sao パチンコ 先バレ無しで当たる

はじめによんでね!

女性とファンク・ミュージック
Women and Funk Music

ジャネル・モネイ(1985年生まれ)は、女性ファンク・アーティストの新し い波の一部である

池田光穂

★「現代音楽におけるファンクの人気にも かかわらず、ファンク女性の作品を検証した人は少ない。著名なファンク女性には、チャカ・カーン、ラベル、ブライド・ オブ・ファンケンシュタイン、クライマックス、マザーズ・ファイネスト、リン・コリンズ、ベティ・デイヴィス、ティーナ・マリーなどがいる。文化批評家の シェリル・キーズがそのエッセイ『She Was Too Black for Rock and Too Hard for Soul: (Re)discovering the Musical Career of Betty Mabry Davis』で説明しているように、ファンクをめぐる学問のほとんどは、男性の文化的活動に焦点を当ててきた。彼女は、「ベティ・デイヴィスは、ファンク とロックの歴史において、パイオニアとしてその名が知られることのなかったアーティストである。これらの音楽ジャンルに関するほとんどの記述は、伝統的に ジミ・ヘンドリックス、ジョージ・クリントン(パーラメント・ファンカデリックの)、ベーシストのラリー・グラハムといった男性アーティストを、ロック・ ミュージックの感性を形成するトレンドセッターとして位置づけてきた」[111]」ファ ンク・ミュージック

「(ベティ・デイヴィスとのフェミニスト・ ファンク・パワー)』の中で、ニッキーA.グリーン[]は、デイヴィスの挑発的で 物議を醸すスタイルが、1970年代に彼女が人気を得るのに役立ったと指摘し、彼女は性的な動機に基づく、自己啓発的な主題に焦点を当てていた。さらにこ のことは、若いアーティストが多くの観客を集め、商業的に成功する能力に影響を与えた。グリーンはまた、デイヴィスが当時の公民権運動やフェミニズム運動 の公式なスポークスマンやチャンピオンになることはなかったが、最近では[いつから]彼女の作品は有色人種の女性たちの性的解放のシンボルになっていると 指摘しているデイヴィスのインパクトについては、音 楽学者であり人類学者でもあるモーリーン・マハンは、論文 「」を参照のこと。ファンク・ミュージック

「ライナ・ドーズは、『What Are You Doing Here: What Are You Do Here: A Black Woman's Life and Liberation in Heavy Metal』の著者であるライナ・ドーズは、デイヴィスのようなアーティストが男性アーティストと同じような評価を得られないのは、リスペクタビリティ・ ポリティクスのせいだと考えている: 「私は、70年代のファンク・ロックの女性た ちがあまり知られていない理由の一部として、尊敬政治と呼ばれるものを非難している。彼女たちの音楽や存在の 重要性にもかかわらず、ファンク・ロックの女性たちの多くは、多くの人々が快く思っていなかった攻撃的な行動やセクシュアリティを象徴していた」 [114]。ファンク・ミュージック

「フランチェスカ・T. ロイスターは、リッキー・ヴィンセントの著書『Funk: The Music, The People, and The Rhythm of The One』の中で、彼はラベルの影響を分析しているが、それは限られた部分だけだという。ロイスターはヴィンセントのグループ分析を批判し、こう述べてい る: 「ヴィンセントが彼の研究の中でラベルのパフォーマンスに最小限の関心しか 払っていないのは残念なことだ。これは、残念ながら、ファンク・ミュージックの 評価を形作る、いまだに一貫した性差別を反映している。『ファンク』の中でヴィンセントがラベルを分析するのは、3ページの小章「ファンキーな女性たち」 の 中でポインター・シスターズと1段落を共有するだけの短いものである。彼は、「Lady Marmalade」が「性的陰口の基準を吹き飛ばし、グループのスターの地位を急上昇させた」一方で、バンドの「きらびやかなイメージはディスコの底流 に滑り落ち、結局はトリオがソロの地位を求めて解散したことで無駄になった」と書いている(Vincent, 1996, 192)。 [115]ファンクというジャンルに属すると考えられている女性アーティストの多くは、ディスコ、ソウル、R&Bというジャンルの曲も共有してい る。レーベルは、音楽理論に対する批判的な見方とアメリカにおける性差別の歴史によって、ジャンルの間で分裂している女性のこのカテゴリーに入る [116]」。ファンク・ミュージック

「近年、[いつ?]ジャネル・モナエのようなアーティストが、ファンク・ミュージックというジャンルに女性 が与えた影響について、より多くの研究と分析の扉 を開いた。 [117]彼女のアルバムはアフロ・フューチャリスティックなコンセプトが中心で、女性や黒人のエンパワー メントの要素やディストピア的な未来のヴィジョ ンが中心となっている[118]。マシュー・ヴァーンズは「ジャネール・モネイとアフロ・ソニック・フェミニスト・ファンク」という論文の中で、ファンク というジャンルへのモネーの関わりは、男性中心のジャンルとしてのファンクの伝統的な見方と並置されると書いている。ヴァルネスはファンクが男性中心であ ることを認めつつも、このような状況に至った社会的状況について洞察を示している[117][要解説]。」ファンク・ミュージック


モネイが影響を受けたアーティストには、彼女の師であるプリンス、ファンカデリック、 ローリン・ヒル、その他ファンクやR&Bのアーティストがい るが、エミリー・ローディによれば、「ジャネル・モネイが影響を受けた多くのアーティストの中に、ベティ・デイヴィスが挙げられることはほとんどない。し かし...デイヴィスのように、彼女もまた先見の明のある男性の師(プリンス)と密接に結びついている。モナエの2013年のアルバム『エレクトリック・ レディ』のタイトルは、ヘンドリックスの『エレクトリック・レディランド』を暗示しているが、ヘンドリックス自身にインスピレーションを与えた女性たちの 同人誌も暗に引用している。コズミック・レディーズまたはエレクトリック・レディーズと呼ばれるそのグループは、ヘンドリックスの恋人デヴォン・ウィルソ ンとベティ・デイヴィスが共に率いていた」[119]。」ファンク・ミュージック

Betty Davis (born Betty Gray Mabry; July 26, 1944 – February 9, 2022) was an American singer, songwriter, and model. She was known for her controversial sexually oriented lyrics and performance style and was the second wife of trumpeter Miles Davis.[1] Her AllMusic profile describes her as "a wildly flamboyant funk diva with few equals ... [who] combined the gritty emotional realism of Tina Turner, the futurist fashion sense of David Bowie, and the trendsetting flair of Miles Davis".[2]
ベティ・デイヴィス(本名ベティ・グレイ・メイブリー、1944年7月 26日 - 2022年2月9日)は、アメリカのシンガー、ソングライター、モデル。彼女は物議を醸すような性的指向の歌詞とパフォーマンス・スタイルで知られ、トラ ンペット奏者マイルス・デイヴィスの2番目の妻であった[1]。[ティナ・ターナーの硬質な感情的リアリズム、デヴィッド・ボウイの未来派ファッション・ センス、マイルス・デイヴィスの流行の先端を行くセンスを併せ持つ」と評している[2]。
Early life
Betty Gray Mabry was born in Durham, North Carolina, on July 26, 1944.[3][4] She developed an interest in music when she was about ten, and was introduced to various blues musicians by her grandmother, Beulah Blackwell, while staying at her farm in Reidsville.[5] At 12, she wrote one of her first songs, "I'm Going to Bake That Cake of Love".[6] The family relocated to Homestead, Pennsylvania, so her father, Henry Mabry, could work at a Pennsylvania steel mill. Davis attended and graduated Homestead High School.[7] She decided to pursue a career in showbusiness after watching her father dance like Elvis Presley.[5]
生い立ち
ベティ・グレイ・メイブリーは1944年7月26日、ノースカロライナ州ダーラムで生まれた[3][4]。10歳ごろから音楽に興味を持ち始め、祖母の ビューラ・ブラックウェルがリードヴィルの農場に滞在していたときに、さまざまなブルース・ミュージシャンを紹介された。 [12歳のとき、最初の曲のひとつ「I'm Going to Bake That Cake of Love」を書いた[6]。父ヘンリー・メイブリーがペンシルベニアの製鉄所で働けるようになったため、一家はペンシルベニア州ホームステッドに移住。デ イヴィスはホームステッド高校に通い、卒業した[7]。父親がエルヴィス・プレスリーのように踊るのを見て、ショービジネスの道に進むことを決めた [5]。
Career
When she was 16, Betty left Homestead for New York City, enrolling at the Fashion Institute of Technology (FIT) while living with her aunt. She soaked up the Greenwich Village culture and folk music of the early 1960s. She associated herself with frequenters of the Cellar, a hip uptown club where young and stylish people congregated. It was a multiracial, artsy crowd of models, design students, actors, and singers. At the Cellar she played records and chatted people up. She was a friend and early muse to fashion designer Stephen Burrows, who also studied at the FIT at the time.[8] She also worked as a model, appearing in photo spreads in Seventeen, Ebony and Glamour.[9]

In New York, she met musicians including Jimi Hendrix and Sly Stone.[10] The seeds of her musical career were planted through her friendship with soul singer Lou Courtney, who reputedly produced her first single, "The Cellar", though the existence of that record has been questioned.[11] She secured a contract with Don Costa, who had written arrangements for Frank Sinatra.[5] As Betty Mabry, she recorded "Get Ready For Betty" b/w "I'm Gonna Get My Baby Back" in 1964 for Costa's DCP International label.[11] Around the same time, she recorded a single, "I'll Be There", with Roy Arlington for Safice Records, under the joint name "Roy and Betty".[12]

Her first professional gig came after she wrote "Uptown (to Harlem)" for The Chambers Brothers. Their 1967 album was a major success, but Mabry focused on her modeling career. She was successful as a model but felt bored by the work—"I didn't like modeling because you didn't need brains to do it. It's only going to last as long as you look good."[13][14]

In 1968, when she was in a relationship with Hugh Masekela, she recorded several songs for Columbia Records, with Masekela doing the arrangements.[15] Two of them were released as a single: "Live, Love, Learn" b/w "It's My Life". Her relationship with Miles Davis began soon after her breakup from Masekela. She featured on the cover of Miles Davis' album Filles de Kilimanjaro, which included his tribute to her, "Mademoiselle Mabry", and she introduced him to psychedelic rock and the flamboyant clothing styles of the era.[2][10] In the spring of 1969, Betty returned to Columbia's 52nd St. Studios to record a series of demo tracks, with Miles and Teo Macero producing. At least five songs were taped during those sessions, three of which were Mabry originals, two of which were covers of Cream and Creedence Clearwater Revival. Miles attempted to use these demo songs to secure an album deal for Betty, but neither Columbia nor Atlantic were interested and they were archived until 2016, when they were released in the compilation The Columbia Years, 1968–1969 by Seattle's Light in the Attic Records.[16]

After the end of her marriage with Miles, Betty moved to London, probably around 1971, to pursue her modeling career. She wrote music while in the UK and, after about a year, returned to the US with the intention of recording songs with Santana. Instead, she recorded her own songs with a group of West Coast funk musicians including Larry Graham, Greg Errico, the Pointer Sisters, and members of Tower of Power.[2] Davis wrote and arranged all her songs.[17] Her first record, Betty Davis, was released in 1973. She released two more studio albums, They Say I'm Different (1974)[18] and her major label debut on Island Records Nasty Gal (1975). None of the three albums were a commercial success,[2] but she had two minor hits on the Billboard R&B chart: "If I'm in Luck I Might Get Picked Up", which reached no. 66 in 1973, and "Shut Off the Lights", which reached no. 97 in 1975.[19][20]

Davis remained a cult figure as a singer, due in part to her unabashedly sexual lyrics and performance style, which were both controversial for the time. She had success in Europe, but in the U.S. she was barred from performing on television because of her sexually aggressive stage persona.[21] Some of her shows were boycotted, and her songs were not played on the radio due to pressure by religious groups and the NAACP.[22] Carlos Santana recalled Betty as "indomitable – she couldn't be tamed. Musically, philosophically and physically, she was extreme and attractive."[23]
キャリア
16歳のとき、ベティはホームステッドからニューヨークへ向かい、叔母の家に居候しながらファッション工科大学(FIT)に入学した。彼女は1960年代 初頭のグリニッジ・ヴィレッジの文化とフォーク・ミュージックを吸収した。彼女は、若くスタイリッシュな人々が集うアップタウンのヒップなクラブ、セラー の常連客と付き合った。セラーには、モデル、デザイン学生、俳優、歌手など、多人種で芸術的な人々が集まっていた。セラーで彼女はレコードをかけ、人々と おしゃべりした。また、モデルとしても活動し、『Seventeen』、『Ebony』、『Glamour』の見開きの写真に登場した[9]。

ニューヨークでは、ジミ・ヘンドリックスやスライ・ストーンを含むミュージシャンと知り合った[10]。彼女の音楽的キャリアの種は、ソウル・シンガーの ルー・コートニーとの友情によって蒔かれた。 [11]彼女はフランク・シナトラのためにアレンジを書いたドン・コスタと契約を結んだ[5]。ベティ・メイブリーとして、彼女は1964年にコスタの DCPインターナショナル・レーベルで "Get Ready For Betty" b/w "I'm Gonna Get My Baby Back "をレコーディングした[11]。 同じ頃、彼女はロイ・アーリントンと "I'll Be There "というシングルを "Roy and Betty "というジョイントネームでサフィス・レコードでレコーディングした[12]。

ザ・チェンバーズ・ブラザーズのために "Uptown (to Harlem) "を書いた後、彼女の最初のプロとしての仕事が始まった。彼らの1967年のアルバムは大成功を収めたが、メイブリーはモデル業に専念。モデルとして成功 を収めた彼女だったが、その仕事に退屈を感じていた。見栄えがよければそれでいいのだから」[13][14]。

ヒュー・マセケラと交際していた1968年、彼女はコロンビア・レコードに数曲をレコーディングし、マセケラがアレンジを担当した[15]: 「 "と "It's My Life "である。マイルス・デイヴィスとの関係は、マセケラとの破局後すぐに始まった。彼女はマイルス・デイヴィスのアルバム『Filles de Kilimanjaro』のジャケットに登場し、そのアルバムにはマイルス・デイヴィスが彼女に捧げた「Mademoiselle Mabry(マドモアゼル・メイブリー)」が収録されている。1969年の春、ベティはコロムビアの52nd St.スタジオに戻り、マイルスとテオ・マセロのプロデュースのもと、一連のデモ・トラックをレコーディングした。そのセッションで少なくとも5曲が録音 され、そのうち3曲はメイブリーのオリジナル、2曲はクリームとクリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルのカヴァーだった。マイルズはこれらのデ モ曲を使ってベティのアルバム契約を取り付けようとしたが、コロンビアもアトランティックも興味を示さず、2016年にシアトルのLight in the Attic Recordsからコンピレーション『The Columbia Years, 1968-1969』としてリリースされるまで保管されていた[16]。

マイルズとの結婚が終わった後、ベティはモデルのキャリアを追求するため、おそらく1971年頃にロンドンに移住した。イギリス滞在中に曲を書き、約1年 後、サンタナとレコーディングするつもりでアメリカに戻った。その代わり、ラリー・グラハム、グレッグ・エリコ、ポインター・シスターズ、タワー・オブ・ パワーのメンバーなど、ウェストコーストのファンク・ミュージシャンたちと自身の曲をレコーディングした[2]。さらに2枚のスタジオ・アルバム 『They Say I'm Different』(1974年)[18]と、アイランド・レコードからのメジャー・デビュー作『Nasty Gal』(1975年)をリリース。3枚のアルバムはいずれも商業的には成功しなかったが[2]、ビルボードR&Bチャートで2曲のマイナーヒッ トを記録: 1973年に66位を記録した "If I'm in Luck I Might Get Picked Up "と1975年に97位を記録した "Shut Off the Lights "である[19][20]。

デイヴィスはシンガーとしてカルト的な存在であり続けたが、その理由のひとつは、彼女の臆面もなく性的な歌詞とパフォーマンス・スタイルが当時としては物 議を醸したからである。彼女はヨーロッパでは成功を収めたが、アメリカではその性的に攻撃的なステージ・ペルソナのためにテレビ出演を禁止された [21]。いくつかのショーはボイコットされ、宗教団体やNAACPの圧力のために彼女の曲はラジオで流されなかった[22]。音楽的にも、哲学的にも、 肉体的にも、彼女は過激で魅力的だった」[23]。
Retirement
In 1976, Davis completed another album for Island Records (which was shelved and unreleased for 33 years), before being dropped by the label. She spent a year in Japan, spending time with silent monks.[24]

In 1980, Davis' father died, which prompted her return to the US to live with her mother in Homestead, Pennsylvania. Davis struggled to overcome her father's death, and subsequent mental illness. She acknowledged that she suffered a setback at the time, but stayed in Homestead, accepted the end of her career, and lived a quiet life.[25]

The tracks from Davis' final recording sessions in 1979 were released on two bootleg albums, Crashin' From Passion (1995) and Hangin' Out in Hollywood (1996).[26] A greatest hits album, Anti Love: The Best of Betty Davis, was also released in 1995.[27]

In 2007, Betty Davis (1973) and They Say I'm Different (1974) were reissued by Light in the Attic Records.[28] In 2009, the label reissued Nasty Gal and her unreleased fourth studio album recorded in 1976, re-titled Is It Love or Desire? Both reissues contained extensive liner notes and shed some light on the mystery of why her fourth album, considered possibly to be her best work by members of her last band (Herbie Hancock, Chuck Rainey, and Alphonse Mouzon), was shelved and remained unreleased for 33 years.[29]

In 2017, an independent documentary directed by Phil Cox entitled Betty: They Say I'm Different was released, which renewed interest in her life and music career. [30][31] When Cox tracked Davis down, he found her living in the basement of a house with no internet, cell phone, or car. He said: "This wasn't a woman with riches or luxury. She was living on the bare essentials."[25]

In 2019, Davis released "A Little Bit Hot Tonight", her first new song in over 40 years, which was performed and sung by Danielle Maggio, an ethnomusicologist who was a close friend and associate producer on Betty: They Say I'm Different.[32]

To commemorate the 50th anniversary of Betty Davis’ self-titled debut, in 2023 Light in the Attic Records reissued three of her albums: Betty Davis, They Say I’m Different, Is It Love Or Desire?, as well as the first official release of Davis’ final 1979 sessions, Crashin’ From Passion.[33]
引退
1976年、デイヴィスはアイランド・レコードのためにもう1枚のアルバムを完成させたが(このアルバムは棚上げされ、33年間リリースされなかった)、 レーベルから契約解除された。彼女は1年間を日本で過ごし、沈黙の僧侶たちと過ごした[24]。

1980年、デイヴィスの父親が亡くなり、それをきっかけに彼女はアメリカに戻り、ペンシルベニア州ホームステッドで母親と暮らすようになる。デイヴィス は父の死とその後の精神病を克服するのに苦労した。彼女は当時挫折を味わったことを認めたが、ホームステッドに残り、キャリアの終わりを受け入れ、静かな 生活を送った[25]。

1979年のデイヴィス最後のレコーディング・セッションの楽曲は、2枚のブートレグ・アルバム『Crashin' From Passion』(1995年)と『Hangin' Out in Hollywood』(1996年)でリリースされた[26]: The Best of Betty Davis』も1995年にリリースされた[27]。

2007年には『Betty Davis』(1973)と『They Say I'm Different』(1974)がLight in the Attic Recordsから再発された[28]。 2009年には『Nasty Gal』と1976年に録音された未発表の4枚目のスタジオ・アルバムを『Is It Love or Desire? この2つの再発盤には広範なライナーノーツが収録され、彼女の最後のバンドのメンバー(ハービー・ハンコック、チャック・レイニー、アルフォンス・ムゾ ン)によって、おそらく彼女の最高傑作とみなされた4枚目のアルバムがなぜ棚上げされ、33年間未発表のままだったのかという謎に光が当てられた [29]。

2017年、フィル・コックスが監督したインディペンデント・ドキュメンタリー映画『Betty: They Say I'm Different』が公開され、彼女の人生と音楽活動への関心が再び高まった。[30][31]コックスがデイヴィスを探し出したところ、彼女はイン ターネットも携帯電話も車もない家の地下室で暮らしていた。彼は言った: 「この女性は裕福でも贅沢でもなかった。彼女は必要最低限のもので暮らしていた」[25]。

2019年、デイヴィスは40年以上ぶりとなる新曲 "A Little Bit Hot Tonight "をリリースした。"A Little Bit Hot Tonight "は、『Betty』のアソシエイト・プロデューサーであり親しい友人でもあった民族音楽学者のダニエル・マッジオが演奏し歌った: They Say I'm Different』[32]。

ベティ・デイヴィスのセルフタイトルのデビュー50周年を記念して、2023年にライト・イン・ザ・アティック・レコードは彼女のアルバム3枚を再発し た: Betty Davis』、『They Say I'm Different』、『Is It Love Or Desire?'』、そしてデイヴィスの1979年最後のセッションを収めた初の公式盤『Crashin' From Passion』である[33]。
Personal life and death
As a model in 1966, Betty met jazz musician Miles Davis, who was 19 years her senior.[34] He was separated from his first wife, dancer Frances Davis, and was dating actress Cicely Tyson. Betty began dating Miles in early 1968, and they were married that September.[34] During their year of marriage, she introduced him to the fashions and popular music trends of the era that influenced his music. In his autobiography, Miles credited Betty with helping to plant the seeds of his further musical explorations by introducing the trumpeter to psychedelic rock guitarist Jimi Hendrix and funk innovator Sly Stone.[15] The Miles Davis album Filles de Kilimanjaro (1968) features Betty on the cover and includes a song named after her.[35]

In his autobiography, Miles said Betty was "too young and wild", and accused her of having an affair with Jimi Hendrix, which hastened the end of their marriage.[36] Betty denied the affair stating, "I was so angry with Miles when he wrote that. It was disrespectful to Jimi and to me. Miles and I broke up because of his violent temper."[23] After accusing her of adultery, he filed for divorce in 1969.[37] Miles told Jet magazine that the divorce was obtained on a "temperament" charge. He added, "I'm just not the kind of cat to be married."[38] Hendrix and Miles remained close, planning to record, until Hendrix's death. The influence of Hendrix and especially Sly Stone on Miles Davis was obvious on the album Bitches Brew (1970), which ushered in the era of jazz fusion. It has been said that he wanted to call the album Witches Brew but Betty convinced him to change it.[39]

Davis briefly dated musician Eric Clapton, but she refused to collaborate with him.[17][40]

In 1975 Davis' lover Robert Palmer helped her secure a deal with Island Records. Shortly thereafter she released her album Nasty Gal.[40]

Davis died from cancer at her home in Homestead, Pennsylvania, on February 9, 2022, at the age of 77.[1][24][41]
私生活と死
1966年、モデルをしていたベティは、19歳年上のジャズ・ミュージシャン、マイルス・デイヴィスと出会った[34]。ベティは1968年初めにマイル ズと交際を始め、その年の9月に結婚した[34]。結婚してからの1年間、彼女はマイルズに当時のファッションやポピュラー音楽の流行を紹介し、彼の音楽 に影響を与えた。マイルスは自伝の中で、トランペッターにサイケデリック・ロックのギタリストであるジミ・ヘンドリックスやファンクの革新者であるスラ イ・ストーンを紹介し、彼の更なる音楽的探求の種を蒔く手助けをしたことをベティの功績としている[15]。マイルス・デイヴィスのアルバム 『Filles de Kilimanjaro』(1968年)のジャケットにはベティが起用され、彼女の名を冠した曲も収録されている[35]。

マイルスは自伝の中で、ベティは「若すぎて野性的」であり、ジミ・ヘンドリックスとの不倫を非難し、結婚生活の終焉を早めたと述べている[36]。ベティ は不倫を否定し、「マイルスがあんなことを書いたとき、私はとても腹が立った。ジミにも私にも失礼なことだった。マイルズと私が別れたのは、彼の暴力的な 気性のせいよ」[23]。彼女を不倫で訴えた後、彼は1969年に離婚を申請した[37]。ヘンドリックスとマイルスは、ヘンドリックスが亡くなるまで、 レコーディングを計画するなど親密な関係を保っていた。マイルス・デイヴィスに対するヘンドリックス、特にスライ・ストーンの影響は、ジャズ・フュージョ ンの時代を切り開いたアルバム『ビッチェズ・ブリュー』(1970年)を聴けば明らかだ。彼はこのアルバムを『ウィッチーズ・ブリュー』と呼びたかった が、ベティに説得されて変更したと言われている[39]。

デイヴィスは一時ミュージシャンのエリック・クラプトンと交際したが、彼とのコラボレーションを拒否した[17][40]。

1975年、デイヴィスの恋人であったロバート・パーマーは、彼女がアイランド・レコードと契約を結ぶ手助けをした。その直後、彼女はアルバム 『Nasty Gal』をリリースした[40]。

2022年2月9日、ペンシルヴェニア州ホームステッドの自宅で癌のため77歳で死去[1][24][41]。

Janelle Monáe - Water Slide [Official Music Video]

リンク

  • ジャネル・モナエ(モネイ)▶︎ファンク・ミュージック▶︎︎ジェームズ・ブラウン▶︎▶︎︎▶︎▶︎︎▶︎▶︎︎▶︎▶︎
  • 文献

  • その他の情報


    Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1997-2099