sao パチンコ 先バレ無しで当たる

かならずよんでね!

アンドレ・マルローの芸術

On Les Voix du Silence

池田光穂

★(, 1901-1976)は、1951年に芸術論『沈黙の声』を出す。彼は『人間の運命』で 記したように、人間は死すべき運命にある。それゆえ、芸術はその人間の運命=死すべき存在を乗り越える、努力(=端的に不死にならんとすること/不死の命 を込めること)こそが芸術にほかならないと主張する。

章立て:第Ⅰ部 『沈黙の声』 第1章 「空想の美術館」 第2章 「アポロンの変貌」 第3章 「芸術の創造」 第4章 「絶対の貨幣」 第Ⅱ部 『世界彫刻の空想の美術館』 第1章 『彫像』 第2章 『薄浮彫から聖洞窟へ』 第3章 『キリスト教世界』 第Ⅲ部 『神々の変貌』 『神々の変貌』序章 第1章 第一部「神的なもの」 第2章 第二部「信仰」(1) 第3章 第二部「信仰」(2)

マルローは生前たくさんの芸術論を書いた:「芸術の心理』(第一巻『空想の美術館』1947 年、第二巻『芸術創造』1948年、第三巻『絶対の貨幣』1950年)、この三部作を改訂した『沈黙の声』(1951年)、『神々の変貌』第一巻1957 年)等である。なおジョルジュ・サール、アンドレ・バロとの共同監修で、全四十巻の厖大なな『形の世界』邦訳名『人類の美術』新潮社刊、1956年-)を 企画、その第一巻『シュメール』が1960年に出版」出典:.

+++

Links

リンク

文献

その他の情報

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1997-2099