sao パチンコ 先バレ無しで当たる

かならずよんで ね!

オンライン・フィールドワークとオンライン・エスノグラフィー

Online Fieldwork and Online Ethnography


池田光穂

★オンラインフィールドワークとは、COVID-19などの流行下のもとで、旅行や対面調査ができない学生や教員のための、仮想あるいはリモートフィールドワークを実践することである。

★★オンラインエスノグラフィー(バーチャルエスノグラフィー、デジタルエスノグラフィーとも呼ばれる)は、コンピュータを介した社会的相互作用によって形成 されるコミュニティや文化の研究に民族誌的手法を適用するオンライン研究手法である。エスノグラフィーという言葉の変形として、サイバーエスノグラフィー(Cyber Ethnography)、オンラインエスノグラフィー、バーチャルエスノグラフィー(その他多くの方法論の新語も含む)は、エスノグラフィー的方法論を適用したオンライン フィールドワークの実施に関する特定のバリエーションを示すことがある。

1)民族誌エスノグラフィー)をパッチワー クの論理で仕上げること

2)リアル世界での社会的孤立は、仮想空間における出会いと交渉を加速 させた

3)パンデミック(COVID-19)のもとでのフィールドワークのあ り方(を我々に教え た)

4)ロックダウンのもとでの人々のコミュニケーション回路を回復させる
5)COVID-19流行のもとで、質的 調査研究を実践する
Source:

  / edited by Larissa Hjorth ... [et al.], Routledge , 2019 . - (Routledge companions)

With the increase of digital and networked media in everyday life, researchers have increasingly turned their gaze to the symbolic and cultural elements of technologies. From studying online game communities, locative and social media to YouTube and mobile media, ethnographic approaches to digital and networked media have helped to elucidate the dynamic cultural and social dimensions of media practice. The Routledge Companion to Digital Ethnography provides an authoritative, up-to-date, intellectually broad, and conceptually cutting-edge guide to this emergent and diverse area. Features include: a comprehensive history of computers and digitization in anthropology; exploration of various ethnographic methods in the context of digital tools and network relations; consideration of social networking and communication technologies on a local and global scale; in-depth analyses of different interfaces in ethnography, from mobile technologies to digital archives.
デジタル・エスノグラフィー入門

日常生活におけるデジタルメディアやネット ワークメディアの増加に伴い、研究者の視線はテクノロジーの象徴的・文化的要素に向けられることが多くなっている。オンラインゲームコミュニティ、ロケー ティブメディア、ソーシャルメディアからYouTubeやモバイルメディアまで、デジタルメディアやネットワークメディアに対するエスノグラフィーのアプ ローチは、メディア実践のダイナミックな文化的・社会的側面を明らかにするのに役立ってきました。The Routledge Companion to Digital Ethnographyは、この新しく、多様な分野に対する権威ある、最新の、知的で幅広い、そして概念的な最先端のガイドを提供します。本書の特徴は、 人類学におけるコンピューターとデジタル化の包括的な歴史、デジタルツールやネットワーク関係における様々な民族誌的手法の探求、ローカルおよびグローバ ルスケールでのソーシャルネットワークとコミュニケーション技術の考察、モバイルテクノロジーからデジタルアーカイブまで、民族誌における様々なインター フェースの詳細な分析などです。
Part I - Debating Digital Ethnography

1. Computers in/and anthropology: the poetics and politics of digitization
2. From virtual ethnography to the embedded, embodied, everyday Internet
3. Vectors for fieldwork: computational thinking and new modes of ethnography
4. A performative digital ethnography: data, design, and speculation
5. The fieldsite as a network: a strategy for locating ethnographic research
6. Remote ethnography: studying digital politics in Spain and Indonesia from afar
7. Mixing it: digital ethnography and online research methods-a tale of two global digital music genres

Part II - Relationships
8. Small places turned inside out: social networking in small communities
9. "Doing family" at a distance: transnational family practices in polymedia environments
10. Researching death online
11. Relational labor, fans, and collaborations in professional rock climbing

Part III - Visibility and Voice
12. "Our media"? Microblogging and the elusiveness of voice in China
13. Participatory complications in interactive, video-sharing environments
14. Influencer extravaganza: a decade of commercial "lifestyle" microcelebrities in Singapore
15. Nah Leavin' Trinidad: the place of digital music production among amateur musicians in Trinidad

Part IV - Place and Co-Presence
16. Locating emerging media: ethnographic reflections on culture, selfhood, and place
17. Making "ournet not the Internet": an ethnography of homebrew high-tech practices in suburban Australia
18. Locative mobile media and the development of unplanned, fleeting encounters with pseudonymous strangers, and virtual acquaintances in urban public places
19. Mobile media matters: the ethnography and phenomenology of itinerant interfaces
20. Placing mobile ethnography: mobile communication as a practice of place making

Part V - Play
21. Digital gaming, social inclusion, and the right to play: a casestudy of a Venezuelan cybercafe
22. Kayfabe: an indepth look at WWE and its fandom using digital ethnography
23. Running, gender, and play with Zombies, Run! 24. Hands between the worlds

Part VI - Arts
25. Reflections on teaching and displaying with the help of emerging technologies
26. The art of play: ethnography and playful interventions with young people
27. The (be)coming of selfies: revisiting an onlife ethnography on digital photography practices
28. Mobile filmmaking 29. Curating digital resonance

Part VII - Infrastructures
30. Instant archives?
31. The fortune of scarcity: digital music circulation in Cuba
32. An infrastructural approach to digital ethnography: lessons from the Manchester Infrastructures of Social Change project
33. Riding the rails of mobile payments: financial inclusion, mobile phones, and infrastructure
34. Polar infrastructures

Part VIII - Politics
35. Digital ethnography of mobiles for development
36. Mediated political agency in contested Africa
37. Ethnography beyond and within digital structures and the study of social media activism
38. The search for Wikipedia's edges
39. Environmental sensing and control

Part IX - Design
40. The politics of design, design as politics
41. Ethnography and the ongoing in digital design
42. Disruptive interventions with mobile media through Design+Ethnography+Futures
43. More-Than-Human Lab: critical and ethnographic experiments after human exceptionalism
44. Using fiction to explore social facts: the Laboratory of Speculative Ethnology


第1部 デジタルエスノグラフィーを論じる

1. コンピュータと人類学:デジタル化の詩学と政治学
2. バーチャルエスノグラフィから、埋め込まれた、身体化された、日常的なインターネットへ
3. フィールドワークのベクトル:コンピューテーショナル・シンキングと新しいエスノグラフィーのモード
4. パフォーマティブなデジタルエスノグラフィ:データ、デザイン、そして思索
5. ネットワークとしてのフィールドサイト:エスノグラフィック・リサーチの位置づけのための戦略 6.
6. リモートエスノグラフィー:スペインとインドネシアにおけるデジタルポリティクスの遠方からの研究 7.
7. デジタルエスノグラフィとオンライン調査法-2つのグローバルなデジタル音楽ジャンルの物語

第2部 人間関係
8. 小さな場所を裏返せば:小さなコミュニティにおけるソーシャルネットワーキング
9. 9. 距離をおいて「家族をする」:ポリメディア環境におけるトランスナショナルな家族の実践
10. オンラインにおける死の研究
11. プロのロッククライミングにおける関係労働、ファン、そして共同作業

第3部:可視性と声
12. 「私たちのメディア」?中国におけるマイクロブログと声のつかみどころのなさ
13. インタラクティブな動画共有環境における参加型コンプリケーション
14. インフルエンサーの祭典:シンガポールにおける商業的「ライフスタイル」マイクロセレブリティの10年
15. ナ・リーヴィン・トリニダード:トリニダードのアマチュア・ミュージシャンにおけるデジタル音楽制作の位置づけ

第4部 - 場所と同居
16. エマージング・メディアの位置づけ:文化、自我、場所に関するエスノグラフィーの考察
17. インターネットではない我々のネット」を作る:オーストラリア郊外における自作ハイテク実践のエスノグラフィー
18. モバイル・メディアと都市の公共の場における見知らぬ人、仮想的な知人との無計画でつかの間の出会いの発展 19.
19. モバイルメディアの問題:遍歴するインターフェイスのエスノグラフィーと現象論
20. モバイルエスノグラフィーを配置する:場所づくりの実践としてのモバイルコミュニケーション

第5部 遊戯
21. デジタルゲーム、ソーシャルインクルージョン、そして遊ぶ権利:ベネズエラのサイバーカフェの事例から
22. ケイフェイブ:デジタルエスノグラフィーを使ってWWEとそのファンダムを深く見る
23. 『ゾンビ、走れ!』におけるランニング、ジェンダー、そして遊び24.
24. 世界の間の手

第6部 - 芸術
25. 新たなテクノロジーを活用した教育・展示の振り返り
26. 遊びの芸術:エスノグラフィーと若者への遊びの介入
27. 自撮りの到来:デジタル写真の実践に関するオンライフ・エスノグラフィーの再検討 28.
28. モバイル・フィルム・メイキング
29. デジタル・レゾナンスのキュレーション

第7部 - インフラストラクチャーズ
30. インスタント・アーカイヴ?
31. 希少性という幸運:キューバにおけるデジタル音楽の流通
32. デジタルエスノグラフィーへのインフラストラクチャー・アプローチ:マンチェスターの社会変革のインフラストラクチャー・プロジェクトからの教訓
33. モバイル決済のレールに乗る:金融包摂、携帯電話、そしてインフラ
34. 極域のインフラストラクチャー

第8部:政治
35. 開発のためのモバイルのデジタルエスノグラフィー
36. 紛争下のアフリカにおける政治的エージェンシーの媒介
37. デジタル構造を超えた、デジタル構造内のエスノグラフィーとソーシャルメディア・アクティヴィズムの研究
38. ウィキペディアのエッジの探求
39. 環境センシングと制御

第9部 デザイン
40. デザインの政治性、政治としてのデザイン
41. デジタルデザインにおけるエスノグラフィーと現在進行形
42. デザイン+エスノグラフィー+フューチャーによるモバイルメディアへの破壊的介入
43. モア・タン・ヒューマン・ラボ:人間例外主義以降の批評とエスノグラフィーの実験
44. 社会的事実を探求するためにフィクションを使われる:投機的民族学研究室(Laboratory of Speculative Ethnology)


, by  Royal Geographical Society

FIELDWORK DURING COVID-19, by Harverd Library.

- Presentation slides for Harvard Library workshop
(Alexia Maddox)

(Time Zone Scheduler)

YouTube:

YouTube:
YouTube: 

(here)
(pdf)
- Essays on How the Pandemic Has Changed Research Practice (SSRC)
Conducting remote online focus groups in times of COVID-19
質的研究のための図書館支援、FIELDWORK DURING COVID-19、ハーバード図書館によるもの。

(遠隔)質的フィールドワークの準備
ハーバード大学図書館ワークショップの発表スライド
オンラインインタビューの実施(アレクシア・マドックス)
書簡による(非同期)インタビュー
世界時計ミーティングプランナー(タイムゾーンスケジューラー)
デボラ・ラプトンの書誌情報 パンデミックの中でフィールドワークをする
YouTubeで見る デボラ・ラプトン パンデミックにおけるフィールドワークの実施と仮想化
ジャネット・サルモンズのブログ 研究者コミュニティーの繋がり
YouTube ジャネット・サーモンズ フィールドがオンラインになったとき
YouTube  オンライン空間におけるエスノグラフィック・フィールドワーク
NVivoブログ COVID-19と仮想質的フィールドワーク
LSEブログ 監禁下での質的研究の実施 - 実務と倫理に関する考察(こちら)
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)デジタルエスノグラフィー共同読書リスト
社会調査と不安-パンデミックが研究活動をどう変えたかについてのエッセイ(SSRC)
COVID-19の時代における遠隔オンラインフォーカスグループの実施
- 4 Key Considerations for Online Programs with Fieldwork Requirements, by Wiley.
1.  ENSURE ADEQUATE STAFFING
2.  IDENTIFY AND BUILD CONNECTIONS WITH FIELDWORK SITES
3. PLAN AHEAD FOR THE AFFILIATION AGREEMENT PROCESS
4. BE AWARE OF THE SPECIFIC NEEDS OF ONLINE STUDENTS

, by Alexander Street
Cyber Ethnography
Cyber ethnography

(also known as virtual ethnography or digital ethnography) is an online research method that adapts ethnographic methods to the study of the communities and cultures created through computer-mediated social interaction. As modifications of the term ethnography, cyber-ethnography, online ethnography and virtual ethnography (as well as many other methodological neologisms) designate particular variations regarding the conduct of online fieldwork that adapts ethnographic methodology. There is no canonical approach to cyber-ethnography that prescribes how ethnography is adapted to the online setting. Instead individual researchers are left to specify their own adaptations. Netnography is another form of online ethnography or cyber-ethnography with more specific sets of guidelines and rules, and a common multidisciplinary base of literature and scholars. This article is not about a particular neologism, but the general application of ethnographic methods to online fieldwork as practiced by anthropologists, sociologists, and other scholars.
サイバーエスノグラフィー

オ ンライン・エスノグラフィー(バーチャルエスノグラフィー、デジタルエスノグラフィーとも呼ばれる)は、コンピュータを介した社会的相互作用によって形成 されるコミュニティや文化の研究に民族誌的手法を適用するオンライン研究手法である。エスノグラフィーという言葉の変形として、サイバーエスノグラ フィー、オンラインエスノグラフィー、バーチャルエスノグラフィー(その他多くの方法論の新語も含む)は、エスノグラフィー的方法論を適用したオンライン フィールドワークの実施に関する特定のバリエーションを示すことがある。サイバーエスノグラフィには、エスノグラフィをどのようにオンライン環境に適応さ せるかを規定する正統的なアプローチは存在しない。その代わりに、個々の研究者が独自の適応を規定することになる。ネットノグラフィーは、オンラインエス ノグラフィーやサイバーエスノグラフィーの別の形態であり、より具体的なガイドラインやルールがあり、共通の学際的な文献や研究者の基盤がある。この記事 は、特定の新語についてではなく、人類学者、社会学者、その他の学者によって実践されている、オンライン・フィールドワークへのエスノグラフィーの手法の 一般的な適用について述べているのである。
Introduction

Traditional ethnography study observes the interactions between individuals who are co-located. Ethnographies of online cultures and communities extend ethnographic study to settings where interactions are technologically mediated, not face-to-face. Cyber-ethnography therefore addresses limitations in the traditional notion of a field site as a localized space. It also understands that online communities can create a shared culture through digitally mediated interactions. Although the assertion that ethnographic fieldwork can be meaningfully applied to computer-mediated interactions has been contested,[1] it is increasingly becoming accepted.[2]

Like other early internet researchers, early cyber-ethnographers such as Sandy Stone and Sherry Turkle observed that participants in online role-playing communities enact social performances that can diverge dramatically from their offline personas.[3] This led to the idea that online identities can be segmented from offline ones. Cyber-ethnography was seen as a new kind of methodology that might uncover how the internet would radically change society. However, as the internet reached the mainstream and cyber-ethnographers sought legitimacy, cyber-ethnography was reframed as adaptation of traditional methods into a new context. Understanding the degree to which divergent performances in online and offline settings reflect a segmentation of identity or a continuous identity performed differently in different contexts remains an important consideration for cyber ethnographers.[3]

Many other aspects of online, computer-mediated, or virtual, interaction and community formation are distinct from their in-person, real life, or face-to-face counterparts. Of central importance is that many interactions in online communities are textual.[3] While these textual artifacts resemble the traces of interaction, they constitute the interactions of interest to the cyberethnographer. They are a different kind of interaction in which body language and other kinds of social cues are absent or translated into signs and text.[citation needed]

The character and level of access available to researchers of online communities are also particular to cyber-ethnography. Whereas face-to-face interactions are ephemeral as they occur, online social interactions are often automatically saved and archived, creating permanent accurate records. Also, distinctions between private and public spaces are often unclear in online communities.[3] cyber-ethnography attempts to adapt participant-observation procedures such as making cultural entrée, collecting and analyzing data, and conducting ethical research to these computer-mediated contingencies.[citation needed]

Cyber-ethnography has significantly developed with the emergence of new technologies. Almost since their inception, some researchers have acted as lurkers and conducted purely observational studies of online cultures and communities rather than as participant observers in an online community.[4] This approach has been criticized by scholars who argue that researchers should fully participate as members of the online community.[5][6] These scholars value the traditional ethnographic standards of participant observation, prolonged engagement, and deep immersion. Cyber-ethnography, like traditional ethnography often aims to produce a thick description[7] that can help an outsider understand the meaning of behavior in a culture or community.[8][9] This focus on participation and immersion makes these approaches quite distinct from qualitative internet research methods like online interviews, and online content analysis. Ethnographic methods are also quite different from quantitative Internet research methods like web usage mining or social network analysis. However some researchers complementary research methods along with cyber-ethnography in order to triangulate their findings.
はじめに

従来のエスノグラフィー研究は、同じ場所にいる個人間の相互作用を観察するものであった。オンライン文化やコミュニティのエスノグラフィーは、エスノグラ フィーの研究を、対面ではなく、技術的に媒介された相互作用の場へと拡張するものである。したがって、サイバーエスノグラフィーは、ローカルな空間として のフィールドサイトという伝統的な概念の限界に対処するものである。また、オンライン・コミュニティは、デジタル媒介による相互作用を通じて、共有文化を 創造することができると理解している。エスノグラフィー・フィールドワークがコンピュータを介した相互作用に有意義に適用できるという主張には異論もあっ たが[1]、次第に受け入れられるようになってきている[2]。

サンディ・ストーンやシェリー・タークルといった初期のサイバーエスノグラファーは、他の初期のインターネット研究者と同様、オンライン・ロールプレイン グ・コミュニティーの参加者が、オフラインのペルソナとは劇的に異なる社会的パフォーマンスを行うことを観察した[3]。 このことから、オンラインのアイデンティティはオフラインのアイデンティティから分離できるという考えが出てきた。サイバーエスノグラフィーは、インター ネットが社会をどのように変えるかを明らかにする新しい方法論として注目された。しかし、インターネットが主流となり、サイバーエスノグラファーが正当性 を求めるようになると、サイバーエスノグラフィーは従来の手法を新しい文脈に適応させたものとして捉え直されるようになった。オンラインとオフラインの環 境における多様なパフォーマンスが、アイデンティティの細分化をどの程度反映しているのか、あるいは異なる文脈で異なるパフォーマンスをする連続的なアイ デンティティをどの程度反映しているのかを理解することは、サイバーエスノグラファーにとって重要な考察であり続けている[3]。

オンライン、コンピュータを介した、あるいはバーチャルな交流やコミュニティ形成の他の多くの側面は、対人、リアルライフ、あるいは対面での対応とは異な るものである。これらのテキストは相互作用の痕跡に似ているが、サイバネティックスノグラファーにとって興味のある相互作用である。このような相互作用 は、ボディランゲージや他の種類の社会的手がかりが存在しないか、サインやテキストに変換される、異なる種類の相互作用である[citation needed]。

また、オンラインコミュニティの研究者が利用できるアクセスの特性やレベルも、サイバーエスノグラフィーに特有のものである。対面での交流が発生した時点 で刹那的であるのに対し、オンラインでの社会的交流は自動的に保存され、アーカイブされることが多く、恒久的な正確な記録が作成される。また、オンライン コミュニティでは、プライベートな空間とパブリックな空間の区別が不明確な場合が多い[3]。サイバーエスノグラフィーは、文化的参入をする、データを収 集・分析する、倫理的研究を行うといった参加者観察の手順を、こうしたコンピュータを介した偶発的な状況に適応させようとするものである[要出典]。

サイバーエスノグラフィーは、新しい技術の出現とともに大きく発展してきた。このようなアプローチは、研究者はオンラインコミュニティのメンバーとして完 全に参加すべきだと主張する学者から批判されている[5][6]。 これらの学者は、参加者観察、長時間の関与、深い没入といった伝統的なエスノグラフィーの基準を重視している。サイバーエスノグラフィーは、伝統的なエス ノグラフィーと同様に、文化やコミュニティにおける行動の意味を部外者が理解するのに役立つ厚い記述[7]を作成することを目的としています[8] [9]。この参加と没入へのフォーカスによって、これらのアプローチはオンラインインタビューやオンラインコンテンツ分析などの定性的インターネットリ サーチ方法とはかなり異なるものとなっています。また、エスノグラフィーの手法は、ウェブ使用量マイニングやソーシャルネットワーク分析のような定量的な インターネット研究手法とも大きく異なる。しかし、研究者の中には、研究結果を三角測量するために、サイバーエスノグラフィーと一緒に研究方法を補完する 人もいます。

The range of methodologies

Ethnographers have approached the study of the Internet in a range of different ways. A variety of terms refer to various formulations of methodological approaches to cyber-ethnography. Many of these seek to maintain their own dialog with the established tradition of ethnography. Each formulates its relation to the established anthropological tradition in different (and sometimes inconsistent) ways. Some think that ethnographies conducted online involve a distinctive methodological approach. Others think that cyber-ethnography is not a distinctive form of ethnography although researching the Internet ethnographically forces us to reflect on fundamental assumptions and concepts of ethnography.[10]

Methods choices need to be directly adapted to the kind of questions a researcher seeks to answer. The main advantage of cyber-ethnography reside in the scope and scale of the available data.[citation needed] Other advantages include seeking input directly from participants. For example, posting raw fieldnotes on a blog and allowing participants to leave comments can provide transparency. Cyber-ethnography also allows for a variety of data collection types and including audiovisual formats, on various platforms such as websites, social networks and forums.
方法論の範囲

サイバーエスノグラフィーの方法論的なアプローチ。これらの多くは、確立されたエスノグラフィーの伝統と独自の対話を維持しようとするものである。それぞ れが、人類学の既成の伝統との関係を、異なる(時には一貫性のない)方法で構築している。ある者は、オンラインで行われるエスノグラフィーは、独特の方法 論的アプローチを伴うと考える。また、インターネットを民族誌的に研究することは民族誌の基本的な前提や概念について考察することを強いられるが、サイ バーエスノグラフィーは民族誌の特徴的な形態ではないと考える者もいる[10]。

研究者が答えようとする質問に直接適合する方法を選択する必要がある。サイバーエスノグラフィーの主な利点は、利用可能なデータの範囲と規模に存在する [citation needed] その他の利点は、参加者から直接意見を求めることができる。例えば、生のフィールドノートをブログに掲載し、参加者がコメントを残せるようにすることで、 透明性を確保することができる。また、サイバーエスノグラフィーは、ウェブサイト、ソーシャルネットワーク、フォーラムなど様々なプラットフォームで、視 聴覚形式を含む多様なデータ収集が可能である。
Offline participant observation

It is important for cyber-ethnographers to consider whether online interactions are sufficient for them to develop a deep understanding the community.[3] It is not clear whether identity performances in online environments should be thought of as disjoint from offline identities or if they are continuous with offline identities. When researchers feel that understanding the relationship between the online and offline identities of members is necessary, they may seek to meet with informants face-to-face.

Urban ethnographer Jeffrey Lane suggests that it may increasingly be necessary to weave online and offline identities of informants together in order to create an accurate portrayal of urban street life.[11] He borrows media scholar Danah Boyd’s concept of “networked publics,” which are “simultaneously (1) the space constructed through networked technologies and (2) the imagined collective that emerges as a result of the intersection of people, technology, and practice,” to frame his argument.[12] Interactions that take place offline may appear one way to a participant observer but are further contextualized when examining online forms of communication between the same parties involved in the offline interaction. In the same way, information that is transmitted online can significantly influence activities that take place offline. For instance, one of Lane’s informants encounters a video on Twitter suggesting that there are violent incidents taking place in the area. In response, he sends a text blast to all of his contacts to be cautious that evening. In order to preserve the construction of a networked public, researchers should take into consideration both online and offline identities and activities of individuals. Lane also acknowledges that not all scholars may agree with his argument, but they will eventually have to face the issue as advancements in technology continue to increase.[11]

However, other cyber-ethnographers have argued that difference between online and offline selves is similar to the different identity performances that occur in other contexts.[3][13] This perspective views identity issues in cyber-ethnography as consistent with those of traditional ethnography. Researchers should thus consider how community members relate their online and offline selves. If it is normal for community members to bring together their online and offline identities and meet face-to-face then it makes sense that the ethnographer should observe or participate in these offline interactions in order to fully understand the community as was done by Sherry Turkle.[3] This finding has been supported by Sara Ross in her work on legal anthropology in urban settings such as Toronto, Canada.[14]

However, many cyber-ethnographers including Hine and Walstrom believe that participant observation in the offline setting can be biased by asymmetry between the researcher and the member.[3][8] This is because community members rely on computer mediated communication they may be at a disadvantage to a researcher who understands their online interactions, but also employ face-to-face communication. As it is often the case that researchers are interested in understanding the interactions in the online context and that comparing online and offline identity is not important, credible ethnographic studies can be done in online-only contexts.[8]
オフラインにおける参与観察

サイバーエスノグラファーがコミュニティを深く理解するためには、オンラインでの交流で十分かどうかを検討することが重要である[3]。オンライン環境で のアイデンティティ・パフォーマンスをオフラインのアイデンティティと切り離して考えるべきか、オフラインのアイデンティティと連続させるべきかは明らか でない。研究者は、メンバーのオンラインとオフラインのアイデンティティの関係を理解することが必要であると感じる場合、インフォーマントに直接会うこと を模索することがある。

都市民族誌学者であるジェフリー・レインは、都市のストリートライフの正確な描写を作成するために、情報提供者のオンラインとオフラインのアイデンティ ティを織り交ぜることがますます必要になるかもしれないと提案している[11]。彼は、メディア学者のダナ・ボイドの「ネットワーク化した公共」という概 念を借りて、「(1)ネットワーク技術によって構築された空間と(2)人々、技術、実践が交差した結果出現した想像上の集合」を自分の議論の枠組みにして いる[12]。 [12] オフラインで行われるインタラクションは、参加者のオブザーバーには一方的に見えるかもしれないが、オフラインでのインタラクションに関与した同じ当事者 間のオンラインのコミュニケーション形態を検証すると、さらに文脈が整理される。同じように、オンラインで発信された情報は、オフラインで行われる活動に 大きな影響を与えることがある。例えば、レーンの情報提供者の一人は、Twitterで、その地域で暴力的な事件が起きていることを示唆する動画を発見し た。それを受けて、彼はその日の夜に用心するよう、すべての連絡先にテキストを送信した。ネットワーク化された公共性の構築を維持するために、研究者は個 人のオンラインとオフラインの両方のアイデンティティと活動を考慮する必要があります。レーンはまた、すべての学者が彼の議論に同意するとは限らないが、 テクノロジーの進歩が増大し続ける中で、いずれこの問題に直面することがあるだろうと認めている[11]。

しかし、他のサイバーエスノグラファーは、オンラインとオフラインの自己の違いは、他の文脈で起こるさまざまなアイデンティティのパフォーマンスに似てい ると主張している[3][13]。この視点は、サイバーエスノグラフィーにおけるアイデンティティ問題を従来のエスノグラフィーにおける問題と一致するも のとして捉えている。したがって、研究者は、コミュニティのメンバーがオンラインとオフラインの自己をどのように関連付けるかを考慮する必要がある。コ ミュニティメンバーがオンラインとオフ ラインのアイデンティティを結びつけ、対面することが普通 であるならば、シェリー・タークルが行ったように、コミュニティを 完全に理解するためにエスノグラファーがこれらのオフラインの 相互作用を観察するか参加することは理にかなっている[3]。 この発見は、カナダのトロントなどの都市環境における法 人類学に関する研究においてサラ・ロスによってサポートされてい る[14]。

しかし、ハインやウォルストレムをはじめとする多くのサイバーエスノグラファーは、オフライン環境での参加者観察は、研究者とメンバーの間の非対称性に よって偏りが生じる可能性があると考えている[3][8]。これは、コミュニティメンバーがコンピュータを介したコミュニケーションに依存しており、オン ライン相互作用を理解する研究者にとっては不利であるかもしれないが、対面のコミュニケーションも用いているためである。研究者の関心はオンライン上のイ ンタラクションを理解することであり、オンラインとオフラインのアイデンティティを比較することは重要ではない場合が多いため、信頼できるエスノグラフィ 研究はオンラインのみの文脈で行うことができる[8]。
Limitations

One of the main disadvantages of online ethnography is the need for the ethnographer to possess certain technology-based skills. Some studies might only require elementary computer skills, but others may require advanced knowledge of technologies and tools such as web-based applications, analytical tools, and computer programming. The development of such technologies tends to grow faster than the methodology literature thus "there is little consensus on how [to] best collect and analyze new media data".[3]

The temporal nature of online data can also be an issue. Cyber-ethnographers might ask, "What is data of the present?" Robinson (2011) states that in cases such as YouTube videos and subsequent comments, "the present cyber-reality may be interpreted as a continual accumulation of all past input by members or participants".[3] Cyber-ethnographers also needs to also think of his/her own identify and how "[it] might become part of a feedback loop with those he/she is studying"[3] and whether or not it eschews the data collected and the integrity of the study. Thus, there is a need for cyber-ethnographers to be particularly flexible and reflexive in their practice of ethnography.

Another limitation of cyber-ethnography is that it complicates matters of privacy. Although researchers have always had to take people who were not originally part of an ethnographic study into consideration, cyber-ethnography allows researchers to actually see “identifiable records of these connections and interactions.” As a result, researchers may have to take extra precaution in asking informants’ for their permission to participate in their research, as well as in concealing the identities of said informants.[11]
限界

オンラインエスノグラフィーの主な欠点は、エスノグラファーが特定のテクノロジーベースのスキルを保有している必要があることである。 研究によっては、初歩的なコンピュータスキルが必要な場合もあるが、ウェブベースのアプリケーション、分析ツール、コンピュータプログラミングなどの技術 やツールに関する高度な知識が必要な場合もある。このような技術の開発は、方法論に関する文献よりも早く発展しているため、「ニューメディアデータの収 集・分析方法に関するコンセンサスはほとんどない」[3]。

また、オンラインデータの時間的性質も問題となりうる。サイバーエス ノグラファーは、"現在のデータとは何か?"と問うかもしれない。Robinson(2011)は、YouTubeの動画やその後のコメントなどの場合、 「現在のサイバーリアリティは、メンバーや参加者による過去のすべての入力の継続的な蓄積として解釈されるかもしれない」と述べている[3]。 サイバーエスノグラファーはまた、自身の識別と「(それが)研究対象者とのフィードバックループの一部となり得るか」[3]、それが集めたデータや研究の 整合性を阻害するかどうかについても考える必要がある。このように、サイバーエスノグラファーはエスノグラフィーの実践において、特に柔軟で反射的である ことが求められている。

サイバーエスノグラフィーのもう一つの限界は、プライバシーの問題を複雑にすることである。 もともと研究者は、エスノグラフィーの研究に参加していない人たちにも配慮しなければなりませんが、サイバーエスノグラフィーでは、「そのつながりややり とりを特定できる記録」を実際に見ることができるのです。その結果、研究者はインフォーマントに研究への参加許可を求めたり、インフォーマントの身元を隠 したりすることに、特別な注意を払わなければならないかもしれない[11]。

Ethics

To the extent that cyber-ethnography is similar to ethnography in a localized space, it will raise similar ethical considerations. However, the nature of the online space does raise new ethical issues, including those related to informed consent of human subjects, protections of privacy or anonymity of research subjects, and whether cyber-ethnography might be a form of "electronic eavesdropping."[15] In spite of these differences, the American Anthropological Association has yet to include any specific recommendations regarding cyber-ethnography in its Code of Ethics.[16]

Thus, there are significant ethical issues around the use of digital tools, data collection from cyberspace, and whether cyberethnographers respect privacy in cyberspace.[17] That a website is not password-protected against a researcher does not necessarily imply that it is open space where the right to anonymity and privacy dissolve. Thus, Robinson (2011) insists, "if our identities in cyberspace are extensions of our off-line identities, they must be afforded the same ethical consideration as they would be given in the off-line world".[17]

Institutional review boards (IRBs) may not be equipped for ethical dilemmas presented by cyber-ethnography. Researchers need to make their intentions clear and define properly what data will be collected. When researchers "lurk" by covertly observing and gathering data, they do not gain participants' knowledge and consent. This conflicts with the traditional ethnographic practice of informed consent, in which participants have the right to learn about the study at hand and make an informed decision on whether or not to participate. Cyber-ethnographers face the challenge of informing participants of their presence and research activities without jeopardizing their ability to collect valid data. Scholars recommend including note in the researcher's posts that identifies their research interest and links to more information.[17] However, this practice is only possible in some online spaces, such as forums, but not in others.

Another issue is that the technological innovations and possibility for new research outpace the creation of clear and adapted ethical guidelines. Nonetheless, some guidelines do exist and are regularly updated by the Association of Internet Researchers (AoIR).

Another ethical constraint and a possible disadvantage to cyber-ethnography is the intricate anonymization of the data. Protecting participant anonymity often conflicts with the preservation of the participants' words. Although, consent might be obtained from participants to collect, use and publish textual data, the simple use of pseudonyms is in most cases not enough to guarantee the anonymity of the data. Indeed, searching for direct quotes in a Google search is often sufficient to identify participants. Anyone can potentially have access to search results revealing the author and their identity. To mitigate this issue, many scholars choose to paraphrase textual data to avoid source identification.[citation needed] Thus, "ethical concerns must be reexamined in light of new technologies for both subjects and researchers alike".[17]


倫理

サイバーエスノグラフィーは、局所的な空間におけるエスノグラフィーと類似しているため、同様の倫理的考察が必要となる。しかし、オンライン空間の性質 上、被験者のインフォームド・コンセント、プライバシーや匿名性の保護、サイバーエスノグラフィが「電子的盗聴」の一形態となりうるかどうかなど、新たな 倫理的問題が生じる。こうした違いにもかかわらず、アメリカ人類学会は倫理綱領にサイバーエスノグラフィに関する特定の勧告をまだ含んでいない[16]。

したがって、デジタルツールの使用、サイバースペースからのデータ収集、サイバースペースにおけるプライバシーをサイバースノグラファーが尊重するかどう かをめぐる重要な倫理的問題がある[17]。ウェブサイトが研究者に対してパスワードで保護されていないことは、必ずしも匿名性とプライバシーに対する権 利が解消されたオープンスペースであることを意味するものではない。したがって、ロビンソン(2011)は「サイバースペースにおける私たちのアイデン ティティがオフラインのアイデンティティの延長であるならば、オフラインの世界で与えられるのと同じ倫理的配慮が与えられなければならない」と主張してい る[17]。

IRBはサイバーエスノグラフィーの倫理的ジレンマに対応できていない可能性があります。研究者はその意図を明確にし、どのようなデータを収集するのかを 適切に定義する必要がある。研究者が密かに観察し、データを収集する「潜行」する場合、参加者の知識や同意は得られません。これは、伝統的なエスノグラ フィーの慣習であるインフォームド・コンセント(参加者が調査について知り、情報を得た上で参加するかどうかを決める権利)と相反する。サイバーエスノグ ラファーは、有効なデータを収集する能力を損なうことなく、自分の存在と研究活動を参加者に知らせるという課題に直面している。研究者たちは、研究者の投 稿に研究目的を明記し、より詳しい情報へのリンクを貼ることを推奨している[17]が、この方法はフォーラムなど一部のオンライン空間でのみ可能で、他で は不可能である。

また、技術革新や新しい研究の可能性が、明確で適応的な倫理ガイドラインの作成を上回っていることも問題である。しかし、いくつかのガイドラインは存在し、インターネット研究者協会(AoIR)により定期的に更新されている。

もう一つの倫理的制約とサイバーエスノグラフィーの欠点として考えられるのは、データの複雑な匿名化である。参加者の匿名性を守ることは、参加者の言葉の 保存と相反することが多い。テキストデータの収集、使用、公開について参加者から同意を得ることはあっても、ほとんどの場合、単純な仮名の使用はデータの 匿名性を保証するのに十分ではありません。実際、Google検索で直接の引用を検索すれば、参加者を特定するには十分である場合が多い。誰でも、著者と その身元を明らかにする検索結果にアクセスできる可能性があるのだ。この問題を軽減するために、多くの学者は出典の特定を避けるためにテキストデータの言 い換えを選択している[citation needed]。したがって、「倫理的懸念は、被験者と研究者の双方にとって同様に新しい技術に照らして再検討されなければならない」[17]。

Anthropology of cyberspace, .







サイバースペースの人類学、デジタル人類学
実践のネットワーク
オンライン研究コミュニティ
ソーシャルネットワーク, ネットワーク.
仮想コミュニティ
実践の仮想コミュニティ
is a conceptual model used in the field of media and communications research.

The model is used to analyse and represent the relationships between social interactions, discourse, and communication media and technology of individuals, collectives and networks in physical and digital environments. Broadly, the term communicative ecology refers to "the context in which communication processes occur" (Foth & Hearn, 2007, p. 9). These processes are seen to involve people communicating with others in their social networks, both face-to-face and using a mix of media and communication technologies (Tacchi, Slater & Hearn, 2003) (Tacchi, et al. 2007).
コミュニケーション・エコロジーは、メディアとコミュニケーションの研究分野で使われる概念的なモデルである。

このモデルは、物理的およびデジタル環境における個人、集団、ネットワークの社会的相互作用、談話、コミュニケーションメディアと技術の関係を分析し、表 現するために使われる。コミュニケーション・エコロジーという用語は、大まかに言えば、「コミュニケーション・プロセスが発生するコンテクスト」 (Foth & Hearn, 2007, p.9)を意味する。これらのプロセスは、人々が社会的ネットワークの中で、対面して、またメディアとコミュニケーション技術の組み合わせを使って、他者 とコミュニケーションをとることに関係していると考えられる(Tacchi, Slater & Hearn, 2003)(Tacchi, et al.2007)。
Rationale

The communicative ecology model enables researchers to take a holistic approach to understanding the dynamic interrelationships between social dimensions, discourse and communications technology in both physical and digital environments. The use of an ecological metaphor markedly expands the potential sphere of inquiry for communications and media research. It shifts the focus away from studies focusing on single communications devices or applications, for example the mobile telephone or email, towards whole system interactions. Consequently, it extends the possibility of research into population change and lifecycles, spatiotemporal dynamics, networks and clusters, and power relations within the frame of a communicative ecology. Also, as ecologies are not isolated entities, further questions regarding the similarities, differences, interrelationships and transactions between ecologies can be examined. A richer understanding can then be derived from micro and macro level analysis of the social and cultural context of communication (Foth & Hearn, 2007).

The concept of communicative ecology has emerged amidst concerns that studies attempting to identify causal relationships between discrete technologies and social impacts neglect variables that are salient to the successful implementation and uptake of technologies in situ (Dourish, 2004). This mirrors the way in which the biological field of ecology emerged from the perceived inadequacies of studies of single species of flora and fauna. In a similar way, researchers who use the communicative ecology framework argue that media technologies should not be examined independent of their context of use. They assert that new media must be both studied and designed with reference to the users' wider set of social relationships, the nature of the communication itself and other media in use. Through use of ethnographic approaches a richer, more nuanced understanding of the communicative system of a given setting is able to be developed.

New media are usually introduced into existing communication structures and must compete for attention in relation to the users' existing portfolio of communication tools. Consequently, if a new communication technology does not complement or enhance the existing toolset it risks rejection. The communicative ecology model allows researchers to examine how a new form of media or technology may or may not be integrated into existing communication patterns (Tacchi, 2006).

However, the potential utility of the communicative ecology model is far broader than this. Any new form of social intervention, content or technology must be locally appropriate for it to succeed (Tacchi, 2006). Hence, the communicative ecology framework is useful for human-computer interaction designers, content creators, and in urban informatics, urban planning, community development and education when seeking opportunities to enhance or augment local, social, and communication practices.
根拠

コミュニケーション・エコロジー・モデルは、物理的環境とデジタル環境の両方における社会的側面、談話、コミュニケーション技術のダイナミックな相互関係 を理解するための全体的なアプローチを可能にするものである。生態学的なメタファーを使われることで、コミュニケーションとメディアに関する研究の可能性 が大きく広がります。例えば、携帯電話や電子メールといった単一の通信機器やアプリケーションに焦点を当てた研究から、システム全体の相互作用に焦点を移 すのである。その結果、コミュニケーション・エコロジーの枠内で、人口の変化やライフサイクル、時空間ダイナミクス、ネットワークやクラスター、力関係な どの研究の可能性が広がります。また、エコロジーは孤立した存在ではないので、エコロジー間の類似性、相違性、相互関係、取引に関するさらなる疑問を検討 することができる。そして、コミュニケーションの社会的・文化的コンテクストに関するミクロレベルおよびマクロレベルの分析から、より豊かな理解を得るこ とができる(Foth & Hearn, 2007)。

コミュニカティブ・エコロジーという概念は、個別の技術と社会的影響の因果関係を明らかにしようとする研究が、現場での技術の実施と取り込みを成功させる ために重要な変数を無視しているのではないかという懸念から生まれた(Dourish, 2004)。これは、生態学という生物学的分野が、単一種の動植物の研究では不十分であると認識されたことから生まれたことを反映している。同様に、コ ミュニケーション・エコロジーの枠組みを使う研究者は、メディア・テクノロジーをその使われ方の文脈から独立して検討すべきではないと主張する。新しいメ ディアは、ユーザーの社会的関係、コミュニケーションの性質、使用されている他のメディアを考慮しながら研究され、設計されなければならないと主張してい ます。エスノグラフィック・アプローチを用いることで、ある環境におけるコミュニケーション・システムのより豊かで微妙な理解が可能になる。

新しいメディアは通常、既存のコミュニケーション構造に導入され、ユーザーの既存のコミュニケーションツールのポートフォリオとの関連で注目を集めるため に競争しなければなりません。その結果、新しいコミュニケーション技術が既存のツールセットを補完または強化しない場合、拒絶される危険性がある。コミュ ニケーション・エコロジー・モデルによって、研究者は、新しい形態のメディアやテクノロジーが、既存のコミュニケーション・パターンにどのように統合され るか、あるいはされないかを検討することができる(Tacchi, 2006)。

しかし、コミュニカティブ・エコロジー・モデルの潜在的な有用性は、これよりもはるかに広範なものである。新しい形態の社会的介入、コンテンツ、テクノロ ジーは、それが成功するために地域的に適切でなければならない(Tacchi, 2006)。したがって、コミュニカティブ・エコロジーのフレームワークは、ヒューマンコンピュータインタラクションのデザイナー、コンテンツクリエイ ター、そして都市情報学、都市計画、コミュニティ開発、教育において、地域、社会、コミュニケーションの実践を強化または増強する機会を求める場合に使わ れる。
History and usage

The concept of communicative ecology is derived from Altheide's "ecology of communication" (1994;1995). Altheide developed this concept to examine the mutually influential relationships between information technology, communication formats and social activities, within the context of people's social and physical environments, as they define and experience them. The concept is influenced by McLuhan's (1962) research on media ecology, which demonstrates that new media and technology can influence communicative content, and also the symbolic interactionist perspective of communication as embedded in context (Barnlund, 1979). Altheide considers ecology of communication to be a fluid construct that can be used as a frame to investigate the ways in which social activities are being created and modified through the use of technologies that, in turn, give rise to new communication formats. He is particularly interested in the relationship between social activities and technologies for surveillance and control.

The communicative ecology concept has been further developed for use in studies of information and communication technologies (ICT) initiatives in developing nations (Slater, Tacchi & Lewis, 2002). A guide to the study of communicative ecologies using the ethnographic action research method, developed with the support of UNESCO, has spawned a proliferation of empirical research (Tacchi et al., 2007) (Tacchi, Slater & Hearn, 2003). Many of these investigations have focused on ICT for development projects associated with community technology centres and local information networks in South Asian and African nations (Slater et al., 2002;Slater & Tacchi, 2004;Pringle, Bajracharya, & Bajracharya, 2004;Sharma, 2005;Nair, Jennaway & Skuse, 2006;Rangaswamy, 2007). In these studies, local community members are often engaged as active participants in a research and project development process that provides opportunities for them to gain the ICT literacy skills necessary to create locally meaningful content (Subramanian, Nair & Sharma, 2004;Tacchi, 2005a, 2007;Tacchi & Watkins, 2007). Many of these research activities investigate and support interventions that aim to alleviate poverty (Slater & Kwami, 2005), educate (Subramanian, 2005) and promote the digital inclusion necessary for citizens to actively participate in civic life and have their voices heard (Tacchi, 2005b;Skuse & Cousins, 2007, 2008;Skuse, Fildes, Tacchi, Martin & Baulch, 2007;. Some studies have reported on the use of a particular ICT, for example community radio (Tacchi, 2005c) or mobile phones (Horst & Miller, 2006;Miller, 2007), in relation to broader communication patterns.

More recently, the communicative ecology framework has been extended in studies of the nature of media use to support social networks in urban villages and inner-city apartment buildings (Foth & Hearn, 2007). This paper introduced the concept of dimensions to the communicative ecology model. Button and Partridge (2007) used the model to examine the online communicative ecology of neighbourhood websites. The model has also been used to investigate how students communicate and reflect on their learning (Berry & Hamilton, 2006).

A special issue of the Electronic Journal of Communication showcased the versatility of the communicative ecology approach (Hearn & Foth, 2007). In this issue, Allison (2007) looked at the communicative ecology from the perspective of the individual, whereas Wilkin, Ball-Rokeach, Matsaganis and Cheong (2007) used a panoptic perspective to compare the ecologies of geo-ethnic communities. Peeples and Mitchell (2007) used the model to explore the social activity of protest. Powell (2007) focused on a particular medium, public internet access, in an urban context. Shepherd, Arnold, Bellamy and Gibbs (2007) extended the concept to attend to the material and spatial aspects of the communicative ecology of the domestic sphere.

The term "communicative ecology" has also been used in other studies with various interpretations. Interactional sociolinguists use the term to describe the local communicative environment of a particular setting in which discourse is contextualised. Using methods drawn from linguistic anthropology, their research begins with a period of ethnography in which a rich understanding of the local communicative ecology is formed. Discourse is then analysed in relation to this ecological context (Gumperz, 1999). Roberts (2005) describes a communicative ecology as comprising the identity of participants, the topics of communication and the ways in which things are communicated, including tone of voice, directness, etc. Beier (2001) draws on Hymes' (1974) work in ethnography of communication and uses the concept to understand the range of communicative practices of the Nanti people as a system of interaction.

From an applied linguistics perspective, McArthur (2005) describes a communicative ecology as embracing the nature and evolution of language, media and communication technologies. He uses the term to discuss the interactions between the world's languages and communication technologies. Wagner (2004) uses the term to refer to the deep structures of meaning and communicative action that human language shares with other species, particularly the bonobo. In cultural studies of terrorism, White (2003) uses the term to describe the interchange of signs within interacting networks of individuals and collectives.

In their study of computer-mediated communication in the workplace, Yates, Orlikowski and Woerner (2003) draw upon Erickson's (2000) work on genre ecologies to suggest a communicative ecology can be identified by the types and frequencies of communicative practices, such as email threading activities. Their version of communicative ecology is influenced by members of a workplace engaging in common activities, the length of time over which interaction takes place, whether communication media is synchronous or asynchronous and members' linguistic or cultural background.

There is not a single, agreed upon communicative ecology model, rather, this section highlights that there are various approaches to understanding and applying the model in various contexts. Furthermore, concepts that bear some similarity to communicative ecology include actor-network theory (Latour, 2005), activity theory (Nardi, 1996) the communication infrastructure model (Ball-Rokeach, Kim & Matei, 2001) and the personal communication system (Boase, 2008).


歴史とその使用法

コミュニケーション・エコロジーという概念は、アルタイドの「コミュニケーションのエコロジー」(1994;1995)に由来している。Altheide は、人々が定義し経験する社会的・物理的環境の中で、情報技術、コミュニケーション様式、社会活動の間の相互に影響しあう関係を調べるためにこの概念を開 発した。この概念は、新しいメディアや技術がコミュニケーションの内容に影響を与えることを示したMcLuhan(1962)のメディアエコロジーに関す る研究や、コミュニケーションが文脈に埋め込まれるとする象徴的相互作用論の視点(Barnlund, 1979)の影響を受けている。アルタイドは、コミュニケーションの生態学は、社会的活動がテクノロジーの使用を通じてどのように創造され、修正され、そ の結果、新しいコミュニケーション形式が生み出されるかを調査するためのフレームとして使われる流動的な構成要素であると考えている。特に、社会活動と監 視・管理技術の関係に関心がある。

コミュニケーション・エコロジーのコンセプトは、発展途上国における情報通信技術(ICT)の取り組みの研究に使われるためにさらに発展してきた (Slater, Tacchi & Lewis, 2002)。ユネスコの支援を受けて開発されたエスノグラフィック・アクションリサーチの手法を用いたコミュニカティブ・エコロジー研究の手引きは、多く の実証的研究を生み出した (Tacchi et al., 2007) (Tacchi, Slater & Hearn, 2003)。これらの調査の多くは、南アジアやアフリカ諸国におけるコミュニティテクノロジーセンターと地域情報ネットワークに関連した開発のための ICT プロジェクトに焦点を当てている (Slater et al., 2002;Slater & Tacchi, 2004;Pringle, Bajracharya, & Bajracharya, 2004;Sharma, 2005;Nair, Jennaway & Skuse, 2006;Rangaswamy, 2007)。これらの研究では、地元コミュニティのメンバーが、調査やプロジェクト開発のプロセスに積極的に参加し、地元で意義のあるコンテンツを作成す るために必要な ICT リテラシーのスキルを身につける機会を提供していることが多い (Subramanian, Nair & Sharma, 2004;Tacchi, 2005a, 2007;Tacchi & Watkins, 2007)。これらの研究活動の多くは、貧困の緩和(Slater & Kwami, 2005)、教育(Subramanian, 2005)、市民が市民生活に積極的に参加し、その声を聞くために必要なデジタルインクルージョンの促進を目的とした介入を調査・支援しています (Tacchi, 2005b;Skuse & Cousins, 2007, 2008;Skuse, Fildes, Tacchi, Martin & Baulch, 2007;).特定の ICT、たとえばコミュニティラジオ (Tacchi, 2005c) や携帯電話 (Horst & Miller, 2006;Miller, 2007) の利用について、より広いコミュニケーションパターンとの関連で報告している研究もある。

より最近では、コミュニケーション・エコロジーの枠組みは、都市部の村や都心のアパートにおけるソーシャルネットワークを支えるメディア使用の性質に関す る研究において拡張されている(Foth & Hearn, 2007)。この論文では、コミュニケーション・エコロジー・モデルにディメンションという概念を導入した。Button and Partridge(2007)は、このモデルを用いて、近隣のウェブサイトのオンラインコミュニカティブエコロジーを調査した。また、このモデルは、学 生がどのようにコミュニケーションをとり、学習について考察するのかを調査するために使われた(Berry & Hamilton, 2006)。

Electronic Journal of Communication の特集号では、コミュニカティブエコロジーアプローチの多様性が紹介されている (Hearn & Foth, 2007)。この号では、アリソン(2007)が個人の視点からコミュニカティブエコロジーに注目し、ウィルキン、ボール-ロケイク、マツガニス、チョン (2007)はパノプティックな視点を使って地理民族のコミュニティのエコロジーを比較した。Peeples and Mitchell (2007)は、このモデルを用いて、抗議行動という社会的活動を探った。Powell (2007)は、都市の文脈のなかで、公共のインターネットアクセスという特定のメディアに注目した。Shepherd, Arnold, Bellamy and Gibbs (2007)は、この概念を拡張し、家庭内領域のコミュニケーション・エコロジーの物質的・空間的側面に注目した。

コミュニケーション・エコロジーという言葉は、他の研究でも使われ、様々な解釈がなされている。交流社会言語学者は、談話が文脈化される特定の環境におけ るローカルなコミュニケーション環境を説明するためにこの用語を使う。言語人類学から引き出された方法を用いて、彼らの研究はエスノグラフィーの期間から 始まり、その地域のコミュニケーション生態を豊かに理解することが形成される。そして、この生態的コンテクストとの関連で談話が分析される (Gumperz, 1999)。ロバーツ(2005)は、コミュニケーション・エコロジーとは、参加者のアイデンティティ、コミュニケーションのトピック、声のトーンや率直 さなど、物事が伝達される方法から構成されると述べている。Beier(2001)は、Hymes(1974)のコミュニケーションのエスノグラフィーに おける仕事を引き合いに出し、この概念を用いて、ナンティ族の様々なコミュニケーション実践を相互作用のシステムとして理解している。

応用言語学の観点から、McArthur(2005)は、コミュニケーション・エコロジーとは、言語、メディア、コミュニケーション・テクノロジーの性質 と進化を包含するものであると述べている。彼はこの用語を、世界の言語とコミュニケーション技術の相互作用を論じるために使っている。ワグナー (2004)は、人間の言語が他の種、特にボノボと共有している意味とコミュニケーション行為の深い構造について言及するためにこの言葉を使った。テロリ ズムの文化研究において、White(2003)は、個人や集団の相互作用するネットワーク内のサインの交換を説明するためにこの用語を使用している。

Yates, Orlikowski and Woerner (2003) は、職場におけるコンピュータを介したコミュニケーションの研究において、Erickson (2000) のジャンルエコロジーに関する研究を参考に、電子メールのスレッド活動などのコミュニケーション行為の種類と頻度によってコミュニケーションエコロジーが 特定できることを示唆しています。彼らの言うコミュニケーション・エコロジーは、職場のメンバーが共通の活動に従事すること、相互作用が行われる時間の長 さ、コミュニケーション・メディアが同期か非同期か、メンバーの言語的・文化的背景などに影響されるものである。

コミュニカティブエコロジーは、単一の合意されたモデルではなく、様々な文脈でモデルを理解し、適用するための様々なアプローチがあることを強調するもの である。さらに、コミュニカティブ・エコロジーに類似した概念として、アクター・ネットワーク理論(Latour, 2005)、アクティビティ理論(Nardi, 1996)、コミュニケーション・インフラストラクチャ・モデル(Ball-Rokeach, Kim & Matei, 2001)、パーソナルコミュニケーション・システム(Boase, 2008)などがある。
Characteristics

Often in sociological literature, an ecology is seen to be anchored in a geographical area of human settlement. In the case of a communicative ecology, while the majority of studies have been conducted in physical environments, it is also possible to use the framework to examine ecologies grounded in an online environment. In many cases, communicative ecologies move seamlessly across both kinds of settings. For example, settings may include both public and private spaces, transport infrastructure and websites, in any combination.

Different settings have distinct affordances that may facilitate or hinder communication within an ecology. In a physical setting this might mean a neighbourhood has several coffee shops and parks where residents can interact. In an online setting, certain design features may enable certain types of communication and constrain others. For example, discussion boards facilitate one-to-many or many-to-many collective forms of communication but not one-to-one or peer-to-peer style networked communication that would be better served by SMS or instant messaging (Foth & Hearn, 2007).

Similar to biological ecologies, communicative ecologies have lifecycles. They can be described as new or well-established, active or dormant, or in a period of growth or decline. For example, residents of a new master-planned housing estate will have a young communicative ecology that is in a period of growth but may need cultivation in order to become active. In this case, sociocultural animation of the ecology may be required for it to become socially sustainable (Tacchi et al., 2003).

Communicative ecologies can be conceived as having three layers and differing across several spectral dimensions. The nature of a communicative ecology changes as its members engage in and transition between different types of activities.
その特性

社会学の文献では、エコロジーは人間が居住する地理的な領域に固定されていると見なされることがよくある。コミュニケーション・エコロジーの場合、大半の 研究は物理的な環境で行われているが、この枠組みを使ってオンライン環境に根ざしたエコロジーを検討することも可能である。多くの場合、コミュニカティブ エコロジーは両方の環境をシームレスに行き来している。例えば、公共空間と私的空間の両方、交通インフラとウェブサイトを、どのような組み合わせで設定し てもよい。

異なる環境には、エコロジー内のコミュニケーションを促進したり、妨げたりするような明確なアフォーダンスがある。物理的な環境では、近隣にコーヒー ショップや公園がいくつかあり、そこで住民が交流できるといったことが考えられる。オンライン環境では、特定のデザイン機能によって、特定のタイプのコ ミュニケーションが可能になり、他のタイプが制約されることがあります。たとえば、ディスカッション・ボードは、1対多や多対多の集団的なコミュニケー ションを促進するが、SMSやインスタント・メッセージングが適している1対1やピアツーピアのスタイルのネットワーク・コミュニケーションはできない (Foth & Hearn, 2007)。

生物学的エコロジーと同様に、コミュニケーション・エコロジーにもライフサイクルがある。新しいか定着しているか、活発か休止中か、成長期か衰退期か、と いった具合です。例えば、新しく計画された団地の住民は、若いコミュニケーション・エコロジーを持ち、成長期にあるが、活動的になるには育成が必要かもし れない。この場合、エコロジーが社会的に持続可能なものになるためには、エコロジーを社会文化的にアニメートすることが必要になるかもしれない (Tacchi et al.)

コミュニケーション・エコロジーは、3つの層を持ち、いくつかのスペクトルの次元で異なっていると考えることができる。コミュニケーション・エコロジーの性質は、そのメンバーが異なるタイプの活動に従事し、その間を移行することによって変化する。

Layers

A communicative ecology has three layers: social, discursive and technological (Foth & Hearn, 2007). These layers are seen to be intricately entwined and mutually constitutive, rather than discrete, hierarchical or as having unidirectional causal relationships. While it is challenging to consider each layer in isolation, analysing each layer independently can be a beneficial preliminary step prior to the examination of the complex, mutual shaping relationships that form part of the holistic view of a communicative ecology.

The social layer refers to people and the various social structures with which they identify themselves, ranging from informal personal networks to formal institutions. For example, this may include groups of friends, formal community organisations and companies. The discursive layer refers to the themes or content of both mediated and unmediated communication. The technological layer comprises communication media and technologies. This includes both traditional media, such as newspapers and television, and new media including mobile phones and social networking sites. The devices and applications within this layer are differentiated according to the communication model they facilitate. For example, collective communication is made possible through one-to-many or many-to-many forms of media, such as television or online discussion boards, whereas networked communication can be enabled through one-to-one or peer-to-peer media, including instant messaging or SMS (Foth & Hearn, 2007).

The layered nature of the communicative ecology framework enables the investigation of research questions surrounding the media preferences of diverse individuals and groups and how these choices influence their relationships. It also allows researchers to explore the nature of discourse between individuals and within groups, and how communication changes according to the nature of people's relationships with one another. The communicative ecology model is also useful for considering how different topics of communication affect choice of media and how different media shape communicative content.
レイヤー

コミュニケーション・エコロジーは、社会的、言説的、技術的の3つの層からなる(Foth & Hearn, 2007)。これらの層は、個別的、階層的、あるいは一方向的な因果関係ではなく、複雑に絡み合い、相互に構成し合っていると考えられている。各層を単独 で考察することは困難であるが、各層を独立して分析することは、コミュニケーション・エコロジーの全体像を形成する複雑な相互形成関係を検討する前の有益 な予備ステップとなり得る。

社会層とは、人々と、彼らが自らを認識する様々な社会構造を指し、非公式な個人的ネットワークから正式な制度に至るまで、多岐にわたります。例えば、友人 グループ、正式なコミュニティ組織、会社などが含まれる。言説層は、媒介されたコミュニケーションと媒介されていないコミュニケーションの両方における テーマや内容を指します。技術層は、コミュニケーションメディアと技術で構成されています。新聞やテレビなどの伝統的なメディアと、携帯電話やソーシャル ネットワーキングサイトなどの新しいメディアの両方が含まれます。この層にあるデバイスやアプリケーションは、それらが促進するコミュニケーションモデル によって区別されます。たとえば、集団的なコミュニケーションは、テレビやオンライン掲示板のような一対多または多対多の形態のメディアによって可能にな り、ネットワーク型のコミュニケーションは、インスタントメッセージやSMSなどの一対一またはピアツーピアのメディアによって可能になる (Foth & Hearn, 2007)。

コミュニケーション・エコロジーのフレームワークは、多様な個人や集団のメディア嗜好をめぐる研究課題を解決し、その選択が彼らの関係性にどのような影響 を与えるかを明らかにすることができる。また、個人間やグループ内の談話の性質や、人と人との関係の性質によってコミュニケーションがどのように変化する かを探ることができます。コミュニケーション・エコロジー・モデルは、異なるコミュニケーションの話題がメディアの選択にどのように影響するか、また異な るメディアがコミュニケーション・コンテンツをどのように形成するかを考える上でも使われます。


Dimensions

Communicative ecologies vary across several spectral dimensions. The dimensions identified to date, include networked/collective, global/local and online/offline (Foth & Hearn, 2007). The dimensional properties of communicative ecologies allow researchers to consider both the relative strength of each characteristic, and also how individuals and the ecology itself transitions fluidly between dimensions.

For example, researchers can question how an individual or group's choice of media changes as they transition between networked and collective forms of interaction. They may also consider how different media may facilitate or constrain either networked or collective interaction. If interested in the global or local characteristics of an ecology, researchers may examine how communication with proximate others may be mediated differently from communication with others in distant locales. They could also explore which communication topics are more likely to occur at the local level rather than within globally distributed social networks. As users of new technologies now move seamlessly between what was formerly constituted as online and offline domains, researchers may use the communicative ecology model to address questions of how and why people choose certain assemblages of online and offline media to achieve particular communicative goals. Investigation of how the nature of discourse may affect the choice of online or offline modes of interaction is also possible.

Communicative ecologies can also be characterised across several other dimensions. One example is the private/public dimension. People may choose to interact and communicate with each other in private settings, such as their home or via email, or in more public settings, such as a restaurant or chat room.
次元

コミュニカティブ・エコロジーは、いくつかのスペクトル的な次元で変化する。現在までに確認されている次元としては、ネットワーク型/集団型、グローバル /ローカル型、オンライン/オフライン型などがある(Foth & Hearn, 2007)。コミュニケーション・エコロジーの次元特性によって、研究者は各特性の相対的な強さと、個人とエコロジー自体がどのように次元の間を流動的に 移行するかを検討することができます。

たとえば、ネットワーク型と集団型の相互作用の間で、個人や集団のメディアの選択がどのように変化するかを調べることができる。また、異なるメディアが ネットワーク型や集団型の相互作用をどのように促進または抑制するかも検討することができる。エコロジーのグローバルまたはローカルな特性に関心がある場 合、研究者は、近接した他者とのコミュニケーションが、離れた場所にいる他者とのコミュニケーションとは異なる方法で媒介される可能性があることを調べる ことができる。また、グローバルに分散した社会的ネットワークではなく、ローカルなレベルで発生しやすいコミュニケーションのトピックを探ることも可能で あろう。新しい技術の利用者は、以前はオンラインとオフラインの領域をシームレスに行き来していたため、研究者はコミュニケーション生態学モデルを用い て、人々が特定のコミュニケーション目標を達成するためにオンラインとオフラインのメディアの特定の集合体をどのように、そしてなぜ選択するのかという疑 問を解決することができるだろう。また、談話の性質がオンラインやオフラインのインタラクションモードの選択にどのような影響を与えるかを調べることも可 能である。

コミュニケーション・エコロジーは、他にもいくつかの次元で特徴づけることができる。その一例が、プライベート/パブリックの次元である。人々は、自宅や 電子メールなどプライベートな環境で、あるいはレストランやチャットルームなどよりパブリックな環境で、互いに交流しコミュニケーションをとることを選択 するかもしれない。
Types of activity

The nature of an individual's communicative ecology changes as they transition between types of activity. For example, they may choose to use different media when communicating with colleagues as compared to planning an evening out with friends. Similarly, a workplace's communicative ecology may differ from that of a tennis club or a loosely joined network of environmental activists.

The activities of everyday life can be grouped into various types. Five example categories are as follows. The first three are derived from Stebbins's (2007) typology of leisure activities.

- Casual leisure (e.g. dinner with friends, seeing a movie)
- Serious leisure (e.g. volunteering, amateur car racing)
- Project-based leisure (e.g. short hobby-based education courses, one-off participation in a fun run)
- Domestic/personal work (e.g. housework, grocery shopping, personal grooming)
- Work/formal education (e.g. job, school attendance)

These groupings enable exploration of the patterns of social interactions, topics of communication and media applications that may be specific to an activity type.
活動の種類

個人のコミュニケーション・エコロジーは、活動の種類が変われば、その性質も変わります。例えば、同僚とコミュニケーションをとるときと、友人と夜の外出 を計画するときとでは、使用するメディアを変えるかもしれません。同様に、職場のコミュニケーション・エコロジーは、テニスクラブや環境保護活動家のゆる やかなネットワークのそれとは異なるかもしれません。

日常生活における活動は、さまざまなタイプに分類することができる。日常生活の活動は、さまざまなタイプに分類することができる。最初の3つは、ステビンズ(2007)の余暇活動の類型化から導き出されたものである。

- カジュアルなレジャー(例:友人との食事、映画鑑賞)-シリアスなレジャー(例:ボランティア、アマチュアカーレース)
- プロジェクト型レジャー(例:趣味の短期教育コース、単発のファンランへの参加など)
- 家事/個人的な仕事(例:家事、食料品の買い物、身だしなみなど)
- 仕事/正規の教育(例:仕事、学校への出席)

このように分類することで、活動タイプに特有の社会的相互作用のパターン、コミュニケーションの話題、メディアの活用を探ることができる。
Scope, resolution and granularity

The study of a communicative ecology requires decisions to be made concerning the scope of both data collection and analysis. Prior to data collection, a decision must be made as to the investigative frame of the study, whereas decisions regarding the analytical scope of a study may be made after a rich picture of the ecology has emerged.

While an ecological study aims to be holistic, an appropriate frame for the study must be decided upon at the outset. The scope of communicative ecology research settings is generally restricted to a bounded geographical space. It has been proposed that the communicative ecology framework is suited to studies at the level of the dwelling, neighbourhood, suburb or city (Hearn & Foth, 2007). However, it is also suitable for studies of communicative ecologies that are grounded in online environments. In this case, the setting could be limited to one or several websites (Button & Partridge, 2007).

Temporal considerations may also shape data collection procedures. For example, an ecology could be examined at a single point of time or longitudinally. It is possible that the nature of a communicative ecology may also vary according to time of day, week or season.

The analysis of a communicative ecology can occur at both macro and micro levels within this spatiotemporal frame. It can help to think of a communicative ecology as a map and its edges as the frame. We can increase the resolution of certain features by using a magnifying glass. By stepping away from the map, we can increase the granularity of our view and see how features interrelate with the ecology as a whole. In this way, the interrelationships between agents are not ignored, as they may be in studies that focus on single communication devices or applications, but may be temporarily set aside while other features are examined more closely. By viewing the map as a whole first, the researcher may be able to make better analytical choices than was possible prior to data collection.

Some possible methods for delimiting the analytical scope of a communicative ecology study include using features of a layer or another characteristic. For example, the analysis could be delimited to examining the ecology of an individual, a small social network or group, or by certain demographic characteristics. It could focus on the ecology of a specific theme of communication, form of media or technology, setting or activity. Alternatively, it could investigate a single dimension of a communicative ecology, for example, only local or public forms of communication.
見通し(範囲)、解像度、粒度

コミュニケーション・エコロジーの研究には、データ収集と分析の両方の範囲について決定することが必要である。データ収集の前に、研究の調査枠を決定しなければならない。一方、研究の分析範囲に関する決定は、生態の豊富な画像が出現した後に行うことができる。

生態学的な研究は全体的なものであることを目指しているが、研究のための適切なフレームを最初に決定する必要がある。コミュニケーション・エコロジーの研 究対象は、一般に地理的に限定されている。コミュニケーション・エコロジーの枠組みは、住居、近隣地域、郊外、都市といったレベルの研究に適していると提 唱されている(Hearn & Foth, 2007)。しかし、オンライン環境に根ざしたコミュニケーション・エコロジーの研究にも適している。この場合、設定は1つまたはいくつかのウェブサイト に限定することができる(Button & Partridge, 2007)。

時間的な考慮もデータ収集の手順を形作るかもしれない。例えば、ある生態をある時点で調査することも、縦断的に調査することも可能である。また、コミュニケーション生態の性質は、1日、1週間、季節などの時間帯によって変化する可能性がある。

コミュニケーション・エコロジーの分析は、この時空間的なフレームの中で、マクロとミクロの両方のレベルで行うことができる。コミュニケーション・エコロ ジーを地図と考え、その縁をフレームと考えるとよいでしょう。虫眼鏡を使えば、ある特徴の解像度を上げることができる。地図から離れることで、視野の粒度 を上げ、その特徴が生態系全体とどのように関連しているかを見ることができる。この方法では、単一の通信機器やアプリケーションに焦点を当てた研究のよう に、エージェント間の相互関係が無視されることはなく、他の機能をより詳細に調べる間、一時的に脇に置かれるかもしれません。マップを全体として見ること で、データ収集前に比べて、より適切な分析が可能になります。

コミュニケーション生態学研究の分析範囲を限定する方法として、層や他の特徴を使うことが考えられる。例えば、個人、小規模な社会的ネットワークやグルー プ、あるいは特定の人口統計学的特性によって、分析範囲を限定することができる。また、特定のコミュニケーション・テーマ、メディアやテクノロジーの形 態、環境、活動の生態に注目することもできます。あるいは、コミュニケーションの生態の単一の側面、たとえば、ローカルまたはパブリックなコミュニケー ションの形態のみを調査することも可能である。
Perspective

Communicative ecology researchers speak in terms of "mapping" the ecology. This term may be misleading as it could appear to indicate the creation of cartographic renderings of the communicative ecology as it relates to its locality. Mapping the ecology, in the main, refers to drawing conceptual maps and creating or collecting oral or written descriptions of the phenomena that constitute the communicative ecology.

There are two primary perspectives taken to communicative ecology research that are loosely correlative with the emic and etic positions taken in classic ethnographic studies. A researcher can work from the outside of the ecology looking in with the aim of creating a holistic overview. Alternatively, they can position themselves within the communicative ecology with the aim of looking at it from the participants' points of view. The external view is useful if a comparison between local systems is desired. A centric view is better suited to understanding how people construct and make sense of their communicative ecology.

The choice of perspective may enhance or limit the utility of the data. For example, a birds-eye view may fail to capture significant individual differences in the experience of a communicative ecology, such as those brought about by differing wealth or literacy levels. Ideally, communicative ecology research should use a variety of perspectives in order to obtain a more complete representation and deeper understanding.
見通し

コミュニカティブ・エコロジーの研究者は、エコロジーの「マッピング」という言葉で表現する。この用語は、コミュニケーション・エコロジーをその地域と関 連づけながら地図上に表現することを意味するように思われ、誤解を招く恐れがある。生態のマッピングとは、概念的な地図を描くこと、コミュニケーション生 態を構成する現象について口頭または書面での説明を作成または収集することを主に指す。

コミュニケーション・エコロジー研究には、古典的なエスノグラフィック研究におけるエミックとエティックの位置づけと緩やかに相関する、2つの主要な視点 があります。研究者は、全体像を把握するために、生態系の外側から内側を観察することができます。また、コミュニケーション・エコロジーの中に身を置き、 参加者の視点からエコロジーを眺めることもできる。外からの視点は、ローカルなシステム間の比較がしたい場合に使われます。中心的な視点は、人々がコミュ ニケーション・エコロジーをどのように構築し、意味付けるかを理解するのに適している。

視点の選択によって、データの有用性が高まったり、制限されたりすることがある。例えば、鳥瞰的な視点は、コミュニケーション・エコロジーの経験における 重要な個人差、例えば、貧富の差や識字レベルの差によってもたらされる差を捉えることができないかもしれない。コミュニケーション・エコロジー研究は、よ り完全な表現とより深い理解を得るために、様々な視点を使うことが理想的である。
Associated research approaches and methods

The study of communicative ecologies is commonly associated with a research approach known as ethnographic action research. This approach combines ethnographic methods, including participant observation and in-depth interviews, with participatory methods and action research. The ethnographic methods enable researchers to develop a rich understanding of the meanings derived from media and communication technologies. The action research methods allow the study to be located in not only communication theory, but also grassroots communication practice. In this approach, participants can act as co-investigators in cycles of inquiry, action and reflection and researchers are able to give back in a way that will develop the communicative ecology. In this way, ethnographic action research is suited to both research and project development agendas (Tacchi, 2006).

Research approaches used to date include:

ethnographic action research (Tacchi, Hearn & Ninan, 2004;Tacchi et al., 2003) (Tacchi et al., 2007)
participatory action research (Reason & Bradbury, 2001)
participatory design (Greenbaum & King, 1991;Schuler & Namioka, 1993)
network action research (Foth, 2006)
Methods related to these approaches include:

observation
participant observation
field notes
in-depth interviews
focus groups and group interviews
media-use diaries and other forms self-documentation
documents and other artefacts
content analysis
questionnaires and surveys
participant feedback
cultural probes
scenarios
personae/archetypes
sound mapping
concept mapping exercises
participatory design activities


関連する研究アプローチと方法

コミュニケーション・エコロジーの研究は、一般的にエスノグラフィック・アクションリサーチとして知られる研究アプローチと関連しています。このアプロー チは、参加者観察や詳細なインタビューなどの民族誌的手法と、参加型手法およびアクションリサーチを組み合わせたものである。エスノグラフィーの手法によ り、研究者はメディアやコミュニケーション技術から得られる意味について豊かな理解を深めることができる。また、アクション・リサーチの手法により、コ ミュニケーション理論だけでなく、草の根のコミュニケーション実践の中に研究を位置づけることができる。このアプローチでは、参加者は調査、行動、考察の サイクルの中で共同研究者として行動することができ、研究者はコミュニケーション・エコロジーを発展させるような形で還元することができます。このよう に、エスノグラフィック・アクションリサーチは、研究とプロジェクト開発の両方の課題に適している(Tacchi, 2006)。

これまでに使われた研究手法は以下の通りである。

エスノグラフィック・アクションリサーチ (Tacchi, Hearn & Ninan, 2004;Tacchi et al., 2003) (Tacchi et al., 2007)。
参加型アクション・リサーチ (Reason & Bradbury, 2001)
参加型デザイン (Greenbaum & King, 1991;Schuler & Namioka, 1993)
ネットワークアクションリサーチ (Foth, 2006)
これらのアプローチに関連する方法としては、以下のようなものがある。

観察
参加者観察
フィールドノート
デプスインタビュー
フォーカス・グループおよびグループ・インタビュー
メディア利用日記などのセルフ・ドキュメンテーション
文書やその他の遺物
コンテンツ分析
アンケート調査
参加者のフィードバック
カルチャープローブ
シナリオ
ペルソナ/アーキタイプ
サウンドマッピング
コンセプトマッピングエクササイズ
参加型デザイン活動

+++

Links

リンク

文献

その他の情報

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1997-2099