sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

サイボーグ

Cyborg

Stephen Hawking as Cyborg

解説:池田光穂

サイボーグ(cyborg)とは、サイバ ネティック・オーガニズム(cybernetic organism, cyb. + org. = cyborg)のそれぞれの省略形による合成語である。

サイバネティックサイバネティクスという学問の形容詞形)の言葉を意味する学問としてのサイバネ ティクスとは、今日で言う制御理論 (control theory)とシステム理論(system theory)が融合した総合的な学問であり、ノーバート・ウィナーがその命名者であり創始者だと言われる。もともと空中を移動中の飛翔体(航空機やミサ イル)などを追尾撃墜する弾道計算を探求する研究のなかから生まれて、生命現象、学習や認知あるいは、社会や文化現象にまで拡張されて、有機体や組織(と もにorganism)の特色を、それぞれが内的な制御システム——その中でもフィードバックがもっとも重要な概念——をもつものと考えことに由来する。

したがって、サイボーグは、サイバネティ クスという学問あるいは思想を具現化するものと考えられる。しかし実際のサイボーグという用語の発明 は、もっと実利的な面もあり、Manfred Clynes と Nathan Kline が、1960年に宇宙空間で働けるための人間と機械の自己制御機構の提唱というかたちで登場する。(つまりこの概念だと宇宙服のみならず宇宙船もまた一種 のサイボーグとして捉えることができるが、それは今日の我々が抱くサイボーグの意味とほど遠い)。

現在のサイボーグ概念にとって私がより重 要だと思えるのは、補綴(ほて つ・ほてい)の概念である。補綴()とは、おぎなっ てつづりあわせることであり、不足を足すことであるが、医学・保健用語では義手や義足などの義肢(ぎし)である。この概念が拡張し、ハイテクなどの技術と 融合するように、SFなどでは表現される(例えば、映画『スターウォーズ・エピソードV:帝国の逆襲』に登場するルーク・スカイウォーカーの右手の義手) ことが多いが、この拡張版と考えればよい。

しかしながら、この拡張として『攻殻機動 隊』の登場人物・草薙素子(くさなぎ・もとこ)のように、大脳と脊髄の一部のみ生体で残りは義体(「義 肢」概念の延長上に造語された義身体、「ぎたい」と呼ぶ)になると、それは果たして身体性を基調とする人格(パーソナリティ)を持ちうるのかという議論は しばしば我々は耳にする。しかし、2nd GIGのエピソード11「草迷宮」(affection)に みられるように、草薙はもともともっていた少女の身体という艤装がほどこされ、さらに成長に 応じて身体化をとげた(=「立派な義体使いとなる」)と説明されているので、彼女の脳は、つぎつぎと成長してゆく身体とともにアイデンティティを形成した ものと思われる。またこのことにより、彼女は色気と戦闘的攻撃性という両極端な女性性——それはともに公安9課での秀逸な活動を保証する——を具有してい る。

しかしながら、これは「桶の中の脳髄」論 文の著者ヒラリー・パットナムは一笑に付す話かもしれない。パットナムならば、素子が桶の中にいながら 「生きる」仮想現実の世界を、映像では、我々が見せられている可能性を我々は考慮していないと指摘されるかもしれない。そして素子がどう現実世界を生きて いるかということを正確に判断できる材料を、ほんとうは我々は——そして素子も含めて誰も——知らないではないか?と反論を喰らうかもしれない。

サイボーグ・ドット・コムでは、池田(online)は、(人体をもつ現代人で ある)「我々はすべてサイボーグであり、その考え方を敷衍すると我々はすべて草薙素 子である」という極端で特異な(異様な)主張をおこなっている。

キーワード:「アクターネットワーク理論 ( ,ANT)」「人工知能(Artificial intelligence)」「ポストヒュマニズム()」

●以下、サイボーグ意識問題などは「雑多なサイボーグ」をお読みください。

●サイボーグ:ただし、.

A (/ˈsaɪbɔːrɡ/)—a portmanteau of cybernetic and organism—is a being with both organic and biomechatronic body parts. The term was coined in 1960 by Manfred Clynes and Nathan S. Kline.[1] In contrast to biorobots and androids, the term cyborg applies to a living organism that has restored function or enhanced abilities due to the integration of some artificial component or technology that relies on some sort of feedback.[2]
サイボーグ(/ˈsa&)とは、サイバネティック (cybernetic)とオーガニズム(organism)の合成語で、有機体とバイオメカトロニクス(biomechatronic)の両方の身体部 分を持つ存在である。この用語は1960年にマンフレッド・クラインズとネイサン・S・クラインによって作られた[1]。バイオロボットやアンドロイドと は対照的に、サイボーグという用語は、何らかのフィードバックに依存する人工的なコンポーネントや技術の統合によって機能が回復したり能力が強化されたり した生体に適用される[2]。
Description and definition

"" is not the same thing as bionics, biorobotics, or androids; it applies to an organism that has restored function or, especially, enhanced abilities due to the integration of some artificial component or technology that relies on some sort of feedback, for example: prostheses, artificial organs, implants or, in some cases, wearable technology.[3] Cyborg technologies may enable or support collective intelligence.[4] A related, possibly broader, term is the "augmented human".[3][5][6] While cyborgs are commonly thought of as mammals, including humans, they might also conceivably be any kind of organism.

Placement and distinctions
D. S. Halacy's Cyborg: Evolution of the Superman (1965) featured an introduction which spoke of a "new frontier" that was "not merely space, but more profoundly the relationship between 'inner space' to 'outer space' – a bridge...between mind and matter."[7]

In "A Cyborg Manifesto", Donna Haraway rejects the notion of rigid boundaries between humanity and technology, arguing that, as humans depend on more technology over time, humanity and technology have become too interwoven to draw lines between them. She believes that since we have allowed and created machines and technology to be so advanced, there should be no reason to fear what we have created, and cyborgs should be embraced because they are now part of human identities.[8] However, Haraway has also expressed concern over the contradictions of scientific objectivity and the ethics of technological evolution, and has argued that "There are political consequences to scientific accounts of the world."[9]

Biosocial definition
According to some definitions of the term, the physical attachments that humans have with even the most basic technologies have already made them cyborgs.[10] In a typical example, a human with an artificial cardiac pacemaker or implantable cardioverter-defibrillator would be considered a cyborg, since these devices measure voltage potentials in the body, perform signal processing, and can deliver electrical stimuli, using this synthetic feedback mechanism to keep that person alive. Implants, especially cochlear implants, that combine mechanical modification with any kind of feedback response are also cyborg enhancements. Some theorists[who?] cite such modifications as contact lenses, hearing aids, smartphones,[11] or intraocular lenses as examples of fitting humans with technology to enhance their biological capabilities. Also the emerging mood of implanting microchips inside the body (mainly the hands), to make financiary operations like a contactless payment, or basic tasks like opening a door, can be considered another example.

As cyborgs currently are on the rise, some theorists[who?] argue there is a need to develop new definitions of aging. For instance, a bio-techno-social definition of aging has been suggested.[12]

The term is also used to address human-technology mixtures in the abstract. This includes not only commonly-used pieces of technology such as phones, computers, the Internet, and so on, but also artifacts that may not popularly be considered technology; for example, pen and paper, and speech and language. When augmented with these technologies and connected in communication with people in other times and places, a person becomes capable of much more than they were before. An example is a computer, which gains power by using Internet protocols to connect with other computers. Another example is a social-media bot—either a bot-assisted human or a human-assisted-bot—used to target social media with likes and shares.[13] Cybernetic technologies include highways, pipes, electrical wiring, buildings, electrical plants, libraries, and other infrastructure that people hardly notice, but which are critical parts of the cybernetics that humans work within.

Bruce Sterling, in his Shaper/Mechanist universe, suggested an idea of an alternative cyborg called 'Lobster', which is made not by using internal implants, but by using an external shell (e.g. a powered exoskeleton).[14] Unlike human cyborgs, who appear human externally but are synthetic internally (e.g., the Bishop type in the Alien franchise), Lobster looks inhuman externally but contains a human internally (such as in Elysium and RoboCop). The computer game Deus Ex: Invisible War prominently features cyborgs called Omar, Russian for 'lobster'.
説明と定義

「サイボーグ」とは、バイオニクス、バイオロボティクス、アンドロイドとは異なるものであり、何らかのフィードバックに依存する人工的なコンポーネントや 技術、例えば義肢、人工臓器、インプラント、場合によってはウェアラブル技術などを統合することによって、機能を回復したり、特に能力を強化したりした生 物に適用される。 [3]サイボーグ技術は集合知を可能にしたり、サポートしたりすることがある[4]。関連する、おそらくより広範な用語として「拡張人間」がある[3] [5][6]。

位置づけと区別
D. S.ハラシーの『サイボーグ』: スーパーマンの進化』(1965年)の序章では、「新たなフロンティア」について述べられており、それは「単なる空間ではなく、より深く『内なる空間』と 『外なる空間』との関係、つまり心と物質との架け橋」であると述べている[7]。

ドナ・ハラウェイは「サイボーグ宣言」の中で、人類とテクノロジーとの間の厳格な境界線という概念を否定し、人類が時代とともにより多くのテクノロジーに 依存するようになるにつれて、人類とテクノロジーは両者の間に線を引くにはあまりにも織り込まれるようになったと主張している。しかし、ハラウェイは科学 的客観性と技術進化の倫理の矛盾についても懸念を表明しており、「世界についての科学的説明には政治的帰結がある」と主張している[9]。

生物社会的定義
典型的な例では、人工心臓ペースメーカーや植え込み型除細動器を装着した人間はサイボーグとみなされる。なぜなら、これらの装置は体内の電位を測定し、信 号処理を実行し、電気刺激を与えることができ、この合成フィードバック機構を使用してその人を生かすことができるからである。インプラント、特に人工内耳 は、機械的な改造と何らかのフィードバック反応を組み合わせたものであり、これもサイボーグの強化である。一部の理論家[誰?]は、コンタクトレンズ、補 聴器、スマートフォン[11]、眼内レンズなどの改造を、生物学的能力を強化するために人間にテクノロジーを装着する例として挙げている。また、非接触決 済のような金融操作や、ドアを開けるような基本的な作業を行うために、マイクロチップを体内(主に手)に埋め込むという新たなムードも、その一例と考える ことができる。

現在、サイボーグが増加傾向にあるため、老化の新しい定義を開発する必要があると主張する理論家もいる。例えば、老化のバイオテクノ社会的定義が提案されている[12]。

この用語はまた、抽象的なヒトとテクノロジーの混合物を扱う場合にも使用される。これには、電話、コンピュータ、インターネットなど、一般的に使用されて いるテクノロジーだけでなく、一般的にはテクノロジーとはみなされない人工物も含まれる。これらのテクノロジーで拡張され、他の時代や場所の人々とコミュ ニケーションでつながれば、人は以前よりもはるかに多くのことができるようになる。例えばコンピューターは、インターネット・プロトコルを使って他のコン ピューターと接続することで力を得る。サイバネティック・テクノロジーには、高速道路、パイプ、電気配線、建物、発電所、図書館など、人々がほとんど気づ かないインフラが含まれるが、これらは人間がその中で働くサイバネティックスの重要な部分である。

ブルース・スターリングは、彼のシェイパー/メカニストの世界で、「ロブスター」と呼ばれる代替サイボーグのアイデアを提案した。コンピューターゲーム 『デウスエクス:インビジブル・ウォー』には、ロシア語で「ロブスター」を意味するオマールと呼ばれるサイボーグが登場する。
This section does not cite any sources. Please help improve this section by adding citations to reliable sources.
+++++++++++++++++
Visual appearance of fictional cyborgs
記事の内容に引用などがなく不正確の注意書き
++++++++++++++++++++
フィクションのサイボーグにおける外形について
In science fiction, the most stereotypical portrayal of a cyborg is a person (or, more rarely, an animal) with visible added mechanical parts. These include the superhero Cyborg from DC Comics and the Borg race from the Star Trek Universe.

However, cyborgs can also be portrayed as looking more robotic or more organic. They may appear as humanoid robots, such as Robotman from DC's Doom Patrol or most varieties of the Cybermen from Doctor Who; they can appear as non-humanoid robots such as the Daleks (again, from Doctor Who) or like the majority of the motorball players in Battle Angel Alita and its prequel Ashen Victor.

More human-appearing cyborgs may cover up their mechanical parts with armor or clothing, such as Darth Vader (Star Wars) or Misty Knight (Marvel Comics). Cyborgs may have mechanical parts or bodies that appear human. For example, the eponymous Six Million Dollar Man and the Bionic Woman (from their respective television series) have prostheses externally identical to the body parts that they replaced; while Major Motoko Kusanagi (Ghost in the Shell) is a full-body cyborg whose body appears human. In these examples, among others, it is common for cyborgs to have superhuman (physical or mental) abilities, including great strength, enhanced senses, computer-assisted brains, or built-in weaponry.

Origins
The concept of a man-machine mixture was widespread in science fiction before World War II. As early as 1843, Edgar Allan Poe described a man with extensive prostheses in the short story "The Man That Was Used Up". In 1911, Jean de La Hire introduced the Nyctalope, a science fiction hero who was perhaps the first literary cyborg, in Le Mystère des XV (later translated as The Nyctalope on Mars).[15][16][17] Nearly two decades later, Edmond Hamilton presented space explorers with a mixture of organic and machine parts in his 1928 novel The Comet Doom. He later featured the talking, living brain of an old scientist, Simon Wright, floating around in a transparent case, in all the adventures of his famous hero, Captain Future. In 1944, in the short story "No Woman Born", C. L. Moore wrote of Deirdre, a dancer, whose body was burned completely and whose brain was placed in a faceless but beautiful and supple mechanical body.

In 1960, the term "cyborg" was coined by Manfred E. Clynes and Nathan S. Kline to refer to their conception of an enhanced human being who could survive in extraterrestrial environments:[1]

For the exogenously extended organizational complex functioning as an integrated homeostatic system unconsciously, we propose the term 'Cyborg'.

Their concept was the outcome of thinking about the need for an intimate relationship between human and machine as the new frontier of space exploration was beginning to open up. A designer of physiological instrumentation and electronic data-processing systems, Clynes was the chief research scientist in the Dynamic Simulation Laboratory at Rockland State Hospital in New York.

The term first appears in print 5 months earlier when The New York Times reported on the "Psychophysiological Aspects of Space Flight Symposium" where Clynes and Kline first presented their paper:

A cyborg is essentially a man-machine system in which the control mechanisms of the human portion are modified externally by drugs or regulatory devices so that the being can live in an environment different from the normal one.[18]

Thereafter, Hamilton would first use the term "cyborg" explicitly in the 1962 short story, "After a Judgment Day", to describe the "mechanical analogs" called "Charlies," explaining that "[c]yborgs, they had been called from the first one in the 1960s...cybernetic organisms."

In 2001, a book titled Cyborg: Digital Destiny and Human Possibility in the Age of the Wearable Computer was published by Doubleday.[19] Some of the ideas in the book were incorporated into the documentary film Cyberman that same year.
SFにおいて、サイボーグの最もステレオタイプな描写は、目に見える機械部品が追加された人間(またはより稀に動物)である。DCコミックのスーパーヒーロー・サイボーグやスタートレックのボーグ種族がこれにあたる。

しかし、サイボーグはよりロボット的、あるいはより有機的に見えるように描かれることもある。DC『ドゥーム・パトロール』のロボットマンや『ドクター・ フー』のサイバイマンのように人型ロボットとして登場することもあれば、『ドクター・フー』のデレクや『バトル・エンジェル・アリータ』やその前日譚『ア シェン・ビクター』のモーターボール選手のように非人型ロボットとして登場することもある。

より人間に近いサイボーグは、ダース・ベイダー(『スター・ウォーズ』)やミスティ・ナイト(『マーベル・コミック』)のように、鎧や衣服で機械部分を隠 すこともある。サイボーグは、人間のように見える機械の部分や体を持つこともある。例えば、『600万ドルの男』や『バイオニック・ウーマン』(それぞれ のテレビシリーズに登場)は、交換した体の部分と外見が同じ義肢を持っている。これらの例に限らず、サイボーグが超人的な(肉体的または精神的)能力を持 つことはよくあることで、これには大きな力、強化された感覚、コンピューター支援による頭脳、内蔵された武器などが含まれる。

起源
マン・マシン・ミックスという概念は、第二次世界大戦前のサイエンス・フィクションに広く見られた。早くも1843年には、エドガー・アラン・ポーが短編 小説「使い古された男」の中で、大掛かりな義肢を装着した男を描写している。1911年、ジャン・ド・ラ・ワールは『Le Mystère des XV』(後に『火星のニクタロープ』と訳される)で、おそらく最初の文学的サイボーグであるSFヒーロー、ニクタロープを紹介した[15][16] [17]。 その約20年後、エドモンド・ハミルトンは1928年の小説『破滅の彗星』で、有機物と機械部品の混在した宇宙探検家を登場させた。彼は後に、彼の有名な ヒーローであるキャプテン・フューチャーのすべての冒険の中で、透明なケースの中で浮遊している老科学者サイモン・ライトのしゃべる生きた脳を登場させ た。1944年、C・L・ムーアは短編小説 "No Woman Born "の中で、ダンサー、ディアドラのことを書いている。彼女の身体は完全に焼かれ、その脳は無表情だが美しくしなやかな機械の身体に入れられた。

1960年、「サイボーグ」という言葉は、マンフレッド・E・クラインズとネイサン・S・クラインによって、地球外の環境でも生き延びることができる強化された人間という概念を指すために作られた。

無意識のうちに統合された恒常性システムとして機能する、外来的に拡張された組織複合体に対して、我々は『サイボーグ』という用語を提案する。

彼らのコンセプトは、宇宙探査という新たなフロンティアが切り開かれ始めたときに、人間と機械の親密な関係の必要性について考えた結果である。生理学的機 器と電子データ処理システムの設計者であったクラインズは、ニューヨークのロックランド州立病院のダイナミック・シミュレーション研究所の主任研究員で あった。

この言葉が初めて活字になったのは、その5ヶ月前、ニューヨーク・タイムズ紙が、クラインとクラインが初めて論文を発表した「宇宙飛行の心理生理学的側面シンポジウム」について報じたときである:

サイボーグとは、本質的に、人間部分の制御機構が薬物や調節装置によって外的に変更され、通常とは異なる環境で生活できるようになったマン・マシン・システムのことである[18]。

その後、ハミルトンは1962年の短編小説『審判の日の後に』で、「チャーリー」と呼ばれる「機械的類似体」を説明するために「サイボーグ」という用語を 初めて明確に使用し、「1960年代の最初のものから、彼らはサイバネティック・オーガニズムと呼ばれていた」と説明している。

2001年、『サイボーグ』と題された本が出版された: 同書のアイデアの一部は、同年に公開されたドキュメンタリー映画『サイバイマン』にも取り入れられている。
Cyborg tissues in engineering
Cyborg tissues structured with carbon nanotubes and plant or fungal cells have been used in artificial tissue engineering to produce new materials for mechanical and electrical uses.

Such work was presented by Raffaele Di Giacomo, Bruno Maresca, and others, at the Materials Research Society's spring conference on 3 April 2013.[20] The cyborg obtained was inexpensive, light and had unique mechanical properties. It could also be shaped in the desired forms. Cells combined with multi-walled carbon nanotubes (MWCNTs) co-precipitated as a specific aggregate of cells and nanotubes that formed a viscous material. Likewise, dried cells still acted as a stable matrix for the MWCNT network. When observed by optical microscopy, the material resembled an artificial "tissue" composed of highly packed cells. The effect of cell drying was manifested by their "ghost cell" appearance. A rather specific physical interaction between MWCNTs and cells was observed by electron microscopy, suggesting that the cell wall (the outermost part of fungal and plant cells) may play a major active role in establishing a carbon nanotube's network and its stabilization. This novel material can be used in a wide range of electronic applications, from heating to sensing. For instance, using Candida albicans cells, a species of yeast that often lives inside the human gastrointestinal tract, cyborg tissue materials with temperature sensing properties have been reported.[21]
工学におけるサイボーグ組織
カーボンナノチューブと植物や真菌の細胞で構造化されたサイボーグ組織は、機械的・電気的用途の新材料を製造する人工組織工学で使用されている。

このような研究は、Raffaele Di Giacomo、Bruno Marescaらによって、2013年4月3日に開催されたMaterials Research Societyの春季大会で発表された[20]。また、所望の形に成形することも可能であった。多層カーボンナノチューブ(MWCNT)と結合した細胞 は、細胞とナノチューブの特定の凝集体として共沈し、粘性材料を形成した。同様に、乾燥した細胞は、依然としてMWCNTネットワークの安定したマトリッ クスとして機能した。光学顕微鏡で観察すると、この材料は高度に充填された細胞からなる人工的な「組織」に似ていた。細胞乾燥の影響は、「ゴースト細胞」 のような外観で現れた。MWCNTと細胞の間のかなり特異的な物理的相互作用が電子顕微鏡で観察され、細胞壁(菌類や植物の細胞の最外部)がカーボンナノ チューブのネットワークの確立とその安定化において主要な積極的役割を果たす可能性が示唆された。この新しい材料は、加熱からセンシングまで、幅広い電子 応用に使用できる。例えば、ヒトの消化管内にしばしば生息する酵母の一種であるキャンディダ・アルビカンス細胞を用いて、温度感知特性を持つサイボーグ組 織材料が報告されている[21]。
Actual cyborgization attempts

Cyborg with his antenna implant
In current prosthetic applications, the C-Leg system developed by Otto Bock HealthCare, is used to replace a human leg that has been amputated because of injury or illness. The use of sensors in the artificial C-Leg aids in walking significantly by attempting to replicate the user's natural gait, as it would be prior to amputation.[22] A similar system is being developed by the Swedish orthopedic company Integrum, the OPRA Implant System, which is surgically anchored and integrated by means of osseointegration into the skeleton of the remainder of the amputated limb.[23] The same company has developed e-OPRA, a will-powered upper limb prosthesis system that is being evaluated in a clinical trial to allow sensory input to the central nervous system using pressure and temperature sensors in the prosthesis' finger tips.[24][25] Prostheses like the C-Leg, the e-OPRA Implant System, and the iLimb, are considered by some to be the first real steps towards the next generation of real-world cyborg applications.[citation needed] Additionally cochlear implants and magnetic implants which provide people with a sense that they would not otherwise have had can additionally be thought of as creating cyborgs.[citation needed].

In vision science, direct brain implants have been used to treat non-congenital (acquired) blindness. One of the first scientists to come up with a working brain interface to restore sight was a private researcher William Dobelle. Dobelle's first prototype was implanted into "Jerry", a man blinded in adulthood, in 1978. A single-array BCI containing 68 electrodes was implanted onto Jerry's visual cortex and succeeded in producing phosphenes, the sensation of seeing light. The system included cameras mounted on glasses to send signals to the implant. Initially, the implant allowed Jerry to see shades of grey in a limited field of vision at a low frame-rate. This also required him to be hooked up to a two-ton mainframe, but shrinking electronics and faster computers made his artificial eye more portable and now enable him to perform simple tasks unassisted.[26]

In 1997, Philip Kennedy, a scientist and physician, created the world's first human cyborg from Johnny Ray, a Vietnam veteran who suffered a stroke. Ray's body, as doctors called it, was "locked in". Ray wanted his old life back so he agreed to Kennedy's experiment. Kennedy embedded an implant he designed (and named a "neurotrophic electrode") near the injured part of Ray's brain so that Ray would be able to have some movement back in his body. The surgery went successfully, but in 2002, Ray died.[27]

In 2002, Canadian Jens Naumann, also blinded in adulthood, became the first in a series of 16 paying patients to receive Dobelle's second-generation implant, marking one of the earliest commercial uses of BCIs. The second-generation device used a more sophisticated implant enabling better mapping of phosphenes into coherent vision. Phosphenes are spread out across the visual field in what researchers call the starry-night effect. Immediately after his implant, Naumann was able to use his imperfectly restored vision to drive slowly around the parking area of the research institute.[28]

In contrast to replacement technologies, in 2002, under the heading Project Cyborg, a British scientist, Kevin Warwick, had an array of 100 electrodes fired into his nervous system in order to link his nervous system into the internet to investigate enhancement possibilities. With this in place, Warwick successfully carried out a series of experiments including extending his nervous system over the internet to control a robotic hand, also receiving feedback from the fingertips in order to control the hand's grip. This was a form of extended sensory input. Subsequently, he investigated ultrasonic input in order to remotely detect the distance to objects. Finally, with electrodes also implanted into his wife's nervous system, they conducted the first direct electronic communication experiment between the nervous systems of two humans.[29][30]

Since 2004, British artist Neil Harbisson has had a cyborg antenna implanted in his head that allows him to extend his perception of colors beyond the human visual spectrum through vibrations in his skull.[31] His antenna was included within his 2004 passport photograph which has been claimed to confirm his cyborg status.[32] In 2012 at TEDGlobal,[33] Harbisson explained that he started to feel like a cyborg when he noticed that the software and his brain had united and given him an extra sense.[33] Neil Harbisson is a co-founder of the Cyborg Foundation (2004)[34] and cofounded the Transpecies Society in 2017, which is an association that empowers individuals with non-human identities and supports them in their decisions to develop unique senses and new organs.[35] Neil Harbisson is a global advocate for the rights of cyborgs.

Rob Spence, a Toronto-based filmmaker, who titles himself a real-life "Eyeborg," severely damaged his right eye in a shooting accident on his grandfather's farm as a child.[36] Many years later, in 2005, he decided to have his ever-deteriorating and now technically blind eye surgically removed,[37] whereafter he wore an eyepatch for some time before he later, after having played for some time with the idea of installing a camera instead, contacted professor Steve Mann at the Massachusetts Institute of Technology, an expert in wearable computing and cyborg technology.[37]

Under Mann's guidance, Spence, at age 36, created a prototype in the form of the miniature camera which could be fitted inside his prosthetic eye; an invention that would come to be named by Time magazine as one of the best inventions of 2009. The bionic eye records everything he sees and contains a 1.5 mm2, low-resolution video camera, a small round printed circuit board, a wireless video transmitter, which allows him to transmit what he is seeing in real-time to a computer, and a 3-volt rechargeable VARTA microbattery. The eye is not connected to his brain and has not restored his sense of vision. Additionally, Spence has also installed a laser-like LED light in one version of the prototype.[38]

Furthermore, many cyborgs with multifunctional radio frequency identification (RFID) microchips injected into a hand are known to exist. With the chips they are able to swipe cards, open or unlock doors, operate devices such as printers or, with some using cryptocurrency, buy products, such as drinks, with a wave of the hand.[39][40][41][42][43]

bodyNET
bodyNET is an application of human-electronic interaction currently[when?] in development by researchers from Stanford University.[44] The technology is based on stretchable semiconductor materials (Elastronic). According to their article in Nature, the technology is composed of smart devices, screens, and a network of sensors that can be implanted into the body, woven into the skin or worn as clothes. It has been suggested, that this platform can potentially replace the smartphone in the future.[45]

Animal cyborgs
See also: Brain implant § Research and applications, Remote control animal, and § In the military

Remote-controlled rechargeable cyborg insects[46]
The US-based company Backyard Brains released what they refer to as the "world's first commercially available cyborg" called the RoboRoach. The project started as a senior design project for a University of Michigan biomedical engineering student in 2010,[47] and was launched as an available beta product on 25 February 2011.[48] The RoboRoach was officially released into production via a TED talk at the TED Global conference;[49] and via the crowdsourcing website Kickstarter in 2013,[50] the kit allows students to use microstimulation to momentarily control the movements of a walking cockroach (left and right) using a Bluetooth-enabled smartphone as the controller.

Other groups have developed cyborg insects, including researchers at North Carolina State University,[51][52] UC Berkeley,[53][54] and Nanyang Technological University, Singapore,[55][56] but the RoboRoach was the first kit available to the general public and was funded by the National Institute of Mental Health as a device to serve as a teaching aid to promote an interest in neuroscience.[49] Several animal welfare organizations including the RSPCA[57] and PETA[58] have expressed concerns about the ethics and welfare of animals in this project. In 2022, remote controlled cyborg cockroaches functional if moving (or moved) to sunlight for recharging were presented. They could be used e.g. for purposes of inspecting hazardous areas or quickly finding humans underneath hard-to-access rubbles at disaster sites.[59][60][46]

In the late 2010s, scientists created cyborg jellyfish using a microelectronic prosthetic that propels the animal to swim almost three times faster while using just twice the metabolic energy of their unmodified peers. The prosthetics can be removed without harming the jellyfish.[61][62]

Bacterial cyborg cells
A combination of synthetic biology, nanotechnology and materials science approaches have been used to create a few different iterations of bacterial cyborg cells.[63][64][65] These different types of mechanically enhanced bacteria are created with so called bionic manufacturing principles that combine natural cells with abiotic materials. In 2005, researchers from the Department of Chemical Engineering at the University of Nebraska, Lincoln created a super sensitive humidity sensor by coating the bacteria Bacillus cereus with gold nanoparticles, being the first to use a microorganism to make an electronic device and presumably the first cyborg bacteria or cellborg circuit.[66] Researchers from the Department of Chemistry at the University of California, Berkeley published a series of articles in 2016 describing the development of cyborg bacteria capable to harvest sunlight more efficiently than plants.[67] In the first study, the researchers induced the self-photosensitization of a nonphotosynthetic bacterium, Moorella thermoacetica, with cadmium sulfide nanoparticles, enabling the photosynthesis of acetic acid from carbon dioxide.[68] A follow-up article described the elucidation of the mechanism of semiconductor-to-bacterium electron transfer that allows the transformation of carbon dioxide and sunlight into acetic acid.[69] Scientists of the Department of Biomedical Engineering at the University of California, Davis and Academia Sinica in Taiwan, developed a different approach to create cyborg cells by assembling a synthetic hydrogel inside the bacterial cytoplasm of Escherichia. coli cells rendering them incapable of dividing and making them resistant to environmental factors, antibiotics and high oxidative stress.[70] The intracellular infusion of synthetic hydrogel provides these cyborg cells with an artificial cytoskeleton and their acquired tolerance makes them well placed to become a new class of drug-delivery systems positioned between classical synthetic materials and cell-based systems.
サイボーグ化の試み

アンテナ・インプラントを装着したサイボーグ、ニール・ハービッソン
オットー・ボック・ヘルスケアが開発したC-Legシステムは、怪我や病気で切断された人間の脚の代わりに使用される。同様のシステムは、スウェーデンの 整形外科企業であるインテグラム社によって開発されているOPRAインプラント・システムであり、切断された四肢の残りの部分の骨格にオッセオインテグ レーションによって外科的に固定され、統合される。 [同 社はe-OPRAを開発した。e-OPRAは、意志で動く上肢義肢システムで、義肢の指先にある圧力と温度のセンサーを使用して中枢神経系への感覚入力を 可能にする臨床試験で評価されている。 [24][25]C-Leg、e-OPRAインプラントシステム、iLimbのような義肢は、次世代の現実世界のサイボーグアプリケーションに向けた最初 の本格的なステップであると考える人もいる。

視覚科学では、先天的でない(後天的な)失明を治療するために、脳に直接インプラントを埋め込む方法が用いられてきた。視力回復のための実用的なブレイ ン・インターフェースを最初に考案した科学者の一人が、民間研究者のウィリアム・ドーベルである。ドベルの最初のプロトタイプは、1978年に成人後に失 明した男性 "ジェリー "に移植された。68個の電極を含むシングルアレイBCIがジェリーの視覚野に埋め込まれ、フォスフェーン(光が見える感覚)を作り出すことに成功した。 このシステムには、インプラントに信号を送るために眼鏡に取り付けられたカメラも含まれていた。当初、このインプラントによって、ジェリーは限られた視野 の中で、低いフレームレートで灰色の濃淡を見ることができた。このため、彼は2トンのメインフレームに接続する必要があったが、電子機器の小型化とコン ピュータの高速化により、彼の義眼はよりポータブルになり、現在では補助なしで簡単な作業を行うことができるようになった[26]。

1997年、科学者であり医師でもあるフィリップ・ケネディは、脳卒中を患ったベトナム帰還兵ジョニー・レイから、世界初の人間サイボーグを作った。レイ の身体は、医師が言うところの「閉じ込められた」状態だった。レイは昔の生活を取り戻したかったので、ケネディの実験に同意した。ケネディは自分が設計し たインプラント(「神経栄養電極」と名付けた)をレイの脳の負傷した部分の近くに埋め込み、レイが体の動きを取り戻せるようにした。手術は成功したが、 2002年にレイは死亡した[27]。

2002年、同じく成人後に失明したカナダのイェンス・ナウマンは、ドーベルの第2世代インプラントを受けた16人の有料患者の第1号となり、BCIの最 も早い商業利用のひとつとなった。第2世代の装置では、より洗練されたインプラントが使用され、フォスフェーンのコヒーレントビジョンへのマッピングが可 能になった。フォスフェーンは視野全体に広がり、研究者たちはこれを星夜効果と呼んでいる。移植直後、ナウマンは不完全に回復した視力を使って、研究所の 駐車場をゆっくり運転することができた[28]。

代替技術とは対照的に、2002年、イギリスの科学者ケビン・ワーウィックは、サイボーグ計画という名のもと、強化の可能性を調査するために、自分の神経 系をインターネットにリンクさせるために、100個の電極のアレイを自分の神経系に発射させた。これによりワーウィックは、神経系をインターネット上で拡 張してロボットハンドを制御し、指先からのフィードバックを受け取ってハンドの握力を制御するなどの一連の実験に成功した。これは感覚入力を拡張したもの である。その後、物体までの距離を遠隔で検出するために超音波入力を研究した。最後に、彼の妻の神経系にも電極を埋め込み、2人の人間の神経系間で初の直 接電子通信実験を行った[29][30]。

2004年以来、イギリスのアーティストであるニール・ハービッソンはサイボーグ・アンテナを頭部に埋め込んでおり、頭蓋骨の振動によって人間の視覚スペ クトルを超えた色の知覚を可能にしている[31]。彼のアンテナは2004年のパスポートの写真に含まれており、彼のサイボーグとしてのステータスを確認 するものだと主張されている[32]。 2012年にTEDGlobalで[33]、ハービッソンはソフトウェアと彼の脳が一体化し、彼に余分な感覚を与えたことに気づいたとき、彼はサイボーグ のように感じ始めたと説明した。 [33]ニール・ハービッソンはサイボーグ財団(2004年)の共同設立者であり[34]、2017年にトランス・スペシーズ協会を共同設立した。トラン ス・スペシーズ協会は、人間以外のアイデンティティを持つ個人に力を与え、ユニークな感覚や新しい器官を開発する決断を支援する団体である[35]。ニー ル・ハービッソンはサイボーグの権利を世界的に提唱している。

トロントを拠点とする映画監督ロブ・スペンスは、自らを現実の「EYEBORG」と称し、幼少期に祖父の農場で起きた射撃事故で右目をひどく損傷した。 [36]それから何年も経った2005年、彼は悪化の一途をたどり、今では技術的に失明している眼球を手術で摘出することを決意した[37]。その後、彼 はしばらくの間アイパッチをつけていたが、その後、代わりにカメラを取り付けるというアイデアでしばらく遊んだ後、ウェアラブル・コンピューティングとサ イボーグ技術の専門家であるマサチューセッツ工科大学のスティーブ・マン教授に連絡を取った[37]。

マンの指導の下、スペンスは36歳にして、義眼に装着可能な小型カメラのプロトタイプを完成させた。この義眼には、1.5mm2の低解像度ビデオカメラ、 小型の円形プリント基板、ワイヤレス・ビデオ・トランスミッター、そして3ボルトの充電式VARTAマイクロバッテリーが内蔵され、彼が見ているものすべ てを記録する。眼球は脳につながっておらず、視力は回復していない。さらにスペンスは、プロトタイプの1つのバージョンにレーザーのようなLEDライトも 取り付けている[38]。

さらに、多機能無線周波数識別(RFID)マイクロチップを手に注入したサイボーグが多数存在することが知られている。このチップを使えば、カードをスワ イプしたり、ドアを開けたり、ロックを解除したり、プリンターなどの機器を操作したり、暗号通貨を使うものでは、手を振るだけで飲み物などの商品を購入し たりすることができる[39][40][41][42][43]。

ボディネット
bodyNETは、スタンフォード大学の研究者が現在[いつ?]開発中の人間と電子の相互作用のアプリケーションである[44]。Nature』誌に掲載 された彼らの論文によると、この技術はスマート・デバイス、スクリーン、センサー・ネットワークで構成されており、身体に埋め込んだり、皮膚に織り込んだ り、衣服として着用したりすることができる。このプラットフォームは、将来スマートフォンに取って代わる可能性が示唆されている[45]。

動物サイボーグ
も参照: 脳インプラント§研究と応用、遠隔操作動物、および§軍隊における

遠隔操作可能な充電式サイボーグ昆虫[46]。
米国のBackyard Brains社は、「世界初の市販サイボーグ」としてRoboRoachを発表した。このプロジェクトは、2010年にミシガン大学の生物医学工学を専攻 する学生の卒業設計プロジェクトとして始まり[47]、2011年2月25日に利用可能なベータ版製品として発売された[48]。ロボローチは、TED GlobalカンファレンスでのTEDトークを通じて正式に製品化され[49]、2013年にはクラウドソーシングサイトKickstarterを通じて 発売された[50]。

ノースカロライナ州立大学[51][52]、カリフォルニア大学バークレー校[53][54]、シンガポールの南洋理工大学[55][56]の研究者を含 む他のグループもサイボーグ昆虫を開発しているが、ロボローチは一般に入手可能な最初のキットであり、神経科学への関心を高めるための教材として国立精神 衛生研究所から資金提供を受けた。 [49] RSPCA[57]やPETA[58]を含むいくつかの動物愛護団体は、このプロジェクトにおける動物の倫理と福祉について懸念を表明している。2022 年には、充電のために太陽光の下で動けば(動かせば)機能する遠隔操作のサイボーグ・ゴキブリが発表された。このゴキブリは、例えば、危険区域の点検や、 災害現場において立ち入ることが困難な瓦礫の下にいる人間を素早く発見する目的などで使用される可能性がある[59][60][46]。

2010年代後半、科学者たちは、マイクロ電子義肢を使用してサイボーグ・クラゲを作成した。この義肢は、未改造のクラゲの2倍の代謝エネルギーを使用す るだけで、ほぼ3倍の速さで泳ぐことができる。この人工装具は、クラゲを傷つけることなく取り外すことができる[61][62]。

細菌サイボーグ細胞
合成生物学、ナノテクノロジー、材料科学のアプローチの組み合わせは、細菌サイボーグ細胞のいくつかの異なる反復を作成するために使用されている[63] [64][65]。これらの異なるタイプの機械的に強化された細菌は、自然の細胞とアビオティック材料を組み合わせた、いわゆるバイオニック製造原理で作 成されている。2005年、ネブラスカ大学リンカーン校化学工学科の研究者たちは、セレウス菌に金ナノ粒子をコーティングして超高感度湿度センサーを作成 した。 [66]カリフォルニア大学バークレー校化学部の研究者たちは、植物よりも効率的に太陽光を利用できるサイボーグ細菌の開発について述べた一連の論文を 2016年に発表した[67]。最初の研究では、研究者たちは非光合成細菌であるムーレラ・サーモアセチカの自己光増感を硫化カドミウムナノ粒子で誘導 し、二酸化炭素から酢酸の光合成を可能にした。 [カリフォルニア大学デービス校バイオメディカル工学科と台湾の中央研究院の科学者たちは、大腸菌の細胞質内に合成ヒドロゲルを組み込んでサイボーグ細胞 を作るという異なるアプローチを開発した。合成ハイドロゲルの細胞内注入により、これらのサイボーグ細胞は人工細胞骨格を獲得し、その獲得された耐性によ り、古典的な合成物質と細胞ベースのシステムの中間に位置する新しいクラスの薬物送達システムとなる。
Telemedicine
In medicine, there are two important and different types of cyborgs: the restorative and the enhanced. Restorative technologies "restore lost function, organs, and limbs."[71] The key aspect of restorative cyborgization is the repair of broken or missing processes to revert to a healthy or average level of function. There is no enhancement to the original faculties and processes that were lost.

On the contrary, the enhanced cyborg "follows a principle, and it is the principle of optimal performance: maximising output (the information or modifications obtained) and minimising input (the energy expended in the process)".[72] Thus, the enhanced cyborg intends to exceed normal processes or even gain new functions that were not originally present.

Although prostheses in general supplement lost or damaged body parts with the integration of a mechanical artifice, bionic implants in medicine allow model organs or body parts to mimic the original function more closely. Michael Chorost wrote a memoir of his experience with cochlear implants, or bionic ears, titled Rebuilt: How Becoming Part Computer Made Me More Human.[73] Jesse Sullivan became one of the first people to operate a fully robotic limb through a nerve-muscle graft, enabling him a complex range of motions beyond that of previous prosthetics.[74] By 2004, a fully functioning artificial heart was developed.[75] The continued technological development of bionic and (bio-)nanotechnologies begins to raise the question of enhancement, and of the future possibilities for cyborgs which surpass the original functionality of the biological model. The ethics and desirability of "enhancement prosthetics" have been debated; their proponents include the transhumanist movement, with its belief that new technologies can assist the human race in developing beyond its present, normative limitations such as aging and disease, as well as other, more general inabilities, such as limitations on speed, strength, endurance, and intelligence. Opponents of the concept describe what they believe to be biases which propel the development and acceptance of such technologies; namely, a bias towards functionality and efficiency that may compel assent to a view of human people which de-emphasizes as defining characteristics actual manifestations of humanity and personhood, in favor of definition in terms of upgrades, versions, and utility.[76][77]

A brain–computer interface, or BCI, provides a direct path of communication from the brain to an external device, effectively creating a cyborg. Research into invasive BCIs, which utilize electrodes implanted directly into the grey matter of the brain, has focused on restoring damaged eyesight in the blind and providing functionality to paralyzed people, most notably those with severe cases, such as locked-in syndrome. This technology could enable people who are missing a limb or are in a wheelchair the power to control the devices that aid them through neural signals sent from the brain implants directly to computers or the devices. It is possible that this technology will also eventually be used with healthy people.[78]

Deep brain stimulation is a neurological surgical procedure used for therapeutic purposes. This process has aided in treating patients diagnosed with Parkinson's disease, Alzheimer's disease, Tourette syndrome, epilepsy, chronic headaches, and mental disorders. After the patient is unconscious, through anesthesia, brain pacemakers or electrodes, are implanted into the region of the brain where the cause of the disease is present. The region of the brain is then stimulated by bursts of electric current to disrupt the oncoming surge of seizures. Like all invasive procedures, deep brain stimulation may put the patient at a higher risk. However, there have been more improvements in recent years with deep brain stimulation than any available drug treatment.[79]

Retinal implants are another form of cyborgization in medicine. The theory behind retinal stimulation to restore vision to people suffering from retinitis pigmentosa and vision loss due to aging (conditions in which people have an abnormally low number of retinal ganglion cells) is that the retinal implant and electrical stimulation would act as a substitute for the missing ganglion cells (cells which connect the eye to the brain).

While work to perfect this technology is still being done, there have already been major advances in the use of electronic stimulation of the retina to allow the eye to sense patterns of light. A specialized camera is worn by the subject, such as on the frames of their glasses, which converts the image into a pattern of electrical stimulation. A chip located in the user's eye would then electrically stimulate the retina with this pattern by exciting certain nerve endings which transmit the image to the optic centers of the brain and the image would then appear to the user. If technological advances proceed as planned, this technology may be used by thousands of blind people and restore vision to most of them.

A similar process has been created to aid people who have lost their vocal cords. This experimental device would do away with previously used robotic-sounding voice simulators. The transmission of sound would start with a surgery to redirect the nerve that controls the voice and sound production to a muscle in the neck, where a nearby sensor would be able to pick up its electrical signals. The signals would then move to a processor which would control the timing and pitch of a voice simulator. That simulator would then vibrate producing a multi-tonal sound that could be shaped into words by the mouth.[80]

An article published in Nature Materials in 2012 reported research on "cyborg tissues" (engineered human tissues with embedded three-dimensional mesh of nanoscale wires), with possible medical implications.[81]

In 2014, researchers from the University of Illinois at Urbana–Champaign and Washington University in St. Louis had developed a device that could keep a heart beating endlessly. By using 3D printing and computer modeling, these scientists developed an electronic membrane that could successfully replace pacemakers. The device utilizes a "spider-web like network of sensors and electrodes" to monitor and maintain a normal heart rate with electrical stimuli. Unlike traditional pacemakers that are similar from patient to patient, the elastic heart glove is made custom by using high-resolution imaging technology. The first prototype was created to fit a rabbit's heart, operating the organ in an oxygen and nutrient-rich solution. The stretchable material and circuits of the apparatus were first constructed by Professor John A. Rogers in which the electrodes are arranged in an s-shape design to allow them to expand and bend without breaking. Although the device is only currently used as a research tool to study changes in heart rate, in the future the membrane may serve as a safeguard against heart attacks.[82]

Automated insulin delivery systems, colloquially also known as the "artificial pancreas", are a substitute for the lack of natural insulin production by the body, most notably in Type 1 diabetes. Currently available systems combine a continuous glucose monitor with an insulin pump that can be remote controlled, forming a control loop that automatically adjusts the insulin dosage depending on the current blood glucose level. Examples of commercial systems that implement such a control loop are the MiniMed 670G from Medtronic[83] and the t:slim x2 from Tandem Diabetes Care.[84] Do-it-yourself artificial pancreas technologies also exist, though these are not verified or approved by any regulatory agency.[85] Upcoming next-generation artificial pancreas technologies include automatic glucagon infusion in addition to insulin, to help prevent hypoglycemia and improve efficiency. One example of such a bi-hormonal system is the Beta Bionics iLet.[86]

In the military
See also: § Animal cyborgs, and Supersoldier
Military organizations' research has recently focused on the utilization of cyborg animals for the purposes of a supposed tactical advantage. DARPA has announced its interest in developing "cyborg insects" to transmit data from sensors implanted into the insect during the pupa stage. The insect's motion would be controlled from a microelectromechanical system (MEMS) and could conceivably survey an environment or detect explosives and gas.[87] Similarly, DARPA is developing a neural implant to remotely control the movement of sharks. The shark's unique senses would then be exploited to provide data feedback in relation to enemy ship movement or underwater explosives.[88]

In 2006, researchers at Cornell University invented[89] a new surgical procedure to implant artificial structures into insects during their metamorphic development.[90][91] The first insect cyborgs, moths with integrated electronics in their thorax, were demonstrated by the same researchers.[92][93] The initial success of the techniques has resulted in increased research and the creation of a program called Hybrid-Insect-MEMS (HI-MEMS). Its goal, according to DARPA's Microsystems Technology Office, is to develop "tightly coupled machine-insect interfaces by placing micro-mechanical systems inside the insects during the early stages of metamorphosis."[94]

The use of neural implants has recently been attempted, with success, on cockroaches. Surgically applied electrodes were put on the insect, which was remotely controlled by a human. The results, although sometimes different, basically showed that the cockroach could be controlled by the impulses it received through the electrodes. DARPA is now funding this research because of its obvious beneficial applications to the military and other areas[95]

In 2009 at the Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE) MEMS conference in Italy, researchers demonstrated the first "wireless" flying-beetle cyborg.[96] Engineers at the University of California, Berkeley, have pioneered the design of a "remote-controlled beetle", funded by the DARPA HI-MEMS Program.[97] This was followed later that year by the demonstration of wireless control of a "lift-assisted" moth-cyborg.[98]

Eventually researchers plan to develop HI-MEMS for dragonflies, bees, rats, and pigeons.[99][100] For the HI-MEMS cybernetic bug to be considered a success, it must fly 100 metres (330 ft) from a starting point, guided via computer into a controlled landing within 5 metres (16 ft) of a specific end point. Once landed, the cybernetic bug must remain in place.[99]

In 2020, an article published in Science Robotics[101] by researchers at the University of Washington reported a mechanically steerable wireless camera attached to beetles.[102] Miniature cameras weighing 248 mg were attached to live beetles of the Tenebrionid genera Asbolus and Eleodes. The camera wirelessly streamed video to a smartphone via Bluetooth for up to 6 hours and the user could remotely steer the camera to achieve a bug's-eye view.[103]

In sports
See also: Cybathlon and Paralympic Games
In 2016, Cybathlon became the first cyborg 'Olympics'; celebrated in Zurich, Switzerland, it was the first worldwide and official celebration of cyborg sports. In this event, 16 teams of people with disabilities used technological developments to turn themselves into cyborg athletes. There were 6 different events and its competitors used and controlled advanced technologies such as powered prosthetic legs and arms, robotic exoskeletons, bikes, and motorized wheelchairs.[104]

This was already a remarkable improvement, as it allowed disabled people to compete and showed the several technological enhancements that are already making a difference; however, it showed that there is still a long way to go. For instance, the exoskeleton race still required its participants to stand up from a chair and sit down, navigate a slalom and other simple activities such as walking over stepping stones and climbing up and down stairs. Despite the simplicity of these activities, 8 of the 16 teams that participated in the event drop off before the start.[105]

Nonetheless, one of the main goals of this event and such simple activities is to show how technological enhancements and advanced prosthetics can make a difference in people's lives. The next Cybathlon that was expected to occur in 2020, was cancelled due to the coronavirus pandemic.


遠隔医療
医学においては、修復型サイボーグと強化型サイボーグという2つの重要かつ異なるタイプのサイボーグが存在する。修復技術は「失われた機能、臓器、手足を 回復させる」ものである[71]。修復サイボーグ化の重要な側面は、壊れたり欠けたりしたプロセスを修復して、健康なレベルや平均的なレベルの機能に戻す ことである。失われた元の能力やプロセスを強化することはない。

それどころか、強化サイボーグは「ある原則に従う。それは、出力(得られる情報や修正)を最大化し、入力(プロセスで消費されるエネルギー)を最小化する という、最適性能の原則である」[72]。したがって、強化サイボーグは、通常のプロセスを超える、あるいは元々存在しなかった新たな機能を獲得すること を意図している。

一般に人工関節は、機械的な人工物の統合によって、失われたり損傷したりした身体部位を補うものであるが、医療におけるバイオニック・インプラントは、モ デルとなる臓器や身体部位を元の機能により近い形で模倣することを可能にする。マイケル・チョロストは『Rebuilt』というタイトルで、人工内耳(バ イオニック・イヤー)の体験記を書いている: ジェシー・サリバンは、神経と筋肉の移植によって完全にロボット化された手足を操作できるようになった最初の人物の一人となり、それまでの義肢を超える複 雑な動作範囲を可能にした[74]。 2004年までに、完全に機能する人工心臓が開発された[75]。バイオニック・テクノロジーと(バイオ)ナノテクノロジーの継続的な技術開発は、強化の 問題、そして生物学的モデルの本来の機能を超えるサイボーグの将来の可能性を提起し始める。強化義体」の倫理と望ましいあり方については議論がなされてき た。その支持者にはトランスヒューマニズム運動が含まれ、その信念のもと、新技術は人類が老化や病気といった現在の規範的な限界や、スピード、強さ、持久 力、知性の限界といった、より一般的な能力を超えた発展を遂げるのを助けることができると考えられている。すなわち、アップグレード、バージョンアップ、 ユーティリティの観点から定義することを優先し、人間性や人間らしさの実際の発現を定義的な特徴として強調しない人間観に同意せざるを得ないかもしれない 機能性や効率性への偏りである[76][77]。

ブレイン・コンピュータ・インターフェイス(BCI)は、脳から外部機器への直接的な通信経路を提供し、事実上サイボーグを作り出す。脳の灰白質に直接埋 め込まれた電極を利用する侵襲的BCIの研究は、目の不自由な人の損傷した視力を回復させたり、麻痺した人(特に閉じ込め症候群のような重症の人)に機能 を提供したりすることに重点を置いている。この技術によって、四肢を失った人や車椅子に乗っている人が、脳インプラントからコンピューターや機器に直接送 られる神経信号によって、自分を補助する機器をコントロールできるようになる可能性がある。この技術はいずれ健常者にも使用される可能性がある[78]。

脳深部刺激は、治療目的で使用される神経学的な外科手術である。この方法は、パーキンソン病、アルツハイマー病、トゥレット症候群、てんかん、慢性頭痛、 精神障害と診断された患者の治療に役立っている。麻酔で患者の意識を失った後、脳のペースメーカーや電極を病気の原因となっている脳の部位に埋め込む。そ の後、脳のその部位にバースト電流を流して刺激し、発作の急増を阻止する。他の侵襲的治療と同様、脳深部刺激療法は患者にとってリスクが高い。しかし、脳 深部刺激療法は、薬物による治療法よりも近年改善が見られている [79] 。

網膜インプラントは、医療におけるサイボーグ化のもう一つの形態である。網膜色素変性症や加齢による視力低下(網膜神経節細胞の数が異常に少ない状態)を 患う人々の視力を回復させるための網膜刺激の理論は、網膜インプラントと電気刺激が、欠損した神経節細胞(眼球と脳をつなぐ細胞)の代用として機能すると いうものである。

この技術を完成させるための研究はまだ行われているが、網膜に電子刺激を与え、眼球が光のパターンを感知できるようにする方法はすでに大きな進歩を遂げて いる。専用のカメラをメガネのフレームなどに装着し、画像を電気刺激のパターンに変換する。そして、ユーザーの眼球にあるチップが、特定の神経終末を興奮 させることによって、このパターンで網膜を電気的に刺激し、脳の視中枢に画像を伝達し、ユーザーに画像が表示される。技術の進歩が計画通りに進めば、この 技術は何千人もの盲人に使用され、そのほとんどに視力が回復するかもしれない。

同様のプロセスは、声帯を失った人々を助けるために作られた。この実験的な装置は、これまで使われていたロボット音のボイス・シミュレーターを廃止するも のだ。音の伝達は、声と音の発生をコントロールする神経を首の筋肉に向かわせる手術から始まる。その信号は、音声シミュレーターのタイミングとピッチを制 御するプロセッサーに送られる。そして、そのシミュレーターは振動し、口によって言葉に形を変えることができる多音の音を生成する[80]。

2012年に『Nature Materials』誌に掲載された論文では、「サイボーグ組織」(ナノスケールのワイヤーの3次元メッシュが埋め込まれた人工の人体組織)に関する研究が報告されており、医学的な意味合いがある可能性がある[81]。

2014年には、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校とワシントン大学セントルイス校の研究者が、心臓の鼓動を無限に維持できる装置を開発していた。 3Dプリンティングとコンピューターモデリングを用いて、これらの科学者たちはペースメーカーに取って代わる電子膜を開発した。この装置は「クモの巣のよ うなセンサーと電極のネットワーク」を利用し、電気刺激によって心拍数をモニターし、正常に保つ。従来のペースメーカーが患者ごとに類似しているのとは異 なり、伸縮性のある心臓グローブは高解像度の画像技術を用いてカスタムメイドされる。最初のプロトタイプは、ウサギの心臓にフィットするように作られ、酸 素と栄養が豊富な溶液の中で臓器を操作する。この装置の伸縮素材と回路は、ジョン・A・ロジャース教授によって初めて作られたもので、電極がS字型に配置 され、折れることなく伸びたり曲がったりできるようになっている。この装置は現在、心拍数の変化を研究するためのツールとしてのみ使用されているが、将来 的にはこの膜が心臓発作に対する安全装置として機能するかもしれない[82]。

自動インスリン分泌システムは、俗に「人工膵臓」とも呼ばれ、1型糖尿病に代表される、体内での自然なインスリン分泌の不足を補うものである。現在利用可 能なシステムは、連続グルコースモニターと遠隔操作可能なインスリンポンプを組み合わせ、現在の血糖値に応じてインスリン投与量を自動的に調整する制御 ループを形成する。このような制御ループを実現する市販システムの例としては、Medtronic社のMiniMed 670G[83]やTandem Diabetes Care社のt:slim x2がある[84]。 Do-it-yourself人工膵臓技術も存在するが、これらはどの規制機関によっても検証または承認されていない[85]。このようなバイホルモンシ ステムの一例として、ベータ・バイオニクスのiLetがある[86]。

軍隊では
以下も参照: § 動物サイボーグ、スーパーソルジャー
軍事組織の研究は最近、想定される戦術的優位性の目的でサイボーグ動物の活用に焦点を当てている。DARPAは、サナギの段階で昆虫に埋め込まれたセン サーからデータを送信する「サイボーグ昆虫」の開発に関心があることを発表した。この昆虫の動きは、微小電気機械システム(MEMS)から制御され、環境 調査や爆発物やガスの検知を行うことも考えられる[87]。同様にDARPAは、サメの動きを遠隔操作するための神経インプラントを開発している。そし て、サメ特有の感覚を利用して、敵船の動きや水中爆発物に関するデータフィードバックを提供する[88]。

2006年、コーネル大学の研究者たちは、昆虫の変態発生中に人工構造を移植する新しい外科手術を発明した[89][90][91]。 最初の昆虫サイボーグである、胸部に電子機器を内蔵した蛾は、同じ研究者たちによって実演された[92][93]。DARPAのマイクロシステム技術局に よれば、その目標は「変態の初期段階にある昆虫の内部にマイクロ機械システムを配置することで、緊密に結合した機械と昆虫のインターフェイス」を開発する ことである[94]。

神経インプラントの使用は、最近ゴキブリで試みられ、成功した。外科的に電極を貼り付け、それを人間が遠隔操作する。その結果、時には異なることもあった が、基本的にゴキブリは電極を通して受け取ったインパルスによってコントロールできることが示された。DARPAは現在、軍事やその他の分野への応用が明 らかに有益であるとして、この研究に資金を提供している[95]。

2009年、イタリアで開催された電気電子学会(IEEE)のMEMS会議において、研究者たちは初の「ワイヤレス」飛行甲虫サイボーグを実演した [96]。カリフォルニア大学バークレー校のエンジニアたちは、DARPAのHI-MEMSプログラムの資金提供を受け、「遠隔操作甲虫」の設計の先駆者 となった[97]。

最終的に研究者たちは、トンボ、ハチ、ネズミ、ハト用のHI-MEMSの開発を計画している[99][100]。HI-MEMSサイバネティック・バグが 成功と見なされるためには、出発点から100メートル(330フィート)飛び、コンピュータを介して特定の終点から5メートル(16フィート)以内に制御 された着陸地点に誘導されなければならない。一度着陸したら、サイバネティック・バグはその場に留まらなければならない[99]。

2020年、ワシントン大学の研究者によるScience Robotics誌に掲載された論文[101]は、甲虫に取り付けられた機械的に操縦可能な無線カメラを報告している[102]。このカメラは、 Bluetooth経由でスマートフォンに最大6時間ワイヤレスで映像をストリーミングし、ユーザーはカメラを遠隔操作して虫の目線になることができた [103]。

スポーツ
こちらも参照: サイバスロンとパラリンピック競技大会
2016年、サイバスロンは初のサイボーグ「オリンピック」となった。スイスのチューリッヒで開催されたこの大会は、サイボーグスポーツの初の世界的かつ 公式な祭典となった。スイスのチューリッヒで開催されたこの大会は、サイボーグ・スポーツの世界的かつ公式な最初の祭典となった。この大会では、16の障 害者チームが技術開発によってサイボーグ選手に変身した。6つの異なる競技が行われ、競技者は、動力付きの義足や義手、ロボット型外骨格、自転車、電動車 椅子などの先進技術を使用し、制御した[104]。

障害者が競技に参加できるようになり、すでに違いを生み出しているいくつかの技術強化が示されたことで、これはすでに目覚ましい改善であった。例えば、こ の外骨格レースでは、参加者はまだ椅子から立ち上がり、座ったり、スラロームを移動したり、飛び石の上を歩いたり、階段を昇り降りしたりといった単純な動 作が要求された。これらの活動が単純であるにもかかわらず、イベントに参加した16チームのうち8チームがスタート前に脱落した[105]。

それにもかかわらず、このイベントやこのような単純な活動の主な目的の1つは、技術的な強化や高度な義肢装具が人々の生活にどのような変化をもたらすこと ができるかを示すことである。2020年に開催が予定されていた次回のサイバスロン大会は、コロナウィルスの大流行により中止となった。
In art
See also: Artificial intelligence art

Cyborg artist Moon Ribas, founder of the Cyborg Foundation performing with her seismic sense implant at TED (2016)
The concept of the cyborg is often associated with science fiction. However, many artists have incorporated and reappropriated the idea of cybernetic organisms into their work, using disparate aesthetics and often realising actual cyborg constructs; their works range from performances, to paintings and installations. Some of the pioneering artists who created such works are H. R. Giger, Stelarc, Orlan, Shu Lea Cheang, Lee Bul, Tim Hawkinson, Steve Mann, Patricia Piccinini. More recently, this type of artistic practice has been expanded upon by artists such as Marco Donnarumma, Wafaa Bilal, Neil Harbisson, Moon Ribas, Manel De Aguas and Quimera Rosa.

Stelarc is a performance artist who has visually probed and acoustically amplified his body. He uses medical instruments, prosthetics, robotics, virtual reality systems, the Internet and biotechnology to explore alternate, intimate and involuntary interfaces with the body. He has made three films of the inside of his body and has performed with a third hand and a virtual arm. Between 1976 and 1988 he completed 25 body suspension performances with hooks into the skin. For 'Third Ear', he surgically constructed an extra ear within his arm that was internet-enabled, making it a publicly accessible acoustical organ for people in other places.[106] He is presently performing as his avatar from his second life site.[107]

Tim Hawkinson promotes the idea that bodies and machines are coming together as one, where human features are combined with technology to create the Cyborg. Hawkinson's piece Emoter presented how society is now dependent on technology.[108]

Marco Donnarumma is a performance artist and new media artist. In his work the body becomes a morphing language to speak critically of ritual, power and technology. For his "7 Configurations" cycle, between 2014-2019, he engineered and created six AI prostheses, each embodying an uncanny configuration of the machinic with the organic.[109] The prostheses - designed together with a team of artists and scientists - are useless prostheses, paradoxical objects designed for the body, but not to enhance it, rather to subtract functions from it: a skin-cutting robot with a steel metal knife, a facial prosthesis which blocks the wearer’s gaze with a mechanical arm, and two robotic spines that function as additional limbs without a body. The prostheses have been created to act as performers with their own agency, that is, to interact with their human partners without being controlled externally. The machines are embedded with biomimetic neural networks, information processing algorithms inspired by the biological nervous system of mammals. Developed by Donnarumma in collaboration with the Neurorobotics Research Laboratory (DE), these neural networks endow the machines with artificial cognitive and sensorimotor skills.[110]

Wafaa Bilal is an Iraqi-American performance artist who had a small 10-megapixel digital camera surgically implanted into the back of his head, part of a project entitled 3rd I.[111] For one year, beginning 15 December 2010, an image was captured once per minute 24 hours a day and streamed live to www.3rdi.me and the Mathaf: Arab Museum of Modern Art. The site also displays Bilal's location via GPS. Bilal says that the reason why he put the camera in the back of the head was to make an "allegorical statement about the things we don't see and leave behind."[112] As a professor at NYU, this project raised privacy issues, and so Bilal was asked to ensure that his camera did not take photographs in NYU buildings.[112]

Machines are becoming more ubiquitous in the artistic process itself, with computerized drawing pads replacing pen and paper, and drum machines becoming nearly as popular as human drummers. Composers such as Brian Eno have developed and utilized software that can build entire musical scores from a few basic mathematical parameters.[113]

Scott Draves is a generative artist whose work is explicitly described as a "cyborg mind". His Electric Sheep project generates abstract art by combining the work of many computers and people over the internet.[114]

Artists as cyborgs
Artists have explored the term cyborg from a perspective involving imagination. Some work to make an abstract idea of technological and human-bodily union apparent to reality in an art form utilizing varying mediums, from sculptures and drawings to digital renderings. Artists who seek to make cyborg-based fantasies a reality often call themselves cyborg artists, or may consider their artwork "cyborg". How an artist or their work may be considered cyborg will vary depending upon the interpreter's flexibility with the term.

Scholars that rely upon a strict, technical description of a cyborg, often going by Norbert Wiener's cybernetic theory and Manfred E. Clynes and Nathan S. Kline's first use of the term, would likely argue that most cyborg artists do not qualify to be considered cyborgs.[115] Scholars considering a more flexible description of cyborgs may argue it incorporates more than cybernetics.[116] Others may speak of defining subcategories, or specialized cyborg types, that qualify different levels of cyborg at which technology influences an individual. This may range from technological instruments being external, temporary, and removable to being fully integrated and permanent.[117] Nonetheless, cyborg artists are artists. Being so, it can be expected for them to incorporate the cyborg idea rather than a strict, technical representation of the term,[118] seeing how their work will sometimes revolve around other purposes outside of cyborgism.[115]

In body modification
As medical technology becomes more advanced, some techniques and innovations are adopted by the body modification community. While not yet cyborgs in the strict definition of Manfred Clynes and Nathan Kline, technological developments like implantable silicon silk electronics,[119] augmented reality[120] and QR codes[121] are bridging the disconnect between technology and the body. Hypothetical technologies such as digital tattoo interfaces[122][123] would blend body modification aesthetics with interactivity and functionality, bringing a transhumanist way of life into present day reality.

In addition, it is quite plausible for anxiety expression to manifest. Individuals may experience pre-implantation feelings of fear and nervousness. To this end, individuals may also embody feelings of uneasiness, particularly in a socialized setting, due to their post-operative, technologically augmented bodies, and mutual unfamiliarity with the mechanical insertion. Anxieties may be linked to notions of otherness or a cyborged identity.[124]

In space
Sending humans to space is a dangerous task in which the implementation of various cyborg technologies could be used in the future for risk mitigation.[125] Stephen Hawking, a renowned physicist, stated "Life on Earth is at the ever-increasing risk of being wiped out by a disaster such as sudden global warming, nuclear war... I think the human race has no future if it doesn't go into space." The difficulties associated with space travel could mean it might be centuries before humans ever become a multi-planet species.[citation needed] There are many effects of spaceflight on the human body. One major issue of space exploration is the biological need for oxygen. If this necessity was taken out of the equation, space exploration would be revolutionized. A theory proposed by Manfred E. Clynes and Nathan S. Kline is aimed at tackling this problem. The two scientists theorized that the use of an inverse fuel cell that is "capable of reducing CO2 to its components with the removal of the carbon and re-circulation of the oxygen..."[126] could make breathing unnecessary. Another prominent issue is radiation exposure. Yearly, the average human on earth is exposed to approximately 0.30 rem of radiation, while an astronaut aboard the International Space Station for 90 days is exposed to 9 rem.[127] To tackle the issue, Clynes and Kline theorized a cyborg containing a sensor that would detect radiation levels and a Rose osmotic pump "which would automatically inject protective pharmaceuticals in appropriate doses." Experiments injecting these protective pharmaceuticals into monkeys have shown positive results in increasing radiation resistance.[126]

Although the effects of spaceflight on our bodies are an important issue, the advancement of propulsion technology is just as important. With our current technology, it would take us about 260 days to get to Mars.[128] A study backed by NASA proposes an interesting way to tackle this issue through deep sleep, or torpor. With this technique, it would "reduce astronauts' metabolic functions with existing medical procedures."[129] So far experiments have only resulted in patients being in torpor state for one week. Advancements to allow for longer states of deep sleep would lower the cost of the trip to Mars as a result of reduced astronaut resource consumption.

In cognitive science
See also: Neuroenhancement
Theorists such as Andy Clark suggest that interactions between humans and technology result in the creation of a cyborg system. In this model, cyborg is defined as a part-biological, part-mechanical system that results in the augmentation of the biological component and the creation of a more complex whole. Clark argues that this broadened definition is necessary to an understanding of human cognition. He suggests that any tool which is used to offload part of a cognitive process may be considered the mechanical component of a cyborg system. Examples of this human and technology cyborg system can be very low tech and simplistic, such as using a calculator to perform basic mathematical operations or pen and paper to make notes, or as high tech as using a personal computer or phone. According to Clark, these interactions between a person and a form of technology integrate that technology into the cognitive process in a way that is analogous to the way that a technology that would fit the traditional concept of cyborg augmentation becomes integrated with its biological host. Because all humans in some way use technology to augment their cognitive processes, Clark comes to the conclusion that we are "natural-born cyborgs."[130] Professor Donna Haraway also theorizes that people, metaphorically or literally, have been cyborgs since the late twentieth century. If one considers the mind and body as one, much of humanity is aided with technology in almost every way, which hybridizes humans with technology.[131]
アート
も参照してください: 人工知能アート

サイボーグ財団の創設者であるサイボーグ・アーティストのムーン・リバスが、TEDで地震感覚インプラントを使ったパフォーマンスを披露(2016年)
サイボーグのコンセプトは、しばしばSFと結び付けられる。しかし、多くのアーティストがサイバネティック・オーガニズムのアイデアを作品に取り入れ、再 利用し、異質な美学を用い、しばしば実際のサイボーグ構築物を実現してきた。こうした作品を制作した先駆的なアーティストには、H・R・ギーガー、ステ ラーク、オーラン、シュウ・リー・チャン、リー・ブル、ティム・ホーキンソン、スティーブ・マン、パトリシア・ピッチニーニなどがいる。さらに最近では、 マルコ・ドンナルンマ、ワファア・ビラル、ニール・ハービッソン、ムーン・リバス、マネル・デ・アグアス、キメラ・ロサといったアーティストたちによっ て、この種の芸術的実践が拡大されている。

ステラークは、自分の身体を視覚的に探り、音響的に増幅させるパフォーマンス・アーティストである。医療器具、義肢、ロボット工学、バーチャル・リアリ ティ・システム、インターネット、バイオテクノロジーを駆使し、身体との代替的、親密で不随意的なインタフェースを探求している。これまでに3本の体内映 像を制作し、3本目の手やバーチャルアームを使ったパフォーマンスも行っている。1976年から1988年の間に、皮膚にフックを刺した25のボディ・サ スペンション・パフォーマンスを完成させた。Third Ear(第三の耳)』では、手術によって腕の中にインターネットに接続可能な耳を作り、他の場所にいる人々が一般にアクセス可能な音響器官とした [106]。現在、彼はセカンド・ライフ・サイトのアバターとしてパフォーマンスを行っている[107]。

ティム・ホーキンソンは、身体と機械が一体化し、人間の特徴がテクノロジーと組み合わされてサイボーグが誕生するという考えを推進している。ホーキンソンの作品『Emoter』は、社会がいかにテクノロジーに依存しているかを提示した[108]。

マルコ・ドンナルンマはパフォーマンス・アーティストであり、ニューメディア・アーティストである。彼の作品では、身体は儀式、権力、テクノロジーを批判 的に語るためのモーフィング言語となる。2014年から2019年にかけての "7 Configurations "サイクルのために、彼は6つのAI義肢を設計・制作し、それぞれが機械的なものと有機的なものとの不気味な構成を具現化した。 [109]アーティストや科学者のチームと共にデザインされたこれらの義肢は、役に立たない義肢であり、身体のためにデザインされた逆説的なオブジェであ るが、身体を強化するためではなく、むしろ身体から機能を引き離すためのものである。これらの義肢は、それ自体が主体性を持つパフォーマーとして、つまり 外部から制御されることなく人間のパートナーと相互作用するように作られている。この機械には、哺乳類の生物学的神経系から着想を得た情報処理アルゴリズ ムであるバイオミメティック・ニューラル・ネットワークが組み込まれている。ドナルンマがニューロロボティクス研究所(DE)と共同で開発したこのニュー ラルネットワークは、マシンに人工的な認知能力と感覚運動能力を与える[110]。

ワファー・ビラルはイラク系アメリカ人のパフォーマンス・アーティストで、「3rd I」と題されたプロジェクトの一環として、10メガピクセルの小型デジタルカメラを後頭部に外科手術で埋め込んだ[111]。2010年12月15日から 1年間、1日24時間、1分間に1回画像が撮影され、www.3rdi.me、マトハフにライブストリーミングされた: アラブ近代美術館。このサイトには、GPSでビラルの居場所も表示される。ビラルによれば、後頭部にカメラを設置した理由は、「見えないもの、置き去りに するものについての寓話的な声明」を出すためだったという[112]。ニューヨーク大学の教授として、このプロジェクトはプライバシーの問題を提起したた め、ビラルは彼のカメラがニューヨーク大学の建物内で写真を撮らないようにするよう求められた[112]。

コンピュータ化されたドローイング・パッドがペンと紙に取って代わり、ドラム・マシンが人間のドラマーとほぼ同等の人気を得るようになるなど、機械は芸術 的プロセスそのものにおいて、よりユビキタスになってきている。ブライアン・イーノなどの作曲家は、いくつかの基本的な数学的パラメーターから楽譜全体を 構築できるソフトウェアを開発し、活用している[113]。

スコット・ドレイヴスはジェネレイティブ・アーティストであり、その作品は「サイボーグ・マインド」として明確に表現されている。彼のElectric Sheepプロジェクトは、インターネット上で多くのコンピュータや人々の作品を組み合わせることによって抽象芸術を生成する[114]。

サイボーグとしてのアーティスト
アーティストたちは、想像力を伴う観点からサイボーグという言葉を探求してきた。彫刻やドローイングからデジタル・レンダリングに至るまで、さまざまな媒 体を駆使して、テクノロジーと人間の身体的結合という抽象的なアイデアをアートの形で現実に顕在化させようとするアーティストもいる。サイボーグをベース にした空想を現実にしようとするアーティストは、しばしば自らをサイボーグ・アーティストと呼んだり、自分の作品を「サイボーグ」と考えたりする。アー ティストやその作品をサイボーグとみなすかどうかは、この用語に対する解釈者の柔軟性によって変わってくる。

多くの場合、ノーバート・ウィーナーのサイバネティック理論や、マンフレッド・E・クラインズとネイサン・S・クラインによるこの用語の最初の使用によっ て、サイボーグの厳密で技術的な説明に依存している学者は、ほとんどのサイボーグ・アーティストはサイボーグと見なされる資格がないと主張するだろう。 [サイボーグについてより柔軟な記述を考えている学者は、サイバネティクス以上のものを含んでいると主張するかもしれない[116]。これは、技術的な道 具が外部にあり、一時的で、取り外し可能なものから、完全に統合され、永続的なものまで、幅があるかもしれない。そうである以上、彼らがサイボーグという 言葉の厳密で技術的な表現ではなく、サイボーグのアイデアを取り入れることは期待できる[118]。

身体改造において
医療技術がより進歩するにつれて、いくつかの技術や革新は身体改造のコミュニティによって採用されている。マンフレッド・クラインズやネイサン・クライン の厳密な定義におけるサイボーグにはまだなっていないが、移植可能なシリコン製の絹の電子機器[119]、拡張現実[120]、QRコード[121]など の技術開発は、テクノロジーと身体との断絶を埋めつつある。デジタル・タトゥー・インタフェース[122][123]のような仮説的技術は、身体改造の美 学とインタラクティビティや機能性を融合させ、トランスヒューマニズム的な生活様式を現代の現実にもたらすだろう。

加えて、不安の表現が顕在化することは極めてもっともなことである。個人は恐怖や緊張の着床前の感情を経験するかもしれない。この目的のために、個人はま た、特に社会化された場において、術後、技術的に増強された身体、および機械的な挿入に対する相互の不慣れさのために、不安の感情を具現化するかもしれな い。不安は、他者性やサイボーグ化されたアイデンティティの概念と結びついている可能性がある[124]。

宇宙で
著名な物理学者であるスティーヴン・ホーキング博士は、「地球上の生命は、突然の地球温暖化や核戦争などの災害によって絶滅する危険性がますます高まって いる。宇宙へ行かなければ、人類に未来はないと思う」と述べている。宇宙旅行に伴う困難は、人類が多惑星種になるまでに何世紀もかかることを意味するかも しれない[要出典]。宇宙飛行が人体に及ぼす影響は数多くある。宇宙探査の大きな問題のひとつは、生物学的な酸素の必要性である。もしこの必要性がなくな れば、宇宙探査は一変するだろう。マンフレッド・E・クラインズとネイサン・S・クラインが提唱した理論は、この問題に取り組むことを目的としている。2 人の科学者は、「炭素を除去し酸素を再循環させることで、CO2をその成分に還元することができる」逆燃料電池[126]を使用することで、呼吸を不要に できると理論化した。もうひとつの顕著な問題は、放射線被曝である。この問題に取り組むため、クラインズとクラインは、放射線レベルを検知するセンサー と、「適切な量の防護医薬品を自動的に注入する」ローズ浸透圧ポンプを搭載したサイボーグを理論化した。これらの防護医薬品をサルに注入する実験では、放 射線耐性を高めるという肯定的な結果が示されている[126]。

宇宙飛行が人体に及ぼす影響は重要な問題であるが、推進技術の進歩も同様に重要である。現在の技術では、火星に行くのに約260日かかる。NASAが支援 する研究では、深い眠り(トルピング)を通じてこの問題に取り組む興味深い方法を提案している。この技術を使えば、「既存の医療処置で宇宙飛行士の代謝機 能を低下させることができる」[129] 。より長い睡眠状態を可能にする技術が進歩すれば、宇宙飛行士の資源消費を減らすことができるため、火星への旅費を下げることができるだろう。

認知科学
も参照: 神経強化
アンディ・クラークのような理論家は、人間とテクノロジーの相互作用によってサイボーグ・システムが生まれることを示唆している。このモデルでは、サイ ボーグは部分生物学的で部分機械的なシステムと定義され、その結果、生物学的な構成要素が増強され、より複雑な全体が生み出される。クラークは、人間の認 知を理解するためには、このような広義の定義が必要だと主張する。彼は、認知プロセスの一部をオフロードするために使用されるあらゆるツールは、サイボー グ・システムの機械的コンポーネントとみなすことができると提案している。この人間とテクノロジーのサイボーグ・システムの例は、基本的な数学的演算を行 うために電卓を使うとか、メモを取るために紙とペンを使うといった非常にローテクで単純なものから、パソコンや電話を使うようなハイテクなものまである。 クラークによれば、このような人とテクノロジーの相互作用は、従来のサイボーグ・オーギュメンテーションの概念に当てはまるテクノロジーが生物学的宿主と 統合されるのと同じように、そのテクノロジーを認知プロセスに統合するものだという。すべての人間は何らかの形で認知プロセスを拡張するためにテクノロ ジーを利用しているため、クラークは人間は「生まれながらのサイボーグ」であるという結論に達する[130]。ドナ・ハラウェイ教授もまた、比喩的であれ 文字通りの意味であれ、20世紀後半から人間はサイボーグであったと理論化している。精神と肉体を一体として考えるならば、人類の多くはほとんどあらゆる 方法でテクノロジーに助けられており、それによって人間はテクノロジーとハイブリッド化している[131]。
Future scope and regulation of implantable technologies
See also: Mobile security and Medical device § Regulation and oversight
Given the technical scope of current and future implantable sensory/telemetric devices, such devices will be greatly proliferated, and will have connections to commercial, medical, and governmental networks. For example, in the medical sector, patients will be able to log in to their home computer, and thus visit virtual doctor's offices, medical databases, and receive medical prognoses from the comfort of their own home from the data collected through their implanted telemetric devices.[132] However, this online network presents large security concerns because it has been proven by several U.S. universities that hackers could get onto these networks and shut down peoples' electronic prosthetics.[132] Cyborg data mining refers to the collection of data produced by implantable devices.

These sorts of technologies are already present in the U.S. workforce as a firm in River Falls, Wisconsin, called Three Square Market partnered with a Swedish firm Biohacks Technology to implant RFID microchips (which are about the size of a grain of rice) in the hands of its employees that allow employees to access offices, computers, and even vending machines. More than 50 of the firm's 85 employees were chipped. It was confirmed that the American Food and Drug Administration approved of these implantations.[133] If these devices are to be proliferated within society, then the question that begs to be answered is what regulatory agency will oversee the operations, monitoring, and security of these devices? According to this case study of Three Square Market, it seems that the FDA is assuming a role in regulating and monitoring these devices. It has been argued that a new regulatory framework needs to be developed so that the law keeps up with developments in implantable technologies.[134]

Cyborg Foundation
In 2010, the Cyborg Foundation became the world's first international organization dedicated to help humans become cyborgs.[135] The foundation was created by cyborg Neil Harbisson and Moon Ribas as a response to the growing number of letters and emails received from people around the world interested in becoming cyborgs.[136] The foundation's main aims are to extend human senses and abilities by creating and applying cybernetic extensions to the body,[137] to promote the use of cybernetics in cultural events and to defend cyborg rights.[138] In 2010, the foundation, based in Mataró (Barcelona), was the overall winner of the Cre@tic Awards, organized by Tecnocampus Mataró.[139]

In 2012, Spanish film director Rafel Duran Torrent, created a short film about the Cyborg Foundation. In 2013, the film won the Grand Jury Prize at the Sundance Film Festival's Focus Forward Filmmakers Competition and was awarded US$100,000.[140]

In popular culture
See also: Cyberpunk and List of fictional cyborgs
Cyborgs have become a well-known part of science fiction literature and other media. Although many of these characters may be technically androids, they are often erroneously referred to as cyborgs.

Perhaps the best known examples of cyborgs in popular culture are the Terminator, John Silver from Disneys’ 2002 Treasure Planet, the Borg from Star Trek and the Daleks, Mechanoids (alternativelly spelled as Mechonoids) and Cybermen from Doctor Who. Other prominent cyborgs include RoboCop, Evangelion, Kamen Rider, characters from Universal Soldier, United States Air Force Colonel Steve Austin in both the novel Cyborg and, as acted out by Lee Majors, The Six Million Dollar Man, The Bionic Woman starring Lindsay Wagner, the Replicants from Blade Runner, Darth Vader, Lobot, and General Grievous from Star Wars, Inspector Gadget, and the Cylons from the 2004 Battlestar Galactica series.

From American comic books are characters including Deathlok and Victor "Cyborg" Stone; and manga and anime characters including 8 Man (the inspiration for RoboCop), Battle Tendency's Rudol von Stroheim, and Ghost in the Shell's Motoko Kusanagi.

Player characters such as Kano, Jax, Cyrax, and Sektor from the Mortal Kombat franchise,[141][142] as well as Genji, an advanced cyborg ninja, who appears in Overwatch and Heroes of the Storm,[143] are examples of cyborgs in video games. The Deus Ex video game series deals extensively with the near-future rise of cyborgs and their corporate ownership, as does the Syndicate series.

William Gibson's Neuromancer features one of the first female cyborgs, a "Razorgirl" named Molly Millions, who has extensive cybernetic modifications and is one of the most prolific cyberpunk characters in the science fiction canon.[144] The cyborg was also a central part of singer Janelle Monáe's 48-minute video corresponding with the release of her 2018 album "Dirty Computer." This emotion picture intertwined the relationship between human and technology, highlighting the power of the digital on a futuristic, dystopian society. Monáe has previously referred to herself as an android, depicting herself as a mechanical organism often conforming to idealistic standards, thus using the cyborg as a way to detach from these oppressive structures.

LEGO's Bionicle also include the Toa, heroic beings with elemental powers (fire, water, air, earth, ice, and stone) whose duty is to protect the Matoran, the prime populace of their world.

Cyborgs are widespread in the latter parts of the Metal Gear Solid timeline. In Metal Gear Rising: Revengeance, the main character, Raiden, is a cyborg, as is every villain and almost every enemy character in the game.
インプラント技術の今後の範囲と規制
こちらも参照: モバイル・セキュリティと医療機器§規制と監視
現在および将来の埋め込み型感覚/遠隔測定装置の技術的範囲を考えると、そのような装置は大幅に増加し、商業、医療、政府のネットワークに接続されること になる。例えば、医療分野では、患者は自宅のコンピュータにログインすることで、自宅にいながらにして、埋め込まれた遠隔測定装置を通じて収集されたデー タから、バーチャルな診察室や医療データベースを訪問したり、医学的な予後診断を受けたりすることができるようになる[132]。しかし、ハッカーがこう したネットワークに侵入し、人々の電子義肢を停止させる可能性があることが米国の複数の大学によって証明されているため、このオンライン・ネットワークに は大きなセキュリティ上の懸念がある[132]。

ウィスコンシン州リバーフォールズにあるスリー・スクエア・マーケットという企業は、スウェーデンのバイオハック・テクノロジー社と提携して、従業員の手 にRFIDマイクロチップ(米粒ほどの大きさ)を埋め込み、従業員がオフィスやコンピューター、自動販売機にさえアクセスできるようにした。同社の85人 の従業員のうち50人以上にチップが埋め込まれた。これらのデバイスが社会に普及するのであれば、答えなければならないのは、これらのデバイスの運用、監 視、セキュリティーを監督する規制機関はどこなのかということである。このスリースクエア・マーケットのケーススタディによると、FDAがこれらの機器を 規制・監視する役割を担っているようだ。埋め込み型技術の発展に法律が対応できるよう、新たな規制の枠組みを構築する必要があると主張されている [134]。

サイボーグ財団
2010年、サイボーグ財団は、人間がサイボーグになることを支援することを目的とした世界初の国際組織となった[135]。この財団は、サイボーグにな ることに関心を持つ世界中の人々から寄せられる手紙や電子メールの数の増加に対応するために、サイボーグのニール・ハービッソンとムーン・リバスによって 設立された[136]。 [136]財団の主な目的は、身体にサイバネティックな拡張機能を作り適用することで人間の感覚や能力を拡張すること、[137]文化的なイベントにおけ るサイバネティックスの使用を促進すること、サイボーグの権利を擁護することである[138]。2010年、マタロ(バルセロナ)を拠点とする財団は、 Tecnocampus Mataróが主催するCre@tic Awardsの総合優勝を果たした[139]。

2012年、スペインの映画監督ラフェル・デュラン・トレントがサイボーグ財団の短編映画を制作。2013年、この映画はサンダンス映画祭のフォーカス・フォワード・フィルムメーカーズ・コンペティションで審査員大賞を受賞し、10万米ドルが授与された[140]。

大衆文化において
こちらも参照: サイバーパンク、架空のサイボーグのリスト
サイボーグはSF文学やその他のメディアでよく知られるようになった。これらのキャラクターの多くは技術的にはアンドロイドかもしれないが、誤ってサイボーグと呼ばれることも多い。

お そらく大衆文化におけるサイボーグの最もよく知られた例は、ターミネーター、ディズニー映画『2002トレジャー・プラネット』のジョン・シルバー、『ス タートレック』のボーグ、『ドクター・フー』のメカノイド(メコノイドと表記されることもある)、サイボーグであろう。その他の著名なサイボーグには、 『ロボコップ』、『エヴァンゲリオン』、『仮面ライダー』、『ユニバーサル・ソルジャー』の登場人物、小説『サイボーグ』やリー・メジャーズが演じた 『600万ドルの男』に登場するアメリカ空軍のスティーブ・オースティン大佐、リンジー・ワグナー主演の『バイオニック・ウーマン』、『ブレードラン ナー』のレプリカント、『スター・ウォーズ』のダース・ベイダー、ロボ、グリーヴァス将軍、『インスペクター・ガジェット』、2004年の『宇宙空母ギャ ラクティカ』シリーズのサイロンなどがある。

アメコミからはデスロックやビクター・"サイボーグ"・ストーン、漫画やアニメからは8マン(ロボコップのインスピレーションの源)、バトル・テンデンシーのルドル・フォン・シュトロハイム、攻殻機動隊の草薙素子などが登場する。

モータルコンバット』シリーズのKano、Jax、Cyrax、Sektorなどのプレイヤーキャラクター[141][142]や、『オーバーウォッチ』 や『ヒーローズ・オブ・ザ・ストーム』に登場する高度なサイボーグ忍者であるGenji[143]は、ビデオゲームにおけるサイボーグの例である。ゲーム 『デウスエクス』シリーズは、『シンジケート』シリーズと同様に、近未来のサイボーグの台頭とその企業所有権を広く扱っている。

ウィリアム・ギブスンの『ニューロマンサー』には、最初の女性サイボーグの一人であるモリー・ミリオンズという "レイザーガール "が登場し、彼女は広範囲に及ぶサイバネティックな改造を施しており、SFの正典の中で最も多作なサイバーパンク・キャラクターの一人である[144]。 サイボーグはまた、歌手のジャネル・モネイが2018年にリリースしたアルバム "Dirty Computer "に対応する48分間のビデオの中心的な部分でもあった。この感動的な絵は人間とテクノロジーの関係を絡め、未来的でディストピア的な社会におけるデジタ ルの力を強調した。モナエは以前、自分自身をアンドロイドと呼び、しばしば理想主義的な基準に適合する機械的な生命体として描いており、そのため、こうし た抑圧的な構造から切り離す方法としてサイボーグを使用している。

レゴのバイオニクルには、元素の力(火、水、空気、土、氷、石)を持つ英雄的存在であるトアも登場する。

サイボーグは『メタルギアソリッド』のタイムライン後半に広く登場する。メタルギアライジング リベンジェンス』では、主人公の雷電がサイボーグであり、ゲームに登場するすべての悪役とほぼすべての敵キャラクターもサイボーグである。
Artificial organ
Biological machine
Biomedical engineering
Bionics
Biorobotics
Body hacking
Human enhancement
Nanobiotechnology
Neurorobotics
Posthuman
Transhumanism
Technorganic
Wirehead (science fiction)




内部リンク

外部リンクあるいは備忘録

医療人類学辞典

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 2009-2999