sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

人種差別

racial discrimination



池田光穂

人種差別()とは、肌の色、人種、民族的出身に基づく個人に対するあらゆる差別のことである個人は、特定の集団の人々との取引、交際、資源の共 有を拒否することによって差別することができる(=各人各人が人種差別の責任者になることがある)。政府は、例えば人種隔離政策、法律の不均衡な執行、資源の不均衡な配分を通じて、事実上の方法で、または 法律で明示的に差別することができる(=各政府は人種差別をおこなうことができる)。管轄区域によっては差別禁止法があり、さまざまな状況において、政府や個人が人種(場合によってはその他の要因も) に基づいて差別することを禁じている。アファーマティブ・アクション(差別是正措置)を用いて、人種差別の影響を克服しようとしたり、補おうとしたりする 制度や法律もある。これは、単に代表的でないグループのメンバーの採用を強化する場合もあれば、確固たる人種割当を設ける場合もある。クオータ制のような 強力な救済措置に反対する人々は、クオータ制を逆差別と特徴づける

is any discrimination against any individual on the basis of their skin color, race or ethnic origin.[1][2] Individuals can discriminate by refusing to do business with, socialize with, or share resources with people of a certain group. Governments can discriminate in a de facto fashion or explicitly in law, for example through policies of racial segregation, disparate enforcement of laws, or disproportionate allocation of resources. Some jurisdictions have anti-discrimination laws which prohibit the government or individuals from discriminating based on race (and sometimes other factors) in various circumstances. Some institutions and laws use affirmative action to attempt to overcome or compensate for the effects of racial discrimination. In some cases, this is simply enhanced recruitment of members of underrepresented groups; in other cases, there are firm racial quotas. Opponents of strong remedies like quotas characterize them as reverse discrimination, where members of a dominant or majority group are discriminated against.
人 種差別とは、肌の色、人種、民族的出身に基づく個人に対するあらゆる差別のことである[1][2]。個人は、特定の集団の人々との取引、交際、資源の共有 を拒否することによって差別することができる。政府は、例えば人種隔離政策、法律の不均衡な執行、資源の不均衡な配分を通じて、事実上の方法で、または法 律で明示的に差別することができる。管轄区域によっては差別禁止法があり、さまざまな状況において、政府や個人が人種(場合によってはその他の要因も)に 基づいて差別することを禁じている。アファーマティブ・アクション(差別是正措置)を用いて、人種差別の影響を克服しようとしたり、補おうとしたりする制 度や法律もある。これは、単に代表的でないグループのメンバーの採用を強化する場合もあれば、確固たる人種割当を設ける場合もある。クオータ制のような強 力な救済措置に反対する人々は、クオータ制を逆差別と特徴づける。
Boundary problems and related forms of discrimination
See also: Discrimination based on nationality
Racial boundaries can involve many factors (such as ancestry, physical appearance, national origin, language, religion, and culture), and can be set in law by governments, or may depend on local cultural norms.

Discrimination based on skin color,(measured for example on the Fitzpatrick scale) is closely related to racial discrimination, as skin color is often used as a proxy for race in everyday interactions, and is one factor used by legal systems that apply detailed criteria. For example, the Population Registration Act, 1950 was used to enforce the apartheid system in South Africa, and Brazil has set up boards to assign a racial category to people for the purpose of enforcing racial quotas.[3] Because of genetic variation, skin color, and other physical appearance can vary considerably even among siblings. Some children with the same parents either self-identify or are identified by others as being of different races. In some cases, the same person is identified as a different race on a birth certificate versus a death certificate. Different rules (such as hypodescent vs. hyperdescent) classify the same people differently, and for various reasons some people "pass" as a member of a different race than they would otherwise be classified in, possibly avoiding legal or interpersonal discrimination.

A given race is sometimes defined as a set of ethnicities from populations in neighboring geographic areas (such as a continent like Australia or a subcontinental region like South Asia) that are typically similar in appearance. In such cases, racial discrimination can occur because someone is of an ethnicity defined as outside that race, or ethnic discrimination (or ethnic hatred, ethnic conflict, and ethnic violence) can occur between groups who consider each other to be the same race. Discrimination based on caste is similar; because caste is hereditary, people of the same caste are usually considered to be of the same race and ethnicity.

A person's national origin (the country in which they were born or have citizenship) is sometimes used in determining a person's ethnicity or race, but discrimination based on national origin can also be independent of race (and is sometimes specifically addressed in anti-discrimination laws). Language and culture are sometimes markers of national origin and can prompt instances of discrimination based on national origin. For example, someone of a South Asian ethnicity who grew up in London, speaks British English with a London accent, and whose family has assimilated to British culture might be treated more favorably than someone of the same ethnicity who is a recent immigrant and speaks Indian English. Such a difference in treatment might still informally be described as a form of racism, or more precisely as xenophobia or anti-immigrant sentiment.

In countries where migration, unification, or breakup has occurred relatively recently, the process of ethnogenesis may complicate the determination of both ethnicity and race and is related to personal identity or affiliation. Sometimes the ethnicity of immigrants in their new country is defined as their national origin, and span multiple races. For example, the 2015 Community Survey of the United States Census accepted identification as Mexican Americans of any race (for example including Native Americans from Mexico, descendants of Africans transported to New Spain as enslaved people, and descendants of Spanish colonists). In surveys taken by the Mexican government, the same people would have been described as indigenous, black, or white (with a large number of people unclassified who might be described as Mestizo). The U.S. census asks separate questions about Hispanic and Latino Americans to distinguish language from racial identity. Discrimination based on being Hispanic or Latino does occur in the United States and might be considered a form of racial discrimination if "Hispanic" or "Latino" are considered a new racial category derived from ethnicities which formed after the independence of the former colonies of the Americas. Many statistical reports apply both characteristics, for example comparing Non-Hispanic whites to other groups.

When people of different races are treated differently, decisions about how to treat a particular person raise the question of which racial classification that person belongs to. For example, definitions of whiteness in the United States were used before the civil rights movement for the purpose of immigration and the ability to hold citizenship or be enslaved. If a race is defined as a set of ethnolinguistic groups, then common language origin can be used to define the boundaries of that group. The status of Finns as white was challenged on the grounds that the Finnish language is Uralic rather than Indo-European, purportedly making the Finns of the Mongoloid race. The common American notion that all people of geographically European ancestry and of light skin are "white" prevailed for Finns, and other European immigrants like Irish Americans and Italian Americans whose whiteness was challenged and who faced interpersonal if not legal discrimination. American and South African laws which divided the population into whites from Europe and blacks from sub-Saharan Africa often caused problems of interpretation when dealing with people from other areas, such as the rest of the Mediterranean Basin, Asia, North Africa, or even Native Americans, with classification as non-white usually resulting in legal discrimination. (Some Native American tribes have treaty rights which grant privileges rather than disadvantages, though these were often negotiated on unfavorable terms.) Though as an ethno-religious group they often face religious discrimination, the whiteness of all Jews was also challenged in the United States, with attempts to classify them as Asiatic (Palestine being in western Asia) or Semitic (which would also include Arabs). The actual ancestry of most Jewish people is more varied than simply ancient Hebrew tribes. As the Jewish diaspora spread across Europe and Africa over time many Jewish ethnic divisions arose, resulting in Jews who identify as white, black, and other races. The reunification of diverse populations in modern Israel has led to some problems of racial discrimination against dark-skinned Jews by light-skinned Jews.
境界問題とそれに関連する差別
こちらも参照: 国籍に基づく差別
人種の境界線は、さまざまな要素(家系、外見、国籍、言語、宗教、文化など)が関係し、政府が法律で定めることもあれば、地域の文化的規範に左右されることもある。

肌の色に基づく差別(フィッツパトリック・スケールなどで測定)は、人種差別と密接な関係がある。肌の色は、日常的な交流において人種の代理として使われ ることが多く、詳細な基準を適用する法制度で使われる要素のひとつだからである。例えば、1950年の人口登録法は、南アフリカでアパルトヘイト制度を実 施するために使用され、ブラジルは人種割当を実施する目的で、人々に人種カテゴリーを割り当てる委員会を設置している[3]。遺伝的変異のため、肌の色や その他の外見は、兄弟姉妹の間でもかなり異なることがある。同じ両親を持つ子供たちの中には、自認したり、他人から異なる人種であると認識されたりする者 もいる。場合によっては、出生証明書と死亡証明書で、同じ人が異なる人種として識別されることもある。また、さまざまな理由から、法的または対人的な差別 を避けるために、本来分類されるはずの人種とは異なる人種の一員として「パス」する人もいる。

ある人種は、近隣の地理的地域(オーストラリアのような大陸や、南アジアのような亜大陸地域など)に住む、一般的に外見が似ている民族の集合として定義さ れることもある。このような場合、ある人がその人種の外側に定義された民族であるために人種差別が起こることもあれば、お互いを同じ人種だと考える集団の 間で民族差別(または民族憎悪、民族紛争、民族暴力)が起こることもある。カーストは世襲制であるため、同じカーストの人々は通常、同じ人種・民族である とみなされる。

民族や人種を決定する際に、その人の国籍(生まれた国や市民権を持つ国)が使われることもあるが、国籍に基づく差別は人種とは無関係に行われることもある (差別禁止法で特に扱われることもある)。言語や文化が国籍の目印となり、国籍に基づく差別を引き起こすこともある。例えば、ロンドンで育ち、ロンドン訛 りのイギリス英語を話し、家族がイギリス文化に同化している南アジア系民族の人は、最近移民してきたインド英語を話す同じ民族の人よりも好意的に扱われる かもしれない。このような待遇の差は、今でも非公式には人種差別の一種、より正確には外国人嫌悪や反移民感情と表現されるかもしれない。

移民、統一、分裂が比較的最近に起こった国々では、民族形成のプロセスが民族性と人種両方の決定を複雑にすることがあり、個人のアイデンティティや所属に 関係している。新しい国での移民のエスニシティが、その出身国として定義され、複数の人種にまたがることもある。例えば、2015年の米国国勢調査のコ ミュニティ調査では、人種を問わずメキシコ系アメリカ人(例えば、メキシコ出身のネイティブ・アメリカン、奴隷としてニュー・スペインに移送されたアフリ カ人の子孫、スペイン人入植者の子孫を含む)であることを認めている。メキシコ政府による調査では、同じ人々が先住民、黒人、白人(メスティーソとして分 類されない人々も多数いる)とされていた。アメリカの国勢調査では、言語と人種的アイデンティティを区別するため、ヒスパニック系アメリカ人とラテン系ア メリカ人について別々の質問をしている。アメリカ大陸の旧植民地が独立した後に形成された民族に由来する新しい人種カテゴリーとして「ヒスパニック」また は「ラティーノ」を考えれば、人種差別の一形態とみなされるかもしれない。多くの統計報告書では、例えば非ヒスパニック系白人を他のグループと比較するな ど、両方の特徴を適用している。

異なる人種の人々が異なる扱いを受けている場合、特定の人物をどのように扱うかという決定には、その人物がどの人種分類に属するかという問題が生じる。例 えば、米国における白人の定義は、公民権運動以前には、移民や市民権を保持する能力、あるいは奴隷になる能力の目的で使われていた。人種が民族言語的集団 の集合として定義されるのであれば、その集団の境界を定義するために、共通の言語起源を用いることができる。フィンランド語がインド・ヨーロッパ語ではな くウラル語であるという理由で、フィンランド人の白人としての地位が争われた。フィンランド人や、アイルランド系アメリカ人、イタリア系アメリカ人など、 白人であることが疑問視され、法的な差別はないにせよ、対人的な差別を受けた他のヨーロッパ系移民に対しても、地理的にヨーロッパに先祖を持ち、肌の色が 白い人はすべて「白人」であるというアメリカ共通の考え方が支配的であった。人口をヨーロッパからの白人とサハラ以南のアフリカからの黒人に分けたアメリ カや南アフリカの法律は、地中海盆地の他の地域、アジア、北アフリカ、あるいはアメリカ先住民など、他の地域から来た人々を扱う際にしばしば解釈の問題を 引き起こし、非白人という分類は通常、法的差別につながる。(ネイティブ・アメリカンの部族の中には、不利な条件ではなく特権を与える条約上の権利を持つ ものもあるが、これはしばしば不利な条件で交渉されたものである)。民族宗教集団として宗教的差別に直面することも多いが、アメリカではユダヤ人をアジア 系(パレスチナは西アジアにある)またはセム系(アラブ系も含まれる)に分類しようとする試みもあり、すべてのユダヤ人が白人であることが争われた。ほと んどのユダヤ人の実際の祖先は、単に古代ヘブライ人部族というだけでなく、もっと多様である。ユダヤ人のディアスポラがヨーロッパとアフリカに広がるにつ れて、多くのユダヤ人の民族区分が生まれ、その結果、白人、黒人、その他の人種を自認するユダヤ人が生まれた。現代イスラエルにおける多様な集団の再統合 は、明るい肌のユダヤ人による黒い肌のユダヤ人に対する人種差別という問題を引き起こした。
Around the world
Overall trends
A 2013 analysis of World Values Survey data by The Washington Post looked at the fraction of people in each country that indicated they would prefer not to have neighbours from a differing race. It ranged from below 5% in Australia, New Zealand, and many countries in the Americas, to 51.4% in Jordan; Europe had wide variation, from below 5% in the UK, Norway, and Sweden, to 22.7% in France.[4]

More than 30 years of field experimental studies have found significant levels of discrimination against people of color in labor, housing, and product markets in 10 countries.[5]

Discrimination against refugees, asylum seekers, migrants and internally displaced persons
Around the world, refugees, asylum seekers, migrants and internally displaced persons have been the victims of racial discrimination, racist attacks, xenophobia and ethnic and religious intolerance.[6] According to the Human Right Watch, "racism is both a cause and a product of forced displacement, and an obstacle to its solution."[6]

With the influx of refugees to Europe in 2010, media coverage shaped public opinion and created hostility towards refugees.[7] Prior to that the European Union had started implementing the hotspot system, which categorized people them as either asylum seekers or economic migrants, and Europe's patrolling of its southern borders between 2010 and 2016 intensified, resulting in deals with Turkey and Libya.[7][8]

The Netherlands
A study conducted in the Netherlands and published in 2013 found significant levels of discrimination against job applicants with Arabic-sounding names.[9]

Africa
Main articles: Zanzibar Revolution and Racism in Africa
The British colonial impact greatly affected the cultures of African society but the differences in the countries like Nigeria remain as close to tradition compared to countries like South Africa. American racism also plays a part that escalates racism in Nigeria but American racism ideas influencing African Cultures. The racism that was developed by the influence of colonization and American influenced there to create levels of power based on racism. Racism in African cultures is connected to the opportunities received in life, virus susceptibility, and tribal traditions. For example, in the north, an indirect policy of rule settled a new way of life between the colonizing government and the Fulani- Hausa ruling class. Because of this the North falls behind the South and West on education development which causes racial malignity. [10]

Uganda
While Uganda was under Idi Amin's rule, there was a policy to replace Asians and white people with blacks. Idi Amin was also an anti Semitic person. [11]

Liberia
The constitution of Liberia renders non-blacks ineligible for citizenship.[12]

United States
Main article: Racial discrimination in the United States
With regard to employment, multiple audit studies have found strong evidence of racial discrimination in the United States' labor market, with magnitudes of employers' preferences of white applicants found in these studies ranging from 50% to 240%. Other such studies have found significant evidence of discrimination in car sales, home insurance applications, provision of medical care, and hailing taxis.[13] There is some debate regarding the method used to signal race in these studies.[14][15]

Employment
Racial discrimination in the workplace falls into two basic categories:

Disparate Treatment: An employer's policies discriminate based upon any immutable racial characteristic, such as skin, eye or hair color, and certain facial features;
Disparate Impact: Although an employer may not intend to discriminate based on racial characteristics, its policies nonetheless have an adverse effect based upon race.
Discrimination may occur at any point in the employment process, including pre-employment inquiries, hiring practices, compensation, work assignments and conditions, privileges granted to employees, promotion, employee discipline and termination.[16]

Researchers Marianne Bertrand and Sendhil Mullainathan, at the University of Chicago and MIT found in a 2004 study, that there was widespread racial discrimination in the workplace. In their study, candidates perceived as having "white-sounding names" were 50% more likely than those whose names were merely perceived as "sounding black" to receive callbacks for interviews. The researchers view these results as strong evidence of unconscious biases rooted in the United States' long history of discrimination (e.g., Jim Crow laws, etc.)[17]

Devah Pager, a sociologist at Princeton University, sent matched pairs of applicants to apply for jobs in Milwaukee and New York City, finding that black applicants received callbacks or job offers at half the rate of equally qualified whites.[18][19] Another recent audit by UCLA sociologist S. Michael Gaddis examines the job prospects of black and white college graduates from elite private and high-quality state higher education institutions. This research finds that blacks who graduate from an elite school such as Harvard have about the same prospect of getting an interview as whites who graduate from a state school such as UMass Amherst.[20]

A 2001 study of workplace evaluation in a large U.S. company showed that black supervisors rate white subordinates lower than average and vice versa.[21]

Perry and Pickett’s (2016, as cited in Heberle et al., 2020) research concluded that unemployment rates are higher for blacks and Latinos than for whites.[22][23]

Housing
Main article: Housing discrimination in the United States
Multiple experimental audit studies conducted in the United States have found that blacks and Hispanics experience discrimination in about one in five and one in four housing searches, respectively.[13]

A 2014 study also found evidence of racial discrimination in an American rental apartment market.[24]

Researchers found in contrast to White families, families of color were led to obtain housing in poor, low-quality communities due to discrimination during the home-buying process.[25][23]

Persons affected by Homelessness also show a large disparity with more individuals being minorities in the United States. We Can Now is a Texas based nonprofit that serves these people. [26]
世界全体で
全体的な傾向
2013年にワシントン・ポスト紙が行った世界価値観調査のデータ分析では、人種が異なる隣人がいないほうがいいと答えた人の割合を各国で調べた。オース トラリア、ニュージーランド、アメリカ大陸の多くの国では5%以下から、ヨルダンでは51.4%、ヨーロッパではイギリス、ノルウェー、スウェーデンでは 5%以下から、フランスでは22.7%と大きなばらつきがあった[4]。

30年以上にわたる実地実験研究により、10カ国の労働市場、住宅市場、製品市場において、有色人種に対する差別が有意な水準にあることが判明している[5]。

難民、亡命希望者、移民、国内避難民に対する差別
世界中で、難民、庇護申請者、移民、国内避難民は、人種差別、人種差別的攻撃、外国人嫌悪、民族的・宗教的不寛容の被害者となっている[6]。ヒューマン・ライツ・ウォッチによれば、「人種差別は強制移住の原因であると同時に産物であり、その解決の障害でもある」[6]。

2010年にヨーロッパに難民が流入したことで、メディアの報道が世論を形成し、難民に対する敵意を生み出した[7]。 それ以前からEUは、難民を庇護希望者か経済移民かのいずれかに分類するホットスポット制度の導入を開始しており、2010年から2016年にかけてヨー ロッパは南側国境のパトロールを強化し、トルコやリビアとの取引をもたらした[7][8]。

オランダ
オランダで実施され、2013年に発表された調査では、アラビア語の発音を持つ名前を持つ求職者に対する差別が顕著であることが判明した[9]。

アフリカ
主な記事 ザンジバル革命とアフリカの人種差別
イギリスの植民地支配はアフリカ社会の文化に大きな影響を与えたが、ナイジェリアのような国では南アフリカのような国に比べて伝統に近い違いが残ってい る。アメリカの人種差別もナイジェリアの人種差別をエスカレートさせる一因となっているが、アメリカの人種差別思想はアフリカ文化に影響を与えている。植 民地化とアメリカの影響によって発展した人種差別は、人種差別に基づく権力のレベルを作り出すためにそこに影響を与えた。アフリカの文化における人種差別 は、人生で受ける機会、ウイルスの感受性、部族の伝統に関係している。例えば北部では、植民地化した政府とフラニ・ハウサ系の支配層との間で、間接的な統 治政策によって新しい生活様式が確立された。このため、北部は南部や西部に比べて教育の発展が遅れており、それが人種間の軋轢を生んでいる。[10]

ウガンダ
ウガンダがイディ・アミンの支配下にあったとき、アジア人と白人を黒人に置き換える政策がとられた。イディ・アミンは反セム主義者でもあった。[11]

リベリア
リベリアの憲法では、非黒人は市民権を得られないことになっている[12]。

アメリカ合衆国
主な記事 アメリカにおける人種差別
雇用に関して、複数の監査研究が、米国の労働市場における人種差別の強力な証拠を発見している。その他の調査でも、自動車販売、住宅保険申請、医療提供、 タクシー呼称における差別の重大な証拠が見つかっている[13]。これらの調査で人種を示すために用いられた方法については議論がある[14][15]。

雇用
職場における人種差別は、2つの基本的なカテゴリーに分類される:

格差待遇: 格差待遇:雇用主の方針が、肌、目、髪の色、特定の顔の特徴など、不変の人種的特徴に基づいて差別すること;
格差の影響: 差別的影響:雇用主が人種的特徴に基づく差別を意図していないにもかかわらず、その方針が人種に基づく悪影響を及ぼすこと。
差別は、雇用前の問い合わせ、雇用慣行、報酬、仕事の割り振りや条件、従業員に与えられた特権、昇進、従業員の懲戒、解雇など、雇用プロセスのどの時点でも発生する可能性がある[16]。

シカゴ大学とマサチューセッツ工科大学の研究者マリアンヌ・バートランドとセンドヒル・ムライナサンは、2004年の研究で、職場に広範な人種差別が存在 することを発見した。彼らの研究では、「白人に聞こえる名前」だと思われた候補者は、単に「黒人に聞こえる名前」だと思われた候補者よりも、面接のコール バックを受ける確率が50%高かった。研究者たちは、これらの結果を、米国の長い差別の歴史(ジム・クロウ法など)に根ざした無意識のバイアスの強力な証 拠とみなしている[17]。

プリンストン大学の社会学者デバ・ペイガーは、ミルウォーキーとニューヨークの求人に応募するために、マッチングさせた応募者のペアを送ったが、黒人の応 募者は、同等の資格を持つ白人の半分の割合でコールバックや内定を受け取っていることがわかった[18][19]。 UCLAの社会学者S.マイケル・ガディスによる別の最近の監査では、エリート私立および質の高い州立高等教育機関を卒業した黒人と白人の大学卒業生の就 職の見通しを調査している。この調査によると、ハーバード大学などのエリート校を卒業した黒人が面接を受ける見込みは、UMass Amherstなどの州立校を卒業した白人とほぼ同じである[20]。

米国の大企業における職場での評価に関する2001年の研究では、黒人の上司は白人の部下を平均よりも低く評価し、その逆もまた然りであることが示されている[21]。

PerryとPickett(2016年、Heberleら、2020年に引用)の研究では、黒人やラテン系の失業率は白人よりも高いと結論付けている[22][23]。

住宅
主な記事 米国における住宅差別
米国で実施された複数の実験的監査研究により、黒人とヒスパニック系住民がそれぞれ約5件に1件、4件に1件の住宅探しにおいて差別を経験していることが判明している[13]。

2014年の研究では、アメリカの賃貸アパート市場における人種差別の証拠も見つかっている[24]。

研究者たちは、白人の家族とは対照的に、有色人種の家族は、住宅購入のプロセスにおける差別のために、劣悪で質の低いコミュニティで住宅を取得するように導かれることを発見した[25][23]。

ホームレスの影響を受ける人々もまた、米国ではマイノリティが多く、大きな格差を示している。We Can Nowはテキサスを拠点とする非営利団体で、こうした人々にサービスを提供している。[26]
Effects on health
Main article: Race and health
Studies have shown an association between reported racial discrimination and adverse physical and mental health outcomes.[27] This evidence has come from multiple countries, including the United States,[28][29][30][31] the United Kingdom,[32] and New Zealand.[33]

Racism in healthcare system
Racial bias exists in the medical field affecting the way patients are treated and the way they are diagnosed. There are instances where patients’ words are not taken seriously, an example would be the recent case with Serena Williams. After the birth of her daughter via C-section, the tennis player began to feel pain and shortness of breath. It took her several times to convince the nurse they actually took her self-said symptoms seriously. Had she not been persistent and demanded a CT scan, which showed a clot resulting in blood thinning, Williams might have not been alive.[34] This is just one of hundreds of cases where systemic racism can affect women of color in pregnancy complications.[35]

One of the factors that lead to higher mortality rates amongst black mothers is the poorly conditioned hospitals and lack of standard healthcare facilities.[36] Along with having deliveries done in underdeveloped areas, the situation becomes complicated when the pain dealt by patients are not taken seriously by healthcare providers. Pain heard from patients of color are underestimated by doctors compared to pain told by patients who are white[37] leading them to misdiagnose.

Many say that the education level of people affect whether or not they admit to healthcare facilities, leaning to the argument that people of color purposefully avoid hospitals compared to white counterparts[citation needed] however, this is not the case. Even Serena Williams, a well-known athlete, was not taken seriously when she described her pain. It is true that the experiences of patients in hospital settings influence whether or not they return to healthcare facilities. Black people are less likely to admit to hospitals however those that are admitted have longer stays than white people[38]

The longer hospitalization of black patients does not improve care conditions, it makes it worse,[39] especially when treated poorly by faculty. Not a lot of minorities are admitted into hospitals and those that are receive poor conditioned treatment and care. This discrimination results in misdiagnosis and medical mistakes that lead to high death rates.

Although the Medicaid program was passed to ensure African Americans and other minorities received the healthcare treatment they deserved and to limit discrimination in hospital facilities, there still seems to be an underlying cause for the low number of black patients admitted to hospitals, like not receiving the proper dosage of medication.[citation needed] Infant mortality rates and life expectancies of minorities are much lower than that of white people in the United States. Illnesses like cancer and heart diseases are more prevalent in minorities, which is one of the factors for the high mortality rate in the group.[40] however are not treated accordingly.

Although programs like Medicaid exists to support minorities, there still seems to be a large number of people who are not insured. This financial drawback discourages people in the group to go to hospitals and doctors offices.[40]

Financial and cultural influences can impact the way patients are treated by their healthcare providers. When doctors have a bias on a patient, it can lead to the formation of stereotypes, impacting the way they view their patient's data and diagnosis, affecting the treatment plan they implement.[40]
健康への影響
主な記事 人種と健康
報告された人種差別と身体的・精神的健康への悪影響との関連性が研究で示されている[27]。 この証拠は、米国[28][29][30][31]、英国[32]、ニュージーランド[33]など、複数の国から得られている。

医療制度における人種差別
医療現場には人種的偏見が存在し、患者の治療方法や診断方法に影響を与えている。患者の言葉が真摯に受け止められない例もあり、その例が最近のセリーナ・ ウィリアムズのケースである。帝王切開で娘を出産した後、彼女は痛みと息切れを感じるようになった。彼女が自分で言った症状を真剣に受け止めてくれるよ う、看護師を説得するのに数回かかった。もし彼女が粘り強くCTスキャンを要求し、その結果血栓が見つかり血液が薄くなっていなかったら、ウィリアムズは 生きていなかったかもしれない[34]。これは、妊娠合併症において制度的人種差別が有色人種の女性に影響を与える何百もの事例のひとつに過ぎない [35]。

黒人の母親の死亡率が高くなる要因のひとつに、条件の悪い病院や標準的な医療施設の不足がある[36]。 過疎地で分娩が行われることに加え、患者の痛みを医療従事者が真剣に受け止めないと、状況は複雑になる。有色人種の患者から聞かされる痛みは、白人の患者 から聞かされる痛みに比べて医師によって過小評価され[37]、誤診につながる。

多くの人々は、有色人種は白人に比べて意図的に病院を避けるという議論に傾いて、人々の教育レベルが医療機関に入院するか否かに影響すると言う[要出典] が、これは事実ではない。有名なアスリートであるセリーナ・ウィリアムズでさえ、痛みを訴えても相手にされなかった。病院での患者の経験が、医療施設に戻 るかどうかに影響するのは事実である。黒人は病院に入院する確率が低いが、入院した患者の入院期間は白人に比べて長い[38]。

黒人患者の入院期間が長くなっても、ケア状況が改善されるわけではなく、悪化する [39] 。病院に入院するマイノリティはそれほど多くなく、入院しても条件の悪い治療やケアを受ける。この差別の結果、誤診や医療ミスが生じ、死亡率が高くなる。

メディケイド・プログラムは、アフリカ系アメリカ人やその他のマイノリティが当然の医療を受けられるようにし、病院施設での差別を制限するために成立した が、病院に入院する黒人患者の数が少ない根本的な原因はまだあるようだ。がんや心臓病のような病気はマイノリティに多く、それがマイノリティの死亡率が高 い要因の一つである[40]。

マイノリティを支援するためにメディケイドのような制度が存在するが、保険に加入していない人はまだ多いようだ。この経済的な欠点が、このグループの人々が病院や医院に行く意欲を削いでいる[40]。

経済的、文化的な影響は、患者が医療提供者からどのように扱われるかに影響を与える可能性がある。医師が患者に対して偏見を持つと、固定観念が形成され、患者のデータや診断の見方に影響を与え、実施する治療計画に影響を与える可能性がある[40]。
Welfare of Children
The topic of racial discrimination appears in discussion concerning children, and adolescents. Amongst the number of theories evaluating how children come to understand social identities, research presumes that social and cognitive developmental changes influence children’s perspectives regarding their own racial/ethnic identities and children develop a greater understanding of how their race/ethnicity can be perceived by the greater society.[41]

A study led by Benner et al. (2018) analyzes a combination of previous studies indicating an existing relationship between racial discrimination and well-being, more specifically, in regards to mental health, behaviors, and academic performance of adolescents ranging from early adolescence (10-13) to late adolescence (17 and older). While it includes Asian, African descent, and Latino populations, this study also speculates the variances amongst the racial groups and other differences contributed by intersectionality. To investigate these relationships, the researchers examined data containing reports of racial discrimination from children, which served as a significant tool to further explore these ideas. In addition they analyzed the relationship between racial discrimination and aspects of well-being (e.g., self-esteem, substance abuse, student engagement) by organizing these components into broader categories of youth development: mental health, behavioral conditions and academic success. Subsequently, the results show a relationship between racial discrimination and negative outcomes relating to youth wellness across all three categories. Moreover, while examining differences among racial groups, children of Asian and Latino descent were found to be most at risk for mental health development, and Latino children, for academic success.

Although the studies’ results correlate reported racial discrimination with outcomes to well-being, this does not conclude that one or more racial groups experience greater discrimination than other racial groups. Other factors may have contributed to the relationships’ findings. For example, evidence of a weaker relationship between racial discrimination and well-being in children of African descent may be linked to parent-guided socialization practices to help children cope with racial discrimination, or possibly lack of research concerning the severity of discrimination. Also, researchers speculate the meaningful ways intersectionality can play a role in variances of discrimination. Ultimately, they conclude that further studies to examine racial discrimination are necessary to provide a more comprehensive approach in determining effective support systems for children.[41]

A growing number of studies are researching the differences into the mental health of children of different nationalities and races.[42]
子供たちの福祉
人種差別というトピックは、子どもや青少年に関する議論に登場する。子どもがどのように社会的アイデンティティを理解するようになるかを評価する数多くの 理論の中で、研究は、社会的・認知的発達の変化が子ども自身の人種・民族的アイデンティティに関する子どもの視点に影響を与え、子どもは自分の人種・民族 性がより大きな社会によってどのように認識されうるかについてより大きな理解を深めることを前提としている[41]。

Bennerら(2018年)が主導した研究は、人種差別と幸福、より具体的には思春期前期(10~13歳)から思春期後期(17歳以上)までの青少年の 精神的健康、行動、学業成績に関して既存の関係を示す先行研究を組み合わせて分析している。本研究は、アジア系、アフリカ系、ラテン系の集団を対象として いるが、人種グループ間の差異や、交差性によってもたらされるその他の差異についても推測している。これらの関係を調査するために、研究者たちは子どもた ちからの人種差別の報告を含むデータを調査した。さらに研究者たちは、人種差別と幸福の側面(例えば、自尊心、薬物乱用、生徒の取り組み)との関係を、こ れらの構成要素を青少年育成のより広範なカテゴリー(精神的健康、行動状況、学業成就)に整理して分析した。その結果、3つのカテゴリーすべてにおいて、 人種差別と青少年のウェルビーイングに関連する否定的な結果との間に関係があることが示された。さらに、人種間の違いを検討した結果、アジア系とラテン系 の子どもは精神的健康の発達において、ラテン系の子どもは学業の成功において、最もリスクが高いことがわかった。

これらの研究結果は、報告された人種差別と幸福に対する結果との相関を示したが、これは、ある人種集団が他の人種集団よりも大きな差別を経験していると結 論づけるものではない。他の要因も関係性の発見に寄与している可能性がある。例えば、アフリカ系の子どもでは、人種差別と幸福の関係が弱いという証拠は、 子どもが人種差別に対処できるよう親が指導した社会化実践に関連しているかもしれないし、差別の深刻さに関する研究が不足しているのかもしれない。また、 研究者たちは、交差性が差別の差異にどのような役割を果たしうるか、その意味を推測している。最終的には、子どもへの効果的な支援システムを決定する上 で、より包括的なアプローチを提供するためには、人種差別を検討するためのさらなる研究が必要であると結論づけている[41]。

国籍や人種が異なる子どもたちの精神的健康の違いを研究する研究が増えている[42]。
Critical Consciousness in Youth and Racial Discrimination
When a person is conscious of their privilege, mindful of oppression and discrimination, and when they address and counteract these injustices, they are expressing critical consciousness.[23] Additionally, critical consciousness can grow in individuals as a result of inequalities they may face such as racial discrimination.[43][23]

The researchers, Heberle, Rapa, and Farago (2020), conducted a systematic review of research literature on the concept critical consciousness. The study focused on 67 qualitative and quantitative studies regarding the effects of critical consciousness in youth since 1998. For example, one of the studies included in the report by Ngo (2017), studied an extracurricular program that analyzed the racial discrimination faced by Hmong adolescents and the exploration of critical consciousness participation in theater. The non-scholastic theater program encouraged this group of students to explore their identities through the injustices they faced and to fight against the oppression and racial discrimination they experienced.[44][23]

Critical consciousness can be used as a tool to fight against racial discrimination. Heberle et al. (2020) argued that a decrease in racial discrimination can happen when White youth are aware of differences in groups and injustices due to their critical consciousness. They might change their thinking by fostering antiracist beliefs and having awareness of their own White privilege.[23]


若者における批判的意識と人種差別
人が特権を意識し、抑圧や差別を意識し、これらの不公正に対処し、対抗するとき、その人は批判的意識を表明している[23]。さらに、批判的意識は、人種差別のような直面する可能性のある不平等の結果として個人の中で成長する可能性がある[43][23]。

研究者であるHeberle、Rapa、Farago(2020年)は、批判的意識という概念に関する研究文献の系統的レビューを行った。この研究では、 1998年以降の青少年における批判的意識の効果に関する67の質的・量的研究に焦点を当てた。例えば、Ngo(2017)の報告に含まれる研究の1つ は、モン族の青少年が直面する人種差別と演劇における批判的意識の参加の探求を分析した課外プログラムを研究したものである。学業以外の演劇プログラム は、この生徒のグループが直面した不正義を通じて自分たちのアイデンティティを探求し、彼らが経験した抑圧や人種差別と闘うことを促した[44] [23]。

批判的意識は、人種差別と闘うためのツールとして用いることができる。Heberleら(2020)は、白人の若者が批判的意識によって集団の違いや不正 義に気づくことで、人種差別の減少が起こりうると主張している。彼らは反人種主義的な信念を育み、自らの白人特権を自覚することで、考え方を変えるかもし れない[23]。
Reverse discrimination
See also: Reverse discrimination
Reverse discrimination is a term for allegations that the member of a dominant or majority group has suffered discrimination for the benefit of a minority or historically disadvantaged group.

United States
In the United States, courts have upheld race-conscious policies when they are used to promote a diverse work or educational environment.[45][46] Some critics have described those policies as discriminating against white people. In response to arguments that such policies (e.g. affirmative action) constitute discrimination against whites, sociologists note that the purpose of these policies is to level the playing field to counteract discrimination.[47][48]

Perceptions
A 2016 poll found that 38% of US citizens thought that Whites faced a lot of discrimination. Among Democrats, 29% thought there was some discrimination against Whites in the United States, while 49% of Republicans thought the same.[49] Similarly, another poll conducted earlier in the year found that 41% of US citizens believed there was "widespread" discrimination against whites.[50] There is evidence that some people are motivated to believe they are the victims of reverse discrimination because the belief bolsters their self-esteem.[51]

Law
In the United States, Title VII of the Civil Rights Act of 1964 prohibits all racial discrimination based on race.[52] Although some courts have taken the position that a white person must meet a heightened standard of proof to prove a reverse-discrimination claim, the U.S. Equal Employment Opportunity Commission (EEOC) applies the same standard to all claims of racial discrimination without regard to the victim's race.[52]
逆差別
こちらも参照: 逆差別
逆差別とは、マイノリティや歴史的に不利な立場にある集団の利益のために、支配的または多数派の集団のメンバーが差別を受けたという主張を指す言葉である。

米国
米国では、多様な職場環境や教育環境を促進するために人種を意識した政策が用いられる場合、裁判所はその政策を支持している[45][46]。こうした政 策は白人を差別していると評する批評家もいる。そのような政策(例えばアファーマティブ・アクション)が白人に対する差別であるという議論に対して、社会 学者は、これらの政策の目的は差別に対抗するための土俵を平らにすることであると指摘している[47][48]。

認識
2016年の世論調査では、アメリカ国民の38%が白人は多くの差別に直面していると考えていた。同様に、今年初めに実施された別の世論調査では、米国市 民の41%が白人に対する差別が「広く」存在すると考えていた[50]。 逆差別の被害者であると信じることが自尊心を高めるため、そう信じる気になる人がいるという証拠がある[51]。

法律
米国では、1964年公民権法第7編が人種に基づくすべての人種差別を禁止している[52]。逆差別の主張を立証するためには、白人はより高い証明基準を 満たさなければならないという立場をとる裁判所もあるが、米国雇用機会均等委員会(EEOC)は、被害者の人種に関係なく、すべての人種差別の主張に同じ 基準を適用している[52]。
International Day for the Elimination of Racial Discrimination
Psychological impact of discrimination on health
Racial inequality
Racism

























リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j