sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでください

セックスワーク・性労働・売春

sex work, prostitution


A sex worker in Berlin in 2001, German prostitute, Erotikakademie Berlin., by Julica da Costa という作品がある。セルフポートレイト風の趣がある (Wiki, より)

池田光穂

☆ セックスワークとは、「物質的な対価を得るための性的サービス、演技、 または製品の交換」である。 買い手と売り手の間の直接的な身体的接触や、間接的な性的刺激の活動を含む」。セックスワークは自発的な性的取引のみを指す。したがって、この用語 は人身売買や、児童買春のような強制された、または同意のない性的取引を指すものではない。この取引は、法律で定められた年齢と精神能力を持つ、同意した 成人の間で行われなければならず、支払い以外のいかなる強制手段もなしに行われなければならない。この用語は、この種の労働の労働的・経済的 意味合いを強調している。さらに、このようなサービスの売り手により多くの主体性を与えることから、この用語の使用を好む者もいる。

★「どちらを余計に責めるべきでしょう?/金のために罪を犯す女ですか、それとも/罪を犯すために金を払う男ですか」——ソル・ファナ・イネス・デ・ラ・クルス「92番」(2007:28)

is "the exchange of sexual services, performances, or products for material compensation.[1][2] It includes activities of direct physical contact between buyers and sellers as well as indirect sexual stimulation".[3] Sex work only refers to voluntary sexual transactions; thus, the term does not refer to human trafficking and other coerced or nonconsensual sexual transactions such as child prostitution. The transaction must take place between consenting adults of the legal age and mental capacity to consent and must take place without any methods of coercion, other than payment.[4][5] The term emphasizes the labor and economic implications of this type of work. Furthermore, some prefer the use of the term because it grants more agency to the sellers of these services.
セックスワークとは、「物質的な対価を得るための性的サービス、演技、 または製品の交換」[1][2]である。 買い手と売り手の間の直接的な身体的接触や、間接的な性的刺激の活動を含む」[3]。セックスワークは自発的な性的取引のみを指す。したがって、この用語 は人身売買や、児童買春のような強制された、または同意のない性的取引を指すものではない。この取引は、法律で定められた年齢と精神能力を持つ、同意した 成人の間で行われなければならず、支払い以外のいかなる強制手段もなしに行われなければならない[4][5]。この用語は、この種の労働の労働的・経済的 意味合いを強調している。さらに、このようなサービスの売り手により多くの主体性を与えることから、この用語の使用を好む者もいる。
In 2004, a Medline search and review of 681 "prostitution" articles was conducted in order to create a global typology of types of sex work using arbitrary categories. Twenty-five types of sex work were identified in order to create a more systematic understanding of sex work as a whole. Prostitution varies by forms and social contexts, including different types of direct and indirect prostitution. This study was conducted in order to work towards improving the health and safety of sex workers.[6]

Types of sex work include various consensual sexual services or erotic performances,[7] involving varying degrees of physical contact with clients:

Webcam modeling and pornographic modeling. The former is often done via a camming site, and the latter may or may not make use of an adult content-subscription service.[3][8]
Stripper
Naked butler
Pole dancing[9][3]
Phone sex operators: have sexually oriented conversations with clients, and may do verbal sexual roleplay
Go-go dancing
Erotic dancing
Neo-burlesque
Twerking
Striptease / Table dance
Erotic massage
Grinding
Lap dancing
Pornographic film acting
Peepshow performers
Escort services / Girlfriend experience / Sugar baby
Sexual surrogates: work with psychoanalysts to engage in sexual activity as part of therapy with their clients.[10]
Street prostitution
Indoor prostitution (brothel work, massage parlor-related prostitution, bar or casino prostitution)
Dominatrix
2004年、恣意的なカテゴリーを用いて、セックスワークの類型を世界 的に類型化するために、681の「売春」論文のMedline検索とレビューが行われた。セックスワーク全体をより体系的に理解するために、25種類の セックスワークが特定された。売春は、直接売春や間接売春など、形態や社会的背景によってさまざまである。この調査は、セックスワーカーの健康と安全の改 善に取り組むために実施された[6]。

セックスワークの種類には、様々な同意に基づく性的サービスやエロティックなパフォーマンスが含まれ[7]、クライアントとの身体的接触の程度は様々であ る:

ウェブカメラ・モデルとポルノ・モデル。前者はカムサイトを通じて行われることが多く、後者はアダルトコンテンツ配信サービスを利用する場合としない場合 がある[3][8]。
ストリッパー
裸の執事
ポールダンス[9][3]
テレフォンセックス・オペレーター:顧客と性的指向の会話をし、言葉による性的ロールプレイをすることがある。
ゴーゴーダンス
エロティックダンス
ネオ・バーレスク
トワーキング
ストリップ/テーブルダンス
エロティック・マッサージ
グラインド
ラップダンス
ポルノ映画出演
覗き見パフォーマー
エスコートサービス/恋人体験/シュガーベイビー
性的サロゲート:精神分析医と協力して、クライアントとのセラピーの一環として性行為を行う[10]。
街娼
屋内売春(売春宿勤務、マッサージ店関連売春、バーやカジノでの売春)
ドミネトリックス
Legal models

World map of prostitution laws
  Decriminalization – No criminal penalties for prostitution
  Legalization (regulation) – Prostitution legal and regulated
  Abolitionism – Prostitution is legal, but organized activities such as brothels and pimping are illegal; prostitution is not regulated
  Neo-abolitionism (Nordic model) – Illegal to buy sex and for 3rd party involvement, legal to sell sex
  Prohibitionism – Prostitution illegal in all aspects (selling and buying)
  Legality varies with local laws
Further information: Decriminalization of sex work § Legal models of sex work

World map of pornography (18+) laws
  Pornography legal
  Pornography legal under some restrictions
  Pornography illegal
  Data unavailable
Full criminalization[citation needed] of sex work is the most widely practiced legal strategy for regulating transactional sex.[11] Full criminalization is practiced in China, Russia, and the majority of countries in Africa. In the United States, in which each state has its own criminal code, full contact sex work is illegal everywhere, sex work using a condom is legal only in parts of Nevada; non-contact sex work is a gray and confused area. Under full criminalization the seller, buyer, and any third party involved is subject to criminal penalties. This includes anyone who profits from commercial sex in any location or physical setting. Criminalization has been linked to higher rates of sexually transmitted infections, partner violence, and police harassment.[12] Fear of legal ramifications can deter sex workers from seeking proper sexual health care services and discourage them from reporting crimes of which they were the victim. According to research conducted by Human Rights Watch, criminalization has sex workers more vulnerable to rape, murder, and discrimination due to their marginalized position and ability to be prosecuted by the police even if they come forward as a victim.[13]

Partial criminalization[citation needed] allows for the legalization of both the buying and selling of sex between two consenting parties but prohibits the commercial selling of sex within brothels or public settings such as street solicitation. This has the unintended consequence that it criminalizes the coalition of sex workers, forcing them to work alone and in less safe conditions. Partial criminalization ranges from a variety of legal models such as abolitionism, neo-abolitionism and the Swedish-Nordic Model.[citation needed]

Legalization is currently practiced in parts of South America, Australia, Europe, and in certain counties in the U.S. state of Nevada. The Red Light District in Amsterdam, the Netherlands, is an example of full legalization, where all aspects of sex work are allowed as long as they are registered with the government. Since the registration process is often expensive and time-consuming, requires legal residence, and may involve regular medical exams, the most marginalized sex workers have to remain illegal, and usually charge less, because they cannot comply with the regulations. This is most common among minority groups, immigrants, and low-income workers.[14]

Decriminalization is the most supported solution by sex workers themselves.[14] The decriminalization of sex work is the only legal solution that offers no criminalization of any party involved in the sex work industry and additionally has no restrictions on who can legally participate in sex work. The decriminalization of sex work would not remove any legal penalties condemning human trafficking. There is no reliable evidence to suggest that decriminalization of sex work would encourage human trafficking.[4] New Zealand was the first country to decriminalize sex work in 2003, with the passage of the Prostitution Reform Act.[15] This is the most advocated for by sex workers because it allows them the most negotiating power with their clients. With full protection under the law, they have the ability to determine their wages, method of protection, and protect themselves from violent offenders. Sex work is one of the oldest professions in existence and even though sex work is criminalized in most places in order to regulate it, the profession has hardly changed at all over time. Those who work in sex trade are more likely to be exploited, trafficked, and victims of assault when sex work is criminalized.[16] Starting in August 2015, Amnesty International, a global movement free of political, religious, or economic interests to protect people from abuse, introduced a policy that requested that all countries decriminalized sex work.[17][18] Amnesty International stated in this policy that decriminalizing sex work would decrease human trafficking through promotion of the health and safety of sex workers by allowing them to be autonomous with protection of the government.[18] This policy gained a large amount of support worldwide from the WHO, UNAIDS, GAATW, and several others, but has not been adopted universally yet.[19][20][21][4][13][22]
法律モデル

売春法の世界地図
  非犯罪化 - 売春に対する刑事罰がない。
  合法化(規制) - 売春は合法であり、規制されている。
  廃止主義 - 売春は合法だが、売春宿やポン引きなどの組織的行為は違法。
  新廃止主義(北欧モデル) - 性の売買と第三者の関与は違法、性の売買は合法。
  禁止主義 - 売春はすべての面(売買)で違法。
  合法性は地域法によって異なる
さらなる情報 セックスワークの非犯罪化 § セックスワークの法的モデル

ポルノ(18歳以上)法の世界地図
  ポルノ合法
  ポルノはいくつかの制限の下で合法
  違法ポルノ
  データなし
セックスワークの完全犯罪化[引用者注釈]は、トランザクショナルセックスを規制するための最も広く実践されている法的戦略である[11]。完全犯罪化 は、中国、ロシア、およびアフリカの大半の国で実践されている。各州が独自の刑法を持っている米国では、完全な接触型のセックスワークはどこでも違法であ り、コンドームを使用するセックスワークはネバダ州の一部でのみ合法である。完全犯罪化の下では、売り手、買い手、関係する第三者はすべて刑事罰の対象と なる。これには、場所や物理的環境を問わず、商業的セックスで利益を得る者も含まれる。犯罪化は、性感染症、パートナーからの暴力、警察による嫌がらせの 発生率の上昇に関連している[12]。法的な影響を恐れるあまり、セックス・ワーカーが適切なセクシュアル・ヘルスケア・サービスを受けることを躊躇し、 自分が被害者となった犯罪を報告することを躊躇させる。ヒューマン・ライツ・ウォッチが行った調査によれば、犯罪化によって、セックスワーカーは疎外され た立場にあり、たとえ被害者として名乗り出たとしても警察によって起訴される可能性があるため、レイプや殺人、差別を受けやすくなっている[13]。

部分的な犯罪化[要出典]は、同意のある二者間のセックスの売買の両方を合法化することを認めるが、売春宿や路上での勧誘のような公共の場での商業的な セックスの販売を禁止する。これは、セックスワーカーの連合を犯罪化し、彼らが単独で、より安全でない環境で働くことを強いるという意図しない結果をもた らす。部分的な犯罪化には、廃止主義、新廃止主義、スウェーデン・北欧モデルなど、さまざまな法的モデルがある[要出典]。

合法化は現在、南米の一部、オーストラリア、ヨーロッパ、米国ネバダ州の特定の郡で実施されている。オランダのアムステルダムにあるレッドライト地区は、 完全合法化の例であり、政府に登録されている限り、セックスワークのあらゆる側面が認められている。登録手続きには費用と時間がかかることが多く、合法的 な居住地が必要で、定期的な健康診断が必要な場合もあるため、最も社会から疎外されているセックスワーカーは、規制を遵守できないため、非合法のままでい なければならず、通常、料金も安い。これはマイノリティグループ、移民、低所得労働者に最も多い[14]。

非犯罪化は、セックスワーカー自身によって最も支持されている解決策である[14]。セックスワークの非犯罪化は、セックスワーク産業に関与するいかなる 当事者も犯罪者としない唯一の法的解決策であり、さらに、誰がセックスワークに合法的に参加できるかについて制限を設けていない。セックスワークの非犯罪 化によって、人身売買を非難する法的罰則が撤廃されることはない。セックスワークの非犯罪化が人身売買を助長することを示唆する信頼できる証拠はない [4]。ニュージーランドは2003年に売春改革法を成立させ、セックスワークを非犯罪化した最初の国である[15]。これは、セックスワーカーがクライ アントとの交渉力を最も高めることができるため、セックスワーカーによって最も主張されている。法の下で完全に保護されることで、彼女たちは賃金や保護方 法を決定し、暴力的な犯罪者から身を守ることができる。性風俗は現存する最も古い職業の一つであり、性風俗を規制するためにほとんどの場所で性風俗が犯罪 化されているにもかかわらず、この職業は時代とともにほとんど変化していない。セックス・ワークが犯罪化されている場合、セックス・トレードで働く人々は 搾取されたり、人身売買されたり、暴行の被害に遭ったりする可能性が高くなる[16]。2015年8月から、政治的、宗教的、経済的な利害関係から自由で 人々を虐待から守る世界的な運動であるアムネスティ・インターナショナルは、すべての国にセックス・ワークの非犯罪化を要請する方針を導入した。 [17][18]アムネスティ・インターナショナルはこの方針の中で、セックスワークを非犯罪化することは、政府の保護を受けながらセックスワーカーが自 律的に活動できるようにすることで、セックスワーカーの健康と安全を促進し、人身売買を減少させると述べている[18]。この方針は、WHO、 UNAIDS、GAATW、その他いくつかの機関から世界中で多くの支持を得たが、まだ普遍的に採用されていない[19][20][21][4][13] [22]。
History
Sex work, in many different forms, has been practiced since ancient times. It is reported that even in the most primitive societies, there was transactional sex. Prostitution was widespread in ancient Egypt and Greece, where it was practiced at various socioeconomic levels. Hetaera in Greece and geisha in Japan were seen as prestigious members of society for their high level of training in companionship. Attitudes towards prostitution have shifted through history.


An Ancient Greek urn depicts a prostitute and her client.
During the Middle Ages prostitution was tolerated but not celebrated. It was not until the Renaissance and the Protestant Reformation in the 16th century that attitudes turned against prostitution on a large scale and bodies began to be regulated more heavily. These moral reforms were to a large extent directed towards the restriction of women's autonomy. Furthermore, enforcement of regulations regarding prostitution disproportionately impacted the poor.[23]

Sex work has a long history in the United States, yet laws regulating the sale of sex are relatively new. In the 18th century, prostitution was deeply rooted from Louisiana to San Francisco. Despite its prevalence, attitudes towards prostitutes were negative and many times hostile. Although the law did not directly address prostitution at this time, law enforcement often targeted prostitutes. Laws against lewdness and sodomy were used in an attempt to regulate sex work. Red-light districts formed in the 19th century in major cities across the country in an attempt by sex workers to find spaces where they could work, isolated from outside society and corresponding stigma.

Ambiguity in the law allowed for prostitutes to challenge imprisonment in the courts. Through these cases prostitutes forced a popular recognition of their profession and defended their rights and property. Despite sex workers' efforts, social reformers looking to abolish prostitution outright began to gain traction in the early 20th century. New laws focused on the third-party businesses where prostitution took place, such as saloons and brothels, holding the owners culpable for the activities that happened within their premises. Red-light districts began to close. Finally, in 1910 the Mann Act, or "White Slave Traffic Act" made illegal the act of coercing a person into prostitution or other immoral activity, the first federal law addressing prostitution. This act was created to address the trafficking of young, European girls who were thought to have been kidnapped and transported to the United States to work in brothels but criminalized those participating in consensual sex work.[24] Subsequently, at the start of the First World War, a Navy decree forced the closure of sex-related businesses in close proximity to military bases. Restrictions and outright violence led to the loss of the little control workers had over their work. In addition to this, in 1918, the Chamberlain–Kahn Act made it so that any woman found to have a sexually transmitted infection (STI) would be quarantined by the government. The original purpose of this act was to stop the spread of venereal diseases among U.S. soldiers.[25] By 1915 under this act, prostitutes, or those perceived to be prostitutes could be stopped, inspected, and detained or sent to a rehabilitation facility if they were found to test positive for any venereal disease. During World War I, an estimated 3,000 women were detained and examined. The state had made sex workers into legal outcasts.[26] During the Great Depression, black women in New York City accounted for more than 50% of arrests for prostitution.[27]

Types of sex work expanded in the 21st century. Film and later the Internet provided new opportunities for sex work. In 1978, Carol Leigh, a sex worker and activist, coined the term "sex work" as it is now used. She looked to combat the anti-pornography movement by coining a term that reflected the labor and economic implications of the work. The term came into popular use in the 1980s. COYOTE (Call Off Your Old Tired Ethics) and other similar groups formed in the 1970s and 80s to push for women's sexual freedom and sex workers' rights. A rift formed within feminism that continues today, with some arguing for the abolishment of sex work and others working for acceptance and rights for sex works.

Stigmas are negative and often derogatory ideas and labels that are placed on one or more members of a community. A prevalent stigma of sex workers that is circulated through various media platforms is the "whore" stigma in which sex workers are labelled as "whores" due to the nature and abundance of client relationships.[28]

A history of media narratives of sex workers was studied to yield the top three most common storylines shown in media about sex works. First, sex workers are shown as carriers and sources of disease. Second, sex work is shown as a social problem that varies in severity. And third, sex work is almost always portrayed in media to occur outdoors, which adds to negative social perceptions that associate sex work to be dirty or public. Across all of these narratives, we typically see a gendered hierarchy in which women of various ages are shown as the sex workers and men are portrayed as the authoritative role of pimps, clients, and law enforcers.[28]

A study in 2006 from the University of Victoria found that when compared to media representations of sex work, firsthand experiences of sex workers were far from similar. It was found that even though inaccurate, media portrayals of sex work are formed from rigid social and cultural scripts that perpetuate stigma and provide influence to news coverage and negative perceptions of sex work.[28]

The HIV/AIDS epidemic presented a new challenge to sex workers. The criminalization of exposing others to HIV/AIDS significantly impacted sex workers. Harm reduction strategies were organized providing testing, counseling, and supplies to stop the spread of the disease. This experience organizing helped facilitate future action for social justice. The threat of violence persists in many types of sex work. Unionization of legal types of sex work such as exotic dancers, lobbying of public health officials and labor officials, and human rights agencies has improved conditions for many sex workers. Nonetheless, the political ramifications of supporting a stigmatized population make organizing around sex work difficult. Despite these difficulties, actions against violence and for increased visibility and rights persist drawing hundreds of thousands of participants.[29] Women in the sex trade are more susceptible to experiencing more stigma and discrimination than men.[30] This stigma and discrimination is attributed to the negative social connotation of the job title "sex worker" and social perspective that sex workers have closer exposure to sexually transmitted diseases like HIV and AIDS. These stigmas influence how society interacts with sex workers. In 2011, many sex workers in Hong Kong reported having a verbally or physically abusive interaction with a police officer or healthcare official, which prompted a negative impact on overall health and unequal access to healthcare.[30]

During the COVID-19 pandemic, contact professions (which includes many forms of sex work, amongst others) had been banned (temporarily) in some countries. This has resulted in a reduction in Europe of certain forms of sex work.[31] In addition, there has been a greater adoption of forms of sex work which do not require physical contact (virtual sexual services).[32][33][34] Examples of sex work that do not require physical contact include webcam modelling and adult content-subscription services (e.g. OnlyFans).[35] Some sex workers have carried on regardless however, also because some virtual sexual services may require an official bank account (or other means of receiving money digitally) and an own private room.[33][32] The COVID-19 pandemic has heightened pre-existing marginalization, inequality, and criminalization of sex workers. With increased global health risks associated with the pandemic, sex workers' in-person services were suspended, posing more financial stressors to an already poverty-stricken population. COVID-19 regulations have specifically posed more threats to the physical and financial safety of socially disadvantaged sex workers who are undocumented, transgender, and of color.[36]
歴史
セックスワークは、さまざまな形で古代から行われてきた。最も原始的な社会でさえ、取引セックスがあったと報告されている。古代エジプトやギリシャでは売 春が広く行われており、さまざまな社会経済レベルで行われていた。ギリシャのヘタエラや日本の芸者は、コンパニオンとしての高度な訓練を受けていたため、 社会の一流メンバーとみなされていた。売春に対する考え方は歴史を通じて変化してきた。


古代ギリシャの壷には娼婦とその客が描かれている。
中世には売春は容認されたが、称賛されることはなかった。ルネサンスと16世紀のプロテスタント宗教改革が起こるまでは、売春に対する態度は大規模に変化 し、身体はより厳しく規制されるようになった。このような道徳的改革は、女性の自律を制限する方向に大きく舵を切った。さらに、売春に関する規制の実施 は、貧しい人々に不釣り合いな影響を与えた[23]。

セックスワークは米国では長い歴史があるが、性の売買を規制する法律は比較的新しい。18世紀、売春はルイジアナからサンフランシスコまで深く根付いてい た。その普及にもかかわらず、売春婦に対する態度は否定的で、何度も敵対的だった。この時代、法律が売春を直接取り締まることはなかったが、法執行機関は しばしば売春婦を標的にした。淫行やソドミーに対する法律は、セックス・ワークを規制する試みで使われた。19世紀に全国の主要都市で赤線地区が形成され たのは、セックスワーカーたちが外部社会やそれに対応するスティグマから隔離されて働ける場所を見つけようとしたためである。

法律があいまいだったため、娼婦たちは裁判で投獄を争うことができた。こうした裁判を通じて、娼婦たちは自分たちの職業を世間に認めさせ、自分たちの権利 と財産を守った。セックス・ワーカーたちの努力にもかかわらず、20世紀初頭には売春の全面的な廃止を求める社会改革派が台頭し始めた。新しい法律は、サ ロンや売春宿のような売春が行われる第三者のビジネスに焦点を当て、その敷地内で起こった行為について所有者の責任を問うものだった。赤線地帯は閉鎖され 始めた。そして1910年、マン法(白人奴隷売買法)は、売春やその他の不道徳な行為を強要する行為を違法とした。この法律は、売春宿で働くために誘拐さ れ米国に移送されたと思われる若いヨーロッパ人少女の人身売買に対処するために作られたが、合意の上でセックスワークに参加する者は犯罪とされた [24]。その後、第一次世界大戦が始まると、海軍の法令により、軍事基地に近接するセックス関連ビジネスの閉鎖が余儀なくされた。制限と明白な暴力は、 労働者が自分たちの仕事に対して持っていたわずかなコントロールを失うことにつながった。これに加え、1918年にはチェンバレン=カーン法によって、性 感染症(STI)が見つかった女性は政府によって隔離されることになった。この法律の当初の目的は、米軍兵士の間で性病が蔓延するのを食い止めることで あった[25]。この法律の下、1915年までに、売春婦や売春婦と思われる者は、性病の陽性反応が出た場合、止められ、検査され、拘留されるか、更生施 設に送られることになった。第一次世界大戦中、推定3,000人の女性が拘留・検査された。国家はセックスワーカーを合法的な追放者とした[26]。大恐 慌の間、ニューヨークの黒人女性は売春で逮捕された者の50%以上を占めた[27]。

21世紀にはセックスワークの種類が拡大した。映画と後のインターネットは、セックスワークに新たな機会を提供した。1978年、セックスワーカーで活動 家のキャロル・リーが、現在使われている「セックスワーク」という言葉を生み出した。彼女は、セックス・ワークの労働的・経済的意味合いを反映した造語を 作ることで、反ポルノ運動に対抗しようと考えた。この言葉は1980年代に一般的に使われるようになった。1970年代から80年代にかけて、 COYOTE(Call Off Your Old Tired Ethics)をはじめとする同様のグループが結成され、女性の性の自由とセックスワーカーの権利を求めて活動した。フェミニズムの中には、セックスワー クの廃止を主張する者もいれば、セックスワークの容認と権利を求める者もおり、今日まで続く溝が形成された。

スティグマとは、否定的で、しばしば軽蔑的な考え方やレッテルであり、コミュニティの1人または複数のメンバーに貼られる。様々なメディアを通じて流布し ているセックスワーカーのスティグマは、「娼婦」のスティグマであり、セックスワーカーは、顧客との関係の性質と豊富さによって「娼婦」のレッテルを貼ら れている[28]。

セックス・ワーカーに関するメディアの語りの歴史が研究され、セックス・ワークスに関するメディアで示される最も一般的なストーリーの上位3つが得られ た。第一に、セックスワーカーは病気のキャリアであり感染源である。第二に、セックスワークは、深刻さに差がある社会問題として描かれている。そして第三 に、セックスワークはほとんどの場合、屋外で行われるものとしてメディアで描かれており、セックスワークは汚いもの、公共の場であるといった否定的な社会 認識に拍車をかけている。これらすべての物語を通して、私たちは一般的に、さまざまな年齢の女性がセックスワーカーとして描かれ、男性がポン引き、顧客、 法の執行者という権威ある役割として描かれるというジェンダー化された階層を目にする[28]。

ビクトリア大学の2006年の研究によれば、セックスワークに関するメディアの表現と比較した場合、セックスワーカーの実体験は似通っているとは言い難い ものであった。不正確であっても、メディアによるセックスワークの描写は、スティグマを永続させ、ニュース報道やセックスワークに対する否定的な認識に影 響を与える、硬直した社会的・文化的な台本から形成されていることがわかった[28]。

HIV/AIDSの流行は、セックスワーカーに新たな課題を提示した。他人をHIV/AIDSにさらすことが犯罪化されたことは、セックスワーカーに大き な影響を与えた。病気の蔓延を食い止めるために、検査、カウンセリング、物資を提供するハームリダクション戦略が組織された。この組織化の経験は、社会正 義のための将来の行動を促進するのに役立った。暴力の脅威は、多くの種類のセックスワークに根強く残っている。エキゾチック・ダンサーのような合法的なタ イプのセックス・ワークの組合化、公衆衛生当局や労働当局への働きかけ、人権擁護機関への働きかけは、多くのセックス・ワーカーの状況を改善した。とはい え、汚名を着せられた人々を支援することの政治的な影響により、セックスワークをめぐる組織化は困難である。このような困難にもかかわらず、暴力に反対 し、知名度と権利の向上を求める行動は、何十万人もの参加者を集めて続いている[29]。性風俗産業に従事する女性は、男性よりも多くのスティグマと差別 を経験しやすい[30]。このスティグマと差別は、「セックスワーカー」という職種が持つ否定的な社会的意味合いと、セックスワーカーはHIVやエイズの ような性感染症にかかりやすいという社会的視点に起因している。こうしたスティグマは、社会とセックスワーカーの関わり方に影響を与えている。2011年 には、香港のセックスワーカーの多くが、警察官や医療関係者と言葉や身体的虐待を受けたと報告しており、それが健康全般への悪影響や医療への不平等なアク セスを促している[30]。

COVID-19のパンデミックの間、接触性職業(とりわけ多くの形態のセックスワークを含む)は、いくつかの国で(一時的に)禁止されていた。その結 果、ヨーロッパでは特定の形態のセックスワークが減少した[31]。さらに、身体的接触を必要としない形態のセックスワーク(バーチャルな性的サービス) の採用が拡大している[32][33][34]。 COVID-19の流行は、セックスワーカーの既存の疎外、不平等、犯罪化を高めている。パンデミックに関連した世界的な健康リスクの増大に伴い、セック スワーカーの対面サービスは停止され、すでに貧困にあえぐ人々にさらなる経済的ストレス要因をもたらした。COVID-19の規制は、特に、非正規雇用、 トランスジェンダー、有色人種である社会的に不利な立場にあるセックスワーカーの身体的・経済的安全により多くの脅威をもたらした[36]。
Sex work empowerment
Main article: Sex workers' rights
See also: List of sex worker organizations

Sex workers demonstrating for better working conditions at the 2009 Marcha Gay in Mexico City
International Day to End Violence Against Sex Workers
Dr. Annie Sprinkle and the Sex Workers Outreach Project USA first observed the International Day to End Violence Against Sex Workers on December 17, 2003, and has been continuously recognized for the last 17 years.[37] Sprinkle and the Sex Workers Outreach Project USA first observed this day in memory of victims of the Green River Killer in Seattle Washington and has since evolved into an annual, international recognition for other cities who have lost many lives of sex workers, those who experience and have experienced violence, and to empower sex workers.[38] During the week of December 17, the International Day to End Violence Against Sex workers calls attention to hate crimes around the world and social justice organizations work side-by-side with sex worker communities to hold memorials and stage actions to raise awareness of violence by focusing on condemnation of transphobia, xenophobia, racism, criminalization of drug use as well as stigma of sex work in order for sex work to be a safe, non criminalized practice.[39]

Adult content-subscription services
In adult content-subscription services (e.g. OnlyFans) social media creators can be paid for their content. This content can include selfies, tips, information, tutorials, as well as sex work. OnlyFans creators make a lucrative profit from subscribers who purchase access to their exclusive account every month.[40] The experience is curated for each individual subscriber versus a broad audience like the content provided by Pornhub, brazzers, xxxvideos, etc.[40] OnlyFans has changed sex work in a way that has made it more powerful for the creator, and safer for them to control how they perform their sex work. Many OnlyFans creators that focus on sex work have reported that they receive more subscribers as they post more frequently. It is irrelevant if the posts are "explicit" or not.[41] Several of the women who perform sex work on OnlyFans have regulars that they know everything about from their job description to family member names, to when their surgical procedures are. Although these creators are often paid for and may assist in their subscribers' orgasms, this act is not considered prostitution. Subscribers to OnlyFans sex work accounts have stated that they can get pornography for free anywhere, and that they are paying for a service catered to their personal needs. These subscribers are paying for people to be an online significant other who occasionally helps them achieve an orgasm.[41]
セックスワーク・エンパワーメント
主な記事 セックスワーカーの権利
関連記事 セックスワーカー団体一覧

2009年メキシコシティのマルカ・ゲイで労働条件の改善を求めてデモを行うセックスワーカーたち
セックスワーカーに対する暴力をなくす国際デー
アニー・スプリンクル博士とセックス・ワーカー・アウトリーチ・プロジェクトUSAは、2003年12月17日に「セックス・ワーカーに対する暴力をなく す国際デー」を初めて実施し、以来17年間継続して認定している。[37] スプリンクル博士とセックス・ワーカー・アウトリーチ・プロジェクトUSAは、ワシントン州シアトルで起きたグリーン・リバー・キラーの犠牲者を追悼する ためにこの日を初めて実施し、以来、セックス・ワーカーや暴力を経験した人、経験したことのある人の多くの命を奪った他の都市のために、またセックス・ ワーカーに力を与えるために、毎年国際的に認定されるようになった。 [38]12月17日の週、「セックスワーカーに対する暴力をなくす国際デー」は、世界中の憎悪犯罪に注意を喚起し、社会正義団体がセックスワーカーコ ミュニティと肩を並べて、慰霊祭を開催し、セックスワークが安全で犯罪化されない行為であるために、トランスフォビア、外国人嫌悪、人種差別、薬物使用の 犯罪化、セックスワークへのスティグマを非難することに焦点を当て、暴力に対する意識を高めるための行動を起こす[39]。

アダルトコンテンツ配信サービス
アダルト・コンテンツのサブスクリプション・サービス(OnlyFansなど)では、ソーシャルメディアのクリエイターは、そのコンテンツに対して報酬を 得ることができる。このコンテンツには、自撮り写真、ヒント、情報、チュートリアル、セックスワークなどが含まれる。OnlyFansのクリエイターは、 毎月その専用アカウントへのアクセスを購入する購読者から有利な利益を得ている[40]。その体験は、Pornhub、brazzers、 xxxvideosなどが提供するコンテンツのような広範なオーディエンスに対して、個々の購読者のためにキュレートされている[40]。セックスワーク に焦点を当てたOnlyFansのクリエイターの多くは、投稿頻度が高くなるにつれて登録者が増えたと報告している。投稿が「露骨」かどうかは関係ない [41]。OnlyFansでセックスワークを行っている女性の何人かは、仕事の内容から家族の名前、手術の時期まで、すべてを知っている常連を持ってい る。これらのクリエイターは、しばしば報酬を受け取り、購読者のオーガズムを援助することがあるが、この行為は売春とはみなされない。OnlyFansの セックスワーク用アカウントの購読者は、ポルノはどこでも無料で手に入るし、個人的なニーズに合わせたサービスにお金を払っていると述べている。これらの 購読者は、時折オーガズムに達するのを助けてくれるオンライン上の大切な相手となる人々にお金を払っている[41]。
Emotional labor
Emotional labor is an essential part of many service jobs, including many types of sex work. Through emotional labor sex workers engage in different levels of acting known as surface acting and deep acting. These levels reflect a sex worker's engagement with the emotional labor. Surface acting occurs when the sex worker is aware of the dissonance between their authentic experience of emotion and their managed emotional display. In contrast deep acting occurs when the sex worker can no longer differentiate between what is authentic and what is acting; acting becomes authentic.[42]

A sex worker in Berlin in 2001
Sex workers engage in emotional labor for many different reasons. First, sex workers often engage in emotional labor to construct performances of gender and sexuality.[43][44][45] These performances frequently reflect the desires of a clientele which is mostly composed of heterosexual men. In the majority of cases, clients value women who they perceive as normatively feminine. For women sex workers, achieving this perception necessitates a performance of gender and sexuality that involves deference to clients and affirmation of their masculinity, as well as physical embodiment of traditional femininity.[43][46] The emotional labor involved in sex work may be of a greater significance when race differences are involved. For instance Mistress Velvet, a black, femme dominatrix, advertises herself using her most fetishized attributes. She makes her clients, who are mostly white heterosexual men, read Black feminist theory before their sessions. This allows the clients to see why their participation, as white heterosexual men, contributes to the fetishization of black women.[47]

Both within sex work and in other types of work, emotional labor is gendered in that women are expected to use it to construct performances of normative femininity, whereas men are expected to use it to construct performances of normative masculinity.[42] In both cases, these expectations are often met because this labor is necessary to maximizing monetary gain and potentially to job retention. Indeed, emotional labor is often used as a means to maximize income. It fosters a better experience for the client and protects the worker thus enabling the worker to make the most profit.[43][44][48]

In addition, sex workers often engage in emotional labor as a self-protection strategy, distancing themselves from the sometimes emotionally volatile work.[3][44] Finally, clients often value perceived authenticity in their transactions with sex workers; thus, sex workers may attempt to foster a sense of authentic intimacy.[43][48]
感情労働
感情労働は、多くのタイプのセックスワークを含む多くのサービス業に不可欠な部分である。感情労働を通してセックスワーカーは、表面的な演技と深い演技と して知られる異なるレベルの演技に従事する。これらのレベルは、セックスワーカーの感情労働への関与を反映している。表層的演技は、セックスワーカーが自 分の本物の感情体験と管理された感情表出との間の不一致に気づいているときに起こる。対照的に、深い演技は、セックス・ワーカーがもはや何が本物であり、 何が演技であるかの区別がつかなくなったときに起こり、演技が本物になる[42]。

2001年のベルリンのセックスワーカー
セックスワーカーが感情労働に従事する理由はさまざまである。第一に、セックスワーカーはジェンダーとセクシュアリティのパフォーマンスを構築するために 感情労働に従事することが多い[43][44][45]。これらのパフォーマンスは、ほとんどが異性愛者の男性で構成される顧客の欲望を反映することが多 い。ほとんどの場合、顧客は規範的に女性的であると認識する女性を重視する。女性セックスワーカーにとって、この認識を達成するためには、伝統的な女性ら しさを身体的に体現するだけでなく、クライアントへの敬意と男性性の肯定を伴うジェンダーとセクシュアリティのパフォーマンスが必要である[43] [46]。セックスワークに関わる感情的労働は、人種の違いが関わる場合、より大きな意味を持つかもしれない。例えば、黒人のファム・ドミナトリックスで あるベルベット嬢は、最もフェティッシュな属性を用いて自分自身を宣伝している。彼女は、ほとんどが白人の異性愛者であるクライアントに、セッションの前 にブラックフェミニズム理論を読ませる。これによって顧客は、白人異性愛者の男性である自分たちの参加が、なぜ黒人女性のフェティシズム化に寄与している のかを知ることができる[47]。


セックスワークにおいても他のタイプの仕事においても、感情労働はジェンダー化されており、女性はそれを用いて規範的な女性らしさの演技を構築することが 期待されているのに対し、男性はそれを用いて規範的な男性らしさの演技を構築することが期待されている[42]。どちらの場合においても、この労働は金銭 的利益を最大化し、潜在的に仕事を維持するために必要であるため、こうした期待はしばしば満たされる。実際、感情労働はしばしば収入を最大化する手段とし て用いられる。それは顧客にとってより良い経験を促進し、労働者を保護するため、労働者が最も利益を上げることを可能にする[43][44][48]。


加えて、セックスワーカーはしばしば自己防衛戦略として感情労働に従事し、時に感情的に不安定な仕事から距離を置く。[3][44]最後に、クライアント はセックスワーカーとの取引において知覚される信頼性を重視することが多い。したがって、セックスワーカーは信頼できる親密さの感覚を醸成しようとするか もしれない[43][48]。
Health care for sex workers
Mental health care
Traumatic sexual events and violence put sex workers at a higher risk for mental health disorders. Women in sex work have a higher chance of suffering mental health disorders, and the chance is even greater for those who are women in minority groups including the LGBTQ+ community.[49] A study performed in 2010 concluded that women in sex work were more likely to exhibit signs of PTSD (13%), anxiety (33.7%), and depression (24.4%). Women in sex work experience more obstacles and barriers to gaining mental health care despite their increased risk due to stigma, lack of access to insurance, lack of trust from health care professionals and misogyny.[50] A study examining the institutionalized barriers to healthcare faced by female sex workers was conducted in Canada in 2016. The study yielded the finding that about 70% of female sex workers experience one or more institutional barriers to healthcare. These institutional barriers included long wait times, limited hours of operation, and biased treatment or discrimination on behalf of health care providers.[51]

Primary health care
Sex workers are less likely to seek health care or be eligible to seek health care due to negative stigma. Women in sex work are disproportionally treated worse in health care settings. It is a minimal necessity that women in sex work have access to frequent STD/STI testing and treatment, but it is essential that sex workers have the equal access for regular primary care for other ailments as non-sexworkers.[50] UNAIDS researched the percentage rates of accessible prevention services for sex workers in 2010 around the world and concluded that 51% did not have access.[52] Another obstacle for sex workers to gain health care services is that many are unable to, or unwilling to disclose their profession on required medical paperwork making them ineligible to receive medical care.[18][53]

The population of sex workers has been targeted by the public health industry as a population that has a high risk of HIV infection. This concept is used to strategize marketing materials to sex workers about health resources, but it has been found to actually add to stigma and discrimination of sex workers, further delegitimize prostitution as a source of income, hinder effective health interventions, and perpetuate the idea that being a sex worker is a risk factor for disease.[54] Public health care initiatives that prioritize HIV prevention among sex workers and portray sex workers as a vulnerable population overshadow the rights of sex workers and the legitimacy of sex work as a functional occupation. The title "sex worker" itself was introduced in an attempt to break the association by healthcare industries that links female prostitutes with dirty, immoral, and diseased identities.[54]

Factors in sex workers' health
There is a possibility that sex works status as a criminal offense could lead sex workers to engage in practices that impact their own health and safety. In countries where sex work is classified as a crime, condoms can be used as a form of evidence. The Sex Workers Project is an organization that provides legal and social services for sex workers. In a study done regarding the impact of using condoms as evidence, the Brooklyn Defense Services provided data that showed that between 2008 and 2009 there were around 39 sex work-related cases in which condoms were used as evidence.[55] There is a chance that in order to decrease the chance of arrest, sex workers are inclined to participate in unprotected sex. If this is the case, this would contribute to the higher risk of sexually transmitted infections these workers face, as aforementioned.

In Tangent with this, it is not uncommon for sex workers experiencing health difficulties to not take the appropriate steps with healthcare professionals due to fear or distrust in them. A survey done by STAR-STAR, a partner of the human rights organization UNFPA, concluded that almost a quarter of sex workers were denied healthcare services because of their occupation.[56]

Communication between health-care providers and sex workers
In the interest of providing the best care for Sex Workers seeking health care, transparent communication can enhance the quality of services being provided. This can be practiced on both sides of this relationship. For example, a care provider could include questions in their sexual history questionnaire that pertain to the exchange of sex for money.[57] Being prompted with these kinds of questions could mitigate the anxiety that if the patient is honest about what they do would cause their services to be declined. This might encourage the patient to be more honest about their entire experience and history, which would allow for a better decision to be made in regards to treatment.

Intimate relationships
A study in Melbourne, Australia, found that sex workers typically experience relationship difficulties as a result of their line of work. This primarily stems from the issue of disclosure of their work in personal relationships. Some sex workers noted that dating ex-clients is helpful as they have had contact with sex workers, and they are aware of their employment.[58]

Although a majority of women in sex work reported that their profession negatively affected them, those that stated a positive effect reported that they had increases sexual self-esteem and confidence.[58] There is very little empirical evidence characterizing clients of sex workers, but they may share an analogous problem. A Scientific American article on sex buyers summarizes a limited field of research which indicates that Johns have a normal psychological profile matching the makeup of the wider male population but view themselves as mentally unwell.[59]

Dolf Zillmann asserts that extensive viewing of pornographic material produces many sociological effects which he characterizes as unfavorable, including a decreased respect for long-term, monogamous relationships, and an attenuated desire for procreation.[60] He claims that pornography can "potentially undermine the traditional values that favor marriage, family, and children" and that it depicts sexuality in a way which is not connected to "emotional attachment, of kindness, of caring, and especially not of continuance of the relationship, as such continuance would translate into responsibilities".[61]

Commodified intimacy
In clients' encounters with prostitutes or exotic dancers (and potentially other sex workers as well), many seek more than sexual satisfaction. They often seek, via their interactions with sex workers, an affirmation of their masculinity, which they may feel is lacking in other aspects of their lives.[43][46] This affirmation comes in the form of (a simulation of) affection and sexual desire, and "smooth, intimate, affective space, wherein the way that time is managed is governed only by mutual desire and enjoyment."[46] Partly because they are engaged in work during these interactions, prostitutes' experience and interpretation of time tends to be structured instead by desires to maximize income, avoid boredom, and/or avoid detriment to self-esteem.[46]

For sex workers, commodified intimacy provides different benefits. In Brazil, sex workers prioritize foreign men over local men in terms of forming intimate relationships with sex workers. This is a result of local men regarding sex workers as having no worth beyond their occupation. In contrast, foreign men are often accompanied by wealth and status, which are factors that can help a sex worker become independent. Hence sex workers in Brazil are more likely to seek out "ambiguous entanglements" with the foreign men they provide services for, rather than the local men.[62]

Gender differences
Interviews with men and women escorts illuminate gender differences in these escorts' experiences.[3] On average, women escorts charged much more than men.[63][better source needed] Compared to traditional women escorts, women in niche markets charged lower rates. However, this disparity in rates did not exist for men escorts. Men escorts reported widespread acceptance in the gay community; they were much more likely than women to disclose their occupation.[citation needed] This community acceptance is fairly unusual to the gay community and not the experience of many women sex workers. Also, heterosexual men prostitutes are much more likely than heterosexual women prostitutes to entertain same-gender clients out of necessity, because the vast majority of clients are men.[46] In general, there is a greater social expectation for women to engage in emotional labor than there is for men; there are also greater consequences if they do not.[42]

Risks
The potential risks sex work poses to the worker vary greatly depending on the specific job they occupy. Compared to outdoor or street-based sex workers, indoor workers are less likely to face violence.[64] Street sex workers may also more likely to use addictive drugs, to have unprotected sex, and to be the victim of sexual assault.[3] HIV affects large numbers of sex workers, of all genders, who engage in prostitution globally. Rape and violence, poverty, stigma, and social exclusion are all common risks faced by sex workers in many different occupations.[23] A study of violence against women engaged in street prostitution found that 68% reported having been raped.[65] Sex workers are also at a high risk of murder. According to Salfati's study, sex workers are 60 to 120 times more likely to be murdered than nonprostitute females.[66] Although these features tend to apply more to sex workers who engage in full service sex work, stigma and safety risks are pervasive for all types of sex work, albeit to different extents.[3][64] Because of the varied legal status of some forms of sex work, sex workers in some countries also face the risk of incarceration, flogging and even the death penalty.[67]

Feminist debate
See also: Feminist views on prostitution and pornography
Feminist debates on sex work focus primarily on pornography and prostitution. Feminist arguments against these occupations tend to be founded in the notion that these types of work are inherently degrading to women, perpetuate the sexual objectification of women, and/or perpetuate male supremacy.[68] In response, proponents of sex work argue that these claims deny women sex workers' agency, and that choosing to engage in this work can be empowering. They contend that the perspectives of anti-sex work feminists are based on notions of sexuality constructed by the patriarchy to regulate women's expressions sexuality.[69] In fact, many feminists who support the sex industry claim that criminalizing sex work causes more harm to women and their sexual autonomy. An article in the Touro Law Review 2014, focuses on the challenges faced by prostitutes in the U.S and the need for prostitution reform: "[By criminalizing prostitution] women lose the choice to get paid for having consensual sex. A woman may have sex for free, but once she receives something of value for her services, the act becomes illegal".[70] Those who see this as an attack on a women's sexual autonomy also worry about the recent attacks on liberal social policy, such as same sex marriage and abortion on demand, in the U.S. Some liberals also argue that since a disproportionate share of those who choose sex work as a means of income are the poor and disadvantaged, public officials should focus on social policies improving the lives of those choosing to do so rather than condemnation of the "private" means which those victims of society employ.[71]

Debates on sex worker agency
The topic of sexual labor is often contextualized within opposing abolitionist and sex-positive perspectives.[72][73] The abolitionist perspective typically defines sex work as an oppressive form of labor.[74] According to opponents of prostitution, it is not only the literal purchase of a person's body for sexual exploitation, it also constitutes exertion of power over women both symbolically and materially. This perspective views prostitution and trafficking as directly and intimately connected and therefore calls for the abolition of prostitution in efforts to eliminate the overall sexual exploitation of women and children.[74] Opponents also refute the idea of consent among sex workers by claiming that such consent is merely a submissive acceptance of the traditional exploitation of women. For these reasons, opponents believe that decriminalizing sex work would utterly harm women as a class by maintaining their sexual and economic exploitation while "serving the interests of pimps, procurers and prostitutors".[74] Some Marxist feminists argue sex work is not uniquely exploitative. Heather Berg writes, "Commercial sex exchange is not exploitative because of anything unique to sex; it is exploitative because it is labor under capitalism."[75]

Some sex-positive feminists recognize sex workers as situated within a modern Western sexual hierarchy where a married man and woman are respected while LGBT people, fetishists, and sex workers such as prostitutes and pornographic models are viewed as sexual deviants.[76] According to sex positive feminists, sex law incorporates a prohibition against mixing sex and money in order to sustain this hierarchy. Therefore, the individuals who practice these "deviant" sexual acts are deemed as criminals and have limited institutional support and are subjected to economic sanctions.[76] Sex-positive perspectives challenge this hierarchy by appreciating sexual diversity and rejecting any notion of "normal" sex.[77] With this understanding, people who choose to engage in criminalized sex acts are seen as autonomous sexual beings rather than victims of the sex industry. For black women, agency is viewed as contextual due to historical considerations, and can be regarded as one facet of a complex system of ideals that encompass black women's sexuality over time. One result of this is the way that race relations impact the mobility of black people in the sex industry.[78]

Some liberal feminists believe that a "democratic morality" should judge sexual activity (as if the proclivities of the majority, as well as their proficiency in providing sexual pleasures, should determine the direction of a society's moral compass) "by the way partners treat one another, the presence or absence of coercion, and the quantity and quality of the pleasures they provide".[76] They propound that it should not be an ethical concern whether sex acts are coupled or in groups, same or mixed sex, with or without consensual acts of violence or video, commercial or free.[76]
セックスワーカーのヘルスケア
メンタルヘルスケア
性的なトラウマや暴力は、セックスワーカーにメンタルヘルス障害の高いリスクをもたらす。2010年に行われた調査では、セックスワークをしている女性は PTSD(13%)、不安(33.7%)、うつ病(24.4%)の兆候を示す可能性が高いと結論づけている。セックスワークに従事する女性は、スティグ マ、保険へのアクセス不足、医療従事者からの信頼不足、女性差別のために、リスクが高いにもかかわらず、メンタルヘルスケアを受ける上でより多くの障害や 障壁を経験している[50]。女性セックスワーカーが直面するヘルスケアへの制度化された障壁を調査する研究が、2016年にカナダで実施された。この調 査では、約70%の女性セックスワーカーが、医療に対する1つ以上の制度的障壁を経験しているという結果が得られた。これらの制度的障壁には、長い待ち時 間、限られた診療時間、医療提供者による偏った扱いや差別が含まれていた[51]。

一次医療
セックスワーカーは、否定的なスティグマのために、ヘルスケアを求めるか、ヘルスケアを求める資格がある可能性が低い。性労働に従事する女性は、ヘルスケ ア環境において不釣り合いなほど待遇が悪い。セックスワーカーの女性が頻繁にSTD/STIの検査や治療を受けられることは最低限必要なことであるが、 セックスワーカーがその他の病気について、セックスワーカーでない人と同じように定期的にプライマリーケアを受けられることは不可欠である。 [50]UNAIDSは、2010年に世界中でセックスワーカーのためのアクセス可能な予防サービスの割合について調査し、51%がアクセスできなかった と結論づけている[52]。セックスワーカーが医療サービスを受けるためのもう一つの障害は、多くの人が必要な医療書類に自分の職業を開示できないか、開 示したくないために医療を受ける資格がないということである[18][53]。

セックスワーカーの集団は、HIV感染のリスクが高い集団として公衆衛生産業によって標的にされてきた。この概念は、セックスワーカーに向けた健康資源に 関するマーケティング資料を戦略的に作成するために使用されるが、実際にはセックスワーカーへのスティグマと差別を助長し、収入源としての売春をさらに委 縮させ、効果的な健康介入を妨げ、セックスワーカーであることが病気の危険因子であるという考えを永続させることがわかっている[54]。 セックスワーカーのHIV予防を優先し、セックスワーカーを脆弱な集団として描く公衆衛生ケアのイニシアチブは、セックスワーカーの権利と機能的職業とし てのセックスワークの正当性を覆い隠している。セックスワーカー」という呼称自体が、女性売春婦を汚らわしい、不道徳な、病的なアイデンティティと結びつ ける医療業界による連想を断ち切る試みとして導入された[54]。

セックスワーカーの健康の要因
犯罪行為としてのセックスワークの地位が、セックスワーカーを自身の健康と安全に影響を与える行為に従事させる可能性がある。セックスワークが犯罪として 分類されている国では、コンドームが証拠品として使用されることがある。セックスワーカーズ・プロジェクトは、セックスワーカーのための法的・社会的サー ビスを提供する団体である。コンドームを証拠として使用することの影響について行われた調査で、ブルックリン弁護団は、2008年から2009年の間に、 コンドームが証拠として使用されたセックスワーク関連の事件が約39件あったというデータを提供した[55]。逮捕される可能性を減らすために、セックス ワーカーが無防備なセックスに参加する傾向がある可能性がある。もしそうであれば、前述のように、セックスワーカーが直面する性感染症のリスクが高くなる 一因となるだろう。

これに関連して、健康上の問題を抱えるセックスワーカーが、医療従事者への恐怖や不信感から適切な措置を取らないことも珍しくない。人権団体UNFPAの パートナーであるSTAR-STARが行った調査では、セックスワーカーのほぼ4分の1が、その職業を理由に医療サービスを拒否されたと結論づけている [56]。

医療提供者とセックスワーカーのコミュニケーション
ヘルスケアを求めるセックスワーカーに最善のケアを提供するために、透明性のあるコミュニケーションは、提供されるサービスの質を高めることができる。こ れは、この関係の両側で実践することができる。例えば、ケア提供者は、性生活歴の問診票の中に、金銭と引き換 えのセックスに関連する質問を含めることができる[57]。このよう な質問を促されることで、患者が自分のしていることを正直に話せば、 サービスを断られるのではないかという不安を和らげることができる。そうすることで、患者は自分の経験や既往歴をすべて正直に話すようになり、治療に関し てより良い決断を下すことができるようになるかもしれない。

親密な関係
オーストラリアのメルボルンで行われた調査によると、セックスワーカーは、その仕事の結果として、一般的に人間関係の難しさを経験している。これは主に、 個人的な関係における仕事の開示の問題に起因する。何人かのセックスワーカーは、元顧客とデートすることは、セックスワーカーと接触したことがあり、彼女 たちが働いていることを知っているので役に立つと指摘している[58]。

セックスワークをしている女性の大多数は、自分の職業がネガティブな影響を与えていると報告しているが、ポジティブな効果を述べている女性は、性的自尊心 と自信が高まったと報告している[58]。セックスワーカーの顧客を特徴づける経験的証拠はほとんどないが、彼らは類似した問題を共有しているかもしれな い。サイエンティフィック・アメリカンのセックス・バイヤーに関する記事は、ジョンがより広い男性集団の構成と一致する正常な心理的プロフィールを有する が、自分自身を精神的に不調であるとみなすことを示す限られた分野の研究を要約している[59]。

ドルフ・ジルマン(Dolf Zillmann)は、ポルノを大量に閲覧することは、長期的で一夫一婦制の関係に対する敬意の低下や、子孫を残すことへの欲求の減退など、好ましくない 多くの社会学的影響をもたらすと主張している[60]。彼は、ポルノは「結婚、家族、子どもを支持する伝統的な価値観を損なう可能性がある」とし、「感情 的な愛着、優しさ、思いやり、そして特に、そのような継続が責任につながるような関係の継続とは無縁である」ような方法で性を描写していると主張している [61]。

商品化された親密さ
売春婦やエキゾチック・ダンサー(そして潜在的に他のセックス・ワーカーも同様)との顧客の出会いにおいて、多くの者は性的な満足以上のものを求めてい る。この肯定は、愛情や性的欲求の(シミュレーション)、「スムーズで親密な情緒的空間、そこでは時間の管理方法が相互の欲求と楽しみによってのみ支配さ れる」という形でもたらされる[43][46]。 「46]こうした交流の間、仕事に従事していることもあり、売春婦の時間の経験と解釈は、収入を最大化し、退屈を避け、自尊心を損なうことを避けたいとい う欲求によって代わりに構成される傾向がある[46]。

セックスワーカーにとって、商品化された親密さは異なる便益をもたらす。ブラジルでは、セックスワーカーは、セックスワーカーと親密な関係を結ぶという点 で、地元の男性よりも外国人男性を優先する。これは、現地の男性がセックスワーカーを職業以上の価値がないと見なしている結果である。対照的に、外国人男 性は富や地位を伴うことが多く、セックスワーカーが自立するための要素となっている。それゆえ、ブラジルのセックスワーカーは、地元の男性ではなく、サー ビスを提供する外国人男性との「あいまいな関係」を求める傾向が強い[62]。

ジェンダーの違い
男性エスコートと女性エスコートへのインタビューは、これらのエスコートの経験における性差を浮き彫りにしている[3]。平均して、女性エスコートは男性 よりもはるかに高い料金を請求していた[63][要出典]。従来の女性エスコートと比較して、ニッチ市場の女性は低い料金を請求していた。しかし、料金の このような格差は男性の護衛には存在しなかった。男性エスコートはゲイコミュニティで広く受け入れられていると報告しており、職業を公表する可能性は女性 よりもはるかに高かった[要出典]。このコミュニティの受け入れはゲイコミュニティではかなり珍しく、多くの女性セックスワーカーの経験ではない。また、 異性愛者の男性売春婦は、異性愛者の女性売春婦よりも、客の大多数が男性であるため、必要に迫られて同性の客を接待する可能性が高い[46]。一般的に、 女性が感情労働に従事することは、男性よりも社会的に期待されている。

リスク
セックスワークがワーカーにもたらす潜在的なリスクは、彼らが占める特定の仕事によって大きく異なる。屋外や路上で働くセックス・ワーカーに比べ、屋内で 働くセックス・ワーカーは暴力に直面する可能性が低い[64]。また、路上で働くセックス・ワーカーは、中毒性のある薬物を使用したり、無防備なセックス をしたり、性的暴行の被害に遭ったりする可能性が高い[3]。レイプや暴力、貧困、スティグマ、社会的排除はすべて、さまざまな職業に従事するセックス ワーカーが直面する共通のリスクである[23]。路上売春に従事する女性に対する暴力に関する調査では、68%がレイプされたと報告している[65]。 Salfatiの研究によれば、セックスワーカーは非売春女性よりも60倍から120倍も殺害される可能性が高い[66]。これらの特徴は、フルサービス のセックスワークに従事するセックスワーカーにより多く当てはまる傾向があるが、スティグマと安全性のリスクは、程度は異なるものの、あらゆるタイプの セックスワークに蔓延している[3][64]。 いくつかの形態のセックスワークの法的地位が多様であるため、いくつかの国のセックスワーカーは、投獄、鞭打ち、さらには死刑のリスクにも直面している [67]。

フェミニストの議論
以下も参照: 売春とポルノに対するフェミニストの見解
セックスワークに関するフェミニストの議論は、主にポルノと売春に焦点を当てている。これらの職業に反対するフェミニストの主張は、これらの種類の仕事は 本質的に女性を貶めるものであり、女性の性的対象化を永続させるものであり、男性至上主義を永続させるものであるという考え方に立脚する傾向がある [68]。これに対してセックスワーク支持者は、これらの主張は女性のセックスワーカーの主体性を否定するものであり、この仕事に従事することを選択する ことは力を与えることになると主張する。実際、セックス・ワークを支持するフェミニストの多くは、セックス・ワークを犯罪化することは、女性とその性的自 律性により多くの害をもたらすと主張している。Touro Law Review 2014に掲載された論文では、アメリカにおける売春婦が直面する課題と売春改革の必要性に焦点を当てている: 「売春を犯罪化することで、女性は合意の上でセックスをしてお金を得るという選択肢を失う。売春を犯罪化することで、女性は合意の上でセックスをすること で対価を得るという選択肢を失う。女性は無料でセックスをすることはできるが、自分のサービスに対して対価を受け取れば、その行為は違法となる」 [70]。これを女性の性的自律性に対する攻撃とみなす人々は、米国における同性婚やオンデマンドの中絶といった、リベラルな社会政策に対する最近の攻撃 についても懸念している。一部のリベラル派はまた、収入の手段としてセックスワークを選択する人々の不釣り合いな割合は貧困層や恵まれない人々であるた め、公務員は社会の犠牲者たちが採用する「私的な」手段を非難するよりも、そうすることを選択する人々の生活を改善する社会政策に焦点を当てるべきだと主 張する[71]。

セックスワーカーのエージェンシーに関する議論
性的労働のトピックは、しばしば廃止論者とセックス・ポジティブ論者の対立する視点の中で文脈化される[72][73]。廃止論者の視点は、一般的にセッ クスワークを抑圧的な労働形態として定義する[74]。売春反対論者によれば、それは文字通り性的搾取のために人の身体を購入するだけでなく、象徴的にも 物質的にも女性に対する権力の行使を構成する。この視点は、売春と人身売買を直接的かつ密接に結びついたものとみなし、それゆえ、女性と子どもの性的搾取 全体をなくす努力の中で売春を廃止することを求めている[74]。反対派はまた、そのような同意は伝統的な女性搾取の従順な受け入れにすぎないと主張する ことで、セックスワーカーの同意という考え方に反論している。これらの理由から、反対派は、セックスワークを非犯罪化することは、「ポン引き、売春業者、 娼婦の利益に奉仕する」一方で、彼女たちの性的・経済的搾取を維持することによって、階級としての女性に全く害を及ぼすと考える[74]。ヘザー・バーグ は「商業的性交換が搾取的なのは、セックスに特有な何かがあるからではなく、資本主義下の労働であるから搾取的なのだ」と書いている[75]。

セックス・ポジティブ・フェミニストの中には、セックスワーカーを、結婚している男女が尊重され、LGBT、フェティシスト、娼婦やポルノモデルのような セックスワーカーが性的逸脱者とみなされる、近代西洋の性的ヒエラルキーの中に位置するものとして認識している者もいる[76]。セックス・ポジティブ・ フェミニストによれば、性法はこのヒエラルキーを維持するために、セックスと金銭の混同を禁止している。したがって、こうした「逸脱した」性行為を実践す る個人は犯罪者とみなされ、限られた制度的支援しか得られず、経済的制裁を受けることになる[76]。セックス・ポジティブの視点は、性の多様性を認め、 「正常な」セックスという概念を否定することによって、このヒエラルキーに挑戦するものである[77]。この理解によって、犯罪化された性行為に従事する ことを選択する人々は、性産業の犠牲者ではなく、自律した性的存在とみなされる。黒人女性にとって、主体性は歴史的な考察による文脈的なものとみなされ、 黒人女性のセクシュアリティを包含する複雑な理想体系の一面とみなすことができる。その結果のひとつが、人種関係がセックス産業における黒人の流動性に影 響を与える方法である[78]。

一部のリベラル・フェミニストは、「民主的道徳」は「パートナーが互いに接する方法、強制の有無、提供する快楽の量と質によって」(あたかも性的快楽を提 供する熟練度と同様に多数派の性癖が社会の道徳的羅針盤の方向性を決定すべきであるかのように)性行為を判断すべきであると信じている[76]。 [彼らは、性行為がカップルであろうとグループであろうと、同性であろうと混合性であろうと、同意に基づく暴力行為であろうとビデオ行為であろうとなかろ うと、商業的であろうと無料であろうと、倫理的な関心事であってはならないと提唱している[76]。
Sexual assistance
Decriminalization of sex work
List of sex worker organizations
Prostitution
Migrant sex work
Transgender sex worker

























リ ンク

文 献

そ の他の情報


Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099

Mitzub'ixi Quq Chi'j