sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでね!

犬とメランコリー
Dog and melancholy

池田光穂

デューラーのメランコリーのまえにひしめいている小道具には、犬が含まれている。メ ランコリカーの心の状態を描いたアエギーディウス・アルベルティーヌスの記述が狂犬病 に連想を向けさせようとしているのは、なにも偶然ではない。古い伝承によると、「脾臓 が犬の生体を支配している」。犬はこの点で、メランコリカーと共通しているのである。 とりわけデリケートだと記されているこの臓器が悪化すると、犬は元気を失い、狂犬病に かかるのだという。この点で犬は、メランコリー気質の暗い局面を具現しているのであ る。その反面、犬の嗅覚と持久力を根拠に、倦むことなく研究にはげみ思索にふける人の 姿を犬に見たてることもあった。「ピエリオ・ヴァレリアーノは、このヒエログリュフ(ヒエログリフ)の 注釈のなかではっきりこういっている。〈メランコリーの相貌をはっきりと示している〉犬 は、ものを嗅ぎつけることと走ることにかけてはもっとも優れている。とくにデューラ ーの版画では、犬が眠っている姿で描かれているため、このような寓意の二面性が増幅さ れている。つまり、悪夢が牌臓に由来するのだとすれば、一方、予言の夢もメランコリカー の特権なのである。予言の夢は、君王や殉教者の共有財として、悲哀劇ではおなじみの ものである」(ベンヤミン 2001:238)。

Albrecht Dürer.Melencolia I. 1514

リンク

  • ︎犬について知ろうデューラーのメランコリー︎▶︎︎▶︎▶︎︎▶︎▶︎︎▶︎▶︎︎▶︎▶︎
  • 文献

  • ヴァルター・ベンヤミン『ドイツ悲哀劇の根源』岡部仁訳、講談社、2001年
  • その他の情報


    Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1997-2099