sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

生成文法

Generative grammar

A generative parse tree: the sentence is divided into a noun phrase (subject), and a verb phrase which includes the object. This is in contrast to structural and functional grammar which consider the subject and object as equal constituents.[1][2]

池田光穂

生成文法(せいせいぶんぽう、英: generativism /ˈdərətʒɚɪvɪzəm/)[3]は、言語学を仮説上の生得的文法構造の研究とみなす言語理論である。 [4]論理統語論[7]や語彙論[8][9][a]から派生した、以前の構造主義的な言語学の理論を生物学的[5]あるいは生物学的[6]に修正したもの である。生成文法は、繰り返し適用することで、望めばいくらでも長くすることができる不定数の文を生成することができる明示的な規則の体系である。構造モ デルや機能モデルとの違いは、生成文法では目的語が動詞句の中で基本的に生成されることである[10][11]。この認知的構造と称されるものは、普遍文 法の一部であり、人間の遺伝子変異によって引き起こされる統語構造であると考えられている[12]。

, or generativism /ˈdʒɛnərətɪvɪzəm/,[3] is a linguistic theory that regards linguistics as the study of a hypothesised innate grammatical structure.[4] It is a biological[5] or biologistic[6] modification of earlier structuralist theories of linguistics, deriving from logical syntax[7] and glossematics.[8][9][a] Generative grammar considers grammar as a system of rules that generates exactly those combinations of words that form grammatical sentences in a given language. It is a system of explicit rules that may apply repeatedly to generate an indefinite number of sentences which can be as long as one wants them to be. The difference from structural and functional models is that the object is base-generated within the verb phrase in generative grammar.[10][11] This purportedly cognitive structure is thought of as being a part of a universal grammar, a syntactic structure which is caused by a genetic mutation in humans.[12]

Generativists have created numerous theories to make the NP VP (NP) analysis work in natural language description. That is, the subject and the verb phrase appearing as independent constituents, and the object placed within the verb phrase. A main point of interest remains in how to appropriately analyse Wh-movement and other cases where the subject appears to separate the verb from the object.[13] Although claimed by generativists as a cognitively real structure, neuroscience has found no evidence for it.[14][15] In other words, generative grammar encompasses proposed models of linguistic cognition; but there is still no specific indication that these are quite correct. Recent arguments have been made that the success of large language models undermine key claims of generative syntax because they are based on markedly different assumptions, including gradient probability and memorized constructions, and out-perform generative theories both in syntactic structure and in integration with cognition and neuroscience.[16]
生成文法(せいせいぶんぽう、英: generativism /ˈdərətʒɚɪvɪzəm/)[3]は、言語学を仮説上の生得的文法構造の研究とみなす言語理論である。 [4]論理統語論[7]や語彙論[8][9][a]から派生した、以前の構造主義的な言語学の理論を生物学的[5]あるいは生物学的[6]に修正したもの である。生成文法は、繰り返し適用することで、望めばいくらでも長くすることができる不定数の文を生成することができる明示的な規則の体系である。構造モ デルや機能モデルとの違いは、生成文法では目的語が動詞句の中で基本的に生成されることである[10][11]。この認知的構造と称されるものは、普遍文 法の一部であり、人間の遺伝子変異によって引き起こされる統語構造であると考えられている[12]。


生成論者は自然言語記述においてNP VP(NP)分析を機能させるために数多くの理論を作り出してきた。つまり、主語と動詞句は独立した構成要素として現れ、目的語は動詞句の中に置かれる。 主語が動詞と目的語を分離しているように見えるWh-movementやその他のケースをどのように適切に分析するかが主な関心事項として残っている [13]。生成論者は認知的に実在する構造であると主張しているが、神経科学はその証拠を発見していない[14][15]。言い換えれば、生成文法は言語 認知の提案モデルを包含しているが、これらが完全に正しいという具体的な兆候はまだない。最近の議論では、大規模な言語モデルの成功は、勾配確率や記憶さ れた構文など、著しく異なる仮定に基づいており、統語構造においても、認知や神経科学との統合においても、生成論よりも優れているため、生成統語論の主要 な主張を損なうという主張がなされている[16]。
There are a number of different approaches to generative grammar. Common to all is the effort to come up with a set of rules or principles that formally defines each and every one of the members of the set of well-formed expressions of a natural language. The term generative grammar has been associated with at least the following schools of linguistics:

Transformational grammar (TG)
Standard theory (ST)
Extended standard theory (EST)
Revised extended standard theory (REST)
Principles and parameters theory (P&P)
Government and binding theory (GB)
Minimalist program (MP)
Monostratal (or non-transformational) grammars
Relational grammar (RG)
Lexical-functional grammar (LFG)
Generalized phrase structure grammar (GPSG)
Head-driven phrase structure grammar (HPSG)
Categorial grammar
Tree-adjoining grammar
Optimality Theory (OT)
Historical development of models of transformational grammar
Main article: Transformational grammar
Leonard Bloomfield, an influential linguist in the American Structuralist tradition, saw the ancient Indian grammarian Pāṇini as an antecedent of structuralism.[17][18] However, in Aspects of the Theory of Syntax, Chomsky writes that "even Panini's grammar can be interpreted as a fragment of such a 'generative grammar'",[19] a view that he reiterated in an award acceptance speech delivered in India in 2001, where he claimed that "the first 'generative grammar' in something like the modern sense is Panini's grammar of Sanskrit".[20]

Military funding to generativist research was influential to its early success in the 1960s.[21]

Generative grammar has been under development since the mid 1950s, and has undergone many changes in the types of rules and representations that are used to predict grammaticality. In tracing the historical development of ideas within generative grammar, it is useful to refer to the various stages in the development of the theory:

Standard theory (1956–1965)
The so-called standard theory corresponds to the original model of generative grammar laid out by Chomsky in 1965.

A core aspect of standard theory is the distinction between two different representations of a sentence, called deep structure and surface structure. The two representations are linked to each other by transformational grammar.

Extended standard theory (1965–1973)
The so-called extended standard theory was formulated in the late 1960s and early 1970s. Features are:

syntactic constraints
generalized phrase structures (X-bar theory)
Revised extended standard theory (1973–1976)
The so-called revised extended standard theory was formulated between 1973 and 1976. It contains

restrictions upon X-bar theory (Jackendoff (1977)).
assumption of the complementizer position.
Move α
Relational grammar (ca. 1975–1990)
Main article: Relational grammar
An alternative model of syntax based on the idea that notions like subject, direct object, and indirect object play a primary role in grammar.

Government and binding/principles and parameters theory (1981–1990)
Main articles: Government and binding and Principles and parameters
Chomsky's Lectures on Government and Binding (1981) and Barriers (1986).

Minimalist program (1990–present)
Main article: Minimalist program
The minimalist program is a line of inquiry that hypothesizes that the human language faculty is optimal, containing only what is necessary to meet humans' physical and communicative needs, and seeks to identify the necessary properties of such a system. It was proposed by Chomsky in 1993.[22]
生成文法にはさまざまなアプローチがある。すべてに共通するのは、自然 言語の整った表現の集合の一つひとつを正式に定義する規則や原理のセットを考え出す努力である。生成文法という用語は、少なくとも以下の言語学の学派と関 連している:

変形文法(TG)
標準理論(ST)
拡張標準理論(EST)
改訂拡張標準理論(REST)
原理とパラメータ理論 (P&P)
ガバメント&バインディング理論(GB)
最小化プログラム (MP)
単変換(または非変換)文法
関係文法 (RG)
語彙機能文法 (LFG)
一般化句構造文法 (GPSG)
頭部駆動句構造文法 (HPSG)
カテゴリー文法
木結合文法
最適性理論(OT)
変形文法モデルの歴史的発展
主な記事 変形文法
アメリカの構造主義の伝統の中で影響力のある言語学者であるレナード・ブルームフィールドは、古代インドの文法学者パーニニを構造主義の前身と見なしてい た。 [17][18]しかし、チョムスキーは『構文論の諸相』の中で、「パニーニの文法でさえも、そのような『生成文法』の断片として解釈することができる」 と書いており[19]、この見解は2001年にインドで行われた受賞スピーチの中でも繰り返し述べられており、「現代的な意味での最初の『生成文法』はパ ニーニのサンスクリット語の文法である」と主張している[20]。

1960年代の初期の成功には、生成論的研究に対する軍からの資金援助が影響していた[21]。

生成文法は1950年代半ばから開発されており、文法性を予測するために使用される規則や表現の種類に多くの変化があった。生成文法における考え方の歴史 的な発展をたどる上で、理論の発展における様々な段階を参照することは有益である:

標準理論(1956-1965)
いわゆる標準理論は、1965年にチョムスキーが提唱した生成文法の原型に相当する。

標準理論の核となる側面は、深層構造と表層構造と呼ばれる文の2つの異なる表現間の区別である。この2つの表現は、変形文法によって互いにリンクされてい る。

拡張標準理論 (1965-1973)
1960年代後半から1970年代前半にかけて、いわゆる拡張標準理論が提唱された。特徴は

構文制約
一般化された句構造(Xバー理論)
改訂拡張標準理論 (1973-1976)
1973年から1976年にかけて改訂された拡張標準理論。この理論には

X-bar理論(Jackendoff (1977))の制限。
補語の位置の仮定
αを動かす
関係文法 (1975-1990年頃)
主な記事 関係文法
主語、直接目的語、間接目的語などの概念が文法において主要な役割を果たすという考えに基づく構文の代替モデル。

政府と束縛/原理とパラメータ理論(1981-1990年)
主な記事 政府と束縛、原理とパラメータ
チョムスキーの「政府と束縛に関する講義」(1981年)と「障壁」(1986年)。

ミニマリスト・プログラム(1990年~現在)
主な記事 ミニマリスト・プログラム
ミニマリスト・プログラムとは、人間の言語能力は最適であり、人間の身体的およびコミュニケーション上の必要を満たすのに必要なものだけを含んでいるとい う仮説を立て、そのようなシステムに必要な特性を特定しようとする研究路線である。1993年にチョムスキーによって提唱された[22]。
Context-free grammars
Main article: Context-free grammar
Generative grammars can be described and compared with the aid of the Chomsky hierarchy (proposed by Chomsky in the 1950s). This sets out a series of types of formal grammars with increasing expressive power. Among the simplest types are the regular grammars (type 3); Chomsky argues that these are not adequate as models for human language, because of the allowance of the center-embedding of strings within strings, in all natural human languages.

At a higher level of complexity are the context-free grammars (type 2). The derivation of a sentence by such a grammar can be depicted as a derivation tree. Linguists working within generative grammar often view such trees as a primary object of study. According to this view, a sentence is not merely a string of words. Instead, adjacent words are combined into constituents, which can then be further combined with other words or constituents to create a hierarchical tree-structure.

The derivation of a simple tree-structure for the sentence "the dog ate the bone" proceeds as follows. The determiner the and noun dog combine to create the noun phrase the dog. A second noun phrase the bone is created with determiner the and noun bone. The verb ate combines with the second noun phrase, the bone, to create the verb phrase ate the bone. Finally, the first noun phrase, the dog, combines with the verb phrase, ate the bone, to complete the sentence: the dog ate the bone. The following tree diagram illustrates this derivation and the resulting structure:


Such a tree diagram is also called a phrase marker. They can be represented more conveniently in text form, (though the result is less easy to read); in this format the above sentence would be rendered as:
[S [NP [D The ] [N dog ] ] [VP [V ate ] [NP [D the ] [N bone ] ] ] ]

Chomsky has argued that phrase structure grammars are also inadequate for describing natural languages, and formulated the more complex system of transformational grammar.[23]


文脈自由文法
主な記事 文脈自由文法
生成文法は、チョムスキー階層(1950年代にチョムスキーが提唱)を用いて記述・比較することができる。この階層は、表現力が増すにつれて、一連の形式 文法の種類を定めている。最も単純なものは正則文法(タイプ3)である。チョムスキーは、人間の自然言語には文字列の中に文字列を埋め込む中心埋め込みが 存在するため、人間の言語のモデルとしては適切ではないと主張している。

さらに複雑なのは文脈自由文法(タイプ2)である。このような文法による文の導出は、導出木として描くことができる。生成文法に携わる言語学者は、このよ うな木を主要な研究対象としてとらえることが多い。この考え方によれば、文は単なる単語の羅列ではない。その代わりに、隣接する単語が組み合わされて構成 要素となり、さらに他の単語や構成要素と組み合わされて階層的なツリー構造を作ることができる。

犬が骨を食べた」という文の単純な木構造の導出は次のように進む。決定子 the と名詞 dog が結合して名詞句 the dog が作成されます。第 2 の名詞句 the bone が、決定詞 the と名詞 bone で作成されます。動詞 ate は 2 番目の名詞句 the bone と結合して、動詞句 ate the bone を作ります。最後に、最初の名詞句 the dog が動詞句 ate the bone と結合して、the dog ate the bone という文が完成します。次の樹形図は、この導出とその結果の構造を示しています:

このような樹形図はフレーズ・マーカーとも呼ばれます。このような樹形図はフレーズ・マーカーとも呼ばれます。フレーズ・マーカーはテキスト形式でもより 簡単に表現することができます(ただし、結果は読みにくくなります):
[S [NP [D The ] [N dog ] ]となります。[VP [V ate ] [NP [D the ] [N bone ] ] ]となります。] ]

チョムスキーは、句構造文法も自然言語を記述するには不十分であると主張し、より複雑な変換文法の体系を定式化した[23]。
Evidentiality
Noam Chomsky, the main proponent of generative grammar, believed he had found linguistic evidence that syntactic structures are not learned but "acquired" by the child from universal grammar. This led to the establishment of the poverty of the stimulus argument in the 1980s. However, critics claimed Chomsky's linguistic analysis had been inadequate.[24] Linguistic studies had been made to prove that children have innate knowledge of grammar that they could not have learned. For example, it was shown that a child acquiring English knows how to differentiate between the place of the verb in main clauses from the place of the verb in relative clauses. In the experiment, children were asked to turn a declarative sentence with a relative clause into an interrogative sentence. Against the expectations of the researchers, the children did not move the verb in the relative clause to its sentence initial position, but to the main clause initial position, as is grammatical.[25] Critics however pointed out that this was not evidence for the poverty of the stimulus because the underlying structures that children were proved to be able to manipulate were actually highly common in children's literature and everyday language.[24] This led to a heated debate which resulted in the rejection of generative grammar from mainstream psycholinguistics and applied linguistics around 2000.[26][27] In the aftermath, some professionals argued that decades of research had been wasted due to generative grammar, an approach which has failed to make a lasting impact on the field.[27]


The sentence from the study which shows that it is not the verb in the relative clause, but the verb in the main clause that raises to the head C°.[28]
There is no evidence that syntactic structures are innate. While some hopes were raised at the discovery of the FOXP2 gene,[29][30] there is not enough support for the idea that it is 'the grammar gene' or that it had much to do with the relatively recent emergence of syntactical speech.[31]

Neuroscientific studies using ERPs have found no scientific evidence for the claim that human mind processes grammatical objects as if they were placed inside the verb phrase. Instead, brain research has shown that sentence processing is based on the interaction of semantic and syntactic processing.[14] However, since generative grammar is not a theory of neurology, but a theory of psychology, it is completely normal in the field of neurology to find no concreteness of the verb phrase in the brain. In fact, these rules do not exist in our brains, but they do model the external behaviour of the mind.[citation needed] This is why GG claims to be a theory of psychology and is considered to be real cognitively.[32]

Generativists also claim that language is placed inside its own mind module and that there is no interaction between first-language processing and other types of information processing, such as mathematics.[33][b] This claim is not based on research or the general scientific understanding of how the brain works.[34][35]

Chomsky has answered the criticism by emphasising that his theories are actually counter-evidential. He however believes it to be a case where the real value of the research is only understood later on, as it was with Galileo.[36]


証拠性
生成文法の主唱者であるノーム・チョムスキーは、統語構造は学習されるものではなく、普遍文法から子供が「獲得」するものであるという言語学的証拠を発見 したと考えていた。これにより、1980年代に刺激の貧困論が確立された。しかし、批判者たちはチョムスキーの言語分析が不十分であったと主張した。例え ば、英語を習得する子供は、主節における動詞の位置と相対節における動詞の位置を区別する方法を知っていることが示された。実験では、子どもたちに相対節 を含む宣言文を疑問文に変えるよう求めた。研究者たちの予想に反して、子どもたちは相対節の動詞を文法どおりに文頭の位置に移動させず、主節の文頭の位置 に移動させた[25]。しかし批評家たちは、子どもたちが操作できると証明された基本構造は、実際には児童文学や日常的な言語において非常に一般的なもの であったため、これは刺激の貧困さの証拠にはならないと指摘した。 [24]このことは、2000年頃に主流の心理言語学や応用言語学から生成文法を否定する結果となる激しい論争を引き起こした[26][27]。その余波 として、一部の専門家は、生成文法、つまりこの分野に永続的なインパクトを与えることができなかったアプローチのために、何十年もの研究が無駄になったと 主張した[27]。


相対節の動詞ではなく、主節の動詞が頭C°に上がることを示した研究の文[28]。
構文構造が生得的であるという証拠はない。FOXP2遺伝子が発見されたことで期待が高まったが[29][30]、この遺伝子が「文法遺伝子」であると か、比較的最近になって構文音声が出現したことに大きく関係しているという考えには十分な裏付けがない[31]。

ERPを使った神経科学的研究では、人間の心が文法的な対象をあたかも動詞句の中に置くように処理するという主張に対する科学的な証拠は見つかっていな い。その代わり、脳研究によって、文の処理は意味処理と構文処理の相互作用に基づいていることが示されている[14]。しかし、生成文法は神経学の理論で はなく、心理学の理論であるため、脳内に動詞句の具体性が見つからないことは、神経学の分野ではまったく普通のことである。実際、これらの規則は脳には存 在しないが、心の外的な振る舞いをモデル化している。[要出典]これがGGが心理学の理論であると主張し、認知的に実在すると考えられている理由である [32]。

生成論者はまた、言語はそれ自身の心のモジュールの中に配置されており、第一言語処理と数学などの他のタイプの情報処理との間には相互作用がないと主張し ている[33][b]。この主張は研究や脳の働きに関する一般的な科学的理解に基づいていない[34][35]。

チョムスキーは自身の理論が実際には反明示的であることを強調することで批判に答えている。しかし彼は、ガリレオがそうであったように、研究の本当の価値 が後になって初めて理解されるケースであると考えている[36]。
Music
Generative grammar has been used in and analysis since the 1980s.[37][38] The most well-known approaches were developed by [39] as well as and ,[40] who formalized and extended ideas from .[41] More recently, such early generative approaches to music were further developed and extended by various scholars.[42] [43][44][45][46] French composer applied the systematic of generative grammar to the field of contemporary classical music.[citation needed]

音楽
生成文法は1980年代から音楽理論や分析に用いられてきた[37][38]。 最もよく知られたアプローチは、マーク・スティードマン[39]や、シェンカー分析からのアイデアを形式化し拡張したフレッド・ラーダールとレイ・ジャッ ケンドフ[40]によって開発された[41]。 [最近では、このような音楽に対する初期の生成的アプローチが様々な学者によってさらに発展・拡張された[42][43][44][45][46]。フラ ンスの作曲家フィリップ・マヌリーは、生成文法の体系を現代クラシック音楽の分野に応用した[要出典]。
Cognitive linguistics
Cognitive revolution
Digital infinity
Formal grammar
Functional theories of grammar
Generative lexicon
Generative metrics
Generative principle
Generative semantics
Generative systems
Linguistic competence
Parsing
Phrase structure rules
Syntactic Structures
認知言語学
認知革命
デジタル無限大
形式文法
文法の機能理論
生成語彙
生成的測定基準
生成原理
生成的意味論
生成システム
言語能力
構文解析
句構造規則
構文構造




























リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j