sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

認知言語学

☆☆

cognitive linguistics

池田光穂

☆ 認知言語学(にんちげんごがく, cognitive linguistics)は、生成文法との対立から生まれた言語学の分野およびその諸理論。ゲシュタルト的な知覚、視点の投影・移動、カテゴリー化などの 人間が持つ一般的な認知能力の反映として言語を捉えることを主とする。

Cognitive linguistics is an interdisciplinary branch of linguistics, combining knowledge and research from cognitive science, cognitive psychology, neuropsychology and linguistics.[1] Models and theoretical accounts of cognitive linguistics are considered as psychologically real, and research in cognitive linguistics aims to help understand cognition in general and is seen as a road into the human mind.

There has been scientific and terminological controversy around the label "cognitive linguistics"; there is no consensus on what specifically is meant with the term.[2][3]
認 知言語学は言語学の学際的な一分野であり、認知科学、認知心理学、神経心理学、言語学の知識と研究を組み合わせている[1]。認知言語学のモデルや理論的 説明は心理学的に実在すると考えられており、認知言語学の研究は認知全般の理解を助けることを目的としており、人間の心への道と考えられている。

「認知言語学」というラベルをめぐっては、科学的・用語学的な論争があり、この用語が具体的に何を意味するのかについてのコンセンサスは得られていない[2][3]。
Background
The roots of cognitive linguistics are in Noam Chomsky's 1959 critical review of B. F. Skinner's Verbal Behavior. Chomsky's rejection of behavioural psychology and his subsequent anti-behaviourist activity helped bring about a shift of focus from empiricism to mentalism in psychology under the new concepts of cognitive psychology and cognitive science.[4]

Chomsky considered linguistics as a subfield of cognitive science in the 1970s but called his model transformational or generative grammar. Having been engaged with Chomsky in the linguistic wars,[5] George Lakoff united in the early 1980s with Ronald Langacker and other advocates of neo-Darwinian linguistics in a so-called "Lakoff–Langacker agreement". It is suggested that they picked the name "cognitive linguistics" for their new framework to undermine the reputation of generative grammar as a cognitive science.[6]

Consequently, there are three competing approaches that today consider themselves as true representatives of cognitive linguistics. One is the Lakoffian–Langackerian brand with capitalised initials (Cognitive Linguistics). The second is generative grammar, while the third approach is proposed by scholars whose work falls outside the scope of the other two. They argue that cognitive linguistics should not be taken as the name of a specific selective framework, but as a whole field of scientific research that is assessed by its evidential rather than theoretical value.[3]
背景
認知言語学のルーツは、ノーム・チョムスキーが1959年に発表したB・F・スキナーの『言語行動』に対する批判的論評にある。チョムスキーによる行動心 理学の否定とその後の反行動主義的な活動は、認知心理学と認知科学という新しい概念の下で、心理学における経験主義から精神主義への焦点の移行をもたらす のに貢献した[4]。

チョムスキーは1970年代に言語学を認知科学のサブフィールドとして考えていたが、自身のモデルを変形文法または生成文法と呼んでいた。ジョージ・レイ コフは言語学戦争でチョムスキーと対立していたが[5]、1980年代初頭にロナルド・ランガッカーや他のネオダーウィン言語学の提唱者たちといわゆる 「レイコフ-ランガッカー協定」を結んだ。彼らは認知科学としての生成文法の評判を貶めるために、新しいフレームワークに「認知言語学」という名前を選ん だと示唆されている[6]。

その結果、今日、認知言語学の真の代表であると考える3つの競合するアプローチが存在する。ひとつは、頭文字が大文字のレイコフ派=ランガッケル派(認知 言語学)である。2つ目は生成文法であり、3つ目のアプローチは、他の2つのアプローチから外れた研究者によって提唱されている。彼らは、認知言語学は特 定の選択的枠組みの名前としてではなく、理論的価値よりもむしろ証拠的価値によって評価される科学研究の分野全体としてとらえられるべきだと主張している [3]。
Approaches
Generative Grammar
Generative grammar functions as a source of hypotheses about language computation in the mind and brain. It is argued to be the study of 'the cognitive neuroscience of language'.[7] Generative grammar studies behavioural instincts and the biological nature of cognitive-linguistic algorithms, providing a computational–representational theory of mind.[8]

This in practice means that sentence analysis by linguists is taken as a way to uncover cognitive structures. It is argued that a random genetic mutation in humans has caused syntactic structures to appear in the mind. Therefore, the fact that people have language does not rely on its communicative purposes.[9][10]

For a famous example, it was argued by linguist Noam Chomsky that sentences of the type "Is the man who is hungry ordering dinner" are so rare that it is unlikely that children will have heard them. Since they can nonetheless produce them, it was further argued that the structure is not learned but acquired from an innate cognitive language component. Generative grammarians then took as their task to find out all about innate structures through introspection in order to form a picture of the hypothesised language faculty.[11][12]

Generative grammar promotes a modular view of the mind, considering language as an autonomous mind module. Thus, language is separated from mathematical logic to the extent that inference plays no role in language acquisition.[13] The generative conception of human cognition is also influential in cognitive psychology and computer science.[14]

Cognitive Linguistics (linguistics framework)
One of the approaches to cognitive linguistics is called Cognitive Linguistics, with capital initials, but it is also often spelled cognitive linguistics with all lowercase letters.[15] This movement saw its beginning in early 1980s when George Lakoff's metaphor theory was united with Ronald Langacker's Cognitive Grammar, with subsequent models of Construction Grammar following from various authors. The union entails two different approaches to linguistic and cultural evolution: that of the conceptual metaphor, and the construction.

Cognitive Linguistics defines itself in opposition to generative grammar, arguing that language functions in the brain according to general cognitive principles.[16] Lakoff's and Langacker's ideas are applied across sciences. In addition to linguistics and translation theory, Cognitive Linguistics is influential in literary studies,[17] education,[18] sociology,[19] musicology,[20] computer science[21] and theology.[22]

Conceptual metaphor theory
According to American linguist George Lakoff, metaphors are not just figures of speech, but modes of thought. Lakoff hypothesises that principles of abstract reasoning may have evolved from visual thinking and mechanisms for representing spatial relations that are present in lower animals.[23] Conceptualisation is regarded as being based on the embodiment of knowledge, building on physical experience of vision and motion. For example, the 'metaphor' of emotion builds on downward motion while the metaphor of reason builds on upward motion, as in saying “The discussion fell to the emotional level, but I raised it back up to the rational plane."[24] It is argued that language does not form an independent cognitive function but fully relies on other cognitive skills which include perception, attention, motor skills, and visual and spatial processing.[16] Same is said of various other cognitive phenomena such as the sense of time:

"In our visual systems, we have detectors for motion and detectors for objects/locations. We do not have detectors for time (whatever that could mean). Thus, it makes good biological sense that time should be understood in terms of things and motion." —George Lakoff
In Cognitive Linguistics, thinking is argued to be mainly automatic and unconscious.[25][26][27] Cognitive linguists study the embodiment of knowledge by seeking expressions which relate to modal schemas.[28] For example, in the expression "It is quarter to eleven", the preposition to represents a modal schema which is manifested in language as a visual or sensorimotoric 'metaphor'.

Cognitive and construction grammar
Constructions, as the basic units of grammar, are conventionalised form–meaning pairings which are comparable to memes as units of linguistic evolution.[29][30][31][32] These are considered multi-layered. For example, idioms are higher-level constructions which contain words as middle-level constructions, and these may contain morphemes as lower-level constructions. It is argued that humans do not only share the same body type, allowing a common ground for embodied representations; but constructions provide common ground for uniform expressions within a speech community.[33] Like biological organisms, constructions have life cycles which are studied by linguists.[29]

According to the cognitive and constructionist view, there is no grammar in the traditional sense of the word. What is commonly perceived as grammar is an inventory of constructions; a complex adaptive system;[34] or a population of constructions.[35] Constructions are studied in all fields of language research from language acquisition to corpus linguistics.[34]

Integrative cognitive linguistics
There is also a third approach to cognitive linguistics, which neither directly supports the modular (Generative Grammar) nor the anti-modular (Cognitive Linguistics) view of the mind. Proponents of the third view argue that, according to brain research, language processing is specialized although not autonomous from other types of information processing. Language is thought of as one of the human cognitive abilities, along with perception, attention, memory, motor skills, and visual and spatial processing, rather than being subordinate to them. Emphasis is laid on a cognitive semantics that studies the contextual–conceptual nature of meaning.[36]
アプローチ
生成文法
生成文法は、心と脳における言語計算に関する仮説の源として機能する。これは「言語の認知神経科学」の研究であると主張されている[7]。生成文法は行動本能と認知言語的アルゴリズムの生物学的性質を研究し、心の計算論的表象理論を提供する[8]。

これは実際には、言語学者による文の分析が、認知構造を明らかにする方法としてとらえられることを意味する。人間におけるランダムな遺伝子の突然変異が、 心に構文構造を出現させたと主張されている。したがって、人が言語を持っているという事実は、そのコミュニケーション目的には依存していない[9] [10]。

有名な例として、言語学者ノーム・チョムスキーは、「お腹を空かせている人は夕食を注文しているのか」というタイプの文は非常にまれであり、子供が聞いた ことがある可能性は低いと主張した。それにもかかわらず、子どもたちはそれを作ることができるのだから、この構造は学習されたものではなく、生得的な認知 言語要素から獲得されたものであると主張した。そして生成文法学者たちは、仮説とされる言語能力のイメージを形成するために、内観を通じて生得的な構造に ついてすべてを見つけ出すことを課題とした[11][12]。

生成文法は言語が自律的な心のモジュールであると考え、心のモジュール観を推進する。したがって、言語は数学的論理学から切り離され、言語習得において推論は何の役割も果たさないということになる[13]。

認知言語学(言語学の枠組み)
認知言語学のアプローチの1つは大文字の頭文字をとって認知言語学と呼ばれるが、すべて小文字で認知言語学と表記されることも多い[15]。この動きは 1980年代初頭にジョージ・レイコフのメタファー理論がロナルド・ランガッカーの認知文法と統合されたときに始まり、その後様々な著者から構成文法のモ デルが続いた。この結合は、言語的・文化的進化に対する2つの異なるアプローチを伴う。

認知言語学は、一般的な認知原理に従って言語が脳内で機能すると主張し、生成文法と対立するものとして自らを定義している[16]。言語学や翻訳理論に加 えて、認知言語学は文学研究、[17]教育学、[18]社会学、[19]音楽学、[20]コンピュータ科学、[21]神学にも影響を与えている[22]。

概念メタファー理論
アメリカの言語学者ジョージ・レイコフによれば、メタファーは単なる言葉の形ではなく、思考様式である。ラコフは、抽象的な推論の原理は、視覚的思考と下 等動物に存在する空間的関係を表現するメカニズムから進化した可能性があるという仮説を立てている[23]。例えば、「議論は感情的なレベルに落ちたが、 私はそれを理性的な平面に引き上げた」[24]というように、感情の「比喩」は下向きの運動に基づいているのに対し、理性の比喩は上向きの運動に基づいて いる:

「私たちの視覚システムには、動きの検出器と物体・位置の検出器がある。私たちの視覚系には、運動に対する検出器と物体/位置に対する検出器がある。した がって、時間は物事と運動の観点から理解されるべきであるというのは、生物学的に理にかなっている。" -ジョージ・レイコフ
認知言語学では、思考は主に自動的で無意識的であると主張されている[25][26][27]。認知言語学者は、モーダルスキーマに関連する表現を探すこ とによって、知識の具体化を研究している[28]。例えば、「11時15分です」という表現では、前置詞toがモーダルスキーマを表し、それが視覚的また は感覚運動的な「メタファー」として言語に現れている。

認知文法と構文文法
文法の基本単位である構文は、慣習化された形と意味のペアであり、言語進化の単位としてのミームに匹敵する[29][30][31][32]。例えば、イ ディオムは中級構文としての単語を含む上位構文であり、下位構文としての形態素を含むこともある。人間は同じ体型を共有しており、体現された表現のための 共通の基盤があるだけでなく、構文は言語コミュニティ内で統一された表現のための共通の基盤を提供すると主張されている[33]。生物学的な生物のよう に、構文にはライフサイクルがあり、言語学者によって研究されている[29]。

認知・構築主義の見解によれば、伝統的な意味での文法は存在しない。一般的に文法として認識されているものは、構文のインベントリであり、複雑な適応シス テムであり[34]、構文の集団である[35]。構文は言語習得からコーパス言語学に至るまで、言語研究のあらゆる分野で研究されている[34]。

統合認知言語学
認知言語学には第三のアプローチもあり、それはモジュール的な(生成文法)心の見方や反モジュール的な(認知言語学)心の見方を直接支持するものではな い。第三の見解の支持者は、脳研究によれば、言語処理は他のタイプの情報処理から独立しているわけではないが、特殊化されていると主張する。言語は、知 覚、注意、記憶、運動能力、視覚・空間処理と並ぶ人間の認知能力のひとつであり、それらに従属するものではないと考えられている。意味の文脈的・概念的性 質を研究する認知意味論が重視される[36]。
Computational approaches
Cognitive perspective on natural language processing
Cognitive linguistics offers a scientific first principle direction for quantifying states-of-mind through natural language processing. [37] As mentioned earlier Cognitive Linguistics, approaches grammar with a nontraditional view. Traditionally grammar has been defined as a set of structural rules governing the composition of clauses, phrases and words in a natural language. From the perspective of Cognitive Linguistics, grammar is seen as the rules of arrangement of language which best serve communication of the experience of the human organism through its cognitive skills which include perception, attention, motor skills, and visual and spatial processing.[16] Such rules are derived from observing the conventionalized pairings of meaning to understand sub-context in the evolution of language patterns. [29] The cognitive approach to identifying sub-context by observing what comes before and after each linguistic construct provides a grounding of meaning in terms of sensorimotoric embodied experience. [26] When taken together, these two perspectives form the basis of defining approaches in computational linguistics with strategies to work through the symbol grounding problem which posits that, for a computer, a word is merely a symbol, which is a symbol for another symbol and so on in an unending chain without grounding in human experience. [38] The broad set of tools and methods of computational linguistics are available as natural language processing or NLP. Cognitive linguistics adds a new set of capabilities to NLP. These cognitive NLP methods enable software to analyze sub-context in terms of internal embodied experience. [26]

Methods
The goal of natural language processing (NLP) is to enable a computer to "understand" the contents of text and documents, including the contextual nuances of the language within them. The perspective of traditional Traditional Chomskyan Linguistics offers NLP three approaches or methods to identify and quantify the literal contents, the who, what, where and when in text – in linguistic terms, the semantic meaning or semantics of the text. The perspective of cognitive linguistics offers NLP a direction to identify and quantify the contextual nuances, the why and how in text – in linguistics terms, the implied pragmatic meaning or pragmatics of text.

The three NLP approaches to understanding literal semantics in text based on traditional linguistics are symbolic NLP, statistical NLP, and neural NLP. The first method, symbolic NLP (1950s – early 1990s) is based on first principles and rules of traditional linguistics. The second method, statistical NLP (1990s–2010s), builds upon the first method with a layer of human curated & machine-assisted corpora for multiple contexts. The third approach neural NLP (2010 onwards), builds upon the earlier methods by leveraging advances in deep neural network-style methods to automate tabulation of corpora & parse models for multiple contexts in shorter periods of time. [39][40] All three methods are used to power NLP techniques like stemming and lemmatisation in order to obtain statistically relevant listing of the who, what, where & when in text through named-entity recognition and Topic model programs. The same methods have been applied with NLP techniques like a bag-of-words model to obtain statistical measures of emotional context through sentiment analysis programs. The accuracy of a sentiment analysis system is, in principle, how well it agrees with human judgments. [41] Because evaluation of sentiment analysis is becoming more and more specialty based, each implementation needs a separate training model and specialized human verification raising Inter-rater reliability issues. However, the accuracy is considered generally acceptable for use in evaluating emotional context at a statistical or group level. [42] [43]

A developmental trajectory of NLP to understand contextual pragmatics in text involving emulating intelligent behavior and apparent comprehension of natural language is cognitive NLP. This method is a rules based approach which involves assigning meaning to a word, phrase, sentence or piece of text based on the information presented before and after the piece of text being analyzed.
計算論的アプローチ
自然言語処理における認知的視点
認知言語学は、自然言語処理を通じて心の状態を定量化するための科学的な第一原理的方向性を提供する。[37] 前述したように、認知言語学は非伝統的な視点で文法にアプローチする。伝統的に文法は、自然言語における句、フレーズ、単語の構成を支配する構造的ルール の集合として定義されてきた。認知言語学の観点からは、文法は、知覚、注意力、運動能力、視覚的・空間的処理を含む認知能力を通じて、人間という生物の経 験のコミュニケーションに最も役立つ言語の配列規則と見なされる[16]。このような規則は、言語パターンの進化におけるサブコンテキストを理解するため に、意味の慣習化された組み合わせを観察することから導き出される。[29]各言語構成要素の前後に来るものを観察することによってサブコンテキストを特 定する認知的アプローチは、感覚運動学的な身体化された経験の観点から意味の根拠を提供する。[26]これら2つの視点は、コンピュータにとって、単語は 単なる記号であり、その記号は別の記号の記号であり、人間の経験に基づくことなく、無限に連鎖する。[38]計算言語学の広範なツールと手法は、自然言語 処理(NLP)として利用可能である。認知言語学は、NLPに新しい機能を追加する。これらの認知的NLPの手法により、ソフトウェアが体現された内部経 験の観点からサブ・コンテキストを分析することが可能になる。[26]

手法
自然言語処理(NLP)の目標は、コンピュータがテキストや文書の内容を、その中の言語の文脈的ニュアンスを含めて「理解」できるようにすることである。 伝統的なチョムスキー言語学の視点は、テキスト中の文字通りの内容、「誰が」「何を」「どこで」「いつ」を特定し、定量化するための3つのアプローチや手 法をNLPに提供する。認知言語学の視点は、文脈的なニュアンス、テキストにおける「なぜ」、「どのように」、言語学用語で言えば、テキストの暗黙的な語 用論的意味(プラグマティックス)を特定し、定量化する方向性を NLP に提供します。

伝統的な言語学に基づき、テキスト中の文字通りの意味を理解するための3つの NLP アプローチは、記号 NLP、統計 NLP、神経 NLP です。最初の方法である記号的NLP(1950年代~1990年代初頭)は、伝統的言語学の第一原理と規則に基づいています。第二の手法である統計的 NLP(1990年代~2010年代)は、第一の手法の上に、複数のコンテクストのための人間によるキュレーションと機械支援によるコーパスのレイヤーを 加えたものです。第三のアプローチであるニューラルNLP(2010年以降)は、ディープニューラルネットワークスタイルの手法の進歩を活用することで、 より短期間で複数のコンテクストのコーパスと構文解析モデルの集計を自動化することで、それ以前の手法をベースにしています。[39][40]この3つの メソッドはすべて、名前付きエンティティ認識とトピックモデルプログラムを通じて、テキスト内の「誰が」「何を」「どこで」「いつ」の統計的に関連性のあ るリストを得るために、ステミングやレマタイゼーションなどのNLPテクニックを強化するために使用される。同じ方法が、感情分析プログラムを通じて感情 的な文脈の統計的尺度を得るために、単語バッグモデルのようなNLP技術に適用されています。センチメント分析システムの精度は、原則として、人間の判断 とどれだけ一致するかである。[41] センチメント分析の評価はますます専門的になってきているため、各実装は個別のトレーニングモデルと専門的な人間による検証を必要とし、評価者間信頼性の 問題を提起しています。しかし、統計的またはグループレベルでの感情コンテキストの評価に使用するには、精度は一般的に許容できると考えられています。 [42] [43]

知的行動と自然言語の明白な理解のエミュレートを含む、テキスト中の文脈的語用論を理解するためのNLPの発展的軌跡は、認知NLPである。この方法は ルールに基づくアプローチであり、分析対象のテキストの前後に提示された情報に基づいて、単語、フレーズ、文、またはテキストの一部に意味を割り当てるこ とを含む。
Controversy
The specific meaning of cognitive linguistics, the proper address of the name, and the scientific status of the enterprise have been called into question. Criticism includes an overreliance on introspective data, a lack of experimental testing of hypotheses and little integration of findings from other fields of cognitive science.[44] Some researchers go as far as to consider calling the field 'cognitive' at all a misnomer.[6]

"It would seem to me that [cognitive linguistics] is the sort of linguistics that uses findings from cognitive psychology and neurobiology and the like to explore how the human brain produces and interprets language. In other words, cognitive linguistics is a cognitive science, whereas Cognitive Linguistics is not. Most of generative linguistics, to my mind, is not truly cognitive either."[2]

— Bert Peeters
There has been criticism regarding the brain-related claims of both Chomsky's generative grammar, and Lakoff's Cognitive Linguistics. These are said to advocate too extreme views on the axis of modular versus general processing. The empirical evidence points to language being partially specialized and interacting with other systems.[3] However, to counter behaviorism, Chomsky postulated that language acquisition occurs inside an autonomous module, which he calls the language faculty, thus suggesting a very high degree of specialization of language in the brain. To offer an alternative to his view, Lakoff, in turn, postulated the opposite by claiming that language acquisition is not specialized at all because language does not constitute a cognitive capacity of its own but occurs in the sensory domains such as vision and kinesthesis. According to the critical view, these ideas were not motivated by brain research but by a struggle for power in linguistics. Members of such frameworks are also said to have used other researchers' findings to present them as their own work.[3] While this criticism is accepted for most part, it is claimed that some of the research has nonetheless produced useful insights.[45]
論争
認知言語学の具体的な意味、名称の適切な呼称、そしてこの事業の科学的な地位が疑問視されている。批判には、内省的データへの過度の依存、仮説の実験的検 証の欠如、認知科学の他の分野からの知見の統合の少なさなどが含まれる[44]。研究者の中には、この分野を「認知」と呼ぶこと自体が誤用であるとまで考 える者もいる[6]。

「認知言語学は)認知心理学や神経生物学などの知見を利用して、人間の脳がどのように言語を生成し解釈するかを探求する言語学であるように私には思える。 言い換えれば、認知言語学は認知科学であり、認知言語学は認知科学ではない。私の考えでは、生成言語学の大部分も真の認知的なものではない」[2]。

- バート・ピーターズ
チョムスキーの生成文法とラコフの認知言語学の脳に関する主張には批判がある。これらは、モジュール的処理と一般的処理の軸において、極端すぎる見解を提 唱していると言われている。しかし、行動主義に対抗するために、チョムスキーは、言語習得は言語能力と呼ばれる自律的なモジュールの内部で起こると仮定し た。チョムスキーに対抗するため、ラコフは、言語習得はそれ自体の認知能力ではなく、視覚や運動感覚のような感覚的領域で起こるものであり、言語習得は まったく専門化されていないと主張した。批判的な見方によれば、これらの考え方は脳研究に動機づけられたものではなく、言語学における権力闘争に動機づけ られたものである。このようなフレームワークのメンバーはまた、他の研究者の発見を利用して自分の研究として発表しているとも言われている[3]。この批 判はほとんどの部分で受け入れられているが、それでも一部の研究は有益な洞察を生み出していると主張されている[45]。
Embodied cognition
Psycholinguistics
Theory of language
Usage-based models of language




























リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j