sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでね!

歌うネアンデルタールとスティヴン・ミズン
Singing Neanderthals and

池田光穂

★(ワイドモダン 00-kanetetsu.html)☆

Steven's research interests cover from the origin of Homo at c. 2 million years ago to the origin and spread of farming, and the use of heritage for sustainable development, individual and community wellbeing: 1. Late Pleistocene and Early Holocene Hunter-Gatherers and Farmers. For this he directs major field projects in western Scotland and southern Jordan involving the survey and excavation of prehistoric settlements. 2. Cultural heritage for sustainable development and community archaeology. Steven's interests have developed from wishing to make his own research have greater value for the local communities in the areas where his fieldwork has been based, to a more general concern about how heritage can support individual and community wellbeing. He has two geographic areas of particular interest, Islay and Faynan, and two specific projects underway: Our past, Our Future, and Dunyvaig castle: 3. Evolution of the Human Mind, Language and Music. Steven has been one of the pioneers of cognitive archaeology, drawing on research within psychology, neuroscience and philosophy of mind for the interpretation of the archaeological record. His current project, Saying the word, focuses on the relationship between words, thought and cultural evolution.
スティーブン の研究対象は、約200万年前のホモの起源から農耕の起源と広がり、持続可能な発展、個人とコミュニティのウェルビーイングのための遺産の活用まで多岐に わたる: 1. 後期更新世および前期完新世の狩猟採集民と農耕民。後期更新世と前期完新世の狩猟採集民と農耕民。このためにスコットランド西部とヨルダン南部で、先史時 代の集落の調査と発掘を含む大規模なフィールド・プロジェクトを指揮している。2. 持続可能な開発のための文化遺産とコミュニティ考古学。スティーブンの興味は、自身のフィールドワークが行われた地域のコミュニティにとってより価値のあ るものにしたいと願うことから、遺産が個人やコミュニティのウェルビーイングをどのようにサポートできるかという、より一般的な関心へと発展してきた。ア イラ島とフェイナン島という2つの地理的地域に特に関心があり、現在2つのプロジェクトが進行中である: Our past, Our Future(私たちの過去、私たちの未来)」と「Dunyvaig castle(ダニーヴァイグ城)」である: 3. 人間の心、言語、音楽の進化。スティーブンは認知考古学のパイオニアの一人であり、心理学、神経科学、心の哲学の研究を考古学的記録の解釈に活用してい る。現在のプロジェクト「Saying the word」では、言葉、思考、文化的進化の関係に焦点を当てている。
, FBA, FSA, FSA Scot (born 16 October 1960) is a Professor of Archaeology at the University of Reading. He has written a number of books, including The Singing Neanderthals and The Prehistory of the Mind: The Cognitive Origins of Art, Religion and Science.
レディング大学考古学教授。The Singing Neanderthals』『The Prehistory of the Mind』など著書多数: The Cognitive Origins of Art, Religion and Science.
Early life and education
Mithen was born on 16 October 1960.[1] He received a BA in prehistory and archaeology from Sheffield University, a MSc degree in biological computation from York University and a PhD in archaeology from Cambridge University.[2]

Academic career
Mithen began his academic career as a research fellow in archaeology at Trinity Hall, Cambridge from 1987 to 1990. He was additionally a Cambridge University lecturer in archaeology (1989–1991), and then a research associate at the McDonald Institute for Archaeological Research from 1991 to 1992. In 1992, he joined the University of Reading as a lecturer in archaeology. He was promoted to senior lecturer in 1996, made Reader in Early Prehistory in 1998, and has been Professor of Early Prehistory since 2000.[1]
生い立ちと教育
シェフィールド大学で先史学と考古学の学士号を取得し、ヨーク大学で生物計算の修士号を、ケンブリッジ大学で考古学の博士号を取得した[2]。

学術的キャリア
1987年から1990年までケンブリッジ大学のトリニティ・ホールで考古学のリサーチフェローを務める。1989年から1991年までケンブリッジ大学 考古学講師、1991年から1992年までマクドナルド考古学研究所研究員。1992年、レディング大学考古学講師。1996年に上級講師に昇進し、 1998年に初期先史学リーダーに任命され、2000年からは初期先史学教授を務めている[1]。
Cognitive fluidity
Cognitive fluidity is a term first popularly applied by Mithen in his book The Prehistory of the Mind, a search for the origins of Art, Religion and Science (1996).

The term cognitive fluidity describes how a modular primate mind has evolved into the modern human mind by combining different ways of processing knowledge and using tools to create a modern civilization. By arriving at original thoughts, which are often highly creative and rely on metaphor and analogy, modern humans differ from archaic humans. As such, cognitive fluidity is a key element of the human attentive consciousness. The term has been principally used to contrast the mind of modern humans, especially those after 50,000 before present, with those of archaic humans such as Neanderthals and Homo erectus. The latter appear to have had a mentality that was originally domain-specific in structure; a series of largely isolated cognitive domains for operating in the social, material, and natural worlds. These are termed “Swiss penknife minds” with a set of special modules of intelligence for specific domains such as the Social, Natural history, Technical and Linguistic. With the advent of modern humans the barriers between these domains appear to have been largely removed in the attentive mode and hence cognition has become less compartmentalised and more fluid. Consciousness is of course attentive and self-reflective, and the role of the modular intelligences in neurological “Default mode” is a topic for current research in self-reflective human consciousness.

Mithen uses an appropriately interdisciplinary approach, combining observations from cognitive science, archaeology, and other fields, in an attempt to offer a plausible description of prehistoric intellectual evolution.

Sexy hand-axe hypothesis
In 1999, Mithen had proposed, together with the science writer Marek Kohn, the "sexy hand-axe hypothesis." This hypothesis proposes that pressures related to sexual selection could result in men making symmetric hand axes to demonstrate their cognitive and physiological fitness.[3]

Honours
In 2004, Mithen was elected a Fellow of the British Academy (FBA), the United Kingdom's national academy for the humanities and social sciences.[4] He was elected a Fellow of the Society of Antiquaries of Scotland (FSA Scot) in 1993 and a Fellow of the Society of Antiquaries of London (FSA) in 1998.[1]
認知的流動性
認知的流動性(Cognitive Fluidity)とは、ミーテン(Mithen)が著書『The Prehistory of the Mind, a search for the origins of Art, Religion and Science』(1996年)で初めて一般に広めた用語である。

認知の流動性という用語は、知識を処理し、道具を使用するさまざまな方法を組み合わせることによって、モジュール化された霊長類の心がどのように現代人の 心へと進化し、現代文明を作り上げたかを説明している。しばしば非常に創造的で、比喩や類推に依存する独創的な思考に到達することによって、現代人は古代 の人間とは異なる。このように、認知の流動性は人間の注意深い意識の重要な要素である。この言葉は主に、現生人類、特に現在より5万年前以降の現生人類 と、ネアンデルタール人やホモ・エレクトスのような古人類の心を対比するために使われてきた。ネアンデルタール人やホモ・エレクトスのような古代の人類 は、もともと社会的、物質的、自然的な世界で活動するための一連の孤立した認知領域という、領域特異的な構造を持つ精神を持っていたようだ。これらは、社 会的、自然史的、技術的、言語的といった特定の領域のための特別な知能モジュールを備えた「スイス・ペンナイフ・マインド」と呼ばれている。現代人の出現 により、これらの領域間の障壁は、注意深いモードではほとんど取り除かれたように見える。意識はもちろん注意深く、自己反省的であり、神経学的な「デフォ ルト・モード」におけるモジュラー・インテリジェンスの役割は、自己反省的な人間の意識に関する現在の研究のテーマである。

ミッチェンは、認知科学、考古学、その他の分野からの観察を組み合わせるという適切な学際的アプローチを用いて、先史時代の知的進化についてもっともらしい説明を試みている。

セクシーな手斧仮説
1999年、ミーテンは科学ライターのマレク・コーンとともに、"セクシーな手斧仮説 "を提唱した。この仮説は、性淘汰に関連する圧力によって、男性が自分の認知的・生理的適性を示すために左右対称の手斧を作るようになる可能性があるというものである[3]。

栄誉
2004年、イギリスの人文・社会科学アカデミーである英国アカデミーのフェローに選出された[4]。 1993年にはスコットランド古物協会フェロー(FSA Scot)、1998年にはロンドン古物協会フェロー(FSA)に選出された[1]。
//en.wikipedia.org/wiki/Steven_Mithen

歌うネアンデルタール : 音楽と言語から見るヒトの進化  / スティーヴン・ミズン著 ; 熊谷淳子訳, 早川書房 , 2006

われわれの生活に欠かすことのできない音楽。この音楽は、いつごろ、どのようにして人類の歴史に誕生したのだろう。音楽は進化の過程でことばの副産物とし て誕生したというのが、これまでの主要な意見であった。しかし、ミズンは、初期人類はむしろ音楽様の会話をしていたはずだとし、彼らのコミュニケーション を全体的、多様式的、操作的、音楽的、ミメシス的な「Hmmmmm」と名づけた。絶滅した人類、ネアンデルタールはじゅうぶんに発達した咽頭と大きな脳容 量をもち、この「Hmmmmm」を使うのにふさわしい進化を遂げていた。20万年前の地球は、狩りをし、異性を口説き、子どもをあやす彼らの歌声に満ちて いたことだろう。一方、ホモ・サピエンスではより明確に意思疎通するために言語が発達し、音楽は感情表現の手段として熟成されてきたものと考えられる。認 知考古学の第一人者として、人類の心の進化を追究しつづけるスティーヴン・ミズンが、太古の地球に響きわたる歌声を再現する。https: //ci.nii.ac.jp/ncid/BA77393748

受賞歴のあるサイエンス・ライター、スティーブン・ミズンによる、私たちの言語本能についての魅力的で鋭い考察。意識や知性の概念と並んで、私たちの言語 能力は人間を人間たらしめるものの核心に位置する。しかし、言語の進化的起源が様々な憶測を呼び、熱烈な議論を呼ぶ一方で、音楽は無視されてきた。言語と 同様、音楽もまた人類文化の普遍的な特徴であり、私たちの日常生活に欠かすことのできないものなのだ。スティーブン・ミズンは、『歌うネアンデルタール 人』(THE SINGING NEANDERTHALS)の中で、神経学的なケーススタディから児童心理学、霊長類のコミュニケーション・システム、最新の古考古学的証拠まで、膨大な 情報源を駆使して、そのバランスを是正している。その結果、魅力的で挑発的な作品となり、スティーブン・ピンカーのように、音楽を無機能で重要でない進化 の副産物として退けてきた人々に対する簡潔な反論となった。//ci.nii.ac.jp/ncid/BA8068599X

音楽の謎—音楽進化史の必要性

第1部 現在(チーズケーキ以上?—音楽と言語の類似点と相違点;言語なき音楽—大脳、失語症、音楽サヴァン;音楽なき言語—後天性・先天性の失音楽;音楽と言語のモジュール性—脳内における音楽処理;乳幼児への話しかけ、歌いかけ—脳の成熟、言語学習、絶対音感 ほか)

第2部 過去(うなり声、咆哮、身振り—サル、類人猿のコミュニケーション;サバンナに響く歌—「Hmmmm」コミュニケーションの起源;リズムに乗る— 二足歩行と踊りの進化;模倣する性質—自然界についてのコミュニケーション;セックスのための歌—音楽は性選択の産物か ほか)

スティーヴン・ミズン著 ; 松浦俊輔, 牧野美佐緒訳『心の先史時代』青土社, 1998

人間はなぜ文化をもったのか。人類は600万年前に進化の系統樹から猿と分かれ「心」を進化させた。文字や石器の登場以前の先史時代に、人類はその心で何 を見て、何を考えていたのか?心のシステムを解明する進化心理学と、認知考古学の最新データを駆使して、心の世界へ新たな扉を開ける。芸術・宗教・科学の 起源。

第1章 なぜ考古学者が人間の心について問うのか
第2章 過去のドラマ
第3章 現代人類の心の基本構造
第4章 心の進化についての新しい説
第5章 猿とミッシング・リンクの心
第6章 最初の石器を作った人間の心
第7章 初期人類の心における多様な知能
第8章 ネアンデルタール人のように考えてみる
第9章 人間の文化のビッグバン—芸術と宗教の起源
第10章 ではそれはどのように起きたのか
第11章 心の進化
エピローグ 農業の起源






リンク

  • ︎▶︎▶︎︎▶︎▶︎︎▶︎▶︎︎▶︎▶︎︎▶︎▶︎
  • 文献

  • ++
  • その他の情報


    Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1997-2099