sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

ネーション

Nation

池田光穂

☆ 国民(国家あるいはネーション)とは、言語、歴史、民族性、文化、領土、社会など、ある集団全体で共有される特徴の組み合わせから集団的アイデンティティ が生まれた、大きなタイプの社会組織である。国家には民族を中心に構成されるもの(民族ナショナリズムを参照)もあれば、政治的な憲法によって縛られるも の(市民ナショナリズムや多文化主義を参照)もある。なお、国家はステート (state)でもあるので、国民による国家運営がおこなわれている状態の時には、国民国家(nation state)と言われる。

A is a large type of social organization where a collective identity has emerged from a combination of shared features across a given population, such as language, history, ethnicity, culture, territory or society. Some nations are constructed around ethnicity (see ethnic nationalism) while others are bound by political constitutions (see civic nationalism and multiculturalism).[1]

A nation is generally more overtly political than an ethnic group.[2][3] Benedict Anderson defines a nation as "an imagined political community […] imagined because the members of even the smallest nation will never know most of their fellow-members, meet them, or even hear of them, yet in the minds of each lives the image of their communion”.[4]

Anthony D Smith defines nations as cultural-political communities that have become conscious of their autonomy, unity and particular interests.[5]

The consensus among scholars is that nations are socially constructed, historically contingent, and organizationally flexible.[6] Throughout history, people have had an attachment to their kin group and traditions, territorial authorities and their homeland, but nationalism – the belief that state and nation should align as a nation state – did not become a prominent ideology until the end of the 18th century.[7]
国 民(国家あるいはネーション)とは、言語、歴史、民族性、文化、領土、社会など、ある集団全体で共有される特徴の組み合わせから集団的アイデンティティが 生まれた、大きなタイプの社会組織である。国家には民族を中心に構成されるもの(民族的ナショナリズムを参照)もあれば、政治的な憲法によって縛られるも の(市民ナショナリズムや多文化主義を参照)もある[1]。

ベネディクト・アンダーソンは国家を「想像された政治的共同体」であると定義している。

アンソニー・スミス(Anthony D Smith)は、国家を、自律性、統一性、特定の利益を意識するようになった文化的・政治的共同体であると定義している[5]。

研究者の間では、国家は社会的に構築されたものであり、歴史的に偶発的なものであり、組織的に柔軟なものであるということでコンセンサスが得られている [6]。歴史を通じて、人々は親族集団や伝統、領土的な権威、祖国に対する愛着を持っていたが、ナショナリズム(国家と民族が国民国家として一致すべきで あるとする信念)が著名なイデオロギーとなったのは18世紀末のことである[7]。
Etymology and terminology
The English word nation came from the Latin natio, supine of verb nascar « to birth » (supine : natum), through French. In Latin, natio represents the children of the same birth and also a human group of same origin.[8] By Cicero, natio is used for "people".[9] Old French word nacion – meaning "birth" (naissance), "place of origin" –, which in turn originates from the Latin word natio (nātĭō) literally meaning "birth".[10]

Black's Law Dictionary defines a nation as follows:

nation, n. (14c) 1. A large group of people having a common origin, language, and tradition and usu. constituting a political entity. • When a nation is coincident with a state, the term nation-state is often used....

...

2. A community of people inhabiting a defined territory and organized under an independent government; a sovereign political state....[2]

The word "nation" is sometimes used as synonym for:

State (polity) or sovereign state: a government that controls a specific territory, which may or may not be associated with any particular ethnic group
Country: a geographic territory, which may or may not have an affiliation with a government or ethnic group
Thus the phrase "nations of the world" could be referring to the top-level governments (as in the name for the United Nations), various large geographical territories, or various large ethnic groups of the planet.

Depending on the meaning of "nation" used, the term "nation state" could be used to distinguish larger states from small city states, or could be used to distinguish multinational states from those with a single ethnic group.


語源と用語
英語のnationの語源はラテン語のnatioで、動詞nascar「産む」(supine : natum)の上位語である。ラテン語では、natioは同じ出生の子供たち、また同じ出自の人間集団を表す[8]。キケロでは、natioは「人々」に 使われている[9]。古フランス語のnacionは「誕生」(naissance)、「出身地」を意味し、これはラテン語のnatio(nātĭō)に由 来し、文字通り「誕生」を意味する[10]。

Black's Law Dictionaryは国家を以下のように定義している:

nation, n. (14c) 1. 共通の起源、言語、伝統を持ち、政治的実体を構成する大きな集団。- 国民と国家が一致する場合、国民国家という用語がよく使われる。

...

2. 定義された領土に居住し、独立政府の下で組織された人々の共同体、主権政治国家...[2]。

国民」という言葉は、以下の同義語として使われることもある:

国家(政体)または主権国家:特定の領土を支配する政府。
国:地理的な領土で、政府や民族集団と関係があってもなくてもよい。
したがって、「世界の国々」という表現は、(国連の名称にあるような)トップレベルの政府を指すこともあれば、地理的に大きな領土を指すこともあれば、地球上のさまざまな大きな民族集団を指すこともある。

使用される「国家」の意味によっては、「国民国家」という用語は、大きな国家と小さな都市国家を区別するために使われることもあるし、多国籍国家と単一の民族集団を持つ国家を区別するために使われることもある。
Medieval nations
The existence of Medieval nations
See also: Nationalism in the Middle Ages
Susan Reynolds has argued that many European medieval kingdoms were nations in the modern sense, except that political participation in nationalism was available only to a limited prosperous and literate class,[11] while Adrian Hastings claims England's Anglo-Saxon kings mobilized mass nationalism in their struggle to repel Norse invasions. He argues that Alfred the Great, in particular, drew on biblical language in his law code and that during his reign selected books of the Bible were translated into Old English to inspire Englishmen to fight to turn back the Norse invaders.

Hastings argues for a strong renewal of English nationalism (following a hiatus after the Norman conquest) beginning with the translation of the complete bible into English by the Wycliffe circle in the 1380s, positing that the frequency and consistency in usage of the word nation from the early fourteenth century onward strongly suggest English nationalism and the English nation have been continuous since that time.[12]

However, John Breuilly criticizes the assumption that continued usage of a term such as 'English' means continuity in its meaning.[13] Patrick J. Geary agrees, arguing names were adapted to different circumstances by different powers and could convince people of continuity, even if radical discontinuity was the lived reality.[14]

Florin Curta cites Medieval Bulgarian nation as another possible example. Danubian Bulgaria was founded in 680-681 as a continuation of Great Bulgaria. After the adoption of Orthodox Christianity in 864 it became one of the cultural centres of Slavic Europe. Its leading cultural position was consolidated with the invention of the Cyrillic script in its capital Preslav on the eve of the 10th century.[15] Hugh Poulton argues the development of Old Church Slavonic literacy in the country had the effect of preventing the assimilation of the South Slavs into neighboring cultures and stimulated the development of a distinct ethnic identity.[16] A symbiosis was carried out between the numerically weak Bulgars and the numerous Slavic tribes in that broad area from the Danube to the north, to the Aegean Sea to the south, and from the Adriatic Sea to the west, to the Black Sea to the east, who accepted the common ethnonym "Bulgarians".[17] During the 10th century the Bulgarians established a form of national identity that was far from modern nationalism but helped them to survive as a distinct entity through the centuries.[18][19][clarification needed]

Anthony Kaldellis asserts in Hellenism in Byzantium (2008) that what is called the Byzantine Empire was the Roman Empire transformed into a nation-state in the Middle Ages.[page needed]

Azar Gat also argues China, Korea and Japan were nations by the time of the European Middle Ages.[20]

Criticisms
In contrast, Geary rejects the conflation of early medieval and contemporary group identities as a myth, arguing it is a mistake to conclude continuity based on the recurrence of names. He criticizes historians for failing to recognize the differences between earlier ways of perceiving group identities and more contemporary attitudes, stating they are "trapped in the very historical process we are attempting to study".[21]

Similarly, Sami Zubaida notes that many states and empires in history ruled over ethnically diverse populations, and "shared ethnicity between ruler and ruled did not always constitute grounds for favour or mutual support". He goes on to argue ethnicity was never the primary basis of identification for the members of these multinational empires.[22]

Use of term nationes by medieval universities and other medieval institutions
Main article: Nation (university)
A significant early use of the term nation, as natio, occurred at Medieval universities[23] to describe the colleagues in a college or students, above all at the University of Paris, who were all born within a pays, spoke the same language and expected to be ruled by their own familiar law. In 1383 and 1384, while studying theology at Paris, Jean Gerson was elected twice as a procurator for the French natio. The University of Prague adopted the division of students into nationes: from its opening in 1349 the studium generale which consisted of Bohemian, Bavarian, Saxon and Polish nations.

In a similar way, the nationes were segregated by the Knights Hospitaller of Jerusalem, who maintained at Rhodes the hostels from which they took their name "where foreigners eat and have their places of meeting, each nation apart from the others, and a Knight has charge of each one of these hostels, and provides for the necessities of the inmates according to their religion", as the Spanish traveller Pedro Tafur noted in 1436.[24]


中世国家(ネーション)の存在
中世国家の存在
以下も参照: 中世のナショナリズム
スーザン・レイノルズは、ナショナリズムへの政治的参加は限られた裕福で識字能力のある階級にのみ可能であったことを除けば、ヨーロッパ中世の多くの王国 は近代的な意味での国家であったと主張し[11]、エイドリアン・ヘイスティングスは、イングランドのアングロ・サクソン王は北欧の侵略を撃退するための 闘争において大衆ナショナリズムを動員したと主張している。彼は、特にアルフレッド大王がその律法の中で聖書の言葉を利用し、彼の治世の間に聖書の中から 選ばれた書物が古英語に翻訳され、北欧の侵略者を撃退するために戦うようイングランド人を鼓舞したと主張する。

ヘイスティングスは、1380年代にウィクリフ・サークルが聖書全巻を英語に翻訳したことを皮切りに、(ノルマン・コンクエストの後に中断していた)イン グランド・ナショナリズムが強力に更新されたと主張し、14世紀初頭以降のnationという語の使用頻度と一貫性は、イングランド・ナショナリズムとイ ングランド国家が当時から継続していたことを強く示唆していると仮定している[12]。

しかし、ジョン・ブリュイリーは「イングリッシュ」のような用語の継続的な使用がその意味の連続性を意味するという仮定を批判している[13]。パトリッ ク・J・ギアリーも同意見で、名称は異なる権力によって異なる状況に適応され、たとえ根本的な非連続性が生活実態であったとしても、人々に連続性を確信さ せることができたと論じている[14]。

フローリン・クルタは、中世ブルガリアの国家をもう一つの例として挙げている。ダヌビア・ブルガリアは、680年から681年にかけて大ブルガリアを継承 する形で建国された。864年に正教が採用されると、スラブ・ヨーロッパの文化的中心地のひとつとなった。10世紀前夜に首都プレスラフでキリル文字が発 明されたことで、その文化的地位は確固たるものとなった[15]。ヒュー・ポールトンは、この国で旧教スラヴ語の識字が発達したことが、南スラヴ人の近隣 文化への同化を防ぎ、明確な民族的アイデンティティの発展を促す効果があったと論じている。 [16]北はドナウ川、南はエーゲ海、西はアドリア海、東は黒海に至る広範な地域で、「ブルガリア人」という共通の民族呼称を受け入れた数少ないスラブ民 族と、数的弱者であったブルガル人との間で共生が行われた[17]。10世紀、ブルガリア人は近代ナショナリズムとはかけ離れた民族的アイデンティティを 確立したが、それは何世紀にもわたって独自の存在として存続するのに役立った[18][19][要解説]。

アンソニー・カルデリスは『ビザンチウムのヘレニズム』(2008年)の中で、ビザンチン帝国と呼ばれるものはローマ帝国が中世に国民国家に変化したものであると主張している[要出典]。

アザール・ガットもまた、中国、韓国、日本はヨーロッパ中世の頃には国家であったと主張している[20]。

批判
これに対してギアリーは、中世初期と現代の集団アイデンティティの混同を神話として否定し、名前の再来に基づいて連続性を結論づけるのは誤りであると主張 している。彼は、歴史家たちが以前の集団アイデンティティの捉え方と、より現代的な態度の違いを認識できていないことを批判し、「我々が研究しようとして いる歴史的過程そのものに囚われている」と述べている[21]。

同様に、サミ・ズバイダは、歴史上の多くの国家や帝国が民族的に多様な集団を支配しており、「支配者と被支配者の間で民族性が共有されていたことが、必ず しも好意や相互扶助の根拠とはならなかった」と指摘している。さらに彼は、これらの多国籍帝国の構成員にとって、民族性がアイデンティティの主要な基盤で あったことはないと論じている[22]。

中世の大学やその他の機関によるネーショネスという用語の使用
主な記事 ネーション(大学)
中世の大学[23]では、特にパリ大学において、大学の同僚や学生を表現するために、natioとしてnationという用語が初期に使用されていた。 1383年と1384年、パリで神学を学んでいたジャン・ジェルソンは、フランス国家総督に2度選出された。プラハ大学では、1349年の開学以来、ボヘ ミア人、バイエルン人、サクソン人、ポーランド人からなる一般学生寮(studium generalale)が設けられ、学生を国民に分けた。

同様の方法で、国民はエルサレムのホスピタラー騎士団によって隔離され、騎士団はその名の由来となったホステルをロードスで維持していた。1436年にス ペインの旅行者ペドロ・タフールが記しているように、「外国人が食事をし、集会の場所を持ち、それぞれの国民が他の国民から離れている。
Early modern nations
See also: Nation state
In his article, "The Mosaic Moment: An Early Modernist Critique of the Modernist Theory of Nationalism", Philip S. Gorski argues that the first modern nation-state was the Dutch Republic, created by a fully modern political nationalism rooted in the model of biblical nationalism.[25] In a 2013 article "Biblical nationalism and the sixteenth-century states", Diana Muir Appelbaum expands Gorski's argument to apply to a series of new, Protestant, sixteenth-century nation states.[26] A similar, albeit broader, argument was made by Anthony D. Smith in his books, Chosen Peoples: Sacred Sources of National Identity and Myths and Memories of the Nation.[27][28]

In her book Nationalism: Five Roads to Modernity, Liah Greenfeld argued that nationalism was invented in England by 1600. According to Greenfeld, England was “the first nation in the world".[29][30]
近世国家(ネーション)
こちらも参照: 国民国家
論文「モザイクの瞬間: フィリップ・S・ゴルスキーは "The Mosaic Moment: An Early Modernist Critique of the Modernist Theory of Nationalism "という論文で、最初の近代国民国家はオランダ共和国であり、それは聖書ナショナリズムのモデルに根ざした完全な近代政治ナショナリズムによって作られた と主張している。 [25]2013年の論文「聖書ナショナリズムと16世紀の国家」において、ダイアナ・ミュール・アッペルバウムはゴルスキーの議論を拡張し、プロテスタ ント系の一連の新しい16世紀の国民国家に適用するとしている[26]。 より広範ではあるが、同様の議論がアンソニー・D・スミスによってその著書『選ばれし者たち』(Chosen Peoples: Sacred Sources of National Identity』と『Myths and Memories of the Nation』である[27][28]。

彼女の著書『ナショナリズム』において: Liah Greenfeldは、ナショナリズムは1600年までにイギリスで発明されたと主張している。グリーンフェルドによれば、イングランドは「世界で最初の国家」であった[29][30]。
Social science
There are three notable perspectives on how nations developed. Primordialism (perennialism), which reflects popular conceptions of nationalism but has largely fallen out of favour among academics,[31] proposes that there have always been nations and that nationalism is a natural phenomenon. Ethnosymbolism explains nationalism as a dynamic, evolving phenomenon and stresses the importance of symbols, myths and traditions in the development of nations and nationalism. Modernization theory, which has superseded primordialism as the dominant explanation of nationalism,[32] adopts a constructivist approach and proposes that nationalism emerged due to processes of modernization, such as industrialization, urbanization, and mass education, which made national consciousness possible.[6][33]

Proponents of modernization theory describe nations as "imagined communities", a term coined by Benedict Anderson.[34] A nation is an imagined community in the sense that the material conditions exist for imagining extended and shared connections and that it is objectively impersonal, even if each individual in the nation experiences themselves as subjectively part of an embodied unity with others. For the most part, members of a nation remain strangers to each other and will likely never meet.[35] Nationalism is consequently seen an "invented tradition" in which shared sentiment provides a form of collective identity and binds individuals together in political solidarity. A nation's foundational "story" may be built around a combination of ethnic attributes, values and principles, and may be closely connected to narratives of belonging.[6][36][37]

Scholars in the 19th and early 20th century offered constructivist criticisms of primordial theories about nations.[38] A prominent lecture by Ernest Renan, "What is a Nation?", argues that a nation is "a daily referendum", and that nations are based as much on what the people jointly forget as on what they remember. Carl Darling Buck argued in a 1916 study, "Nationality is essentially subjective, an active sentiment of unity, within a fairly extensive group, a sentiment based upon real but diverse factors, political, geographical, physical, and social, any or all of which may be present in this or that case, but no one of which must be present in all cases."[38]

In the late 20th century, many social scientists[who?] argued that there were two types of nations, the civic nation of which French republican society was the principal example and the ethnic nation exemplified by the German peoples. The German tradition was conceptualized as originating with early 19th-century philosophers, like Johann Gottlieb Fichte, and referred to people sharing a common language, religion, culture, history, and ethnic origins, that differentiate them from people of other nations.[39] On the other hand, the civic nation was traced to the French Revolution and ideas deriving from 18th-century French philosophers. It was understood as being centred in a willingness to "live together", this producing a nation that results from an act of affirmation.[40] This is the vision, among others, of Ernest Renan.[39]
社会科学
国家(ネーション)がどのように発展してきたかについては、3つの注目すべき視点がある。原初主義(perennialism)は、ナショナリズムに対す る一般的な概念を反映するものであるが、学問的にはほとんど支持されなくなっており[31]、国家は常に存在しており、ナショナリズムは自然現象であると 提唱している。エスノシンボリズムは、ナショナリズムをダイナミックで進化する現象として説明し、国家とナショナリズムの発展における象徴、神話、伝統の 重要性を強調する。ナショナリズムの説明として原初主義に取って代わった近代化理論[32]は、構成主義的なアプローチを採用しており、工業化、都市化、 大衆教育といった近代化のプロセスによってナショナリズムが出現し、それによって国家意識が可能になったと提唱している[6][33]。

近代化理論の支持者たちは国家をベネディクト・アンダーソンによって作られた用語である「想像された共同体」として記述している[34]。国家が想像され た共同体であるのは、拡大され共有されたつながりを想像するための物質的な条件が存在するという意味においてであり、たとえ国家の各個人が主観的には他者 との具現化された一体性の一部であると自分自身を経験していたとしても、客観的には非人格的であるという意味においてである。ナショナリズムは結果とし て、共有された感情が集団的アイデンティティの形式を提供し、政治的連帯において個人を結びつける「発明された伝統」とみなされる。国家の基礎となる「物 語」は民族的属性、価値観、原則の組み合わせの周りに構築されることがあり、帰属の物語と密接に結びついていることがある[6][36][37]。

19世紀から20世紀初頭にかけての学者たちは、国家に関する根源的な理論に対して構成主義的な批判を展開していた。 エルネスト・ルナンによる著名な講義「国家とは何か」は、国家とは「日々の国民投票」であり、国家は国民が記憶しているものと同様に、国民が共同で忘れて いくものにも基づいていると論じている[38]。カール・ダーリング・バックは1916年の研究において、「国民性とは本質的に主観的なものであり、かな り広範な集団内における、団結の積極的な感情であり、政治的、地理的、物理的、社会的な、現実的ではあるが多様な要因に基づく感情である。

20世紀後半には、多くの社会科学者[誰?]が、国家には2つのタイプがあると主張していた。フランスの共和制社会が主要な例であった市民国家と、ドイツ 民族に代表される民族国家である。ドイツの伝統は、ヨハン・ゴットリープ・フィヒテのような19世紀初頭の哲学者に端を発するものとして概念化され、言 語、宗教、文化、歴史、民族的起源を共有し、他の国の人々とは異なる人々を指していた。これは、「共に生きる」という意思を中心としたものであり、肯定行 為から生じる国家を生み出すものであると理解されていた[40]。
Debate about a potential future of nations
See also: Clash of Civilizations, City-state, Virtual community, Tribe (Internet), Global citizenship, Geographic mobility, Transnationalism, Geo-fence, Decentralization, Collective problem solving, and Sociocultural evolution
There is an ongoing debate about the future of nations − about whether this framework will persist as is and whether there are viable or developing alternatives.[41]

The theory of the clash of civilizations lies in direct contrast to cosmopolitan theories about an ever more-connected world that no longer requires nation states. According to political scientist Samuel P. Huntington, people's cultural and religious identities will be the primary source of conflict in the post–Cold War world.

The theory was originally formulated in a 1992 lecture[42] at the American Enterprise Institute, which was then developed in a 1993 Foreign Affairs article titled "The Clash of Civilizations?",[43] in response to Francis Fukuyama's 1992 book, The End of History and the Last Man. Huntington later expanded his thesis in a 1996 book The Clash of Civilizations and the Remaking of World Order.

Huntington began his thinking by surveying the diverse theories about the nature of global politics in the post–Cold War period. Some theorists and writers argued that human rights, liberal democracy and capitalist free market economics had become the only remaining ideological alternative for nations in the post–Cold War world. Specifically, Francis Fukuyama, in The End of History and the Last Man, argued that the world had reached a Hegelian "end of history".

Huntington believed that while the age of ideology had ended, the world had reverted only to a normal state of affairs characterized by cultural conflict. In his thesis, he argued that the primary axis of conflict in the future will be along cultural and religious lines. Postnationalism is the process or trend by which nation states and national identities lose their importance relative to supranational and global entities. Several factors contribute to its aspects including economic globalization, a rise in importance of multinational corporations, the internationalization of financial markets, the transfer of socio-political power from national authorities to supranational entities, such as multinational corporations, the United Nations and the European Union and the advent of new information and culture technologies such as the Internet. However attachment to citizenship and national identities often remains important.[44][45][46]

Jan Zielonka of the University of Oxford states that "the future structure and exercise of political power will resemble the medieval model more than the Westphalian one" with the latter being about "concentration of power, sovereignty and clear-cut identity" and neo-medievalism meaning "overlapping authorities, divided sovereignty, multiple identities and governing institutions, and fuzzy borders".[41]


国家(ネーション)間の未来の可能性についての議論
こちらも参照: 文明の衝突、都市国家、仮想コミュニティ、部族(インターネット)、グローバル・シチズンシップ、地理的移動、トランスナショナリズム、ジオフェンス、分散化、集団的問題解決、社会文化進化
国家の将来について、この枠組みがこのまま存続するのかどうか、そして実行可能な代替案や発展途上の代替案があるのかどうかという議論が続いている[41]。

文明の衝突の理論は、もはや国民国家を必要としない、よりつながりの強い世界に関するコスモポリタン理論とは正反対のものである。政治学者のサミュエル・ P・ハンティントンによれば、人々の文化的・宗教的アイデンティティが、冷戦後の世界における紛争の主な原因となるという。

この理論は1992年にアメリカン・エンタープライズ研究所で行われた講演[42]で提唱されたもので、1992年のフランシス・フクヤマの著書『The End of History and the Last Man(歴史の終わりと最後の人間)』[43]を受けて、1993年のフォーリン・アフェアーズの記事「文明の衝突?その後、ハンティントンは1996年 の著書『The Clash of Civilizations and the Remaking of World Order(文明の衝突と世界秩序の再構築)』において、その論文をさらに発展させた。

ハンチントンは、冷戦後の世界政治のあり方について、さまざまな理論を調査することから考えを始めた。一部の理論家や作家は、人権、リベラル・デモクラ シー、資本主義的自由市場経済が、冷戦後の世界において国家に残された唯一のイデオロギー的選択肢になったと主張した。具体的には、フランシス・フクヤマ は『歴史の終わりと最後の人間』の中で、世界はヘーゲル的な「歴史の終わり」に達したと主張した。

ハンチントンは、イデオロギーの時代は終わったが、世界は文化的対立を特徴とする通常の状態に戻っただけだと考えた。ハンチントンはその論文の中で、将来 における紛争の主要な軸は文化的・宗教的な線に沿ったものになると主張した。ポストナショナリズムとは、国民国家や国家のアイデンティティが、超国家的で グローバルな存在に比してその重要性を失っていく過程や傾向のことである。その背景には、経済のグローバル化、多国籍企業の重要性の高まり、金融市場の国 際化、社会政治的権力の国家権力から多国籍企業、国連、EUなどの超国家的主体への移行、インターネットなどの新しい情報・文化技術の出現など、いくつか の要因がある。しかし、市民権や国民的アイデンティティへの愛着は依然として重要であることが多い[44][45][46]。

オックスフォード大学のヤン・ジエロンカは、「将来の政治権力の構造と行使は、ウェストファリア的なモデルよりも中世的なモデルに似てくるだろう」と述べ ており、後者は「権力、主権、明確なアイデンティティの集中」を意味し、新中世主義は「重複する権限、分割された主権、複数のアイデンティティと統治機 関、あいまいな国境」を意味するとしている[41]。
Citizenship
City network
Country
Government
Identity (social science)
Imagined Communities
Invented tradition
Lists of people by nationality
Meta-ethnicity
Multinational state
National emblem
National god
National memory
Nationalism
Nationality
People
Polity
Qaum
Race (human categorization)
Separatism
Irredentism
Society
Sovereign state
Stateless nation
Tribe
Republic
Republicanism
シティズンシップ
都市ネットワーク

政府
アイデンティティ(社会科学)
想像の共同体
発明された伝統
国籍別リスト
メタ民族性
多国籍国家
国章
民族の神
民族の記憶
ナショナリズム
国籍
国民
政治
カウム
人種
分離主義
独立主義
社会
主権国家
無国籍国家
部族
共和制
共和制


























リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j