sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

エティックとエミック(イーミック)

Etic and Emic

池田光穂

.[1]

The "emic" approach is an insider's perspective, which looks at the beliefs, values, and practices of a particular culture from the perspective of the people who live within that culture. This approach aims to understand the cultural meaning and significance of a particular behavior or practice, as it is understood by the people who engage in it.[2]

The "etic" approach, on the other hand, is an outsider's perspective, which looks at a culture from the perspective of an outside observer or researcher. This approach tends to focus on the observable behaviors and practices of a culture, and aims to understand them in terms of their functional or evolutionary significance. The etic approach often involves the use of standardized measures and frameworks to compare different cultures and may involve the use of concepts and theories from other disciplines, such as psychology or sociology.[2]

The emic and etic approaches each have their own strengths and limitations, and each can be useful in understanding different aspects of culture and behavior. Some anthropologists argue that a combination of both approaches is necessary for a complete understanding of a culture, while others argue that one approach may be more appropriate depending on the specific research question being addressed.[2]
人類学、民俗学、社会科学および行動科学において、エミック(emic)とエティック(etic)は、実施されたフィールド調査と得られた視点の2種類を指す[1]。

「エミック」アプローチは、インサイダーの視点であり、特定の文化の信念、価値観、慣習を、その文化の中で生活する人々の視点から見るものである。このア プローチは、特定の行動や実践が、それに従事する人々によって理解されている文化的な意味や意義を理解することを目的としている[2]。

一方、「エティック」アプローチは、外部の観察者や研究者の視点から文化を見るものである。このアプローチは、文化の観察可能な行動や慣習に焦点を当てる 傾向があり、それらを機能的または進化的意義の観点から理解することを目的としている。エティック・アプローチは、異なる文化を比較するために標準化され た尺度や枠組みを用いることが多く、心理学や社会学など他の学問分野の概念や理論を用いることもある[2]。

エミック・アプローチとエティック・アプローチにはそれぞれ長所と限界があり、それぞれが文化や行動の異なる側面を理解する上で有用である。人類学者の中 には、文化を完全に理解するためには両方のアプローチの組み合わせが必要であると主張する者もいれば、取り組む特定の研究課題によっては一方のアプローチ の方が適切であると主張する者もいる[2]。
Definitions
"The emic approach investigates how local people think...".[3] How they perceive and categorize the world, their rules for behavior, what has meaning for them, and how they imagine and explain things. "The etic (scientist-oriented) approach shifts the focus from local observations, categories, explanations, and interpretations to those of the anthropologist. The etic approach realizes that members of a culture often are too involved in what they are doing... to interpret their cultures impartially. When using the etic approach, the ethnographer emphasizes what he or she considers important."[3]

Although emics and etics are sometimes regarded as inherently in conflict and one can be preferred to the exclusion of the other, the complementarity of emic and etic approaches to anthropological research has been widely recognized, especially in the areas of interest concerning the characteristics of human nature as well as the form and function of human social systems.[4]

...Emic knowledge and interpretations are those existing within a culture, that are 'determined by local custom, meaning, and belief' (Ager and Loughry, 2004: n.p.) and best described by a 'native' of the culture. Etic knowledge refers to generalizations about human behavior that are considered universally true, and commonly links cultural practices to factors of interest to the researcher, such as economic or ecological conditions, that cultural insiders may not consider very relevant (Morris et al., 1999).

Emic and etic approaches of understanding behavior and personality fall under the study of cultural anthropology. Cultural anthropology states that people are shaped by their cultures and their subcultures, and we must account for this in the study of personality. One way is looking at things through an emic approach. This approach "is culture specific because it focuses on a single culture and it is understood on its own terms." As explained below, the term "emic" originated from the specific linguistic term "phonemic", from phoneme, which is a language-specific way of abstracting speech sounds.[5][6]

An 'emic' account is a description of behavior or a belief in terms meaningful (consciously or unconsciously) to the actor; that is, an emic account comes from a person within the culture. Almost anything from within a culture can provide an emic account.
An 'etic' account is a description of a behavior or belief by a social analyst or scientific observer (a student or scholar of anthropology or sociology, for example), in terms that can be applied across cultures; that is, an etic account attempts to be 'culturally neutral', limiting any ethnocentric, political or cultural bias or alienation by the observer.
When these two approaches are combined, the "richest" view of a culture or society can be understood. On its own, an emic approach would struggle with applying overarching values to a single culture. The etic approach is helpful in enabling researchers to see more than one aspect of one culture, and in applying observations to cultures around the world.


定義
「エミック・アプローチは、現地の人々がどのように考えているかを調査するアプローチである。「エティックな(科学者志向の)アプローチは、現地の観察、 カテゴリー、説明、解釈から人類学者のそれへと焦点を移す。エティック・アプローチは、ある文化に属する人々は、しばしば自分たちのしていることに没頭し すぎていて...自分たちの文化を公平に解釈できないことに気づく。エティック・アプローチを用いる場合、民族誌学者は自分が重要だと考えることを強調す る」[3]。

エミックスとエティックは本質的に相反するものであり、一方が他方を排除して優先されることがあるとみなされることもあるが、人類学研究におけるエミック ス的アプローチとエティック的アプローチの相補性は、特に人間の本性の特徴や人間の社会システムの形態と機能に関する関心領域において広く認識されている [4]。

......エミックな知識と解釈とは、ある文化の中に存在するものであり、「その土地の習慣、意味、信念によって決定される」(Ager and Loughry, 2004: n.p.)ものであり、その文化の「ネイティブ」によって最もよく説明されるものである。エティックな知識とは、普遍的に正しいと考えられている人間の行 動に関する一般論を指し、一般的には文化的慣習を、経済的・生態学的条件など研究者が関心を持つ要因と結びつけるものであるが、文化内部の人間はあまり関 連性がないと考えることもある(Morris et al.)

行動や性格を理解するためのエミック・アプローチとエティック・アプローチは、文化人類学の研究に該当する。文化人類学では、人はその文化やサブカル チャーによって形成されるとし、パーソナリティの研究ではこれを説明しなければならないとしています。一つの方法は、エミック・アプローチを通して物事を 見ることである。このアプローチは、"一つの文化に焦点を当て、その文化独自の用語で理解されるため、文化特異的である"。以下に説明するように、 「emic」という用語は、音声音を抽象化する言語固有の方法である音素(phoneme)に由来する特定の言語用語「phonemic」に由来している [5][6]。

エミッ ク」な説明とは、行為者にとって意味のある(意識的または無意識的な)用語に よる行動や信念の記述のことである。ある文化の中にあるものなら、ほとんど何でもエ ミックな説明を提供することができる。
エティック」な説明とは、社会分析者や科学的観察者(例えば、人類学や社会学の学生や学者)が、ある行動や信念について、文化を超えて適用できる言葉で記 述したものである。つまり、エティックな説明は「文化的に中立」であろうとするものであり、観察者による民族中心主義的、政治的、文化的な偏見や疎外を制 限するものである。
この2つのアプローチを組み合わせることで、文化や社会の「最も豊かな」見方を理解することができる。エミック・アプローチだけでは、ひとつの文化に包括 的な価値観を適用するのに苦労するだろう。エティック・アプローチは、研究者が1つの文化の複数の側面を見ることを可能にし、世界中の文化に観察を適用す るのに役立つ。
History
The terms were coined in 1954 by linguist Kenneth Pike, who argued that the tools developed for describing linguistic behaviors could be adapted to the description of any human social behavior. As Pike noted, social scientists have long debated whether their knowledge is objective or subjective. Pike's innovation was to turn away from an epistemological debate, and turn instead to a methodological solution. Emic and etic are derived from the linguistic terms phonemic and phonetic, respectively, where a phone is a distinct speech sound or gesture, regardless of whether the exact sound is critical to the meanings of words, whereas a phoneme is a speech sound in a given language that, if swapped with another phoneme, could change one word to another. The possibility of a truly objective description was discounted by Pike himself in his original work; he proposed the emic-etic dichotomy in anthropology as a way around philosophic issues about the very nature of objectivity.[citation needed]

The terms were also championed by anthropologists Ward Goodenough and Marvin Harris with slightly different connotations from those used by Pike. Goodenough was primarily interested in understanding the culturally specific meaning of specific beliefs and practices; Harris was primarily interested in explaining human behavior.[citation needed]

Pike, Harris, and others have argued that cultural "insiders" and "outsiders" are equally capable of producing emic and etic accounts of their culture. Some researchers use "etic" to refer to objective or outsider accounts, and "emic" to refer to subjective or insider accounts.[7]

Margaret Mead was an anthropologist who studied the patterns of adolescence in Samoa. She discovered that the difficulties and the transitions that adolescents faced are culturally influenced. The hormones that are released during puberty can be defined using an etic framework, because adolescents globally have the same hormones being secreted. However, Mead concluded that how adolescents respond to these hormones is greatly influenced by their cultural norms. Through her studies, Mead found that simple classifications about behaviors and personality could not be used because peoples’ cultures influenced their behaviors in such a radical way. Her studies helped create an emic approach of understanding behaviors and personality. Her research deduced that culture has a significant impact in shaping an individual's personality.[8][9]

Carl Jung, a Swiss psychoanalyst, is a researcher who took an emic approach in his studies. Jung studied mythology, religion, ancient rituals, and dreams, leading him to believe that there are archetypes that can be identified and used to categorize people's behaviors. Archetypes are universal structures of the collective unconscious that refer to the inherent way people are predisposed to perceive and process information. The main archetypes[10] that Jung studied were the persona (how people choose to present themselves to the world), the anima and animus (part of people experiencing the world in viewing the opposite sex, that guides how they select their romantic partner), and the shadow (dark side of personalities because people have a concept of evil; well-adjusted people must integrate both good and bad parts of themselves). Jung looked at the role of the mother and deduced that all people have mothers and see their mothers in a similar way; they offer nurture and comfort. His studies also suggest that "infants have evolved to suck milk from the breast, it is also the case that all children have inborn tendencies to react in certain ways." This way of looking at the mother is an emic way of applying a concept cross-culturally and universally.[9]
歴史
この用語は1954年に言語学者ケネス・パイクによって作られた。彼は、言語的行動を記述するために開発されたツールは、人間のあらゆる社会的行動の記述 に適応できると主張した。パイクが指摘したように、社会科学者たちは長い間、自分たちの知識が客観的なのか主観的なのかを議論してきた。パイクの革新は、 認識論的な議論から目をそらし、代わりに方法論的な解決策に目を向けることだった。エピックとエティックは、それぞれ言語用語の音素と音声に由来する。音 声とは、言葉の意味にとって正確な音が重要であるかどうかにかかわらず、明確な発話音やジェスチャーである。彼は客観性の本質に関する哲学的問題を回避す る方法として、人類学においてemic-eticの二項対立を提唱した[citation needed]。

この用語はまた、人類学者のウォード・グッドノウとマーヴィン・ハリスによって、パイクが使用したものとは少し異なる意味合いで提唱された。グッドノウは 主に特定の信念や慣習の文化的な意味を理解することに興味を持ち、ハリスは主に人間の行動を説明することに興味を持った[要出典]。

パイクやハリスなどは、文化的な「インサイダー」も「アウトサイダー」も等しく、その文化についてエミックな説明とエティックな説明を生み出す能力がある と主張している。研究者の中には「エティック」を客観的またはアウトサイダー的な説明に、「エミック」を主観的またはインサイダー的な説明に使用する者も いる[7]。

マーガレット・ミードはサモアの思春期のパターンを研究した人類学者である。彼女は、思春期が直面する困難や移行は文化的な影響を受けていることを発見し た。思春期に分泌されるホルモンは、エティックな枠組みを使って定義することができる。しかしミードは、思春期の若者がこれらのホルモンにどう反応するか は、彼らの文化的規範に大きく影響されると結論づけた。ミードは研究を通じて、人々の文化が彼らの行動に根本的な影響を与えるため、行動や性格に関する単 純な分類は使えないことを発見した。彼女の研究は、行動や性格を理解するためのエミック・アプローチを生み出すのに役立った。彼女の研究は、文化が個人の パーソナリティを形成する上で重要な影響を与えることを推論した[8][9]。

スイスの精神分析家であるカール・ユングもまた、エミック・アプローチを用いた研究者である。ユングは神話、宗教、古代の儀式、夢を研究し、人々の行動を 分類するために識別し、使用することができる原型が存在すると信じるに至った。アーキタイプとは、集合的無意識の普遍的な構造であり、人々が情報を知覚 し、処理する先天的な方法を指す。ユングが研究した主なアーキタイプ[10]は、ペルソナ(人々がどのように自分自身を世界に提示することを選択する か)、アニマとアニムス(異性を見ることで世界を経験する人々の一部であり、恋愛相手をどのように選ぶかを導く)、シャドウ(人々が悪の概念を持っている ため、人格の暗黒面。) ユングは母親の役割に注目し、すべての人に母親がおり、母親を同じように見ていると推論した。彼の研究はまた、「乳幼児は乳房から乳を吸うように進化して きた。このような母親の見方は、ある概念を異文化的・普遍的に適用するエミックな方法である[9]。
Importance as regards personality
Emic and etic approaches are important to understanding personality because problems can arise "when concepts, measures, and methods are carelessly transferred to other cultures in attempts to make cross-cultural generalizations about personality." It is hard to apply certain generalizations of behavior to people who are so diverse and culturally different. One example of this is the F-scale (Macleod).[11] The F-scale, which was created by Theodor Adorno, is used to measure authoritarian personality, which can, in turn, be used to predict prejudiced behaviors. This test, when applied to Americans accurately depicts prejudices towards black individuals. However, when a study was conducted in South Africa using the F-Scale, (Pettigrew and Friedman)[9] results did not predict any prejudices towards black individuals. This study used emic approaches of study by conducting interviews with the locals and etic approaches by giving participants generalized personality tests.
パーソナリティに関する重要性
パーソナリティを理解する上でエミック・アプローチとエティック・アプローチが重要なのは、「パーソナリティについて異文化間の一般化を行おうとして、概 念、尺度、方法を不用意に他の文化に移し替えると」問題が生じる可能性があるからである。多様で文化的に異なる人々に、ある種の行動の一般化を適用するの は難しい。その一例がFスケール(マクラウド)である[11]。Fスケールはテオドール・アドルノが考案したもので、権威主義的な性格を測定するために使 われる。このテストをアメリカ人に適用すると、黒人に対する偏見が正確に描写される。しかし、F-Scaleを用いて南アフリカで実施された研究では、 (Pettigrew and Friedman)[9]の結果は黒人に対する偏見を予測しなかった。この研究では、現地の人々へのインタビューを実施するエミック・アプローチと、参加 者に一般化された性格テストを実施するエティック・アプローチが用いられている。
Exonym and endonym
Other explorations of the differences between reality and humans' models of it:

Blind men and an elephant
Emic and etic units
Internalism and externalism
Map–territory relation




リン ク

文献

その 他の情報

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

池田蛙  医療人類学蛙  授業蛙  電脳蛙  子供蛙