sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

ジェンダー・アイデンティティ

Gender identity


池田光穂

★ シス(cis)とは、シスジェンダー(sis-gender、または単にsisと発音される)の略で、あなたが今どのような性別であれ、出生時に推定され た性別と同じであることを意味する言葉です。つまり、生まれたときに親や医師があなたを男の子、女の子と呼んだのは、その通りだったということです。 シスジェンダー主義とは、生まれたときに想定された性別と一致しない場合、その人の性別を病的にとらえたり、拒絶したりするものである。 これは、トランスジェンダーやシスジェンダーを問わず、すべての人に影響を及ぼし、自分自身のジェンダーや他者のジェンダーを否定する原因となります。シ スジェンダリズムは、友人や家族からの拒絶、マイクロアグレッション、既知の肯定的な言葉を使わない、ニーズに基づいた医療を提供しない、あるいは、ある 人が本当はそうではないジェンダーであると考えるなど、多くの微妙であからさまな方法で害をもたらす可能性がある(→「シスとトランス」)。

☆ 以下の、この記事には問題あり()

Definition and common identities

is how a person identifies themselves. A person’s gender identity is based on what label and type they feel most comfortable aligning with. It can change throughout someone’s life, depending on how they feel during that time. Much of dominant society across cultures follows the construction of the gender binary, prescribing that everyone must either be a man or a woman. However, more genders exist outside of male and female. Recent decades have brought new terminology and means of using language to make space for a range of genders. And more importantly, the rise of LGBTQ+ education and rights have brought transgender issues to the attention of the public, as well as the many genders that a person can identify as.

Cisgender: the label for people who identify as the gender they were assigned at birth (ex: male and female)
'Transgender' is both an identity label and an umbrella term. A person can identify as a trans woman or trans man, but there are more genders that fall underneath the transgender category. Nonbinary genders (or people who do not identify as male or female) may fall underneath transgender, depending on how the person self-identifies. 'Nonbinary' may be used as a synonym for agender, or someone doesn't identify with a gender, but also may refer to other genders.

Some gender identities include, but aren't limited to:

Agender
Bigender
Cisgender
Genderfluid
Genderqueer
Nonbinary
Transgender
Two-Spirit[1]
and more.
定義と一般的なアイデンティティ

性自認とは、人が自分自身をどのように識別するかということである。その人の性自認は、どのようなレッテルとタイプに最も心地よく沿うかに基づいている。 性自認は、その人がどのように感じるかによって、生涯を通じて変化する可能性がある。文化圏を超えた支配的な社会の多くは、誰もが男か女のどちらかでなけ ればならないと規定する、性別の二元論の構築に従っている。しかし、男性と女性以外のジェンダーも存在する。ここ数十年で、さまざまなジェンダーを受け入 れるための新しい用語や言語が使われるようになった。さらに重要なことは、LGBTQ+の教育や権利の台頭により、トランスジェンダーの問題が一般に注目 されるようになったこと、そして人が識別できる多くのジェンダーが存在するようになったことです。

シスジェンダー:出生時に割り当てられた性別(例:男性、女性)を自認する人々に対するレッテル。
トランスジェンダー」は、アイデンティティのラベルであり、包括的な用語でもある。人はトランス女性またはトランス男性として識別することができますが、 トランスジェンダーカテゴリの下に分類されるより多くの性別があります。ノンバイナリージェンダー(または男性とも女性とも自認しない人)は、その人がど のように自認するかによって、トランスジェンダーの下に入る可能性があります。ノンバイナリー」は、アジェンダーの同義語として使われることもあります し、ある性別を自認しない人が、他の性別を指すこともあります。

ジェンダー・アイデンティティには以下のようなものがありますが、これらに限定されるものではありません:

アジェンダー
ビッグジェンダー
シスジェンダー
ジェンダー・フルイド
ジェンダークィア
ノンバイナリー
トランスジェンダー
ツー・スピリット[1]
など。
Gender expression

Gender expression (also called, "gender presentation") means how a person dresses, looks, and acts, in ways that might affect how other people view their gender. Someone who wears men's clothes and acts in a masculine way has a male gender expression. Someone who wears women's clothes and acts in a feminine way has a female gender expression. This is different from gender identity because people can choose to look or behave one way even if that is not how they feel inside. Sometimes people call this gender presentation or just presentation.

Gender identity in anthropology

Gender is a key concept in the field of anthropology. Gender and sex are defined differently in this field. Gender in regards to an individual's identity, and sex being biology determined. Gender identity, while can be tied to sex and biology in some, is not necessarily determined by these factors. Assumptions around gender identity based in biological factors can be false and while sometimes accepted in the mainstream, can be in fact dangerous.[2] The roles and expectations of gender have strong cultural influences as well. Gender across cultures has been studied extensively, regarding the different identities accepted in the mainstream, roles of the genders, and historical trends of them.[3] Gender Identity and expression has extremely common historical roots, and more gender identities outside of the traditional binary are becoming accepted in the mainstream. Acceptance of gender identities that do not exist within a harsh binary is not exclusively a new concept, just one that is becoming more common in current western society.[4] There are various historical examples of gender identities that were not only recognized, but celebrated, outside the traditional cisgender male and female.
ジェンダー表現

ジェンダー表現(「ジェンダー・プレゼンテーション」とも呼ばれる)とは、その人がどのような服装、外見、行動をとるかを意味する。男性用の服を着て男性 的な振る舞いをする人は、男性の性表現を持っています。女性の服を着て女性らしく振る舞う人は、女性の性表現を持っています。これは性自認とは異なりま す。なぜなら、人は自分の内面がそう感じていなくても、ある方法で見たり振る舞ったりすることを選択できるからです。人はこれをジェンダー・プレゼンテー ション、あるいは単なるプレゼンテーションと呼ぶこともある。

人類学におけるジェンダー・アイデンティティ

ジェンダーは人類学の分野では重要な概念である。この分野では、ジェンダーとセックスの定義は異なります。ジェンダーは個人のアイデンティティに関するも のであり、セックスは生物学的に決定されるものである。ジェンダー・アイデンティティは、セックスや生物学と結びつけられることもあるが、必ずしもこれら の要素によって決定されるわけではない。生物学的要因に基づくジェンダー・アイデンティティにまつわる思い込みは誤りである可能性があり、主流派に受け入 れられることもあるが、実際には危険である可能性もある。ジェンダー・アイデンティティと表現は歴史的に極めて一般的なルーツを持っており、伝統的な二元 論から外れたジェンダー・アイデンティティが主流に受け入れられつつある。厳しい二元論の中に存在しないジェンダー・アイデンティティの受容は、専ら新し い概念ではなく、現在の西洋社会でより一般的になりつつある概念に過ぎない[4]。伝統的なシスジェンダーの男性と女性の外にあるジェンダー・アイデン ティティが認められただけでなく、称賛された様々な歴史的例がある。
Transgender and transsexual

'Transgender' is a term that means that the gender assigned at birth (typically 'AMAB' or 'assigned male at birth' and 'AFAB' or 'assigned female at birth') does not match with the gender a person identifies as. The experiences that transgender people have are vast and may differ from one another, although there are sometimes shared experiences. For instance, a transgender person may feel gender dysphoria (but not everyone will be dysphoric). A transgender person may also feel it necessary to medically transition, or take hormones, or a combination of the two. 'Transsexual' is a term that some transgender people may use after receiving sex-reassignment surgeries and medical transition, but depending on who one is talking to, this term may be considered outdated and the person may instead opt to simply continue using the term 'transgender' as their identification.

Some people use the word 'transgender' to mean somewhat different things, as the word has expanded and changed since it was first invented in 1965.[5][6]

Factors and terminology
Some factors involved in transgender identification are:

Assigned gender (or sex assignment, or just sex) is whether a person is male or female at birth.
Gender identity (or simply gender) is the label a person uses to describe how they identify to the world around them: male, female, nonbinary, and other identities that fall around them.
Gender expression (or gender presentation) is how a person dresses, acts, and behaves. It's important to remember that gender expression is not the same as gender identity. A cisgender woman can wear traditionally-male clothes and not be a man, a cisgender man can act in a way that's considered "feminine" and not be a woman, etc.
All three of these factors contribute to how a person labels their self, and make gender a confusing construct to navigate. People can have gender presentations that don't match their gender identity, or a gender identity that doesn't match the gender they were assigned at birth, etc. A person whose gender identity matches the gender they were assigned at birth is called 'cisgender'. As time has passed, the growing voice of LGBTQ+ issues and rise of educational resources on the topics of gender and sexuality has allowed for many to learn about transgender issues, and help others with their own gender navigation.

Types of identity mismatch
[original research?]

It is possible to have every different combination of sex, gender identity, and gender expression. For example:

A person may be female at birth, but have a male gender identity, may call themself a transgender man or 'trans man'. Trans men may typically dress in a masculine manner, wear a chest binder, take testosterone and have sex reassignment surgery if they wish to do so.
Someone who identifies as male (whether he was that at birth or has taken on that gender identity) may dress up and perform in traditionally-women's clothes (in drag). While in drag, this person performs as a woman and may call themselves such.[source?]. It also works vice-versa, where women perform on stage as men. This is called being a drag king.
There are many people whose gender identity differs from the one they are at birth, but the person hides it due to fear of rejection, laws that do not protect transgender people, being abandoned or cut off by family and friends, and even fear of getting assaulted.

For instance, a woman going on a date may have to grapple with the decision of when and or if she should tell her date that she is transgender. There is the chance that her date will not care that she is transgender and they can carry on, and she will be happy knowing that she can safely be herself around this person. However, there's also the chance that her date will react angrily and misgender her after finding out she is transgender, and maybe even assault her. A person who identifies as nonbinary may keep their identity a secret to their family out of fear of being kicked out and left homeless, or sent to conversion therapy.

Many people go through this fear, so it is very normal to feel scared.

Another issue that has come up recently is one that feminists, who believe one can dress however they want, argue over whether someone claiming to be a woman and deciding to wear a dress should be treated as a woman based on this self-identification. This is a matter of dispute within the feminist movement. You can wear whatever you want and still be a woman. A transwoman AMAB who wears a dress makes it so that the feminist movement can not move past this idea that women must wear a dress. Women who see themselves as feminists have strong views on both sides of the issue of whether or not trans women are women,to the point that they deny those who hold the opposite view are real feminists.

Women who see feminism as based on fighting against the oppression of biological women based on biological sex often call themselves gender critical or gender abolitionists (the latter idea based on the expectation of particular dress or behavior being itself oppression). Those who disagree often label these women Trans-Exclusionary Radical Feminists, or TERFs.

Medical diagnosis
When a person's gender identity and body do not match, they may go to see a doctor. The doctor may help them change their body if that is what they want. A psychiatrist may diagnose this person with Gender identity disorder (gender dysphoria), but medical diagnosis itself is a controversial subject because being transgender has one been considered to be a mental illness, the stigma is still there. Principle 18 of the Yogyakarta Principles, a document about international law on human rights states that "any classifications to the contrary, a person's gender identity is not in and of itself, medical condition".[7] And "Activist's Guide" to them says that "gender identity" or "gender identity disorder" exists still in categories of mental illness, contrary to the "sexual orientation" removed from such categories.[8]

But despite the strides taken to remove the stigma of mental illness in being transgender, gatekeeping by doctors and therapists make most transgender people struggle to achieve their ideal self. In most cases, doctors require therapists to 'diagnose' whether their patient is 'transgender enough' to take hormones or have surgery. And even if you do that diagnosis, a surgeon can refuse to perform surgery on you.

For children about to enter puberty, drugs called puberty blockers can slow down or temporarily stop the process of puberty. This gives the person more time to explore their gender identity and decide if surgery is what they want.




トランスジェンダーとトランスセクシュアル

トランスジェンダー」とは、出生時に割り当てられた性別(一般的には「AMAB」または「出生時に男性に割り当てられた」、「AFAB」または「出生時に 女性に割り当てられた」)と、その人が自認する性別が一致しないことを意味する言葉である。トランスジェンダーの人々が経験することは膨大であり、時に共 有される経験もあるが、互いに異なることもある。例えば、トランスジェンダーは性別違和を感じることがある(しかし、すべての人が性別違和を感じるわけで はない)。トランスジェンダーはまた、医学的な移行、ホルモン剤の服用、またはその2つの組み合わせの必要性を感じることもある。トランスセクシュアル」 は、性転換手術や医学的移行を受けたトランスジェンダーが使用する用語であるが、話す相手によっては、この用語は時代遅れとみなされ、代わりに単に「トラ ンスジェンダー」という用語を自分の識別として使い続けることを選ぶかもしれない。

トランスジェンダー」という言葉は、1965年に初めて考案されて以来、拡大し変化してきたため、「トランスジェンダー」という言葉を多少異なる意味で使う人もいる[5][6]。

要因と用語
トランスジェンダーであることを示す要因には以下のようなものがある:

割り当てられた性別(または性別割り当て、または単に性別)とは、人が出生時に男性であるか女性であるかということである。
性自認(または単にジェンダー)とは、その人が周囲の世界に対して、男性、女性、ノンバイナリー、その他のアイデンティティをどのように識別するかを説明するために使用するラベルである。
ジェンダー表現(またはジェンダー・プレゼンテーション)とは、人がどのような服装をし、どのような行動をし、どのように振る舞うかということです。ジェ ンダー表現はジェンダー・アイデンティティと同じではないことを覚えておくことが重要です。シスジェンダーの女性は、伝統的な男性の服を着ていても男性で はないことがあり、シスジェンダーの男性は、「女性的」とみなされるような振る舞いをしていても女性ではないことがあります。
これら3つの要素はすべて、人が自己をどのようにラベリングするかに寄与し、ジェンダーをナビゲートするための混乱した構成要素にしている。人は自分の ジェンダー・アイデンティティと一致しないジェンダー・プレゼンテーションを持つこともあれば、出生時に割り当てられた性別と一致しないジェンダー・アイ デンティティを持つことなどもある。性自認が出生時に割り当てられた性別と一致する人は「シスジェンダー」と呼ばれる。時が経つにつれ、LGBTQ+の問 題に対する声が高まり、ジェンダーやセクシュアリティに関する教育リソースが台頭したことで、多くの人がトランスジェンダーの問題について学び、自分自身 のジェンダーのナビゲーションについて他の人を助けることができるようになりました。

アイデンティティの不一致の種類
[独自の研究?]

性、性自認、性表現のあらゆる異なる組み合わせを持つことは可能である。例えば

生まれつき女性であっても、性自認が男性であれば、トランスジェンダーまたは「トランス男性」と名乗ることができる。トランス男性は通常、男性的な服装をし、胸にバインダーをつけ、テストステロンを服用し、希望すれば性別適合手術を受ける。
男性であることを自認する人(生まれたときからそうであったか、その性自認を持つようになったかを問わない)は、伝統的に女性用の服を着て(ドラァグで) 仮装し、パフォーマンスをすることがある。ドラァグをしている間、この人は女性としてパフォーマンスし、自分自身をそう呼ぶことができる[出典?]。また その逆もあり、女性が男性としてステージに立つこともある。これはドラッグ・キングと呼ばれる。
性自認が生まれつきのものと異なる人はたくさんいるが、拒絶されることへの恐れ、トランスジェンダーを保護しない法律、家族や友人から見捨てられたり切り捨てられたりすること、さらには暴行を受けることへの恐れから、本人はそれを隠している。

例えば、デートに出かける女性は、自分がトランスジェンダーであることをいつ、あるいはいつ伝えるべきか、決断に迫られるかもしれない。デートの相手が彼 女がトランスジェンダーであることを気にせず、そのまま交際を続ける可能性もあるし、彼女はこの人の前では安心して自分らしくいられると知って満足するだ ろう。しかし、彼女がトランスジェンダーであることを知ったデート相手が怒り狂い、性別を間違えたり、もしかしたら暴行を加えたりする可能性もある。ノン バイナリーであることを自覚している人は、追い出されてホームレスになったり、改宗セラピーを受けたりすることを恐れて、自分のアイデンティティを家族に 秘密にしているかもしれない。

多くの人がこのような恐怖を経験しているのだから、怖いと感じるのはごく普通のことだ。

最近出てきたもうひとつの問題は、人はどんな格好をしてもいいと考えるフェミニストたちが、女性であると主張し、ドレスを着ると決めた人が、その自認に基 づいて女性として扱われるべきかどうかをめぐって議論していることだ。これはフェミニズム運動の中でも論争になっている。何を着ても女性であることに変わ りはない。ドレスを着るトランスウーマンのAMABは、フェミニスト運動が、女性はドレスを着なければならないというこの考えを乗り越えることができない ようにしている。自らをフェミニストとみなす女性たちは、トランス女性が女性であるかどうかという問題の両側面において強い見解を持っており、反対の見解 を持つ人たちが本物のフェミニストであることを否定するほどである。

フェミニズムを、生物学的性別に基づく生物学的女性の抑圧と闘うことに基づいていると考える女性たちは、しばしば自らをジェンダー批判主義者またはジェン ダー廃止主義者と呼ぶ(後者は、特定の服装や行動を期待すること自体が抑圧であるという考えに基づいている)。これに反対する人々は、こうした女性たちに トランス排他的ラディカル・フェミニスト(TERF)というレッテルを貼ることが多い。

医学的診断
性自認と身体が一致しない場合、医師の診断を受けることがある。本人が望むのであれば、医師は体を変える手助けをするかもしれない。精神科医はこの人を性 同一性障害(性同一性障害)と診断するかもしれないが、トランスジェンダーであることが精神疾患であると考えられてきたため、医学的診断そのものが議論の 的となっており、スティグマはまだ存在している。人権に関する国際法に関する文書であるジョグジャカルタ原則の第18原則は、「それに反するいかなる分類 であっても、人の性自認はそれ自体医学的状態ではない」と述べている[7]。また、それらに関する「活動家の手引き」は、「性自認」や「性同一性障害」 は、そのようなカテゴリーから削除された「性的指向」とは逆に、精神疾患のカテゴリーに依然として存在すると述べている[8]。

しかし、トランスジェンダーであることの精神疾患というスティグマを取り除くために前進したにもかかわらず、医師やセラピストによるゲートキーピングに よって、ほとんどのトランスジェンダーは理想の自分を実現するのに苦労している。ほとんどの場合、医師はセラピストに対して、患者がホルモン剤を服用した り手術を受けたりするのに十分な『トランスジェンダー』かどうかを『診断』するよう求めている。また、その診断をしたとしても、外科医が手術を拒否するこ ともある。

思春期を迎えようとしている子どもに対しては、思春期ブロッカーと呼ばれる薬で思春期のプロセスを遅らせたり、一時的に止めたりすることができる。これにより、その人は自分の性自認を探求し、手術が自分の望むものであるかどうかを決定するための時間を得ることができる。
is a term first used by the feminist philosopher Judith Butler in their 1990 book Gender Trouble. They argue that being born male or female does not determine behavior. Instead, people learn to behave in particular ways to fit into society. The idea of gender is an act, or performance.[1] This act is the way a person walks, talks, dresses, and behaves. They call this acting "gender performativity." What society regards as a person's gender is just a performance made to please social expectations and not a true expression of the person's gender identity.


ジェ ンダー・パフォーマティビティ(Gender performativity) とは、フェミニスト哲学者のジュディス・バトラーが1990年に出版した『ジェンダー・トラブル』の中で初めて使った言葉である。彼らは、男性や女性に生 まれたからといって行動が決まるわけではないと主張する。その代わり、人は社会に適合するために特定の振る舞いを学ぶ。ジェンダーの考え方は行為、つまり パフォーマンスである。その行為とは、人の歩き方、話し方、服装、振る舞いである。彼らはこの行為を "ジェンダーのパフォーマティビティ "と呼んでいる。社会がその人のジェンダーとみなすものは、社会的な期待を満足させるために行われるパフォーマンスにすぎず、その人のジェンダー・アイデ ンティティを真に表現しているわけではないし、「真の表現」が、何の社会的担保もなしに可能になるわけでもない。
































リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j