましてや真摯さ)を疑うことは容認できない」となっており、その結果、マイクロアグレッションの疑いの裁決が魔女 裁判の特徴を持つようになっていると述べている[73]。

アトランティック誌に寄稿したアミタイ・エッツィオーニは、マイクロアグレッションに注意を向けることは、個人や集団がもっと深刻な行為に対処することから目をそらすことになると示唆している[74]。

政治的正しさ
この用語を広めたデラルド・ウィング・スーの著作によれば、多くの批判は、この用語が誤解されたり誤用されたりしていることに基づいている。彼は、そのよ うな発言や行為を特定する目的は、人々を教育することであり、黙らせたり恥をかかせたりすることではないと述べている。彼はさらに、例えば、誰かが人種的 なマイクロアグレッションを使用したことを特定することは、彼らが人種差別主義者であることを示唆することを意図しているわけではないと指摘している [75]。

マインド・リーディング
リリエンフェルドによれば、マイクロアグレッション・プログラムがもたらす可能性のある有害な効果は、他人の言葉を否定的に解釈しすぎる傾向を強めること である[21]: 147 リリエンフェルドはこれをマインド・リーディングと呼んでいる。例えば、スーらはアジア系アメリカ人に向けられた『どこで生まれたか』という質問をマイク ロアグレッションとみなした」[21]: 147
Anti-LGBT rhetoric
Bullying
Cancel culture – ostracizing people for non-conformance to a value
Covert racism
Chauvinism – preference for people like oneself
Cultural conflict
Etiquette
Ethnocentrism
Hostile attribution bias – interpreting ambiguous interactions in a negative light
Intercultural communication
Intersectionality – interplay of multiple attributes
Ideas of reference and delusions of reference – uncommon psychiatric symptom
LGBT stereotypes
Micro-inequity – less race-focused understanding of microaggression
Nitpicking – complaining about small problems
Occupational sexism – sexism in the workplace
Political correctness – pejorative term for less offensive language
Rankism – catch-all term for exploiting people perceived to have lower status
Safe-space – place intended to be free of microagressions for a group
Stereotype threat
Trigger warning – intended to prevent flashbacks in trauma survivors
White privilege













リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j